簡易地図★BEBE●移動祝祭日
BE●苺1BE●苺2
熱意と心のDNAで運命を科学する 運命評論家●BE
※「移動祝祭日」は、運命向上委員会幸せ女子発電所の私的感想頁です☆
2 0 0 3 年(雨 未)●07月分
笑福亭鶴瓶が27時間テレビで局部露出で抹殺か●2003_0701
大竹しのぶがモスクワ映画祭最優秀女優賞受賞の救い●2003_0701
サザンオールスターズは心底怖ろしい存在だ●2003_0702
山田孝之 火9ウォーターボーイズで目覚める●2003_0702
押尾学 クニミツの政は貧相不潔で見るに堪えない●2003_0702
上戸彩の水10ひと夏のパパへに感傷なし●2003_0703
白方由美が滋賀県豊郷町助役に公募で乗り込む●2003_0703
Amy-N-Ryooの井上亜美が水着万引きして逮捕の夢の中●2003_0703
坂口憲二の木9愛するために愛されたいに感動なし●2003_0704
吉岡秀隆の木10Dr.コトー診療所の毒の中●2003_0704
森喜朗が女性蔑視のまたまた無責任発言●2003_0704
瀬戸朝香袴田吉彦の未来なき犬連れデート●2003_0705
二宮和也 金10STAND UP!!のスローな展開にうんざり●2003_0705
柱谷幸一古瀬絵理に躓いた夢の中●2003_0706
水野真紀が10年運害で広告代理店勤務者と破局●2003_0706
萩原聖人和久井映見とついに離婚●2003_0706
堂本剛 日9元カレは感動がないドラマだ●2003_0707
西田夏がひっそり引退しショップ店員になる毒の中●2003_0707
雨宮塔子に干合火性天干一気女児が誕生●2003_0707
黒澤優の両親の林寛子黒澤久雄が24年目の離婚●2003_0707
伊藤沙莉 月1014ヶ月〜妻が子供に還っていく〜の驚愕●2003_0708
滝沢秀明 月9僕だけのマドンナの失敗●2003_0708
オセロ 中島知子とネプチューン 名倉潤が熱烈交際●2003_0708
水野真紀後藤田正純が交際する毒の念押し●2003_0709
小泉純一郎の10月解散1109投票は自殺行為●2003_0709
渡辺喜美が吠えても政治は変わらない●2003_0709
山王丸和恵が天冲殺害日に干合天干一気男児出産●2003_0709
菅野美穂 水10幸福の王子で見所いっぱい●2003_0710
深作健太とバトル・ロワイアルに見所なし●2003_0710
セガ 小口久雄新社長の野人の夢の中に期待せず●2003_0710
茉樹代が台湾での成功を捨てて日本デビューの無謀●2003_0711
井川遥 木10高原へいらっしゃいの投げやりと劣悪●2003_0711
陣内孝則 木9菊次郎とさきの清潔感なし●2003_0711
菊川怜加藤晴彦との交際を否定●2003_0712
鴻池祥肇構造改革特区担当相が幼児殺害犯を打ち首発言●2003_0712
中田英寿が東ハトから助っ人指名される汚濁と欺瞞●2003_0713
阿部美穂子がサッカー韓国代表と結婚の微妙●2003_0713
小林聡美の土9すいかは期待はずれだった●2003_0713
こずえ鈴が夢の中の仁科克基と同棲中という愚挙●2003_0714
細川直美葛山信吾の第一子女児は共通干支なし●2003_0714
堂本剛が過換気症候群になった主たる理由●2003_0714
佐々木恭子が上場企業エリートサラリーマンと交際●2003_0715
ジミー大西は絵を売って年収二億円●2003_0715
ダンディ坂野は一発屋で終わらないけれど毒日引越し●2003_0716
小畑由香里のせいで柳沢敦は伊国へ移籍の夢の中●2003_0716
阿部慎之助が年下女性といちゃつく恥と夢の中●2003_0716
藤谷美和子が紀宮様を妹とかたり皇居に突入●2003_0717
上重聡が日本テレビ入社の毒と闘争の改良年●2003_0717
江川卓が読売巨人軍監督に急浮上●2003_0717
山咲トオルは不潔すぎて華もなし●2003_0718
さかなクンが専門があるから強い●2003_0718
吉川美代子がアナウンススクール校長就任の毒の中●2003_0718
古瀬絵理柱谷幸一の絵に描いたような不倫のツケ●2003_0719
ユースケ・サンタマリアの害持ち害環境で試される●2003_0719
高橋尚子が稼ぐ方向にシフトする●2003_0719
辻元清美が逮捕された夢の中●2003_0720
渡部篤郎中谷美紀と不倫で人生を棒にふる●2003_0720
諸星和己が昔は木村拓哉並みと発言●2003_0720
石田衣良が直木賞受賞も同一生年月日安藤勝己との決定的違い●2003_0721
岩佐真悠子 ミスマガジン2003は末怖ろしい存在だ●2003_0721
高岡早紀保坂尚輝と別居する次元の低い心変わり●2003_0721
石井智也は肥満体質でも存在感あり●2003_0722
稲垣吾郎のソロパートでトイレにたつ客が増えた●2003_0722
市川新之助の隠し子を育てる日置明子はパート暮らし●2003_0722
香取慎吾の無謀なダイエットは夢の中●2003_0723
ゆず 北川悠仁が三億円豪邸に親と暮らす矛盾●2003_0723
井森美幸は厚生年金に入りたいだって●2003_0723
田中麗奈がL'Arc〜en〜Ciel Kenと交際する愚か●2003_0724
あびる優の父親が逮捕される水の中●2003_0724
東山紀之が格闘シーンで蹴られて松葉杖の夢の中●2003_0725
桂三枝が上方落語協会会長に選出される雨の中●2003_0725
佐渡裕がW杯記念コンサートの指揮をふる表裏●2003_0725
高木広子が怪しい紳士と不倫中の水の中●2003_0726
荒巻レイチェルという野人で内外シーソーの夢の中●2003_0726
訃報.岩田暁美が害切れの救いの年で逝く●2003_0726
森ゆうこ大仁田厚を報復撃破の雨の中●2003_0727
岡田准一有坂来瞳極似のストーカー出現●2003_0727
麻波25 佐藤明が大麻所持で逮捕で終わり●2003_0728
山田花子がマラソンを走る野人的雨の中●2003_0728
安倍なつみがモー娘を卒業するありえない木の中●2003_0728
V6が一般未公開映画鑑賞券付CDを発売する魂胆●2003_0729
SABU監督の地味な正体●2003_0729
岩城滉一の三億円豪邸が競売にかけられた不甲斐なさ●2003_0730
手塚理美がマネージャーに三百万円の未払い給与あり●2003_0730
冨田靖子が椎間板ヘルニアで記念舞台を降板●2003_0730
小沢一郎が自由党を解体し民主党合流し一兵卒となる●2003_0731
大坪千夏がキャイーン 天野ひろゆきと復活に未来なし●2003_0731
 
■2003年07月01日(火)草亥
笑福亭鶴瓶が27時間テレビで局部露出で抹殺か●
■瞬時。フジテレビ系「FNS27時間テレビ」で、
深夜に酒に酔い、局部を露出してしまった、
笑福亭鶴瓶(51-1223/灯酉)は、DNA「車」主導で単純。
「車+龍」は、行きあたりばったり。
「車+禄」は、礼儀に無縁。
「車+司」は、猪突猛進。
「灯+車+子月」は、騒々しいだけ。
宿命の特長は、エネルギー115点と虚弱。
冬だけあって、まるで存在感なし。
「卯」年生まれ「灯酉」は、内外シーソー。
酒を飲んだら、前後不覚はあたりまえ。
年干支「宝卯」VS日干支「灯酉」は天剋地冲で、常に誰かに迷惑をかける。
土性ゼロ(DNA鳳/調なし)は、満足にコミュニケーションがとれず。
「卯」・「子」・「酉」の四正格で、最弱の12支を持つこのオトコは、
「午」(6月)を迎えると、瞬間的にとんでもない動きをする。
「山午」月は、宿命にない土性、DNA「調」で反抗・反社会的がキーワード。
10年運「45歳草未」は、一応ラッキーカラー10年運だが、
月支「子」は害となり、立場が不安定。
こうも問題を起こす理由は、社会参加が「15歳山戌」の害の時期のため。
差別化された下品さを「芸」と呼ぶような風潮はおかしい。
くだらない輩は、この際追放されるべきではないか。
 
大竹しのぶがモスクワ映画祭最優秀女優賞受賞の救い●
■受賞。女優の大竹しのぶ(57-0717/鉄寅)が、
映画「ふくろう」で、第25回モスクワ映画祭最優秀女優賞に選ばれた。
大竹は、DNA「司」冲殺主導で、家庭的な雰囲気がまるでなく、
マジメにやろうとすればするほど空回りする。
発表されたのは、生月冲殺が60年に一度のラッキーカラー条件あり天冲殺の、
天冲殺月のラッキーカラー日(29日/雨酉)だった。
ところで、大竹は「酉」年生まれ「鉄寅」で、異性の気持ち理解不能。
2度の結婚と1度の実質婚が報道されているが、
来年(04年/木申)は天剋地冲年ばかりか、
10年運「47歳海子」のラッキーカラー10年運突入と
年干と月干(共に灯)の干合で「草」が出現するため、
異性成分がふんだんにでてくるので、また新たな異性を苦しめることになる。
しかし、それも時間の経過と共に、友人みたいになってしまう。懲りない人だ。
 
■2003年07月02日(水)陽子
サザンオールスターズは心底怖ろしい存在だ●
■25年。06月25日(畑巳)に25年ぶりに再発売された、
サザンオールスターズ(78-0625/山午)の
デビュー曲
勝手にンドバッドが、
07月07日(宝巳)付のオリコンチャートで1位を獲得するそうだ。
26年目での1位獲得は、オリコン史上初の快挙。
サザンオールスターズは、DNA「石」主導で、協調性和合性の象徴。
最初は反応鈍いが、長い年月をかけて信用を築いていく。
「石+貫」は、独裁者。
「石+石」は、業界の変わり者。
「石」×3、「貫」×2は、旧型タイプの政治家向き。
10年運は、初旬「4歳畑未」で、自己に目覚める。
「4歳畑未〜44歳雨亥」が、ターボ運。
宿命の特長は、エネルギー306点と強大。
木性ゼロ(DNA車/牽なし)は、あまり働く気なし。
金性ゼロ(DNA鳳/調なし)は、表現力の偏りと遊びを知らない不器用さ。
水性ゼロ(DNA禄/司なし)は、優しさの欠片微塵もなく、金銭物質運の偏り。
野人である。
年干・月干・日干の全てが「山」となる土性の天干一気ばかりか、
年支・月支・日支の全てが「午」となる地支一気は、近づく者を利用し尽くし、
うっかりすれば吹き飛ばす、とんでもない「はげ山」。
バブリー夏生まれだが、今年(03年/雨未)はラッキーカラー干合支合で、
天干が全て火性の「陽」になるため、
火性の天干一気地支一気となるので、燃えさかり周囲を焦土にする。
ところで、実際にこういう人物がいたら、
サザンのように成功したかと言えば、さにあらず。
ただでさえ鈍い「山」が、3律音になれば、まるで動けない。
子丑天冲殺が、生家から出ずに大人になれば、どうなるか。
考えただけでも、恐ろしい。絶家運になるだけだろう。
 
山田孝之 火9ウォーターボーイズで目覚める●
■火9。「ウォーターボーイズ」
連ドラ初主演になる
山田孝之(83-1020/宝巳)は、
DNA「車」主導で、単純思考。
泳ぎは下手だったらしいが、特訓でものにしたのは、さすがラッキーカラー年。
「車+司」は、その単純さに輪をかけるように、人にダマされやすい。
「車+石」は、目的遂行のためは有無を言わさず。
「車+鳳」は、大衆的。
「車+調」は、常に何かに挑戦する。
10年運初旬「4歳宝酉」は、日干支「宝巳」を大半会するので成功運型だが、
デリケートな「宝」の大半会は、いまひとつイケていない。
「4歳宝酉〜74歳木寅」がターボ運。
宿命の特長は、エネルギー217点。
年干「雨」と月干「海」のダブルラッキーカラー持ちは、悩み多し。
さらに、今年(03年/雨未)の干支は、これといって、決め手なし。
随所に午未天冲殺(玉木宏=陽戌、森山未來=陽戌、
柄本明=海辰、高橋ひとみ=山子)を配置する気の使いようは好感が持てるし、
女性陣の香椎由宇(陽申)は干合支合という念の入れよう。
女子校の競泳水着がピンクなのは、せめてもの賑わいかも(笑)。
山梨県に、シンクロをやる男子が、これほどいるのかは疑問だが、
健康的な男の子の裸をみたい人には、いいかも(笑)。
 
押尾学 火10クニミツの政は貧相不潔で見るに堪えない●
■火10。「クニミツの政」は、時代整合性もスピード感もなく、
およそ夜10時の放送に耐えない駄作。
そもそもテーマが薄っぺらだと思ったら、
でてくるのも、バブリー夏生まればかりか、
志が低く不良の頭目にしか見えない
押尾学(78-0506/山辰)。
エネルギー316点とパワーだけあっても、持て余し気味で、
生き方が貧相なのか、顔に不潔さが漂い、
たとえラッキーカラー年+干合天干一気で目立つからと言って、
連ドラの主役にはおぞましいばかり。
初旬条件(10歳山午は、年干支と律音)もあるし、ターボ運で目立つが、
BEでは一切評価したくない輩。
伊東美咲(77-0525/海午※)は、新聞記者というより、婦人警官がいいとこだし、
上原美佐(83-1221/雨未)は歩く姿勢が悪い。
やはり、害持ちだな。
これに
マギー(72-0515/雨卯)まで加えた、研音主導ドラマだが、
アホに主題歌まで唄わせる関西テレビは、気でも狂ったか?
暑い夏だから、こんな手抜きでも数字を稼げると思ったら、大間違い。
吐き気をもよおすような、視聴者をなめた安易なつくりは、猛省すべきだ。
 
■2003年07月03日(木)灯丑
上戸彩の水10ひと夏のパパへに感傷なし●
■水10。「ひと夏のパパへ」は、どう考えてもスレているとしか思えない
上戸彩(85-0914/陽辰)には、何か不釣り合いな感じもするが、
そこはDNA「司」主導でもあるため、マジメ(笑)にこなしている。
また、このドラマの最大の特長は、
コアな上戸ファン以外には、若い人に何も訴えていないこと。
ややくたびれかけた芸達者人を集めたことや、
挿入歌の古さや舞台設定を考えても、
30代後半から40代あるいは、50代の視聴者に見せる演出。
そこが、また周囲に「玉」×3を持つ、上戸らしいところか。
BE的には、子丑の生年冲殺の娘の母親は早く死んでしまうし、
その相手は生月冲殺の午未だったということ。
バブリー夏生まれで毛深いだけの、
父親役の
北村一輝(69-0717/雨巳)は、生月冲殺なのに、空回りしすぎも、
時折見せる真顔の凄みは、秀逸。
上戸が無表情なのとは対照的。しかし、可もなく不可もなし。
何か、ひとつ喰い足りないドラマだ。
「あんたは、世の中のクズだよ」と叫ぶ、上戸。
クズなら、もっといるだろう(爆)。
実の父娘ではない緊張感が生まれるのは、いつからだろうか。
夏は短く、そして長い。上戸の唄う主題歌のタイトルは
である。
 
白方由美が滋賀県豊郷町助役に公募で乗り込む●
■刺客。小学校改築問題で揺れた滋賀県豊郷町の助役に公募で選ばれた、
白方由美(65-0918/草亥)が、01日(草亥)に就任した。
白方は、愛媛県松山市生まれ。
90年(鉄午)関西大学法学部法律学科卒業、司法試験に挑戦した後、
97年(灯丑)中国南方航空大阪支社に入社。
今年(03年/雨未)6月迄約6年間勤務し、退職時役職は、総務課長。
DNA「車」冲殺主導は、他人とのいさかいは厭わず、もめごとの多い職場が合う。
今年(03年/雨未)の「草」は、DNA「龍」の改良改革がテーマ。
問題は、生月冲殺が自らの意志で、仕事を辞め公募に応じたこと。
異常環境は望むところだが、マイナスポイント。
10年運「7歳陽戌/17歳灯亥/27歳山子」は変剋律10年運で、
精神苦で才能が磨かれ、親の離婚または死別があったはず。
現在の10年運「37歳畑丑」は、年支「巳」と月支「酉」とで三合会局が成立し、
金性強化により役割意識とプライドが向上、やる気は並大抵のものじゃない。
宿命の特長は、年干・月干・日干が全て「草」になる、純正の木性天干一気。
エネルギー138点とか弱いので、御しやすく見られることもあるが、
二枚腰のような粘りは強靱で、油断を与えて敵を倒す。
年干支「草巳」VS日干支「草亥」の納音は、
出生や仕事上に秘密めいたものあり。
達成感を得れば、自分で自分の未来を封じ込めやすい。
大野和三郎(55-1130/草未)町長については、
「リコールで失職した後、堂々と返り咲いた。民主主義を体現した人」と絶賛。
小学校の校舎利用についても「町長と同じ考えを推進していく」と、
生月冲殺らしい優等生的発言をし、一心同体ぶりを強調したが、
それもそのはず、町長とは日干支大半会だし、
白方の日干支「草亥」は、大野和の年干支「草未」を大半会するので、
個人的に大野和のエンジンを全開するようなもので、ゆるぎない連帯感を感じる。
問題点は、白方は天干一気のため、ひとたび方向性がズレた場合、
大野和としては相当な違和感を感じるばかりか、
(大野和の)10年運「47歳海午」が、月干支「灯亥」を干合すると、
「草亥」になるので、逆襲に出れば白方の年干支「草巳」を納音し、
来年(04年/木申)は条件あり天冲殺+害の白方も、気を抜けない。
異性成分ゼロ(DNA車/牽なし)の大野和が
白神の魅力に揺らげば、相討ちも予想できる。
結論としては、白方助役は豊郷町へ使わされた刺客ということだろう。
 
Amy-N-Ryoo井上亜美が水着万引きして逮捕の夢の中●
■気迷。那覇署は06月30日(木戌)に水着1着を万引きしたとして、
女性二人組のユニット
Amy-N-RyooAmyこと、
神奈川県横須賀市の歌手・
井上亜美(77-0527/木申)を逮捕した。
「Amy〜」は99年(畑卯)結成のレゲエユニットで、
昨年(02年/海午)にだしたアルバム
Ninjoは約3万枚を売上げ、
この05月(灯巳)にメジャーデビューしたばかりだった。
井上は、DNA「鳳」主導の、遊び人。
「鳳+鳳」は、その気になれば何でもやる。
「鳳+車」は、ケチ。
エネルギー285点のバブリー夏生まれ、
条件なしラッキーカラー天冲殺年の天冲殺月で、ついふらふらときたのだろう。
「巳」年生まれ「木申」は、一か八かの相場師で、チャレンジャー(笑)。
ちなみに相方の
Ryoo(77-0914/木戌)は、DNA「牽」主導で、名誉が損なわれやすい。
水性ゼロ(DNA龍/玉なし)は非理性的。
生月冲殺ばかりか、月支VS日支害で、頑張っても崩れやすい人。
井上がたとえ同性でも、こういうパートナーを選んだのも失敗で、
そもそも午未天冲殺が、4ヶ月だろうと年下と組んでも、未来なし。
 
■2003年07月04日(金)山寅
坂口憲二の木9愛するために愛されたいに感動なし●
■木9。「愛するために愛されたい」は、
タイトルだけは、今季ぶっちぎりの最低で、視聴者無視も甚だしい。
意味がないタイトルには、当然のように内容すらない。
それでも、初回だけはと辛抱強く見るのだが、そこには感動がない。
パイロットと整備士の話なら、希望と親近感を少しはもてるかも知れないが、
登場人物が宇宙飛行士では、感情移入も出来ない人が大半だろう。
忙しい時代に、飛行士目指すオトコが、チェロなんかやるなよと思う。
坂口憲二(75-1108/山午)だから、なおさら。
また、
菊川怜(78-0227/鉄申※)が髪を束ねると、ほとんど「OL銭道」。
草刈正雄(52-0905/木寅)まで登場して、やってることは、テレ朝以下(笑)。
 
吉岡秀隆の木10Dr.コトー診療所の毒の中●
■木10。「Dr.コトー診療所」
なぜ、この時期に
吉岡秀隆(70-0812/木子)が
主役なのかと疑問を持つ人が、100人中99人。
ひょっとすると、100人いるかも知れない(嘆)。
今年(03年/雨未)は、害年なばかりか、およそ顔にしまりがなく、
一般人以下の風貌は、失礼ながらテレビにはそぐわないし、
それだけの存在感も演技力もなし。
たとえば、これが
木村拓哉(72-1113/山申)なら、
視聴者がどういう印象を持つか、それを考えれば、良い。
別に、キムタク起用の必然性はないが、
若くて新鮮な俳優を起用するにこしたことはないのだ。
退屈でSPEED感のなさは、つい「コトー=孤島」なんだろうな
という貧困なものしか、思いめぐらさない。
正直言って、
柴咲コウ(81-0805/草卯)をだせば、それで許されるのか(笑)。
前髪多いと、この野人だってブサイクだぞ!
 
森喜朗が女性蔑視のまたまた無責任発言●
■発言。森喜朗(37-0714/海寅)前首相が、
06月26日(鉄午)に鹿児島市で開催され、
太田誠一(45-1030/海申)元総務庁長官が、
「レイプする学生は元気があるからいい」と、
生月冲殺らしい無責任な発言をした討論会の会場で、
「子供をつくらぬ女性の面倒を税金で見るのはおかしい」と、
バブリー夏生まれらしく、素っ頓狂な発言をしていたそうだ。
「子供をたくさん作った女性を、将来国がご苦労さまでしたと、
面倒を見るのが本来の福祉」とし、
「子供を一人もつくらない女性が、自由を謳歌して、
楽しく遊んで、歳とって・・・
税金で面倒みなさいというのは、本当におかしい」と、語ったとか。
この論法なら、ホームレスの男性は、国が面倒を見る必要はないとも考えられる。
BEでは、一人一人の人間は、それぞれ役目役割があり、
子供を産まないことが正しい選択である女性(日座冲殺など)もいるのだから、
むしろ感謝してもいいのではないか。
こんなジイサンでも、暴言するたびに、反面教師に出来る日本は素晴らしい(笑)。
 
■2003年07月05日(土)畑卯
瀬戸朝香袴田吉彦の未来なき犬連れデート●
■交際。瀬戸朝香(76-1212/山戌)と袴田吉彦(73-0716/雨丑)が、
公園デートを重ねていることが、女性誌の取材でわかった。
二人は、94年(木戌)の「東京大学物語」で初共演以来、
9年ぶりに今年(03年/雨未)04月スタートのドラマ「新・夜逃げ屋本舗」で、
共演して意気投合したとされるもの。
ともに世田谷区在住で、住まいもクルマで10分程度の距離ということから、
三宿の世田谷公園で、瀬戸の愛犬ミニチュアダックスフントを2匹連れ、
ペットOKの喫茶店でひとときを過ごしているもの。
瀬戸は今年は10年に一度の干合年でとりあえず誰かと噂になる。
袴田は納音年で、これまでの経緯を壊す年。
二人の関係は、干合相手ということだけで、
共通干支はまるでなく、月支は害同士というレベルの低いもの。
もちろん、冬山と夏雨のダメージカラー同士だ。
不器用な瀬戸としては、こんな面白みもない相手に
ひっかかっているヒマはないのだが、それもこれまでの生き方のツケか。
ペットを飼っている人に、まともな出逢いもないというのも、定番だ。
 
二宮和也 金10STAND UP!!のスローな展開にうんざり
■金10。「STAND UP!!」。あまりのスローテンポにうんざりしてしまった。
30分経過時に90分は見てるのではと錯覚するような、説明調。
やはりオトコは時間のかかる、生き物なのだ。
くだらないオトコを、よりくだらなく描こうとするものを、
ピュアと称するとはとんでもない勘違いではないか。
一部のファンが見るだけで、幅広い世代に感動させるテーマも何もない。
バブリー夏生まれの
二宮和也(83-0616/陽子)には、
世間の人々に応援されるキャラでもなく、荷が重いということだろう。
なぜ、女性をたくさん使ったドラマがつくれないのだろうか。
仮につくっても、おさだまりの援助交際がどうしただしな。
一方、
鈴木杏(87-0427/陽午)の変貌ぶりは、役作りとはいえ、あまりにも唖然。
天才子役のなれの果ては、いたましい(笑)。
もっとも、学芸会以前の稚拙な演技しかできない、
アホバカ4人組に比して、巧すぎて浮いている感も。
成長のない二宮に対し、老成し演技派に衣替えというイメージさえある。
 
高杯克典 金11特命係長・只野仁に何もなし●
■金11。「特命係長・只野仁」は、
劇画を劇画らしくバカバカしく、やらせているのはいいが、それ以上でも以下でもなし。
高橋克典(64-1215/山戌)にしろ、永井大(78-0520/海午)にしろ、
二枚目ではファンしか見ないが、この手のものなら、
仕事終わりの息抜きには充分なのだろう。
オヤジ週刊誌に連載されている漫画だが、
弱く地に墜ちたオトコのヒーローとは、こういうものなのだろうか。
情けのないことだ。ところで、電王堂なる大手広告代理店が舞台だが、
「不況の中平和で強い会社を目指す」だと。
ったく、現状認識も何もない(嘆)。
高橋も、挿入歌程度なら誰かに唄わせてやれよ(笑)。
 
■2003年07月06日(日)鉄辰
柱谷幸一古瀬絵理に躓いた夢の中●
■嘲笑。サクランボの盗難被害で、不名誉な形で名前のでた山形県が、
今度はNHK山形放送局の西瓜なみの巨乳契約アナの
古瀬絵理(78-0208/宝丑)が、
サッカーのJ2モンテディオ山形の監督の
柱谷幸一(61-0301/雨巳)と不倫交際なのが、写真誌の取材で明るみになった。
柱谷は復帰なき長期休養を命じられ、事実上解任の憂き目に。
柱谷は、DNA「調」主導で、スポーツマンとしては珍しく女々しい面のある人。
不安定を好む。月支「寅」VS日支「巳」の害持ちで、内面が不安定。
およそ結婚にも向かない。
そういう人が、単身赴任というのだから、恐れ入る(笑)。
羽を伸ばしたあげく、条件なし天冲殺年(03年/雨未)の
干合天冲殺月(06月/山午)にあえなく、一生を棒に振った。
相手は、年支「午」VS日支「丑」の害持ちで表裏あり。怖いよ。
己を知らないとは、恐ろしいことだが、情けないを通りこして、単にバカだ。
今年は、佐賀県といい、ローカルな県が注目される時期だが、山形も災難だ。
 
水野真紀が10年運害で広告代理店勤務者と破局●
■破局。水野真紀(70-0328/灯未)が、
五年以上も交際していた37歳の大手広告代理店勤務の男性と
破局していたことを、告白した。
水野は、DNA「龍」冲殺主導で、常に見直しが迫られる人。
宿命の特長は、水性ゼロ(DNA車/牽なし)で、配偶者成分なし。
こういう人が、条件あり天冲殺で交際開始しても、
天冲殺期間にまとめねば、うまくいくものもいかない。
もっとも、10年運「27歳陽子」は妥協の害となり、
仮に結婚をしていても、続かなかったかも。ようは縁がなかったということだ。
このところの水野は、アップになれば肌荒れがひどく、
水性なしで潤いのない人そのまんま。
哀れなことだが、「仕事に全力投球します」と強がって見せるが、
10年運害では仕事も期待できず、八方ふさがりだろう。
今年(03年/雨未)の「灯」は、やはり消される感じだ。
 
萩原聖人和久井映見とついに離婚●
■離婚。結婚から7年8ヶ月。何度も離婚危機が騒がれていた、
萩原聖人(71-0821/山寅)と、和久井映見(70-1207/宝酉※)が、
ついに離婚したことがわかった。
萩原は、DNA「禄」冲殺主導で、愛情に無縁。生月冲殺にして生日冲殺。
10年運「24歳雨巳」は、干合支害。異性の裏切り。
和久井は、DNA「鳳」冲殺主導で、理性が保てない人。
生月冲殺ばかりか、年支「戌」VS日支「酉」の害持ちで、表裏あり。
木性ゼロ(DNA禄/司なし)で、家庭運稀薄。
二人とも、結婚に不向きな体質だったが、
萩原の干合年(93年=雨酉)に出逢い、終始萩原ペースで事が運んだ。
今年(03年/雨未)は、萩原の干合年で心変わりと干合天干一気で、意志強固。
和久井の月干干合で進み行く方向性の変化。
和久井は、これにより仕事が増えるというのが、
一般的な観測だが、そうはうまくいくだろうか。
エネルギー171点は旧型アイドルなみ。
毒にも薬にもならない子丑天冲殺が、これまで気の強さだけで売ってきたが、
10年運も年運も味方しないばかりか、
表裏人間はよけいな動きをすれば、評価ガタ落ち。
そもそも流れから脱落した生月冲殺に、未来は甘くない。
 
■2003年07月07日(月)宝巳
堂本剛 日9元カレは感動がないドラマだ●
■日9。「元カレ」。ドラマじたいに緊張感はあるのは、
演出者の腕なのだろうが、出演者が冴えないのでぶちこわし。
時代整合性なく鈍重(エネルギー302点)で、金性ゼロ(DNA禄/司なし)の家庭運なしの
堂本剛(79-0410/灯未)を、いまさら主役にすえねばならない事情が、そもそも×。
元彼女という設定の
広末涼子(80-0718/海辰)は、
どう考えても仕事ができそうには見えないし、
鼻から口元の下品さとクビのシワに、盛りをとうにすぎた悲哀を感じさせる。
二人には共通干なく、干合だけ。
だから、半年しかもたなかったのだろうが、いつまでもそろいのストラップを、
ケイタイから離せないことがバブリーさを象徴する。
生月冲殺の広末が、異性をソデにすることじたい、空回りの原因でもあるな(笑)。
おかしかったのは、
天野ひろゆき(70-0324/雨卯)と
ソニン(83-0310/灯酉)が、双子のようにぶさいくで、似ていたこと。
ソニンの年干支「雨亥」を天野が大半会するので、好相性。
火性ゼロの野人ながら、条件なし天冲殺+天剋地冲年で光る
内山理名(81-1107/畑丑)が、ドラマから嫌味を消してくれるのが救いか。
ちなみに、内山の月干支「畑亥」は、堂本の年干支「畑未」を大半会し、
最初は仕事運を伸ばすが、日干支「畑丑」は、堂本の年干支を納音するため、
最後はぶちこわすという、面白い仲。
しかしながら、元彼女に就職先で遭遇するとは、
よほど生き方が悪いのか、呪われている証拠。感動がないドラマだ。
 
西田夏がひっそり引退しショップ店員になる毒の中●
■引退。これといって売りがなかったため
プロレスまがいの事をやらされていた
西田夏(83-0112/鉄子)が、
ひっそりと芸能界を引退していたそうだ。
西田は、DNA「調」主導で、反抗心旺盛。
「調」×3もあり、少女的感性強い。
宿命にも10年運にも、まるで特色がなく、
そもそも芸能界でやっていくには、無理があったはず。
木性ゼロ(DNA禄/司なし)では、引力本能皆無で人気に火がつくわけもなく、
蛇足ながら配偶者成分もなく、冬生まれでもあり、ひっそり。
条件なし天冲殺(00年鉄辰)に、「第4回夏のお嬢さんコンテスト」で、
この世界にかかわったのだからやむをえず。
害年に引退では、まるで絵に描いたよう。
「調」×3でもあり、アパレル会社に入社し、
ショップ店員になったそうだが、害年に就職しても悲惨。
一部では、妊娠説も囁かれるが、
今年(03年/雨未)は主導DNA「調」の害だから、ありそうな話だ。
事務所は、こういうバカげたことが起こらないように、
もっとBEを勉強してほしいものだが、商売しか眼中にない悪徳プロには、
しょせん無理な話か(笑)。
 
雨宮塔子に干合火性天干一気女児が誕生●
■悲惨。元TBSアナウンサーで、不自然な形(美術留学)で退社し、
昨年(02年/海午)の律音で、邦人菓子職人とパリで結婚した、
雨宮塔子(70-1228/海午)が、07月04日(山寅)に女児を出産したそうだ。
この女児は、DNA「玉」主導で、母親依存症。
バブリー夏生まれにして、エネルギー266点。
月干支のみならず、羅状干支では「山午」を所有するとんでもない生まれ。
金性ゼロ(DNA鳳/調なし)で、中身のまるでない人だが、
年干「雨」と月干と日干(共に山)が干合すれば、
それぞれ「灯」と「陽」になり、目上を焼き尽くす火性の天干一気で、恐ろしい。
雨宮の月干支は「山子」だから、女児の月干支「山午」とは納音で、相容れず。
エネルギー179点の雨宮には、荷が重い。
いったい、どういう結婚をしてるんだか(嘆)。
 
黒澤優の両親の林寛子黒澤久雄が24年目の離婚●
■離婚。元タレントの黒澤優(82-0707/宝卯)の両親で、
元歌手の
林寛子(59-1016/宝未)と
映画関係者の
黒澤久雄(45-1220/雨亥)が、結婚24年目で離婚した。
結婚した80年(鉄申)は、黒澤の害年で、
林の10年運「18歳陽子」の干合支害の時期。
二人には、共通干支なし。
生年生月冲殺の林が、ラッキーカラー年に決意し、
生月冲殺の野人(火性ゼロ)・黒澤に突きつけたという。
黒澤は、今年(03年/雨未)大半会ながら、
月干支「山子」の干合支害で「陽子」となり、ありがた迷惑。
おそろしい回り道だ。
 
■2003年07月08日(火)海午
伊藤沙莉 月10 14ヶ月〜妻が子供に還っていく〜の驚愕●
■月10。「14ヶ月〜妻が子供に還っていく〜」は、
緊張感が持続する恐ろしいドラマ。
薄っぺらな昼ドラまがいなものを想像していたが、
数字は期待できずとも、リピーターが多そうだ。
一番の理由は、本当は大人なのに10歳に若返っているという設定の
子役の
伊藤沙莉(94-0504/鉄寅)の卓越した演技力だろう。
これが条件なしでも、守護神天冲殺の威力なんだろうな。
彼女の冷静さには、身震いした。
こんな経験は、この時間帯としては「『QUIZ」以来のこと。
彼女と同じ小学校高学年の子供が、背伸びして見たら、
きっと興奮して眠れなくなるかも知れない(笑)。
条件なし天冲殺ながら、月干干合の
中村俊介(75-0216/雨巳)の演技も光る。
月干支「山寅」VS日干支「雨巳」の干合支害持ちだが、
「通販マン」とは比べられない(笑)ほどの成長ぶり。
彼の代表作になると言っても過言ではない。
その他、
酒井若菜(80-0909/草酉)、戸田恵子(57-0912/灯亥)、
石黒賢(66-0131/鉄寅)と随所に、
旬の午未天冲殺がキャスティングされていて、飽きさせない。
和田アキ子(50-0409/木戌※)の婦人科医も板についていた。
久しぶりに重厚な味わい。
唯一残念なのは、今年(03年/雨未)は干合ばかりか、
月干「宝」を二次干合させると、天干一気になる
高岡早紀(72-1203/山辰)。
35歳の設定だが、実年齢は今年31。あまりにも、くたびれすぎ。
火性ゼロ(DNA龍/玉なし)の野人・生月冲殺だが、役不足の感。
それとも、あえて狙いなのか。
「あなたの北極星になるから・・・」は、ちょっとなあ(恥)。
 
滝沢秀明 月9僕だけのマドンナの失敗●
■月9。「僕だけのマドンナ」滝沢秀明(82-0329/宝亥)は、
生月冲殺というものを、あらためて考えさせるドラマ。
家族にも隣人にも、翻弄される、それが生月冲殺。
しかし、これを今彼が演じる意味が、あるだろうか。
やはり、月9の主役は輝いていなければならないのだから、
松本潤(83-0830/鉄寅)にやってほしかった。
ならば、レベルの低いテーマだろうと、数字はとれたはず。
また、水性ゼロ(DNA龍/玉なし)の野人の
長谷川京子(78-0722/草酉)に演技力をもとめても意味がないが、
午未が午未の
緒形直人(67-0922/畑丑)をストーカーして、
年下の滝沢にからむのも不自然。
シルエットだけだと、ほとんどホームレスなみにむさ苦しいし、
口はでかく、人喰い人種まがいの人が、マドンナとは呆れてものがいえない。
また、自転車の二人乗りはおろか、
鍵をはずして拝借するのは犯罪そのものだし、どこかズレている。
と言うわけで、こちらもミスキャスト。
ここは、
柴咲コウ(81-0805/草卯)なら、誰も文句はでまい。
小堺一機(56-0103/畑巳)が、久しぶりの大舞台で、はしゃぎすぎ。
もっと抑え気味でないと、後味が悪く、全てをぶちこわしているように見える。
真矢みき(64-0131/畑卯)も同様だ。
 
オセロ 中島知子とネプチューン 名倉潤が熱烈交際●
■浮上。オセロ中島知子(71-0825/海午※午前4時前生まれ)と、
ネプチューン名倉潤(68-1104/山寅)が交際中だということを、
名倉の事務所の先輩の
石塚英彦(62-0206/草亥)が、
06月25日(畑巳)放送の、夕方の情報番組「汐留スタイル」でバラしてしまった。
名倉は、干合年(03年/雨未)の大半会月(06月/山午)の害日だった(笑)。
名倉も調子にのったのか
「中島のスッピンは、アボガドみたい」と語るなど
親密ぶりを披露して、まんざらでもないようだ。
二人は、名倉の月干支「海戌」と中島の日干支「海午」が大半会ということもあり、
日支も半会で、それなりに気があうようだが、
生日冲殺で互換冲殺の名倉に、
「亥」年生まれ「海午」で、異性理解不能の中島のことだから、
発展性となると、もうひとつ。どうでも、いいけど・・・。
 
■2003年07月09日(水)雨未
水野真紀後藤田正純が交際する毒の念押し●
■交際。話題づくりなのか、何かの勘違いか、
大手広告代理店社員との破局を告白したばかりの
水野真紀(70-0328/灯未)に、
徳島3区選出の自民党衆院議員の
後藤田正純(69-0805/海子)との交際が浮上。
後藤田は、DNA「牽」主導で、プライドばかり目につく、イケメン自慢。
「酉」年生まれ「海子」は、現実的力量薄い。
月支「未」VS日支「子」の害持ちで、
その月干「宝」はラッキーカラーになっているので、人生は常にありがた迷惑。
笑えるのは、後藤田が害持ちらしく、水野との関係が、干合支害というもの。
かつての
松田聖子(62-0310/灯未)と
郷ひろみ(55-1018海子)を思いだしてしまった。
そればかりか、水野の月干支「畑卯」が、後藤田の年干支「畑酉」を納音し、
後藤田の政治生命は息の根を止められてしまう。
志の低い人は、つまらない相手に惑わされるという見本だ。
 
小泉純一郎の10月解散1109投票は自殺行為●
■政局。10月解散、11月09日(陽戌)投票をブチあげた、
自民党の
山崎拓(36-1211/灯卯)幹事長。
今年(03年/雨未)のこの人は、ダメージカラーばかりか、
年支も月支(共に子)も害で、躍動感あふれる前進力も自信もなし。
11月(雨亥)はダメージ月のうえに、
妥協の支合日に投票を決行したら、そこでお役ご免だ。
小泉純一郎(42-0108/宝酉)首相にとっては、
干合支害日で役目役割が形にならない日。
その気になっている生月冲殺をひきずりおろすのは難しいが、
幕引きは身内の不祥事か、体調しか考えられず。
 
渡辺喜美が吠えても政治は変わらない●
■挙手。栃木3区選出の自民党衆院議員の
渡辺喜美(52-0317/海戌)が、都内で開いた政治資金パーティで、
「年功序列の打破が、日本再生の鍵だ。
首相になるまで、やたら時間のかかる政治モデルを変換しなければならない。
日本の再生をやらせてやろうと応援してほしい」と述べ、
09月(宝酉)の自民党総裁選への出馬に意欲を見せた。
渡辺は、DNA「調」主導で、反抗心旺盛だが、
「辰」年生まれ「海戌」は、自己愛の象徴。
年干「海」・月干「雨」・日干「海」の水性天干一気で、
理知的な言い回しで集中力ある人物だが、10年運に勢いもなく、とても器ではない。
 
山王丸和恵が天冲殺害日に干合天干一気男児出産●
■困難。日本テレビの山王丸和恵(71-0321/草巳)アナが、
07月04日(山寅)に男児を出産していたそうだ。
元TBSの雨宮塔子(70-1228/海午)も同日女児を出産しているので、
詳細解説は07日付に譲るが、男女の違いこそあれ、干合天干一気の恐ろしい子供。
男児を産んだ山王丸とは、一切の共通干支はないばかりか、
なんと子供に天冲殺範囲ばかりか害まで持たれてしまい、万事休す。
初旬「9歳灯巳」は、ダメージカラー初旬害。
つまり、母親が害になる、この子供は不憫だ。
相手は局のカメラマン。いったい、どういう結婚してるんだか。
 
■2003年07月10日(木)木申
菅野美穂 水10幸福の王子で見所いっぱい●
■水10。「幸福の王子」は、
渡部篤郎(68-0505/草亥)の顔が見飽きたうえに、
大学生の役を遡って演じるには、顔のしわが醜悪で無理あり。
本木雅弘(65-1220/山申※)も、どこといって取り柄がない干合年恩恵だ。
興味深いのは、本木の月干支「山子」が、
渡部の年干支「山申」を大半会するので、
渡部としては楽にヒールを演じられるのだろう。
目をひくのは、2時間ドラマなみのセリフや演出。
坂下千里子(76-0419/鉄子※)の、
「私の父の援助がないと、あなたのお父様の病院が潰れてしまいます」には笑えるし、
渡部の入れ智恵で、坂下がおびきだされ、全裸で抱きつくシーンや、
それをバレバレの声色で渡部が本木の恋人役の
菅野美穂(77-0822/宝亥)に見せてしまうのも、お約束なみだ。
随所に登場する雨は、いつも大降りで菅野にはラッキーカラーで好都合だが大仰。
クルマに轢かれた菅野は、まばたきまでしてしまうし、編集の甘さもあり。
その菅野は、月支VS日支害持ちらしく、
相変わらず歩き方がヘンだが、かえってそれが好印象。いい女優だ。
設定が10年前ということでケイタイのない不便さが、
かえって新鮮にうつるばかりか、往事をしのばせる学生の流行言葉など、
30代の視聴者には懐かしく、10代〜20代前半には新鮮に映るので、
それぞれ感情移入もしやすいだろう。
少女・
綾瀬はるか(85-0323/宝酉※)の視線で
当時の風潮に対するツッコミも相応だが、
情けないのは母親役の
井森美幸(68-1026/畑巳)。
適当な女優ならいくらでもいるだろうに、さすが壊し屋の「畑巳」らしい。
シリアスな反面、笑える場所が、
くどいくらい用意されており、ヒマな人には推奨したい。
これでは、裏の
上戸彩(85-0914/陽辰)の出番はない(爆)。
 
深作健太とバトル・ロワイアルに見所なし●
■遺作。故・深作欣二(30-0703/木寅)監督が、
クランクイン初日にたった1カットだけまわし、
遺児の
深作健太(72-0915/畑酉)が後を引き継いだ
映画『バトル・ロワイアルII【鎮魂歌(レクイエム)】』が、
場面設定が不明なうえ、脚本も支離滅裂、アクション・シーンが単調、
反米イデオロギーだけが単純と酷評されながら上映中だ。
深作健太は、DNA「鳳」主導で、内容稀薄な遊び人。
「鳳+禄」は、口先だけ。
「鳳+鳳」は、その気にならないと仕事をせず、のんびりした人。
「鳳+司」は、個人主義。
「鳳+貫」は、SPEED感なし。
10年運初旬「8歳鉄戌」は、月支と日支(共に酉)の害で、生涯なんとなく不調。
気持ちもシャンとせず、家庭運もない。
初旬条件も何もない、普通の人。
現在の10年運は、「28歳海子」で、
秋の「畑」に塩水が押しよせ、使い物にならない時期。
宿命の特長は、エネルギー145点と軽いだけ。
木性ゼロ(DNA車/牽なし)は、まともに仕事をする気がなく、プライドもなし。
大学卒業後、1年だけサラリーマンをやったことになっているが、
その後は偉大なオヤジの腰巾着。
火性ゼロ(DNA龍/玉なし)は、理性なし。
秋の「畑」に、木性がないことは見栄えが悪く、火性がないことは肥沃さもなし。
典型的な使いものにならない「野人」で、たとえればゴミ集積所。
自然界では、その程度の役割しか見いだせない。
「子」年生まれ「畑酉」は、わがままで甘え。
元来「畑酉」は、外見だけで内容がない。
親が生きている時は、なんとかもちこたえるが、それで終わり。
出世欲も金銭欲もないので、人生設計が狂う。
親代わりにでもなるような人が出ないと、息の根を止められてしまう。
寅卯天冲殺なので、女性で家に入る場合はなんとかしのげても、
男性としてはほとんど見込みなく辛い。
フィルムを通常の3倍以上、20万フィートもまわしたのが、
日本映画史上かつてないことで、その無駄遣いが自慢だとか、救いようのないアホ。
健太の健は
高倉健(31-0215/宝丑※)から、
太は
菅原文太(33-0816/木寅)から命名されたそうだが、
その二人が助けをのべるという話は聞かない。
親の条件なし天冲殺に生まれた子供、大変な人生だ。
 
セガ 小口久雄新社長の野人の夢の中に期待せず●
■危機。社運を賭けたドリームキャストの失敗、
ゲームセンターの衰退で存亡の危機に直面している
セガに、
普段はTシャツにジーンズ姿で、
茶髪の新社長の
小口久雄(60-0305/海辰)が就任した。
「スーパーモナコGP」や「ダービーオーナーズクラブ」などの
ヒットゲームを手がけた開発屋は、DNA「調」主導の、変わり者。
「調+石」は、自尊心強くも補佐役の器。
「調+調」は、常識の通用しない人。
「調+龍」は、不平不満たまりやすいが、向上心あり。
「調+牽」は、大胆な事をするが、経済感覚なし。
10年運初旬「10歳鉄辰」は、年干支「鉄子」を大半会するので、成功運型。
「30歳海午/40歳雨未」が、10年運天冲殺。
宿命の特長は、エネルギー165点と、乗りは良し。
火性ゼロ(DNA禄/司なし)は、引力本能なく家庭運も稀薄、
もちろん暖かみもない冷たい「海」。野人でもある。
「子」年生まれ「海辰」は、まとめ下手ばかりか、
月支「卯」VS日支「辰」の害持ちで、最後は華にならず。
月干は「畑」なので、最後の最後は名誉が形にならない。
条件なし天冲殺中にトップを任せられるということは、
会社を夢遊病者に舵取りをさせること。
人材がいないから、この人が目立ってしまったのだろうが、
器にあわない安全策をとれば興ざめだし、野人らしく荒療治を行えば逆襲にあう。
何をしても一時的で、評価にはつながらないのだが、
下手をすれば会社を潰すことにもなる。
一年後は、年支「子」に日支「辰」に加え、「申」年の三合会局。
DNA「鳳」ということは、天冲殺明けで一気に求心力をなくし、
本人もやる気をなくし、流されてしまう。
こういう人を頂点にしたセガは、死に体だ。
 
■2003年07月11日(金)草酉
茉樹代が台湾での成功を捨てて日本デビューの無謀●
■凱旋。台湾でトップクラスの支持を集めている
歌手の
茉樹代(本名・川島茉樹代、84-0612/灯丑)が、
テレビ東京のアニメ「爆転シュート ベイブレード Gレボリューション」の
エンディングテーマ
Sign of Wishで、
09月03日(畑卯)にデビューすることになった。
茉樹代は、日本人の父、台湾人の母を持つ日台ハーフで、横浜生まれ。
10歳で台湾に渡り、日本人学校在学中にスカウトされ、
現地のCMでブレイクするやCDデビューし、
日本のミリオンに匹敵する15万枚を記録。
人気バラエティ番組の司会も務めてきた。
DNA「鳳」主導で、「車」×2もあり、そこそこのSPEED感あり。
「鳳+車」は、庶民的だが金に目がない。条件さえ整えば何でもする。
バブリー夏生まれで、エネルギー164点は、旧型アイドル並み。
月支「午」VS日支「丑」の害持ちで持続力なしも、
年干支「木子」VS月干支「鉄午」の天剋地冲持ちで、押しだしはいい。
10年運初旬条件はおろか、その後の10年運にさしたる魅力がなく、
頼りは年干の「木」のみ。
これも母親を意味する台湾でデビューしたからこそ、
なんとかなったのだろうが、群雄割拠切磋琢磨の動乱日本で、通用するかは疑問。
「台湾での仕事は全部辞めてきました。すべてを捨てての挑戦ですし、
前向きに色々歌ってみたい」とは、
今年(03年/雨未)の天剋地冲現象としては立派だが、
害を切ったとはいえ、それは一瞬のこと。
デビューも条件なし天冲殺月だし、
来年(04年/木申)にラッキーカラー的天冲殺を控えているとはいえ、
日本で大成功するには、器が貧弱。
台湾でTOPをキープしたほうが、本人には良かったはずだ。
過信とは、恐ろしいものだ。
 
井川遥 木10高原へいらっしゃいの投げやりと劣悪●
■木10。「高原へいらっしゃい」を見て、
八ヶ岳に避暑に行きたいと思うだろうか。
こんな舞台裏を見せられてはウンザリだし、
八ヶ岳の魅力がふんだんに紹介されているとも思えない。
76年(陽辰)放送の同名ドラマのリメイクだそうだが、
輝いているキャスティングがないので、内容次第。
それも、学芸会並みの人々の自己満足でしかないように思える。
特に、
井川遥(76-0629/海子)は劣悪で、そこらの主婦と変わらず、
顔のたるみや表情の無さは、TVに出てはいけない代物。
セリフも多い重要な役なのに、仕事に関する情熱も何も感じられず、投げやり。
コナをかけてくる
堀内健(69-1128/灯未)を無視しているはずなのに、
流し目まで送っているようでは、失格。
西村雅彦(60-1212/木戌)は、何をやっても、西村以上でも以下でもなし。飽きた。
本来は、お調子者の
佐藤浩市(60-1210/海申)が、
無理をして格好をつけた役をやりたがるが、賛成できない。
ちなみに、西村と佐藤は、同じ60年(鉄子)の12月(山子)生まれ。
誕生日も2日しか違わないが、西村の老けぶりが、ちょっと怖い。
市川実和子(76-0310/鉄午)だけが、一人のびのび。
 
陣内孝則 木9菊次郎とさきの清潔感なし●
■木9。「菊次郎とさき」は、
何故いまこのドラマをやらねばならないかという答えが、
どう頭をひねっても、みつからない。
陣内孝則(58-0812/宝酉)のラッキーカラー年だからか(笑)。
テレ朝が
北野武(47-0118/灯酉)に弱味でも握られているのだろうか。
懐古趣味を通り越し、不潔なだけだ。
他にやるべきことがないので、言い訳づくりのようなドラマ。
にしても、たけし役の子供に、まるで魅力なし。
 
■2003年07月12日(土)陽戌
菊川怜加藤晴彦との交際を否定●
■赤恥。「刑事★イチロー」なる恥ずかしいドラマで共演していた、
平成一サイテーな男の
加藤晴彦(75-0513/畑未)と、
学齢しか売りのない
菊川怜(78-0227/鉄申※)が、
海外旅行に一緒に行く話をケイタイで相談していたなどの話が漏れ、
交際中であることがわかったが、大マスコミは全て黙殺。
菊川サイドは「迷惑な話です!」と即刻否定。
加藤は、DNA「調」主導の偏屈で、
ラッキーカラー水性ゼロ(DNA禄/司なし)の身勝手な野人。
菊川は、全身子丑天冲殺で「禄」主導の強欲なだけのの勘違い人間。
子丑天冲殺同士で、どうにも落ち着かないばかりか、
「鉄」の菊川にはホコリをかぶるだけで、何のプラスにもならない。
売り切るばかりで、何のケアもしない強欲事務所だけに、
タレントがつまらない男にひっかかるのだが、
こんなアホ相手では、菊川のお里が知れてしまう。恥だ(笑)。
 
鴻池祥肇構造改革特区担当相が幼児殺害犯を打ち首発言●
■核心。長崎市であった幼児殺害事件に関して、
「容疑者は少年なので、罪に問えない。
ならば、その親を市中引き回しの上、打ち首にすればいい」と発言したのは、
兵庫選挙区選出の参議院議員の
鴻池祥肇(40-1128/草亥)構造改革特区担当相。
政府の青少年育成推進本部副本部長でもある鴻池は、
DNA「玉」主導で懲りない人。
日座冲殺で変人だからでは、すまされない。
しかし、今回の事件の原因は、
長崎県警の怠慢捜査に問題があることを、もっと追求すべき。
また、この動乱期に4歳の子供を、
ゲームセンターに一人で遊びに行かせる親には責任はないだろうか。
被害者や加害者の生年月日のデータがないので、詳細論評が出来ず残念だが、
意味のない死は、存在しない。
おそらく、天冲殺と日座冲殺がらみだろう。 
 
■2003年07月13日(日)灯亥
中田英寿が東ハトから助っ人指名される汚濁と欺瞞●
■恥塗。イタリア・セリアAのお荷物と化した中田英寿(77-0122/畑卯)を、
事もあろうに会社再建の助っ人に任命し、物笑いの種になっているのが、
再建中のスナック菓子の
東ハト(03-0515/山子)で、
DNA「鳳」主導は、悪ふざけしか出来ない遊び人。
「鳳+玉」は、自己を棚上げして、テキトーなことをやる。
「鳳+司」は、社員に忍耐を強いる。
宿命の特長は、エネルギー211点。
年干支「雨未」VS日干支「山子」の干合支害持ちは、究極の表裏で、
今回の決定も世間を欺くためでしかない。
また、最初は威勢のいい事を見せていても、最後は全く違う局面へと展開していく。
「未」年生まれ「山子」は、異性の気持ち理解不能でもある。
一方、サッカーと銭儲けとで、どちらが本業かわからない中田は、
DNA「貫」主導で、状況環境により変化。
こちらも年支「辰」VS日支「卯」の害持ちで、表裏あり。
ようは、同じ穴のムジナ。
東ハト側は、「行動理念が明快で生き方に説得力があり、
チームワークとチャレンジスピリットの大切さを身をもって伝えられる」とか、
「切り口が鋭く、消費者として『とがった』ところにいる」など、
訳の分からない持ち上げようだが、
冷静に判断して背筋が震えるほどバブリーというか、時代を無視した発想。
10年運「24歳木辰」で、名誉が形にならない中田が、
倒産会社の指南役とは笑えるが、こんなダボハゼのような事をしているオトコにも、
もちろん東ハトにも未来なし。
勝手に、共倒れすべきだ(爆)。
 
阿部美穂子がサッカー韓国代表と結婚の微妙●
■不安。TBSの昼ドラ「一攫千金家族2」に
出演中のタレントの
阿部美穂子(75-0904/雨丑)が、
サッカー韓国代表のDF
崔成勇(75-1225/草巳)と、結婚するそうだ。
阿部は、東京都出身で、94年(木戌)にNHK衛星第2「アイドルオンステージ」に、
4人グループNutsの一員としてデビュー。
その後、TBS「王様のブランチ」の
リポーターなどを務めたが、典型的な便利屋という印象。
DNA「玉」主導は、生き方が変えられず、日本を離れては暮らせない性癖。
09月(宝酉)一杯で仕事を整理し、10月(海戌)より韓国で同居するらしいが、
たとえ火性ゼロ(DNA禄/司なし)の野人とはいえ、不安が残る。
01年(宝巳)の秋、阿部が生徒役で出演していた
NHK教育テレビ「ハングル講座」の韓国ロケで、
崔をインタビューしたのが、交際のキッカケとか。
崔は、DNA「龍」主導で、海外好き。
「龍+貫」は、質素で地味。「貫」×2でもあり寡黙だ。
今年(03年/雨未)は、月干干合で気持ちに余裕がでたようで、
実際は月支は害にもなり不安ながら、改良改革の時期。
年干と日干の同一(共に草)は、阿部と誰かを両天秤にかけたとも思われる。
共に寅卯の生年冲殺で、同学年のため年干支は共通だが、
日支同士が半会とはいえ、ダメージカラー同士。
阿部の今年は納音で、これまでの現実的な生き方を破壊する時期。
そんなに良い時期とは言えず、前途多難だ。
 
小林聡美の土9すいかは期待はずれだった●
■土9。「すいか」。クセ者がそろい踏みとあって期待したが、全くのはずれ。
いくらラッキーカラー年であろうとも、脇が主役をはるようなドラマでは、
見応えはいまひとつということか。
小林聡美(65-0524/山寅)は、
ラッキーカラー水性ゼロ(DNA禄/司なし)の野人らしからぬ地味な落ち着きようだし、
同じくラッキーカラー水性ゼロの野人の
市川実日子(78-0613/陽午)は、20歳の設定ではしゃぎすぎ。
年支「未」VS日支「子」の害持ちで表裏ありの、
ともさかりえ(79-1012/海子)は、
害年に害相手と結婚なんかするもんだから往事のキレなしだが、
27歳の役はちょっと可哀想かも。
浅丘ルリ子(40-0702/陽午)は、それなり。
なぜか、横顔が
Gackt(73-0703/鉄子※)に似ているのが、笑える。
狂気の女優、
白石加代子(41-1209/宝卯)が、
小林の母親役で登場したのはビックリしたが、
金性の天干一気で条件なし天冲殺ということから、納得。
ただし、もっとも味をだしていたのは、
水性ゼロ(DNA龍/玉なし)の野人の
小泉今日子(66-0204/木午)で、
横領犯を楽しんでいるようだった。
ところで、三軒茶屋という手頃な舞台設定だが、
現在はおろか回想シーンに登場する20年前だって、
目黒川はふたがされており、すいかを冷やせるような環境にはないはず。
畑もないだろうし、いささか作りすぎ。
それと、視聴者の疑問は「16茶」のCMが入らないことか(笑)。
 
■2003年07月14日(月)山子
こずえ鈴が夢の中の仁科克基と同棲中という愚挙●
■夢中。昨年(02年/海午)の大半会年に袴田吉彦(73-0716/雨丑)と破局していた、
こずえ鈴(80-0219/海戌)が、
松方弘樹(42-0723/灯丑)と仁科明子(53-0403/木申)の息子で、
15歳の時に無免許運転で老人をひき逃げしてしまった過去のある
仁科克基(82-0902/山子)と同棲中だそうだ。
こずえは、DNA「禄」主導で、奉仕の人。
エネルギー234点の初旬10年運天冲殺持ちで、
2旬〜4旬も10年運天冲殺という素晴らしい宿命ながら、いまひとつ伸びきれない。
それにひきかえ、仁科は、DNA「鳳」主導の遊び人で、
10年運条件も何もないショボイ宿命で、
木性ゼロ(DNA車/牽なし)という、仕事をまともにやる気のない人。
今年(03年/雨未)は条件なし天冲殺ながら、
日干支「山子」は干合支害、月干「山」も干合と、めまぐるしく変化。
二人には、仁科の年干支「海戌」とこずえの日干支が同一、
共に「山」月生まれ(但し、こずえ→山寅、仁科→山申と納音)と
いう共通項あるものの、実りのない関係。
仁科は、「戌」年生まれ「山子」で、異性の気持ち理解不能。
こずえは、「申」年生まれ「海戌」で、矛盾だらけの人生。
情けない人達だ。
 
細川直美葛山信吾の第一子女児は共通干支なし●
■誕生。昨年(02年/海午)秋に結婚した、
細川直美(74-0618/鉄寅)と葛山信吾(72-0407/山辰)夫妻に、
07月11日(草酉)に女児が産まれたそうだ。
細川は、生月冲殺。
水性ゼロ(DNA鳳/調なし)の野人だが、
運良く60年に一度のラッキーカラー条件あり天冲殺がめぐってきて、
結婚と出産をしたもの。
葛山は、火性ゼロ(DNA龍/玉なし)の野人。
金性もゼロ(DNA鳳/調なし)で、およそ中身のない人。
細川の年干と葛山の月干が共に「木」となり、共通干は存在するが、
「鉄」と「山」のさして誉められない結婚。
案の定、子供とは一切の共通干支がなく、縁薄い。
にもかかわらず、生年生月冲殺とは窮屈なものだ。
可哀想な娘は、なんと3旬の「29歳海戌」が、
ラッキーカラー的とはいえ、害の10年運。
やはり、結婚相手は良く吟味したいものだ。
 
堂本剛過換気症候群になった主たる理由●
■危機。堂本剛(79-0410/灯未)が、過換気症候群に襲われ、
理由もなく何となく息苦しくなり、呼吸しようとすると、
体内から炭酸ガスを排出して、頭がボーっとする症状があり、
ドラマの収録にも支障をきたしかねないという事らしい。
05月(灯巳)にはコンサート中に、ステージ上で座り込むハプニングもあり、
命に別状がないとはいえ、周囲を心配させている。
堂本は、DNA「龍」主導で、形に恵まれると精神苦を引き起こす性癖。
金性ゼロ(DNA禄/司なし)は、優しさなく、
金銭物質に執着しすぎると、バランスを崩す。
春生まれのため、野人でもある。
肺は、金性が司るので、あまりにもわかりやすい症状。
しかも、今年は月干「山」が干合され「陽」となり、
年運の「雨」と共に「灯」を攻め立てるので、ロクな年ではない。
これを治すには、大好きな釣りを控え、
金性の牛肉・豚肉の摂取も大切だが、
もっとも効果的なのは宿命以上に手にいれた、金銭物質を放出すること。
ようするに、彼には奉仕の気持ちが不足しているということなのだ。
 
■2003年07月15日(火)畑丑
佐々木恭子が上場企業エリートサラリーマンと交際●
■喧噪。月〜金朝8時のフジテレビ系「とくダネ!」に出演している、
佐々木恭子(72-1217/海午)アナに、
上場企業のエリートサラリーマンとの交際話がでている。
何でも、2年前(01年宝巳)から交際中とかだが、本人は肯定も否定もせず。
佐々木は、DNA「石」主導。「石」×2あり、人当たりは良いが、実際はズル。
年干支・月干支(共に海子)に対して、
日干支が「海午」で2納音持ちのため、極度に私生活を公表したがらない。
もっとも、木性ゼロ(DNA鳳/調なし)は寡黙で不要な事は発せず。
兵庫県出身。金性ゼロ(DNA龍/玉なし)なのに東大出が売り。
こういう人が、条件なし天冲殺でコロッと失敗する見本。
今年(03年/雨未)は年支・月支の(共に子)の害で、
不安なばかりか周囲も落ち着かず。
さすが冷たい塩水も、薄まってくる。
心は妥協というより、稀薄といったところだろう。
 
ジミー大西は絵を売って年収二億円●
■不信。タレント出身の自称画家は多いが、
ニューヨークのオークションでは、
描いた新作が1枚数千万円で取引されるのが、
ジミー大西(64-0101/畑酉)だとか。
年収は軽く2億円は超えるという大西は、DNA「禄」主導で、自己中心。
「禄+車」は、ルールに縛られるのが苦手。
「禄+鳳」は、お人好し。
「禄+禄」は、不器用。
「禄+牽」は、行動力決断力なし。
10年運「8歳雨亥」は、年干支「雨卯」を大半会するため、
生年冲殺でもあり、流れに乗れば成功運型。
「8歳雨亥〜98歳木寅」がターボ運(子丑天冲殺回り)で、目立つ。
宿命の特長は、エネルギー121点と虚弱。
「卯・子・酉」の最弱12支持ちの四正格で、
何かひとつのことに集中すると、驚くほどの力を一瞬発揮する。
火性ゼロ(DNA龍/玉なし)の野人で、
DNA構成から判断しても、とても芸術家とは呼べない代物。
胡散臭い事務所が、その気にさせて稚拙な絵画に付加価値を付けているだけ。
担当マネも二人つくほどの売れっ子で、
明石家さんま(55-0701/雨亥)や島田紳助(56-0324/鉄寅)なみとか。
その気になるのは生年冲殺としては芳しいが、
一介の芸人をここまで、宿命にあわない生業で、
成功させたかのようにするのは、如何なものか。
どこかで、ヘンなことになりそうだ。
 
■2003年07月16日(水)鉄寅
ダンディ坂野は一発屋で終わらないけれど毒日引越し●
■引越。条件なし天冲殺ブレイクのテツandトモ(畑丑&鉄寅)や、
10年運干合支害のはなわ(雨酉)と共に、
今年(03年/雨未)を飾る一発屋と見られながらも、
もっとも息の長い活躍が期待され、
このほど公称と実年齢を統一することになった
ダンディ坂野(67-0116/鉄辰)に、
数年前から同棲中の20代後半OLの存在が明るみになった。
坂野は、DNA「石」主導で、あまり敵をもたない人。
「石+玉」は、理屈で世間を渡る。
「石+調」は、自尊心強くもプライドなし。
「石+車」は、目的遂行のためには有無を言わさず。
「石+石」は、集団の中での単独行動。
10年運初旬「6歳海寅」は、年干支「陽午」が月干「宝」により干合されると
「海午」になるため、大半会が成立し成功運型。
2旬「16歳雨卯」は、ダメージカラー+害のため、大きく落ち込み、
ハンバーガー屋の売り子に徹した。
「26歳木辰」でいくらか上昇をはじめ、
「36歳草巳」の干合10年運で一気にブレイクしたもの。
本年(03年/雨未)は、01月生まれにとって、立場の大きな変更。
売れ出したと共に、家賃7万円の1Kアパートから、
20万円の2DKオートロック付マンションに引越し、
同棲恋人の存在も女性誌の取材で、バレたもの。
しかし、己を知らないから、引越をしたのは、
改良改革月(節入り前の6月=山午)とはいえ、07月05日(畑卯)の害の日。
年支「午」と月支「丑」の害を徹底的に切るなら、
07月07日以降の「未」を使うのが本則。可哀想な人だ。
 
小畑由香里のせいで柳沢敦は伊国へ移籍の夢の中●
■無駄。サッカー日本代表で元鹿島アントラーズの
FW
柳沢敦(77-0527/木申)が、条件なし天冲殺年の条件なし天冲殺月に、
イタリアセリエAのサンプドリアに移籍した。
条件なし天冲殺に自ら望んで動くのは愚の骨頂だが、
「山」についで鈍い「木」が、移籍などもってのほか。
虚の時間に根づく訳もないし、夢から覚めてバカらしさに気づいても、時既に遅し。
こんな愚行をするのは、午未天冲殺のクセに、
年下の表裏人間の
小畑由香里(79-1012/海子)なんかと交際してるから。
勘違いしたバブリー夏生まれの、行き着く先は地獄のようだ。
 
阿部慎之助が年下女性といちゃつく恥と夢の中●
■蛮行。Bクラス落ちの読売ジャイアンツの正捕手の
阿部慎之助(79-0320/陽戌)が、
2歳年下で日産自動車のショールームに勤務する女性との、
ただれたツーショットを撮られた。
午未天冲殺のクセに年下女性といちゃつくようでは、
最大級の戦犯と名指しされてもやむをえまい。
生年冲殺は、条件あり天冲殺なんだし、仕事せい!
 
■2003年07月17日(木)宝卯
藤谷美和子が紀宮様を妹とかたり皇居に突入●
■再発。「元祖プッツン女優」と呼ばれ、
奇行で知られる開店休業中の女優の
藤谷美和子(63-0310/海子)が、
06月26日(鉄午)午後3時頃、皇居・坂下門にタクシーで乗り付け
紀宮(69-0418/雨亥)さまは私の妹」と称し、
警備中の警察官との間で騒ぎをおこしたそうだ。
藤谷は、DNA「調」冲殺主導、生年生月冲殺の変人で、
火性ゼロ(DNA禄/司なし)は、配偶者成分・ラッキーカラーなしの野人。
土性ゼロ(DNA車/牽なし)は、プライド皆無。
今年(03年/雨未)は、年干支「雨卯」の大半会・月支「卯」の半会で、
気は焦るが、結果は害。
さらに、10年運ターボ運(9歳陽辰〜79雨亥)で何をやっても目立つ人が、
「39歳畑未」の害の10年運突入では、
天剋地冲月(06月/山午)のDNA「龍」の対冲日におかしくなっても、やむなし。
ちなみに12年前の91年(宝未)には、失踪騒ぎを起こしている。
生年生月冲殺なのに、事務所を何度も変わったのは、
初旬の害(年支・月支)の影響で落ち着かないという理由もあるが、
しょっちゅう自己発揮し、トラブルを起こし、
流れに乗っていないから、仕事も来ない。
女優業という看板を掲げているから、まだ言い訳が通用していたようだが、
一般人ならば、ただの使えない人。もう、立ち直れまい。
 
上重聡が日本テレビ入社の毒と闘争の改良年●
■披露。日本テレビは今年(03年/雨未)入社の
新人アナを07月15日(畑丑)にお披露目したが、
中に98年(山寅)の夏の甲子園準々決勝で、
PL学園のエースとして、
松坂大輔(80-0913/畑丑)と投げ合い、
延長17回の死闘の末敗れた、立教大学出身の
上重聡(80-0502/草亥)の姿があった。
上重は、年干月干が共に鉄で、干合天干一気という戦いの人。
しかも、年干支「鉄申」と日干支「草亥」は、干合支害で、究極の表裏人間。
さげ▼▼日座冲殺だけでも怖いのに、
こんなの採用して、日テレはいつか後悔するだろう。
 
江川卓が読売巨人軍監督に急浮上●
■奇妙。ヘタをしたらBクラス確定の読売ジャイアンツの次期監督に、
78年(山午)に当時のドラフト制度の裏をかく「空白の1日」を利用して、
巨人に入団した、
江川卓(55-0525/陽戌)の名前があがっているという。
このスキャンダルのおかげでフロント入りを逃したものの、
このほど出演する「SPORTSうるぐす」の特番で、
その経緯の真実を告白したとかで、禊ぎがすんだという解釈らしい。
江川は、DNA「貫」主導で、状況環境により変化。
エネルギー283点。バブリー夏生まれながら、
水性ゼロ(DNA車/牽なし)の野人で、プライドなし。
現在の10年運は「46歳陽子」で、思いっきりダメージながら、
宿命に存在しない水性の天冲殺年で、にわかクローズアップされたもの。
思えば、現監督の
原辰徳(58-0722/鉄子)が、
監督就任したのも、天冲殺年(02年宝巳)。
明けてシーズン1年目の昨年(02年/海午)は、
ラッキーカラー改良改革年でペナントを手中にしたが、
2年目の今年は(03年/雨未)、ダメだった。
仮に江川にそんな話が舞い込めば、やはり(条件ありだが)天冲殺就任。
1年目の04年(木申)は改良改革年。2年目(草酉)は、害になる。
どうやら、この球団は本気で何とかしようという気はないように思えてきた。
もともと生年冲殺の江川のことだから、
何をしても(仕事に対しては)コントロール不能。
その気になりすぎれば、この話は壊れる(笑)。
 
■2003年07月18日(金)海辰
山咲トオルは不潔すぎて華もなし●
■不快。芸のないお笑いタレントは別格として、
現在TVに出ている最も不愉快な存在と言えば、
07月16日(鉄寅)に「真夏のハート」で念願のCDデビューを果たした、
代表作が「戦慄!!タコ少女」とかいう中途半端な漫画家の、
山咲トオル(69-0823/鉄午)をおいてないだろう。
山咲は、DNA「貫」主導で、好き嫌いの差激しい。
「貫+石」は、周囲に溶けこめない変わり者。
「貫+玉」は、その場限りの人。
「貫+鳳」は、表面の温厚さは飾り。
「鉄+貫+申月」は、けっこう用心深い。
10年運初旬「5歳宝未」は、DNA「石」のズルさを身につけたが、条件なし。
現在の10年運は「25歳畑巳」で、ひとつの流れに入る時期。
宿命の特長は、エネルギー224点。
木性ゼロ(DNA禄/司なし)は、冷ややかで暖かみなし。
配偶者成分ゼロで、考えるのは金銭物質運だけ。
「酉」年生まれ「鉄午」は、まとめ下手。
これだけみすぼらしい宿命でも、唾棄すべきような「おネエ言葉」に徹して、
必死に売りに走るのは見上げた根性だが、
いかんせん宿命の厚みもなければ、オーラもなし。
ハナから勝負は投げてるので、
「紅白は紅組の応援に行きたい」だと。
ナイーブな男性が成功するのと、不潔なのは訳が違う。
 
さかなクンが専門があるから強い●
■専門。TBS「どうぶつ奇想天外」などに出演し、
「お魚専門アーティスト」と認知されている、
さかなクン(宮澤正之・75-0806/木申)が、
カクレクマノミが主人公のディズニーの
新作アニメ「ファインティング・ニモ」の応援団長に就任し、
映画の公式マニュアルの監修を務めた。
「皆さんが魚に親しんでくれたらうれしい」と意欲満々のさかなクンは、東京都出身。
ラッキーカラー年の93年(雨酉)、「TVチャンピオン魚通選手権」に初出場し準優勝。
その後95年(草亥)に初優勝し、01年(宝巳)まで5連覇した経歴の持ち主で、
日本動物植物専門学院出身でもある。
DNA「司」冲殺主導は、いわゆるバカ真面目。
10年運初旬「10歳海午」は、初旬ラッキーカラー10年運天冲殺。
生月冲殺でもあり、流れに乗れば成功運型。
現在の10年運は、「20歳宝巳」で、DNA「牽」は、
名誉的な役割が増え、格好を付ける時期。
バブリー夏生まれでも、さすがノリのいい生月冲殺。専門がある人は、強い。
 
吉川美代子がアナウンススクール校長就任の毒の中●
■就任。TBS「ニュースの森」(土日)のキャスターとして活躍する
吉川美代子(54-0508/木子)アナが、
07月15日付(畑丑)の干合支合日、
2代目のTBSアナウンススクールの校長に就任した。
吉川は、DNA「禄」主導で、奉仕と感謝と権力の同居した人。
「禄+司」は、仲介能力。
「禄+玉」は、計算尽くのパフォーマンス。
「禄+貫」は、素直ではない。
10年運初旬「1歳山辰」は、宿命内干合日干支(木子→山子)と大半会的で、
相応の成功運型。
現在の10年運は、「41歳木子」の律音で強くはなっているが、
年干支「木午」は納音で、すんなりと進めない。
吉川は、これまで「働く女性のための知的会話教室」を担当し、
その指導力が受講生の評判を呼んでいたとのことだが、
バブリー夏生まれでもあり、案外男性社会で上手く立ち回ってきた印象もあり、
今年(03年/雨未)は、DNA「玉」の守護神害のありがた迷惑で、
試されているのだから、クリアすれば次元があがるということだ☆
 
■2003年07月19日(土)雨巳
古瀬絵理柱谷幸一の絵に描いたような不倫のツケ●
■欠落。条件なし天冲殺の真っ最中に、J2モンテディオ山形を解任された、
お気楽人間の
柱谷幸一(61-0301/雨巳)と不倫交際中だった、
NHK山形放送局の契約キャスターの
古瀬絵理(78-0208/宝丑)が、
08月04日(畑酉)にレギュラー番組「きらり!やまがた」に復帰し、
来年(04月木申)03月の任期一杯まで続投することが、わかった。
古瀬は、DNA「玉」主導で、懲りない人。
地元を離れてしまったら、良さの出ない面あり。
「爆乳アナ」と騒がれたが、山形にいればこその人。
「玉+龍」は、一見庶民的も、なかなかホンネを言えず。
「玉+鳳」は、自分を棚上げする名人。
「玉+玉」は、機転はきかないうえに、無理をしない。
「玉+司」は、生きるためなら、何でも出来る。
「宝+玉+寅月」は、成果が正当に評価されづらい面あり。
仮に能力があっても、契約どまり。
親に顔向けできないような、交際をしやすい。
10年運初旬「1歳雨丑」は、年干「山」を干合すると、「陽」になるため、
これが二次干合で日干「宝」を干合すると、日干支は「雨丑」となり、
10年運初旬干支と律音となるため、一応成功運型。
現在の10年運は「21歳宝亥」で、自己発揮。
宿命の特長は、エネルギー225点。
年支「午」VS日支「丑」の害持ちで、表裏あり。
不倫体質なうえに、生日冲殺でもある。
柱谷とは、古瀬の日干支「宝丑」が、柱谷の年干支となり、
同じ「寅」月生まれという共通点あり。
さらに、害持ち同士という、イケてなさ。
また、日干支同士は半会だし、古瀬にとっては、ラッキーカラーでもあった。
しかし、相手の条件なし天冲殺に、
年上の午未天冲殺と交際するのは自殺行為だし、妻帯者ならなおさら。
ところで、低俗マスコミが騒ぐほど古瀬に魅力があるかといえば、大いに疑問。
いわゆる爆乳にしても、年干支「山午」と月干支「木寅」という
膨張干支(笑)に支えられた表向きのものであり、
天剋地冲がある訳ではないので、魅惑的とは言えない。
失礼ながら、それこそ西瓜か牛という類。
後天運も見るべき点はなく、表裏人間なので、
そうそう長い時間仕事に携わることがプラスとはいえない。
今年(03年/雨未)は、年干「山」を干合させると、
年干支は「陽午」になり、日干支「宝丑」との間には、
干合支害が成立するが、同時に「雨未」は日干支のラッキーカラー対冲。
つまり、ハマってしまった不倫を、
他力的ながら(二次干合の結果日干支「雨丑」と年干と干合変化した
年運「灯未」は天剋地冲)壊せたもの。
しかし、「玉」主導が、いまさら中央というのも似合わず。
ひっそりと消えていくのが正解だろう。
 
ユースケ・サンタマリアの害持ち害環境で試される●
■再度。ユースケ・サンタマリア(71-0312/陽申)が、
2歳年上女性との交際10年同棲6年を、写真誌に報道されたが、
これは99年(畑卯)11月(草亥)に同様に報じられたのと、同じ相手だろう。
ユースケは、DNA「玉」主導で、生き方を変えられない。
だから、売れない時代から、ずっと同じ相手と一緒。
「玉+龍」でもあり、これに対しコメントもなし。
もとより、年干支「宝亥」VS日干支「陽申」は干合支害で、結婚不向き。
今年(03年/雨未)は、年支「亥」と月支「卯」に対し、
三合会局が成立するので、周囲が騒ぐだけ。
むろんダメージカラー年だ。
見逃せないのは、10年運「32歳灯亥」は害で、
この女性との関係を見直せというお知らせ現象でもある。
究極の表裏人間の彼は、いったいこの女性に何を求めるのだろうか?
 
高橋尚子が稼ぐ方向にシフトする●
■仕掛。シドニー五輪の金メダリストの高橋尚子(72-0506/灯酉)に、
アテネ五輪後に芸能界転身の笑えない噂。
高橋は、DNA「調」冲殺主導で、偏屈の極み。
10年運初旬「1歳木辰」は、初旬10年運天冲殺で、
生月冲殺でもあり、流れに乗れば成功運型。
現在の10年運は「21歳海寅」の名誉をクリアし、
「31歳宝丑」のDNA「禄」で金に縁のある時期。
月支「巳」と日支「酉」に対し三合会局も成立するので、この様相は強い。
しかし、その時に商品価値が、上がっているかは別問題だ。
 
■2003年07月20日(日)木午
辻元清美が逮捕された夢の中●
■器量。1年4ヶ月前に「司」主導らしく、秘書給与流用や詐欺容疑で議員辞職した、
辻元清美(60-0427/草酉※)が警視庁に逮捕された。
直接の理由は、ダメージカラー条件なし天冲殺で、
選挙準備をすすめたからに他ならない。
しかし、議員辞職時にも言及したように、
辻元のDNA成分に政治家としての資質がないばかりか、大化けする運型でもない。
つまり、生家のうどん家を継ぐ宿命であるべき人が、
何を勘違いしたか器以上に過大評価されてしまった結果、逮捕されたもの。
今後「48歳草亥」では特別条件付10年運天冲殺に入るが、
危険な晩年の10年運天冲殺でもあり、DNA「貫」は自爆か。
やはり日座冲殺の
土井たか子(28-1130/木戌)がTOPでは、内部が不安定だな。
 
渡部篤郎中谷美紀と不倫で人生を棒にふる●
■玉砕。渡部篤郎(68-0505/草亥)と中谷美紀(76-0112/雨亥)が、
パリのバスチーユ広場付近でデートしていたと、女性誌が報じている。
人生論や精神論を語り合う仲だという。
渡部は、DNA「司」主導で、常に恋愛をしていないと気がすまない、
生年冲殺のさげ▼▼日座冲殺。
10年運「10歳山午〜60歳雨亥」が、
ターボ運でバブリーな生まれながら、存在感あり。
一方の中谷は、DNA「貫」冲殺主導で、他人に足を引っぱられやすい、
火性ゼロ(DNA禄/司なし)の野人の生月冲殺。
渡部の日干支「草亥」が、中谷の年干支「草卯」を大半会するので、
中谷はお姫様気分に浸れる関係だが、
渡部にとっても、一応ラッキーカラーである。
しかし、子丑天冲殺が年上と交際するだけでもダメなのに、
相手がさげ▼▼では、言葉なし。
中谷は、生月冲殺くらいしか売りのない運型。
今年(03年/雨未)は大半会と月干支「畑丑」の天剋地冲で、見境なし。
渡部も改良改革のラッキーカラー半会で、調子に乗る。
渡部夫人の村上里佳子(66-0330/山子)は、生年冲殺。
こちらは干合支害年で、午未天冲殺のクセにして、
ようやく年下の日座冲殺と結婚したツケがきた。
ちなみに、村上の日干支「山子」は、
渡部の年干支「山申」を大半会するので、渡部は調子に乗りっぱなし。
来年(04年/木申)は、渡部の条件あり天冲殺+害。中谷は害。
村上は、DNA「車」だから、血を見る(笑)。
渡部の10年運は「30歳鉄申」の干合支害10年運天冲殺で、万事休すの予定だ。
 
諸星和己が昔は木村拓哉並みと発言●
■失笑。元光GENJI諸星和己(70-0812/木子)が、
横浜市内のミニライブで「昔は
木村拓哉(72-1113/山申)みたいな存在でした」だと。
生年冲殺のクセに事務所を放りだされた輩の発言としては、ふざけたものだが、
それもこの思い上がった根性が原因。
運型も生きざまも、大きく違い、2歳下の後輩の足許にも及ばぬ(笑)。
 
■2003年07月21日(月)草未
石田衣良が直木賞受賞も安藤勝己との決定的違い●
■同類。07月17日(宝卯)に「4TEEN」で、第129回直木賞を受賞したのが、
97年(灯丑)に「池袋ウエストゲートパーク」で、
オール読物推理小説新人賞をとった、
東京都出身の
石田衣良(60-0328/草卯)。
石田は、DNA「貫」主導で、状況環境により変化。
攻撃を受けたら全てハネかえす。
「貫+龍」は、忍耐力強力で短時間で和合するのは難しい。
「貫+貫」は、利己主義。
「貫+牽」は、打算的。目的のため、雑な手段。
「貫+禄」は、素直ではなく、計算された自我。ハラがすわった人物。
「草+貫+卯月」は、苦難の人生で説得力でる。
10年運初旬「3歳鉄辰」は、年干支「鉄子」を大半会するので、
成功運型だが、月支「卯」は害・日干支「草卯」は干合支害が成立し、
常に不安にさいなまれたり、異性に翻弄され結婚運や名誉運も、いまひとつ。
石田は、大学卒業後フリーターをやったのち、
26歳で編集プロダクションに入社も落ち着かず、
2年でフリーランスとして活動するなど、
流れに乗ってこそ評価される生年冲殺にしては、シケた生き方をしてきた。
現在の10年運は「33歳雨未」の改良改革から
「43歳木申」の寄らば大樹の陰への接運。
宿命の特長は、エネルギー124点と少なく、フットワークは軽い。
火性ゼロ(DNA鳳/調なし)で、暖かみのない野人だが、
口べたで文章を通じてでしか、自己表現が出来ない。
「子」年生まれ「草卯」は、現実性に弱い。
春生まれなのに火性がないということは、成長力がなく、
素のままで世間と闘っているようなもの。
これが、出世作でTVのドラマにもなった「池袋〜」のカラクリ。
この受賞を機に、大きくはばたくかというと、いささか疑問。
興味深いのが、この生年月日が、
今年(03年/雨未)、念願かなってNRAからJRAの騎手となった、
笠松出身のアンカツこと
安藤勝己と同一なこと。
安藤は、たぐいまれな成績を上げて、NRAから初の移籍となったが、
それは圧倒的な勝ち星があってのもの。世論の後押しもあった。
初挑戦の一昨年(01年/宝巳)の移籍試験では、学科がまるで出来ず四苦八苦で、
頭の中身はサッパリ(笑)だったのは、本人も認めている。
その安藤も、中央に移籍した当初は、
立て続けに重賞レースを制覇する勢いがあったが、
最近ではすっかり中央の水に馴染んだのか、並みの騎手になってしまった。
安藤ほどハングリー精神があっても、
体制に組み込まれれば、ソコソコになるのが、人情。
石田は、安藤ほどの実績も稼ぎもないだろう。
生年冲殺がフリーターやったりしていては、ダメだ。
今回の受賞でハクをつけたのはいいが、これから期待できるかと言えば、
おそらく無理というのが、10年運が示唆している。
 
岩佐真悠子 ミスマガジン2003は末怖ろしい存在だ●
■期待。これまで、細川ふみえ(71-0902/鉄寅)や
山田まりや(80-0305/灯丑)ら、二線級のタレントを供給してきた
講談社の美少女コンテスト「ミスマガジン2003」の発表が、
07月19日(雨巳)行われ、東京都出身の16歳
岩佐真悠子(87-0224/木辰)が、
約1万5千人の中からグランプリに選ばれ、
ラッキーカラーのオレンジ色のビキニ姿で晴れ姿を披露した。
岩佐は、DNA「貫」冲殺主導で、マイペースを保てないという、生年生月冲殺。
10年運初旬「3歳雨卯」は、初旬10年運天冲殺で成功運型も、
DNA「玉」の害で、母親の肝いりでこの世界に入った模様。
現在の10年運は「13歳木辰」で、律音10年運。
宿命の特長は、エネルギー253点と、まずまず。
金性ゼロ(DNA車/牽なし)はプライドなく、その気にならないと働かずも、
何を考えているのか、わからない人。
年支「卯」VS日支「辰」の害持ちで、表裏あり。
「卯」年生まれ「木辰」は、異性理解不能で、
意識せずともオトコを翻弄する。
年干「灯」と月干「海」が干合すれば、
ぞれぞれ「草」と「木」になり、日干「木」を入れて、
天干一気が形成されるばかりか、
地支は「卯」「寅」「辰」の春の方三位で、地支一気。
集中すれば、天干一気・地支一気となり、とんでもない人。
今年(03年/雨未)はともかく、来年(04年/木申)さ来年(05年/草酉)は、
天干一気が強化されるし、その次はラッキーカラー年と、
珍しく将来が末恐ろしい人材だ。
 
高岡早紀保坂尚輝と別居する次元の低い心変わり●
■別居。今季、もっともミステリアスでわくわくするドラマ、
月10「14ヶ月」に主演する、
高岡早紀(72-1203/山辰)が、
夫の
保坂尚輝(67-1211/畑酉)と別居したという噂がまことしやかに流れている。
二人の関係は、高岡の年干支と保坂の月干支が共に
「海子」という共通干支ありだが、「山」と「畑」の夫婦に整合性なし。
これまでは、高岡に仕事が入った時は、
保坂が子供の面倒を見るのが相場だったが、
今年(03年/雨未)は干合年の高岡が、
仕事場に子供を連れてきたため、一気に疑念をもたれたもの。
ところで、生月冲殺で初旬10年運天冲殺の高岡は、
火性なし(DNA龍/玉なし)の野人体質も活かし、それでも運型に厚みがあるが、
保坂のそれは何の面白みもなし。
若いうちはいいが、歳をとってしまえば、仕事もなく辛いだろう。
妻の運型におんぶにだっこ、子供の運に支えられ、何とかこれまで凌いできたが、
もはや4度目の結婚をするエネルギーも、残っておらず、これで抜け殻かも。
 
■2003年07月22日(火)陽申
石井智也は肥満体質でも存在感あり●
■肥満。火9「ウォーターボーイズ」で、
太っている事を必要以上に気にしているが、
水泳の腕はピカイチという石塚太役を演じるのが、
東京都出身でドラマ初出演の
石井智也(84-0514/山申)。
石井は、DNA「鳳」主導で、喰い道楽。いつも食べている役はピッタリ。
「鳳+司」は、一見鈍くさく、耐えるのが上手。
「鳳+貫」は、人生急がず。
「鳳+車」は、大衆的だが、金に目なし。
「鳳+石」は、常識人であると同時にがさつ。
10年運「7歳鉄午」は、年干支「木子」を天剋地冲するので、成功運型。
DNA「鳳」の10年運スタートでもあり、自己を強く認識した。
現在の10年運は、「17歳宝未」で、周囲に気づかう時期。
宿命の特長は、エネルギー186点のバブリー夏生まれだが、
年干「木」を月干「畑」が干合すると、
年干は「山」となり、日干「山」を入れて、土性の天干一気となり、集中力あり。
「子」年生まれ「山申」は、わがまま。
特技は通販モノマネだそうだが、いるだけで存在を誇示する姿は、
ラッキーカラー年で水性のドラマでデビューとは、
これからも主役を喰いそうな気配充分だ。
 
稲垣吾郎のソロパートでトイレにたつ客が増えた●
■休憩。正味4時間はあるかというSMAPのコンサートで、
これまでは
中居正広(72-0816/宝巳)のソロパート中に、
トイレにたつ客が多かったそうだが、
今年(03年/雨未)はラジオ番組で必死にお願いしたとかで、
見事(笑)、干合で揺らぎっぱなしの、
稲垣吾郎(73-1208/山寅)の時に、
その現象が起きているそうだ。
火性なし(DNA車/牽なし)の野人で、生月冲殺の彼にしては、
つまらない自己発揮をするものだが、
今年は黙っていても、月干「山」が干合により、
ラッキーカラー火性に一時的に変化するため、なんとかなった。
こんな調子では、来年(04年/木申)さ来年(05年/草酉)の、
稼働力の上がる天冲殺が楽しめなくなる。細かいことは、気にすべきでない。
 
市川新之助の隠し子を育てる日置明子はパート暮らし●
■生活。「巳」年生まれ「灯酉」で、異性の気持ち理解不能の
市川新之助(77-1206/灯酉)の隠し子を育てている、
元歌手の
日置明子(74-0205/灯丑)が、
生活苦のためパートでお金を稼いでいるそうだ。
親ばかりか、新之助にも頼らないというか、頼れないのは、
10年運「21歳雨亥」と年運(03年/雨未)の攻撃にさらされているためだが、
年干「木」がラッキーカラーで、何ら条件のない申酉天冲殺としては、
全く宿命に合わない生き方だ。
「養育費の責任は持ちます」と発言した新之助の言葉は
嘘ばっかりだったのが証明されるのは良いことだが、
意地をはっても虚しいばかり。
表にでるなり、田舎に帰るなりしないと、どんどんおかしなことになる。
 
■2003年07月23日(水)灯酉
香取慎吾の無謀なダイエットは夢の中●
■無謀。条件なし天冲殺中で、今年(03年雨未)は干合支害年の
香取慎吾(77-0131/山子)が、出版社との連動で過激なダイエットに挑戦し、
体重88キロ→73キロ・体脂肪率29.4%→10%という驚異的な肉体改造を実現したそうだ。
たった2ヶ月間で、殺人的なメニューを強いた(笑)のは、
マガジンハウスの雑誌「Tarzan」で、精悍というよりは、頬がこけ、
心なしかやつれたNEW慎吾の上半身裸を掲載している。
ダイエット方法は、09月05日(宝巳)発売の
自著
ダイエト SHINGOまで封印だそうで、
相変わらずココの出版社は、SPEEDがノロい(嘆)。
香取は、DNA「石」主導で、反応鈍い。
「辰」年生まれ「山子」は狭視で、
世間がどうなろうが政治も経済もおかまいなしで、視野が極度に狭い。
天冲殺だから、薦められるままにノリ良く何でもやるのは、悪いことではないが、
今年はその気になれば、裏切られる干合支害年。
天冲殺にやったことは、あけてしまえば藻くずになるので、
来年以降は適度にぶくぶくした香取を、おがめるのは間違いないところだが、
急激な減量は体調不良につながる。
本が発売されるのと、ダウンするのとどちらが先か、
ちょっとイジワルな気分になった。
 
ゆず 北川悠仁が三億円豪邸に親と暮らす矛盾●
■豪邸。ゆず北川悠仁(77-0114/宝未)が、
昨年(02年/海午)06月(陽午)に、横浜市内に三億円ほどの豪邸を購入したと、
女性誌が報じている。
ここに北川は両親らと住んでいるそうだが、
実家といえば、宗教団体(かむながらのみち)を営んでいるそうで、
怪しげな出入りも目撃されているから、近隣の住民としては穏やかではないだろう。
しかし、北川ははみだし運の戌亥天冲殺。
しかも、年干「陽」と月干と日干(共に宝)が干合すれば、
天干一気になる宿命で、成人した彼が親と住むのは適当ではない。
地支にしても、年支「辰」・月支「丑」・日支「未」の四土格で、何でもあり。
目下は利用するわ、目上は吹き飛ばすわの、とんでもない宿命。
宗教家なら、だいじょぶなのかどうかは不明(笑)。自立せいよ!
 
井森美幸は厚生年金に入りたいだって●
■適職。毎回、不幸の大バーゲンを視聴者に提供してくれる、
水10「幸福の王子」で17歳の心臓病患者の娘を
スナックで働きながら育てる母親役を演じているのが、
一人場を壊している
井森美幸(68-1026/畑巳)。
「石」冲殺主導は、人づきあいが下手で周囲に翻弄される。
秋生まれで、木性ゼロ(DNA車/牽なし)の野人は、働くより楽をしたいタイプ。
むろん干合相手なしで、異性成分ゼロで結婚運も皆無。
8年ぶりのドラマ出演は、年干「山」の干合で、
ラッキーカラー的な「陽」が出現したため。
歌でデビューしたが、啼かず飛ばず。芝居も水準以下。
結局は素でやるしかないバラエティで、おちゃらけるばかり。
DNA構成を見ても、石司玉司調の並びに、光るものはなし。
そんな彼女の願いは「国民年金ではなく、厚生年金に加入したい」だと。
芸能人、まして生月冲殺にしては、とんでもない発言。
そんなに不安なら、即刻ホリプロの掃除のオバサンにでもなれば、解決する。
 
■2003年07月24日(木)山戌
田中麗奈がL'Arc〜en〜Ciel Kenと交際する愚か●
■吹聴。デビュー時は地元のヤンキー仲間との交際を伝えられていた
田中麗奈(80-0522/草未)だが、
最近は、同姓同名のモー娘。6期メンバーの名前を平がなに変えさせたのと、
ウイクリーマンションのCMでしか名前を聞かなかったほど
ヒマをもてあましているようだが、
ここにきてロンゲのオトコが操る真っ赤なフェラーリの助手席に座る姿を何度も、
赤坂やお台場で目撃されたという。
田中は、DNA「調」冲殺主導の変人。
初旬10年運「6歳鉄辰」が年干支「鉄申」を大半会する成功運型。
バブリー夏生まればかりか、エネルギー287点という存在感に加え、
年干「鉄」に干合されると、日干は「宝」になり、
月干「宝」を入れて、金性の天干一気になる強者。
SPEED狂はこのあたりに要因ありだが、
年上男性には驚異で近づくとロクな事がない。
ところで、無防備で不幸な相手は、
くわえ煙草のステージで有名な
L'Arc〜en〜CielKen(65-1128/陽戌*)で、
自らラジオの公開放送で、バラしてしまった。
Kenは、DNA「車」主導で、ロックな人。
「車+貫」は、一本気。
「車+鳳」は、カネとモノだけの人生。
「車+玉」は、考えたとおりに行動するわかりやすさ。
「車+石」は、個人感情無視。
「陽+車+亥月」は、騒々しいことが大好き。
10年運初旬「7歳陽戌」は、日干支「陽戌」と律音のため、成功運型。
現在は「37歳雨未」のダメージカラー10年運天冲殺に突入ずみで、相当危険。
「巳」年生まれ「陽戌」は、正直だから、
うれしくなってツイ口にだしてしまったようだが、
午未天冲殺のクセにして、年下しかも天干一気と仲良くするとは、自殺行為。
しかも、条件なし天冲殺に、何やってんだか。
2度ほど結婚しているはずだが、相手はどうなってるんだか。
ちなみに、田中の日干「草」から月支「巳」を見れば、
Kenの年干支「草巳」と同じになり共通干支あるも、
月干支「宝巳」(田中)VS「灯亥」(Ken)は天剋地冲で、
住む世界が違いすぎるし、夏の夜の夢みたいな関係だ。
 
あびる優の父親が逮捕される水の中●
■逮捕。「おはスタ」出身で、とりたてて芸がないうえに、
ジャニタレとの交際くらいでしか話題のない
あびる優(86-0703/山申※)の父親で、
東京港区の歯科医師にして、「システム金融の帝王」という裏の顔を持つ、
阿比留隆仁(46歳)容疑者が、元芝税務署の国税調査官と組んで、
管理システムの端末を操作し、
未納の源泉所得税、約1.833万円を納付したようにみせかけた罪で逮捕された。
あびるは、今年(03年/雨未)は干合年で、家庭的方向の事件。
「寅」年生まれの生年冲殺のため、親の犠牲。
一見、ラッキーカラー年でも、日干支は干合で「陽申」になり、
年干支「陽寅」と納音が成立して、親の場を壊してしまった。
オトコと遊び歩くだけなので、こんなことでミソをつけるのだろうなあ。
所属事務所は、「本人とは無関係」と言うが、
生年冲殺とは親の評判がつきまとうものだ。
 
■2003年07月25日(金)畑亥
東山紀之が格闘シーンで蹴られて松葉杖の夢の中●
■必然。少年隊東山紀之(66-0930/海辰)が、
上演中のミュージカル「PLAYZONE2003Vacation」の2日目で、
700回記念公演の当日である07月15日(畑丑)に、
共演者との格闘シーンで怪我をし、右足の甲を3ヶ所骨折したそうだ。
一時は眠れないほどの激痛が走り、
舞台の外では松葉杖をついている状態だそうだが、
08月17日(海戌)の最終日まで、生年冲殺らしく舞台を務めるという。
東山は、DNA「玉」主導で、気分転換下手。理屈先行で、懲りない人。
「玉+司」は、生活のためなら、何でもする。
「玉+車」は、考えた通りに行動するわかりやすい人。
「玉+禄」は、肉体より精神の老成が早い。
10年運初旬「3歳山戌」は、年干支「陽午」と
大半会的(初旬のみ陽と山は同格)なばかりか、
日干支「海辰」を天剋地冲するという条件が重なるため、
通常人の3倍ほどの成功運型。
これに「3歳山戌/13歳畑亥/23歳鉄子」の
変剋律(異常干支の3連続)という条件で、才能を磨いてきたものだが、
現在の10年運「33歳宝丑」は、年干支の干合支害で、
前進不能も、天冲殺10年運でもラッキーカラー10年運でもない。
しかも干合した結果できた年干「海」は、日干「海」と共に、
最後に残されたラッキーカラー月干「灯」を二次干合させ、
宿命全体は器用とは言えない
木性天干一気に変質させているのだから穏やかではない。
今年(03年/雨未)は、10年運と年支の害は一時的に切られるとはいえ、
条件あり天冲殺に(元々の日干海から見て)同類の水性「雨」は、
さすがブレーキがかかる時期。
さらに、「畑未」の天冲殺月のDNAは「牽」で、格好がつかぬ、ありさま。
誰に蹴りを入れられたかは不明だが、
そろそろ世代交代したほうが良さそうな、お知らせ現象かも。
 
桂三枝が上方落語協会会長に選出される雨の中●
■不安。関西の落語家でつくる上方落語協会が、
07月23日(灯酉)、15年ぶりに実施した選挙で、
新会長に
桂三枝(43-0716/草亥)を選出した。
三枝はDNA「鳳」主導で、根っからの遊び人。
バランス感覚はあるものの、金性ゼロ(DNA車/牽なし)であり、名誉職は似合わず。
10年運「3歳山午〜43歳木寅」のターボ運(子丑天冲殺回り)を抜けたあとの、
準ターボ運(53歳雨丑〜63歳海子、両干支とも干も支も水性のため)で、
バブリー夏生まれのため、ラッキーカラー回りなため、目立つだけ。
そもそも日座冲殺がトップにたてば、内部が不安定になり、
最後が華にならないのは、社民党を見ればわかること。
任期の3年なんかもつのかい。
来年(04年/木申)の条件なし天冲殺+害だよ。
 
佐渡裕がW杯記念コンサートの指揮をふる表裏●
■意図。昨年(02年/海午)、日本と韓国で繰りひろげられたサッカーW杯。
その1周年記念コンサートが、
08月02日(灯未)に、横浜みなとみらいホールで開催される。
サッカーにちなんだ名曲をPMFオーケストラが演奏するそうだ。
指揮をするのが、世界に誇るというフレコミの
佐渡裕(61-0513/陽午)。
京都市出身、京都市立芸大出の佐渡は、小澤征爾の薫陶をうけながら、
現在はパリのコンセール・ラムルーの管弦楽団の所属。
DNA「禄」主導は、自己顕示欲だけ。
「禄+牽」は、折り目正しいが、SPEED感なし。およそスポーツとは無縁。
「禄+調」は、組織になじめず。
「禄+司」は、自制心欠け先見の明なし。
10年運初旬「2歳海辰」は、ラッキーカラー10年運も条件なし。
「12歳宝卯/22歳鉄寅」が、10年運天冲殺のため、
そこそこ運を伸ばしたものだが、現在の10年運は「32歳畑丑」の害。
DNA「調」だから、表現方法が上手くいかなかったり、女性問題の躓き。
宿命の特長は、エネルギー244点のバブリー夏の太陽だが、
木性ゼロ(DNA龍/玉なし)のため実態に乏しく、
縁のない海外へ行けば変人になる。
年干支「宝丑」VS日干支「陽午」の干合支害持ちで、これは究極の表裏人間の形。
今年(03年/雨未)は、この害が切れ、曖昧な存在が少しはシャンとする時期。
しかし、熱にうなさていた昨年ならばともかく、
いまどきこのような催事を行う意味があるのか疑問。単なる、佐渡の言い訳か?
 
■2003年07月26日(土)鉄子
高木広子が怪しい紳士と不倫中の水の中●
■疑惑。フジテレビの昼のニュース番組「FNNスピーク」で、
月〜金のキャスターを務める
高木広子(72-0407/山辰)アナが、
34歳の妻子あるパチンコ関連企業を経営するバブリーな紳士と、
都内高級マンションで同棲し、高級外車4台を日替わりで乗り回す姿を、
写真誌に報じられた。
98年(山寅)に外食産業の会社員と結婚。
害年の99年(畑卯)には、女児が誕生したが、
育児ノイローゼから01年(宝巳)に離婚(女児の親権は放棄)している高木は、
DNA「牽」主導で、形を大事にする、プライドの高い人。
「牽+司」は、一見堅実に見えるが、評論家的。
「牽+牽」は、無為無策の行動に走りやすい。
「牽+禄」は、折り目正しく、社会常識があるように見える。
「牽+車」は、忍耐力あるように見える。
何でも、「見える」人で、実態は別。
「山+牽+辰月」は、自分はせず、周囲を動かす。
10年運初旬「1歳雨卯」は、日干「山」と干合すると、「灯卯」となり、
これが年干支「海子」と干合すると、年干支は「木子」に変化し、
月干支「木辰」と大半会なので、成功運型的。
とは言っても、初旬干合支害でもあり、
終生ロクでもない異性に翻弄され、家庭運なし。
現在の10年運「31歳鉄子」はDNA「鳳」で、遊び。
宿命の特長は、エネルギー231点。
火性ゼロ(DNA龍/玉なし)は、学習能力皆無の野人。
金性ゼロ(DNA鳳/調なし)は、遊びを知らず。
「子」年生まれ「山辰」は、問題が起きれば逃げ腰。
今年(03年/雨未)は干合年でゆらぎ。異性の問題で躓く時期。
一部では、ポスト
安藤優子(58-1119/鉄子)の声もでているそうだが、
DNA構成でも、剋線がなく才能は感じられず、ただの変人。
とても、安藤の敵ではない。
 
荒巻レイチェルという野人で内外シーソーの夢の中●
■異議。ロッテチョコレート40周年記念CMアイドルコンテストの
最終選考会が07月24日(山戌)に行われ、
4万人を超える応募者から、日本人の母とイギリス人の父親を持つ、
福岡県在住の、
荒巻レイチェル(91-0918/宝卯)が選ばれた。
荒巻は、DNA「貫」主導で、状況環境により変化。
「貫+禄」は、ハラが妙に座る。
「貫+貫」は、用心深く、利己主義。
「貫+車」は、一本気で切れやすい。
宿命の特長は、エネルギー165点と旧型アイドル。
水性ゼロ(DNA鳳/調なし)の野人。
「未」年生まれ「宝卯」は、内外シーソー。
10年運初旬条件等のない、生年冲殺。
60年に一度の好機を、11歳で使ったということだが、
本人にとっては、記念にもなるだろうし、
今後をあれこれ考えるだろうが、ロッテにはさほどプラスにはならない。
未成年に妙な期待をもたせるような選考は、考えものだ。
 
訃報.岩田暁美が害切れの救いの年で逝く●
■急死。ラジオニッポンの名物キャスターで、「長嶋番」として活躍した、
岩田暁美(61-0805/鉄午)が、心不全で07月24日(山戌)に亡くなった。
岩田は、DNA「玉」主導で、生き方を変えられない、不器用な人。
野球に対する姿勢も、いつまでたっても、「突撃」そのもので、
地方の仕事はホテル代をうかすために、
レンタカーで寝泊まりするなど、無理がたたったと言われている。
10年運の初旬条件はないが、「21歳山戌/31歳畑亥」が、
ダメージながら10年運天冲殺。
「21歳山戌/31歳畑亥/41歳鉄子」が、変剋律10年運で、
苦しみながら、才能を磨いていた時期。
宿命の特長は、エネルギー250点。
「丑」年生まれ「鉄午」は、矛盾の多い人生。
年支「丑」VS日支「午」も害で、表裏あり。
苦労の絶えない人生だったようだ。
本来は、月干支「草未」と日干支「鉄午」が干合支合となるので、
仕事をするより、内側の世界に入ったほうが、安泰な人生を送れる宿命。
男性に囲まれた仕事の道を選び、
個人的な世界を選択しなかったのだから、悔いはないだろう。
今年(03年/雨未)は、害も切れるラッキーカラー年。安らかに眠っていった筈だ。
 
■2003年07月27日(日)宝丑
森ゆうこ大仁田厚を報復撃破の雨の中●
■主役。07月25日(畑亥)の参議院本会議場で、
プロレスさながらの大乱闘劇を演じ、
アホまるだしの無責任男の
大仁田厚(57-1025/鉄午)を撃破したのが、
新潟選挙区選出、自由党の
森ゆうこ(56-0420/灯巳)議員。
森は、DNA「調」主導で、1攻撃を受けたら100にして返す体質。
昨年(02年/海午)07月(灯未)の厚生労働委員会で、
大仁田に野党議員が吹っ飛ばされたことに対する報復と思えば納得。
「調+司」は、負けず嫌い。
「調+石」は、自尊心強くもプライドなし。
普段はパンツ姿なのに、勝負服のいでたち(スカート)は、確信的。
「調+牽」は、内面気品も行動粗野。
10年運初旬「5歳宝卯」は、年干「陽」を干合させると、
年干支は「海申」となり、月干支「海辰」と大半会し、
さらに干合年干「海」と月干「海」は、日干「灯」と二次干合すると、
木性天干一気にも変化するので、成功運型的と見てとれる。
その後「15歳鉄寅」もものともせず、
新潟大学在学中には、デイスカウントチェーンの創業にたずさわったとか。
「25歳畑丑/35歳山子」が、10年運天冲殺。
子育てをしながら、英語塾を経営したり、
ミニコミ誌の編集長も経験するなど、さすが子丑天冲殺は怖い。
また、「25歳畑丑/35歳山子/45歳灯亥」は、変剋律10年運で、
精神苦と共に才能が磨かれる時期。
民主党に吸収されても、この存在感なら、へこたれないだろう。
宿命の特長は、エネルギー265点。
「申」年生まれ「灯巳」は、本来表立った動きはしないが、
木性が月支「辰」の中にあり、ほとんど使えない野人体質のなせる業か。
もちろん、今年(03年/雨未)は、DNA「車」。
しかし、ドサクサにまぎれて、彼女の右胸をわしづかみしてるのは、いったい誰だ!
 
岡田准一有坂来瞳極似のストーカー出現●
■追跡。V6岡田准一(80-1118/草未)に、
有坂来瞳(79-0921/宝卯)に極似のストーカーが出現とか。
有坂も、せっかくの条件ありラッキーカラー天冲殺に、
こんな事言われるようじゃ、情けない。
「未」年生まれ「宝卯」は、内外シーソー。
事務所は、もっと売らないと・・・。
 
■2003年07月28日(月)海寅
麻波25 佐藤明が大麻所持で逮捕で終わり●
■麻波。麻波25(99-0320/宝未)の
ベーシストの
SHAKAN'BASSこと佐藤明(76-1227/雨丑)容疑者が、
07月14日(山子)に厚生労働省近畿厚生局麻薬取締部が
長野県の容疑者宅を捜査した際に、大麻を購入しにきており逮捕された。
97年(灯丑)より常習していたという。
物事の節目は、6年。
灯丑にはじめたことが、雨未年の天剋地冲で、終わりを迎えたということだ。
佐藤は、DNA「貫」主導で、頑固。
「辰」年生まれ「雨丑」は、自己愛。
今年(03年/雨未)は納音年で、これまでの現実的な事象が破壊される時期。
麻波25の結成は、96年(陽子)で、今年は名誉が損なわれる害。
メジャーデビューの誕生日から見れば、
「宝+禄+卯月」は、究極の裏切りを大切な時期に受ける。
とりあえず佐藤は脱退ということだが、
9月に予定されていた、シングル&アルバムの発売は中止。
今後の予定も全て白紙になったが、
人を喰ったような、グループ名では、もちろん活動は無理。
他のメンバーにしても、横須賀市から脱却できないような、
ゆるいメンバーが多く、このまま違った道を探したほうがいいかも知れない。
なんだか、亡国首相の地元も、穏やかじゃない(笑)。
 
山田花子がマラソンを走る野人的雨の中●
■適任。走行コースは秘密。
ロケ車で移動する演出がバレるから・・・という
「24時間テレビ」のチャリティーマラソンに
山田花子(75-0310/草卯)が登場。
火性ゼロ(DNA鳳/調なし)は、口ベタ。
金性ゼロ(DNA車/牽なし)は、命じられないと動けない。
水性ゼロ(DNA龍/玉なし)は、頭が鈍い。
3拍子そろい踏みの超野人は、DNA「貫」主導で、不器用。
「草+貫+卯月」は、同じ事を淡々とやるのが向いており、
苦難の人生で説得力増す。
今年(03年/雨未)は、DNA「龍」の改良改革と、三半会。
この人なら、全て走り切らせても、いいのではないか。
全行程放送の密着カメラの稼働希望。
 
安倍なつみがモー娘を卒業するありえない木の中●
■改良。モー娘。(草亥)の安倍なつみ(81-0810/鉄申)が、
来春のコンサートツアーを最後に、グループを卒業することを
07月27日(宝丑)明らかにした。
安倍は、DNA「龍」主導で、形に恵まれると精神苦。
改良改革の人なため、いつまでも既製の枠に収まりきらない。
10年運も「20歳山戌」のDNA「龍」のため、自己確立の時期。
木性ゼロ(DNA禄/司なし)は、堅実さとは無縁の、いたわり成分のない人。
「20歳山戌/30歳畑亥/41歳鉄子」は、変剋律10年運で、
精神苦を受けながら才能を伸ばす。
来年(04年/木申)は、宿命に存在しない木性年で
特別な事が起こる時期なので、予定の行動。
来期の予測には入れるつもりだったが、さすが気が早い。
集団に子丑天冲殺が何人もいるのも不自然なので、
孤高の安倍が標的にされた格好。
不器用な「山」の
飯田圭織(81-0808/山午)は、動けない(笑)。
しかし、「酉」年生まれ「鉄申」は、他力運のため、
自分で何かを出来るというタイプではないので、辛いかも知れないが、潮時。
これで、おとめ組のTOPは名実共に、
石川梨華(85-0119/山午)になる予定だ。 
 
■2003年07月29日(火)雨卯
V6が一般未公開映画鑑賞券付CDを発売する魂胆●
■限定。V6(95-1101/陽申)が、
初主演する映画「Hard Luck Hero」のイベント上映会が、
09月28日(木辰)に全国5都市で同時開催されることになった。
一般公開は行われず、08月06日(宝亥)発売の8枚目のアルバム
∞ INFINITYLOVE&LIFE〜を購入した中から、
抽選で1万人が招待されるもので、
希望者は、何枚ものCDを買わされるハメになりそうだ。
V6は、DNA「鳳」主導の、遊び人の集合体。
「鳳+車」は、大衆的だが金に目なし。
「鳳+禄」は、ファンをその気にさせるのが上手い。
「鳳+玉」は、自己を棚上げ、問題をすりかえる名人。
「鳳+貫」は、表面温厚中頑固。
「陽+鳳+戌月」は、けっこうしぶとい。
宿命の特長は、エネルギー194点と、乗りよし。
「亥」年「申」日生まれは、害があるので、
グループが2つに分れているし、実態がいまひとつ。
鑑賞券付きCDは、業界初の試みだが、
ついには売らんがために、こんな手を使ってきた(笑)。
 
SABU監督の地味な正体●
■正体。V6の映画『Hard Luck Hero』を監督したのは、
今秋公開の映画
『幸福の鐘』
第53回ベルリン国際映画祭で、NETPAC賞を受賞した、
SABU(64-1118/宝未)。
干合年の86年(陽寅)に俳優として、
『そろばんずく』でデビュー、
律音年の91年(宝未)には、
『ワールドアパートメント ホラー』で、第13回ヨコハマ映画祭、最優秀新人賞を受賞。
干合支害年の96年(陽子)に、『弾丸ランナー』で監督及び脚本デビュー。
第18回ヨコハマ映画祭の新人監督賞受賞。
01年(宝巳)には、『MONDAY』で、
第50回ベルリン国際映画祭の国際批評家連盟賞を受賞した。
SABUは、DNA「司」主導で、マジメ。
「司+鳳」は、忍耐力のある個人主義者。
「司+禄」は、自制心欠け、先見の明なし。
「司+司」は、現実性強すぎで、夢なし。
宿命の特長は、エネルギー224点。
DNA成分に、クリエイティブな要素が全く感じられず、自己満足の様相強い。
「辰」年生まれ「宝未」は、待ち運。
生月冲殺としては、流れに乗りづらいだろう。
10年運初旬「6歳陽子」は、干合支害で、何か妙ないら立ちを感じる。
「26歳山寅/36歳畑卯」が、ラッキーカラー10年運で、
キーワードが想像力なので、それをまんまと活かしたのだろうが、
大きく成長するとは、言い難い。
V6の年干支「草亥」が、SABUの月干支。
日干支同士が干合するという関係で、ようは気があったということだろう。
 
■2003年07月30日(水)木辰
岩城滉一の三億円豪邸が競売にかけられた不甲斐なさ●
■競売。岩城滉一(51-0321/鉄申)が、
約4年前に地下2階地上3階7LDK170坪3億円で建てた都内の自宅を、
ローンの焦げ付きなどが原因で、競売にかけられることになったという。
岩城が社長を務める会社が、この豪邸を5億円近い借金の担保に差し出していたが、
その使途というのが、なんと父親の借金の肩代わりだというから、情けなくなる。
岩城は、DNA「司」主導で、相当ケチ。
年干・月干が共に宝のため、金性の天干一気も、
エネルギー143点という軽さから、目立つことはあっても、さほど迫力なし。
火性ゼロ(DNA車/牽なし)の野人でもある。
10年運初旬「5歳鉄寅」は、日干支「鉄申」を納音するので、成功運型。
現在の10年運は、「45歳陽戌」で、一見ラッキーカラーだが、
年干・月干(共に宝)と干合すると、
それぞれ「海」と「雨」になってしまいダメージカラー。
今年(03年/雨未)もダメージ年で、その威力も増したもの。
そもそも、子丑天冲殺が親とかかわる場合は、
完全に親を麾下におさめねばならない。
中途半端に事業をやっていても、息子が天干一気なのだから、潰れるのは当然。
そんな親を援助する甲斐性は、「卯」年生まれ「鉄申」で、
動乱の補佐運型の岩城にはないのだから、このまま共倒れ必至だろう。
ところで、会見で岩城は突如「俺は韓国人だけどさ」と切り出した。
そんなこと、聞いてないって(笑)。
 
手塚理美がマネージャーに三百万円の未払い給与あり●
■逆襲。真田広之(60-1012/雨酉)と離婚してから、
すっかり影をひそめていた、
手塚理美(61-0607/宝未)の、
37歳の元女性マネージャーが、3年近くに及ぶ「無給強制労働」を女性誌に告白。
元マネージャーによると、手塚の個人事務所「ウエハウス」に
00年(鉄辰)に知人の紹介で就職したところ、
約束の月給20万円が満足に支払われず、
経費も自腹で、3年間で約300万円の未払いがあるという。
手塚は、DNA「龍」主導で、形に恵まれると精神苦。疑り深い性癖。
バブリー夏生まれの、エネルギー240点。
年干支「宝丑」と日干支「宝未」は納音で、私生活には秘密がつきもの。
年支「丑」VS月支「午」の害は、仕事世界と親族とのトラブルがあり。
実際、事務所を仕切っているのが、手塚の実弟。
この実弟や手塚は、ロクに仕事がなくても、
真田広之の慰謝料で、高級外車を乗り回していたとも言われている。
手塚の現在の10年運は「40歳山戌」のダメージカラー10年運天冲殺。
DNA「玉」は、過去のことを蒸し返されるというもの。
今年(03年/雨未)は、この10年運が干合で「陽戌」となるため、
DNA「牽」の不名誉なことになってしまった。
20万円の給与を、5万とか2万とか分割して支払うのもおかしなものだが、
そんな状況で3年も辛抱していた元マネージャーもヘン。
今年の手塚は、ラッキーカラー年ばかりか、年支と月支の害も切れる好機に、
こんな話が飛び出すとは、よほど日頃の生き方がおかしいのかも知れない。
納音持ちの戌亥天冲殺が、実弟と仕事をするというのが、躓きのもと。
中年から晩年の10年運天冲殺は、気をつけたいものだ。
 
冨田靖子が椎間板ヘルニアで記念舞台を降板●
■降板。芸能プロダクション「アミューズ」創立25周年記念舞台
「ふたり」出演する予定だった、
富田靖子(69-0227/雨酉)が、
07月12日(陽戌)の害日に椎間板ヘルニアを発症し、降板したそうだ。
年下の天干一気の
堺雅人(73-1014/雨未)なんかと、一緒にいるからだろう。
生き方が中途半端だと、こうしてヘンな崩れ方をする。気をつけたいものだ(嘆)。 
 
■2003年07月31日(火)草巳
小沢一郎が自由党を解体し民主党合流し一兵卒となる●
■消滅。自由党小沢一郎(42-0524/灯丑)党首が、
解党して民主党に合流することになった。
小沢は、DNA「石」主導で、政治力に長ける。
バブリー夏生まればかりか、
年干支「海午」VS日干支「灯丑」の干合支害持ちで、究極の表裏人間は策士。
にもかかわらず、「午」年生まれ「灯丑」は、
窮地にたったら「正直」になる性癖のため、
国家存亡の危機には「一兵卒」にもなれるタイプ。
10年運初旬「4歳陽午」は、DNA「石」の害で、政治的にはやや不遇。
現在の10年運「54歳宝亥」は、DNA「禄」で、奉仕に生きる時期。
年干「海」と日干「灯」が干合すると、
「木」と「草」になり、月干「草」を入れて、
木性天干一気になるが、最後は自爆しやすい。
これを回避するために、今年(03年/雨未)の天剋地冲年に、
捨て石となったのは、ある意味評価できることだ。
年支「午」と日支「丑」の害も切れたところで、大きな役目を果たしたと言えよう。
一方、迎える側の
菅直人(46-1010/灯巳)は、
小沢とは大半会を持つので、理解度あり。
DNA「禄」主導は、奉仕型とはいえ、やや唯我独尊のパフォーマンス人間。
政治的手法は、自らの存在感を世に知らしめるもので、実際は保守的側面を持つ。
宿命の特長は、晩秋の生まれなのに、木性ゼロ(DNA龍/玉なし)の野人。
さらに水性ゼロ(DNA車/牽なし)で、名誉的なことには縁なし。
10年運初旬「10歳畑亥」は、日干支「灯巳」と
納音的(初旬のみ灯と畑は同格)なので、成功運型。
現在の10年運は「50歳雨卯」で、月干「山」を干合させると、
年干「陽」と日干「灯」とあわせ、火性の天干一気が完成し、目立つ時期。
小沢を焼き尽くし(いかにも雨未の下剋上らしい)、
前代表の
鳩山由紀夫(47-0211/宝酉)の
年干支「灯亥」を納音し、吹っ飛ばしてしまった。
これにて、なんとか自民党を攻撃する態勢が整ったかのように見える民主党だが、
菅のラッキーカラー年は来年(04年/木申)だし、
今年57歳の菅が本当の力を発揮できるのは、
次旬「60歳木辰」からであるため、まだまだこれから。
日本国(47-0503/海午)の動乱期は97年(灯丑)にスタートし、ようやく半分。
まだまだ、方向性の見えない混沌さは続く。
 
大坪千夏がキャイーン 天野ひろゆきと復活に未来なし●
■復活。00年(鉄辰)の「100%キャイーン」の収録で知り合い、
交際をするも、昨年(02年/海午)一度は破局したと伝えられていた、
キャイーン天野ひろゆき(70-0324/雨卯)と、
フジテレビ大坪千夏(66-0620/鉄戌)が、
交際を復活させているという。
00年と言えば、天野の条件なし天冲殺+害と大坪の納音年。
今年(03年/雨未)は、天野の大半会年であり、大坪の宿命にない水性の年。
共通干支(大坪の日干支と天野の年干支が律音)があるとはいえ、
実りのないただれた関係。
大坪には都合のいい天野であっても、天野には何のプラスにもならない。
本当にオトコとは、ダメな生き物だ(笑)。
 
コラム総合目次/茶房会館(1 9 9 6 年〜)
さ く い ん
03年01月分 03年02月分 03年●03月分 03年04月分 03年05月分 03年06月分
03年07月分 03年08月分 03年09月分 03年10月分 03年11月分 03年12月分
BEHPは書体設定明朝体にしてご覧になられるのを推奨しています
プラウザのバックを使ってお戻りください●
BE●運命向上委員会 Copyright(c)1994→2018 birthday-energy.inc.
 
BE●灯BE●幸せ発電所
BE●運命向上委員会BE●運命向上委員会
BE●苺1BE●苺2