BE●BE●よけいなお世話
BE●苺1BE●苺2
熱意と心のDNAで運命を科学する 運命評論家●鳳積堂 BE
※「よけいなお世話」は著名人を誉めたり貶したりしながら、自分を磨く頁です☆
2 0 0 3 年(雨未)●01月分// よけいなお世話
 
01月分一覧(2003年目次)
ゴリ 照屋年之●妥協と害で02年を締めくくる(2003_0101)
海保知里●瞬き知らずの素顔(2003_0103)
ココリコ 田中直樹小日向しえ写真誌の餌食(2003_0111)
河西りえ●注目のCM探訪//クノール(2003_0113)
永岡佑●注目のCM探訪//DION(2003_0115)
上川隆也竹内結子野人同士の宴(2003_0117)
佐藤仁美●連ドラ助演女優という姿(2003_0121)
後藤理沙●ポスト広末涼子の電撃引退(2003_0122)
室井佑月つぶやきシローを拾った過去(2003_0124)
ロードオブメジャー●一発屋最強バンドの中身(2003_0126)
夏川りみ●涙そうそう浮上理由(2003_0127)
木村多江●薄幸脇役という野人(2003_0128)
江角マキコ●入籍した平野眞の正体(2003_0129)
市川染五郎●最終的に選んだ女性の素性(2003_0130)
 
■2003年01月01日(木戌)
ゴリ 照屋年之●妥協と害で02年を締めくくる
■フジテレビ系『水10!ワンナイR&R』の女性キャラゴリエで大ブレイク中で、
昨年はNHK『ちゅらさん』でヒロイン国仲涼子(灯未)の兄役を演じて、
好評をはくした沖縄の期待の星、
ガレッジセールのゴリこと
照屋年之(72年5月22日/雨丑)が、
30日(海申)に、一般人の同年齢の女性(東京在住・家事手伝い)と入籍したことがわかった。
挙式などは行わない予定だそうだ。

ゴリは、DNA「司」主導で、堅実で真面目。一人で生きていくことは出来ない。
「司+貫」は、強い意志力。
「司+車」は、猪突猛進。単純なので利用されやすい。
「司+石」は、家庭大切で、精神的には質素。
「司+鳳」は、耐え忍ぶ人。
「雨+司+巳月」は、みかけより中身が激しい。

10年運初旬「5歳陽午」は、年干支「海子」を天剋地冲するので、成功運型。
これに、堅実さにブレーキがかかる害が付加された。
さらに、表現の方法に汚れ役や意図したこととは違うおかしさが加わってしまう。
現在の10年運「25歳山申」は、DNA「牽」で名誉が形になりやすく、
干合でもあり結婚しやすい時期。

宿命の特長は、エネルギー203点。
やや水気が多いが、バブリー夏生まれのため丁度いいかも。
「子」年生まれ「雨丑」は、まとめベタ。

これといって特長がない宿命だが、現在の成功は夏生まれながら、
「車」持ちを活かした、他人とは異なる生き方がすべて。
「年の瀬に慌ただしく入籍した理由は、できちゃった結婚ではなく、
2年前のこの日(海戌)に彼女と出会ったため」としているが、
2年前(鉄辰)はラッキーカラー年でも、今年(海午)は違う。
妥協や相手から迫られてというのが真相である。

相手の生年月日が不明でも、ゴリの配偶者の場である日支(丑)が、
今年(海午)は害でコントロール不能状態。
妊娠か否かは別にして、気持ちが弱くなったのと、
大台を迎えた不安などを感じているに違いない。
初旬10年運害で、害年には縁があるが、
来年(雨未)の納音目前の入籍はいかがなものか。
新たな因縁が生まれた訳だが、それは彼の自由としかいいようがない。
■読者メール→
「陰の干の人の10年運干合は、キーワードが名誉ですが、
結婚をすることは、名誉への集中を妨げたりしますか?」
一般的には陽干より陰干のほうが弱いのですから、結婚するとその役目役割が増え、
特にエネルギー点数の低い者は仕事への稼働力が落ちる場合があります。

読者メール→
「入籍は日支の害年より来年の納音まで、待った方が良かったのでしょうか?」
とんでもありません。せっかくラッキーカラー年で出会ったのですから、
01年(宝巳)中に結婚すべきだったのです。
夏生まれの「雨」。このノロさは最悪です。

読者メール→
「ゴリエは可愛いと思いますが、女装の似合うDNAってあるのでしょうか?」
似合う似合わないのではなく、宿命害持ち初旬害持ちは、抵抗がなくなります。
また、陰の干であれば、より似合いますよ。
男装は圧倒的に陽の干が、宝塚でも成功していますよ。

読者メール→
「最近は挙式を行わない婚姻届だけの結婚も多いようですが、
BE的に結婚式というのはどのような意味がありますか?」
SPEEDの時代は本音の時代です。無駄を省くというキーワードの実践なのです。
 
 
■2003年01月03日(陽子)
海保知里●瞬き知らずの素顔
■TBS日10『サンデー・ジャポン』の進行役を務めるのが、
近頃飽きがきた爆笑問題をさしおいて100倍新鮮な、
瞬き知らず(笑)のTBSの
海保知里(75年10月12日/宝卯※午前4時前判断)アナ。
99年(畑卯)入社組では、豊田綾乃(草丑※)より期待の星だったが、
(その豊田が)アホの薬丸裕英(山申※)から溺愛されたようで、
次々に看板番組に起用されていくなか、
海保は視聴率1%もないような深夜番組やラジオでお茶をひいていた。
その後も、害年の影響もあり00年(鉄辰)入社の
久保田智子(宝巳)にまで後塵をきしていくなか、
ここにきて小倉弘子(山申)から、サン・ジャポの司会を強奪したばかりか、
『ニュースの森』(水/木)、『はなまるマーケット』(水)、
『おはよう!グッデイ(スチュワーデスセレクション)』(火)、
『みのもんたのサンデーずばッと』(土)、
『CDTV』(土)など、みるみるうちにレギュラーをふやしている。

千葉県千葉市生まれ・東京女子大出身の海保は
、DNA「貫」主導で、状況環境により変化し、好き嫌いの差激しい。
「貫+禄」は、腹のすわっているばかりか、禄×3もあり引力本能旺盛。
「貫+牽」は、少々雑だが与えられた仕事をソツなくこなす。
「宝+貫+戌月」は、用心深いがココ一番の冒険心あり。

10年運初旬「9歳灯亥」は、DNA「車」でSPEED感を付加されるばかりか、
宿命の月干「陽」と日干「宝」が干合してできた
月干「海」と二次干合すれば、「草亥」となり、年干支「草卯」と大半会。
むろん、初旬特別条件付10年運天冲殺のため、通常人の3倍ほどの成功運型。
現在の10年運は「19歳山子」で、DNA「玉」は補佐役的仕事ながら、
ひとつの流れのなかで顕著な働きをする。

宿命の特長は、エネルギー157点とアイドルなみの軽さもあるが、
水性ゼロ(DNA鳳/調なし)は、一風変わった語り口調をかもしだしている。
遊びを知らない仕事人間とも言える。
「卯」年生まれ「宝卯」は、困った時は一人になるが、
「卯」年「卯」日生まれは、超のつくほどの表裏なし。
深夜番組を担当している時は、体重をばらしたり、
彼氏がいることを公表したり・・・と、まさに自然体だ(笑)。
赤坂のラーメン屋にも夜な夜な気軽に出没するというのも、うなずける。

現在の露出は、条件なし天冲殺に加え、
水性ゼロの宿命が、突如現れた水の勢い(02年海/03年雨)により、
とんでもない活躍の場を与えられているもの。
すぐ隣の月干に干合相手の「陽」があるため、
トチ狂って結婚に走りやすそうだが、それでは少々もったいない。
流れにのった活躍を期待しよう!
■読者メール→
「表裏無しの人が、仕事で失敗しないように、気を付けるべき点とは何ですか?」
実家から通う。寮に入る。社宅に入る。

読者メール→
「超がつくほどの表裏なしなのは、『卯』の成分が『草』しかないからですか?」
そればかりか、月支と年支・日支が支合していて、地支が木性一気になるからです。
宝(金性)→剋→(木性)は、DNA「禄」だから、よけい目立ちますね。
「今年(雨未)は、10年運干支『山子』が干合支害となりますが、
宿命にない水性年であることにより、干合支害の影響に違いは出てきますか?」
周囲が勝手に騒々しいだけです。本人はマイペースでしょう。
「瞬きしないでいられるのは、水性なしで野人のなせる技なのですか?」
潤いがないのに、慣れているのでしょう。
「サンデー・ジャポンが、01年10月7日(雨卯)放送開始で、
水性であることも、彼女を引き立たせていますか?」
でしょうね。

読者メール→
「困った時は一人になるというのは、周りから人が離れていくのではなく、
自ら一人を選ぶのものなのでしょうか?」
大勢に囲まれると救いがなくなるので、一人になるのです。

読者メール→
「日支と月支が干合支合になっている場合、どういう事が起きますか?」
起きるのではなく、常に真っ当な異性を意識して生きています。
「水分が抜けてしまった後、04年(木申)以降は、
どのように過ごせば、流れに乗り続けられますか?」
生真面目にならないということです。
「もし、結婚しても名字に海という字を変えなければ、水分効果あるのでしょうか?」
他家に行くより、婿とり。いずれにしろ、親との同居は避けられません。

読者メール→
「水戸黄門にだんご屋の娘役で出演したそうです。
天冲殺でこんな所にも出てくるのですね?」
そういうものです。
「ラジオで危うく自身の携帯電話の番号を漏洩しそうになったそうです。
自然体というよりヌケているのでは? 大丈夫でしょうか?」
それが受け入れられれば、何でもありです。
「寝相が悪くて足で窓ガラスをぶち割り、
痛みで目が覚めて割れた窓ガラスと血染めの足を見て、
『強盗だ!強盗だ!』と叫んだそうです!」
・・・。
「ガチャピンに似ているので、フジテレビに就職した方が良かったのでは?」
そうですね。最近のCXのアナは華がないしね。
「水性ゼロでも月干と日干が干合して、できた水分は宿命に影響しますか?」
自己の成分にないものは、よほど意識しないと意味がありません。
 
 
■2003年01月11日(木申)
ココリコ 田中直樹小日向しえ写真誌の餌食
■ラッキーカラー年でも、いまひとつ決め手のないココリコの
田中直樹(71年4月26日/宝巳)が、
クリスマスイブ(陽寅で、田中の干合支害日、その気になっても何もなし)に
タレントの
小日向しえ(79年10月8日/山申)とデートをしている姿を、
写真誌に報じられた。
二人は、フジテレビ系バラエティ『ココリコミラクルタイプ』で共演した仲。

小日向は、東京都出身。親と事務所の社長が知り合いでデビューし、
映画『鮫肌男と桃尻女』(99年畑卯)が、代表作。
DNA「調」主導は、偏り大きい少女的感性の強い人。
「調+石」は、自尊心強くも主役は似合わない。
「調+鳳」は、なあなあであいまいな性癖。
「調+司」は、負けず嫌い。
「山+調+酉月」は、柔らかみがあって悪意のない人。
10年運初旬「1歳木戌」は、初旬特別条件付10年運天冲殺で、成功運型。
2旬も「11歳草亥」で同様だが、害のためなかなか形にならず。
現在の10年運「21歳陽子」は、ラッキーカラー10年運。
宿命の特長は、エネルギー213点。
「未」年生まれ「山申」は、正直。
月干に干合する「雨」があるため、異性には事欠かない。
DNA成分を主導する「調」を剋する成分がないため、これといった特色なし。
この世界で大成するより、結婚むきともいえる運型。
情型人間が、今年(雨未)は干合年でもあり、異性を意識するのは、やむをえない。

田中は、DNA「玉」主導で、なかなか新しい世界に踏み入れられない人。
「玉+調」は、不満がたまりやすく、世間一般の動きに疎い。
「玉+牽」は、用心深い。
「玉+貫」は、その場限りの人。
「宝+玉+辰月」は、確証がないと踏み込めず。
10年運初旬「7歳宝卯」は、年干支「宝亥」を大半会するので、成功運型。
現在の10年運「27歳畑丑」は、ダメージカラー10年運で、
デリケートな「宝」が埃をかぶっている状態。
宿命の特長は、エネルギー208点。
「亥」年生まれ「宝巳」は相場師的様相も、
心優しくいまひとつ迫力に欠ける「宝巳」のため、気後れしやすい。
年干支「宝亥」と日干支「宝巳」の納音は、一人静かに趣味にふけるといったとこか。

二人の関係は、単なる共演者といったところで、共通干支なし。
小日向の日支は「申」で、田中にとっては天冲殺範囲のためコントロール不能。
直撃取材に狼狽する田中としては、自覚がないので、可哀想かも。
そもそも、小日向の趣味は、
松本人志(雨丑※)じゃなかったのか(笑)。
間違っても、発展させてはいけないし、するわけもない。
■読者メール→
「支合する地支がコントロール不能関係となると、支合のまとまりは、
一切期待できないのでしょうか?」
自己発揮できないのですから、せねばいい。それだけのことです。
「今回は、気をもらす小日向主導で行われたものですか?」
田中にそんな度胸はなさそうです。
「『未』年『酉』月『申』日生まれの小日向に、
『辰』月『巳』日生まれの田中で、間に不足する『午』が年運で巡ってきたために、
引き付けられたのでしょうか?」
それだけのことです(笑)。
「小日向は歌も歌っているのですね。
『ココリコミラクルタイプ』のエンディングテーマとして、
『星のタトゥー』が2月19日(雨亥)に、リリースされるそうです。宣伝になるでしょうか?」
2月なら田中の害月で、小日向の天冲殺月となり、少しは効果があったのにね。

読者メール→
「主導DNAを剋する成分がないと、魅力に乏しいのでしょうか?」
特色がなし=際だった才能がないということだけで、魅力とは別です。

読者メール→
「異性に事欠かない小日向にすれば、2月節分を過ぎたら飽きてふりそうですね?」
1日だけのことです。山から見て宝の田中は子供扱いされています。

読者メール→
「天干に異性成分を持つ人は、干合年にも適応しやすいと思われるのですが、
どうでもいい男も引き寄せやすいのでしょうか?」
それは生き方によります。
「女性が活躍する時代に結婚むきの運型とは、時代整合性があるとはいえませんよね?」
結婚向きの人が無理に仕事をすることが時代整合性ないのです。
主婦に徹すれば、それはそれで立派です。
 
 
■2003年01月13日(陽戌)
河西りえ●注目のCM探訪//クノール
■真ん中にぽっかり開いた穴に、お作法正しく(!?)お湯をそそぐ、
これが正しい「雑炊道」と説くのが、味の素クノール『ふんわりたまごスープ』のCM。
このCMでひときわ力強い視線で主張するのが、
97年(灯丑)のクラリオンガールで、
茨城県生まれの
河西りえ(77年10月28日/山午※午前4時前生まれ判断)。

河西は、DNA「貫」主導で、頑固だが状況により形を変え、環境適応能力はあり。
「貫+龍」は、忍耐力強力。地味だが、迫力あり。
「貫+玉」は、その場にあわせる立ち居振る舞い。
玉×2もあり、さすが着物は似合う。
「貫+鳳」は、表面温厚中頑固。
「山+貫+戌月」は、イメージが定着しやすい。

10年運初旬「3歳宝亥」は、怖い「山午」に女性的感性が付加されるも条件なし。
「13歳海子/23歳雨丑」が、10年運天冲殺で水性強く子丑の存在感増す(宿命に水性皆無)。
現在の10年運「23歳雨丑」は干合支害だが、
干合した本人は「陽午」的となり、いくらか恐ろしさが薄まる。
この後は、「33歳木寅」以降、ほぼ一生ターボ運が続く。

宿命の特長は、エネルギー292点。火性土性がほとんどをしめ、
秋生まれでも、活火山の様相。
木性ゼロ(DNA車/牽なし)で、異形の「山」。見栄えはいまひとつ。
水性ゼロ(DNA禄/司なし)は、金銭物質運なく、配偶者運もない。
どちらかに大きく偏りやすい傾向。

活火山が10年運天冲殺の水性で「水」をえて、
質はともかく温泉を手にした状態が、現在のこの人の姿。
うっかり入るとクセになるが、そこには毒をはらんでいる。
雰囲気はあるが、異性を近づかせてはいけないが、
今年(雨未)は60年に一度の干合支合ばかりか、
火性の強い地支に「未」が加わり夏の方三位の成立は、
ひときわ目立つので、月干「鉄」である目下を溶かす勢い。
現実世界ではスケールが大きく、オリジナリティあふれる事業でも興し、
TOPに君臨すべき「山午」だが、河西はあまりにも現実性が乏しい。
「巳」年生まれ「山午」は受け身。
使いづらい宿命なので、せいぜいこの路線から、タレントへの転身だから、多少は期待。
■読者メール→
「10年運によって宿命にない水性を得ているとはいえ、現在は害。
事業を興すとしたら、10年運が切り替わった後にするべきですね?」
そんな悠長なことは言ってられませんね(笑)。

読者メール→
「活火山の状態だと、何度でも噴火が可能なものでしょうか?」
自然界を思い浮かべてください。あくまでも活動しているだけであって、
爆発するゾ噴火するゾというのが自然です。
噴火は条件がそろってはじめて出来るのです。

読者メール→
「00年(鉄辰)の柴咲コウと一緒だったポンズダブルホワイトCMでは、
顔がパンパンで迫力ありました。たまごスープでは着物のおかげか、
きりっと顔が引き締まって同じ人とは思えません。
同じように水分ゼロの山であるSAYAKAが、大顔なように彼女の顔も大きいのでしょうか?
それが水性の年で顔が引き締まって、すっきり見えるのでしょうか?」
一時的なことです。火性が強かったのですが、
去年(海午)は干合で木性がでたぶん、いくぶん山肌が引き締まりました。
今年(雨未)はヘタをすれば崩れるだけですよ。

読者メール→
「雑炊道といっても、しょせんファーストフードでしかない所が、もの悲しいですね!」
だから偏屈な人には、ピッタリでしょ。

読者メール→
「エネルギー強大で視線が恐ろしいですが、
現実性が乏しいと見かけ倒しなのでしょうか?」
どうしても気だけ強いという印象です。

読者メール→
「97年(灯丑)クラリオンガールがデビューですが、当時は、茨城県出身となっています。
千葉県出身に変えたのは、天冲殺+害の影響を払拭したかったのでしょうか?
出身地を偽るのは、芸能生活にどのような影響を与えるものですか?」
条件なし天冲殺でも、ラッキーカラー年で年干支の大半会が効いています。
しかも10年運天冲殺で加速がついた結果ですから、抵抗することはできません。
茨城県より千葉県のほうが東京に近いと思ったからでしょうが、
さすが木性(草ならDNA牽)のない人は、つまらない事にこだわりますね。
関取が後援者の顔色をうかがうならともかく笑止千万ですが、
子丑だから故郷にこだわる必要ありません。
「10年運『33歳木寅』は、月支日支と三合会局を成立させますが、
ターボ運を増強させたりしますか?」
宿命に木性がないので現象は遅いのですが、
年支の害もあり三合会局で気持ちより現実が先に動く程度です。
「10年運との干合支害の影響は、宿命にある場合と比べて、
どの程度、関わった相手に影響を与えるのでしょうか?」
周囲と不完全融合するということで、現実と環境が一致しようにも結果が伴いません。
鈍いから気づかずに過ごしてしまいそうです。
「山は、畑と違って鉱物を秘めている方が、魅力になるのでしょうか?」
中身がない人間になりますし、土だけ盛っても崩れやすいだけです。
全ての成分がそこそこないと「山」の利用価値は限定され、
特に木性水性金性がないと、埋め立て用に簡単に切り崩されてしまいます。
「鉄を溶かしてしまうことは、本人にとって、良い結果をもたらすのでしょうか?」
ダイナマイトの成分を考えてください。
 
 
■2003年01月15日(山子)
永岡佑●注目のCM探訪//DION
■「DION」ADSLのCMで、駅のホームで急に回線が切れてしまって
とまどう男の子をコミカルに演じているのが、
若いながらもクセのある役をドラマで演じる機会が多い、
永岡佑(82年1月7日/鉄寅)。

永岡は、DNA「調」主導で、主役よりは脇で味をだす、根っからの渋味を持った役者。
「調+石」は、自尊心強くも存在感だけで、表には出づらい。
石×3もあり、人当たりは良い。
「調+龍」は、満足することを知らない向上心と不平不満が同居する。
「鉄+調+丑月」は、しぶとく古典を掘り返す。時代劇が似合う。

10年運初旬「1歳鉄子」で頑固さを付加されるも、条件なし。
「1歳鉄子/11歳畑亥/21歳山戌」は変剋律10年運で、
悩みが原動力となり才能が磨かれる。
「31歳灯酉/41歳陽申」は、ラッキーカラー10年運。
「51歳草未/61歳木午」が、10年運天冲殺。

宿命の特長は、エネルギー193点と男性としては軽く、流れに乗りやすい。
年干と月干が「宝」、日干が「鉄」の金性天干一気で集中力あり。
「酉」年生まれ「鉄寅」は、異性の気持ち理解不能。

サッカーやバスケットボール好きの一見好青年は、条件なし天冲殺ならではの露出。
今流れにのっていることが、今後の糧になる。とりあえず注目だ。
■読者メール→
「接続に時間がかかるのを表現する、機械のようなぎこちない動きは、
金性天干一気で硬そうなのがよかったです!」
まさに言い得て妙ですね。

読者メール→
「純正でない天干一気の場合、日干が陽か陰かにより、違いは出てきますか?」
陽の干が明らかに有利ですが、支の条件で微妙に変わります。
例えば、日干「木」でも月干年干が草で半会しており、
そのどちらかが日支と害だったらどうでしょう。
「『巳』が巡ってくると、年支『酉』月支『丑』と三合会局になりますが、
同時に日支『寅』とは害となることは、
単独の害よりも気をつけなければいけない点は、ありますか?」
周囲がほっておかないのですから、孤高の人でない限り、
おせっかいな事件が多い訳です。
必死に結果を求めないように、日頃から自己確立が必要です。
「男性はエネルギー点数が軽い方が流れに乗りやすいですが、
『鉄』の場合は軽すぎると、ペラペラで魅力がなくなってしまうので、
あまり軽すぎるのも良くないのでしょうか?」
軽い鉄にも、それなりの働き場所はあると思いますよ。
 
 
■2003年01月17日(鉄寅)
上川隆也竹内結子野人同士の宴
■01年正月から放送された『白い影』(TBS系)で共演した、
上川隆也(65年5月7日/宝酉)と竹内結子(80年4月1日/木辰)が、
昨年12月21日(雨亥)に人目を避けるように、
関西国際空港からバリ島旅行に向かったと発売中の女性誌が報じている。
機内では互いの手を握りあっていたとの目撃情報もあり、
超高級宿泊施設に滞在し26日(山辰)に帰国したという。
双方の所属事務所は、プライベートには一切関知しないという。それでいいのか(笑)。

かつては松嶋菜々子(海午)と交際歴もある上川は、
DNA「玉」主導で、生き方を変えられない懲りない性癖。
「玉+玉」は、無理をせず、恋愛現場主義。
「玉+貫」は、その場限りの人。
「玉+禄」は、追従上手逃げ下手。
「宝+玉+巳月」は、幸運になると災いもやってくる人。
10年運初旬「1歳鉄辰」は、年干支「草巳」を干合させると「宝巳」となるため、
これが月干支と律音となり、同時に金性の天干一気を完成させるので、成功運型。
現在の10年運は、「31歳灯丑」で、多忙のなかで存在誇示する10年運天冲殺。
宿命の特長は、エネルギー216点。
水性ゼロ(DNA鳳/調なし)は、一風変わった表現力。野人でもある。
子丑にしては、毒にも薬にもならない「宝酉」で、
またバブリー夏生まれといえども、「巳」年生まれ「宝酉」は、
もめごと大好きで動乱期の申し子のため、相応に目立つ。

同業者の妻子持ちマネージャーとの同棲を報じられた竹内は、
DNA「石」冲殺主導で、身近な人間に翻弄される体質。
「石冲+車」は、自己の感情のおもむくままで、自制なし。
「石冲+禄」は、都合のいい時だけ、他人を利用する。
「石冲+司」は、縁がないのに家庭的なものに憧れる。
「木+石冲+卯月」は、おだてに弱く家庭運なし。
10年運初旬「9歳山寅」は、初旬10年運天冲殺のため、成功運型。
月支「卯」日支「辰」と共に春の方三位が成立するため、破調の美。
現在の10年運は、「19歳灯丑」で、ラッキーカラー10年運。
宿命の特長は、エネルギー203点。
火性ゼロ(DNA鳳/調なし)は、春の「木」に不可欠な成長力皆無で野人。
「申」年生まれ「木辰」は、ストレートな人生行程。

二人には共通干支ゼロ。生まれた季節も異なり、野人同士の野合。
10年に2年やってくる上川のラッキーカラー年で、妙な流れに翻弄されたもの。
発展も何もない一時的な遊び。
遊びを騒がれたのは迷惑に違いないが、目立つのだから仕方がない。
上川はともかく、生月冲殺の竹内を事務所が管理できないことは、大きな問題。
道草はまずい(笑)。
■読者メール→
「野人という共通点は、親近感をもたらすのでしょうか?」
もたらしません。ただ双方後先考えないだけです。

読者メール→
「野人同士が結婚すると、子供も野人になりますか?」
野人同士が結婚した場合、親の応援を得た場合は野人が生まれやすいです。
ところが、親には一切援助を受けない逞しい生き方をした場合は、
野人は生まれないのです。

読者メール→
「宿命にない成分が出ている時期の出会いというのは、
天冲殺のように時期が明けたときに、変化があったりするものなのでしょうか?」
天冲殺遭遇は藻くずですが、宿命にない成分だけの場合は、
救いが出て景色が変わるだけで、本来交際しないような人とも、
勢いで交際できるようになるのです。
明けた場合に、共通干支がなかったり、
環境が違いすぎると救いがなくなるだけで、現実であることに変わりないのです。

読者メール→
「竹内は良い仕事を入れられない、アホな事務所とあった常盤貴子と同じ事務所ですね!」
社長がヌルいのでしょう。

読者メール→
「自身が害持ちでないのに、害を引き付けてしまうのは、どこに原因があるのですか?」
それが野人の勢いなのです。
「10年運初旬と完成する天干一気は、初旬を抜けた後にも残る影響は、ありますか?」
初旬は他の10年運と異なり人間形成に重要な役割を持ちます。
精神集中力はたとえ、「宝」でも上級なのでしょう。
「管理されなければいけない生月冲殺が、
管理しない組織に属してしまったら、どう対処すればいいのですか?」
生月冲殺ですから、どうしようもないのですよ。
 
 
■2003年01月21日(木午)
佐藤仁美●連ドラ助演女優という姿
■月9『いつもふたりで』で、松たか子(山戌)の幼なじみの相談役を演じているのが、
若くして連ドラ助演女優の異名をとる
佐藤仁美(79年10月10日/鉄戌)。
愛知県出身の佐藤は、95年(草亥)の干合年に「海が聞こえる」でデビュー。
その後96年(陽子)の「イグアナの娘」で連ドラデビューしたあと、
「ビーチボーイズ」など、ほぼ途切れることなく連ドラに出演し続けるバイプレーヤー。

佐藤は、DNA「石」主導で、調整人間。
「石+牽」は、体制に入り込み、流れをつかむのが巧み。
「石+石」は、集団に所属しながらも、少し距離を置く。
「石+玉」は、理屈優先。
「石+禄」は、他人を利用する才。
「鉄+石+戌月」は、いまひとつイケきらない脇役で、若くても隠居の役割。

10年運初旬「10歳草亥」は、初旬特別条件付10年運天冲殺で、成功運型。
現在の10年運は「20歳陽子」で、慌ただしく生きるラッキーカラー10年運(DNA車)。
この後、「30歳灯丑」が、名誉のラッキーカラー10年運(DNA牽)である。

宿命の特長は、エネルギー261点とそれなりに強力。
水性ゼロ(DNA鳳/調なし)でもあり、遊びがない働き者の「鉄」。
「未」年生まれ「鉄戌」は、待ち運。

去年(海午)に引き続き、今年(雨未)は宿命にない水の登場で、
善し悪しは別にして、目立つ役が回ってくる。
息の長い女優になるはずだが、その通過点を行く、この人に今は注目だ。
■読者メール→
「10年運初旬が木戌、草亥だと特別条件となりますが、
木性がラッキーカラーの場合とダメージカラーになる場合では、違いはありますか?」
いかなる場合でも、初旬がラッキーカラーでないほうが、
社会に出た時に救いがでるものです。

読者メール→
「あるプロデューサーは彼女のことを演技は抜群、ビジュアルも完璧なのに、
華がないから主演になれないと言っていたそうです。
でも唯一主演の『バウンスkoGALS』(97年灯丑)は、評判も良く賞もたくさんとっています。
ラッキーカラー年で華があったのでしょうか?」
華とは宿命における若さです。鉄→戌=8点は老人の成分です。
これが戌×2の宿命では、華にはなりません。
華になる宿命は、鉄→午の火性旺地です。
97年は火性が強くなり良さがでたのであり華ではありません。

読者メール→
「月支と年支が干合すると山と畑になりますが、この干合の影響はどんなものですか?」
鉄をのぞく、全ての干支が土性になり、埋もれてしまう。つまり、脇でしかないのです。

読者メール→
「鉄と畑が干合によって、自身が変化することのない干であるのは、
どのような理由からですか?」
する必要がない。してはいけないからです。

読者メール→
「待ち運の人は、どこまで待てばいいのでしょうか?」
期限はありません。積極性をだしても、誰も見向きません。
ひたすら、どこかに身を預け待つだけです。

読者メール→
「デビューのきっかけになった『ホリプロタレントスカウトキャラバングランプリ』
は95年(草亥)で、10年運『10歳草亥』中の出来事ですが、
特別条件付10年運天冲殺に、年運でもその干支が巡ってくることは、
何か特別な影響を与えますか?」
異常性に磨きがかかる場合と異常性が逆転して普通になる場合があります。
「特別条件付10年運天冲殺の次旬が、ラッキーカラーになることは、
特別条件付10年運天冲殺に起きたことを花開かせることにつながったりしますか?」
晩年では意味のないことです。
ただし、どこかで破壊条件がめぐらないと、稼働しづらいのです。
「脇役が似合う人が主役に抜擢されることは、
運気を落とすことになることはありますか?」
落とすのではなく、それが脇役の仕事を呼ぶようであれば、問題はないです。
 
 
■2003年01月22日(草未)
後藤理沙●ポスト広末涼子の電撃引退
■96年(陽子)の害切れ年に日産のマイレージ・キャンペーンのCMでデビューし、
ポスト広末涼子(海辰)として事務所が強烈プッシュしていた、
後藤理沙(83年6月18日/灯丑)が電撃引退していたことがわかった。
理由は「他の可能性にチャレンジしたいと言っていた。健全な引退」
と事務所は語るが、不透明さが残る真相は、いったい何だろう。

後藤は、DNA「鳳」主導で、目的がないとやる気がおきない性分。
げんに高校も1年で中退している。
「鳳+玉」は、自己の行動を棚上げして文句をたれる。
「鳳+禄」は、口だけで実行が伴わず。
「鳳+車」は、大衆的だが、金にうるさい。
「鳳+調」は、なあなあ。
「灯+鳳+午月」は、建設的な気持ちがなく、面倒になると壊してしまう。

10年運初旬「7歳畑未」は、年干「雨」と月干「山」が
干合してできた年干支「灯亥」と大半会的(初旬のみ灯と畑は同格)なため、成功運型。
「17歳鉄申/27歳宝酉」は、10年運天冲殺。
自己発揮せず、流れに乗っていれば相応の成果を期待できるが、やめてしまえば転げ落ちる。

宿命の特長は、エネルギー201点の生日冲殺。
年干「雨」と月干「山」が干合すると、それぞれ「灯」と「陽」になり、
日干「灯」を入れて火性の天干一気になるが、
月支「午」と日支「丑」が害のため、集中力が続かず自滅しやすい。
「亥」年生まれ「灯丑」は、困ったら孤立。

昨年(海午)は、ラッキーカラー干合支害。
4人姉妹の末っ子の後藤だが、東京にいる長姉も福岡にいる二人の姉も全て結婚しており、
害持ちの後藤は以前から結婚願望が強かったと言われている。
昨年、ありがた迷惑的な男性が出現して、仕事より私生活を選んだものと考えられる。
今年は、全てを破壊する天剋地冲年ばかりか、
月干「山」が干合となり、DNAキーワード「石」は、妥協でありズル。
そもそもデビューが害切れとはいえ、DNA「石」年なのだから、持続する訳もない。
若い後輩の猛烈な追い上げにあい存在感が薄れ、
「雨」で消されたというのが、真相だろう。
やる気のない人をこれ以上抱えるほど事務所も、ノンキではない。
続けることが、10年運天冲殺を好転させるのだが、
干合天干一気害持ちでは、しっかり目的を持たないと、落ちるだけだ。
■読者メール→
「干合天干一気害持ちが、持続させるためには、
目的をしっかりもつ事以外では何が必要になりますか?」
幼年期に社会生活を営むルールを教え込むことです。
芸能界のルールなら、この世界に飛びこんだ時に、
制約の多い契約を結び、事務所が礼儀作法を一からたたき込むことです。

読者メール→
「02年(海午)の4月からテレビ出演が月1に減っています。
2月の海月に男性と出会い、3月は予定の入っていた仕事はやってみたものの、
4月からはやる気がおきなくなったってことですね?」
だいたいそんなところでしょう。
「生日冲殺の彼女が仕事より結婚を選んで落ちるなら、
彼女と逆で仕事に生きてあとから結婚するなら、よいのでしょうか?」
結婚しても続かない相手でしかないのですから、仕事はしていないといけませんね。

読者メール→
「害ではなく、支合の天干一気であれば、集中力が増すということですか?」
そして目上を吹っ飛ばし、主役殺しとなります。

読者メール→
「天剋地冲で破壊してしまうと、二度と復活はありえないですか?」
代わりはいくらでもいますから、しても意味がないのです。

読者メール→
「デビューなどの社会参加に良いDNAは、やはり、牽でしょうか?」
全てに優先するのは、ラッキーカラーです。
ただし、天冲殺がらみや、日支が破壊されていないことが条件になります。
「10年運天冲殺時の自己発揮しないのと、
生月冲殺の自己発揮しないのとは、どこか違いはありますか?」
10年運天冲殺は自己発揮をして流れにのらないといけません。
また、夢と目的を持たねばならないのです。生月冲殺とは質が違うものです。
「害切れ年に始めたことは、どれくらい続くものなのですか?
長く続けるコツは、ありますか?」
私的なものより公的なものが続きます。私的なものは、相手によるのです。
 
 
■2003年01月24日(灯酉)
室井佑月つぶやきシローを拾った過去
■ミス栃木、レースクイーン、銀座ホステス、高橋源一郎(宝丑)元夫人といった経歴をもつ、
タレント作家の
室井佑月(70年2月27日/山寅)が、
13日(陽戌)深夜放送の日本テレビ系『ろみひー』の履歴書公開で、
(銀座時代に)「売れない頃の浮浪者みたいだった
(注/番組では、最近売れていない芸人T.S.で表示)のを拾ってきたら、
芸能人になっちゃったの。食べられないころずっと食べさせてたのに、
他の人と写真誌に撮られたんで、捨てちゃった」と告白した。
エッチは下手だったそうだ。

室井は、DNA「車」主導で、単純明快。
「車+貫」は、正直・短気。「車+車」は、時期を見て喋る。
「車+鳳」は、金のためなら、何でも出来る。
「山+車+寅月」は、大人気ない。

10年運初旬「8歳灯丑」は、DNA「玉」の思慮深さを付加されたが、
特に条件のないラッキーカラー10年運。
「18歳陽子」も同様にラッキーカラー10年運。
「28歳草亥/38歳木戌」は、特別条件付10年運天冲殺。
「48歳雨酉/58歳海申」は、10年運天冲殺。
現在の10年運は、DNA「牽」で名誉。異常環境に身をおけば運気が向上。

宿命の特長は、エネルギー253点。
水性ゼロ(DNA禄/司なし)は、優しさ皆無。
配偶者成分もなく、そうそうイケていない(表面に木がなく、山肌が露出)、
ひからびた潤いのない「山」。
「戌」年生まれ「山寅」は、まとめ下手。生日冲殺でもある。

今年(雨未)の室井は、日干ばかりか月干も干合で、
水分が突如あふれてきたため、「山」がぬかるんだ状態。
ちょっとしたことで、気が変わりゆらいだ状態。
不安定なので、何でもありだが、DNA「車」主導でもあり単純。
他人のエッチをとやかく言える立場にない。
番組のMC飯島愛(草未)曰く「サイテー。恥ずかしいよ」とのことだが、
そもそも過去の異性関係をべらべら喋るほうが、最低ではないか。
作家とは名ばかりの、くだらない人だ。

一方、名前を暴露された、T.S.ことつぶやきシロー(71年3月10日/木午)は、
DNA「石」主導の優柔不断人間。
「石+貫」は、変わり者。
「石+司」は、質素。
「石+牽」は、事なかれ主義だから、お世辞にも巧い(笑)とは言えないが、
共通干支ひとつない室井にとやかく言われる筋合いはない。
今年(雨未)のキーワードは過去のこと。
年支「亥」と月支「卯」に「未」が加われば、自己とは無縁のことで話題になる。
1月は「丑」月で害でもある。
最近、パッとしないのは、10年運に見るべきところがなく、
芸人というよりは地味な公務員がいいとこ。
反論の機会も与えられない彼だが、しても意味がない。
■読者メール→
「潤いのない山に集まる人は、何を求めて行くものなのでしょうか?」
金離れがいいとしか思わないのです。

読者メール→
「水商売が好きだったそうですが、異性成分皆無だからですか?」
水商売が合う方は、異性成分ゼロか過多かのいずれかです。

読者メール→
「たいした女じゃないのに、男のことしかネタがなくて、見てるこっちが恥ずかしい。
配偶者成分なしなのに、常に男で生きているのはなぜなんでしょう?」
ないから続かないので、なおさら求めるのです。申酉天冲殺の弱点ですね。

読者メール→
「暴露する意図がわかりません!」
それだけ何とも感じていないからです。

読者メール→
「室井の両親は、母親が10歳年上の逆縁だそうです。
生日冲殺の所以は、ここにあるのでしょうか?」
偏った子供は、偏った結婚からしか生まれません。
「息子は、00年6月12日(海子)で、室井の宿命にない水性ですが、
宿命にない成分の子供とは、どのように接したら良いのですか?」
ご縁がないので、自然界からの預かり者として育てるのです。
ただし、宿命成分にないのですから、
客観的に見ることが出来ませんので、祖父母に育てさせるのが賢明です。
 
 
■2003年01月26日(畑亥)
ロードオブメジャー●一発屋最強バンドの中身
■既に打ち切りになった、テレビ東京系『ハマラジャ』にて、
全国の数あるバンドから優秀な人材をパート別にヘッドハンティングし
メジャーデビューを目指す最強バンドを結成する企画で、
飛び出したのが
ロードオブメジャー(02年8月28日/山辰)。
メジャーデビューの条件として、それぞれが元のバンドに別れを告げ上京し、
100日間全国50ケ所ライヴ、一日あたり生活費500円、
更に寝泊まりは車中という苛酷な生活の中、
インディーズにてシングルCDを発売し、
発売週オリコン50位以内にチャートインしなければ
バンドは即解散という難関を見事にクリアし、
デビューシングル『大切なもの』は、オリコン初登場16位という快挙を成し遂げたもの。
現在でも、その勢いはとどまらず、21週連続ランクイン、最高2位。
2月3日(灯未)付でも、6位にランクされているから、立派なものだ。

ロードオブメジャーは、DNA「鳳」主導で、趣味人の集まり。
「鳳+玉」は、自己を棚上げ。
「鳳+貫」は、表面温厚中頑固。
「鳳+禄」は、口がうまい。
「山+鳳+申月」は、ひらめきから何かを生み出す。演奏は巧い。
宿命の特長は、エネルギー245点。
「午」年生まれ「山辰」は、非現実的な世界を追い求める。
今年(雨未)は干合年で、月干も干合するので、大きな変化が訪れ、
同じ体制で行くのは難しそうだ。

ボーカルと作詞作曲担当の北川賢一(80年8月25日/鉄午)は、神戸市出身。
DNA「貫」主導で、マニュアル重視の「鉄午」らしく、頑固一徹。
「貫+貫」は、利己主義で懲りない。
「貫+玉」は、10年先を考えるのは苦手でも、その場の雰囲気にあわせる。
「貫+禄」は、素直ではなく、腹芸をする。
10年運初旬「4歳草酉」は、DNA「司」のマジメな成分を付加されるも条件なし。
「14歳陽戌/24歳灯亥」は、ラッキーカラー10年運天冲殺。
同時に「14歳陽戌/24歳灯亥/34歳山子」は、
変剋律10年運で精神苦を与えられると才能が伸びる。
宿命の特長は、エネルギー252点。
木性4点と弱いが、金性116点は、時代整合性あり。
「申」年生まれ「鉄午」は、まとめ下手。

ギターと作曲担当の近藤信政(83年2月10日/畑巳)は、広島県出身。
DNA「石」主導は、協調性あり。
「石+牽」は、長いものにまかれろ。
「石+調」は、自尊心強くも補佐役の質。
「石+禄」は仲間大切も、うまく人を利用する。
「畑+石+寅月」は、集団生活うまい。
10年運初旬「2歳雨丑」は、DNA「禄」の引力本能を付加されるも条件なし。
「22歳宝亥/32歳鉄戌」が、10年運天冲殺。仕事にハマる生年冲殺でもある。
宿命の特長は、エネルギー225点。
「亥」年生まれ「畑巳」は、上がって落ちる。
月干支「木寅」と日干支「畑巳」は干合支害で表裏あり。
その気になるとロクなことがない。
結果を期待すると、とんでもない方向に流れるばかりか、異性難。

ベースの松本賢一(79年12月20日/宝酉)は、群馬県生まれ。
DNA「鳳」冲殺主導で、変わった趣味を持つ。
「鳳冲+禄」は、一見お人好し。
「鳳冲+貫」は、ヘンに流れに乗る。
「鳳冲+龍」は、持続力なし。
「鳳冲+牽」は、変化球好みのお天気屋。
「宝+鳳冲+子月」は、自己都合の常識人。
10年運初旬「4歳草亥」は、初旬10年運特別条件付天冲殺。
生月冲殺でもあり、流れに乗れば成功運型。
「14歳木戌」も同様だが害。
現在の10年運は「24歳雨酉」で、表現力を磨く時期。
宿命の特長は、エネルギー160点。
子丑の強さはあまり感じられず、年支「未」と月支「子」の害は、最初が躓く。
去年(海午)は、この害が切れた状態。「未」年生まれ「宝酉」は、現実性薄い。

ドラムスの上原彰兼(83年8月27日/灯亥)は沖縄県出身。
DNA「司」主導は、マジメ。
「司+牽」は、感動希薄でさめた雰囲気。
「司+車」は、使われやすいが、猪突猛進の面もあり。
「司+司」は、心の奥底をなかなか見せない。
「灯+司+申月」は、場違いの印象。
10年運初旬「6歳畑未」は初旬10年運天冲殺で、成功運型。
「16歳山午」も同様。その後も子丑天冲殺回りの10年運で、ターボ運。必要以上に目立つ。
宿命の特長は、エネルギー214点。
土性6点と弱く落ち着かないが、初旬で補われた模様。
年支「亥」と日支「亥」の同一は表裏なしも、月支「申」とは害。
なんとなく不自然で、病的。「亥」年生まれ「灯亥」は、自己愛。

メンバー同士、天剋地冲があったり、まとまりは今ひとつ。
この1曲のヒットで終わる一発屋の雰囲気が漂うが、それが今の音楽界の流れ。
一発でもあてれば、上等というものだ。
■読者メール→
「しょぼい企画ばかりで、誰もロードオブメジャーが
ここまで売れるとは思ってなかったですね。
いわゆる一発屋というのは、天冲殺現象(この場合は上原の)とみて間違いないですか?」
他には何もないですね。

読者メール→
「自分たちの納得のいく形になってから、メジャーで出したいなんて弱気な発言ですね?」
インディーズといっても流通はメジャーですから、ただの手法です。
今のインディーズなんて、ほとんどメジャーと変わりないです。

読者メール→
「共通項がなく、まとまりの悪いグループは、長く続けることを考えない方がいいですね?」
考えるどころか、無理です。
 
 
■2003年01月27日(鉄子)
夏川りみ●涙そうそう浮上理由
■NHK肝いりの中島みゆき(畑亥)ほどではないにしろ、
紅白初出場とレコ大金賞効果で、1月27日(鉄子)付オリコン・チャートで、
『涙そうそう』(01年3月23日/草酉)が、
発売1年10ヶ月で最高8位まで押しあげてきたのが、
沖縄出身の
夏川りみ(73年10月9日/山寅)。(参考2月3日付11位)

夏川は、DNA「調」主導で、恐ろしく不器用で偏った女性的感性。
「調+司」は、一見マジメさが先行するが、大変負けず嫌い。
「調+貫」は、集団行動不得手で、言うなれば恩知らず。恩を受けるのも売るのも好まない。
「調+禄」は、発想がユニークすぎて組織になじめず。
「山+調+戌月」は、しぶとい。

10年運初旬「10歳雨亥」は、日干支「山寅」と干合支合するばかりか、
干合してできた10年運「灯亥」が、月干「海」と干合すれば「草亥」となり、
これが初旬特別条件付10年運天冲殺となるので、通常人の3倍ほどの成功運型。
現在の10年運は「20歳木子」から「30歳草丑」の接運で、
鈍い「山」でも相当な稼働力で剋され、名誉を手中にする時期。

宿命の特長は、エネルギー243点。
「丑」年生まれ「山寅」は、まとめ下手。生日冲殺でもある。
パッと見は、雨降りと高波に攻撃された海岸線の「山」という淋しい風景だが、
遅咲きでも仕事に専念すれば、年干「雨」と日干「山」の干合効果で、
ラッキーカラー火性が生まれるし、二次干合では木性も出現するので、
辛抱強くひとつの事を続けることが、開運の近道となる。
異性成分が多すぎる感もあり、翻弄されるか嫌うかのどちらか極端な人生になるだろう。

今年(雨未)は、干合で益々注目されてコツコツとファンを増やしていくか、
結婚もないことはないが、不器用な「山」だけに、簡単ではないかも。
■読者メール→
「そもそも異性成分がダメージカラーの人って、結婚しない方が良いのでしょうか?」
してしまうと輝きがなくなってしまうのです。
特に陽の干の人は、DNA司となり地味になります。
ダメージカラーだと、その人の持ち味が損なわれてしまうのです。

読者メール→
「恩知らずなのに好きな言葉が、『感謝の気持ちを忘れずに』というのはどうなんでしょう?」
自己都合ですよ。自分をわかっているのです。
「ひとつの事を続けることが良い彼女が、
はじめは星美里という名で演歌を歌っていたそうです。
芸名も含めてそのまま演歌を続けていれば、今よりも成功していたのでしょうか?」
玉もないのに演歌をやるから、恩知らずになるのです。
長い時間で判断したら、今が成功かどうかはわかりませんよ。

読者メール→
「宿命の干同士の干合と10年運との間では、どちらが優先されますか?」
10年運は一時的なものですが、完全に干合すると、一時的なだけに目立つのです。
「異性成分が多い場合の弊害を最小限にするには、どうすればいいですか?」
異性を一切断つか、異性の中で仕事をするなど、極端に生きることです。

読者メール→
「宿命内の干合、二次干合ができるためには、
それぞれ、どれくらいの期間、続けることが必要なのですか?」
早い方で同じことを最低1年は続けることですが、
こればかりは実際の環境にもよりますので、一概に判断できません。
 
 
■2003年01月28日(宝丑)
木村多江●薄幸脇役という野人
■柏原崇(海申)降板で、すっかり色あせてしまった月9『いつもふたりで』だが、
脇役で光るのが出版取次会社の人間を演じる
木村多江(71年3月16日/鉄子)。
ドラマでは、保育園に子供を預ける主婦(よい子の味方)を演じたかと思えば、
リストラされた凶悪犯の元妻(ショムニFOREVER)やら、
謎の仲居(逮捕しちゃうぞ!)やら何でもやらされ、
まさに貴重なバイプレーヤーだが、CMでは堂々と主役をはっている。
思いつくだけでも、「メナード/企業広告」、明治製菓「UP」、
三菱自動車「HEART BEAT MOTORS『花嫁の父』篇」、
ネスカフェ「甘いひとときプレゼント」、
TAKARA「Bowlingual-新婚家庭篇-」など枚挙にいとまがない。

木村は、DNA「司」主導で、マジメで家庭的。
「司+禄」は、超現実的で何でもソツなくこなす。
「司+調」は、負けず嫌い。
「司+石」は、日常生活は質素。
「鉄+司+卯月」は、見かけ以上に中身が激しい。

10年運初旬「7歳海辰」は、DNA「鳳」の風流心が付加される
初旬10年運天冲殺のため、成功運型。
2旬「17歳雨巳」もダメージながら同様に10年運天冲殺。
これが明けた現在は、「27歳木午」の天剋地冲10年運がDNA「禄」となり、
ようやく認知されつつあるもの。

宿命の特長は、エネルギー145点と弱いが、
年干「宝」・月干「宝」・日干「鉄」の並びは、強さの中にも柔らかな感があるものの、
時代整合性ある金性の天干一気。
火性ゼロ(DNA車/牽なし)、土性ゼロ(DNA龍/玉なし)の野人でもある。

木村の売りは、左頬のホクロ。何ともいえない存在感をかもしだしている。
東京都出身。特技は玉乗りというのだから、やはり野人の血だ。
■読者メール→
「顔の印象を左右するようなホクロを、持つ人の共通点はありますか?」
まず黒子は目立つものですね。目立つということは、宿命に偏りがあるということです。
火性土性がないよりも、天干一気が一番です。
これが純正ならともかく、
右端に位置する年干と中央に位置する月干は同じ宝で半会しています。
ところが、左端の日干だけ鉄だし、融合条件がありません。
これが、向かって左側が目立つ原因でしょう。

読者メール→
「リングの貞子の母役も着物姿が良かったです。
着物が似合うのでDNAに玉があるのかと思いました!」
司が代行しているのではありませんか。昔の堅実な家庭婦人は、皆キモノでしょ。

読者メール→
「鉄子は未婚のまま運を伸ばすと縁遠くなりますが、
木村の場合、初旬10年運が月支と害で、37歳草未は干合支害が巡ってくるので、
ますます結婚はむずかしくなりますよね? 迷わず仕事に生きた方がいいのでしょうか?」
そういうつもりに見えますね。
「今年のお正月休みに、ニュージーランドへひとり旅をしたそうです!」
土性ゼロだけに、意味がない行動です。温泉地のほうが良かったでしょう。

読者メール→
「『鉄』と『宝』の天干一気は、金性で硬い気がしますが、
陰陽の『石』が柔らかな感にさせるのですね。これは、どの干でも共通ですか?」
そうです。
「今年の日支害と同時に、年支月支と三合会局成立は、
害にどのようなことを付加させるのですか?」
仕事が忙しくて休めずに、倒れるのではないでしょうか。

読者メール→
「薄幸なイメージがありますが、これはどこから来るものなのでしょう?」
偏りがある宿命なのに、エネルギー点数が少ないからです。
 
 
■2003年01月29日(海寅)
江角マキコ●入籍した平野眞の正体
■女優・江角マキコ(66年12月18日/宝亥)が、
28日(宝丑)にフジテレビのディレクター
平野眞(65年12月4日/海辰)と入籍した。
平野は、98年(山寅)に始まった江角の主演ドラマ『ショムニ』の演出を手がけており、
昨年(海午)11月(宝亥)に交際を始めてから2ヶ月半のゴールインとなる。

かつては内田有紀(陽寅)とも噂になった平野は、バツイチ。
昨年12月(海子)に共同テレビからフジテレビに移籍したばかり。
これまで「お水の花道」「HERO」などを手がける敏腕ディレクターというフレコミ。
DNA「貫」主導は、状況環境により変化するが、好き嫌いの差激しく頑固。
「貫+禄」は、素直でなく、腹芸の達人。
「貫+車」は、一本気。
「貫+調」は、恩知らず。
「貫+司」は、強い意志。
「海+貫+亥月」は、苦難の人生で説得力あり。
10年運初旬「9歳陽戌」は、日干支「海辰」を天剋地冲するので、成功運型。
現在の10年運は、「29歳木申」でDNA「鳳」は、遊び。
この後「39歳雨未/49歳海午」が、10年運天冲殺。
宿命の特長は、エネルギー222点。
「巳」年生まれ「海辰」は、働き者。
月干「灯」と日干「海」が干合すると、
それぞれ「草」と「木」になり、年干「草」を入れ、木性の天干一気となる。
冷たい冬の「海」だが、異性を意味する「灯」がすぐ隣にあるので、
異性には事欠かないが、干合してしばらくすると天干一気になるので、長続きせず。

桐島ローランド(灯卯)と離婚、武田真治(雨未)や尾上菊之助(鉄寅)とも
続かず破局した江角は、DNA「鳳」主導で、根っからの遊び人。
「鳳+龍」は、内面葛藤激しい。
「鳳+司」は、見かけより私生活は地味。
「鳳+牽」は、お天気屋。
「鳳+石」は、がさつ。
「宝+鳳+子月」は、案外普通の人。
10年運初旬「4歳畑亥」は、冬生まれのためラッキーカラー10年運だが、特に条件なし。
「4歳畑亥/14歳山戌/24歳灯酉」は変剋律10年運で、
精神的苦痛を与えられると、才能が伸びる。
高校時代に父親を亡くしていることが、宿命に刺激を与えたことになったのだろう。
現在の10年運は、「34歳陽申」で干合支害10年運で、異性も名誉も形にならない時。
宿命の特長は、エネルギー147点とアイドルなみ。
売りは、年干支「陽午」と月干支「鉄子」の天剋地冲程度。
「午」年生まれ「宝亥」は、孤立。

二人の関係は共通干なし、「海」の平野が「宝」の江角に世話をやくものだが、
整合性ないばかりか、江角の日干支「宝亥」は平野の年干支「草巳」を天剋地冲し、
平野の仕事の伸びを止めてしまう。
条件なし天冲殺の浮ついた気分で、平野がウッカリ江角をクドいたものだが、
午未天冲殺が年下と結婚しても意味なし。
まして、夢のなかでの出来事なので、長続きせず。
空き家の江角には、フジ社員となった平野の求婚は渡りに船だったに違いないが、
こんな時期に天敵なみの相手と結婚していては、天冲殺明けに不祥事でも起こして、
フジをリストラされかねない。いったい何をやっているんだか。
江角はつくづくオトコを見る目がない。
■読者メール→
「江角は根っからの遊び人なら、結婚しないほうが楽なんじゃないですか?」
それが出来ないのが干合支害10年運です。
「桐島ローランドや武田真治は彼女に捨てられて、悲惨なイメージがあります。
でも本当は江角が悲惨な運命の男を、選んでるだけなんですね!」
薄幸だね(嘆)。

読者メール→
「フジ移籍が条件なし天冲殺中では縁がないので、
リストラは決まったようなものですね?」
いくら父親が系列局の元重役でも、時代の波には勝てません。
「出会いが条件なし天冲殺の時では、相手の天冲殺に結婚しやすいのですか?」
このケースは、持続して仕事をしているからであり、密着度があったため起こったことです。

読者メール→
「周りから見たら天冲殺の人間は、どう見えているのでしょうか?」
浮ついているということです。

読者メール→
「今年はDNA鳳なので妊娠の可能性もありますよね?」
それは笑えるからいいかも知れないが、推奨はできない。

読者メール→
「午未の(干合)天干一気は、どのような相手と結婚しても続かないのでしょうか?」
仕事をしている限りは無理です。私的生活のみに生きている場合は、
異なった結果がでるかも知れません。
 
 
■2003年01月30日(雨卯)
市川染五郎●最終的に選んだ女性の素性
■歌舞伎俳優市川染五郎(73年1月8日/木辰)が、
28日(宝丑)、丸の内の東京會舘で、かねてより交際中の
関園子(72年7月24日/陽辰)と婚約記者会見を行った。

関は東京生まれ、聖心女子大卒後、米国に留学しジャズを専攻していたという。
88年(山辰)には子丑らしく父親を亡くしており、
現在は母親のレストランを「手伝って」いるという、現実味のあまり感じられない人物。
DNA「調」主導は、偏り激しく普通の生活が出来ない。
「調+牽」は、プライドばかり高く、行動は粗野で経済感覚なし。
「調+鳳」は、なあなあ。
「調+車」は、落ち着きなく常にトラブルを抱える。
「調+石」は、自尊心のみ強い。
「陽+調+未月」は、放浪癖が強く運命的方向に人生が流される。
10年運初旬「6歳陽午」は、年干支「海子」を天剋地冲するので、成功運型。
親酷使の典型ともいう。
現在の10年運は「26歳木辰」で、改良と共に身内との争いあり。
この後の10年運は、「36歳雨卯」のダメージ害(DNA牽=役目役割)が控える。
宿命の特長は、エネルギー206点。
金性ゼロ(DNA禄/司なし)は、経済音痴。
配偶者成分も皆無。夏の太陽でクドいが、優しさが感じられず、深く関わると辛辣な人。
年支「子」と月支「未」は害で、最初は躓きやすい。
「子」年生まれ「陽辰」は、最後は孤立。
一昨年(宝巳)の干合で染五郎を強く意識し、昨年(海午)のラッキーカラー年と害切れ。
さらにうっとうしい月干「灯」が干合で一瞬消えたので、
その気になったものだが、不自然な結婚で生まれた親剋しの子丑であることにかわりなく、
道楽娘の印象しかない。

過去に舞台女優との同棲生活があり一女をもうけた過去のある染五郎は、
DNA「玉」主導で、生き方を変えられない人。
昔の遊び仲間に戻った(関)ことでも、不器用さがうかがわれる。
玉×3でもあり、気分転換下手。
「玉+玉」は、無理をしたくない人。
「玉+石」は、理屈屋。
「玉+龍」は、なかなか本音をいえず。
「木+玉+丑月」は、とりとめのない印象。
10年運初旬「9歳木寅」は、初旬10年運天冲殺で成功運型も決め手なし。
「9歳木寅〜99歳雨亥」までが、ターボ運(子丑天冲殺まわり)で、何をやっても目立つ。
「19歳草卯」は、10年運天冲殺+害。
現在の10年運「29歳陽辰」は、待望のラッキーカラー10年運だが、身内とのトラブルあり。
宿命の特長は、エネルギー233点。
火性ゼロ(DNA鳳/調なし)は、ラッキーカラーなしの野人で、口べた。
梨園の人間だが、積極的に外にでて行く必要性のある人。
今年(雨未)は、DNA「玉」でひとつの流れを選択する自己認識の年。
月干支「雨丑」の納音で、立場の変更。「節目の30歳」を強調するが、間違いではない。

二人の関係は、関が染五郎のラッキーカラーであるという図式は一見良好に見える。
同学年ということで、共通干支もあり、相応の協力は期待できる。
また、子丑の関にとり染五郎が年下なのもいいだろう。
しかし、月干支の天剋地冲(染五郎=雨丑、関=灯未)は、
家系が相容れないことをあらわす。
家風が違うので、梨園という特殊世界には、関が馴染まないということなのだ。
また、伝統芸能を継承する梨園の跡取りの配偶者に、
流れを変えてしまう子丑はいかにも場違い。
それを案じるのが、関の10年運が5年後には、害に突入すること。
「星の王子様のような人」とベタ惚れの関だが、
この結婚は長続きせず、あまり幸福な結末にはならないだろう。
■読者メール→
「家風が違うということですが、もし染五郎が歌舞伎の世界の人間でなかったら、
互いの実家と距離をおけば、うまくいくのでしょうか?」
梨園の家系にいるから問題なのではなく、
雨丑という家風が納音された形の結婚であるがために、問題が生ずるのです。
資産家令嬢でも、月干支が破壊されていないような方を選ぶべきです。
距離をおいてどうにかなるものではありません。

読者メール→
「いわゆる『家事手伝い』とかいうやつで、ロクな女じゃなさそうですね。
害持ちの人は内に何らかの病的なものを持つ人が多いですが、
年支と月支の害は環境が害(病的)になるのですか?」
親と家系、仕事と立場が害になるので、現実生活が融合しづらいのです。

読者メール→
「お互いの日干支が相手の10年運干支と同一になることは、
何か特別な要素が生まれますか?」
一時的な気の迷いを誘発させるだけで、意味のないことです。

読者メール→
「松たか子(山戌)が活躍できるように邪魔な兄が、
落ちて行くことになっているのでしょうか?」
松が結婚しやすい環境になったともいえます(笑)。
「プライドばかり高く常にトラブルを抱える彼女が、
万が一持ちこたえることができたら、和泉元彌の母のようになりそうですね!」
万が一はありません(笑)。
「共通干が海だけにお互いに、
市川(ヒゲそりあと)と婚約者(眉そりあと)が、とても青いです!」
幸せな色じゃないな(爆)。

読者メール→
「親酷使の子供が生まれたら、どのように接していけばいいのでしょう?」
早くから他家に養子にだすだけです。そうしないと、親は早逝します。
 
03年02月分 03年03月分 03年04月分 03年05月分 03年06月分
03年07月分 03年08月分 03年09月分 03年10月分 03年11月分 03年12月分
コラム総合目次//茶房会館(1 9 9 6 年〜)
さ く い ん
このページを美しくみる方法はこちら
プラウザのバックを使ってお戻りください●
BE●鳳積堂 Copyright(c)1994→2012 birthday-energy.inc.
BE●運命向上委員会BE●鳳積堂 きたでら
BE●運命向上委員会BE●運命向上委員会
BE●苺1BE●苺2