簡易地図★BEBE●移動祝祭日
BE●苺1BE●苺2
熱意と心のDNAで運命を科学する 運命評論家●鳳積堂 BE
※「移動祝祭日」は、鳳積堂きたでらの私的感想頁です☆
2 0 0 3 年(雨 未)●05月分
安達祐実パパイヤ鈴木と急接近●2003_0501
細川ふみえが処女小説万華鏡をだした夢の中●2003_0501
片岡鶴太郎が湘南の美術館を閉館する息切れ●2003_0501
中森明菜が歌手は不幸なほうがいいと自虐発言●2003_0502
ダンディ坂野がギャグCDリリースも売れっこない●2003_0502
根本はるみに美しさなしの毒の中●2003_0502
小室哲哉が東京ドームから逃げる●2003_0503
大島れいが結婚を焦る毒の中●2003_0503
浜口順子が消えるカウントダウン●2003_0504
米倉涼子が避妊できないオトコとは付き合わない発言●2003_0504
駒井千佳子中島亨兵があえなく離婚の自明の理●2003_0505
真木蔵人が再婚に踏みきった毒がらみ●2003_0505
窪塚洋介がよせばいいのに出来ちゃった結婚●2003_0507
保田圭が卒業する夢の清算●2003_0507
坂上忍の離婚理由のすれ違いなんて嘘と夢の清算●2003_0507
寺島しのぶ市川染五郎への失恋を説明●2003_0508
反町隆史山内菜々にベタベタの夢の中●2003_0508
窪塚洋介の恥かしいノロケは持続せず●2003_0508
千乃裕子のパナウェーブに怖さなし●2003_0509
広末涼子の故郷高知案内のCMに違和感あり●2003_0509
川崎麻世カイヤ自宅に空き巣が入る理由●2003_0509
米倉涼子松岡昌宏と交際の一過性●2003_0510
堂本剛酒井若菜の交流に発展なしの夢の中●2003_0510
窪塚洋介の配偶者はチャレンジャー●2003_0510
今井絵理子が業界人と交際で崩壊●2003_0511
田原俊彦が大物でも(笑)はじけない理由●2003_0511
雛形あきこがTBSの札付き社員と不倫の夢の中●2003_0512
福山雅治白石美帆と交際も実らぬ理由●2003_0512
安住紳一郎の特技はコーラの早飲み●2003_0512
千秋遠藤章造に第一子女児誕生と恐怖の未来●2003_0513
笛木優子が窃盗容疑で告訴されたありえない水の中●2003_0513
村上春樹がサリンジャーをぶち壊した毒の中●2003_0513
高橋由伸小野寺麻衣と交際で大ブレーキ●2003_0514
眞鍋かをりに遠恋の相手が浮上する大事件●2003_0514
エルビス・コステロが毒がらみで再婚する●2003_0514
三谷幸喜の新撰組の香取慎吾の夢の中●2003_0515
田村亮の和食店オープンは毒の中●2003_0515
出川哲朗が白昼からポルシェと若き美女の夢の中●2003_0516
原口あきまさが元モデルと同棲中を告白●2003_0516
松野行秀が肝臓疾患と胃潰瘍で故郷福島で療養中●2003_0516
中居正広に甲斐甲斐しく尽くすチビ嫁の存在●2003_0517
櫻井淳子の入籍は毒始まり●2003_0517
鈴木えみMusical Academy 町田慎吾と交際の大間違い●2003_0517
上戸彩の映画あずみが閑古鳥の雨の中●2003_0518
長嶋一茂が無断で写真を広告使用される夢の中●2003_0518
キングコング 梶原雄介が療養中に入籍の毒●2003_0518
ブルック・シールズが究極表裏の娘を出産した夢の中●2003_0519
中澤裕子V6 坂本昌行の復活気配の無駄●2003_0519
斉木しげるが一年間家賃滞納で追いだされる毒の中●2003_0519
神尾米が怖い女児出産と同時離婚の自然界への挑戦●2003_0520
池田裕子(絵門ゆうこ)が癌闘病記で商売の夢の中●2003_0520
金子昇に娘が産まれた夢の中●2003_0521
ブラッド・ピッドが美容整形を告白●2003_0521
赤江珠緒が大阪から乗り込む●2003_0521
吉川ひなの伊勢谷友介を毒牙にかけた●2003_0522
さだまさし解夏が地味に映画化の夢の中●2003_0522
宇多田ヒカルが黄色いフェラーリで牛丼屋通い●2003_0522
山口達也が鎌倉に土地取得の毒の中●2003_0523
船越英一郎松雪泰子に助けられ初CMの救い重なり●2003_0523
松原のぶえが三億円豪邸を差し押さえられる毒の中●2003_0523
唐渡亮が咽頭癌告白のありえない夢の中●2003_0524
竹内めぐみが売れそうもない理由●2003_0524
上戸彩が事務所批判の土破りの中●2003_0525
仲村トオルがカンヌデビューの救いの中●2003_0525
エミネムは本当に危険極まりない●2003_0526
坂上忍は慰謝料を結婚前に前払いの不思議●2003_0526
ジョニー大倉矢沢永吉に融合点なし●2003_0526
真木蔵人が酒に酔って暴力沙汰●2003_0527
島田紳助水野裕子を嫌う理由●2003_0527
清水章吾がお出かけ前に時間調整●2003_0527
田中直樹小日向しえの誉められない関係●2003_0528
高木虎之介の1秒足らずの木の限界と夢の中●2003_0528
葉月里緒奈WOWOWは救えない●2003_0529
工藤静香が西麻布に乱入する毒の中●2003_0529
窪塚洋介の今だけ救いのピース婚●2003_0529
奥菜恵藤田晋と結婚する一瞬の救い●2003_0530
諸星和己がニューヨークから凱旋の毒の中●2003_0530
田村亮が結婚を意識する長期の毒の中●2003_0531
t・A・T・uが来日キャンセルした哀しい理由●2003_0531
長渕剛がどしゃぶりの雨で不機嫌●2003_0531
 
■2003年05月01日(木)木戌
安達祐実パパイヤ鈴木と急接近●
改良。黒田アーサー(61-0201/草丑)と別れた
安達祐実(81-0914/草未)が、クラブで意気投合した
パパイヤ鈴木(66-0628/山午※午前4時前生まれ)と交際中とのことだ。
パパイヤは、DNA「玉」主導で、気分転換下手。
「玉+玉」は、無理をしない人。
「玉+車」は、考えたとおりに行動するわかりやすい面あり。
「玉」×3もあり、ダンスを懇切丁寧に教えていただけとの見方もあるが、
今年(03年/雨未)は干合支合なのだし、
「午」年生まれ「山午」は、待ち運だから、うまく安達がハマったとみた。
エネルギー276点もあるばかりか、金性ゼロ(DNA鳳/調なし)で遊びを知らないオヤジ。
水性ゼロ(DNA禄/司なし)で異性成分もラッキーカラーもない野人が、
宿命にない水性年でトチ狂ったとしか思えない。
もっとも、安達も水性ゼロ(DNA龍/玉なし)で目上運皆無。
何だか狂ったように話題提供しているのが、かなり寒い。
もちろん共通干支などなし(笑)。
 
細川ふみえが処女小説万華鏡をだした夢の中●
告白。表舞台から姿を消して久しい細川ふみえ(71-0902/鉄寅)が、
処女小説
を出版した。
テレビで仕事をする主人公が、芸能界の大スターと不倫の恋に陥るという自伝的小説で、
「相手はたけし?」との報道陣の質問には、
「そういう読み方もあります」と否定をしなかった。
細川は、DNA「貫」主導で、状況環境により変化しつつも、本質は頑固。
「貫+鳳」は、時代の波に乗るのが下手。
「貫+禄」は、素直ではない。
月干支「陽申」VS日干支「鉄寅」の天剋地冲持ちで、
常に誰かの犠牲になったり、犠牲にする体質。
10年運「12歳山戌/22歳畑亥/32歳鉄子」は、
変剋律10年運(異常干支の3連続)で、
精神苦を受けることにより、才能に磨きがかかる時期。
その成果が今回の作品だと言われればそれまでだが、
条件なし天冲殺で過去のオトコ関係を吐露したところで、
たとえそれが小説という形をとったとはいえ、
人々に感動を与えるものでもないし、惨めな醜態をさらけだすだけ。
「鉄」としての価値もなし。
相手になった
北野武(47-0118/灯酉)が大スターというのも笑えるが、
当人にとっては94年(木戌)のラッキーカラー害年に、うかつなことをするから、
超ダメージ年で、こんな事をされるのだろう。
 
片岡鶴太郎が湘南の美術館を閉館する息切れ●
終了。00年(鉄辰)に開館した「湘南江の島片岡鶴太郎美術館」が、
05月07日(鉄辰)に閉館することが決まった。
美術館とは名ばかりで、書画に目覚めた
片岡鶴太郎(54-1221/宝亥)の作品を、
入場料(500円)をとったあげく、1万円ほどの複製画を売りさばくだけで、
文化の香りより商売たっぷりの場所。
初年度は年間6万人もの来場者があったようだが、
最近では1日100人を切る日もあったとか。
片岡は、DNA「鳳」主導で風流人。
決して才能がないわけではないし、冬生まれの「宝」にとって、
想像力(山/畑)はラッキーカラー的生き方になるので、
書画の世界で生きようとするのは誤りではないが、それを商売にしてしまえば、話は別。
片岡は、「15歳山寅/25歳畑卯」のラッキーカラー10年運天冲殺を利用して、
お笑い界で認知されたのだが、その後年干「木」の影響か、
どうしても財産をつくるほうに目が向きすぎた模様。
現在の10年運「45歳宝巳」は納音で、
気持ちとは別に現実世界が破綻する時期。
来年(04年/木申)の害年は悲惨だ。
 
■2003年05月02日(金)草亥
中森明菜が歌手は不幸なほうがいいと自虐発言●
勘違。05月14日(灯亥)にバラードアルバムI hope soを発売する、
バブリー夏生まれの
中森明菜(65-0713/山辰)が、
「歌手は不幸の方がいい」と自らを正当化する発言をしている。
中森と言えば不健全な生活がたたりロクに声もでないありさまで、
お情けでださせてもらっている音楽バラエティ番組では、
不自然に痩せた不健康そのもののギスギスした醜態をさらけだしているが、
何をか言わんやである。
平和な時代には、暗い歌や不幸な生いたちも売りにもなるだろう。
しかし、不況で暗い時代には、人々は明るいものを求めるのだ。
不幸もふりかかった因縁なら同情もできるが、
生き方が悪いだけで「不幸」とは、生月冲殺がずっと生家にいたり、
真っ当な宿命の人が、派遣に身をやつしているのと同じで、全く勘違いも甚だしい。
81年(宝酉)のDNA「調」年の「スター誕生」で優勝するも、
デビューは82年(海戌)の条件なし守護神天剋地冲天冲殺で、それだけの人。
醜態をこれ以上さらけだすべきではない。
 
ダンディ坂野がギャグCDリリースも売れっこない●
誘発。猫を指さして「ゲッツ!」という意味不明の決めゼリフを連発した
マツキヨのCMに出演した、ロクに芸もない
ダンディ坂野(67-0116/鉄辰)が、
綾小路きみまろ(50-1209/山寅)が売れるのだからと、
漫談CDならぬメロディー付きのギャグCD
OH! NICE GET'sを05月28日(宝丑)に発売予定だという。
公式ページでは、なぜか4歳もサバ読みの坂野は、
DNA「石」主導で、「石+玉」もあり、小賢しいだけ。
「石+調」は、プライドなし。
「石+車」は、計画倒れになりやすい。
「石+石」は、究極のズル。
「鉄+石+丑月」は、成長しない人。
この世界に入ったキッカケが、
田原俊彦(61-0228/海辰)のモノマネという情けない輩だが、
綾小路ほどのキャリアも引力本能もなし。
勝てるのは、オール自作というだけでは、寒い。
出すなら、それでも財力に縁のある天冲殺年の
来年(04年/木申)さ来年(05年/草酉)だが、
その前に立場に変化のある丑月生まれで超ダメージ年では、
足許から崩れてしまう可能性大。
 
根本はるみに美しさなしの毒の中●
不潔。売りは巨乳だけというグラビアタレントの根本はるみ(80-0728/海寅)は、
DNA「牽」主導で、プライド高い。
「牽+龍」は、庶民的。
「牽+鳳」は、お天気屋。
「牽+石」は、事なかれ主義で、権力にすり寄る。
「海+牽+未月」は、子供じみた人。
夏の「海」は、もともと薄汚れていて、美しさなし。
バブリー夏生まれだから、水着は得意だが、そこには何の志もなし。
実際、ラジオ局でゲスト(すれ違いの番組)にきていた姿をみたが、
若さがなくただのオバサン。
それもそのはずで、10年運「17歳宝巳」は、ラッキーカラー害の10年運天冲殺。
しかし、そんな人でも、「海寅」は自分が一番だと思っているから、始末が悪い(笑)。
 
■2003年05月03日(土)陽子
小室哲哉が東京ドームから逃げる●
中止。月干支「雨亥」VS日干支「山申」の干合支害持ち、
小室哲哉(58-1127/山申)が、07月9日(雨未)に開催予定だった、
東京ドームの公演予定を中止すると発表した。
理由について小室は
「新型肺炎(SARS)などの影響で、物理的に満足なライブ準備が難しくなった」
としているが、誰も信じまい。
客が集まらないからと正直に言えないところが、また害持ちらしい。
ダメージ年でこれ以上損失を抑えたいのだろうが、
奉仕の精神がないばかりか、
「山」なのに相変わらず「海外がどうだこうだ」と
ゴタクを並べている人に未来はないって(笑)
 
大島れいが結婚を焦る毒の中●
尚早。今年(03年/雨未)の02月09日(雨丑)のダメージカラー害日(DNA牽)に、
宝塚歌劇団を退団した、元花組娘役トップスターの
大鳥れい(73-1106/陽午)が、
大阪在住の広告代理店社員と3年間の交際を実らせて、
07月13日(灯亥)に挙式することがわかった。
大鳥は、DNA「鳳」主導で、バランス感覚の人。
エネルギー233点はまずまずだが、木性ゼロ(DNA龍/玉なし)は実態のない虚の火性。
さしずめ絵に描いた「夕日」か。
年支「丑」VS日支「午」は表裏あり。
今年は、この害が切れ、宝塚を退団したり結婚もするのだが、
月支「戌」と日支「午」の半会を考えれば、
害の影響を受けにくい「専業主婦」が正解。
「結婚後も女優活動を続ける」というのは、危険なのだ。
ところが、ここにとんでもない逆転現象が生じる。
それは、10年運「21歳草丑」が害の10年運ということだ。
これでは、この結婚が破綻するのは、間違いない。
まさか、それを予期して仕事を続けるのだろうか。
次旬の10年運「31歳陽寅」はすぐ。
これは、我をはる(DNA貫)という意味だし、
10年運天冲殺+三合会局にも入るので、今はじめる結婚が続くわけもない。
人にとって何が幸いか災いかはわからないが、これもまた人生だ。
 
■2003年05月04日(日)灯丑
浜口順子が消えるカウントダウン●
矛盾。一昨年(01年/宝巳)のホリプロタレントスカウトキャラバンのグランプリ出身で、
日曜19:58「大改造!!劇的ビフォーアフター」など、
バラエティ番組に露出する大阪府生まれの
浜口順子(85-0624/木午)。
浜口は、DNA「司」主導ばかりか、
「司」×3もあり、若いのにどこか地味な下町のおばちゃん風情。
「司+司」は、夢というものがあまりなく、心の奥底を他人に見せない。
「司+石」は、仲間をうまく利用するが、日常生活質素。
「司+龍」は、用心深い冒険者。
「木+司+午月」は、地道にやればやるほど、
情にほだされ、どこかで金銭物質を他力的なことで失う。
10年運初旬「4歳雨未」は、ラッキーカラー10年運だけで、大きく動く気配なし。
宿命の特長は、エネルギー215点。
「丑」年生まれ「木午」は、ひたすら甘えるだけ。
年支「丑」VS日支&月支「午」は、表裏人間で、信用ならない部分あり。
バブリー夏生まれらしく、売りはデビュー当時から披露しつづける
ナマ足とホットパンツ姿を健康的とも言うが、
しもぶくれの午顔はややクビ周りにたるみが目立ち興ざめ。
条件なし天冲殺に、この世にでても大成することなく、
いつかは消される運命だが、一応ラッキーカラー年で何とか生き延びているだけだ。
 
米倉涼子が避妊できないオトコとは付き合わない発言●
発言。関西朝日テレビの某番組で
「避妊できないようなオトコとは、つきあってられない」と発言したのが、
バブリー夏生まれの
米倉涼子(75-0801/畑卯)。
どんなオトコかはともかく(笑)、既成事実をつくらせて地に落とすのも一計かと考えるが、
金性ゼロ(DNA鳳/調なし)で、遊び方も知らず、子供にも縁がない人らしい。
「卯」年生まれ「畑卯」は、自己愛の象徴だから、やむをえないかも。
しらけて、視聴率の下げは止まらないらしい。
近況。先週気分転換をかねて、近所の公共施設で開催している、
スポーツ教室へ行ってきました。
平日の昼間なもんで、80歳をゆうにこえるような老人にまじり、浮きまくり。
簡単なストレッチとエアロバイクで汗をかき、
いくぶん引き締まったような感じになったのですが、
慣れないことをするものではなく、翌日は体が痛み、
不調のどん底で、まるで仕事が手つかず(嘆)。続けられるか不安です。
しかし、こんな辛いことにお金をはらってまで参加するほどヒマじゃないけど、
無料なんでまた行くかも(笑)。
 
■2003年05月05日(月)山寅
駒井千佳子中島亨兵があえなく離婚の自明の理●
結果。昨年(02年/海午)03月(節入り前の海寅)に結婚した、
日本テレビ系「ザ・ワイド」などで仕事をする
リポーターの
駒井千佳子(65-0907/木子)と、
テレビ朝日系「スーパーモーニング」の芸能デスクの
中島亨兵(65-0907/木子)が離婚したことがわかった。
駒井は「1日も休みが重ならず、忙しすぎた。
別れてからのほうが仲良くなりました」と語っているが、それはないだろう。
参考までに、昨年03月04日付のここで扱っているので再録する。
→「日本テレビ系『ザ・ワイド』の駒井千佳子レポーターと、
テレビ朝日系『スーパーモーニング』の中島亨兵レポーターが、
復活愛(4年前から交際、一昨年破局、昨年一年音信不通)を実らせ結婚するという。
プロポーズの言葉は「お前の人生、俺が面倒みるよ」だと。
この二人の生年月日は、なんと同一で、65年09月07日(木子)。
近しいものを感じるどころか、自分の鏡を見るようで、
一つ屋根の下にはとうてい暮らせるものではない。
女性が順回りの10年運で、初旬条件(草酉で年干支を大半会)ばかりか、
10年運天冲殺もあり、時代の要求する秋→冬回りの
ドライ→クールの後天運に比べ、男性は逆回りで、初旬は害(雨未)。
バブリー夏巡りの10年運ばかりか、何の稼働条件もなし。
面倒みてもらうのは、男である中島のほうだが、
駒井のほうが先に嫌気をだしてしまう予定。
互いの人生に責任を持ち合うのが結婚だが、
バランス悪いばかりか、同じ家に主人が二人の息苦しい状況は1年ももたず、
来年の害は修羅場だ!」と言うわけで、ダメージ害年で、あっけなく崩壊。
相手も時期も悪いだけ。忙しいからという理由で片づけてはいけない。
同じ生年月日では、密着せず反発するだけ。伸びる要素が全くないということだ。
 
真木蔵人が再婚に踏みきった毒がらみ●
再婚。88年01月(灯卯年の最後)にNHK大河ドラマ「武田信玄」で、
信玄の子供時代を演じてデビュー、
91年(宝未)「あの夏、いちばん静かな海。」に主演するも、
前妻と暴力事件を起こしたのでホサれ、
その後これといった記憶に残るような活動がない俳優の
真木蔵人(72-1003/灯卯)が、
20代女性と02月05日(畑酉)に入籍したことがわかった。
真木は、DNA「禄」主導で自己中心の人。生日冲殺でもある。
また、エネルギー110点と虚弱体質なのに、サーフィン好きとかで、
海のある千葉県内に新居を構えたというから、
(入籍後)子供が誕生したというのに、仕事に本腰をいれる気配なし。
そもそも戌亥天冲殺が、
親(父親は一発屋だし、母親は最近カツラのCMにでているが・・・)と
同じ芸能界で仕事をしようとするのも問題。
二人の出逢いは、00年(鉄辰)で真木の害年。
結婚の決意は、昨年の干合で夫人の妊娠を契機に役目意識を感じたからだろうが、
害スタートは暗い病的な家庭のスタート。今度はだいじょぶか?
 
■2003年05月07日(水)鉄辰
窪塚洋介がよせばいいのに出来ちゃった結婚●
結婚。今日24歳の誕生日を迎える窪塚洋介(79-0507/木戌)が、
著書
PIECES OF PEACEを発売するが、
そのなかで交際中の20歳の女性を紹介しており、結婚を発表する模様だ。
窪塚は、DNA「禄」主導で自己顕示欲だけの人。
バブリー夏生まれのうえ、エネルギー292点と、男子としては鈍重。
しかも水性ゼロ(DNA龍/玉なし)の野人で、乾ききっており成長せず。
10年運初旬「1歳山辰」は、初旬日干支天剋地冲のため成功運型も、
現在の10年運「21歳陽寅」は、DNA「鳳」のため、仕事熱心とはいかず。
昨年(02年/海午)訪れた10年に2年やってくる水性年で、
ようやく世間に認知され、CMにも起用されるまでになったが、
今年(03年/雨未)に入ってから過激な発言が目立ち、
鳴り物入りで公開された主演映画「魔界転生」も、
期待されたほどの興行成績を上げられていなかった。
本来、待望の水性年は、仕事を選ばず、
露出を極度に上げねばならないものだが、どこかおかしい。
そこへもってきて、交際している女性の妊娠が目撃されたり、
結婚発表では、日座冲殺(超さげ▼▼)としては失格である。
外国人女性と結婚するならともかく、
仕事をロクにせず、交際している相手とデレデレでは、興ざめ。
来年(04年/木申)の条件なし天冲殺、
そしてさ来年(05年/草酉)の条件なし天冲殺+害では、
おそらく悲惨な何かが待ち受けているだろう。
残念なことだが、ダメなオトコの典型としか言いようがない。
 
保田圭が卒業する夢の清算●
卒業。05日(山寅)に、さいたまスーパーアリーナで、
全国ツアー「2003春NON STOP!」のフィナーレを迎えたモー娘。(草亥)より、
予定通り
保田圭(80-1206/雨丑)が卒業した。
保田は、DNA「石」主導で、協調性和合性の人。
モー娘。参加が、ラッキーカラー10年運(10歳陽戌)の中とはいえ、
条件なし天冲殺+干合(98年山寅)のため、
いずれは去るものと思われていたが、
昨年(02年/海午)の妥協と害の年に決意し、
今年(03年/雨未)の納音年に卒業することになる。
今後は一応ハロプロの枠にとどまる模様だが、
来年(04年/木申)さ来年(05年/草酉)は、
妊娠出産の年でもあり、芸能界には未練をもたず、ひいていったほうが良いだろう。
卒業日はくしくも98年と同じ干支だった。
これで、2期3期メンバーは全員消え、
1期メンバーの
安倍なつみ(81-0810/鉄申)と
飯田圭織(81-0808/山午)にも衰えが目立ついま、
名実共に黄金の4期メンバーでもピカイチの
石川梨華(85-0119/山午)の天下が間近に見えてきたようだ。
 
坂上忍の離婚理由のすれ違いなんて嘘と夢の清算●
離婚。一昨年01月(00年鉄辰の最後)に、当時28歳の元客室乗務員と結婚した、
子役上がりの俳優の
坂上忍(67-0601/陽申)が、離婚したことがわかった。
坂上は、DNA「貫」冲殺主導で、マイペースを保てない人。
エネルギー287点という、今や時代遅れともいえる、バブリー夏生まれ。
当時は、「彼女に家事はさせない。僕がやりますから」とノロけていたが、
生月冲殺を信用してはならないという見本。
「スレ違いが原因」と語った坂上だが、元夫人は専業主婦なので、おかしな話。
生月冲殺が結婚するならば、相手に全てをゆだねばならないのだが、
逃げられたのかも知れぬ。
離婚発表は、05月06日(畑卯)放送の「踊る!さんま御殿!!」。
ダメージカラー害の
明石家さんま(55-0701/雨亥)と親しいということも、
相当ズレているが、離婚発表をエサに番組に出演させてもらった感もあり。
哀れなことだ。
 
■2003年05月08日(木)宝巳
寺島しのぶ市川染五郎への失恋を説明●
結婚。女優の寺島しのぶ(72-1228/雨巳)が、
発売中の婦人雑誌に「失恋告白」を掲載している。
「実はずっと、バンパイヤみたいに切っても切り離せない人がいて(笑)、
30歳になったらその人と結婚すると決めていました」と説明。
しかし、最近になって「その人が突然、結婚したんです。
別にしてもいいけど、私には違うことを言っていたから」と
恨みがましい心境を告白している。
寺島は、DNA「貫」主導で、辛抱強い人。
「貫+貫」は、利己主義で、通常は用心深い。
「貫+司」は、急がず焦らず強い意志もSPEED感なく、地味で堅実。
「貫+石」は、周囲に迎合せず。「雨+貫+子月」は、苦難の人生で説得力あり。
宿命の特長は、10年運にこれといった特長がなく、
エネルギーも172点と弱く、梨園で大切に育てられた感あり。
「子」年生まれ「雨巳」は、狭視で異性の気持ち理解不能。
これでは、男性もなかなか相手になるのが大変だ。
しかも、年干・月干が共に「海」で、日干が「雨」という、
およそ使いでの少ない宿命。
水性の天干一気なのに、木性ゼロ(DNA鳳/調なし)という、
汚れを流す術をもたない大変な人。
午未天冲殺なのに目上剋しで、むろん目下にも縁のない、ちょっと可哀想。
告白して話題を提供するのは、条件なし天冲殺とラッキーカラー月(灯巳)。
しかも、年干と月干が共に干合で、化木で表現力がでたという、
珍しい時期だからこそ実現したもの。
相手とされたのは、年初に婚約した
市川染五郎(73-0107/雨卯※)で、
97年(灯丑)にはロマンスが発覚した。
この時は、一年を通じてラッキーカラー年ばかりか、
宿命にない木性がでたもので、いくらかバランスがとれたのだろうが、
「雨」同士の交際も整合性なし。
染五郎とて、火性ゼロ(DNA鳳/調なし)の野人で、
けっして威張れたものではないが、
「これからいい相手にめぐりあって、新しい恋愛を育てていきたい」と
決別を明らかにした寺島は、なんだかわびしいかぎりで、ノロさだけが際だった印象。
 
反町隆史山内菜々にベタベタの夢の中●
熱血。木9「ホットマン」で、
守護神にあたる火性ゼロ(DNA龍/玉なし)の野人ばかりか、
条件なし天冲殺害の
反町隆史(73-1218/山子※)の
愛娘(七海役)を演じているのが、「北条時宗」「水曜日の情事」などのドラマや、
グリコ「クレアおばさんのカレー」や花王の「メリット」の
CMに出演経験のある
山内菜々(97-0909/木寅)。
山内は、DNA「牽」主導で、役割意識の強い人。
「牽+玉」は、用心深い冒険心。
「牽+禄」は、特別にしつけなくても折り目ただしい性癖。
「牽+調」は、内面気品も行動粗野。
「牽+司」は、感動希薄。
つまり感情の起伏があまりないので、子役としては使いやすい。
エネルギー191点の生年冲殺で、
年干が母親を意味する「灯」なので、
明らかに母親の意向によりやらされているという印象。
つまり、ありがた迷惑なのだ。
10年初旬は、「10歳鉄戌」で、これといった条件もなく、
30代40代が10年運天冲殺だが、これもダメージカラーで、期待薄。
宿命の特長も、「丑」年生まれ「木寅」は、もめごとには逃げ腰体質で、感心せず。
子丑天冲殺が幼い頃から、注目されることじたいおかしなものだが、
「木+牽+酉月」は、若年の活躍が長続きしない面あり。
そもそも子丑の子供が産まれることじたい、結婚に問題あり。
ところで、子供のいない反町はいたく気に入りようで、
撮影の合間にベタベタして、キスを強要するなど、
セクハラまがいではないかという現場ではもっぱらの噂。
こんな目に遭っても、文句のひとつも言えないのが生年冲殺だが、たいへんなことだ。
 
窪塚洋介恥かしいノロケは持続せず●
実践。昨年(02年/海午)の宿命にない水性年の1年目の10月(鉄戌)に、
映画「魔界転生」のロケ時に、大阪のクラブで知り合った
二歳下の女性と結婚予定の
窪塚洋介(79-0507/木戌)。
「アホだけどバカじゃない。やさしくてかわいいレゲエなダンサーと結婚します」だと。
BE的には、アホでもバカでもどうでもいいが、己を知らないのは窪塚自身。
これから身をもって、日座冲殺の過ちと不幸を実践しつつ、
反面教師になってくれるのだから、感謝せねばならない。
10月に生まれる予定の子供は、「愛流」とかいうそうで、
何やらあまり縁起のよくない名前。
また、今年(雨未)の10月は「海戌」月であり、
窪塚の宿命にまったく存在しない水性が大挙しておしかける時期で、
おそらくバランスをとんでもなく崩した日が、選ばれるに違いないだろう。
 
■2003年05月09日(金)海午
千乃裕子のパナウェーブに怖さなし●
漂流。給食のオジサン・オバサンにしか見えない、
SPEEDの時代に逆行する白衣のキャラバン隊「パナウェーブ」の
千乃裕子(34-0126/灯酉)代表は、京都生まれ。
DNA「鳳」主導で、のんびりした人。
「鳳+禄」は、説得上手で口がうまい。
「鳳+車」は、大衆的で人生の目的は財。つまり、金には目なし。
白い色も略奪を意味する「金」だ(笑)。
「鳳+龍」は、新しい世界を創るが、事故をおこしやすい。
「灯+鳳+丑月」は、執念深い。
宿命の特長は、エネルギー176点と弱く、アイドル並み。
「酉」年生まれ「灯酉」は孤立しやすく、
年支と日支の同一は、表裏なしといえば聞こえがいいが、
ようは公私混同しやすい。
弱すぎて、かえってヘンなものに取り憑かれることもあり。
10年運初旬「3歳陽寅」は、ズルさを付加されたものの条件なし。
「13歳灯卯」が、日干支納音。年干支の天剋地冲。
この破壊条件を経験し、「23歳山辰/33歳畑巳」が、10年運天冲殺で、
GLAとかいう宗教集団に入り、影響を受けた時期。
「43歳鉄午」に入ると同時の77年(灯巳)の条件なし天冲殺+大半会年に、
自ら「千乃正法」を設立。
この10年運はDNA「司」で、おそらく財力の形成に走ったと思われる。
現在の10年運は「63歳海申」のDNA「牽」で、名誉が損なわれるダメージカラー10年運。
今年(雨未)は、月支の対冲で立場の変更。
冬生まれの「灯」には、少々辛い時期。
高齢であることを考えれば、危機的状況であるのかも知れない。
先月から突如話題になったのは、天冲殺月のため。
05月15日(山子)に天変地異など起こるわけもないし、
「オウムの初期の頃に似ている」という観測も甚だ陳腐。
なぜならば、この集団は年老いており、
そんな大それたエネルギーは残されていないだろう。無視するに限る。
 
広末涼子の故郷高知案内のCMに違和感あり●
望郷。窪塚洋介(79-0507/木戌)が自室を案内することで話題になった、
「ライフカード」の最新版CMで、
広末涼子(80-0718/海辰)が、故郷高知を案内している。
広末は、DNA「調」冲殺主導で、妙な少女趣味の持ち主。
10年運「14歳宝巳」が、DNA「玉」なのと、
冲殺された月干支「雨未」の律音年のため、
「本当の意味で素顔に帰れる場所」ということで選んだとか。
しかし、この流れは納得がいかない。
質のいい生月冲殺は、故郷などに縁がないものだし、
生月冲殺に素顔などという枠を期待してはいけない。
条件あり天冲殺ならば、もっとメイチの露出が期待できるのに、
これではどこか普通人なみの、キーワード妥協(DNA石)ではないか(笑)。
このCMを撮っているのが、広末と共通干あり、納音ありの、
干合支害同士の
岩井俊二(63-0124/灯卯)。
本来ならば、こういう相手を引き寄せるのも、どうかと思う。
広末の父親は常々「自然体でな」が口癖だったそうな。
生月冲殺は自然体で仕事の流れに乗っていれば成功するのだが、
どうやらこの人には、自分の欲望という私生活でしか、
自然体ではないように思えてならない。
 
川崎麻世カイヤ自宅に空き巣が入る理由●
被害。カイヤ(63-0525/山辰)と川崎麻世(63-0301/雨卯)の
自宅に空き巣が入り、通帳、カード、現金などが盗まれたという。
住み込みのはずのお手伝いさんは外出中、
カイヤは夜遅くまで、13歳と6歳の子供を連れ回して仕事。
川崎は大阪で仕事という状況ではやむをえないか。
カイヤは、DNA「龍」主導で、疑り深い人。
年干支「雨卯」VS日干支「山辰」は干合支害持ちで、
究極の表裏人間で、満足な相手には恵まれず。
また、年干と日干が干合すれば、月干「灯」をいれ、
火性の天干一気で、動けば動くほど目立つ人。
今年(03年/雨未)は、日干「山」の干合で、
微妙に天干一気が崩れ、ゆらいでいる時期。
バブリー夏生まれで、派手なことが好きなのだが、
この干合支害持ちがヘタに仕事をすると、どんどん家の中がおかしいことになる。
結婚をしたならば、専業主婦が正解。
ちなみに川崎は、DNA「調」主導で、女々しい人。
金性ゼロ(DNA龍/玉なし)は、頭も悪く濁っている。
年干支も日干支も「雨卯」で、表裏なしだが、
干合天干一気ばかりか日干支同士が干合支害の相手と結婚してしまっては、
満足に家に落ち着いているわけもなし。
こんな夫婦は、夫婦とはいえないし、隙がありすぎるということで、身からでた錆。
 
■2003年05月10日(土)雨未
米倉涼子松岡昌宏と交際の一過性●
開始。視聴率急降下のNHK大河ドラマ「武蔵」の共演がきっかけで
交際していた
市川新之助(77-1206/灯酉)と
米倉涼子(75-0801/畑卯)が、すでに破局。
今度は小次郎役の
TOKIO松岡昌宏(77-0111/山辰)の
「男っぽさにひかれ」交際中だという。
米倉は、DNA「貫」主導で、環境や状況により変化する。
バブリー夏生まれがラッキーカラー年で勢いづいている証拠だが、
金性ゼロで遊びを知らない人ばかりか、
年支と日支(共に卯)が同一で表裏なしなので、すぐ周囲にバレる。
「畑」が金性ゼロ(DNA鳳/調なし)ということで子供縁薄いが、
かえって年下ばかりを好きになる(笑)。
松岡は、DNA「司」主導で、自己中心なうえに、二人の関係は害。
干合年の松岡の気の迷いで、
最初は不思議な感覚だけれども、長続きするわけもなし。
共通干もなく、生まれた季節も正反対で、相容れず。
 
堂本剛酒井若菜の交流に発展なしの夢の中●
検証。堂本剛(79-0410/灯未)と酒井若菜(80-0909/草酉)が、
番組共演を機に遊び回っているとの報道。
酒井が堂本に興味大ありだとか・・・。
酒井は、DNA「車」主導で、難しいことは興味なし。
火性ゼロ(DNA鳳/調なし)は、成長力に乏しく、
ビルの谷間に置き忘れられた盆栽の花の様相。
堂本は、「龍」主導で、疑り深い。
金性ゼロ(DNA禄/司なし)は、優しい気持ちなく、感動希薄。
真意はともかく、酒井の典型的な条件なし天冲殺の
浮ついた気持ちのなせるものだが、
火性なしの酒井には、天冲殺範囲を持った堂本(灯=火性)は、
コントロール不能で、それがまた魅力。
また、年干「鉄」に月干と日干(共に草)が干合されると、
金性の天干一気になる酒井は、堂本にとって物珍しい存在。
エネルギー302点の堂本の半分ほどのエネルギー(179点)しかもたない酒井も、
一点集中してのぞめば天干一気のパワーで、
堂本に傷くらいは負わせられるかも知れぬ。
共通干支もなく、近づいても発展することのない二人には、
未来は何もない刹那だけの時間がすぎる。
しかも酒井は条件なし天冲殺の夢の中で、お気の毒に。
 
窪塚洋介の配偶者はチャレンジャー●
失敗。住民票で婚姻届提出可能と信じているのもどうかと思うが、
二度も入籍を拒まれたら、
自然界に歓迎されていないと判断するのが、ごく普通の考えだ。
また、ツーショット写真を撮ろうとすると
「普通の人だから、いじめないで」だと。
日座冲殺さげ▼▼の
窪塚洋介(79-0507/木戌)の配偶者なら、普通の人ではない。
チャレンジャーだよ(笑)。
 
■2003年05月11日(日)木申
今井絵理子が業界人と交際で崩壊●
秒読。ラッキーカラー年で再結成をして、
一稼ぎを企てる元
SPEED(96-0805/木戌)の今井絵理子(83-0922/雨丑)が、
一時ほど仕事に身が入らず、交際中の音楽関係者と
何故か女子プロレスの試合観戦に通っている所を何度も目撃されているとか。
今井は、DNA「龍」主導で、素直じゃない人。
10年運にもこれといった特長がなく、
目立つのは、生日冲殺ばかりか、守護神火性ゼロ(DNA禄/司なし)の野人程度。
結婚向きともいえず、このまましばらくはこの世界に
ぶらさがっているのも得策と思えそうだが、
今年(03年/雨未)は納音で、明らかに仕事をやめたくなる時期。
心配なのは、昨年(02年/海午)の害がらみの(交際)スタートではないかということ。
本年度のラッキーカラー月(灯巳)は、あますところ1か月を切った。時間はない。
 
田原俊彦が大物でも(笑)はじけない理由●
大物。ジャニーズ事務所をクビになって、
なんと初めて女性誌のインタビューをうけた
田原俊彦(61-0228/海辰)。
DNA「鳳」主導の、サービス精神あふれる人らしく、
全盛期の威勢の良さこそないものの、相変わらず軽佻浮薄さをふりまいていた。
95年(草亥)の「オレはビッグ」発言でバッシングをうけ、
坂道を転げ落ちたように言われているが、
10年運は初旬条件こそないものの
「18歳山子/28歳灯亥/38歳陽戌」が変剋律10年運で、
精神苦を受ければ才能が伸びる人らしく、
相変わらず「ジャニーズの最高傑作は僕」などと堂々としたもの。
特に現在の10年運は、天剋地冲とはいえ、見事なラッキーカラー。
条件なしとはいえ、天冲殺年でもあり、本当はもっと露出がないとおかしな話。
これをとく鍵は、簡単にもただひとつ。
デビューの79年(畑未)が条件なし天冲殺ということ。
芸能界というよりは、仕事そのものが天冲殺現象。
こういう場合は、何があろうと、最初に所属した事務所に逆らってはいけないし、
絶対に移籍も独立もいけないということ。
本来は、一度リセットし、違う世界で生きたほうが、まだマシ。
 
■2003年05月12日(月)草酉
雛形あきこがTBSの札付き社員と不倫の夢の中●
不倫。20歳の時にCMディレクターと電撃結婚し1児をもうけた
雛形あきこ(78-0127/畑丑)が、1昨年に担当マネージャーと
「路上駐車車中不倫」を写真誌にすっぱ抜かれたのに続き、
TBSのドラマ担当の札付き「大手プロにすり寄り、何かと評判の悪い」
プロデューサーとのラブラブ(笑)のデート現場を、ゴシップ誌に写真を撮られた。
かつては巨乳グラビアアイドルだった雛形は、
DNA「貫」主導で、状況環境により、いかようにでも変化できる人。
宿命の特長は、エネルギー250点。
木性ゼロ(DNA車/牽なし)は、配偶者成分皆無で、プライドなし。
つまり、結婚をしていようと抑えが利かず、その場の雰囲気に流される人。
冬の「畑」はぬかるんでおり、つかみどころがないのだから、やむをえず。
仕事を続ければ、まず結婚生活がおろそかになる生日冲殺でもある。
今年(03年/雨未)は、条件なし天冲殺なので、何をしても目立ってしまう時期。
月干支「雨丑」は納音で、立場も何もないし、
日干支「畑丑」は天剋地冲で、これまでの人生全てが完全に破壊される時期。
天冲殺に問題が起きるということは、夫婦の相性が芳しくないということ。
もはや「主婦アイドル」の看板をおろす日も近いようだ。
 
福山雅治白石美帆と交際も実らぬ理由●
交際。前期のドラマ「美女か野獣か」で、
お気に入りの
白石美帆(78-0808/海寅)の出演をごり押しした
福山雅治(69年02月05日/海子)だが、
生月冲殺が我を通しては、まずいだろう(笑)。
福山は、DNA「車」冲殺主導で、常にいさかいの最中に身を置く。
白石は、DNA「車」主導で単純ながら、
10年運「21歳灯巳」の干合支害10年運天冲殺で、
明らかにバックに大物がいるという宿命。
福山は、みかけ以上に薄幸だ。
 
安住紳一郎の特技はコーラの早飲み●
売子。「ジャスト」「金スマ」「ぴったんこカン・カン」など
多数のレギュラー番組をこなし、ドラマ「GOOD LICK!!」にまで登場した、
TBS安住紳一郎(73-0803/宝未)アナ。
バブリー夏生まれらしく、去年(02年/海午)と今年(03年/雨未)は、とんでもなく忙しい。
DNA「龍」主導は、本質が環境により変化。
「龍+龍」は、やりはじめると止まらない、ブレーキの壊れたような人。
スポーツ紙のインタビューによると、特技は、コーラや牛乳の早飲みとか。
水分はラッキーカラーだから、これはいいだろう。
やってみたいことは、「美容整形に性格改造」だとか。
やめとけ、宝だし。
 
■2003年05月13日(火)陽戌
千秋遠藤章造に第一子女児誕生と恐怖の未来●
過酷。年支「亥」VS日支「申」の害持ち
表裏ありの
千秋(71-1026/木申)が、条件なし天冲殺中にもかかわらず、
05月08日(宝巳)の害切れ日に、女児(仮名・苺)を出産した。
夫で干合支害関係にある
ココリコ遠藤章造(71-0713/畑亥)も立ち会ったという。
「新しい命バンザイ!!」と公式HPではしゃぐ千秋だが、
条件なしの申酉天冲殺でもあり、一見何も問題がなさそうに見えるが、とんでもない。
DNA「玉」主導は、母親の天冲殺年に生まれているのに、母親離れ出来ず。
「玉+車」の右端車は、そこそこ美形で、親は楽しめそうだが、
何とエネルギーは321点の重量級。
ただでさえバブリー夏生まれなのに、湯水のように金を注がねば、
どこかおかしくなるような「宝巳」。
さらに、この日干支「宝巳」は、母親と父親の年干支「宝亥」を納音して、
仕事に大ブレーキをかけるし、彼女の月干支「灯巳」は、同様に天剋地冲する。
つまり、この子供の存在が、二人の仕事に大きなブレーキをかけるのだ。
来年(04年/木申)は、遠藤の干合支害に、千秋の天冲殺明けと律音。
今度は、子供の天冲殺。
何らかの事情で、二人はとんでもないことに巻きこまれる可能性大だ。
 
笛木優子が窃盗容疑で告訴されたありえない水の中●
騒動。韓国にわたりユミンと名乗り大ブレイクし、
現在はNHK教育テレビ「ハングル講座」やCMでも活躍する
笛木優子(79-0621/畑未)が、
一時(韓国で)所属した事務所に窃盗容疑で告訴され波紋を広げている。
その事務所の代表はトラブルメーカーで、
常に数十件の告訴を抱えているようだが、
笛木側によれば「CM出演料が支払われないため、契約解除した」というが、
前事務所は「笛木に支給した事務機器やパソコン、
ベッド、家具など200万円相当を持ち出した」と主張している。
笛木は、DNA「貫」主導で、状況環境により変化するが、
「貫」×4もあり、自分を曲げない頑固者。
「貫+貫」は、利己主義。
「貫+調」は、恩知らず。
317点というバケモノ並みのエネルギーを所有し、
水性ゼロ(DNA禄/司なし)で、人の物は自分の物体質。
ひからびた「畑」に水をいくら注いでも、追いつかないほど金銭物質に縁なし。
「畑未」は、そもそも略奪者のたとえだが、
年干支も日干支も同一ということは、表も裏もない人で、公私混同体質。
真意は別にして、疑われる素地充分。
水性ゼロが水の年にとんでもない騒ぎに巻きこまれた格好だが、
そろそろ「日本に帰ってこい」という、お知らせ現象かも。
 
村上春樹がサリンジャーをぶち壊した毒の中●
商売。かつて「サリンジャーはつまんない」と発言していた、
村上春樹(49-0112/宝丑※)が、なんと約40年前に翻訳された
『ライ麦畑でつかまえて』(サリンジャー/1919-0101/雨丑)の
新訳に挑戦した(04月10日/雨丑)が、
オリジナルにあった誇張表現や繰りかえしを、
SPEEDの時代らしくそぎ落としてしまい、物議をかもしている。
サリンジャーは、年干支「山午」VS日干支「雨丑」の
干合支害持ちで、究極の表裏人間。
それが、16歳の少年にユーモアとして、
あえて不正確な英語を使わせたりした理由だが、
納音年の今年(03年/雨未)、
村上によってぐちゃぐちゃにされてしまったのだから、穏やかではないだろう。
村上は、DNA「鳳」主導なので、今年(03年/雨未)は主導DNA対冲年。
火性ゼロ(DNA車/牽なし)は、冷徹だから、やりたい放題のぶち壊し。
「48歳鉄午」は、DNA「石」の害。
他人の領域に踏みこめば、ろくなことはなし。
売れるからということだけで、出したのが真相のようだが、
(この人は)本当は、コーヒー屋のオヤジが似合っていたのかも知れない。
 
■2003年05月14日(水)灯亥
高橋由伸小野寺麻衣と交際で大ブレーキ●
真剣。いまひとつ波に乗りきれない今季の読売ジャイアンツの
高橋由伸(75-0403/畑卯)外野手と、
日本テレビの
小野寺麻衣(75-1109/畑未)アナが、
共に慶大出身という気安さから、合コンで意気投合して、
真剣交際に発展していると女性誌に報じられている。
腰痛でリタイアした高橋を、小野寺が献身的にサポートしているというから、本物か。
小野寺は、東京都出身。イリノイ州Deerfield高校をへて、
慶應義塾大学文学部を卒業し、00年(鉄辰)入社。
担当番組は、「汐留スタイル」(火/15:50〜)、「今日の出来事INDEX」(火/23:20〜)、
「TVおじゃマンボウ」(土/17:00〜)、「Nスポット天気(火/20:54〜)」、
「NNN24スーパースポーツ24(火/22:30〜)、「NNN24スポ天ワイド」(土/22:30〜)などで、
まだまだ一般にはなじみなし。
DNA「牽」主導は、形だけはそれなりも、プライドがハナにつく。
「牽+車」は、忍耐力ありもデリカシーに欠ける。
「牽+龍」は、小細工あり。
宿命の特長は、エネルギー170点とアイドル並みの軽さ。
金性ゼロ(DNA鳳/調なし)は、遊びを知らず、交際=結婚の図式。
「卯」年生まれ「畑未」は、闘争本能あり。
10年運初旬「10歳山子」は、初旬害で結婚運に弊害あり。
「畑+牽+亥月」は、ひとつのことが長続きしない。
プロの通訳なみの英語力と、どこでも寝られるのが得意だそうだ。
一方の高橋は、DNA「車」主導の単純なスポーツ選手によくあるタイプ。
「車」×4でもあり、仕事も頑張るが、異性にも目なし。
「車+車」は、計算だかい。
「車+貫」は、一本気。
10年運初旬で動きなくも、「19歳灯丑」は、ラッキーカラー10年運。
宿命の特長は、エネルギー156点と、軽くてノリ良し。
火性ゼロ(DNA龍/玉なし)は、頭はカラッポで、野人。
金性ゼロ(DNA鳳/調なし)は、口べた。
水性ゼロ(DNA禄/司なし)は、優しさの欠片なし。
「卯」年生まれ「畑卯」は、自己愛。
二人の関係は、共通干支あり、大半会ありの仲間同士。
「畑」同士交際したところで、何の感動も得られず、
ただ近くにいた人と情だけで結ばれた様相。
高橋も、年下の子丑なんかといちゃついてるから、
満足な働きができないだがな(苦笑)。
選手会長としての自覚なんて、ないのだろう。
しかし、もっともアホなのは、日テレ社長の「快挙だ」という喜びよう。
 
眞鍋かをりに遠恋の相手が浮上する大事件●
遠恋。00年(鉄辰)の条件なし天冲殺+害年に、
東洋紡キャンペーンガールや日テレフォトジェニックに選出され、
横浜国大生という毛並みの良さから、
一躍人気を博したものの、最近は(大学も卒業したというのに)
コレといった仕事がない
眞鍋かをり(80-0331/雨卯*)に、
5年越しの遠距離恋愛の恋人の存在(高校時代の同級生)を写真誌が報じている。
眞鍋は、DNA「鳳」主導で、のんびりした人。
「鳳+玉」は、自分のことを突っ込まれると貝になる。
「鳳+鳳」は、きさく。
「鳳+車」は、目先の金。
宿命の特長は、エネルギー150点とアイドル並み。
火性ゼロ(DNA禄/司なし)の野人は、優しさなし。
現在の10年運「19歳灯丑」で、存在しない火性が補われて着目されているものの、
条件なし天冲殺にかかわった芸能界には、そうそう縁なし。
ところで、公開されているツーショットは、
眞鍋が出所でないとすれば、相手の男性からでたものだろう。
にもかかわらず「帰ってくれ」の一点張りの、
ロンブー田村淳(木戌)にどことなく似たオトコの対応は素っ気ない。
何かしらのトラブルがにおうが、
それとも眞鍋本人が芸能界に嫌気がさして、だしたのか。
いずれにしろ、(エネルギー点数の)弱い女性に遠恋は似合わない。
芸能界にも縁がないならば、どこかに就職してしまうのが、良かったのだろうが、
それも出来ずに結婚に逃げたい、眞鍋の気持ちは複雑だ。
今年(03年/雨未)は、大半会年。
ラッキーカラー天冲殺月に、広まったこの話。これで終わりのわけはなし。
 
エルビス・コステロが毒がらみで再婚する●
再婚。07月25日〜27日に開催される「フジ・ロック・フェスティバル」に
来日予定の英国の歌手、
エルビス・コステロ(54-0825/雨丑)が、
08月23日〜24日の「東京ジャズ2003」に出演する
カナダの世界的ジャズ歌手の
ダイアナ・クラール(64-1116/畑巳)と再婚するそうだ。
コステロは、DNA「玉」主導で、生き方をなかなか変えられない人。
「玉+車」は、理性と行動の一体化。いいオトコの条件も兼ね備えている。
「玉+調」は、世間知らず。歌う以外は、いまひとつ。
「車+石」は、個人感情無視で自分勝手。
「雨+玉+申月」は、技術力確かなプロ根性あり。
10年運「5歳雨酉」は、日干支を大半会するので、成功運型。
その後「15歳木戌/25歳草亥」が、特別条件付10年運天冲殺。
「35歳陽子/45歳灯丑」が、ラッキーカラー10年運と、なかなかのものだ。
宿命の特長は、エネルギー215点。
年支「午」VS日支「丑」は表裏ありで、やり直しはお手の物。
「午」年生まれ「雨丑」は働き者だが、
自己都合で離婚をするようでは、働かねばならないか(笑)。
共にグラミー賞歌手の二人が知り合ったのは、
昨年(02年/海午)の授賞式(2月=海寅の天冲殺月で、月干支の納音)。
音楽の話で意気投合し、その後英国とカナダで遠距離恋愛を発展させ、
コステロは昨年(02年/海午)11月に16年連れそったミュージシャンの妻と離婚し、
今回の再婚が決定したもの。
前回の結婚がラッキーカラーとはいえ条件なし天冲殺の86年(陽寅)だから、
離婚はやむをえないとして、害年に交際開始し、
納音(03年/雨未)年の今年に再婚では、よけいな因縁を、またこさえたことになる。
相性は共通干あっても、とりたててどうこういうもんじゃない。どうでもいいけど。
 
■2003年05月15日(木)山子
三谷幸喜の新撰組の香取慎吾の夢の中●
大河。バブリー夏生まれの三谷幸喜(61-0708/海寅)が
手がける来年の大河ドラマ「新撰組!」。
ダメージカラー干合天冲殺月(灯巳)でもあり、各方面から叩かれている。
やれ近藤勇は、寡黙だの厳格だのという類だが、
それに対して三谷は、幼い頃義母のイジメに苦しんだからナイーブだの、
にぎり拳がはいるほど口がデカいだのと、
精一杯に
香取慎吾(77-0131/山子)が演じる理由をならべている。
三谷は、DNA「司」主導で、心配性。
言い訳も必要だし、味方がないと生きていけない人。
「司+石」は、仲間大切。
「司+車」は、猪突猛進。
「司+玉」は、生きるために智恵をしぼる。
「司+調」は、負けたくない気持ちが強い。
「海+司+未月」は、子供の描く理想の家庭の追求で、現実味なし。
もともと、夏の「海」だけあって、嫌われることは少ないが、
今年(03年/雨未)は政治力と狡猾さ。
念願の大河を任されたのはいいが、あれもこれも詰めこみすぎて、疲労感が漂う。
肝心の来年(04年/木申)は、壊れてダウンしそうな気配。
ところで、もっと深刻なのは、重荷に潰されそうな香取。
こちらはDNA「石」主導で、ズルさにかけては天下一品も、
条件なし天冲殺の影響で、慌てふためくことも多々あり。
「石+貫」は、独善的。
「石+司」は、精神的に質素で武士の魂を演じるには薄い。
「石+龍」は、小手先の技術。
「石+調」は、自尊心強くもプライドなし。
つまり、大役を仰せつかっても、オーラはでない。
似ているのは、せいぜい「辰」年生まれ「山子」が、
異性の気持ち理解不能という程度。
「山+石+丑月」は、単なる人まね。
今年(03年/雨未)の香取は、干合により日干「山」が「陽」に変化すれば、
年干「陽」と共に月干「宝」を二次干合し、
年干と日干が「海」、月干が「雨」の水性の天干一気を完成させ、
いくぶん理知的に見える(地支は辰・丑・子のならびで、
地支水性一気的なため、水性一気格の完成)のだが、
この過程には一人の異性を奪い合う、
あるいはひとつの財を奪い合うということがあり、
その結果自爆する(支害)という恐れあり。
つまり、今年の新之助(灯酉)レベルではすまないような事件に巻きこまれる恐れあり。
もとより天冲殺明けの気の抜けたような年に、
大河の主役が務まるわけもないが、
ひょっとすると収録前のスキャンダルで降板にだって、なりかねない。
そうなったら、三谷の責任は大。
その時は、ヒロイン役の
優香(80-0626/鉄午※)にでも、
代役を頼んだらいいかも知れない(笑)。
 
田村亮の和食店オープンは毒の中●
転向。ロンドンブーツ1号2号の田村亮(72-0108/山戌)が、
店長を務める和食店「菜乃家 わいんち。」のオープニングセレモニーが、
05月13日(陽戌)、赤坂にある同店で行われた。
番組の企画でオープンしたこの店は、亮が野菜を中心にしたメニューに懲り、
衣装・食器・店内デザインまで手がけた代物で、
軌道にのれば芸能界を引退して、専念するという選択肢もあるとか。
亮は、DNA「司」主導で、けっこう地味。
「司+車」は、意気に感じれば何でもやり、利用されやすい面あり。
「司+調」は、競争意識旺盛で、商店主といった風情。
10年運「1歳鉄子/11歳畑亥/21歳山戌」は、
変剋律10年運(異常干支の3連続)で精神苦を受けることで、才能が磨かれる時期。
ところが、今年(03年/雨未)はいよいよこれも明け、
「31歳灯酉」は、ラッキーカラーにして害。
ありがたいが、迷惑も同時に訪れる時期。
そればかりか、今年(雨未)は日干干合で「山」が「陽」になれば、
年干と月干(共に宝)と二次干合し、
年干と月干は「雨」、日干は「海」の天干一気になるのだから、
相方の
田村淳(73-1204/木戌)には、もろダメージカラーに見えてしまう。
もとより共通干のない二人だが、
淳は昨年(02年/海午)より、「19歳宝酉」の10年運天冲殺+害を抜けており、
「解散も頭にいれる」という発言は、あながち口からでまかせではないかも知れない。
 
■2003年05月16日(金)畑丑
出川哲朗が白昼からポルシェと若き美女の夢の中●
微妙。「抱かれたくない男No1」の出川哲朗(64-0213/海辰)が、
シルバーのポルシェの助手席にモデル風美女を乗せ帰宅したところを
発売中の週刊誌にキャッチされた。
それも深夜ではなく、夕刻というから驚きだ。
出川は、DNA「禄」主導で、自己顕示欲の強い人。
「禄+調」は、気づかいあり、ユニークな発想が特長。
「禄+鳳」は、お人好しで口がうまい。
「禄+禄」は、不器用。
「海+禄+寅月」は、気分屋。
宿命の特長は、エネルギー315点と、パワーだけはあって、持て余し気味。
「辰」年「辰」日生まれは、表裏なしだが、
金性ゼロ(DNA龍/玉なし)は、浄化されない汚い「海」で、頭も悪い。
10年運初旬「7歳灯卯」は、干合支害で、異性にダマされやすく、結婚運なし。
ロクでもない人だが、10年運「37歳鉄午」は、
準ラッキーカラー10年運天冲殺で、
ようやく(生活の)次元が上がってきたところに、
条件なし天冲殺でもあり、何やら人をひきつけるオーラが、ほとばしってきた模様。
午未天冲殺が、明らかに年下の女性と交際しても実りはないが、
本人には今だけの一過性とわかっているのだろうか。
苦労をしながら金銭物質を稼ぎだしてきたのだろうが、
ポルシェはいかにも不似合い。
女性好きなのは、仕方がないかも知れないが、
何か社会的に認められる奉仕に、お金を使ってもバチあたらないと思うけど。
「辰」年生まれ「海辰」は、自己愛だから、仕方ないか。
 
原口あきまさが元モデルと同棲中を告白●
同棲。本家本元のさんまには格段に落ち、
どこが面白いのかサッパリわからない、
一応モノマネ芸人の
原口あきまさ(75-1103/雨丑)に、
結婚を前提に真剣同棲している、元モデルの恋人がいることがわかった。
05月13日(陽戌)の深夜に放送され「夜のワイド魂」で、
本人が芸能リポーターの質問に答える形で告白したもの。
原口は、DNA「牽」主導で、格好だけ。
「牽+鳳」は、お天気屋。
「牽+車」は、デリカシーに欠ける。
「牽+司」は、保身術優秀。
「雨+牽+戌月」は、工夫なし。
10年運初旬「8歳草酉」は、年干支「草卯」を納音するので、
生年冲殺でもあり、一応成功運型。
宿命の特長は、エネルギー202点。
「卯」年生まれ「雨丑」は、相場師的要素。
月干「陽」が、ラッキーカラーになっているため、
流れに乗ればそうそう困らないが、あまり興味のもてない宿命。
生日冲殺でもある原口だが、今年(03年/雨未)が納音であるため、
私生活を吐露したのかも知れないが、
昨年(02年/海午)のスタートであろうと、
今年のスタートだろうと、そうそうこの手の話に適しているとは思えない。
心許ない芸も、成長は見込めない。それ以上でも、以下でもない。
 
松野行秀が肝臓疾患と胃潰瘍で故郷福島で療養中●
重病。沢田亜矢子(49-0101/宝卯)の元夫にして、
元マネージャーとして泥沼の離婚闘争を展開して名前を売り、
その後は路上人生相談、歌手、ホスト、AV男優、司法試験、
美容整形、プロレスデビューと、さまざまな職などにチャレンジした、
松野行秀(61-0418/宝巳)が、自律神経失調症による安定剤多用から、
肝臓疾患や胃潰瘍を併発する重病で、故郷の福島市の病院に極秘入院中だという。
松野は、DNA「玉」主導で、生き方を変えられず。
「玉+龍」は、本音を言えず。
「玉+石」は、理屈っぽい。
「玉+貫」は、その場限りの人。
「玉+調」は、世間知らずで現実生活不適合。
「宝+玉+辰月」は、確証がないと安心できない。
宿命の特長は、エネルギー242点。
「丑」年生まれ「宝巳」は、矛盾がいっぱい。
年干と日干の「宝」は、いろいろ両天秤にかける性癖。生日冲殺でもある。
10年運初旬はこれといった条件なく、
「34歳山子/44歳灯亥/54歳陽戌」が、
変剋律10年運で精神苦をうけると才能が磨かれる時期だが、
存在そのものが異常性を帯びている「宝巳」が、
あまりにも宿命以上に話題になってしまったので、
一昨年の律音を境に、おちてしまったようだ。
ある意味マスコミにもてあそばれた松野だが、やりすぎは良くなかったのかも。
 
■2003年05月17日(土)鉄寅
中居正広に甲斐甲斐しく尽くすチビ嫁の存在●
同棲。これまで高校の同級生にはじまり、
ノーパンしゃぶしゃぶ嬢との交際や、限りなくクロに近い妊娠中絶強要疑惑、
テレ朝の
下平さやか(73-0212/畑卯)アナとの関係など、
何度も写真誌やゴシップ誌をにぎわした
中居正広(72-0818/宝巳)が、
青森県出身の24歳の女性と同棲していることが写真誌の取材でわかった。
中居は、「調」冲殺主導で、極度にデリケート。
「調冲+調」は、常識は通用せず。
「調冲+鳳」は、白黒つけられない。
「調冲+龍」は、不満がたまりやすい。
10年運初旬「7歳畑酉」は、初旬10年運天冲殺で、生月冲殺でもあり、成功運型。
宿命の特長は、火性ゼロ(DNA車/牽なし)で、さめた野人。
今年(03年/雨未)が月干「山」の干合で、「陽」が生まれるため、
近い所に干合相手が出現したばかりか、月干は「海」日干は「雨」となり、
年干「海」をいれて、水性の天干一気になったため、目立ったもの。
ファンの間では「チビ嫁」と呼ばれるこの女性は、
勤務していたファッション関係の仕事を辞め、
連日甲斐甲斐しく中居のために、
スーパーやコンビニに買い出しに走る毎日だという。
しかも、二人で外出する時は、後部座席に丸まっているというから、
まるで「日陰の身」のようではないか。
二人の出会いは木8「うたばん」のディレクターがセッティングした合コンと言われ、
いわばTV局が中居を囲い込むために用意された女性。
生月冲殺としては、大変立派なことではないか(笑)。
「別にやましいことしてないし」という中居。じゃあ、何なんだい。
 
櫻井淳子の入籍は毒始まり●
結婚。女優の櫻井淳子(73-0105/宝丑)が、
放送中の木8「おみやさん」を通して知り合った、
テレビ朝日の1歳上のアシスタント・プロデューサーと
約1年の交際を実らせて入籍したことがわかった。
91年(宝未)デビューの櫻井は、DNA「鳳」主導で、のんびりとした人。
「鳳+鳳」は、柔らかいムードいっぱい。
「鳳」×4もあり、無欲の典型。
「鳳+調」は、おおらか。
10年運初旬「1歳海子」は、年干支「海子」と律音のため、成功運型。
現在の10年運は「21歳鉄戌」で、妥協。
来年(04年/木申)より「31歳畑酉」のラッキーカラー10年運に入る。
宿命の特長は、エネルギー237点。
木性ゼロ(DNA禄/司なし)は、家庭的な味なし。
火性ゼロ(DNA車/牽なし)は、仕事に欲なく、配偶者運も皆無。
昨年(02年/海午)は、月支も日支も害で、非常に不安定な時期。
ラッキーカラー年も天冲殺年も終わり、
女優としては抜け殻状態の櫻井が、京都で数ヶ月も隔離されていれば、
つい身近な人間と仲良くなっても不思議ではない。
ただし、それは去年一年に限定されたものなら許され、
本来今年(03年/雨未)の月干支「雨丑」の納音と、
日支の対冲で壊されるべきこと。
それが出来ないのが、結婚運のない人の焦り。
こういう人にこそ「結婚できない理由」を本当は読んでもらいたいものだ。
 
鈴木えみMusical Academy 町田慎吾と交際の大間違い●
発覚。ジャニーズJr.のふきだまりとも、
なれの果てとも言われる4人組「Musical Academy」の
リーダーの
町田慎吾(81-0325/海寅)が、
中高生のファッションリーダーで、合コン女王の異名をとる
鈴木えみ(85-0913/草卯)と、
深夜一時すぎに渋谷でデート中のところを写真誌に撮られた。
町田は、DNA「調」主導で、王道をいけない人。
「調+玉」は、世間知らず。
「玉」3もあり、真っ当な生活は難しい。
「調+鳳」は、なあなあ。
10年運にも運型にも特筆することはないが、
自分をモテると勘違いしているフシあり。
鈴木は、DNA「車」主導で、単純。
「車+龍」は、ひらめきだけ。
「車+貫」は、一本気。
「貫」×3もあり、頑固で一切の融通きかず。
宿命の特長は、エネルギー157点。
火性ゼロ(DNA鳳/調なし)で、暖かみなく口べた。
むろんラッキーカラーなしの野人だ。
年干・月干・日干はオール「草」の純正天干一気。
子丑天冲殺の天干一気とくれば、泣く子も黙る迫力の持ち主だが、
「丑」年生まれ「草卯」は、問題が起きれば逃げ腰で、
気だけは強くても、使い物にならずといったところ。
ただし、10年運は立派で、初旬「8歳陽戌」は、ラッキーカラー10年運。
2旬「18歳灯亥」もラッキーカラー。
「28歳山子/38歳畑丑」は、10年運天冲殺だ。
二人には、一切共通干がないばかりか、
鈴木にとって町田は、塩水でダメージカラー。
また、子丑で天干一気が年上と交際するほどバカげたこともない。
まして、鈴木の日干支「草卯」は、
町田の年干支「宝酉」を天剋地冲するのだから、
ただでさえ売りのない人が、完全に勢いを止められた格好。
事務所にはいい顔をされないだろう。
鈴木は、当欄でも何回か取りあげており、
「20歳で結婚して引退」を公言していたことについて、
さ来年(05年/草酉)は納音だから、ありえない話ではないとしながらも、
当人には直接(3月に)「年上を不幸にする宿命」でもあるし、
町田との相性についても、正直に「何の実り」もないことは、通告済み。
ところで、写真に撮られるにしろ、
未成年が深夜の飲食店デートは、いかにもバツが悪い。
事務所が、情けないだけだ。
鈴木は、もっとマシな相手を選ばねば、この先の成長も発展もなし。
 
■2003年05月18日(日)宝卯
上戸彩の映画あずみが閑古鳥の雨の中●
重荷。ここ2週間ほど、大宣伝が展開されている映画「あずみ」。
土日はともかく平日は閑古鳥が鳴くようで、
「大ヒット上映中」とは、笑ってしまうほどの不入りだという。
三人も斬ればボロボロになるはずの日本刀で、二百人斬りというのも荒唐無稽だし、
リアリティのなさは、漫画原作の薄っぺらさをモロだしだ。
人間が描ききれてなければ、顧客も広がる訳はないし、
言うにことかいて、主演の
上戸彩(85-0914/陽辰)を、
「山口百恵(畑亥)の再来」などと持ち上げるのは、
無礼千万以外のなにものでもなし。
なにしろ、歌は稚拙だし、本当に売りたい気持ちがあるのならば、
Mステで写真誌に撮られた
森田剛(79-0220/山午)と共演させるのもヘンな話だ。
上戸は、DNA「司」主導で、思いっきり地味で、スター性なし。
「司+牽」は、感動希薄。
子丑を若い時から、ちやほやしても、ロクなものではない。
ただでさえ、薄汚れているのに、今年(03年/雨未)は「陽」のダメージカラー年。
年支「丑」と月支「酉」があるので、05月(巳月)に公開されたのだろうが、
「灯巳」月のキーワードは妥協。
昨年、森田とのただれた交際発覚した時点で、見限るべきだったのだ。
 
長嶋一茂が無断で写真を広告使用される夢の中●
無断。長嶋一茂(66-0125/木申)が、
バイオイオンブレスレットなどの広告に無断で写真などを掲載されたとして、
相手方を告訴したことがわかった。
長嶋は、DNA「司」主導で、マジメに見える。
「司+鳳」は、忍耐力あり。
「司+車」は、利用されやすい。
「司+石」は、質素。
「司+司」は、現実的過ぎて夢なし。
長嶋茂雄(36-0220/海申)元巨人軍監督の息子として、
実績が伴わなくても、それなりに大切にされてきたが、
昨年(02年/海午)からは、それまでのラッキーカラー10年運「26歳陽戌」を抜け、
「36歳草酉」となり、DNA「石」の妥協がテーマ。
年支「巳」月支「丑」に加え三合会局が成立するので、騒がれるわりには成果なし。
これに、条件なし天冲殺と月干支「畑丑」の天剋地冲を加味すれば、
そろそろ終わりという宣告をつきつけられたようなもの。
実質的な退却は、おそらく来年(04年/木申)の律音なのだが、
今回の事件は、そろそろ仕事も薄くなってきたので、
シルクの下着の広告塔を務める
松方弘樹(42-0723/灯丑)ばりの、
生き方も必要という、お知らせ現象かも知れぬ(笑)。
 
キングコング 梶原雄介が療養中に入籍の毒●
結婚。神経性胃炎などで療養していた、
吉本興業の
キングコング梶原雄介(80-0806/宝亥※)が、
04月29日(海申)のラッキーカラー害日に、
結婚式(入籍は3/14の陽戌・干合日)をあげていたことがわかった。
梶原は、年支「申」VS日支「亥」の害持ちで、表裏あり。
「鉄」と「宝」が根っこの害だから、
陰の干「宝」が日干である梶原は終始(仕事が)劣勢。
また、「申」年生まれ「宝亥」は、正直。
原因は、10年運「21歳陽戌」の干合のブレ。
初旬で受けた害(1歳木申)もあり、そうそう未来は期待できないが、
変剋律10年運(21歳陽戌/31歳灯亥/41歳山子)は、
精神苦なくして才能は磨かれず。
表裏人間は、二面性ある人生が求められるが、
「宝+龍+未月」は、さして明るいほうではない。
そもそも、療養中に結婚するというのも怠けた話だが、
女性と交際していて体調を崩すなんて、
これほどわかりやすい警告(お知らせ現象)はなし。
「病気になった時に、近くにいてくれたのが大きかった」って、
おいおい原因はソイツだってば(嘆)。
「式の3日後に『離婚して』って言われて、号泣したね」って、
草亥かなんかじゃないのか? もう終わりだから、消えていくだけか。
いまさら、『結婚できない理由』を読んでも遅いかも?
相方の
西野亮廣(80-0703/灯丑)は、
月干支「海午」と日干支「灯丑」の干合支害持ち。
今年(03年/雨未)は害切れの天剋地冲。
木性ゼロ(DNA龍/玉なし)の野人の彼が、
来年(04年/木申)のラッキーカラー天冲殺で伸びるためには、
さらに梶原が犠牲になるのが、好ましい。西野にとっては、チャンスだ!
 
■2003年05月19日(月)海辰
ブルック・シールズが究極表裏の娘を出産した夢の中●
危険。出産前に「ヴォーグ」誌で妊娠セミ・ヌードを披露した、
女優の
ブルック・シールズ(65-0531/草酉)が、
05月15日(山子)に女児を出産した。
シールズは、DNA「調」主導で、偏屈。
「調+調」は、常識通用せず。
「調+車」は、常にいらだつ。
「調+貫」は、恩知らず。
宿命の特長は、エネルギー216点。
バブリー夏生まればかりか、
ラッキーカラーの水性ゼロ(DNA龍/玉なし)の野人で、息がつまるような面あり。
10年運初旬「2歳海午/12歳雨未」が、
宿命に存在しない水性のラッキーカラー10年運天冲殺で、
世に出たが、その後はイマイチ。
現在の10年運は「32歳草酉」の律音10年運。
「巳」年生まれ「草酉」は、一か八かの賭けをする人。
60年に一度とはいえ、宿命にない水性の条件なしラッキーカラー天冲殺で
彼女が産んだ子供は、なんと年干支「雨未」VS日干支「山子」の干合支害持ちで、
究極の表裏人間付生年冲殺。
10年運初旬「7歳山午」が、初旬納音付10年運天冲殺で、親縁薄い。
シールズも次の10年運が「42歳陽戌」で、ダメージカラー10年運害。
「陽」は、DNA「調」で、ズバリ娘。ようするに、娘の害。危ない危ない。
やはり子供に縁の薄い午未天冲殺が、
無理してつくる(体外受精と発表)と、恐ろしいことになるのだね。
 
中澤裕子V6 坂本昌行の復活気配の無駄●
劣悪。01年(宝巳)の舞台「フットルース」で共演し、
その後くっついたり離れたりしていた、
中澤裕子(73-0618/草酉※)と、
V6坂本昌行(71-0724/鉄戌)が、
中澤のラッキーカラー条件あり天冲殺と、
坂本のラッキーカラー年で、復活気配だという。
共通干「草」もあり、月支同士は支合とはいえ、
関係はまさに腐れ縁の干合支害。
復活じたいも、歓迎されないのに、これでは自殺行為。
これだから、生月冲殺はズレてると、言われてしまうのだ。
ちなみに、中澤の次の10年運は、「36歳海戌」のラッキーカラー害。
もともと干合天干一気の坂本は、「35歳宝卯」で天干一気強化の10年運天冲殺。
坂本は、このあたりで躓いているべきじゃない。
 
斉木しげるが一年間家賃滞納で追いだされる毒の中●
破滅。ギャンブルなどで数千万もの借金をつくり、
テレ東のパチンコ番組をおろされた、
斉木しげる(49-1118/海子)が、
一年間家賃を滞納して家を追い出されたという。
斉木は、DNA「鳳」主導で、楽して生活したい人。
「鳳+玉」は、自分を棚上げ。
「鳳+石」は、がさつ。
「鳳+牽」は、お天気屋。
「鳳+調」は、なあなあ。
宿命の特長は、ラッキーカラーの火性ゼロ(DNA禄/司なし)の野人で、
金銭物質運も結婚運も皆無。冷たいだけの冬の「海」で使いでなく、
およそギャンブルにも縁のない輩。
今年(03年/雨未)は、そのものズバリ妥協の害だが、
10年運も「54歳畑巳」で、月干支の天剋地冲は立場を失い、
そのキーワードは「牽」で、名誉の失墜。
数年前の週末にTV番組「あ。た、り」というのにレギュラー出演していた当方だが、
その時にゲスト出演で登場した時の印象は、
およそ芸能人らしからぬ、夢も希望もない人。
地味すぎて、これもNEWSにさえ、ならないのかも。
 
■2003年05月20日(火)雨巳
神尾米が怖い女児出産と同時離婚の自然界への挑戦●
悲惨。元テニス選手で、現在はタレントの神尾米(71-1122/宝亥)が、
05月15日(山子)に女児を出産したとともに、
先月一歳年下のテレビディレクターと離婚していたことがわかった。
神尾は、DNA「調」主導で、偏り激しく偏っていないと不安な人。
「調+調」は、常識通用せず。
「調+貫」は、恩知らず。
「調+龍」は、不平不満の多い人。
10年運「25歳海寅/35歳雨卯」が、10年運準ラッキーカラー天冲殺。
宿命の特長は、エネルギー231点。
年支も月支も日支も、全て「亥」という、どこか神がかりな人で、目下を利用する。
さらに、年干支も日干支も「宝亥」で、
表も裏もないが、両極端な人生になりやすい。
月干「畑」がラッキーカラーとなり、子供を持つことが救い。
火性ゼロ(DNA車/牽なし)は、配偶者成分ゼロで、
結婚に縁のない人なので、男性は子供を産むためだけに、利用された可能性大。
神奈川県出身で、90年(鉄午)に高校卒業と共にプロに転向した神尾は、
世界ランキング24位。
名誉運がないため、これといった勲章は得られず、97年(灯丑)に引退。
01年(宝巳)の納音年(現実のみの破壊)に結婚は、
もともと壊れた状態でスタートという滅茶苦茶ぶり。
去年(02年/海午)と今年(03年/雨未)は、
出産に縁のある年ということで、目的が達成されたので、結論をだしたと思われる。
ところで、生まれた子供は、昨日解説したブルック・シールズ(草酉)の娘と全く同じ。
年干支「雨未」VS日干支「山子」の干合支害持ちで、
究極の表裏人間付生年冲殺。
10年運初旬「7歳山午」が、初旬納音付10年運天冲殺で、親縁薄い。
この場合の親縁とは、通常男親なのだが、
神尾と娘には、やはり共通干支がない。
しかも、娘の月干支「灯巳」は、
神尾の年干支「宝亥」を天剋地冲し、仕事どころではない。
また、日干支「宝亥」とも天剋地冲のため、彼女の実績も全て破壊されてしまう。
つまり、子供が重荷となり大変な労苦を味わうことになる。
来年(04年/木申)は、3柱「亥」の神尾にとって、3害。キーワードは家庭がボロボロだ。
意図的な出産は、自然界の応援が得られないね。
 
池田裕子(絵門ゆうこ)が癌闘病記で商売の夢の中●
壮絶。元NHKアナで、私生活ではダブル不倫などを経験して、
一時は世間を騒がせた
池田裕子(絵門ゆうこ・57-0318/畑丑)が、
条件なし天冲殺のラッキーカラー三合会局月に、
ほぼ全身に転移したガンの闘病記
がんと緒にゆっくりと(新潮社)を上梓した。
「一時は死にかけたけど、ガンは共存できる病気です」とは、本音だろうか。
池田は、DNA「車」主導で、単純。
「車+鳳」は、何でも商売にする。
だから闘病記も当然。
「車+龍」は、ひらめき。
「車+禄」は、ルール無視。
10年運「26歳陽午/36歳灯未」で、手がつけられない方向に行った池田は、
現在の10年運「46歳山申」が、妥協。
月干「雨」の干合で、水分が少なくなったうえに、
火性が強くなりすぎたもの。
宣告は、00年(鉄辰)年の超ダメージ年だが、
7年前(陽子)に、5歳も年下の夫と再婚したことが、かなり深刻な影を落としている。
午未天冲殺なのにねえ。
歳をとってから、宿命にあわないことをするのは、大変危険なことだ。 
 
■2003年05月21日(水)木午
金子昇に娘が産まれた夢の中●
告白。「百獣戦隊ガオレンジャー」でイケメンヒーローとして、
主婦層を皮切りに人気がでて、その後「ぼくが地球を救う」などで注目された
金子昇(74-1018/海辰)が、
01年(宝巳)に同い歳のメーク関係の女性と結婚していたそうだ。
現在、生後6ヶ月になる女児までいるというから驚き。
これまで黙っていたのは、無言電話や嫌がらせの手紙、
自宅のドアノブに見知らぬ袋がかけられたりと、
ストーカーと見られる行為が相次いでいたためという。
金子は、DNA「玉」主導で、気分転換下手で、生き方をなかなか変えられずも、
午未天冲殺でもあり、年長者特にオバさまに可愛がられる質。
「玉+禄」は、追従上手逃げ下手。
「玉+調」は、若年にて老成も世間知らずの感あり。
「玉+鳳」は、すりかえの名人。他人のことなら、冷静になれる。
「海+玉+戌月」は、案外好き嫌い多い。
10年運初旬「7歳草亥」は、初旬10年運特別条件付天冲殺で、成功運型。
現在の10年運は「27歳灯丑」で、ラッキーカラー干合10年運で、
苦手でも変化すれば上昇気流。
宿命の特長は、エネルギー272点とやや鈍い。
木性過多(102点)は、表現力として使用するなら、役者も適職。
「寅」年生まれ「海辰」は、一か八かの相場師。
条件なし天冲殺の干合月(灯巳)での告白は、
女性誌に嗅ぎつけられたからに他ならないが、
やむにやまれぬ事情とはいえ、今年(03年/雨未)の「海」は妥協の感否めない。
10年運干支の天剋地冲は、味方も薄れたり、
ファンの失望という声にもなり、プラスにはならない。
産まれた子供も、金子の条件なし天冲殺中のことであり、縁も薄い。
午未天冲殺は、年上の支援が絶対条件。
いずれ、この結婚を悔やむことになるだろう。
 
ブラッド・ピッドが美容整形を告白●
改良。米国の「最もセクシーな男性」に2度も選ばれたことがある
ブラッド・ピット(63-1218/草未)が、顔面美容整形を受けていたことが発覚した。
修正前の広告写真を見た彼が、額にシワのあることと、
頬に小さな穴が空いていることにショックを受けたものらしいが、
使用した薬がFDA(米食品医薬品局)未認可のもので、
副作用が心配されているという。
ピットは、DNA「龍」主導で、新しいもの好きで、改良改革の人。
「龍+貫」は、案外地味。
「龍+龍」は、やり始めたら止まらない。まさか、マイケルのようになるのか(笑)。
「龍+石」は、言い訳無用。
宿命の特長は、エネルギー167点。
金性ゼロ(DNA車/牽なし)はプライド皆無で、整形もいとわない。
月支「子」VS日支「未」の害持ちで、ヘタに体をいじれば、結果は悲惨な人。
「卯」年生まれ「草未」は、狭視で自己中心。
異性の気持ち理解不能でもある。
10年運「3歳雨亥〜93歳木寅」までは、
ターボ運(子丑天冲殺回り)で何をやらかしても目立つ人。
そして、「23歳宝酉/33歳鉄申」が、
宿命にない金性の10年運で波にのったため今があるのだが、
いくら今年(03年/雨未)が改良改革年だろうと、
そのキーワードはダメージ。どこか、ヘンだ。
 
赤江珠緒が大阪から乗り込む●
後任。テレビ朝日は「スーパーモーニング」(月〜金午前8時)の
新キャスターに大阪・朝日放送(ABC)の
赤江珠緒(75-0109/草卯)アナを起用すると、発表した。
内村光良(宝酉)との不倫騒ぎで降板した徳永有美(海辰)アナの後任で、
06月30日(木戌)から登場する。
赤江は、兵庫県生まれ、神戸女学院大学出身。
97年(灯丑)のラッキーカラー条件あり天冲殺に入社後、
「ワイドABCDEーす」「おはよう朝日・土曜日です」「NEWSゆう」などを担当、
女性としては初の「夏の高校野球甲子園大会」の
実況をつとめるなど、実績を積んできた。
DNA「龍」冲殺主導は、何度も見直しが行われ、ひとつの場所に定着せず。
「龍冲+司」は、一見マジメに見えるが、庶民的でハメをはずしやすい。
「龍冲+貫」は、地味な割にははしゃぐ。
「龍冲+石」は、言い訳しつつも何とかこなす。
「龍冲+鳳」は、ぶつかるようでぶつからない。
「草+龍冲+丑月」は、裏方の出しゃばり。
10年運初旬「1歳陽子」は、初旬10年運天冲殺。
「11歳草亥/21歳木戌」は、特別条件付10年運天冲殺と、とんでもない運型。
今年(03年/雨未)は、DNA「龍」で改良改革。
月干支「灯丑」の天剋地冲で、救いも何もなく、立場の大変更。
生月冲殺なので、二つ返事で引き受けねばならないが、
本人にとってはマイナスではない。
しかし、心の底では「オトコは全員アホ」程度にしか思っていない
「草卯」を満場一致で選んでしまった、
スタッフや
渡辺宜嗣(54-1219/畑酉)キャスターは、
彼女の本性を知っているのだろうか。
赤江は、STEP UPするも自滅するも、流れに乗るか否か。
「寅」年生まれ「草卯」は、寄生するのは得意。
天剋地冲の渡辺に刺激を与えるだけで、乗っ取るより、なじむほうが得策のようだ。
 
■2003年05月22日(木)草未
吉川ひなの伊勢谷友介を毒牙にかけた●
笑話。開店休業中と思いきや、初舞台になる「私とわたしとあなたと私」
(0730〜0805・シアタートップス)という地味な仕事にありついた、
吉川ひなの(79-1221/海戌)が、
伊勢谷友介(76-0529/宝巳)と交際中であることがわかった。
互いの自宅を行き来したり、食事をともにする間柄だという。
伊勢谷は、東京都生まれ。東京芸大在学中にモデルとして活動をはじめ、
98年(山寅)の害年に映画「ワンダフルライフ」で俳優デビュー。
DNA「牽」主導で、プライド高く格好だけ。
「牽」×3もあり、なかなか役にたたない。
「牽+玉」は、アイデアだけで仕事に結びつかず。勝負の出来ない体質。
「牽+牽」は、無為無策の行動に走る恐れ。
「牽+鳳」は、理論に流されやすく、お天気屋。
「宝+牽+巳月」は、技術だけの人。
10年運初旬「2歳木午」は、これといって見るべき所がないが、
「22歳陽申」が、干合10年運天冲殺で、話題になっている。
二人の関係は、吉川の月干支「陽子」が、
伊勢谷の年干支「陽辰」を大半会するので、
伊勢谷の仕事運を伸ばすように見えるが、
吉川の日干支「海戌」が、伊勢谷の年干支を天剋地冲するので、
その気にさせても、足を引っぱるというとんでもない迷惑な関係。
離婚を経験し、少しは懲りたのかと思えば、
子丑天冲殺が年上と交際することじたいが、陳腐な話。
しかも、生月冲殺のクセに、いつも自分からモーションをかけるというのも致命的。
吉川は、月干「陽」がラッキーカラーなのだから、
子丑であるし年下を相手にすることが、真っ当な生き方。
一方、伊勢谷は今年(03年/雨未)はラッキーカラー年とはいえ、
バブリー夏生まればかりか、金のかかる「宝巳」。
いったい、どんな仕事をして暮らしているのか、サッパリわからない。
ようするに、ヒマな二人が話題をなんとか提供しようということか。
とりあえず吉川は、今月(灯巳)は干合月だ。
 
さだまさし解夏が地味に映画化の夢の中●
解夏。条件なし天冲殺中のさだまさし(52-0410/陽戌)の
小説
(げげ)が、映画化され、
来年01月(雨丑)の「雨」重なりに公開されることになった。
さだは、DNA「玉」主導で、生き方を変えられない人。
だから、いつまでも「精霊流し」から、抜けだせない。
典型的な天冲殺現象なので、どうということないが、
主演が
大沢たかお(68-0311/鉄辰)と
石田ゆり子(69-1003/宝亥)という陰陽金性の地味さでは、
話題の盛り上げようもない。
無償の愛というテーマは、シンプルという点では悪くないが、
それだけで終わってしまいそうだ。
 
宇多田ヒカルが黄色いフェラーリで牛丼屋通い●
牛丼。サングラスに帽子、全身黒ずくめに変装したつもりの
宇多田ヒカル(83-0118/陽午※)と紀里谷和明(68-0520/鉄申)の
共通干支なし夫妻が、六本木や恵比寿の牛丼屋に黄色いフェラーリで来店し、
「特盛2つ、卵とおしんこつけてね」と注文しているそうで、
運が良いと早喰いの宇多田が紀里谷が食べ終わるまで、
小声で歌っているのを、聴けるそうだ。
これについての推測。
(1)3億数千万もの納税額を誇る宇多田が、庶民性を宣伝している。
→ふざけた話だ。奉仕をしろよ!
(2)宇多田が牛丼すら作れない。紀里谷は大の牛丼好きらしい。
→牛丼屋でも経営しろよ。
(3)単に気分転換。
→チョロQで来いよ。
というように色々推測するのだが、
BSE余波もあることだし、貧相すぎて、牛丼を口にするのもなあ。
宇多田がどう転んでも牛丼をテーマにした歌を歌うとは思えないので、全く無意味。
イメージがどうこうというものではなく、
自分たちの立場がわかっていないのだろうし、
今さら目的もないに違いない。
それなりの人には、それなりの座というものが備わっていくのだが、情けないこと。
しょせん、条件なし天冲殺で世に出たあだ花で、
数年先には、あとかたもないだろう。
ちなみに、牛丼は金性で、宇多田には、それこそ財力の意味。
つまり、量はあっても中身が脆弱ということだ。
 
■2003年05月23日(金)陽申
山口達也が鎌倉に土地取得の毒の中●
病地。今年(雨未)からようやくラッキーカラー10年運「31歳灯酉」に入った
TOKIO山口達也(72-0110/鉄子)が、
鎌倉市内に土地を購入し、新居を建設中であることが、週刊誌の取材でわかった。
山口は、DNA「調」主導で、偏屈。
火性ゼロ(DNA車/牽なし)は、ラッキーカラーなしの野人で、寒々しい。
今年(03年/雨未)は、主導するDNAでもあるし、意を決するものがあったのだろう。
しかし、害年であることに変わりなし。
この土地を一生の住まいにしようとしたり、結婚を意識すれば、ロクなことはない。
ジャニーズ事務所は
「銀行に預金するよりも、物で残しておいた方がいい」と指導しているものの、
「結婚とは関係ありません」と否定しているが、これがまた言霊になりかねない。
趣味はサーフィンだって? 塩水に錆びつく「鉄」かい(笑)。
山口は、焦って大変な過ちをおかしたことになる。
 
船越英一郎松雪泰子に助けられ初CMの救い重なり●
救水。2時間ドラマには欠かすことが出来ない
俳優の
船越英一郎(60-0721/鉄戌)が、
デビュー21年目にして、初CMに出演している。
船越はDNA「玉」主導で、生き方を変えない。
「玉+調」は、世間知らずで限られた仕事しか出来ない。
「玉+龍」は、本音を言えず。
「玉+貫」は、その場をうまく取り繕う事に、才長ける。
宿命の特長は、エネルギー197点と使いやすい。
バブリー夏生まれだが、いまひとつイケていない「鉄戌」が、
年支「子」VS月支「未」の害持ちで、見てくれからも、華々しい活躍は難しい。
10年運「16歳草酉」の干合支害10年運で、
この世界に入ったのも影響しているのだろう。
そんな船越が、名誉の10年運「36歳灯亥」の
ラッキーカラー年の今年(03年/雨未)になって、
大塚製薬「ファイブミニ」のCMに出ているから驚きだ。
場所は断崖絶壁とはいえラッキーカラー的な海のそば。
ご丁寧に、水しぶき(そんな高波がくるようには見えない)までかぶっている(笑)。
主演はこのシリーズ常連の
松雪泰子(72-1128/雨亥)で、
年下の子丑天冲殺だが、大半会(船越の月干支は雨未)まであるラッキーカラーの人。
出来すぎだ。
 
松原のぶえが三億円豪邸を差し押さえられる毒の中●
借金。90年(鉄午)のラッキーカラー対冲年に、
「蛍」で日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞した、
演歌歌手の
松原のぶえ(61-0718/海子)が、
所属事務所の元社長である夫のつくった借金で、
三億円豪邸が差し押さえられたことがわかった。
松原は、バブリー夏生まれ。
月支「未」VS日支「子」の害持ちで、
結婚に向いていない(92年海申で結婚)うえに、身内の不祥事で問題を起こしやすい。
こういう人は、条件あり天冲殺の人同様に、独立などしないほうが良いのだが、
マネージャーであった夫と、97年(灯丑)の害切れ干合支合で独立をしてしまった。
かつて所属していたのは、北島音楽事務所で、
北島三郎(36-1004/畑未)とは害の関係だったので、苦痛だったのだろうが、
その北島は生年冲殺で、年支「子」VS日支「未」の表裏人間。
一時は相当な締め付けがあったようだ。
しかし、松原のデビューも79年(畑未)の害年。
害持ちは害に縁ありとはいえ、もはや上がり目なし。
「仕事で返すしかありません」と涙するが、まず一人になって、出直すしかない。
 
■2003年05月24日(土)灯酉
唐渡亮が咽頭癌告白のありえない夢の中●
告白。99年(畑卯)のNHK朝の連続テレビ小説「すずらん」などに出演した
唐渡亮(69-0516/宝卯)が、喉頭癌であったことを告白した。
喉がかすれ声がでなくなったため、99年に3回手術し、
2年前に仕事復帰したが、
「一度は死を宣告されたような感じがした。親の励ましで立ち直ることができた」とは、
さすが午未天冲殺らしい。
唐渡は、DNA「石」主導で、妥協と和合性の人。
10年運初旬「3歳山辰」は、害のため異性に縁遠い。
DNA「玉」の害なので、妙に親離れも出来ない。
宿命の特長は、エネルギー161点と軽いが、バブリー夏生まれ。
「酉」年生まれ「宝卯」は、異性の気持ち理解不能。生日冲殺でもある。
水性ゼロ(DNA鳳/調なし)は致命的で、なかなか磨かれることのない「宝」。
喉は土性が司るが、唐渡は年干も月干も「畑」。
さらに初旬の害も効いて、持病のようなもの。
これに、ラッキーカラーの水性がないのだから、
土性はかちかちに固まってなめらかさがないというものだ。
今年(03年/雨未)は、ラッキーカラー天冲殺で、DNA「鳳」。
口がなめらかになっての告白だ。
 
竹内めぐみが売れそうもない理由●
路上。03月28日(宝丑)に東芝EMIの
宇多田ヒカル(83-0118/陽午※)を育てた制作チームから
ない僕等で、鳴り物入りデビューするのが、
17歳の頃から若者の街・下北沢の路上で
詩集を売っていたという経歴の
竹内めぐみ(79-0922/海辰)。
神奈川県生まれの竹内は、DNA「玉」主導で、不器用な人。
「玉+牽」は、伝統を重んじながらも改革の気風あるも、妙な気取りが鼻につく。
「玉+車」は、考えたとおりにしか行動できない。
「玉+石」は、理屈っぽい。
「海+玉+酉月」は、頭良くても勉強には縁なし。ただの放浪者。
10年運初旬「6歳木戌」は、初旬特別条件付10年運天冲殺。
生年冲殺でもあり、流れに乗れば、成功運型。
2旬も「16歳草亥」の特別条件付10年運天冲殺。
3旬4旬が「26歳陽子/36歳灯丑」のラッキーカラーと、一応ほれぼれする。
宿命の特長は、エネルギー207点。
「未」年生まれ「海辰」は自己愛。
もともとはマガジンハウスが目をつけ
タココロ(01年/宝巳)や
たが笑えばいい(03年/雨未)を出版していたものだが、
調子に乗って(流れにのって)ライブハウスで歌まで披露しはじめたのが、
条件あり天冲殺で今回のデビューに結びついたもの。
それでは、彼女は売れるのだろうか。
確かに環境(10年運)はいい。
しかし、宿命がお粗末。
まず、月干の「雨」は、都合の悪いことは逃げてしまう。
これが、学校に行かなかった理由。
夢の場所が、雨降りでは、しょぼい「海」。
また、生年冲殺は良いとしても、DNA「牽」の冲殺は、名誉が形にならない。
そもそも「海辰」は早熟で、成長が感じられない宿命。
女性が恵まれた環境に生まれやすく、
それに反発してしまえば、若年運に一層拍車がかかる。
(制作サイドが)ハナから売れると思わなかったから、
宇多田は売れたのであって、売れると力を入れると、売れない。
たいそうなPVを作ったり、ラジオでパワープレイをしても、一時しのぎのものだ。
 
私事。5月連休明けに区の施設に
「ストレッチ体操&エアロバイク」の運動にでかけた事を書きましたが、
これまでの生ぬるい生活態度のツケからか、
腰ばかりか体のあちこちが悲鳴をあげ、
医者からは「とんでもない!」とストップがかけられてしまいました。
死にたくなければ(ちと大げさか?)無理をせず、
とにかく散歩をせいとのことです。
当方もエアロバイクはともかく、
21パターンもあるストレッチは、命を縮めそうに辛く、
汗をかくのは心地よくも、ただでさえ遅れ気味の仕事に支障がでるので、
やむなく中止している状態です。
 
■2003年05月25日(日)山戌
上戸彩事務所批判の土破りの中●
失言。05月10日(雨未)のダメージ日に行われた
「第11回橋田賞」で新人賞を受賞した
上戸彩(85-0914/陽辰)が、
賞金100万円の使い道を報道陣にたずねられ、
「社長に取られちゃうから、(少しの間は)持っていたいな」と発言し、
大問題になったことがわかった。
CMや歌がそこそこ話題になっているとはいえ、
まだまだ投資金額に見合うお金を回収していない
事務所の収入になるのは当然だろうし、
どう考えても上戸は月給制だろうから、手元に残らないのは明白。
上戸がもし「これまで育てていただいた事務所に入れるのが当然です」
みたいな大人の発言が出来れば、とんでもない大物と評価されるのだが、
エネルギー199点のアイドルに毛のはえたような、
気だけ強い子丑には、これが至難の業。
これだから、教育の行きとどいていない生年冲殺+子丑天冲殺はダメなのだ。
身勝手な行動をして、写真誌にとられたこともあり、
こんな話が漏れ聞こえるのも、業界が諸手をあげて応援していない証拠だ。
 
仲村トオルがカンヌデビューの救いの中●
感動。本年度のカンヌ映画祭で、
中国のロウ・イエ監督「パープル・バタフライ」に、
全編中国語のセリフに挑んだただ一人の日本人として主演した
仲村トオル(65-0904/宝酉※)が、
03月22日(草未)カンヌ・デビューを果たした。
仲村は、DNA「石」主導で、融合性あり。
「石+牽」は、ややプライドの高さがハナにつく場合もあるが、流れには乗りやすい。
「石+貫」は、集団のなかで個人利益を得る。
「石+禄」は、他人をうまく利用する。
「石+司」は、大器晩成。
「宝+石+申月」は、おだてに弱い。
10年運「29歳宝巳」は日干支大半会で、
そのラッキーカラー年が今年(雨未)なのだから、納得。
毒にも薬にもならない「宝酉」としては、上出来だ。
 
■2003年05月26日(月)畑亥
エミネムは本当に危険極まりない●
酸欠。初主演の半自伝的映画8イル
公開にあわせて初来日公演をおこなった、
ヒップホップ界の超カリスマ、
エミネム(72-1017/宝巳)が、
05月24日(灯酉)に千葉・幕張メッセでファイナルを迎えた。
「ウエィク・アップ・TOKYO!!」に始まり
覚えたての日本語「コノヤロー!」を連発して観客を煽ったエミネムは、
99年(畑卯)のデビュー以来、起こされた訴訟は7件、
銃の不法所持や暴行などで2度の逮捕歴を持つ「ワル」。
DNA「貫」主導は、頑固。攻撃されれば全てハネかえす。
「貫+鳳」は、表面以上に中頑固。
「貫+石」は、個人の利益しか考えず、独善的。
「貫+調」は、礼儀知らずにして、恩知らず。
「宝+貫+戌月」は、ゴネるとやっかい。
10年運初旬「7歳宝亥」は、日干支「宝巳」を納音するので、成功運型。
「17歳海子/27歳雨丑」が、ラッキーカラー10年運。
宿命の特長は、エネルギー201点。
木性ゼロ(DNA禄/司なし)は、家庭的な雰囲気皆無。
金銭物質運もなしで、大きな偏り。
「子」年生まれ「宝巳」は、一か八かの勝負師。
いまは調子にのっている彼だが、
次旬「37歳木寅」は、ターボ運(子丑天冲殺回り)の始まりと、
宿命にない木性の害。
おっと、その前に来年(04年/木申)は、宿命にない木性の条件なし天冲殺が来る。
金ばかりかかる「宝巳」も貧困から這い上がってくると、
異常干支の威力が増して、精神的に貧しくなる。本当に危険なのは、これからだ。
 
坂上忍慰謝料を結婚前に前払いの不思議●
前払。離婚をした坂上忍(67-0601/陽申)が、
05月24日(灯酉)放送のフジテレビ系「いつでも笑みを!」に生出演して、
離婚慰謝料を結婚前に「前払い」していたことを告白した。
そもそも離婚を前提にした結婚というのも、おかしな話で、
生月冲殺らしくない話だが、
「洗濯物の干し方が気にくわなくて、奥さんに黙って僕が直してた」には、
思わずのけぞってしまった。
生月冲殺が失敗しないコツは、細かいことは気にしないことだって!
 
ジョニー大倉矢沢永吉に融合点なし●
主張。70年代の伝説のロックバンド、
キャロルのメンバーだった
ジョニー大倉(51-0903/陽午)が、
都内で行われたインストアライブの会場で、
「解散後、(自分が)俳優を10数年やっている間に、
キャロルは矢沢のものだと(イメージ)固定されてしまった。
(他のメンバーは)矢沢のバックバンドじゃない」と発言。
「(キャロルのメンバーの)リーゼントを考えたのはオレ。
矢沢は最後まで拒んでいた」と主張した。
大倉は、DNA「禄」主導で、自己中心。
年干「宝」・月干「陽」・日干「陽」の干合天下一気。
「陽」であろうと、干合後の水性だって、
矢沢永吉(49-0914/灯未)のダメージカラー。
共通干支すらないのだから、理解不能。
やはり、持続させていることは強みで、一種のひがみにも聞こえてしまう。
矢沢が逃げだしたくなったのも、うなずける。
 
■2003年05月27日(火)鉄子
真木蔵人酒に酔って暴力沙汰●
暴行。02月05日(畑酉)に入籍し子供も誕生したという、
真木蔵人(72-1003/灯卯)が、05月24日の朝(灯酉の納音日)、
港区芝浦のクラブ付近で、
客の男性とカメラ付き携帯の撮影トラブルで暴力沙汰になり、
双方が被害届けをだしたことが、わかった。
真木は、DNA「禄」主導で自己中心の人。生日冲殺でもある。
また、エネルギー110点と虚弱体質なのに、
サーフィン好きとかで、海のある千葉県内に新居を構えるなど、ズレたところあり。
今年(03年/雨未)のDNAキーワードはズバリ「車」で、
怒りがこみ上げれば抑えが効かない。
過去にも内縁の女性と暴力事件をおこした経緯もあり、
痛くもないハラをさぐられかねず。
害年(00年/鉄辰)に知り合った相手と結婚したのもまずいが、
仕事がヒマだからといって、新婚妻子持ちの大人が、
ダメージカラーの酒がらみで、こんな事件に巻きこまれるとは、お粗末。
もう、仕事ないかも。
 
島田紳助水野裕子を嫌う理由●
理由。火10「世界バリバリ☆バリュー」で、
司会の
島田紳助(56-0324/鉄寅)のアシスタントを務めるのが、
紳助に全く女性扱いされていない
水野裕子(82-0308/鉄寅)。
水野は、愛知県出身で、98年(山寅)に、
アイドルユニット「smAsh」でデビューした体育会系タレント。
DNA「司」主導は、堅実で地味。あがいても、色気とは無縁。
「司+石」は、質素の極み。
「司+龍」は、用心深い。
「司+鳳」は、忍耐力。
「司+調」は、負けず嫌い。
「鉄+司+卯月」は、中身は見かけより激しい。
10年運初旬「1歳海寅」は、年干支「海戌」を大半会するので、成功運型。
「21歳鉄子/31差畑亥/41歳山戌」は、
変剋律10年運(異常干支の3連続)で、精神苦を与えられると才能が伸びる。
宿命の特長は、エネルギー198点と心もとなく、
「戌」年生まれ「鉄寅」は内外シーソー。
小さい頃から、男児に間違えられたそうで、
高校時代のバイトは短髪にして、寿司屋。
声は大きく、元気よく、細かいことは気にしないそうだが、
紳助には毎度「色気がない」の一点張り。
今は、条件なし天冲殺で浮かれている時だが、
水野(鉄寅)は明らかに紳助の年干支「陽申」を天剋地冲し、足をひっぱっている。
それでなくても同一干支はソリが悪いのに、キャスティングの悪さばかりが、鼻につく。
 
清水章吾がお出かけ前に時間調整●
目撃。正午少し前の駒沢通り際のベッカーズで、
妙に見慣れた初老のオトコが、コーヒーのようなものを飲んでいた。
髪は薄くなっているが、日に焼けた眉間にシワがクッキリ。
色落ちしていない、おろしたて風情のデニムの上下。
黒っぽいナイキのスニーカーに、これまた黒のハンティングワールドの鞄。
そう、アイフルのCM「ねぇ、パパー、犬欲しいー?!」で、
一躍若者にも認知された往年の2枚目の
清水章吾(43-0215/木辰)ではないか!
干合日に仕事の打合せにでも行く時間調整なのか・・・。
誰も気づかないほど、風景に(窓枠に)溶け込んでいた。
 
■2003年05月28日(水)宝丑
田中直樹小日向しえの誉められない関係●
連鎖。相方が干合支害関係のどうしようもない結婚をして、
仕事の足を引っぱりかねない子供が生まれたばかりの、
ココリコの
田中直樹(71-0426/宝巳)が、ラッキーカラー年で勢いづき、
かねてより交際中の共通干支なしの
小日向しえ(79-1008/山申)と、
まさかの結婚が近いと騒がれている。
二人は、フジテレビ系バラエティ「ココリコミラクルタイプ」で共演した仲。
小日向は、東京都出身。95年(草亥)の害年からモデル活動をはじめ、
97年(灯丑)から歌手活動を開始し、
映画「鮫肌男と桃尻女」(99年畑卯)が、代表作。
DNA「調」主導で、偏り大きい少女的感性の強い人。
「調+石」は、自尊心強くも脇役が似合う。
「調+鳳」は、なあなあであいまいな性癖。
「調+司」は、負けず嫌い。
「山+調+酉月」は、柔らかみがあって悪意のない人。
10年運初旬「1歳木戌」は、初旬特別条件付10年運天冲殺で、成功運型。
2旬も「11歳草亥」で同様だが、害のためなかなか形にならず。
現在の10年運「21歳陽子」は、ラッキーカラー10年運。
宿命の特長は、エネルギー213点。
「未」年生まれ「山申」は、正直。
月干に干合する「雨」があるため、異性には事欠かない。
DNA成分を主導する「調」を剋する成分がないため、これといった特色なし。
この世界で大成するより、結婚むきともいえる運型。
情型人間が、今年(03年/雨未)は干合年でもあり、
異性を意識するのは、やむをえない。
手頃な田中をその気にさせたということか。
田中は、DNA「玉」主導で、なかなか新しい世界に踏み入れられない人。
「玉+調」は、不満がたまりやすく、世間一般の動きに疎い。
「玉+牽」は、用心深い。
「玉+貫」は、その場をうまく取り繕う。
「宝+玉+辰月」は、確証がないと踏み込めず。
10年運初旬「7歳宝卯」は、年干支「宝亥」を大半会するので、成功運型。
現在の10年運「27歳畑丑」は、ダメージカラー10年運で、
デリケートな「宝」が埃をかぶっている状態。
宿命の特長は、エネルギー208点。
「亥」年生まれ「宝巳」は相場師的様相も、
心優しくいまひとつ迫力に欠ける「宝巳」のため、気後れしやすい。
年干支「宝亥」と日干支「宝巳」の納音は、
一人静かに趣味にふけるといったとこか。
小日向の日支は「申」で、田中にとっては天冲殺範囲のためコントロール不能。
今年の干合で「陽申」的なゆらぎがあるため、
田中をひきつけるのだろうが、あまり誉められたものではない。
 
高木虎之介の1秒足らずの木の限界と夢の中●
1秒。25日(山戌)に行われた、米国インディアナポリスで行われた、
第87回「インディ500」で、
日本の
高木虎之介(Gフォース・トヨタ/74-0212/木申)が、優勝争いに加わって、
日本人史上最高の5位に入賞したことがわかった。
98年(山寅)と99年(畑卯)には、F1に参戦するも、惨めな成績しか残せず、
今季インディに参戦したもの。
高木は、DNA「鳳」主導で、その気にならないと、SPEEDが乗らないタイプ。
「鳳+鳳」は無欲。
「鳳+禄」は、お人好し。
「鳳+貫」は、波に乗るのがヘタ。
高木は「勝てる車だった」と発言したが、
これだって条件なし天冲殺のおかげ。
1秒=200メートル足りなかったのは、残念だが彼にはその資質がないということ。
どんなことでも、ひとつに集中していれば、それなりの結果はついてくるものだが、
天冲殺のなかで無欲にアタックしてこれでは、
やはり「木」がノコノコ海外へでかけていったり、
DNA「鳳」主導が、闘うモータースポーツに挑戦しても、これまでということなのだろう。
 
■2003年05月29日(木)海寅
葉月里緒奈WOWOWは救えない●
必死。ここ数年加入者離れが見られる(現在、約250万人)
衛星放送の
WOWOW(84-1225/雨巳)が、
先週末に全国紙に加入者募集のカラー全面広告(費用約1億円)を掲載したが、
イメージキャラクターに、じり貧のユータン女優の
葉月里緒菜(75-0711/山午)を起用したことで、業界関係者を唖然とさせている。
WOWOWは、DNA「貫」主導で、状況環境により変化。敵が多いほど燃える。
「貫+貫」は、利己主義。
「貫+司」は、強い意志力。
「貫+調」は、恩知らず。
10年運初旬「6歳草亥」は初旬特別条件付10年運天冲殺で、成功運型。
現在の10年運は「16歳木戌」。同様に、異常干支の特別条件付10年運天冲殺。
異常環境のなかで運が波動しているのだが、
去年に続き今年(03年/雨未)は条件なし天冲殺で慌てている。
もちろん、何もやらないよりやったほうが良いのだが、
年支も月支(共に子)も害で、ふらつきが感じられる。
葉月は、DNA「玉」主導で、不器用。
今年は、ラッキーカラー干合年だから、
このくらいの仕事は舞い込んでも当然だし、WOWOWとは干合関係で嫌な筈はない。
WOWOWにしても、話題性のないタレントを起用したり、
ヘンに売れっこを起用して埋没するよりは、賛否両論で一見正解にも思える。
しかし、葉月の日干支「山午」は、
WOWOWの年干支「木子」を天剋地冲することを見逃してはならない。
とりあえずイメージキャラ程度でお茶を濁すならともかく、深入りは危険。
救いは、WOWOWが「子」年生まれ「雨巳」で、異性理解不能(笑)ということくらい。
 
工藤静香が西麻布に乱入する毒の中●
乱入。新聞によると、極秘裏に「GOOD LUCK!!」のパート2の制作が決まり、
関係者だけの打合せが行われ、
その流れで
木村拓哉(72-1113/山申)によく似た男性と、
柴咲コウ(81-0805/草卯)らしき女性が、
西麻布のクラブの個室で密会デートをしていたそうな。
そこに、子供を抱えた女性が店員の制止を振り切って入りこみ、
その後怒号と何か壊れる音がしたらしい。
15分後飛び出してきた女性は、
工藤静香(70-0414/木子)にそっくりだったという。
木村は、ダメージでも干合年。
野人の柴咲はラッキーカラー年。工藤は、害年。
木村と工藤の結婚は、木村の条件なし天冲殺の末期。
よく出来た話だが、人ごとなので笑える。
 
窪塚洋介今だけ救いのピース婚●
珍婚。ラッキーカラー年で結婚した、
水分ゼロの野人の
窪塚洋介(79-0507/木戌)。
近所の住民の話によれば、窪塚が外出先から帰ると、
奥さんがベランダから乗り出して「ワン、ワン、ワン、ワン」と何度も、
イヌの鳴き声をして出迎えるという。
窪塚はこれにこたえて「ピース!」とやるとか。
日座冲殺の野人なんだから、このくらいのことはやらないと、もたないんだろうね(笑)。
 
■2003年05月30日(金)雨卯
奥菜恵藤田晋と結婚する一瞬の救い●
濃厚。 水分ゼロ(DNA龍/玉なし)の野人で、
なんでもありの
奥菜恵(79-0806/草巳)が、かねてより交際中だった
「サイバーエージェント」の、
藤田晋(73-0516/海子)社長と結婚するという。
この奇特な藤田の経営しているサイバーエージェントと言えば、
華々しい宣伝展開したにもかかわらず、
ロクに読者が増えない「melma!」を展開している所。
一見ショボイところが、60億も稼いで、
社長はくたびれた女優に入れあげているんだから、
どこかでボロ儲けをしているのだろう。
藤田はDNA「龍」主導で、新しいもの好き。
形に恵まれると精神苦。
「結婚して安らぎたい」などと言ってるようだが、己を知らないとはこのこと。
もっとも「龍+玉」は、本音をいえず(笑)。
「龍+石」は、経済感覚なし。
「龍+司」は、用心深い出処進退。テリトリー内での冒険。
10年運初旬「3歳陽辰」は条件なしも、
「3歳陽辰/13歳草卯/23歳木寅」がターボ運(子丑天冲殺回り)で、目立つ。
2旬3旬は(宿命にない木性の)10年運天冲殺。
宿命の特長は、エネルギー202点。
木性ゼロ(DNA鳳/調なし)は、表現力の偏り。口べたを加速させる。
「丑」年生まれ「海子」は、バブリー夏生まれにしては、動乱期に強い体質。
二人の関係は、共通項として夏生まれが上げられるが、
奥菜にない水分(塩水で質は悪いが)を藤田が補い、
藤田にない木分を奥菜が所有するため、
絵に描いたように、一方的に奥菜が恩恵をうける関係。
共通干支は、藤田の月干支「灯巳」が、
日干「海」との干合で「草巳」に見えること。
交際開始した昨年(02年/海午)はさらに、
年運からの干合で、藤田の月干支が「草巳」のように見え、
これは奥菜の日干支だから、親切な人が紹介してあげたはず(爆)。
もっとも、年干支同士は「雨丑」(藤田)と「畑未」(奥菜)で、
天剋地冲が成立し、建設的な仲ではあり得ない。
また、昨年は奥菜の降って湧いたようなラッキーカラー年だったが、
藤田は納音であり、かたくなに拒否していた結婚が現実のものに見えたのだろう。
そして、今年(03年/雨未)は年干支「雨丑」の納音で、進むに進めず、
日干支「海子」は妥協の害で、バブリーな生き方をしていれば、
楽しくない状況は目に見えてるから、
私生活に逃げ、まんまと奥菜にたぶらかされたに違いない。
ところで、藤田の展開するサイバーエージェントの
基幹である「melma!」は威勢のいい話こそ多いが、業界TOPではない。
その理由は、この会社の設立が98年(山寅)3月(草卯)18日(木子)で、
藤田の条件なし天冲殺の条件なし天冲殺月の宿命にない木性日ということ。
ただ、この年は(藤田の宿命の)年干「雨」が年運「山寅」に干合され「灯」となり、
月干「灯」と共に日干「海」の干合をうければ、
年干と月干は「草」、日干は「木」となり、
木性の天干一気が成立したので、
藤田にとってはあれよあれよという間に、
事業を立ちあげてしまったのだろうと、推測がつく。
藤田にとって異性とは、月干支の「灯巳」であり、
ヘンに強い女性に憧れる質があり、
手を伸ばせばすぐ近くにそういう存在はいくらでもいる。
一方奥菜は、318点というバケモノ的エネルギーを所有する、サボテンの花。
好みであることは間違いないが、奥菜にとっては救いでも、
藤田には全くプラスにならず。
今年(雨未)は藤田本人(海子)も会社(木子)も害で、のうのうと過ごせる訳はなし。
条件なし天冲殺スタートは対冲(納音)でつまづき、害で終わる。
こんな調子では、新たな仕掛けでもしないと、「melma!」は危ないんじゃないか。
藤田も天冲殺10年運とターボ運を抜ければただの人。終わりは見えてきた。
しかし、今はラッキーカラー年の奥菜のつかの間の夢だけが、実現した格好なのだろう。
 
諸星和己がニューヨークから凱旋の毒の中●
復活。元光GENJIの諸星和己(70-0812/木子)が、
05月28日(宝丑)に10年ぶりのソロアルバム
イクを発売し、
かつての「カークン!」という歓声があがるなか、渋谷AXでライブを行った。
諸星は、DNA「禄」主導で、自己中心の人。
存在を認めてもらうためのパフォーマンスが得意。
ベンツや家財道具を売り払ったのも、このためでポーズでしかない。
「禄+牽」は、スピードノロい。
「禄+玉」は、攻撃心薄い。
「禄+車」は、ルールに縛られるのが苦手。
「禄+貫」は、素直さなし。
「木+禄+申月」は、寸前のところで裏切られる。
10年運初旬条件こそないが、「19歳陽戌/29歳灯亥」が、
ラッキーカラー10年運天冲殺なのだから、もっと売れてもいいはずだが、
生年冲殺のクセに自己発揮しすぎた、なれの果て。
理由はともかく、生年冲殺が事務所を放りだされるようなことではまずい。
01年(宝巳)にニューヨークへ渡り、
中華弁当のデリバリー(時給7ドル、約840円)で稼いだとか、
吉田栄作ばりのダメぶり(笑)。
「木」が自ら海外へでかけても意味がないし、
いい大人がトホホなフリーターなみの生活体験を暴露しようと無駄だ。
今年(03年/雨未)はDNA「玉」で母国と復活がテーマも、現象は害。
「ニューヨークのどこのレコード店を
探してもないようなサウンドが出来上がった」とのことだが、売っていないだけだ(笑)。
 
■2003年05月31日(土)木辰
田村亮結婚を意識する長期の毒の中●
熱望。ロンドンブーツ1号2号田村亮(72-0108/山戌)が、
関西出身の29歳になる女性との同棲を写真誌に撮られた。
亮は、DNA「司」主導で、一人でいるのが不安な人。
交際しだしたら、即同棲は当然の成り行き。
「司+車」は、後退せず、前進あるのみ。
「司+調」は、負けず嫌い。
「調」×3だが、マスコミが好意的なのは、相当意識しているはず。
「山+司+丑月」は、どこか頼りない。
「亥」年生まれ「山戌」は、どこまでも補佐役。
今年(03年/雨未)は干合年ばかりか、月支対冲でもあり、
結婚を意識するのは当然のことで、
「ホンマ大事に思ってるし、
これからも一緒にいられればいいなぁと思っています」と発言するが、
困ったことに10年運「31歳灯酉」は、ラッキーカラーながら害。
結果を急ぐのはどんなものか。
しかも、干合日干「陽」が、年干と月干(共に宝)と二次干合すると、
日干は「海」・年干と月干は「雨」の水性天干一気となり、
年支「亥」と月支「丑」もふくめて、水性が強くなりすぎ、
日支「戌」が集中して剋線になり、配偶者の座はおぼつかない。
くつろいでいられるのだろうか。人は悪くないだけに、ちょっと哀れだ。
 
t・A・T・uが来日キャンセルした哀しい理由●
衝撃。ロシアの女性デュオ「t・A・T・u」の二人のうち、
03月(草卯)の初来日キャンペーンを
体調不良でキャンセルした
ジュリア・ヴォルコヴァ(85-0220/鉄寅)が、
02月(木寅)に妊娠中絶していたことが発覚した。
ジュリアは、DNA「禄」主導で、自己中心。
「鉄+禄+寅月」は、寸前で手痛い裏切にあう。
エネルギー268点で、「丑」年生まれ「鉄寅」は、内外シーソー。
オトコがいるならば、仕事がうまくいかないのは当然で、
声に異常がでたのも、身からでた錆。
「禄+玉」で自己発揮できない体質だし、
「禄+龍」は、視野の狭い趣向。
同性愛演出もメッキがハゲたということだ。
条件なし天冲殺に、やりすぎたツケということか。
一方、相方の
レナ・カティーナ(84-1004/宝未)も、
ボーイフレンドとの熱い抱擁を目撃されており、カリスマイメージも地に墜ちた。
そのレナは、DNA「貫」主導で、環境により本質が変化。
「子」年「未」日生まれは、害持ちで表裏あり。レズとの両刀使いもないことはない。
いずれにしろ、これだけトラぶれば、わざわざ日本においで頂かなくてもいいかも。
 
長渕剛がどしゃぶりの雨で不機嫌●
暴発。すっかり過去の人のはずなのに、
05月01日(木戌)に1年ぶりに発売したシングル
しあせになろうよと、
05月14日(灯亥)に発売されたアルバム
Keep On Fighting
ロクに売れずに荒れに荒れているのが、
長渕剛(56-0907/灯丑)。
シングルは、11万枚。
アルバムも、12万枚ほどだというから、
全盛期にはミリオンをとばした彼にとっては不甲斐ないのだろうが、
生年生月冲殺のクセに、ラジオ番組をドタキャンしたり、
気にくわないからといってスタッフを総入れ替えするなど、
傍若無人ぶりでは売れるものも売れない。
長渕は、DNA「司」冲殺主導で、波が多い。
「灯」なのに、年干も月干も「陽」だから、
負けまいと頑張るのが、かえって裏目にでる。
まして、今年(03年/雨未)は天剋地冲で、焦ればぶち壊れる。
そもそも、今どき「あの頃に戻って、幸せになろう」というような、
過去にこだわるオトコに時代整合性なし。
「申」年生まれ「灯丑」は、ただのわがまま。
来年(04年/木申)は60年に一度のラッキーカラー条件あり天冲殺だが、
それまでもつかどうか。ダメな人だ。
 
運命評論家の(鳳積堂★きたでら)です。
「鳳積堂(housyakudou)」の「鳳」は中庸精神。「積」は磨き徳を積む。
BEは客観的見地にたって運命を考察しながら、
皆さまのお役にたっていきたいと考えます☆
コラム総合目次//茶房会館(1 9 9 6 年〜)
さ く い ん
03年01月分 03年02月分 03年●03月分 03年04月分 03年05月分 03年06月分
03年07月分 03年08月分 03年09月分 03年10月分 03年11月分 03年12月分
BE●鳳積堂 Copyright(c)1994→2016 birthday-energy.inc.
 
BE●運命向上委員会BE●鳳積堂 きたでら
BE●運命向上委員会BE●運命向上委員会
BE●苺1BE●苺2