BE●BE●よけいなお世話
BE●苺1BE●苺2
熱意と心のDNAで運命を科学する 運命評論家●鳳積堂 BE
※「よけいなお世話」は著名人を誉めたり貶したりしながら、自分を磨く頁です☆
2 0 0 0 年(鉄辰)●11月分// よけいなお世話
 
11月分一覧(2000年目次)
三上博史●短髪に変身という改良改革(2000_1101)
篠原ともえ●このまま造花で終わるのか(2000_1102)
国生さゆり●同級生鍼灸師と明日なき入籍(2000_1103)
武田久美子●ハワイで世紀末挙式のお粗末(2000_1104)
西村雅彦●助手席には戸田菜穂(2000_1105)
武田真治●貪欲になれずショボイ理由(2000_1106)
嘉門洋子●地下室パーティに参加した見識(2000_1107)
河村隆一LUNA SEA解散と自己発揮(2000_1108)
hitomi高橋尚子効果で復活(2000_1109)
薬丸裕英●5億円豪邸を建設中(2000_1110)
熊川哲也牧瀬里穂との危険な関係(2000_1111)
中居正広●妊娠中絶騒動と卑劣の証明(2000_1112)
安室奈美恵三宅健つまらない関係(2000_1113)
京野ことみ●これからが真の勝負(2000_1114)
後藤久美子ジャン・アレジ未入籍5年目の大誤算(2000_1115)
竹野内豊●金10真夏のメリークリスマスで上昇(2000_1116)
久保純子和泉元彌史上最悪の紅白司会者(2000_1117)
吉井和哉THE YELLOW MONKEYを活動休止という情けなさ(2000_1118)
渡辺真理●腐れ縁TBS編成副部長と痴話喧嘩(2000_1119)
大浦龍宇一●年下野人中村亜女里との誤った結婚(2000_1120)
藤原紀香●芸能生活10周年の歌手デビュー(2000_1121)
山口智子唐沢寿明の害年で一時的に活動再開(2000_1122)
木村佳乃●木10ラブコンプレックスで本性魅せる(2000_1123)
本上まなみ●間抜けな不倫略奪を成就(2000_1124)
木村拓哉工藤静香に軽率にも騙された理由(2000_1125)
UA●夢のなかでバンド活動は似合わない(2000_1126)
川原亜矢子●挫折の繰り返しで下品になった(2000_1127)
LUNA SEA SUGIZOビビアン・スーと交際で破滅(2000_1128)
三谷幸喜小林聡美により大脚本家へ成長(2000_1129)
原田泰造●旬を迎える闘うボケ役(2000_1130)
 
■2000年11月01日(雨亥)
三上博史●短髪に変身という改良改革
■水10『ストレートニュース』で、三上博史(62年7月23日/海戌)が、
思い切って髪を短髪(農家の青年役でも切らなかったのにネ)にするなど
従来とは一風変わった役柄(NEWSショウのプロデューサー)に挑戦している。

三上は、DNA「牽」主導で、自己愛の象徴。
ストレート攻撃に強く変化球に弱い。格好つけたがり屋だ。
「牽+鳳」は、理論に流されやすいお天気屋。「牽+車」は、忍耐力あるように見える。
「牽+貫」は、打算的で目的遂行のために雑な手段。
「牽+司」は、評論家的で感動希薄人間。

10年運初旬「5歳山申」は、年干支「海寅」を「天剋地冲」するので、
初旬条件となり成功運型。
時代整合性ない夏生まれだが、「25歳鉄戌」「35歳宝亥」はラッキーカラー10年運のため、
それなりに稼働しているのだろう。
子丑冲殺に加え、年干・日干の「海」が月干「灯」と干合すれば、
それぞれ「木」「草」となり全て木性の天干一気になるので、使いづらい役者との定評。
ただし、これに年支「寅」と日支「戌」の半会に元々夏の土用の12支「未」を加えると
火性成分も強くなり、仕事に専念している時の姿は、
干(木性に変化)と支(火性に変化)が相生関係となり、
このDNAキーワードは「鳳」で、これが強い表現力となり、個性豊かな役者に見えるのだ。

本年(鉄辰)は、改良改革がキーワードの対冲。
「寅」年生まれ「海戌」は、元来「相場師的要素」充分なので、
過去のイメージを払拭するためには、何でもあり。
これを機に更なる変身を望みたいものだ!
■女性より妙に男性に人気のある三上。
なんかホンネの表出はいいけど、だいじょうぶかなあ。
私生活がまるでナゾの三上だけど、そういう話しもでてくるのだろうか(笑)。
ところで、『ストレートニュース』はSPEED感あり悪くないが、
緊張感が足りないのは、原田知世(*陽戌)が、軽すぎるからかな!

読者メール→
「せっかくCMに出ないのが売りだったのに、ユニクロの見てがっかりしました。
矢沢永吉みたいにお金に困ったのかな?」
やっぱり夏生まれで、背に腹はかえられなかったのでしょう。
でも、CMにでない人をひっぱりだすのがコンセプトだから、許しますか・・・(笑)。

読者メール→
「坊主頭は以前に何度も本人が申し出ていましたが、
周囲の反対で断念していたそうですよ!」
改良改革+対冲で壊せましたネ♪
「売れ線志向ではありませんが歌は良いセンスなので、歌手活動の復活を希望します!」
ひとつに専念する時代。特に夏生まれに掛け持ちは辛いでしょう!
 
 
■2000年11月02日(木子)
篠原ともえ●このまま造花で終わるのか
■歌手でタレントの篠原ともえ(79年3月29日/草未)が、
今日2日から東京銀座博品館劇場でミュージカル『天使からの招待状』で初舞台を踏む。
主役・作詞・作曲・衣裳デザインの4役を務め、
「ミュージカルの女王になるのが夢だったから、うれしいですぅ」
と発声のためにはじめた腹筋運動の成果を披露してくれるようだ。

篠原はDNA「貫」主導で、好き嫌いの差激しく頑固。
「貫+禄」は、計算された自我。腹芸・演技の人で素直ではない。
「貫+鳳」は、表面温厚中頑固。時代の波に乗るの下手。
10年運「2歳山辰」は、初旬天冲殺10年運(2旬畑巳も)のため、成功条件。
家系の流れからハズれることで、大きく伸びる。
エネルギー236点は女性としてはまずまずのパワーだが、
宿命には春の「草」を成長させる水分がゼロ(頭は良くない)なので、
目立つのだけど、大きな種子(成果)をつけるのが容易ではない。
(木性成分92点ばかりか、年支・日支「未」と月支「卯」の半会で、さらに木性強くなる)

94年(木戌)に、ソニー・ミュージックエンターティメントのオーディションで合格。
95年(草亥=大半会+三合会局)で歌手デビュー。
今年(鉄辰)は流れに乗っていれば、名誉や大役を射止める(条件なし)干合天冲殺。
当然と言えば当然だが、干合は同時に異性の成分でもある。
宿命にその成分がない篠原は男性をヘンに敬遠したり、
見る目がなかったりで、浮いた話しはあまり聞かない。
今年はアッと驚く交際宣言かと思ったが、それは残された3ヶ月に期待するとしよう(笑)。
年支と日支同一は原則表裏なしだが、「未」年生まれ「草未」は孤立しやすい。
デビュー当時の鮮烈さには欠けるとはいえ、
このまま造花みたいなままで終わってほしくない。
大化けは、来年から始まる3旬「22歳鉄午」の中の、
天冲殺明けで宿命にない水分の年(02年海午/03年雨未)だが、
篠原の本格ブレイクはこれからで、まだまだ目が離せない!
■潤いのない「草」は、春生まれでも成長力なくワンパターンのため飽きられやすい。
発芽しなければ、食料となる宿命かな!

読者メール→
「デビュー曲は石野卓球プロデュースだったし、
その後のアルバムも参加メンバーが良い感じで、スタッフに恵まれているなーとおもいます!」
木性成分強い草ですからね(笑)。
「あと実は意外と美人?なのがポイント高い!」
それも逆に計算しているんですよ(爆)。

読者メール→
「宿命に配偶者成分がなくて、あのように男性に対して過敏になり、
それがキャラになってるけれど、彼氏ができたらキャラが変わっちゃうかもしれないですね!」
キャラの源はそうでも、それがもう演技(貫+禄)として定着したからねえ。

読者メール→
「『アッコにおまかせ』で、和田アキコに「学校卒業したんだよね」と言われ、
実は留年し卒業できなかったことが、バレていました!
仕事忙しいからかな、と思いましたが、単に頭が悪かっただけなのですね(笑)!」
学問に対して要領が悪いだけです。
実社会で、既に仕事をしているのですから、もう学校はいいですヨ!

読者メール→
「水分ゼロで、木性強いとなると突撃インタビューのアホぶりは、
素直な地なのですね。それを計算ずくでウケを狙いなんて、
ソリャ〜もうビックリ!の人です。02年海午/03年雨未を迎えての発展の様子が浮かばない。
キャラ的には、もう完成されているし・・・」
突然成長するのです。大人の女性としての落ちつきが待っています♪
 
 
■2000年11月03日(草丑)
国生さゆり●同級生鍼灸師と明日なき入籍
■おにゃんこクラブ会員番号No.8だった国生さゆり(66年12月22日/草卯)が、
1日(雨亥)に電撃入籍した。
夫となったのは中学時代の同級生で現在、
鹿児島県鹿屋市で鍼灸治療院を経営するK・T氏(33歳)。
挙式はクリスマスイブの12月24日(陽辰=ラッキーカラー害日)にするという。

国生は、DNA「龍」冲殺主導で、常に見直しの多い人。
物の裏側を見るばかりで素直ではない。
「龍+禄」は、手段なしの人助け。何ごとにも恋愛感情を優先しやすい。
「龍+貫」は、短時間和合無理。忍耐力強力で質素で口が固い。
「龍+調」は、不平不満たまりやすい。「龍+牽」は、芸術至上主義。

10年運初旬「5歳畑亥」は、特別条件なしも生月冲殺のため、
生涯運の荒波に翻弄されやすい。
「草+龍+子月」は、他人と脳波のサイクル違い、
夢知らせのような事で、重要な事を瞬時に決める性癖。
「草卯」は男性を見下す傾向がある人だが、エネルギー135点の国生は、
子丑冲殺でも気が強いだけで迫力なし。
現在の10年運「25歳灯酉」は、ラッキーカラー10年運対冲で、
過去を良い方向に破壊してゆく時期。
宿命の12支構成も、年(午=6)・月(子=12)・日(卯=3)と最弱の12支の集合体で、
これに10年運「酉」(数字の9)を加えれば、時計盤に四角形が完成し、
ラッキーカラー条件を付加すれば、慶事があってもおかしくない。

本年(鉄辰)は、「干合支害」で、不安から異性のアプローチを受けやすい時期。
しかし、「害」年には違いなく、風通しが悪く心許ない家庭になりやすいので、
結婚することは芳しくない。
5年前の長渕剛(灯丑)との不倫騒動は有名で、
昨年も定岡正二(鉄子)と浮き名を流すなど恋多き女性が選んだ相手が同級生。
結婚相手は、社会にでて次元を上げてから出逢った相手とするのが発展しやすい結婚だが、
子丑冲殺が生地へ戻ってしまうのだから、相当くたびれていたのだろう。
鹿児島で新婚生活をはぐくむことになるようだが、
それでも女優を続ける国生は、
東京や大阪といった仕事場を飛行機で往復するのだとか・・・。
いつまで続くのか心配だ!
■相手の誕生日がわからないので、同級生でも、年下であることを願うしかない。
それが唯一の救いだけど、もう諦めて消えたほうがいいかも!

読者メール→
「結婚した相手って昔つきあっていた人のようですね。
14歳〜16歳まで交際していたと、ワイドショウのインタビューで答えていました!」
なんだ、それじゃ益々ダメ(笑)。復活にすがるとは、いよいよ危ない!

読者メール→
「たまに見かけても、バラエティのゲストだったり。だから鹿児島通勤ができるのか?」
飛行機代かけてペイするかどうか疑問です。
それでも、なんとか繋がりだけは残していたいのだと思いますが、
所詮過去へ戻るのですから、発展とは程遠いものでしょう!

読者メール→
「相手の職業が鍼灸治療院経営というのは、国生のラッキーカラーになるかなー」
灸は火性でラッキーカラー、鍼は金性で干合ですね。
体質的には強くないので、そういう面からクドいたのでしょうが、
疲れていた証明でもありますね!
 
 
■2000年11月04日(陽寅)
武田久美子●ハワイで世紀末挙式のお粗末
■81年(宝酉)『東大生が選ぶアイドルグランプリ』、
82年(海戌)映画『ハイティーンブギ』で一躍人気アイドルとなったが、
その後はパッとした話題がなく写真集だけで食いつないでいた
武田久美子(68年8月12日/木寅)が、
大晦日にアメリカ大手製薬会社の営業マンの白人男性(36)とハワイ挙式することが判明した。

武田は、DNA「禄」主導で、スター気取り。「禄+車」は、ルールに縛られるのが苦手。
「禄+禄」は、世渡り下手で単独行動。
10年運初旬「2歳畑未」は、日干支「木寅」と「干合」すれば、「山寅」となり、
年干支「山申」と「納音」関係になるので初旬条件が成立し成功条件。
また、その後の10年運も「12歳山午〜52歳木寅」まで
全て子丑冲殺の干支に支配されるターボ運で、生き方に迫力が加わる。
もともと体内に2天剋地冲を所有し、
(日干支「木寅」と年干支「山申」の能動的、日干支と月干支「鉄申」の受動的)
人に迷惑をかけたりかけられたりと波乱の多い人。
「22歳灯巳」は、ラッキーカラーながら「害」の10年運で、ありがた迷惑状態だった。

97年(灯丑)の年運天冲殺には、
当時所属していた事務所社長で一説には愛人関係にもあったと噂された、
元祖ジャニーズの二番手元フォーリーブスの江木俊夫(宝巳)が、
ワイセツ目的の覚醒剤使用で逮捕されるなど散々。
現在、10年運も「32歳陽辰」となり、
本年(鉄辰)は木が斬り倒される時期で、晴れて結婚に至ったようだが、
知人に紹介され相手と知り合ったのは、
まだ「害」の10年運中の年運冲殺明けの2年前
(98年山寅で、年干支納音・月支対冲で、さまざまな因縁が一時的に切れた)。
しかも、子丑冲殺が絶対に避けなくてはならない年上との結婚では、
本当に結婚したり、あるいは結婚しても続くのか心配だ。

これは、来年(宝巳)が、「害」年ばかりか、
元来「木+禄+申月」が、異性の裏切りにあいやすい側面をもっているから。
「申」年生まれ「木寅」は、モメごと大好き。
エネルギー224点の立派な「木」も、生日冲殺だし、
結婚は早まったとしか考えられないゾ!
■女優でもタレントでもない、写真集だけで暮らす人。
熟女の域に達したとはいえ、存在感だけが重厚。
不器用だが、秋の木は人のために生きる人。

読者メール→
「彼女は英語話せるのかなぁ?」
ボディランゲージだと思います(笑)。

読者メール→
「身長158センチには見えない迫力がありますよね!」
天剋地冲持ちなので、内部から滲みでてくるのですヨ♪

読者メール→
「外人の男性が選ぶ女性の第1位になっていました。
縁があるから「龍」というわけでもないのですね!」
だから、これから、辛い事が起きるのですヨ。

読者メール→
「医薬メーカーのプロパーの給料なんて、タカが知れてるだろうし、
せいぜい、年に数回の撮影の仕事くらいを細々とやっていく感じなら、
『ファンの皆様の応援がある限りお仕事は続けたい』と言わずに、
トットと引退したらいいのに!」
それでも仕事があれば、満足感を得られるんでしょうネ。
だから勘違いでもスターでいられるのでしょうが、
海外も年上も合ってないのですから、ボロボロになってしまうナ!
 
 
■2000年11月05日(灯卯)
西村雅彦●助手席には戸田菜穂
■昨年の11月中旬の夜、東京世田谷区内の路上で「当て逃げ事故」を起こし、
今年9月になって警察に出頭、先頃書類送検された
西村雅彦(60年12月12日/木戌)だが、
実は事故当日助手席に女優の戸田菜穂(74年3月13日/雨丑)が、
同乗していたと報じられて波紋を広げている。
今さらどうしてという疑惑の中、西村側は「事実無根」と全面否定したが、
戸田の事務所は「食事をしたり、クルマで2〜3度自宅まで送ってもらったそうですが、
事故当日は同乗していません」と、二人が親しい仲であることは認めたものの、
事故とのかかわりは否定した。

西村は、DNA「玉」主導で、環境を変化させられない懲りない人。
「玉+牽」は、用心深い冒険心。「玉+玉」は、普段は無理をしない人。
「玉+禄」は、逃げ下手。「玉+車」は、考えた通りに行動し、わかりやすい。
10年運初旬「8歳畑丑」は、堅実さを追加させるが、特別条件なし。
「木戌」は、たいした運型ではなくとも存在そのものがヘンなので、
人と違った生き方を選択すれば伸びる。
だから、「28歳宝卯」の名誉運で、評価されたのだろう。
ところが、現在の「38歳海辰」は、超ダメージカラーの放浪+対冲の10年運。
年支・月支の「子」と「半会」すれば、さらに水分が強くなり、流木のようになってしまう。

戸田は、DNA「鳳」冲殺主導で、ヘンな同情心と迷いの多い人。
「鳳+牽」は、理論に流されやすい。「鳳+調」は、なあなあ。
「鳳+貫」は、温厚そうで頑固。「鳳+禄」は、お人好し。
10年運「2歳陽寅」は、ラッキーカラー10年運冲殺で、初旬条件あり。
生年生月冲殺でブレは多いが、それなりの活躍はできるものの、
生日冲殺と互換冲殺を併せ持ち、普通の恋愛感情を持てない人。

この二人の出逢いは、昨年フジTV系ドラマ『チーム』で共演したものだが、
戸田の年干支「木寅」を西村の日干支「木戌」が「大半会」させるもので、
戸田の仕事上のヤル気を西村がひきだすもの。
西村の強い思いこみで始まったと考えて差し支えなし。

しかし、いくら何を考えているかつかみどころのない生年生月冲殺で、
案外一か八かのノリがある戸田とはいえ、究極のさげ▼▼「木戌」ばかりか、
「子」年生まれ「木戌」で、「内外シーソー運」の西村の誘いに乗るようでは、情けない。
面白そうに見えても、「毒」なのだから(笑)。
西村にしても、勢いのある春の「雨」は、極めつけのダメージカラー。
ここ数年で築いた、役者としての評判を一気に落としかねないものだ。
事故から1年もたって出頭したのは、
これらの事がバレそうになったからだとの見方もあるが、
本年(鉄辰)は、日干支「天剋地冲」で、「木」が他力的に斬り倒されてしまう時期。
遊んでいる暇はなかったのだ。エネルギー150点の弱木では、ひとたまりもない。
案の定、西村をメインキャラクターに起用している、
NTTドコモは即刻多量に流していたCMを自粛してしまった。やれやれ!
■後追い報道で、戸田菜穂との交際ばかりか、
戸田違いの戸田恵子(灯亥)とも交際している事が発覚。
事故当日は恵子の方と一緒だったとか。
おいおい、いくらラッキーカラーの相手でも、相手は午未じゃないか(笑)。
それはともかく、この騒ぎで西村が派手な黄色のポルシェに乗っていることがわかった。
木の干合は畑(黄色)だから、これで女遊びしてたのネ。
出川哲朗(海辰)のポルシェも許せないが、
西村にポルシェなんて、もっと不釣り合いだよ(嘆)。

読者メール→
「プリンタのCM、バンバン流してるけど、エプソンは自粛しないのかな!」
企業姿勢が問われますよね。ただ、モバイルは信頼性重視でも、
プリンタはオチャラケていようと無縁なのかも知れませんが、無神経には違いないです!

読者メール→
「最近は役柄がワンパターンでつまらない!」
冬の「木」で不器用なのと、売れてきた驕りで、最近は努力してないようですネ!

読者メール→
「劇団時代から、共演者キラーの堤真一と違って、
『見境ない奴』として有名だったそうですね!」
彼は自分が目立つこと(ヘンな魅力)を、うまく利用しているようですが、勘違いですヨ。
木は斬り倒される事を肝に銘ずるべきです!

読者メール→
「刑事罰ということでは、松坂や上原と同じでも、芸能人が不倫がらみだと、
どうしても全人格否定されてしまうようですね。
でも、特異なキャラなんで、短期謹慎ですんじゃうのでしょうか?」
解説どおり、運気的にはそうそう恵まれたものではないです。
内外シーソーですし、よほど反省しないと、仮に復帰しても、
地味な役回りしか、与えられませんね。
こういう場合千田光雄や田代まさしやそのまんま東とは、明らかに違うのだから、
土下座記者会見でもすればいいのにネ。周囲のスタッフにも問題ありそうです!
 
 
■2000年11月06日(山辰)
武田真治●貪欲になれずショボイ理由
■11月3日に公開された映画『世にも奇妙な物語』の宣伝のため、
『SMAP×SMAPのビストロコーナー』に登場した武田真治(72年12月18日/雨未)は、
DNA「貫」主導で、好き嫌い激しく頑固。「貫+貫」は、用心深い利己主義者。
「貫+石」は、周囲になじめない変わり者。「貫+鳳」は、時代の波に乗るのが下手。
10年運「6歳雨丑」は、日干支「雨未」と「納音」のため、成功運型も、
過剰なまでに頑固な面をさらに強調した。
宿命の偏りは激しく、冷たい冬の「雨」だが、
水源地になる金性(鉄・宝)ゼロで創造力希薄、頭も弱い。
エネルギー179点でもわかるとおり、軽量級。水たまり程度(笑)。

年干・月干「海」と日干「雨」の構成は、天干一気で集中力あるものの
(96年陽子のラッキーカラー害年でドラマ『こんな私に誰がした』で
共演した江角マキコ「宝亥」と交際するも、破局)、
年支・月支「子」と日支「未」は「害」で、まとまりが悪い。
純粋な「雨」が塩水(海)に汚されている濁った感情は、
大衆に広く支持される訳もなく、勢いがないのだ。

また、宿命の「害」は裏表ありで、公的な顔と私的な顔の落差は激しく、
都合の悪いことは、薄ら笑いで誤魔化す。
札幌出身で89年(畑巳)『JUNONスーパーボーイ・コンテスト』グランプリを獲得した武田は、
90年(鉄午、宿命にない金性の年支・月支の対冲と日支の支合で、害が切れた)のドラマ
『いつか誰かと朝帰りッ』で芸能界デビュー。
その後、『南くんの恋人』『チャンス』『じゃじゃ馬ならし』『17歳』『幕末高校生』
等数多くのドラマに、ひっぱりだこだったが、
ここ数年は連ドラのお声も一切かからないほどの落ち込みぶり。
バラエティ番組で気晴らしのSAX(95年草亥)なんかを
吹いている場合じゃないってば・・・(苦笑)。
「雨+貫+子月」は、苦難の人生を経験することで、説得力ある大人になる。
今さら、他の事をやる事はできないのだが、
デビュー10周年の今年が、この程度では無念だろう。
冬の「雨」とはいえ今年・来年はリフレッシュ出きる時期。
こだわりを捨て、もう少し貪欲になってもらいたいものだ!
■若い頃の武田って、ドラマにでずっぱりだったんだと今さらながら、年月を感じる。
個人的には『チャンス』のヘンなメガネをかけたマネージャー役や
『17歳』あたりは、芝居を楽しんでいたのに、この頃はどうも勢いが全くない。
江角にキバを抜かれてから、おかしいヨ。

読者メール→
「昔、ドラマで共演したチバレイに楽屋かなんかで、
すごいこと言ったのをバラされてました。
女性の共演者は自分のものだとおもってる、みたいなかんじのセクハラ発言!」
塩水で濁った雨は見境ないんですヨ(笑)。

読者メール→
「雑誌のインタビューで千葉麗子がドラマの共演者で、イニシャルTというひとが、
いきなり楽屋に入ってきて鍵締めて、ズボン下ろして『なめろ』と言ってきた。
逃げたけど、そういう人が人気があっておかしいというのが載っていました!」
だから、もう人気ないじゃないですか(笑)。

読者メール→
「DNAからは、自分の中に新しい息吹を吹き込もうとするパワーは全く感じられず、
かといって現状維持では落ちていくばかり・・・。
分類的には私は美形にはいると思われるが・・・、
そのDNA成分が無いのはなぜなのでしょうか?」
美形のDNA成分とは、生涯とか永遠の断り書きがつきます。
彼の10年20年後を見たら、決してそうは感じないはずですヨ!

読者メール→
「ヒゲはよくないなー!」
イチローと同じですね(笑)。

読者メール→
「たまーに出てくる『めちゃイケ』や今日の『ビストロ』とか、
なんかテンション低いですよね。しかも周りに馴染んでないし。あれが地なんですか?」
それが格好いいと、勘違いしてるんでは!

読者メール→
「昔キムタクと友達だった様な感じでしたけど、今でも仲いいんでしょうか?」
もう、全然違う場所に行ってしまったような・・・。
流れにのれるかどうかで友人も変わってきます。
皆さんも、過去にこだわらず、前向きに生きましょうネ♪

読者メール→
「相変わらず覇気無くて異様でしたよね。デビューした時は、元気良かったのに・・!」
サラリマーンなら、リストラ候補だね(笑)。
 
 
■2000年11月07日(畑巳)
嘉門洋子●地下室パーティに参加した見識
■女優・三田佳子(畑丑)の次男・高橋祐也容疑者(20歳/生年月日不明)の覚醒剤事件で、
同容疑者が地下室で開いていたとされる
「覚醒剤セックスパーティ」にアイドルが数名参加していたと週刊誌が衝撃報道した件で、
その中の一人が嘉門洋子(80年3月6日/山寅)であることがわかった。

嘉門は、DNA「牽」主導で、プライドをくすぐられると弱い人。自己愛の象徴。
「牽+貫」は、主義主張なく打算的。目的遂行のために雑な手段を用いる。
「牽+鳳」は、表面温厚中頑固。「牽+石」は、事なかれ主義。長いものにまかれろ。
「山+牽+卯月」は、物事のまとまりに欠け、異性の誘惑に弱い。
ハマるととことんまでやる生年冲殺に加え、
10年運初旬「1歳山寅」は、日干支「山寅」と「律音」のため、成功運型。
「11歳灯丑」「21歳陽子」は、ラッキーカラー10年運なので、努力次第では伸びる要素あり。
「申」年生まれ「山寅」は、伸るか反るかの相場師的要素も、
エネルギー188点はアイドルどまりかも。

石川県金沢市生まれの嘉門は、白い肌と整った美形以外に特に売りはなし。
歌が歌える訳でもなく演技力もいまひとつ。バラエティ番組の添え物といった評価。
97年(灯丑)のラッキーカラー年に、フジTVビジュアルクイーンオブザイヤーに輝き、
日舞の名取を持つ実力とか・・・。
現在『笑っていいとも』などに出演中。
「鉄」年生まれ「山」は、自分が表にたたず、
他人をひきたてる生き方があっているのだが、嘉門も存在感はともかく、
これといった実績がないので、今回のスキャンダルは迂闊としかいいようがない。

その程度の・・・と言えばそれまでだが。
事務所では「3年前に、1回行っただけ。覚醒剤やパーテイとは全く関係ない」
と否定におおわらわだが、誰も信じまい。
他にも吉田里深(木辰)や、安西ひろこ(*灯未)の名前も囁かれていると言うが、
本年(鉄辰)は、「山」にとって遊び。
来年は「害」だし、消えて行くリストに加えねばいけないかもナ!
■「誤解されて困っています」と記者会見に臨んだ嘉門だが、
こんな事でもないと、注目されないもんな(笑)。
証拠はなくとも、あなたの発言を、誰も信じませんヨ。
しかし、週刊誌の報道は、まるで現場に居合わせたように、ロコツ。
しかし、「一緒に立派な社会人になりたい」って言うのは、
ヘンな会見の終わり方じゃないか。妙な連帯意識を感じたゾ。

読者メール→
「いいとものHPに場を和ませる存在と評されていましたが、
パーティーでも場を和ませていたのか(笑)と、想像をしてしまいました!」
山は引力本能と安らぎの塊だからネ♪

読者メール→
「芸の無い方は(いろいろな意味で)カラダを張って食っていくしかないでしょうか?
芸能人に、清純派という人は存在するのでしょうか?」
求めるだけムダというか、そういう事で演出する時代は終わったのですヨ!

読者メール→
「二十歳になったばかりでお酒強いなんて言ってるようですが!」
確信犯じゃないですか(笑)。
 
 
■2000年11月08日(鉄午)
河村隆一LUNA SEA解散と自己発揮
■結成11年、89年5月(畑巳年畑巳月)の
東京・町田のライブハウスから産声をあげて以来、
LUNA SEAが、世紀末解散を決意した。
92年(海申)のメジャーデビュー後、つねにロックシーンをリードしてきた彼らは、
7月から国内17都市34公演とアジア2地域3公演の真っ只中だが、
8日発売の通算14枚目になるラストシングル『LOVE SONG』を最後の置きみやげとし、
12月27日(畑未)の東京ドーム公演がサヨナラコンサートとなる。

ボーカルの河村隆一(70年5月20日/鉄子)は、
DNA「貫」冲殺主導で、他人に足をひっぱられマイペース保ちづらいわりに、頑固一徹。
「貫+龍」は、短時間和合無理。忍耐力それなりにあり。素の印象は、地味。
「貫+貫」は、用心深く利己主義。「貫+石」は、周囲に配慮しないわがまま。
「貫+調」は、集団行動苦痛。恩義の通用しない人。

10年運「6歳海午」は、夏生まれ「鉄」のラッキーカラーとなり、遊び心・表現力を付加。
特に稼働条件ないが、生月冲殺のためその気になって、
上昇機運に乗れば成功する可能性あり。
「16歳雨未」は、ラッキーカラー「害」で、ありがた迷惑。
河村はエネルギー197点とそう強くはない「鉄」ながら、
天干一気(年干「鉄」・月干「宝」)でもあり、見た目以上に強欲(笑)。
現在の10年運「26歳木申」は、宿命にない木性の出現で、飛躍的な財を得る時期。
もともとお金には縁なしで、優しくなれない人だが、
たががはずれて一気に金銭運が上がったため、
もはやグループを維持する理由がなくなったのだ。

となれば、生月冲殺は、自身の天冲殺年で運気に大きな変化があるので、
「害」の10年運で始めたことを清算したくなっても咎められないだろう。
「鉄子」生まれはいくら用心深く臆病とはいえ、
今年(鉄辰)は「大半会」で、自己発揮・独立がテーマなのだからコレでいいのだ。
ところで、「鉄+貫+巳月」は、自尊心強く泥んこになれない。
ソロは98年(山寅、ダメージの改良改革年)で経験済みなので、
やったとしてもあの頃とは同じにはならない。
今後は裏にひきこもり、地道な楽曲提供などのプロデュース業などに専念すると見られる!
■10年運「害」を抜けたのだし、飛躍できる天冲殺年に決意した河村は、
何と言われようと正しい。拍手喝采だネ♪

読者メール→
「他のメンバーの方どうするのかしら? モー娘。のメンバー(石黒彩・木戌)と結婚した、
真矢の豪邸の支払いは? これって「木戌」パワーの犠牲なんでしょうか?
じわじわと真綿で首を締められて行くのでしょうね!」
まさにそうです。午未冲殺「雨巳」の真矢は、
一筋縄では行かない相手を選びますが、それが年下で「木戌」では。
仲間割れの噂もありますが、今頃気づいても遅いんですヨ。相手を間違えると大変(笑)。

読者メール→「解散じゃなくて終幕だから、
イザとなったら、カーテンコールかアンコールとか!」
商売としては、そういうセンも考えられますが、
河村クンにそれだけの度量があるかナ。
だって、「禄・司」ゼロでしょ。
人生を変えても、奉仕の気持ちは忘れてはいけませんけどね!

読者メール→
「ダラダラしてなくって、引き際いいね!」
だから、ロックなんでしょ!

読者メール→
「エネルギー自体はそれほどではないみたいだけど、
流れに乗る力って、自然体だからなんでしょうか?
それとも、優秀なスタッフに(独立を)勧めるパワーを持った人がいるからなのでしょうか?」
両方でなければ、こんなに見事にはできないでしょう。
彼の場合は、究極の自己中心的部分が、幸いしましたね(笑)。
 
 
■2000年11月09日(宝未)
hitomi高橋尚子効果で復活
■1年2ヶ月ぶりのアルバム『LOVE LIFE』を12月13日(草巳)にリリースすることにあわせて、
写真集まで発売するhitomi(76年1月26日/灯丑)。
いま渋谷の街4ヶ所には、オレンジ色のパンツだけで、
上半身「髪ブラ」の迫力満点のポスターが飾ってある。
「109」のポスターは、縦12メートル横8.3メートルもあるというから、驚きだ。

hitomiは、DNA「鳳」主導で、クールでバランス感覚溢れた表現力の持ち主。
「鳳+龍」は、内面葛藤激しくエネルギー消耗激しいが、新しい世界を創造する。
「鳳+鳳」は、肩肘張らない粘り強さ。繊細な感性と重量感溢れる無欲な人生を歩む。

10年運初旬「3歳鉄寅」は、堅実な側面がプラスされるが特に条件なし。
年干支「草卯」は、12支部分も木性で、
冬の「灯」にしては、頼れるラッキーカラーを宿命に持つので大きく崩れることはない。

栃木県生まれ神奈川県川崎市育ちのhitomiは、
ラッキーカラー年の94年(木戌)11月(草亥)に、
当時絶好調の小室哲哉(山申)プロデュースでデビューするも全く売れず。
自身が作詞を手がけた年干支「大半会」の95年(草亥)に、
3枚目のシングル『CANDY GIRL』が40万枚のヒットとなり認知された。
自己プロデュースした96年(陽子)のアルバム『by myself』が、
初のミリオンを記録するなど小室ファミリーでは異端児。

一時は小室と交際していたが、早々と見切りをつけ
所属レコード会社の幹部と交際するも楽曲に恵まれず、
自分で作曲を始めてから復活気味だ。
これを決定的にしたのは、
9月に行われたシドニー五輪の金メダリスト高橋尚子(灯酉)がレース直前、
ヘッドホンでhitomiの『LOVE2000』を聞いていたことが報道されたこと。
この17枚目のシングルは6月に発売され五輪前までのセールスが25万枚。
金メダル効果でヒットチャートに再浮上したという。
このところパッとしなかった彼女は、
これで勢いづき8日には連続ドラマ『ストレートニュース』(日本TV系)の
主題歌『キミにKISS』をリリースした。

冬の「灯」は、寒い中で暖をとるもので、自己主張が強いわりには敵も少ない。
それが、創造力(灯の薪になる)を磨いていれば、息途絶えることはないのだ。
今回のセクシーポスターも、他人とは違う伝達力を持つ「灯」らしいもので、
より自分の存在を強くさせようと、あえてオレンジ色で存在誇示したものと思われる。
エネルギー194点は心許ないが、10年運は初旬「寅」、2旬「卯」、3旬「辰」と、
木性旺地の王道で、現実的には大きく困らない。
ただ、hitomiの10年運は2旬「宝卯」のDNA成分「禄」は既に卒業し、
無尽蔵な財や人気を得るものではない。
3旬「海辰」のDNA成分「牽」は、
名誉や自分なりの格好良さを演出するもの(結婚もあるが・・・)。
今後は、差別化された生き方を好むファン層に支えられ、
大化けこそしないものの安定した活動は期待できるだろう!
■「灯丑」は来年が蓄財の時。頑張れ♪

読者メール→
「髪ブラは、浜崎あゆみが以前ジャケットに使ったけれど、
hitomiは、エッチぽさがなくて自然でキレイ!」
灯にとって品性をあらわす木性があるかないかで決まります。
浜崎(灯酉)はゼロで野人ですからネ!

読者メール→
「得意な料理は、あまり自信ないけど、味噌汁は毎日自分で作るよって言ってますね!」
鳳主導だからきっと美味しいのでしょう。工夫するのが好きなんですヨ♪

読者メール「畑丑」→
「ヤイコといい、hitomiといい、上層部の人と交際って、
それはしょうがなくやってるのですかね。
そういう事をしないと、芸能界では生きていけないのかな。
というか、手段を問わないひとのほうが勝ちなのかな!」
高橋尚子だってそうですヨ。
成功したければ、他人と違うことをするのです。
あなたも目上受け良いのですから、活用しない手はないのです♪
 
 
■2000年11月10日(海申)
薬丸裕英●5億円豪邸を建設中
■ジャニーズアイドルから、ものの見事に「マイホームパパ」に変身し、
成功した薬丸裕英(66年2月18日/山申※)が、
東京・成城に5億円豪邸を建設中というが、
このことを世間にひた隠ししていると女性誌が紹介している。
高級住宅街の一角にある建物は重厚な造りで、
周囲の高い塀はまるで要塞のようで完成も間近だというが、
通常建設中の建物に掲示される表示板には、
工事責任者の名前こそ記されているが、薬丸の名前はない。
土地の名義が薬丸本人と母親が役員を務める個人事務所所有なので、
この建物が薬丸邸ではないという根拠は薄い。

81年(宝酉)に『シブがき隊』としてデビュー、
紆余曲折あったが、96年(陽子)からTBS系朝のワイドショウ『はなまるマーケット』の司会を
担当するようになってから、仕事も家庭ももっとも安定した
ジャニーズ出身タレントとしての地位を確立した。
薬丸は、DNA「龍」冲殺主導で、裏読みするあまり見直し再出発が多い。
「龍+石」は、経済感覚なし。言い訳無用の実行力。「龍+鳳」は、内面葛藤激しい。
「龍+龍」は、やりはじめると止まらない。

10年運初旬「5歳宝卯」は、初旬10年運天冲殺(DNA調の気づかいを付加)に加え、
(10年運の干は)年干「陽」と干合すれば「雨」となり、
それが日干「山」と二次干合すると、日干支「山申」が「陽申」になる。
これが、月干支「鉄寅」と「天剋地冲」となるので、初旬条件になり成功運型。
さらに、乗せれば怖い生月冲殺のオマケ付き。
ラッキーカラーの陽(年干)も灯(年支の中)もあるうえ、
「25歳雨巳」はDNA司となり蓄財なのだから、カネが貯まらない訳はない。

こんな薬丸の恐れるのは、主婦向け番組で豪邸を建てたことがバレれば
視聴者に反発を買うし、おちぶれた昔の仲間に嫌味を言われかねないということ(笑)。
『はなまる〜』のギャラは年間1億円。
朝の番組は、夜の付き合いを断る口実になるのだから、貯金ができる(爆)。
10年前に結婚した妻・石川秀美(生年月日不明)の頑張りもあるのだろう。
もともと金銭物質運に縁深い「山」であるし、「午」年生まれ「山申」は受け身。
自然体だからこそできた結果だが、周囲にはコソコソしないで、
堂々と公開してほしいという声もある。
見直しの多い薬丸の10年運は、来年から「35歳木午!」。
財の時代は終わり、猛烈に仕事をこなさねばいけなくなる。
さらに評価が上がっての、稼働力ならともかく、
何らかのトラブルで、働かねばならないのなら悲惨だ!
■生月冲殺は、笑ってゴマかすの典型。もう、バレちゃったんだから、即刻発表せよ。

読者メール→
「少子化の時代に4人なんて裕福な家庭じゃなきゃ育てられないし、
さすが芸能人だと羨ましく思います!」
違いますよ。子供が多いと、親の稼働力が上がる典型例です。
裕福ではないと子供が育てられないという幻想にとらわれてはいけません。
子供の数だけ、親はその人の運気なりに頑張るのです。
どれだけ稼ぎの少ない親でも、子供ができると、子供の運まで担いで仕事に行くのです!

読者メール→「石川秀美は66-0713(雨酉)です!」
同い歳の干合ですね。夏生まれですが、10年運ラッキーカラーの所に、年運までも。
単に天冲殺明けの薬丸より、奥さんの意思が強く働いているようです。
しかし、午年未月酉日生まれの石川は、
申(薬丸)があると夏から秋へと季節がつながりますね。
これに、干合だから、一体感があるのです♪

読者メール→
「何故か若い頃から髪型が変わってない・・。いつも気になる!」
はがして見ますか(笑)。気にしてないんじゃないですか・・・。

読者メール→
「タレントって、儲かるのですね〜!」
それだけ失うものや、自由はないのですよ。どちらがいいかは、別ですが!
 
 
■2000年11月11日(雨酉)
熊川哲也牧瀬里穂との危険な関係
■今月3日(草丑)に都内ホテルの地下駐車場で、
フェラーリを降りたったリラックスした雰囲気のカップルが、写真誌に撮られた。
バレエダンサーの熊川哲也(72年3月5日/草未)と牧瀬里穂(71年12月17日/陽子)である。
二人の出逢いは4年前(96年陽子で、牧瀬の律音=人生の折り返し地点、
熊川のラッキーカラー害)で、
今年(鉄辰)9月に10月に行われた大阪・松竹座の牧瀬の主演舞台『火の鳥』の
振り付けを依頼されたことで再会し意気投合したもの。

熊川は、DNA「貫」主導で、好き嫌い激しく頑固。「貫+龍」は、忍耐力強力。
「貫+玉」は、その場限りのスピードあり。「貫+鳳」は、表面温厚中頑固。
10年運初旬「10歳木辰」「20歳草巳」は、
初旬及び2旬の10年運天冲殺で、「龍×2」が世界に羽ばたいているのだから、
成功運型(北海道旭川市出身で、10歳でバレエをはじめ15歳でロンドン留学。
21歳で東洋人として初の英国ロイヤルバレエ団のプリンシパルに選ばれる)。
熊川の宿命は、金性ゼロで配偶者運ナシで、異性運底なし(笑)。
今までも、中村江里子(草酉)・斎藤陽子(灯亥)・小林千香子(雨亥)など手当たり次第。
本年は宿命にない、その金性の条件なし天冲殺なのだから、
降って湧いたような出逢いがあって当然。
しかし、「子」年生まれ「草未」は、内外シーソー運で仕事と私生活がアンバランスになり、
両方の成功を同時に手に出来ないばかりか、
年支「子」と日支「未」は「害」関係で表裏ありで信用できない人物。
誰と交際しようと、なかなかまとまりづらい。

牧瀬は、DNA「牽」主導で、プライド高く自己愛の象徴。格好つけるのが、大好きだ。
「牽+龍」は、芸術至上主義。「牽+司」は、感動希薄で保身術優秀。
「牽+牽」は、無為無策の行動力。「牽+禄」は、行動力決断力鈍い。
10年運初旬「7歳宝丑」は、日干支「陽子」と「干合支合」のため成功運型も、
「27歳雨卯」は、冬生まれ「陽」にとって超ダメージカラーで、消え入りそうだ。
90年(鉄午)の月干支「納音」日干支「対冲」デビュー(ミスハイシー)の牧瀬は福岡出身。
おきゃんなイメージが売りでCM女王となり、
映画『東京上空いらっしゃいませ』『つぐみ』で女優としての才能を開花させた。
3歳から高2までクラシックバレエを習っており、熊川と話題にことかかないようだが、
二人の関係は、冬の「陽」と春の「草」で、ズバリ「ラッキーカラー害!」。
精神的には救われるように思っても、現実世界が一致しない。
落ち目の牧瀬が、天冲殺ではじけた熊川の犠牲になっただけで、
発展させては絶対にいけないものだ!
■熊川という名前だけでダマされる人間も多いのかも知れないが、
実際には英国バレエ界からお払い箱になった出がらし。
DNA成分はともかく芸術性感じられない、
ただとんだりはねたりするだけのものを、有り難く感じる必要などナシ!
誰か牧瀬を救ってやれ♪

読者メール→
「物事を極めるのは貫主導の頑固一徹が、良いのでしょうか?」
どこにあろうと、貫がないと続けることは出来ません。
鳳や龍ばかりだと、飽きやすくなったり、目移りしやすくなります。

読者メール→
「昔のインタビュー記事に、自分の彼女との恋愛のやりとりを正直に語っているのを読み、
今の時代の天才と呼ばれる人は、一般的な恋愛をしないものだと思っていたので、
ビックリしたのですが、異性の成分が無いので恋愛を切らしたことがないんでしょうね!」
内外シーソー人間がこれだから、世界で通用しなくなるのです(笑)。

読者メール→
「熊川にとっては赤子の手を捻るようなものだったんでしょう!」
牧瀬も情けないねえ(笑)。

読者メール→
「海外でガンバリ続ける人と、こうして日本に戻ってくる人と、
DNAに何か違いはあるのですか?」
龍をふたつも持っているのに、内外シーソーだから、
戻らざるをえない状況だったのでしょうが、だから躓いてるんですヨ!

読者メール→
「バレエ団の昇進も異例のスピードで、入団当時から飛ぶ鳥落とす勢いでした。
インタビューも超強気でした。若いっていーなー!」
でも、今はこんな程度でしょ(笑)。
 
 
■2000年11月12日(木戌)
中居正広●妊娠中絶騒動と卑劣の証明
■SMAPの中居正広(72年8月18日/宝巳)に交際女性との「妊娠中絶騒動」が持ち上がった。
4年前(陽子=干合年)に知り合い、
今年10月まで交際していたというOLのAさん(24歳)で、
発売中の月刊誌で泥沼の交際劇を衝撃告白をしている。
中居の自筆サイン入りの「人工妊娠中絶同意書」や
留守電メッセージの録音テープも公開しており、大波乱の様相だ。

中居は、DNA「調」冲殺主導で、偏屈を売り物にする。「調+調」は、常識通用せず。
「調+玉」は、世間知らず。「調+石」は、自尊心強くもプライドなし。
「調+鳳」は、なあなあ人間。
10年運「7歳畑酉」は、DNAキーワード放浪性を付加させる初旬10年運天冲殺のため、
成功運型。「宝+調+申月」は、自己可愛さのあまり情なし。
「子」年生まれ「宝巳」は、人生のバクチうち。
エネルギー199点の中居の宿命の特長は、木性ゼロ。
金銭物質運ゼロだが、無限大に入る可能性あり。
同時に愛情・奉仕といった、いわゆる優しさのカケラもなし。
さまざまな面から検証しても、サインは本人のものであり、
「別に罪滅ぼしというわけではないんですが・・・え〜30万は受け取っておいて下さい」
という録音テープから、逃げられる訳もなく、中居と所属事務所は沈黙を守ったままだ。
しかし、手術代込みで30万円という金額は、天下のSMAPとしては情けないもの。
誠意云々以前に、中居の見識を疑うものだ。
今年(鉄辰)は、「子」年「申」月生まれにとって、三合会局で水分が増す。
宝→水は遊びがすぎて、ズル賢くふるまいながら、妥協せざるをえない時。
これに「27歳宝亥」を加えると、精神状況は変わらずとも、
過去の実績を粉々に破壊してしまう(納音)。
中居の限界は、すぐそこまで(来年の律音、人生の折り返し地点)見えてきたようだ!
■「宝巳」の成功は裕福な家に生まれて、贅沢な生活をすることから始まる。
中居の出自はともかく、カネはあるクセに品性が卑しすぎるのだ。

読者メール→
「セコイね。30万じゃオレでも払えるヨ。そういう次元じゃないと思うけど、誠意がないね。
芸能界はテレビでてナンボでしょうが、アホなファンは騙せてもね。
紅白の司会選ばれなくてヨカッタよ。中居が認知しないから中絶したらしいけど、
だまって出産して、それで裁判すればねえってこれダメなの!」
あまりの情けなさに産む気が失せたんでしょうし、
事務所の強烈なプレッシャーもあったようです。
しかし、この問題を他のスポーツ新聞や女性誌が扱わないことに、
芸能界のダメさ加減を見たような気がします。
ホンネの時代では、こんな横暴をタレントにさせてはいけないですから、
事務所が悪いのです。
いずれお払い箱にするのだから、この程度なのかも知れないですね(笑)。

読者メール→
「TVが無いところだと素が、出てしまうのだろうな!」
演出されないと無責任で何も格好つけられないのが、生月冲殺ですヨ。

読者メール→
「今回もだんまりと、ジャニーズお得意のマスコミ各社へ
プレッシャーをかけての揉消し工作で、森喜朗みたいにヤリスゴスつもりでしょうが、
来年の律音となると、このことがキッカケでこけちゃうのかな。
楽しみに見守らせて頂きます!」
見守らず見放しましょう(笑)。

読者メール→
「ここまで物的証拠が揃っていたら、森田剛のようにはいかんでしょうに!」
森田だって、実際にはホサれてるようなもんだから、中居だって気がついたらコケてるヨ。

読者メール→
「中居っていかにも頭の弱い田舎のヤンキーって感じで好きじゃなかったんですが、
中絶費用&慰謝料にたった30万しか払わなかったって、田舎のヤンキー並みだ。
でも、ヤンキー君たちは勢いで結婚するのが多いから、それ以下ですね!」
ファンがいることじたい、信じられません!
 
 
■2000年11月13日(草亥)
安室奈美恵三宅健つまらない関係
■安室奈美恵(77年9月20日/鉄辰)が、連日V6三宅健(79年7月2日/鉄午)と夜遊びし、
SAM(62年1月13日/宝亥)と仮面夫婦状態だという。

安室は、DNA「石」冲殺主導で、周囲の雰囲気に流されやすい。
「石+貫」は、個人利益しか考えない独裁者。「石+牽」は、事なかれ主義。
「石+玉」は、理屈っぽい。「石+調」は、自尊心強くもプライドなし。
「鉄+石+酉月」は、おだてに弱い。エネルギー230点の生月冲殺。
10年運「6歳鉄戌」は、日干支「鉄辰」を「納音」するので、成功運型。

三宅は、DNA「牽」主導で、自己愛の象徴。素直でなく格好をつける。
「牽+玉」は、用心深い冒険心。「牽+牽」は、無為無策の行動。
「牽+貫」は、主義主張なしの打算男。
エネルギー296点で(男性としては)鈍重、
時代整合性ない夏生まれの不器用な「鉄」は、
10年運にも恵まれず何かの間違いでV6に入った添え物。
宿命にはラッキーカラーの水分が一滴もなく、遊び方を知らない(笑)。

二人の関係は、日干「鉄」同士の交通事故。
他に、安室の月干と三宅の年干が共に「畑」で共通点こそあるが、
発展する訳でもなく、さりとて壊れるでなく、全く無意味なもの。

SAMは、DNA「鳳」主導で、冷静沈着の風流人。
「鳳+鳳」は、繊細な感性と重量感ある無欲な人生観。
「鳳+貫」は、時代の波に乗るのが下手。「鳳+司」は、堪え忍ぶ人。
ひっそりした冬の「宝」だが、「32歳灯酉」で宿命にない火性(原則、結婚運なし)が出て
一躍脚光を浴びたが、それだけ傷つくことも多い時期。
天干一気で精神集中力抜群だが、日干ばかりか年干と月干も同じ「宝」があるのだから、
常にライバルが多い。
初旬条件こそないものの、「2歳鉄子」「12歳畑亥」「32歳山戌」は、
変剋律10年運天冲殺で、特に2旬3旬はラッキーカラーでもあり、
精神苦と引き換えに才能が伸びた。
本年(鉄辰)は、天干一気の者に対して、同床異夢の鉄年。キーワードは妥協だ。

しかし、安室にとっては、自身の干支と同一の律音。今年を境に人生を折り返す時期。
夫婦としては共通干支ゼロで、
SAM(宝亥)が安室の年干支「灯巳」を「天剋地冲」するので、
安室の稼働力を止める存在。飽きてきたのは、事実だろう。
ところで、いくら「丑」年生まれ「宝亥」で受け身のSAMでも、
来年(宝巳)は「納音!」。精神状況はともかく、過去の因縁から解脱する年。
いよいよ離婚はカウントダウンに入ったと言えよう!
■頂いたメールでもっとも多かったのが、息子(98年5月18日/草丑)の面倒は、
誰が見ているのかと言うこと。お手伝いさんに、まかせっきりなのは周知の事実。
子供は夏生まれで、水(親の成分)が乏しく可哀想なんだ。
SAMにとっては、天冲殺で生まれた子で、縁はないし、益々おかしくなりやすい!

読者メール→
「これで離婚すれば、厚生省の『いいパパになろう』ポスターを作った、
自称(?)イケテル代理店&役人達のアホ伝説に
更に1ページのアホ記録が加わることになりますよね!」
彼らとしては天冲殺=話題になるSAMを使ったのは英断。
あとで離婚しようと、契約期間中でなければ、屁とも思わないでしょう!

読者メール→
「まさかSAMが、子供の面倒見てるとは思えないしね!」
一応仕事してる見たいですからね。この間も宝塚の振り付けしてたもん。
でも、圧倒的に稼ぎも財もアムロが上で、袖にされるのを待ってるのかな!

読者メール→
「どうせならもう少し相手を選んでほしいもんです!」
年干支「灯巳」だし、ラッキーカラーになる「灯酉」や「灯丑」なら、まだマシだよネ。
さとう珠緒(*山戌)に、JAMのTAKUYA(灯酉)を譲って貰えばどうだろう(笑)。
 
 
■2000年11月14日(陽子)
京野ことみ●これからが真の勝負
■従来は、清潔感透明感あるどちらかというと気弱な女性を演じていた
女優・京野ことみ(78年10月18日/雨丑)が、
火9『編集王』で大胆にイメージチェンジして、
鼻持ちならないクールでイジワルな編集者を熱演中だ。
「こういう役は初めてですが、お芝居の引き出しがひとつ増えました」と語る、
彼女の理想は「カメレオン女優」だという。

京野は、DNA「龍」主導で、物の裏側を見る。
「龍+車」は、瞬間判断力抜群。勘がいい永遠の美形。「龍+貫」は、忍耐力強力。
「龍+石」は、言い訳無用の実行力。「龍+牽」は、芸術志向。
「雨+龍+戌月」は、老獪で愚痴っぽい。

10年運初旬「3歳宝酉」は、年干「山」と日干「雨」が干合すれば、
それぞれ「陽午」(年干支)「灯丑」(日干支)となる。
「陽午」は、10年運干支「宝酉」と二次干合すれば、
それぞれ「海午」(年干支)「雨酉」(10年運)になるので、
変化後の10年運干支が日干支「雨丑」と「大半会」となるので、初旬条件ありで成功運型。
また、10年運干支が全て強烈パワーを所有する子丑冲殺の干支でターボ運。
勢いがあるのは当然だ。

広島県福山市生まれ、92年(海申)、映画『七人のおたく』のオーディションで
特別賞に選ばれデビュー。
その後、ドラマ『あの日に帰りたい』『STATION』『白線流し』『ショムニ』『タブロイド』
などで、存在感を誇示してきた。
本年(鉄辰)は、条件なし天冲殺明け+月支対冲で気持ちが吹っ切れ、
大人の女性を演じる気力充分だ。
寅卯冲殺らしく、人一倍結婚願望が強いそうだが、
宿命に木性ゼロで異性へのアプローチはいまひとつ。

ただでさえ自己表現苦手な「雨丑」に加え、エネルギー187点の生日冲殺。
また、生来「午」年生まれ「雨丑」は、仕事中心で働き者。
来年よりの10年運「23歳畑未」は「天剋地冲」で、受動的な過去の崩壊。
疲れなんかに負けないで、「笑顔でいこう、アルフェ・ミニ」もわかるが、
年支「午」と日支「丑」は「害」で、裏表大あり。
笑う影で実際には、したたかな姿があるのかも!
■オードリー・ヘップバーンの大ファン。
老後はバリ島に暮らしたいというのは、龍ありだからいいか(笑)。
しかし、純粋である筈の秋の「雨」が、年支「山」月支「海」に汚されているし、
裏表ありの人だから、ぜひ化けの皮をはがしてみたいものだ!

読者メール→
「やっと、美形のDNAが見られる人がでてきました。
DNAを見る限り、気は強いようだけど、センスとルックスはいい感じですよね。
先生の言われる永遠の美形という言葉の意味が実感でき、妙に納得しちゃいました!」
この人の美しさは、その年齢にあったものをかもしだせるのです。崩れないのですヨ♪
「役柄上の気弱なイメージを持っていたのですが、
なかなかどうしてパワーバリバリだったのですね!」
天冲殺明けで、やっと本物の評価がくだされるようで、
『編集王』の役柄こそは実情に近いのでしょう!

読者メール→
「早くから実年齢より上の役をやっているような気がします。
名前も落ち着いたかんじでいいですよね!」
カメレオンなみに、まだまだ化けますよ♪
男性は『こんな女に気をつけろ』ですが、
女性は、彼女のしたたかさを見習っていいかもしれません!

読者メール→
「『キララ』というTBSの深夜ドラマでかわいいなと思いました。
でも、去年の『リング』で、ロングヘアーから、オバサンパーマになった時、
私の中では終わったと思いました。ひどいドラマだったし、赤い口紅は似合わない!」
赤はラッキーカラーなのにネ(笑)。でも、もう少し楽しめそうです。見ていましょう!
 
 
■2000年11月15日(灯丑)
後藤久美子ジャン・アレジ未入籍5年目の大誤算
■後藤久美子(74年3月26日/陽寅)と
F1レーサーのジャン・アレジ(64年6月11日/宝卯)の「未入籍婚」が5年目に突入した。
結婚してからロクに完走すらできず、優勝もたった1回という冴えないアレジだが、
いったいこのていたらくは何だろう。

後藤は、DNA「玉」主導で、懲りない人。「玉+龍」は、本音がなかなか言えない。
「玉+石」は、理論理屈の人。「陽+玉+卯月」は、放浪癖。
春の「陽」は朝日のようにさわやかだし、「陽寅」は海外(龍×3)に縁ある性情だが、
「玉」主導で、祖国と縁がきれる訳もなし。
10年運初旬「7歳陽寅」は、日干支と「律音」のため、成功運型。
年支と日支の同一は、表裏なし。
エネルギー270点はパワー感じるも、
宿命に金性(家庭運・愛情運・配偶者運)ゼロ・水性(稼働力・プライド)ゼロの宿命で、
いくら無限大の可能性ありといえども、
両物は手にできないので、条件なし天冲殺(95年草亥)に事実婚を選択してしまった。

アレジは、DNA「龍」冲殺主導で、常に見直しを強いられる。
「龍+禄」は、仕事より感情優先。あれもこれも出来ない。
「龍+司」は、用心深い出処進退。「龍+石」は、経済感覚なし。
10年運「9歳宝未」は、日干支と「大半会」のため成功運型。
「19歳海申」「29歳雨酉」が、ラッキーカラー10年運のため、それなりに伸びた。
年支「辰」と日支「卯」は「害」で、裏表あり。
「辰」年生まれ「宝卯」は、内外シーソー。
生日冲殺に、時代整合性ない夏生まればかりか、
年上に運気を伸ばされる人が、年下の後藤では、もはやこれ以上の上がりなし。

二人の関係は「干合」という恋愛関係。
共通干は、年干の「木!」後藤は「寅卯」を、アレジは「卯辰」を所有するので、
それぞれ「辰」と「寅」があれば、春の方三位が完成する。
しかも、後藤は金性ゼロだから、「割れ鍋に綴じ蓋」のような物。
ところで、後藤は条件なし天冲殺の勘違い婚。海外へ行ったままなら、
不完全にも持続しやすいが、「17歳草丑=DNA玉」で故郷を後にしたため、
来年から始まる「27歳木子=DNA龍」で、逆転現象が生じ、日本に舞い戻る可能性あり。
それというのも、アレジが現役続行不可能で、後藤の日本で知名度を活かし商売をしたり、
或いは後藤を働かせる可能性大なのだ。
しかし、これからという時に芸能界を離れた後藤に
おいそれと良い仕事があるのだろうか。
その気になっても、な〜んだというのが、来年の「干合支害」かも知れないし、
微妙な関係が別離へと発展しやすい。可哀想な人だなあ!
■知名度があっても実績の薄い二人。
出来るなら日本で一儲けなんて気はおこさずにいてほしいものだが、
それを止めることができないのが、ハエのように群がる有象無象の存在。
後藤は金性ゼロで、金銭物質運優先させてしまえば、家庭運崩壊!

読者メール→
「もう、存在自体が霞んじゃって、あんまりビビッときません・・・」
時代の流れは速いです。今頃ノコノコ帰ってきても、居場所ありませんヨ!

読者メール→
「籍をいれないのは外国だと、クミコ・ジャンになるから(笑)!」
クミコ・アレジだろうが(爆)。

読者メール→
「演技力があったという記憶が、ないんですけど!」
どんなに美形だろうと、人をひきつける魅力(DNA禄・司)のない人は、
表現力があっても評価はされないのです!
 
 
■2000年11月16日(山寅)
竹野内豊●金10真夏のメリークリスマスで上昇
■金10『真夏のメリークリスマス』で、
沖縄の孤児院出身の元ボクサーという役どころを演じる竹野内豊(71年1月2日/灯亥)。
シブいキャストにせつないテーマソング。
そして、ラブストーリーといいながらも、実は兄妹だったという泣かせる設定にもかかわらず、
視聴率はトップにはならず、少々残念だ。

今回連ドラ1年ぶりとなる竹野内は、DNA「車」主導で、犠牲的本質。
誰も選ばない危険な方向へ動く、緊張感ある人。
「車+調」は、行動の葛藤。常に攻撃精神を発揮する。
「車+牽」は、忍耐力あるように見えるアウトロー。
「車+司」は、目前の役割に感情通じない人。

10年運初旬「1歳畑丑」は、DNAキーワード「鳳」の表現力が付加されるが
特別条件なしも、「戌」年「子」月「亥」日生まれに「丑」があれば、
秋の土用から冬の土用まで全ての12支が揃うので、まとまりあり。
冬の「灯」は、人に暖を与えるので好かれるのだ。
「21歳宝卯」のDNA「禄」で人気を確立した彼のエネルギーは、
男性としては流れに乗りやすい164点のエネルギー。
「戌」年生まれ「灯亥」は、相場師的要素。
常にチャレンジする念の入った感性は頼もしい。

これまで『ビーチボーイズ』『WITH LOVE』『氷の世界』などに出演してきたが、
今回の役はDNA「車」主導の彼には、もっとも魅力を活かしやすいもの。
本人も演じやすいという自覚をもっている筈だ。
1年間放電(昨年・畑卯は、DNA鳳)したからこそ、自然体の演技ができるのだろう。
途中からでも充分楽しめるので、まだ遅くない竹野内の成長ぶりを確認すべきだ。
そして、来年(宝巳)の「能動的天剋地冲」で、彼が何をやってくれるかを探るのも、
悪くないだろう!
■今回の竹野内は、気負ったところがなく、とてもいい出来。ケチのつけようナシ!

読者メール→
「高校時代休み時間に、洗顔フォームを持ってきて顔を洗っていたとか。ナルシスト♪」
清潔好きなだけじゃないのですか(笑)。

読者メール→
「アウトロー系の役やっても、嫌味にならないのは、
実際にアウトローだったからなんですね!」
自然体ですヨ♪
 
 
■2000年11月17日(畑卯)
久保純子和泉元彌史上最悪の紅白司会者
■第51回NHK『紅白歌合戦』の司会者が発表された。
紅組が3年連続の久保純子(72年1月24日/木寅)アナ、
白組が来年の大河ドラマ『北条時宗』を演じる
狂言師の和泉元彌(74年6月4日/陽子)に決定した。

和泉は東京生まれ、狂言和泉流20世宗家(95年=草亥に継承)で、DNA「貫」主導。
状況環境により変化するも、本質頑固。「貫+龍」は、忍耐力強固で短時間和合無理。
「貫+牽」は、打算的で主義主張なし。「貫+調」は、恩義通用せず。
10年運「1歳鉄午」は、日干支「陽子」を「天剋地冲」するので、
初旬条件となり成功運型。
「11歳宝未」が干合支害(落ちていれば逆転現象で伸びやすい)なのと、
現在の10年運「21歳海申」が、ラッキーカラー半会と、
年支(寅)と月支(巳)の「害」を断ち切るため、時代整合性なく「くどい夏の太陽」でも、
成功運がより輝いている。
本年(鉄辰)キーワードは、スター性溢れる引力本能。
来年(宝巳)は、干合で堅実に集める(視聴率)ので、昇り調子だ。

久保は、DNA「司」冲殺主導で、努力すればするほど家庭に波がでやすい。
(新婚生活は、大丈夫か!)。
「司+龍」は、用心深い出処進退。「司+貫」は、SPEED感ないがヘンに冷静な意志力。
「司+牽」は、感動希薄で保身術優秀。
10年運初旬「4歳海寅」は、改良改革精神が養われたが、初旬条件なしも生月冲殺のため、
その気になれば上昇する。

二人の関係は、「冬の木」である久保を暖める和泉(陽)が補佐するものだし、
年上の子丑(久保)に対する申酉(和泉)は、一見良好に見える。
しかし、和泉の生日干支(子)は久保の天冲殺範囲で、
久保が容易くコントロールできないばかりか、
和泉の月干支「畑巳」は、久保の年干支「宝亥」を「対冲」するので、
久保の足をひっぱってしまう。

従来、NHKは翌年の大河主演者を特別審査員としてお披露目するのが恒例だったが、
異例の抜擢は彼への期待が如何に大きいかわかるというもの。
「木」(久保)は、「陽」(和泉)に気を洩らすもので、
主役は和泉のようだが、これも「女性の時代」という流れに逆行する。
やっぱりNHKは、ブランド志向なだけで、時代錯誤と言われても仕方あるまい!
■紅白出場の大御所達は、中居正広のような悪ガキだと拒絶反応を起こすらしいが、
歌舞伎や狂言の世界への畏敬が強いようだ。
和泉と言われて知らない人は、違いのわかるコーヒーのCMならご存じのはずだ。

読者メール→
「クボジュンは生月だから、何かあっても笑ってゴマかすのですね!」
DNA「牽」があって、いかにもNHK向きです。
あの意味不明な笑いは、民放では通用しませんよ!

読者メール→「ポップジャムコンビで、堂本光一かと思ってた!」
まさか、ジャニーズにそんな枠はないです!
 
 
■2000年11月18日(鉄辰)
吉井和哉THE YELLOW MONKEYを活動休止という情けなさ
■89年(畑巳)年に活動を開始して、
92年(海申)『Romantist Taste』でメジャーデビューした、
THE YELLOW MONKEYが、来年1月の東京ドーム公演で活動を休止することを発表した。

ボーカルの吉井和哉(66年10月8日/鉄子)は、DNA「石」主導で、ズル。
「石+牽」は、事なかれ主義で長いものにまかれろ。
「石+車」は、豪放ワンマン。他人の意見は聞かず。
「石+調」は、自尊心強くもプライドなし。「鉄+石+酉月」は、おだてに弱い。

10年運初旬「1歳山戌」(キーワード放浪性・創造性を付加)は、
年干支「陽午」と「大半会的」なので、初旬条件となり成功運型。
また、「1歳山戌」「11歳畑亥」「21歳鉄子」は、全て異常干支(変剋律)のため、
精神苦をともないながら才能が伸びた時期。

現在の「31歳宝丑」は、キーワード妥協。
また、ラッキーカラーのひとつ年干「陽」が干合で「海」に変わり、
もうひとつのラッキーカラー(こちらが重要)である月干「灯」と干合すれば、
それぞれ「木」「草」に変化するので、仕事の稼働力より異性や金銭物質優先としてしまう。

やっかいな事は、この木性は宿命にひとつもないため
(本来は、優しさなく結婚運・金銭物質運ゼロ)、
ふって湧いたように幻惑させられてしまう。

エネルギー141点と身軽で、「午」年生まれ「鉄子」は、孤立しやすい特性。
今後は休止してメンバーはそれぞれ個人活動するということだが、
イエモンは吉井の条件なし天冲殺の結成、
天冲殺スタートは次の天冲殺で藻屑となるのだから、吉井らしい選択といえよう。
他のメンバーはどうするだろうねえ!
■結成は天冲殺だろうと、業界デビューは天冲殺明け。
つまり、仲間とはやりたくないが、一人ではやっていきたいということ。
しかし、それもまた条件なし天冲殺のことなのだから、後へは続かず。
吉井が、迫力のわりにもうひとつ伸びきれないのは、
地味で陰に隠れる「鉄子」の性癖ばかりではなかったのだ。

読者メール→
「残るはhyde(雨巳)のラルクですね。
ラルクは、かっこいいまま終わって欲しいなあ・・・」
なんか動員落ちてるようですね。それも、午未が年下の子丑冲殺と実質婚だから。
皆、ロッカーは「女」でダメになる。吉井もかな?

読者メール→
「10年運初旬から異常干支続き(変剋律)っていうのも、
吉井の表面にでてきてたりするのでしょうか?」
臆病な「鉄子」が悩みながら、仮面をかぶることで、歌謡ロッカーになれたのでしょう(笑)。

読者メール→
「宿命通りアーティストの中でも孤立して見えますよね。
しかし、この人達、なんかヤバそうですよね?!」
だから、活動停止に追い込まれたのかもネ!
 
 
■2000年11月19日(宝巳)
渡辺真理●腐れ縁TBS編成副部長と痴話喧嘩
■最近は「Nステ」の司会ぶりに落ち着きをました渡辺真理(67年6月27日/海戌)。
その彼女が久しぶりに恋人男性とのツーショットを写真誌に撮られた。
しかも、間が悪く彼と大ゲンカしている真っ最中の恥ずかしい場面。

渡辺は、DNA「司」主導で、一人では生きていけない。
「司+牽」は、感動希薄で評論家的・保身術優秀。
「司+車」は、目前の役割に感情通用せず、利用されやすい一途な人。
「司+司」は、心の奥底を他人に見せず夢希望が薄い。
10年運初旬「4歳灯未」は、年干支「灯未」と「律音」になるため、成功運型。
ただし、「24歳畑酉」は、名誉がキーワードの「害」で、
結果をもとめても評価されず結婚しにくい時期。
エネルギー273点のうち、火性(異性や金銭物質に執着する気持ち)は、なんと133点(49%)。
バブリーで時代整合性ない、夏生まれだ。

相手の男性は古巣TBS編成部副部長のK(40)。
東大法学部出身の敏腕TVマンだそうで、
23歳でTBSに入社してきた彼女に真っ先に声をかけ、
以来交際10年恋人宣言からも6年が経過している。
SPEEDの時代になんとも時間のかかる二人だが、
子丑冲殺の女性が中途半端な年上と交際してロクなことはナシ。
絶対に年下と交際せねば、互いに運が低迷するというのに、嘆かわしいことだ。

「未」年生まれ「海戌」は、自己愛。
「海+司+午月」は、穏やかに見えて中身は激しい。
そんな渡辺も、今年いっぱい(来年の誕生日あたり迄か)で、
晴れて「10年運害」から明ける。
ならば、本年(鉄辰)は新しい事に挑戦して過去の自分を改良改革していかねばならない。
腐れ縁のオトコといつまでも、ダラダラと焼き芋デートなどしている暇はないのだ。
仕事はそれなりでも、これでは評価できない。いい加減目覚めろヨ!
■子丑冲殺のピークは、30過ぎに来るとはいえ、
「害」の10年運の影響か、さすがのペコちゃん顔の渡辺も少々くたびれてきたようだ。
10年も腐れ縁を処理できないなんて、バブリー夏生まれの証明。
それに、彼女は年干と日干が干合すると、さげ●●木戌的になってしまうので、
結婚より仕事に生きたほうが良いはずだ!

読者メール→
「こんな子丑冲殺と仕事をしてる、久米宏(畑卯)は大丈夫なのだろうか、と思った!」
夏の畑には塩水でもやや救いですし、一応TBSの後輩だから可愛がってるようだけど・・・。
それに木戌的なら干合支合だし、格好はついてるけど、じり貧には違いないですネ!

読者メール→
「来年彼女は10年運害を抜けたら、Nステとはお別れするのが良いのでしょうか!」
そのとおりです。それが正しい生きる道!

読者メール→
「女子アナで局を辞めてさらに向上してる人は、珍しいですよね。
今時珍しくフリルが似合うタイプなので、「調」を持ってるのかと思ってた・・・!」
年干の「未」の中に「草」がありますから、そういう一面はあるのですよ。
でも、夏の海は、もっと知的にシックになってほしいですネ!
 
 
■2000年11月20日(海午)
大浦龍宇一●年下野人中村亜女里との誤った結婚
■俳優・大浦龍宇一(68年11月17日/宝卯)が32歳の誕生日に入籍したことがわかった。
大浦は、DNA「司」主導で、地味。「司+玉」は、生活を乗り切る知恵あり。
「司+鳳」は、個人主義で忍耐力あり。
「司+禄」は、自制心欠け先見の明なし。仲介能力あり。
10年運「7歳木子」は、堅実さが付加されるものの特別条件なし。
年干「山」と月干「雨」が干合すれば、それぞれ「陽」「灯」になり、
その「陽」が日干「宝」と二次干合すれば「雨卯」となり、
元来の月干支と「大半会」するので、エネルギー167点以上の存在感は感じられる。
しかし、宿命はアンバランスで、火性ゼロ。配偶者成分やプライド・闘争心が全くない。
これは「27歳陽寅」で補われたのと同時に、
「寅」が年支「申」と月支「亥」の「害」が断ち切り、世に認知されたのだろう。

相手(中村亜女里さん=77年6月17日/草巳)とは友人の紹介で知り合い、
今年3月より本格交際、彼女の誕生日に婚約したという。
新妻は、エネルギー348点で
ラッキーカラー水性ゼロ(DNA禄主導で、わがまま。牽×2でプライド高い)の、
迫力こそあれSPEED感ない乾いたサボテンの花。
本年(鉄辰)は干合だから納得できるとしても、何が悲しくて、午未冲殺で生日冲殺、
さらに「申」年生まれ「宝卯」で
異性の気持ち理解不能オトコと結婚しなければならないだろうか。
やっぱり、知恵や常識(共に草に対する水)がないとしか言いようなし。

大浦は、もともと結婚願望などないのかも知れないヒッソリしたオトコだが、
「害」年でうっかり間違えてしまった。
暗くて病気がちの家庭しか望めないゾ。やっぱり、どこか面白くても、
こんなオトコには気をつけろだ!
■これだけ悪条件にめげず結婚するなんて、見上げた根性。
特に我慢ならないのは、異性の気持ち理解不能。
見た目で選ぶのが、夏生まれの弱いところだネ(笑)。

読者メール→
「大浦って、もっと若いのかと思ってた!」
午未だから、子供みたいなもんで、若く見える人が多いのですよ♪
「『これからの日々を二人手を取り合って歩めることが今一番の幸せです』
っていうのを見たんだけどね、きっと今だけの幸せなんですよね!」
でも、苦しみが大きくなると、忘れてしまい、憎みあいますよ!

読者メール→
「大浦自身は、『結婚って簡単なことだった、深く考えすぎてた』って
自分のHPで言ってました。
『あの時、何故、もっと相手をよく見つめてから決めなかったんだろう』ってコメントが、
何時、載ることになるのか楽しみです (そんなこと書かないか?)!」
苦労するのは、彼女のほうなのに・・・。
「しかし、亜女里さんの持て余し気味のパワーは何処へ持っていかれるのでしょうか?」
相性別にすれば、出産・育児しかないです!

読者メール→
「奥さんのエネルギー348点はすっごい。それに『草巳』か。
なんか男好きしそうな雰囲気かしら!」
一応その人なりに完璧を求めた結果だと思います。
でも、崩れたら。男性に溺れそうです!
 
 
■2000年11月21日(雨未)
藤原紀香●芸能生活10周年の歌手デビュー
■今夏、単独では初主演ドラマとなった『億万長者と結婚する方法』が
ベタコケした藤原紀香(71年6月28日/木申)が、歌手デビューするという。
来年公開される紀香主演の香港・米合作映画の挿入歌として、
2月にリリースされるもので、芸能生活10周年(生月冲殺のため、
名誉がキーワードの91年宝未のデビュー)の節目となる。

藤原は、DNA「調」冲殺主導で、気づかいと少女趣味の象徴だが、
偏り大きく常に不安定を好む。好き嫌い激しく、自己都合の反骨精神。
「調+龍」は、向上心ありも、満足することを知らない。
「調+車」は、落ち着きなし。常に何かに攻撃精神を発揮していないともたない。
「木申」でもあり、スポーツ特に格闘技を好む。
「調+貫」は、恩知らず。「調+牽」は、内面気品も行動粗野。新しい世界に挑戦する人。

生月冲殺に加え、10年運初旬「3歳草未」は、キーワード「ズルさ」が
付加される初旬10年運冲殺のため、成功運型。
生月冲殺は組織に所属して、その意向にそっていれば成功する。
藤原の所属する事務所は、日本でもっとも成功しているといわれるのだから、
エネルギー186点と女性としては専業主婦なみのパワーでも、
トップにさえ気にいられていれば、相応の美酒に酔えることができるのだ。

では、時代整合性薄い夏生まれなのに、なぜ成功したかのように見えるのだろうか。
ひとつは、「亥」年生まれ「木申」は、矛盾だらけの人生をあたりまえに感じてしまう。
もうひとつは、苦痛は感じながらも、年支「亥」と日支「申」が「害」のため、
典型的な裏表人間であること。成功できるなら、何でもアリなのだ。

そんな藤原も昨年の干合(日干ばかりか月干も)で、
本気で恋をしてしまい一時ドンに干されることになった。
だから、今年は「木」が伐り倒されるように、一時の勢いがないのだ。
「木+調+午月」は、生月冲殺で若干ブレながらも、微妙な空気を感知できる人。
今年は、干合もあけ、追い立てされながらも、
不器用な「木」なのに、海外での仕事をこなしている。
もはや、ボロボロになりながらも、2年後に迫るラッキーカラー天冲殺まで、走り続ける。
それが、藤原紀香だ!
■ドラマだって脚本も読み切れないほどのスケジュールを入れられて
アップアップの状態だったから、本人をあまり攻められない状況だったみたい。
とにかくTVばかりか、CMどりに取材ととんでもない忙しさ。
いくら生月冲殺とはいえ、稼げる時に搾り取るだけ搾り取ろうという魂胆。
なんとも素晴らしい事務所ではないか(笑)。

読者メール→
「体力はありそうですけど、意外とエネルギー点数は低いのですね!」
点数あっても体力ない人はいますからネ。彼女は、完全燃焼しているのですヨ♪

読者メール→
「同じ裏表あっても、松島菜々子より悪さを感じない気がするのですが!」
そこが事務所の力ですが、亥と申は冬と秋の12支でカモフラージュやや可能。
ところが、午は夏で、丑は冬で全く異なる季節だからなのです!

読者メール→
「缶チューハイのCMが、あまりにも下品だったので、かなり引いてしまいました。
唄の上手下手も、DNAでわかるのですか?」
夏の木は水がラッキーカラー。あまりないのだから、品はもともと良くないです。
あっても、塩水でしょ。
唄は表現力・伝達力の「鳳」とあと引力本能の「禄」があれば、後は訓練。
彼女は「調」なんで、乙女チックとスポーティさがマッチしたようなものでしょうが、
あまり期待はできません!

読者メール「木申」→
「カモフラージュのため、あえて、それも騒がれないようにするために、
交際相手を国外にいる人にして、恋する乙女のポーズをとらせたとする作り話である、
との噂はウソなのでしょうか?」
相手も同じ系列の事務所ですが、半々のようです!
 
 
■2000年11月22日(木申)
山口智子唐沢寿明の害年で一時的に活動再開
■『ロンバケ』以来主婦業に専念していた山口智子(64年10月20日/海寅)が、
スカイパーフェクトTVで放送される主演ドラマ
『Letters彼女の旅の物語』(12月25日=灯巳/21時放送)で、
4年半ぶりに女優として活動を再開することがわかった。

山口は、DNA「司」主導で、本質家庭的で、ケチ。
純粋で一人で生きてゆくことが苦手。
「司+禄」は、自制心に欠け先見の明ナシ。
「司+石」は、家庭大切のフリをする。「司+鳳」は、忍耐力あり。

10年運初旬「4歳雨酉」は、ズルさを身につけるが、
特別条件はなしも、生年冲殺と年干支と月干支に納音を持つので、
親や家系と縁を切り独自の生き方をすれば、運は上昇する。
迫力あるエネルギー272点。
生日冲殺・互換冲殺の彼女は、簡単に主婦という枠に収まりきれない。
また、天冲殺年にこそ運気が動く生年冲殺に加え、
立場が大きく変化する10月生まれ
(月干支「木戌」は本年天剋地冲され、安閑としていられない)。
キーワードも改良改革なのだから、表に出てきて当然だろう。

山口は、栃木県出身で、86年(陽寅=ラッキーカラー年)に
東レのキャンギャルに選ばれ、ファッション雑誌などで活躍ののち、
88年(山辰=天冲殺+月干支能動的天剋地冲)に
NHK朝の連続TV小説『純ちゃんの応援歌』でヒロインを演じた。
その後『29歳のクリスマス』『王様のレストラン』などに出演、
95年(草亥)に同じ事務所の唐沢寿明(*61年6月3日/灯卯)と結婚。
唐沢は時代整合性ない夏生まれ、あまりにもクドいのか、
このところ活動の幅が限定されてきたので、
山口がCM以外にも稼ごうと思い立ったのかはともかく、
今回の露出は唐沢にとっては家庭内がおろそかになる「害」現象だ。
これを機に山口は本格的に始動すると見られるが、
それは来年の「害」(キーワード母親・母性・過去)で、
知られたくないことが表沙汰になる前兆かも知れない!
■全エネルギー272点のうち木性は実に102点(37.5%)をしめ、表現力豊か。
仕事にあくせくせずという意味もあるが、海(水性)の女性にとって木性が多いということは、
この4年半の間に、明らかに出産をおえているとみてさしつかえない。
木年生まれ海の人の生き方は、DNA「牽」となり、裏方・人を育てる・表にだすもの。
いくら女性の時代だからといって、夫が不甲斐ないからといって、
家庭大切な気持ちを忘れてしまえば、
彼女の両親(離婚)がたどった道を歩まないとは限らないゾ。やっぱり先見の明なしだナ!

読者メール→
「唐沢さんに送るアドヴァイスは、頑張ってもらって(次の?)子供を作らせることで、
早く引退してもらうってトコでしょうか?」
他に何があるというのでしょうか!

読者メール→
「放送される番組、本人以外はスタッフ全員外国人という
ハードな環境で撮られた旅行記とか。彼女は結構タフなのですね!」
今年のDNA「龍」ですからね。
また、生年冲殺は、仕事ならば何でもやるのです!
「12月25日クリスマスに500円払って見る程面白いのか、山口智子ってそんな人気?」
ないでしょうねえ。地上波ならともかく。
 
 
■2000年11月23日(草酉)
木村佳乃●木10ラブコンプレックスで本性魅せる
■木10『ラブコンプレックス』で、仕事は完璧。
だけどウラは一癖も二癖もある秘書達のなかでも、
女王様的存在を演じる木村佳乃(76年4月9日/宝卯※)。
今までお嬢さん系の役が多かっただけに、意外な感じがする。

木村は、DNA「禄」主導で、自己顕示欲強く、スター的存在。
自分を認めてほしいがために、行動する。「禄+牽」は、生まれながらに品性と常識あり。
「禄+調」は、ユニークな発想を実践する。
「禄+禄」は、世渡り下手も長い年月で信用を築く。本質は、単独行動。
「宝+禄+辰月」は、こだわりが多い墓守。先祖の恩恵を強く受けて育つ。
「宝卯」は、邪気なく争いを好まない天性の善人。
人を引きつける魅力あふれるが、その行為がさらに慕われる要因となり
利用されることもしばしば。
必要以上に相手の心に踏み込み行きすぎた善意が大きなお世話になる場合もあるようだ。

10年運初旬「1歳宝卯」は、日干支と同一(律音)になるため、初旬条件となり成功運型。
また、年干「陽」と干合すれば、年干支「陽辰」は「海辰」になり、
月干支「海辰」と律音のため、これも条件で、通常人の倍の稼働力が形成される。
木村の宿命の特徴は、年干「陽」と「宝」が干合した結果、
それぞれ「海」「雨」になるため、月干「海」も入れると天干一気となる。
年上に可愛がられてこそ、味のでる午未天冲殺がこれでは、辛い。

また、天干一気なのに12支は「辰辰卯」となり、
年支・月支と日支が「害!」。慌てて走る時のドタバタぶりは、これが原因。
宿命に2害持ち(年支と日支、月支と日支)は、典型的な裏表人間。
害ばかりか、干合支害なので、始末に負えない。
さらに「辰」年生まれ「宝卯」の内外シーソー運を加えれば、
善悪併せ持った人になる。
エネルギー233点のパワーあっても、どこか病的なイメージがあるのも、これが原因だし、
常に表の顔と裏の顔を持つので、実態がよくわからない。

東京都出身。96年1月(草亥で引力本能)に、
NHKドラマ新銀河『救命救急医物語』で主演デビュー。
その後、『スチュワーデス刑事』『理想の上司』『月の輝く夜だから』『Over Time』
『パーフェクトラブ』などドラマではかかせない存在となる。
CMの出演は数知れず、現在もJAL「I'LL」など9本に露出中。
『ラブコンプレックス』のシズク役は、彼女の本質に最も近い。
害年にはこんな役もやらせられるのだが、
もともと宿命内に害を所有するので、打撃は少ない。
浮いた話のひとつも表に伝わってこないのも、「宝卯」干合支害持ちの特徴だ!
■女性週刊誌の連載で彼女を取り上げたところ、
それが『ハッピーバースデー』(フジTV系)の担当者の目にとまり、
番組で『辰×3』の解説をしたものだが、実際に会った印象やその後の動きを判断して、
午前4時前生まれの確信をもった。
宿命害持ちばかりか、準天干一気(干合結果)の本人は、あまり堪えていないようで、
今回のドラマでは、彼女の美しさと性格を大変顕著に表している。
しかし、友人にも恋人にもしたくない、
したたかさを備えた魅力ある女性であることは否定できない!

読者メール→
「DNAでは、ファザコン・マザコンの素質は、どのような表れになっているのでしょうか?」
彼女の場合は午未天冲殺なのに、天干一気であることが、より影響しています。
親の場所(年干)と干合するのに、親(年上)思いなのに、
害があるので正面から受け入れられないことが、それをおこしていると思われます!

読者メール→
「今年の始め、木村佳乃が出ていて
「年月日の干支全てが辰なので、今年はものすごい活躍となる」
というどっかの「占い師」の話をもとに大げさな演出もりだくさんのTV番組を見ました。
その時私はBEを知る前でしたが、「この人が海?」と思ったのを記憶しています。
パッと見とてもいい印象でやさしげな雰囲気はやっぱり宝卯という感じですね。
なんとなくしぶとく女優を続けていきそうな気がします!」
それが幸か不幸かは別にしてね。
私が2年前に会った時の反応もイマイチ(裏表ありで、本音を語らず)でしたし、
あなたが、もっと好感もてるなら海ですが、けっしてそうではありません。
宿命害持ちは、かえって害年に本質が暴かれるものです!

読者メール→
「なんとも言えない凄みが漂っていて非常に魅力的な役ですねぇ。
害年にもかかわらず強力な女性陣の中光ってました!」
害年で裏の顔にスポットライトが、あたるのです。

読者メール→
「相当いろんな悪い事、してるでしょうね(笑)!」
裏表ありが皆悪い訳ではありません。
宝卯は、もともと善すぎるところへ、悪が付加されてちょうど良いくらいになるのです。
ただ、秘密が多いのは事実ですが、
彼女はそんなに丈夫ではないので、倒れないか心配です!
 
 
■2000年11月24日(陽戌)
本上まなみ●間抜けな不倫略奪を成就
■癒し系という意味不明の形容をされている本上まなみ(75年5月1日/灯未)が、
写真誌に激写された件で、自らの心情をつづったFAXをマスコミ各社に送り交際を認めた。

本上は、DNA「調」主導で、少女趣味の権化。
偏り激しく偏っていないと不安で、不倫に陥りやすい。
「調+龍」は、不平不満多く、どれだけ恩恵をうけても満足せず。
「調+司」は、負けず嫌い。「調+鳳」は、なあなあ。
「灯+調+辰月」は、運命的方向に人生が流れる。

10年運「2歳宝巳」は、引力本能が付加されるものの初旬条件なし。
ただ、生年冲殺のため、生地から離れ仕事にハマれば、運はそれなりに稼働する。
FAXには「今年春ごろからまじめにおつきあいさせていただいております。
Sさんは「バツイチ」であり、また少なからず年上の方ではありますが、
生き方、趣味、人柄・・・の点で、
私にとても近い新鮮な空気感を感じさせてくれる楽しい人です」と交際を報告している。
二人は雑誌の取材を通じて知り合い、共通の趣味の短歌と俳句を通して親しくなったとか。

おいおい嘘を言ってはいけない。
Sは昨年からキミと交際していることを周囲には「ただいま恋愛中♪」と
漏らしていたそうだし、長年連れ添った美形の元妻と離婚した(15年間の結婚生活)のも、
不倫が原因ともっぱらの噂ではないか。
渦中の沢田康彦(57年10月5日/鉄戌)は、
マガジンハウス社『ターザン開発室』という、スタッフ3名しかいない閑職の身。
本上とは、Sが『Olive』編集部のキャップをつとめていた時期に出会っており、
ほどなく交際に発展し、バリ島デートなども報じられている。

Sは、DNA「石」主導で、本質和合のズル人間。「石+石」は、会社の中の変わり者。
「石+牽」は、事なかれ主義。「石+龍」は、芸術志向で言い訳無用の人。
「鉄+石+酉月」は、おだてに弱い。
10年運「9歳山申」は、ダメージカラーの創造力が付加。
特に10年運には稼働力なしも、宿命は木性(優しさと配偶者運)・水性(表現力・遊び)ゼロ。
しかも、年支(酉)・月支(酉)と日支(戌)は、「害」で典型的表裏人間。
そんなSだからこそ、本上とは違い(生年冲殺)、条件なし天冲殺でトチ狂って、
昨年(畑卯)の年支対冲+月干支納音+日支支合の、
害を断ち切る時期に、妻を捨て本上との恋愛に走ったのだ。
害持ち優柔不断な人間だからこそ、
天冲殺で舞い上がり(この世のものではない時期)過去の立場を破壊してしまった。

二人の関係は、守備本能が強い寅卯天冲殺であること以外に、
本上の日干とSの年干が同じ「灯」、
本上の月干とSの日干が同じ「鉄」である共通点ありも、
心のDNA(特に個人生活面は、鳳=ゆとりの本上に対し、Sが龍=放浪で水と油)は、
相容れないものあり。
まして、Sの日干支(鉄戌)は、本上の月干支(鉄辰)を納音し、彼女の立場を悪くしてしまう。
さらに、Sの月干支(畑酉)は、本上の年干支(草卯)を天剋地冲するので、
本上は仕事の伸びにSTOPをかけられてしまう(嘆)。
有り難いのは、灯がラッキーカラーのSばかりで、
本上はとんでもないババをひいたことになり、なんとも間抜けな話だ!
■不倫がどうのこうのより、自分にとってプラスかマイナスかを、
趣味の世界を基準にする、つまり仕事は二の次というところが、寅卯天冲殺らしいところ。
ならば、即刻仕事をやめてしまえよ。半同棲なのは、バレバレなんだからサ!

読者メール→
「生まれた土地(東京)が、そのままに生地であれば、すべてを捨てて、
質の高い大阪仕事(癒し系の番組)を続けてもらうべきですよね?
それとも、育った大阪を生地と見立てて、現在の大阪を早く離れればいいのかな?」
親と同居せず、親の本拠地から離れるのが、原則になります。

読者メール→
「雑誌の対談で、ずーっと仕事をしているとダメになってしまうから、
事務所からたまにドカンと休みをもらって旅行とかしてますと言ってました!」
所詮仕事に希望をもてないのですから、この関係では、ほどなく消えてくれます(笑)。

読者メール→
「なぜ『今年最も輝いてるという賞』をもらったのか不思議です。
あまりテレビでみないのに!」
よけいなスキャンダルが、その時点でなかったからなのと、
灯→鉄年は何か集めるのですよ!
 
 
■2000年11月25日(灯亥)
木村拓哉工藤静香に軽率にも騙された理由
■「子供ができて幸せです」と木村拓哉(72年11月13日/山申)に
会見させた工藤静香(70年4月14日/木子)に、計画妊娠説が取りざたされている。
かねてから、「30歳までに子供を産みたい」と公言していた願い通り、
来年5月の出産は工藤の作戦勝ち。

木村は、DNA「車」主導で、単細胞で犠牲的本質。危険大好き。
「車+貫」は、正直・短気・一本気。「車+司」は、猪突猛進で利用されやすい。
「車+禄」は、ルールに縛られるのが苦手。
「車+調」は、常に何かに攻撃精神を発揮していないともたない。
10年運初旬「8歳海子」は、年干支「海子」と「律音」のため成功条件。
「18歳雨丑」は、日干「山」と干合すれば、それぞれ「灯丑」と「陽申!」。
この「陽申」は、月干「宝」と干合すれば、日干は「海」、月干は「雨」に変化するので、
年干までふくむ天干一気が完成し、
(地支も年支「子」と日支「申」の半会で水になるため、地支一気的)集中力が増し、
大きく認知されたもの。
木村の宿命の最大特長は、ラッキーカラー火性ゼロで、暖かみなし。
月支「亥」と日支「申」が「害」で内側の世界が不安定。結婚には向かない。
昨年の条件なし天冲殺で、長年交際したカオリン(雨酉)との同棲を解消し、
工藤との同居を始めてしまった。しかし、それはあくまでも虚の世界。
本年より始まった「28歳木寅」は、木村の「月支・日支の害」が切れ、
一時的に結婚しやすくなる時期。
ただし、10年運天冲殺前に大成功をおさめた者
(雨はダメージカラーでも干合で、前記変化すれば成功運・DNA司も蓄財)は、
10年運天冲殺入りで序々に落ちてしまう。
DNA「車」も、財を得るよりただ働かされるか、
現象は天剋地冲なので、過去の実績の抹殺や事故を暗示する。

工藤は、DNA「石」主導で、ズル。「石+牽」は、事なかれ主義、長いものにまかれろ。
「石+車」は、目的のために手段は選ばず。「石+玉」は、理論理屈の人。
これでは、キムタクファンからブーイングがでても当然だ。
10年運初旬「3歳畑卯」は、ケチさが付加されるものの特に条件なし。
生年冲殺のため、仕事に専念すれば成功も可能。
10年運「23歳灯丑」「33歳陽子」は、ラッキーカラー。
ただし、本人は月支「辰」と日支「子」の影響から、仕事より異性に興味があったようで、
これまでもYOSHIKI(山寅)・石橋貴明(山子)・諸星和己(木子)らと
浮き名を流し続けてきたが、最終的に木村を標的にして見事落としたようだ。

二人の関係は、木村の年支と工藤の日支「子」が共通するだけで、大変心許ない。
日干支にしても半会(申と子)するも、工藤(木)が木村(山)を剋するので、
ひたすら木村が働かされるのだろう。
そもそも、日支と月支に「害」のある者が、
宿命内に「半会」のあるものと、長く添い遂げられる訳もないのだ。
工藤の出産予定の来年は「宝巳」年。
すなわち、ここに生まれる子供は、木村の月干支「宝亥」と「納音」の関係。
これは、木村が子供の稼働力をSTOPさせることで、
言葉では表せない現実が起こったり、逆に木村の所属する集団(SMAP)に問題が発生したり、
木村自身に破壊現象が降りかかることにもなる。
なんとも物騒な話なので、怒れキムタクファンと言いたい所だが、
木村も軽率なので、なんとも言えない!
■エネルギー点数は共に200点をきるが、
春の木と冬の山では、どちらが力量があるだろうか。
勿論辰月とはいえ、勢いよく伸びる木である(山が強いのは土性月)。
DNA成分ばかりか、こういう手法でも、どちらが先に手をだしかがわかるというもの。
「戌」年生まれ「木子」の工藤は、上がって落ちる運型。
はたして、流産か問題を抱えた子供か、
それともキムタクの変心や事故による×××になるのか。
いずれにしろ、釣り合いはとれない(嘆)。

読者メール→
「工藤は、すっかり落ち目になってたところに現れた救世主(笑)を、
絶対GETしてやろうとニンシンか。やるな〜。
同い歳の私としては、その意気を見習わなければいけないですネ!」
おいおい、見習っちゃいけないから、取り上げているんだから(笑)。
仕事がダメになったから、そろそろ結婚じゃ、情けないだろ!

読者メール→
「中居は相手が一般人だったから中絶させたけど、
有名人が相手で『絶対に産むから』って言われたら入籍しないわけにはいかないもんね!」
皆さんだって、職場恋愛だと逃げにくいですよね。それと同じ。芸能人だからじゃないです!

読者メール→
「キムタク、会見でちっとも幸せそうじゃなかった!」
だって、ラッキーカラー害月で、ありがた迷惑ですからね。
天冲殺スタートは、自己コントロール不能。
子供だって、半分は不本意かもネ。ま、中居より数段マシだけどナ(笑)。

読者メール→
「キムタクの独立が噂になってるけど、独立しちゃったら、
もう、救いようが無いのですよね?」
組織の一員だからこそです。無理をすれば、大きな衝撃に襲われることになります!

読者メール→
「『らいおんハート』を歌いながら、『自分がどうにかなってしまいそうでした』
とのコメントに、夢の中にいるんだな・・としみじみ思いました(笑)!」
天冲殺明けても、清算していなければ、現象だけは続くのです。恐ろしいことです!

読者メール→
「最近の工藤静香の功績・・・三十路前の女子に日焼けの恐ろしさを提示。
サーフィンやってたら日焼けはしょうがないけど!」
木が塩水につかっても意味なし(笑)。
 
 
■2000年11月26日(山子)
UA●夢のなかでバンド活動は似合わない
■UA(72年3月10日/鉄子※)が、7月に解散した
元BLANKY JET CITYの浅井健一(64年12月29日/海子)と
バンド「AJICO」を組み新曲『波動』
(22日発売でオリコンは、とりあえず圏外)をリリースした。

UAは、DNA「司」主導で、ケチで地味。「司+調」は、個人商店的で負けず嫌い。
「司+鳳」は、忍耐力・個人主義・堪え忍ぶ人。
10年運初旬「2歳海寅」は、表現力を磨いたが、特に条件なし。
「22歳鉄子」(律音でひとつの事に集中して答えをだす)「32歳畑亥」「42歳山戌」は、
変剋律10年運で精神苦と共に才能が磨かれる時期。
「鉄子」は、地味で臆病なうえに、
宿命にはラッキーカラーの火性(暖かみや稼働力・プライド)と土性(創造力)ゼロ。
エネルギー145点で水分過多のため
(雨多く繊細だが、火性土性なく野蛮。スワヒリ語のアーティスト名は似合う)、
汽水域(年干海と月干雨が混じる)に漂うステンレス製の小舟か。
乗り込むには、心許ない。
なにしろ、体の82%が水分だ(怖)。
「鉄+司+卯月」は、存在感希薄も中味は激しいので、目立つには目立つが・・・。

95年(草亥=干合)に『HORIZON』デビュー、
翌96年(陽子)のラッキーカラー年で『情熱』が大ヒットしたのは記憶に新しい。
アルバム『11』は90万枚をセールスした。
彼女が順調だったのはそれまでで、
この年に俳優・村上淳(73年7月23日/鉄申)と結婚したことにより伸びは止まってしまった。
この年はUAにとって、降って湧いたようなラッキーカラー年。
鉄が変形したのだ(笑)。
村上にとってはダメージ年ながら何かと動きのある天冲殺年(生年冲殺)。
しかし、鉄同士(交通事故か!)なばかりか、
年下の子丑冲殺と結婚して、いったい何になるんだ(嘆)。

その後はデビュー曲ほどのヒットに恵まれず、
昨年(畑卯=玉)などは美空ひばりをカバーして失笑を買ったばかり。
本年は流れに乗って入れば、話題になる天冲殺。
条件は「大半会!」どんな話題を提供してくれるのかと思えば、バンド結成。
相手の浅井にとっては、天冲殺明け+改良改革年だから、なんでもアリだが、
趣味も方向性も噛み合わないUAとのジョイントはプラスにならず。
グランドイカ天キングも地に落ちたというべきか。
楽曲もバンドとは名ばかりで、ほとんどUAのソロで、従来の路線とは何も変わらず。
浅井がただバックをつとめる訳にはいかないので、
バンドという名だけを借りたまがい物か(爆)。
これでは感動も何もなく、売れる訳もない!
■エネルギー145点のうち、自身の金性は7点。
年支日支は同一の「子!」表も裏もないのだが、月支の卯と子は刑で、ケンカごし。
弱いのに虚勢をはる。夫と子供の自慢はいいから、もっと変人を売りにしてほしい!

読者メール→
「スワヒリ語で『花』『殺す』なんて、なかなかエグいネーミングだし、
見た目や、歌がスゴイわりに、私生活(夫・子供)がしっかりあるのもビックリ!」
それが、一人では生きていけない「司」主導。
本来「鉄子」は陰の人なのに、自分が働かなければならないのは、辛いかも。
「フリークに受け入れられる才能の点では、
それがさらに洗練されるのは時間待ちのようだから、
その間にブレーキをかけている夫から離れる方向にいくのが得策かな・・・!」
であるにしろ、能動的には出来ない人でしょう!

読者メール→
「音楽評論家が雑誌で、結婚する前の楽曲は、
精神的な不安定さみたいなのが滲み出てたけど、
結婚後の曲は安定感みたいなのが漂ってきて、ますますスケール大きくなってきましたと、
言ってたけれど、精神苦を伴って成長するはずの人が、
のほほんとやり始めちゃったから、停滞が始まったのですね。なるほど!」
DNA「司」主導の人が成長するには、常に不安を与えておくのです。
飽食なのが人の痛みを表現するような楽曲でも、寒いだけだね!

読者メール→
「前より声にパワーがないようです!」
もともとパワーないのだから、仕方ないですね!

読者メール→
「違和感ありあり。浅井の声と合わないし、音楽の方向性も違うのに、
なんでバンドなんか組んだんだろう??と疑問でした。
どっちにせよ、天冲殺だから長くはないってことですよね(苦)!」
一人じゃ売れないからでしょ。それも拒否できない天冲殺現象。
 
 
■2000年11月27日(畑丑)
川原亜矢子●挫折の繰り返しで下品になった
■月10『明日を抱きしめて』で、松本幸四郎(木辰)の
秘書役を演じる川原亜矢子(71年4月5日/鉄申)。
三田佳子(畑丑)の降板、小柳ルミ子(*山戌)の代役というトラブルもあって、
いまひとつ盛り上がらない。
けっこう重要な役を演じる川原にも問題がありそうだ。

川原は、DNA「司」主導で、ケチで地味。「司+禄」は、自制心に欠け、先見の明なし。
「司+龍」は、用心深い冒険者。「司+石」は、大器晩成、日常生活質素。
「司+鳳」は、個人主義で忍耐力あり。
10年運初旬「10歳雨巳」は、デリケートさが付加されたものの(鉄には不要)、特に条件なし。
「20歳木午」は、傍若無人の回転財で、金にしか目がない。

大阪府東大阪市出身。88年(山辰)に『MCシスター』の専属モデルを経て、
89年(畑巳)10月公開の映画『キッチン』の主役に抜擢され、芸能界に鮮烈デビュー。
翌90年(鉄午)、日本アカデミー賞、ブルーリボン賞、
毎日映画コンクールなど映画祭新人賞全7賞を総なめするも、
同年ZUCCAでパリコレクションデビュー、東京コレクションにも参加。
91年(宝未)、インターナショナルなモデルを目指し単身パリへ。
その後挫折を繰り返し、98年(山寅)の天冲殺明け+対冲で帰国。
99年(畑卯)、ドラマ『週末婚』(永作博美:灯卯主演)で本格復帰、
その後本年初頭『お見合い結婚』などにも露出。
モデル出身とは思えない、けっして上品とはいえない体当たりの演技を披露している(笑)。
雑誌『Domani』の表紙もつとめる。

川原はエネルギー224点とそこそこのパワーを所有するも、
宿命にラッキーカラーの火性ゼロでプライドなし。
「亥」年生まれ「鉄申」は、世の仲介者。
マニュアル的かつ器用さもなく、役者の器ではない。
また、たとえ「龍」があろうと、ダメージカラー「山」から生み出されるもので、
「鉄」にとっては、海外へゆくなどもってのほか。
案の定、形にはならなかった。
年支「亥」と日支「申」は、「害!」。
表裏ありで、付き合いづらい人間。
なのに、月支「辰」と日支「申」は「半会」で、主婦志向。
また、過去への思い断ち切りがたく、芸能界に舞い戻ってきたのだが、
『キッチン』の初々しさもなく、ガッカリ。
早く年下オトコでもみつけて結婚して、引退でもしてくれたほうが、良さそうだ!
■趣味=料理かあ。いくら「鳳」があっても、「司」と連結じゃ、
あんまり期待できそうもない、フツーの家庭料理かな!
鉄は勝負師だから、世界へはばたきたかったのは理解できるが、埋もれるだけ。
一度選んだフィールドでエンジン全開が正しい生き方。
どうせ、戻ってくるなら、ずっと日本にいたほうが正解だった。
その証拠に『キッチン』のイメージが見事に壊されて、
下品でどん欲な役しかこなくなって興ざめ。
TVやるなら、モデルは廃業が正解だろう!

読者メール→
「ミラノやパリなどのモードの最先端でトップモデルができたのは、
業界に名前の通っているフランス人カメラマンの力で
引っ張ってもらったお陰だったらしいけど・・・。
こちらも、恐らく、体当たりだったのでしょうね
(あくまで推測ですが、業界のお作法ということで(笑)!」
表裏あるのだから、できちゃいましたが、
宿命火性ゼロは、それがステータスと勘違いしたのでしょう!

読者メール→
「昔は少年ぽいというか中性的でしたよね。戻ってきたらアダルトでDomaniな女でびっくり!」
修行したからでしょう(笑)。
でも、ガツガツして品がなくなったのは、プライドかなぐり捨てた結果です!

読者メール→
「JRのカード(View Card)の宣伝ポスターで、彼女を見ますが、
色んな場所、国で使えるという意味合いから色んな背景でポーズしていますが、
浮世離れして、人を魅了する雰囲気が、
全く無く『なんで代理店はこの人押したんだろ?』と思ってました。
便利で楽しいクレジットカードなのに、全然楽しさがポスターから感じられないのです!」
ダメ人間がいるから、いい人を起用すれば、
光るので、この人は負の部分をになっているのでしょう(笑)。
 
 
■2000年11月28日(鉄寅)
LUNA SEA SUGIZOビビアン・スーと交際で破滅
■台湾出身のタレント、ビビアン・スー(75年3月19日/木子)と、
年末に解散するバンドLUNA SEAのギタリスト、
SUGIZO(69年7月8日/木申)の交際が明らかになった。
二人は仕事上の交流をきっかけに、今年(鉄辰)春頃から交際をスタート。
ビビアンの故郷台湾でのデート姿も目撃されているという。

ビビアンは、DNA「石」主導で、協調性和合性の塊。
ようするに、生き抜くためには何でもありのズル。
「石+石」は、集団のなかの変わり者ながら、周囲を気にする。
「石+玉」は、理屈っぽい。「石+司」は、日常生活質素。
10年運初旬「6歳鉄辰」は、年支・月支「害」で、病的なイメージつきまとう。
DNA「車」は、稼働力上昇するも、特別条件なし。
現在の「16歳宝巳」は、名誉・プライド。
「木+石+卯月」は、祖国に縁なし。おだてに弱い。
エネルギー147点は古いタイプのアイドル。
宿命にはラッキーカラーの火性(表現力)と金性(名誉・プライド・稼働力)ゼロ。
10年運初旬2旬で金性は補われたものの、ゆとりのなさはこのまま。
96年(陽子)97年(灯丑)のラッキーカラー年で認知されたが、
今はそれもなく必死に生き残りをかけている状態だ。

SUGIZOは、DNA「調」冲殺主導で、人付き合いヘタ。
「調+牽」は、経済感覚なし。内面気品も行動粗野。
「調+禄」は、ユニークな発想も組織になじめず。「調+司」は、負けず嫌い。
10年運初旬「1歳鉄午」は、初旬10年運天冲殺なので、成功運型。
「木+調+未月」は、放浪者。「酉」年生まれ「木申」は、可愛いのは自分だけ。

9月末に台湾で発売されたビビアンのアルバムに、
SUGIZOが曲を提供している仕事仲間だが、
午未冲殺の男性が6歳も年下の女性と交際しても、何ら旨味なし。
生日同士は「木!」。これは、林や森と判断できるので、問題はないが感動はなし。
最も危険なのが、ビビアンの月干支「畑卯」が、
SUGIZOの年干支「畑酉」を「納音」するので、
ビビアンと付き合うことで(共通干にはなるが)SUGIZOは、仕事の伸びを失うことになる。
さげ●●の石黒彩(木戌)と結婚した真矢(雨巳)に続き、
これではLUNA SEAが空中分解しても、やむなし!
■女性誌によれば出会いは、キムタク静香と同じ98年(山寅)の紅白(笑)。
南原清隆(山戌)を不倫略奪しそこなったビビアンが、
モーレツにSUGIZOに電話でアタック。
SUGIZOは、これが原因で昨年末(ビビアン、SUGIZOとも干合年)に、
7歳年上の前妻と離婚してしまったという。
4歳になる長女がいるというのにねえ。
午未の男性が、年上女性に尽くされ成功したのに、
若い女性にクラッときて破滅する典型的パターン。
これじゃ、LUNA SEAも空中分解する訳だね!

読者メール→
「ビビアンは、来年からは10年運キーワード「龍」の対冲で改良改革・放浪の破壊。
と読んでよろしいのでしょうか。となると祖国に帰るとも考えられますが、
祖国に縁なしとのことで、どこにも行き場がなくなってしまうのかな?」
もともと土性が極端に弱く、根をおろせない流木です。
また、戌亥冲殺は、精神の放浪ですから、
祖国では、相当際どい売られ方をした過去があるので、戻るに戻れません。
行き場をなくすのが正解ですが、10年運の効力は入ってすぐ表れるのではなく、
年運の「海午」「雨未」でしょう。
必死に生き残りをかけても、もう薄汚れた感は否めず、無理!

読者メール→
「いつになったら日本語を、上手くしゃべれるようになるのだろうか?」
喋れるのに、演技です。DNA石主導だし(笑)。

読者メール→
「火性・金性ゼロなら、企画物の番組自体が終了すれば、切り売りで生きていくのは、
土台、無理ッてもんです。それで祖国でも活躍が無理ならば、残るは手段は・・・。
本人の焦る気持ちは解りますがね!」
弱い人ほど、頼れる相手が欲しいのです。
147点のアイドルなのに、木+卯月は、精神的には春生まれで強いから、
この逆転現象が生まれるのです。
月干に畑があり、手を伸ばせば、異性は手に入れられるのですが、火性金性ゼロ。
さらに土性が弱く、木性だけ強いとなると、相手に負担がかかりすぎ。逃げられるのですよ!

読者メール→
「壊れるモノにはそれ相当な理由があるわけですね。
LUNA SEAしかり、勢いがなくなったから、ではなくて、
勢いをなくす行動をしてるからなんですね!」
他に何があるというのですか!
 
 
■2000年11月29日(宝卯)
三谷幸喜小林聡美により大脚本家へ成長
■いま最も注目されている脚本家の一人に
三谷幸喜(61年7月8日/海寅)をあげることに異論はないだろう。
恋愛ドラマ全盛の時代にあって、人物設定や面白さセリフは群を抜いている。
しかし、凝れば凝るほど一部には受けても、
お手軽な漫画原作物に視聴率をもっていかれ、当たりはずれが多い。
実際にヒットしたのは、『王様のレストラン』『古畑任三郎』くらいで、
『総理と呼ばないで』『今夜宇宙の片隅で』『合い言葉は勇気』など、ベタコケだ。

三谷は、DNA「司」主導で、堅実マジメで、ノロい。遅筆で有名だ(笑)。
「司+石」は、家庭大切。「司+玉」は、企画力あり。「司+調」は、負けず嫌い。
「司+車」は、マイペースでルールに縛られるのが苦手。
「丑」年生まれ、「海寅」は、孤立しやすい。
10年運「1歳木午」は、表現力が付加されるも、特別条件なし。
年支「丑」と「害」が成立し、仕事がスームーズに進まない人。
親が病気という意味もあり。

クラブやレストランを経営する裕福な家に生まれ、
田園調布育ちのボンボンだったが、10歳でこの父を亡くした。
続く「11歳雨巳」は、10年運天冲殺と協調性和合性の「害」で不登校児になる。
しかし、これだけマイナス運が続けば、稼働力の上がる3旬から復調するのは当然で、
「21歳海辰」(10年運天冲殺)の大学3年生の時に
劇団『東京サンシャインボーイズ』(95年草亥で解散)を結成し、
脚本家として名前が出始める。

現在「31歳宝卯」ともうすぐやってくる「41歳鉄寅」は、
バブリー夏生まれでも、ラッキーカラー10年運のため、大きく崩れない。
本年(鉄辰)は、ラッキーカラー条件なし天冲殺。
舞台『オケピ!』もそれなりの評価を受けた。
来年(宝巳)は、ラッキーカラー天冲殺+害。すなわち、ありがた迷惑。
自己のマイホーム建設を題材にした映画
(タイトル未定、主演がココリコ田中:宝巳で、ラッキーカラー害)が公開されるが、
DNAキーワード「玉」なので、身内の恥でもさらすのだろう(苦)。

夫人は『やっぱり猫が好き』の小林聡美(65年5月24日/山寅)。
エネルギー307点、宿命にラッキーカラーの水分(配偶者運)ゼロの化け物的存在感。
DNA「龍」主導で頭は良いが、「山+龍+巳月」は、陰湿で猜疑心旺盛。
夏生まれで人に好かれるが、年支と月支「巳」に対して、
日支「寅」は、ダブル「害」で究極の裏表人間。

共通点は、三谷の月干と小林の年干が「草!」。
三谷の年干と小林の月干が「宝!」。
DNAも家庭に関する考え方「車」でまずまずの相性。
小林の月干支「宝巳」は、三谷の年干支「宝丑」を「大半会」するので、
小林の存在が三谷の仕事の稼働力を果てしなく伸ばすので、極めて良好な間柄。
三谷の成功は、10年運だけでなく、小林あってのものなのだ。
この夫婦が来年は揃って「害!」。
いったい、何で躓くのか、おおいに注目だ!
■夫婦とはどこか似てくる物。運の上でも片一方の天冲殺が相手の害だったりする。
この夫婦は共に来年が「害!」。相性は良くても、時代は夏生まれに味方しない。
何かがありそうだ。
ただし、小林が仕事セーブして犬と三谷の世話に明け暮れているので、
やっぱり、渦中に投げ出されるのは三谷かも!
(以前仕事で独身時代の小林に会ったことがありますが、
彼のことについては、やっぱり秘密主義だった!)

読者メール→
「以前小林さんが『友達が家に遊びにこない家庭作りを目指してます』と書いてたけれど、
夫婦2人の絆を強くするためにも、必要以上に外野は受け入れないで、
2人でうまくいってる例ということなのでしょうか?」
ダメな夫婦の改良方法は、客を多く受け入れるということですよ!

読者メール→
「妻あっての夫の成功なんて羨ましいです!」
条件がない人でも、専業主婦となり、夫の目標を徹底的に応援したり、
自営業で共通の目標を掲げれば実行できないことはありません。
ようは理性があるかどうかなのです♪

読者メール→
「宿命害持ちに希望を与える、理想的組み合わせの夫婦。確か結婚した時期も、
害を断ち切る対冲(草亥)年でしたっけ? 珍しく時期も組み合わせばっちりですね!」
でも、来年は大変そうだね!

読者メール→
「ついこの間、目黒に住んでいる友達の家に遊びに行く途中、
もう住宅地に入った頃でしょうか、黒いラブラドールを連れた小林聡美を見ました。
その犬が毛並みが本当にきれいで、可愛いいのでじーと見ていたのですが、
彼女も肌がきれいで、若く美しく見えました。赤いフチのメガネでした。
先生の御本で三谷夫婦の結婚時期の解説を覚えていたので、
さぞお幸せでしょう〜と尋ねたくなりました!」
ほっておいてあげましょう!
 
 
■2000年11月30日(海辰)
原田泰造●旬を迎える闘うボケ役
■火9『編集王』で、連ドラ初主演という大役に挑む
ネプチューンの原田泰造(70年3月23日/海寅※)。
もともとドラマ志向が強かったようだが、
天冲殺年+ラッキーカラー月(陽戌・灯亥)で、
見事「闘うボケ役」という主人公を熱演している。

原田は、DNA「調」主導で、偏り人間。他人と同じでは気がすまない。
「調+車」は、落ち着きなし。
常に何かに攻撃精神を発揮していないと、エネルギーを消化できない。
ボクサーだって、OKだ。
「調+龍」は、不平不満の塊を向上心に変える。
「調+牽」は、内面気品も行動粗野。新しい世界をつくる人。
「調+鳳」は、私生活ではダラしがなく、なあなあ。

10年運「4歳鉄辰」は、初旬10年運天冲殺および、
年干支「鉄戌」を「納音」するので、ダブル成功条件。
2旬「14歳宝巳」は、「10年運天冲殺+害」で、
親との確執や学校とトラブルをおこして落ちこぼれるほど、
3旬「24歳海午」の「大半会+三合会局」で、
独立心芽ばえ大きく津波のように、認知される。

エネルギー186点という男性としては波にのりやすい軽さも手伝い、
この時期スタートのドラマで初主演ゲットは、当然ともいえるもの。
「戌」年生まれ「海寅」は、もともと孤立しやすく、
これがキッカケで何本もレギュラーを抱えるグループにおける
活動を維持できなくなる状況になるのが、来年(宝巳)の「害」だろう。
実は妻子がいる(95年草亥に結婚)というのも、この人の魅力を支えている要因。
「海+調+卯月」は、春の海でも穏やかな暖かみがあり、悪意がない家族思いの人。
感性鋭く、直感人間なのだ。仕事が忙しくなればなるほど、
その家族との交流がなかなか出来なくなるのも、生日冲殺なので消化中。
いま、もっとも旬なお笑い(と言っては失礼だが)は、彼だろう!
■バラ売りが加速するネプ。
原田は元来役者志向なので、忙しくても若さで乗り切っているのだが、
この調子だと「害」は、ぶったおれるのか、昔の・・・か。

読者メール→
「お酒は下戸らしいですが、DNAでアルコールが飲めるか飲めないかって判るのでしょうか?」
酒は火性でラッキーカラーなのですが、水の人は相剋になるので苦手な人もいるようです。
また、14歳宝巳の10年運害で、嫌な経験があったのかも知れませんね!
「流石!、タイムリーなことに、『おネプ!』の「ネプ投げ」が教育上、
好ましくないとの事で、打ち切りになることがニュースにでていましたが、
世論としては、さほど問題になっていたとは思えず、
あまり影響は無いと見てよいでしょうか?」
天冲殺現象で注目されたのでしょうが、かえってネタを新しくヒネりだせれば、吉です!

読者メール→
「妻子がいることが原動力になってるみたいですが、
売れてなかった時期の結婚、次元があがってないときの出会いって、
よくないんじゃなかったのですか?」
人間性の問題でもありますが、そんなことより、
結婚が95年1月(木戌年)なので、10年運害での出会いの方が問題ですよ!

読者メール→
「集合時間に遅れることが多いとか。調+鳳はなあなあで私生活だらしない!
っていうBEそのまんまですね(笑)!」
と言うか、家庭大切なんでしょう!
 
00年01月分 00年02月分 00年03月分 00年04月分 00年05月分 00年06月分
00年07月分 00年08月分 00年09月分 00年10月分 00年12月分
コラム総合目次//茶房会館(1 9 9 6 年〜)
さ く い ん
このページを美しくみる方法はこちら
プラウザのバックを使ってお戻りください●
BE●鳳積堂 Copyright(c)1994→2012 birthday-energy.inc.
BE●運命向上委員会BE●鳳積堂 きたでら
BE●運命向上委員会BE●運命向上委員会
BE●苺1BE●苺2