清く正しく美しく○幸せ発電所→BE○移動祝祭日//
清く正しく美しく○幸せ発電所→清く正しく美しく○幸せ発電所→
BE●苺1BE●苺2
 ■小さいけれど、大きく育つヒント。
幸せ発電所→BEは実践的運命改良を提唱します○★★
見せかけだけの癒やしより心のDNAで運命を科学する BEハレ○
○清く正しく美しく//著名人を誉めたり貶したりしつつ自分を磨く頁です☆
茜 灯 里 先生を解説中です
茜灯里//馬疫○BE
サ イ ト マ ッ プ
表コラムの目次(作家篇)はこちらです★
裏のテーマ
コラム総合目次//茶房会館(1 9 9 6 年〜)
コ ラ ム さ く い ん
ever since BE 1994〜BEHP 1998〜
ご 相 談 問い合わせ は今すぐここから
BEHPは書体設定明朝体にしてご覧になられるのを推奨しています
※「移動祝祭日」は著名人を誉めたり貶したりしながら自分を磨く頁です○
BE●灯清く正しく美しく○幸せ発電所→
 
今日のテーマ●↓ 表コラム作家篇目次はこちらです★
○04月15日(木)〜16日(金)付は休載です。本日はコラム刻版をお楽しみください☆
■2021年04月14日(水)海辰
茜灯里馬疫という病に駿馬は狂騒うありえない光明
茜灯里//馬疫○BE
○鉱石・宝石類を好む「石おたく」的な幼少期を送り、
(英国宝石学協会FGAプロ部門1位、米国宝石学会GIA.GG所持)
中学生の時にアイザック・アシモフの
科学エッセイを読んだことをきっかけに
科学記者を目指すようになり、記者や研究者を歴任し、
DNA「石」年に「オリンピックに駿馬は狂騒う」で、
第24回
日本ミステリー文学大賞新人賞(20-1022/山戌)受賞し、
これが
と改題され、
02月28日(灯未)のDNA「車」の三合会局日にデビューした
茜灯里(71-0327/宝亥)を解説する。

24年(木辰)、未だマスクから解放されていない
東京五輪
連続開催を控える日本
新型馬インフルエンザ」が発生。
馬が暴れヒトを襲う狂騒型」のウイルスで、
五輪は開催できるのか、その先に現れる、
もう一つのウイルスとは――。
ポニーから動物園の動物や人間にまで、
そしてさらに意外な動物にまでも、恐怖は募るが、
実家乗馬苑という国立感染症研究所
甘い物に目がない一ノ瀬駿美研究員は
痛快な行動力と類い希な感性で、難局を乗り切ろうとする。
後半の独創的展開は圧巻だが、
迂闊に趣味に走ってはいけないという警告か。
馬術経験獣医師でもあるプロからみた
人獣共通感染症という観点から正義を貫き、
専門家としての使命、プライドから事件を解明しようとする
姿は共感を呼ぶ。

東京都調布市生まれ。慶應義塾中等部、女子高等学校を経て、
東京大学理学部地球惑星物理学科卒業。
朝日新聞社に就職し、記者となったが、
専門性が足りないのを痛感し大学院に舞い戻り、
理学の学位取得を目指す。
05年(草酉)の主導DNA「禄」年に、
東大大学院理学系研究科地球惑星科学専攻博士課程修了。理学博士。
学位取得後は、東大総合研究博物館学術支援研究員、
東大科学技術インタープリター養成プログラム専任講師を歴任。
乗馬は05年に始め、07年(灯亥)のありえない火性年に
全日本エンデュランスで、優勝
獣医学の勉強をしたいと考え、東大農学部獣医学専修へ学士編入。
早稲田大学大学院政治経済研究科非常勤講師、
東京工業大学特別研究員を歴任、
その後東大農学部獣医学課程を修了し、獣医師資格取得。
現在は、
立命館大学総合科学技術研究機構助教及び
JST(国立研究開発法人科学技術振興機構)の
センター・オブ・イノベーションプログラムにおける、
横断的課題の対応を行う構造化チーム
「学生&若手・共創支援」のグループリーダーを務め、
滋賀県大津市に在住の茜は、DNA「禄」冲殺主導で、
学びにおいて
簡単に満足せず
飽き足らずにその時その時の
興味対象に没頭
「禄冲+調」は、発想は独自性で
組織に馴染まず
「禄冲+貫」は、
計算しているようで計算できず
ポカをやったり、出し抜かれたり。
「調」×2は
余人をもって変えがたい発想で、
「貫」×2は
不器用で頑固で融通効かず
「宝+禄冲+卯月」は、
適職につくまでに30年はかかるうえに、
異性の裏切り頻繁に遭遇する。
「亥」年生まれ「宝亥」は、
王道の研究者を常に目指す。
生き方を表す伴星は「牽」で、
隠れたものを表にだす
物事の始めの洩星は「貫」で、
単独行動
締めにあたる導星は「禄」で、
他人が終了

宿命の特長は、仲春午前六時頃の、
特別にあつらえた精密機器なり、特別に用意されたワクチン
年干も月干も日干も「宝」の
真性金性天下一気で、えらく傷つきやすいが、
まるで注射器の針のように鋭敏なうえに、
敵なり目上をやりこめるのが、生き甲斐(笑)。
年干支と日干支「宝亥」の同一は
表裏なし
これもまた
騙されやすい一因だが一途は美徳でもある。
また地支の「卯」×「亥」で木性が生成され、
三合会局で
木性強化にもなり、
年干は金性で
地支は木性一気格的になり、
天干の金性が地支の木性を剋す役人タイプ
総エネルギー168点は身軽なため、
何度も転身しているようだが、それはそれで疲労の源
自身の金性45点に対し、守護神48点はまずまずも
引力本能となる木性は75点で稼働すれば
生活苦とは無縁
ただし
火性ゼロ(DNA車/牽なし)は、配偶者成分皆無で、
異性を見る目はなく、どこか毛嫌いしている節もあり
描き方はワンパターンで、
善人悪人の判定は判りやすい
異性さえ視野になければ無限大の役割なり栄誉で、
貪欲を通りこして、面白い。
土性ゼロ(DNA龍/玉なし)は、
無限大の向学心はあるかもしれぬが、
目上運稀薄で、いわゆる
生活の知恵は皆無
普通の家事などには疎い場所で生きている。
年干支と日干支の「宝亥」は、
無から何かを産みだす
繊細なので
疲労が蓄積しやすい。
感性頼りで行動し、純粋で発想も同様。
補佐役参謀、マネージャーとしての才覚もあるが、
表裏なしの運型では、かえって
疲労を感じるかも知れぬ。
また
派手すぎて近寄りがたい印象あり。
月干支の「宝卯」は、
邪気のない天性の善人だが、
庶民的な
ブランド志向と異性難あり。
干支番号構成は、48と28の直線で、
目的さえあれば一直線。

後天運は、初旬「3歳海辰」は、DNA「調」の守護神決め手なし
冲殺月干「卯」の害は、
立場生涯不安定を示唆。
2旬「13歳雨巳」は、DNA「鳳」の
守護神対冲も、
ありえない発信本能で、道が定かではなくなる。
3旬「23歳木午」は、DNA「司」の
積み重ね
4旬「33歳草未」は、DNA「禄」の
引力本能の三合会局で、
何でもありの我が世の春状態で、その気になれば不可能なし
5旬「43歳陽申」は、
ありえない火性の出現で変節
DNA「牽」は
不名誉だが、憤懣やるかたなしの部分を
創作に向けた感があり、いわゆる仕事も私的面も
ありがた迷惑で、進むも退くも心地良くなく、
「宝」が「雨」に変化する勢いで書き上げたが、
自信のタイトルはあえなく改題
今後は6旬「53歳灯酉」が、同様に
ありえない火性多忙
月干支「宝卯」の天剋地冲もあるので、
上のステージへ。
7旬「63歳山戌」は、DNA「玉」の
ありえない土性で、
過去いた場所に立ち戻るなり、やり残した仕事の再挑戦など。
8旬「73歳畑亥」は、同様にDNA「龍」の
ありえない土性で、
刑もあるので衝突しながらも、新たな挑戦。

さて、ほぼ会話中心で成りたっており
舞台作品かと錯覚させるが、
行間からは相応のスピード感が感じられる。
ただひとつ気になったのは、
JRAとおぼしき組織をNRAとしていること。
NARが地方競馬全国協会の略称で、
それが
NRAと混同しやすいところがどうなのか。
まさかのJRAとは出来なかっただろうが、
もう
一工夫ほしかったが、
改題された「馬疫」はいかにも
堅いが、
そこもふくめて
作家の干合支害10年運なのだろう☆
優等生ミステリに浸りたければ〜→茜灯里//馬疫○BE
茜灯里○71-0327
宝宝海
亥卯亥+3
貫貫調禄調(禄冲殺主導)
木性(75)火性(00)土性(00)金性(45)水性(48)/総合168
寅卯生月冲殺/主導DNA三合会局(33歳草未)
干合水性天干一気干合支害(43歳陽申)
真性金性天下一気/地支半会木性一気格
木性過多/火性ゼロ(配偶者成分皆無)/土性ゼロ
+3歳海辰/13歳雨巳/23歳木午/33歳草未/43歳陽申/53歳灯酉/63歳山戌/73歳畑亥〜
08(宝)●BE
★3
★5(是非読むべき良品または面白い) ★4(時間があるなら読むに値する推奨本)
★3(お好みで) ★2(推奨できません) ★1(時代整合性なし。頭が腐る駄作・不良品)
top●BE
 
各10干の説明は下記を○クリックしてください
01(木)BE● 02(草)●BE 03(陽)●BE 04(灯)BE 05(山)●BE 06(畑)BE● 07(鉄)●BE 08(宝)●BE 09(海)BE● 10(雨)●BE
表コラムの目次(作家篇)はこちらです
あ  な  た の 運 命 を ハ  レ に す る●
◎もれなく相談付き
BE●ハレる運命
BE●宝BE●2021運命
BE●宝BE●2021運命
BEは占いではありません。ご注意ください○
■生年月日を入力するだけで、
年干支・月干支・日干支ばかりか、
エネルギー点数や宿命の特長が表示される
システム稼働中です★
見本はこですが、
エネルギー計算や宿命の特長表示には、
運命シリーズや裏コラム閲覧に相談も可能
IDPASSの取得のお申込み(決済)が必須です★
BE●簡易運命式計算器(しらべ)BE●簡易運命式計算器(しらべ)
 
 
 
 
 
■見ているだけじゃダメ、
あなた自身を知り、独自の改良をしましょう
コラム総合目次//茶房会館(1 9 9 6 年〜)
コ ラ ム さ く い ん
表コラムの目次(作家篇)はこちらです★
ご 相 談 問い合わせ は今すぐここから
ever since BE 1994〜BEHP 1998〜
■当コラムはニュースではありません。自然界を模範とするBEの原理原則に基づき論評するもので、著名人を誉めたり貶したりしながら、ご自分を磨くものとして、お役立てください。出典は新聞/雑誌/ワイドショウ/ネットニュース等ですが特に記しません。お問い合わせには、お答えできかねますので、ご了承ください。また、情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。掲載情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。なお、著名人の生年月日を借りての実践鑑定であり、原則敬称略です。生年月日の表記は可能な限り、正確と判断される情報を採用しており、※は午前4時前生まれ。*は年齢詐称を示します★ BEハレ//清く正しく美しく○運命オンラインサロン
レオピン5●BE温素//柚子●BE青汁●BEマヌカハニー●BE
→疲れたらコレと、無色透明の安心成分●
↓お買い物は何でもアマゾンサイトをご利用ください↓
大物家電もあります
ヤマト運輸●時間指定サービス♪
アマゾンなら●安くて便利・
送料無料になりました
電化製品&PC/CD→最大72%off?↑
改良の第一歩はゴミ捨てから★
アマゾン食品ストアtop
アマゾン音楽top アマゾンBOOKStop
アマゾンDVDtop アマゾンVIDEOtop アマゾンスポーツtop
アマゾン電化製品top アマゾンソフトウェアtop
アマゾンキッチン&ホームコーナーtop おもちゃ&ホビーtop
ヘルス&ビューティケアtop
BEハレ●運命オンラインサロン Copyright(c)1994→2021 birthday-energy.inc.
 
 
 
 
 
 
 ■小さいけれど、大きく育つヒント。
幸せ発電所→BEは実践的運命改良を提唱します○★★
見せかけだけの癒やしより心のDNAで運命を科学する BEハレ○
○清く正しく美しく//著名人を誉めたり貶したりしつつ自分を磨く頁です☆
茶房●BE
0416□木午の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
中田敦彦が逃げるしかなかった事情とアバター化の躓き○
中田敦彦○BE
中で毒さげと一緒だもん〜?!
あ  な  た の 運 命 を ハ  レ に す る●
上記をお読みになるには権利取得が必要です。詳しくは、こちらをごらんください。
□大好評の三柱表示システム「
し ら べ も通常版とは異なりエネルギー計算と宿命特長が一括表示されひとつのIDとPASSで一括ダイレクト入場が可能です。お申込みお問い合わせはこちらへどうぞ★
清 く 正 し く 美 し く ○ 実践改良ハレよう運命
運命向上委員会●BE 運命向上委員会●BE
0415□雨巳の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
中村橋之助乃木坂46 能條愛未との二股交際より芸磨けの大合唱
元乃木坂46 能條愛未○BE
れた血筋かね〜?!
0414□海辰の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
が熊本の祖母宅で階下住民と騒音トラブルの野人毒
橋本愛○BE
で表裏ありは期待すると濡れ場もカット〜?!
0413□宝卯の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
さらば青春の光 東ブクロが一般女性に堕胎強要の無責任
さらば青春の光○BE
のことらしく本人開き直り〜?!
0412□鉄寅の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
フォーリンラブ バービーが結婚した毒の中○
フォーリンラブ バービー○BE
相方相方だからね害年の今年はアウト〜?!
0411□畑丑の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
大志杏奈砕け散るとろを見せてあげるのありえない破壊力
散るところを見せてあげる○BE散るところを見せてあげる○BE
野人×野人は夢の中だからこそかな。これが青春〜?!
0410□山子の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
吉瀬美智子の失われた二十年と離婚の不可解○
吉瀬美智子○BE
切れ目か知れぬが不名誉年に別れる愚〜?!
0409□灯亥の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
King Gnu大希とモデルemmaの最低交際の夢の中○
King Gnu常田大希○BEemma○BE
勘違いする藝大(笑)〜?!
0408□陽戌の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
島田の枕の誘い拒絶で干され過去告発と哲朗の立場
マリエ○BE
いつか皆んな消えて行く〜?!
0407□草酉の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
米倉涼子ドクターXは失敗しないのか?!○
米倉涼子//ドクターX○BE
ューは夢の中なのに自己発揮が辛い〜?!
0406□木申の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
山本裕典が芸能界復帰の裏で女子大生を妊娠させ逆ギレの毒夢の続き
山本裕典○BE
ューは夢の中、今はさらに毒の中〜?!
0405□雨未の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
カンニング竹山何故謝罪させられるのか
カンニング竹山○BE
複雑だがこれは副次的で真相は別〜?!
0404□海午の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
マギー変わることのない趣味の悪い男選び○
マギー○BE金丸ユウ○BE
そも年上を探してくれ〜?!
0403□宝巳の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
彩芽友作の壮大な無駄の再生はあるのか○
剛力彩芽○BE前澤友作○BE
前澤奉仕次第でなければ前澤は失速〜?!
0402□鉄辰の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
牧野紗弥夫婦別姓宣言の勘違いと害毒妥協の先にあるもの
牧野紗弥//VERY○BE
力不足なのところに10年運害では無理だ〜?!
0401□畑卯の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
山田菜々 息切れ芸能界引退と見せかける不思議と復活への道
山田菜々○BE
あの二人の不遇をみているだけに西にしがみつかず〜?!
 
0331□山寅の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
マヂカルラブリー 野田クリスタル野田の発売前に重版の奇蹟○
60年に一度に感謝はおいつくのかな〜?!
0330□灯丑の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
みのり内山拓也の暑苦しい無駄な半同棲○
売り出し中、駆けだし中の大失態〜?!
0329□陽子の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
浅田政志 浅田撮影まんねんの凄まじい破壊力○
日座冲殺にようやくつりあう身強偏屈子丑かな〜?!
0328□草亥の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
乃木46 紗耶ジャニーズJr.SP 蓮音の軽率デート○
日座冲殺に未来閉ざされ一発アウト〜?!
0327□木戌の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
吉沢亮がNHK大河ドラマ青天を衝けの常識を覆す毒あり夢の中○
不穏妥協をどこまで我慢できるかな〜?!
0326□雨酉の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
SKE48 紗莉渚健翔の不毛な時間と失われる未来○
冨岡は年下は絶対NG。戸塚先輩に顔に泥。仕事しろ〜?!
0325□海申の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
池田美優(みちょば)に何のプラスにもならない士門との同棲○
共通干支すらなく立派な心がけ(笑)も格が違う〜?!
0324□宝未の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
NMB48 横野すみれ関ジャニ∞ 横山裕Aぇ!group 福本大晴を手玉で自爆!○
見た目先行で運の厚みないと失速も早い〜?!
0323□鉄午の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
中村親方 元関脇嘉風の妻が長女に暴行で逮捕の夢の中○
日座冲殺娘が誕生する背景を考えないとね〜?!
0322□畑巳の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
神木之介の独立は屈辱と妥協の悲劇的未来○
冷静に考えて上がり目なし〜?!
0321□山辰の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
生見愛瑠ただものではない勢いも成功は本人の自覚次第○
にCanCamまで席巻〜?!
0320□灯卯の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
平山亜佐子 戦前尖端語辞典が面白すぎる夢の中○
の差はあろうと博多華丸と生年月日の夢の中〜?!
0319□陽寅の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
古賀慎一郎 ちあきなおみ 沈黙の理由の不可解○
本当は復帰はあったのにマネージャーが逃げた〜?!
0318□草丑の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
吉原珠央そのい方は「失礼」です!大人の気配りの賞味期限○
10年運天冲殺害で始め変剋律終了と共に終わる〜?!
0317□木子の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
小林聡美 わたしの、本のある日々に隠されたヒミツ○
害×持ちの峠を越した静かな日々も恐怖は消えず〜?!
0316□雨亥の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
Berryz工房 清水佐紀の焦り結婚と危険な未来進行形○
害持ちに激しい主導DNAで10年運も闘争〜?!
0315□海戌の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
そ夫アイ民族に対する偏向発言を謝罪も引退勧告だよ○
60年に1度の挫折干合支害年で退場濃厚〜?!
0314□宝酉の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
依紗息子がスカウトされたとはしゃぐも 夫のありえない夢の中○
干支なき夫のありえない夢の中のありえない毒月〜?!
0313□鉄申の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
森田剛が事務所退所でV6解散の無惨なありえない夢の中○
悪しではなく、本当に無惨だね〜?!
0312□畑未の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
るみ矢崎滋の矛盾だらけの老境生活に幸なし○
成功すぎたら私生活は悲惨という形〜?!
0311□山午の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
アンジェラ芽衣 都合良く仮面ラダーセイバーに変身した人生の折り返し○
これからしばらくは注目される〜?!
0310□灯巳の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
潮田玲子張り切りすぎて犠牲も伴う夢の中○
謙虚あってほしい夢の中〜絵本だしちゃった?!
0309□陽辰の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
森下千里自滅人生組織の裏切りに安住淳感謝希薄な夢の中というお試し○
宮城5区にはもっと適任がいる客寄せなら〜?!
0308□草卯の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
長谷川潤妥協年に誰がために再婚するの!?○
のことは考えないの〜?!
0307□木寅の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
乃木坂46 生駒里奈のありえない不名誉生告白という恥○
ぎて気合い入れぬと危うい〜?!
0306□雨丑の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
佐伯日菜子娘の成海花音は因縁を乗りこえられるのだろうか○
を電柱激突死させた激しい母親の遺伝子は〜?!
0305□海子の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
平野ノラ第一子出産も共通干支なしの夢の中○
天冲殺は年上は絶対にダメなんだから〜?!
0304□宝亥の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
福原愛過ちに気づくも時既に遅し夢の中で不倫はアウト○
結婚だろうと何だろうと共通干支なし〜?!
0303□鉄戌の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
ユウキロック約29年所属の吉本興業退所しYouTuberなんでも屋になる毒の名残○
世界では厳しい〜?!
0302□畑酉の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
伊東楓 TBS退社とドイツ遊学渡航の無謀○
推薦者が作者より目立つ不可思議〜?!
0301□山申の裏移動祭日話題の一部 コラムを読むには
笑福鶴瓶の息子の駿河太郎の法廷闘争と芸能界に縁稀薄○
七光り害毒10年運始まりのツケ〜?!
 
上記をお読みになるには権利取得が必要です
詳しくは、こちらをごらんください。
※「BE緑水入口」は『茶房部緑水』への中継地点です。特典説明はこちら→
移動祝祭日(茶房ハレシステム)は、表サイトでは取り扱わない危ない話題や、B級ニュースへの論評と、BEならではの世相の見方、皆さまの素朴な疑問や感想にお答えしています。また「宿命判定一覧表」「運命★シリーズ/★これがあなたの生きる道」「旧コラ(1996年〜)コラム総合目次(1996年〜)運命語録」「誰にも負けない仕事力」「DNA性格改造論」「結婚できない理由//女子道絶対最強運命論」「H」「dna_d」に、大好評の三柱表示システム「し ら べ 」も通常版とは異なり、エネルギー計算と宿命特長の一部がワンタッチで表示されるなど秀逸で、ひとつのIDとPASSで一括ダイレクト入場が可能です。お申込みお問い合わせはへどうぞ★
 
運命向上委員会●BE 運命向上委員会●BE
コラム総合目次//茶房会館(1 9 9 6 年〜)
コ ラ ム さ く い ん
表コラムの目次(作家篇)はこちらです★
ご 相 談 問い合わせ は今すぐここから
ever since BE 1994〜BEHP 1998〜
BETOP BEMENU BESYSTEM コラム総合目次(1996年〜)
 
BEは占いではありません。ご注意ください○
■生年月日を入力するだけで、
年干支・月干支・日干支ばかりか、
エネルギー点数や宿命の特長が表示される
システム稼働中です★
見本はこですが、
エネルギー計算や宿命の特長表示には、
運命シリーズや裏コラム閲覧に相談も可能
IDPASSの取得のお申込み(決済)が必須です★
BE●簡易運命式計算器(しらべ)BE●簡易運命式計算器(しらべ)
 
 
 
 
 
あ  な  た の 運 命 を ハ  レ に す る●
BE●ハレる運命
BE●宝BE●2021運命
BE●宝BE●2021運命
 
■2021年04月07日(水)草酉
湊ナオイノセント・ツーリングという青春の忘れ物をとりに行く
湊ナオ//イノセント・ツーリング○BE
東日本大震災時介護関係の仕事をしていたが、
心が揺れ、壊れ、あきらめる。わけがわかりません。
今、この現在を理解するすべがあるかと、
太宰さながらに節電で暗い本屋に立ってみれば、
手に取った本が宙に逃げていくような。
今を書いたものがもっと読みたい。
自分も書いちゃえ。そう思いました。そこが出発点
。」としながら、
原発後は、夫を残し仕事を辞め
沖縄をぶらつき、愛知つくばを気ままに行き来し
一度は
東京に住んだかと思えば、
現在はつくばで夫と同居する
不安定な人生を送り
DNA「玉」の変則方三位年のDNA「牽」の支合日に
東京普日和
第11回
日経小説大賞(19-1206/灯丑)を受賞した、
湊ナオ(70-0719/鉄子)が、
02月10日(畑丑)のDNA「玉」の支合日に、
大学時代体験の一部をもとに書き上げた
イノセントツーリングを書き下ろしで上梓した。

20年(鉄子)。その春。すべての居場所から締め出されていた。
すべての
日常が止まってしまった。
それがこんなに大変だったなんて!
私たちはなんて小さくて、
無防備で、ばらばらだったんだろう?
みんな平気なのかな?
そんなわけ、ないよね?
南紀をいっしょに走ってください
だから・・・・・
コロナ禍の夏を過ぎて
それまでの
日常にかまけて放っておいた大切なものを確かめに
南紀
まで自転車の旅に出た
目指せ熊野古道
緊急事態宣言が明けた20年(鉄子)の夏を越え、
予備校教師真瀬朋美チューターは、
17年前に事故でなくなった
大学時代の親友瑞穂息子龍馬
旧知のその父親で大手自動車部品メーカーを休職中沢木
(親友と沢木と真瀬は大学時代のサイクリング部の同期)と、
紀伊半島のツーリングに出かけることになった。
若くして命を落とした親友との約束を果たすため
そして、
ひとり親で育った息子が母を新たに知るため
就職氷河期世代が親になっての心情もそこはかとなく漂う
ハートフルロードムービー風の小説。
日常の景色だけでなく生活スタイルも変わってしまった。
変わらざるをえなかった
リセットするにしても、調子を取り戻すためにも、
記憶の底に押し込めてしまった大切なもの
もう一度
見つけ出して新たに前に進まねばならない
コロナ禍で
ぽっかり出現したつかの間の人生の空白期間。
みーんな元気の在庫がなくなった
でも、
だから・・・・・三人それぞれが生きるために
必要な
ささやかなものを見つけにいった、数日間の旅の物語。
人物像がクリアに活き活き描かれ、
ひりつく感覚が音声化されて会話になっている」と
文章力の高さに注目が集まった本書は、
学生時代に訪れ
20年後の自分にだした手紙を、
闇ラン中に助けられた恩義がある
ユーカリさんの
自転車宿が閉鎖されるために
タイムカプセルを確認しに訪れるもので、
亡くなった
親友の心の叫びを改めて確認し、
失われた若さと不甲斐なさを後悔もする遠足みたいな合宿
無邪気な龍馬と大人達の潔白というイノセント・ワールドだ。

愛知県春日井市生まれ。南山大学文学部人類学科卒業後、
環境コンサルタント会社に就職。
富山県出身で、おそらく大学時代の先輩と考えられる
年齢不詳の誕生日が同一の夫(69-0719/草未*想定)と結婚し、
05年(草酉)に夫の仕事先である
茨城県つくば市へ、
当初は介護職などを経験するが、
11年(宝卯)より愛知とつくばを行ったり来たり。
各地を転々とし、17年(灯酉)もつくばへ戻り、
現在は
つくば市AIベンチャーでパート勤務の湊は、
DNA「司」主導で、
純朴ながら不安定な人。
「司+牽」は、
危険回避能力が先立ち、
感動するところでさめてしまうところあり。
原発の脅威から逃げだしたのは、それ。
「司+調」は、
勝ちに行きづらいくせに負けず嫌い
「司+貫」は、
自分に正直で熱しやすい
「鉄+司+未月」は、
夫を論評するが助けない
なので、
自分だけ流浪の旅にでる。
「戌」年生まれ「鉄子」は、
困ったら受け身
生き方を表す伴星は「司」で、
努力の積み重ね
物事の始めの洩星は「貫」で、最初は
一人ではじめ
締めにあたる導星は「牽」で、最後は
名を残せる

宿命の特長は、晩夏午後二時頃の川にかかった橋脚も、
月支「未」VS日支「子」の
害持ちで、
内側が傷んでいるため、危うく崩れかけているが、
月干の「雨」は夏生まれには守護神となり、
生きていることは、
ありがた迷惑
あるいは、
川を挟んで併走する自転車(ランドナー)。
一方が
足元に難があり、遅れをとったり、
あるいは、
脱落してしまった状態。
年干と日干の同一は、
両天秤で同時に何かを出来る人なので、
結婚していても放浪の人になり、
パート勤めをしながら小説も書くことが苦にならず。
とはいっても、
自身か配偶者が病に倒れやすく
内側のDNA「調」があり極端で、
実際忌み神年の06年(陽戌)には夫が倒れICU入り
完全復調には時間を要している。
年干支の「鉄戌」は、
野暮ったいうえに図々しいは、
事故にあって
怪我をすれば運気があがる
でも
瑞穂はいないから瑞穂のぶんまで
可愛くて魅力的で
個性的にふるまう
月干支の「雨未」は、人当たりが良く穏やかも
異性難の傾向あり。
そして日干支の「鉄子」は、
積極性のない心配症なので放射能は怖く、
自分に酔いしれるばかりで情熱稀薄も、
苦難を乗り越えて、悟りの境地にまでいける可能性あり。
干支番号構成は、47-20-37で北方南方西方で東方欠け。

後天運は、初旬「4歳海午」が、DNA「鳳」で豊かな表現力が付加
月支VS日支の
害も切れるので
優柔不断切り替えの早さ不可思議な同居
守護神であり、豊かな気分で、冷静に物事を判断する。
2旬「14歳宝巳」は、DNA「石」。
当初は妥協も踏みきれなかったかもしれぬが、
仲間との道行き友人知人周囲の影響ライダーとなり、就職もする。
初旬条件のない突如やってきた
10年運天冲殺で、駆け回る
3旬「24歳鉄辰」は、前記に続き
大半会10年運天冲殺
DNA「貫」の
大事件大成果で、ひとまず結婚か。
大学なり会社の先輩と見られる。
大学なら明らかに
理系の夫とは学部が違うので、部活つながりか。
4旬「34歳畑卯」はDNA「
」で夫との生活。
東日本大震災を機に、
地元へ戻る。
現在の5旬「44歳山寅」は、DNA「
」で、
文字通り現実の
ノマド生活から精神世界の探求で消化し、
つくばにも戻り、仕事につきながらも著作に励む。
今後は6旬「54歳灯丑」が、
宿命害切れの名誉で、
努力次第だが、
栄誉ある受賞につながれば吉。
7旬「64歳陽子」はDNA「車」の
多忙
8旬「74歳草亥」は晩年ながら
主導DNA「司」の
特別条件付き10年運天冲殺で、
異様な環境にあってこそ能力も発揮し引力本能抜群
自己確立なので、晩年で悟りの境地。
その後の9旬「84歳木戌」も
特別条件付き10年運天冲殺で、
感謝と奉仕さえ出来れば、とてつもない活動も可能。

ところで、湊は男女の違いこそあるが、
本人も意識するように
官九郎とは同一生年月日で、
その宮藤は、いわゆる
運型は同じだが、あり余る才能がありながら
整合性なき結婚
をしてしまったために、
いわゆるところの
通俗的結婚をしてしまったばかりか
後天運もそこまで派手ではなく
才能だけで売れている状態。
それに比すれば、
結婚はともかく子供もいないようで、
後天運は女性のほうが宮藤より恵まれており
その気になりさえすれば
破格の成功も期待できるもの。
むろん
生年が異なれば、まるで別次元の話は付け加えておく。
なお、夫も同じ誕生日だが、話の流れからは同学年ではないようで、
二歳年上なら、共通干はあるが、年上の午未天冲殺だし、
一歳年上なら、共通干のない干合支害関係となり、
一歳年下なら、共通干がなく冲殺範囲をもたれているし、
ヒントは06年(陽戌)に体調を崩してICU入りしたことで、
どうやら年下は除外できそうなので、
1歳年上の水性ゼロ(DNA龍/玉なし)の野人になり。
月干「宝」が干合で水性が突如精製され戸惑って
不調になったと思われるが、
全快したからといって夫をおいて逃避する湊は、
そこまで
夫との間に理解度がないのではないか。
だからこそ、加齢と共に創作の世界に
足を踏み入れられたのではないか。

さて、ランドナーとは旅する相棒
いまや街で見かけるのは、
速くて軽くて機動力もある
ロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイクが主流だが、
80年代に流行ったツーリングタイプの自転車は
湊の
若い頃の楽しくも苦い想い出が染みこんでいる
青色のランドナーは、むろん守護神カラー
輪行をして旅に出かけた。
いま、それを語れることに、浸れる喜び。
まだまだ行きたい。自分の足で旅したい。
どこか遠くの、まだ知らない場所へ。
若いひとのためにかな。
」は、話半分として、
今年(21年/宝丑)は、DNA「石」の
害切れ支合
そうだね。
友達を思う年なんだよ!
でも、心残りは龍馬に親友をライバルを
つくってあげられずにごめん。

分岐のたびに悩んで悩んで真剣に道を選んだのだ。
そういう結婚を選択したのだから、やむなし。
(物語中は事実婚)
最近は、e-BIKEなんてあって
電動式のツーリングもあるから
若い子には負けないで許してもらおうよ☆
生き方はトホホも作品は秀逸〜→湊ナオ//イノセント・ツーリング○BE
湊ナオ○70-0719
雨鉄雨
子未戌-4
貫調調司牽(司主導)
木性(15)火性(34)土性(33)金性(67)水性(48)/総合197
辰巳天冲殺/天冲殺(14歳宝巳/24歳鉄辰/74歳草亥/84歳木戌)
大半会(24歳鉄辰)/変則方三位(74歳草亥)
月支VS日支害/害切れ(4歳海午/54歳灯丑)
木性脆弱/火性脆弱/土性脆弱/金性過多
-4歳海午/14歳宝巳/24歳鉄辰/34歳畑卯/44歳山寅/54歳灯丑/64歳陽子/74歳草亥〜
07(鉄)●BE
夫○69-0719*想定
宝畑雨
未未酉※-4
禄車貫貫車(貫主導)
木性(39)火性(58)土性(87)金性(54)水性(00)/総合238
辰巳天冲殺/天冲殺(14歳雨巳/24歳海辰)/天剋地冲(54歳畑丑)
害(64歳山子)/変剋律(64歳山子/74歳灯亥/84歳陽戌)
木性脆弱/土性過多/水性ゼロ(野人)
-4歳木午/14歳雨巳/24歳海辰/34歳宝卯/44歳鉄寅/54歳畑丑/64歳山子/74歳灯亥〜
02(草)●BE
★5
★5(是非読むべき良品または面白い) ★4(時間があるなら読むに値する推奨本)
★3(お好みで) ★2(推奨できません) ★1(時代整合性なし。頭が腐る駄作・不良品)
top●BE
 
■2021年04月04日(日)海午
神野オキナ国防特行班E510の持続する凄味
神野オキナ//国防特行班E510○BE
○95年(草亥)のDNA「鳳」年より活動開始。
99年(畑卯)のDNA「車」の半会年に「かがみのうた」で、
ファミ通エンタテイメント大賞
小説部門
(99-0529/宝巳)奨励賞を受賞。
同作は「
闇色の天使」に改題されファミ通文庫で刊行。
以後、漫画化、アニメ化されて本編など多岐にわたって活動し、
その後、「
カミゼの邦」が
第20回大藪春彦賞(18-0122/木寅)最終候補作に残り、
現在も精力的に活動中。
20年(鉄子)のDNA「玉」の害年には
ツイキャス「ライブ 人生ラジオゾンデ」を配信開始した
神野オキナ(70-0103/雨未)の
国防特行班E510が、
01月09日(灯巳)の守護神日に上梓されている。

三輪出雲自衛隊から外務省出向扱いになり、
駐在武官としてアフリカの某国で、
CIAを明かす同等の武官のキリアン・クレイと出会うが、
共に
テロに遭遇し、双方の大使を護った
三輪は
爆発に巻き込まれ殉職したとされたものの、
一時は
記憶喪失になりながら4年かけて生還した。
死んだはず」の出雲は、
今では
自衛隊汚れ仕事を引き受ける始末屋で、
防衛省内の不祥事を始末する専属部署である
自衛隊第三特殊情報偵察評価群
五一〇
臨時特別行動班隊長を務めている。
上司からの命令は
自ら出頭を願い出た、統合幕僚監部に
潜りこんでいたスパイを保護する
」というもの。
大した仕事ではなかったが、
いざ現場に入ると、対象者は亡くなっており、
公安警察の「ゼロ」と呼ばれる
非合法部署に所属する荻窪冴子と遭遇。
互いが銃を構え、一触即発のムードが漂う中、
班長を務める冴子が口を開く
私たちが来た時には死んでいたのよ
睨み合いが続く出雲と冴子のふたり。
最初に動いたのは――どちらでもなかった。
突然、窓ガラスが砕け、火炎瓶が投げ込まれたのだ。
さらに遠距離からの銃撃までも。
いったい何者が襲撃しているのか?
キナ臭い関係となってきた隣国の仕業か?
それとも・・・・・。
謎が謎を呼ぶ国際諜報ハードアクションは、
一連の作家の作品群のなかでも、
余裕ある躍動感みなぎる意欲作に仕上がっている。
意外な結末もあることに期待してほしい。

沖縄県那覇市久茂地出身で、
浪人して入学した大学を中退後、一時
夜警員をしていた経験もあるも、
ほぼ
一貫として作家活動に従事してきた神野は、
DNA「貫」主導で、
敵対する相手がいると、
あらゆる手段を講じて、
迎撃する。
好き嫌いも極端で、なかなか融合することもないが、
公平ではなく公正でありたいと思う。
才能はこの「」で攻撃的守備本能ということか。
「貫+龍」は、
忍耐力あり簡素で質素も、
この「龍」が冲殺されているので、
妙な庶民性になる。
「貫+車」は、
気は長いほうではない
「車」×2もあり、
強固な闘争。
「貫+司」は、
冷静な意志。
「雨+貫+子月」は、
苦難の人生で説得力は増すが、
自身にとってプラスか否かは別。
「酉」年生まれ「雨未」は、
矛盾だらけの人生。
生き方を表す伴星は「調」で、
独創的奇異な人生。
物事の始めの洩星は「司」で、
努力に努力を積み重ねる
締めにあたる導星は「貫」で、最後は
一人

宿命の特長は、晩冬深夜零時頃街を流れる川だが、
不自然にも陽光が
白夜のように照らす状態。
総エネルギー152点と身軽だが、
月支「子」VS日支「未」の害持ちなので、
結果を求めると月干「陽」が守護神となり、
ありがた迷惑状態だが、
生年冲殺のため、仕事にどっぷりつかり
脇目をふらずにいれば、相応の成功を収める。
とはいえ表現力の木性は、僅か11点なうえに、
害毒の中にあるため、屈折した形になるが、
それもまた魅力のひとつになるので、
嵌まれば怖い
年干支の「畑酉」は、見てくれの良さ。
あるいは
格好良さ
銃火器などに造詣が深いのは、形を重視するから。
それなりの
装備を工夫して闘う
月干支の「陽子」は、
移り気でお天気屋も、
そういう状況におかれるため安穏とはいかずも、
一目おかれるところがあるため、究極の救いはあり。
迷いは敵
そして日干支の「雨未」は、穏やかで人当たり良さそうも、
一癖も二癖もある真面目単純さが同居し、
環境に順応しやすいため、
変貌自在だが、
異性に対する特別な嗜好や興味があり、
それが
強味になったり命取りにもなる。
干支番号構成は、46-13-20で西方から東方を経て南方も、
鋭角的領域で、あれもこれも出来るわけもなし。

後天運は、初旬「9歳草亥」が、
DNA「
」の特別条件付10年運天冲殺半会で、
木性強化で
表現力強化
負の部分は
母親を若くして亡くしていることで消化か。
2旬「19歳木戌」が、DNA「
調」の特別条件付10年運天冲殺
他人とは異なった生き方をすることで
一気に運が開花するので、あれこれ模索しただろうが、
作家として生きる方向へ気持ちが向く。
3旬「29歳雨酉」は、DNA「
」の才能強化10年運天冲殺で、
世に
認知され始める。
4旬「39歳海申」は、DNA「石」の
10年運天冲殺
仲間がテーマ。
現在の5旬「49歳宝未」は、DNA「龍」の
新たな挑戦
守護神月干「陽」が干合で消滅する
進み行く方向の変化
10年運天冲殺40年を抜けたとは言え、
生年冲殺であり、
仕事に生きているのだから揺るぎなし
前旬とは少々
屈折した形の仲間になるのが興味深い
今後は6旬「59歳鉄午」が、DNA「
」に宿命害切れ
落ち着いたなかにも、
スイッチが入る状態で、
若い時に挑戦出来なかったテーマに入る。
7旬「69歳畑巳」は、年干支「畑酉」の大半会を伴う
DNA「車」の
多忙だが、体力次第
8旬「79歳山辰」は、DNA「牽」の
栄誉や役割。

あの重篤性の高い流行性の病で
東京だけではなく日本中が早く眠るようになって、
世の中が様変わりした2年後の設定における
この国と密接に関わる国との
信じがたきせめぎあい
某国テロ集団残党まで入り乱れての状況に
自衛隊に公安がからむ
ストイックヒーローで胸のすくような戦闘シーンは圧巻で
神野の真骨頂で旧くからあるものに
新たな挑戦という不可思議高度協調というテーマで、
正に「
復讐は冷めないほうが美味しい料理」だし、
そして「
だから君は前を向いて生きろ」と
乾いたセリフを投げかける三輪出雲と、
醜の御楯は生き残った。

さて、神野は生年冲殺であり、親の犠牲
親の介護で相当苦労したという。
申酉天冲殺じたいは親思いなので、
その気持ちは
否定するものではないが、
そのために犠牲にすることもでてくる。
なので納得するか否か。
本来は、
生地生家から遠く離れたところで成功する。

また、この生年月日は
間違いない」で一発当てるも異性問題で躓き、
離婚して、一時は警備員をやっており、
ドイツ人女性と再婚したかと思えば、また離婚という
秀和と同一である。
「雨未」は異性で躓く暗示があるとはいえ
仕事に生きられず、ブレブレの長井に比して、
ひとつのことに
集中して成果を残している
神野の生き方はずっと格上で活かしきっていると言えるだろう☆
あの芸人より格上は「間違いない」〜→神野オキナ//国防特行班E510○BE
神野オキナ○70-0103
陽畑灯
未子酉-9
車司車貫龍(貫主導)
木性(11)火性(33)土性(40)金性(28)水性(40)/総合152
申酉生年冲殺/天冲殺(9歳草亥/19歳木戌/29歳雨酉/39歳海申)
主導DNA(29歳雨酉)/変則方三位(39歳海申)
月支VS日支害/害切れ(59歳鉄午)
木性脆弱/土性過多/水性過多
-9歳草亥/19歳木戌/29歳雨酉/39歳海申/49歳宝未/59歳鉄午/69歳畑巳/79歳山辰〜
10(雨)●BE
★3.5
★5(是非読むべき良品または面白い) ★4(時間があるなら読むに値する推奨本)
★3(お好みで) ★2(推奨できません) ★1(時代整合性なし。頭が腐る駄作・不良品)
top●BE
 
■2021年04月01日(木)畑卯
冬森灯縁結びカツサンドうしろむき夕食店に多幸感憶える
冬森灯//縁結びカツサンド○BE冬森灯//うしろむき夕食店○BE
○DNA「龍」年だった18年(山戌)に、「縁結びカツサンド」で、
ポプラ社主催「第1回おいしい文学賞」(18-0326/灯巳)にて
最終候補に選ばれ、
20年(鉄子)のDNA「貫」年の
07月06日(鉄戌)の律音日(午月最終の三合会局月内)、
縁結びツサンドで作家デビュー。
同年秋よりキリンビールとポプラ社のコラボレーション企画により、
キリンビールの公式noteで五つの皿からなる
小説
うしろむき食店を連載し、
「おまけの小皿」を書き下ろしで追加された
同作が02月15日(木午)の
絶好の
主導DNA」の三合会局日に上梓されている
冬森灯(76-0228/鉄戌)を解説する。

縁むすびカツサンド」は、駒込うらら商店街に佇む、
昔ながらのパン屋さん「
ベーカリー・コテン」。
あんぱん、クリームパン、チョココロネ。
気取っていない顔が並んでいて、
見ているだけでほっとするような、そんなお店。
一家で経営してきたコテンの未来を背負うのは、
悩める三代目29歳の和久。
商店街が寂れる中で、コテンを継ぐべきか
自分のパン」を見つけないといけないのではないか。
創業者のじいちゃんが亡くなって、「コテン」の由来すらわからない。
店は継ぐも継がぬも自由!
たっぷりあるのは心意気だけだ。悪く思うなよ。
縛るつもりはねえから、
お前さんはお前さんの信じる道を行ったらいい

日々迷いながらパン生地をこねる和久のもとには、
いろんなものを抱えたお客たちがやってくる。
人の悩みに寄り添うパンを焼こうと
奮闘する和久が、やがて見つけた答えとは―。
買収にも負けない町おこし小説
コテン」は「古典」ではない「個展」でもない「個店」でもない
サンドイッチは家庭でつくるのが一番だって!
カレーパンは邪道!?
一筆啓上仕候 和久様」と
平成に亡くなったじいちゃんの手紙がまだみつかってない。
そこには「
俺の一番嫌いな言葉は知ってのとおりノー」だって。
否定すると全てが閉ざされる。
KNOTEN はドイツ語で結び目で、
NOのきらいなじいちゃんがNをとばした
こてんぱんって可能性もあるしね」って。

うしろむき夕食店」は、副都心から電車で20分ほど。
並木台駅北口から丘に向かって伸びる
いちょう並木に沿って徒歩10分弱。
突き当たりのT字路のひとつ手前を左。
目印は珍しい産直品自動販売機
二階建てのレトロな洋館に、
ステンドグラスの嵌め込まれた観音開きの扉。
ドアの両側には二つずつ背の高い格子窓。
そこから見える満月のような照明と、
おいしそうな香りが漂ってきたら間違いなし。
そこが「うしろむき夕食店」だ。
「うしろむき」なんて名前だけど、
出てくる料理とお酒は絶品揃い
きりりと白髪をまとめた元芸妓の女将の志満さんと、
(もとは夕食店のシマ)
不幸体質のお孫さんの希乃香さんが元気に迎えてくれる
お店の名物は「
料理おみくじ」。
今宵の食事も人生も。いろいろ
迷ってしまうお客さんに
意外な出会いを与えてくれると評判だが・・・。
志満さんは
限界を感じてもう店をしめるという。
希乃香さんは、生き別れた祖父ちゃんを探しだしたら
店は続ける」と祖父ちゃん捜しを命じる
無事祖父ちゃんは見つかるのか?
駒込の「
おいしいカツサンド」が
食べられる店がさりげなく登場もする。
バジリコ代わりシソを使った「緑スパ」も食べたい
ビールがおししく飲める小説!

宮城県仙台市出身で、経歴不明も東京在住時は、
駒込のうらら商店街あたりに住み、
現在は
神奈川県藤沢市並木台駅北口あたりに
居住していると思われる(笑)冬森は、
DNA「禄」冲殺主導で、
簡単に満足できず
目標達成にも時間がかかる

美味しい料理にめがなく、
食べ歩きには惜しみなくつぎ込める可能性大。
「禄冲+龍」は、
探究心ある教養も、闇雲に進む。
時に勘違いもするから、指輪をなくしてしまい
結婚延期を浮気という発想になったりもするが、
なんでもありと開き直るしかない。
「禄冲+車」は、
束縛は好まないが、自分は妄想に走る傾向。
マニュアルがないと不安にもなる。
「禄冲+貫」は、
演技派なので、役者登場
否、
登場人物は皆、演技をしているように楽しい
計算できないから良いのだ。
「鉄+禄冲+寅月」は、自身か配偶者が病弱だったり、
弱いのに働いたり裏切られたり疑念あり。
適職なり目標達成までに30年40年はかかる。
小学生の時から作家になりたいとの気持ちあり。
「辰」年生まれ「鉄戌」は、
待ち運
簡単に諦めてはいけないように出来ている。
生き方を表す伴星は「石」で、
冒険と人脈の人生。
物事の始めの洩星は「禄」で、誰かに
その気にさせられる
締めにあたる導星は「車」で、
マイペース

宿命の特長は、早春午前四時頃の鉄板で、
小説の設定とは真逆の
朝から仕込みで忙しい
朝定食の準備中だったり、パンを焼く窯でもある。
総エネルギー257点はそれなりに屈強で、
月干支「鉄寅」VS日干支「鉄戌」の大半会で、
一見大工場のようにも見えるが、
自身の金性は48点で、
食材の木性は52点、直火弱火含めた火性は64点、
これらをまとめる土性は72点と
役者は揃っているが、
この土性は創造力になるものの
表現力の
水性は僅か21点のため、
あれもこれもとは手をだせず、
日替わりで対応したり、
どちらかというと極端というか
特色をだそうとする
さも美味しそうにかかれているが、
実際の味付けは好みの分かれるところかもしれない。
これらをカバーするのが
日干支「鉄戌」VS年干支「陽辰」の天剋地冲で
大仕掛けの刺激で、少量の水性を活性させ賑やかしにする。
疲れたらひとまず「出汁」を飲んで、整える。
守護神は年干「陽」の「車」が使いやすそうだが、
それでは緩すぎるので、
日支「戌」内の「灯」で格好をつけるのが適確か。
とはいえ、
仕事に生きようとすると
内側からのブレーキがかかりやすい
ので、
多くの顧客に提供できる店ではなく、
客を選ぶので、たどりつけない場合もあり
お客様がたくさんいらしてくださっても、
おもてなしはできませんので
」というのが表向きの理由。
年干支の「陽辰」は、表面温厚中辛辣。
一見穏やかそうだが、
締めるところは締めて
孫娘を試すように、なかなか店を継がさせまい、
苦労させまいという気持ちになる。
月干支の「鉄寅」は、
変貌自在ながら不安定。
ある時は
渋い二枚目俳優も、それは世を忍ぶ仮の姿で、
尋ね人にも変身したりと謎めいている。
そして、日干支「鉄戌」は、
図々しく存在感あり。
格好を気にしないので、
山菜を探しに道に迷い
泥だらけになっても気にしない
づけづけと物をいうが、
野暮ったくなっても強烈に存在を誇示する。
見てくれより味重視もここから。
エビフライもピンと真っ直ぐではなく、
そっているから二尾でハート型にする裏技もあり。
干支番号構成は、53-27-47で北方2点を南方で支える鋭角地帯で、
なんでも絶好調の人にはそこまで縁がなく、
辛い立場の人や、困っている人にこそ役立とうとする。

後天運は初旬「8歳畑丑」は、DNA「」の母性本能強化も、
これといって
後天稼働条件はなく落ち着いた風情。
2旬「18歳山子」は、DNA「
」の改良改革
社会参加することにより、
苦悩が増すが、
引き替えに才能も磨かれる変剋律30年の始まり
年支「辰」の半会があるので、ヤル気
スイッチは入った模様。
3旬「28歳灯亥」は、DNA「
」の守護神支合
役割に徹し、自らを律しながら、不名誉なことをうけても、
それを乗りこえることで、自尊心が磨かれる。
現在の4旬「38歳陽戌」は、DNA「
」の動き急
年干支「陽辰」の納音は、簡単に前進させてはくれないが、
月支「寅」の半会もあり、
気持ちは切れていないので、
なんとかデビューにたどりついた。
今後は5旬「48歳草酉」かDNA「司」の
干合支害で、
月干と日干が干合で、
進み行く方向に大きく変化ありだが、
その気になると大きな裏切りにも遭遇しかねず、
配偶者の身に危機が迫ることもあり。
6旬「58歳木申」は、DNA
「禄」の引力本能全開
年支「辰」の半会もあり、大いに進める。
7旬「68歳雨未」は、DNA「
調」の発信力強化
8旬「78歳海午」は、DNA「
」の趣味の良い人生
月支「寅」日支「戌」のからむ三合会局で、
現実面の火性が最大級に強化され、慌ただしい。

さて、小学校の卒業文集に「作家になりたい」と書いていたが、
10代、20代、30代と、これまでに
三度筆を折ったという。
作家に向いているかいないかではなく
理由は別にして、
生月冲殺というものは真っ直ぐ進めないものだし、
崇高な目標があるならば、孤軍奮闘せねばならない。
ところが
詳細不明も30代に家族に大きなことがあって
もう小説を書いてる場合じゃない」と思って諦めたという。
家族が配偶者ならば、「鉄」の配偶者成分は「草」で、
これは年支「辰」内にあるが、
これは年干支「陽辰」VS日干支「鉄戌」の天剋地冲内にあり、
すなわち
結婚そのものが重荷であったことは否定できない。
とはいえ、
家族も再生したそうなので、
冬森も
再度挑戦する気持ちになったそうだが、
今後は不透明も一度デビューできてしまえば、
困難さえも糧になるし、持続出来れば花になる。

今後は「うしろむき夕食店」で回収されていない
志満さんの娘にして希乃香さんの母親
のこと。
犬もどきはなんだったのか。
奥多摩の家はなぜ整理されたのか。
希乃香さんの店になって、
志満さん無事おじいちゃん
添い遂げる日常を手に入れられたのか等々。
お楽しみは、これからだよね☆!?
健全な食欲〜→冬森灯//縁結びカツサンド○BE冬森灯//うしろむき夕食店○BE
冬森灯76-0228
鉄陽灯
戌寅辰-8
車貫龍禄龍(禄冲殺主導)
木性(52)火性(64)土性(72)金性(48)水性(21)/総合257
寅卯生月冲殺/変剋律(18歳山子/28歳灯亥/38歳陽戌)
干合支害(48歳草酉)/主導DNA(58歳木申)/三合会局(78歳海午)
年干支VS日干支天剋地冲/月干支VS日干支大半会
火性過多/土性過多/水性脆弱
-8歳畑丑/18歳山子/28歳灯亥/38歳陽戌/48歳草酉/58歳木申/68歳雨未/78歳海午〜
07(鉄)●BE
★4
★5(是非読むべき良品または面白い) ★4(時間があるなら読むに値する推奨本)
★3(お好みで) ★2(推奨できません) ★1(時代整合性なし。頭が腐る駄作・不良品)
top●BE
 
■2021年03月29日(月)陽子
宮木あや子CAボーイのエクセレントな軽さの明暗
宮木あや子//CAボーイ○BE
○幼少期は声楽関係の仕事を目指していたが、
横浜国際女学院翠陵中学校・高等学校
(現/横浜翠陵中学・高等学校)在学中に演劇部に入り、
15歳で小説家を志し、太宰治賞、KADOKAWA青春文学大賞
文藝賞などに応募するが、
プリンタが壊れデータ原稿渡しで
粗筋を書かなくても良いという利点から
05年(草酉)の干合年に一次選考に2本通ったことに気を良くして、
翌06年(陽戌)のDNA「車」年に通算5回目の挑戦で、
江戸時代を舞台にした小説
道中で、
第5回
R-18文学賞大賞読者賞(06-0330/山午)を
主導DNA」日に受賞デビュー
以来、
官能的な作品から、コメディタッチの作品まで幅広く発表。
16年(陽申)には
ガール
ドラマ化され大ヒットしたほか、著作は次々映像化・舞台化され、
13年(雨巳)のDNA「調」年には、
セレモー黒真珠で、
第9回
酒飲み書店員大賞(13-1025/木子)を
DNA「禄」日に受賞している
宮木あや子(76-1104/鉄申)が、
コロナ禍経営黄信号が点滅しながらも、
機内食ネット販売などして、累計売上高1億円を誇る
ANA(全日本空輸)が舞台と思われる仕事小説
19年(畑亥)のDNA「玉」年の害年から
大半会天冲殺年だった20年(鉄子)に
「文芸カドカワ」や「カドブンノベル」に掲載されていた
CAーイを同年08月28日(雨卯)のDNA「調」日に
上梓されているので解説する。

元パイロットだった父の無念晴らすため
最高級グレードサービスを誇る外資系ホテルに就職し
敏腕ホテルマンとして質の良い仕事をしていたにもかかわらず
(さりげなく
外資系企業は勤務時間が緩い
という都市伝説を否定
している)
入社5年目の
高橋治真(はるま)は、
航空会社の中途採用募集を知り、
男性客室乗務員をめざす。
彼には
長年胸に秘めていた望みと、秘密があった――。
パイロットになりたい」――。
CA配属ではあるが総合職としての募集で、
数年勤務した後、
適性さえあれば
希望の部署へ異動できる可能性に賭けたのだ。
見事
試験合格した治真は、同期女性たちと共に訓練期間に入る。
秘密とは。治真の父は、かつてその航空会社で
薬物疑惑航空事故を起こし引責したパイロットだったのだ。
けれど、その事件には
おかしなところがあった――。
素性を隠し有能な男客(ダンキャク=男性客室乗務員の略)として
スタートを切った治真だった・・・・・。
先輩CA紫絵(しえ)、
治真に一目ぼれしたグランドスタッフ茅乃(かやの)、
指導教官オブライエン美由紀など、
個性豊かなキャラクターたちが
それぞれの大事なもの」に向かって躍動する
ワーキングエンタメ
物語の軸は、幼児教育から大学まで一貫教育を誇る
富裕層が多い最高学府に大学から入学した、
それなりに
知能レベルも高く、一見失敗しない系
そこそこ裕福な五人の若者の日常が軸になり、展開していくが、
笑えて泣けるのは、
コロナ禍での航空会社のありようにも触れられていること。
男客は特に保安要員を印象づけ
子丑天冲殺らしく
最終的には父より友達を救うという
軽妙タッチの王道感動物語で、
作家趣味無念色濃くでた逸品と言え、
史上最高の男の笑顔を感じられるはず。

神奈川県横浜市中区出身で、父親の仕事の都合で、
UFOの目撃地として知られる
アメリカ中西部のとんでもない田舎の大学に留学卒業。
大卒後給与45万円の企業から
IT関連派遣社員を経験。
現在は
東京都武蔵野市に住んでいる宮木は、
「龍」主導で
あれこれクビを突っ込み、多趣味で落ち着きもなし
庶民的着道楽と海外旅行に明け暮れる日々。
「龍+龍」は、その気になると没頭。
「龍」×3もあり
頑なで原則生き方変えられず。
「龍+貫」は、
忍耐力強靱
「龍+車」は、
行き当たりばったりで感覚的。
「鉄+龍+戌月」は、
愚痴っぽく明るいけど暗い
「辰」年生まれ「鉄申」は
非現実的なことを思いつく。
生き方を表す伴星は「石」で、
人脈ありき。
物事の始めの洩星は「車」で、
何もないところから始める
締めにあたる導星は「貫」で、
一人で終わる

宿命の特長は、晩秋午後八時頃残光の照らす山間
すり抜ける旅客機
総エネルギー251点の自身の金性77点の
身強子丑天冲殺なので、
国際線にも国内線にも耐えうる機体だが、
火性40点のエンジンで土性76点と
稼働歴も多く
些か金属疲労も感じるのか、
乗客の木性は僅か18点と
空席が目だつ
ただでさえ強面の子丑天冲殺なのに、
木性脆弱は
優しさ慈しみに欠け
異性成分も弱く、目上で特別な友人扱いになり
たまったものではない。
年干支の「陽辰」は、一見柔軟ムードも
内面辛辣
月干支の「山戌」は、
自由が少ない籠の鳥状態で、
先祖や自身に
出生秘密あり。
治真友人達どころか指導教官も、実は訳ありだ。
そして日干支の「鉄申」は、「
私、失敗しないので」と
いかにも言いそうな
完璧を求める官吏
まるで
出来の良いロボットみたいに、マニュアル通り。
CAは「
飛行機が好き」「人の世話が好き
給餌や配膳が並外れて得意」な
だけでは就いてはいけない職業で、
訓練で飛行機のあれこれを学ぶことは、
イザという時の危機管理にもなり、
急病人が出た場合は、医療行為以外のあらゆる責任を持つなど、
この
干支の根幹をよく表している。
干支番号構成は、53-35-57で北方2点に西方1点の存外狭い範囲なので、
取材して描けるお仕事小説は、お手の物だ。

後天運は初旬「9歳灯酉」と遅咲きで、DNA「牽」で裕福な出自
月支「戌」の害で不安定な面もあるが、
日支「申」もあり秋の方三位も成立し、
闘争的
音楽の道に進むはずがそのとおりにならず
小説を描くことに方向転換。
2旬「19歳陽申」は、DNA「車」の
孤独危険
住居は大学敷地内にある13階建ての寮の12階(女子フロア)。
生まれて初めて「
窓の外に民家の灯りが見えない場所住んだが、
原則守護神扱いで、年干支「陽辰」の大半会もあり、
帰国子女だし、就職も恐らく、恵まれたもの。
危うい方はおそらく98年(山寅)の
主導DNA」年に結婚も、あっけなく離婚
3旬「29歳草未」は、DNA「司」の干合で、僅かだった木性の強化で、
引力本能強化され、デビュー
現在の4旬「39歳木午」は、DNA「禄」で引力本能の木性が強化され、
それなりに
順調
今後は5旬「49歳雨巳」は、DNA「調」で
反発反抗も、
忌み神月干「山」が「陽」になり、10年運が「灯巳」になれば、
DNA「牽」の刑と支合もありなので、
目下の変化や進み行く方向に変化をつければ、
グレードも上がる
6旬「59歳海辰」は、DNA「鳳」の半会で、より
趣味に生きる
7旬「69歳宝卯」は、DNA「石」の
政治力発揮せぬと、
妥協なり屈辱で年干支「陽辰」の干合支害は前進不能で厳しい日常。
8旬「79歳鉄寅」は、納音で
瓦解
持続できなくなるのか、過去の完全否定で自分自身を失いかねない。

さて、宮木子丑天冲殺である。
なので、
年上剋しで年下と結婚せねばならない
(本来
年下好きでジャニオタも公言するので
CAボーイ主人公活き活き描かれている)
ところが社会にでて20代前半に
一度結婚も(おそらくは98年の主導DNA年か)
子丑天冲殺なのに相手が年上で数ヶ月ももたず、あっさり終わり。
次は08年(山子)に
主導DNA」の条件なし天冲殺夢の中再婚
こちらも年上だが、夢の中始まりのため、
どうやら
ずっと夢も見続けているようで、
今のところは持続しているようだが、
ちょっと
目を離した隙に酔っ払って大怪我して、
身包みはがされたり
仕事が続かずといった弊害はあっても、
そのあたりは宿命に少ない木性強化10年運のおかげか。
この2年(20年/鉄子・21年宝丑)の天冲殺があけるあたりから、
少しずつ
ズレを認識するようになるに違いない。
あちこちでのろけているが、夢の中で始めたものは、
無理をしてもせいぜい二回りする24年。
今のところ12年経過しているが、
それは一気に無き案件になりかねない。
その時、作家はさらに成長した姿を
読者にみせつけてくれるはずなのだが、
未婚年下相手の結婚なら、今頃もっと大物になっている☆
ドラマにするにはコロナが憎い夢の中〜→宮木あや子//CAボーイ○BE
宮木あや子76-1104
山陽陽
申戌辰-9
車龍貫龍龍(龍主導)
木性(18)火性(40)土性(76)金性(77)水性(40)/総合251
子丑天冲殺/方三位(9歳灯酉)/納音(79歳鉄子)
木性脆弱/土性過多/金性過多
-9歳灯酉/19歳陽申/29歳草未/39歳木午/49歳雨巳/59歳海辰/69歳宝卯/79歳鉄寅〜
07(鉄)●BE
★3
★5(是非読むべき良品または面白い) ★4(時間があるなら読むに値する推奨本)
★3(お好みで) ★2(推奨できません) ★1(時代整合性なし。頭が腐る駄作・不良品)
top●BE
 
■2021年03月25日(木)海申
荻堂顕擬傷の鳥はつかまらないの蹉跌と解放
荻堂顕//擬傷の鳥はつかまらない○BE
○大学卒業後、様々な職業を経験する傍ら執筆活動を続け、
「私たちの擬傷」が、
この筆力は尋常ではないし、
天性の物語作家の資質を感じさせる。
過去、読んできた新人賞候補作のなかでも五指に入る作品だ

と絶賛され第7回
新潮ミステリー大賞(20-0804/畑卯)受賞した
荻堂顕(94-0325/鉄戌)が受賞作を
擬傷のはつかまらないとして、
01月25日(雨酉)のDNA「調」の繊細な害日に上梓されている。

嘘をつかなきゃ家も借りられないなんて、なんかおかしいですよね
身分詐称を取り締まる法律はない。
また、源泉徴収票も給与明細も私文書であるため、
公文書偽造には相当しない。
だから、
ありえなかった未来のために、今とは別の自分
本物みたい」な生業が存在する理由だ。
擬傷とは、親鳥危険を感じたときに、
わざと
怪我をしたような動作をして捕食者の注意をそらす行動
翼を不自然に広げながらよたよた歩いて移動し、
雛や卵を守る
主にチドリ類やシギ類など、
地上に巣を作り繁殖する鳥類が擬傷を行う。
危険を感じたときに必ずするというわけではなく、
身を守るための行動の一種になっている。
鳥って頭が良いんだね」「ううん優しいんだ」。
顧客の要望に応じて偽りの身分を与える
アリバイ会社」を生業とするサチのもとに、
ある日、二人の少女が訪ねてきた。
数日後、片方の少女がビルの屋上から身を投げ、
サチは残されたデリヘル嬢・アンナをやむを得ず
「門」の向こう側へと「逃がす」よう迫られる。
サチ稼業はこの世界に居場所を失った人間
異界へと導く雨乳母(あめおんば)」だったのだ――。
なぜ、
少女は死ななければならなかったのか
死の道標を追う過程で浮かび挙がる「
未成年売春婦殺人事件」と
少女たちの
恩讐渦巻く関係とは一体何だったのか。
サチは無事に「
逃がす」ことができるのか・・・。
そして
訳ありの雇われ店長との関わり。
彼もまた「
逃がれる」のか。
サチにも、ひとときの世界は認められているが、
それは束の間のことだ。
逃れることの出来ない役割を負うサチ
本名は優希(ゆき)で、
希望はなかった。
逃れたいのに逃れない、
そして
逃れることに失望していく者。
ここではないこの世界では決してない
異世界ハードボイルド交錯する場所は
どこでもドア」ほどの気安さはない。
」と「新月」に誘われる
現代の「
祈り」と「贖罪」を描破した、
衝撃の犯罪ミステリーが堂々登場した。

東京都世田谷区成城生まれ。
早稲田実業高校卒業。
早稲田大学文化構想学部卒業。
新宿
ゴールデン街のプチ文壇バーのバーテンをはじめ、
4年間ほど様々な職業を経て、
現在は
ブラジリアン柔術家として、
格闘技&フィットネスジム
(リバーサルジム東京スタンドアウト)勤務で、
渋谷区幡ヶ谷在住の荻堂は、
DNA「司」冲殺主導で、
堅実そうにみえて
大胆で豪快
気さくそうに見えて、えらく堅い思考の持ち主。
才能は、この「」で集積力
危ういことに巻き込まれそうになっても
ギリギリ踏みとどまるのは、
嘘だって真実にし続ける義務があるからだ。
「司冲+龍」は、
冒険家のわりには用心深く
確証がないと、危ない道には踏みださず。
ブラジリアン柔術には惚れているのだろう。
「司冲+禄」は、
自制心あるが、
時に
看過できない状況にぶつかると、
自らの立場をわきまえず、
苦難も買って出る
「司冲+牽」は、
保身術を過信すると失敗もあり。
あれもこれも出来ず
得意分野の中で解決するのが好ましい。
「鉄+司冲+卯月」は、
理屈っぽく群れるのは好まないが、
納得すれば身を挺して助太刀をする。
「戌」年生まれ「鉄戌」は、
待ち運
積極的に挑戦するのではなく、
機が熟するのを待つ
新月もだ。
生き方を表す伴星は「玉」で、
生涯学習で母親や姉的思考。
物事の始めの洩星は「司」で、相応の
努力は怠らない
締めにあたる導星は「龍」で、
次のことを必ず考えている

宿命の特長は、仲春午前六時頃の電動工具
早朝から木樵相棒として機能するが、
手入れを怠ると不調になり、
危機的状況時の
武器にもならぬ場合があるので、
擬傷ならぬ死んだふりも必要か。
総エネルギー188点は、
フットワークは軽く
自身の金性61点の占有度合いは強く、
軽いのに強く見せているのは、
その気になると
果てしない働きをする柔術使いからか。
とはいえ創造力の土性は34点と比較的稀薄で、
実体験や取材による積み重ねが必要
真っ直ぐなところはあるが、不良にもなれる気質で、
理解したうえで表現しているのだから
現実味あり
管理されたくない思いと、
生月冲殺制御されねばならない部分は難しいが、
その狭間で揺れ動くものを表現しているのであり、
冲殺月干「灯」が守護神なので、
辛うじて
道を踏み外さず生きている模様。
決定的なのは
水性ゼロ(DNA鳳/調なし)で、
遊びやゆとりなく、読書も趣味にはならず仕事への努力。
黙っていたら
口下手になりかねないので、
柔術で自己表現していたが、
飽き足らずに
無限大の発信力を使って文章を書いた。
悲劇の先にある記憶を消すことが、
思い出を蹂躙することになるとは思わないわ
」とは、
よくぞ言ったものだ。
あんたの嘘を必要としてる人間がいる」という
正体は、水がないからだし、
雨降りであるのも不可欠なのだ。
年干支の「木戌」は、
感受性豊かなロマンチスト
若い時は自尊心が高いが、
人生を重ねると共に、
内容充実する様相。
月干支の「灯卯」は、
観察眼に優れ
充分の
準備したところで一気に勝負にでる。
そして日干支の「鉄戌」は、
傷体と呼ばれ、
自身が何らかの
身体を傷めることで運があがり
先祖戦争などで不慮の死を遂げている可能性大。
墓参は欠かさないでもらいたい。
むろん、これが
紛い物の傷につながる。
傷ついている誰かを逃したい」は作家の本音でもある。
干支番号構成は、11-04-47で東方2点に北方。
南方や西方はないので、明るさを装って静かなもの。

後天運は、初旬「4歳山辰」は、DNA「」で庶民的改善の対冲。
生月冲殺で生まれ育った家に縁なく、自力で新しい道を探る。
放浪癖が備わる。
年干支「木戌」を天剋地冲するため、
それが実行できれば、
後転成功運型になる。
2旬「14歳畑巳」は、DNA「
」で何かひとつに打ち込む。
そういったものを探す、
古式豊かなものばかりか、
現実的な勉学に縁あり。
雨の乳母もまた深みのある存在。
ヘンゼルとグレーテルは迷子にならず引き返せるように、
道にパンをまいたが、
その
逆の作業を構築していく。
現在の3旬「24歳鉄午」は、年支「戌」の半会を伴う
DNA「貫」の大半会で、
文字通り大事件なのは
重なりの受賞になり、デビューもする。
早期稼働は、仕事柄身体を鍛えているからだろう。
今後は4旬「34歳宝未」は、DNA「石」の
仲間づくり
衝突もあろうが自信にみなぎって、
拡がりある人生
5旬「44歳海申」は、守護神月干「灯」が干合で「草」に、
さらに日干に干合されると「宝」にと、
進み行く方向目下がありえない作動となり、戸惑い
とはいえ、理解したうえで使用すれば、
DNA「鳳」の
表現力飛躍的にあがる、とてつもない時期。
6旬「54歳雨酉」は、同様にありえない水性だが、
年支も日支も害になるため、
八方塞がり
体調変化などからくる低調も、
次元が上がっていれば、むしろ
ありがた迷惑
ようは逆らわず、愉しめるか否か。
7旬「64歳木戌」は、晩年の
特別条件付10年運天冲殺で、
環境が特殊であれば、大きな運の稼働も
体力次第
DNA「禄」は
感謝奉仕活動に没頭したい。
8旬「74歳草亥」は、前記同様の
特別条件付10年運天冲殺に加え、
主導DNA」で、ようやく自己確立
蓄財に励まず、広く
世のため人のためで大きく社会貢献だろう。

作家は好き嫌いが多い
たとえば、
ゴミを漁っているカラスが見えたら道を変えるほどだった。
鳥類は火性なので、「」を鍛える守護神の方向だが、
月干に座するため、冲殺されており、
使用しにくい
なので、
とっつきにくい
むろん
生月冲殺生地生家に縁なし
とはいっても、そこは寅卯天冲殺で、
ある日所用で実家に戻った時に、
苦手な
文鳥がなぜか飼われていた。
運動のため
籠の外を飛ばせる瞬間苦痛で、
目を合わせなかった。
ところがしばらくして、また実家を訪れたときに
止まるところを間違えたかのように、
自然に明確な意志を持って文鳥が作家の指にとまったという。
その時はなぜか
不快に感じなかったところ、
しばらくして文鳥はなくなったという。
まるで
最後に作家に理解されたかったように。
何も悪いことはしていないのに、
一方的に
嫌われたままで去って行くのは悲しい、と。
その日から
作家は鳥について調べ始め
その過程で「
擬態」について知ることになったという。
弱々しい献身に感銘して、
そして人間にもそれはあるのかと考えるようになったのが、
本書執筆のきっかけのひとつ。
理解することと」「受け容れること」は別物だが、
それを
教えてくれたのは文鳥なのだから、
やはり
ありえない水性より火性は頼りになる。
とはいえ作家は明るくはない。
だから時代整合性あろうがあるまいが、
ネガティブを描きつづける、それはそれで、
こんな世界は滅んでしまえ」と思いながら、
花にありえない水をやる行為だ。

さて、物語の舞台は16年(陽申)に設定されている。
雨乳母が唯一逃させることに成功できなかった
少女玲奈(99-0209/海辰)について、触れておきたい。
総エネルギー248点はそれなりで
「車」主導は
ファイターであり危険な面あり。
目上運命なのに生じられる
金性ゼロ(DNA龍/玉なし)は、
頭の中身はカラッポだし、親縁皆無
年支「卯」VS日支「辰」の
表裏ありで、
一筋縄でいかず真っ直ぐに進めない
火性守護神はお金が全てだが、
初旬「8歳灯卯」は干合支害で、
お金や異性に翻弄される性癖で謙虚に非ず
適してはなかったのだろうし、
こちらの世界でまだやり残したことがあったのだろう。
実際に近いモデルが存在したかもしれないが、
荻堂の仕事も手抜きがなく
丁寧で感心した☆
作家を志した過程にも感銘する〜→荻堂顕//擬傷の鳥はつかまらない○BE
荻堂顕○94-0325
灯木灯
戌卯戌+4
禄牽龍司龍(司冲殺主導)
木性(45)火性(48)土性(34)金性(61)水性(00)/総合188
寅卯生月冲殺/天冲殺(64歳木戌/74歳草亥)
初旬条件あり(年干支を天剋地冲)/大半会(24歳鉄午)/害(54歳雨酉)
主導DNA(74歳草亥)/土性脆弱/金性過多/水性ゼロ
+4歳山辰/14歳畑巳/24歳鉄午/34歳宝未/44歳海申/54歳雨酉/64歳木戌/74歳草亥〜
07(鉄)●BE
玲奈(逃れられなかった少女)○99-0209
陽畑陽
辰寅卯+8
牽禄調車調(車主導)
木性(97)火性(52)土性(66)金性(00)水性(33)/総合248
午未天冲殺/天冲殺(38歳鉄午/48歳宝未/78歳木戌/88歳草亥)
初旬条件あり(年干支と律音的)/害(8歳灯卯)/主導DNA日(18歳山辰)
大半会(58歳海申)/年支VS日支害(表裏あり)/害切れ(78歳木戌)
方三位/木性過多/土性過多/金性ゼロ/水性脆弱
+8歳灯卯/18歳山辰/28歳畑巳/38歳鉄午/48歳宝未/58歳海申/68歳雨酉/78歳木戌〜
09(海)BE●
★4
★5(是非読むべき良品または面白い) ★4(時間があるなら読むに値する推奨本)
★3(お好みで) ★2(推奨できません) ★1(時代整合性なし。頭が腐る駄作・不良品)
top●BE
 
■2021年03月20日(土)灯卯
千葉ともこ震雷の人は野人であろうと商人を目指すべき
千葉ともこ//震雷の人○BE
○大学卒業後、演劇から方向転換し小説家を志したものの、
気後れしなかなか応募できずにいたが、
18年(山戌)のDNA「鳳」年に「気霜の姿」で、
干合支害月(09月/宝酉)ながら、ありえない守護神日でもあり、
第31回
オール讀物新人賞(18-0927/海戌)の最終候補に残り奮起し
20年(鉄子)の引力本能強化年の干合月(05月/宝巳)の
ありえない水性の守護神日に、
の人で第27回松本清張賞(20-0529/海申)を受賞した
千葉ともこ(79-0320/陽戌)。
同作は、主導DNA害月(09月/草酉)の
09月20日(陽寅)の大半会日に上梓されている。

運命に抗う兄妹の、ロマン香る大河小説と謳った同作は、
翻弄されながらも民の誇りを雄大に描いた意欲作!
西暦755年のこと。唐の首都長安より約880キロにある平原郡で、
16歳にして「
書の力で世を動かしたい」と文官を目指しながら、
信念を曲げず敵陣の刃に倒れた青年・顔季明
彼の
許婚の3歳年上采春は、
女が武術を学んで何が悪い。
だいたい人が力をつけんとする志を
悪しとする世間の風潮が、誤っている。
」と興行一座に身を隠し
得意の武術を磨きながら、季明の仇討ちを計った。
一方、采春の
張永は、季明の遺志を継ぎ
新皇帝のいる霊武へと向かう。
いちどは袂を分けた兄妹の運命が交差するとき、
唐の歴史が動き始めた――。
戦乱中の人生観の変化が面白く、心に響くと絶賛された
さすがに
公務員らしさを随所に感じられる
作家の素顔とはどんなものか。

茨城県阿見町出身。茨城県立土浦第一高等学校を経て、
筑波大学日本語・日本文化学類卒業。
忌み神月干「灯」が主導DNA方向の「草」に変化した
02年(海午)の
ありえない水性の条件あり天冲殺に、
社会を知るために、
茨城県庁就職し現在も就業中で、
県庁内でも
作家活動公認で、
12年(海辰)の
ありえない水性の天剋地冲年に、
水戸市内に家を建てた千葉は、DNA「
」主導で、
生き方を容易く変化させられず
生年冲殺ながら、生地なりの組織に入りこみ
社会貢献
すれば良いので、生き方はまずまず。
そもそも
好みの演劇で生きていこうという考えが甘く、
世のため人のために生きるのが生年冲殺だからね。
むろん
才能も「」だ。
「玉+調」は、そうはいっても
世間知らずだからこそ、
「調」が冲殺され、
丁寧な応対が出来た感もあり、
采春のように、
他人の目は気にしないものだ。
「玉+鳳」は、
自己を棚上げして物語り没頭
「玉+石」は、
言葉のひとつひとつにメッセージをこめる。
作品上、人を
なぶり殺しにして、良心の呵責を憶える。
「陽+玉+卯月」は、
頭は良いが実生活に活かせるかは疑問
とはいえ「未」年生まれ「陽戌」は、
王道
ロマンス大河なみの王道も王道で、清潔豪傑といった感あり。
生き方を表す伴星は「龍」で、
歴史を感じさせる海外に活路
物事の始めの洩星は「玉」で、
家族の協力などによる学び。
締めにあたる導星は「鳳」で、
心から表現できる作品に仕上がる。

宿命の特長は、仲春午前六時頃の朝陽で、
未だ
街灯が幅を利かせている時間帯ながら、
妥協せずに早起きして創作に励む勢い。
総エネルギー203点はこれといって普通だが、
生年冲殺は、まずは仕事にドップリ浸かる人。
とはいえ
水性ゼロ(DNA車/牽なし)の野人は、
なんでもありだから「玉」主導らしく、
懲りずに若年期の目標は諦めない
水がないので流れは悪くなり潰瘍性大腸炎にもなる。
自身の火性は最強の80点で勢いはあるのだろうが、
木性44点は年支「未」VS月支「卯」の半会で、
幾分補われるとはいえ、
公務員として責を負いながら、
創作を行うのは
並大抵のことではなく脱帽物。
年干支の「畑未」は
何でも利用するじゃじゃ馬みたいなもので、
茨城県は良い意味でタップリ利用されている。
月干支の「灯卯」は、よくよく
観察してから動くと成果あり。
そして日干支の「陽戌」は
庶民派の商人気質で、
努力と苦痛の伴う創造力。
干支番号構成は、56-04-23で北方東方南方の西方欠けで、
前進気勢はあり。

10年運初旬「5歳山辰」は、DNA「鳳」の対冲で、
屈折した表現手法に気づく。
2旬「15歳畑巳」は、DNA「調」の
繊細な感性
人を気づかうところから滅私奉公の公務員気質にもつながる。
3旬「25歳鉄午」は
突如やってきたDNA「禄」の金性強化
10年運天冲殺で、金回りが良くなって絶好調。
後世まで縁があるか否かは不明も家を建てる。
感謝と奉仕がないと災害等には脆弱
現在の4旬「35歳宝未」は、
DNA「司」の
干合支刑10年運天冲殺で、
なんでも引きよせるので、作家デビューも実現。
とはいっても、その過程には
諍いや苦悩が確実にあったはずで、
乗りこえて実現は立派も、
茨城県には感謝どころではなく、
もう少し
客寄せパンダとは言わぬが貢献しても罰あたらず
今後は5旬「45歳海申」が
宿命にない守護神水性10年運で、
DNA「車」は
多忙につぐ多忙
忌み神月干「灯」は「草」になり、
主導DNA方向の「玉」が強化も、
退職はすべきではない
その後は6旬「55歳雨酉」が、DNA「牽」の不名誉
体調不良もあろうが、組織に属していれば、
望まない役割ですむが、退職していれば誰にも守られない
離別は運命だ。生きている以上、別れは避けられぬ」でもある。
7旬「65歳木戌」は、DNA「龍」の
特別条件付10年運天冲殺で、
ようやく退職して本格稼働か、
はたまた
ゼロに近いところからの復調
8旬「75歳草亥」は、年支「未」に月支「卯」のからむ三合会局と、
主導DNA」の特別条件付10年運天冲殺で、
ようやく
自己確立も、晩年でやり残した案件を精力的にこなす。

大学卒業後は演劇の道に進むつもりだったが、
かねてから憧れていた劇団が研修生を募集しないことを知り
01年(宝巳)の干合年らしく、
演劇に比して、すべてを表現できる作家になろうと、
02年(海午)の
ありえない守護神天冲殺年に茨城県庁入庁
都内の山村正夫記念小説講座の門をたたき、
月2回の講座は約18年受講。
最初の10年は、優秀な仲間への気後れもあり一歩引き
コンクールにもまったく応募しませんでした
というものだったが、
10年(鉄寅)のDNA「
」の半会年に結婚
12年(海辰)の
ありえない守護神天剋地冲年
14年(木午)のDNA「龍」の
天冲殺半会年に出産を経験すると、
人間の誕生の尊さを実感し、価値観が変わり
一度きりの人生、とことんやってやろうじゃないか」と
スイッチが入ったという。
このあたりが
親になると強い」主導に、
夢のようなことばかり考える午未天冲殺が程よく交錯し、
歴史の勉強を開始するも体調不良になり一旦生活を見直し、
就寝時刻を早め、早朝の執筆に切り替えてから
調子が良くなったという。
さすが
春の陽光すなわち朝陽らしい発想。

さて、千葉の配偶者は日支「戌」内「宝」になり、
自身が上にたつ存在であり、夫の協力なしには、
創作活動も成立しないだろうが、出会いなどの経緯は不明も、
第一子男児(12-08XX)は、ほぼ間違いなく、申酉の生月冲殺で、
刺激は与えても、目下縁稀薄な午未天冲殺としては、
事務的に接しているのがわかる。
また
第二子女児(14-0906/鉄辰)は、
ありえない水性月に誕生した天剋地冲関係で、
こちらも
生月冲殺で関係性を易々深められず。
夫にしても年下の可能性が拭えないが、
それらをふくめて、
ひとまず乗り切れているのが、
守護神なしの野人らしさだろうし、
家族の運気を良い意味で踏み台にして、
わしづかみにしたような受賞である。
懸念といえば「陽戌」には、精神性の強い活動より
商いなど
庶民的な生き方が似合う点。
あまりに
没頭すると疲労も著しい
となると、仕事も家庭も長持ちさせるのは、
崇高な作品ではなく、
商業的発想
それが今後の課題になるはずだ☆
実は崇高浪漫より庶民性が似合う〜→千葉ともこ//震雷の人○BE
千葉ともこ○79-0320
灯畑海
戌卯未※+5
調石鳳玉調(玉主導)
木性(44)火性(80)土性(60)金性(19)水性(00)/総合203
午未生年冲殺/天冲殺(25歳鉄午/35歳宝未/65歳木戌/75歳草亥)
干合支刑(35歳宝未)/害(55歳雨酉)/主導DNA三合会局(75歳草亥)
火性過多/土性過多/金性脆弱/水性ゼロ(野人)
+5歳山辰/15歳畑巳/25歳鉄午/35歳宝未/45歳海申/55歳雨酉/65歳木戌/75歳草亥〜
03(陽)●BE
第二子女児○14-0906
海木灯
辰申午-10
禄鳳龍貫牽(貫冲殺主導)
木性(33)火性(26)土性(78)金性(48)水性(43)/総合228
申酉生月冲殺/変則方三位(10歳宝未)/主導DNA(20歳鉄午)
変則方三位(40歳畑巳)/害(50歳灯卯)
木性脆弱/火性脆弱/土性過多
-10歳宝未/20歳鉄午/30歳畑巳/40歳山辰/50歳灯卯/60歳陽寅/70歳草丑/80歳木子〜
07(鉄)●BE
★3.3
★5(是非読むべき良品または面白い) ★4(時間があるなら読むに値する推奨本)
★3(お好みで) ★2(推奨できません) ★1(時代整合性なし。頭が腐る駄作・不良品)
top●BE
 
■2021年03月17日(水)木子
村山仁志魔法の声の正体みたり正義も悪も描く
村山仁志//魔法の声○BE
○08年(山子)のDNA「龍」年に「三井雷太」名義で執筆し、
09年(畑丑)のDNA「玉」年のDNA「禄」日に
パラダスロスト」で
学研の第1回
メガミノベル大賞金賞(09-0228/木辰)を受賞しデビュー。
14年(木午)のDNA「禄」の
条件あり天冲殺半会年には、
本名で「
午前0時ラジオ局」を発表。
喋り手としては、18年(山子)のDNA「龍」年に、
第55回
ギャラクシー賞(放送批評懇談会)
ラジオ部門 DJパーソナリティ賞(18-0427/畑丑)を受賞という
NBC長崎放送ラジオ制作本部長
村山仁志(68-0719/鉄寅)の
7冊目となる小説
魔法の〜長崎東山手放送局浪漫〜が、
昨年(20年/鉄子)の12月27日(木辰)のDNA「禄」日に上梓されている。

19年(畑亥)12月20日(宝卯)、金曜日。
それはほんの十数秒の出来事だったが、
居合わせたスタッフたち、
特に河合胡桃アナにとっては、
永遠に匹敵するほど長く感じられたという。
長崎のローカルテレビ局、通称阿蘭陀坂テレビの
看板番組「ニュース・キャッチ」の
メインキャスターである門脇章太郎が
画面がスタジオに切り替わっても
中継画面に映り込んだ女性の姿に声を失った!
長崎の放送局を舞台にアナウンサーが活躍する、
この時代ならではの、
ちょっぴりサスペンス涙と笑いもある群像劇。
声が繋げたクリスマスの奇蹟!
新人アナウンサー河合胡桃と少女のコミカルな掛け合いと、
ベテランアナウンサー門脇章太郎の声が織りなす
語り継がれるような物語!
今はベテランとなった門脇アナは
03年(雨未)に憧れの結婚退職を控えた
まつげの長い少女漫画っぽい顔の柳原小夜子アナウンサーと
入れ替わるように入社したが、
補充要員だったことに愕然とする。
(実際は結婚ではなく病気退職だったようだ)
時代は流れ19年(畑亥)12月20日(宝卯)に、
キャスターとなった門脇は、
テレビ生放送中に「そこにいる筈のないひと」が
画面に映り込んでいるのを見つけ、絶句する。
同じ夜、門脇に想いを寄せる若手アナウンサー河合は、
赤いマフラーが似合う謎めいた美少女と夜道で出会う。
怪しい男達に追われながら、
必死に誰かを探す少女を放っておけず、力を貸すことに。
二度と会えない憧れの人
一目だけでも会いたい約束の人
美しい長崎の街を舞台に、章太郎、胡桃、少女の想いが交錯し、
クリスマス・イヴの夜に奇跡を紡いでいく―。
色鮮やかな長崎を舞台に繰り広げられる
ロマンチック・コメディに酔いしれたい。

長崎県長崎市出身で、幼少期は自衛官だった父親の都合で、
各地を転々とするが、一浪して最も自信がなかったという
日本大学芸術学部を25倍の倍率をはねのけ(他は惨敗で導き)
92年(海申)の守護神「鳳」年卒業し、
同年
NBC長崎放送に入社。93年(雨酉)から佐賀放送局
98年(山寅)のDNA「龍」年に長崎に戻り、いわゆる団地住まいも
14年(木午)のDNA「禄」の
条件あり天冲殺
長崎市内の
高台の家を建てた村山は、
DNA「司」主導で、
堅実さと加減の良さが同居。
真面目な顔をして冗談みたいなことも出来る人徳者。
「司冲+鳳」は、
落ち着くことなく、常に発信。
「司冲+車」は、
その気になるととてつもない行動力
あるいは
机上であたかも何かが行われているように振る舞う
「司冲+龍」は、脇が緩い印象も
締める所は締める
「司冲+玉」は、
意味のある日常を演出。
「鉄+司冲+未月」は、
はじめは波乱も滑らかな口調で、
難局を乗り切るのを愉しむ。
「申」年生まれ「鉄寅」は、得意分野で濃厚な力を発揮し、
天下国家のようなテーマを回避するが、
異性の気持ちは理解不能なので、
逆に理解されようと努力を怠らず。
生き方を表す伴星は「調」で、
繊細で丁寧に見える人生。
物事の始めの洩星は「鳳」で、
なし崩し。なんとなく始める。
締めにあたる導星は「玉」で、
部下や目下にやりこめられながら静かに終える。

宿命の特長は、晩夏午後二時頃高地にある観光施設
一人テーマパークのような賑わいで、とことん熱い
総エネルギー242点はそれなりも、
土性101点もあり、どちらかというと迷惑なお節介をされがち。
これを回避するために、創作などあらゆる工夫をしているが、
あちこち動くよりは
限定された場所でフル回転しているため、
また土性過多は、喉や皮膚に特長がでやすく、
まさに「
Magic Voice」だが、自己陶酔して自惚れも出やすい(笑)。
水性19点は、創造力が多いわりには発信力は偏りがちも、
趣味で終わらせないのが、
乗せれば天空にまで昇る生月冲殺らしく、
高みを目指し、
ゴンドラから眺める景色といったところ。
年干支の「山申」は、
難攻不落な砦のような入口も、
月干支の「畑未」は、入ってしまえば何でもありの
無法地帯
そして日干支の「鉄寅」は、
にも正義の味方にもなれる
変貌自在の武器といったところだが、
涙をぽろぽろ落としながらも描ききるという
感動の人でもある。
干支番号構成は、45-56-27で北方と南方を結ぶ鋭角敵ゾーン。
放送局がらみのこの人しか描けない作品ばかりだろう。

後天運は、初旬「6歳鉄申」は、日干支納音する後転稼働運型で、
気持ちはそのままで
自衛官であった父親の各地の異動につきあわされた。
それはそれで土性過多の
生月冲殺の消化
また45歳まではターボ運(子丑天冲殺回り)で、
何をやっても目立つ
2旬「16歳宝酉」は、DNA「石」の妥協。
浪人もしたし、
受かったのは一校だけというより導かれたもの
さらに長崎放送にも同じような経緯で入社。
また姉の存在も大きく、ここでは姉がデビューを飾る。
3旬「26歳海戌」はDNA「鳳」で楽しみながら技を磨く。
4旬「36歳雨亥」はDNA「調」で
独創的デビュー
現在の5旬「46歳木子」は、DNA「禄」の引力本能強化で、
進み行く方向の変化も、年支「申」の半会もあり衰えなし。
ターボ運(子丑天冲殺廻り)終了と共にラジオ専念で、より濃厚。
今後は6旬「56歳草丑」が、DNA「司」の干合
主導DNA自己確立
やりたいことを徹底してやるが
若者に道を譲るのは、僕たち大人の役目だ
とか格好つけるかもしれないが、
生月冲殺は求められてこそ、なんでもするので地味にならず、
なんでもやってほしいものである。
7旬「66歳陽寅」は、DNA「車」で
危険な領域に入る。
8旬「76歳灯卯」は、DNA「牽」で
名誉もあるが、
格好悪い思いもする。

わたしたちはふたごだから、はなれていてもいっしょだよ。
大きくなったらけっこんして、
それぞれのなまえをむすめにつけようね

双子は別々に暮らした方が運気があがるので
古来より別々に育てるのが習わしだったが、
昨今はそうでもないようだが、
この話は離れ離れになった双子とその後を
トリックじたてにしたもので、
放送局の人間ばかりか、
任侠団体の二代目やその対立組織まで入り乱れて
登場する
スピード感ある抱腹絶倒コメディ。
悲哀じたても、実は明るい未来ありというのが、
さすが
理想を追求する午未天冲殺らしいが、
門脇が柳原先輩への思いばかりで、
河合アナの気持ちに気づかず。
異性の気持ち理解不能の村山の
暴走全開(笑)。
女心を察するのが難しい
男性の愚かさも面白おかしくなっているのは殆ど素。
ただ
村山の本質年上女性に活かされるのだから
的を射ている

さて、村山は佐賀放送局時代に結婚し一女(99-XXXX)ありも、
村山の月干支が「畑未」で、娘の年干支を大半会するので、
それなりに可愛がっているのだろうが、詳細不明。
奥様が年上ならこのうえないが、残念ながらこちらも不明。
そして、年上と言えば、
やはり
実姉の早紀(63-0117/鉄申)に登場願おう。
日干支は納音同士でライバルだが、
羅状で共通干支もあり、姉弟という現実の絆はあろう。
ともに
生月冲殺でその気になれば、
無限大成功運型だが、
会社員である弟の月干支「畑未」と
専業作家で今や大御所の
姉の月干支「雨丑」では
住む世界が違うのだが、
二人に共通しているのは、
長崎愛
生月冲殺なので、どんどん成長していく面白い長崎愛だが、
二人とも
動ける」で、動かされて良さがでる」。
やはり、
長崎だけではない風景も存分に描いてほしいもので、
何でもできるのに、長崎だけでは
いささかもったいないという感想だ☆
天まで昇りかねない稼働力〜→村山仁志//魔法の声○BE
村山仁志68-0719
畑山海
寅未申+6
龍玉車司鳳(司冲殺主導)
木性(38)火性(40)土性(101)金性(44)水性(19)/総合242
午未生月冲殺/生日冲殺/初旬条件あり(日干支を納音)/ターボ運(〜45歳)
変則方三位(16歳宝酉)/主導DNA(56歳草丑)/狭視(異性理解不能)
土性過多/水性脆弱
+6歳鉄申/16歳宝酉/26歳海戌/36歳雨亥/46歳木子/56歳草丑/66歳陽寅/76歳灯卯〜
07(鉄)●BE
村山早紀63-0117
雨海陽
申丑寅-4
鳳調鳳石車(石冲殺主導)
木性(22)火性(19)土性(52)金性(55)水性(80)/総合228
子丑生月冲殺/天冲殺(4歳海子)/変則方三位(4歳海子)
主導DNA害(14歳宝亥)/干合支合(74歳草巳)
木性脆弱/火性脆弱/水性過多
-4歳海子/14歳宝亥/24歳鉄戌/34歳畑酉/44歳山申/54歳灯未/64歳陽午/74歳草巳〜
07(鉄)●BE
★3.3
★5(是非読むべき良品または面白い) ★4(時間があるなら読むに値する推奨本)
★3(お好みで) ★2(推奨できません) ★1(時代整合性なし。頭が腐る駄作・不良品)
top●BE
 
■2021年03月15日(月)海戌
吉森大祐ぴりりと可楽!は独楽じゃないぜ粋だよ!
吉森大祐//ぴりりと可楽!○BE
○大学在学中から小説を書き始め、93年(雨酉)に就職し、現在も勤務。
幕末ダンタウン」で、
第12回
小説現代長編新人賞(17-0703/宝卯)を受賞し、デビュー。
第3回
細谷正充賞(20-1014/鉄寅)を受賞した
吉森大祐(68-0707/山寅)のぴりと可楽!が、
昨年(20年/鉄子)の08月17日(海辰)の
守護神DNA「禄」日に上梓されているので解説する。

櫛職人京屋」の又五郎は「お笑い」好きの粋な旦那衆が揃う
噺の会」の下っ端ながら、
大坂からやって来たお笑い芸人を向こうに回し、
ここでやらなきゃ
江戸っ子の名折れとしゃしゃり出る。
が、急ごしらえの寄席はたった五日で店仕舞い。
自分のあまりの
不甲斐なさに江戸の街を飛び出した又五郎、
百戦錬磨の芸人たちが集う街道沿い宿場町
越谷・松戸で揉まれて丸二年。
修業の末にようやく掴んだ前代未聞の
即席芸三題噺」で一世一代の大勝負に打って出る!
又五郎こと、のちの
三笑亭可楽と、
小鉄こと、のちの
林家正蔵と、
左団次こと、のちの
三遊亭円生の出世話と
可楽恋女房於奈津」との逸話に取材した、
落語創世記の
江戸の活気を描いたもの。

時は寛政、幕府が禁じていたので
お笑いでカネをとれる(
木戸銭)ハナシカが、いなかった時代。
華のお江戸は下町入谷、粗末な長屋が立ち並ぶ七軒町の
三味線堀の
小さな櫛工房「京屋」。
22歳の又五郎は、13歳で髪結いのオヤジの口利きで
櫛職人の奉公に来た。
一通りは憶えたが奉公人は一人なので、
なかなか下働きから抜けだせない。
源兵衛親方ときたら薩摩から上等な板を仕入れて
二年も三年も乾きをいれて
丁寧に仕上げる腕の確かな職人
いまどき半年あたりでちゃちゃとやのが多いなか、
立派な心がけといっても堅物には変わりない。
一人娘のオナツ17歳は、
目鼻立ちが通った
別嬪で、
名の通った職人の娘だから、
気が強くて口が悪い!
娘以上に厳しい親方は
まだ半竹モノだが九年勤めたことは褒めてやる。
あと十年もすりゃあ、なんとか形になるだろうさ。
せいぜいてめえは婿に入れ!たっぷりと修行させてやらあ
」。
そんなわけで兄妹みたい育ったオナツとは将来を誓ってみたものの
お笑いの世界を諦め切れない又五郎は
サンショは小粒でも、ぴりりと辛いという洒落を効かせた
山生亭花楽を名乗り、彼を慕う神田連雀町の下谷で
渡り奉公の17歳で酒を呑んだくれながらの
大江戸一番之美声呼び出し小鉄の小鉄と
小鉄がどこからともかく連れてきた
元は武士で顔の右半分娘左半分は武家に扮した
悲恋川越花魁縁起の左団次と神田豊島町に
お笑いの殴り込みをかけたが
上方衆の頓作軽口ハナシカ洒落噺に一蹴されて、
失敗して修行にでて、
越谷で鶏の鳴き声や牛と馬の喧嘩や謎かけがうけるような土地や
松戸・亀戸・小岩にも遠征して、川を下って芸を磨く。
小鉄と左団次は
オナツが工面した内緒の金でついてくるともしらず
三つの話題を客席からもらって
その場でといてみせる創意工夫の新作を編み出した又五郎は、
二年間の武州の修行から江戸に凱旋して
お忍びで観覧しにきた 北町奉行を笑わせ御墨付きを貰う。
若き日の白木屋の若旦那に
みそめられ強奪されそうになったオナツと所帯をもって
一旗あげるまでを描いた意欲作!

東京都文京区生まれ。
93年(雨酉)に
慶應義塾大学文学部を卒業しているが、
6年かかったのが、浪人したか留年したか不明も、
大学ではサッカー部に所属。
社会人になって神奈川県逗子市に、
00年(鉄辰)には東京都目黒区に引越しし、
現在は東京都文京区
根津在住。
根津教会近くのマンションで暮らす吉森は、
「玉」主導で、
年季が入る旧いものを好み
いわゆる
歴史大好き
親の影響を受けやすく、
情熱家
「玉+貫」は、先々を見据えるより、
目前の役割や課題を適確にさばくも、
「貫」×3もあり、頑固で
重厚感あり。
抜け駆けみたいなイメージ。
「玉+石」は、言葉の端々に
気持ちをこめる
「山+玉+未月」は、
理屈屋だが静けさのある明るさ。
「申」年生まれ「山寅」は、
一発勝負に強い。
生き方を表す伴星は「司」で、
努力努力の積み重ね。
物事の始めの洩星は「玉」で、
身内の影響。
締めにあたる導星は「貫」で、
自分らしく線引き。

宿命の特長は、晩夏午後二時頃の夏山で、
遠くからでも、
やたらめったら一際目立つ
それもそのはずで、総エネルギー
241点中
自身の
土性は実に122点という身強で、
年干と日干が「山」で月干が「畑」という、
土性の天干一気なので、埋もれそうになりかけても、
全力で存在感を誇示すれば、
とてつもない
地殻変動を起こすが如く、
周囲を巻き込んで吹き飛ばすようになるので、
近づくには勇気がいる。
守護神になる水性は、僅か19点しかなく、
雄大だが、さして頼りがいはなく、優しさもなく、
その水を干合で火性に変化させてしまうので、
日常的な生活のことなど構わず。
没頭しやすい生年冲殺で、仕事もするだろうが、
文章をしたためるのもお手の物。
年干支「山申」VS日干支「山寅」の納音は、
秘密ありだが、
派手なので秘密にもならない
どちらかと言えば、
世を忍ぶ仮の姿が勤め人で、
又五郎が噺家になったように、本業作家にしたいのだろう。
年干支の「山申」は、なかなか
落城しない強固な山城。
月干支の「畑未」は、周囲を凋落させる
権謀術策家
そして日干支の「山寅」は、
汚れ仕事は気づいたら
周囲に任せたり、良きに計らって体裁をたてるようなもの。
干支番号構成は、45-56-15で北方2点に東方1点で、前進気勢あり。

後天運は、初旬「10歳鉄申」が、
DNA「鳳」の雄大な
ゆとりを与えられる10年運天冲殺
最初は、
遊びの延長で稼働しづらいが、
ターボ運(子丑天冲殺廻り)があるため、
49歳までは何をしても目立ってしまう。
2旬「20歳宝酉」は、DNA「調」の
反抗的10年運天冲殺で、
ハミダシを経験するも、
年支「申」と月支「未」の間を埋める変則方三位で、
内側の月支から年支を通じて、
窮屈ながらも未来をこじ開ける。
3旬「30歳海戌」は、DNA「禄」の
引力本能
守護神で受け入れ態勢はあっても、塩水は塩水のため、それなり。
4旬「40歳雨亥」は、DNA「司」の
干合支合で、
宿命の土性天干一気が破格となる
願えば叶う幸運期であり、
「山」が「陽」のように自在になり、
デビュー
現在の5旬「50歳木子」は、DNA「車」の
稼働力向上
月干「畑」の干合で進み行く方向の変化も、
月干はブレない「畑」のため、姿勢は政治家も、
協調性和合性を通り越して、
開き直り
6旬「60歳草丑」は、DNA「牽」の役割発揮。
7旬「70歳陽寅」は、DNA「龍」の新規挑戦。
8旬「80歳灯卯」は、DNA「玉」の主導DNAで、
ようやく自己確立で、自分を知り到達点を見る。

さて、又五郎は開眼のキッカケが鶏芸だったためか、
雑芸も差別せず、紙切り、寸劇、神楽芸等なんでも認め、
三人は歌舞伎の大切に似せた寄席の顔見せとして
大喜利も成立させ、頓智の勝負で興業を盛りあげた。
まさに我が道を行く「
豪儀だぜ!あたぼうよ!」と威勢が良い。
お笑いは道楽なんかじゃねえ。
お笑いは、粋だ。江戸っ子の粋だい
」は胸がすく。

ところで、吉森の父親は、東京都文京区出身で、
中学生の頃、落語家に憧れるが両親の反対に遭い断念し、
高校に通いながらアシスタントをしながら
中央大学文学部卒業後の65年(草巳)の
DNA「鳳」の対冲年に「5つめの宝石」で少女漫画家としてデビュー。
以後「連
野郎」「ライチくん」などのヒットをだした
漫画家の
みき男(42-0312/雨亥※午前四時前生まれ)であろう。
父親水性天干一気なら、息子が土性天干一気。
父親宿命にないDNA「玉」の金性の条件なし天冲殺夢の中で、
生年冲殺の息子が、代わりに江戸落語の成りたちを題材に
出世話を書いたのは、感慨深い☆
かなり格好つけてるぞ可楽〜→吉森大祐//ぴりりと可楽!○BE
吉森大祐○68-0707
畑山海
寅未申+10
貫石貫玉貫(玉主導)
木性(38)火性(40)土性(122)金性(22)水性(19)/総合241
申酉生年冲殺/天冲殺(10歳鉄申/20歳宝酉)/ターボ運(〜49歳)
変則方三位(20歳宝酉)/干合支合(40歳雨亥)
主導DNA(80歳灯卯)/土性天干一気/天干一気破格(40歳雨亥)
年干支VS日干支納音
木性脆弱/火性脆弱/土性過多/金性脆弱/水性脆弱
+10歳鉄申/20歳宝酉/30歳海戌/40歳雨亥/50歳木子/60歳草丑/70歳陽寅/80歳灯卯〜
05(山)●BE
吉森みき男○42-0312※午前四時前生まれ
雨海灯
亥卯午+8
石貫調鳳車(鳳主導)
木性(45)火性(18)土性(18)金性(00)水性(76)/総合157
子丑天冲殺/初旬日居冲殺(8歳木辰)/主導DNA対冲(18歳草巳)
三合会局(38歳灯未)/干合木性天干一気干合支害(48歳山申)
水性天干一気/天干一気破格(38歳灯未/48歳山申)
火性脆弱/土性脆弱/金性ゼロ/水性過多
+8歳木辰/18歳草巳/28歳陽午/38歳灯未/48歳山申/58歳畑酉/68歳鉄戌/78歳宝亥〜
10(雨)●BE
★3.1
★5(是非読むべき良品または面白い) ★4(時間があるなら読むに値する推奨本)
★3(お好みで) ★2(推奨できません) ★1(時代整合性なし。頭が腐る駄作・不良品)
top●BE
 
■2021年03月13日(土)鉄申
稲泉連本をつくるという仕事と根気の裏側の脅威
稲泉連//本をつくるという仕事○BE
○大学在学中の97年(灯丑)の守護神「禄」年に、
自身の体験を描いた「僕が学校を辞めると言った日」が、
月刊「文藝春秋」に掲載され、
同作品が、守護神「灯」重なりに、
第59回
文藝春秋読者賞(97-1211/灯亥)を受賞。
その原稿をもとに98年(山寅)の60年に一度の干合天冲殺年に、
僕の高校中退マニュアルで単行本デビュー。
05年(草酉)のDNA「鳳」の半会年に
ぼくもいくに征くのだけれど―竹内浩三の詩と死―」で、
第36回
大宅壮一ノンフィクション賞(05-0412/陽寅)を受賞。
守護神DNA「司」の主導DNA日の受賞は、26歳の史上最年少。
90年(鉄午)に「
フィリピ愛した男たち」により
第21回
大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した
久田恵(47-1007/畑未)との史上初の親子受賞で話題になった
稲泉連(79-0215/雨丑)が、
17年(灯酉)に上梓した
をつくるという仕事が、
DNA「玉」の支合年で過去の再評価という意味だった
昨年(20年/鉄子)の11月10日(灯巳)の
守護神DNA「禄」の半会日に文庫化されているので紹介する。

ミスを無くすためだけではない校閲
本に似合った衣装を着せる装幀
にする製本
本の声ともいえる書体
もちろん紙がなければ本はできない。
そういった「
本づくり」の舞台裏を私たちはあまり知らない。
本を支えるプロフェッショナルの仕事に対する
熱い想いを届けるために、
彼らの言葉を聞きに行く。
読めばきっと、見方がぐっと変わり、
本が愛おしくなる情熱のノンフィクション。
形のある本を愛するすべての人へという
思いがこめられている本書は本好きなら是非にも知っておきたい
紙の本が存在した時代を忘れないための大切な一冊

東京都渋谷区生まれ。82年(海戌)のDNA「石」年に両親離婚
83年(雨亥)に
母親がサーカスの炊事係になり、
キグレサーカス団で1年過ごす。
85年(木子)の母親の干合支害天冲殺年に、
神奈川県鎌倉市の祖父母の家に母と共に同居。
95年(草亥)のDNA「鳳」年に高校中退。
その後
大学入学資格検定を経て97年(灯丑)に早稲田大学入学、
02年(海午)に第二文学部を卒業。
10年(鉄寅)のDNA「玉」の条件あり天冲殺年より、
東京都練馬区向山に在住の稲泉は、
DNA「司」冲殺主導で、堅実性のない
不安定生活
家庭的でなく、求めても無為。
「司冲+鳳」は、忍耐力なく
気まま
「司冲+龍」は、
貪欲に何でもクビを突っ込む
「司冲+車」は、
猛烈行動力
「司冲+司」は、良し悪し別に
何を考えているか不明
「雨+司冲+寅月」は、
放浪癖場違いの結婚。
「未」年生まれ「雨丑」は、
自分を良く見せたい
生き方を表す伴星は「調」で、他人の追従を受けない
独創性
物事の始めの洩星は「鳳」で、
なんとなく始まる。
締めにあたる導星は「車」で、
突如終わる。

宿命の特長は、初春午前四時頃の川で、
時間をかけて所構わず湧きだし流れて行く。
神出鬼没を飛び超えて常人は理解不能
総エネルギー250点中土性74点は、
行動派ながら濁りもあり。
守護神は火性の63点も、生月冲殺ばかりか冲殺され、
そうそう利用しやすいとも言えず、
ある意味ありがた迷惑なのに、
金性僅か17点の母親は意識するとはいっても
頼れる「鉄」ではなく「宝」なので、
その配偶者成分の「陽」に翻弄されるという図式。
また、年干支「畑未」VS日干支「雨丑」の天剋地冲は、
仕事をしている限り、他人に迷惑をかけたりかけられたりと、
騒々しいを飛び超えて、ハチャメチャ
勢いはあっても、
一旦地下に潜られたら
何処へでてくるか
予測不能な面が面白い。
年干支の「畑未」は、
他人を徹底的に利用する。
そのものズバリ母親の日干支でもあり、
無意識に意識する。
月干支の「陽寅」は、それなりに
整った技法
そして日干支の「雨丑」は、時間をかけて到達する、
他人に干渉されたくない自由人
干支番号構成は56-03-50で北方と東方の限定領域で、
これは広さより得意分野が限定されるということか。

後天運は、初旬「4歳草丑」は、DNA「鳳」の方向付け。
年干支「畑未」の天剋地冲もあり、
後転成功運型も、
緩んだ若年期か。
2旬「14歳木子」は、年干支干合支害で、
進むに進めず立ち往生のDNA「調」の支合で、
文字通り
逃げだすだが、結果文藝春秋読者賞のデビューもここ。
2旬「24歳雨亥」は、DNA「貫」のやりたいことをやる。
ここからは
ターボ運(子丑天冲殺回り)も始まり、
何をやっても目立つので、
始めたら流れに乗る
第36回大宅壮一ノンフィクション賞親子受賞。
3旬「34歳海戌」は、DNA「石」の刑。
濁りながら
闘いながら進む
今後は4旬「44歳宝酉」は、
新たな挑戦で成果だすも、
月干「陽」の干合は「海」になるため、
仲間のため、あるいは生活のための変身。
5旬「54歳鉄申」は、月干支「陽寅」の天剋地冲を伴う
DNA「玉」で
過去を考察
6旬「64歳畑未」は、DNA「車」の天剋地冲で、
追い込まれつつ危機的状況でも逃れるように動く。
7旬「74歳山午」は、DNA「牽」の干合支害で、
その気になっても不名誉。幕引きも近い。

言葉を誰かに伝える選択肢は声か文字しかありません。
書体は声なんですね

2万三千字の字体の基本は
国東愛水袋霊酬今力鷹三鬱
12文字の中に漢字の基本パーツが含まれている。
種字中の種字で、点、横画、縦画、ハネ、左払い、右払い・・・
力や文や口や女といったシンプルなほうが作字が困難
」などの
工業製品そして職人技としての出版物が取り扱われており、
校正は価値のある仕事
出版物の存在意義を高める
独立した校閲部を新潮社の歴史が物語る」
ただ文字の正しさや用法を正すのではなく、
実際のその日の天気と照合するなど
生原稿には思考の流れを感じる。
物事を知っていないと書き手に負ける
」や
なるほどと膝を叩きたくなるような取材は、
作者の興味対象として、
あるいは読書人として価値のある記録に思えるが、
ひとつ言えることは、「司」冲殺主導が、
仕事になると、ほとんど「司」主導で、
朴念仁とまではいかずとも、
途端に
味気ないのは、別な意味で母親を意識しすぎではないか。

その母親にしてもサーカスの炊事係が売りとは言っても、
実質一年間だが、それを稲泉は人生のなかで、
サーカスで暮らしてたときが
人生で一番幸せだった
」と回想するのは、
さすがに
生月冲殺らしいが(母親の初旬条件のない天冲殺10年運)、
10年(鉄寅)の結婚のおりに母親が
パぺミニシアターを運営する
練馬に同居し、共働きの妻と自身は仕事に精を出し、
三人の
娘の面倒をみていてもらったようだが、
18年(山戌)の稲泉の干合年に、
栃木県那須塩原市に拠点を移してしまい、
結果的に追いだしてしまったのは、
生月冲殺の本領発揮なのか自己発揮なのかはともかく、
母親のほうが飽きてしまったというか、
(10年運71歳灯巳の
改良改革)
そこらが守護神木性も「木」がなく「草」で
(これは配偶者成分でもある)
なおかつ息子に冲殺範囲をもたれ、
天剋地冲関係でもあり
限界だったのだろう。

さて本書に戻れば、ある著名人へのインタビューで
読み聞かせは悪いことじゃないし、
とても大切なことだけれども
子供に本を読んで貰いたければ
大人が本を読む習慣をつけるほうが大事。
聞き書をいくらやるよりも親が読んでいる姿をみせれば
『お母さん何を読んでいるの?』と聞かれるように
大人が読書に親しむ方が、よほど大事です
」と言わせている。
また(児童書は)「
子供のために書くとか、
年齢にあったものではなく
子供は正直なので、子供が喜べば大人も楽しめる。
書き手も子供のようにわくわくして書かないと
そんな心のありようが難しい
」と言う話を引きだしていること。
(興味あったら確認を!)

学校嫌いでリタイアした著者だが、
それは
母親が面白い人生を見せたからに他ならない
そこを加味して読めば、結びの章は楽しく読めた。
不真面目なのに真面目な稲泉は味のある生き方をさせてもらった
母親に感謝だと思われるが、
その母親は学生運動あがりで風変わりな
映画監督目指していたのに、
挫折してテレビ製作会社に就職した
8年同棲後2年ほどの結婚生活で
見限っており、
(子丑天冲殺なのに年上の夫だと思われる)
再婚した稲泉の父親は16年(陽申)の
彼の月干支「陽寅」の冲殺月干支納音年になくなっているそうだ。
もう稲泉は一人前ということだろう☆
背景は是非知っておきたい〜→稲泉連//本をつくるという仕事○BE
稲泉連○79-0215
陽畑陽
丑寅未-4
車司龍司鳳(司冲殺主導)
木性(52)火性(63)土性(74)金性(17)水性(44)/総合250
寅卯生月冲殺/生日冲殺/初旬条件あり(年干支を天剋地冲)
ターボ運(24歳〜)/天剋地冲(64歳畑未)/干合支害(74歳山午)
年干支VS日干支天剋地冲/木性過多/火性過多/土性過多/金性脆弱
-4歳草丑/14歳木子/24歳雨亥/34歳海戌/44歳宝酉/54歳鉄申/64歳畑未/74歳山午〜
10(雨)●BE
久田恵(稲泉恵)○47-1007
畑灯木
未酉亥+1
龍貫貫鳳司(鳳主導)
木性(26)火性(44)土性(66)金性(26)水性(24)/総合186
子丑天冲殺/天冲殺(21歳海子/31歳雨丑)/変則方三位(1歳鉄戌)
主導DNA半会(11歳宝亥)/害(21歳海子)/天剋地冲(31歳雨丑)
ターボ運(41歳〜)/三合会局(51歳草卯)
木性脆弱/土性過多/金性脆弱/水性脆弱
+1歳鉄戌/11歳宝亥/21歳海子/31歳雨丑/41歳木寅/51歳草卯/61歳陽辰/71歳灯巳〜
06(畑)BE●
★3.1
★5(是非読むべき良品または面白い) ★4(時間があるなら読むに値する推奨本)
★3(お好みで) ★2(推奨できません) ★1(時代整合性なし。頭が腐る駄作・不良品)
top●BE
 
■2021年03月10日(水)灯巳
橘もも忍者だけどOLやってます 抜け忍の心意気の巻の本音
橘もも//忍者だけど、OLやってます○BE
○99年(畑卯)の中学3年生時のDNA「牽」の方三位害年に書いた、
投稿作
をくださいが、
第7回ティーンズハート大賞」佳作に入選し、
愛知淑徳学園高等学校一年在籍時の
DNA「龍」の改善年だった00年(鉄辰)に、同作でデビュー。
以降ティーンズ向けのライトノベルの執筆や
映画やゲーム作品のノベライズに、
絵本や海外映画ノベライズ作品の翻訳をはじめ
立花もも名義でフリーライターや編集業も行う
橘もも(84-0228/海辰)が、
15年(草未)にMF文庫ダ・ヴィンチMEWで刊行した
「忍者だけど、OLやってます」を双葉文庫に移し
シリーズ第三巻となった
忍者だけど、OLやってます 抜け忍の心意気の巻』が、
昨年(20年/鉄子)の11月15日(海戌)の
納音日に上梓されているので解説する。

同作は、忍者の里八百葛頭領娘でありながら、
忍者の生き方に
嫌気がさして
技を使わないという約束で里を抜け
だすも、
幼馴染み銀座のホステスをしながら
情報収集をかね彼女を監視している「
穂乃香」と同居する
アラサー早生まれ抜け忍OL望月陽菜子(XX-0301)が、
危険を冒して再び術に手を染めたのは、
類まれなる能天気男でピネードシュークリーム大好きな
究極ぼんくら和泉沢(XX-0321)」の立場と、
将棋を指しあう仲である
彼の祖父「輿太郎」がつくった会社
和泉鉱業エネルギー」を守るため
別の里の抜け忍上司「森川」に嫌味を言われながら
里から追放された抜け忍「柳」らと対立しながら
元許嫁外務省勤務で里の正式な後継者
ドS忍者「
惣真」と共闘して、
オフィスを戦場忍者合戦をすることになってしまった。
三話では元上司である
御曹司和泉沢から告白されたことで、
今度こそ忍者としての自分と決別し、
平穏な幸せを掴もうと決意するものの
恋と使命との狭間で、最大の試練が待ち受ける痛快忍者OL話も、
主人公の性癖は、手っ取り早く作家の気持ちを
投影されたものと周囲は感じているそうだ。

愛知県名古屋市名東区生まれで、
大阪の大学在学中は三年間寮暮らし。
卒業後は「
ダ・ヴィンチ」編集部にて
雑誌や書籍の編集者として勤務し、
現在は
北区田端在住と思われる橘はDNA「鳳」主導で、
直感的な
遊び心の持ち主で、何かヒントがあれば
この世のものとは思われぬ想像力を発揮
「鳳+石」は、結構アバウトで
成り行きに弱い
明確な輪郭もなし。
なので登場人物は、判りやすい設定。
主人公の住まい根津千駄木あたりという今風。
手は組むが支配はしない抜け忍の心得(笑)。
とはいっても
乱れるのが危険なのが、忍び
「鳳+車」は、心底好みは
掟遵守より経済活動
才能は、この「」で休息なし八面六臂の動きは、
じっとしていられない、する必要もない「海」でもある。
「鳳+鳳」は、ゆるゆるで
緊張感なし
「鳳+禄」は、
人から好かれる気質。
何があっても生き延びるのが忍びの本質だしね。
「海+鳳+寅月」は、
ありえない物を思いつきで創造
「子」年生まれ「海辰」は、
事務処理能力は疑問
生き方を表す伴星は「牽」で、
基本は裏方で埋もれた魅力を世間に発信。
物事の始めの洩星は「石」で、
話し合い雑談から。
締めにあたる導星は「車」で、
都合が悪いことはなかったことに

宿命の特長は、初春午前四時頃の穏やかな海で、
海洋性植物が旺盛に繁り
既に朝日は上がっており目立つものの
総エネルギー235点中
金性ゼロ(DNA龍/玉なし)のため、
水は清らかとはいえず、ほっておくと汚れる一方で、
無限大の創造力や取材力を活かして、
綺麗好きでいるべきも、下手をすると多忙にかまけ、
汚部屋にもなりかねないので注意したい。
遅延性アレルギーの理由もこのあたり。
また、ストレスを多く抱えるが、その処理能力も半端ないのが、
野人ではないが、野人的な人の特長で、
その気になれば何でもできる
とはいえ
万物を五感で感じながらも
無意識の中で自然に融合するのが忍びなのに、
この偏りという
落ちこぼれが、抜け忍の悲哀を感じさせる。
忍者物にしても、まず発想がありきで、
そこに主人公に女性を設定しただけで、
実は良い意味での
笑えるお仕事小説で、
忍ぶこともなく壮絶な果たし合いもさほどなく、
何にでも
姿を変えられる水の質から、
メイクで七変化させるくらいの健全さ。
年干支の「木子」は、
困ったらリセットできるので抜け忍。
月干支の「陽寅」は、
ソツなき文章力
そして日干支の「海辰」は、
自己中心の芸術センスで、
苦悩しながらも自己を第三者的に分析してしまう。
干支番号構成は、01-03-29で東方に南方の
比較的鋭角的な偏り激しい世界観も、明るい。

後天運は、初旬「8歳草丑」がDNA「調」な繊細さが付加された
年支「子」と月支「寅」の間を埋める
変則方三位年で、少女趣味全開にならずとも、
斬新で反抗心もある、
尖った人として形成
2旬「18歳木子」は
主導DNA」の自己確立で、
実質それまでの汚染を外にだすばかりか、
冷静で底知れない発信力の謳歌で、英国に一年間留学経験もあり。
06年(陽戌)の月干支「陽寅」の大半会を伴う
DNA「禄」の天剋地冲年に、いわゆるマスコミに就職。
4年間勤務して10年(鉄寅)のDNA「龍」年に退社し、
1年半別の会社で勤務するも不明。
現在の3旬「28歳雨亥」はDNA「石」の仲間作りで、フリー。
下手をすれば妥協も、
ここからは
ターボ運(子丑天冲殺回り)が始まり
何をしても目立つので、人脈を活かせば活動可能。
来年(22年/海寅)から始まる4旬「38歳海戌」は、
DNA「貫」の納音で、
自己崩壊
一人でいるのに耐えきれるか否か。
あるいは
表向きの一人状態に終止符をうつか、
まさかの再就職はないだろうが、請われればないとも言えず。
5旬「48歳宝酉」は、月干「陽」の干合で、
進み行く方向性の変化も、無闇な変化は守護神消滅
ありえない金性で、
伝統回帰がテーマなので、
忍者どころではない、旧きものに縁深くなる。
6旬「58歳鉄申」は、年支「子」に日支「辰」がからむ
DNA「龍」の三合会局。
何をやっていようと
大きな改良改革
海外へ行ってしまう可能性も高く、
危険を顧みる余裕なし
7旬「68歳畑未」は、初旬条件のない晩年突如やってくる
DNA「
」の10年運天冲殺で、名誉なのか不名誉なのか荒波
8旬「78歳山午」は、同様にDNA「
」の10年運天冲殺で、
必死に抵抗を試みるも
干拓されかねない時期。
この20年はそれまでの生き方が問われるものなので、
現状では一概に可否を問えないが、
自己本位でない感謝と奉仕があったかどうかが重要。

さて、小説のほかにも、映画やゲーム作品のノベライズや、
絵本や海外映画ノベライズ作品の翻訳なども手掛け、
質の良い趣味の延長のような生き方の橘。
インタビュアーとして
ダ・ヴィンチニュースの仕事もしており、古巣とも良好なのは、
金性ゼロで拠り所ない者としては感謝しかあるまいが、
前進気勢があるのは、この時代において素晴らしいこと。
また、英国留学中に知り合った
正体不明の相手と事実婚中のようだが、
わたしは、今のところ法律婚を選ぶ気はなくて、
子どもも産まない可能性が高い。
そこそこ保守的な家族とは結婚の捉え方が根本的に食い違っていて、
どれだけ言葉を尽くしてもあんまり理解はされない。
」という嘆きは、
いくら家族思いの
午未天冲殺でも、金性ゼロの水性は、
親の成分がもとより存在しないのだから致し方なし。
そして
正式な配偶者成分の「」がなく
陰陽の「陽」しかないというのも、
形にはこだわらず
子供を育てることに興味をもてないのは、
午未天冲殺の中でも特に早生運の「
海辰」の女性らしいことだが、
飛ばしに飛ばすのは、本能的に何事も早く終わると
理解しているからかもしれない。
里から抜けても里とは切れぬように、
守りたいのはみんなの未来
名古屋のことを忘れない
橘は陽菜子そのものなのだろう☆
荒れてるようで軽快〜→橘もも//忍者だけど、OLやってます○BE
橘もも(野口)84-0228
陽木陽
辰寅子-8
鳳禄車鳳石(鳳主導)
木性(78)火性(44)土性(44)金性(00)水性(69)/総合235
午未天冲殺/天冲殺(68歳畑未/78歳山午)/変則方三位(8歳草丑)
主導DNA半会(18歳木子)/ターボ運(28歳〜)/納音(38歳海戌)
三合会局(58歳鉄申)/木性過多/火性脆弱/土性脆弱/金性ゼロ
-8歳草丑/18歳木子/28歳雨亥/38歳海戌/48歳宝酉/58歳鉄申/68歳畑未/78歳山午〜
09(海)BE●
★3
★5(是非読むべき良品または面白い) ★4(時間があるなら読むに値する推奨本)
★3(お好みで) ★2(推奨できません) ★1(時代整合性なし。頭が腐る駄作・不良品)
top●BE
 
■2021年03月08日(月)草卯
白石睦月母さんは料理がへたすぎるの尤もらしい理由
白石睦月//母さんは料理がへたすぎる○BE
○夫の仕事の関係で10年間在住した群馬県で、
独学で小説を書きはじめ、おもに長編を執筆したが、
夢の中に突入直前がDNA「龍」の半会年だったために、
思い切って新たな挑戦をした結果、
18年(山戌)のDNA「石」年のDNA「龍」日に、
第1回「
おいしい文学賞」(18-0326/灯巳)を受賞した
白石睦月(82-0814/畑巳)の
母さんは料理がへたすぎるが、
「asta*」18年07月号に掲載され、
これに6本の書き下ろしを加えられ、
19年(畑亥)の最後の最後の01月(草丑)の、
20年01月12日(木寅)の干合支害日に
上梓されているので、解説する。

3年前に事故で父親を亡くした15歳の山田龍一朗
あだ名は「シェフ」。
うっかり調理実習で本気をだしてしまったからだ。
会社勤めの母を助け幼い三つ子の妹の面倒を見る高校1年生
父親(武蔵)と母親(琴子)は学部が違う同級生で、
卒業して二年後結婚
その頃、
父親の会社が倒産して、必然的に専業主夫に。
不器用で世渡り下手で、
ようやく
惣菜屋を出店しようとしていた矢先に
交通事故で亡くなってしまった。
料理好きだった父にしこまれて、龍一朗料理上手
一家の
食事担当はもちろん、
スーパーの安売り広告をチェックし、
家計簿もつけるしっかり者
とはいいながら、慌ただしく過ぎる日々に、
友達関係や将来への不安など、
青春の悩みはてんこ盛り
そんな龍一朗を中心に、三つ子それぞれの成長や、
再婚話が持ち上がろうと、亡き夫への思いを断ち切れない
母の日常が丁寧に描かれる。
そして
向こうの世界で惣菜屋「キッチンハープ」を開いた父。
ふろふき大根たべたいんですけど」。
それさえ言わなかったら、
夫は事故に遭わずにすんだ
高校二年になって
一人称をおれ」に変えた息子
シマウマが「ワン!と鳴く」ことも知った、あっという間の三年間!
料理シーン臨場感たっぷり
誰もが未熟だからこそ、助け合って生きていく
母さんは料理がへたすぎる!?
明日への勇気が湧いてくる家族と青春の物語

昨年(20年/鉄子)の06月(海午)には、
同作が
日能研全国模試の問題文として
一部が
二次使用された経緯があり
山口県防府市出身で、山口大学人文学部美術史専攻卒業。
おそらくはいずれかに就職するも、
ほどなく9歳年上の夫と結婚した白石は、
DNA「石」主導で
何でもあり
妥協しながらも、少しずつ高みに上がっていく。
「石+鳳」は、
細やかな気づかいはやや苦手な普通の人。
「石+調」は、
自尊心は強いがこだわりもなし
「石+司」は、
大器晩成家庭重要。
才能は「」で家庭的
「石+石」は、家族の中で
異質を極める。
「畑+石+申月」は、
上下感覚に疎い
「戌」年生まれ「畑巳」は、動きは
派手に非ず
生き方を表す伴星は「龍」で、
探究心あり変化を求める。
物事の始めの洩星は「石」で、家族などの協力に
励まされ
締めにあたる導星は「司」で、
自分の意志で結論づける。

宿命の特長は、初秋午後四時頃険しい山に囲まれた
小さな湾に面した港町
だが、商いの中心ではないが、
貯蔵施設に適した気候風土となる。
生年冲殺仕事や親の犠牲だが、
仕事で
燃焼しきったところの結婚が最適も、
木性ゼロ(DNA車/牽なし)で配偶者成分皆無は、
真面目に見えれば良しであり、異性を見る目はなく、
目の前に出現した相手が、即座にそれだと思い込む
口腔顔面痛の原因はこれで、野菜をたくさん摂取しないとね!
本来
仕事に生きるはずの生年冲殺
機動力がないに等しく、結婚に気持ちが向く。
もとからない存在なので
母子家庭の物語も難なく書ける
また、総エネルギー270点もあり、
うち自身の土性は105点もあるため、
人を惹きつける魅力に優れていようと、
配偶者や組織を蝕む傾向があるため、
結婚後07年(灯亥)には、夫が
群馬県に転勤になってしまう。
ありえない配偶者成分には振りまわされる質。
年干支の「海戌」は、挑戦者。
困難を承知でも励む
月干支の「山申」は、
不屈の要塞。
そして日干支の「畑巳」は、家や組織を蝕む。
気弱だが開き直った時の力は侮れない
干支番号構成は、59-45-06で北方と東方の狭い領域。

10年運初旬「2歳灯未」は、DNA「龍」の庶民性
年干「海」を干合すると、年干は「木」に10年運は「草」になり、
虚とはいえ
作物がおぼろげに見えて生きながらえる
本質は「畑」なのに稼働力はなし。
また、干合後年干「木」と日干「畑」が二次干合すれば、
年干は「山」になるので、月干「山」と日干「畑」を加え、
土性天干一気も成立するが、
底力はあっても埋もれやすい雰囲気もでる。
2旬「12歳陽午」は、DNA「玉」の
学び
奨学金で大学に進む。
3旬「22歳草巳」は、DNA「車」で社会にでるが、
ありえない木性の出現で迷わず結婚
現在の4旬「32歳木辰」は、DNA「牽」の
ありえない名誉で、
見栄えが良くなりデビューする。
今後は5旬「42歳雨卯」は、月干「山」の干合で
進み行く方向の変化
忌み神的な「山」が「陽」になるので、
旧いものに縁ありで、
DNA「禄」の引力本能を発揮する。
6旬「52歳海寅」は、DNA「司」の地道。
年干支「海戌」の大半会があるので、
世界は拡がっても、日支「巳」は害になり、
空振りや体調不良の懸念
7旬「62歳宝丑」は、DNA「鳳」の半会で、
力が萎えるのを防ぐために、冷静で豊かな見聞を広める。
8旬「72歳鉄子」は、DNA「調」の偏りで、
愚痴も増える老境の心境。

さて、白石の結婚は、恐らく04年(木申)なり05年(草酉)の
ありえない木性年に出会った相手と、
06年(陽戌)のDNA「玉」の
天冲殺あたりに結婚し、
07年(灯亥)のDNA「龍」の
天冲殺対冲で群馬県に夫が転勤
18年(山戌)のDNA「石」の
天冲殺年に山口に戻っているが、
相応の時間があったのに、
子供が出来たのは遅く
第一子女児(18-0527/畑未)は、羅状2共通干支もあろうとも
さすがに
通称女王」だけあって、
目上剋し子丑天冲殺が誕生する背景は、
結婚に整合性なかったのではないか。
共通干支の存在は救いであろうと、
総エネルギー301点もあり、
欲深いじゃじゃ馬みたいな「畑未」は、
向き合うには重すぎるが、
それが
自然界から与えられた枷
苦労はこれから枚挙に暇がないほどやってくるだろうが、
それを
書き留めていくのが定めで、
直感を信じて結婚した20代前半の私を褒めてやりたい(笑)」ではなく
結婚してはじめて離婚の二文字がよぎりましたけどね」と、
さすがに
子丑天冲殺の子を授かるだけある
仕事命の生年冲殺早期に結婚をしすぎたことは
謙虚に受けとめてほしいが、話は面白い
女王は夢の中で保育園は辛いかな〜→白石睦月//母さんは料理がへたすぎる○BE
白石睦月○82-0814
山海木
巳申戌※-2
司石調石鳳(石主導)
木性(00)火性(45)土性(105)金性(80)水性(40)/総合270
戌亥生年冲殺/変則干合土性天干一気(2歳灯未)/害(52歳海寅)
木性ゼロ(配偶者成分皆無)/土性過多/金性過多
-2歳灯未/12歳陽午/22歳草巳/32歳木辰/42歳雨卯/52歳海寅/62歳宝丑/72歳鉄子〜
06(畑)BE●
第一子女児(通称女王)○18-0527
灯山雨
未巳戌※-7
石龍貫玉石(玉主導)
木性(18)火性(108)土性(128)金性(47)水性(00)/総合301
子丑天冲殺/天冲殺(37歳雨丑/47歳海子)
初旬条件あり(年干支と納音的)/ターボ運(準を含む・〜56歳)
主導DNA(7歳陽辰)/天剋地冲(37歳雨丑)/害(47歳海子)
木性脆弱/火性過多/土性過多/水性ゼロ(野人)
-7歳陽辰/17歳草卯/27歳木寅/37歳雨丑/47歳海子/57歳宝亥/67歳鉄戌/77歳畑酉〜
06(畑)BE●
★3.1
★5(是非読むべき良品または面白い) ★4(時間があるなら読むに値する推奨本)
★3(お好みで) ★2(推奨できません) ★1(時代整合性なし。頭が腐る駄作・不良品)
top●BE
 
■2021年03月06日(土)雨丑
谷村志穂りん語録で商う作家の立場と結婚の現在地
谷村志穂//りん語録○BE
○大卒後、神田神保町にある小出版社勤務後、フリーライターとなり、
90年(鉄午)の年支「寅」VS月支「戌」のからむ
三合会局で、
日干支は
納音になるという因縁解脱年に、
雑誌に寄稿したものをまとめた初エッセイ集
結婚しないもしれない症候群を刊行しデビュー。
同作は翌年ドラマ化(日本テレビ系)されたり、
現代用語の基礎知識(92年版)にも収録されて話題となる。
翌91年(宝未)の害年には、小説
アクアリムの鯨を発表。
03年(雨未)のまたしても害年に
で、
第10回
島清恋愛文学賞(03-1004/鉄戌)を受賞。
現在は、
七飯町観光大使(西洋りんご発祥の地)、
函館市観光大使函館野外劇大使を務める
谷村志穂(62-1029/鉄子)が、
「青春と読書」に18年(山戌)の主導DNA「龍」年から、
19年(畑亥)のDNA「玉」年に連載された作品を加筆訂正し
人生の折り返し地点だった昨年(20年/鉄子)の
10月31日(灯未)の守護神害日に、りんごを愛でる
ん 語 録を刊行しているので紹介する。

同作は16年(陽申)の守護神半会年に出された
ききりご紀行の続編になるもので、
りんご魅せられた小説家が、りんごを巡る旅
出会った味と香りと言葉をふりかえる。
りんごを追いかけて6年。
青森りんご勲章受章後、
山形、茨城、群馬などの農園や研究所も訪ね、
伝統あるりんごのお菓子を味わいに京都や神戸へ。
さらには
文学作品中のりんごにも思いを馳せ・・・。
島崎藤村の「初恋」や宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』に
出てくるりんごは、一体
何りんごかに迫る。
摘花という優れたりんごをつくるための花の選別
また
果樹園の敵である野生化したハクビシンとの攻防
同じく
天敵ネズミ駆除のために活躍するフクロウとの共生
豪華な
りんご風呂の紹介。入浴後のりんごジュースもいける。
そして、11月5日は知られていないが、「いいりんごの日」を紹介。
「星の金貨」「ぐんま名月」「はつ恋ぐりん」
「トキ」「こうとく」「旭」「さんさ」「恋空」
「ピンクレディー」「陸奥」などなど。
りんごオールスターズを作家が愛でる幸せなお話。

北海道札幌市白石区に生まれ、
北海道大学農学部卒業(応用動物学を専攻)。
その後の華々しい活躍はバブル時代の一角を担い、
現在は品川駅近くの
港区高輪在住の谷村は、
DNA「
」主導で好奇心旺盛で、才能流れ者(笑)。
「龍+禄」は、
肩肘はらない社会常識は備え、
「龍+調」は、
貪欲不満を明日に持ち越したい。
「龍+鳳」は、新しい様式や決まり事をこさえる。
「龍+貫」は、さすがに
若い頃のような、
乗りの良さは潜めるがやりたいようにやる。
「鉄+龍+戌月」は、
静かなハシャギっぷり
「寅」年生まれ「鉄子」は、
わがままで誰にでも甘えられる。
生き方を表す伴星は「牽」で、特別な何かを世に問う。
物事の始めの洩星は「龍」で、故郷を離れて。
締めにあたる導星は「禄」で、他力的な終わりよう。

宿命の特長は、晩秋午後八時頃の港に停泊する遊覧船で、
似たような
二隻が渓流されており、
時折軽く衝突しながら、
張り合っている
総エネルギー180点とアイドル的で
海の水性が52点で発信力あり。
次位が自身の金性で44点で守勢。
その他の木性24点火性26点土性34点にしても
際だったものがあるわけでなく、
まるでない成分も存在せず、
ごく一般的な風情。
年干支の「海寅」は、
自分が一番にならないと満足出来ず。
月干支の「鉄戌」は、
拭えない野暮ったさも負けん気の強さを補填し、
家系の力の濃厚さはうかがわれるが
日干支の「鉄子」は異常干支で家系との関わりがあれば、
それだけひ弱になりかねず、大卒後の上京でも致命的。
にもかかわらず
郷土愛が半端ではないのは、
それが
商いにもなると踏んだ辰巳天冲殺らしいところか。
干支番号構成は、39-47-37で西方2点北方1点。
これで東京からあちこち出かけるのでは疲れやすいかも。

後天運は初旬「7歳畑酉」がDNA「」。
月支「戌」の害で不安定さを付加されるにもかかわらず、
母親との縁が深くなり、函館への特別な思いが加速
今でも
夏は涼しい函館で仕事をするというのだから執着も相当。
2旬「17歳山申」は、DNA「
」の主導DNA半会自己確立
才能開花の時でもある。
学びは地元だったが、年干支「海寅」の
天剋地冲もあり、
大学院に進学希望も担当教官に、
別の道に進むことを提示され、
危機感が募り上京して人生が変わり
探究心旺盛で
実地で学び腕を磨く
3旬「27歳灯未」は、DNA「
」の守護神名誉
年干「海」が干合で「木」になり引力本能も増大し、
稼働力があがりデビューも、日支「子」は
のため、
ありがた迷惑となり、これが「結婚しないかも」という
時の流れに乗ることになりもてはやされる。
当時は
世田谷区下馬に居住していたという。
女性が一人で生きる老後の示唆
4旬「37歳陽午」は、DNA「
」の守護神天剋地冲
年支「寅」VS月支「戌」のからむ
三合会局で、
害明けの勢いもあり、結婚出産
5旬「47歳草巳」は、DNA「
」の干合10年運天冲殺で、
円熟期に入り、引力本能も強くなり活躍も、
初旬条件がないところなので欲深すぎぬかが心配
月干とも干合して方向転換もあるが、
自身は変化せず、周囲を変えるという荒技。
りんご好きから、七飯町観光大使まで拝命。
現在の6旬「57歳木辰」は、DNA「禄」の
感謝と奉仕
10年運天冲殺半会で、月干支「鉄戌」の天剋地冲は、
意を決して立場も変化し結果をだす。
今後は7旬「67歳雨卯」のDNA「調」の刑は、
極めて繊細で独創的なものに固執するが、
急速に弱まっていく。
8旬「77歳海寅」は、DNA「鳳」の
緩み

さて、谷村は10年運害も明けた00年(鉄辰)の大半会天冲殺年に、
誘われていった
お台場のクラブイベントで、
バイクで千葉の幕張からやってきていて、
一人で居心地の悪そうな雰囲気でポツンとしていた
実家が
検見川神社神官息子中古車販売事業に従事する
宍倉直武(75-0527/雨酉)と出会い、元来車好きでもあり、
夢の中らしくすぐに意気投合して、
01年(宝巳)の同じくDNA「石」の
条件なし天冲殺夢の中2年目の
05月(雨巳)で相手のDNA「龍」の半会年に結婚している。
しばらく下馬と幕張の二重生活が続くが、
谷村が妊娠したので07月(草未)の干合支害月に
本人曰く中間地点の品川区内に引越をして
第一子女児(宍倉秋穂・01-1111/山寅)を出産するが、
干合して共通干支もある夫とは違い
共通干なし
さらには、その娘は年支「巳」VS日支「寅」の
害持ち表裏あり
役者修業中ということだが、売りはその害毒持ちなだけで、
勢いはなく動けない「山」ばかりか、
谷村がしょっちゅうあちこちに連れだしているようで、
夢の中で出産した娘に関わりすぎて厳しいものがある。

そんな谷村は今月03月26日(雨酉)に新刊を上梓する。
内容は「
長年連れ添った夫のPCで見つけたのは、
若い女との親密なやり取りだった。
人を好きになってしまうことに、解などないのだ――。
恋愛小説の名手が描く大本命不倫小説!
」が売りだが、
大丈夫か
妄想と現実が交錯していないか。
夢の中で始めたことを21年も続けていればズレも生じる。
子供がいようと共通干もなければ、心底理解できることも難しい
夫と女性の21年に渡る不倫の証拠。
不倫小説ではなく、ホラーでないことを願いたい
夢の中のツケが大きかった〜→谷村志穂//りん語録○BE
谷村志穂○62-1029
鉄海陽
子戌寅-7
鳳貫調龍禄(龍主導)
木性(24)火性(26)土性(34)金性(44)水性(52)/総合180
辰巳天冲殺/天冲殺(47歳草巳/57歳木辰)/主導DNA半会(17歳山申)
害(27歳灯未)/三合会局天剋地冲(37歳陽午)
木性脆弱/火性脆弱/土性脆弱/水性過多
-7歳畑酉/17歳山申/27歳灯未/37歳陽午/47歳草巳/57歳木辰/67歳雨卯/77歳海寅〜
07(鉄)●BE
第一子女児(宍倉秋穂)○01-1111
畑宝陽
寅亥巳+9
調石貫車貫(車主導)
木性(48)火性(42)土性(80)金性(26)水性(16)/総合212
申酉天冲殺/主導DNA(49歳木辰)/害(59歳草巳)
年支VS日支害(表裏)/土性過多/金性脆弱/水性脆弱
+9歳鉄子/19歳宝丑/29歳海寅/39歳雨卯/49歳木辰/59歳草巳/69歳陽午/79歳灯未〜
05(山)●BE
(宍倉直武)○75-0527
宝草宝
酉巳卯-7
鳳龍龍司鳳(司主導)
木性(38)火性(20)土性(20)金性(52)水性(16)/総合146
戌亥天冲殺/天冲殺(57歳草亥/67歳木戌)/変則方三位(7歳鉄辰)
天剋地冲(17歳畑卯)/三合会局(37歳灯丑)/害(67歳木戌)/律音(77歳雨酉)
木性脆弱/火性脆弱/土性脆弱/金性過多/水性脆弱
-7歳鉄辰/17歳畑卯/27歳山寅/37歳灯丑/47歳陽子/57歳草亥/67歳木戌/77歳雨酉〜
10(雨)●BE
★3
★5(是非読むべき良品または面白い) ★4(時間があるなら読むに値する推奨本)
★3(お好みで) ★2(推奨できません) ★1(時代整合性なし。頭が腐る駄作・不良品)
top●BE
 
■2021年03月01日(月)山申
佐野広実わたしが消えると昭和の残像
佐野広実//わたしが消える○BE
○大学卒業後、高校教諭、業界誌編集者などを経て、
99年(畑卯)の天剋地冲年の「畑」重なりに、
島村匠名義で幕末の残酷絵師月岡芳年を描いた
芳年冥彷徨」で第6回松本清張賞(99-0507/畑未)を受賞し、
作家デビューし、その後も、歴史・時代小説などの発表を続けたが、
昨年(20年/鉄子)のDNA「牽」年のDNA「玉」の天冲殺日に、
第166回
江戸川乱歩賞(20-0608/海午)を受賞し、
再デビューとなった
佐野広実(土橋孝/島村匠・61-0422/草酉)の
わたしがえるが、昨年09月28日(木戌)の
DNA「石」の害日に上梓されている。

訳あって詐欺や偽造、選挙違反などを取り締まる刑事の職を辞して、
京王線の中河原駅まで徒歩10分にある6階建て50部屋135人が暮らす
マンションの管理人20年ほどしている藤巻智彦は、
スーパーに食料を買いだしに自転車で出かけた際に交通事故に遭い、
自分に
軽度認知障碍症状が出ていたことを知り、愕然とする。
離婚した妻はすでに亡くなっており、
18年もの間別れて住んでいる
相模女子大に通っている
大学生の娘の祐美にも迷惑はかけられない
途方に暮れているところに、
当の娘が藤巻を訪ね、相談を持ちかけてくる。
介護実習で通っている稲城市南多摩にある施設に、
身元不明の老人がいる、というのだ。
その老人は、
施設の門の前で放置されていたことから、
門前さん」と呼ばれており、
認知症の疑いがあり意思の疎通ができなくなっていた。
面倒に巻き込まれたくないというのと、
自身の認知症を娘に悟られたくないという思いから
断ろうと考えるが、
行きつけの理髪店の店主の
競馬予想が的中すれば、
それを活動資金にあてようと考え勝負をかけたところ
結構な配当の馬券(70倍を1万円購入)が的中し、
これは、自分に課せられた
最後の使命なのではないかと確信し
娘の依頼を引き受け、
老人の正体を突き止めるために
たった一人で調査に乗り出す。
刻一刻と現れる認知障碍の症状と闘いながら
門前さんを
施設前に放置した老婆を偶然みつけだし、
さらに、過去に確執があった元上司経由でその息子に
門前さんの
指紋照会をすると
当初は該当者なしという答えだったが、
直後から
身の危険を感じるような事件にさらされる。
門前さんの過去に隠された真実とはなにか。
序盤の展開は極めて地味ながら、
中盤から大詰めにかけては
映画漫画かというような派手な大捕り物もあり、
あっけなく殺人があったり荒唐無稽
最後には娘の真意にも触れる
お涙頂戴物語になっている。

神奈川県横浜市神奈川区出身。
横浜国立大学教育学部卒後、
港北区にある
清心女子高等学校非常勤講師として
現代文を週2日教え、
一時は歯科医師向けの業界誌編集者もしていた佐野は、
DNA「司」主導で、
地味である意味真面目一徹な人。
「司+禄」は、
目先の現実や目に見えるものに
惑わされやすい傾向。
「司+車」は、突っ走るばかり。
危険極まりない
少々危なくても、目的遂行のためには、やりとげる。
「司+玉」は、
喰うための最低限の確保には怠りない
才能は「」で落ち着きのある知恵
教育者というよりは、
生活のために教える
「草+司+辰月」は、実際は
行動するより言葉で扇動
「丑」年生まれ「草酉」は、
休息なし
生き方を表す伴星は「調」で、他人にはおいそれと
理解されない
偏屈さ。
物事の始めの洩星は「司」で、
努力の積み重ね。親や組織の助力。
締めにあたる導星は「玉」で、
目下と共に終わらせるので、
主人公は
娘とのわだかまりを解く。

宿命の特長は、晩春午前十時頃汽水域海浜
はびこる浮き草のようなもので、
生きているのか死んでいるのかわからぬような
冷ややかさは総エネルギー204点中
直向きにやりたいことをする金性が66点。
教えたり生みだす水性が60点と多いのに比して、
自身の木性は僅か38点なうえに、
成長をうながす
火性ゼロ(DNA鳳/調なし)の野人のため、
趣味の良い豊かな表現力はなく、
慌ただしい闘争に筆は滑らかになるが、
衝突や謀略は色濃く描けても、
描写はある意味、
単純明快であったり暴力的短絡的となる。
刑事の頭脳や情報を駆使するのではなく、
古くからあるような
足で稼ぐようなもので、
わかりやすさはあり。
年干支の「宝丑」は、
マイペースで、
冷静ななかにも
冗談を言える神経の図太さ。
月干支の「海辰」は、
冷静な芸術力。
そして日干支の「草酉」は、
最初から形が決まっている
盆栽
のようにわかりやすい展開
悪者はあくまでも悪者であり、
わだかまりのある元上司に辛くあたりつつ
これを最後と思い利用したり、
いわゆる
犯人像や門前さんの描写
過去に取材してはいるのだろうが、
ある意味使い古された発想
ただし、成功したのは
認知症介護施設
使ったからに他ならない。
干支番号構成は、38-29-22で西方と南方の限られた領域で、
何から何までわかりやすい図式には、安心感あり。

後天運は、初旬「6歳宝卯」は、DNA「車」の強化と、
日干支「草酉」を天剋地冲するため、
後転成功運型
地味だが、危険な若年時代。
2旬「16歳鉄寅」は、DNA「牽」の日干干合で
栄誉
地元横浜の
国立大学に入る。
3旬「26歳畑丑」はDNA「禄」の半会で、
教員生活に業界紙記者
4旬「36歳山子」はDNA「司」の
主導DNA自己確立
30年間に渡り
苦悩すれば才能が磨かれる
変剋律
の始まりで、松本清張賞
5旬「46歳灯亥」は
ありえない火性
DNA「鳳」で
思いもよらぬ仕事や戸惑い
スランプだったと述懐しているが、
気が抜けてしまったと解釈したい。
現在の6旬「56歳陽戌」は
ありない火性
DNA「調」の害ながら、
繊細な苦痛を受けたために
江戸川乱歩賞にたどり着く。
ありがたくも迷惑なという意味は、
真っ新な新人ではないという詮索や疑念
ここから
どこまで巻き返せるか、そして上積み可能か。
今後は7旬「66歳草酉」が律音。
DNA「貫」は、力強くなるのか、ただの
頑固か。
8旬「76歳木申」は、DNA「石」の
妥協で、
さすがに自力で何かは厳しいかもしれない。

さて、選評にもあったが圧倒的支持を得たものではなく、
前年にも応募しており、「司」主導らしい
努力が、
栄誉の年(20年/鉄子)で報われたのは、
それはそれで
喜ばしいことだが、
これもまた選評にあったが、
警察組織への誤解もさることながら
内側のDNAが「車」であることもあり、
後半部分の大捕り物がまるで、
昭和の刑事ドラマのようであったこと。
そして肝になる
挿入エピソードが、意外にあっけなく、
同世代の作家でいえば、同じ横浜市在住作家の
(60-0624/雨未)が18年(山戌)に発表した
ライト マ ファイア」に似通った雰囲気なこと。
門前さんの無念失望も、言葉がないので薄かったし、
元刑事の
認知症に対する焦燥感緊迫感もないところは、
好意的に解釈すれば、
暗くなくて良いのだが、
都合が良すぎて、どこか
2時間ドラマのような読後感を憶えた。
そこもふくめて
作家の生真面目さが伝わってくる。
過去の挫折は「最後まで走り切れるようなテーマや
題材に出会えていなかったのかもしれません。
」としているが、
そこもふくめて
地味さは否めないが、
あとは
目上縁命なのに、
若い人に教えていることも実は苦痛なのが
判っているかのか否か。
また、自力で何かをするという性癖ではないので、
年長の編集者にテーマをふられるように、
柔軟でいられると、もう一花咲かせられるはずである。
生き直す?!
私が消えるでは、
自虐的すぎる☆
消える寸前まで精一杯生きなくちゃ〜→佐野広実//わたしが消える○BE
佐野広実(土橋孝/島村匠)○61-0422
海宝灯
酉辰丑※-6
車玉車司禄(司主導)
木性(38)火性(00)土性(40)金性(66)水性(60)/総合204
午未天冲殺/初旬条件あり(日干支を天剋地冲)/主導DNA(36歳山子)
変剋律(36歳山子/46歳灯亥/56歳陽戌)/害(56歳陽戌)/律音(66歳草酉)
火性ゼロ(野人)/金性過多/水性過多
-6歳宝卯/16歳鉄寅/26歳畑丑/36歳山子/46歳灯亥/56歳陽戌/66歳草酉/76歳木申〜
02(草)●BE
★3.1
★5(是非読むべき良品または面白い) ★4(時間があるなら読むに値する推奨本)
★3(お好みで) ★2(推奨できません) ★1(時代整合性なし。頭が腐る駄作・不良品)
top●BE
 
■2021年02月25日(木)木辰
矢野隆とんちき 耕書堂青春譜の周到さ
矢野隆//とんちき 耕書堂青春譜○BE
○08年(山子)の大半会年に、
で第21回小説すばる新人賞(08-0922/草丑)を
DNA「鳳」月のDNA「牽」日に受賞しデビュー。
この作品はコミカライズされ。
歴史・時代小説の著作以外にも、
ゲームやコミックのヒット作品のノベライズなどを精力的にこなし
18年(山戌)の主導DNA年の、DNA「牽」の天冲殺日は
第42回
福岡市文化賞(18-0324/草卯)を受賞している
矢野隆(76-0426/山申)が、
「小説新潮」に17年(灯酉)から20年(鉄子)まで、
四回にわけて発表した「耕書堂モンパルナス」を
とんちき 耕書堂春譜として改題し、
昨年(20年/鉄子)の12月15日(海辰)の
DNA「禄」の半会日を上梓しているので取り上げる。

好きでもないことを銭を稼ぐのは、まっぴらだ。
洒落や滑稽本だけではなく、もっと堅苦しいものも書きたい!

日本が世界に誇る
天才たちの青き黎明期は面白い!
ここは
蔦屋重三郎の店、耕書堂
いわば江戸時代の「トキワ荘」。
のちの
十返舎一九滝沢馬琴東洲斎写楽葛飾北斎
才能の開花を待つ、まだ何者でもない天才たちが集い、
悩み、妬み、笑って、泣いた聖地。
金はないけど、夢はある。元気もある。
怖いものなし。
だが、ひとつの「死」によって暗雲が――。
痛快歴史エンタメ長編!
江戸最強の出版人、蔦屋重三郎の器の大きさ、
そして、才能の開花以前の、若き天才たち。
古今無双の自分がなりたいものになるために、
見も心も捧げる日々。
ある事件を境に、夢追人の目の色が変わった!
幾五郎・鉄蔵・瑣吉・斎藤十郎兵衛。
彼らは後に、それぞれ別の名前で広く世に知られるようになる。
現代でも多くの人が、当たり前に知っている有名人なのだ。
矢野隆の新刊は、この四人の、
まぎれもない元気になる青春時代を描いた快作!
己のやりたいことを気ままにやって、
毎日楽しく過ごす
」ことを望みとする幾五郎は、
侍を辞めて浄瑠璃の作者を目指す。
しかし湿っぽい話ばかり書かされ、うんざり。
滑稽本に出会い、これだと思った彼は江戸に出ると、
地本問屋「耕書堂」に転がり込む。
そこで主の蔦屋重三郎から、絵師の鉄蔵と一緒に、
瑣吉という男を捜すよう頼まれる。
阿波蜂須賀家のお抱え能役者で、
絵が好きな斎藤十郎兵衛を加え、幾五郎たちは瑣吉を探しだす。
自分の作風が時代に受け入れられな瑣吉の苦悩が、
彼の根暗な性格と共に、鮮やかに表現されていた。
以下、商売を始めとして多様な才能を見せる幾五郎の心底が暴かれる。
彼が何事にもきちんと取り組めるのは、
それがすべて創作の糧になると思っているからだ。
現実は戯作に昇華させるためのものという幾五郎の在り方から、
創作者の業が浮かび上がってくる。
作者が巧みなのは、そこに幕府から手鎖の刑を受けてから
やる気を失っていた
山東京伝の再起を重ね合わせていること。
耕書堂に集う四人だけでなく、
その周囲にいる名を成した人々も、重要な役割を担う。
そして、
娯楽を締めつける幕府の政策に反発する重三郎が、
東洲斎写楽を生み出した理由があるかと思えば、
引き受けた十郎兵衛が、自分の内面をぶちまけ、
新たな役者絵を誕生させる。
いつも仏頂面で理屈屋の十郎兵衛は、
幾五郎たちとは微妙に距離があったが、
苦悩の果てに、創作者として覚醒する。
だが
写楽の絵を、認めない人もおり、
当代一の人気浮世絵師の
喜多川歌麿が、
写楽の絵を激しく嫌いながら、その正体をつかもうとする。
その心の奥にあるのは、
自分にない世界を持つ創作者に対する嫉妬。
漫画の神様といわれる手塚治虫は、
新たな才能を持つ若い漫画家を、常に意識していたという。
功成り名を遂げようとも、創作者の業はなくならない。
多角的に捉えられた業が、本書の読み味を深いものにしているのだ。
創作の場に入りこむまでの
市井の人が、
いかに
江戸文化の創造者に変貌していったか。
江戸一番出版社ともいうべき耕書堂に、
戯作者絵師が集まったのは偶然ではない
作家ははその事実をベースにしながら、
四人の男の魅力的な物語を創り上げてしまった。
自分の才能に対する自負と不安。
どうなるか分からない
未来への期待と恐れ
時代も場所も関係なく、若者ならば誰でも抱くであろう感情が、
ここに刻みこまれ、
あっぱれ
こんな定まりきった世の中なんざ、ちっとも面白くねぇ。
だからよぉ、面白ぇ物でも書いてなけりゃ、やってらんねぇよな

十返舎一九滝沢馬琴葛飾北斎らの若かりし頃
江戸に学ぶ成功者たちの若年期が魅力的に描かれる!
この世は戯作でやすよ戯作。愉しんだ者勝ちだ」である。

福岡県久留米市生まれ。高校はデザイン科。
福岡市にでて日本デザイナー学院を卒業し、
フリーターでいたが、親に30歳迄はと頼み込み、
25歳の時に実家に戻り、その後は腰を据え、
著作に励み、現在は
福岡県太宰府市在住と思われる矢野は、
寅卯天冲殺でもあり「貫」主導の「山」なので、
早期に
ユーターンしたのは正解の頑固者。
「貫+貫」は、用心深く
利己的も革新的
全ては戯作に通じるである。
「貫+鳳」は、
人生急がず
一字でも多く、一作でも多く書いてりゃそのうち」は、正に。
「貫+龍」は、
堪え忍び地道
郷には入れば郷に従えって言いやすからね。
習うより慣れろでさ

「貫+禄」は、素直に非ず、
時に悪漢ぶる
勝手に店に転がりこんで、面白がられ飼われてるし(笑)、
斎藤という苗字が東洲斎写楽にも化ける。
才能は、この「禄」で人を惹きつける魅力
「山+貫+辰月」は、
用心深いがその気にさせれば大仕事。
ゴネれば面倒なのは、写楽の性癖につながる。
大物の上に行けるならば、禁則も犯す。
喜多川歌麿なんぞは目にない。
「辰」年生まれ「山申」は、
正直者で志あり
生き方を表す伴星は「調」で、
感性鋭くキラリと光る人生。
物事の始めの洩星は「龍」で、一度は外気に触れるので上京。
締めにあたる導星は「禄」で、
他者により終わる
これも
写楽が仕官先の都合で引退につながる。

宿命の特長は、晩春午前八時頃の海辺近くの山で、
寄せては繰り返す波ばかりか、
地下水の侵蝕を受けながらも持ち堪える
断崖絶壁
のようなもので、
危険だが勇敢であったり、頼りがいあり。
総エネルギー255点中土性96点は立派も、
水性66点は堅実で地味な印象。
守護神火性が僅か24点と心許ないが、
直火を使いたいところも、
天空にある太陽の恵みしかないため、
距離感を感じるが、
冷静さは使用出来る模様。
むしろ木性46点はすべて「辰」内「草」であり、
刺激的な栄誉には違いないが
山肌を覆う樹木はないので、
判りやすい所作
年干支の「陽辰」は、
一見柔らかいムードも中身は辛辣
月干祖の「海辰」は、
冷ややかな芸術性
そして日干支の「山申」は守りの要で要塞。
誰よりも弱いから誰よりも厚い鎧を着る
辛抱に辛抱を重ねて本物になる。
干支番号構成は、53-29-45で北方南方西方で東方欠けで、
現実性が色濃く、若くして未来へはばたくものではなく、
時間をかけて実績をつくっていく。

後天運は、初旬「3歳雨巳」は、日干支と干合支合のため、
堅実性が強化され後天的に
成功運型を与えられ、
その心は水性強化が泥濘みやすく懸念はあるが
少しずつでも
積み重ね、真面目に成果をだしていくこと。
当初は漫画家になろうと考えていたのは、
守護神ではなく変化しきらねばという条件付きなので、
少なからず影響あり。
江戸時代トキワ荘物語比喩するのは、そこ。
2旬「13歳木午」はDNA「車」で、
少年らしい傾向のゲームや漫画
いわゆるジャンプ世代で「キン肉マン」「北斗の拳」であり、
高校はデザイン科で
その気充分
3旬「23歳草未」は、DNA「牽」でスタイル構築。
漫画では、「山」のような壮大なテーマを
尺に押し込むことが困難と悟り
一転作家を目指し
最後に近くなり、実現する。
4旬「33歳陽申」は、守護神DNA「龍」の強化で挑戦。
宿命も温まるばかりか、年干支「陽辰」の大半会と
月支「辰」の半会で
絶好調
現在の5旬「43歳灯酉」は、さらに使いでがある
守護神DNA「玉」で、
歴史を掘り下げればなおのこと燃焼
年支は 半会、忌み神月干「海」の干合は進み行く方向の変化で、
月干支は「木辰」、10年運は「草酉」になり
稼働力が上がる
この後は6旬「53歳山戌」は、主導DNA「貫」で
自己確立
同時に30年の変剋律も始まり、
苦悩すれば才能はさらに磨きがかかり、
まずは身を護ることで試される。
7旬「63歳畑亥」は、DNA「石」の害で
仲間一族との確執
妥協すれば、病。
8旬「73歳鉄子」は、DNA「鳳」の三合会局で、
豊かな趣味のような人生というよりは、
表現力への疑念で成長は続く。
死ぬまで書くしかねぇんだよ俺たちは。
書いて書いて書きまくるんだ。
銭になるかどうかなんか関係ねぇ。
書くしか能がねぇから書く。それだけだろ
」である。

さて「山」の母親は「灯」だが、これは宿命になく
陰陽関係の「陽」が母親になるが、これは年干にあるので、
やたら目立つうえに、守護神!
母親が横溝正史(1902-0524/灯未)の大ファンで、
本が身近にあり、初めて観た映画は「八つ墓村」で、
まだ小さくて何もわからないぼくの頭の中に、
『八つ墓村』のあの祟りが入り込んでしまったんです(笑)
」だが、
この
原体験は、寅卯天冲殺だけに貴重で母親様々

また、矢野の小説の作り込みは、まずはスゴロクを作るという。
振り出しからのコマからあがりのコマまで、ざっくりと。
その中には色々なコマがあって、そのつどイベントが起きるわけです。
二コマ進むだったり、一回休みだったり、何かダメージを食らったり。
そうすると、そのコマとコマの間にある空白が気になってきますよね。
振り出しではこの状況だったのに、
次のコマでは違った形になるんであれば、
その間で何かが起こっているはずで。
そこを頭の中でキャラクターに動いてもらいながら、
筆に落としていくんです。
」というが、
これもまた
宿命を活かしきった所作で理に叶っている。
だから、矢野の作品はRPGのように人々を引きつけているのだろう。
こうして応用が聞けば、漫画家を志したことやゲームに
明け暮れたことも無駄にはなっていない。
面白ぇ本でも読んでなけりゃ、やってられねぇよね」という
江戸の出版社の再生物語
読者の期待に応えている
嫉妬しあう若き天才達
滑稽ではない真摯覚醒を描いた意欲作
トキワ荘というよりトキワ荘前夜かな〜→矢野隆//とんちき 耕書堂青春譜○BE
矢野隆○76-0426
海陽陽
申辰辰+3
龍禄鳳貫貫(貫主導)
木性(46)火性(24)土性(96)金性(23)水性(66)/総合255
寅卯天冲殺/初旬条件あり(日干支と干合支合)
変則初旬日居冲殺(干合後3歳草巳)/害(63歳畑亥)
変剋律(53歳山戌/63歳畑亥/73歳子)/三合会局(73歳鉄子)
火性脆弱/土性過多/金性脆弱/水性過多
+3歳雨巳/13歳木午/23歳草未/33歳陽申/43歳灯酉/53歳山戌/63歳畑亥/73歳鉄子〜
05(山)●BE
★3.3
★5(是非読むべき良品または面白い) ★4(時間があるなら読むに値する推奨本)
★3(お好みで) ★2(推奨できません) ★1(時代整合性なし。頭が腐る駄作・不良品)
top●BE
 
■2021年02月22日(月)宝丑
比嘉智康あの夏、僕らに降った雪を忘れない
比嘉智康//あの夏、僕らに降った雪○BE
○07年(灯亥)のありえない火性年に、
「地方都市伝説大全」で、
第3回
MF文庫Jライトノベル新人賞(07-0825/宝卯)優秀賞を受賞し、
同年これを改題した
ギャルゴ!!!! 地方都市伝説大全」でデビュー。
「ギャルゴ!!!!!」シリーズ、
「神明解ろーどぐらす」シリーズなど
ライトノベルのレーベルから作品を刊行してきた
比嘉智康(84-0122/草卯)が、初の一般文芸レーベル作品
あの夏、僕らに降った
60年に一度の干合条件あり天冲殺だった昨年(20年/鉄子)の
12月25日(海寅)のDNA「玉」日に上梓している。

きみのことが好きなわたしは、明日消えちゃってるかも――
切なすぎる
恋物語は、高校2年の夏休みのことだった。
地下鉄の終着駅からバスの初乗り運賃ですまない場所に、
年齢を偽り、治験のバイト
(
三泊四日7万円)に潜り込んだ組木湊は、
深夜の病棟で、
BUMP OF CHICKEN
観測」が好きな世永莉子に出会う。
そして鼻セレブを落とした暇を持て余す彼女と
深夜の互いの発表会という逢瀬を重ねて行く。
キミは16歳なのに治験に参加している。
未成年って露見したらマズイよね?
」と脅され、
色々
付き合わせられることになるのだ。
1日1つ(あるいは1つ以上)無関心なことが増える
難病「無関心病」を患う彼女の、余命は1ヵ月
湊は彼女の
闘病ドキュメンタリーに出演することになり、
まだ興味があるものを全力で楽しもうとする莉子と共に
北海道の夏を満喫する。
自分とは真逆の明るくアクティブな莉子に惹かれる湊
しかし
病は進み莉子が湊への関心を失う日が来てしまう。
奇跡のように舞い降りた一瞬の恋の物語は、
これぞ
令和のボーイミーツガールの決定版!
普通だと思った物語も、実は普通ではなかった!
高校生にしては、
言い淀みもせずに流れるような
洒落た会話の応酬
まさに「
芸術は爆発」状態で、とりあえずそれだけでも
作者の副作用に酔わされる
札幌在住の恋人たちの最新デートマップの決定版!
君の涙に微笑みを!
あの夏は二度とやってこないのだ!

北海道札幌市在住で、北星学園余市高等学校中退という事以外は、
全く謎に包まれた比嘉は、DNA「禄」冲殺主導で、
愛はいくらあっても足りない
いつでも
切ない愛情に距離をおきながら飢えている。
旅行しても、外食しても、
それって結局何も残んないでしょ。
つまりそういうことにお金をかけるのは
もったいないことなのよ。
お金の使い道は、いつだって物がいいの。
物は残るのだから
」と
主人公実母シングルマザー哲学を語らせているが、
それは作家の本音。
「禄冲+玉」は、計画性のある奉仕も、
呆気ない
「禄冲+貫」は、
素直になりきれないもどかさしさ。
「禄冲+龍」は、
ハチャメチャな恋愛事情で趣味も幅広い。
「草+禄冲+丑月」は、
落ち着かず異性の失敗少なくない。
「亥」年生まれ「草卯」は、
リアリティなし
生き方を表す伴星は「禄」で、
感謝と奉仕ありきの人生。
物事の始めの洩星は「龍」で、
放浪から始まる。
締めにあたる導星は「貫」で、
一人で終わる。

宿命の特長は、深夜午前二時の草木も眠る丑三つ時
そのまさに「草」で、総エネルギー203点中
水性83点の土砂降りの「雨」に打たれる
雑草のようなもので木性94点はしぶといが、
火性ゼロ(DNA鳳/調なし)の野人は、
深夜なのに
眠りにつけず騒々しく動くが、
それでしか存在感を見せつけることは不可能で、
非常に難しいが、
ひたすら文章を作成し発信し続けるばかり。
また孤独ではなく、仲間と寄り添っていないと雑草はもたない。
年干支の「雨亥」は、自己のペースに相手を引っ張り込む。
難病を抱えた莉子だってそう。
忍耐強いが、実は小心者
月干支の「草丑」は、コツコツと
努力を積み重ねる
そして日干支の「草卯」は、どこか
鈍さがつきまとうが、
朝の連続テレビ小説の主人公にもなれる
大胆なのにで、
根っこは真面目で、そのもの。
干支番号構成は、60-02-52で極めて狭い領域なので、
子丑天冲殺でも故郷から出られぬのはやむなしか。

後天運は、初旬「5歳木子」がDNA「」の10年運天冲殺で、
周囲や仲間に翻弄される人生。
2旬「15歳雨亥」は、DNA「
」の放浪
ここで高校を中退したのだろうが、その後の足取りが不明。
とはいえ、野人ながら
ターボ運(子丑天冲殺回り)が始まり、
何をしても動きは派手になり、
デビューも早い
3旬「25歳海戌」は、DNA「玉」の地元での挑戦。
現在の4旬「35歳宝酉」は、DNA「車」の
逆転
それまでの生きざまを180度変えることにより突破口。
冲殺月支「丑」は半会で自信過剰でも良し。
今後は5旬「45歳鉄申」が、自身と目下の変化で、
何らかの変化をもたらすことにより、
名誉運向上
6旬「55歳畑未」は、年支「亥」と日支「卯」のからむ
主導DNA「禄」の三合会局で、
自己確立成功実感
7旬「65歳山午」は、DNA「司」の蓄積。
特に年干が「灯」に10年運が「陽」にとなりきれば、
至福
8旬「75歳灯巳」は、ありえない火性の到来で、
我が世の春をようやく堪能か。

さて、昨年(20年/鉄子)が、月干と日干の「草」が、
干合でDNA「牽」の栄誉という
条件あり天冲殺で、60年に一度の節目で、
一般文藝に挑戦して読者を
泣かせてくれた
やれば出来るのが比嘉なのだが、
問題は子丑の生月冲殺なのに、
いくら
乗り物酔いをしやすいとはいえ、
いつまでも故郷に留まっていることか。
また、札幌で
治験事前検診に行く場合は、
紹介欄に「比嘉智康」と書けば
何らかの恩恵があるそうで、
本人も
隙あらば参加しているということで、
ある意味
立派な心がけ
恐縮です!
これが作品に活かされたのは言うまでもないことだが、
野人だからできることで、一般人は無理をしないほうが良い(笑)☆
快活で哀しいボーイミーツガール〜→比嘉智康//あの夏、僕らに降った雪○BE
比嘉智康84-0122
草雨陽
卯丑亥※-5
龍貫貫禄玉(禄冲殺主導)
木性(94)火性(00)土性(12)金性(14)水性(83)/総合203
子丑生月冲殺/天冲殺(5歳木子)/方三位(5歳木子)/ターボ運(15歳〜)
天剋地冲(35歳宝酉)/主導DNA三合会局(55歳畑未)
木性過多/火性ゼロ(野人)/土性脆弱/金性脆弱/水性過多
-5歳木子/15歳雨亥/25歳海戌/35歳宝酉/45歳鉄申/55歳畑未/65歳山午/75歳灯巳〜
02(草)●BE
★3.5
★5(是非読むべき良品または面白い) ★4(時間があるなら読むに値する推奨本)
★3(お好みで) ★2(推奨できません) ★1(時代整合性なし。頭が腐る駄作・不良品)
top●BE
 
■2021年02月19日(金)山戌
蒼月海里モノノケ杜の百鬼夜行 疫病退散の噺に潜む毒
蒼月海里//モノノケ杜の百鬼夜行○BE
○詳細不明もいったん作家デビューしたもののまるで売れず
リーマンショックと体調不良もあり再就職も叶わず、
書店員のアルバイトを始めた頃、
日本ホラー小説大賞の落選作からの拾い上げで、
14年(木午)のDNA「鳳」年08月(海申)の律音月に
幽落町おけ駄菓子屋」で再デビュー。
同作品は9巻までシリーズ化され、コミカライズされた。
小説の他に、漫画原作や文庫解説なども手掛ける。
作家生活7年で60冊に迫る著作を刊行している
蒼月海里(83-0812/海申)の
モノノケ杜の百夜行 疫病退散の噺が、
昨年(20年/鉄子)の12月25日(海寅)の
納音害切れ日に上梓されているので解説する。

上野浅草に近い台東区一角だが
主立った観光地もなく
最寄り駅からも微妙な「御森」で、
繰りひろげられる
二人の少年
モノノケ達ぬくもりのある
ホラーミステリは、マスクも登場!?
家にはケガレを持ち込ませてはいかないのだ!
結界をはるにも、弱まる神木
さあ、どうする!
腐ったオニギリの臭いには勝てるのか
強い霊感を持つ少年・と、
御神木に嫁入りした
巫女末裔一華
二人はクラスメイトの芳沢に、
怪我をした猫を助けてから妙なことが起きるとの相談を受ける!
原因を探るべく、
五徳猫の菊池春乃、ムササビ妖怪のノブ、
用心棒の
黒坊主ことイケメンの与一らを従え
一華と潤は「
猫の集会」に出ることに。
数日後、正体は
狐狸という宿敵の千影に
御神木を汚され、一華が倒れてしまう。
一華を助けることができず焦る潤の前に現れた、
まさかの
救世主とはアマビエ!?
少年モノノケ達友情に心を打たれる、
今だからこそ手にとりたいライトホラーミステリ

宮城県仙台市生まれ、千葉県育ち、
日本大学理工学部卒業し、製造業に勤務するも
リストラにあい、
三省堂書店に一時勤務し現在は作家専業で、
東京都心に住んでいると思われる蒼月は、
「車」主導でフットワークは良さそうだが
深く考えて
時間をかけるよりは、
即座に結論をだして動きたい。
「車+鳳」は、
財力形成に目なし。数多くだして発信する。
才能はこの「」で、工夫した発信力でヒネリあり。
「車+車」は、
集団行動が苦手
「車+石」は、手抜きとは言わないまでも
強引な人間関係。
「車+龍」は、
湧き出すように、ひらめき多数。
「海+車+申月」は、大人になりきれないので、
若い人に絶大なる人気
「亥」年生まれ「海申」は、困ると
固まる
生き方を表す伴星は「車」で、
一人で動く。
物事の始めの洩星は「車」で、
たった一人で始める。
締めにあたる導星は「鳳」で、
趣味のような人生

宿命の特長は、初秋午後四時頃の「」で、
あいにくの「
降り
総エネルギー239点はそれなりも、
自身の水性は132点で
大海原
表現力の木性は僅か11点で、
良き意味でのワンパターン。
火性ゼロ(DNA禄/司なし)は、
冷静で実は
優しさ皆無で、配偶者成分皆無
これを逆手にとれば、
無限大の引力本能を得て、
公的面や私的面のいずれかに偏るので、
仕事面に使用しているに他ならない。
とはいえ
主導DNAになる土性は18点で、
重くはないところが嫌われぬ理由。
金性78点は、相応の創作能力で、
引出は多い
最大の売りは、年支「亥」VS月支+日支「申」ので、
私生活を隠した表裏ぶりは、顔写真すらない徹底ぶり。
リストラにあったトラウマもあろうが、
もとよりそういう構造が、
実はリストラにも抵抗できなかったに違いないが、
そもそも仕事が合わなかった可能性もあり。
就職は06年(陽戌)のありえない天冲殺年の可能性もあり、
ありえない仕事が性に合わなかったのだろう。
年干支の「雨亥」は、
忍耐力ありも小心
月干支の「鉄申」は、
マニュアル重視の公務員体質。
そして日干支の「海申」は、
確証あってこその人生だが、
原則気楽で悩んではいけない。
干支番号構成は、60-57-09で北方2点に東方1点の
極めて狭い範囲での語り。

後天運は、初旬「1歳畑未」は、DNA「牽」の役目役割だが、
後転稼働条件はなくとも、
ドップリ浸かれば浸かるほど良い生年冲殺
60歳までターボ運(子丑天冲殺回り)で何をしても目立つ
2旬「11歳山午」は、DNA「車」の
主導DNA自己確立
年干「雨」を干合すると、年干は「灯」に10年運は「陽」の
ありえない火性の守護神になるが、
あまり深刻になりすぎれば、年干と日干の干合で、
年干支は「草亥」の日座冲殺干支となり不安定で、
さらに月干「鉄」と干合すれば年干は「宝」にまで変わるので、
金性過多気味になり、
策に溺れる可能性
3旬「21歳灯巳」は、DNA「司」の
干合支合で、
宿命内害毒切れ迷走
特に年干支「雨亥」は天剋地冲で
仕事が不安定なのに
日干支は、ありえない火性の干合支合で、
似合うことのない
まさかの
一時的な私生活の充実がなかったとは言えまい。
とはいえ、最後の最後で格好はつけられた。
現在の4旬「31歳陽辰」は、DNA「
」の半会で、
月支も半会で自
信もみなぎり出すそばから売れ絶好調
あとは
感謝と奉仕が伴うか否か
今後は5旬「41歳草卯」は、DNA「
調」の偏り
年支「亥」の半会はあろうと、月干「鉄」と干合し、
進み行く方向を変化させられると「宝卯」は、
先祖返り
火性の恩恵で売れに売れたことが嘘のような過去になるが、
独特の作風で
持続させるのみ
6旬「51歳木寅」は、
宿命害切れのDNA「鳳」で、
才能強化ばかりか「寅」内火性で一瞬の救い
7旬「61歳雨丑」は、DNA「石」の妥協。
8旬「71歳海子」は、DNA「貫」の大事件。晩年である。

さて、蒼月は17年(灯酉)のありえない火性年の最後から
18年(山戌)のDNA「車」の
天冲殺年にかけ、
右手首と左肘を故障している。
生年冲殺が私生活に逃げたツケか、
売れに売れたのに感謝と奉仕がないための警告なのか。
いずれにしろ、売れるのは40歳まで。
23年(雨卯)までが限界である可能性あり。
それ以上売れたいならば、
売れっ子を鼻にかけずに
徹底した奉仕の気持ちが必要だが、
世知辛い時期に売れているのは、
お試し以外の何物でもない。
害持ちは表裏ありで勘違いしやすいが、
蒼月は気づいて何かを出来るかだが、
有り難う」はくどいほど必要で、そろそろ危うく心配だ☆
冷たいお気楽もたまらない〜→蒼月海里//モノノケ杜の百鬼夜行○BE
蒼月海里83-0812
鉄雨陽
申申亥※-1
石龍車車鳳(車主導)
木性(11)火性(00)土性(18)金性(78)水性(132)/総合239
戌亥生年冲殺/ターボ運(〜60歳)/主導DNA(11歳山午)
干合支合(21歳灯巳)
年支VS月支+日支害(表裏)/害切れ(21歳灯巳/51歳木寅)
木性脆弱/火性ゼロ(野人・配偶者成分皆無)/土性脆弱/水性過多
-1歳畑未/11歳山午/21歳灯巳/31歳陽辰/41歳草卯/51歳木寅/61歳雨丑/71歳海子〜
09(海)BE●
★3
★5(是非読むべき良品または面白い) ★4(時間があるなら読むに値する推奨本)
★3(お好みで) ★2(推奨できません) ★1(時代整合性なし。頭が腐る駄作・不良品)
top●BE
 
■2021年02月11日(木)鉄寅
宇佐見りん推し、燃ゆの野放しの毒はネバーランドに行くしかない
宇佐見りん//推し、燃ゆ○BE
○ 19年(畑亥)の年干支「畑卯」の大半会を伴う夢の中で、
で第56回文藝賞(19-0822/宝卯)の
DNA「調」の「卯」の
害毒重なり受賞
明けて、同作で
史上最年少三島由紀夫賞(20-0917/雨亥)を、
DNA「司」の干合日に受賞している
宇佐見りん(99-0516/山辰)が、
昨年(鉄子)の09月30日(陽子)の
DNA「龍」の半会日に上梓した
推し燃ゆで、
第164回
芥川龍之介賞(21-0120/山辰)の
律音日に受賞しているので解説する。

12歳だった推しはそのとき、ピーターパンを演じていた。
あたしあかね4歳だった。
劇中何度も「
大人になんかなりたくない」と繰り返す。
16歳になったあたしは、上野真幸を発見する。
男女混成アイドルグループ「まざま座」のメンバー。
男の子頬が落ち落ち着いた雰囲気のある青年になり、
輝いて見えた。
坊主憎けりゃ袈裟まで憎いの逆だ。
推しが炎上した。
ままならない人生を引きずり、
祈るように推し推す
そんなある日、
推しがファンを殴った
そして推しのグループは
解散し、
推しは一般人になって、誰かと結婚するが、
ネット上の情報を頼りに
推しの住まいをのぞきにいくが、
そこで目にしたものは、何とも
普通の光景だった。

静岡県沼津市生まれ。中学の頃より現在まで神奈川県在住。
「かか」の主人公が住む、
横浜市内と思われる、
慶應義塾湘南藤沢中学高等学校で一年留年し、
現在
慶應義塾大学文学部国文学専攻に在籍中の宇佐見は
「鳳」主導の
冷静表現者
表出されるのが「鉄」からなので、
硬派で変質しないものがあり、
その気になれば
一気に生産する。
「鳳+牽」は、何か
拠り所が望み、
それが
権威ある先達の作家になっている。
才能は「」で、をとることが励み目標で、
格好をつけるられるようになる。
「鳳+司」は、
耐久力あり、多少根をつめても乗りこえる。
「鳳+石」は、周囲を受け入れる姿勢あり、
特異な活動をしようと、
知らなければ一般人にしか見えず
「山+鳳+巳月」は、想像するより
破壊活動を好むが、
暴力的ではなく、
外周からじわじわ追い込むようで、
自らの手を汚さずも、推しを仕留めるような迫力。
「卯」年生まれ「山辰」は、
平時は温厚動乱時は先頭に立つ。
生き方を表す伴星は「車」で、
単独行動
物事の始めの洩星は「石」で、周囲の影響なり
刺激
締めにあたる導星は「牽」で、
名を残す

宿命の特長は、初夏午前十時頃の平地に突如出現した
人工的にも思える盛り土のような「」で、
年干と月干が「畑」で日干が「山」の
土性の天干一気は、
地震のような災害が起きれば、周囲を全部吹き飛ばすだろうし、
平時でも近寄りがたさは、まるで古墳のようだが、
まるで
神聖に見えるようで不穏な正体は、
年支「卯」VS日支「辰」の
害持ち表裏あり病的ながら、
月支「巳」を加え変則方三位で、中身は
濃厚凝縮風格あり。
「寅」がくれば春の季節の完成だし、
「午」はきても燃焼するだろうから、
不器用に見えて相応に対処可能。
触れあえない地上より触れあえる地下」という発想はこれ。
総エネルギー252点中、その土性は132点で迫力十分で、
同列に並んでいれば、
選者は皆引きよせられる恐怖で逃れられず
とはいえ表現力の金性は僅か18点だし、
守護神の水性の堅実さなりも18点で、
後天運頼りのところがあるのは否定出来ず。
年干支の「畑卯」は、通常は穏やかでも
気短で強い闘争心
月干支の「畑巳」は、威圧さなしで
庶民的ながら、
倒柱と呼ばれ
一家の大黒柱を根本から腐らせるような成分。
推しも倒した
そして日干支の「山辰」は、
制約多く力づくで前進する。
制約が多ければ多いほど、
達成したときの喜びも多大
自分を
追いこむだけ追い込めば能力を発揮する。
干支番号構成は16-06-05で一部南方にあるが
東方の比較的狭い領域からでることはない。

後天運は、初旬「7歳鉄午」はDNA「鳳」で主導するため自己確立
日支「辰」月支「巳」に連なる変則方三位で、
なおかつ弱い表現力を得て内容を濃くした。
小学校の授業話作りの面白さにふれ作家を目指す
現在の2旬「17歳宝未」は、年支「卯」の半会を伴う
同様に少ない金性の表現力に、
特別な意味合いを付加させ、
内面の充実を図りデビュー
今後は3旬「27歳海申」は、DNA「禄」の半会で、
僅かしかない水性の強化で、売れる要素を習得する。
4旬「37歳雨酉」はDNA「司」の支合で
内側の充実
土性の天干一気はなくなり、
「山」は「陽」的に10年運の「雨」は「灯」にもなり、
これまた
多くはない火性強化
とはいえ、迫力はなくなろうと、
害は消えるわけではなく新境地
5旬「47歳木戌」は、DNA「車」の
10年運天冲殺害切れ
初旬条件がないだけに
戸惑いもあろうが、
進み行く方向ばかりか、表向きの顔全てが変化するばかりか
強力な引力本能を発揮し稼働力があがるため、
大物の仲間入りなのか、別の世界に向かうか
その時点の社会情勢や本人の立ち位置次第も、
スイッチが入って闘争的
6旬「57歳草亥」は、DNA「牽」の
才能強化10年運天冲殺
善し悪し別に、
栄誉不名誉か、派手に存在感を誇示。
7旬「67歳陽子」は、DNA「龍」の半会も、
力は萎えて下り運。
8旬「77歳灯丑」は、DNA「玉」の
重鎮という場所を得る。

推しのデータもある。
上野真幸(92-0815/雨亥)。
宇佐見とは
干合関係で、大半会を持ち合う同じく害持ち
年支と月支が「申」で、日支が「亥」。
表裏ありというよりは、どちらかというと悲惨
これは
宇佐見にも言えないことではないが、キレやすい
そして、月干支「山申」VS日干支「雨亥」の
干合支害は、
ろくでもない異性にばかり好まれ
火性ゼロ(DNA禄/司なし)の野人家庭運なし
生後三ヶ月で子供モデルになるが、
それがそもそも害か。
ありえない火性年だった07年(灯亥)には、
母親が姉を連れ、出奔
害持ちの子丑天冲殺が生まれるぐらいだから
両親の関係も無茶苦茶だったろう。
16歳(08年/山子)で
ファンクラブが出来るも夢の中
18歳(10年/鉄寅)で
アイドルデビューというものだ。
そして事件。
ありがとう、今まで。おれなんかについてきてくれて」と
解散を機に
芸能界引退
ただの一般人として、静かに見守ってくただけると幸いです」は
「牽」主導らしく
格好をつける

さて、宇佐見のデビューは、
条件なし天冲殺夢の中だった19年(畑亥)。
年干支「畑卯」を大半会し、
土性天干一気強化なので、
大いに目立つ
そして、
明けて主導DNA」の半会年で、
芥川賞受賞(01月は主導DNA年の最後の最後)となったのは、
同時に文藝賞を受賞した(91-0822/木子)
似たり寄ったりの部分があるが、
ただの害持ちの彼よりは、
土性天干一気もあり迫力満点の宇佐見のほうが目立つし、
後天運も
恵まれているが、
夢の中で世にでたのは同様で、
害持ちだけに、大物になった気分になり、
自己発揮してしまえば、一気に夢からさめる
調子に乗って言えるかな。
ネバーランドに行きたいな」は、
夢からさめてはいけない宇佐見の本音かもしれない☆
毒が決め手に気づこうよ〜→宇佐見りん//推し、燃ゆ○BE
宇佐見りん○99-0516
畑畑雨
辰巳卯+7
石石司鳳牽(鳳主導)
木性(56)火性(28)土性(132)金性(18)水性(18)/総合252
戌亥天冲殺/天冲殺(47歳木戌/57歳草亥)
変則方三位主導DNA(7歳鉄午)/干合支合(37歳雨酉)/天剋地冲(47歳木戌)
土性天干一気/天干一気破格(37歳雨酉)
変則方三位/年支VS日支害(表裏)/害切れ(37歳雨酉/47歳木戌)
木性過多/火性脆弱/土性過多/金性脆弱/水性脆弱
+7歳鉄午/17歳宝未/27歳海申/37歳雨酉/47歳木戌/57歳草亥/67歳陽子/77歳灯丑〜
05(山)●BE
推し/上野真幸○92-0815
山海灯
亥申申※+8
石牽調牽牽(牽主導)
木性(11)火性(00)土性(27)金性(52)水性(132)/総合222
子丑天冲殺/生日冲殺/天冲殺(38歳海子/48歳雨丑)/ターボ運(58歳〜)
年支VS日支害(表裏)/月干支VS日干支干合支害(悲惨)/害切れ(58歳木寅)
木性脆弱/火性ゼロ(野人)/土性脆弱/金性過多/水性過多
+8歳畑酉/18歳鉄戌/28歳宝亥/38歳海子/48歳雨丑/58歳木寅/68歳草卯/78歳陽辰〜
10(雨)●BE
★3
★5(是非読むべき良品または面白い) ★4(時間があるなら読むに値する推奨本)
★3(お好みで) ★2(推奨できません) ★1(時代整合性なし。頭が腐る駄作・不良品)
top●BE
 
■2021年02月08日(月)灯亥
久永実木彦七十四秒の旋律と孤独の回り回る畏怖
久永実木彦//七十四秒の旋律と孤独○BE
○17年(灯酉)のありえない火性のDNA「鳳」年に、
「七十四秒の旋律と孤独」で、
第8回
創元SF短編賞(17-0417/木戌)を受賞。
同年、同作が「行き先は特異点(年刊日本SF傑作選)」に
収録されデビュー。
19年(畑亥)のDNA「禄」年より、
RRJによる朗読音源配信サイトの
Webラジオ「読んで実木彦」にてパーソナリティをつとめる
久永実木彦(75-0409/草酉)が、
書き下ろし作品などを加えた
七十四秒の律と孤独
DNA「牽」の干合年らしく
昨年(20年/鉄子)12月25日(海寅)の
DNA「玉」の方三位日に上梓している。

宇宙船を警備する人工知性「紅葉」の葛藤と、
宇宙空間で物体がワープする際に生じる
空白七十四秒間事件を描いた
第八回創元SF短編賞受賞作「七十四秒の旋律と孤独」をはじめ、
人類が滅亡したあとの宇宙で、野生動物化した
ヒトの遺した教えと掟に従って宇宙を観測し続ける
高度人工知性ロボットたちの日々を綴る
連作「マフ クロニクル」の全六編を収録。
七十四秒を短いと思うか長いと感じるのか。
とはいえ七十四秒の間は、無防備な人間は、
高度人工知性防備されていないと、
未確認物体から襲撃されてしまうのだ。
そんな
永遠の時を生きる美しいロボットたちと、
創造主である人間をめぐる鮮烈なデビュー作品集は、
一気読みに値する
人類の叡智への賛美と警告にあふれ、
まるで
創造主が作家に乗り移ったかに思えるし、
ロボットの視点から描かれた
創造主である人間との
ファーストコンタクトが、
切なすぎて切なすぎて、
そこに猫をこよなく愛する作家の気持ちが感じ取れる。
これは永遠の時を生き抜けるはずのロボット達の
壮大な物語であり、
祝祭を行う野外劇だ!

埼玉県生まれ。佐賀県、福岡県などを転々としながら東京都へ。
西東京市を経て現在は板橋区在住で経歴は一切謎。
映画アイドルをこよなく愛する久永は、
DNA「貫」主導で、
強情で意志が強く、
孤独な環境敵と交戦している状態で、
敵が手強ければ、自身も強くなり、
集中力ありも、
身を傷めやすい
「貫+貫」は、
個人主義で挑戦者で不器用
「貫+車」は、
正直で邪気なし。
惜しみなく感情のままに呼吸をする。
「貫+牽」は、目的遂行のためには打算もあり。
仕事をするのは生活のため
時間歴史さえも揶揄する。ヒトが人間であるために。
「草+貫+辰月」は、言葉による知恵を使った攻撃も、
情けに弱く、
冷静なばかりではいられない
葛藤があるからこそ、ロボットたちも成長した。
「卯」年生まれ「草酉」は、拡がりすぎる懸念も、
自然は回り回り物語も回るのだ。
生き方を表す伴星は「牽」で、裏方で
陰に潜むものを密かに表にだす
物事の始めの洩星は「貫」で、
単独行動。
締めにあたる導星は「車」で、
破壊の末に無に帰す。

宿命の特長は、晩春午前八時頃のビル群の狭間に咲く花
総エネルギー164点と
ひ弱で、自身の木性は88点もあり、
成長発芽する気持ちは充分でも、
火性ゼロ(DNA鳳/調なし)の野人のため、
種子のままで待つのみ。
年干支「草卯」VS月干支「鉄辰」の
干合支害は
不穏不安定病的
年干支「草卯」VS日干支「草酉」の納音は、
正体不明
月干支「鉄辰」VS日干支「草酉」の干合支合は、
配偶者とは仲が良いものの、
年干にも同格の「草」があるため、ライバルがいたはず。
月干「鉄」に年干と日干の「草」が干合されると、
年干と日干は「宝」になり、
金性天干一気成立するが、
干合支害もあり、
根っこが腐りやすく
宿命を温め冷やさぬようにする必要もあるが、
木性であろうと金性であろうと
火性がやってくれば一気に成長できるなり目立つので
17年(灯酉)の受賞は何ら不思議ではなく、
あらかじめ用意されていたもの。
とはいえ通常は火性がないので、
意図的に発信力を強めていくために
Webラジオを行うのはプラスも、愛猫は仲間であっても、
気は乱れやすいので、そこは作品にもあらわれており、
猫ばかりか
猫鹿まで登場するのは象徴的。
年干支の「草卯」は、
真面目だが少々鈍く、
ロボットたちの一挙一動微笑ましい
月干支の「鉄辰」は、過去を振り返らず
前進あるのみ、
だから未来の話を語る。
そして日干支の「草酉」は、
盆栽の花のように完成され、
それは
作品の緻密さにもあふれているが、
成長をするはずもないロボットたちに通じるが、
火性の恩恵で
一気に化ける場面は圧巻である。
干支番号構成は、52-17-22で北方南方を結ぶ鋭角領域は、
人々の進む方向を示しているのかもしれない。

後天運は、初旬「1歳畑卯」は、DNA「禄」の天剋地冲で、
自己犠牲あっての初旬成功運型
引越は親によるものだろうが、
母親成分が月支「辰」内の「雨」。
父親は同じく「山」で月支に集約されるが、
害の中であることは否定できない。
2旬「11歳山寅」は、DNA「司」の方三位で
地味に真面目に堅実に
3旬「21歳灯丑」は、DNA「鳳」のありえない火性の半会で、
社会にでて、キーワード活かす形らしく
オンラインゲームの会社で働く。
結婚をしたのはこの時期で、同僚なり、同好の士か。
4旬「31歳陽子」は、DNA「調」の
ありえない火性も決め手なし。
とはいえ、独創的感性は磨かれ、
アイドル好きにも拍車がかかる。
現在の5旬「41歳草亥」は、DNA「貫」の
主導DNA自己確立のうえ、
異常環境であれば大きく運が稼働する
特別条件付10年運天冲殺ばかりか
年干支「草卯」の大半会を伴う
金性天干一気強化もあり、デビュー。
単行本化されたのも、
金性天干一気強化のDNA「牽」年という
おまけ付きで至極当然。
今後は6旬「51歳木戌」は、
協調性和合性を伴う
同様に
特別条件付10年運天冲殺
前旬で
上がり過ぎた反動で、体調不安をきたすのか、
仲間の離反や離別など、人付き合いもままならぬ時期だが、
救いの方向は、優柔不断であること。
残念かもしれないが、
人間ではなくロボットにでもなったつもりなら
難を逃れることも可能だろう。
7旬「61歳雨酉」は、DNA「龍」の刑。
20年間の10年運天冲殺を抜けたあとの改良改革で、
やや
脱け殻的な印象も、流れに逆らわず新たな挑戦なり、
未来に希望を馳せていれば衰えることもないか。
8旬「71歳海申」は、DNA「玉」のありえない塩水では、
さすがに
火性なしの野人には厳しいだろう。
意識は遠いところ、故郷のような場所へ向かうのだ!

さて、電気がないと人間は無力なのか。
未来人は電気を消費するだけで、
失ってしまえば
野蛮なのか
あるいは
発見できないのかと考えてしまうようでは、
久永のとんでもない発想には追いつけないのか。
間違いないのは
金性天干一気だから、
ロボットの気持ちにもなれるのだろうということだし、
164点中木性88点という重厚さは、
盆栽としての
美しさに脱帽だ。

最後になるが久永は、
04年(木申)のクリスマスイブ(04-1224/灯丑)の
ありえない火性重なりに結婚した
(74-1109/木寅)に対して
いまの実木彦があるのはすべて奥さんのおかげです。
ありがとう。これからもずっとよろしくね
」とか、
奥さんがいなければ、ぼくはいまだ愛を知らず、
小説も書けていなかったでしょう。
」と妻への感謝を忘れない
内側「車」持ちの身としては、仕事以外に目標を持つ
久永を支えてきた、
強い強い木性の子丑天冲殺で、
総エネルギー276点の地支まで木性の
全木性格は、
陰陽関係で
頼れる姉御みたいなもので、
うち木性は181点もあり、久永の164点を上回る
包容力で、
午未天冲殺の久永を護ってきたことがわかる。
そんな
60年に2年だけある、
ありえない金性の天冲殺の夢の中に単行本化されたのも感慨深い。
通常なら推奨出来ない相性と斬って捨てるところだが、
妻の月干支「草亥」は久永の年干支「草卯」を大半会するし、
久永を世に送りだすための
同志愛のような結婚だと理解したい。
何より「
七十四秒の律と孤独」を産みだすには、
母船の存在は不可欠だし、見えない命綱が必要だものね☆
こんなに哀しい話を読んだのは久しぶり〜→久永実木彦//七十四秒の旋律と孤独○BE
久永実木彦75-0409
鉄草陽
酉辰卯※-1
貫牽車貫貫(貫主導)
木性(88)火性(00)土性(19)金性(38)水性(19)/総合164
午未天冲殺/天冲殺(41歳草亥/51歳木戌)
初旬条件あり(日干支を天剋地冲)/方三位(11歳山寅)
主導DNA(41歳草亥)/害(51歳木戌)
干合金性天干一気/年干支VS日干支納音/月干支VS日干支干合支合
年干支VS月干支干合支害/害切れ(51歳木戌/61歳雨酉)
木性過多/火性ゼロ(野人)土性脆弱/水性脆弱
-1歳畑卯/11歳山寅/21歳灯丑/31歳陽子/41歳草亥/51歳木戌/61歳雨酉/71歳海申〜
02(草)●BE
妻○74-1109
草木陽
寅亥寅-1
貫石禄貫禄(貫主導)
木性(181)火性(38)土性(38)金性(00)水性(19)/総合276
子丑天冲殺/天冲殺(1歳木戌)/初旬条件あり(年干支と日干支を大半会)
主導DNA(1歳木戌)/干合支害(51歳畑巳)
木性天干一気/天干一気破格(41歳鉄午/51歳畑巳)
地支支合木性一気格/全木性格
木性過多/火性脆弱/土性脆弱/金性ゼロ/水性脆弱
-1歳木戌/11歳雨酉/21歳海申/31歳宝未/41歳鉄午/51歳畑巳/61歳山辰/71歳灯卯〜
01(木)BE●
★5
★5(是非読むべき良品または面白い) ★4(時間があるなら読むに値する推奨本)
★3(お好みで) ★2(推奨できません) ★1(時代整合性なし。頭が腐る駄作・不良品)
top●BE
 
■2021年02月05日(金)木申
支倉凍砂それをAI(アイ)と呼ぶのは無理があるとも決めつけられない
支倉凍砂//それをAI(アイ)と呼ぶのは無理がある○BE
○05年(草酉)のDNA「石」年に香辛料で、
第12回
電撃小説大賞銀賞を受賞し、
翌06年(陽戌)に同作品でデビュー。
同作品はシリーズ化され「このライトノベルがすごい!2007」では、
新人にして作品部門第1位を獲得されたり、
コミカライズされ、アニメ化、ゲーム化と展開され、
漫画原作やVRアニメーションの開発・制作にも携わる
支倉凍砂(82-1227/木申)の
「小説BOC2」「小説BOC6」に掲載された二篇に、
書き下ろしを加えた
それをAI(アイ)と呼ぶのは無理があるが、
昨年(20年/鉄子)のDNA「車」年の
11月25日(海申)のDNA「龍」の半会日に上梓されている。

私だけの完璧な相棒を端末にダウンロードできたら、
友達なんていらない!?
映像擬態化した極めて賢いAI
スマホにDLできて、
なんでも検索で解決できるけど、
でも
現実の恋や夢は万能AIにも計算不能で・・・・・。
つまり、あっても良いはずの自動告白機はなく、
お前には積極性がない」とまで言われる始末。
自動失恋なぐさめ機すらない、近未来の生まれたときから
AIに囲まれて育ってきた若者たちを描く。
そのAIとは電話にネット機能が装備され
大きさは掌サイズで、画面は空間上に表示され
そこには完璧だけど、少し
イジワルな召使い付の品!
支倉凍砂が初めて挑む青春ストーリーは、
ありそうでなさそうなさそうでありそうな話で溢れている。

千葉県千葉市出身。高校中退。
一浪し
立教大学理学部物理学科に入学するも12年頃中退し、
一時は
愛媛県松山市土手内に居住も、
現在は、
池袋に仕事部屋を借り、
文京区の
護国寺または江戸川橋近辺在住の支倉は、
「玉」主導で、
好きになったら一直線で、愛好する。
変えるのは苦手も、逃げるというより流されるのは嫌いではない。
AIに惹かれる一方、どこかでそこれから逃れたい思いあり。
「玉+禄」は、計算し尽くした仕掛け。
AIは親代わりにも友人代わりにもなり話相手だし、
仮想恋人にもなりうる。
才能はこの「」で、引力本能であり攻撃本能。
得意分野に特化した工夫で、
それ以外は
理不尽が服を着たようなもの
「玉+車」は、隠し事が苦手で、
思い立ったら行動
整理整頓には縁なく、散らかし上手かと思えば、
衝突を繰り返し、
落ち着きはなし
「玉+龍」は、思いなり考えがストレートに伝えにくく
誤解されやすいので、AIの代行は大歓迎
ひょっとしたら既にAIクローンに、
創作させているかも知れぬ(笑)。
現在のAIはどこかでバカにしている筈。
「木+玉+子月」は、
頭は良いのに勉強苦手
「戌」年生まれ「木申」は闘争心旺盛な
働き者も、
無意味な闘争本能で不完全燃焼もあり。
生き方を表す伴星は「調」で、女性的感性強い。いわゆる
少女趣味
物事の始めの洩星は「車」で、何もないところから始める。
締めにあたる導星は「玉」で、若い人と集おうとする。

宿命の特長は、仲冬深夜零時頃の真っ暗な海に面した
防風林
で、総エネルギー218点はともかく、
水性114点は結構厳しい寒さもたたえており、
守護神の熱源火性は年支「戌」内にある「灯」で、
それを自身の木性と
助け合いながら維持する。
遊び道具が身を守るという図式か。
創造力の金性が52点というのは立派だが、
律していかないと悪知恵にもなりかねず
情緒的に解釈したい。
とはいえ、本作品も若者達の身近な生活が
もしもAIと親しく過ごしたらという設定になっており、
将来的には、いかにもありそうなだけに、
抵抗なく入っていけるのが救い。
とはいえ発信力は稀薄なので、
さすがに文庫でもないのに、
装画者の自信の無さが忍ばれ少々残念!
あくまでもマッチングに難があったに違いない!
午前四時前生まれなら、小栗旬になっていた危うさは、
それでも
年長者を意識した午未天冲殺らしい
それらしい未来に仕上がっているのは、秀逸。
本当にこういう世界が
10年後には実現しそうだ
年干支の「海戌」は、出自旧くも
チャレンジャー
月干支の「海子」は、怒らすと怖い
知恵者
そして日干支の「木申」は、
理想郷の企画
干支番号構成は、59-49-21で北方2点に南方1点で
この作風なら理想的か。

後天運は、初旬「3歳雨丑」は、
「玉」の
主導DNAで、大人びた子供
どこか冷めていて、若々しさはなく、
将来の自分の趣向や進み行く道は意識していたはず。
2旬「13歳木寅」は、DNA「貫」の納音。
ここから
ターボ運(子丑天冲殺廻り)が廻り、
何をやっても目立ってしまう。
既に作家への未来は描き投稿は始めるが、
現実に気持ちがついていかず、学校を辞めたりと、
持続力はなかった。
3旬「23歳草卯」は、DNA「石」の復活。
壊れきった木性が修復されデビューも、
後半は一時的に屈辱や妥協もなかったわけではないが、
あえて触れることもあるまい。
現在の4旬「33歳陽辰」は、月支「子」と日支「申」のからむ
守護神三合会局で、DNA「鳳」は絶好調
得意芸の範囲を拡げて、本書のような領域まで進出。
今後は5旬「43歳灯巳」が、DNA「調」の刑で、
衝突や争議も懸念されぬ事はないが、
さらなる独創的発想で絶頂。
特に進み行く方向性ばかりか仕事まで変化する可能性あり。
それは、年干と月干の忌み神水性「海」が、
「木」に変化すれば干合木性天干一気になるためで、
強情にはなるが、変化することで、
さらに
存在感は誇示できるはず。
6旬「53歳山午」は、DNA「
」の10年運天冲殺
感謝と奉仕で、また謙虚であれば大いに財を築き、
さまざまな投資を行い、
人々にもありがたがられる
7旬「63歳畑未」は、DNA「
」の10年運天冲殺
蓄積も相当なものになるが、
前旬に続き
感謝と奉仕がないと老化は顕著
「木」は自己中心で世のため人のためにたたぬと
劣化して材木にすらならない恐れで、
下手をしたら、
少しの火性で炎上して消滅もしかねない。
それは冬生まれだからといって無縁ではなく、
自然界の範疇。
8旬「73歳鉄申」は、DNA「車」で老いて盛んなのか
さすがに斬り倒されていくのかというところ。

さて、午未天冲殺は崇高な夢を見たり実現する使命あり。
その道筋を支倉は自分の生業のなかで、なしとげようとしているが、
単純な仕事もそうじゃない仕事も
すっかり自動化され、
就職現場は理系にあらずんば人でなし
そうでない人種は
ぬくもりある職場に殺到するが、
人間力を問われるありさまで、
生きにくい時代というのもどうなのだろう。
そうはいっても就業するまでは
国の手当は充実しているという不条理もあるそうだが(笑)。
そういう時代だからこそ、
対応力のある若者は、
AIと親和性があり、新たな価値観を産みだしていくのだろう。
とはいえ、
AIは空気を読まないので、
有効利用しないと学校生活も日常生活も破綻する!
げんなりもしていられない。
情熱と合理的は相性が悪いなんてばかりでもない。
合理的な世の中になればなるほど
情熱の評価基準は高くなる
のではないか☆
愛ある相棒AIのとの近未来〜→支倉凍砂//それをAI(アイ)と呼ぶのは無理がある○BE
支倉凍砂82-1227
海海灯
申子戌+3
龍龍車玉禄(玉主導)
木性(14)火性(14)土性(24)金性(52)水性(114)/総合218
午未天冲殺/天冲殺(53歳山午/63歳畑未)/主導DNA(3歳雨丑)
ターボ運(13歳〜)/納音(13歳木寅)/三合会局(33歳陽辰)
干合木性天干一気(43歳灯巳)
木性脆弱/火性脆弱/土性脆弱/水性過多
+3歳雨丑/13歳木寅/23歳草卯/33歳陽辰/43歳灯巳/53歳山午/63歳畑未/73歳鉄申〜
01(木)BE●
★3.5
★5(是非読むべき良品または面白い) ★4(時間があるなら読むに値する推奨本)
★3(お好みで) ★2(推奨できません) ★1(時代整合性なし。頭が腐る駄作・不良品)
top●BE
 
■2021年02月01日(月)鉄辰
塚本はつ歌世界から守ってくれる世界の特別な場所
塚本はつ歌//世界から守ってくれる世界○BE塚本はつ歌//世界から守ってくれる世界○BE
○99年(畑卯)の条件なし天冲殺夢の中ばかりか、
ありえない土性のDNA「」年に初めて物語を書き
高校生になった頃には投稿生活に入り、
実に20年近く挑戦を続けてきたところ、
第7回暮らしの小説大賞(20-0528/宝未)」に、
DNA「石」年ながら主導DNA「貫」の納音月(05月)の
主導DNA大半会日に
世界からってくれる世界が選出され
同作で昨年10月14日(鉄寅)の
「鉄」重なりの天冲殺日にデビューした
塚本はつ歌(83-0920/宝亥)を解説する。

私は近藤薫子清楚響き父がつけた名だ。
誰かに認められたい。でも自分は自分?!
父はニコチン中毒で、母親はスイカ狂い!
何かあると三鷹のママンのもとに逃げる父。
母は地方出身者なので、行く場所がないのに。
不仲な両親の間で、体と心が2つに裂かれるような痛みを味わう私。
同じ空間に人間が二人以上いれば、戦争は起きるのだって。
違う。
ここが世界のすべてじゃない
知らないことがまだまだある。
性的違和を感じ、ある日突然姉のセーラー服で登校し始める
クラスメイト中鉢章雄。両性具有天使みたいなヤツだ!
私のまゆ毛を切らせろとウルサイが、
(中鉢は)父親に知られてしまい壮絶な暴行をうける。
それぞれが抱える戸惑いに互いにシンパシーを覚え、
心友となった2人は「居場所」を見つけた。
ひいじいちゃんの残した場所。
私が十五歳になるまでの次元付きの贈り物だった。
練馬から飯能への青春の荒波を乗りこえる冒険。
その気になれば、一歩踏みだすことは容易い!
勇気をだして声をだせば出来ないことはないんだ!

岐阜県瑞浪市出身。大阪芸術大学を卒業後、
現在は神奈川県在住ということだけで詳細不明。
朝起きて最初にすることはJ-WAVEをつけるのが日課で、
著作のバックに舞う金木犀の花に喜ぶ塚本は、
DNA「貫」主導で、
特別な目標さえあれば根性据えて持続する。
「貫+司」は、決して焦りを見せない
冷静な意志。
そして
家庭的で堅実。
「貫+貫」は、
用心深く頑丈だが、
壊れぬようにケアはしている。
「貫+鳳」は、時代整合性はあるとはいえない歩み。
「宝+貫+酉月」は、生き方を変えぬのが吉で、
長く続けていれば説得力が増すが、
それが
何かの役に立つかは別の話。
「亥」年生まれ「宝亥」は、
真っ当が好き。
生き方を表す伴星は「玉」で、
いつでも学習
物事の始めの洩星は「貫」で、
自力で始める。
締めにあたる導星は「鳳」で、ある意味
趣味の人生

宿命の特長は、仲秋午後六時頃の
河口近くの
運河川面キラキラ輝かす装飾品で、
総エネルギー203点中
火性ゼロ(DNA車/牽なし)なので、
ライトアップはしたくても、なかなか出来ぬので、
受賞の順番がなかなか回ってこないが、
自身の金性は75点なので、
辛抱強いチャレンジ。
とはいえ、ちりばめられた宝石類は
ライバル多く
群雄割拠
しているもので、
土性ゼロ(DNA龍/玉なし)は、母性に目覚めた妊娠を目指すと、
無限大には利用できぬのが弱点。
いまいちど景色を眺めると、
運河なので金性でつくり、水を流したものでも、
鉄で大々的に製造したものではなく、
豪華な宝を敷き詰めた小舟が通れるかどうかの小川並みで、
なんとのことはない、木性42点と水性86点を活かした
海浜公園のようなものという定義だろう。
年干支の「雨亥」は、比較的目立たぬ所で勝負をする。
人付き合い悪くないのに
小心者で疑念持ち。
月干支の「宝酉」は、博識も毒にも薬にもならない、
文部科学省推薦的
そして日干支の「宝亥」は繊細さの極みで、
感覚的に産みだす。
干支番号構成は、60-58-48で北方の限定領域で、
冒険は辛いかもしれない。

後天運は、10年運初旬「6歳海戌」は守護神DNA「調」の
繊細さが否応なしに強化され、
精神性の勝った人生を歩むことになる。
素地は与えられたところ2旬「16歳雨亥」も
守護神DNA「鳳」の広く発信する「重なりで、
自然と
投稿生活に足を引きよせられるのも理解。
3旬「26歳木子」は、DNA「司」の
地道
ありえない家庭を夢見てか、若さで突き進む
子はなかなか授からぬ焦り
現在の4旬「36歳草丑」は、DNA「禄」の
感謝と奉仕で、
娘(19-XXXX)を授かり、
ようやく安心して、
全身全霊気をこめて、受賞。
この後は5旬「46歳陽寅」は、
ありえない火性の10年運天冲殺で、
感謝と奉仕さえ認められれば、
一気に運が稼働して
DNA「
」の栄誉は、さらなる賞などにも引きよせるに違いない。
月干も日干も
火性の恩恵を受けて、暖かくはなるので、
作風も
暗さは微塵もなく明るい世界を描くようになる模様。
これが
世間に求められる方向転換
同時に月干と日干は「雨」にもなり、年干「雨」を入れて
水性の天干一気にもなるので、勢いを止めねば、
これまでの
価値観や目上を吹き飛ばす成功の道。
次旬6旬「56歳灯卯」は、同様に
ありえない火性の10年運天冲殺で、
DNA「車」の
多忙につぐ多忙
とはいっても
初旬条件はないので、
前旬を入れて実質都合15年ほどのものになりやすいが、
そこは
謙虚に感謝をしていけば、作家寿命は伸びないことはない
7旬「66歳山辰」は、
ありえない土性のDNA「」で、
過去を振り返るなり、
古典に親しむ
8旬「76歳畑巳」は、同じく
ありえない土性のDNA「」の対冲。
改良改革で破壊なので、不可思議な今生とも決別が順当か。

「宝」の火性ゼロ(DNA車/牽なし)は栄誉なし
スポットライトがあたりにくいから、
投稿生活も長かったわけだが、
土性ゼロ(DNA龍/玉なし)は無限大の創造力
出産で母親になったら、そこでクリアされて
意欲が失せたかと思えば、かえって引力本能が強化された。
さすがに
継続は力なりである。
これからの20年のほうが、充実できる素地もあり、
世界はひとつなんかじゃないはずであるが、
ひとつだけ気になったのは、
薫子父親中鉢父親に「飯能」という
ヒントを与えてしまっている
作家は
気づいてないのだろうか、そこが心配だ☆
生活感なき爽快感演出〜→塚本はつ歌//世界から守ってくれる世界○BE塚本はつ歌//世界から守ってくれる世界○BE
塚本はつ歌○83-0920
宝雨雨
亥酉亥+6
鳳貫司貫司(貫主導)
木性(42)火性(00)土性(00)金性(75)水性(86)/総合203
寅卯天冲殺/天冲殺(46歳陽寅/56歳灯卯)/干合水性天干一気(46歳陽寅)
木性脆弱/火性ゼロ(配偶者成分皆無)/土性ゼロ/金性過多/水性過多
+6歳海戌/16歳雨亥/26歳木子/36歳草丑/46歳陽寅/56歳灯卯/66歳山辰/76歳畑巳〜
08(宝)●BE
★3
★5(是非読むべき良品または面白い) ★4(時間があるなら読むに値する推奨本)
★3(お好みで) ★2(推奨できません) ★1(時代整合性なし。頭が腐る駄作・不良品)
top●BE
 
これ以前のバックナンバーはこちらです
サ イ ト マ ッ プ
BEは占いではありません。ご注意ください○
■生年月日を入力するだけで、
年干支・月干支・日干支ばかりか、
エネルギー点数や宿命の特長が表示される
システム稼働中です★
見本はこですが、
エネルギー計算や宿命の特長表示には、
運命シリーズや裏コラム閲覧に相談も可能
IDPASSの取得のお申込み(決済)が必須です★
コラム総合目次//茶房会館(1 9 9 6 年〜)
コ ラ ム さ く い ん
表コラムの目次(作家篇)はこちらです★
ご 相 談 問い合わせ は今すぐここから
ever since BE 1994〜BEHP 1998〜
 
お問い合わせ○メールセクション→
BE//HP改良に関するご意見ご要望などありましたら
遠慮なくお寄せくださいますようお願いいたします○
 
 ■小さいけれど○大きく育つヒント。
幸せ発電所→BEは実践的運命改良を提唱します○★★
見せかけだけの癒やしより心のDNAで運命を科学する BEハレ○
○清く正しく美しく//著名人を誉めたり貶したりしつつ自分を磨く頁です☆
BEHPは書体設定明朝体にしてご覧になられるのを推奨しています
 
BE●灯清く正しく美しく○幸せ発電所→
清く正しく美しく○幸せ発電所→清く正しく美しく○幸せ発電所→
BE●苺1BE●苺2