BE●BE●よけいなお世話
BE●苺1BE●苺2
熱意と心のDNAで運命を科学する 運命評論家●鳳積堂 BE
※「よけいなお世話」は著名人を誉めたり貶したりしながら、自分を磨く頁です☆
2 0 0 3 年(雨未)●12月分// よけいなお世話
 
12月分一覧(2003年目次)
江口ともみつまみ枝豆が売れぬ重厚さ(2003_1201)
相沢礼子すぽるとキャスター野人で華なし(2003_1201)
奥克彦井ノ上正盛●外務省イラク犠牲者に黙祷(2003_1202)
坂本美雨●宿命活かせず不甲斐ない(2003_1203)
堀内健井川遥実りない堕落した関係(2003_1203)
望月麻衣●木10マンハッタンラブストーリーでキャンギャル卒業(2003_1204)
里谷多英●給料泥棒じゃないよね(2003_1204)
宮藤官九郎●写真誌に夫人八反田リコの素顔掲載(2003_1205)
ケラリーノ・サンドロヴィッチ●映画で80年代回顧(2003_1206)
犬山イヌコ●懲りない独創的風合い(2003_1206)
柄本佑柄本時生柄本明の息子は売れず(2003_1207)
大石恵hyde性別未公表の子供が誕生(2003_1208)
上妻宏光●初の映画音楽演奏も害(2003_1209)
CASCADE TAMAMIZU松岡充加担ソロデビュー無残(2003_1211)
川井郁子●世界初ガラスバイオリンに挑戦(2003_1212)
ZONE●リーダーTAKAYOの脱退と矛盾(2003_1213)
福元英恵福盛和男逆縁婚でさらに不調へ(2003_1213)
広末涼子岡沢高宏妊娠4ヶ月の無計画婚(2003_1214)
高杉亘劇団☆新感線 高田聖子と害がらみ婚(2003_1215)
村主章枝●休んでいるヒマはないぞ(2003_1216)
平原綾香●最初は珍重される珍獣かな(2003_1217)
萩原明子●ライオン先生はこれから楽しめるかな(2003_1218)
杉内俊哉上葉えりかと害年結婚(2003_1219)
浜野裕子C.C.ガールズを潰した結婚騒動(2003_1220)
柳浩太郎●器不足で仕事を棒に振る(2003_1220)
大西崇之●女子プロ坂上晴美勘違い婚(2003_1221)
水谷さくら●給与明細は小倉優子に勝てるかな(2003_1222)
大塚愛さくらんぼで好発進も成長疑問(2003_1222)
マルシア大鶴義丹修復不能で離婚確定(2003_1223)
小畑由香里柳沢敦逆縁害年婚で絶滅決定(2003_1224)
通山愛里●03年クラリオンガールは化け物的(2003_1225)
橋本志穂ガダルカナル・タカ名ばかりの夫婦かも(2003_1226)
中原果南はるちゃんの害遭遇婚が発覚(2003_1227)
渋谷飛鳥●バケモノ的存在感を証明(2003_1228)
樋井明日香あした天気になあれ。の冬山は炸裂できるのか(2003_1229)
魚住りえ森圭介早まった逆縁結婚(2003_1230)
中山夢歩●寄り道元Jリーガー芸能界再挑戦(2003_1231)
 
■2003年12月01日(月)山申
江口ともみつまみ枝豆が売れぬ重厚さ
■月9『たけしのTVタックル』や、火24:50『名門!アサ秘ジャーナル』などで、
リポーターや司会進行役を努める元気な
江口ともみ(68年2月4日/木辰)は、
東京都渋谷区出身で、幼稚園から短大まで東洋英和。
商社の内定を蹴って、中学時代から誘われていた芸能界へ入った変わり種。
フリーアナや地方局アナ出と間違われるようだが、なんと元はグラビアアイドル。

江口は、DNA「司」主導で、それなりに真面目。コツコツと実績を積みあげていく人。
「司+司」は、現実性強く、心の奥底を他人に見せない。
なので、無駄がないように見える。
「司+禄」は、仲介能力は抜群だが、現実主義で希望目標の類はなく、
結婚すると配偶者の財をすり減らす可能性大。
「司+調」は、負けず嫌い。
「司+玉」は、生きるためだけに、仕事をする。
「木+司+丑月」は、攻撃力が備わるが口が悪く、パートナーは疲れる。

10年運初旬「1歳木寅」は、DNA「貫」の独立心が与えられる、
初旬10年運天冲殺で成功運型。
2旬「11歳草卯」も10年運天冲殺。
「21歳陽辰/31歳灯巳」は、ラッキーカラー10年運。
「1歳木寅〜91歳雨亥」が、ターボ運でやたら目立つ。

宿命の特長は、エネルギー269点とがっしり。
晩冬の「木」でもあり、「未」年生まれ「木辰」は孤立。
父系、母系、そして本人までも、寅卯天冲殺一色にまとめられた血脈は、
お嬢さま系ともいえ、行動範囲が狭いなりに、集中したパワーを発揮できるのだろう。
「戌」を迎えれば四土格完成。
次は06年(陽戌)が入格。希望のニュースキャスターが叶うかも。

ラッキーカラー年の96年(陽子)に結婚しているが、
相手(
つまみ枝豆・58-0601/畑酉)は、
年支「戌」VS日支「酉」の害持ちとはいえ、
江口に年干支「山戌」を天剋地冲されて、大変だろうな。
相沢礼子すぽるとキャスター野人で華なし
■フジテレビ系日曜放送分の『すぽると!』のキャスターを務める、
相沢礼子(80年8月28日/雨酉)が、土曜夜7時頃渋谷区のファッションショップで、
茶髪ロン毛風の大学生らしきオトコとのツーショットを目撃されたと
スポーツ紙に報じられている。
二人で仲良くしゃべりながら、オトコ物のコートを選んでいたらしい。

現役ミス日本でもある相沢は、DNA「玉」主導で、生き方を変えられず。
「玉+玉」は、無理をしない人。
「玉+龍」は、なかなか本音を言えず。
「玉+調」は、実は世間知らず。
「雨+玉+申月」は、幸運になると不運が訪れる人。

10年運初旬「7歳雨未」では、DNA「貫」の独立心を与えられただけで、何の条件もなし。
宿命の特長は、エネルギー220点。
「申」年生まれ「雨酉」は、待ち運。
火性ゼロ(DNA禄/司なし)は野人で、華なし。
相次ぐスキャンダルにまみれるフジアナが多いなか、
フリーキャスターとして頑張る相沢の評価は最近鰻登りのようだが、
実は単に地味なだけ。
「玉」×3も、徹底的に補佐役を極めたほうが、無難。
「雨酉」は異性を踏み台にして、上昇する人だが、
大学生風情で遊んでいるようでは、大物感なし。
 
 
■2003年12月02日(火)畑酉
奥克彦井ノ上正盛●外務省イラク犠牲者に黙祷
お知らせ現象と呼ぶには、あまりにも過酷な現実が、
小泉純一郎(宝酉)首相率いる日本(海午)に突きつけられることになった、
今回のイラクにおけるレジスタンス。
イラク大使が任地におらず日本に勤務しているという異常事態なばかりか、
被害にあった外務省職員が、ナンバープレートをはずした
トヨタランドクルーザーで護衛もなく、
最も危険な地域に会議に出かけていくなど、
不可解な状況の解説は他に譲るとして、
BEでは亡くなられた二人の生年月日から検証していきたい。

奥克彦(58年1月3日/鉄辰)参事官は、
DNA「調」主導で、他人とは異なった役割を目指す人。
「調+石」は、自尊心強いが、地位や名誉には固執しない。
「調+龍」は、向上心強く外地に気持ちが向く。
「調+牽」は、大胆すぎる面あり。危機管理の気持ちより、怖いもの知らず。
「調+鳳」は、おおらかで無防備。
「鉄+調+子月」は、悪意が全くない、いわゆる好人物。
10年運初旬「9歳宝亥」は、DNA「石」の政治力・協調性など付加されたが条件なし。
売りは、生年冲殺のみ。2旬「19歳鉄戌」は、納音10年運。
「29歳畑酉/39歳山申」が、突如運が上がったり下がったりする10年運天冲殺。
宿命の特長は、エネルギー159点と、フットワークは良い。
月支「子」と日支「辰」の半会に年支「酉」まで味方し、
非常に水分が強く、精神的に頑丈でも、現実の救いはやや劣る型。
「酉」年生まれ「鉄辰」は、窮地に陥ったら、不動。
今年(雨未)は、前記ダメージ10年運のなかの
超ダメージ年と月支「子」の害で、打つ手は不安。
11月(雨亥)も、むろんダメージ月。

井ノ上正盛(73年5月11日/灯未)書記官は、
DNA「調」主導で、奥参事官同様、
他人と同じ事をするよりは、人のやらないことをしたい願望が強い。
「調+車」は、自らを常に危険な状況に追い込んでいきたいタイプ。
「調+貫」は、集団行動不得手。やや功を急ぐ面あり。
「灯+調+巳月」は、目的が大きければ大きいほど燃える。
10年運初旬「2歳陽辰」は、DNA「石」の和合性協調性が付加されるも、
ややクドさを感じるのみ。「2歳陽辰〜22歳木寅」がターボ運で、
「12歳草卯/22歳木寅」は、準ラッキーカラー10年運天冲殺。
3旬「22歳木寅」は、(12歳草卯とは異なり)DNA「玉」であり、
本来は海外志向でもなく、月支の害もあり志願すべき時期には非ず。
宿命の特長は、エネルギー282点と、男性としては重厚すぎ。
うち、106点が火性で、とにかく目立ちやすい人。
年干支「雨丑」VS日干支「灯未」の天剋地冲持ちは、人を巻きこみやすい。
本来のラッキーカラー「海」が宿命にない野人体質だが、
外務省職員に必要不可欠なDNA「龍」がないのは、致命的だったかも。
寅卯天冲殺でもあり、親が反対した外務省入りは、やや冒険すぎたのだろう。
今年(雨未)は、ダメージカラー年ばかりか、
11月(雨亥)もダメージ月で、気が急いていた時。

二人の関係は、奥(鉄辰)参事官にとって、井ノ上(灯未)書記官はラッキーカラー。
しかも、書記官の月干支「灯巳」が、参事官の年干支「灯酉」を大半会するので、
非常に良好な間柄に見える。
しかし、裏方に徹する書記官の宿命が外交官としては派手すぎて、
何をするにも標的になりやすい面があったようだ。
また、何が起きてもおかしくない10年運天冲殺では、
たとえ流れに乗ったとしても、戦地では劣勢になりやすい。

外務省(1869年8月15日/灯丑)も天剋地冲年であり、
今後に大きな課題を残したといえよう。
また、今回の痛ましい事故にたいして、首相は沈痛な面持ちも、
疲れ果てた生月冲殺らしく、決断が出来ずじまい。
それでも、
自衛隊(54年7月1日/山午)は彼の地に派遣されるのだろうか。
どちらに転んでも、日本は動乱期で安泰ではないのだ。
 
 
■2003年12月03日(水)鉄戌
坂本美雨●宿命活かせず不甲斐ない
■坂本龍一(海戌)と矢野顕子(草巳)の娘で、
売れないミュージシャンの
坂本美雨(80年5月1日/木戌)が、
初の翻訳本『ネコがよろこぶ“ゴロゴロ”のツボ』
『人生がうまくいくネコの9つの習慣』の発売を記念して、
本の付録CDに収録されている『トラネコ』など4曲のミニライブを30日(灯未)に行った。

坂本は、DNA「禄」主導で、自己顕示欲強い人。
「禄+車」は、ルールに縛られるのが苦手。
「禄+禄」は、不器用。
「木+禄+辰月」は、地道にやっても何処か崩れやすい。
禄×2+車×3の構成は、あまり芸術的な香りせず。

10年運初旬「9歳畑卯」は、日干支「木戌」と干合支合するため、成功運型。
現在の10年運「19歳山寅」は、DNA「禄」となる自己確立の時期。
この後「29歳灯丑/39歳陽子」とラッキーカラー10年運。
「49歳草亥/59歳木戌」の特別条件付10年運天冲殺。
「69歳雨酉/79歳海申」の10年運天冲殺へと続く。

宿命の特長は、エネルギー253点と、それなり。
金性102点は時代整合性あり。
生年冲殺でもある坂本が、親の活躍度に比して全く情けないのは、
9歳から米国に住み、日座冲殺の異常性を消してしまったことと、
いくら親が親でもDNA構成も力量も、
芸術世界よりは現実世界でこそ生きる宿命を活かしていないため。
「会話と違って翻訳は大変」と語るが、向いていないのだから仕方がない。
早く自分の才能に気づいて、親の財産を元手に商売でも始めたほうが、絶対に良い。
堀内健井川遥実りない堕落した関係
■ネプチューンの堀内健(69年11月28日/灯未)と、
落ち目で売りが一切ないタレント
井川遥(76年6月29日/海子)の交際が発覚した。
発売中の写真週刊誌が報じているもので、
同誌によると、堀内が渋谷かいわいのマンションに愛車で帰宅してから
「多少の時差」で井川がタクシーで到着。
井川はタクシーを降りると、素早くマンション内に入っていったという。
井川のマンションは堀内のマンションから車で10分ほどの距離にあり、
近所のカフェで二人の姿がたびたび目撃されているとか。

堀内は、DNA「牽」主導で、格好ばかりつけたがる。
敵は少ないとはいえ、冬生まれのため稼働力薄い。
10年運初旬「7歳木戌」の特別条件付10年運天冲殺のため、成功運型。
宿命の特長は、エネルギー173点と、男性としては流れに乗りやすい。
月干「草」が、ラッキーカラーのため、そうそう困らない体質。
「酉」年生まれ「灯未」は、わがまま。

井川は、DNA「司」主導で、地味。
一人では生きていけないバブリー夏生まれ。汚染しやすい体質だ。
10年運初旬「8歳雨巳」では、和合体質を付加されたが、条件なし。
宿命の特長は、エネルギー180点と、旧型アイドル体質。
金性ゼロ(DNA龍/玉なし)の野人で、頭の中身ゼロ。生日冲殺でもある。

二人の出逢いは、今夏放送され見事ズッコケた
TBS系ドラマ『高原へいらっしゃい』で共演したものだが、
ただでさえ生まれた季節が違うのに、共通干支一切なく、
干合すれども害の関係で、発展性ゼロというより、ダメージカラー同士の毒素満喫。
堀内は、今年(雨未)は超ダメージ年。井川は、害年。
そんな時に出会った相手が、まともであるわけもなく、
「いいお友達、本人に任せています」などとコメントする
所属事務所の間抜けぶりは滑稽で、管理不行き届き以外のなにものでもない。
ダメな人は、ダメな相手により、堕落していくだけだ。
 
 
■2003年12月04日(木)宝亥
望月麻衣●木10マンハッタンラブストーリーでキャンギャル卒業
■2年前にサントリー発泡酒のキャンギャルに起用され、
グラビアアイドルをしていた
望月麻衣(80年6月30日/木戌)が、
木10『マンハッタンラブストーリー』に女子アナさつき役で出演している。

望月は、DNA「調」主導で、他人とは一線をひく。
「調+車」は、常に何かをしていないと安心できない。
「調+禄」は、ユニークな発想。
「調+龍」は、向上心の塊。
「木+調+午月」は、直感鋭い。

10年運初旬「8歳宝巳」は、DNA「牽」のプライドの高さを付加。
現在の10年運は「18歳鉄辰」の天剋地冲10年運で、
これまでの自分を大きく破壊しながら、変えていく時期。

宿命の特長は、エネルギー245点と相応だが、
木性9点と本人の存在は稀薄なわりには、異常干支なので、妙に目立つ。
売りは生年冲殺で、異性でつまづきやすいさげ●●だが、
これを克服さえすれば、バブリー夏生まれでも、
月干「海」のラッキーカラーを頼りに、来年は露出できるはず。
「記憶に残る女優になりたい」と意気盛んだが、
それはすぐそこに来ているかもしれない。
里谷多英●給料泥棒じゃないよね
■98年(山寅)の長野五輪金メダリストの里谷多英(76年6月12日/草未)が、
高校時代の同級生と11月(雨亥)11日(山子)に入籍していたことがわかった。

里谷は、DNA「禄」主導で、自己顕示欲が強い人。
10年運初旬「2歳雨巳」は、初旬10年運ラッキーカラー天冲殺で、
(生年冲殺でもあり)成功運型。
2旬「12歳海辰」も同様にラッキーカラー天冲殺。
現在の10年運「22歳宝卯」は、ラッキーカラー10年運天冲殺も抜け、
これまでの実績にやや陰りのでる時期。

宿命の特長は、エネルギー278点と重厚だが、
金性ゼロ(DNA車/牽なし)は、あまり熱心に働かず、配偶者成分も皆無。

生年冲殺である里谷は、仕事優先のはずだが、
今年(雨未)はラッキーカラー年にもかかわらず、
シーズン前の全日本スキー連盟の合宿を不参加、ワールドカップの序盤戦を欠場。
さらに来年1月以降のW杯も欠場する方向。
「今後も競技はずっと続けたい」とコメントをだしているが、本当かね。
敵が少ない「草未」だが、「辰」年生まれ「草未」は、孤立。
生年冲殺が同級生なんかと結婚しても幸なし。
まさか、給料ドロボーじゃないよね。
 
 
■2003年12月05日(金)海子
宮藤官九郎●写真誌に夫人八反田リコの素顔掲載
■視聴率6.6%と不調にあえぐ木10『マンハッタンラブストーリー』の脚本を担当する、
月支VS日支害持ちの
宮藤官九郎(70年7月19日/鉄子)だが、
今年(雨未)は、ラッキーカラー害年らしく、
発売中の写真誌に5歳年上の夫人、
八反田リコ(65年6月1日/陽戌)の素顔が掲載されている。

16歳でダンサーを目指し、現在は振付師のほか、
ジャパニーズボサノバのボーカル兼フルート奏者をつとめる八反田は、
DNA「貫」主導で、意志が強い頑固者。
「貫+貫」は、利己主義。
「貫+鳳」は、頑固そうに見えるが、優雅な人。
「貫+玉」は、その場の空気を読むのが得意だが、遙か先は見えない。
「貫+司」は、意志は強いがSPEED感なし。
「陽+貫+巳月」は、苦難の人生で説得力増す。

10年運初旬「2歳海午」は、月干「宝」と日干「陽」が、
干合して出来た日干支「海戌」と大半会するばかりか、
初旬ラッキーカラー10年運天冲殺のため、成功運型。
2旬「12歳雨未」も10年運天冲殺。
現在の10年運「32歳草酉」は、害の10年運。

宿命の特長は、バブリー夏生まれにして、エネルギー291点と強力。
火性111点は恐ろしい。
水性ゼロ(DNA車/牽なし)は、あまり表舞台にでることがなく、
ラッキーカラーなしの野人。うーん、髪が傷んでそうだな。
「巳」年生まれ「陽戌」は、自分に正直な人。

この2年は、宿命にない水分の条件なし天冲殺年ということで、
初写真が公開されたようだが、肝心の宮藤とは、一切共通干支なし。
いつ結婚したのかは不明だが、彼女の害の10年運が、その答え。
本来は、年上にこそ良さをひきだされる午未天冲殺なのに、
年下男性との結婚には、発展性なし。
害持ちの宮藤らしいが、いつまでも続く訳はいかないはずだ。
 
 
■2003年12月06日(土)雨丑
ケラリーノ・サンドロヴィッチ●映画で80年代回顧
■テクノ・カット/聖子ちゃんカット/YMO/ケイト・ブッシュ/『POPEYE』/
ルービック・キューブ/留守番電話機/太陽の塔/沢田研二「TOKIO」/なめねこ免許証/
インベーダー・ゲーム/サンシャイン60/1億円を拾った大貫さん/ウォークマン。
これらが80年代を代表するキーワード。
今日公開される映画『1980』は、
ナイロン100℃の
ケラリーノ・サンドロヴィッチ(63年1月3日/陽午)が初監督し、
1980年(鉄申)に東京で暮らす三姉妹
(犬山イヌコ/木辰・ともさかりえ/海子・蒼井優/山子)のPOPでFUNNYな物語。

ケラは、DNA「牽」主導で、スタイルを重視する人。
「牽+龍」は、小細工得意。
「牽+石」は、何事にも懐疑的。
「牽+車」は、忍耐力あるように見える。

10年運初旬「1歳雨丑」は、DNA「牽」で自己確立を早くもする時期だが、
害もあり、何かせつなくも格好悪い面あり。
日本版ウッディ・アレンを思わせる風情。
「11歳木寅/21歳草卯」は、10年運ラッキーカラー天冲殺。
現在の10年運は「31歳陽辰」の自己発揮と自己矛盾の最後の最後ながら、
年運「雨未」はDNA「牽」の支合で、形にする時期。
「11歳木寅〜101歳雨亥」は、ターボ運(子丑天冲殺回り)でもある。

宿命の特長は、エネルギー177点と、流れに乗りやすい。
金性ゼロ(DNA禄/司なし)は、堅実味なく引力本能に欠ける。
生年冲殺でもあり、「寅」年生まれ「陽午」は、非現実性非日常性の人。
年干と月干の「海」は、冬生まれとしては沈んでしまった太陽で、残光をたたえる。
ラッキーカラー年前のラッキーカラー対冲月前の
ダメージカラー害日の公開が、実に残念だ。
犬山イヌコ●懲りない独創的風合い
■一度聞いたら忘れられない特徴的な声を生かした、
CMナレーションやラジオパーソナリティの分野でも人気が高い。
アニメ『ポケット・モンスター』のニャース役、
『みどりのマキバオー』のマキバオー役の声優としても有名な、
犬山イヌコ(65年12月16日/木辰)は、
DNA「玉」主導で、気分転換下手で、懲りない人。
「玉+車」は、考えたとおりに行動し、わかりやすい。
「玉+石」は、理屈っぽい。
「玉+禄」は、計算尽くの愛想。

10年運初旬「7歳畑丑」は、日干支「木辰」を干合させ「山辰」とすれば、
月干支「山子」と大半会するので、成功運型的。
「17歳鉄寅/27歳宝卯」が、10年運天冲殺。
現在の10年運は「37歳海辰」で、害の10年運天冲殺を抜けた改良改革時期だが、
懲りない「木辰」で「玉」主導なので、そうは変わらないかも。

宿命の特長は、エネルギー214点。
「巳」年生まれ「木辰」は、スケールが大きい。
冬生まれの「木」は孤高だけあって独創的。
伴星がDNA「車」となるので、見かけより気忙しい人だ。
 
 
■2003年12月07日(日)木寅
柄本佑柄本時生柄本明の息子は売れず
■俳優の柄本明(48年11月3日/海辰)と女優の角替和枝(54年10月21日/鉄戌)の
長男・
柄本佑(86年12月16日/木午)が、
9月公開の映画『偶然にも最悪な少年』でデビューし、
6日(雨丑)公開の『美しい夏キリシマ』や、
金10『ヤンキー母校に帰る』にも出演(睡眠障害を持った少年役)している。

これはDNA「玉」主導で、親(特に母親)の意向であり、
本人の意志はあまり感じず、整合性なし。
父親の条件なし天冲殺に、共通干のない子供がデビューするのも、
午未天冲殺としては仕方がないのかも知れないが、
初旬害持ちの辰巳天冲殺が、親と同じ土俵にたっても成功できる保証はない。
救いは、両親の事務所『東京乾電池』所属ではないことか。

ところが、ここにきて、同じく共通干のない
次男・
柄本時生(89年10月16日/畑酉)が堂々と、乾電池事務所に入り、
来夏公開の映画『すべり台』で、
石原さとみ(海寅)の相手役に起用されたことがわかった(既に撮影済み)。
時生に至っては、干合天干一気なばかりか、
倒柱干支の「畑巳/畑酉」をダブル所有のうえ、
月干支「木戌」VS日干支「畑酉」の干合支害持ちという、妙な配合。
共通干のない逆縁夫婦が、子供に期待をかけすぎるのは如何なものか。何だか妙だ。
 
 
■2003年12月08日(月)草卯
大石恵hyde性別未公表の子供が誕生
■救いようのないほど、空前絶後の逆縁(午未年上男性と子丑年下女性)夫婦である、
元タレントの
大石恵(73年3月20日/草卯)と、
ラルク・アン・シエルの
hyde(67年1月29日/雨巳*)の子供が、
11月11日(山子)に誕生していたことがわかった。

大石は、DNA「貫」主導の頑固。
火性ゼロ(DNA鳳/調なし)の野人で、生年冲殺・生日冲殺・互換冲殺、
入籍した00年(鉄辰)は、干合支害年のオマケ付き。
(出逢いは、hydeの干合支害年の98年/山寅)。

hydeは、DNA「車」主導で単純。
木性ゼロ(DNA鳳/調なし)の生年冲殺。
年干「陽」と月干「宝」が干合すると、それぞれ「海」と「雨」になり、
日干「雨」を入れた、水性天干一気ばかりか、年干支VS月干支干合支害で、何だか病的。

性別を公表しない子供は、DNA「車」主導で、単純。
「車+玉」は、考えたとおりに行動する、わかりやすい質。
「車+司」は、猪突猛進ではた迷惑。
「司」×3もあり、超現実的で地味でケチな性分。
「山+車+亥月」は、単にうるさいだけ。
宿命の特長は、エネルギー186点は微弱。
うち水性113点は、泥山というよりは、
泥水にわずかに小山を認められる程度で、存在稀薄。
金性ゼロ(DNA鳳/調なし)は、伝達本能皆無。
年干と月干の「雨」が、日干「山」と干合すると、
それぞれ「灯」と「陽」になり、火性の干合天干一気。これは親が困窮する形。
ただし、年干支「雨未」VS日干支「山子」の干合支害持ちは、
究極の表裏人間で、自爆もしやすい。
「未」年生まれ「山子」は、狭視で自己本位なうえ、異性の気持ち理解不能。
この生年冲殺の子供は、子供縁の薄い二人が親であり、どう考えても不自然。
せっかくの愛児の詳細を公表できない理由が、あるのかも知れない。
 
 
■2003年12月09日(火)陽辰
上妻宏光●初の映画音楽演奏も害
■津軽三味線奏者として、ここ数年認知されつつある
上妻宏光(73年7月27日/木子)が、
来年2月21日(鉄午)公開の、アニメ映画『NITABOH 仁太坊〜津軽三味線始祖外聞〜』で、
初めて映画音楽演奏を手がけていることがわかった。
同作は、実際に津軽三味線の元祖とされる秋元仁太郎(仁太坊)の
人生をフィクション化したもので、幼くして両親と死別し、
失明するという困難に見舞われながら、三味線の修行にでる物語。

6歳より三味線を始め、14歳で「全日本津軽三味線競技大会」に優勝し、
01年(宝巳)にCDデビューした上妻は、DNA「司」主導で、コツコツと修行を重ねる人。
「司+司」は、現実性強く内面がよく見えない。
「司+玉」は、生活のために旧い知恵を役立てる。
司×3・玉×2の単純血脈は、三味線を極めるには悪くない雰囲気だ。

10年運初旬「7歳山午」は、日干支「木子」を天剋地冲するので、成功運型。
「7歳山午〜47歳木寅」が、ターボ運(子丑天冲殺回り)で、何をしても存在感あり。
現在の10年運は「27歳陽辰」の名前を広める時期。

宿命の特長は、エネルギー205点。
天干には「雨」と「畑」と理想的な配置だが、
月干支「畑未」VS日干支「木子」は、干合支害持ちで、なかなか形にならない。
妙なファンもつきやすいだろう。
「丑」年生まれ「木子」は、上がって落ちる。

今年(雨未)は、ラッキーカラーとはいえ害。
DNA「玉」持ちらしく、害年に動きがあるのは、予定どおりだ。
 
 
■2003年12月11日(木)山午
CASCADE TAMAMIZU松岡充加担ソロデビュー無残
■元CASCADEのボーカル・TAMAMIZU(70年1月13日/雨巳)が、
9日(陽辰)、初主演ドキュメンタリー映画『青く、ただ青く』のプレミア上映会で、
来年3月3日(宝巳)に、SOPHIAの
松岡充(71年8月12日/畑巳)プロデュースで、
ソロデビューすることをあかした。

TAMAMIZUは、DNA「貫」主導で、状況環境により変化。
本来は頑固で、生き方を変えない人。
「貫+龍」は、忍耐力あるが地味。
「貫+玉」は、その場限りの人。
「貫+車」は、短気。「貫+禄」は、素直でない。
「雨+貫+丑月」は、用心深いがここ一番で冒険。

10年運初旬「2歳陽子」は、ラッキーカラー10年運ながら条件なし。
「12歳草亥/22歳木戌」が、特別条件付10年運天冲殺。
現在はそれを抜け、「32歳雨酉」の大半会10年運で、独立。

宿命の特長は、エネルギー214点。
木性ゼロ(DNA鳳/調なし)は、ただでさえ冷たい冬の「雨」が、
流れゆく先がなく、汚れやすい。
「酉」年生まれ「雨巳」は、内外シーソーで、私生活と仕事が両立せず。

今年(雨未)は、条件なし天冲殺ばかりか、
ラッキーカラーの月干支「灯丑」の天剋地冲で不安定。
条件なし天冲殺に動いても、夢のなかのもがきで意味なし。
松岡(畑巳)が、TAMAMIZUの年干支「畑酉」を大半会するため、
いらぬおせっかいをしたようだが、罪なこと。
付き合う相手は選びたいものだが、年下の松岡にも縁なし。
こうして、人は失敗してゆく。
 
 
■2003年12月12日(金)畑未
川井郁子●世界初ガラスバイオリンに挑戦
■耐熱ガラスのトップメーカーであるハリオグラスが、
世界初のガラス製バイオリン『玻璃王バイオリン』を完成させ、9日(陽辰)お披露目。
同社のイメージキャラクターを務めるバイオリニスト
川井郁子(69年1月19日/木午)が、
同楽器のために作曲した『white sand・白い台地』を演奏した。

香川県出身の川井は、DNA「司」主導で、
純粋堅実ながら常に何かに頼りながら生きている人。
「司+車」は、単純かつ気の効いた人に見え、企業としては利用しやすい面あり。
「司+司」は、現実性強い。
「司+禄」は、自制心あまりなく、仲介能力に長ける。
「司+石」は、堅実すぎて華やかさなし。
「木+司+丑月」は、評論家的要素強い。

10年運初旬「5歳木子」は、日干支「木午」を納音するので、成功運型。
その後「15歳雨亥〜95歳木寅」がターボ運(子丑天冲殺回り)で存在感あり。
現在の10年運は、「25歳海戌」の最後で、新しいことに縁あり。

宿命の特長は、エネルギー224点。
「申」年生まれ「木午」は、孤高の人。
月支「丑」VS日支「午」の害持ちで、どこか病的でまとめようとすると華にならず。

今年(雨未)は、この害が切れた上に、
年干「山」が干合により「陽」に変化したため、救いあり。
終演後「(音色が)きらびやかだったり、懐かしかったり、いろんな面を持っている。
木製より重いですが、(指の感触の)違和感はまったくありません」と誉めていたが、
いくら懐疑的な念のない「木午」でも、
(時代の流れとはいえ)本来は木製の楽器が金性になることは、
「木」の川井には重荷ではなかろうか。
DNA成分だけでいったら、現実的すぎる川井。
世界初のガラスバイオリンとは違和感なし。
これからはこれで、目立つのもいいかも。
 
 
■2003年12月13日(土)鉄申
ZONE●リーダーTAKAYOの脱退と矛盾
■「玉」主導らしく北海道を拠点にしている、
ZONE(結成98年/山寅・01年2月7日/宝丑)のリーダーで、
ギターの
TAKAYO(85年6月13日/雨未)が、
年内いっぱいで、グループを脱退することがわかった。
大晦日の紅白歌合戦が最後のステージになる見込みという。

TAKAYOは、DNA「車」主導で、単純。
「車+貫」は、短気。
「車+禄」は、ルールに縛られるのが苦手。
「車+鳳」は、大衆的。
「車+石」は、目的遂行のためには、有無を言わさずで、個人感情無視。
「雨+車+午月」は、騒々しいのが好きなだけ。

10年運初旬「8歳雨未」は、日干支「雨未」で律音のため成功運型。
今年突入した「18歳木申」と「28歳草酉」は、10年運天冲殺。
「38歳陽戌/48歳灯亥/58歳山子」が、変剋律10年運。

宿命の特長は、エネルギー243点。
バブリー夏生まれで、年支「丑」と月支「午」が害で、ちょっと病的。
親と家系、仕事先と所属組織の害を、本人(雨未)が断ち切る役割。
「丑」年生まれ「雨未」は、自己愛の象徴。

導星「車」で、最後は自分の意志なのだろうが、
来春に道内の大学に進学するのが、大きな理由だとか。
律音は人生の折返し地点だから、決意は納得できるが、大学進学は条件なし天冲殺。
DNA成分を加味しても、現実的成分が多いので、この決断は手放しでは喜べない。
福元英恵福盛和男逆縁婚でさらに不調へ
■フジテレビ入社3年目で、
今年(雨未)から『めざましテレビ』のスポーツコーナを担当している、
福元英恵(76年9月13日/山辰)アナが、
球界のお荷物・横浜ベイスターズから、近鉄にトレードされたばかりの、
絶不調男・
福盛和男(76年8月4日/山子)投手と
来年1月23日(宝丑)に挙式することがわかった。

福元は、大阪府生まれ、京都大学大学院出身のDNA「調」主導で、
女性的感性が強く、いわゆるオンナノコというタイプの人。
01年(宝巳)入社ということだけでも社会参加が出遅れているのに、
不器用な「山辰」らしく同期でも出遅れ。
今年は日干干合で、「山」がゆらいで「陽」になるため、
年干「陽」・月干「灯」とあわせて、火性の天干一気の完成。

福盛は、DNA「石」冲殺主導で、周囲に翻弄される。
バブリー夏生まればかりか、10年運の条件も甘く、大成は難しい。
今年は、干合支害で、異性に翻弄される時期。
「辰」年生まれ「山子」は、異性の気持ち理解不能。

同学年とはいえ、年下の(今年だけとはいえ)干合天干一気と結婚する、
午未天冲殺(年長者にかわいがられる)に未来なし。
ダメな人ほど群れるのが常だが、まして「山」同士が一緒になったところで、
見栄えも悪く、全く理性が感じられない。
福元も知り合ってすぐに、相手が怪我をすれば、
それがお知らせ現象と感じない鈍感さだが、
しばらくは仕事の関係で、大阪と東京で離れて暮らすという。
おいおい、いったい何のために結婚するんだ。
フジテレビも、こんな使えないのをいつまでも飼っている必要なし。
とっとと、追いだしてやったほうが身のためだ。
 
 
■2003年12月14日(日)宝酉
広末涼子岡沢高宏妊娠4ヶ月の無計画婚
■長く低迷が続く、「調」冲殺主導で、安定感のない女優
広末涼子(80年7月18日/海辰)が、生月冲殺らしく(笑)、
条件あり天冲殺年の最後に来て、01年(宝巳)より交際していたとされる、
モデル兼デザイナーの
岡沢高宏(75年9月14日/雨亥)と結婚することがわかった。
妊娠4ヶ月だという。

岡沢は、DNA「龍」主導で、形に恵まれると精神苦。
「龍+鳳」は、内面葛藤激しい。鳳×3もあり、表現力はあり。
「龍+調」は、不満がたまりやすい。
「雨+龍+酉月」は、他人とは脳波のサイクルが違う。

10年運初旬「2歳木申」は、DNA「調」の害で、反抗心強く、原則結婚運薄い。
現在の10年運「22歳海午」は、妥協。

宿命の特長は、エネルギー130点と軽い。
火性ゼロ(DNA禄/司なし)は、金銭物質運・真面目さなしの野人。
土性ゼロ(DNA車/牽なし)は、あまり仕事熱心ではなく、配偶者成分ゼロ。
年干支「草卯」VS月干支「草酉」の納音は、
一見秘密が多そうだが、生活力もなさそうで、存在感稀薄な証明かも。
「卯」年生まれ「雨亥」は、仲介者タイプで、トップとしての器なし。

二人の関係は、広末の月干支「雨未」と岡沢の日干支「雨亥」が大半会するが、
「海」と「雨」が一緒になっても、双方にプラスなし。
「申」年生まれ「海辰」で、矛盾だらけの広末らしく、
DNA「石」の年に結論をだしたらしい。
とはいっても、年収格差は甚だしく、性格の悪そうな夫との結婚は持続するはずもなし。
「海辰」女性は早熟だが、自ら発展をとめ、
来年(木申)のキーワードらしく出産する広末には、むろん計画性などない!
 
 
■2003年12月15日(月)海戌
高杉亘劇団☆新感線 高田聖子と害がらみ婚
■俳優の高杉亘(64年11月4日/灯巳)が、
劇団☆新感線の女優・
高田聖子(67年7月28日/雨巳)と入籍したことを、
高杉が出演した映画『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』の舞台挨拶で明らかにした。

高杉は、DNA「調」主導で、他人と同じでは気がすまない人。
「調+調」は、常識を感覚のなかで飛び越える。
「調+石」は、自尊心強いだけで、名誉はもとめない。
「調+玉」は、世間知らずで、現実生活不適合の、いわゆる役者バカ。
「灯+調+戌月」は、時に子供のようなダダをこねる。
10年運初旬「1歳草亥」は、初旬10年運特別条件付天冲殺のため、成功運型。
「11歳陽子/21歳灯丑」が、10年運天冲殺。
現在の10年運「31歳山寅」は、DNA「調」で自己確立の時期ながら、現象は害。
宿命の特長は、エネルギー271点と、男性としては重厚すぎ。
「辰」年生まれ「灯巳」は、世の仲介者タイプ。
年干支「木辰」VS月干支「木戌」の納音持ちは、
表向き何か秘密があるようで、ニヒルに見える。
年干月干共に、ラッキーカラー「木」なので、そうそう困らない人。

高田は、DNA「車」冲殺主導で、屈折した闘争心を持ち、他人とのいさかい多い。
「車冲+車」は、計算不能の突飛な行動力。動物的嗅覚の持ち主。
「車冲+司」は、猪突猛進したかと思えば、死んだふり(笑)。
「車冲+禄」は、ルールに縛られるのが苦手なのに、ルール好き。
「雨+車冲+未月」は、妙に自分を痛めつける性癖。
10年運初旬「4歳山申」は、日干支「雨巳」と干合支合のため、
通常人の倍ほどの成功運型。
「24歳鉄戌/34歳宝亥」は、ラッキーカラー10年運。
変わり者の「雨巳」であるし、何を考えているのかわからない生年生月冲殺でもあり、
運命的方向に人生が流れる。
宿命の特長は、時代整合性ない、バブリー夏生まれだが、
エネルギー326点は最強ともいえ、売りはズバリ存在感。

ところで、二人の出会いと交際スタートは、
98年(山寅)のNHK朝の連続テレビ小説『やんちゃくれ』。
高田の干合支害、高杉の自己確立のDNA「調」の害の時期。
変人好きの高田と、10年運害の高杉にとっては、
皮肉ながらも本来は生き方を試される時期。
今年は高田の条件あり天冲殺年のため、結論をだすことになったようだが、
害を5年もひきずったあげく、結婚というのは、情けない人の証明。
共通干支があるとはいえ、家庭に関するDNAが「司」で地味な高田と、
DNA「石」で妥協の高杉の結婚生活に、
明るさは感じられないが、それでも本人達は今が幸せならいいのだろうか。
ダメージカラーと一緒になった高杉の10年運害があければ、おかしくなるのは必定だ。
 
 
■2003年12月16日(火)雨亥
村主章枝●休んでいるヒマはないぞ
■フィギュアスケートのグランプリ(GP)最終日が13日(鉄申)、
米コロラド州コロラドスプリングスのワールドアリーナで行われ、
女子シングルで
村主章枝(80年12月31日/山寅)が、
182.08点をマークし、日本勢としてGPファイナル初優勝を飾った。

0村主は、DNA「司」主導で、真面目。
「司+鳳」は、忍耐力あり。
「司+車」は、目前の役割に感情廃して一生懸命になる。
「司+貫」は、強い意志力。
「山+司+子月」は、見かけより中身は激しい。

10年運初旬「8歳灯亥」は、DNA「玉」の知性を与えられたが、
条件なしも、ラッキーカラー10年運。
売りは、何かに専念すれば、運気も上昇する生年冲殺のみ。
2旬「18歳陽戌」は、DNA「龍」の改良改革10年運で、やはりラッキーカラー10年運。
その後「28歳草酉/38歳木申」が、10年運天冲殺。

宿命の特長は、エネルギー172点と軽く、「山」でもフットワークがいい印象。
「申」年生まれ「山寅」は、一か八かの相場師的要素。
今年(雨未)は、(月支害のため)気持ちは不安も、
日干干合と月干干合で、「山」が「陽」になったため、引
力本能という魅力が強化された結果。
本来「山」が海外に行くには、多大なリスクがあるが、
生年冲殺なので避けられないのだろう。
来年(木申)は条件あり天冲殺+天剋地冲。
気持ちがはやりすぎて、自爆も心配も、休んでいるわけにはいかないだろう。
 
 
■2003年12月17日(水)木子
平原綾香●最初は珍重される珍獣かな
■今日(17日/木子)、小柳ゆき(畑酉)以来という、
有線放送問い合わせチャート断トツ1位の新曲『Jupiter』でデビューするのが、
祖父に日本ジャズ界の草分け的トランペット奏者・平原勉、
父に現役サックス奏者・
平原まこと(52年5月2日/山申)を持つ、
平原綾香(84年5月9日/雨卯)。

6歳からバレエを13歳からアルトサックスを始めて、
現在は洗足学園音楽大ジャズ科に在籍中の平原は、
DNA「牽」冲殺主導で、格好をつけようとすればするほど、サマにならない。
不名誉なこともけっこう言われかねない人。
「牽冲+貫」は、妙な打算に縁あり。
「牽冲+鳳」は、お天気屋。
「牽冲+調」は、ヘンに大胆。
「牽冲+車」は、一風変わったデリカシー。
「雨+牽冲+巳月」は、精神的に弱く、持続力に欠ける。

10年運初旬「1歳山辰」は、DNA「牽」の自己確立をともなう初旬10年運天冲殺。
さらに、年干「木」が月干「畑」に干合された「山子」と大半会になるため、
通常人の3倍ほどの成功運型。
ただし、(日干支とは)初旬干合支害でもあり、最初は華々しくても、
持続力に欠け、不名誉な事や異性に翻弄される質でもあり、結婚運に弊害でる。
現在の10年運「11歳灯卯」は、DNA「禄」で魅力を発散する時期だが、ダメージ10年運。

宿命の特長は、エネルギー164点と、
闘う現代の女性としては軽すぎて、旧型アイドル並み。
「子」年生まれ「雨卯」は、正直者。
ラッキーカラーが、冲殺された月支「巳」のなかの「鉄」しかないので、使用不能。
つまり、バブリー夏生まれの野人となる。

来年(木申)2月18日(灯卯)には、ほとんどの曲を作詞作曲したアルバムを、
日韓同時発売するそうだが、「雨卯」は典型的な「いい人」のため、
最初はソコソコ話題になるが、長続きしそうもない。
生月が親と同じ音楽界に進むのも感心せず。
最初だけ物珍しく珍重されるだけかも。
 
 
■2003年12月18日(木)草丑
萩原明子●ライオン先生でこれから楽しめるかな
■終了したばかりの日本テレビ系『ライオン先生』で、
一言も話さないミステリアスな少女を演じたのが、
群馬県出身で14歳から雑誌モデルの経験のある、
萩原明子(はぎわらさやこ・82年7月24日/山申)。
02年(海午)の映画『自殺サークル』がスクリーンデビュー。

これまで、『父の日』『HAZARD』に出演した萩原は、
DNA「石」主導で、人に差をつけない。
「石+貫」は、独善的で周囲に溶け込みにくい。
「石+鳳」は、常識的だが少々がさつ。
「石+禄」は、行動力たくましく、他人をうまく利用する性癖。
「石+玉」は、理論理屈で演技する。
「山+石+未月」は、派手さはないが、噛めば噛むほど味のでる人。
若いのに、どこか老獪な雰囲気。

10年運初旬「6歳陽午」は、DNA「龍」を与えられ、
新しい世界に目が向いたが、条件なし。
現在の10年運「16歳草巳」は、DNA「牽」で格好をつける時期。
この後「26歳木辰」をへて、
「36歳雨卯/46歳海寅」のラッキーカラー10年運天冲殺へと続く。

宿命の特長は、エネルギー266点。
「戌」年生まれ「山申」は、正直。
圧倒的魅力を誇るのが、バブリーさはぬぐえないが、夏山の特長。

今年(雨未)は、ラッキーカラー年で認知もされた。
来年1月からは、テレ朝系連ドラ『エコエコアザラク』のレギュラーも決まっており、
楽しみな人だ!
 
 
■2003年12月19日(金)陽寅
杉内俊哉上葉えりかと害年結婚
■今季の日本シリーズでMVP左腕、ダイエー杉内俊哉(80年10月30日/陽子)が、
昨日(草丑)、地元テレビ番組のホークス応援番組のリポーター
上葉えりか(80年9月23日/畑亥)と入籍したことがわかった。
昨年(海午)8月(山申)、不調から2軍落ちを命じられた時に出会い、交際がはじまったという。

杉内は、DNA「鳳」主導の自然児。
「鳳+禄」は、お人好し。
「鳳+牽」は、温厚誠実もお天気屋。
「鳳+貫」は、表面温厚中頑固。
「陽+鳳+戌月」は、しぶとい。
10年運初旬「3歳灯亥」は、DNA「石」のズルさを身につけるも、条件なし。
売りは生年冲殺のみ。
宿命の特長は、エネルギー187点と軽く、流れに乗りやすい。
「申」年生まれ「陽子」は、働き者。
木性ゼロ(DNA龍/玉なし)は、頭の中身は空っぽで、野人並みだが、
来年(木申)は宿命にない木性の条件あり天冲殺で、期待大。

上葉は、DNA「鳳」主導で、冷静。
「鳳+調」は、ちょっと臆病だが、おおらかさあり。
「鳳+司」は、耐え忍ぶ人。
「鳳+車」は、金には弱い(笑)。
「畑+鳳+酉月」は、普通の人。
10年運初旬「5歳木申」は、干合支害10年運で、格好つかず。
異性に裏切られる質で、結婚運いまひとつ。
宿命の特長は、エネルギー183点と旧型アイドル運型。
火性ゼロ(DNA龍/玉なし)は、杉内と同じく頭の中身はからっぽの野人並み体質。
「申」年生まれ「畑亥」は、人に助けられるが、
同時に年支「申」VS日支「亥」の害持ちで、表裏人間。

害年に結婚する杉内に、害持ちの上葉でバランスとれそうだが、それでいいのか(嘆)。
 
 
■2003年12月20日(土)灯卯
浜野裕子C.C.ガールズを潰した結婚騒動
■15日(海戌)に、メンバー全員が脱退し、ソロ活動に専念すると発表されたばかりの、
C.C.ガールズの元メンバー
浜野裕子(75年3月9日/木寅)が、
妊娠8ヶ月で23日(鉄午)に、今年出会った1歳年上の会社員と挙式することがわかった。

浜野は、DNA「石」主導で、協調性和合性あるものの、ズル賢い面あり(石×3)。
「石+石」は、集団のなかの変わり者。
「石+禄」は、他力本願。
「石+司」は、精神的には質素。
「木+石+卯月」は、おだてに弱い。

10年運初旬「9歳鉄辰」は、DNA「車」のスピード感を与えられるが、とりたてて条件なし。
年支・月支の害は、動きの鈍さに拍車をかける。
現在の10年運は「19歳宝巳」の最後で、役目役割の害。
自身の妊娠で、グループが活動できなくなって迷惑をかけたのも、このため。
しかし、社会参加もこの時期で、仕事をし続けるには苦痛をともなう。

宿命の特長は、エネルギー228点。
うち117点が木性で、金性ゼロ(DNA車/牽なし)は、仕事運皆無でプライドもなし。
水性ゼロ(DNA龍/玉なし)は、頭の中身はカラッポで、成長力なしの野人。
「卯」年生まれ「木寅」は、他力運。

今年(雨未)は、年支・月支の半会で、世界がひろがり、
宿命にない真正ラッキーカラーの水性年。出会いもあったのだろうが、
10年運の害で、子丑天冲殺が年上と結婚しても、意味はなし。
他の3人の元メンバー、
森洋子(72年8月1日/木子)、山田誉子(71年4月4日/畑未)、
本杉美香(72年6月7日/畑巳)らの面々は、
内心怒り心頭なのかも知れない。
柳浩太郎●器不足で仕事を棒に振る
■ベルリン生まれで、ストリートダンス系俳優の柳浩太郎(85年12月21日/木午)が、
14日(宝酉)夜に交通事故に遭い、頭部を強打して、入院中であることがわかった。
命に別状はないという。

柳は、DNA「玉」主導で、気分転換下手。
「玉+司」は、生きるためのみに、仕事をする。
「玉+石」は、理屈っぽい。
「玉+禄」は、逃げ下手。
「木+玉+子月」は、いざという時に弱い。

10年運初旬「5歳灯亥」は、DNA「調」の女性的気づかい与えられるも、
ラッキーカラー10年運だが、条件なし。
現在の10年運「15歳陽戌」も、ラッキーカラー10年運。

宿命の特長は、エネルギー175点と軽く、男性としては、流れに乗りやすい。
「丑」年生まれ「木午」は、わがまま。
年支「丑」VS日支「午」の害持ちで、表裏あり。

今年(雨未)は、この害切れで舞台『テニスの王子様』の主演を射止めたが、
月干支「山子」の干合支害で、気持ちが不安定。
宿命害持ちが、通常はバランスをうまくとっていたものが、
害切れでかえって不安定になってしまったもの。不器用な「木」らしい。
年末年始の仕事を棒に振り、事務所に迷惑をかけてしまった。
器じゃないのかも、しれない。
 
 
■2003年12月21日(日)山辰
大西崇之●女子プロ坂上晴美勘違い婚
■中日ドラゴンズの大西崇之(71年7月2日/山子)外野手と、
女子プロゴルファーの
坂上晴美(74年1月31日/海申)の結婚が明らかになった。

大阪府出身の大西は、DNA「玉」冲殺主導で、親や故郷に縁なし。妙な気分転換をする人。
10年運初旬「9歳雨巳」は、日干「山」と干合して「灯巳」になるので、
年干支「宝亥」を天剋地冲するため成功運型。
宿命の特長は、エネルギー152点と軽く、男性としては流れに乗りやすい。

愛知県出身の坂上は、DNA「牽」主導で、何かと格好をつけたがる人。
10年運初旬「1歳陽寅」は、日干支「海申」と天剋地冲関係のため、成功運型。
宿命の特長は、エネルギー254点と相応。
火性ゼロ(DNA禄/司なし)の野人で、配偶者成分も皆無。
「21歳山辰」は、年干「雨」を干合させると、「灯丑」になるので、これが勘違いの証か。

二人の出会いは、坂上の天剋地冲年である、5年前(98年の山寅)のTVのゴルフ番組。
真剣交際は3年前(00年鉄辰)の、(坂上の)改良改革年と(大西の)遊びの年。
とは言っても、共通干支はないばかりか、午未の大西が年下と一緒になっても意味なし。
午月生まれで、羅状干支で「山午」があるため、一見強そうに見えるのが仇か(笑)。
今年(雨未)は、干合支害年だし。

坂上は、大学(愛知淑徳大)時代から大型ゴルファーとして注目され、
96年(陽子)のプロテストに合格。98年(山寅)に五洋建設レディースでツアー初優勝。
99年(畑卯)、00年(鉄辰)、02年(海午)とシード権を獲得したが、
今季は賞金ランキング66位と低迷。シード権を失った。
そりゃそうだろうね(嘆)。
 
 
■2003年12月22日(月)畑巳
水谷さくら●小倉優子に勝てるかな
■三行広告に載っている得体の知れない怪しい会社に、
潜入バイトを試みるテレビ東京系『給与明細』に出演しているのは、
現役女子高生レースクイーンとしてデビューし、
グラビアアイドルに転身した
水谷さくら(83年11月17日/畑酉)。

水谷は、DNA「牽」主導で、格好をつけたがる。
「牽+牽」は、無為無策の行動に走りやすく、まさにうってつけ。
「牽+鳳」は、温厚誠実もお天気屋。
「牽+禄」は、特別な教育なくても、実践で社会常識が身につき、折り目正しい。
「畑+牽+亥月」は、強運だが長続きせず。

10年運初旬「7歳木子」は、二重干合を呼ぶが、特に条件なし。
ただし、DNA「牽」となり、自己確立は早い。
現在の10年運「17歳草丑」は、DNA「車」で、とにかく気忙しく動く。
「27歳陽寅/37歳灯卯」が、ラッキーカラー10年運天冲殺。

宿命の特長は、エネルギー196点と軽く、旧型アイドル並み。
「亥」年生まれ「畑酉」は、わがまま。
火性ゼロ(DNA龍/玉なし)の、暖かみのまるでない野人。
クールというより、水びたしで使い勝手は良くないが、目立つ。

大好きなグラビアを極め、使われなくなるまで頑張りたいそうだが、
巷では小倉優子(雨巳)とかぶるとの評価。
向こうは変人の天干一気だから、水谷は格落ち。
とは言っても、条件なし天冲殺でブレイクしているだけの小倉より、
水谷のほうが、いくらか伸びる余地は残されているかも。
大塚愛さくらんぼで好発進も成長疑問
■TBS系『U-CDTV』の12月度のオープニングテーマ『さくらんぼ』を歌うのが、
大阪府出身の
大塚愛(82年9月9日/草未)。

大塚は、DNA「車」主導で、単純明快。時代整合性あり。
「車+車」は、計算された行動力。本能的に動く。
「車+鳳」は、経済に執着。
「車+玉」は、考えたとおりに行動するわかりやすい人。
「車+禄」は、ルールに縛られるのが苦手。
「草+車+酉月」は、ただ騒々しいだけ。

10年運初旬「1歳山申」は、年支「戌」と月支「酉」と加え秋の方三位が成立するうえに、
日支の「未」もつながるが、これといった動きなし。
「11歳灯未/21歳陽午」が、ラッキーカラー10年運。

宿命の特長は、エネルギー220点。「戌」年生まれ「草未」は孤立しやすい。
小気味いいが、これといって特色がない宿命は、
今年(雨未)、DNA「龍」の改良改革年とはいえ、12月(木子)リリースは害。
いつまで続くのか・・・。
 
 
■2003年12月23日(火)鉄午
マルシア大鶴義丹修復不能で離婚確定
■すっかり色あせた夫婦という形容がピッタリという表現が似合う、
歌手兼タレントの
マルシア(69年2月14日/鉄申)と、
俳優兼作家の
大鶴義丹(68年4月24日/木子)が、
離婚へ向けて話し合いを行っていることがわかった。
複数の関係者によると、2カ月前に大鶴の浮気現場をマルシアが目撃したことで、
夫婦関係が修復不可能になり、弁護士を交えて協議中という。
2人は94年(木戌)に結婚し、97年(灯丑)には一人娘をもうけたが、
結婚生活丸9年で破局を迎えることになる。

マルシアは、DNA「車」主導で、単純明快。
「車+石」は、家庭犠牲にしやすく個人感情無視。
「車+龍」は、いきあたりばったり。
「車+玉」は、考えたとおりに行動するわかりやすい人。
「車+車」は、本能的に動く人。
「鉄+車+寅月」は、ただ騒々しいだけで、味気なし。
10年運初旬「7歳灯卯」は、年干支「畑酉」と
納音的(初旬のみ灯と畑は同格)なため成功運型。
現在の10年運は、「27歳畑巳」で、埋もれる時期。
宿命の特長は、エネルギー187点と、旧型アイドル並み。
「酉」年生まれ「鉄申」は、他力運。

大鶴は、DNA「禄」主導で、優しいだけの人。
「禄+車」は、マイペースで、ルールに縛られるのが苦手。
「禄+玉」は、計算尽くの愛情表現。
「禄+禄」は、不器用。
「禄+鳳」は、お人好し。
「木+禄+辰月」は、地道にやっていても、魔が差す人。
10年運初旬「4歳灯巳」は、DNA「調」の気づかいを付加された
ラッキーカラー10年運だが、条件なし。
「4歳灯巳〜64歳雨亥」がターボ運で、目立つ。
現在の10年運は「34歳鉄申」で、木が伐り倒される時期。
宿命の特長は、エネルギー184点と軽く、本来は流れに乗りやすい。
「申」年生まれ「木子」は、落ちて上昇。

二人の関係は、共通干支あるも、女性の子丑天冲殺が年下の完全な逆縁夫婦。
しかも、大鶴の「24歳畑未」の干合支害10年運の結婚。
つまり、大鶴はダマされて結婚したようなもの。
夫人の留守に女性を自宅に招待するという間抜けぶりは言語道断だが、
10年運害を抜けた、DNA「玉」の害年の今年(雨未)の
天冲殺月(海戌/DNA龍・改良改革)の強行は、覚悟の業か(笑)。
昨今は離婚した女性がもてはやされる傾向があるようだが、
大鶴は逆に解放されて上昇。
少しはマシな仕事が出来るかもしれない。
 
 
■2003年12月24日(水)宝未
小畑由香里柳沢敦逆縁害年婚で絶滅決定
■条件なし天冲殺ばかりか、不器用な「木」であるのに、
イタリアまでノコノコ出かけている、サッカーのセリエA・サンプドリアの
FW
柳沢敦(77年5月27日/木申)が、
JJモデルの
小畑由香里(79年10月12日/海子)と、
クリスマスイブの24日(宝未)に入籍することがわかった。

柳沢は、DNA「鳳」主導で、おおらか。
「鳳+鳳」は、きさく。
「鳳+車」は、大衆的だが目的は金儲け。
「鳳+調」は、なあなあ。
「鳳+石」は、常識的。
「木+鳳+巳月」は、ひらめきで動く。
10年運初旬「7歳木辰」は、日干支「木申」を大半会するので、成功運型。
現在の10年運「17歳雨卯」は、ラッキーカラー10年運。
宿命の特長は、バブリー夏生まればかりか、エネルギー285点と重厚すぎ。
「巳」年生まれ「木申」は、一か八かの相場師的要素。

小畑は、DNA「玉」主導で、生き方を変えられない人。
「玉+司」は、生きるためなら何でもする。
「玉+石」は、理屈っぽい。
「玉+牽」は、用心深いくせに冒険する。
「玉+鳳」は、自分を棚上げしてあれこれいう。
「海+玉+戌月」は、とりとめなし。
10年運初旬「9歳草亥」は、初旬特別条件付10年運天冲殺のため、成功運型。
現在の10年運は「19歳陽子」のラッキーカラー10年運。
宿命の特長は、エネルギー196点と軽く、アイドルの域を脱せず。
「未」年生まれ「海子」は、もめごとに強い。
年支「未」VS日支「子」の害は表裏人間。生日冲殺でもある。

2年前(宝巳)からの交際はともかく、(柳沢の)条件なし天冲殺の午未天冲殺が、
年下女性と結婚するのは大問題だし、害持ちとはいえ(小畑)の害年結婚ばかりか、
「玉」主導の人間が仕事そっちのけで、海外で生活するのも、自らのクビをしめるもの。
これで、柳沢の選手生命も、
来年(木申)の律音(人生の折返し地点)を迎えずして、終わった。
 
 
■2003年12月25日(木)海申
通山愛里●03年クラリオンガールは化け物的
■『クラリオンガール2003』で、史上最年少のグランプリを受賞した、
宮崎県出身の
通山愛里(89年6月16日/灯未)が、
1月7日(草酉)に『pinkfeat. mc A&T/taboo』で待望のデビューを果たすことがわかった。

通山は、DNA「鳳」主導の遊び心溢れる人。
「鳳+司」は、個人主義。
「鳳+龍」は、内面葛藤激しい。
「鳳+鳳」は、肩肘はらない粘り強さ。
「灯+鳳+午月」は、口うるさい。

10年運初旬「7歳宝未」は、DNA「禄」の引力本能を付加されたが、条件なし。
「17歳海申」は(宿命にない水性の)ラッキーカラー10年運。
「27歳雨酉」が、宿命にない水性の10年運。
「37歳木戌/47歳草亥」は、特別条件付10年運天冲殺。

宿命の特長は、エネルギー334点と、通常人の倍ほどの、バケモノ的パワー。
水性ゼロ(DNA車/牽なし)は、その気にならないと仕事せず。配偶者成分も皆無。
年支「巳」月支「午」日支「未」と、バブリー夏生まれのうえ、
夏の方三位まで完成し、時代遅れはなはだしく、スピード感なし(苦笑)。
「巳」年生まれ「灯未」は、正直。

BoAと同じスタッフが、強制的に売りだすそうだが、2年遅いって(笑)。
「デビューの実感がわかないです。将来的には役者にも挑戦したい」って、
時間がかかりそうだね。
 
 
■2003年12月26日(金)雨酉
橋本志穂ガダルカナル・タカ名ばかりの夫婦かな
■関西テレビ『2時ドキッ!』(金曜日)の司会を担当するのは、
福岡県生まれで、福岡大から福岡放送の記者・アナウンサー出身の
橋本志穂(67年9月15日/海午)。
25日(海申)放送のテレビ朝日系『いきなり!黄金伝説。』で、
「1ヶ月で1万円生活」にチャレンジするなど、旅番組やバラエティ番組の常連。

橋本は、DNA「玉」冲殺主導で、親や組織などのトラブルに巻きこまれやすい体質だが、
仕事を通じ妙な気分転換をはかる。
「玉冲+司」は、生きるためにやむをえず働かされる。
「玉冲+牽」は、小心者なのに、用心深さまるでなし。
「海+玉冲+酉月」は、頭良くても、放浪癖が災いして失敗しやすい。
10年運初旬「8歳鉄戌」は、DNA「龍」の改良改革精神を与えられるも、条件なし。
売りは生月冲殺と、「28歳海子/38歳雨丑」の準ターボ運に、
「48歳木寅」から始まるターボ運。
宿命の特長は、エネルギー235点と相応。
年干支「灯未」VS日干支「海午」の干合支合持ちで、仕事大好き。

夫は、たけし軍団のガダルカナル・タカ(56年12月16日/灯巳)で、
10年前(93年/雨酉)に、生月冲殺らしく、
仕事で知り合ったタカと悪ふざけ(?)番組のノリで、結婚させられてしまった。

二人の関係は、共通干ありの日干干合同士。生月冲殺同士で心配。
「28歳海子」の納音10年運では、
名ばかりの夫婦になってしまったとは、本人の弁だが、
さ来年(草酉)からはじまる「38歳雨丑」は、妥協と害の10年運に突入する。
木性ゼロの野人のタカも「47歳草巳」の改良改革10年運で、かなりヤバそうな雰囲気!
 
 
■2003年12月27日(土)木戌
中原果南●はるちゃんの害遭遇婚が発覚
■フジテレビ系昼の連続ドラマシリーズ『はるちゃん』に主演する
女優・
中原果南(71年7月4日/鉄寅)が、昨年(海午)春に結婚し、
今夏に第一子となる女児を出産していたことがわかった。

中原は、DNA「牽」冲殺主導で、時に名誉を傷つけられることもある。
妙に格好をつけるクセあり。
「牽冲+鳳」は、とんでもないお天気屋。
「牽冲+禄」は、ヘンに折り目正しい。
「牽冲+石」は、流れに乗ったり乗らなかったり。
「鉄+牽冲+午月」は、物事のまとまりに欠ける。

10年運初旬「1歳草未」は、初旬10年運天冲殺に加え、
日干「鉄」に干合されると「宝未」になり、
年干支「宝亥」を大半会するので、通常人の3倍ほどの成功運型。
「11歳陽申」の天剋地冲10年運と「21歳灯酉」のDNA「牽」の自己確立10年運を経て、
現在は「31歳山戌/41歳畑亥/51歳鉄子」の変剋律10年運に入ったばかりで、
精神苦と共に才能に磨きがかかる。

宿命の特長は、エネルギー186点と軽くアイドル運型。
「亥」年生まれ「鉄寅」は、人に助けられる。生日冲殺でもある。

相手の男性は、同じ劇団『無名塾』に所属する、
平井真軌(34歳/生年月日不明)で、
01年(宝巳)の舞台『ウィンザーの陽気な女房たち』で共演が、交際のキッカケとか。
なんだい妥協の害か(嘆)。
平井はフジテレビ系『剣客商売』など時代劇中心のマイナー俳優。
中原は、1月2日(鉄辰)初日の明治座『銭形平次』で本格的に仕事復帰するとか。
悩みは多そうだ。
 
 
■2003年12月28日(日)草亥
渋谷飛鳥●バケモノ的存在感を証明
■テレビ朝日系『GIRLS A GOGO!美少女クラブ21』(土曜16:30)に、
出演中の
渋谷飛鳥(88年7月13日/畑巳)は、新潟県出身で、
02年(海午)の『第8回全日本国民的美少女コンテスト』
グランプリとマルチメディア賞の2冠に輝いた贅沢者。
DNA「龍」主導は、形に恵まれると精神苦。庶民性が売り。
「龍+車」は、ひらめきといきあたりばったりの面あり。
「龍+調」は、向上心あるも、不満がたまりやすい。
「龍+石」は、経済感覚なし。言い訳無用の実行力も、磨けばものになる技術力あり。
「龍+貫」は、忍耐力あり。
「畑+龍+未月」は、とりとめのない人。

10年運初旬「2歳山午」は、DNA「石」のズル賢さを付加されるも条件なし。
「2歳山午〜42歳木寅」がターボ運で、やたら目立つ。
現在の10年運初旬「12歳灯巳」は、DNA「龍」で新しい流れにふれる時期。

宿命の特長は、通常アイドルの倍ほどある、エネルギー321点とバケモノ的。
「辰」年生まれ「畑巳」は不動。
年干「山」月干「畑」日干「畑」の並びは、
土性の天干一気で、周囲の目上を吹き飛ばす、とんでもないやっかい者(笑)。
これに加え、年支「辰」と月支「未」も土性。
日干「巳」は火性だが、土性に味方するので、
ほぼ地支一気格となり、ほとんど土性の一気格。
本人はロクに動かないのに、近づけば何をされるかわからない(怖)。

昨年(海午)と今年(雨未)は、ラッキーカラー年のため世に出た模様。
1月5日(雨未)21:15スタートのNHKドラマ『昨日の友は今日の敵?』では、
連ドラ初レギュラーに臨む。
中学3年生だそうだが、もう勉強はいいから仕事でもまれるのが正解。
しかし、こんな恐ろしい人までかかえるオスカー(プロモーション)って、だいじょぶか。
 
 
■2003年12月29日(月)陽子
樋井明日香あした天気になあれ。の冬山は炸裂できるのか
■11月19日(陽申)に、日本テレビ系『あした天気になあれ。』の
主題歌『Wanna be your girlfriend』でデビューした、
大阪の中学一年生、
樋井明日香(91年1月8日/山寅)が、
27日(木戌)に池袋サンシャインシティ噴水広場に約3千人を集め、初イベントをおこなった。

樋井は、DNA「司」主導で、なんでも自分の物。
「司+石」は、おしだしはいいが、日常生活は精神的に質素。
「司+貫」は、急がず焦らず強い意志力。
「司+鳳」は、個人主義。
「山+司+丑月」は、子供っぽい真面目さ。

10年運初旬「1歳山子」は、DNA「貫」の独立心を植えつけられるも条件なし。
「1歳山子/11歳灯亥/21歳陽戌」が変剋律10年運で、
苦痛を与えられると才能が磨かれる。
2旬3旬は、ラッキーカラー10年運でもある。
「31歳草酉/41歳木申」は、10年運天冲殺。

宿命の特長は、エネルギー220点とまずまず。
うち土性108点と引力本能は強い。
「午」年生まれ「山寅」は、矛盾だらけの人生。

小学校3年から音楽スクールに通い、今年(雨未)デビュー出来たのは、
年支「午」と月支「丑」の害が切れたのと、
日干干合のためだが、ダメージカラー年に変わりなし。
今後、本格的に活動をするにも(東京に出てきても)、
来年(木申)は条件なし天冲殺+天剋地冲年で一過性になりやすい。
自己発揮しやすそうな宿命でもあり、ちょっと心配だ。
 
 
■2003年12月30日(火)灯丑
魚住りえ森圭介早まった逆縁結婚
■日本テレビの魚住りえ(72年3月2日/海辰)アナが、
元日(畑卯=害日)に入籍し、寿退社することがわかった。
相手は同局アナウンス室の6期後輩に当たる
入社3年目の
森圭介(78年11月20日/陽戌)アナ。
2人は今年4月から始まった夕方の情報番組
『汐留スタイル』(月〜木曜/15:55)の木曜を担当。
仕事を通じ、急速に親しくなっていった、交際1年もたたない電撃婚。
魚住は家事を優先させるため、年明で退社の予定という。

大阪府出身の魚住は、DNA「鳳」主導で、のんびりしたい本質。
「鳳+石」は、がさつ。
「鳳+車」は、大衆的性情ながら、金に目がない。
「鳳+貫」は、表面温厚中頑固。時代の波に乗りづらい。
「海+鳳+寅月」は、ひらめきの人。
10年運初旬「9歳宝丑」は、DNA「玉」を与えられたが、条件なし。
「19歳鉄子/29歳畑亥/39山戌」は変剋律10年運で、
精神苦を受けると、才能に磨きがかかる時期。
宿命の特長は、エネルギー229点。
金性ゼロ(DNA龍/玉なし)は、頭の中はカラッポ。
水性111点の頑固さに加え、目上運こそ命の午未天冲殺なのに、
年干・月干・日干が全て「海」の純正天干一気で、目上剋し。
「子」年生まれ「海辰」は、まとめ下手。

埼玉県出身で、文学座研究生という異色の経歴を持つ森は、
DNA「龍」主導で、形に恵まれると精神苦。
「龍+調」は、向上心ありも、不平不満たまりやすい。
「龍+石」は、経済感覚なし。言い訳無用の実行力。
「龍+鳳」は、内面葛藤激しい。
「龍+牽」は、小細工得意。
「陽+龍+亥月」は、一家の犠牲になりやすい。
10年運初旬「6歳木子」は、年干支「山午」を天剋地冲するので、
生年冲殺でもあり成功運型。
「6歳木子」と現在の10年運「16歳草丑」は、ラッキーカラー10年運だが、
来年(木申)より始まる「26歳陽寅」は、ダメージカラー10年運。
宿命の特長は、エネルギー197点は、男性としては軽くノリは良し。
「午」年生まれ「陽戌」は、正直。年干「山」と月干「雨」が干合すると、
それぞれ「陽」と「灯」になり、日干「陽」と共に、
火性の天干一気が成立し、非常にクドイばかりか、
午未天冲殺にもかかわらず、目上剋しでもある。

二人の関係は、純正と干合変化という違いはあるものの、
同じ午未天冲殺なのに目上剋しという苦しみを共有する。
また、互いにラッキーカラー的
(森は本来木性がラッキーカラーも、海は準ラッキーカラー)でもある。
しかし、午未天冲殺同士の結婚に未来がないばかりか、
生年冲殺の森と違い、魚住は条件なし天冲殺で夢の中。
こんな時期に、とんでもない相手と結婚したり、退職する人に未来なく、
条件なし天冲殺婚の9割が(夢からさめれば)破綻するのが必定。
共に、ダメージカラー年で傷をなめあうような結婚に整合性なし。
魚住は自らをリストラしたようなものだが、我にかえった時の衝撃は辛いものだ。
 
 
■2003年12月31日(木)山寅
中山夢歩●寄り道元Jリーガー芸能界再挑戦
■元J2モンテディオ山形のDFで、現在はモデル兼タレントの
中山夢歩(78年9月28日/雨巳)が、
来年(木申)2月7日(陽辰)公開予定の『跋扈(ばっこ)妖怪伝 牙吉』で、
映画デビューすることがわかった。
サッカーを始める前の小学校時には、子役でCMなどに出演していたが、
堀越高校を2年で中退し、アルゼンチンの2部リーグにサッカー留学するなど、
いまひとつ流れにのれていない。

東京都出身の中山は、DNA「龍」主導で、形に恵まれると精神苦。
攻撃されてもかわすだけ(笑)。
「龍+禄」は、やみくも。
「龍+司」は、テリトリー内の冒険者。
「龍+牽」は、小細工得意。
「龍+龍」は、やりはじめると止まらない。ブレーキなし。
「雨+龍+酉月」は、他人と脳波のサイクル違う。

10年運初旬「4歳海戌」は、年干「山」に干合された日干「雨」が「灯」になるため、
これと二次干合すると「木戌」となり、
初旬特別条件付10年運天冲殺のため、生年冲殺でもあり成功運型。
2旬「14歳雨亥」は、納音10年運。
現在の10年運は、宿命にない木性の「24歳木子」(年干支「山午」の天剋地冲)で、
DNA「調」のデリケートな感性を発揮する時期。

宿命の特長は、エネルギー209点。うち水性は、8点という弱さ。
木性ゼロ(DNA鳳/調なし)は、口べた。
日干「雨」と干合した年干「山」は「陽」となるため、
これが月干「宝」とさらに干合すると、それぞれ「海」と「雨」になり、
日干「雨」もいれ、水性の天干一気にも、見える人。
「午」年生まれ「雨巳」は、孤立しやすい。

海外経験もあるということで、一時的に期待された中山だが、
出場機会がほとんどなく、1年で退団。
誘いもあって芸能界に舞い戻ったのだが、
生年冲殺としては紆余曲折がありすぎて、質は悪い。
これが、条件あり天冲殺でも、さほど話題になれなかった理由だが、
宿命にない木性10年運と現実的な木性年(04年木申)で、
どこまで上昇できるか、腕のみせどころか。
 
03年01月分 03年02月分 03年03月分 03年04月分 03年05月分 03年06月分
03年07月分 03年08月分 03年09月分 03年10月分 03年11月分
コラム総合目次//茶房会館(1 9 9 6 年〜)
さ く い ん
このページを美しくみる方法はこちら
プラウザのバックを使ってお戻りください●
BE●鳳積堂 Copyright(c)1994→2012 birthday-energy.inc.
BE●運命向上委員会BE●鳳積堂 きたでら
BE●運命向上委員会BE●運命向上委員会
BE●苺1BE●苺2