簡易地図★BEBE●移動祝祭日
BE●苺1BE●苺2
熱意と心のDNAで運命を科学する 運命評論家●BE
※「移動祝祭日」は、鳳積堂きたでらの私的感想頁です☆
2 0 0 3 年(雨 未)●03月分
西川貴教が露骨に藤本美貴にラブコールの刺激性●2003_0301
X JAPAN YOSHIKIが金欠に陥る毒持ち夢の名残り●2003_0301
中川家 中川礼二が広島で女性を殴る毒の影響●2003_0302
石原慎太郎の対抗馬が闘わない小宮山洋子では無理●2003_0302
吉田秀彦が毒を清算できぬ遊びぶり●2003_0303
田中美奈子京晋佑を騙す自己発揮●2003_0303
花田勝が六本木にチャンコ屋を夢毒重なり日に開店の哀れ●2003_0303
メロン記念日にメロンビールを進呈●2003_0304
神田うの山野幹夫との破局を認める●2003_0304
飯田圭織がソロデビューで大人の風格●2003_0305
hitomiに干合支害結婚を正統化させる愚か雑誌●2003_0305
中川家 中川礼二はマスク姿で全力疾走し新幹線で逃走●2003_0305
稲垣吾郎が六本木キャバ嬢と高級ホテルで過ごす水の中●2003_0305
南原清隆が崩れゆく不倫密会の水の中●2003_0305
滝沢秀明の遅すぎたCDデビューは初登場3位どまり●2003_0306
中居正広が脱げと言われれば脱ぎます発言のお遊び●2003_0306
仲間由紀恵ごくせんが台湾でも大成功●2003_0306
坂本冬美のセコイ計算は不発に終わる●2003_0306
テツandトモ テツが毒と夢の中で年下女性と同棲の愚か●2003_0307
堂本剛を語る詐欺事件の発生理由●2003_0307
中谷美紀きれいなおねえさんCM起用に違和感●2003_0307
安達祐実が騙されて黒田アーサーと同棲の大間違い●2003_0307
浜崎あゆみみずほ銀行の一億円の優先株を請ける●2003_0308
釈由美子が外国人掲示板で同居人を求める毒の中●2003_0308
高須克弥が脱税発覚の夢の中●2003_0308
橋本大二郎の義理の次男が強制ワイセツで逮捕の夢の中●2003_0308
常盤貴子が関西出身の大手代理店社員と交際の夢の中●2003_0309
国生さゆりがいつの間にか東京に舞い戻る水の中●2003_0309
中川家 中川剛が弟の不祥事で急性膵炎の干合支合●2003_0310
河合美智子が結婚前提恋人を公表もまだ恋人でいたいの愚●2003_0310
堤真一に騙される内山理名の夢の中●2003_0310
飯田圭織に試される香取慎吾の夢の中●2003_0310
矢井田瞳ポルノグラフィティに翻弄される水の中●2003_0310
島谷ひとみ中田浩二と交際しても実りなし●2003_0310
V6 長野博渡辺満里奈と交際しても発展せず●2003_0310
ネプチューン 堀内健とラジオで再会の夜●2003_0311
篠原ともえ中村獅童と交際も春は遠い●2003_0312
中村由真前田耕陽を押し切って離婚の水の中●2003_0312
長瀬智也の木10ムコ殿2003キャスティングに愕然●2003_0313
松嶋菜々子のそろそろ出産願望の危険●2003_0313
松坂大輔が芝浦の新居で田中麗奈のポスターに頬ずりする夢の中●2003_0313
板東三津五郎生稲晃子と熱愛の夢の中●2003_0314
SPEED 新垣仁絵がアートとはいえない野人の個展●2003_0314
保阪尚希がどんどん高岡早紀から遠ざかる●2003_0314
伊良部秀輝阪神タイガースで復活する●2003_0314
大貫亜美GLAY TERUに内側害持ち縁なし女児が誕生●2003_0315
キングコング 梶原雄介倒れて西野亮廣に追い風なるか●2003_0315
魚住りえが寸止め接待を写真誌に撮られた夢の中●2003_0315
葉月里緒奈は使い時なのに残念だね●2003_0315
魚住りえ元木大介と交際説まででる夢の中●2003_0316
よしもとばななが負った歩行困難という代償●2003_0316
平野啓一郎の稚拙情交小説高瀬川のギャク性●2003_0316
えなりかずきが怖いのは母親というわかりやすさ●2003_0317
川島なお美はペットの犬にもワインを与える●2003_0317
小田瑞穂が空中回転で話題になるのも今だけ●2003_0317
筑紫哲也世界に一つだけの花を反戦歌と発言●2003_0318
武田真治が交際相手をほのめかす人生の節目●2003_0318
ジュエミリア 鈴木えみ沖樹莉亜がリセットする花畑●2003_0318
SAYAKAが美容師見習いと母親公認自宅デートの愚かしさ●2003_0319
椎名林檎の新作アルバムが失速の報い●2003_0319
岡田美里が再婚も全てをぶち壊すはずの夢の中●2003_0319
近藤真彦KONDOU Racingの来期新体制発表の自慢ぶり●2003_0320
長谷川京子が若草色でなく茶髪を春らしくというズレ●2003_0320
明石家さんまがカード詐欺被害に遭う大事件●2003_0321
安西ひろこCHEMISTRY 川畑要と復活同棲の無惨●2003_0321
草なぎ剛柴咲コウ問題で木村拓哉と確執●2003_0321
爆笑問題 太田光田中裕二の本当の仲●2003_0322
松井秀喜をめぐる松たか子逸見愛の確執●2003_0323
松嶋菜々子が着々と出産準備も危険がいっぱい●2003_0323
岡田美里の金の亡者再婚の夢の中●2003_0323
柳沢敦にイタリアからのオファーは夢の中●2003_0323
サダム・フセインの危ない夢の中●2003_0325
ジョージ・ブッシュは戦争大好きでいくらか好調●2003_0325
トニー・ブレアはお疲れモード●2003_0325
安住紳一郎千野志麻が観劇デートも発展なし●2003_0326
モーニング娘。道重さゆみ田中れいなに期待する●2003_0326
鈴木あみ滝沢秀明の誕生日に純白ベンツS500を贈る●2003_0326
林家こぶ平が九代目林家正蔵を襲名決定●2003_0326
訃報.古尾谷雅人が自死を選んだ毒持ちの夢の中●2003_0327
仲間由紀恵が肌荒れが凄い真の原因●2003_0327
中田英寿のセンスのないイタリア風ファッション●2003_0327
高橋克典が祇園の有名芸妓佳つ乃と交際の哀れ●2003_0328
小室哲哉globe KEIKOが仕事のために別居●2003_0328
桑名正博が生月害持ちなのに実家を継いで破産寸前●2003_0328
モーニング娘。石川梨華No.5で威風堂々●2003_0328
岡村隆史織田裕二の踊る大捜査線の毒対決●2003_0329
石川さゆりに2億2千万円の賠償命令くだる雨降りの中●2003_0329
ジョージ・ブッシュサダム・フセインを水攻めが正しい●2003_0329
鈴木あみが名目上SONYに勝とうとも復活は無理●2003_0330
西田敏行は心筋梗塞から復活も放出不足の夢の中●2003_0330
伊良部秀輝が2361日ぶりに日本で復活●2003_0330
矢口真里ミニモニ卒業で失速加速かな●2003_0331
石原慎太郎の選挙ポスターが切り裂かれる●2003_0331
樋口恵子石原慎太郎に挑む分の悪さ●2003_0331
 
■2003年03月01日(土)雨酉
西川貴教が露骨に藤本美貴にラブコールの刺激性●
執心。PUFFY吉村由美(75-0130/陽子)に捨てられた
バツイチ男の
西川貴教(70-0919/海寅)が、
こともあろうに昨年末から自分のラジオ番組(オールナイトニッポンスーパー)で、
ほぼ毎週のように
藤本美貴(85-0226/陽申)に対し、
「応援してます」だの「みんなが大好きなミキティ」とかラブコールを送り、
双方のファンからも、「公共の電波を使ってやるなんて、いきすぎでは」との声もあがっている。
BEではあまり評価できかねる二人だが、西川の月干支「草酉」は、
藤本の年干支「草丑」を大半会し、仕事上の運を果てしなく伸ばす仲。
日干支は天剋地冲となり刺激的だし、
「陽」と「海」は双方輝くことが出来るラッキーカラー同士だ。
藤本は、まがりなりにも、
つんく♂(68-1029/海申)所属だが、
条件なし天冲殺でこの世界にかかわっているのだから、伸びはなし。
いっそ、一生西川に面倒みてもらうのも、悪くはないと思うのだが(笑)。
 
X JAPAN YOSHIKIが金欠に陥る毒持ち夢の名残り●
金欠。10年間これといったヒット曲に恵まれない、
X JAPANYOSHIKI(65-1120/山寅)が、
住んでいるロスアンゼルスの豪邸とオフィスを売りにだそうにも買い手がつかず、
金欠病に陥っているという。
YOSHIKIは、冬生まれの「山」。
ただでさえ、薄ら寒く人が寄ってこないのに、
ラッキーカラーにあたる旧知の
TOSHI(65-1010/灯酉)と仲違いしたあげく、
本拠地を決して移してはいけない「山」が、
海外に暮らしているようでは、遅からず破綻するのは見えている。
まして、条件なし天冲殺の海外移住では、
虚の土地に「山」が置かれている訳だから、いつまでたっても落ち着く訳がない。
かつてYOSHIKIが一時的な財を築いたのは、「24歳木申」の10年運天冲殺の時期。
この時期に稼いだ財は、器以上のものになりやすく、
積極的な社会還元をしていかないと、抜けたあとに、全て藻くずになってしまう。
YOSHIKIの現在の10年運は「34歳雨未」で、ダメージカラー。
ラッキーカラーの月干「灯」も、ほとんど消えかかっている。
今年(03年/雨未)は10年運と同じ干支がまわり、干合(変心)して、帰国せねば大変危険。
しかも、大損覚悟で逃げだしてこなければ、ならない。
ノロいのが「山」とはいえ、このままほっておけば、
年支「巳」VS日支「寅」の表裏人間が切れる、
条件なし天冲殺+天剋地冲である来年(04年/木申)に右往左往することになり、
ひょっとしたら存在できなくなる恐れあり。
ダメな「山」の先輩
小室哲哉(58-1127/山申)も、
同じようなことをして、大財産をすったようだが、
税金もロクにおさめない連中の末路は惨め。
もはや死に体で、復活は至難の業だが、生き延びる唯一の方法は、
再生してくれるような相手と結婚するだけ。
生日冲殺で表裏人間のYOSHIKIに心を許せる女性が
あらわれるか疑問だが、それしかない! 
 
■2003年03月02日(日)木戌
中川家 中川礼二が広島で女性を殴る毒の影響●
滅亡。どこがいいのか全くわからない漫才コンビの中川家
弟・
中川礼二(72-0118/山申※)が、
02月28日未明(前日扱いで宝未、干合年の天剋地冲天冲殺月の月干支納音日)広島市内で、
路上でナンパしたばかりの21歳の女性を飲食店内で、
頭を殴ったとして、広島県警広島中央署から暴行容疑で事情聴取を受けていた。
所属の吉本興業では、謹慎処分にするもようだ。
中川は、DNA「調」主導で、偏屈。
「調+車」は、常にいら立ちを隠さず、
何かにエネルギーをぶつけていないと、もたない輩。
「調+禄」は、極端な発想。
「調+調」は、常識なし。
「山+調+丑月」は、子供っぽい反抗心。
宿命の特長は、火性ゼロ(DNA龍/玉なし)の野人だが、
今年(03年/雨未)は干合で女性に縁あり、女性に接すると日干は「陽」に変化するが、
これが年干・月干(共に宝)と二次干合すると、
日干は「海」、年干と月干は「雨」に変わり、天干一気が完成するが、
年支「亥」と日支「申」は害のため、天干一気干合支害となり、自爆する。
また、月干支「宝丑」が「雨丑」になれば、
月干支納音となり、自己の立場を失いやすい。
バツ1というフレコミだが、ようは女性に接してはいけないのだ(嘆)。
解説はこれだけでは終わらない。
そもそも中川が、この世界に参加したのが、
10年運「14歳畑亥」の妥協とズルの害の時期。
いくら害持ちの表裏人間でも、社会参加が害では超危険。
兄も先頃、年下の天干一気との入籍を披露したばかりだが、
吉本興業は謹慎どころか、永久追放にでもしてしまったほうが、
本当は本人達のためになる。
 
石原慎太郎の対抗馬が闘わない小宮山洋子では無理●
負戦。東京都知事選で再出馬の意向を固めている
石原慎太郎(32-0930/木午)知事への対抗馬として、
民主党は同党都連副会長の
小宮山洋子(48-0917/草巳)参院議員を擁立する方向だという。
小宮山は、DNA「車」主導で、一見闘争本能抜群のように見えるが、
エネルギー145点とアイドル並みのパワーしかなく、
「草+車+酉月」は、騒々しいだけで迫力なし。
10年運「53歳草卯」は、ターボ運に支えられた10年運天冲殺だが、
「子」年生まれ「草巳」は、受け身。
その気にさせられるのは、今年(03年/雨未)のDNAキーワードが
「龍」のためやむをえないが、後出しジャンケンでも、タマが悪いという下馬評だ。
もっとも、
菅直人(46-1010/灯巳)代表からして、
水性ゼロ(DNA車/牽なし)の弱腰。
「タカ派の石原に対し、ソフト路線の女性候補で勝負する」なんて、
ハナから勝つことを意識していない言い訳だ。
闘わない女性は、支持されないのだよ!
 
■2003年03月03日(月)草亥
吉田秀彦が毒を清算できぬ遊びぶり●
通告。格闘家に転向して羽振りがよくなった吉田秀彦(69-0903/宝巳)が、
愛車はベンツ、銀座で豪遊の毎日。
先頃、5年前の98年(山寅)から交際中の婚約者に
「もう、5年間遊ばせて」と非情な通告をして、
すわ婚約破棄かと騒がれたが、交際開始の98年は月干支「海申」の天剋地冲と、
日支「巳」の害の時期。とっくに清算せねばならなかった筈。
さすが、木性ゼロ(DNA禄/司なし)で、
身に付かない金銭物質が寄ってくると、優しさのかけらもなくなる。
もっとも、生年生月冲殺は、いくらDNA「鳳」の遊びの年といえども、
自己発揮は禁止だったんじゃないのか。
取り巻きが悪いとしか、思えない(笑)。
 
田中美奈子京晋佑を騙す自己発揮●
波乱。TBS系昼ドラ「ワンハート」に出演中の田中美奈子(67-0912/畑卯)。
古くは、
田原俊彦(61-0228/海辰)や舘ひろし(50-0331/草丑)と浮き名を流したが、
水性ゼロ(DNA禄/司なし)の潤いのない体質もあって、このところはサッパリ。
ところが、宿命にない真水の今年(03年/雨未)の
干合月(木寅)になって、久々に交際相手が浮上した。
相手は「ビューティフルライフ」や「ショムニ」にも出演した、
活動休止中の「第三舞台」所属の
京晋佑(64-0104/海子)。
一緒にボランティア活動をする仲といい、
どちらかと言うと恋人より同志的つながりに見えるようだが、
生月冲殺と生年冲殺が交際するのだから、もっともなこと。
京は、DNA「石」主導で、誰とでもそれなりに付き合えるタイプ。
宿命の特長は、エネルギー164点中、水性119点という変わり者。
火性ゼロ(DNA禄/司なし)、土性ゼロ(DNA車/牽なし)、金性ゼロ(DNA龍/玉なし)は、
野人を通りこして、奇人変人の類。
気になるのは、二人には共通干がないばかりか、
田中の月干支「畑酉」が、京の年干支「雨卯」を天剋地冲することで、
京には何らプラスにならないどころか、
ただでさえ稼働力がない人が、息の根止められる格好。
秋生まれの「畑」である田中に水分は不要だが、
同時に作物である異性を刈り取るだけの人でもある。
京は、今年は妥協(DNA石)の害年。
かかわってはいけない相手だが、
待望のラッキーカラー天冲殺の来年(04年/木申)を目前に、田中の決断がミモノだ。
 
花田勝が六本木にチャンコ屋を夢毒重なり日に開店の哀れ●
立場。今年(雨未)は月干支「畑丑」の天剋地冲で、立場が大きく変わる、
元横綱の
花田勝(71-0120/草巳)が、DNA「龍」の改良改革年でもあり、
大安の03月18日(鉄寅)に、六本木に「Chanko Dining 若」をオープンさせる。
兄弟が共に永く同じ土俵で成功することはまずないが、
条件なし寅卯の彼が、申酉生月冲殺、
しかも日座冲殺の弟に負けたのは、悔しい限りだろう。
格闘家転向は「痛いから、やめた」そうだが、
満を持して開くチャンコ屋が、条件なし天冲殺月の干合支害天冲殺日に
オープンという間抜けぶりでは、笑いがとまらないどころか、哀れに思えてきた。
離婚もまもなくだろう!
 
■2003年03月04日(火)陽子
メロン記念日にメロンビールを進呈●
節句。03月03日のラジオは、03月12日(木申)にアルバムが発売される
メロン記念日(灯未)から、斉藤瞳(81-1031/海午)と
村田めぐみ(81-0303/鉄辰)の二人が、かけつけてくれた。
村田の誕生日に、番組としてバースデーケーキとシャンパン、当方は桃の花を用意。
他にも、鉾田町の農家特製のメロン・ビールを全員に贈呈した。
スタッフ用のメロン・ビールをその場であけたが、冷えていないのと青くさいとかで不評。
いちおう、メロンなんだけど・・・。ま、しかたないか(笑)。
斉藤は、今年(03年/雨未)月干「山」の干合があるので、
夢・目的や目下の変化により「陽」が出現するので、
ラッキーカラー強化で引力本能が生まれる。
うまく立ち回ってもらいたいものだ(DNA石)。
村田は、DNA「調」で、限定された表現方法(作詞など)が望まれる。
生月冲殺のメロンにとっては、流れにのっていくのが得策だが、
3年目にして初アルバムは初回特典もあり、お買い得。
ラッキーカラー日の発売でもあり、売れるはずだ。
今年のテーマは、DNA「車」なので、
とにかく闘争本能むきだしで、忙しくなんでもこなしてもらいたい。
そうすれば、来年(04年/木申)は待望のラッキーカラー年だし、
生年冲殺の斉藤と村田にとっても、
条件なしとはいえ干合天冲殺の大谷も、そろって話題になる。
柴田の条件なし天冲殺で走っている現在よりも、強力なパワーが生まれるのだ。
あと一年なんとかしてもらえば、ブレイク間違いなし。
舞台裏では「社長にお願いしよう」という声も聞かれたが、
モー娘。(草亥)の分裂を予告したBEを、ぜひとりいれてもらいたいものだな。
 
神田うの山野幹夫との破局を認める●
破局。お騒がせな話題ばかりで、本業の良さが少しも伝わってこない、
神田うの(75-0327/海申※)が、
先頃婚約者とされていたヤマノグループの御曹司で
ヤマノビューティメイトの
山野幹夫(68-0829/宝未)社長に、
婚約指輪を約一年前に返したことを認めた。
理由は「結婚で幸せになるかなと考えたら、そうは思えなかった」とか。
一年も前の話を今さらという感もするが、
相手の山野も「もういちど、プロポーズする」と未練がましい。
二人には、全く共通干がないばかりか、
山野が戌亥天冲殺のクセに、家業にかかわっていることも要因だが、
一番大きな理由が、山野の10年運が「33歳木子」に入っており、DNA「司」の害。
家族の猛烈な反対が原因だ。
もっとも、神田は火性ゼロ(DNA禄/司なし)の野人。
御曹司との結婚など、似合わないだけというのが、BE流の判定だ。
 
■2003年03月05日(水)灯丑
飯田圭織がソロデビューで大人の風格●
難関。モー娘。(草亥)の飯田圭織(81-0808/山午)が、
04月23日(陽寅)に、フレンチポップスやシャンソンの名曲をカバーした
アルバムでソロビューすることがわかった。
フランス、イタリア、ギリシャといった地中海沿岸国のスタンダート曲を、
全てその国の言語で歌うという快挙で、
「難しくて、デビュー以来初めて挫折しそうになったんですが、全力で歌いきりました」と、
さすが本年(03年/雨未)は干合支合年だし、
発売月(陽辰)も発売日(陽寅)もラッキーカラー日で、
DNA「龍」(改良改革/海外)で、手応えがあるのだろう。
飯田は、DNA「貫」主導で頑固だが、状況環境により変化を見せる、秋の「山」。
同じ干合の
矢口真里(83-0120/山申)や新垣里沙(88-1020/山申)が、
脱退した
後藤真希(85-0923/草丑)のパートを務めるなか、
飯田にも何か役割が生まれるはずと予測していたが、
宿命にない木性月(DNA車/牽なし)で、
ようやくソロデビューにこぎつけたのは、真打ち登場ということだろうか。
満を持して新たな挑戦をするということで、山崩れしなくてすむのかも。
飯田は、現在10年運「20歳山戌」で、
「20歳山戌/30歳畑亥/40歳鉄子」の変剋律10年運(異常干支の3連続)のなかで、
精神苦を与えられると才能に磨きがかかる時期。
初期「たんぽぽ」での、独特の高音に伸びる声は一部に熱狂的なファンもいるほどで、
大人の風格がでてきた今回の試みは大いに期待できるものだ。
 
hitomiに干合支害結婚を正統化させる愚か雑誌●
告白。昨年(02年/海午)の60年に一度の干合支害年に、
10代の頃の遊び相手と復活したあげく、こともあろうに結婚までしてしまったという、
二重のハンデを背負っている、
hitomi(76-0126/灯丑)が、
本日(灯丑)発売の時代遅れの女性誌の表紙を飾り、
見当違いの結婚生活について告白している。
「新しいことを始めると、人生が変わる!?」という特集のなかでの話だが、
誰しも見境なく新しいことを始めても、タイミングが重要なのに、
わかっていないこの雑誌は、
hitomiに「向かう方向は違うけど、玄関が一緒」という
言い訳までさせているのには、驚いてしまった。
結婚とは、男女がひとつの目的を共有して、達成するものであり、
方向性が違うのでは、ただの同居人だ。
10年運にも運型にも、ほとんど見るべきところがなく、
勢いだけでここまできた人なので、今年(03年/雨未)は、月干支も日干支も天剋地冲。
こんな調子では、来年の条件なし天冲殺を待つまでもなく、
2階にあがったのはいいが、梯子をはずされるのは、決定的だろう。愚かな人だ。
 
中川家 中川礼二はマスク姿で全力疾走し新幹線で逃走●
逃走。広島市内でナンパした女性相手に、泥酔したあげく、
「やらせろ」と迫ったあげく、相手女性に「デブはイヤだ」となじられたとかで、
暴行をはたらいたとされる
中川家中川礼二(72-0118/山申※)。
マスク姿で全力疾走して、広島駅で新幹線に乗り込む姿が報道された。
どうせヒマなんだから、そんなに見られたくないなら、クルマに乗って移動しろってば(笑)。
 
稲垣吾郎が六本木キャバ嬢と高級ホテルで過ごす水の中●
密会。今年(03年/雨未)は干合年で、仕事はヒマなのか、
女性問題で話題になるしかない
稲垣吾郎(73-1208/山寅)が、
六本木のキャバクラで働いていた24歳の女性と、
新宿の高級ホテルで、02月20日(木子)の午後に、2時間半ほど密会していた姿を、
発売中の女性誌に写真入りで、報道されている。
相手の女性にも恋人がいるとされ、火遊びということだが、
不可解なのは稲垣が、未だ
菅野美穂(77-0822/宝亥)と
交際していると同誌でも紹介されていること。
この件で稲垣は菅野に謝罪したようなことが、まるで見てきたように書かれている(笑)。
98年(山寅)の稲垣の律音、菅野の条件なし天冲殺+月支VS日支の害切れで、
スタートした交際を、いままで何の結論もださず、ひきずっているとしたら、
意図的なものでも隠されていないと、信じがたいことだ。
 
南原清隆が崩れゆく不倫密会の水の中●
崩壊。10年前の干合支害年に結婚した、南原清隆(65-0213/山戌)の不倫密会が、
発売中の女性誌で報道されている。
南原は、DNA「龍」主導で、落ち着くことのない「山」。
水性ゼロ(DNA禄/司なし)のため、財力とひきかえに優しさが欠如した人。
今年(03年/雨未)は、10年ぶりに訪れた干合年。
月干も「山」のため、本人ばかりか夢も進み行く方向もすべて変化する。
そろそろ決断をするしかない。
 
■2003年03月06日(木)山寅
滝沢秀明の遅すぎたCDデビューは初登場3位どまり●
失敗。女子高の卒業式にノーギャラ出演したり、
発売中の「週刊朝日」の表紙にまで露出した(効果あるのか?)、
02月26日(鉄午)にシングルリリースした、
タッキー&翼のデビュー曲『卒業〜さよならは明日のために〜』が、
03月10日(海午)付のオリコンチャートで、
7万枚あまりの売上で、初登場3位にランクインした。
上には、1位に約37枚を売り上げた「明日への扉/I WiSH」、
2位に約53万枚売上の「月のしずく/RUI(草卯)」という
強力なロングセラーが居座っているためのものだが、
最近のジャニーズ事務所の落ち目を物語るようだ。
さほど人気があるとは思えない
今井翼(81-1017/山辰)はともかく、
かつてはソコソコのファンがいたと思われる
滝沢秀明(82-0329/宝亥)には、屈辱だろう。
BE的理由をいくつかあげておこう。
(1)滝沢は、今年(03年/雨未)一応ラッキーカラー年だが、
年干「海」と月干「雨」と、
ふたつのラッキーカラーを宿命に所有するため、どっちつかず。
(2)生月冲殺のため、月運天冲殺に発売するより、
年運天冲殺(98年=山寅/99年=畑卯)を使うべきだった。
SPEED重視の世の中なのに、一般認知されてから、ひっぱりすぎた。
(3)生月冲殺の滝沢が、これまで事務所の方針を無視して、
上原あや(82-0506/畑丑)や鈴木あみ(82-0209/雨亥)と交際したあげく、
マスコミにとりあげられ、事務所のひんしゅくをかった。ある意味、自業自得。
と言った、ところだろう。
滝沢は、初旬「2歳木辰」で日居冲殺10年運。DNA「司」。
これは、家庭や組織の犠牲のうえに、成功がなりたつもの。
「戌」年生まれ「宝亥」は受け身の人生。
生月冲殺ばかりか、自己発揮は命取り。
自分でどうこうするのではなく、組織に身をゆだねてブレイクする人が、
これではじり貧になるのも、やむをえない。
持続力もないので、来週はベストテン圏外も確定的だ。
 
中居正広が脱げと言われれば脱ぎます発言のお遊び●
暴言。生月冲殺でノリがいいとはいえ、
今年(03年/雨未)は月干「山」の干合で、
すぐ近くに異性を意味する火性(DNA牽な)が出現する、
木性ゼロ(DNA禄/司なし)で不真面目な
中居正広(72-0818/宝巳)が、
レギュラーのラジオ番組「サムガール スマップ」で、
初めて公開録音に挑戦することがわかったが、
観客募集の告知では「脱げと言われれば、脱ぎます」と大胆発言したそうだ。
中居は、生月冲殺なのだし、芸人ではなくアイドル(笑)なのだから、
このような発言はご法度。
発言にとどまらず、実際にやってしまってはアウトだが、挑発だけなのは、もっと野暮。
ヘタに気分が変わっても、しょせん奉仕なし。
10年運「27歳宝亥」は、納音で壊れるばかりか、
この干合月干「陽」と二重干合すれば、
それぞれ「海」と「雨」になり、月支との害が加速され、収拾がつかなくなる恐れ。
本来の「宝」から年運「雨」を見れば、DNA「鳳」で遊び心。
ファンサービスのつもりでも、行きすぎて自爆かも。
そんなヒマは、ないだろう?
 
仲間由紀恵ごくせんが台湾でも大成功●
降下。宿命に水分ゼロ(DNA龍/玉なし)の柴咲コウ(81-0805/草卯)のおかげで、
1〜3月期のドラマ視聴率第1位をキープしている、
「GOOD LUCK!!」の
木村拓哉(72-1113/山申)だが、
海の向こう台湾では、日本でもズッコケた「空から降る一億の星」が絶不調で、
高額の放映権料を支払ったものの数字をとれず大損害だとか。
逆に人気なのは、「ラブレボリューション」や「アンティーク」の
藤木直人(72-0719/宝亥)なのだとか。
「山」のキムタクが、海外で永続的に活躍など出来ぬし、
今年(03年/雨未)はダメージカラー年だから当然。
替わった藤木はラッキーカラー半会で、それなり。
ところで、そうはいっても、最高視聴率を獲得したのは、
水分ゼロ(DNA禄/司なし)の
仲間由紀恵(79-1029/畑巳※)の「ごくせん」だというから、
けっきょくはオトコが弱いには、変わりなし。
極端な女性が力を発揮するという時代なのだ(笑)。
 
坂本冬美のセコイ計算は不発に終わる●
不燃。すい臓ガンの疑いで一時は死亡説もでていた
演歌の
坂本冬美(67-0330/雨巳)が、
一年ぶりに復帰とかで、一部愚かなマスコミが騒いでいるが、これほどおかしい話はない。
坂本がギャラの配分に不満を持ち、
事務所にサボタージュを行っていたのは周知の事実だが、
生年冲殺が自己都合で、こんなバカげたことをしてはいけない。
たとえ、昨年(02年/海午)のキーワードがDNA「石」で、ズル賢いであろうと変わりなし。
そもそも、妥協が嫌で逃げただけでは、賢くない(爆)。
ファンの飢餓状態を誘っているようだが、そんな悠長な話は、
今の(SPEEDの)時代には通用しない。
天冲殺こそが売りなのが、生年冲殺。
復帰しても多少のご祝儀はあるだろうが、
10年運ラッキーカラー天冲殺だろうと、流れに乗れない人は、持ち腐れ。
「未」年生まれ「雨巳」は、ストレートな人生。
蛇行した「川(雨)」には未来なし!
 
■2003年03月07日(金)畑卯
テツandトモ テツが毒と夢の中で年下女性と同棲の愚か●
無縁。「なんでだろー」で話題の
テツandトモ(テツ=70-0509/畑丑、トモ=70-0510/鉄寅)。
共に条件なし天冲殺ということだけで売れている二人だが、
いかにも畑顔のテツに同棲中の女性がいることが、女性誌の取材でわかった。
相手は、27歳の宝飾デザイナーで、売れない頃からのバイト仲間。
同棲開始は昨年末からだという。
当方は、昨年(海午)の08月のラジオ番組で二人にあっているが、
「売れても、いまだけだ」ということと、
「結婚に縁なし」(テツ→配偶者にあたる木性ゼロ=DNA車/牽なし、初旬害。
トモ→月支VS日支害、戌年生まれ鉄寅は内外シーソー)ということを伝えてあった。
水性ゼロ(DNA鳳/調なし)のトモは期するところがあったようだ。
テツは具体的にこの女性の生年月日をあげて質問をしてきたが、
あまりにも些末なことなので言下に否定しておいた。「仕事やれ」と(笑)。
「同棲してるのに、入籍しないの、なんでだろー」なのだが、
これは当方の鑑定を守ったからではなく、10年運で木性が出現しようと、
一時的なことなので、そんな余裕がないということなのだ。
午未天冲殺の二人は、本来お年寄りにうけるべく芸を磨くのが本筋だが、
そのような努力をしているとは思えず、ひたすら流されているだけ。
トレードマークの赤いジャージを外に干しておいて、バレたそうだが、
まだまだ寒いのだし、部屋干ししろよ(爆)と言っておこう。
条件なし天冲殺+害の、不安と浮つきの時期に、
午未天冲殺が年下女性と一緒(事実婚)になっても意味はない。
ただ、落ちるのを早くするだけ。
助言を真剣に受け止めることができないのが、この時期とはいえ哀れなことだ。
 
堂本剛を語る詐欺事件の発生理由●
詐欺。ジャニーズ事務所の関係者を装って、
ファンの女性から現金を騙しとる事件があった。
「堂本剛君が番組に穴をあけて、謹慎を言い渡されました。
謹慎を解くためには100万円ほど必要です」だとか、
「堂本君の旅行費用が30万ほど足りません」などと
他愛もない戯れ言メールを信じて現金を渡すほうもどうかと思うが、
標的にされた
堂本剛(79-0410/灯未)は、
金性ゼロ(DNA禄/司なし)の野人(春生まれの灯のため)。
エネルギー302点もあるわりには、稼働力が少ないので、やむなし。
今年(03年/雨未)は、月干「山」の干合で、「陽」が出現するため、
ファンの変化により、窮地にたたされる。
気にすればするほどロクなことはないが、
今回の事件はジャニーズ事務所が、
マネージャーなどに簡単に名刺を持たせないことを逆用されたもの。痛し痒しだ(嘆)。
 
中谷美紀きれいなおねえさんCM起用に違和感●
唖然。松下電工の「きれいなおねえさんは、好きですか」の4代目キャンペーンガールに、
こともあろうに
中谷美紀(76-0112/雨亥)が起用されることになった。
92年(海申)の
水野真紀(70-0328/灯未)以来、
松嶋菜々子(73-1013/海午)、片瀬那奈(81-1107/畑丑)と、
すべて25歳以下の起用ばかりか、寅卯→申酉→午未という、安全路線でやってきたのに、
27歳の子丑天冲殺を使うというのだから、ビックリ。
条件なし天冲殺の野人から、変わるのはけっこうなことだが、
いくらなんでもトウがたちすぎ。これで、いいのか。
 
安達祐実が騙されて黒田アーサーと同棲の大間違い●
改良。宿命に水分ゼロ(DNA龍/玉なし)の安達祐実(81-0914/草未)が、
21歳年上の
黒田アーサー(61-0201/草丑)と、
ついに同棲を始めたことが夕刊紙の取材でわかった。
安達のギャラはこれまで、でしゃばりな母親名義の口座に振り込まれていたようだが、
今後は本人名義口座に振り込むよう、事務所に要求しているという。
安達は、DNA「車」主導で、単純。
エネルギー190点ながら、金性過多(90点)のうえ、
正式な配偶者成分「鉄」なく、結婚運薄い。
今年(03年/雨未)は、宿命にない水分が出現して、放浪(笑)。
黒田は、DNA「禄」主導で、いつまでもスター気取り。
「禄+龍」は、視野狭い。
「草丑」の左3「禄」は、相手の財を消耗させるヒモ体質。
交際発覚した昨年(02年/海午)は、月支・日支(共に丑)とも害で、不安。
今年はそれを払拭する時期ながら、10年運「41歳木午」で妥協の害。
「子」年生まれ「草丑」は、内外シーソー。
ラッキーカラー火性ゼロの野人の黒田が、
八方ふさがりの打開策として、安達を利用しているのは明白。
共通干があるとはいえ、日干支同士は納音。
安達の日干支「草未」と、黒田の月干支「畑丑」は天剋地冲。
黒田の日干支「草丑」が年干の「鉄」に干合されると「宝丑」になり、
安達の年干支「宝酉」を大半会するという、
複雑な組み合わせだが、本来は仕事上の付き合いで、
私生活まで入り込むような間柄ではない。
安達は、次旬「28歳鉄子」が干合支害となり、
この先も異性に翻弄される見込みだが、
こんなレベルの低いことをやっていては、お先真っ暗。
母親はかつての祐実の仕事関係者と再婚し、
その義理の父親と黒田とは、ロクに歳が違わないという、
不思議な環境で育ったのだから、屈折するのも仕方なし。
 
直撃。政治資金規正法違反共犯容疑で、現職国会議員の佐賀1区選出の
坂井隆憲(47-1125/山申)代議士が、逮捕される見込みだ。
坂井は、年支+月支VS日支害の表裏人間と同時に、
最後が華にならないトホホな人物。
DNA「禄」主導は、自己愛の象徴。
「山+禄+亥月」は、かんじんな時に側近や所属組織に裏切られる。
年支も「亥」であり、この傾向は顕著。
今年(03年/雨未)は干合で、日干「山」が「陽」になれば、
月干「宝」と干合支害が形成され、害の威力が増す。
発覚した「木寅」月は、条件なし天冲殺+天剋地冲月で、
不完全な害人間が破壊され、たくらみが表出した時期。
10年運も「46歳陽午」のラッキーカラーをすぎ、「56歳草巳」に突入したのだから、
DNA「牽」で名誉が破壊されることになった。
坂井は、亡国首相の出身母体森派の4回生で中堅幹部とか。
首相の責任も追及されようが、そこは生月冲殺なので、我関せずだろう。
ところで、献金先の日本マンパワーが「断り切れなかった」とは、フザけている。
派遣会社がいかに暴利を貪っているかが証明されたわけだが、
これだけとっても未だ派遣社員をやっている連中の気がしれないというものだ。
こういう輩を国政に送りだしていた佐賀1区の住民ともども、
大いに反省すべきではないだろうか。
 
■2003年03月08日(土)鉄辰
浜崎あゆみみずほ銀行の一億円の優先株を請ける●
株主。昨年(02年/海午)度の推定年収11億5千万で、
芸能スポーツ部門のトップを飾った
浜崎あゆみ(78-1002/灯酉)が、
みずほ銀行六本木支店の要請をうけて、
みずほファイナンシャルグループの不良債権処理のために実施される、
総額1兆円にのぼる第三者割当(優先株式の発行)のうち1億円に応じることになったと、
発売中の週刊誌が報じている。
木性ゼロ(DNA龍/玉なし)、水性ゼロ(DNA車/牽なし)の野人としては、
金銭物質しか頼りになるものがないのは、同情を禁じ得ないが、
誰か「奉仕」という二文字を教えてやるのは、いないのだろうか。
愚かなことだ。
 
釈由美子が外国人掲示板で同居人を求める毒の中●
募集。木性ゼロ(DNA禄/司なし)の薄倖の釈由美子(77-0612/鉄子)。
今年(03年/雨未)の害年を迎えて、露出を抑えているのか、
はたまた単に仕事がないのか疑問だが、
なんとインターネットの在日外国人掲示板で、
英語力を磨くため、ルームシェアできる女性を捜し求めていると、夕刊紙が報じている。
身分を隠してチャット仲間との会話を楽しみ、
信用できそうな相手とは実際に会ったそうだが、
現れたのは男だったというオチまでついている。
DNA「玉」主導なのに、独創的発想の「調」年の害でおかしくなったんだろうね。
そろそろ幕引きをしないと、無惨な姿をさらすことになるかな。
 
高須克弥が脱税発覚の夢の中●
整形。名古屋に本部を置く、テレビCMでおなじみの美容整形外科
「高須クリニック」の
高須克弥(45-0122/宝卯)院長が、
名古屋国税局から01年(宝巳)までの7年間で、
合計2億3千万の所得隠しを指摘されたことがわかった。
同時に2億4千万円の申告漏れも発覚し、追徴税額は約2億円と推定されるという。
今年(03年/雨未)は、条件なし天冲殺+半会、
月干支「灯丑」の天剋地冲なので、バレて当然。
DNA「鳳」という、洩らす年というのが、笑えた。
高須は、DNA「龍」主導で、改良改革好き。
「龍+石」は、技術力あるも、経済感覚なし。
「龍+禄」は、視野が狭く、個人のために尽力するが、大衆には無縁。
DNA「牽」にあたる「陽」がないので、納税意識もなし(爆)。
10年運初旬「4歳山寅」は年干支「木申」を天剋地冲するので成功運型も、
「44歳海午/54歳雨未」の晩年10年運天冲殺で、
DNA「鳳/調」が回ったため宣伝に力をそそぎ誇大化したが、
虚のエネルギーでは蓄財ではなく、社会還元をせねばこんな不始末となる。
「申」年生まれ「宝卯」は、異性の気持ち理解不能というのも特筆物で、
本当に女性の気持ちをわかったら、こういう商売の仕方はしなかっただろうなと思ったゾ。
 
橋本大二郎の義理の次男が強制ワイセツで逮捕の夢の中●
逮捕。橋本大二郎(47-0112/宝卯)高知県知事の次男が、
先日強制わいせつで、警視庁大崎署に逮捕されていたことがわかった。
相手の女性とは示談が成立し立件はされなかったが、
暴力団関係者に脅されるなど、とんでもない話だ。
橋本は、今年(03年/雨未)条件なし天冲殺ばかりか、
月支対冲(年干「陽」と月干が干合すれば「雨丑」にもなり、
月干支納音ともとれる)で、不穏な時期。
10年運「48歳陽午」は、晩年の干合10年運天冲殺で、
DNA「牽」は、名誉がおぼつかない時期で、危険。
このところ、TVCMにでたばかりか、
クイズ番組に出演するなど派手な動きが多すぎたために、
ブレーキがかかったとも考えられる。
ところで、この次男は夫人の連れ子で実子ではない。
BEでは子供を連れた再婚は悲劇の火種になるので、推奨どころか禁じ手としている。
橋本も複雑な思いだろう。
「戌」年生まれ「宝卯」は、内外シーソー。
これを機会に、本業に勤しむべきという、お知らせ現象。
そう言えば、この次男は、先日の「クイズ$ミリオネア」では、
橋本の応援団として登場していたな。感想は、あえて書かない(笑)。
 
■2003年03月09日(日)宝巳
常盤貴子が関西出身の大手代理店社員と交際の夢の中●
虚構。条件なし天冲殺ながらラッキーカラー年+半会の常盤貴子(72-0430/宝卯)が、
関西出身の大手広告代理店社員と、交際をはじめたという。
常盤は、DNA「玉」主導で懲りないところもあるが、関西というキーワードに弱い。
しかし、月支(辰)VS日支(卯)の害持ちで、結婚に向かない体質ばかりか、
火性ゼロ(DNA車/牽なし)は配偶者成分なし。
相手の雰囲気にもこだわらないから、
一見不似合いで下品なだけの
松本人志(63-0907/雨丑※)あたりとも
交際できたのだが、今は仕事セーブしてる場合じゃないだろうに。
天冲殺は何でもありだから、本来交際できない相手でも、
期間限定で結びつくこともあるし、浮ついた気分が心地よく、
楽しくてしかたがないのだが、本来は仕事で有名になる時期。
さして運型に興味の湧かないテツandトモ(畑丑&鉄寅)だってブレイクするし、
ただの天干一気の
林明日香(89-0528/山子)だって、CDが売れるのだ。
なのに、この常盤に緩みっぱなしはいただけない。
本来は「GOOD LUCK!!」あたりで、
黒木瞳(59-1005/鉄申*)の役をひったくってなければならないのに、
管理ばかりか計画性のない事務所がアホなだけだ。
 
国生さゆりがいつの間にか東京に舞い戻る水の中●
破局。00年(鉄辰)の干合支害年に、
焦って故郷鹿児島の同級生の鍼灸師と結婚した
国生さゆり(66-1222/草卯)が、
いつの間にか東京に舞い戻ってきて、昼ドラのレギュラーも決まり、仕事に本腰だという。
国生は、DNA「龍」冲殺主導で、常に見直しの多い人。
物の裏側を見るばかりで素直ではない。
「龍冲+禄」は、さめやすい恋愛感情を優先(笑)。
「草卯」は男性を見下す傾向があるが、
エネルギー135点の国生は、子丑冲殺でも気が強いだけで迫力なし。
現在の10年運「35歳陽申」は、ラッキーカラー10年運だし、
今年(03年/雨未)はDNA「龍」の改良改革+半会で、大きな見直しだから、納得できる。
しかし、生月冲殺というものは、いったん動きをとめてしまったら、
自己都合での復活は至難の業。
一時的になんとかなっても、疲労度は加速度となる。
そもそも結婚相手は、社会にでて次元を上げてから出逢った相手とするのが王道。
さんざん不倫をしたあげく、幼なじみとしたところで、失敗するのがオチ。
流産したのも、自然界からのお知らせだったはず。
こんな、くたびれた人を使うTVマンは、ひんしゅくだ。
 
幕引。創業明治43年(鉄戌)の老舗、
六本木交差点にある
誠志堂書店(88-0627/雨丑)が、
03月14日(陽戌)をもって、ひっそりと店をたたむことが、HPに理由なく告知されている。
当方も以前は六本木駅徒歩1分に住んでいた(後述)こともあるので、
雑誌や書籍はもとより、毎日のように新聞を買っていたこともあるので、感慨深い。
広い店舗ではないし、後発で終夜営業のABCあたりに、
顧客は食い荒らされていたのだろう。
しかし、あらためて創業から、現在の組織になった誕生日を検証してみれば、
その不可解さも理解できた。
月干支(山午)VS日干支(雨丑)の干合支害持ちは、
内部は不安定だったろうし、年干の「山」をいれて干合天干一気で目立ったものの、
今年(03年/雨未)は、その年干と月干が干合され、状況が一変してしまった訳だし、
全ての過去をなきものにする納音だから、表からは見えない何かの力が働いたのだろう。
今後は、労多くして儲からない書店より、
一等地の不動産運営でしのいだほうが得策と経営陣が判断したとか。
街も人も変わっていく。今となっては、強欲寺が税金対策に息子名義でもっていた、
オンボロアパート(野良猫多数、フロにもトイレにも換気扇なし真冬は窓全開で極寒)時代が、
少しだけ懐かしく思った。
 
■2003年03月10日(月)海午
中川家 中川剛が弟の不祥事で急性膵炎の干合支合●
心労。中川家の兄の中川剛(70-1204/山午)が、
弟の
中川礼二(72-0118/山申※)の暴力事件で急性膵炎でダウン。
土性天干一気の年下の嫁(畑酉)に、シバかれたのが真相かも。弱い子丑だ(笑)。
器の小さい「山」は、国内でも移動は禁物という見本。
彼らは、東京でやるには、荷が重い。
 
河合美智子が結婚前提恋人を公表もまだ恋人でいたいの愚●
交際。9歳年下の調理師と結婚を前提に交際中と告白したのが、
バブリー夏生まれの子丑天冲殺の
河合美智子(68-0613/木寅)。
昨年(02年/海午)に知り合って8ヶ月経過で、もう大丈夫と思ったか、
今年(03年/雨未)の年干・月干(共に山)干合で、公表した模様。
さすが、待望の2年続きのラッキーカラー年だけあり。
しかし、「あと、1年恋人でいたい」は、ノロい。
来年(木申)は納音で、ブチ壊れるだけだって。
今年中に、決めずにどうする!
 
堤真一に騙される内山理名の夢の中●
噂1。日9「GOOD LUCK!!」の現場で、
木村拓哉(72-1113/山申)と柴咲コウ(81-0805/草卯)の親密ぶりの影に隠れて、
堤真一(64-0707/灯巳)と内山理名(81-1107/畑丑)の二人も怪しいとか・・・。
共通干のある前者に比べ、後者は月支と日支の半会のみの野合。
内山の完全な条件なし天冲殺現象だ。
 
飯田圭織に試される香取慎吾の夢の中●
噂2。飯田圭織(81-0808/山午)が、
香取慎吾(77-0131/山子)とのツーショット写真を
自慢げに見せびらかしているらしいとか。
飯田の月干支「陽申」が香取の年干支「陽辰」を、
香取の月干支「宝丑」が、飯田の年干支「宝酉」を、
それぞれ大半会する関係となり、仕事上は素晴らしい関係と言えるが、
日干支同士は納音で、相互冲殺。
「山」同士は、親近感湧くだろうが、年上の午未と年下の子丑という、超のつく逆縁。
そもそも、香取は条件なし天冲殺+干合支害で、それどころじゃない(笑)。
 
矢井田瞳ポルノグラフィティに翻弄される水の中●
噂3。水性ゼロ(DNA鳳/調なし)の野人、
生年生月冲殺の
矢井田瞳(78-0728/宝卯)が、
ポルノグラフィティアキヒト(74-1015/畑丑)または、
シタラマ(74-0427/山戌)と交際中とか。
アキヒトなら、午未同士で言語道断だし、
矢井田の月干支「畑未」とは納音が存在するし、
シラタマなら、矢井田の年干支「山午」をシラタマが大半会するが、
超ダメージカラーで、どちらにしろ成長なし。
野人の考えることは、わからん。
 
島谷ひとみ中田浩二と交際しても実りなし●
噂4。新曲「赤い砂漠の伝説」が、
ふるわない(オリコン初登場12位)
島谷ひとみ(80-0904/鉄辰)が、
サッカーの
中田浩二(79-0709/灯丑)と交際中とか。
共通干支なし、野人同士。火性ゼロ(DNA車/牽なし)の島谷には、
ラッキーカラーだが、実りなし。
野人の考えることは、わからん。
 
V6 長野博渡辺満里奈と交際しても発展せず●
噂5。V6のお荷物・長野博(72-1009/雨酉)と、
しぶといも華のない
渡辺満里奈(70-1117/宝丑※)が、交際中とか。
長野の月干支と渡辺の年干支が「鉄戌」で律音、
冬生まれでも「宝」の渡辺には、長野は悪くない。
日支半会もありソコソコだが、木性ゼロ(DNA鳳/調なし)の長野と、
「戌」年生まれ「宝丑」で待ち運の渡辺の二人で、話がはずむのか(笑)。
DNA左3も、「鳳」の渡辺と「龍」の長野じゃ、相容れず。 
 
■2003年03月11日(火)雨未
ネプチューン 堀内健とラジオで再会の夜●
堀健。03月12日(木申)に「笑う犬の情熱」から
『ホリケンサイズ2』をリリースする
堀内健(69-1128/灯未)が、ラジオにやってきた。
実に5〜6年ぶりのことで、たしかフジテレビの日曜昼の生番組に
呼ばれて行った時以来の再会。
互いにロクに口をきいたわけではないので、初対面に等しい。
堀内はDNA「牽」主導で、格好を気にする人。
冬生まれの「灯」でもあり、敵はいないものの、悪意のない毒舌が売り。
見た目はクールでも中身は熱いが、水をかけられて、燻る焚き火。
お天気屋ながら、持久力あるマラソンランナーは、寄り道をしやすい。
なかなか本心を見せないが、将来の話には期するものがあったようで、
放送の合間には真剣な表情が見えた。
「灯+牽+亥月」は、機敏で攻撃力あるが、若年の仕事は長続きしない傾向。
現在は、ある意味「悪ふざけの時代」だが、「37歳宝未」を迎えれば、
DNA「禄」となり、実に落ち着いた雰囲気となり、
彼が中心になった渋い司会業や役者として、
味わいのある風情をかもしだしてくれるに違いない。
昨年(02年/海午)は、60年に一度の干合支合。出会いも別れもあったろう。
今年(03年/雨未)は「結婚したい気持ち」どころではなく、
ひたすら忙しく、相手を探す時間もない。
ゴールはラッキーカラー年の来年(04年/木申)さ来年(05年/草酉)でも良いのだ。
「亥」月「未」日生まれの彼は「卯」月の3月は三合会局となり、
とりあえずひとつの形が見える。
今年の03月(草卯)はラッキーカラー月でもあり、
今回のリリースは短い間だが相応の話題を提供するはずだ。
 
失職。米国出身の著名建築家設計による町立小学校の校舎保存問題を争点にした、
滋賀県豊郷町(71-0211/灯卯)の、
大野和三郎(55-1130/草未)町長のリコールの是非をとう住民投票が、
03月09日(宝巳)に行われ、解職に賛成する票が過半数を占め、町長は即日失職した。
大野は、DNA「玉」主導で、生き方を変えられない懲りない人。
「玉+禄」は、追従上手逃げ下手。
「玉+貫」は、その場限り。
「玉+鳳」は、自分の事を棚上げし、問題をすりかえる。
田中康夫(56-0412/畑酉)長野県知事に噛みついたのは、失笑もの。
「草+玉+亥月」は、幸運と災いが同時にやってくる。
宿命の特長は、エネルギー213点。
金性ゼロ(DNA車/牽なし)なので、プライドはおろか役目役割意識まるでなし。
「未」年生まれ「草未」は孤立しやすいが、
同時に年干支と日干支は共に「草未」で、まるで表裏なし。
何をやっても、手のうちはバレバレ。
辰巳天冲殺なので現実的なのは言うまでもなく、目先の金にしか興味がないのは、
DNA「禄」の99年(畑卯)に町長に当選したことからも、うかがわれる。
冬生まれだが、月支「亥」と年支と日支の「未」がダブル半会し根っこがあるため、
懲りないばかりかしぶといので、04月27日(鉄午)の町長選では、リベンジを果たすそうだ。
しかし、10年運は昨年(02年/海午)から、「47歳海午」(昨年の干支と同じ)となり、
ラッキーカラーの月干「灯」は干合により「草」と化し、木性の天干一気地支一気。
今年(03年/雨未)のDNA「龍」は、改良改革である別れだから、
ラッキーカラー消滅のこの人に、未来なし。
過去の事によりラッキーカラーを消され、救いが失せるのが、
この10年運のこの人なのだから、まさに絵に描いたようだ。
何事も退き際が肝心というものだ。
 
■2003年03月12日(水)木申
篠原ともえ中村獅童と交際も春は遠い●
交際。映画「ピンポン」やドラマ「HR」で売り出し中の
歌舞伎俳優の
中村師童(72-0914/山申)と、
かつては「シノラー」という流行語までつくりだしたが、
見るにしのびないほど落ちぶれたという表現がピッタリの
篠原ともえ(79年3月29日/草未)が、交際中だという。
出会いは、昨年(02年/海午)秋、中村の知人のパーティでの打ち上げ。
ファッションの話で盛りあがったとか。
中村は、DNA「禄」の忌み神引力本能強化年。
篠原には、宿命に存在しない水性(DNA龍/玉なし)の支合年。
一応、篠原の年干が「畑」で、中村の月干も「畑」なので、
共通干ありだが、何も響くものはない。
篠原は「未」年「未」日生まれで、表裏なし。
前記のように水性ゼロの野人で、頭の中身は期待できないばかりか、
10年運「22歳鉄午」で補われているとはいえ、
金性ゼロ(DNA車/牽なし)で配偶者運皆無。
DNA左3「禄」の篠原のハズしぶりに、最初は興味を示す中村だろうが、
DNA左3「貫」は、辛抱してもいずれはキレる。
篠原の春は、まだ遠いのかも。
 
中村由真前田耕陽を押し切って離婚の水の中●
離婚。男闘呼組解散以来サッパリだった前田耕陽(68-0816/山午)と、
かつては「スケバン刑事」で一世を風靡し、
昨年(02年/海午)昼ドラ「幼稚園ゲーム2・社宅篇」で主演を演じるなど復活気配だった、
中村由真(70-0216/灯卯)が、02月末に離婚したことがわかった。
2年半程前(鉄辰で中村の害)に、中村が週刊誌上で、
ヌード写真を披露したあたりから、関係がギクシャクしはじめ、
中村の仕事量が格段にふえた昨年には、
夫婦関係や仕事に対する考え方が大きくズレてきたという。子供はできなかった。
前田の月干と中村の年干が「鉄」、
前田の日干と年干と中村の月干が「山」と共通干もあり、
「戌」と「寅」を所有する中村に、「午」の前田で三合会局、
秋の「山」の前田にとって、中村の「灯」は、
ラッキーカラーと一見好相性に見えたものだが、
中村の月干支「山寅」は、前田の年干支「山申」を納音するので、
夫の仕事運にブレーキをかけるものだったため、
ただでさえ木性ゼロ(DNA車/牽なし)で仕事運イマイチの前田がクサるのは必定だった。
一方の中村も水性ゼロ(DNA車/牽なし)で仕事に縁がなさそうだが、
生年冲殺が結婚しても仕事をしていれば、やがてこういう日もやってくる。
昨年は宿命にない水性と「午」年で、仕事にはずみがついたので、決意をしたのだろう。
10年運も「24歳草亥/34歳木戌」という、ラッキーカラー10年運天冲殺なのだから、
これまで随分遠回りをしてきたものだ。
同一生年月日の
西田尚美がソコソコやれているのだから、
じくじたる思いがあったろう。
前田は、今年(03年/雨未)は干合で気変り。
こちらは、「37歳木子/47歳草丑」という宿命にない木性の10年運天冲殺までには、
少し時間があるが、なんとか復活を期待したいものだ。
 
■2003年03月13日(木)草酉
長瀬智也の木10ムコ殿2003キャスティングに愕然●
復活。昨年(02年/海午)苦汁をなめた、長瀬智也(78-1107/雨酉)。
「IWGP」は豪華オリジナルメンバーで期待大だが、
04月17日(鉄申)スタートの木10「ムコ殿2003」のキャスティングを見て愕然とした。
何が前作よりも女性の心情を深く描くだか知らないが、
酒井法子(71-0214/鉄午)はいくらなんでもないだろ。
ただ、
竹内結子(80-0401/木辰)に断られただけじゃないのか(笑)。
どうせなら、
浜崎あゆみ(78-1002/灯酉)をひっぱりだすとか、
少しは努力をして欲しいゾ。
 
松嶋菜々子のそろそろ出産願望の危険●
苦情。高級焼肉店に女性の友人と二人でやってきた、
松嶋菜々子(73-1013海午)が、「そろそろ子供ほしーい」とボヤいていたそうな。
木性ゼロ(DNA鳳/調なし)なんだし、相手が子供がわり(午未天冲殺)みたいなもんだし(笑)、
10年運「28歳草丑」は、その木性の害なんだぞ。
生まれても、どこかで後悔するに違いない。
 
無味。03月17日(畑丑)のオリコンシングルチャート1位は、
SMAPの「世界に一つだけの花」。
発売1週間でミリオンに迫る勢いのようだが、
普通これだけ売れる楽曲の場合は、
個人的に好みではなくとも、どこか迫力を感じるものだが、
今回の曲は、出来損ないの豆腐のようで、世も末だなと感じる。
こんな合成着色料みたいなのの、どこがいいんだろうか。
世間は麻痺してる!?
 
3位。メロン記念日(灯未)の初アルバム『1st Anniversary』が、
オリコンデイリーチャート3位と、好発進。
上戸彩(85-0914陽辰)より、上をいくのは、当然だ。
暗い時代には、明るいメロンの曲を、いっぱい聴いて、やる気をだしましょう!
 
松坂大輔が芝浦の新居で田中麗奈ポスターに頬ずりの夢の中●
露骨。昨年(02年/海午)の天冲殺+害で散々だった、
西武の
松坂大輔(80-0913/畑丑)投手。
このほど引っ越した芝浦のマンションでは、
部屋に
田中麗奈(80-0522/草未)の等身大ポスターをはっているとか。
笑えるのが、唇部分がくすんでおり、どうやらキスをしていたらしい。
これには、交際中の日テレの
柴田倫世(74-1223/山戌)アナも
マジギレで冷戦モードに突入し、破局も間近とか。
もとより、共通干支もない野合状態なのだし、
柴田の10年運「25歳雨酉」は干合支害10年運なのだから、やむなし。
しょせん「畑」と「山」が何かの拍子でくっついても、未来永劫続くわけもないのだ。
ケイタイの待ち受け画面も、柴田から田中に変更した松坂は、
番記者に「一度紹介してくれ」と頼み込んでいるらしいが、
同学年で年干支「鉄申」を共用し、松坂の月干が「草」のため、共通干も強固。
「畑」に「草」は絵になるし、日干支天剋地冲関係は、とても刺激的。
もっとも、エネルギー287点の田中は、軽量級190点の柴田とは、
比べ物にならないほど重厚な宿命。
日支「未」は、午未の松坂にとってコントロール不能。
火性ゼロ(DNA龍/玉なし)で成長力はおろか、何も考えていない松坂だが、
不幸な結婚をするくらいなら、記者は一度くらい会わせてやって、
目を覚まさせてやったほうがいい。
ところでBE的には、意味のない条件なし天冲殺中の引越や大きな買い物は、禁じている。
なんか、芝浦に住まねばならない理由でもあるのか?
 
■2003年03月14日(金)陽戌
板東三津五郎生稲晃子と熱愛の夢の中●
発覚。バツ2の歌舞伎俳優の板東三津五郎(56-0123/畑丑)と、
おにゃんこクラブ生き残りとはいえ、
スッカリ影の薄くなった
生稲晃子(68-0428/山辰)の熱愛が、
女性誌の取材で明らかになった。
出会いは、99年(畑卯)のNHK教育テレビの「日本の伝統芸能」で共演したことがキッカケ。
不倫をしながら、生稲の相談に乗ったり、
前妻・近藤サト(68-0711/海午)との離婚問題を相談していたという。
二人には共通干支はなく、出会いが生稲の害年。
もっとも、生稲は10年運初旬害(8歳草卯)なので、
満足な相手に出会えるとも思えず。
今年(03年/雨未)は、生稲が10年運(28歳雨丑)ばかりか年運で干合なので、
年干と日干(共に山)が「陽」に変化し、月干「陽」をふくめ天干一気が完成する。
冬生まれで、暖かみが欲しい板東にとっては、
火性はありがたいものだが、午未天冲殺が年下ばかりか、
目下の天干一気と交際するのではロクなことはない。
歌舞伎の世界はロクな者がいないようだ。
 
SPEED 新垣仁絵がアートとはいえない野人の個展●
暗鈍。SPEED新垣仁絵(81-0407/草卯)が、
2年間のニューヨーク留学で書きためたという油絵やパステル画の個展をひらいている。
「私自身が表現されている自信作です」と語るが、
時代整合性のない暗くて、何のエネルギーも感じない駄作で、
商品価値はおろか、とてもアートとは呼べる代物ではない。
DNA「貫」主導の新垣は、ひたすら頑固なだけで、
火性ゼロ(DNA鳳/調なし)の野人。
芸術のかおりはおろか、汚いだけ。
やっていることはラッキーカラー的なことだが、
そんな趣味に毛がはえたような物を堂々と見せられては、たまらない。
宿命にはDNA「龍」もなく、海外に縁なし。
月支「辰」VS日支「卯」の害は、鈍いだけで汚く成長もなし。
「貫+車」には、踊っているほうが、まだマシ。
 
保阪尚希がどんどん高岡早紀から遠ざかる●
曖昧。離婚間近と言われる高岡早紀(72-1203/山辰)と
保坂尚輝(67-1211/畑酉)。
保坂が最近、家に寄りつかないという報道がされているが、
「未」年生まれ「畑酉」は、正直だからわかりやすい(笑)。
また、今年(03年/雨未)の高岡は、日干干合で「陽」になれば、
月干「宝」と二次干合して、それぞれ「海」と「雨」になるので、
年干「海」をいれて、天干一気が完成するため、
保坂としては、居心地の悪い家庭になってしまった。
高岡は、生月冲殺のクセに保坂の所属する事務所を辞め、
移籍して仕事を入れだしているし、
そもそも、「山」と「畑」の結婚に、共通干支があろうと整合性ないが、
頭の鈍い人(特に高岡は火性ゼロの野人)には、何を言っても無駄かも!
 
伊良部秀輝阪神タイガースで復活する●
火玉。7年ぶりに日本のマウンドにたった、
阪神タイガース伊良部秀輝(69-0505/鉄辰)が、
ヤクルト・スワローズ相手のオープン戦に登場し、
150キロの剛速球で存在を誇示した。
伊良部は、火性ゼロ(DNA車/牽なし)の野人で、荒削りな「鉄」。
ところが、今年(03年/雨未)は月干「山」の干合で「陽」になり、
突如宿命にない火性がでてきたもの。
開幕の04月(陽辰)は本物の火性だし、スタートから飛ばすことは間違いなし。
生年冲殺の伊良部は、求められるままに、力を発揮する。
今年のタイガースは、Aクラス間違いなしだろう。
 
■2003年03月15日(土)灯亥
大貫亜美GLAY TERUに内側害持ち縁なし女児が誕生●
出産。木性ゼロ(DNA龍/玉なし)の野人生年冲殺の大貫亜美(73-0918/灯巳)と、
バブリー夏生まれの生年冲殺・
GLAYTERU(71-0608/木子)の
不倫略奪逆縁夫婦間に、
第一子女児(03-0308/鉄辰※)が誕生した。
年干支「雨未」月干支「草卯」日干支「鉄辰」は、
見事に父親と共通干支がなく、母親とも年干「雨」同士が共通とはいえ、
月干支(大貫は宝酉、娘は草卯)は、天剋地冲という薄そうな縁。
圧巻なのは、月干支「草卯」と日干支「鉄辰」は、
干合支害持ちで、ヘンな相手にダマされやすい。
DNA「司」主導は、恐ろしく地味で、「司」×3もありおよそアーティストをきどる、
二人の子供としては、現実優先の守銭奴タイプで、成り上がったはいいが、
結果はお世辞にも、喜ばしいとはいえない。
このあたりは、TERUのラッキーカラー害というところか。
なんだか、二人の離婚は、そんなに遠くないような気がしてきた。
 
キングコング 梶原雄介倒れて西野亮廣に追い風なるか●
休止。吉本興業の若手のキングコング梶原雄介(80-0806/宝亥※)が、
原因不明の体調不良(インフルエンザ発病後の微熱がひかない)で
休業を余儀なくされたが、
亡くなった27歳の女性ファンの浮遊霊がつきまとっているという、
なんともバカらしい噂が流れているそうだ。
梶原は、年支「申」VS日支「亥」の害持ちで、表裏あり。
「鉄」と「宝」が根っこの害だから、陰の干「宝」が日干である梶原は分が悪い。
また、「申」年生まれ「宝亥」は、正直。
原因は、10年運「21歳陽戌」の干合のブレ。
初旬で受けた害(1歳木申)もあり、そうそう未来は期待できないが、
変剋律10年運(21歳陽戌/31歳灯亥/41歳山子)は、精神苦なくして才能は磨かれず。
表裏人間は、二面性ある人生が求められるが、
「宝+龍+未月」はさして明るいほうではない。
もっと肩の力を抜けばよいものの、しょせん器じゃないということか。
相方の
西野亮廣(80-0703/灯丑)は、
月干支「海午」と日干支「灯丑」の干合支害持ち。
今年(03年/雨未)は害切れの天剋地冲。
木性ゼロ(DNA龍/玉なし)の野人の彼が、
来年(04年/木申)のラッキーカラー天冲殺で伸びるためには、
ここで梶原が犠牲になるのが、好ましい。
西野よ、これはチャンスだ!
 
魚住りえが寸止め接待を写真誌に撮られた夢の中●
酒癖。日本テレビの魚住りえ(72-0302/海辰)アナが、
同局の看板番組のプロデューサーとの
夜遊び(酒に酔い抱き合ってキス)を写真誌に報じられた。
どうやら魚住は、実権を握るプロデューサーに、寸止め接待という外交努力で、
なんとか番組に起用されるよう働きかけていたようだが、
条件なし天冲殺の害月では、自己発揮は無駄。
そもそも、金性ゼロ(DNA龍/玉なし)で理性皆無、
午未天冲殺なのに天干一気(年干月干日干共に、海)の目上運なしでは、使いづらい。
これで、一丁あがりだろう。
 
葉月里緒奈は使い時なのに残念だね●
屈辱。ラッキーカラー年のはずの葉月里緒菜(75-0711/山午)の
現在のレギュラーは、関西ローカルの映画紹介番組(正味3〜4分)「恋するシネマ」のみ。
「山」が海外へ行ったツケ。とは言っても、干合支合年の今年(03年/雨未)、
彼女を使わないのは、損。
押さえつけるのではなく、子丑なのだからおだてれば、まだまだ価値はあり。
共演者もグチャグチャ言わないで、話題をとりにいくべきだ。
 
■2003年03月16日(日)山子
住居。新婚の宇多田ヒカル(83-0118/陽午※)が、
夫と暮らすマンションは、4LDK250平米。リビングは45畳見当、
24時間セキュリティ、ペット可。家賃は170万円。
カネはあっても買うつもりなし。そのうち、別れるからか(笑)。
松本潤(83-0830/鉄寅)も通うという、
水性ゼロ(DNA禄/司なし)の
仲間由紀恵(79-1029/畑巳※)は、
リバーサイドの賃貸100万。
もっとも野人並みの
矢口真里(83-0120/山申)は、
中途半端な4千万のマンション購入とか。
条件なし天冲殺デビューの、条件なしの寅卯天冲殺。
「山」が結婚するわけでもないのに、干合年で動いてどうする。
横浜にいなさいって!
 
魚住りえ元木大介と交際説まででる夢の中●
笑止。純正天干一気で野人なみの
条件なし午未天冲殺中の
魚住りえ(72-0302/海辰)に、
なんと
大神いずみ(69-0610/陽辰)の夫・元木大介(71-1230/畑丑)との交際説。
相手も火性ゼロ(DNA龍/玉なし)の野人だ。
こうして、条件なし天冲殺で、皆自滅していく。
 
よしもとばななが負った歩行困難という代償●
代償。00年(鉄辰)の天剋地冲年に整体師と再婚した、
吉本ばなな改めよしもとばなな(64-0724/木戌)が、
男児(03-0209/雨丑)を出産したが、難産で6ヶ月は歩行困難とかで、車椅子生活。
さらに、税理士に貸した2700万円がこげつき、相手が行方知れずと散々。
いくらラッキーカラー年でも、日座冲殺のさげ●●が仕事に生きず、
こんな調子では自然界も味方しない。
92年(海申)93年(雨酉)のラッキーカラー条件なし天冲殺当時は一世を風靡したが、
もう何も残っていないということだ。
 
平野啓一郎の稚拙情交小説高瀬川のギャク性●
評判。99年(畑卯)の下期第120回の芥川賞を受賞した
平野啓一郎(75-0622/畑亥)が、
私小説それもエロまがいの小説
を出版して物笑いの種になっている。
本人と思える27歳の作家が、某出版社のおない歳の編集者
(実際は、交際中のTV局ディレクターがモデルらしい)と、
京都のラブホテルの一室で、延々と稚拙な情交を繰りひろげるシーン満載で、
専門家筋では「ギャグ」かの声も上がっている。
平野は、DNA「貫」主導で、頑固。
「貫+車」は、単純で一本気。
「貫+司」は、SPEED感なく地味。
「畑+貫+午月」は、用心深く苦難の経験で、説得力ある人生となる。
10年運初旬「5歳宝巳」は、DNA「鳳」の表現力をえたうえに、
初旬10年運天冲殺のため、成功運型。
2旬「15歳鉄辰」も同様に10年運天冲殺。
現在の10年運は、「25歳畑卯」で、より鈍くなりながらも大きな事件をおこしていく。
宿命の特長は、エネルギー153点で軽いので、流れをつかむのは得意。
現実志向強く、作家としては「資料がなくては何もできない」という評判は
あながち的はずれではない。
ただし、精神労働者というより、商売人の気配(笑)。
金性ゼロ(DNA鳳/調なし)は、風流心なく、遊びを知らず。
「畑」としては良質だが、味わいなく、周囲の人間次第で、どうにでも変わる。
「畑」は作物を育てるのが信条。
しかも、バブリー夏生まれとなれば、遊び禁物でコツコツとマジメにやるしかない。
デビュー時には三島由紀夫の再来とまで言われたが、
女優の板谷由夏と同一生年月日では、
ラッキーカラー年でも期待するほうがおかしいというものか。
 
■2003年03月17日(月)畑丑
えなりかずきが怖いのは母親というわかりやすさ●
恐怖。「一番怖いものは何ですか?」の質問に、
「お母さんが一番怖い。厳しいです」と答えたのが、
年支「子」VS日支「未」の害持ちで表裏ありの
えなりかずき(84-1109/灯未)。
DNA「玉」の害だから、母親が怖いのは宿命どおり。
しかし、今年(03年/雨未)からスタートする10年運は「19歳灯丑」は、納音。
これまでの現実は、壊していかねばならない時期。
金性ゼロ(DNA禄/司なし)で、初旬も害。
年干「木」ばかりか月干「草」もラッキーカラーという、
個人生活の充実さえ望まねば恵まれた人だが、「玉」主導は懲りない人。
この微妙なバランスを壊して自立するのか、
それとも表向きだけ笑って過ごして、裏の世界だけの苦悩を味わうのか。
 
川島なお美はペットの犬にもワインを与える●
生活。一説にはコンビニで売られている廉価品と、
目がとびでるほどの高級品の違いもわからぬという
ワイン愛好家の
川島なお美(60-1110/海寅)だが、
愛犬にピンクの洋服を着せたあげく、おちょこ半分くらいのワインを飲ませているとか。
「犬がいると気まずい雰囲気のデートも和みます。
犬を飼うと恋人ができますよ」と発言するが、
気まずいデートそのものが、相性悪いのじゃないか(笑)。
そもそも、犬というのは木性の守備を意味し、飼い主をガードするもの。
ペットを飼いだしたら、満足な恋人はおろか結婚が遠のくのが定説。
この人の発言には、説得力がない。
 
小田瑞穂が空中回転で話題になるのも今だけ●
回転。ローカル線とおぼしきホームで、
制服の少女がいきなり空中回転をしているサントリーの「アミノ式」のCM。
実際に回転運動をしているのはプロらしいが、
出演しているのは東京都出身の
小田瑞穂(86-1224/海寅)。
さすが、DNA「石」主導のズルらしく、人任せ。
「寅」年「寅」日生まれは、表裏なしだから、すぐバレた(笑)。
エネルギー212点はまずまずだが、金性4点という弱さが、
00年(鉄辰)の条件なし天冲殺に、目立ってスカウトされた理由。
「石+鳳」は、がさつ。
「人に気持ち悪がられるほどの大食い」は、「鳳」×2を燃焼している。
ティーンズ誌「ラブベリー」の専属モデルほか、
これまでに「カルビーポテトチップス」や「J-PHONE東海」のCMに露出したそうだが、
キャスティングも撮影も大半会の昨年(02年/海午)。
これ以上話題になることは、まずないだろう。
 
■2003年03月18日(火)鉄寅
筑紫哲也世界に一つだけの花を反戦歌と発言●
反戦。どこがいいのかわからないSMAPの新曲「世界に一つだけの花」を、
TBS系「NEWS23」の老害キャスター
筑紫哲也(35-0623/鉄午)が、
「反戦歌だと思う」と発言したばかりか、
03月12日(木申)付の朝日新聞夕刊も「SMAP新曲反戦歌の反響」とブチあげているようだ。
綾小路きみまろ(50-1209/山寅)や、
中島みゆき(52-0223/畑亥)などがオリコンチャートで売上を伸ばしたり、
水性ゼロ(DNA鳳/調なし)の野人の
吉永小百合(45-0313/宝巳)の
写真展入場者が6日間で5万4千人(三越本店)を記録するなど、
ようは年寄りが好きそうなものばかりが、売れている証明でしかない。
若い人の元気がない国に未来は、ないゾ。
 
武田真治が交際相手をほのめかす人生の節目●
存在。金性ゼロ(DNA龍/玉なし)の水性天干一気、
周囲は塩水ばかり、さらに暖かみのない冬生まれ、
年支・月支(共に子)VS日支(未)の害持ち(表裏ありも、カワイソーな人)というオマケつきの
武田真治(72-1218/雨未)が、03月05日(灯亥)放送の「メチャ×2イケてる!」で、
「オレには恋人がいるんだよ」と発言した。
今年(03年/雨未)は律音で、人生の折返し地点とはいえ、
条件なし天冲殺デビューで、全く勢いなし。
それだけかい?
 
ジュエミリア 鈴木えみ沖樹莉亜がリセットする花畑●
準備。昨日(畑丑)のラジオゲストは、ジュエミリア(03-0402/草巳)の二人。
フジテレビのドラマ「漂流教室」、「ランチの女王」をはじめ、
雑誌「SEVENTEEN」のモデルとして活躍する
鈴木えみ(85-0913/草卯)と、
「ELLE JAPON」、「SPUR」、「Spring」、「CUTiE」などで好評な、
沖樹莉亜(86-0105/畑酉)のツインボーカルデュオ。
03月14日(陽戌)からオンエアされている資生堂「新マシェリ」のCMで露出中。
軽快なデュエット曲
リセは、04月02日(草巳)に発売されるが、
悪くはない日なので、ソコソコ話題になる予定。
京都府出身の鈴木は、DNA「車」主導で、単純明快、危険大好き。
宿命の特長は、エネルギー157点は、旧型アイドルなみで、一見か弱く見える。
ピリピリして、ちょっと疲れているように思えた。
もっとも、火性ゼロ(DNA鳳/調なし)の野人なんだから、休んでいるヒマなし。
少々心許ない彼女だが、年干・月干・日干とも「草」の純正天干一気。
一人より仲間がいたほうが良いのだろう。
沖は、DNA「禄」主導で、自己中心。
10年運初旬「10歳鉄寅」は、初旬10年運天冲殺のため、その気になれば成功運型。
宿命の特長は、エネルギー210点。
火性ゼロ(DNA龍/玉なし)は、ただでさえヒッソリとしている「畑」に成長力感じられず。
年支・月支(共に丑)と日支「酉」が半会し金性が強くなり、野人ばかりか、遊び人。
二人の関係は、同学年(年干支の同一)で共通干支あり。
「草」と「畑」で一応それなりだが、天剋地冲関係で、刺激すれども発展なしだが、
今年(03年/雨未)はこんな調子でいいのだろう。
目下の関心事は、当然のように異性。
特に鈴木は「19で結婚するのが、夢だった」とかで、
それはさ来年(05年/草酉)じゃないか。これは天干一気強化の納音年だから、
ありそうな話だが、エネルギー点数の少ない子丑らしく、
相手が年上オトコでは、絵に描いた餅。
若いんだから、もっと仕事に欲だせってば(嘆)。
現在は沖のほうが出遅れているが、来年(04年/木申)は待望の木性年でシャンとする。
一気に追いつき追い越す気配もしてきた。
 
■2003年03月19日(水)宝卯
SAYAKAが美容師見習いと母親公認自宅デートの愚かしさ●
初恋。SAYAKA(86-1001/山寅)が、美容師見習の相手と親公認の自宅でデート。
今年(03年/雨未)は、干合なのだから、それもありなんだろうが、
宿命水分ゼロ(DNA禄/司なし)で舞い上がっていると、
「山」→「陽」と変化して、年干「陽」と月干「灯」を加え、
火性の天干一気となり、周囲にいれば吹き飛ばされる。
生月冲殺で不安定な月支「酉」が、今月の「卯」で対冲されたためだが、
鳴り物入りでデビューしたのに、こんな程度で女性誌を飾るとは、情けないことだ。
子供を活かすも殺すも親次第。
仕事をしだしたら、生月冲殺は放りだすのが、本則だ。
 
椎名林檎の新作アルバムが失速の報い●
曲折。02月23日(灯卯)発売の新作アルバム『加爾基 精 栗ノ花』が、
大々的な宣伝をしたにもかかわらず34万枚
(1stアルバム「無罪モラトリアム」100万枚、2stアルバム「勝訴ストリップ」230万枚)と
ふるわなかった、偽歌舞伎町の女王こと
椎名林檎(78-1125/宝卯)。
本来、生年冲殺なのだからもっと売れてもいい筈だが、
年上の午未天冲殺を略奪結婚したかと思えば、
出産後に離婚をするなど、流れも何もあったもんではない。
さらに、「NEWS23」で
筑紫哲也(35-0623/鉄午)にコビを売るなど、
傍目にも必死な様相がかえってまずかった。
成功は自然の流れの先にあるもの。
椎名は、今年(03年/雨未)は年干「山」が干合すれば「陽」となり、
これが日干「宝」と二次干合すれば、それぞれ「海」と「雨」になり、
月干「雨」をいれて水性天干一気の完成。
どうやら自滅のケースだが、10年運「16歳宝酉」は納音。
ターボ運で目立つだけに、さらに大きな破壊が待ち受けるかも知れぬ。
接運であがいても、無駄だ。
 
岡田美里が再婚も全てをぶち壊すはずの夢の中●
再婚。2年前(01年/宝巳)の前夫・堺正章(46-0805/宝亥※)の納音で離婚した、
岡田美里(61-0824/畑丑)が、再婚。
「今度こそ温かい家庭を築けそうな予感を持っております」と会見するが、
互いに二人の子供を抱える不自然なもの。
木性ゼロ(DNA車/牽なし)で役割をなかなか全うできないうえに、
年支も日支も「丑」で表裏のない人だから、すぐボロがでる。
親との同居が理想だが、その親も既に他界。
10年運「35歳鉄子」はダメージカラーの変剋律。
精神苦を受ければ、逃げだすパターン。
条件なし天冲殺+害年に出会い、条件なし天冲殺+天剋地冲の再婚では、
今度も長続きせずかもなあ。
 
■2003年03月20日(木)海辰
近藤真彦KONDOU Racingの来期新体制発表の自慢ぶり●
白蟻。ロクに仕事をしているとは思えない近藤真彦(64-0719/畑巳)が、
03月18日(鉄寅)自らが率いる「KONDO Racing」の今年度の新体制を発表した。
「いい結果を持って来年、この席で皆様とお会いするのを楽しみにしています」と
毎度お馴染みのセリフを口にした。
この男の道楽に、本当に期待している報道陣がどれほどいたのだろうか。
後輩達が汗水垂らして稼いだ金を、何が功労者だか知らないが、ふざけてはいけない。
国税が芸能界に深いメスを入れているこの時期に、おめでたい人だ。
「畑巳」は時間をかけて、組織の屋台骨をボロボロにしてしまう因縁を持つ。
ジャニーズ事務所は、目覚めなければならない。
 
長谷川京子が若草色でなく茶髪を春らしくというズレ●
贈呈。ヘアーカラーリングの似合う有名人に贈られる
「ヘア・カラーリング・スプラッシュ2003」の表彰式が03月18日(鉄寅)に行われ、
水性ゼロ(DNA龍/玉なし)の野人・
長谷川京子(78-0722/草酉)がグランプリを受賞。
明るいブラウンヘアで登場した長谷川は
「今日は春らしく明るい感じにしてみました」だと。
頭が鈍いのは生まれつきだが、春らしくなら「若草色」だろうが(笑)。
バブリー夏生まれにして、生年生月冲殺のため、
何を考えているか皆目見当がつかないが、物珍しいので一時的に露出しているだけ。
ラッキーカラーなら、夏生まれなら「水色/紫色」。
ブラウンは秋の色で枯れ草。
ドライフラワーになった長谷川の未来を象徴、いや嘲笑しているようだ。
侵攻。世界の警察を自認する国の長(宝巳)の、
なかば私利私欲とも思える権勢欲のために、侵略が行われようとしている。
「宝巳」は、とにかくお金がやたらとかかる遊びをしたがる性癖。
どう転んでも、次の選挙はダメージカラー条件なし天冲殺で、再選不能。
たとえラッキーカラー年でも、やりすぎは良くない。
 
■2003年03月21日(金)雨巳
明石家さんまがカード詐欺被害に遭う大事件●
詐欺。明石家さんま(55-0701/雨亥)が、カード詐欺被害にあったそうだ。
怪しげな店でカードを使用したため、そこの従業員が勝手に、
さんまの情報を偽造したようだが、
カード会社からの「タイヤ100本買いましたか?」の
電話で発覚したようで、あまりにもお粗末。
エルメスの買い物20コなんていう(笑)、
破天荒なことをしているから、つけこまれたのだろうか。
さんまは、「雨+禄+午月」で、究極の裏切りにあいやすい。
今年(03年/雨未)から、10年運が「48歳灯丑」となり、
DNA「禄」のダメージカラー10年運天冲殺。
晩年の10年運天冲殺は陰転が相場だが、
その中身が「禄」ということは、経済と愛情の破綻。
しかも、月支「午」の害で、立場は不安定。
月干「海」は「木」に干合変化し、
ズルさが消え、DNA「調」は、若い女性の反乱。
年初に写真誌にスクープされたのも、これが原因。
金性ゼロ(DNA龍/玉なし)で、学習能力皆無とはいえ、
このお知らせ現象は真摯に受け止めるべき。
 
安西ひろこCHEMISTRY 川畑要と復活同棲の無惨●
事実。安西ひろこ(79-0209/灯未)が、一時は破局したとつたえられていた
CHEMISTRY川畑要(79-0128/草未)と復活したあげく、
既に同棲していることが報じられている。
安西は、金性ゼロ(DNA禄/司なし)で、金銭に無頓着、家庭運なし。
春生まれのため、野人扱い。
さらに、水性ゼロ(DNA車/牽なし)は、配偶者成分皆無で、仕事する気持ちなし。
ただでさえ、寅卯天冲殺のため前進力にブレーキがかかる。
「未」年「未」日生まれは、表も裏もなく、わかりやすい。
川畑の条件なし天冲殺遭遇のため、運良く一時は別れたが、
見かけほど男も寄りつかないので、あっさり復活。
生月冲殺が男に振りまわされたら、一巻の終わり。
川畑の月干支「草丑」は、安西の年干支「畑未」を天剋地冲するため、
仕事をする気にならず。
これでは、安西の事務所は踏んだり蹴ったりのようだが、
コントロールできないほうが悪い。
ロクにタレントが育たないのは、個人の自由を尊重するという、
怠けた風潮が蔓延して、管理ができないため。
生月冲殺の成功は、管理されてこそのもの。
職場放棄する人には、未来なし。
 
草なぎ剛柴咲コウ問題で木村拓哉と確執●
回避。映画にドラマに絶好調の草なぎ剛(74-0709/宝亥)が、
木村拓哉(72-1113/山申)に、
日9で共演した
柴咲コウ(81-0805/草卯)を紹介してほしいと頼んだが、
本気にしなかったのか無視。
さらに、一部でキムタク・柴咲の熱愛報道まででて、草なぎがブチ切れたとか。
両者には共通干支(木村の月干支が宝亥で、草なぎの日干支と同一)があるものの、
木村の日干支「山申」は、草なぎの年干支「木寅」を天剋地冲するため、
ただでさえダメージカラーなのに、未来を拓くようなマネはせず。相手が悪い。
もっとも、水性ゼロ(DNA龍/玉なし)の年下子丑とかかわっているようでは、
ロクなことがないので、案外キムタクに感謝したほうが良いのかも。
 
■2003年03月22日(土)木午
爆笑問題 太田光田中裕二の本当の仲●
危機。マンネリ化と予定調和の笑いに、サッパリ面白くないわりには、
相応な価格で仕事ばかり増えている爆笑問題に、解散の危機が迫っているという。
夕刊紙の取材によると、事の発端は、バブリー夏生まれの水性ゼロ(DNA車/牽なし)野人の
太田光(65-0513/灯卯)による、
長年にわたった相方の
田中裕二(65-0110/木子)イジメ。
田中が「オレは、オマエのオモチャじゃねえぞ」と、切れかかっているらしいこと。
両者はラッキーカラー同士といえども、それはせいぜい友人レベルの話。
相乗効果を喚起するような大半会などはない。
今年(03年/雨未)は田中の月干支「灯丑」が天剋地冲されて、
立場が危ういばかりか、ダメージカラー害。
年干と日干(共に木)が同一で、両天秤にかける傾向の田中だが、
不満爆発して失策をしかねない時期。
一説によれば、稼ぎまくる爆笑に対して、
大手プロが「何かお手伝いをしましょうか」とチョッカイをかけたことに対して、
事務所が無視をきめこんだために、こんなヨタ話を流されているとも聞く。
どっちにしろ、田中の害に変わりなし。
 
反戦。申し合わせたような芸能人の反戦大合唱。
「正しい戦争なんてない」ごときは誰でも言える。
宇多田ヒカル(83-0118/陽午※)の発言などは、金持ち喧嘩せずの遠吠え。
米国市民だかなんだか知らないが、
蓄財に励むまえに、奉仕活動をする姿を見せてほしいものだ。
 
■2003年03月23日(日)草未
松井秀喜をめぐる松たか子逸見愛の確執●
仰天。干合する松たか子(77-0610/山戌)との熱愛説に大喜びの
ヤンキースの
松井秀喜(74-0611/雨未※)に急接近しているのが、
日本テレビの「ズームイン!!スーパー」の松井専属リポーターで、
故.
逸見政孝(45-0216/陽辰)の長女の逸見愛(75年3月10日/草卯)。
シーズン中ずっと張りついているわけだから、
親密になるのかも知れないが、それでいいのか。
逸見は、DNA「貫」主導で、融通性なし。
「貫」×4もあり、耐えるばかりの番記者向きでも、一皮むけばただの頑固者。
「貫+禄」は、ハラは据わっているが、素直に非ず。
10年運初旬「9歳鉄辰」は、初旬干合支害のため、家庭運なし。3柱害で暗さばかり。
現在の10年運「19歳宝巳」は、スポーツに縁あり。
宿命の特長は、エネルギー177点と虚弱。
火性ゼロ(DNA鳳/調なし)は、口ベタ。
水性ゼロ(DNA龍/玉なし)は、英語堪能といってもツメコミだろう。
むろん、子丑である以上に目上運皆無。
金性ゼロ(DNA車/牽なし)は、本来働く気なく、役割意識も存在せず。
共通干支もなく、1歳年上の松井になんとも目障りな存在ではないか。
大リーグに慣れて活躍するまえに、こんな悪霊にまとわりつかれたら、自殺行為。
すでに、食事程度はする仲らしいが、水性ゼロの相手にパワーを吸いとられるだけ。
山田花子と同一生年月日の相手では、松井に似合わない。
 
松嶋菜々子着々と出産準備も危険がいっぱい●
計画。木性ゼロ(DNA鳳/調なし)の松嶋菜々子(73-1013/海午)が、
出産に向けて着々と仕事をセーブしているそうだ。
今年(03年/雨未)は、年支「丑」VS日支「午」の害(表裏人間)が一時的に切れ、
公私ともに一時的にシャンとする時期だが、
夫の
反町隆史(73-1218/山子※)は、
今年は条件なし天冲殺+干合支害で、それどころではない。
10年運(28歳草丑)ばかりか来年(04年/木申)は、木性が補填されるのだから、
松嶋にはチャンスには違いないが、害の10年運がセットなので、
体調不安を通り越して、出産には危険が伴う。
仕事に生きることの覚悟が必要だ。
 
岡田美里金の亡者再婚の夢の中●
貧相。堺正章(46-0805/宝亥※)と別れて、
プレハブ小屋で中古スキー用品を売る相手と再婚した
岡田美里(61-0824/畑丑)。
「これまでどおり、月100万の娘2人の養育費はちょうだい」だと。
既に所属変更が行われたのだから、これはヘン。
そもそも午未天冲殺の再婚に、子供を連れていくことじたいが妙なので、
根本から考え直したほうが良さそうだ。
 
柳沢敦にイタリアからのオファーは夢の中●
来期。鹿島アントラーズのFW柳沢敦(77-0527/木申)に、
来季イタリアのセリエAのキエーボに移籍する話が持ち上がっている。
柳沢はバブリー夏生まれ。
条件なし天冲殺の2年目にこんな話に遭遇するのも迷惑な話だが、
「木」や「山」が海外へ移籍しても、全く意味なし。
まして、条件なし天冲殺のオファーがあろうと、
夢うつつの出来事なので、保証など何もなし。
また、10年運「17歳雨卯」はラッキーカラーとはいえ、
海外を意味するDNA「龍」ではなく、国内専門のDNA「玉」。
年下の表裏人間なんかと付き合っているから、おかしくなる。
 
■2003年03月25日(火)灯酉
サダム・フセインの危ない夢の中●
不変。英米軍の同士討ち、イランへの誤爆など、
大義不鮮明の米国の攻撃に対して、生死さえ不明ながら不気味な、
イラクの
サダム・フセイン(37-0428/草酉)大統領は、
DNA「司」主導で、蓄積と準備に余念のないタイプ。
「司+禄」は、自制心に欠け、先見の明はなし。
「司+車」は、猪突猛進。
「司+鳳」は、忍耐力。
「司+石」は、仲間を大切にする。
「草+司+辰月」は、平時は行動力なく、口だけ。
宿命の特長は、エネルギー205点。
「丑」年生まれ「草酉」は働き者だが、働けど働けど我が暮らし楽にならない。
10年運で特筆できることは、「38歳鉄子/48歳畑亥/58歳山戌」が、
変剋律10年運(異常干支の3連続)で、精神苦を受けると才能が伸びる。
この場合の才能は、DNA中剋線の多い「石」だが、したたかさは相当なのだろう。
とは言っても、10年運「58歳山戌」は、月干支「木辰」の天剋地冲で、
頼れる仲間や隣国や後ろ盾(草にとっての木)がなくなり、
日支「酉」は害なのだから、蓄積した物が破壊されるのは、当然なのだろう。
そして、条件なし天冲殺は、なす術もない。
今年(03年/雨未)は、DNA「龍」の改良改革。
年干支「灯丑」も天剋地冲だから、進軍できず。
イラク国民にとっては残念なことだが、
午未天冲殺の大統領をトップに据えているということは、
国体にとっては末期をあらわす。
「草酉」は一本気で、退却はせず、どう転んでも評価は変わらない。
 
ジョージ・ブッシュは戦争大好きでいくらか好調●
突発。親子2代に渡りイラクに手こずっている、
米国の
ジョージ・ブッシュ(46-0706/宝巳)大統領は、
DNA「車」主導で、戦争大好き。
「車+玉」は、考えたとおりに行動するわかりやすい人。
理屈をこねまわして戦争をしかけるのだが、口だけ。
「車+牽」は、デリカシーに欠ける。
「車+司」は、利用されやすい。
「宝+車+午月」は、大風呂敷。
10年運は、「11歳陽申/21歳灯酉」が、10年運天冲殺。
「31歳山戌/41歳畑亥/51歳鉄子」が、変剋律10年運で、現在は似合わない政治力。
宿命の特長は、水性ゼロ(DNA鳳/調なし)の野人。
滑舌悪く、バブリー夏生まれのため、暑苦しい。
今年(03年/雨未)は昨年(02年/海午)に続き、ラッキーカラー年。
利権のためだとかとも言われているが、イラク攻撃は質の良くない遊び。
「宝巳」らしく、金がかかる人。
ちなみにフセイン(草酉)は、ブッシュ(宝巳)の天冲殺範囲の「酉」を持っているので、
ブッシュはフセインをコントロール不能。
一見、優勢に見えるブッシュも、今は良くとも、
来年(04年/木申)さ来年(05年/草酉)は、ダメージカラー条件なし天冲殺。
どんな成果を得ようと、再選されることはない。
 
トニー・ブレアはお疲れモード●
深刻。出来がいいのか悪いのかわからない息子に右へならえをしたあげく、
虎の子の戦闘機を撃墜されるなど、どこかツキのないように見える英国。
最近お疲れモードの
トニー・ブレア(53-0506/灯巳)首相は、
DNA「調」主導で偏った人。女性的感性強く、本音の本音はブッシュ嫌いだろう。
「調+調」は、常識の通用しない人。
「調+車」は、常に問題多発。
「調+貫」は、恩知らず。
「灯+調+巳月」は、自己犠牲の人助け。
宿命の特長は、バブリー夏生まれのエネルギー360点という、とてつもない存在感。
木性ゼロ(DNA龍/玉なし)は、目上運なし。
見かけほど強くなく、電気が流れていない状態のさめた夏の灯火。
「巳」×3は、行動の異常性。
狭い地域(英国)では、相応の働きを見せるが、広い世界では通用せず。
10年運「41歳海子」は干合(DNA牽=名誉)10年運だが、
来年(04年/木申)より「51歳宝亥」の天剋地冲10年運で、ジ・エンド。
首相になったのが、大半会がありとはいえ、
条件なし天冲殺の97年(灯丑)では、苦悩ばかりだろう。
どこもかしこも、世代交代の人々が、争っているわけだ。
 
■2003年03月26日(水)山戌
安住紳一郎千野志麻が観劇デートも発展なし●
観劇。青山劇場で上演中の三谷幸喜(61-0708/海寅)のミュージカル「オケピ!」を、
03月12日(木申)に、フジテレビの
千野志麻(77-0809/山戌)アナと、
「GOOD LUCK!!」で演技にも開眼した
安住紳一郎(73-0803/宝未)アナの二人が、
仲良くデートしていたことが、女性誌の取材でわかった。
千野は、今年(03年/雨未)は干合年ばかりか、
干合で日干と月干(共に山)が「陽」に変化すれば、
年干「灯」をいれ、火性の天干一気が完成するので、
エネルギー270点のパワフルさもあって、異性と交際すればひときわ目立つ。
一方の安住は、エネルギー274点と見た目以上に存在感あり。
今年はラッキーカラー年ということで、遊びの極み。
全く共通干支のない二人だが、千野の干合後日干「陽」と安住「宝」は干合関係。
また、10年運「29歳陽辰」で安住の日干は「雨未」にも見える。
そうすると、千野(山)とは干合の関係。
こじつけなければ整合性のない二人で、発展がどうこうという仲ではない。
売り出し中の安住に比べ、千野は最近これといった仕事がないので、
色めきたっているのは千野のほうだが、一歩間違えれば、天干一気で怖い人。
本来、夏の「宝」である安住には「山」の千野は、とんでもないダメージカラー。
こうして、また一人ダメになっていく。
 
モーニング娘。道重さゆみ田中れいなに期待する●
新娘。表に3日連続で取りあげたモー娘。(草亥)6期メンバーの3人だが、
黄金の4期メンバーで子丑生月冲殺の
石川梨華(85-0119/山午)、
干合金性天干一気の
吉澤ひとみ(85-0411/鉄辰※)、
四正格で火性天干一気の
辻希美(87-0617/灯酉)、
金性ゼロも315点の高エネルギーの
加護亜依(88-0207/海辰)にも劣らない強者揃い。
特に、バブリー夏生まれながら、水性ゼロの
道重さゆみ(89-0713/木戌)と
クールな冬生まれの
田中れいな(89-1110/木戌※)という
二人の日座冲殺を迎え入れたのは、
不幸にして
石黒彩(78-0512/木戌)を欠いた集団に、際だった軸が復活したことになる。
一方、
亀井絵里(88-1223/海子)はみかけほどヤワではないが、
害年参加というハンディを背負い、整合性はいまひとつ。
やはり、道重・田中が参加する「おとめ組」の勝利が濃厚だ。
ただし、これにお荷物1名(85-0226/陽申)が合流することだけは、全く合点がいかない。
つんく♂(68-1029/海申)も人の子ということか(笑)。
さらに言えば、娘。の運気を伸ばしているのは、
(娘。の)年干支「灯丑」を大半会する
辻希美(87-0617/灯酉)と、
月干支に「灯酉」を所有する
高橋愛(86-0914/宝酉)の両輪。
条件なし天冲殺に向け、娘。は人気に陰りが見えてきたとはいえ、
さらなる改良改革が必要だ。
 
鈴木あみ滝沢秀明の誕生日に純白ベンツS500を贈る●
唖然。長い長い休養中の鈴木あみ(82-0209/雨亥)が、
滝沢秀明(82-0329/宝亥)の誕生日に、
ン千万円もする純白のベンツS500を贈っていたことが女性誌の取材でわかった。
年干支は同級生のため律音。
滝沢の月干支「雨卯」は、鈴木の日干支「雨亥」と大半会もあり、
日干は鈴木が滝沢のラッキーカラーになっているという、離れられない仲。
生月冲殺の滝沢としては、一度目をつけられたら逃げられないということか(笑)。
「海/海/雨」という薄汚れた天干一気と子丑天冲殺の鈴木が、
一度狙った獲物を離したくないのは理解できるが、こんな調子では復活は無理。
ところで、来年(04年/木申)より、滝沢の10年運は「22歳陽辰」となり、
日干「宝」が干合され「雨」になる。
となると、天干は「海/雨/雨」の並びの、天干一気への入格。
こうなったら、あとは氾濫だけ。
害年の前に何とかしておきたいが、「戌」年生まれ「宝亥」は受け身で、何もできず。
鈴木をとるより、事務所に全てを任せるのが、生月冲殺の本則だが、共倒れも近いかも?
 
林家こぶ平が九代目林家正蔵を襲名決定●
精進。落語家というよりは、便利なTVタレントとしての印象の
林家こぶ平(62-1201/雨酉)が、
05年(草酉)春に、大名跡「九代目
林家正蔵」を襲名することが決定した。
生月冲殺が一族の生業を継いでいるのだから、どうこう言っても意味がない。
2年後と言えば、こぶ平の10年運も「42歳陽辰」となり、
月干「宝」が干合して「雨」になれば、年干「海」日干「雨」と、
水性の天干一気が完成する。
DNA「石」冲殺主導で、妙にズル賢い男だが、
「龍」×2持ちで、伝統芸能に不可欠な「玉」なしで、
およそ品格も何もあったもんではないが、これを機にTV出演を控え、
堅実(42歳陽辰→DNA司)になっていくのだろうか。
それもまた味気のない話だが、名前が人を育てるたとえもあり。
なんとか、格好だけはつけるのだろう。
 
■2003年03月27日(木)畑亥
訃報.古尾谷雅人が自死を選んだ毒持ちの夢の中●
突如。「ヒポクラテスたち」「スローなブギにしてくれ」「金田一少年の事件簿」など
個性的な演技が光った、俳優の
古尾谷雅人(57-0514/陽戌)が、
03月25日(灯酉の妥協しきれない害日)に自殺をした。
古尾谷は、DNA「禄」主導で、自己顕示欲が強い人。
10年運初旬「3歳木辰」は、初旬日居冲殺10年運で、
何かの犠牲になりながら運気を伸ばす人。
2旬「13歳雨卯」が、天剋地冲。
3旬「23歳海寅」が、ラッキーカラー半会10年運。
現在の10年運は「43歳鉄子」で、精神苦により才能が伸びる時期。
「陽」にとって、「草」が母親を示すので、
その干合する「鉄」は父親を意味する。
午未天冲殺としては、昨年(02年/海午)の父親の死を苦悩することが、
才能に与える影響が大きかったはずだが、
条件なし天冲殺に加え、宿命に存在しない水性(DNA車/牽なし)年との組み合わせは、
生まれて初めてのことでもあり、相当堪えたのだろう。
仕事にも恵まれていなかったようで、50にも手が届く夫人が近所のスナックで働いたり、
首から下の上半身がアトピー性皮膚炎で苦しんだりと悩みがあったのも、
水性ゼロでバランスの崩れた宿命だったからだ。
また、この10年間は月干「草」が干合され月干は「宝」になり、
さらに二次干合で日干「陽」と干合すると日干は「海」となり、
これが年干「灯」と三次干合すると、日干は「木」となり、
元の日干「草」を入れて、微妙な天干一気が形成されたが、
宿命の年支「酉」と日支「戌」が害という表裏人間が暴発したとも見られる。
表裏人間だからこそ、役者という生業を選べたのだが、
どうしても害持ち人間の寿命は長くはない。
ただでさえ晩年の条件なし天冲殺は辛いのに、
存在しない水性で自らを消してしまったのだろう。
 
仲間由紀恵肌荒れが凄い真の原因●
水害。03月26日(山戌)の「ごくせんスペシャル」に主演した、
仲間由紀恵(79-1029/畑巳※)が、仕事が忙しいのに睡眠時間を削ってまで、
共演した
松本潤(83-0830/鉄寅)と交際しているので、
肌荒れが凄いという報道がなされているが、
条件なし天冲殺の相手、しかも害の関係ではやむなし。
しかし、それ以上に昨年(02年/海午)と今年(03年/雨未)の
宿命にない水性年(DNA禄/司なし)で、ハリキリすぎたためというのが、正解。
ないものが押しよせてきたから目立つのは当然としても、
晩秋の「畑」には水は不要。
来年(04年/木申)は待望のラッキーカラー年だが、あまり酷使されると、
全エネルギー292点中132点を占める肥沃な土性も、ヘタってしまう。
生月冲殺は恋愛などしているヒマなし。
事務所はいったい何やってるんだか。
 
中田英寿のセンスのないイタリア風ファッション●
無粋。サッカー日本代表に合流するため帰国した中田英寿(77-0122/畑卯)。
毎回とってつけたようなイデタチが酷評されるばかりだが、
今回は背中にサソリをあしらった貧相な、ダメージカラーのブルーのベストで凱旋(笑)。
イタリア在住の某有名デザイナーに言わせると
「基本はおさえているが、雑誌のサルマネであって、
オリジナリティの欠片もない」とか(爆)。
中田は、DNA「貫」主導の、ただの頑固者。
年支「辰」と日支「卯」は害となり、表裏人間。
レベルの高くないこのタイプは、せいぜいファッションで着飾ること程度しか能なし。
「畑」は中身より外見重視ということもあるが、
これは10年運「24歳木辰」の干合支害10年運の影響で、格好がつかない。
冬の「畑」のラッキーカラーは火性。
もう少し品良くやってほしいものだが、
今年(03年/雨未)はダメージカラーの水性年で、さらに強欲で水没を招く。
代表監督の
ジーコ(53-0303/雨丑)とも、関係は芳しいとは言えず。
ジーコが納音で切れるのが早いか、
中田が流されて消えるのが早いか、そちらも興味津々だ。
 
■2003年03月28日(金)鉄子
高橋克典が祇園の有名芸妓佳つ乃と交際の哀れ●
年上。「サラリマーン金太郎」では、大家の娘や、
息子が通う幼稚園の保母に、クラブのカリスマママ、
「年下の男」では、友人の女友達とその母親から・・・。
ドラマではさまざまの女性からアプローチを受け続ける
高橋克典(64-1215/山戌)が、
今年(03年/雨未)は、干合年ということもあり、私生活では祇園の超有名芸妓の
佳つ乃(64-0121/畑巳)と交際中だと、女性誌に報じられている。
高橋と言えば、2年前に同棲中の元モデルが自殺未遂して騒がれたのが、記憶に新しい。
佳つ乃と言えば、
郷ひろみ(55-1018/海子)との親密交際や、
作家の
伊集院静(50-0209/草亥)との同棲が話題になった売れっ子芸妓で、
「魔性の女」とも呼ばれているとか。
佳つ乃は、DNA「貫」主導で、状況環境により変化する気の強い人。
「貫+車」は一本気。
「貫+玉」は、その場の雰囲気づくりが上手い。
「貫+禄」は、計算された演技。
BE的には「白蟻」と揶揄されるほどパワーがあっても、
他者を足許からなぎ倒すことでは定評のある「畑巳」。
恋愛でも魅力はあるが、いずれ失望させることの多いタイプ。
何度も同じ過ちを繰りかえしながら、
どん底と自身の定位置を行ったり来たりして、あまり成長のない人。
10年運初旬「5歳陽寅」というラッキーカラー害に汚染され、
生日冲殺でもあり、およそ家庭運はない。
生年冲殺で仕事人間の高橋とは同年生まれでも、
共通干支すらなく、「畑」と「山」ということで、せいぜい姉弟の関係。
刹那的にしか感情のよりどころを求めない人々には、
何を言っても無駄かも知れないが、意味はなし。
これでは、「37歳鉄辰」という10年運天冲殺を活かしきれそうもなく、
ただの遊び(DNA鳳)。どうやら、高橋の未来は、おぼつかない。
 
小室哲哉globe KEIKOが仕事のために別居●
別居。新婚4ヶ月でアツアツのはずでも、
03月26日(山戌)発売のNEWアルバム「LEVEL 4」が全くふるわない(圏外15位スタート)、
小室哲哉(58-1127/山申)とKEIKO(72-0818/宝巳)が、
女性誌の取材で別居中であることがわかった。
別居は小室からいいだしたようで、「創作活動に支障をきたすから」だそうだ。
おいおい、仕事してるのかとツッコミたくなるが、
月支VS日支害持ちの小室としては、苦肉の策だ。
ラッキーカラー10年運天冲殺を抜けじり貧の小室には、
結婚が運気を落とさない最大の武器なので、賢い判断とも言える。
ただし、これは一般人では使えない技術。
あくまでも小室がKEIKOと仕事上のパートナーであるから
(一応、小室の日干支とKEIKOの月干支は律音で、共通干支あり)許されることなのだ。
KEIKOは宿命木性ゼロ(DNA禄/司なし)で、家庭運皆無。
それが、10年運「24歳草巳/34歳木辰」で一時的にでも出たのだし、
生月冲殺としては、相手の要求を拒絶ができない。
「調」冲殺主導で、バリバリの偏り人間のKEIKOには似合いなのだ。
「子」年生まれ「宝巳」で、勝負師のKEIKOとしては、
一世一代の賭け=結婚だったのだから。
しかし、解せないのが訳の分からん占い師の助言とかで、
「子供は5年後が最適」という説。
そんなバカらしい理屈はない。
結婚したら自然体で子供を望むのが正しい生き方なのだし、
そもそも今年(03年/雨未)はDNA「鳳」で、KEIKOの出産妊娠にはこのうえない時期。
「自分に無理をして破局するより、自然体でやっていきたい」とにべもない小室こそ、
不自然の極みなのだが、懲りない人だ。
 
桑名正博が生月害持ちなのに実家を継いで破産寸前●
受難。かつて「セクシャルバイオレットNo.1」の大ヒットを放った
大阪在住のの
桑名正博(53-0807/鉄寅)が、天保年間に創業された廻船問屋で、
現在は倉庫業などを営む家業をヘタについだために、
借金まみれになり、2億7千万円といわれる豪邸から
立ち退きを求められる訴訟にあわてふためいているという。
桑名は、DNA「玉」冲殺主導で、生地生家の災難を背負う人。
また、年支「雨巳」の「雨」は夏生まれの桑名にとってラッキーカラーだが、
12支は年支「巳」VS日支「寅」の害となり、表裏人間。
「未」月生まれだから生月冲殺で、BE的にはこれほどわかりやすい失敗例もない。
当人には申し訳ないが、おかしくて涙がでそうになってしまった。
現在「40歳草卯」から「50歳木寅」の過渡期だが、
キーワードは「司」や「禄」で、そのものズバリ金銭トラブルが、
条件ありとはいえ天冲殺年に表立ったもの。
60年に一度のラッキーカラー天冲殺だろうと、生き方が悪ければ、使える訳もなし。
大阪に留まらず東京にでてきて、生家がどれだけ傾こうと、
自分の生き方を貫かないと、コントロール出来ない人生になるのが生月冲殺。
午未天冲殺は締めくくり運というのは、何の条件もない人のセリフ。
条件ありは仕事を通じて、次代に何かを残さねばならない。
奉仕より身内の後始末を選んだ彼には、哀れさより情けなさしかない。
 
モーニング娘。石川梨華No.5で威風堂々●
豹柄。03月26日(山戌)に5枚目のアルバム
No.5をリリースした、モーニング娘。(草亥)。
12人体制のラストを飾るだけあって、未来への躍動感を感じる相応のジャケットは、
ラッキーカラー赤に彩られ、オリコンチャートでも1位をキープ。
今年(03年/雨未)最も注目に値する一人、
石川梨華(85-0119/山午)をメインに威風堂々として、臨場感あり。
笑えるのは、
飯田圭織(81-0808/山午)ただひとりカメラ目線なのと、
「鉄」らしく
安倍なつみ(81-0810/鉄申)と、
吉澤ひとみ(85-0411/鉄辰※)の二人の帽子が、ヒョウ柄だったこと。
ヒョウ柄が好きなのは、戦闘道具である良質な「鉄」の特長(笑)。
まだまだ、侮れない。
 
■2003年03月29日(土)宝丑
池袋。スペシャルで復活した「IWGP」。
役者がヘナチョコだろうと、脚本や演出が冴えれば、格好がつくという見本で、
久しぶりに期待して見たが、少々無理をした2時間という印象。
「木更津」の面々の登場のしかたは不自然だし、
重要な役回りであるはずの拒食症少女の
森本ゆうこ(86-0715/鉄申)にいたっては、およそ存在感なし。
横山剣(60-0706/草未※)だけで、1本とれたのに残念。
続編をにおわすつくりだったが、
長瀬智也(78-1107/雨酉)は「ムコ殿」なんかより、
こちらを連ドラにすりゃいいのに、残念。
 
失敗。市川染五郎(73-0107/雨卯※)と
婚約者・
関園子(72-0724/陽辰)の挙式が、
11月26日(雨卯)の関の害日に決定した。染五郎には、律音日である。
ありがた迷惑というより、土砂降りの「雨」重なりで暗いなあ。
 
岡村隆史織田裕二踊る大捜査線の毒対決●
実現。ナイナイの岡村隆史(70-0703/木申)がたっての希望だった、
07月19日(雨巳)公開の映画
踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」に、
セリフのない犯人役でゲスト出演することがわかった。
岡村と
織田裕二(67-1213/宝亥)とは、月干支同士が納音で、日支は害の関係。
なんか、やだな。
それに、生月なのに岡村は、この程度のことで、はしゃぎすぎ。
 
石川さゆりに2億2千万円の賠償命令くだる雨降りの中●
破綻。整理回収機構(RCC)が歌手の石川さゆり(58-0130/灯未)らを相手取り、
約28億円の返還を求めた訴訟の判決が、03月27日(畑亥)に東京地裁であり、
連帯保証人になっていた石川に約2億2千万円の支払いを命じた。
石川は、10年運「42歳山午」が、月干支「雨丑」の干合支害で立場悪化。
月干が「灯」に変化すれば、年干日干共に「灯」なので、天干一気が完成する。
また、干合前の月干支「雨丑」は、今年(03年/雨未)は納音、
干合後の「灯丑」では天剋地冲となり、いずれにしろ立場なし。
冬生まれの「灯」に、雨降りは天敵。
独立したはいいが泣かず飛ばずで、怪しげな組織に近づいた石川が悪い。
 
ジョージ・ブッシュサダム・フセイン水攻めが正しい●
愚策。戦争に正義などないから、その理由を全世界に納得させるのは困難である。
しかし、どれだけインチキな理由であろうと、
人の命がかかっているのだから、ゲーム感覚では絶対にありえない。
まして、今回は湾岸戦争のように、
積極的に
サダム・フセイン(37-0428/草酉)が動いたのではなく、
条件なし天冲殺らしく、査察もうけいれたあげくの、全くと言ってよいほど、受け身。
攻撃されていることじたい、夢うつつなのだから、
生死も自然にまかせてしまえば、
砂嵐だって(笑えることに、水ゼロのブッシュ=宝のダメージカラー)やってくる。
ジョージ・ブッシュ(46-0706/宝巳)が賢くないのは、
あるいは自然界が味方しないのは、トルコから南下作戦をとれなかったこと。
戦争というものは、過去の歴史が語っている。北が強いのだ。
日本の南北朝戦争、米国の南北戦争とも、北の勝利。
ベトナムしかり、朝鮮半島も南が勝った訳ではない。
ナポレオンもヒットラーも北上して敗退した。
王者の上座は「北」なのである。
ところで、水性ゼロ(DNA鳳/調なし)の
偏屈な宝石(プライドばかり)であるブッシュのラッキーカラーは水性。
方向は北を意味する。
遊び方を知らない(戦術がなっていない)ブッシュは、
この際そのものズバリの水をかぶって頭を冷やすことが必要だが、
情け容赦のない爆弾を投下するより、砂漠に放水でもしたらどうか。
秀吉にならって水攻めという手もある。
どうせ正義もへったくれもないのだから、SPEED感なくいつまでやられても困りものだ。
 
■2003年03月30日(日)海寅
鈴木あみが名目上SONYに勝とうとも復活は無理●
勝訴。元アイドル歌手の鈴木あみ(82-0209/雨亥)が、
所属先だったソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)に、
契約終了の確認などをもとめた前代未聞の訴訟で、
東京地裁は03月28日(鉄子)、請求を認める判決を言い渡した。
鈴木は元所属事務所を相手取った同様の訴訟でも勝訴しており、
これをひとつの節目として、自主レーベルからの歌手復帰を目指しているという。
鈴木は、DNA「牽」主導で、格好ばかりにこだわる人。
「戌」年生まれ「雨亥」は、もめごと大好き。
鈴木のトラブルの原因は、
「(1)条件なし天冲殺(97年/灯丑)の最終時期の社会参加。
(2)子丑天冲殺+天干一気なのに、父親の干渉。
(3)10年運天冲殺中にもかかわらず、流れに乗れなかった」などが原因。
今年(03年/雨未)は大半会ということで、ひとまず決着がでたが、
そんなに歌手を続けたければ、自主配信でも何でもやれば良いのであって、
理由の如何を問わず活動停止は前記理由もあり、致命的。
また、「12歳鉄子/22歳畑亥/32歳山戌」は、
変剋律10年運(異常干支の3連続)で、精神苦を受けるとともに、
人間的成長をするものだが、もはや大きな動きにはならない。
 
西田敏行は心筋梗塞から復活も放出不足の夢の中●
退院。03月03日(草亥)に急性心筋梗塞で倒れ入院していた、
西田敏行(47-1104/灯亥)が、03月28日(鉄子)東京三鷹市の病院を退院し、
禁煙やリハビリ運動、病院食で9キロほど痩せ「いいメンテナンスができた」と語った。
西田は、DNA「調」主導で、偏り激しい性癖。
日干支と年干支の律音(同一)は、超のつくほど表裏なく、際限のないタイプ。
「亥」年生まれ「灯亥」は、自己愛。
10年運「29歳灯未/39歳陽午」の10年運天冲殺で上昇し、
現在「49歳草巳」は改良改革とは言え、おつりの人生。
ガムシャラより流れに乗って、いらない物を放出すべき時期。
しかし、エネルギー195点中、洩気の土性はわずか7点。
これでは、蓄積ばかりで太る訳だ。
条件なし天冲殺の受け身のおかげで、早期復活したかのように見えるが、
長生きしたければ、ためこまないことだ。
 
伊良部秀輝が2361日ぶりに日本で復活●
復活。7年ぶりに日本球界に復帰した阪神タイガースの
伊良部秀輝(69-0505/鉄辰)投手が、
弱体横浜相手とは言え6回0/3を9安打3失点ながら要所を抑え、
味方の援護もあり2361日ぶりに日本で勝利をあげた。
もたついたのは、まだ干合支害月(03月草卯)のためだが、勝ちは勝ち。
チームに今季初勝利をもたらせた意味は大きい。
伊良部は、DNA「龍」主導で、改良改革の人。
エネルギー210点中、ラッキーカラーの火性ゼロ(DNA車/牽なし)の野人で、
生年冲殺のため仕事命。
今年(03年/雨未)は、月干「山」の干合で「陽」が生まれ、復活のノロシをあげた。
この調子で04月(陽辰)・5月(灯巳)のラッキーカラー月は大活躍してくれる勢いだ。
 
■2003年03月31日(月)雨卯
矢口真里ミニモニ卒業で失速加速かな●
卒業。モー娘。(草亥)内のユニットのミニモニ(01-0117/鉄辰)が、
初コンサートを03月29日(宝丑)に有楽町の東京国際フォーラムで、
小学生以下(及びその保護者)限定で行い、
同時にリーダーの
矢口真里(83-0120/山申)の卒業を祝った。
矢口は、DNA「石」主導で、協調性和合性の人。
稼働力を意味する木性ゼロ(DNA車/牽なし)のほぼ野人(火性の燃料なし)で、
「山」ながら妙にガムシャラに動き、いまひとつ不格好。
「戌」年生まれ「山申」は、正直。
保田圭(80-1206/雨丑)も脱退決定済みで、2期メンバー唯一の生き残りだが、
98年(山寅)の参加は、条件なし天冲殺と納音、
さらに月干「雨」の干合で、ラッキーカラーの「灯」がでて、
年干「海」との二次干合で存在しない木性(木と草)が出現したため合格できたのだが、
今年(03年/雨未)は、月干支「雨丑」の納音で、立場が危うい。
10年運も「15歳宝亥」で、DNA「調」の害。
若い女性の裏切りで、今回の流れは織り込み済み。
今後は、さらに若い小学生を対象にした
「ハロー!プロジェクト・キッズ」の指導にあたるそうだが、不透明。
干合年だけあり、本体では脱退した
後藤真希(85-0923/草丑)の
パートを与えられるなど注目度は高いが、
自己コントロール不能参加で、どこまで持ちこたえられるか疑問。
つんく♂(68-1029/海申)とは、もっとも共通干支が多いため、
なんとかここまで来たが、宿命にない木性(04年/木申・05年/草酉)年へ向け、
今年はボロボロになるまで、翻弄されるはずだ。
 
石原慎太郎選挙ポスターが切り裂かれる●
東京。04月13日(陽辰)に投開票の東京都知事選挙で、
現職の
石原慎太郎(32-0930/木午)知事の選挙ポスターが、
03月29日(宝丑)日野市など13ヶ所で鋭利な刃物によって切り裂かれる事件があった。
石原は、DNA「牽」の害日。事務所では刑事告発の対応も検討中とか。
石原は、DNA「牽」主導で、役割意識が高く、
主義主張はともかく、政治家というより公僕の質。
その意味では国政より、都政には体質的に向いている。
晩年の10年運天冲殺「63歳陽辰」は、ラッキーカラー天冲殺で、ヘンな欲は捨てるべき。
現在は、条件なし天冲殺中に動いたことへの後始末をせねばならないので、
まだ引退は出来ないようだ。
東京西部地区で起きた、木性である石原に金性(刃物)は効果的といえども犯罪そのもの。
かえって、石原の闘争心に火をつけてしまったようだ。秋生まれの石原には、実は水性が不吉。水攻め(利攻め)のほうが有効なのだ。
 
樋口恵子石原慎太郎に挑む分の悪さ●
対抗。誰もが驚いたDNA「司」主導で、
堅実でマジメすぎる感のある
樋口恵子(32-0504/草丑)の出馬。
くしくも現職知事との同学年対決となったが、
こちらは火性ゼロ(DNA鳳/調なし)の野人で、何でもあり。
失う物がなければ、ないほど良い。
10年運「40歳鉄子/50歳畑亥/60歳山戌」の変剋律10年運(精神苦で才能が伸びる)と
「50歳畑亥/60歳山戌」の10年運天冲殺が同時に終わり、
昨年(02年/海午)の害を経て、どこか吹っ切れた様相。
現在は「70歳灯酉」のラッキーカラー半会10年運。
さらに今年(03年/雨未)は、改良改革がテーマの対冲で、出馬に踏み切ったもの。
投票日は陽辰月の陽辰日で善戦が見込めるが、
「草丑」のDNA左3「禄」は、晩年世のため人のためにお金を使って破産しかねない。
ラッキーカラー天冲殺日の石原に対して、少々分が悪い。
 
運命評論家★BE//運命向上委員会です。
コラム総合目次//茶房会館(1 9 9 6 年〜)
さ く い ん
03年01月分 03年02月分 03年●03月分 03年04月分 03年05月分 03年06月分
03年07月分 03年08月分 03年09月分 03年10月分 03年11月分 03年12月分
BEHPは書体設定明朝体にしてご覧になられるのを推奨しています
プラウザのバックを使ってお戻りください●
BE●運命向上委員会 Copyright(c)1994→2017 birthday-energy.inc.
 
BE●灯BE●幸せ発電所
BE●運命向上委員会BE●運命向上委員会
BE●苺1BE●苺2