BE●BE●緑水
BE●苺1BE●苺2
熱意と心のDNAで運命を科学する 運命評論家●鳳積堂 BE
※「 緑  水 」はBEのコラムです☆
2 0 0 4 年(木申)●08月分// 緑   水
 
08月分一覧(2004年目次)
橋本龍太郎敗戦の弁●(2004_0801)
陣内貴美子金石昭人夫妻の路上荒らし被害●(2004_0801)
畑正憲の東京ムツゴロウ王国が害年完成●(2004_0801)
橋下徹の危ない5人目の子供●(2004_0801)
吉井和哉の夢の終わり●(2004_0805)
高樹沙耶のさめぬ夢●(2004_0805)
吉田拓郎の無様な疲労感●(2004_0805)
長嶋一茂の変わりゆく姿●(2004_0805)
辻希美加護亜依の悔し紛れ●(2004_0805)
近藤真彦に用意されていた美談●(2004_0806)
松浦勝人の濁った感覚●(2004_0806)
満員電車移動の櫻井翔が痴漢に遭う●(2004_0806)
かたせ梨乃仁科克基の26歳差以外の深い溝●(2004_0807)
hitomiがホサれている●(2004_0807)
堤幸彦の金10世界の中心で愛を叫ぶのお見事●(2004_0807)
成宮寛貴小栗旬の苦しい関係●(2004_0808)
戸田恵美子の気の迷い退職●(2004_0808)
窪塚洋介の驚異的回復力●(2004_0809)
高樹沙耶の回遊魚発言の虚しさ●(2004_0809)
矢井田瞳の新曲は馬と人参●(2004_0810)
一青窈も熱ければ靴をはく●(2004_0810)
忌野清志郎の子供自慢●(2004_0810)
角川春樹は総理と同一生年月日●(2004_0811)
東村山にお疲れの美山加恋が出現●(2004_0811)
石川梨華と美勇伝の不似合い●(2004_0812)
松井亮のソロプロジェクト始動●(2004_0812)
吉田栄作の懲りない歌手活動●(2004_0812)
YOSHIKIのglobe加入は期待薄●(2004_0812)
YUKIはソロでも変わらずYUKI節●(2004_0812)
椎名純平がベスト盤リリースの不思議●(2004_0812)
宮沢和史は地球の裏側で夢中になる●(2004_0812)
織田裕二矢田亜希子と月9という悲哀●(2004_0812)
Coccoの限定CDは本を買わないとダメ●(2004_0813)
岡村靖幸のしょぼいアルバム名●(2004_0813)
椎名林檎の自己弁護●(2004_0813)
鈴木亜美が故郷座間市に固執する無意味●(2004_0813)
林明日香の選ぶ不健全なライブ場所●(2004_0813)
中村江里子の母乳発言●(2004_0813)
INORANの格好いい表現力●(2004_0814)
及川光博連ドラ初主演の格好良くなさ●(2004_0814)
ソニンによさこいの女で広末越え期待●(2004_0814)
市川由衣の由緒正しきベスト盤●(2004_0814)
山田孝之の成長と金10世界の中心で愛を叫ぶ●(2004_0814)
小泉純一郎の本当に休んでしまう狂気●(2004_0815)
松本莉緒に残された時間●(2004_0815)
松嶋菜々子の五穀米で顔やせダイエット●(2004_0815)
広末涼子は仕事抜きでよさこい出場●(2004_0815)
デューク更家は昼からビール●(2004_0815)
南部虎弾モブ・ノリオにクレームつけてもね●(2004_0816)
加護亜依辻希美が何が「あぁいいな」だよ●(2004_0816)
元ちとせは息切れモードに負けていいのか●(2004_0816)
愚かな米倉涼子市川海老蔵の極秘旅行●(2004_0817)
伊東美咲のホストクラブ通いこそ低いスター意識だ●(2004_0817)
えなりかずきの女子大生鼠ランドデート●(2004_0817)
加藤あいは一般学生を遠ざける●(2004_0817)
柴田倫世の五輪中継のいーかげんさ●(2004_0817)
原宿ゲリラライブの堂本剛の激やせ●(2004_0817)
石原慎太郎はもっと緑化をすすめろヨ●(2004_0818)
槇原敬之は原点に立ち帰れ●(2004_0818)
松下由樹の大奥という逆らえぬ流れ●(2004_0818)
窪塚洋介にある夢のオファー●(2004_0818)
信田美帆が五輪コメントで生きてた●(2004_0818)
MCU武田真治の笑える夢の組み合わせ●(2004_0819)
birdの刺激的なvacationと髪をほどいて●(2004_0819)
テツandトモの冬ソナ何でだろう〜●(2004_0820)
I Wish川嶋あいと初共演で萎むな●(2004_0820)
谷佳知谷亮子に頑張らせたいのか●(2004_0820)
いまさら宇都宮隆原田真二と組む●(2004_0820)
藤本美貴は朝娘に相応しくないよ●(2004_0820)
矢沢永吉の紳士淑女の装いという玉年●(2004_0820)
小川直也が自ら唄うハッスル音頭●(2004_0820)
長山洋子の矛盾だらけの演歌人生●(2004_0820)
平尾昌晃三男の不向きな歌手デビュー●(2004_0820)
浜田省吾とポルノグラフティ岡野昭仁が強力合体●(2004_0821)
下北沢の女王小島麻由美に望むこと●(2004_0821)
綾瀬はるかが最高な金10世界の中心で愛を叫ぶ●(2004_0821)
窪塚洋介が超合金に変身●(2004_0822)
元ちとせの悲愴な内側●(2004_0822)
椎名桔平の自宅地階は犬専用だって●(2004_0822)
曽我部恵一の自爆音源●(2004_0823)
根食真実の再デビューに上戸彩がエール●(2004_0823)
24時間マラソンで杉田かおるが存在誇示●(2004_0823)
雑誌PINKYと鈴木えみの魔力●(2004_0824)
長渕剛の60年に2年だけある至福の時●(2004_0824)
メロン記念日の過去と進化●(2004_0824)
浜口京子の邪魔になるアニマル浜口●(2004_0825)
吉田沙保里の引力本能と金メダル●(2004_0825)
野波麻帆はRIP SLYME ILMARIに騙されてる●(2004_0826)
中畑清の無責任なアテネ敗戦の弁●(2004_0826)
中居正広にキレる久保純子の低次元●(2004_0826)
男児出産の石黒彩に忍び寄る不運●(2004_0826)
紺野あさ美の写真集という気分転換●(2004_0826)
柴咲コウの着うた大ヒットという苦痛●(2004_0826)
持田香織井上陽水の夢の競演●(2004_0826)
市川染五郎の歌舞伎にこだわる決意●(2004_0827)
森田彩華が経産省PRキャラクター●(2004_0827)
Lead SHINYAの台湾ストリートライブ●(2004_0827)
一青窈が映画『珈琲時光』に主演●(2004_0827)
バービーボーイズ 杏子KONTAの一時的和解●(2004_0827)
一撃必殺サンボマスター今だけ●(2004_0828)
野村義男のソロデビューアルバム復刻●(2004_0828)
綾瀬はるかの根性と金10世界の中心で愛を叫ぶ●(2004_0828)
有田哲平が干合年で弱気発言●(2004_0829)
小堺一機がクビの癌から復帰●(2004_0829)
関ジャニ8が近藤真彦と演歌で刺激●(2004_0829)
UAのインド製グッズ不出来の言い訳●(2004_0829)
平野眞の天冲殺婚なのに江角マキコ害年妊娠●(2004_0829)
小倉弘子のニュースキャスター抜擢●(2004_0830)
藤井フミヤの故郷の歌を無償作曲する奉仕●(2004_0830)
桂三枝が気にする堀内孝雄の密着●(2004_0830)
行定勲の金10世界の中心で愛を叫ぶ●(2004_0830)
室伏広治が繰り上げ金メダル●(2004_0831)
和泉元彌の消えてなくなる裁判沙汰●(2004_0831)
小泉今日子は裏方が見合う●(2004_0831)
 
■2004年08月01日(海子)
橋本龍太郎敗戦の弁
■派閥は退会、小選挙区からも立候補せず。
でも比例区からはお役にたちたいというのが、
1億円の献金をうけながら、なかったことにしていた、
純正火性天干一気の
橋本龍太郎(37-0729/灯巳)元首相の敗戦の弁。
生年冲殺だって、晩年の10年運天冲殺は要注意です。
しかも、DNA「司」では、お金にまつわる話で幕引きは当然ですね。
一説には逮捕を逃れるための、苦汁の決断という説もありますが、
一応、今年(木申)は、準ラッキーカラー年ということで、
木性に支えられているのですから、無理をしないというハラなのでしょう。
旧橋本派(経世会)は、故・
竹下登(24-0226/草亥)元首相が、
田中真紀子(44-0114/灯丑)の父親である、
故・
田中角栄(18-0504/宝亥)元首相に、弓をひく形で生まれましたが、
くしくも、ご両人の害年で終焉を迎えます。
陣内貴美子金石昭人夫妻の路上荒らし被害
■30日(鉄戌)午後11時頃、元プロ野球選手の金石昭人(60-1226/山子)と、
スポーツキャスターの
陣内貴美子(64-0312/鉄申)夫妻所有の車の窓ガラスが破られ、
40万円相当の腕時計などが入ったバックが持ち去られたそうです。
貴重品をおいたまま、路上駐車するのも論外ですが、
今年(木申)は、金石の条件なし天冲殺明け、陣内のDNA「禄」年。
ルールを無視すれば、簡単に事件に見舞われます。
被害日は金石の天冲殺+害月でしたが、
子丑天冲殺が年上の午未天冲殺と結婚した
逆縁夫婦への警告現象は、いまだやまないようです。
入籍当初の01年(宝巳)には、強盗を二人で撃退したこともありましたが、
いい加減、気づきませんかね?
畑正憲の東京ムツゴロウ王国が害年完成
■近隣住民から移転反対運動がおこっていた「ムツゴロウ王国」が、
28日(山申)に東京あきる野市に完成。
畑正憲(35-0417/雨亥)の害年の干合支害日では、
懸念されている問題で、事故事件が起こるのは必至。
何事も無理は禁物ということですが、
汚染されてからでは、取り返しがつかないんですけどね!
橋下徹の危ない5人目の子供
■TVに雑誌に八面六臂の活躍をする、橋下徹(69-0629/草亥)弁護士の夫人が、
現在5人目の子供を妊娠中とか。危ない危ない。
何かが起こりそうな気配です! 
 
 
■2004年08月05日(陽辰)
PCのモニターが大きくなりました
■PCフルインストし直しによる、BEHPのお休みが終わりました。
どこが大きく変わったということはなく、いくらか処理が速くなったのと、
モニターが大きくなったので、気分は悪くありません。
本人は大掃除と資料整理。
とはいっても満足ではありませんが・・・。
今後ともよろしくお願いいたします。
吉井和哉の夢の終わり
■89年(畑巳)結成で、01年01月(鉄辰の最後)に活動休止していた、
ザ・イエロー・モンキーが、
吉井和哉(66-1008/鉄子)の、
宿命にない木性年の害月に解散宣言。
昨年(雨未)のダメージカラー害年よりソロ転向の吉井ですが、
条件なし天冲殺スタートのじり貧さを物語る結末です。
時期を間違えると、最後は華になりませんね。
高樹沙耶のさめぬ夢
■10年運「26歳雨亥」のダメージカラー害を抜け、
00年(鉄辰)の条件なし天冲殺にハワイに移住し、
現地の日本人水中写真家と実質婚を送っていた
高樹沙耶(63-0821/陽申)が、
DNA「龍」の改良改革年で、ようやく目覚めて帰国。
デビュー当時所属していたオスカープロモーションに復帰するとか。
フリーダイビングの第一人者として期待されているそうですが、
いくらラッキーカラー的なことでも、夢のなかでかかわった遊びのようなもので、
これから食べていこうというのは、甘すぎませんか?
「卯」年生まれ「陽申」は、内外シーソーの呪縛からは逃れられません。
異性と学んだことは、藻屑かも知れないということを、認識したほうが良いでしょう。
吉田拓郎の無様な疲労感
■年支VS日支害の表裏人間ながら、「戌」年生まれ「畑酉」が正直という性癖のため、
疲労感一杯の
吉田拓郎(46-0405/畑酉)が、
名誉の年(木申)の名誉の日(3日/木寅)に、公演中に倒れたそうです。
自然界から幕引きを宣告されたようなものです。
伴星「鳳」。のんびりやってもらうしかありません。
長嶋一茂の変わりゆく姿
長嶋茂雄(36-0220/海申)監督が、五輪に行けないとわかった途端、
息子の
長嶋一茂(66-0125/木申)司会の
昼の低視聴率番組『はぴひる』打ち切りを発表したTBS。
間が悪いのはどちらかわかりませんが、人生の折返し地点(律音)で、
こんな調子だと、あの程度でも上昇していたのかと、思われてしまいます。
午未天冲殺が年下女性と一緒になったツケというものも多分にあるのでしょう。
辻希美加護亜依の悔し紛れ
■モー娘。(草亥)に、条件なし天冲殺参加で、
火性天干一気の
辻希美(87-0617/灯酉)と、
条件なし天冲殺明けで、金性ゼロで野人並みの
加護亜依(88-0207/海辰)が、
「メンバーのみんなは仲間であり、家族でもあり。命くらい大切な人たち」と発言。
優等生的発言は悪くないのですが、それでも、リストラされてしまうのです。
5年後とはいわず、2年後にはこの世界にいないかも知れませんね。
これだけ早く燃焼してしまうと、あとの人生は余力なのでしょうか・・・。
読者メール●灯亥
■「新規開店の会員募集はぼちぼちです。
当初ティッシュ配りで街頭の方にアピールする予定でしたが、
いきなりティッシュがなくなって急遽ゴミ拾いをすることに。
でもそれがかえって好印象を与えているようで、
警察のパトロールの方や民間のパトロール組織の人たちに、
『お疲れ様』と声をかけて頂けるようになりました。
ゴミ拾いは自分も気持ちよくなるし、街もきれいになるし良いですね!」
そりゃ良かった。こちらを率先してやるべきだし、BEではいつも推奨していることですよね。
使われもしない質の悪いティッシュを配っても、昨今は意味がないし、通行の邪魔。
街頭でティッシュを配ったり、キャッチセールスをするのをすべて法令で禁止すべきだよ。
あるいは、ゴミ拾いなど一定の奉仕活動をしないと配っちゃいけないとか(笑)。
おそろいのTシャツでもきて、街の浄化にはげんだほうが、
よほど店の宣伝になると思うし好感度UPですよね。
 
 
■2004年08月06日(灯巳)
近藤真彦に用意されていた美談
■ジャニーズ事務所の金喰い虫&白蟻の近藤真彦(64-0719/畑巳)が、
遊びに出かけていた和歌山県白浜沖で、漂流していた小学生を人命救助。
ヒマなんですね〜と言えばそれまでだけど、
さすが干合支合年では、しっかり役割発揮という場面に出くわすものです。
水上バイクに近づき、あとは飛びこんで助けるなんて、
往年の映画俳優みたいで、一応格好をつけてます。
松浦勝人の濁った感覚
■今一番知りたいのは、エイベックスグループの「相反取引の内容」。
興味本位な浜崎関連の報道はもういいから、こちらをしっかり掘り下げるべきだよね。
なんでも会社のお金15億円を夫人名義の口座に、
架空経費として迂回させ横領したという疑惑でしょ。
そういう怪しげな輩が、なんだかんだと賞賛されるのって、
相当おかしいと思うのが、普通の神経じゃないの?
経団連会長まで夢見た金性天干一気の
依田巽(40-0527/鉄午)がもうろくしたのは、やむをえないとして、
エイベックス内部の悪の巣窟は、国税は興味ないのかね。
国内シェア1位のこの会社は、今年10月1日(雨丑)に新会社に移行するらしいですが、
ラッキーカラーなしの野人なら何でもやっていいのだろうか?
このままの体制で新しいことが出来ない
MAX
松浦勝人(64-1001/雨未)にも、やっぱり期待できませんね。
満員電車移動の嵐櫻井翔が痴漢に遭う
■読者メール「海寅」→
「嵐(畑未)は、夏のコンサートが4日(草卯)にスタート。
その初日に
櫻井翔(81-0125/山申)が、
電車のなかで、おじさんの痴漢に遭ってしまったそうで、お気の毒に!」
無表情のまま、小指と小指をからましてきたんだろ。
宿命に木性ゼロで、男性的な部分(車/牽)がないのだから、しようがないよ(笑)。
今年(木申)は、自尊心がテーマ。
当日は、宿命にない木性の天冲殺日で、「木」(異性)ではなく「草」という点がミソだな。
条件なし天冲殺中にとった免許で、
クルマを乗り回している
松本潤(83-0830/鉄寅)に比べたら、
横浜まで電車で入った櫻井は、またまた好感度アップかも。
ところで、そのオジサンは、嵐の櫻井としっての狼藉かね(爆)。
感じの良い櫻井のことだから、ビビっても笑ってすませたのだろうね。
ファンを大切にするのは、微笑ましい。
それにひきかえ「何故か痴漢と間違えられるんですよ」と堂々と発言してしまう、
大野智(80-1126/雨卯)の勘違いというか、イケてなさは相変わらずだね。
10年運は妥協の害、さらに火性ゼロ(DNA龍/玉なし)野人でも、
わきまえた櫻井は、やっぱり素晴らしい?
 
 
■2004年08月07日(山午)
かたせ梨乃仁科克基の26歳差以外の深い溝
■26歳差の恋愛? かたせ梨乃(57-0508/鉄辰)の現在の相手は、
いわくつきの
仁科克基(82-0902/山子)。
共通干支も何もなく、仁科は異性理解不能の午未天冲殺。
しかも木性ゼロ(DNA車/牽なし)の遊び人(鳳主導)。
頼まれたのか、興味本位か知らないけれど、生年冲殺にしては、情けない話題じゃないの?
株価操作の黒幕
■露骨な株価操作があったのではないかと見られるエイベックスお家騒動の仕掛け人は、
バーニングの
周防郁雄(41-0111/畑未)社長との噂。
(avexは)ショップからの返品に一切応じてこなかったトラブルも抱え、
なんだか怪しい雲行きのようです。
hitomiがホサれている
■一昨年(02年/海午)の干合支害年に元ラッパーと結婚したhitomi(76-0126/灯丑)が、
ラッキーカラー天冲殺でも、ホサれているとの噂。
生日冲殺、受け身の人生。運型貧困で10年運も貧弱なわりには、これまで頑張りすぎ。
新体制のトップ
松浦勝人(64-1001/雨未)とソリがあわないのだし、仕方ないね。
金10世界の中心で愛を叫ぶ堤幸彦お見事
■読者メール「海寅」→
「サクちゃん、病院にチャリンコで駆けつけるのはいいけど、
玄関のまん前じゃなくて、普通横とかに停めると思う!」
自転車は非常に重要なアイテムになっていますね。
必死さが伝わってくるし、大目に見てあげてください(笑)。

「アキの写真はどれも素敵に写っていて、一瞬が切り取られてるって感じがしますよね!」
デジカメにはない被写体と撮影者の気の交流があるのでしょうね。
昨日のサクは、皆んなと一緒に病室に入らず、
外で格好をつけていたシーンが印象的でした。
そこでのアキの父親との会話。
わだかまりは解けていないのだけれど、
虚しく無力な父親と必死に希望をたぐりよせようとするサクの微妙な思いが交錯する。
堤幸彦(55-1103/山辰)演出も見事でした。
 
 
■2004年08月08日(畑未)
成宮寛貴小栗旬の苦しい関係
■さいたま市の彩の国さいたま芸術劇場で、
上演中のシェークスピアの『お気に召すまま』は、出演者全員が男性俳優という異色舞台。
男装もするヒロインのロザリンドを演じる
成宮寛貴(82-0914/鉄子)だけれど、
さすがナルシストの「鉄子」らしく、ハッとする美しさ。
木性ゼロ(DNA禄/司なし)だから加工しやすそうだね。
男としてはどうにも許せん顔だけれど、案外こちらはありかも(笑)。
でも、相手役が害の関係の
小栗旬(82-1226/雨未)で、絵にはならないよ。
戸田恵美子の気の迷い退職
■『ジャスト』(月〜金14時)のニュースコーナーなどを担当する、
TBSの
戸田恵美子(64-0908/鉄申)アナが、
93年(雨酉)に結婚した夫の脳外科医は賛同していないそうですが、
2児の子育てに専念するため、9月末で退職するそうです。
戸田は、エネルギー189点。
子丑天冲殺とはいえ、少々パワー不足の面がありますが、
ラッキーカラーの火性ゼロ(DNA車/牽なし)の野人なのですから、
この決意はあまり誉められたものではありません。
10年運も現在は「31歳畑巳」の最後の最後(接運)。
DNA「玉」に目覚めたのでしょうが、だったら遅すぎます。
来年(草酉)の干合年からは「41歳山辰」の改良改革。
なんだか気の迷いだけを感じます。
あとは野人らしく、子供をたくさん産むのでしょうか?
火性ゼロ=仕事には無縁では、あまりにもそのまんまで、子丑天冲殺が泣きますよ!
読者メール●海寅
■「今日はお墓掃除をしてきました。まだシーズン前なので、
墓地には枯れたお花ばかりでちょっと怖い。
しかし、たまに造花をさしてあるお墓が、あるのですが、これは変ですよね〜?」
変というか、ご先祖さまを敬う気持ちがありませんね。
お正月(立春)の反対側がお盆なのですが、
難しい説明は抜きにして、これは自然界のしきたりというか、ひとつのルールなのです。
お花を飾ったり、お線香をたくにも意味がありますが、
人間として自然界に向き合い感謝するという、
普通の気持ちを持ち続けることが、大切なことなのです。
 
 
■2004年08月09日(鉄申)
またまた東京メトロが事故
■またまた東京メトロ(鉄戌)で、火災事故(丸の内線赤坂見附駅)。
原因は配線の老朽化だって・・・。どうも、煙がでるのばっかり。
つまらない事に金かけてないで、大切なことを忘れてるようですね。
銀座線なんか、もっとも旧いんだから、大丈夫だろうか。
こんな調子じゃ、本当に9月は怖そうです!?
三井住友がUFJにちょっかい
■三井住友がUFJに東京三菱を上回る7千億円の結納金を用意。
しかも対等人事というオマケ付き。こんないい話はないけれど、皆んな「うそ」。
天冲殺が明ければ反故にされる。
もちろんアヤのついた最初の縁談も、天冲殺中の自己発揮で実りなし。
こういう時は公的機関の指示を仰ぐしかなくなる。
やっぱり鎖国がいいかも
■アジア杯連覇に中国人サポーターが大暴動。
たかがスポーツ、されどスポーツ。
太古以来の歴史は、日本が外国にでていって勝ち進んだ結果、かえってツケをはらわされた。
ロシアへも、朝鮮半島へも、中国へも、東南アジアへも。
未だ固有の領地さえ返還かなわないありさま。
内面の充実が不足していることを補うために、外へ眼を向けてもしかたがありませんね。
やはり鎖国がいちばんいいんじゃないの(笑)。小泉サン!
窪塚洋介の驚異的回復力
■ICUから特別室A、さらに特別室Bへと、
経済状況を反映するように病室のランクが下がる
窪塚洋介(79-0507/木戌)ですが、
驚くほどの回復力だそうです。
そりゃそうです。夢のなかなのですから、力まねばいいのです。
まだまだ、必要とされてるね。
高樹沙耶回遊魚発言の虚しさ
■条件なし天冲殺でハワイにわたり、
8000坪の土地と一軒家を購入した
高樹沙耶(63-0821/陽申)。
当然、利用しつくした相手に、あげたんでしょうねえ。
何が回遊魚だか知りませんが、天冲殺で遊びつくし、
心の次元をあげなかった人は、戻ってきても著しいイメージダウンをもたらすだけです。
内外シーソーだし。
 
 
■2004年08月10日(宝酉)
矢井田瞳の新曲は馬と人参
■60年に一度のラッキーカラー条件あり天冲殺が明けて、
出がらしかと思われる
矢井田瞳(78-0728/宝卯)。
秋発売予定の新曲のタイトルは『馬と人参』。
「ある朝起きて、頑張っていかなあかんなあと思ってつくった曲です」
とコメントしていますが、今年のDNAは「司」で堅実無比。なんだかねー。
伴星「鳳」。主導DNA「龍」の彼女には、およそ似つかわしくありません。
一見地味そうに見えますが、「司」はなし。
違うって。
頑張らずにいかないと、来年から10年運干合支害です。気をつけないとね!
一青窈も熱ければ靴をはく
■夏の野外フェスティバルのステージは熱くなってるから、
裸足で頑張ると足の皮がはりついて悲惨なことになるらしいです。
だから
一青窈(76-0920/草亥)も靴はいてお仕事。
大阪城公園のヤイコ(宝卯)はどうだったんだろうね?
忌野清志郎の子供自慢
■お気楽そのものの忌野清志郎(51-0402/海申)は、
娘の小学校卒業謝恩会でもライブやったとか。
「娘と友達の交換日記を時々盗み見てるんですけど、
友達が『お父さんかっこよくていい』って書いてるのに、
本人は『チョー恥ずかしい』って・・・」嘆くことしきり。
あげく、息子は高校に入ってから(清志郎の子供とは)完全に隠してるようで、
「つらいもんがあるんじゃないスか」だと。
火性ゼロ(DNA禄/司なし)の野人なんだし、
いくら今年(木申)は子供に気がいく年とはいえ、意識するからおかしくなる。
盗み見るより、見せられるような環境づくりも必要かも。
10年運天冲殺とはいえ、干合支害(39歳灯亥)で出来た家庭と子供です。
期待してはいけませんね。
 
 
■2004年08月11日(海戌)
群馬県伊香保温泉の偽りの理由
■群馬県伊香保温泉では、水道水や井戸水を湧かし、
温泉と偽って営業をしていた旅館が多数あったとか。
源泉に色気がないので、他場の温泉で色づけしていた長野県白骨温泉なんかは、
かわいいものですね(笑)。だって、伊香保の例は詐欺というより犯罪ですよ。
嘘偽りをこれまでやってきた者どもは論外ですが、
これまで利用者があまりにも鈍感ではなかったかという疑問も湧きます。
いくらなんでも、普通のお風呂と温泉じゃ、体感が違うのではありませんか?
温泉は何か身体の芯に訴えるものがありますよね。
ところで、源泉をひけなかった理由ですが、「経済的理由」もあったようです。
そもそも職業選択に、誤りがあったのではありませんか(嘆)。
角川春樹は小泉純一郎総理と同一生年月日
■麻薬取締法違反などの罪で約2年半服役し、
今年4月に仮釈放された
角川春樹(42-0108/宝酉)元角川書店社長が、
私財15億円をなげうち映画『男たちの大和/YAMATO』の企画発表にのぞみました。
9日未明に母親をなくされたそうで、「この映画が私の遺書」だそうですが、
今年(木申)は、宿命にない木性年で、DNA「司」。なんか違うような気がしますね。
俳人としても有名なばかりか、かつては一大文庫ブームをおこし、
76年(陽辰)の干合支合年には映画界に参入し、
『犬神家の一族』『人間の証明』『セーラー服と機関銃』『蒲田行進曲』などで、
大成功をおさめた御仁ですが、近年のよれぶりには、心の弱さが感じられました。
この人、人生いろいろの、我が国の総理大臣と生年月日は同一です。
東村山にお疲れの美山加恋が出現
■読者メール海寅→「今日は東村山で唯一?見られる芸能人、
子役の
美山加恋(96-1212/雨未)ちゃんが、お母さんとご来店♪」
子子未で、条件なし天冲殺かー。2歳からの変剋律だけが特長と言えば特長。
2害持ちで病的。ひたすらやらされているという感じだね。
不憫以外の何ものでもない。どこにでもいる感じの顔だしね〜。
で、どんな格好をしてた訳? それがないとなー。
「BEでは全く話題にならなかった、つよぽん(宝亥)主演『僕と彼女と彼女の生きる道』で、
娘・凛ちゃん役をやった子です。
前に店に来た時は、ドラマ放送中だったので、従業員一同大盛り上がり。
今日は暑くて疲れてるらしく、おとなしかった。お母さんとは全然似てません!」
って、それだけかい? 単純に昨年が律音。この2年が天冲殺。それだけのことでしょ。
今後には期待できないし、これといった売りがある訳でもなんでもないから、興味ないって。
しかし、どうせなら、何を買ったとか、服装とか書けることはいっぱいあるでないのかい(笑)。
 
 
■2004年08月12日(雨亥)
石川梨華と美勇伝の不似合い
■「モーニング娘。」(草亥)を来春卒業する、石川梨華(85-0119/山午)が、
新人2人とともに新ユニット『美勇伝(びゆうでん)』を結成し、
9月23日(草巳)にシングル「恋のヌケガラ」で、デビューすることになりました。
ユニット名は日本の伝統的な美を伝えたいとの思いから名付けられたそうですで、
「今までにない、新しいイメージのユニットにしたい」と石川は意気込んでいるようですが、
このデビュー日では、DNA「車」主導の闘争本能ばかり目立ち、格好ばかりです。
日本的な美しさなら「玉」ですが、その香りはなく、
せいぜい恋の暴走特急のイメージしかありません。
つんく♂(68-1029/海申)も
「日本の女性が受け継いできた美しい心と容姿。日本の女性が掲げ続けている、
勇ましい精神といでたち。彼女たちが次の世代に、
その“日本の女性のすばらしさを伝えていくのだ!”という思いを込めた」
とコメントしていますが、静御前より巴御前が似合うという雰囲気で、なんか下手ですね。
松井亮のソロプロジェクト始動
■同じ9月23日(草巳)デビューなのが、
純正水性天干一気the brilliant greenのギタリスト、
松井亮(72-0211/海申)のソロプロジェクトの『meister』。
デビューシングルは「I want you to show me」。
ま、いいのではないですか。
ブリも無期限活動停止中みたいなもんだし、松井は、DNA「車」主導なんだから。
吉田栄作の懲りない歌手活動
■88年(山辰)に「タカキューナイスガイ・コンテスト・イン・ジャパン」で、
グランプリを受賞し、同年映画『ガラスの中の少女』で、
後藤久美子(74-0326/陽寅)の相手役でデビューした、
吉田栄作(69-0103/山寅)が、条件あり天冲殺年らしく、
歌手活動を9年ぶりに再開させ、「〜Chapter2 2004 夏〜」というコンサートを、
8月15日(陽寅)に表参道FABで行うそうです。
生年冲殺のくせに95年(草亥)に米国に武者修行をしにいった情けない人ですが、
「音楽が僕にとって“帰る場所”に思えた。
僕の原点は音楽でもある。その時の“ロック魂”は消えないものなんです」
と訳のわからぬことを言っています。
歌手デビューは89年(畑巳)の「どうにかなるさ」で、害年スタートです。
今年(木申)は、条件あり天冲殺に加え、月干支の大半会に、日干支の天剋地冲。
いい加減ズレに気づいて、DNA「司」主導らしく、真面目にやらないと
次旬「41歳畑巳」の害は辛くなります。困ったものですね!
ところで、タカキューって、まだあるのだろうか?
最近、新宿行かないしな〜。
YOSHIKIのglobe加入は期待薄
■globeが2年ぶりに全国ツアーを復活させるも、
YOSHIKI(65-1120/山寅)の加入は、1年後。
そんな先のことなんか、誰も信じられない。
今年(木申)は、条件なし天冲殺とはいえ、
年支VS日支の害切れで、日干支の天剋地冲付なんだから、
やるなら今しかないのにね。
YUKIはソロでも変わらずYUKI節
■山寅と言えば元JAMYUKI(72-0217/山寅)が、
シングル「Home Sweet Home」を8月18日(畑巳)にリリース。
安心できるというか、相変わらずのYUKI節。
でも、日が悪いって。
ライヴ・ツアー『Sweet Home Rock'n Roll Tour』も2年ぶりに開催。
出産をしても、金性ゼロ(DNA鳳/調なし)のためか、
あるいは夫があまり働かないのか、
条件なし天冲殺の天剋地冲年で動き回るのは、大変だね〜。
椎名純平がベスト盤リリースの不思議
椎名純平(74-0806/畑卯)が、
初のベスト・アルバム『Rhodes to Freedom』を10月にリリース。
ベストって「何かヒット曲あるの?」と思わず突っ込みたくなってしまう・・・。
条件なし天冲殺の干合支合月のリリースも水性ゼロだから、
ようやく水性天冲殺月で決まったんだろうけど、
それより天ぷら油の不始末による火事は、どうなったのかが気になる。
宮沢和史は地球の裏側で夢中になる
THE BOOM宮沢和史(66-0118/灯丑)は、サンパウロ公演で大好評。
条件なし天冲殺でも、10年運「34歳草酉」は年干支「草巳」を大半会するし、
DNA「龍」を使うのが、彼の生き方なんだね〜。
織田裕二矢田亜希子と月9という悲哀
■10年運「32歳山申」のラッキカラー害の織田裕二(67-1213/宝亥)が、
91年(宝未/大半会)の『東京ラブストーリー』以来13年ぶりに月9に登板。
10月スタート枠で、その名も『ラストクリスマス』。
相手役は、月支VS日支害持ちの子丑生月冲殺の
矢田亜希子(78-1223/畑未)。
一応ラッキーカラー半会でも子丑じゃね。
もう彼の時代じゃないのは明白なのに、
よりによって、DNA「司」の害年にやらされるなんて、かわいそうにねー。
 
 
■2004年08月13日(木子)
Coccoの限定CDは本を買わないとダメ
■沖縄でゴミ撲滅運動にたっているCocco(77-0118/草亥※)が、
音楽活動のかわりに8月15日(陽寅)に「南の島の星の砂」を出版。
限定CD『ガーネット/セレストブルー』を、
購入するための特別応募用紙が封入されているとか。
なんだか、面倒くさいなー。
岡村靖幸のしょぼいアルバム名
桜井和寿(70-0308/灯亥)や綾小路翔(76-0426/山申)らに
リスペクトされている
岡村靖幸(65-0814/鉄子)が、
9月1日(雨未)に9年ぶりのオリジナルアルバムをリリース。
生年冲殺が10年運天冲殺のおまけ付きの運型なのにちょっと格好つけすぎ。
(10年運)初旬害が微妙に影響してるのかもしれないけど、
アルバムタイトル『Me-imi』は、Me(自分)とimi(意味)の合体だって。
本格的活動再開の待望論盛りあがってるんだけど、なんかショボクないか?
椎名林檎の自己弁護
椎名林檎(78-1125/宝卯)曰く
「今にして言えることは、1stアルバムから3rdアルバムまでは、
私にとってバンドでやるためのプレゼンテーションだったっていうことです」
これは現在を正当化するためね。
「『勝訴ストリップ』くらいまでは、何か新しいジャンルに聞こえてはいけない、
みたいなことを、気を付けていたかもしれない。
かといって、自分の中に自分だけの圧倒的な世界があるとは思っていないんだけど、
かみ砕く際に皆さんが知ってる何かに近づけなければ、
誰もいいとは言ってくれないというか、
みんな “〜みたい”って言いたいんだなとは思ってましたね」
ったく疲れるな〜。だから、わかんないんだって、
そういう面倒なことを言ってウケるのは、年寄りだけだよ(笑)。
鈴木亜美が故郷座間市に固執する無意味
■懲りない天干一気子丑天冲殺の鈴木亜美(82-0209/雨亥)が、
4年ぶりにツアーをやるとか。
「私が育った座間(神奈川県)からスタートします」というくらいなら、
市をあげての応援でも期待したいところだが、縁を感じているのは本人だけ(笑)。
「セクシーでもあり、かっこよくもあり、かわいくもあり」という発言は、
もう勘違いどころか唖然。どうせ開き直るなら、生き方も見せ方も考えたほうがいい。
伴星「禄」なのに、未だ自分のことだけで、奉仕活動をしたという話は伝わってこない。
天干一気でも、塩分満載の河口付近の川は、薄汚れたままですね。
林明日香の選ぶ不健全なライブ場所
■土性天干一気で内外シーソーで、
条件なし天冲殺デビューの
林明日香(89-0528/山子)が、
U-15対象にチケット代1500円、午後4時開演40分ステージのライブを23日(木戌)に予定。
場所は渋谷のO-Eastで、明らかにロケーションが悪い(笑)。
もっと健康的な場所で、無料にしたほうが良さそうです。
中村江里子の母乳発言
中村江里子(69-0311/草酉)の最近の発言から
「私は母乳をあげていますが、フランスでは9割近くの友人が生後すぐから粉ミルクです」
だって。フランス人の9割でないところが、みそ(笑)。
交際する友人に問題があるのか、それとも別に理由があるのかわからないけど、
自慢することなのか。
水性ゼロ(DNA龍/玉なし)は、何事も偏りだけれどね。なんだか、大変そうです。
習得期には自然を取り戻せるかな
■暑さと湿気に負けている訳にもいきません。
根をつめてPCに向かっているため運動不足顕著。
恒例の漢方医通いですが、行きに原宿で途中下車。
原宿・代々木間の森(明治神宮)のなかを散策。
さすが懐の深い森は、緑の香りがして良い気分です。
また、都心でこれほどまでの蝉の合唱が聴けるとは、呆然としました。
訪れたのは、何十年も前の深夜、初詣に立ち寄って以来のことですので、
実質初めてのようなもの。
観光客もそれなりに目立ちますが、飲食物の持込を一切禁止しているためか鴉の姿はなく、
池では川蝉を目撃しましたし、
花に群がる数十羽の青条揚羽の集団にもでくわしましたのは圧巻でした。
懐の深い緑さえあらば、まだまだ都心も捨てたものじゃないと、あらためて感じたものです。
なんとか東京に緑や里山を取り戻したく感じることしきりですね。
行政に積極的に取り組んでもらうしかなさそうですが、
頂点の頂点が「人生いろいろ」なもんで、2週間も堂々と休暇をとるようでは期待薄です。
いまは、ひたすら07年(灯亥)以降の、
理性的な時代の到達を、準備をしながら待つばかりです。
読者メール●木申
■「私が今日出合ったのは、雀でした。
帰りの電車の中に紛れ込んでしまい、ものすごい羽音を立てながら、
あちこちぶつかっていました。通過待ち合わせの中だったので、
しばらくドアが開いていて、ドアのそばまで行くのに、暴れているために、外へ出られない。
ジタバタしないで冷静になれば、外へ出られるのは、人間にも通じるなと思いました!」
夜活動する雀というのも、どこか狂気をたたえていますが、手をかせないですものね。
(寿命がせいぜい1〜3年という、雀の哀れ)
不自然でも、人間のつくりだした現象は過酷です。
わずかな大気の流れを求めて、ねぐらへ戻っていけたのでしょうか。
金性が強くなりすぎた現代には、余裕が全くありません。
自分のペースを崩さず、乗り切れる人が最後に笑えるのでしょう。
 
 
■2004年08月14日(草丑)
INORANの格好いい表現力
■6/23(雨酉)にFAKE? 3rd Album『THE ART OF LOSING TOUCH』をリリースした、
活動休止中の
Luna seaのギタリストINORAN(70-0929/海子)が、
8/19(鉄午)8/20(宝未)の「AKASAKA BLITZ」に続き、
10月12日(木子)から「LIQUIDROOM ebisu」でライブ3日間!
今年(木申)は、年支「戌」月支「酉」に対し秋の方三位が表側で成立し、
豊かな表現力が期待できる半会年。
10年運「33歳畑丑」は、DNA「牽」。
WEBへも行きましたが、とにかく格好いいです♪
及川光博連ドラ初主演の格好良くなさ
■歌手で俳優だか中途半端な印象をぬぐえない及川光博(69-1023/宝未※)が、
年支「酉」と月支「戌」のからむ秋の方三位成立のためか、
10/15(灯卯)スタートのテレビ朝日系金曜ナイトドラマ
『ミステリー民俗学者八雲樹(仮)」(金曜23:15)で、
連続ドラマ初主演することになったそうです。
漫画連載原作で滑稽さを誘う雰囲気。
日本古来の民俗学に基づく殺人事件を解決していく大学教授助手を演じるそうですが、
10年運も「35歳鉄午」のDNA「石」。
年運もDNA「司」で、こちらは格好悪そうです!
ソニンによさこいの女で広末越え期待
■よさこい祭りを全国PRする高知市の『よさこい親善大使』を務める
同市出身のタレントの
ソニン(83-0310/灯酉)が、DNA「玉」年を活かし里帰り。
8歳まで「よさこい」に参加。16歳まで7回踊っているそうですが、今回は5年ぶり。
「何も考えず、思いっきり楽しみ、皆さんと楽しい夏の思い出をつくりたい」とコメント。
おいおい、なんか考えてこいよ(笑)。DNA「玉」だし。
高知市は情けのないヒロスエ(海辰)に代わる郷土のスターを育てたいのでしょうが、
ちょっとショボすぎ。土性ゼロ(DNA鳳/調なし)では定着しづらいのです。
それとも「よさこいの女」でもリリースするのでしょうか?
1日警察署長じゃないんですから、もう少し気合いをいれて行きましょう!
市川由衣の由緒正しきベスト盤
■水性ゼロ(DNA龍/玉なし)のため昨年(雨未)一昨年(海午)は条件なしとはいえ、
60年に一度のラッキーカラー天冲殺で
相応の露出をした
市川由衣(86-0210/草酉)ですが、
今年(木申)は条件なし天冲殺明け+月干支天剋地冲で、
目下(TV/ラジオなどの)レギュラーはゼロ状態。
そんななかで害月の10/20(海申)に4thシングル(タイトル未定)と
11/3(陽戌)にミニアルバムをリリースことになったそうです。
アルバムはシングル全部入ったベスト盤。なんだか、卒業記念制作みたい。
「由緒正しきアイドル市川由衣」と書かれたWEBは、
なんだか閉店セールも行われない場末の用品店みたいで、もの悲しいです。
金10世界の中心で愛を叫ぶ山田孝之の成長
■読者メール「海寅」→
「山田くんの演技が、益々良くなってませんか?
医学書を持って行かなくて、話をはぐらかそうとするところや、
マスクを外せと言われて戸惑うところや、細かい演技が上手いですよね。
若い男子の不器用さがよく出てます。
『ちゅらさん』の時はひたすら可愛い印象でしたが、芸達者になった!」
天冲殺とは成長する時期です。
流れのなかで自分のやるべきことをしっかりやっていると、
自然が味方してくれるのですよ。
それをサポートしているのが共演陣でしょう。
両親はあの二人で大丈夫かなあと思っていましたが、いい味だしています。
特に
大島さと子(59-0917/海寅)は、
20年程前に浜田雅功(木寅)の奥さんなんかとオバカやっていた事を考えると、出色。
綾瀬はるか(85-0323/宝酉※)は見事に顔やせを実現し、
真剣さがうかがわれますね。

「綾瀬はアキ役の印象が強くて、今後どんな役をやっても比べられてしまうかも!」
いいじゃないの。この役は彼女のために用意されたようなものだし。
代表作にしちゃえばいいって。しかし、カワイソーだね。
まだサクちゃんに「好き!」って言われないんだよ(笑)。
宝酉は子丑天冲殺でも、存在感はあろうと威圧感はないという生まれ。
頭はいいのに、融通性が欠け、浮ついたところのなさは、適役なんですよ。
ところで、このドラマのカメラワークには、毎回感心させられるな。
空と海を効果的に、そして印象的に、徹底して美しさを追究してるもの。
今回も堤防のシーンは、二人の純粋さを良くあらわしていたね。
やっぱり、うまいよ!
読者メール●灯酉
■「私はオリンピック大好きです。だって車主導だもん。
見たい競技は体操と新体操とシンクロです。
でも新体操は年々コスチュームが華美になっていって、ちょっとヤだ!」
なんだかてんこ盛りで精神に反しているのじゃないの。
開会式が終わってないのに、競技はなしくずしに始まってるし、
お膝元ではドーピング逃れの選手が、逃げだして事故なんか起こしてるし。
せっかくギリシャでやるのだから、原点に回帰して、考え直せばいいのにさ。
それと戦争じゃないのだから、もっと個人競技にスポットライトがあたるべきかな。
でも、(当方は)生活のリズムを崩してまでもTV見るほどの気持ちはおきません。
 
 
■2004年08月15日(陽寅)
風流なき静寂
■東京は久しぶりの雨。高原の風とはいきませんが、過ごしやすそうです。
さすがの「りんかい線」や「湘南新宿ライン」も朝からガラガラのようで、
人々はお休みモード。アテネをTVで観戦している人が多いのでしょうか。
昔の人は「静けさや岩にしみいる蝉の音」。
BEHPはそんな風流なものはなく、無機質な静寂。
皆さんはPCも開かないのでしょうか(嘆)。
気抜けして笑うしかありませんが、ひたすら役割を全うしているといった具合です。
小泉純一郎の本当に休んでしまう狂気
小泉純一郎(42-0108/宝酉)首相は、
六本木ヒルズの映画館で『ディープ・ブルー』を観賞。
「素晴らしかった。海の迫力に圧倒されたよ」といつものように感激。
この後23日(木戌)まで都内ホテルに宿泊して長〜い長〜い夏休み。
アテネ五輪でもテレビ観戦するのだとか。
この人のすごい所は、本当に休んじゃうところ。
「頭を空っぽにして無為に過ごす」そうだけれど、
もともと生月冲殺で心が空っぽ。頭まで空っぽにされたら、日本はどうなるのだろうね。
冬の「宝」は見えない所で勉強するのだけれど、
2週間も休まないと身体がもたないとの見方もあり。
北は「いつでも調査委を受け入れる」そうだから、
お忍びでいかれても、良いのだけれど。
成果があれば松茸三昧でも、国民は許す!
松本莉緒に残された時間
■条件なし天冲殺+天剋地冲の松本莉緒(82-1022/山寅)が、
17日(山辰)開演の『BEAT POPS ”FIGHTING GIRLS”』にて、
初の主演舞台に挑むとともに、劇中歌『セラフィータの子守唄』で、
9月8日(鉄寅)に歌手デビュー。
たった2ヶ月ほどのボイストレーニングという付け焼き刃なのに、
「CD1枚で終わらないようにしたい」だと(笑)。
今だけのことだから、あまり真剣にならないほうがいいです。
未来の人間社会を描いた物語で、無人の筈の惑星にいた謎の美少女役という、
なんだかどーでもいい話。いったい誰が観るのか、気になる。
10年運天冲殺もあと僅か。最後の売り時だけれど、
途中引退騒ぎが微妙に影響して、中途半端な立場でしかないのが辛い。
松嶋菜々子の五穀米で顔やせダイエット
■出産でふっくらした松嶋菜々子(73-1013/海午)が、
CM復帰に向け、五穀米で顔やせダイエットに挑戦中とか。
今年(木申)は、DNA「鳳」の条件なし天冲殺。
のんびりと、子供のお世話をしていてください。
食べたいものを食べて、心の栄養をとる時期でもありますよ。
年支VS日支害持ちが、10年運も害です。
一過性のことをするより、自然にやってくださいね。
もとから顔はふっくらしてるんだから(笑)。
広末涼子は仕事抜きでよさこい出場
ソニン(83-0310/灯酉)が親善大使を務めた高知市の『よさこい祭り』に、
広末涼子(80-0718/海辰)が、実家近くの商店街チームの一員として参加。
お気楽というか立場がわかっていない?
何度も流れをSTOPさせた生月冲殺に、もう上昇は期待しちゃいけないけどね!
デューク更家は昼からビール
■生月冲殺のデューク更家(54-0414/鉄子)が、
「昼間でもちょっと外でビール飲んでるサラリーマンが増えたら、
日本はもっといい国なると思うよ」だと。
なりません!
 
 
■2004年08月16日(灯卯)
ピンクキティは埼京線に乗ってやってくる
■埼京線からは続々といろいろな人がおりてきますが、
どうみても二十歳近くの(雰囲気の)人がピンク色のキティ柄の甚平をきていると、
顔ではなくて、お召し物に目がいってしまいます。
今度は顔もしっかり見られるように、心の準備をしておきたいと思います。
移動祝祭日の変遷理由は何か
■「移動祝祭日」のスタート日をあらためて確認すると、
この2年間の不安定さや、今年に入ってからの変貌ぶりに納得するものがありました。
書いているのは当方でも、面白いです。
詳しくはいずれ皆さんなりの分析を加えてみてくださいね!
南部虎弾がモブ・ノリオにクレームつけてもね
■芥川賞を受賞したモブ・ノリオ(70-1116/鉄子)が、
自分のいでたちを真似ているのは許せないと、
電撃ネットワークの水性なしの野人・
南部虎弾(51-0714/草卯)が怒り狂っているとか。
確かに似てなくはないが、マネされるのは存在感のある証拠。
おいしくないだろうか。変人度合いは南部に勝るわけはないのだから良いと思う!
加護亜依辻希美が何が「あぁいいな」だよ
■モー娘。(草亥)をリストラされた加護亜依(88-0207/海辰)と
辻希美(87-0617/灯酉)のデビュー曲『あぁいいな!』は、
さすがラッキーカラー的な年だけあって、
辻がメインパートを歌っていますが、本当にこれがプロかというくらい、
音程は滅茶苦茶なうえ声も裏返っています(嘆)。
なまずが、どうのこうのという訳のわからない歌詞もそうですが、
いくらなんでも電波にのせるという代物ではありません。
どうか、普通の女の子になるつもりがないなら、
電撃の
南部虎弾(51-0714/草卯)に弟子入りでもしてほしいです。
辻希美(87-0617/灯酉)と、条件なし天冲殺明けで、
金性ゼロで野人並みの
加護亜依(88-0207/海辰)。
普通じゃいられないよ。
元ちとせは息切れモードに負けていいのか
■月支VS日支害の元ちとせ(79-0104/宝未※)が、
「しばらくの間、奥さんとお母さんという女性としての大切な仕事をしっかりやっていきたい」
と発言。一発大ヒットをとばした、害切れの一昨年(海午)は、とうの昔になりましたね。
のんびりやっていてください!
 
 
■2004年08月17日(山辰)
閑古鳥が鳴くアテネ五輪は邦人だけ大騒ぎ
■各会場で閑古鳥が鳴いている、アテネ五輪。
団体で押しよせて盛りあがっているのは、マスコミと一部日本人だけという虚しさ。
応援してほしいのは、生活苦にあえぐ一般庶民のほうです。
金メダルをとって、「超ウレシイ」としか発言できない肉屋の息子は、
もう少しメダルの重さに見合った知性も見つけてください。
それとも、その程度の軽さで充分なのでしょうか?
愚かな米倉涼子市川海老蔵の極秘旅行
■共通干支のない市川海老蔵(77-1206/灯酉)と米倉涼子(75-0801/畑卯)が、
ニューカレドニアに極秘旅行。ホテルのカジノでツーショットが目撃されたとか。
米倉は年支VS日支同一で、表裏なしというか、分別のない人だね。
条件なし天冲殺の干合年で、浮かれているより、彼女しか出来ない大仕事をすべきだよ。
金性ゼロ(DNA鳳/調なし)で、遊びが下手というか出来ないのだから、
無駄な逢瀬にいつまでも時間をさいているのは、愚かなことですよ!
伊東美咲のホストクラブ通いこそ低いスター意識だ
■歌舞伎町のホストクラブに通う伊東美咲(77-0525/海午※)が、
性格の悪さからホストに悪評とか。
どんなお客様でも、もてなすのがホストじゃないのか(笑)。
もっとも、売れて金が入ると、すぐそういう散財しかできない、
低級芸能人が多いのも困りもの。
おっと319点のエネルギーでも、水性5点の虚勢人。
ただのバブリー夏生まれには、10年運天冲殺を活かせず、
今年(木申)は、DNA「鳳」の遊び年でしかないようです。
えなりかずきの女子大生鼠ランドデート
■成城大学在籍中のえなりかずき(84-1109/灯未)が、
美人女子大生と東京鼠ランドでデートの噂。
今年(木申)は、DNA「玉」で古都廻りのほうが、性にあっているのでは?
そう言えば、ひと頃より露出も減った。
年支VS日支害の表裏ありなんだから、目立つところに、行くのはヤメましょうね!
加藤あいは一般学生を遠ざける
加藤あい(82-1212/畑巳)と同じ大学に通っている学生が、
思い切って話しかけると「どうして私があなたと話さなきゃいけないの!」
とキレまくられたとか。そりゃ本人じゃなかったんでしょう(爆)。
生月冲殺が嫌なら、気配を消さなきゃダメだと思うぞ☆
五輪中継・柴田倫世のいーかげんさ
■読者メール「灯亥」→
「オリンピックは盛り上がってるのでしょうか? たまたま日テレの中継をみましたが、
さんま(雨亥)がまるでお遊び気分で中継していて、なんだこりゃという感じでした」。
その人は思いっきり、今年(木申)害でしょ。しかも害月です。
金性ゼロで理性のない人ですし、夏生まれですから、汚染されているのですね。

「選手の真剣さとさんまと柴田倫世(74-1223/山戌)アナのいーかげんさに、
なんかオリンピック自体が、どうでも良くなってしまいました。
ていうか最初からどうでもいいかも!」
五輪に目を向けさせ、もっと大切なことを忘れさせているだけですね。
北が動きが悪いと見たら、ロシア訪問までちらつかせている首相には
期待できないのはわかっているけれど、
せめて働いているふりでもしてもらわないと困ります。
ヒマなら、まだアテネに出かけたほうが、許されるかもな(苦)!
原宿ゲリラライブの堂本剛の激やせ
■読者メール(海寅)→
堂本剛(79-0410/灯未)が原宿でゲリラライブ。
何に驚いたって、痩せてるじゃないかー!
二の腕プヨプヨ、肩まん丸、お腹もヤバかったのに、
引き締まって逆三角形になってるよ!」
金性ゼロ(DNA禄/司なし)で、思いっきり自分のことだけの人だからな。
それでも、準ラッキーカラー年の、6月(鉄午)7月(宝未)あたりで、
せっせと頑張ったわけじゃないの。
6分くらいノコノコとでてきてビルの屋上でやっても、
存在証明だけで、彼のファン層はもっとずっと上でないのか?
今年は嵐(畑未)が、そういう方向性でやってほしいのだけれどね。
エラソーに見下ろすのではなく、地に足つけてやってくれ〜という感想。
高所恐怖症の当方にはマネできないけどさ(笑)。
BEHP移動祝祭日緑水の考察
■読者メール(木申)→
「私の手元にある移動祝祭日の最古日付は、99-0603/陽戌でした。
これが正しいとすると、宿命にない水性の条件なし天冲殺の2年間を経て、
年干と月干「畑」の干合年の今年(木申)に、方向の変化があったということなのですね?」
「貫+玉」で刹那的ながら、今日明日を見る眼は確か。
「貫+鳳」は、表面温厚に比して、中味は頑固。
「貫+調」は、マイペースですが、
「陽+貫+巳月」は、苦難を経験することにより、何かをつかみます。
伴星「龍」ですから、常に変化を求めているのです。
10年運を加味すれば、上がりも下がりもあり、
野人なのですから、何でもありといったところでしょうか?

「スタート日が先生のラッキーカラーになっていないのは、無意識の結果でしょうか?」
始めたいと思った時、やらねばならないと感じた時にやっているだけです。
というより、私は人様のことをあれこれ言っているだけに、
自分のことは考えてはいけないのだと思います。
この世界に入った時に、最初に偉人(故人)から注意されたことは、
「自分の事を考えるな。自分の運命を読むな!」ということでした。
おぼろげに意識することはあっても、明確に計算せず、流れを大切にしているのです。
意識してしまえば、必ず現実的な経済を重視することになりますよね。
経済を意識しなければ潔くいられますが、なかなかBEサイトの維持も困難です(嘆)。
しかし、それは自ら考えることではなく、
支えて頂けたり改良したいと考える皆さん次第ということなのです。
継続させるためには、やはり自然体以外はないのでしょう。

「それに引き換え、緑水の誕生日04-0205/木寅は、
年干支VS日干支納音で、まさに簡単には見つかりそうもない感じですね!」
源泉は深いところにある(笑)。読んでくださる方が読んで頂ければと考えています。
移動祝祭日とも大半会がありますし、頼りがいはありそうです。
こちらは相当重厚ですねー。ま、あまり考えないことにします。

「それにしても、HPそのもののスタート、98-1224/草巳とは害関係なのは、
やはり害持ちならではでしょうか?
HPの月干支「木子」が緑水の年干支「木申」を大半会しているのも面白いですね。
HPは、今年から「6歳雨亥」のターボ運が始まるのですから、
もっと目立って良いはずですね♪」
HPの誕生日は、たまたまURLを収得した時点で、
最も直近の雑誌に紹介される期日にあわせたもので、
これも特に意味はなかったのです。
生年冲殺で、年支VS日支害持ちの表裏ありなのですが、
「寅」年生まれ「草巳」は正直なものだから、
愛想はあるばかりか、その気になれば理解して頂けるのでしょう。
「龍」主導で、原則は改良改革がお題目。
「龍+石」は、言い訳なしの実行力ということで、
今年から主導DNAもまわりますので、自己確立しながら、
流れにのりつつ新しい息吹をつくっていかねばなりませんね。
皆さんの気持ちがBEHPを活性化させます。ぜひ応援してくださいね♪
 
 
■2004年08月18日(畑巳)
新五千円札と新千円札の信頼度
■11月1日(木申)から一新される5千円札の樋口一葉や千円札の野口英世に、
浪費癖や借金苦とのエピソードが紹介されはじめ、
なんだか不適切ではとの声もでているそうです。
景気回復にはお金が使われることなのですが、
使うたびに不透明な税金が加えられている現状では、
さすがの生月冲殺の方だろうと、その気にならないかも知れませんね。
いっそ、時の総理のお顔でも印刷していただければ、
笑いもとれるし、魔よけくらいにはなるかも知れません(爆)。
ところで、日本の国(海午)の条件なし天冲殺に流通が開始されるこのお札は、
年干支VS日干支が共に「木申」の律音でつなぎ目のような役割です。
また、月干支も「木戌」で木性天干一気に加え、
DNA「禄」主導ですし、大変存在感があります。
「木+禄+戌月」は、懐にとびこんでも、やんちゃで甘え上手。
「車」×2もあり、落ち着きもなく歩留まりは悪そうです(嘆)。
石原慎太郎はもっと緑化をすすめろヨ
■温暖化対策についてビル乱立について発言をした
石原慎太郎(32-0930/木午)東京都知事。
「戦後60年間、都市計画なしにきたわけだ。
お金がかかるかも知れないが舗装の質を変える。
それぐらいしか救済の余地はないと思うね。
これは誰の責任かといえば、それはみんなの責任であって、
私は東京1人がじたばたしても、どうなるもんじゃないと思います」だって。
海風を無視したビルの建設もそうだけれど、都心から緑を奪ったツケは大きいです。
新宿にそびえる東京都庁にしても、ただのコンクリートジャングルだし、
有楽町の都庁跡地もしかり。
そもそも台場をはじめとする臨海地区なんて、緑の気配がロクにないでしょ。
ごちゃごちゃ言ってないで、10年20年先を考えて、木を植えればいいのだし、
都有地をどんどん緑化するだけでも随分違います。まじめにやれよ!
槇原敬之は原点に立ち帰れ
■今年(木申)は、条件なし天冲殺明けで、年干と月干の干合年。
さらに、自身は木性ゼロ(DNA鳳/調なし)という
槇原敬之(69-0518/雨巳)のオリジナルアルバム『EXPLORER』が、
実に9年10ヶ月ぶりにオリコン1位(23日木戌付)を獲得しました。
いったいどんな人が買うのか知りませんが、
午未の「玉」主導だけあって、お年寄りに支持をされているのでしょうね。
「酉」年生まれ「雨巳」は、内外シーソー。
仕事が好調ということは、例のようなことはないのでしょう。
ところで、昨年(雨未)SMAPに提供した『世界に一つだけの花』は、
200万枚を超える大ヒット。印税も相当なものだと思います。
98年(山寅)の干合支害年には覚せい剤取締法違反で逮捕された過去がありますが、
条件なし天冲殺で得たものは、真っ先に奉仕の対象にすべきですよね。
いまのところ、そういう声は聞かれませんが、10年運はダメージカラーです。
慢心していると、汚れてしまうのが、夏の「雨」だということを忘れないでくださいね!
松下由樹の大奥という逆らえぬ流れ
■10年運「31歳草卯」干合支害ながら、ターボ運の威力に支えられる
生年冲殺の
松下由樹(68-0709/鉄辰)が、
10月から『白い巨塔』『Dr.コトー診療所』の木10枠で放送される『大奥』で主演決定。
大奥を誕生させた大奥史上最強の女帝「春日局」役だとか。
いいんです。DNA「牽」主導ですから。
宿命には「玉」もありますが、「龍」×2の庶民性もあり、新しい時代劇になるはずですね!
窪塚洋介にある夢のオファー
■驚異的な回復力を見せる野人の真骨頂・窪塚洋介(79-0507/木戌)に、
早くも
清水健太郎(52-1011/鉄寅)を失ったビデオ業界から、
ギャラ前払いのラブコール。いいじゃないですか(笑)。
条件なし天冲殺なんだし、ラッキーカラー月のうちにうけておきましょうよ。
望まれる時が華なんですから。
この際、アウトローに暫く徹しましょう。しょせん仕事あっての役者ですよ!
読者メール●海子
■「先日『最短距離★相談クリニック』で就職の相談に乗って頂いた者です。
指示通りに6月から就職活動を開始して、
無事7月の最終週に、内定を決めることができました。
2社受けたのですが、2社とも内定を取ることができました。
最終面接から内定まで、怒濤の勢いで決まりました。
後に内定が出た企業からは、『非常に残念だ』とのお手紙を頂いたほどです。
本当に、ありがとうございました!」
夏生まれの宿命害持ち(年支VS日支)ですから、
ラッキーカラー害月に決まらないで、いつ決めるのかという感じですよね。
BEにそって、宿命にあった生き方をしていれば、特に若い方は難なく突破できるのですよ。
あとは自爆しないために、いかに二面性のある自分を演出し、奉仕もできるかです。
結果がでて、大変喜ばしいことですが、これからも、楽しくやっていきましょう!
五輪コメント・信田美帆が生きてた
■読者メール「灯酉」→
「TBSで体操を放送した時にコメントに出てきたのは、
おっ、久しぶり〜〜の
信田美帆(1972-0518/畑酉)。生きてたのねぇ。
ストレートの黒髪になっていて、若々しく可愛くなっていたと言えなくもない。
自分のやってた競技だけあって、しっかり話しておりました。
信田さんも、ソウルの時頑張ってたんだよね〜。
信田さん、今何をしてるかというと、わかりません。
g-crewというグループ?の公演にゲストで出たり、
トークショーのゲストに出たりはしてるみたい。
信田さんのオフィシャルサイト。掲示板では本人の書き込みもありました!」
条件なし天冲殺に芸能界にかかわってしまったのだから、
もう夢からさめてくれないといけないよね。
このままでは、エネルギー149点しかありませんし、挽回不能です。
干合年で一瞬姿を見せても、己を知らないと悲惨だな〜。
 
 
■2004年08月19日(鉄午)
MCU武田真治の笑える夢の組み合わせ
KICK THE CAN CREWMCU(73-0801/畑巳)が、
干合年(月干と日干)だけあって、3MC+DJ+SAXという編成新バンド「SEAL」を結成。
5人のメンバーのなかには、
地味〜なSAX奏者・
武田真治(72-1218/雨未)の名が・・・・。
こちらは混濁水性天干一気ですが、月支VS日支害の動きの鈍さに加え、
12年前の条件なし天冲殺デビューのツケが重く、本当にサッパリですね。
自身の体たらくを、何とも思わないのでしょうか。とても、不思議です。
birdの刺激的なvacationと髪をほどいて
■7月22日(海寅)に『ハイビスカス』をリリースしたbird(75-1209/畑丑)が、
ニューアルバム『vacation』を9月23日(草巳)に発売。
9月1日(雨未)には先行シングル『髪をほどいて』がリリースされるそうです。
全曲bird自身の作詞による、あるリゾート地での一日を綴った
コンセプト・アルバムになるとのこと。
火性ゼロ(DNA龍/玉なし)の野人なんですが、
リゾート地が、今年のDNA「牽」ということなんでしょうか?
デビュー以来、はじめて迎える木性年。
この2年の頑張りが、2年後3年後の火性年につながるのですが、
ひっそりとした冬の「畑」でも、「車」×2の存在は心地いいですし、
いつ聴いても、若いですが、生育はできるのかな。
 
 
■2004年08月20日(宝未)
テツandトモの冬ソナ何でだろう〜
■すっかり影が薄くなったテツandトモ(二度も仕事で会ったな〜)が、
今頃になって冬ソナの主題歌『最初から今まで』をカバー。
既に5組の先行発売を追う出遅れた展開は、いかにも辛そうです。
バブリー夏生まれにつき、水性がラッキーカラーの二人ですから、
海申月は一服の清涼剤かも知れませんが、だせただけで正解なのではありませんか?
池袋の東武百貨店での記念ライブというのも、手頃すぎて緊張感がありませんが、
あのジャージまで脱ぎ捨てての冬ソナルック着用には、涙を禁じ得ません。
I Wish川嶋あいと初共演で萎むな
■21日(海申)に横浜アリーナで行われるニッポン放送恒例の夏期イベントで、
ついに
川嶋あい(86-0221/陽申)とI Wishが初共演!
「寅」年生まれ「陽申」で、内外シーソー運の川嶋がですぎると、
売れてるほうの顔までしぼんじゃいますよ。
もちろん、衣装は違うのだろうけど(笑)。
谷佳知谷亮子に頑張らせたいのか
■月干支同士が納音ばかりか、年下の天干一気の子丑天冲殺が妻という
とんでもない逆縁夫婦の夫・
谷佳知(73-0209/陽子)が、
妻・
谷亮子(75-0906/草卯)に送ったメールは、
「頑張れ、金を取ったら念願の子供をつくろう」だって。
条件なし天冲殺に浮かれて発する言葉ではありませんね。
その気になったら、新たな因縁をこさえるだけです。
害年結婚は、どこかで暗い結末が待っていますよ!
いまさら宇都宮隆原田真二と組む
■木性ゼロ(DNA禄/司なし)・水性ゼロ(DNA鳳/調なし)の極めて偏った成分を持ち、
生月冲殺のおまけつき、さらには、あの大仁田厚議員と
同一生年月日の
宇都宮隆(57-1025/鉄午)が、
僚友
小室哲哉(58-1127/山申)がglobeで忙しいため、
なんと、年下の干合天干一気の子丑天冲殺の
原田真二(58-1205/陽辰)のサポートで、
ソロワークスをスタートさせました。
宇都宮の月干支は「鉄戌」ですから、(原田の日干支で)天剋地冲関係。
金性が強いので(227点中104点)、一見強い火性は歓迎のように見えますが、危ない危ない。
10年運「46歳草巳」は、DNA「司」の堅実です。
いまさら、80年代風もないでしょうにね!
藤本美貴は朝娘に相応しくないよ
■金性天干一気の吉澤ひとみ(85-0411/鉄辰※)キャプテンのもと、
ハロプロ軍団がフットサル大会「お台場カップ」で優勝しましたね。
ところで、この勝利の立役者になったのが、
毎日が焼き肉でもいいという
藤本美貴(85-0226/陽申)。
セービングした相手GKを蹴るしぐさをみせて審判から注意を受けたり、
競り合いで相手をにらみつけるなど、闘争心むき出しというか、
お里が知れる八面六臂の活躍ぶり。条件なし天冲殺でデビューしたため、
現在はモー娘。(草亥)に組み入れられていますが、
なでしこジャパンは無理でも、なんだか別の道を探していただいたほうがいいようです!
矢沢永吉の紳士淑女の装いという玉年
■あくなきロック魂を追求する、矢沢永吉(49-0914/灯未)が、
20日(宝未)に開幕するアコースティックツアーで、チェコ国立交響楽団と共演するそうです。
海外のオーケストラとの共演は初めてで、極秘リハーサルを重ねているとか。
本番当日は「紳士淑女の装いで」と呼び掛ける意向で、
定番の革ジャン&タオル投げが「厳禁」となるようで、らしくないとの声もしきり(爆)。
彼なりの本年(木申)のDNA「玉」の活かしようなのですね。
王道をいくのはけっこうですが、晩年の10年運天冲殺「52歳灯卯」は、
ガムシャラすぎると、非常に危険です。
相変わらずCMにでたりと稼ぎまくるのはいいのですが、
そろそろ本格的奉仕も、一考したほうがいいと思います。
小川直也が自ら唄うハッスル音頭
■プロレスラーで92年(海申)のバルセロナ五輪柔道の銀メダリストの
小川直也(68-0331/鉄子)が、自ら作詞を手がけた『ハッスル音頭』で、
9/16(山戌)にデビューするそうです。
10年運天冲殺2旬目の「12歳灯巳」のラッキーカラー10年運の
高校生から柔道を始めたという遅咲きですが、火性ゼロ(DNA車/牽なし)の野人です。
そのせいか、あのハッスルポーズもどこか笑いを誘いますね。
あの緩さが、また一部にうけているのでしょうが、
現在の10年運「32歳畑未」は、ターボ運付きとはいえ害。
あまりトバしすぎると、トラブルも見えてきますし、ある日ポックリという危険性もあります。
しかし、本当に格好良くないんですけどね(笑)。
長山洋子の矛盾だらけの演歌人生
■条件なし天冲殺中とはいえ、10年運ターボ運「28歳陽辰」で、
精力的に働く、演歌歌手の
長山洋子(68-0112/宝巳※)が、
福島県いわき市で開催された「いわき回転櫓盆踊り」にスペシャルゲストとして出演。
新曲『おんな炭坑節』を披露しました。
前の天冲殺の時は、確かミニパトに乗った婦警さんドラマをやっていたのですから、
「未」年生まれ「宝巳」は、矛盾だらけの人生とはいえ時代の変遷を感じます。
でも、格好いいですね♪
平尾昌晃三男の不向きな歌手デビュー
■往年のロカビリー歌手の平尾昌晃(37-1224/草酉)の
共通干のない三男・
平尾勇気(81-0310/灯亥)が、
9月15日(灯酉)に、父親がアン・ルイスに書いてヒットした
『グッバイ・マイ・ラブ』で念願のデビューをします。
「70年代の歌は歌いやすいものばかり。こういうものを受け継いでいかないといけない」
だって。受け継ぐって言われても、今年(木申)はDNA「玉」の害ですよ。
土性ゼロ(DNA鳳/調なし)で、表現力もいまひとつのようだし、
なんか他のお仕事のほうが向いてるみたいですヨ!
 
 
■2004年08月21日(海申)
浜田省吾とポルグラ岡野昭仁が強力合体
■火性ゼロ(DNA龍/玉なし)の野人ながら、ターボ運の助けもあり、
一部に熱狂的なファンを持つハマショーこと
浜田省吾(52-1229/畑酉)が、
さすが年支「辰」・月支「子」を加えた三合会局年+日干干合年らしく、
ポルノ・グラフティの
岡野昭仁(74-1015/畑丑)を
ゲストボーカルに迎えた「Fairlife」を始動し、
9/23(草巳)に『永遠のともだち』をリリースします。
同チームは楽曲制作を目的としているため、ライブなどの活動は行わない予定。
なるほどね。そりゃ、楽ちんだわね(笑)。
m-floがソコソコ成功したから、触発されたのだろうけどさ、
二人の関係は大半会だし、共に干合年で格好はつくよ。
でも、アキヒトは年干と月干が「木」だから、
干合土性天干一気で、午未とはいえ年上がうかつに近づくと、
ふっとばされてしまうのだからね。
ひさしを貸して母屋までじゃないけれど、おいしいところどりをされないか心配。
もっとも、この曲はチャリティーCDで、
印税収入が「国境なき医師団」「ピースウインズジャパン」などのNGOを経て、
災害被災地や紛争地域の復興支援に充てられる模様。
日ごろから社会問題に強い関心を寄せる浜田は、
「音楽を通じて社会に貢献できないだろうか考えました」としているのだから、立派かも。
さすが、枯れた魅力のあるDNA「禄」主導は、
昨日取りあげた金儲け主義者(灯未)とはひと味違うよね♪
下北沢の女王小島麻由美に望むこと
■表で取りあげた小島麻由美(72-0930/木子)を雑誌の依頼で個人鑑定。
火性ゼロ(DNA鳳/調なし)の野人らしく、ピントがけっこうズレまくりでしたが、
あっけらかんとして、楽しい人でしたヨ。
ラッキーカラーとはいえ10年運害を抜けた彼女ですが、
昨年(雨未)は相当しんどかったらしく、事務所も今年(木申)2月に移籍して仕切り直し。
汚れの払拭には一生懸命のようです!
ただし、シングルリリース日(9月1日/雨未)が、
ダメージカラー害に関しては「売れない」と断言するも、
「いいからいいから(笑)」と気にするでもなく、
慣れきってしまっているのでしょうか(アルバムはどうにかラッキーカラー日)。
今後は奇異な少女趣味で、ちょっぴり自分より若い人に、
「格好いい」と思わせるのが課題です。
蜷川実花(72-1018/海午)の世界みたいなのね!
野人は火性を如何にとりいれるかが鍵ですが、
(シャワーはいいけど)お風呂は苦手とか(爆)。
10/23(草亥)の仙台を皮切りに、
11/4(灯亥)の「SHIBUYA AX」でしめるツアーも控える今年は、
06年(陽戌)07年(灯亥)の条件なしとはいえ、
60年に一度のラッキーカラー天冲殺で売れるためには、なりふりかまってはいられません。
音楽活動も火性10年運の切れる38歳以降は難しいので、
本当に正念場なんですが、本人の関心は「38歳以降生きてるの?」だって。
けっこう病弱らしいなあー。生きてるかどうかは、火性とうまく付き合うかどうかですヨ。
自分のやりやすい音楽ではなく、条件なし天冲殺デビューですから、
売れる音楽に目覚めてほしいものです。
そのためにも、「ひっそり暗く」は封印でしょう。
カエルしか登場しないプロモではなく、
底抜けに明るい、お笑いもできるエンターティナーをめざしてくださいね。
とはいっても、マイペースで大向こうをうならせる可能性ありの、
下北沢の女王は健在のようでした♪
金10世界の中心で愛を叫ぶ綾瀬はるかが最高
■読者メール「海寅」→
「一人夜の病室で過ごすアキ。
目に入るのは、ビニールカーテンで仕切られた暗い天井だけ。
対照的に雄大なオーストラリアの風景が、かえってもの哀しく見えました!」
綾瀬の10キロ減量した姿は痛々しいけれど、ホントに偉いな。子丑の根性を見せたね!

大島さと子(59-0917/海寅)のお母さんもいいですが、
手塚里美(61-0607/宝未)もいい役ですね!」
最初はとまどいがちで違和感もありましたが、回を追うごとに溶け込んできましたね。
久しぶりのゴールデンタイムですが、
綾瀬はるか(85-0323/宝酉※)とは親娘に見えるほど、うまい演技をやっています。
今回はおいしい役でした。

「サクちゃん、やっと『好き』って言ったけど、一気に『結婚してください』って、
す、凄いスピードだ・・・」
遅いくらいかなと思ったけど、ドラマのなかではちょうどいいね。
『今日は嫌いなものについて話します・・・』のくだりも、
以前のアキを受けて、ダメなオトコなりに陰陽だし、
手抜きのない演出は、いつ見てもいいね。

「ラストと予告の写真・・・やりすぎじゃない?とも思ったけど・・・。
次回を見たらきっと感想変わることでしょう!」
丁寧なつくりに感激。特に後半のクライマックス部分は、
20分くらいCMもはいらないし、一気に盛りあげてくれるね。
内容のない番組だと、やたらくだらないCMが挿入されて興ざめるけれど、
何もかも言うことありません!
 
 
■2004年08月22日(雨酉)
激安乾燥松茸で秋を満喫
■「激安」乾燥松茸を発見して、思わず購入。
乾燥というより、鮮度が落ちた売れ残りを、ひとまとめにしたものだそうだけれど、
業務用流れだけあって、既に相応の大きさに刻んであるので、使いやすかった。
さすが焼き物は無理でも、吸い物とご飯ならば、
少々堅い感じはあっても、秋の香りを充分楽しめて、満足でした。
窪塚洋介超合金に変身
■両足・左手・あばら・顔面を骨折したという不死身の窪塚洋介(79-0507/木戌)。
手術の結果、両足と左手に金属を入れたそうで、
「子供の頃好きだった超合金になっちまった」だとか。
残念、キャシャーンは既に公開されている(爆)。
事故当時の記憶はいまだにないことになってるそうですが、
仕事をフイにした、TBSだけには独占インタビュー。
次は事件をネタにして、バラエティの常連という道もあります。
包帯姿で登場するなら、見直しますけど。
無理かな。
元ちとせ悲愴な内側
■月支VS日支害持ちの元ちとせ(79-0104/宝未※)が、
流産したことを、自身のHPで発表しました。
冬生まれのため、年干支「山午」は、ラッキーカラーの支合。
一方、月干支「木子」とは、ダメージカラーの害関係。
どう生きたら良いのかは、生年月日にくっきりと示されているのです。
タレントをロクに管理できず、私生活は自由放任とする傾向が、
現在のこの業界の主流のようですが、
管理されないと、結果的には不幸を目の当たりにする人が多く、
持続して上昇できないことにもなるのです(嘆)。
椎名桔平の自宅地階は犬専用だって
椎名桔平(64-0714/木子)の自宅は、地下2階まであり、
うち1フロアは、犬専用という噂。
月支VS日支害持ちだけあって、なんか不健康そうですね。
夏生まれなんですから、水槽に魚でもいたほうが、良さそうです(笑)。
 
 
■2004年08月23日(木戌)
曽我部恵一の自爆音源
■エイベックスから9月29日(宝亥)に発売される2枚のコンピレーションアルバム
「Relaxin'COZY HOTELS〜for THE EVENING〜」と
「Relaxin'COZY HOTELS〜at THE MIDNIGHT〜」に関して、
3年前(宝巳)にお蔵入りになった音源を、断りなしに使われたと、
元サニーデイ・サービスの
曽我部恵一(71-0826/雨未)が文句をたれているとか。
「なんで今さら突然出るの??ぜんぜん知らなかったし、
その曲同じタイトルで改作して、次の映画のサントラに使っちゃってます。
完全に不可解なので、権利関係を調査します」だって。
曽我部は、「玉」冲殺主導で組織の犠牲。
生月冲殺が、ぐちゃぐちゃ言ってもはじまりません。
干合水性天干一気でも、「亥」年生まれ「雨未」は、まとめ下手。
いいじゃないですか〜、ありがたくギャラだけ手にすれば。
生月冲殺は人任せ、音楽やりたかったら細かいことは気にしないことですよ〜。
10年運も魅力ないし、去年の律音で一丁上がりですけどね。
こんなことだから、あんまり売れないのかも(苦)。
根食真実の再デビューに上戸彩がエール
■先日58歳で淋しい死を遂げた朱里エイコ(48-0318/海寅※)の
往年の大ヒット曲『北国行きで』を、
97年(灯丑)の「第7回全日本国民的美少女コンテスト」で
音楽部門賞を受賞した
根食真実(85-1025/灯酉)が、
9月29日(宝亥)にカバーして再デビューするそうです。
根食は同期で審査員特別賞を受賞した
上戸彩(85-0914/陽辰)らと、
99年(畑卯)には『Z-1』というグループで活動していたのですが、
(全く売れず)その後は消息不明でした。
月支VS日支害持ちのいけてなさは、もちろんですが、
その害の相手の月干支が「陽戌」では、さしたる運型でもないので、期待はもてません。
それが、ラッキーカラー年の方三位で、なんとかDNA「玉」の年らしく、
リメイクで再デビューにこぎつけたようですが、とっくに諦めていたかと思い、
往生際の悪さだけという感想しかありませんね。
上戸は「真実の歌にはパワーがある。私の親友なので応援してます」
とエールを贈るフリ。嘘つきですね(嘆)!
24時間マラソンで杉田かおるが存在誇示
■読者メール「灯未」→
「日テレの『24時間TV100キロマラソン』の
杉田かおる(64-1127/鉄辰)は、
別人のように引き締まった顔つきをしていました。
マラソンの経験がなくても、数ヶ月のトレーニングで、
人はあそこまで変われるものなのですね。
見事100キロを走り抜いた姿は、先生のコラム通りの感動を呼びましたが、
どんなに良いタイミングを与えられても、本当に変われるかは本人次第なんですよね。
改めて自分の宿命を全うしなくちゃと思いました!」
さすが鉄辰の生まれは闘う将軍のイメージそのままだね。
しかし、もっとおいしい所を本家女子マラソンにとられてしまうところが限界なのかもな。
都合良く、年干と月干(共に山)が干合されて
火性の天干一気になった
野口みずき(78-0703/陽寅)は、
DNA「龍」の改良改革年(木申)のラッキーカラー月(海申)、
例年通り女子が最終日だったら、こうはいかなかった。
ツキを呼び寄せるのも力の証明だね。
とはいっても、日本(海午)の国の天冲殺現象で、こうもメダルを獲得してしまうと、
やっかみもでてくるだろうから、大変。
地村さんの息子が「日本って、強いんだなあ」という感想を洩らしたそうですけど、
いえいえサービスみたいなものですね。ちょっと怖いよ!
 
 
■2004年08月24日(草亥)
雑誌PINKYと鈴木えみの魔力
■04年8月23日(木戌)という、なんともおぞましい日に創刊され、
とんでもない広告量をあらゆる媒体に、ぶちこんでいる雑誌『PINKY』(集英社)は、
DNA「車」冲殺主導で、いずれトラブルをおこしそうな気配。
単純明解なフリをして、どこか訳あり。
「車冲+車」は、デリカシーあるように装う。
「車冲+禄」は、はため迷惑な存在感。
「車冲+貫」は、時代整合性ない一本気。
「車冲+龍」は、妙なひらめきだけ。
「木+車冲+申月」は、弱いクセにお転婆。
何がハタチからの新しい勝ち組だか知らんが、単なるDiorの回し者(笑)。
西海岸の男の子が、自分の彼女を親しみをこめて呼ぶのが「PINKY」だそうですが、
今頃西海岸ですか? ちょっとピンときませんね。
「誰かにとって特別な女性」になる前に、まず自分を高めて、
世間にとって役割発揮できる女性になるほうが先決ですよ。
顔面神経痛気味がちょっと哀れで、睫毛がひじき状態の、
イメージキャラをつとめる
鈴木えみ(85-0913/草卯)は、
オトコを小馬鹿にする体質ですが、斜眼帯をした性癖で、
火性ゼロ(DNA鳳/調なし)の野人は、実は結婚にしか興味のない人です。
今年(木申)は、純正木性天干一気の木性強化年ですが、
その実体は、「木」に寄生する「蔦」で、ドラマでもその他大勢に甘んじています。
「丑」年生まれ「草卯」は、生年冲殺でも、
もめごとが起きたら逃げ腰で、ほとんど精気なし。
来年(草酉)は、引退状態かも。
とまれ、日座冲殺の雑誌は威力あり。
その気になって買ってしまった若い人は、同性だって、悪影響おこして、
萎縮しちゃわないか心配です(爆)!
長渕剛の60年に2年だけある至福の時
■火性天干一気で、木性ゼロ(DNA龍/玉なし)の野人・長渕剛(56-0907/灯丑)が、
60年に一度のラッキーカラー天冲殺を迎え、
故郷の鹿児島県桜島で、DNA「玉」年らしく、オールナイトライブを決行しました。
宿命冲殺なのに(しかも生年生月)ね〜。
なんでも2年かけて荒れ地を、地元の人がブルドーザーで整地したとかで、
自然破壊にはならないんでしょうかね。このあとどうするのか、少し心配です。
もっとも、7万5千人の観客のうち7割は、
県外からのお客様ですから、経済効果もあったのでしょう。
ところで、9時間で歌われたのは、たった42曲です。
単純計算で1時間あたり4〜5曲しか、歌ってない計算になります。
そんなに長い曲ばかりとも思えないので、
ずいぶんとノンビリしたステージだったんでしょうね(笑)。
メロン記念日の過去と進化
■9月18日(鉄子)に開催される、第8回水戸短編映像祭 招待上映部門に
メロン記念日(灯未)の『新サイボーグしばたっ!!』が登場。
DNA「玉」年らしく、昔のものを進化させるのね。
ちなみにテレビ東京系「アイドルを探せ」の1コーナーでした。
DVDの発売は9月29日(宝亥)。表裏ありの発売日です(笑)。
現在「2004〜極上メロン〜」のライブツアーも頑張っていますが、
「ハローモーニング」でやっていた
『飛び出せ!アルバイトしばた』のリメイクも、期待したいところです♪
 
 
■2004年08月25日(陽子)
浜口京子の邪魔になるアニマル浜口
■度を過ぎた応援で、あわや警察に逮捕される寸前だった
アニマル浜口(47-0831/海午)は、条件あり天冲殺で浮かれ気分も、
年支VS月支害持ちで、躓きやすい。だいたい生月冲殺なのに自己発揮しすぎですよね。
旗持ちまでやりながら散々な
浜口京子(78-0111/雨酉)の宿命からいったら、銅だって出来すぎというか、
ダメージ年のダメージ月のダメージ天冲殺害日にしては、健闘したほうなんじゃないの。
北京(08年/山子)なら、干合で火性天干一気になるから目立つし、
DNA「牽」の年で期待できるかもしれないけど、
その前に超ダメージの親父を清算するほうが先決だね!
吉田沙保里の引力本能と金メダル
■国際大会17連覇、外国人相手に74連勝の
フリースタイル55キロ級の
吉田沙保里(82-1005/宝酉)。
年支VS月支+日支害持ちの子丑天冲殺となれば、表裏ありの典型的な悪(笑)。
宿命内ラッキーカラー持ちだし、害持ちは害を呼ぶだけに、
方三位年の、(害日に)見事金メダル。
本当に強い人はどこかヘンな宿命だよ!
 
 
■2004年08月26日(灯丑)
野波麻帆ILMARIに騙されてる
野波麻帆(80-0513/陽戌)と言えば、
一昨年(海午)ラジオで直接鑑定をしていますが、
左手の薬指に、まるで結婚指輪のような比較的地味な指輪をしていたのが思いだされます。
当時は、売れない役者と一緒だったはず。
反応がいまひとつで、「陽」の木性ゼロらしく、
ことさら頭の鈍さを感じましたが、悪気はなかったという記憶があります。
やはり(その人とは)相性もいまひとつで、
条件なし天冲殺で
ILMARI(75-0617木午)が入ってきてしまったんでしょうね。
木性がないうえに天冲殺範囲をもたれているのですから、
抵抗不能というか、スンナリ受け入れたのでしょうけど、
年齢からいっても、本来ならもっと売れて良かったのに、残念なことです。
中畑清の無責任なアテネ敗戦の弁
■休日に観光旅行三昧で、某選手からは「アテネに何をしにきているのか」とまで
言われてしまった、
中畑清(54-0106/海戌)ヘッドコーチの敗戦の弁は、
「言葉がない。本当にすみません。選手たちは最高の力を出してくれた。
勝つ試合ができなかったのは、私の責任」だそうです。
よ〜くわかっているのでしょうかね(嘆)。
ターボ運付とはいえ、「石」冲殺主導なんて統率力はないのですし、
たいした宿命でもない生月冲殺の指揮官の下で、期待されすぎた選手も不憫です(笑)。
しかし、そもそも監督不在のチームが、金メダルなんて望みすぎでしょ。
代わりの人が、10年運DNA「龍」+今年(木申)は、DNA「鳳」で遊びなんだから、
しょせん無理な話です。星野(宝丑)ジャパンにしなかったのが、間違かも!
中居正広にキレる久保純子の低次元
■落ち目のTBSが起用したアネテ五輪キャスターの久保純子(72-0124/木寅)。
同じキャスターの
中居正広(72-0818/宝巳)が、
ロクに資料も読まないばかりか、打合せにも「時間がない」といって参加せず、
あげく本番では段取りを無視して、アドリブ連発なことに腹をたてているそうです。
おまけに久保のコメントまで横取りして、完全に険悪ムードだとか。
中居にとっては、宿命に内木性の害の関係で、ありえない(笑)。
久保も、今年(04年/木申)は納音なんだからしようがないのよ。
中居は、条件あり天冲殺でノリノリなんだし、あなたの敵じゃないんだからサ。
そもそも、二人とも『テキトー』な生月冲殺なんだから、マジメにやってどうするの?
いつまでたっても、場が読めないどころか、
人生そのものがわかってない、久保純子です(爆)。
※こんな久保に『クボジュンのえいごっこ』なるレギュラーを与えるTBSは、アホです!
男児出産の石黒彩に忍び寄る不運
■00年(鉄辰)の天剋地冲年に、年上の午未天冲殺の真矢(70-0113/雨巳)と結婚した、
水性ゼロの野人+日座冲殺の
石黒彩(78-0512/木戌)が、
条件なし天冲殺の22日(雨酉)に、3人目の子供で、初の男児を出産。
ありがた迷惑ですね。コントロール不能だし。
DNA「車」主導なので、なしくずしに仕事復帰していましたが、
あんまり頑張りすぎると、事故が怖いですよ。
紺野あさ美の写真集という気分転換
■バブリー夏生まれ、初旬条件も何もなく、
売りは年支VS日支害持ちの表裏人間だけという
モーニング娘。の
紺野あさ美(87-0507/陽辰)が、初写真集をリリース。
ホワイトポークを連想したのは不謹慎かも知れませんが、
顔はでかいけど、手足は長くて女子には魅力かも。
ふたつ結びは、見るにたえないというより、
何か見てはいけないものを見てしまったような(困惑)。
柴咲コウの着うた大ヒットという苦痛
■『かたちあるもの』が50万枚出荷で大ヒット中の、
柴咲コウ(81-0805/草卯)の同曲「着うた」が5万件を超え、
1日のダウンロードも新記録を樹立したそうです。
そのわりには、セカチューの視聴率は、そこそこどまり。
今週のラス前が、本当のクライマックスみたいですから、見逃さないようにしないとね。
おそらく、ビデオリサーチを設置した家庭が偏ってるだけで、
いっぱい観てる人はいるんですよ。
しかし、そんなに皆んなと同じ「着うた」って、かえってイヤじゃないんですかね。
私は苦痛だ。
持田香織井上陽水の夢の競演
持田香織(78-0324/草酉)と井上陽水(48-0830/灯亥)の、
夢のコラボレートが実現。
『いつのまにか少女は』は、持田の害月(木戌)の10月20日(海申)リリース。
陽水は、ラッキーカラー害年のラッキーカラー月の干合支害日という笑える日だけれど、
これもありがた迷惑なのかな。
なんと、書き下ろしのカップリングまであるんだってーーー。
持田は、今年(木申)で、DNA「石」。
さすが、利用してるよ(笑)。
 
 
■2004年08月27日(山寅)
浅薄で軽率ないわゆるマスコミに辟易
■思い起こせば、94年(木戌)の春先にそれまでの仕事を整理し、
「とりあえず自分の考えを世の人に伝えよう」と考え、
『バースディ・エナジー★誕生日の秘密』を10月に上梓し、
その後さまざまな模索を繰りかえしながら、紙の本を7冊登場させ、
TV・ラジオ・雑誌などに、ひととおり露出させていただきました。
記録をふりかえれば、結構たくさん露出していたのですね。
しかし、いわゆるマスコミと呼ばれる人間の浅薄さと軽率さに辟易し、
現在ではほとんど疎遠になっています。
どうしても安易安直で、使いやすい人しか使わないという姿勢には、
いまでも違和感を覚えます。
10年前はインターネット環境も一般的でなかったので、
やむをえずマスコミに接触したのですが、時代の変遷を感じますね。
しかし、良い経験だったと感謝する面もありますから、笑ってすませるしかありません。
営業しなけりゃ、TVもラジオも雑誌もほとんどありませんし、
あえて疲れることはしたくないので、今後もこの姿勢は変わることはありませんが、
これからも、BEは良質で真摯な姿勢で、物事の真実を極めていきたいと考えますので、0
末永くお付き合いのほど、お願いいたします。
市川染五郎の歌舞伎にこだわる決意
市川染五郎(73-0108/木辰)のところの園子(72-0724/海子)夫人が妊娠。
来春にも第一子を出産するそうです。
「これからは歌舞伎にこだわってやっていきたい」と染五郎は発言しますが、
おいおい今まではおざなりだったのかいと思ったら、
TVや映画を封印するとの決意だそうです。
そりゃ残念なことです。
でも、「子」年生まれ「木辰」は、内外シーソーですよ。
火性ゼロ(DNA鳳/調なし)の野人なんだし、
あまり気にせずやったほうがいいんじゃないですか?
柳楽優弥のピンボケ文科大臣表彰
■60年に一度のラッキーカラー天冲殺をおえ、
天剋地冲年の勢いで、カンヌ国際映画祭の最優秀男優賞を受賞した、
水性ゼロ(DNA鳳/調なし)の
柳楽優弥(90-0326/鉄寅)が、文科大臣表彰を受賞。
大臣がポケットマネーで購入したというTDLの入場券をもらって「両親と行きます」だって。
生年冲殺なんだし、お世話になった監督とどうぞ(笑)。
森田彩華が経産省PRキャラクター
森田彩華(88-1216/草卯)率いる『森田クラブ』が、
経済産業省による「平成16年度オゾン層保護対策推進月間」
(9月1日〜30日)のPRキャラクターに決定しました。
デビュー曲は「モンスーン・アジアの葦の舟」ですが、ピンときませんね。
こういうのは
Cocco(77-0118/草亥※)みたいな人が、適任なのではありませんか?
ひと頃ならglobeか(笑)。
相変わらず毒にも薬にもならないことでお茶を濁すのが得意な、我がニッポンです。
Lead SHINYAの台湾ストリートライブ
■Leadが来月、台湾でストリートライブやるらしいです。
売れなくなった人が活路をもとめるんじゃないんですから、しっかり国内でやってくださいよ。
SHINYA(87-0922/木戌※)のダメージカラー天冲殺害月なんで、よけい気になりますね。
ケガとかしないようにね。
一青窈が映画『珈琲時光』に主演
一青窈(76-0920/草亥)が海外映画の『珈琲時光』に主演。
小津安二郎(03-1212/木戌)監督へのオマージュだそうです。
こういう設定なら、日座冲殺らしくていいんでしょうね。
共演の
浅野忠信(73-1127/灯卯)が毒されないか、心配だけれど(笑)。
バービーボーイズ杏子KONTAの一時的和解
■元バービーボーイズの杏子(60-0810/鉄午)が、
84年(木子)デビュー20周年を記念し、92年(海申)の解散以来、
はじめてツインボーカルの一方、
KONTA(60-0725/木寅)を招き、
9月28日(鉄戌)に渋谷のO-EASTでライブ。
同級生ですが、杏子の月干支が「木申」で、KONTAの日干支「木寅」とは納音の関係。
さらに杏子の日干支(鉄午)が、
自らの年干支とKONTAの年干支(共に鉄子)を納音するのですから、
杏子がKONATAを排除したようなものです。
KONTAが今年(木申)の納音年で壊れちゃったんでしょうが、歓迎しないな。
しかし、(エネルギー点数は)KONTAが193点、杏子が165点。
なんだか軽い人たちなんですね。
二人じゃバツが悪いから、
石井竜也(59-0922/灯未)はじめ、
「福耳」の
山崎まさよし(71-1223/海午)やスガシカオ(66-0728/山子)など、
総動員体勢で、濁してます(笑)。
 
 
■2004年08月28日(畑卯)
一撃必殺・サンボマスター今だけ
松尾スズキ(62-1215/灯亥)初監督作品『恋の門』の主題歌である、
一撃必殺・
サンボマスター(03-0702/陽子)の『月に咲く花のようになるの』ですが、
いけてない男たちが、こぞってカラオケで歌っているようです。
サンボじたいは、バブリー夏生まれの干合火性天干一気で、
もうムンムンした獣という感じ(笑)。
年支「未」VS日支「子」の表裏ありなんで、いつぶっ倒れてもおかしくないです。
目立っているのは、(今年が)条件なし天冲殺もありますね。
しかし、金性ゼロ(DNA禄/司なし)で優しさなし、
異性運皆無だから、女性にはなんなのか意味不明。
メンバーは3人いるんですが、これはもう分析不要のような、
内外シーソーの「鉄寅」と、生月の「山子」と、
周囲が火性だらけの「木辰」というハチャメチャです。
でもって、彼らは「俺は今、ロックがやりてぇのだ!」と叫んでいるのですが、
ロックなのは歌い方だけ(爆)。メロディは典型的な和風ポップス。
何故かこれがJ-WAVEで毎日流れてるんですから、耳から離れません。
なんとかしてほしい・・・。
野村義男のソロデビューアルバム復刻
■よっちやんこと野村義男(64-1026/山申)の、
幻のソロデビューアルバム『待たせてSorry』が、デジタルリマスタリングされ、
10月27日(畑卯)に再発売するそうです。
田原俊彦(61-0228/海辰)、近藤真彦(64-0719/畑巳)と、
たのきんトリオとしてデビュー。
2人はアイドルとして一時代を築いたものの、今は何してるんだか・・・。
ラッキカラーの火性が月支にしかないため野人扱いの彼は
それでも頑張って活動してるらしいですね。
不器用な分、地道なんでしょうが、いまさらビートルズテイスト満載と言われてもねえ。
レアと言えばレアだけれど、それじゃ1枚という雰囲気はどこにもないって(笑)。
読者メール●宝巳
■「8月8日に、ZIP生年月日で相談にのっていただいたものです。
その後電子本も買って、先生のアドバイスどおり一念発起し、
放送が終わった後から就職活動を始めました。
未の日以外のものはすべて落ちましたが、
8月20日の未の日にハローワークのインターネットで
偶然発見した美術品を扱う会社の事務の仕事で昨日内定をもらいました。
ハローワークで紹介していただいたときは、
内定していた人があったようで期待薄だったのですが、
昨日面接を受け夕方内定の電話を頂きました。
大学時代の就職活動とは大違いでした。
もともと大学も美術や芸術分野が好きで、芸大を受験したのですが不合格でした。
芸術分野に関わりたいという気持ちが伝わったのだと思います。
これからも先生の本を読んで勉強したいと思っています。よろしくお願いします!」
おいおい。キミは放送どころか、メルマガもきちんと読んでいないのかい(嘆)。
結果オーライだったから良かったし、
「未」の日以外は結局何をやっても無駄だということがわかったからいいけれど、
実際はよけいなことはいくらやってもダメ。自分を知って、それを活かしていかないとね。
思いがけず就職できたのは、無心になってBEをうまく使ったのと、勢いです。
天冲殺はスゴいでしょ。ですから、自然界に感謝して、精一杯流れに乗ってください。
肩の力を抜いて、何があろうと疑問に思わないで、受け身の積極性をだすのです。
そして、心の次元もあげることが必要です。
そのためには、BEの勉強もしっかりやってください。
でも、これはやむをえずの緊急手段です。
夢うつつの中でやったことですから、この2年だけ。
奉仕も忘れずにして、さ来年の7月(未の月)には、
もういちど現実の世界に帰るのですから、
生き方もいずれ変えねばならないことを忘れないでくださいね。
金10世界の中心で愛を叫ぶ綾瀬はるか根性
■読者メール「海寅」→
「結婚写真を撮るんだと、珍しくやる気を見せるサクちゃんが、
笑えるんだけど余計に悲しくなってしまう。
しかし何と言っても、今回は
綾瀬はるか(85-0323/宝酉※)の根性!
ホントに頭剃ってしまうなんて、サクちゃんも驚いたが、こっちも驚いたよ!」
おいおい、あれは特殊メイクだろー。

「映画で第2次大戦の日本兵の役をやったのに、
ロン毛でとおした大バカT.K(山申)は、恥を知れってんだ。
凄いよ、綾瀬ぇ・・・。
ところでサクちゃんの誕生日もわかりましたね。(70-1023/陽子)。
陽子と雨未(アキ/70-0702)か・・・・・・・。4時前生まれだとしても・・・・・」
害関係同士で交際してもねー。
というより両者が申酉天冲殺という設定が見逃せないのだろ。
やっぱり女子は大人だから、数ヶ月とはいえお姉さんだな。
しかし、アキの月干支は「海午」だから、サクと天剋地冲まであるではないの。
なんだか、トホホだねえ。

「今回のおまけは、三浦友和(52-0128/雨酉)と
堤防で話す
高橋克実(61-0401/木子)がカッコ良く見えたこと。
主演者全員が好印象という、珍しいドラマじゃないですかね♪」
妹(夏帆・91-0630/宝未)の影が薄いゾー。
おいおい、それだけ?
迫り来るバイクは?
なんだか、これじゃサクは午前4時前生まれの「草亥」の設定としか思えないねえ。
桜井幸子(73-1220/鉄寅)までも・・・で、あの子供と二人で生きていくのかな。
ところで、毎回予告編で流すシーンを期待してるのだが、結局は使われずじまい。
これって、もう1本内緒で作ってるのかな?
柴咲コウ(81-0805/草卯)のアキでは泣けないが(笑)、
いよいよ来週は感動の最終回だけれど、
実はもう1回分スペシャルに期待しちゃいけないのか?
 
 
■2004年08月29日(鉄辰)
有田哲平が干合年で弱気発言
■繰りかえし写真誌の標的になった有田哲平(71-0203/畑未)が、
「そっとしておいてください・・・」と泣きを入れる。
お笑いなら許されるという発想は危険。
生月冲殺に自己発揮の合コン三昧は似合わない。
「戌」年生まれ「畑未」は、他力運。
自分がネタになったらお仕舞いですよ。
日頃宣言していたように「アイドルと話題になって記者会見をしたい」は、
生月だからしなくていいという訳でもない。
ホリプロは圧力かけて、ほしちゃえば(笑)。
写真誌は、もう一弾くらい追い討ちをかけてくださいね!
小堺一機がクビの癌から復帰
■首のがん細胞摘出手術を受け『ごきげんよう』の司会を
お休みしていた
小堺一機(56-0103/畑巳)の復帰決定。
年支VS月支の害持ちが、才能を持続させるのは至難の業。
虎視眈々と後任を狙っていた、
磯野貴理子(64-0201/鉄辰)らは、
がっくりかも知れないが、あと少しですよ。
関ジャニ8が近藤真彦と演歌で刺激
関ジャニ8が25日(陽子)に発売したデビュー曲『浪花いろは節』が、
オリコンのデイリーの演歌・歌謡曲チャートで1位。
関西地区限定発売という初の試みにもかかわらず、品切れ店が続出しているとか。
ジャニーズ事務所のアイドルが演歌のチャートに登場するのは、
62年(海寅)に第1号グループ『ジャニーズ』を輩出して以来初めて。
総合チャートでも3位に入っており、掛け持ちにやられた演歌界は大丈夫か。
これなら、
近藤真彦(64-0719/畑巳)も新境地に行けるかも?
同じく関西地区限定で「白浜お助け節」とか、どうよ(奨)。
UAのインド製グッズ不出来の言い訳
■グッズでけっこう儲けているミュージシャンも多いらしいけれど、
ツアーで盛りあがったノリで結構買ってしまうのだろうね。
二束三文のTシャツやストラップとか、
どう考えても、ちょっとなあーという代物が多い中で、
さすがと思わせるのが、火性ゼロ(DNA車/牽なし)、
土性ゼロ(DNA龍/玉なし)の
UA(72-0310/鉄子※)のサイト。
「インド製につき、サイズ・縫製などが商品ひとつひとつによって異なる場合が、
多々ございますので予めご了承頂きますようお願い申し上げます。
また、検品は行っておりますが、縫製がザツな場合や製品によって
色ムラが生じているものも多々ございます。
日本製にはない風合いをお楽しみ頂ければと思います」だって。
年支と日支が同一で、まさにそのまんまという感じで、
反感は買われそうにないのだけれど、なんかテンション落ちそうで、イヤ(笑)。
DNA「禄」の半会なのにね!
平野眞の天冲殺婚なのに江角マキコ害年妊娠
■干合支害の10年運の害の年の害月に江角マキコ(66-1218/宝亥)が、
妊娠5ヶ月を発表。今のところ、誕生年月は、共通干支なしの予定。
エネルギー147点のわりには、虚勢をはって今までよく頑張ってきました。
これで引退のほうが格好いいですと言いたいけれど(10年運は、DNA牽)、
夫の
平野眞(65-1204/海辰)は年上の午未天冲殺で、
彼の条件なし天冲殺婚。何にも言えない・・・。
 
 
■2004年08月30日(宝巳)
小倉弘子のニュースキャスター抜擢
■去年(03年/雨未)の干合年では、お仕事中の居眠り写真まで撮られてしまった、
TBSの
小倉弘子(74-0904/山申)アナが、
『ニュースの森』(月〜金曜17:50)のメーンキャスターに抜てきされ、
報道番組に本格挑戦することになりました。
エネルギー点数のわりに水分が多すぎる人ですが、
木性年で、自身に2つ(日支/月支)もある「申」に呼ばれたのか、
はたまた弱い木性が補完されたのか、さすがDNA「車」の忙しい年ですね。
DNA「鳳」主導は、中立中庸の精神で悪くありませんが、
「車」が2つもあるので、スポーツだけかと思いましたが、
さすがやる時はやれるものです。
来年(草酉)は、
筑紫哲也(35-0623/鉄午)の代わりも出来そうですよ!
藤井フミヤの故郷の歌を無償作曲する奉仕
■生年冲殺で、主導DNAも伴星もDNA「牽」で、
格好つけて生きている
藤井フミヤ(62-0711/鉄戌)が、
周辺4町と合併する故郷、福岡県久留米市の新しい市の歌を
無償で作曲することになりました。
市役所内には、チェッカーズのメンバーと同級生職員も何人かいるそうで、
役所内も盛り上がっているとか。
先日亡くなった元メンバー
徳永善也(64-0607/灯亥)さんは、
(フミヤの)10年運「19歳畑酉」の害で共に歩いたメンバー。
現在の10年運は現在「39歳宝亥」で、DNA「石」。
友人関係をズル賢く格好をつける時期。
昔のことに触れたくなければ、どんどん無償の働きをしてくださいね!
桂三枝が気にする堀内孝雄の密着
■バブリー夏生まれの日座冲殺で、
金性ゼロ(DNA車/牽なし)の
桂三枝(43-0716/草亥)師匠が、
(干合支合関係のため)友人と信じている内外シーソー運の
堀内孝雄(49-1027/鉄寅)の、
「梅田コマ劇場10月公演『元禄夢一座/堀内孝雄オンステージ』」のために、
自ら作詞した『べーやんサンバ』をプレゼント。
「べーやんの歌はどれも素晴らしいが、しみじみと暗いものが多い。
ここらでひとつ、天王寺生まれのべーやんらしく、明るい歌に挑戦してもらいたい。
“マツケンサンバ”(@松平健/雨未)に負けないでほしいな!」
とエールを送ったようです。
しかし、三枝の月干支「畑未」は堀内の年干支「畑丑」を納音してしまいますので、
よけいなお世話というか、はた迷惑な応援団であります。
堀内も10年運「46歳畑巳」、DNA「玉」の害の最中ですが、
条件なし天冲殺明けの天剋地冲年で、頑張りたいところですが、ちょっとねえ・・・。
三枝こそ条件なしとはいえ、天冲殺ですから、
自分で歌ったほうが、目立つと思いますよ(笑)。
行定勲の金10世界の中心で愛を叫ぶ
■あの『世界の中心で、愛を叫ぶ』を演出した行定勲(68-0803/草巳)監督曰く、
「ぼくが子どものころ、家が貧しかったんです。
過労死はしたくないけど、そのころのハングリー精神が原動力だったりするんです」だって。
バブリー夏生まれでも、昨年(雨未)は10年運ターボ運付きの
10年運ラッキーカラーの「32歳雨亥」の最中の大成功。
そもそも、エネルギー287点中土性が127点もあるところに、
初旬が「2歳鉄申」の干合支合でしょ、
丁度いい金性で固まって根っこはしっかりはれたのでしょうね!
 
■2004年08月31日(海午)
五輪の感動は素晴らしいかな
■正に、沈黙は金なり。慌てず騒がずは、生月冲殺の基本ですね。
やるべきことをやって、待っている。本当に素晴らしかったですよ。
真の感動は、動のあとの静にこそ、味わえるものです。
ところで、種目が倍に増えて、金メダルが東京大会と同じと言われてもね!
五輪・室伏広治が繰り上げ金メダル
■読者メール(木申)→
「ようやく、先生が五輪開始前に予想していた人が、
繰り上げで金メダルになりましたね!」
予想しましたっけ? 簡単に忘れてる(笑)。

室伏広治(74-1008/海午)は、
生月冲殺らしく、ジタバタしなかったのが良かったのでしょうね。
それに引き換え、金を剥奪された
アドリアン・アヌシュ(73-0628/草未)は、
年干支VS月干支干合支害がつまづきの原因かもしれないですね。
それにしても、ドーピングは金性で、ダメージカラーですよね!」
干合が効くと、ラッキーカラーの雨が消えてしまいますからね。
ただでさえ土性が多いところにターボ運ですから、目立ってしまいます。
なんでも正直がいいんですよ!
でも、室伏も生月で、跡取というのもね!
和泉元彌の消えてなくなる裁判沙汰
■狂言師の和泉元彌(47-0604/陽子)が、
名誉毀損と損害賠償裁判で訴えを棄却されていたそうです。
「宗家がどこかというのは国家が決める問題ではない」という発言は、
けだし名言ですが、ならばこそ条件なし天冲殺ですし、これ以上争うのも無駄です。
小泉今日子は裏方が見合う
■水性ゼロの小泉今日子(66-0204/木午)が、
「もし次に恋をするならば、一緒にお酒が飲めて、お料理が上手な人がいいな」って。
前の人は夏生まれで、お酒はダメージカラーだったしね(笑)。
でも、あなたも燃えすぎて、自分がなくなってしまいますよ。
哀しいかな、尽くされることのない表裏なしの性癖です。
いくらDNA「禄」主導でも、伴星「牽」なのだし、
そろそろ人を表にだす側にまわったほうがいいですよ。
 
04年02月分 04年03月分 04年04月分 04年05月分 04年06月分
04年07月分 04年09月分 04年10月分 04年11月分 04年12月分
コラム総合目次//茶房会館(1 9 9 6 年〜)
さ く い ん
このページを美しくみる方法はこちら
プラウザのバックを使ってお戻りください●
BE●鳳積堂 Copyright(c)1994→2012 birthday-energy.inc.
BE●運命向上委員会BE●鳳積堂 きたでら
BE●運命向上委員会BE●運命向上委員会
BE●苺1BE●苺2