BE●BE●よけいなお世話
BE●苺1BE●苺2
熱意と心のDNAで運命を科学する 運命評論家●鳳積堂 BE
※「よけいなお世話」は著名人を誉めたり貶したりしながら、自分を磨く頁です☆
2 0 0 2 年(海午)●07月分// よけいなお世話
 
07月分一覧(2002年目次)
内博貴●期待の新星と呼べるのか(2002_0701)
竹内結子●月9ランチの女王でコケる(2002_0702)
安達祐実●火9ナースのお仕事登場に期待大(2002_0703)
八塩圭子金子達仁最悪午未同士婚(2002_0704)
草野満代●放送作家小山薫堂とみすぼらしい不倫(2002_0705)
優香松本人志野合交際発覚という情けなさ(2002_0706)
滝沢秀明●日9太陽の季節で正念場迎える(2002_0708)
EGO-WRAPPIN'●月10私立探偵濱マイクに花添える(2002_0709)
コブクロ小渕健太郎より黒田俊介が上格(2002_0710)
パパイヤ鈴木●試される破壊力主張する活火山(2002_0711)
千秋●夢で躓く表裏人間が遠藤章造と病腐婚(2002_0712)
窪塚洋介叶恭子南国の島15連泊というご乱心(2002_0713)
神木隆之介●土9探偵家族の最高子役は人気者(2002_0714)
石田ゆり子河村隆一発展も話題性ゼロ(2002_0715)
HERE WE GOでジャニーズを変える腕力(2002_0716)
DJ HASEBE●夜遊びが基本は時代遅れ(2002_0717)
上戸彩●水10マイリトルシェフの生意気が売り(2002_0718)
安室奈美恵SAMとの遅すぎた離婚(2002_0719)
安藤優子●そろそろ夢からさめてくれ(2002_0720)
永瀬正敏●月10私立探偵濱マイクで復活する気配(2002_0721)
鶴田真由●NYの芸術家と交際中(2002_0722)
野波麻帆●火9陰陽師で生き残りをかける(2002_0723)
Mr.Children 桜井和寿●小脳梗塞で活動中止(2002_0724)
永井大●水10マイリトルシェフで華麗な転身(2002_0725)
RIP SLYME●仲間あっての楽園ベイベー(2002_0726)
西山繭子●金10愛なんていらねえよ夏で汚れと同居(2002_0727)
内田有紀吉岡秀隆微妙すぎて応援できず(2002_0728)
杉浦太陽梶原芽衣遊んでる場合かな(2002_0729)
山下智久●月9ランチの女王いつになったら噴火するのだ(2002_0730)
伊藤歩●渋ぶすぎてハジけきらず(2002_0731)
 
■2002年07月01日(鉄午)
内博貴●期待の新星と呼べるのか
■7月29日(山戌)にスタートする、東京浅草が舞台の人情ドラマ
TBS系昼ドラ『ドレミソラ』(月〜金午後1:30)で、
黒谷友香(宝卯)扮する教師の生徒役として、
大沢あかね(85年8月16日/灯亥)とともに、
関東初見参となるのが関西Jr.期待の星、
内博貴(86年9月10日/灯巳)。
けがで挫折した元サッカー部のエース役で、
大沢の老舗煎餅屋に対抗する近代的な煎餅屋の息子を演じる。

内は、DNA「禄」主導で、自己顕示欲強く、生まれながらのスター気質。
「禄+調」は、細やかな女性的感性を前面に押し出す、ユニークな発想。
「禄+石」は、他人をうまく使いこなす。
「禄+貫」は、素直とは言えないが、計算された演技。

10年運初旬「9歳山戌」は、年干支「陽寅」と大半会的
(初旬のみ、山と陽は同格)なため、成功運型。
「9歳山戌/19歳畑亥/29歳鉄子」は、変剋律10年運で、悩みを伴えば才能が磨かれる。
「29歳鉄子/39歳宝丑」は、10年運天冲殺。

宿命の特長は、エネルギー212点。
水性ゼロ(DNA車/牽なし)は、こってりとした熱さ。配偶者運・名誉運は原則なし。
年干「陽」月干「灯」日干「灯」のならびは、火性の天干一気で、とにかく目立つ。
「寅」年「巳」日生まれは、害を所有し、表裏あり。怖い人だ。

本年(海午)は、宿命に存在しない水分の干合年で、内が大きく変わり飛躍する時期。
そして、7月(灯未)は火性天干一気が強化され、
周囲を巧みに使いながら、表出する。
頼もしいばかりか、恐ろしい内の今後に期待大だ。
■読者メール→
「今年は干合で、火性天干一気が崩れますが、
その場合、月運で火性が巡ってきたことによる強化は、
通常の年とどのような違いがありますか?」
干合は違う世界へ行くパスポートですから、
崩れても変化した姿が木性ですから、本質には影響がありません。
ですから、火性月で動きがあるのです。
通常年は変化しない状態で強化される。その違いですね。
「黒谷や大沢が条件なし天冲殺ですが、
内と大沢は、日干支納音関係なので、この番組はコケるのでしょうか?」
黒谷主体に考えれば、ラッキーカラー支合日スタートで、満更でもないでしょう。
「それにしてもお昼に学園ものやって、誰が見るのでしょうか?」
主婦が見ます。それに、7/29はもう夏休みですよ(笑)。

読者メール→
「昼ドラがはまる人、はまらない人というのはあるのでしょうか?」
自然に即したBEで考えれば、朝は春生まれ。昼は夏生まれ。
夕刻から夜は、秋生まれ。夜から深夜は、冬生まれです。

読者メール→
「火性の天干一気で目立つと、周りから見ても裏表ある人だと分かり易いのでしょうか?」
天干一気は目立ちますから、注目は浴びやすいのですが、
そのぶん支の部分は隠されます。
また、寅(木性)と巳(火性)の害は、相生関係であることも、見逃せません。

読者メール→
「天干一気の子丑冲殺ということで、使いづらそうな人材なんですけど、
J事務所に使いこなせんのか?」
こういう人がでてくることじたい、そろそろキツいということですね。

読者メール→
「昼ドラだなんて、ちょっと勿体ないですね。
山下智久なんかはいいから、もっとこっちをPUSHしてほしい!」
同感だね。
 
 
■2002年07月02日(宝未)
竹内結子月9ランチの女王でコケるのか
■常に30%を超える視聴率を求められる月9。
あのキムタク(山申)・さんま(雨亥)コンビさえもズッコケて、
もはや後がないと言うより、長期低落傾向が顕著。
7月1日(鉄午)スタートの『ランチの女王』。
今季も『ナースのお仕事4』はじめ強敵揃いで、大苦戦は免れない。
その月9に、にわか信じがたいが、
フジ局内で争奪戦が繰り広げられたという
竹内結子(80年4月1日/木辰)が、
ヒロインのウェイトレス役で登板する。

竹内は、DNA「石」冲殺主導。
誰とも巧くやれそうで、実際には協調性和合性に欠け、周囲に翻弄される。
「石冲+車」は、一生懸命進もうとしても、空回り。
「石冲+禄」は、他力本願でヘンに利用されやすい。
「石冲+司」は、日常生活は質素で味わいに欠け、
家庭的な味をもとめても、真っ当な結果は望めず。
「木+石冲+卯月」は、妙に自信満々で、おだてに弱いため、道を誤りやすい。

10年運初旬「9歳山寅」は、初旬10年運天冲殺。
「卯」月「辰」日生まれに「寅」がきて、春の方三位がそろい、
相応に強さを発揮し、生月冲殺でもあり、成功運型。
DNA「禄」は、それでも自意識過剰なスター気質を与えられている。
現在の10年運は、「19歳灯丑」で、ラッキーカラー10年運。

宿命の特長は、エネルギー203点。
ラッキーカラーの火性ゼロ(DNA鳳/調なし)は成長力に欠け、野人。
むろん、料理など作れず、作っても味音痴。
しかも、それに気がつかない性癖なので、最悪。
生月冲殺は流れに乗らねばならないのに、
この救いのなさが滑稽な性癖を付加するが、
出しゃばりなクセに地味で控えめな印象を与える「木辰」なだけに、
トップ女優を望むのはおこがましい。

ドラマでは、彼女を巡り5人のオトコどもが争奪戦を繰り広げる展開らしいが、
共演の伊東美咲(海午※)ならともかく、この人では笑い話にしかならない(爆)。
3年前の天冲殺+害年に共演した藤木直人(宝亥)の妻子持ちマネージャーを略奪したことは、
あまりにも有名だが、生月冲殺が自己発揮した顛末は、惨め。
勇んで月9に挑戦するのはいいが、数字はとれず、回を追うごとにじり貧は決定的。
身からでた錆とは、この人のことだ。
■読者メール→
「異性で自己発揮してしまったのは、
日干支と月干支が干合支害なことが主原因ですか?」
自己発揮というより、あまりにも宿命通りで笑えないです。

読者メール→
「宿命に天冲殺を所有し、ラッキーカラーゼロの人は、
どんな生き方が望ましいのでしょうか?」
昔なら兵隊です。今の世の中では、捨て身になって成功をつかむのは、
なかなか難しいのですが、組織の一員として、物事を難しく考えず、
単純に日々を送らねばなりません。

読者メール→
「逃げ道は業界から消えること?」
消えるのは自己発揮ですから、消されることでしょう(笑)。

読者メール→
「空回りしてもすぐ倒れないのは、初旬春の方三位の強さが裏目に出ていますね?」
ただし、宿命に火性ゼロなのが、
10年運で活躍しているように見えても、それは虚なのです。
「でしゃばりな生月は始末が悪いですが、ひたすら受け身でいるべきですよね?」
出しゃばるヒマもないほど、仕事をいれればいいのですから、
女優ではなくバラエティタレントのほうが、似合いでしょう。
 
 
■2002年07月03日(海申)
安達祐実●火9ナースのお仕事登場に期待大
■火9『ナースのお仕事4』で、新人ナース役として、
観月ありさ(鉄寅※)をやりこめるのが、
安達祐実(81年9月14日/草未)。

安達は、DNA「車」主導で、危険大好き。単純ながら犠牲的本質。
「車+車」は、計算された行動力。スピードの加減あり。
「車+鳳」は、大衆的性情。
「草+車+酉月」は、強くはないが、ケンカしても根にもたない、気分のいい争い。

10年運初旬「8歳山戌」は、DNA「司」だが、
年支月支(共に酉)と害が形成されるため、まともな生活に縁なし。立場も一生不安定。
「8歳山戌/18歳畑亥/28歳鉄子」は、変剋律10年運で、精神苦と共に才能に磨きがかかる。
現在の10年運は、「18歳畑亥」の、DNA「禄」の半会で、引力本能強化。

宿命の特長は、エネルギー190点で、旧型アイドル並み。
水分ゼロ(DNA龍/玉なし)は、親縁なく成長力も乏しい。

今年(海午)は水分ゼロの安達にとって、願ってもない水の年。
『ナース4』での客演は大期待。
訳のわからん雑誌で水着姿を披露するヒマがあったら、
お得意のケンカ口上で、にぎわせてほしいものだ!
■読者メール→
「星の数ほどいた子役スターの中では、成功したと思えるのは、
10年運にふさわしい精神苦を、母親の男関係etc・・で味わっているからでしょうか?」
それもありますが、羅状干支の草酉×2が若年から、
午未と見まがうほど完成の手助けをしたからでしょう。

読者メール→
「芸能界入りは母親がきっかけだと思ったのですが、親縁がないのですか?」
親縁とは、父親をさすのが基本です。

読者メール→
「車だけど、あんまり顔が長くありませんね?」
顔が鋭角的で、攻撃的でしょ!

読者メール→
「ずばり彼女は、これからも芸能界で生き残れるのでしょうか?」
生き残らないで、どうするのですか? 他にやることは、見つかりません。

読者メール→
「ナースの衣装が、ブカブカで気になりました。華奢で幼く見えるのは、なぜでしょうか?」
草→酉×2で最初から完成されているうえに、戌で害されていては、成長ができません。
しかし、それが儚いまでの秋の花の魅力なのでしょう。
 
 
■2002年07月04日(雨酉)
八塩圭子金子達仁最悪午未同士婚
■土9『出没!アド街ック天国』などの司会を担当する、
テレビ東京の
八塩圭子(69年9月12日/鉄寅)アナが、
スポーツライターの
金子達仁(66年1月26日/草酉)と、
2年間の交際をへて、今秋にも結婚することがわかった。

八塩は、DNA「石」主導で、本質和合人間。
「石+石」は、究極のズルで、集団のなかでの変わり者。
「石+龍」は、言い訳無用の実行力。金銭感覚なし、技術のみにたよるアナ。
「石+玉」は、理屈っぽい。
「石+調」は、自尊心強くもプライドなし。補佐役の器。
「鉄+石+酉月」は、最強の「鉄」で、おだてに弱く、肉親縁薄い。
10年運初旬「9歳木戌」は、初旬10年運特別条件付天冲殺で、成功運型。
しかし、年支・月支(共に酉)とは害となり、
どこか病的で、はかなげな印象と、前進力と立場の不安定さが一生つきまとう。
2旬「19歳草亥」も10年運特別条件付天冲殺。
現在の10年運は、「29歳陽子」で、ラッキーカラー10年運。
宿命の特長は、エネルギー153点とアイドル並みの生日冲殺。
「酉」年生まれ「鉄寅」は、異性理解不能。

金子は、DNA「禄」主導で、自己愛の象徴。
自己顕示欲強く、愛情奉仕は手段にしかすぎない。
「禄+調」は、組織になじめず、ユニークな発想。
「禄+車」は、ルールに縛られるのが苦手で、フリーでしか仕事が出来ず。
「禄+貫」は、計算された自我。素直ではなく、何でも計算する。
「禄+禄」は、不器用。
「草+禄+丑月」は、地道に計画をたてて生活をしても、
中年から晩年にかけ、異性などで身を滅ぼす。
10年運初旬「7歳山子」は、DNA「司」の堅実さを付加されるが、条件なし。
「7歳山子/17歳灯亥/27歳陽戌」は、変剋律10年運で、精神苦とともに才能が磨かれる。
宿命の特長は、エネルギー203点。
「巳」年生まれ「草酉」は、一か八かの勝負師。

二人の出会いは、一昨年(鉄辰)の雑誌の対談で、金子の干合支合年。
60年に一度思いが叶う、名誉と出逢いの好機。
金子主導で交際が始まったものだが、
これはフリーの金子が、今後ともさまざまな形で、八塩を仕事上利用する計画のあらわれ。
金子の月干支「畑丑」が、八塩の年干支「畑酉」を大半会するので、
金子は八塩に専業主婦化はのぞまず、今後も仕事をさせたい意向だ。
もっとも、異性の気持ち理解不能の八塩には、これが好都合。

また、「鉄」の八塩に「草」の金子は、日干干合でもあり、
一見この上ない相性にも思えるが、午未同士。
しかも条件なし天冲殺の結婚には、整合性なし。
さらに、金子がラッキーカラーとはいえ、
害の10年運なのだから、波乱のタネはつきない。
最も結婚してはいけない二人が、いままさに狂気のスタートラインにたっている。
そして、建設中の新居も夢のなかでの出来事で、魔物が棲む。
ダメ結婚の典型だが、むろん両人は知るよしもない。哀れな人達だ!
■読者メール→
「午未同士の結婚。同じ天冲殺同士は、結びつきやすいのでしょうか?」
共感を呼ぶ部分があるのですし、条件なし天冲殺に突入すれば、
歯止めが利かなくなり、エネルギーはより巨大になりますから、
通常の神経では踏み切れないことをしてしまうのです。
「問題を小さくするには、金子が専業主夫になるというのは、いかがでしょうか?」
ありえない話ですし、問題を小さくするという発想は適用されません。
「金子は、宿命で三合会局が成立しますが、
これはどのように解釈すればいいのでしょうか?」
金性が強くなっているので、特権意識と闘争心が強くなるのですが、
他人と協調するより、一人で全てを行ってしまうようになります。

読者メール→
「異性の気持ち理解不能の人は、専業主婦に向いていないのですか?」
専業主婦は、配偶者の社会性を応援せねばなりません。
気持ちがわからない人には、務まりませんが、仕方ありません。

読者メール→
「金子はメタル雑誌にもコラム書いてますが、いまどき何いうてんねんってな感じで、
時代遅れも甚だしい男尊女卑野郎なので、とっても嫌いです。
さっさと消えろ。凸(ーーメ」
だね。

読者メール→
「金子の月干支が八塩の年干支を大半会と言うことは、
八塩にとって金子はいい仕事のパートナーで、結婚しなければセーフなんでしょうか?」
単に錯覚であり、八塩は利用されるだけです。

読者メール→
「午未天冲殺が、フリーで仕事をする適性はあるのでしょうか?」
若い時は、助けてくれる人がいるので、なんとか出来ますが、歳をとるにつれ悲惨です。

読者メール→
「肉親縁が薄いと、異性に逃げてしまうのでしょうか?」
不幸な生いたちだったので、私だけは幸せな家庭を築きたいとか、よくいうでしょ(笑)。
 
 
■2002年07月05日(木戌)
草野満代●放送作家小山薫堂とみすぼらしい不倫
■97年(灯丑)2月(海寅)にNHK退職し、各局の争奪戦の末、
同年10月よりTBS『NEWS23』キャスターに就任した
草野満代(67年2月4日/畑亥)が、
妻子ある放送作家で、『料理の鉄人』『進ぬ!電波少年』などを手がける
小山薫堂(64年6月23日/雨卯)と親密交際中であることがわかった。

草野は、DNA「石」主導で、協調性和合性の人。
「石+龍」は、仕事ではソツない技術力あるも、
私生活では言い訳無用の実行力、金銭感覚なし。常識人とは言い難い。
「石+牽」は、自主性薄い。
「石+司」は、日常生活質素。
10年運初旬「10歳雨卯」は、宿命の月干「海」が年干と干合すると「木」となり、
それが日干「畑」と二次干合すると「山」になるので、
これと三次干合すれば、「灯卯」となり、年干支「灯未」と大半会、
日干支「畑亥」と大半会的(初旬のみ、灯と畑は同格)なため、
通常人より3倍ほどの成功運型。
その後「20歳木辰/30歳草巳」は、
「畑」にありがたい作物を意味する木性10年運天冲殺で、絶頂期。
特に、初旬を加味して、現在の10年運は爆発的となる。
宿命の特長は、エネルギー208点。
金性ゼロ(DNA鳳/調なし)は、質の良い「畑」。
「未」年生まれ「畑亥」は、異性の気持ち理解不能で、普通の結婚には向かない。

小山は、DNA「車」主導で、闘争心旺盛。危険大好き。
「車+牽」は、忍耐力あるように見える。精神不安定少ない。
「車+鳳」は、金に目なし。
「車+調」は、常に落ち着きなし。
「車+玉」は、考えたとおりに行動する、わかりやすい人。
10年運初旬「5歳宝未」は、ラッキーカラー10年運も条件なし。
生年冲殺のため、仕事に埋没すれば、相応の成功条件。
「35歳木戌/45歳草亥」が、特別条件付天冲殺10年運で、遊びに走る時期。
宿命の特長は、エネルギー205点。
「辰」年生まれ「雨卯」は、孤立しやすい。
また、「辰」年「卯」日生まれは、害となり、表裏人間。表と裏の両方の人生を歩む。

害切れの94年(木戌)に結婚して、子供もある小山は、雑誌の対談で5年ほど前、
草野と知り合い、3年ほど前(99年畑卯)より交際中で、
(別居中の小山は)離婚問題なども草野と話し合う仲だという。
写真を撮られたのは、6月22日(宝酉)の深夜で、小山の誕生日前夜。
至近距離に居を構える二人は、互いの部屋を行き来し、土曜日が定番のデートだという。

バブリー夏生まれの表裏人間の小山と、仕事一筋の感を否めない草野の共通点は、
(草野の月干と年干が)二次干合した時に出来る「木」のみ。
共に、現実優先の辰巳天冲殺程度。
未来ある関係とは言い難く、頼りにならない遊び人の「雨卯」が、
つなぎ目の「畑亥」としばしの休息を楽しんでいるとしか、思えない。
「友人です」とコメントする草野が、なんかみすぼらしくて、同情を誘う。
■読者メール→
「初旬で三合会局が成立する場合、その後も残る、影響力というのはありますか?」
発展性がありますので、次元は変えやすいのです。
「特別条件付10年運天冲殺を、遊びに流れさせないためには、
どのようなことを心がければ良いのですか?」
組織に属して管理されることです。

読者メール→
「普通の結婚に向かないから、不倫がOKという訳は無いと思いますが・・・」
他にできないのですね。

読者メール→
「異性の気持ち理解不能な女性って、男性からは、どう見えるのでしょうか?」
たぶん、なんとか理解してもらおうと必死になるか、とんでもないかのどちらかです。

読者メール→
「『NEWS23』は全体的に優等生的ムードが流れるつまらないニュース番組と思うのですが、
彼女のコメントも毒にも薬にもならなくてキライ!」
それしか求められていないから、反動を求めるのですね。

読者メール→
「金銭感覚なしで日常生活質素とは、どういうことですか?」
表向きなだけで、内面の充実はないということです。

読者メール→
「10年運が爆発的で絶頂期とは、ラッキーカラーとどのように違うのでしょう?」
ラッキーカラーは精神的満足で、10年運天冲殺は陽転なら現実的満足です。
ただし、畑に木性ですから、ラッキーカラー的ではあるのです。

読者メール→
「彼女が、ぱっとしないのは、つまらないオトコと付き合っているからでしょうか?」
月干の塩水が畑にはいらないものなのです。

読者メール→
「初旬を加味して、現在の10年運が爆発的とはどういうことなのでしょうか?」
初旬条件があり、3旬が天冲殺10年運なら、運の稼働が爆発的になるということです。
 
 
■2002年07月06日(草亥)
優香松本人志野合交際発覚という情けなさ
■6月26日(草丑)に、優香(80年6月26日/鉄午※午前4時前生まれ)と、
松本人志(63年9月7日/雨丑※午前4時前生まれ)が、
東京ディズニーシーで親密デートをした後、
港区内の鉄板焼屋で(優香の)誕生パーティを豪華に祝ったという。
その1週間程前には、松本の密会用マンションで、
15時間にも及ぶ濃密時間を過ごした写真もキャッチされている。

優香は、DNA「牽」主導で、自分の役割をわきまえた人。
プライド高く、直球には強いが変化球には弱い。
「牽+貫」は、目的遂行のための手段は、やや雑。
「牽+牽」は、車を上回るセンスある切れ味鋭い行動力。
「牽+鳳」は、温厚誠実も理屈には簡単に脱帽する。お天気屋の風情。
「鉄+牽+午月」は、物事のまとまりに欠け、異性の誘惑に弱い。
10年運初旬「7歳宝巳」は、社交術をみにつけるも、条件なし。
現在の10年運「17歳鉄辰」は、時代整合性ある闘争心を徹底的に、加速させている。
宿命の特長は、エネルギー249点と程よいパワー。
バブリー夏生まれながら、月干「海」がラッキーカラーとなっているため、大崩なし。
木性ゼロ(DNA禄/司なし)は、異性運・優しさに欠けたり、間違いやすい。
無限大といえば、それまでだが、意識せず、自分に出来ることをしていけば、怖いものナシ。

松本は、DNA「玉」主導で、生き方をなかなか変えられない人。
「玉+鳳」は、自分を棚上げ。すりかえの名人。
他人には辛辣、自分に突っ込まれると激怒。
「玉+車」は、考えたとおりに行動するわかりやすい人。
「玉+玉」は、無理をしない。
「玉+貫」は、その場限りをうまくつくろう。
「雨+玉+申月」は、幸運と不幸が同居する。脇が甘いので、すぐバレる。
10年運初旬「10歳畑未」は、日干支「雨丑」を天剋地冲するので、成功運型。
生年冲殺でもあり、仕事にはまれば、持続する。
「10歳畑未〜60歳木寅」は、ターボ運(子丑天冲殺回り)で、何をしても目立つ。
現在の10年運は、「30歳灯巳」で、ラッキーカラー10年運。
宿命の特長は、エネルギー194点と弱く、流れに乗りやすい。
火性ゼロ(DNA禄/司なし)の野人。家庭や結婚に執着なく、ケチ。
「卯」年生まれ「雨丑」は、相場師的要素。

優香のいままで表だったスキャンダルは、
99年(畑卯)11月(草亥)にフライデーされた岡田准一(草未)との車中濃厚恋愛。
一方、松本は、95年(草亥)5月(宝巳)に発覚した、
常盤貴子(宝卯)との関係があまりにも有名。
二人の交際は、去年(宝巳)の10月(山戌)に、
優香がダウンタウンの番組に出て以来とのことだが、
松本の月干支(鉄申)と優香の年干支が律音(同一)という共通点があり、
松本は優香のラッキーカラーであるものの、日支の関係は害。
配偶者成分のない人と、ラッキーカラーなしの野人が、
何を血迷ったかくっついたが、松本の害年でバレてしまった。勝手にしてくれ。
■読者メール→
「ターボ運は、なかなか生き方を変えられない人と、
軽く乗せられて流される人とでは、どちらが有効に生かせるんですか?」
ターボ運は活かすのではありません。その人物の一挙一動が目立つという現象です。

読者メール→
「日干が相生関係の場合、エネルギーは、
気を漏らす方へ流れると考えて良いのでしょうか?
今回は、優香の方がエネルギー点数も高いので、
優香の思い入れが強いと見て良いですか?」
その通りです。うっかり乗った松本が、浅はか。

読者メール→
「野人からみたラッキーカラーというのは、
よりありがたく感じてしまうものなのでしょうか?」
有り難いというより、方向感覚を失うのです。

読者メール→
「松本は優香の為に、ディズニーシーで、大嫌いなジェットコースターにも乗ったとか。
野人は絶叫マシンを喜びそうな気がしますが、
自然に存在しないものは、受付けないのでしょうか?」
玉主導じゃ無理ですよ。しかも、歳だし(笑)。

読者メール→
「ラッキーカラーが、月干または年干にある場合では、何か違いはありますか?」
月干は年干より近い位置に存在するので、より使いでがあります。
月干は目下・子供・夢の場所で、年干は目上・親・仕事の場所です。
「害同士なのに、惹かれてしまうのは、なぜでしょうか?」
惹かれているのではなく、刹那です。
一方にはラッキーカラーであるし利用のしがいもあると判断したのと、
一方には単なる遊びです。
「配偶者成分がなくて、有利な点は、何でしょうか?」
相手を選ばず出来るということで、
時には仕事のために、割り切った行動がとれるのです。
 
 
■2002年07月08日(灯丑)
滝沢秀明●日9太陽の季節で正念場迎える
■石原慎太郎(木午)東京都知事が戦後まもない、
期待と不安が交錯する時代を描いた芥川賞受賞作、
日9『太陽の季節』に主演する
滝沢秀明(82年3月29日/宝亥)。

滝沢は、DNA「禄」冲殺主導で、どんなに注目されても満足せず。
愛情を注いでも注いでも、追いつかない性癖。利用されやすい人でもある。
「禄冲+玉」は、周囲にヘンに迎合する行動力。一定しない攻撃力。
「禄冲+調」は、妙な気づかい。
「禄冲+鳳」は、安定しない引力本能。
「宝+禄冲+卯月」は、裏切られることで成長する。

10年運初旬「2歳木辰」は、初旬日居冲殺10年運で、
身内の犠牲になりきることで、生月冲殺らしい運を伸ばす。
現在の10年運は「12歳草巳」で、天剋地冲10年運。
傷つきながらも、魅力をいかんなく発揮する。
次旬「22歳陽午」は、干合10年運で、日干「宝」が「雨」に変質すれば、
年干は「海」、月干は「雨」であり、水性の天干一気となり、
周囲を吹き飛ばしながら、注目を浴びる予定。

宿命の特長は、エネルギー182点と軽く、男性としてはノリが良い。
「戌」年生まれ「宝亥」は受け身。

滝沢が期待ほど伸びないのは、良くも悪くも大事にされすぎているため。
特に98年(山寅)99年(畑卯)の天冲殺年で、売り切らなかったのが、痛い。
それというのも、年干「海」と月干「雨」という
二つのラッキーカラーが天干に同時にあるため。
特に上質な「雨」が冲殺されているので、決め手に欠ける。
とは言え、屈折した感情を、どう表現するか。
滝沢秀明、今年(海午)はデリケートな感性(DNA調)を発揮しつくす正念場だ!
■読者メール→
「上質な雨とは、どういった物をいうのですか?」
濁り水の海に対して、雨は真水です。
しかし冲殺されていると不安定なので、上質とは言えないのです。

読者メール→
「身内の犠牲というのは、J事務所のことでもあるのでしょうか?
出し惜しみされてるように感じますが、これも犠牲ととらえられるのですか?」
生月冲殺で自己発揮はいけないのにもかかわらず、
二度に渡りフライデーの餌食になっています。
これにお灸をすえる意味もあるのでしょうが、
事務所としては、かえって売り時を逃した感があります。

読者メール→
「はじめっから大物すぎて、いまいちイジれない人ですよね〜。
どこのグループにも入れないし!」
唄でも上手ければ、なんとかなったんでしょうがビジュアルだけじゃね(笑)。
 
 
■2002年07月09日(山寅)
EGO-WRAPPIN'●月10私立探偵濱マイクに花添える
■月10『私立探偵濱マイク』と言えば、
永瀬正敏(草亥)扮する情とオンナにすこぶる弱い探偵が、
横浜を舞台に暴れまくる、ペーソスを誘う物語。
それにピタッとハマるのが、
EGO-WRAPPIN'(01年5月30日/雨巳)の唄う
主題歌「くちばしにチェリー」だ。

EGO-WRAPPIN'は、DNA「司」主導で、堅実でピュアすぎ・・・。
「司+司」は、心の奥底を他人には見せず、厭世的で夢を持たない性癖。
「司+龍」は、用心深い冒険心。
「司+貫」は、急がず焦らず強い意志力。
「雨+司+巳月」は、表面から想像するより、中身は激しい。
宿命の特長は、エネルギー303点とバケモノ的。
木性ゼロ(DNA鳳/調ゼロ)も、10年運「2歳木午」の初旬10年運天冲殺で補完される見込み。
「巳×3」ばかりか、月干支も「雨巳」という特殊性。穏やかに見えて、猜疑心の塊。
自己の心を他者に悟られるのが嫌で、
常にディープな霧でカムフラージュするが、夏生まれでもあり持久力にやや欠ける。
今年(海午)は条件なし天冲殺で、DNA「石」ながら、ズル賢く振る舞うことで、露出大。
特に6月(陽午)は、年干「宝」が干合され「雨」となるので、
3柱オール「雨巳」で異常性を発揮した結果、主題歌に起用されたのだろう。

ボーカルと作詞作曲の中納良恵(74年2月28日/鉄子)は、
DNA「禄」主導で、自己顕示欲強い。
「禄+禄」は不器用。
「禄+調」は、組織になじまずユニークな発想。
「禄+車」は、ルールに縛られるのが苦手。
「鉄+禄+寅月」は、寸前のところで異性に裏切られる性癖。
10年運初旬「8歳草丑」は、日干支「鉄子」と干合支合するため、成功運型。
今年からの10年運は「28歳雨亥」となり、
以後ターボ運(子丑天冲殺まわり)が稼働し、目立つ。
宿命の特長は、エネルギー221点。
「寅」年生まれ「鉄子」は、どこか臆病なクセにわがまま。
条件なし天冲殺デビューだが、斜めに見れば「鉄寅×2」で、
ラッキーカラー陽が月干に輝いているので、とどまる訳はない。

ギターと作曲の森雅樹(74年4月21日/海辰)は、
DNA「車」主導で、犠牲的本質、危険大好きの変わり者。
「車+鳳」は、大衆的性情。
「車+車」は、計算された行動力。本能的に時期を見分ける。
「海+車+辰月」は、自己反省のマゾ的体質。
10年運初旬「5歳畑巳」は、プライドを付加されるが、条件なし。
「15歳鉄午/25歳宝未」が、宿命にない想像力が無限に広がる
10年運天冲殺で、津波のような状態。
宿命の特長は、エネルギー315点で、バケモノ並み。
金性ゼロ(DNA龍/玉なし)だが、「寅」年生まれ「海辰」は勝負師となり、
現在は怒濤のような力が働き、ブレーキなし。
96年(陽子)の結成は、中納のラッキーカラー、森のラッキーカラー半会。
表情豊かでジャジーなサウンドは、他の追従を許さず、大きなセールポイント。
4日(雨酉)発売の3rdアルバム「Night Food」もオリコン初登場5位と好調で、
森の条件なし天冲殺現象を謳歌している。
ドラマ共々、目が離せない存在で、文句なしで買いだ!
■読者メール→
「羅状に見ても特筆される干支は、鉄寅以外にも(日座冲殺は、別格として)ありますか?」
羅状を特別にあげたのは、寅×2の状態になる干支が、
天冲殺範囲であることを加味したもので、一過性です。

読者メール→
「ずっとこの曲調を極めていくのが、よいのでしょうか?」
変化しようにも重厚なのですから、たとえ干合があっても腰が重いので、
変わらぬということを売り物にすべきです。

読者メール→
「中納の条件無し天冲殺デビューが、今後影響はしないのですか?」
コンセプトを変えない限りいいと思います。現在は森の力ですしね。

読者メール→
「グループと所属個人の天冲殺は同じ方が良いのでしょうか?」
天冲殺に限らず、何らかの共通点を見いだすことが出来なければ、
整合性なく脱落するということです。
 
 
■2002年07月10日(畑卯)
コブクロ小渕健太郎より黒田俊介が上格
■10日(畑卯)に『願いの詩/太陽』をリリースしたコブクロ(01年3月22日/木申)は、
DNA「石」主導で、協調性和合性の人。
「石+鳳」は、常識人ながらガサツ。
「石+車」は、目的遂行のためには有無を言わさず。
「石+牽」は、流れにのりやすい。
「木+石+卯月」は、おだてに乗りやすい。
宿命の特長は、エネルギー192点。
「巳」年生まれ「木申」は、一か八かの相場師的様相。

ボーカルの黒田俊介(77年3月18日/木戌)は、
コブクロそのもので、DNA「石」主導は、協調性和合性の人。
「石+車」は、目的遂行のためには有無を言わさず。
「石+調」は、自尊心強くも、プライドなし。
「石+玉」は、理屈っぽい。
「木+石+卯月」は、おだてに乗りやすい。
10年運初旬「4歳海寅」は、年干支「灯巳」とは干合支害ながら、
干合の結果「木寅」となるので、日干支「木戌」と大半会のため、成功運型。
現在の10年運から「24歳鉄子/34歳畑亥/44歳山戌」となり、
変剋律10年運(異常干支の3連続)は、精神苦と共に才能が磨かれる。
宿命の特長は、エネルギー211点。
日干支「木戌」は日座冲殺で、究極のさげ▼▼。
彼に群がる異性を翻弄し、運を吸い取る。
8日(ニッポン放送24時)の放送でも話したように、
彼と釣合いがとれるのは外国人女性しかいない。
当方の差し入れのミオDを持ち帰った(笑)が、今年は改良改革年。目覚めよ!

作詞作曲を担当し、裏のコブクロである小渕健太郎(77年3月13日/畑巳)は、
DNA「車」主導で、犠牲的本質。
「車+調」は、「畑」なので目立たないが、常に反骨精神の塊。
「車+龍」は、ひらめき。
「車+禄」は、ルールに縛られたくない人。
「畑+車+卯月」は、やや大風呂敷で、口にだしてもなかなか実行できない。
免許を取りに行く時間がないとコボすが、このあらわれ。
10年運初旬「2歳海寅」は条件なし。
DNA「司」の害は、家庭に波アリ。家庭内が暗くなる人。
「巳×2」を考慮すると、結婚はなかなか期待できず。
現在の10年運から黒田同様の「22歳鉄子/32歳畑亥/42歳山戌」となり、
変剋律10年運(異常干支の3連続)は、精神苦と共に才能が磨かれる。
宿命の特長は、エネルギー254点。
どっしり重い。「巳」年「巳」日生まれは表裏なし、好青年である。

98年(山寅)に、共に長くストリートミュージシャンだった二人が出会った。
本来「巳」年生まれ「畑巳」で待ち運の黒田が、
焦りからパートナーを探し求めた害年である。
このあたりが、いまひとつ病的なはかないサウンドをかもしだす、コブクロの原点でもある。
年干支「灯巳」、月干支「雨卯」が同一で、たった5日しか誕生日が違わず、
干合する関係の二人は、共に補完しあう関係の「木」と「畑」で、
この世界では珍しく、いつまでも一緒にやれる仲。今後のコブクロに期待だ!
■読者メール→
「小渕の害年で始めたことでも、この組み合わせでは、続けてかまわないのですか?」
初旬で害の洗礼を受けてしまうと、害で動きがあるようになってしまうのです。
「04年(木申)は、コブクロの条件なし天冲殺明け+律音年で、
方向転換になるのでしょうか?」
続けていく覚悟をする時期になるか、やめてしまうのかどちらかでしょう。

読者メール→
「害年に出会った日座冲殺と離れられないことで、小渕は変剋律10年運を活かし、
そんな小渕に支えられることで黒田も才能を磨くのでしょうか?
やはりちょっと病的ですね!」
明るくないのが、害がらみの特長です。
 
 
■2002年07月11日(鉄辰)
パパイヤ鈴木●試される破壊力主張する活火山
■水10『東京庭付き一戸建て』で、唯一結婚している松本明子(灯酉)扮する二女の
夫役で露出するのが、親父ダンサーズを率いる
パパイヤ鈴木(66年6月28日/山午※午前4時前生まれ)。

鈴木は、DNA「玉」主導で、気分転換ヘタ。生き方を変えられない人。
「玉+玉」は、現実優先で無理をせず。
「玉+龍」は、心で思うこととは違う性情が流れ、
周囲と歩調を合わせるよりは、単独行程を望む。
「玉+車」は、考えたとおりに行動する、わかりやすい部分もあり。
「山+玉+午月」は、何を考えているか、つかみどころのなし。
爆発した時の威力は最高。無言になった時が、恐ろしい。

10年運初旬「3歳草未」は、プライドの高さと役割意識を付加されたが、条件なし。
現在の10年運は「33歳山戌」で、独立独歩。
年月日とも半会、特に日干支は大半会。
「33歳山戌/43歳畑亥/53歳鉄子」は、
変剋律10年運(異常干支の3連続)で、精神苦を伴えば、才能に磨きがかかる時期。
雄大な「山」なので、太れば太るほど運気も向上するが、
太っていることを、精神苦ととらえれば、これも稼働条件。

宿命の特長は、エネルギー276点。
バブリー夏生まれらしく、男性としては、強力。
火性・土性共に135点は、燃えさかる活火山で、近づくと火傷する。
たった6点の木性は虚弱(DNA車/牽薄弱)は、ほうっておけば働かず。
金性ゼロ(DNA鳳/調なし)は、不器用なしゃべりで、ただの大喰い(笑)。
水性ゼロ(DNA禄/司なし)は、優しさなし、カネに目がなく仕事は、まず断らない。
要するに野人である。

露出が多くなった昨年(宝巳)一昨年(鉄辰)は、宿命にない金性年。
今年(海午)は同様に宿命にない水性年で、ラッキーカラーと午のフォーカードの完成。
向かうところ敵なし。
本業のダンスに加えCDリリースもあるが、ドラマだろうとなんだろうと、
手当たり次第に喰らいつくのは、野人の鑑。
まだまだ、この先も条件目白押しで、目の離せない存在。
停滞気味のドラマにも、新風を吹かせるはずだ!
■読者メール→
「フォーカードは、構成する地支によって、どんな違いがあるのでしょうか?」
その12支の成分が強化されますが、日干との力関係やDNAで差がでます。
午なら火性が強化されますが、日干山に対して、火生土の相生関係により、
とんでもない威力となります。山午は最強の12点ですしね。

読者メール→
「いつ見ても同じ、独特のルックスは、玉主導ならでは、なのですね?」
古くさい顔でしょ。
「雄大な山と、本業のダンスは一見ミスマッチな気もしますが、
活火山のエネルギー発散手段なのでしょうか?」
山なのでドタバタ感と滑稽な感はありますが、存在感は活火山ならではのものです。

読者メール→
「山の人は例外なく太っていた方がいいのですか?」
例外は一切ありません。
「害持ちの山の知り合いはガリガリで、太りたくても太れないというのが悩みなので、
ツキがないのですか?」
根っ子のほうが腐っているのですから、やむをえません。
しかし、そういう方はそういう方で、存在意義があるのです。

読者メール→
「宿命に無い成分が回ってくる度に目立つのだから、もしかしてトクなのでしょうか?」
それも力強い宿命があってのことです。

読者メール→
「体に悪いくらい太っても(笑)、運気から見ると、それはOKなのでしょうか?」
自然にあった太り方なのですし、現実にトクをしていますよね。

読者メール→
「確かに太っているダンサーという、あり得ないものを確立。
それを武器として活躍していますよね?!」
何事も差別化が必要な時代です。

読者メール→
「笑いを全く意識しないガツガツしたとこが目立つ!」
目立ってこそ、山です。

読者メール→
「天干一気は目上をふっとばしますが、
地支がすべて同じ場合はどういう特徴があるのですか?」
目下や従ってくる者全てを、徹底的に利用しつくします!
 
 
■2002年07月12日(宝巳)
千秋●夢で躓く表裏人間が遠藤章造と病腐婚
■98年(山寅)に毎日放送の番組『ココリコ海上火災』で共演して以来、
99年(畑卯)には度々デート現場を目撃され、
00年(鉄辰)には東京・中央区の高級マンションで実質婚の同棲生活を送っていた、
千秋(71年10月26日/木申)と、ココリコの遠藤章造(71年7月13日/畑亥)が、
11日(鉄辰)に入籍したことがわかった。

千秋は、DNA「禄」主導で、自己顕示欲強い。
「禄+龍」は、視野の狭いチャレンジ精神。
「禄+車」は、ルールに縛られるのが苦手。
「禄+牽」は、特別教育なくとも、社会常識あり。
「禄+禄」は、不器用で、単独行動。
「木+禄+戌月」は、自分が子供のような人。
10年運初旬「4歳畑亥」は、DNA司で日干支「木申」と干合支害。
結婚運芳しくない。
現在の10年運は、「24歳宝丑」で、DNA牽は、格好をつけたい時期。
宿命の特長は、エネルギー219点。
「亥」年生まれ「木申」は、矛盾だらけの人生。
もちろん、年支「亥」と日支「申」の関係は害で、表裏人間。
つまり、表も裏もある人間を演じていないとならない。

遠藤は、DNA「龍」主導で、疑り深い人。
「龍+牽」は、心底芸能指向。
「龍+鳳」は、内面葛藤激しい。
「龍+車」は、ひらめき豊か。
「畑+龍+未月」は、好き嫌い激しく、文句をつけるのは得意だが、建設的でない。
10年運初旬「2歳木午」は、プライドが強化されるも、条件なし。
「12歳雨巳/22歳海辰」が、ラッキーカラー天冲殺10年運。
現在は「22歳海辰」の最後で、堅実な生活を送る。
宿命の特長は、エネルギー192点と軽くて乗りやすい。
「亥」年生まれ「畑亥」は孤立しやすく、「亥」年「亥」日生まれは、原則表裏なし。

二人の関係は干合支害で、精神的に惹かれあうものの、
現実的には融合しない、病的で腐った関係。
遠藤の条件なし天冲殺で実質婚がスタートし、
千秋の条件なし天冲殺で公的にも報告したのは、
おない歳と干合の影響で、腐れ縁から逃れられなかったのだから、仕方なし。
いつまでも続くかと憶測するのは、無意味。
誤った結婚による弊害を考えたほうがいいだろう。
暗くて病的な世界を自ら選択した彼らに、明るい未来の象徴などないものだ!
■読者メール→
「木は、今年改良改革がキーワードなのに、逆行することをした場合、
そのツケは、どのような形で表れるのですか?」
条件なし天冲殺なので、本人は改良(といっても、小手先ですが)のつもりなのです。
物事は、天冲殺→害→天冲殺と循環していきますので、大きな影響は害年です。
それでも気がつかない場合は、やはり子孫にでてくるでしょう。

読者メール→
「結婚運が芳しくないというのは、相手が現れないというより、
相手や時期を間違えやすいのでしょうか?」
結婚運がないに等しいのは、成分ゼロの人ですからね。

読者メール→
「干合支害の当人達は、害に気付くことはできないのでしょうか?」
そこが表裏人間の矛盾です。共通干支が弊害になっているから、
こんなものだと錯覚しやすいし、害の家庭なので、常に友人知人に邪魔されているようで、
二人だけの時間がなさそうなので、それも気づくのが遅くなる理由なのでしょう。

読者メール→
「暗くて病的な世界とは、具体的にどういった事があるのでしょうか?」
病人がでやすかったり、物にしても長持ちしないなどです。

読者メール→
「害持ち人間、ましてや初旬干合支害持ち人間は、
仕事に生きる以外にどうすればいいのですか?」
矛盾を地で行く見本となることでしょう。
 
 
■2002年07月13日(海午)
窪塚洋介叶恭子南国の島15連泊というご乱心
■時代錯誤甚だしいゴージャスが売りの叶恭子(62年10月7日/山寅)が、
インド洋上に浮かぶ南国の楽園モーリシャス島に、
今が旬の
窪塚洋介(79年5月7日/木戌)を招待して、
15連泊にも及び超豪華なバカンスを過ごしたことが、女性誌に報じられた。

窪塚は、DNA「禄」主導で、自己顕示欲が強い。
「禄+調」は、調前面におしだした女性の心をくすぐる、ユニークな発想。
「禄+牽」は、実直で相手に奉仕することで、自己を認めさせる。
「禄+司」は、自制心欠け、後先を考えず。
「木+禄+巳月」は気分屋で浪費家。
10年運初旬「1歳山辰」は、日干支「木戌」を天剋地冲するので、成功運型。
現在の10年運は「21歳陽寅」で、遊びにあけくれる時期。
宿命の特長は、エネルギー292点と重厚。
水性ゼロ(DNA龍/玉なし)は、原則頭は鈍いが、吸収力だけは抜群。
元来立ち枯れた何処か病的な「木」だが、「木戌」は普通人が迂闊に近づくと、
養分を吸い取られる、究極のさげ▼▼の男性の代表。
「未」年生まれ「木戌」は、孤立しやすい。
年干・月干(共に畑)と日干「木」が干合すると、
土性の天干一気となり、ただでさえ魅惑の人が、
さらに引力本能を増し、目上を吹き飛ばす宿命。

叶は、DNA「調」冲殺主導で、妙に偏った女を売る。社会に対する反抗心根強い。
「調冲+車」は、常に辛辣な言葉を浴びせながら、
小気味よく自己発揮をする。落ち着かない人だ。
「調冲+禄」は、組織にこびるようで馴染まず、常人には理解しがたい行動をとる。
「調冲+石」は、自尊心強く時代に逆行する、前時代的なプライドの持ち主。
「山+調冲+酉月」は、変人を誘う特殊な能力。
10年運初旬「10歳山申」は、年干支「海寅」を天剋地冲、
日干支「山寅」を納音するため、生月冲殺でもあり、通常人の3倍ほど成功運型。
現在の10年運は、「30歳陽午」のラッキーカラー半会10年運は終わり、
「40歳草巳」へと移行する、名誉が害される10年運。
冲殺された月支「酉」が半会され、理解不能の自信にみなぎるが、
やることなすこと、失敗になりやすい時期。
宿命の特長は、エネルギー195点。
見かけほど強くない。「寅」年生まれ「山寅」は、自己愛。
「寅」年「寅」日生まれは、表裏なく、わかりやすい人。

二人の関係は、窪塚の月干支「畑巳」と叶の月干支「畑酉」が大半会となり、
日支も「戌」(窪塚)と「寅」(叶)の半会なので、肉体的な関係だけなら良好。
しかし、天干一気ばかりか、日座冲殺のサゲ▼▼を、
(叶が)情の溺れる年(海午、DNA禄)に、(生月冲殺が)自ら意志で招き入れたことで、
長期低迷期に、自ら足を踏みいれたことになる。
変人の窪塚にとっては、待望の(宿命にない)水の年で、血迷った。
もっと、仕事をやれ!
■読者メール→
「15連泊は、長すぎないか? そんなに遊んでたら、仕事する気無くなっちゃうよ!」
日座冲殺ですし、水分なしだから、それが水が突如でてきて、おかしくなったんでしょう。
「叶の見かけの強さは、どこから来るのでしょう?」
山寅というのは、生まれながらの申酉天冲殺に親分肌なのです。
寅の木性がほどよく、山を剋していますね。

読者メール→
「目上を吹き飛ばす宿命の人は引力本能を増すと、
吹き飛ばしてしまう目上を引きよせて、しまうものなのでしょうか?」
飛んで火に入る夏の虫みたいなものです。

読者メール→
「女性の運を吸い取って、運を伸ばしていく窪塚は、
今回のことでも伸ばすことになるのですか?」
日座冲殺なら誰でも異性の運を吸い取るのではなく、強い人だけです。
しかし、それでも本来は仕事に専念してほしいものです。
これで、飾り物のような忌まわしい叶が、消えてくれるキッカケになるのなら、
かまいませんがね(笑)。

読者メール→
「叶恭子側の話題作りにしか見えなかったのですが、相手が悪すぎましたね!」
窪塚も浅はかだ(笑)。
「天干一気の持つ役目役割ってなんなんでしょう? 因習打破ですかね?」
世の中全員に公平にツキがまわる訳はありません。
必ずどこかでバランスをとれるように、自然界はお知らせ現象を示しているのです。

読者メール→
「外人女性と一緒になるのと、犠牲者を出していくのとでは、どちらがいいのでしょうか?」
外人女性に決まっていますが、異性より仕事に精をだしてほしいです。
 
 
■2002年07月14日(雨未)
神木隆之介●土9探偵家族の最高子役は人気者
■土9『探偵家族』で、名探偵コナン好きで、
推理力は天才的な(探偵事務所長の息子)少年を演じるのが、
最高の子役と誉れ高い
神木隆之介(93年5月19日/鉄子)。
今年(海午)は、『ウエディングプランナー』に続き、連ドラにひっぱりだこだ。

神木は、DNA「貫」冲殺主導で、マイペースをなかなか保てない人。
頑固さを押し通そうとすればするほど、妙なトラブルに巻き込まれる。
「貫冲+石」は、集団に属しながら、自己の存在価値を探ろうとして、
変わり者と見られることが多い。
「貫冲+調」は、集団に溶け込みたいのに、孤独を好む。
「貫冲+牽」は、ヘンに格好をつけたがるが、手段が雑になる恐れ。
「鉄+貫冲+巳月」は、臆病なクセに気は強く、
自分の手を汚すのではなく、間接的な意志表現をする。

10年運初旬「5歳陽辰」は、初旬10年運天冲殺。
生月冲殺でもあり、流れに乗れば成功運型。
日支の半会もあり、結果は出やすいはず。
「5歳陽辰〜25歳木寅」が、ターボ運10年運(子丑天冲殺回り)で目立つ。
「35歳雨丑/45歳海子」は、ラッキーカラー10年運。
宿命の特長は、エネルギー158点と軽く、男性としては流れに乗りやすい。
木性ゼロ(DNA禄/司なし)は、優しさや思いやり無く、配偶者成分なし。
「酉」年生まれ「鉄子」は、小心者で正直者。

神木といえば、00年(鉄辰)のドラマ『QUEIZ』の主役に大抜擢されたこと。
生瀬勝久(木戌)や財前直見(畑巳)を向こうに、
一歩もひかない迫真の演技は、今でも見た者の脳裏に焼きつき、
歴代子役ナンバーワンと語り草にもなっているほど。
今年(海午)は、天冲殺明けとラッキーカラー対冲。
月干「灯」が干合により「草」になったため、休むヒマもないほど、仕事が入る。
控えめな「鉄子」だが、この調子で走り続けてほしいものだ!
■読者メール→
「演技力は大人になっても通用するものですか?」
生月冲殺は、自己発揮禁止ですから、
学業を優先せず、仕事を断らず、流れに乗っていれば、問題はないのです。

読者メール→
「俳優は、宿命に合っているのでしょうか?」
必要な人材だと思います。

読者メール→
「天冲殺に本領発揮する生月ですが、条件ありの人の10年運天冲殺はどうなりますか?」
さらに倍になるような人と、全く良さが発揮されない人の、両極端に分かれます。

読者メール→
「DNA禄・司のない子供には、優しさや思いやりを、
小さいうちに、身につけさせたほうが良いのでしょうか?」
禄はスター意識ですから、ゼロか無限大が望まれますが、
司は地味になるのでいりません。
いわゆる、真面目さなど不要です。
また、強制的に身につけるのではなく、社会参加を通じて、自然に体得すべきなのです。
 
 
■2002年07月15日(木申)
石田ゆり子河村隆一発展も話題性ゼロ
■条件なし天冲殺の99年(畑卯)に交際が開始された、
和太鼓の
内藤哲郎(67年10月12日/畑酉)と
石田ゆり子(69年10月3日/宝亥)の二人が、
石田のラッキーカラー年、内藤のダメージ年でようやく終止符をうち、
石田はドラマで共演した
河村隆一(70年5月20日/鉄子)に急接近しているという。

石田は、DNA「貫」主導で、状況環境により変化。
反対されればされるほど、相手にのめり込む体質。
「貫+貫」は、頑固一徹で懲りない。
「貫+調」は、恩知らず。
「貫+龍」は、忍耐力強力。
「貫+鳳」は、表面温厚中頑固。
「宝+貫+酉月」は、苦難の人生で説得力ある、重厚な人となる。
10年運初旬「2歳木戌」は、初旬特別条件付10年運天冲殺のため、成功運型。
ただし、年支・月支(共に酉)とダブルの害が成立するため、
寅卯天冲殺でも親とのソリが悪く、業界内でも孤立しがち。
現在の10年運は「32歳灯丑」で、年支・月支(共に酉)とは半会で、
仕事はそれなりに動き、忙しい(DNA車)時期。
宿命の特長は、エネルギー168点と旧型アイドルなみ。
「宝」を支える「酉×2」が同質の金性で、現実面の強さから、
傷つきやすい「宝」とはいえ、精神的にも相応のパワーを生ずる。
火性ゼロ(DNA車/牽なし)は、配偶者運なく、本質ひっそり自己顕示する「宝」。
「酉」年生まれ「宝亥」は正直で、噂がたったら、交際していると見るべき。

河村は、DNA「貫」冲殺主導で、頑固さを貫けず、
マイペースを保とうと思えば思うほど空回りする。
「貫冲+龍」は、地味なクセに妙に明るく不自然な口調。
「貫冲+調」は、表面的な義理人情をふりかざす。
「貫冲+貫」は、利己主義で用心深そうで、脇が甘いので、飽きやすい。
「貫冲+石」は、周囲に溶け込もうとしてもがくが、常に半身浮いている。
「鉄+貫冲+巳月」は、自尊心強いがツメが甘いため、なかなか形になりづらい。
10年運初旬「6歳海午」は、DNA「鳳」の遊び心が付加されたが、特別条件なし。
成功運型は妙な精神統一力と生月冲殺のたまもの。
現在の10年運は、「26歳木申」(DNA禄)で、金銭物質に恵まれる時期。
宿命の特長は、エネルギー197点と、ソコソコ軽く、男性としては流れに乗りやすい。
木性ゼロ(DNA禄/司なし)は、思いやりに欠け、配偶者運も存在しない。
「戌」年生まれ「鉄子」は、原則受け身の人生で、さほど積極性はないが、
年干「鉄」・月干「宝」・日干「鉄」は、陰陽混濁の生月冲殺で、
良質とは言えないが、金性天干一気。
動乱期には、それだけで目立ち、陽転すればトクをする運型。

二人の関係は、石田のラッキーカラー「雨」が月干にあるため、
疲れた時の年下狙いとも見られ、
げんに河村の月干と石田の日干が共に「宝」という共通性はあるものの、納音関係。
しかも、「鉄」(河村)と「宝」(石田)では姉弟の関係で、感激は薄い。
さらに、石田より年下の河村が天干一気なので、石田としては居心地は良くない。
石田が旧い恋を清算するために、一時的に河村を使ったと見るのが正解だろう。

それにつけても、石田は妹(ひかり=陽辰)に(結婚を)先を越されている。
妹が先に行けば姉は焦り妹より上質の相手を見つけようとするあまり、
益々婚期が遅れてしまう。
今年(海午)から来年(雨未)は、ギリギリ最後の良好な出産時期。
石田はいったいどうするのか。
■読者メール→
「相手が年下の天干一気と、日干支が月干支を納音する組み合わせですが、
どちらがより強いダメージを受けるのでしょうか?」
陰陽の差があるとはいえ、金性を吸収する引力本能が働くのは、天干一気です。

読者メール→
「寅卯天冲殺でも親と上手くいかない場合、離れたほうが良いのでしょうか?」
そうですが、年下の子丑の妹と個人事務所を作っているくらいですから、ダメでしょう。
「前の彼を忘れるための一時的な交際は、どの位の期間なら許されますか?」
弱い人は、一瞬またはダメ。
強い人(子丑、エネルギー巨大、身強)ならせいぜい半年。
どんなに長くても1年以内です。

読者メール→
「専業主婦向きの石田ですが、仕事をし続けても大丈夫でしょうか?」
この10年運で終わりでしょう。

読者メール→
「妹に先を越された姉は、相手の次元を下げて考えるべきなのでしょうか?」
何事も陰陽です。同じように幸福にも不幸にも、ならないのです。
次元の上げ下げより、フィールドを変えねばならないでしょう。
本人があえて次元を下げるのではなく、
周囲の評価が次元が低いと判断する場合はあります(笑)。

読者メール→
「プライベートは妹、仕事は姉、というように分担はできないのですか?」
子丑の生年冲殺(ひかり/陽辰)に、自由はありませんよ(笑)。
 
 
■2002年07月16日(草酉)
HERE WE GOでジャニーズを変える腕力
■7月17日(陽戌)にアルバム『HERE WE GO!』をリリースするのが、
今最も期待が寄せられるジャニーズで、
不安定な先輩達を尻目に頑張る
(99年11月3日/畑未)。
嵐は、DNA「石」主導で、本質和合タイプで政治力あり。
「石+車」は、目的遂行のためにはうむをいわさず。
「石+貫」は、独裁者的ながらトップに君臨する器。
「石+牽」は、力を持つ者を見極める力あり。
「畑+石+戌月」は、他人の財や仕事を受け継ぐ。
10年運初旬「8歳雨酉」は、まだ突入前だが、
年干支「畑卯」を天剋地冲するので、成功運型。
宿命の特長は、エネルギー206点。
「卯」年生まれ「畑未」は、闘争的で動乱期に伸びる。
日干・年干(共に畑)が月干(木)を干合すれば、月干は「山」に変化して、天干一気。
年支(卯)と月支(戌)が支合すれば、土性的。
日支(未)を加味して、ほぼ地支一気。
つまり、活動が活発になればなるほど土性一気的になり、周囲を吹き飛ばす勢い。
さらに、宿命に水分ゼロ(禄=愛情奉仕/司=堅実味)で、
(逆転作用として)果てしない引力本能あり。
そんな嵐に、今年(海午)来年(雨未)は、待望の水分が押し寄せて、
いままでとはうって変わった活躍が期待できる。

相葉雅紀(82年12月24日/宝巳)は、DNA「鳳」主導で、風流人。
「鳳+玉」は、自分以外の周囲を客観的に判断し、
自分に災難が及ばないようにする棚上げの名人。
ついつい、ペースに巻き込まれてしまう。
「鳳+牽」は、大衆的で事業意欲あり。
「鳳+調」は、おおらかな和合性。
「宝+鳳+子月」は、常識的な人。
10年運初旬「4歳雨丑」は、伝達能力が強化され、若くして自己の本質に目覚める。
現在の10年運は「14歳木寅」で、着実に一歩一歩実績を積み重ねる時期。
この後の10年運「14歳木寅〜104歳雨亥」が、
ターボ運(子丑天冲殺まわり)で、ほぼ一生何をやっても目立つ人。
宿命の特長は、エネルギー205点。
木性ゼロ(DNA禄/司なし)は、やや優しさにかけるが、
冬の「宝」は大切にされないと、良さがでないので、むしろ良好。
豪華な内面に期待。「戌」年生まれ「宝巳」は、
矛盾を感じれば感じるほど、才気にあふれるようになる。
昨年(宝巳)、人生の折返し地点(律音)を迎えた相葉は、
今年は立場の変化があり、自己の本質をあらわにして、個人技を磨く時期。
ムードづくりに明け暮れ、精神的な贅沢をせねばならない人。

大野智(80年11月26日/雨卯)は、DNA「石」主導で、協調性和合性に優れる。
「石+玉」は、理屈で人生を渡る。
「石+鳳」は、常識人だが、ややがさつな部分あり。
「石+禄」は、行動力たくましく、人を上手く使う人。
「雨+石+亥月」は、おだてに弱く、親分肌と柔らかい部分が同居する。
10年運初旬「4歳山子」は、日干支「雨卯」を干合させると「灯卯」となり、
月干支「灯亥」と大半会となるため、成功運型。
現在の10年運は、「14歳畑丑」で、せわしい多忙のなかで乗り切る時期。
宿命の特長は、エネルギー167点。
男性としては軽く、流れに乗りやすい。
「申」年生まれ「雨卯」は、困ったときは、受け身の人生。
年支「申」と月支「亥」は、害となり、最初は躓きやすいが、
月支「亥」と日支「卯」が半会となっており、時間のかかる「雨」らしく遅咲きも、
来年(雨未)は三合会局で、DNA「貫」となり、活躍の場が用意されているだろう。
「雨卯」は、常識的な模範生。「いい人」で周囲から頼られる存在。

櫻井翔(82年1月25日/山申)は、DNA「石」主導で、協調性和合性の人。
「石+調」は、自尊心強いが先頭にたって働くものではなく、顧問や参謀タイプ。
「調×3」でもあり、女性的感性強く気づかいの人。
「石+鳳」は、常識人ながら少々粗雑。
「山+石+丑月」は、敵が少なく人の仕事をサポートしたり、引き継ぐ性癖。
10年運初旬「6歳鉄子」は、表現力が強化されるが、条件なし。
「6歳鉄子/16歳畑亥/26歳山戌」は、精神苦を伴えば、才能に磨きがかかる時期。
宿命の特長は、エネルギー229点。
木性ゼロ(DNA車/牽)は、がむしゃらさが少ない。
火性ゼロ(DNA龍/玉なし)は、ひっそりした野人。
「酉」年生まれ「山申」は、奉仕で王道を行く人。
「山申」は、先天的色気の持ち主。自分は戦いに加わらず後処理の専門家。
周囲のまとめ役としては、適任。要塞のたとえもあり。

二宮和也(83年6月17日/陽子)は、DNA「調」主導で、反抗心強い。
「調+龍」は、不満がたまりやすく、どんなに恩恵をうけても満足しない人。
「調+牽」は、内面気品も行動粗野。大胆さが売り物。
「調+鳳」は、なしくずし。
「陽+調+午月」は、夢目的を持たないと、
自堕落となるが、ヤル気をだせば自己犠牲になっても、人を助ける心の持ち主。
10年運初旬「4歳灯巳」は、年干支「雨亥」を天剋地冲するので、成功運型。
現在の10年運は、「14歳陽辰」で、ややうっとうしいが、
ライバルと闘いながら自己発揮する時期。
「4歳灯巳〜34歳木寅」はターボ運(子丑天冲殺回り)で、何をやっても目立つ時期。
宿命の特長は、エネルギー154点。
男性としては軽く、流れに乗りやすい。
金性ゼロ(DNA禄/司なし)は、温情なく配偶者運より金銭物質に縁でる。
年干「雨」と月干「山」が干合すれば、それぞれ「灯」と「陽」になり、
日干「陽」を含めて、火性の天干一気となり、クドいほど目立ち、下剋上運。
今年(海午)は、ラッキーカラー年で天剋地冲年でもある。息つく暇もないほどの多忙時期。
「陽子」は、移り気でお天気屋。
神経細やかで、あらゆるものが不安定な傾向も、
気がついたら責任ある立場に祭り上げられているタイプ。

松本潤(83年8月30日/鉄寅)は、DNA「貫」主導で、頑固一徹。状況環境により変化。
「貫+鳳」は、表面温厚中頑固。
「貫+禄」は、素直ではなく、計算された演技をする。
「貫+調」は、義理人情より我が道を行くタイプ。
「貫+貫」は、用心深く、懲りない部分あり。
「鉄+貫+申月」は、苦難の人生行程を進むことにより、味のある人となる。
10年運初旬「7歳畑未」は、初旬10年運天冲殺のため、成功運型。
現在の「17歳山午」も同様に、10年運天冲殺のため、大きな流れにもまれている。
「7歳畑未〜57歳木寅」までが、ターボ運(子丑天冲殺回り)で、やたら目立つ。
宿命の特長は、エネルギー201点。
「亥」年生まれ「鉄寅」は、人生のスケール大きく、人の援助が期待できる。
本年(海午)は害年明けで、表現力に磨きがかかる天冲殺年。
「鉄寅」は、変貌自在で臨機応変。実現可能な夢に向い、打たれ強く頑張る人。
■読者メール→
「単独でも生き残れるのは、成功運型で人生のスケールの大きい松本になりますか?」
グループというのは、さまざまな形で弊害を取り除くクッションの役割をします。
松本にしても、悪い時期はあるのですから、そこまで考えることはないでしょう。

読者メール→
「大ちゃんは、少年隊の番組中にジャンケンで決まったリーダーなのに、
『親分肌で頼られる』なんて、そうなる運命だったのね!
あの哀愁の歌声と、キレのいいダンスを活かせる場が、用意されてることを期待します!」
冬の雨の活躍の場は、まだまだ先の話です。

読者メール→
「SMAPに引導を渡すのは嵐?」
放送終了後のマネを交えた話の場でも、話題はそれで持ちきり。当然のことですね!
「宿命にない成分が、ゼロか無限大のどちらに作用するのか、法則はありますか?」
身強が一番ですが、最身弱も条件に入ればいいのです。
中途半端は使えないということです。
 
 
■2002年07月17日(陽戌)
DJ HASEBE●夜遊びが基本は時代遅れ
■日本のヒップポップ・シーンをリードしてきた、
DJ HASEBE(71年6月25日/宝巳)が、
7月10日(畑卯)に痛快な2ndアルバム『TAIL OF OLD NICK』をリリースした。
ふだんはターンテーブルを操っているDJの素顔はどんなだろう?

DJ HASEBEは、DNA「龍」主導で、物の裏側を見る。
本質が環境により変化。形に恵まれると精神苦。
「龍+調」は、向上心と不平不満が同居した人。どれだけ恩恵受けても、満足しない。
「龍+牽」は、放浪癖を芸術の世界で燃焼させる性癖。
「龍+貫」は、短時間和合無理。忍耐力強力、案外地味な私生活。
「龍+司」は、用心深い出処進退。本来、ホームグランドでの、冒険が得意。
「宝+龍+午月」は、他人と脳波の異なる想像力。
夢で知らされたイメージを現実のものとする。

10年運初旬「6歳雨巳」は、ラッキーカラー10年運で、
DNA「鳳」が付加されたが、条件なし。
現在の10年運は「26歳宝卯」で、自己確立の時期。

宿命の特長は、エネルギー191点と男性としては軽く、流れに乗りやすい。
年干支「宝亥」と日干支「宝巳」は納音で、
精神状況には変化がないのに、現実のみ破壊される。
「亥」年生まれ「宝巳」は、相場師的要素。一か八かの冒険家。

「宝巳」は異常干支で、心優しい人だが、
贅沢三昧の生活をしないと、精神に異常をきたす。
ムードづくりが上手く、直感で人生を渡る。
DJを目指す人への助言として、
「夜遊びが基本!」と言ってのけるのは、この人ならではのもの。
悪魔のOLD NICKが、カワイくてイタズラ心に溢れているジャケットに、
この人の格好良さが、滲みでている!
■読者メール→
「とても木更津出身とは思えない(笑)洗練された雰囲気はどうしてなのでしょう?
宝巳の異常干支以外に何かきっかけでも?」
それでは木更津市民から襲撃されてしまいます。
木更津市(42年11月3日/鉄申)は、今年ちょうど60歳。
DNA「龍」主導は、本質が環境により変化。
「龍+牽」は、芸術芸能に理解ありですから・・・。

読者メール→
「宝巳にとっての贅沢三昧とは、金銭面・精神面どちらに比重がおかれますか?」
金銭面で恵まれている人は、精神面。
精神面で恵まれている人にとっては、金銭面です。
また、いずれも「遊び好き・風流」などの、DNA鳳。
つまり、真水の存在が必要不可欠なのです。

読者メール→
「奉仕はしなくていいのでしょうか?」
奉仕は、DNA禄・司の存在です。成功もしない宝が奉仕をしても意味がありません。
奉仕は成功したり、余裕が出来てからでしょう。まず、磨くことです。

読者メール→
「ロックやパンクが車だとすると、ヒップポップのDNAはなんですか?
絶対車じゃないでしょ!」
宝を基本とすれば、干合になるDNA牽でしょう。

読者メール→
「DJってミュージシャンでは無いのに、CD出すというのが、よくわからない!」
小泉首相だって、クラシックのセレクションCDだしましたよ(笑)。
DNA鳳や調の表現手法のひとつなのでしょう。
 
 
■2002年07月18日(灯亥)
上戸彩●水10マイリトルシェフの生意気が売り
■木9『渡る世間は鬼ばかり』、水10『マイリトルシェフ』を掛け持ちする、
上戸彩(85年9月14日/陽辰)が、
総発行部数800万部を誇る超人気コミック『あずみ』の実写版映画で主演。
製作費は6億円、9月下旬から撮影に入り、公開は来春の予定。

上戸は、DNA「司」主導で、根は真面目。
常に出番が来ても良いように、蓄積準備を怠らない人。
「司+牽」は、保身術優秀。評論家のように他人を攻撃する。
「司+玉」は、生きるためなら何でもやる、頭の良さ。
玉×3でもあり、生意気に映っても、年配者に好まれる傾向。
「陽+司+酉月」は、名誉より財を重んじる。

10年運初旬「8歳陽戌」は、日干支「陽辰」を納音し、生年冲殺でもあり成功運型。
「8歳陽戌/18歳灯亥/28歳山子」は、
変剋律10年運(異常干支の3連続)で、精神苦を受ければ受けるほど才能に磨きがかかる。
「28歳山子/38歳畑丑」が、10年運天冲殺。
現在は、初旬の最後で、頑なに自己主張しながら、流れに乗る時期。

宿命の特長は、エネルギー199点とやや弱く、アイドル的様相あり。
「丑」年生まれ「陽辰」は、奉仕的人生で王道を行く。
秋の「陽」は、夕日。最も美しい情景であり、案外人に好かれるのが、特長。

上戸は、東京都生まれ。運の動く条件あり天冲殺の
97年(灯丑)「第7回全日本国民的美少女コンテスト」審査員特別賞受賞で芸能界入り。
99年(畑卯)の害年には、柄にあわないアイドルユニット「Z-1」の一員にされたりしたが、
昨年(宝巳)の干合年で一気に吹っ切れ、今年(海午)はラッキーカラー年。
もっとも飛躍が期待できる人材だが、(露出が)不振のTBSオンリーというのが、気になる。
■読者メール→
「年上に好かれる子丑天冲殺は年上を利用するのが上手い?」
元気なところがいいとかいうアホな理由です。
「変剋律10年運で、精神苦を避け続けた人はどうなりますか?」
そういう人はいません。才能を磨かず苦悩しただけで、終わるダメ人間ならいるでしょう。

読者メール→
「精神苦を受けて、磨きがかかる才能は、何でしょうか?」
各10年運のDNAキーワードに注目してください。
「才能に磨きがかかっても、その時点で主婦など仕事をしていない場合は、
活かされないまま終わるのでしょうか?」
主婦は立派な仕事です。同時に才能の発揮されない主婦もいるでしょうし、
才能を磨く主婦もいるでしょう。

読者メール→
「とってもイジワル顔に見えてしまいます。子丑天冲殺の人はそう見えるのでしょうか?」
そう見えない子丑では、成功もおぼつきません。
 
 
■2002年07月19日(山子)
安室奈美恵SAMとの遅すぎた離婚
■97年(灯丑)10月(鉄戌)に結婚した、安室奈美恵(77年9月20日/鉄辰)と、
SAM(62年1月13日/宝亥)が、今月10日(畑卯)に離婚していたことがわかった。
安室は、98年5月19日午前1時(18日判断草丑)に男児を出産したあと、1年間休業し、
98年暮れの「紅白歌合戦」で活動を再開。
この2月に20枚目のシングル『I WILL』を発売するなど懸命に立て直しをはかったが、
かつて「アムラー」と言う言葉を流行らし、
若い女性のカリスマ的存在として一世を風靡した面影はなく、
もはや過去の人になりさがっていた。

安室は、「石」冲殺主導で、和合したくても周囲に翻弄される。
「石冲+貫」は、集団のなかの変わり者なのに、妙に融合しようとして、失敗する。
「石冲+調」は、自尊心だけ異様に強いのに、それに見合った役割を発揮せず。
「石+牽」は、ヘンに疑い深く、組織に任せきれず、中途半端。
「石冲+玉」は、理屈をこねまわし墓穴を掘る。
「鉄+石冲+酉月」は、肉親縁薄く、組織ともはりあい、裸の王様。
10年運初旬「6歳鉄戌」は、日干支「鉄辰」を納音するうえに生月冲殺であり成功運型。
現在の10年運「16歳宝亥」は、本領発揮しつつ、妥協の時期。
エネルギー230点は、それなり。
「巳」年生まれ「鉄辰」は、落ちて上昇。

SAMは、DNA「鳳」主導で、遊び人。
「鳳+鳳」は、きさくで肩肘張らない粘り強い人生。
「鳳+司」は、個人主義者。
「鳳+貫」は、表面温厚中頑固。時代の波に乗るのがヘタ。
「宝+鳳+丑月」は、子煩悩でも子供が居着かない。
10年運初旬「2歳鉄子」は、ズル賢い性癖が付加されるも、特別条件なし。
「2歳鉄子/12歳畑亥/22歳山戌」は、変剋律10年運(異常干支の3連続)で、
精神苦と共に才能に磨きがかかる。
「12歳畑亥/22歳山戌」は、ラッキーカラー10年運。
現在の10年運は、「32歳灯酉」で多忙か空回りの時期。
宿命の特長は、エネルギー241点。
「丑」年生まれ「宝亥」は受け身の人生。
年干・月干・日干共に「宝」の純正天干一気で集中力あるが、自滅しやすい。
火性ゼロ(DNA車/牽なし)は、配偶者運原則ゼロで、結婚しても長続きせず。

二人の関係は、共通干支ゼロ。
結婚に至った97年(灯丑)は、安室の年干「巳」月干「酉」が
三合会局で異常に誇張しラッキーカラー年で、
ひょんなことから傍若無人に振る舞ってしまった安室の出来ちゃった結婚。
SAMにとっては、宿命にない火性の出現で押し切られた。

今年(海午)は、SAMの年支・月支(共に丑)の害と、
7月(灯未)は宿命にない火性の出現で、
年干支・月干支(共に宝丑)の天剋地冲月、
離婚当日は、ラッキーカラーの結果がでる日だった。

安室にとっては、年干「灯」の干合で、ラッキーカラーが失せた所に、
この「灯」が「草」に変化し、新たな異性の出現。
離婚当日は、月干支(畑酉)の納音で、日干支の害。
DNA「玉」は、母親としての役割発揮を出来なかった日。7月(灯未)も同様だ。

また、二人の間の息子(草丑)は、今年はDNA「玉」の害。
母親の裏切り。夏生まれのために、ありがた迷惑。
年支「寅」と月支「巳」は、出だしが不安で、起こるべくして起きた離婚。
親権は、SAMが持つというが、共通干のない子供を押しつけられ、なんとも不可解だ。

安室がじり貧になったのは、生月冲殺がせっかく波に乗って成功したのに、
自己発揮して結婚・出産・離婚を、全て自己の意志でおこなったこと。
今後とも一時的に注目はされても、二度と大きな栄華を手にすることはないだろう。
■読者メール→
「流れに乗った生月・生年冲殺が自己発揮してしまう
危険性はどんなところにありますか?」
自己過信です。全ての成功が自分の才能や運だけで、成り立ってしまうと錯覚するのです。
一人の力など微々たるものだということを、忘れてはいけません。
「ニュース番組で取り上げるほどのことなのか? しかもトップニュースだよ!」
恥ですね。現在雲隠れ、明らかに28日へ向けての、話題作りでしょ。

読者メール→
「宝の純正天干一気、自滅しやすいのはなぜですか?」
宝石がたくさんあっても、張りあうだけです。
陽も同じ。融合しやすく自滅しにくのは、木・草・灯・畑・海・雨等です。

読者メール→
「子供はこれからも二人で見ていくなんて、訳のわからないコメントをしてますが、
男児で、今年が母親の害であるならば、SAMに育てられた方が良いのですよね?」
本当は安室の実家なのですが、もう母親はいません。
ですから、SAMではなく、SAMの実家しかないのでしょう。
「三合会局は、日支がからむ場合と、
そうでない場合の違いは、どんなところに表れますか?」
極端にいえば、日支がからまないと、その人は無縁なのですから、
後味として妙なものが残らないのです。

読者メール→
「生月冲殺は、出来ちゃったでも、自分から結婚を切り出すべきではないのですね?」
絶対にいけません。周囲の意見に従うのです。
「落ちて上昇するのも、何度も使えるわけではないのですか?」
上昇のレベルがたいしたことないので、
せいぜい元の場所で、栄華を極めることはないのです。
 
 
■2002年07月20日(畑丑)
安藤優子●そろそろ夢からさめてくれ
■フジテレビ『スーパーニュース』(月〜金午後4時59分)などで活躍中の
安藤優子(58年11月19日/鉄子)に、7年越しの不倫騒動が発覚した。
写真誌によると、同局の妻子あるプロデューサーとの不倫が発覚したのは6年前(陽子)。
その後も関係は継続中で、今でも週のうちの半分近くを、
安藤の事務所名義のマンションで過ごしているという。
安藤は「そうですよね」とか「どうなんだろう」などと、
肯定も否定もしていないようだ(笑)。

安藤は、DNA「禄」主導で、自己顕示欲の強い人。
キャスターとしての姿勢も、自己を認めて欲しいというあらわれ。
「禄+牽」は、実直な実務家で、一見プライドが高そうに見える。
「禄+調」は、ユニークな発想も組織になじめず。私生活上では、グチが多い。
「禄+龍」は、教養と冒険心溢れる優れたキャスター体質だが、
視野の狭い恋愛感覚は命取り。
「鉄+禄+亥月」は、案外浪費家。

10年運初旬「4歳海戌」は、年干「山」と月干「雨」が干合してできた
月干「灯」と二次干合すれば、「木戌」となり、
これが初旬特別条件付10年運天冲殺となり、成功運型。
「4歳海戌〜84歳木寅」は、ターボ運(子丑天冲殺回り)で、
何をしても必要以上に目立つ時期。
現在の10年運は、「44歳山午」に切り替わったばかりで、DNA「龍」は改良改革。
月干「雨」の干合で、進み行く方向性の変化など。

宿命の特長は、エネルギー185点。
「戌」年生まれ「鉄子」は受け身。
元来取り越し苦労的な感性の人で、燃えるような情熱はなく、暗い人。

本年(海午)は、条件なし天冲殺明けで、遊びを壊す対冲年。
来年(雨未)のダメージカラー害年を前に、
ラッキーカラー害月(灯未)に今回の報道は興味深い。
業界では周知の事実の不倫同棲を、いま表にだされたのは、明らかにお知らせ現象。
くだんのプロデューサーあっての安藤なのだし、
彼に認められようと必死に頑張った成果が、
今の地位を築いたのは紛れもない事実。
しかし、「34歳畑未」の害の10年運で始めたものは、
明けたならば清算するのが、賢明。
このまま放置すると、とんでもない事件に巻き込まれるか、仕事を失いかねないのだ。
どちらへ転んでも苦汁の選択の安藤だが、
仕事上の積極的な言動とは裏腹に、私生活ではからっきし意気地なし。
どうする、安藤。変わらないで、悲惨な末路は見せるなよ。
■読者メール→
「10年運害の次が改良改革がキーワードになるのは、
切り替えがしやすく、害を払拭する手助けになりますか?」
ただし、ダメージカラーなため、よほどSPEEDをだして頑張らないと、
マイナスになる恐れもあります。

読者メール→
「害の10年運で始めたものは、その間では精算できないものなのでしょうか?」
清算した状態も害ですから、害の消化にしかなりません。

読者メール→
「お知らせ現象は誰にでもありますか?」
あっても日頃から鈍い生き方をしていたり、感性を磨いていないと、
見過ごしてしまう場合があります。

読者メール→
「エネルギー点数が低いので、仕事で精力使い果たし、
プライベートまで戦う気力が無いのでは?」
弱いから庇護されないといけないのです。
「不倫だからこそ、続いているのでしょうか?」
それも害の10年運です!

読者メール→
「生き方が悪くても、お知らせ現象は、必ずあるものなのでしょうか?」
悪いから、それを気づかせるために、あるのでしょう。

読者メール→
「安藤から別れを切り出して大丈夫ですか?」
そうなるように仕向ければ良いでしょう。
 
 
■2002年07月21日(鉄寅)
永瀬正敏●月10私立探偵濱マイクで復活する気配
■90年代半ばに劇場公開された『私立探偵 濱マイク』が、
月10ドラマ枠で復活をとげ、息を吹き返した感のある
永瀬正敏(66年7月15日/草亥)。
1話完結じたての1話1監督制、撮影も映画フィルムを使った凝りようで、
ゾクゾクするような仕上がりは、頭のふやけた一般ダメ人間には受けずとも、
実験的でかえって清新だ。

永瀬は、DNA「鳳」主導で、バランス感覚あり中庸精神あふれる風流人。
人情味あふれるように見えて、実際は渇いた感性が冷静沈着な性情をかもしだす。
「鳳+禄」は、お人好しで強い引力本能。
口がうまく、ツイその気にさせられてしまう。
「鳳+石」は、案外と常識人で、ガサツな一面あり。
「鳳+調」は、おおらかで柔軟性あり。なあなあとも言う(笑)。
「鳳+貫」は、表面温厚中頑固。
「草+鳳+未月」は、自分が赤子のような感覚をもつため、
子煩悩の一面もあるが、実子には縁薄い。

10年運初旬「8歳陽申」は、感受性豊かな(DNA調)初旬10年運天冲殺。
「18歳灯酉」は、主導DNA「鳳」がまわり、自己発揮の時期。
現在の10年運「28歳山戌」は、地味さがつきまといながらも、純粋な自己表現。
また、「28歳山戌/38歳畑亥/48歳鉄子」は、
変剋律10年運(異常干支の3連続)で、
精神苦にさいなまれながらも、才能が磨かれる時期。

宿命の特長は、エネルギー204点。
バブリー夏生まれのため、流れに乗るより、我が道を行くタイプ。
金性ゼロ(DNA車/牽なし)は、シャカリキに働くより、マイペース。
役割意識希薄のため、配偶者運もなし。結婚に縛られるものではない。
「午」年生まれ「草亥」は、自分自身に正直に生きる、矛盾を感じない人。

ところで、「草亥」は、未来を予測する霊感のような感性を持ち、
一芸に秀で不思議な度胸で苦難を乗り越える。
あらゆる情報に敏感で、探偵向き(笑)。
どこか持病をかかえるが、異性にかかわりすぎると、
巧みに寄生するような感触で、運気を吸いつくす、さげ▼▼。
外国人との交際・結婚でなければ自爆して、才能も枯渇する可能性あり。
ラッキーカラー年(02年海午/03年雨未)を行く永瀬の今後は、
少しだけ明るいかも知れない。
■読者メール→
「赤子のような感覚を持つ人は、子供に好かれるのでしょうか?
それとも、赤ちゃんのような引力で、大人に好かれるのでしょうか?」
両方です。

読者メール→
「配偶者成分のない人には、どういう結婚が向いているのでしょうか?」
向いていないのですから、向いていない者同士です。

読者メール→
「初旬の害が天冲殺と組み合わされる場合、次旬以降にも残る影響は、
害のみの場合とは、どのような違いがありますか?」
天冲殺はコントロール不能です。となると、害もコントロール不能です。
互いに刺激しながら、大きな力になってゆくのです。

読者メール→
「いわゆる霊感とは何なのでしょう?」
超自然現象を感じるもので、現代人にはほとんどありません。
はみだした生き方をしていないと、使えません。
 
 
■2002年07月22日(宝卯)
鶴田真由●NYの芸術家と交際中
■木9『サトラレ』に主演する、女優・鶴田真由(70年4月25日/草亥)が、
ニューヨーク在住の美術家と親密デートを重ねていたことが、写真誌の取材でわかった。
4月中旬(木辰)の週末、二人は腰に手をまわしたり、腕を組んだり、
「ただならぬ親密ぶり」で有名画廊を訪れていたという。
所属事務所では、「ボイストレーニングとか演技のためのものです」と、している。

鶴田は、DNA「司」主導で、純粋無垢。一人でいるのが、耐えられない。
「司+司」は、現実性強く、心の奥底を他人にやすやすと見せない。
「司+玉」は、生きるためなら何でも出来る。
「司+牽」は、評論家的で、保身術優秀。

10年運初旬「7歳畑卯」は、引力本能が強化されたが、条件なし。
現在の10年運は「27歳灯丑」で、ラッキーカラー10年運。

宿命の特長は、エネルギー216点。
「戌」年生まれ「草亥」は、上がって落ちる。
日干「草」に対して、年干・月干は共に鉄で、常に周囲に異性を意識している人。

「草亥」は、世渡り巧みなうえ、あらゆる情報に敏感。
一芸に秀でるばかりか度胸も良く、幾多の苦難を乗り越えてゆく人だが、
「木戌」とならぶ日座冲殺さげ●●で、異性にからみついて、運気を吸い上げてしまう。
ところが、それも日本人相手、日本国内に限定される。
今回のように海外であれば、相手が日本人だろうと、良好な交際を育めるもの。
国内で仕事をこなし、オフにはNYに舞い戻る生活を繰り返す、
鶴田にはこのうえない生き方。そのままで、お願いしたいものだ。
■読者メール→
「外国だと(外国人だと)草亥の魔力は、何処へ行ってしまうのですか?」
外国という風土が邦人にとって異常ですから、本人の異常性が融合してしまうのです。

読者メール→
「今の日本で仕事、海外で私生活のスタイルは、
海外のみですべてを行うより合っているのでしょうか?」
海外にいる時は、私人になりきれるのです。
公人として日本で仕事をしないと、才能を認められた日座冲殺は、
生きる術を無くしますから、理想的ではないかと思います。

読者メール→
「日座冲殺の相手として、何をもって外国人とみなすのですか? 国籍ですか?」
海外生まれで海外国籍を所有する日本人は、あくまでも日本人です。
重要なのは、血です。

読者メール→
「全国の日座冲殺さんには、是非見習っていただきたい!」
そのためには、自己の才能を磨き、成功することが必要ですね。
 
 
■2002年07月23日(海辰)
野波麻帆●火9陰陽師で生き残りをかける
■月8『こちら本池上署』、火9『陰陽師』という2本のドラマで
渋い脇役をこなしている
野波麻帆(80年5月13日/陽戌)は、
子役出身で、数多くのCMにも露出した。

野波は、DNA「禄」主導で、自己顕示欲強く、奉仕とスター気質の人。
「禄+鳳」は、果てしない引力本能で、説得上手。
「禄+司」は、表面の華やかさとは裏腹に堅実で家庭的。仲介能力あり。
「禄+禄」は、不器用で世渡りヘタでも、長い年月で信用を築く。
「陽+禄+巳月」は、結婚すると着実になる。

10年運初旬「3歳鉄辰」は、年干支「鉄申」を大半会するばかりか、
日干支「陽戌」に天剋地冲されるので、通常人の3倍ほどの成功運型。
現在の10年運は「13歳畑卯」で、若い女性とのふれあいを中心に、
自己の少女性に磨きをかける時期。
来年(雨未)より「23歳山寅」に入り、DNA「鳳」主体に変化し、
仕事の幅が広がり、生き方が大逆転する。

宿命の特長は、エネルギー277点。
初夏の強い太陽だが、木性ゼロ(DNA龍/玉なし)のため、
見せかけだけの暑さで、案外モロい面もあり。
「申」年生まれ「陽戌」は、わがままで甘え上手。

今年(海午)は、待望のラッキーカラー年で、例年になく忙しい条件なし天冲殺年。
もともと「陽戌」は庶民的で、商売上手。
ここ1年以内に個人的なことで、究極の裏切りにあうようだと、芸の幅も厚みを増す。
難しいことは考えず、流れにのって、社交上手で協調性抜群な面を伸ばしてほしいものだ。
■読者メール→
「究極の裏切りに遭うのは、どのような条件が重なるのが一番いい時期なのですか?」
上昇しようとする直前が一番効果的です。
それにも負けずに飛躍できる人が、選別されていくのです。
 
 
■2002年07月24日(雨巳)
Mr.Children 桜井和寿●小脳梗塞で活動中止
■新曲『Any』(7/10畑卯発売)が22日(宝卯)付オリコンで1位と、
好調なセールスを記録する、
Mr.Children
ボーカル
桜井和寿(70年3月8日/灯亥)が、脳梗塞の一種の小脳梗塞の疑いで、
ツアーなど年内の活動を一切中止することがわかった。
17日(陽戌)から始まる全国39公演ツアー関連の損失金は15億円にものぼる予定で、
都内病院に入院中の桜井にとっては、条件なし天冲殺のダブルパンチ。
突然めまいや嘔吐を訴え、足がもつれるなどの症状がでるとかだが、
本当に頭が痛い桜井は「まっずいなぁ〜」では、すまされないだろう。

桜井は、DNA「龍」主導で、常に改良改革。
物の裏側を見る性癖は、形に恵まれると精神苦。
「龍+禄」は、教養と冒険心あるものの、視野の狭い恋愛感覚。
「龍+玉」は、本音をなかなか言えず、私生活では周囲と歩調をとりづらい。
「龍+司」は、用心深い出処進退。
「龍+鳳」は、内面葛藤激しい。
「灯+龍+卯月」は、芸術的素養高く他人と脳波のサイクル違う。

10年運初旬「9歳鉄辰」は、年干支「鉄戌」を納音するので、成功運型。
現在の10年運は「29歳海午」で、干合10年運天冲殺。
DNA「牽」で、名誉の上がり下がりが激しい時期。

宿命の特長は、エネルギー153点。
軽いので、流れには乗りやすい。
「戌」年生まれ「灯亥」は、相場師的要素。

10年運の天冲殺、年運の条件なし天冲殺で、コントロール不能状態の桜井だが、
水性過多で血液の流れが異常になったと思われる。
干合による木性の異常は、体全体が固くなったもの。
しかし、ことはもっと深刻で、「満れば欠ける」のが、物事の常識。
桜井が天冲殺突入前に稼ぎすぎたので、それを自己のためにだけ消費し、
奉仕の気持ちがたりなかった証しとしか言いようがない。
10年運天冲殺に突入すれば、無の者は富を一時的に得て、
有の者はよほど生き方が良くないと財を失う。
離婚と再婚、豪邸の建設という派手な話に反して、
彼が何かのために、無益の奉仕をしたという話はきかない。
現象だけは可哀想な話だが、そうそう同情できるものではない。
静養もいいが、今からでも有り余る奉仕も、遅くない! 
■読者メール→
「天冲殺前の奉仕と、天冲殺中の奉仕は意味合いは違ってくるのでしょうか?」
運も呼吸をしています。天冲殺は、その吐き出す部分ですから、無欲の奉仕になります。
また、受け身の奉仕でもあります。
ところが、天冲殺前は現実的で、積極的な奉仕なのです。
気持ちの持ちようなのですが、ふだんから人に親切にすれば、
自分も助けられるという気持ちが大切です。

読者メール→
「今回金銭的損失を負うことで、幾ばくかの消化にはなりますか?」
消化でも程度の悪いものです。仮に復活しても、チャリティにしないと評価されません。
「奉仕と言われても、具体的にどうすべきか、
パッと思いつかないものだと思いますが、
どの辺りに着眼して行動すれば良いのでしょうか?」
私的範囲でなければ、何でも構いません。
政治家になるのが、その道ならそれでいいでしょうし、
災害援助はじめ恵まれない方への基金など、
広範囲に誰しも納得できるものがいいのです。
「この際、徹底的に生き方を変えないと、10年運天冲殺の中で、
ミスチル共々消えてゆく運命となるのでしょうか?」
最大級の消え方は、命です。あの世には、金銭物質は持っていけません。
子孫や身内ではない人に、少しでも使えればいいのです。

読者メール→
「10年運初旬の成功条件と、成功の仕方や失い方とは何か因果関係がありますか?」
融合条件のほうが、消化の仕方は良いようです。
「日干支に条件がつくのと、年干支に条件がつくのとでは、何が違うのですか?」
年干支なら親や目上を剋した形ですね。
しかし、ほとんどの成功は、孫子の代の運気を使い切るのですから、
孫子に期待しないで、広く若い人に貢献すべきなのです。
午未の人の役割は、締めくくりです。
締めないで、発展を期待しては、いけないのです。

読者メール→
「桜井、男版ヒッキーかい?」
当たらずとも遠からずですが、大人としての自覚という点では、桜井は欲が深すぎます。

読者メール→
「天冲殺前に稼いだ財と、天冲殺時に稼いだ財では、
奉仕の仕方に違いはありますか?」
天冲殺前に稼いだ財は持ち込めませんし、
天冲殺に稼いだ財は、抜けて持ち出せないのです。
何事も原則は使い切りで、そのなかでどれだけ質のいい、
回転をさせるかということになるのです。

読者メール→
「単に金銭だけの奉仕と、自分の体を使う奉仕では、何か違いがありますか?」
その人に見合った奉仕が必要で、桜井に肉体的奉仕は望まれていないでしょう。

読者メール→
「異常や生き方の悪さが、体にでるのと離婚や事故などの現象にでるのとは、
何がちがうのでしょうか?」
自分に出るようになったら、最終的なお知らせに近いのです。

読者メール→
「干合で無いはずの成分が出現することが、悪影響を及ぼすのは、
奉仕が足りないだけが原因ですか?」
陰干支の干合は異性と名誉です。同時に社会に対する役割ですね。
そこのなかで、ひずみができているのです。
 
 
■2002年07月25日(木午)
永井大●水10マイリトルシェフで華麗な転身
■水10『マイリトルシェフ』で、脱サラして自然栽培農場で働く
寡黙な青年を演じるのが、
永井大(78年5月20日/海午)。
かつては、テレビ朝日『未来戦隊タイムレンジャー』で
主人公のタイムレッドを演じていたが、
今回の転身でファンは子供や主婦から若い女性にシフトしそうだ。

永井は、DNA「龍」主導で、形に恵まれると精神苦。
物の裏側を見る性癖。攻撃されてもかわすだけ(笑)。
「龍+牽」は、放浪心にストップがかかり芸術芸能世界への挑戦。
左4龍左5牽はイイ男の代表か。
「龍+車」は、瞬間判断力抜群。ひらめきの人。
「龍+司」は、用心深く、テリトリー内の冒険者。
「海+龍+巳月」は、疑い深く性格偏りやすい。刑事役にもハマる。

10年運初旬「6歳山午」は、年干支「山午」と律音(同一)のため、成功運型。
現在の10年運は、「16歳畑未」の後半で、格好良さを追求する時期。
この後「26歳鉄申/36歳宝酉」が、ラッキーカラー10年運天冲殺で、
間違わねば好調期に入る予定。

宿命の特長は、エネルギー305点と存在感あるものの、
水分(DNA貫/石希薄)は7点と弱く、良く言えば柔軟性あり、悪くすれば自己主張なし。
流れには乗りやすく軽く扱われがちで、使いやすい存在。
木性ゼロ(DNA鳳/調なし)は、口べた。
よけいなことは言わず、男は黙って行動するのみ(笑)。
表現力がないので、役にはいりやすい。
手を伸ばす所の月干に干合相手の「灯」があり、
異性に不自由せず、ファンもつきやすい。火性137点は驚異だ。

今年(海午)は、そのダメージカラーともいえる
「灯」が干合変化で「草」に変化するばかりか、
律音(本人の日干支と年の干支が合致)で、人生の折返し地点。
新潟県生まれで、小学生の時から空手をはじめ、高校時代には全国大会で第5位。
東京農大では、やはり全国で5位。
初のトレンディドラマ役が、農業青年というのも、何かの縁か(笑)。今後に期待大。
■読者メール→
「表現力のない人は、役にどっぷりハマるということは、ないのでしょうか?」
それで、いいじゃないですか(笑)。

読者メール→
「筋肉番付で見たとき、細身ながら全身バネのようなすごい跳躍を見せていました。
その時は生意気ともとれるような無表情に近いものがありましたが、
役以外では表現を使わない方が、いいのですか?」
それが本質です。

読者メール→
「東京農大運動部所属でしたら、
大根を両手に持って踊る『大根踊り』というのを踊るのが伝統です。
彼のそう言う姿、見てみたかったなぁ(笑)!」
じゃ、松坂慶子の代わりに、東京電話のCMに出られますね。

読者メール→「火性過多の水性少ない夏の海ですから、
異性絡みで蒸発したりする危険はないですか?」
地味になるより、良いかもしれません。
 
 
■2002年07月26日(草未)
RIP SLYME●仲間あっての楽園ベイベー
■6月26日(草丑)発売のシングル『楽園ベイベー』が、7月29日(山戌)付オリコン5位。
7月24日(雨巳)発売のアルバム『TOKYO CLASSIC』が、
同1位と好調なセールスを続ける
RIP SLYME(01年3月22日/木申)が、
26日(草未)には、ケイタイとバーコードを入場券代わりにする
「モバイルシンボル」を導入する画期的な試みで、武道館で無料ライブを開催する。

RIP SLYMEは、DNA「石」主導で、協調性和合性のなあなあ。仲間あっての音楽。
「石+鳳」は、あまり繊細な部分がなく、がさつ。
「石+車」は、豪放ワンマン。大義の前には個々の感情は無視して、進む。
「石+牽」は、事なかれ主義で、長いものにまかれろ。
男子としては、今の時代の流れに乗りやすい。
宿命の特長は、エネルギー192点。
DNA成分から判定しても、軽く現実的。
「巳」年生まれ「木申」は、一か八かの相場師的要素。
「木+石+卯月」は、おだてに弱い。現在ブレイクしているのは、典型的な天冲殺現象。
もともと「木申」は、夢が大きくてエネルギッシュ。
常に何かをしていないと収まらない体質。
春生まれでもあり、根は強いが、天干の「宝×2」で周囲を限定され、
整えられた樹木で、器用なあまり格好を気にする。

MC/RYO-Z(成田亮治/74年7月15日/灯巳)は、エネルギー282点。
バブリー夏生まれ、水分ゼロ(DNA車/牽なし)の野人。
「寅」年「巳」日生まれは、表裏あり。
初旬「8歳海申」は、日干支と干合支合で、条件ありの成功運型。
この後も「28歳木戌/38歳草亥」という、
特別条件付ラッキーカラー的10年運天冲殺が巡り、中心人物。

MC/ILMARI(荻原恵介/75年6月17日/木午)は、条件なし天冲殺明け。
バブリー夏生まれで、エネルギー188点も水8点で弱い。
金性ゼロ(DNA車/牽なし)。
「卯」年生まれ「木午」は正直。
10年運「4歳宝巳」は初旬10年運天冲殺で成功運型。

MC/PES(千葉昌継/76年12月27日/雨丑)は、本年妥協の害。
エネルギー215点のうち水分108点は過多。
10年運「13歳海寅/23歳雨卯」が、ダメージカラー10年運天冲殺。

MC/SU(大槻一人/73年11月20日/鉄申)は、エネルギー239点。
月支「亥」と日支「申」が害の、まとめヘタ。
ラッキーカラー火性ゼロ(DNA車/牽なし)の野人。
生年冲殺。10年運は「4歳海戌〜」と、ほぼ一生ターボ運。

DJ/FUMIYA(竹内文也/79年3月14日/鉄辰)は、
月支「卯」と日支「辰」の害で、キレやすい。エネルギー233点。
「未」年生まれ「鉄辰」は、待ち運。
メンバー中もっとも宿命に迫力がないのがこの人で、弱点はDJ部分と言えよう。

明らかにRYO-ZとILMARIを中心とした、お気楽夏生まれが、
今年(海午)の水性年でようやく勢いを得たもの。
グループの天冲殺でもあり流れにのるが、この先全員でどうこうという手応えはなし。
今どれだけ上昇できるかで、今後が見えてくるというものだ。
■読者メール→
「グループ内の個人が天冲殺よりも、グループとして天冲殺の方が、
ブレイクしやすいのでしょうか?」
グループを器とすれば、個人は水です。
人の目は、まず外見である器に目がゆくでしょう。
その次に、中身に着目するのです。
なので、時代整合性ない『オトコ』は、
個人よりグループのほうが、世にでやすいのです。

読者メール→
「条件なし天冲殺の2年間、活躍し続けるには、何が必要になりますか?」
自己発揮せず、上の方針に踊らされるだけです。
また、年干の干合相手が陽ですから、木→陽=鳳のキーワード。
つまり、マジメにやらず遊び半分で過ごすということです。

読者メール→
「天干の、宝×2で周囲を限定されるというのは、小さく固まってしまいがち、
あるいは活躍の場が限られる、ということですか?」
木に重しがつけられるということは、破天荒になろうとしても、
きちんと相応の伸びを見せるということです。
勝手気ままにならず、定型の音楽性を提供することで、聞き手に安心感を与えるのです。
あれもこれもやるような人は、今の時代では成功できません。

読者メール→
「グループの中心人物になるのは、どういう人なんでしょうか? 一番目立つ人ですか?」
大局では時代整合性ですが、短い期間では、その年の気をもっとも活かせる人です。

読者メール→
「メンバー5人中3人がDNA車/牽ナシなのに、グループとしては、車/牽多い。
無いものを集めて、生まれてくる成分は、使いにくそうですね?」
無いからこそ、徒党を組んで補完するのです。

読者メール→
「今年と来年、勢いを得た夏生まれ。再来年以降に、気をつけることは何でしょうか?」
何もありません(笑)。いま、出来ることをやっておくだけです。

読者メール→
「天冲殺は誰しもお見通しなくらいの売れっぷり。
お気楽極楽なヒトをみたら『夏生まれ?』と思うべきですね。
夏生まれの人が中心だと、売れた後の破綻するまでも時間がかかりますか?」
時代整合性ないのですから。終わりは早いはずです。

読者メール→
「無料ライブって、奉仕になるのでしょうか?」
CD購入者対象のものを、たとえ無料にしたとしても、まるで奉仕になりません。
奉仕とは、無欲のものです。

読者メール→
「天冲殺ブレイクで上がったものは、たいてい落ちますが、
できるだけ上げておくのが、天冲殺の正しい過ごし方ですか?」
何も考えないで流れを受け止めるだけです。
姑息な生き方では、足もとをすくわれます。
 
 
■2002年07月27日(陽申)
西山繭子●金10愛なんていらねえよ夏で汚れと同居
■金10『愛なんていらねえよ夏』で、いわくありげな花屋の店員で、
主人公に複雑に絡んでくる重要な役を演じるのが、
作家・伊集院静(草亥)の娘の
西山繭子(78年1月20日/海午※午前4時前生まれ)。

西山は、DNA「牽」主導で、役割意識強く格好つけたがり屋。
ストレート攻撃に強く変化球に弱い、自己愛の人。
「牽+龍」は、放浪性が品性により加減され、庶民的な役者を目指す。
「牽+牽」は、無為無策の行動に走る恐れ。
「牽+司」は、感動希薄で評論家的なところあり。
「牽+石」は、理知懐疑的で、やや事なかれ主義。
「海+牽+丑月」は、冬の「海」でもあり、
冷ややかで少数の後進の指導をする役人や芸事の師匠的。

10年運初旬「5歳木寅」は、日干「海」と年干「灯」が
干合して出現する日干支「木午」と大半会のため、成功運型。
現在の10年運は「15歳草卯」の最後で、デリケートな感性を磨く時期。
「5歳木寅〜95歳雨亥」がターボ運(子丑天冲殺回り)で、やたら目立つ。

宿命の特長は、エネルギー243点。
木性ゼロ(DNA鳳/調なし)は、表現力の偏り。
月支「丑」と日支「午」は害で、まとまり悪く内面が汚れやすい。
ひとつのことを続けると、飽きやすくなり、結婚は不向き。
ビューネのCMで「あれもやこれもや」と部屋を散らかす姿は、笑える(爆)。

今年(海午)は律音(自己の日干支と年の干支が同一)で、人生の折返し地点。
演技に集中することで、大きく飛躍する時期。
演ずる「季理子のガラの悪さのなかの可愛さ」を見て欲しいと語る西山(海午)は、
たとえていうならば「戦場の花嫁」。
動乱期にこそ良さを発揮し、ひるむことなく多忙さのなかで、自己発揮する人だ。
■読者メール→
「人生の折返し地点を迎えた後の過ごし方で、一番大切なことは何ですか?」
どのような人生の流れになろうと、生きることに責任をもってゆくのです。

読者メール→
「戦場の花嫁は、平時はどう自己発揮していけば良いのでしょう?」
平時も何もありません。いつも戦場なのです。
「内面が汚れるのを防ぐためには、どんなことに気をつけたら良いですか?」
自分でやらず人任せにする。防がずに、ありのままとして諦めて、
社会的なことに専念したほうがいいです。

読者メール→
「律音を20代30代などの勢いのある時期に迎える人は、
どういった役割があるのでしょうか?」
役割というより自己認識の確立です。ひとつのことに集中することで、大人になるのです。

読者メール→
「日座冲殺は子供を持つと運気がダウンしますが、
子供自身も何かダメージを受けますか?」
一緒に生活していなければ、無縁です。
一緒の場合は、共倒れで、後悔することになります。

読者メール→
「日座冲殺を親にもつ、条件なし申酉天冲殺は、
どのように親と関わっていけばいいのでしょうか?
仕事のフィールドが違えば、問題ないのですか?」
一切関わりをもたないことです。

読者メール→
「結婚に不向きなのは日座冲殺の親の因縁と見てよいのでしょうか?」
それが遺伝というものです。

読者メール→
「月・日支害による汚れは、対冲の条件が現れた時しか、
浄化できないのでしょうか?」
私生活を一切捨てることで可能です。
 
 
■2002年07月28日(灯酉)
内田有紀吉岡秀隆微妙すぎて応援できず
■9月6日(灯丑)7日(山寅)放映予定の『北の国から 2002 遺言』で共演した、
内田有紀(75年11月16日/陽寅)と吉岡秀隆(70年8月12日/木子)が、
交際中であることが、写真誌の取材でわかった。

ドラマでは、夫のいる内田と吉岡が不倫からドロ沼の恋に陥る設定で、
収録をきっかけに交際がはじまったようで、業界は相変わらず狭い。
内田が住む都内マンションでデートしているほか、
吉岡の埼玉県内の実家にも訪れる関係のようで、
ラーメン店に気軽に立ち寄るシーンもリポートされている。

内田は、DNA「龍」冲殺主導で、常に見直しや再出発が迫られる人。
「龍冲+玉」は、意思の疎通をはかるのがヘタで、ワンパターン。
「龍冲+貫」は、意固地だが、その気になるとうち解けるのも早い。
「龍冲+石」は、妙な経済感覚。型にはまらぬゆらぎのある演技力。
恋のためなら、突っ走る。
「陽+龍冲+亥月」は、テリトリーを離れると一風変わった爽やかさあり。
10年運初旬「7歳山子」は、遊び心と表現力を付加されるも、条件なし。
生月冲殺なので、流れに乗れば相応の成功。
現在の10年運は「27歳鉄寅」で、やさしいが理解しがたい相手に心奪われる時期。
宿命の特長は、エネルギー191点とアイドル型。
金性ゼロ(DNA禄/司なし)は、サッパリしており、配偶者運もなし。
しかし、10年運で補われており、いよいよ結婚を意識かも。
「卯」年生まれ「陽寅」は、待ち運。
今年(海午)は、ダメージカラー月干「灯」の干合で、
ラッキーカラー「草」(DNA玉)が強化され、旧いものに縁あり。
『北の国から』もキーワードどおり。
10年運を加味すれば、これらが、二次干合され「宝」になれば、新しい異性は目白押し。
三次干合まで(宝と陽)見れば、全てが水性になる天干一気の完成で、
周囲にいる男性が翻弄される。

吉岡は、DNA「禄」主導で、自己顕示欲の象徴。
愛情奉仕も自己を認めて欲しいという手段にすぎない。
「禄+牽」は、SPEEDノロく、実直なサラリーマンタイプ。
「禄+玉」は、逃げ下手。特に家庭や私生活で、より顕著。
「禄+車」は、ルールに縛られるのが苦手。
「禄+貫」は、計算された演技論。
「木+禄+申月」は、その気になっても異性に裏切られやすい。
10年運初旬「9歳草酉」は、協調性和合性付加されるも、条件なし。
仕事にハマれば、生年冲殺でもあり成功運型。
ただし、中途半端に実家にかかわるのは、戌亥天冲殺の本質としては、低レベル。
「19歳陽戌/29歳灯亥/39歳山子」は、変剋律10年運(異常干支の3連続)で、
精神苦と共に才能が磨かれる。
また、「19歳陽戌/29歳灯亥」は、ラッキーカラー10年運天冲殺で、
次元を変えれば上昇余地有り。
宿命の特長は、エネルギー191点と軽く、流れに乗りやすい。
「戌」年生まれ「木子」は、上がって落ちる。良いことがあっても、うかうかできない。
今年のキーワードは、改良改革の対冲。そろそろ次を見据えた生き方が望まれる。

二人の関係は、共通干支ないばかりか、月支の関係は害。
それでいて、ラッキーカラー同士ということは、限定された地域での仕事で
隔離された状態でもなければ、燃えず。
つまり、一時的な関係か、宣伝クサさも抜けない。
とはいっても、吉岡出演の映画『海は見ていた』が公開中とはいえ、
『北の〜』の放送はまだ先。
となると、一時の迷いと見るのが妥当で、
福山雅治(宝亥※)と自然消滅した内田に吉岡がとりあえず、おさまっただけだろう。
■読者メール→
「三次干合による天干一気の威力は、一次や二次とは、何か違いがあるのでしょうか?」
威力というより、特定の時期に目立つ事件があるというものです。
動きが少ない方や、芸能人やスポーツ選手のような動きの激しい人なら、見受けられます。
この三次干合してできた「海」と、7月の「灯」が四次干合して、発覚ともとれるのです。

読者メール→
「吉岡は、幼い時から社会に触れていたのに、
仕事がイマイチなのは、実家と縁を切っていない他に、理由は考えられますか?」
一瞬大注目されても霞んでしまっては、はかないです。
同一生年月日の諸星和己に比べれば、随分マシなのではありませんか。
器をわきまえているのでしょう(笑)。

読者メール→
「月支の害(同士)の影響が、仕事で隔離されると薄れるのは、どうしてですか?」
隔離されると、環境そのものが不安ですから、感じにくくなるのです。
「2次干合すると、実際に多くの異性に出会うのですか?」
本人が意識すると、でてくるのです。
 
 
■2002年07月29日(山戌)
杉浦太陽梶原芽衣遊んでる場合かな
■じり貧TBSの『ウルトラマンコスモス』で仕事復帰した、
杉浦太陽(81年3月9日/陽戌※午前4時前判断)が、
99年(畑卯)年10月(木戌)組のワンギャル出身のタレント、
梶原芽衣(76年5月15日/灯卯)と、熱愛中であることがわかった。
杉浦は、先月(陽午)14日(雨丑)に傷害容疑などで逮捕されたものの、
7月2日(宝未)に嫌疑不十分などで釈放。
その間、悲嘆にくれた杉浦を陰ながら支えたのが、梶原だという。

杉浦は、DNA「玉」主導で、生き方をなかなか変えられず、懲りない。
「玉+司」は、貪欲で生きるためなら、何でもする。
司×4でもあり、かなり金銭物質にシビア。
「陽+玉+卯月」は、完全なる放浪。常に極端な人生。
10年運初旬「1歳鉄寅」は、これといって条件なし。
「21歳山子/31歳灯亥/41歳陽戌」が、変剋律10年運(異常干支の3連続)で、
精神苦と共に才能が磨かれる時期。
現在「21歳山子」は、DNAキーワード「鳳」で、表現力と遊びの苦悩時期。
宿命の特長は、エネルギー152点と、男性としては軽く流れに乗りやすいものの、
水分ゼロ(DNA車/牽なし)で、仕事運はもうひとつはがゆい。プライドもなし。
「酉」年生まれ「陽戌」は、わがままで甘えの人。
さらに、年干支「宝酉」と日干支「陽戌」は干合支害で、究極の表裏人間。
にもかかわらず、年干・月干(共に宝)と日干(陽)が干合すると、
それぞれ「雨」と「海」になり、水性天干一気となり、気と体がちぐはぐ。
自爆しやすいのも特長。

梶原は、DNA「司」主導で、一人では生きづらい体質。
誰かのためにやくだつ自覚がないと、生きてゆけない。
「司+車」は、単純で脇目をふらず、利用されやすい。
「司+龍」は、用心深く、テリトリー内の冒険。
「司+石」は、仲間大切。日常生活質素。
「灯+司+巳月」は、他人から良妻賢母に見られがちだが、
交際相手は神経休まらず、悪女。
10年運初旬「3歳海辰」は、日干「灯」と干合すれば「木辰」となり、
初旬日居冲殺10年運。
常に何かの犠牲になりながら運を伸ばすが、干合支害も成立し、
結婚運芳しくなく、異性に翻弄されやすい。
現在の10年運は「23歳鉄寅」で、DNA「司」。
本領発揮しつつも、月支の害もあり、タレント業には限界を感じている。
宿命の特長は、エネルギー246点。
年支「辰」と日支「卯」は表裏あり。バブリー夏生まれで、スピード感なし。

共通の知人を介して知り合い、すぐ意気投合して交際開始してから、3ヶ月。
杉浦の条件なしラッキーカラー天冲殺、梶原の干合年と条件はそろうが、
いくら年上好きの午未とはいえ、「陽」と「灯」では、姉弟の関係で感動いまいち。
表裏人間という素晴らしい合致点があるものの(笑)、
杉浦の日干支「陽戌」は、梶原の年干支「陽辰」を納音し、
もはや仕事のヤル気は失せている。
周囲は異性だらけ(天干の宝×2)でも、
仲良くなりすぎれば飽きてくる(天干一気の特長)体質。
条件なし天冲殺で、仕事そっちのけで、異性とよろしくでは、あの躓きも仕方あるまい。
本来なら、お知らせ現象と感じ、交際中止するのが本則だが、
杉浦にそんな思慮もなければ、
午未とはいえ干合天干一気の集中力ある者特有の存在感が働き、
意見する大人もいないのだろう。
せっかく大きく売り出すチャンスなのに、熱愛発覚ではファンも白ける。
しっかりせい、太陽!
■読者メール→
「干合により初旬が日居冲殺に変化する場合、
初めから日居冲殺である場合と違いはありますか?」
どんな場合でも、干合変化の場合はランクが落ちるばかりか、
干合しないと効き目がありません。
従って、同じ初旬条件でも、実際に動きがでるのが遅れるのです。

読者メール→
「ただの干合支害よりも、干合天干一気になる人は、
表裏人間としてバランスとりにくいのですか?」
目立つ分、反動も大きいし、質も悪いのです(笑)。暇だと自爆もしやすいですね。

読者メール→
「天干一気は、集中力バツグンですが、持続するのは難しいのでしょうか?」
干合条件のある場合は、異性の出現や仕事の世界が動かないと、効き目がありません。
あまり発揮されても困りますけどね(笑)。
「司主導の人が、役立っていると自覚する対象は、何でも良いのでしょうか?」
対象は物ではなく、人でないと持続しません。

読者メール→
「梶原は相手の役に立ちたいという気持ちで行動していても、
相手にとっては気が休まらないのでしょうか?」
クドさと害が加わり、なんとも中途半端です。
ただし、この場合は干合でも相生相剋でもなく、陰陽というのがネックです。

読者メール→
「変剋律10年運で悩む表現力や遊びは、
結論を出さず堂々巡りをしてこそ磨かれる訳ですよね?」
言い得て妙ですね。
「だいたいヒーローが熱愛報道されるなんて!」
だから、事件に巻き込まれるのです。
 
 
■2002年07月30日(畑亥)
山下智久●月9ランチの女王いつになったら噴火するのだい
■月9『ランチの女王』で、末っ子の高校生を演じる山下智久(85年4月9日/山寅)。
家族とは一定の距離をおき、感情ムキだしの兄たち3人には我関せずといった感じは、
従来山下がドラマで見せていた路線だろう。
しかし、一人の男として、兄たちは別に主人公をクドこうとしている姿は、笑える。

山下は、DNA「牽」主導で、役割意識強い。
自己の立場はわきまえるも、自己を愛するがゆえ。
ストレート攻撃には抜群の強みをみせるが、変化球にはカラッキシ。
「牽+司」は、保身術優秀。
一見、感動希薄でクールに見えるが、ただ単に疎いだけ。
「牽+貫」は、主義主張より打算優先。手段は、やや雑。
「牽+牽」は、それが自分のやるべきことと信じてしまえば、
時に「車」よりも無為無策な行動に走る恐れあり。
「牽+鳳」は、温厚誠実に見えるも、案外お天気屋。
「山+牽+辰月」は、言葉だけの攻撃でも説得力あり。
周囲を動かす能力は、「山」らしい。硬い攻撃は善意でも、憎まれる場合あり。

10年運初旬「1歳畑卯」は、協調性和合性を身につけるも、特に条件なし。
現在の10年運は「11歳山寅」の律音。必死に埋もれないように、自己確立をする。
宿命の特長は、エネルギー276点と重い。
天干は、山肌に月干の金性「鉄」が露出し、年干の「草」の成長をはばんでいる。
頼みの火性(上格の灯=温泉はなし)は、日支の深い部分に「陽」があるだけ。
存在感はあるものの、魅力はいまひとつ。
「丑」年生まれ「山寅」は、不器用でまとめ下手。

「山寅」は、生まれながらにして存在感と主導力を兼ね備える人情味の人。
ややプライドが高すぎる面もあるが、大人たちに混じって、自己発揮することが大切。
これといって取り柄のない山下も、後天的な環境が身を助けた典型的な例。
本来なら、彼より才気あふれた人材が多いはずの事務所。
出し抜けをくらわないように、気が抜けないゾ。
■読者メール→
「灯のない山は死火山? 自己発揮の方法はあるのでしょうか?」
DNA玉の発揮は、動かない山には比較的容易です。
若い時から、ひとつの流れに入り、大人に助けられることで、なんとかするのです。

読者メール→
「善意の硬い攻撃とはどのようなことをいうのですか?」
辛辣なおせっかいということでしょう。
 
 
■2002年07月31日(鉄子)
伊藤歩●渋ぶすぎてハジけきらず
■97年(灯丑)に、映画『スワロウテイル』で、
日本アカデミー賞新人賞を受賞するなど華々しいデビューを飾り、
昨年は超異色ギャルズバンド「Mean Machine」のボーカルを担当し、
本年は『ウエディングプランナー』で、
ついに連ドラのレギュラーを獲得したのが
伊藤歩(80年4月14日/灯巳)。
妻夫木聡(鉄申)を圧倒する演技をみせていたが、
最近はJACCSカードのCMで村上淳(鉄申)と共演し、幅広いタレントを目指しているようだ。

伊藤は、DNA「車」主導で、闘争本能抜群、危険大好き。
犠牲的本質で、反撃素早い。
「車+調」は、常に何かに対して、攻撃本能を発揮していないと落ち着かない人。
「車+司」は、猪突猛進で行動力あるが、利用されやすい側面から、平和時の闘争家。
「司×3」でもあり、この傾向強く、派手さより堅実な印象。
「灯+車+辰月」は、子丑でも少人数に支えられながら、後進を育てるタイプ。

10年運初旬「3歳畑卯」は、DNA「鳳」で風流心あふれる表現力が付加されるも条件なし。
現在の10年運は「13歳山寅」で、日干支「灯巳」はDNA「調」の害で、
妙な少女趣味を発揮させられたり、反抗心を売りにしか出来ない時期。
この後、「23歳灯丑/33歳陽子」が、10年運天冲殺。
「43歳草亥/53歳木戌」は、ラッキーカラー10年運特別条件付天冲殺。

宿命の特長は、エネルギー277点とほれぼれするが、
本人の火性52点に対し、金性が104点と強く、気後れする。
「申」年生まれ「灯巳」は、闘争的ももめ事に対しては、逃げ腰。

「灯巳」は、先祖の運気を背負った因縁ある生まれ。
完全を求めるあまり、なかなか人に理解されない。
広いところに放りだされると不安で、一度に多くのことが出来ない不器用な人。
10年運害をあと少しで終了し、独立心が旺盛になるのが、
地道な方向性を選択しそうなので、
せいぜい事務所を代わる程度でお茶を濁しそうだが、
現実性豊かな人でもあり、表現者より実業の世界に行ったほうが大成する。
今だけの人なのか、今後の推移を見守りたい。
■読者メール→
「金性が強いと気後れするのはなぜですか?」
相剋の相手が強すぎると、萎えてしまうのです。

読者メール→
「来年の10年運切り替わり時に、実業の世界へ行けば活躍が見込めるのですよね?」
実際にはさ来年(木申)のラッキーカラー支合の年ですね。
「どのような事業が向いているのでしょうか?」
才能が車ということと、DNA右端が調ということで、女性相手のスポーツ関係の仕事。
多忙な女性をさまざまな側面からケアする、
新しい(生き方のキーワード龍)商品を提供するサービスなどが向いているでしょう。

読者メール→
「なぜ、広いところだと不安なのですか?」
精神構造も現実構造も同質の火性で、分散されることを嫌います。
相生するものも相剋するものもないため、子丑といえども集中しないと辛いのです。
「どのような先祖の運気を背負っているのかは、どの辺りを見ればわかるのでしょうか?」
子丑というのは、すべからく衰退した一家に生まれるか、
流れを変える所にしか生まれません。先祖の運気は月干支にあらわれています。
鉄辰には機敏で闘争の果てに、家系を支えた何かが、隠されているのですよ。

読者メール→
「このまま芸能界から、実業の世界に行くことは考えづらいと思いますが、
どうすれば方向性を転換できますか?」
挫折することが突破口です。
10年運天冲殺に突入するには、今までの成果は持ち込めないのが原則ですから、
自然に風が吹くことです。
ノロければ、次の干合(海の年)で、
自身が草になり、さらに年干・月干(共に鉄)が二次干合する時期に、
ようやく変化かもしれません。
 
02年01月分 02年02月分 02年03月分 02年04月分 02年05月分 02年06月分
02年08月分 02年09月分 02年10月分 02年11月分 02年12月分
コラム総合目次//茶房会館(1 9 9 6 年〜)
さ く い ん
このページを美しくみる方法はこちら
プラウザのバックを使ってお戻りください●
BE●鳳積堂 Copyright(c)1994→2012 birthday-energy.inc.
BE●運命向上委員会BE●鳳積堂 きたでら
BE●運命向上委員会BE●運命向上委員会
BE●苺1BE●苺2