BE●BE●よけいなお世話
BE●苺1BE●苺2
熱意と心のDNAで運命を科学する 運命評論家●鳳積堂 BE
※「よけいなお世話」は著名人を誉めたり貶したりしながら、自分を磨く頁です☆
2 0 0 1 年(宝巳)●03月分// よけいなお世話
 
03月分一覧(2001年目次)
萩原聖人和久井映見ダブル害結婚の悲哀(2001_0301)
東野幸治●人身事故を起こし脳内出血で入院(2001_0302)
内田恭子●改編の目玉になるか(2001_0303)
香取慎吾●ズルい本性あらわにする(2001_0304)
内山理名●作られたアイドルと言う野人(2001_0305)
宇多田ヒカル岡田准一に金ならあるよと言い寄る(2001_0307)
鬼束ちひろ●不眠症は納得の害まみれ(2001_0308)
柏原崇●金9ビッグ・ウイング渋く発散(2001_0309)
今井絵理子●一人生き残ったかな(2001_0310)
CHEMISTRY●どこまで売れるかな(2001_0311)
八嶋智人小日向文世月9HERO配役の妙(2001_0312)
津田寛治●缶コーヒーCMで爆発(2001_0314)
陣内孝則●木10カバチタレを支える(2001_0315)
木梨憲武●生ダラ終了の元凶(2001_0316)
0930 おくさま●さすがに、なにさまっ(2001_0317)
飯島直子前田亘輝どっちも情けない離婚(2001_0318)
木村祐一●ダウンタウンの黒幕(2001_0319)
片瀬那奈●きれいなおねえさんCMは大丈夫(2001_0320)
須藤理彩●水9ロケットボーイ主役を喰ったかな(2001_0321)
常盤貴子●木10カバチタレ助けられているばかり(2001_0322)
ピチカート・ファイブ小西康陽●変節という商売(2001_0323)
堂本剛山口紗弥加絶対阻止したい無意味交際(2001_0324)
原さくら●階段から転落し重傷(2001_0325)
岡村隆史●鉢が立派なら植木の見栄良好という例え(2001_0326)
コージー冨田タモリを踏み台に生き抜く(2001_0327)
神田うの●誕生会で重傷というお知らせ現象(2001_0328)
白島靖代●ヤクルト土橋勝征の入籍(2001_0329)
水野美紀伊藤英明下品で実りのない交際(2001_0331)
 
■2001年03月01日(雨亥)
萩原聖人和久井映見ダブル害結婚の悲哀
■『週刊ポスト』に「私は美人女優Wの自宅ベッドで夫Hに抱かれた」
という記事が掲載され、スポーツ紙がこのWを
和久井映見(※70年12月7日/宝酉)、
Hを
萩原聖人(71年8月21日/山寅)であると特定し、追いかけまわしたが、
所属事務所では、「事実とは異なり、二人への嫌がらせとしか思えない」とコメントしている。
大出版社がこの手の記事を載せる場合は、実名が通常である。
にもかかわらず、イニシャルにした背景は、
信憑性が薄いものや意図的に流されるものでしかない。

萩原は、DNA「禄」冲殺主導で、愛情に飢えている人。
「禄+禄」は、不器用な引力本能。
「禄+龍」は、視野のせまい愛情表現。お人好し。
「禄+調」は、反骨心あふれるユニークな発想。
10年運初旬「4歳草未」は、プライドが付加されるも特別条件なし。
「亥」年生まれ「山寅」は働き者なのと、
乗せれば恐い生月冲殺のため、それなりの活躍をする。
生日冲殺ばかりか、現在「24歳雨巳」は異性の裏切りにあい、家庭生活に波乱がつきもの。
こんな時期に結婚したのだから、相性以前に波瀾万丈になるのは、当然のこと。
また、本年(宝巳)は、目下女性の裏切り(害)。
事実か否かは別にして、このような低俗な記事で標的にされてしまう。

和久井は、DNA「鳳」冲殺主導で、人嫌い。
冷静かつバランス感覚をとろうとすると、心労が重なる。
「鳳+貫」は、表面温厚中頑固。
「鳳+石」は、常識人。
「鳳+玉」は、自分を棚上げにして他人を批判する傾向。
10年運初旬「1歳灯亥」は、闘争本能を付加されるが、特別条件なし。
「11歳陽戌」(干合支害)で辛い思いをしたのと、
乗せれば恐い生月冲殺のため、それなりに成功する。
和久井の宿命の特長は、木性ゼロで、優しさや財がなし。
どちらか一方に偏る傾向。
それが、前旬の条件と「21歳草酉」(私生活が、酉酉の刑でトラブル発生)で、
存在しない愛情や金銭物質運が急激に上昇したもの。

二人の出逢いは、93年(雨酉、萩原の干合天冲殺に、和久井のラッキーカラー年)の
フジTV系『夏子の酒』の共演。
共通干(宝と山)もあり似合いではあるし、年下が良い和久井なので、
それなりの相性(萩原が和久井のラッキーカラー)だが、
すべての誤算は萩原の「10年運害」。

本年は、和久井の「大半会」で、萩原の「害」もあり、何か大きな節目となる年。
乗りきるには、理性以外なにもないが、才能も華もある二人。
このまま終わってほしくはないが、道のりはけわしい!
■読者メール→
「暴行疑惑や異性問題など、『人生、波瀾万丈!』に
出てくるヒト昔前の芸人さんみたい・・・」。
その見地では魅力的ですね!
「生月冲殺と生月冲殺のペアは、良い組み合わせになるのでしょうか?」
ノリさえよければ、OKです! 一般的に明るい生月と暗い生月がありますが、
明るい同士なら最高ですよ。
「華の有無が、表現力、引力本能の他に見えるところを教えてください」。
宿命を完全燃焼に近い形で発揮すること。いわゆるオーラです。

読者メール→
「子供の存在はふたりにとってどのようなものなのでしょうか?」
理性にかえる時です!

読者メール→
「結婚適齢期が、10年運害にかかっている人はその時期の結婚を避ける以外に、
幸せな結婚生活を送る道はないのでしょうか?」
ありません。極端な話し、完璧な相手を第三者に世話になり、理性をもって生き抜くしかなし!

読者メール→
「おそるべし自然界の時期の法則。知っているのに無視するなど自殺行為同然ですね」。
知らない方や知りたくない人が多すぎます。
だからこそ、世間のバランスがとれてゆくのです。
 
 
■2001年03月02日(木子)
東野幸治●人身事故を起こし脳内出血で入院
■目黒区内で2月26日午前3時半(畑未)に、
乗用車を運転中に人身事故をおこした
東野幸治(67年8月8日/木辰)。
相手はノーヘルメットの2人乗り原動機付き自転車で、
一人は内臓破裂にくも膜下出血もみられ意識不明。
東野も脳内出血で都内病院に入院中という。

東野は、DNA「禄」主導で、自己愛の象徴。愛情奉仕は手段にしかすぎない。
「禄+調」は、ユニークな発想と実践家。
「禄+禄」は、頑固で世渡りヘタ。
「禄+石」は、他力本願。「未」年生まれ「木辰」は、孤立しやすい。
「木+禄+申月」は、適職をもつまで時間がかかり、異性に裏切られやすい。

10年運初旬「1歳灯未」は、年干支と「律音」のため成功条件。
この初旬と2旬「11歳陽午」が、ラッキーカラー10年運。
「21歳草巳」は、ズル賢くふるまい、現在の「31歳木辰」は、自己発揮だ。
「木辰」は、元来不器用ながら、内側に強い闘争心を秘めている。
でしゃばり・目立ちたがりのわりには、ふだんはおとなしいが、
クルマに乗ると人が変わりやすいタイプ。

警察では、どちらかが信号を無視した可能性が強いとして、
目撃者をさがしているようだが、天冲殺月+月支対冲月ばかりか、
2月は鉄寅で、キーワード「車」は、考えもなくとにかくSPEEDだして行動。
当日も干合日となると、ついその気になって、信号を無視した可能性も捨てきれない。
レギュラー番組を10本もかかえる多忙な身だが、
今年(宝巳)の「木」は、名誉。慢心から消えてしまうのでは、惜しい!
■読者メール→
「随分汚れ役をやって社会的にヒンシュクもかってきたけど、
HPのファンサイトで沢山の人が心配しているのを見ると、
味方もおおいというのも納得しました」。
それが、禄主導です。
しかし、芸能人なら、ベンツだポルシェだっていうのは、分不相応かも。

読者メール→
「害や対冲年・月でもないのに、人身事故を起こしてしまうこともあるんですね?」
生き方が悪ければ当然ですが、天冲殺月ですよ!

読者メール→
「これも何かのお知らせでしょうか?」
この事故に関するお知らせがあったのでしょうが、それは報道されていません。
芸能人は大衆に夢を与える職業ですから、
もしも不注意で、人身事故をおこしてしまえば、そこで終わりです。
夜中に何してるんだか・・・。
 
 
■2001年03月03日(草丑)
内田恭子●改編の目玉になるか
■25年続き、最後は3人の退職者(大橋マキ・宇田麻衣子・荒瀬詩織)までだした
CX『プロ野球ニュース』(3月末終了)の後番組が、『感動ファクトリーすぽると!』で、
野球に限らず総合的なスポーツ番組になるという。
キャスターは月〜金が、今や押しも押されもせぬ
CXの顔・
三宅正治(62年11月15日/灯巳)アナと、
入社2年目期待の星・
内田恭子(76年6月9日/海辰)アナ。

内田は、DNA「牽」冲殺主導で、その気位の高さから、
ちょこちょこプライドを汚される事件がつきもの。
「牽+調」は、内面気品も行動粗野。
「牽+禄」は、社会常識はそれなりだが、行動力決断力ゼロ。
「牽+鳳」は、温厚誠実も理論に流されやすく、お天気屋。
「辰」年生まれ「海辰」は、表裏ない性癖だが自己愛の象徴で、
「調」が際だてばグチ多い。
ただし、少女のような感性は、オヤジキラーでもあり、
ダメなオトコどもを翻弄するには適任。

10年運初旬「1歳雨巳」は、ズルさを身につけるも、特別条件なし。
時代整合性ない夏生まれだが、乗せれば恐い生月冲殺のため、
流れに入れば大ブレイクは必至。
内田の宿命の最大特長は、宿命の金性ゼロ。
DNA龍・玉ゼロで、頭は良くないが、つめこめば無尽蔵に入る学力。
親縁なしのため、親の転勤でドイツのデュセルドルフで生まれ2歳で帰国。
小5〜高1まで米国生活を経験した、バリバリの帰国子女。
現在「21歳宝卯」は、ラッキーカラー+害で、ありがた迷惑状態。
本人の気持ちとは別に所属組織の意向に流される。
むろん、結果も最大級とはいかない。

パートナーの三宅アナは、「寅」年「巳」日生まれの、表裏人間。
干合するとはいっても、ダメージカラーで頼りにならず。
エネルギー265点と、それなりの迫力をもつ内田だが、
突きぬけるほどのオーラは感じられない。
もっと、適任はいそうなものだが、「海+牽+午月」は、
それなりに機敏でスポーツに向く。
1〜2年の使い切りのつもりなら、悪くないかも!
■読者メール→
「DNA龍無しが長期間の海外生活で歪んでこなかったのは、
海辰の頭の回転の良さを持つことや、午未天冲殺が親の転勤に伴ったからでしょうか?」
子供とは親の運に左右されるものです。
このとき、午未は子丑などと比べて、乗りやすいのです!
「海辰の頭の回転の良さと、DNA龍ゼロの頭は良くないという2面性は、
生月が加われば、乗せられてやるときは、
頭の良さもそれなりになると解釈すればよいのでしょうか?」
ゼロ=無限大ですからね。

読者メール→
「10年運害でも、組織に属して与えられた仕事を着実にこなしていれば、
たとえ、その評価が最大級にならなくても、その後の仕事が落ち込む事はないのですか?」
確実にヤメたくなります!
「パートナーの三宅アナとは干合ですが、頼りにならなくても、
仕事はやりやすい関係なのですか?」
共通干がありますからね!
 
 
■2001年03月04日(陽寅)
香取慎吾●ズルい本性あらわにする
■2月26日(鉄申)夜、香取慎吾(77年1月31日/山子)が、
7年越しの交際を育む2歳年上の女性と、成田空港からハワイへ向けて旅立つ姿を撮られた。
その姿は、話題になった「慎吾ママ」とは裏腹で、
子供達の夢を破るものと、写真誌におちょくられている。

香取は、DNA「石」主導で、協調性和合性あり。ようするに、ズルい(笑)。
「石+貫」は、集団のなかの変わり者。ときには独裁者にもなる。
「石+龍」は、言い訳無用の実行力。
「石+調」は、自尊心強くもプライドなし。
「石+司」は、家庭大切、日常生活質素。
「山+石+丑月」は、他人のいいとこどり。
なるほど、「おっはー」もテレ東「おはすた」からのいただきだ(笑)。

10年運「1歳海寅」は、引力本能を付加させるものの、特別条件なし。
SMAPにもぐり込めたからこその人だろう。
現在「21歳木辰」で、精力的に動きまわっている状態だ。
もともと「山子」は、若いうちから大人と対等に過ごすことで、運気を強いものとする。
目上から受け継いだものを、それなりに加工して、商売につなげる性癖。
礼儀知らずの迫力ある人。

香取の宿命の特長は、年干「陽」と月干「宝」が干合してできた月干「雨」が、
日干「山」と干合すれば、月干「灯」・日干「陽」に変化する。
これに、もともとの年干「陽」を加えると天干一気が完成して、集中力が生まれる。

ところで、「辰」年生まれ「山子」は、「異性の気持ち理解不能」。
いまどき結婚もせず7年も交際しているなんて信じがたいことだが、
相手の一方的献身があってのもの。
今年(宝巳)は、年干「陽」のラッキーカラーが、干合で消滅する時期。
これまでどおり調子よくやっていけるか疑問。
来年(海午)は、ダメージ天剋地冲+条件なし天冲殺なのだから!
■読者メール→
「テレ東もなめられたもんですね。
なにかアクションを起こしても面白かったかもしれませんが、
余計話題をあおることになるだけですものね。けっこう裏取引があったりして・・・」。
冬山なので、本質暗いのですから、裏で何が行われたかは想像するだけです(笑)。

読者メール→
「子供を惹きつける素質が、見てとれる宿命はあるのでしょうか?」
午未の方は、もともと子供の目線で物事を考えることができ、
極端に子供好きか嫌いかにわかれます。
また、単純に月干(子供の場)と干合すると、子供をひきつける魅力となります。
香取は月干に子供を意味する宝があり、
それが年干と干合して、雨になれば、日干と干合するわけですから、
条件を強固にしています!
「SMAPに参加した頃はまだ小学生だったし、山子を発揮していますね・・・」。
異常干支の変人らしさは、早く発揮したもの勝ちです(笑)。
「調子が出てきて、山子がどんどん太ってきたのは納得ですが、
改良改革がキーワードだから、そろそろ新ネタがでてこないと行き詰まりそう?」
来年さ来年はダメージカラー天冲殺で、コキ使われる予定ですから、
最後のご奉公ですよ(笑)。

読者メール→
「午未の香取が、天干一気になってる場合、
つきあってる年上の女性にはどういう現象が起きるのでしょうか?」
7年も交際して結婚できないという事実で充分でしょう!

読者メール→
「干合でラッキーカラーが消滅する場合に、自然な助けが期待出来ないのですか?」
仕事が過酷になり、努力が必要です!

読者メール→
「ラッキーカラーが干合で消滅、仕事、私生活のどちらに影響大ですか?」
毎年の動きは、10年運と年運の相関関係をみます。
10年運木ですから、車。
年運は宝ですから、調。調と車では、調が残ります。
調は個人世界の傾向が強くなるので、私的生活が影響を受けやすいのです!

読者メール→
「来年のダメージ天剋地冲+条件なし天冲殺に備えて、
本年彼が最優先でやるべきことはなんでしょうか?
恋人とハワイにいってる場合じゃないとは思いますが・・・」。
来年は私生活どころじゃないから、仕方ないでしょう。
去年働いたので、そのご褒美みたいな休暇だったと思います。
 
 
■2001年03月05日(灯卯)
内山理名●作られたアイドルと言う野人
■金10『ストロベリー・オン・ザ・ショートケーキ』で、
滝沢秀明(宝亥)演じる主人公の幼なじみを演じる
内山理名(81年11月7日/畑丑)。
今日5日より新製品としては初めての『旨茶』(アサヒ飲料)CMに登場する。

内山は、DNA「牽」主導で、品性あふれ自己愛の象徴。ストレート攻撃に強く策略に弱い。
「牽+鳳」は、温厚な誠実さ形成も、理論に流されやすくお天気屋。
「牽+貫」は、主義主張なしで、打算的。
「牽+禄」は、特別教育なくも常識あり。行動力決断力なくSPEEDノロい。

10年運初旬「10歳鉄子」は、少女性を付加するも、特別条件なし。
「亥」月丑日生まれのため、
(子がプラスされ)冬の12支3点セットがそろい「方三位」が完成し、
冷静なイメージが加わる。

宿命の最大特長は、火性ゼロで暖かみなし。親縁なし。
午未冲殺なのに、目上縁ゼロ(ただし、無限大にありとも解釈可能)。
「酉」年生まれ「畑丑」は、仲介者。
『S.O.S.』の役柄は、ほぼ地だ(笑)。
ドラマでは、深田恭子(畑丑)の大根ぶりばかりが目につき、
得をしているとはいえ、宿命からは、大きくはばたくイメージはなく、
エネルギー197点であることからも、つくられたアイドル。

「畑+牽+亥月」生まれは、精神的には機敏だが、若年の活躍長続きせず。
本年(宝巳)は、月支対冲で立場が大きく変わる時。
周囲の期待をヨソに、「20歳宝丑」の影響もあり、意欲はイマイチ。
若さだけで、どこまで頑張れるか疑問だが、
大人の思惑に影響されすぎて、ちょっぴり可哀想だ!
■読者メール→
「行動力なくSPEEDノロいヒトが、理想的なキーワード鳳的に、
意欲のない1年を送るだけでも、どんどん世間から遅れていきそう・・・」。
ま、それでも本人はいいんじゃないですか。
「方三位で加わるイメージとは?」その季節の代表的な気が強まります。
冬なら、ひっそりとしたイメージが、さらに倍加されるのです。
善し悪しではなく、現象としては水平的な出来事が多くなります!
「この顔も典型的「畑」ガオですよね・・・」。
畑の人は畑らしく平べったくないと、良さが活かされません。
平べったくない畑は、DNAによるものですが、上質とはいえません!
「DNAを見ると、好みのヒトにナンパされたらホイホイついていきそうなくらい、
流されやすいヒトなのですね」。
火性ゼロだから、情で判断しますからね。
でも、それが彼女らしいんですよ♪

読者メール→
「午未冲殺なのに、目上縁ゼロの人は、どうしたらいいんでしょうか?」
それでも、目上を頼るのです。
内山の場合は、ゼロですから、目上が尽くしても尽くしても、尽くしたりない感じです。
ズブズブです(笑)。

読者メール→
「内山、深田ともに畑丑。しかも野島とは害なんですねえ。
害相手とはいえエネルギー点数が勝ってる相手に、引き寄せられるということですか?」
ラッキーカラーだからですよ(笑)。

読者メール→
「歳をとるごとに人気もなくなってきそうですが、畑だから顔があまり変わらないから、
長持ちしますかね?」
そういう問題じゃありません! 後天運の稼働条件まるでなしの人は、
全運命を事務所にあずけて、それこそ、乾いた雑巾を絞られるような状態です。
なので、拒否した段階で消えますが、あとは抜け殻なので、彼女が可哀想な気がしますね!

読者メール→
「親縁なしと目上縁ゼロは別ものですよね?」
目上縁ナシは、子丑冲殺です。
親縁というものは、自己を生ずる干の存在を見ます。
内山の場合は、畑を生ずる陽または灯が母親の成分となりますが、
火性ゼロのため、親縁なしまたは親縁薄いと判断するのです。
同時に、このDNA龍・玉は、目上一般と判断することも可能です。
学習機能とは、もともとは自分でなんとかするのではなく、
親や目上に教えられるものです。
ソレがない方は、午未でも目上と付き合うのがヘタでしょうね!
 
 
■2001年03月07日(畑巳)
宇多田ヒカル岡田准一に金ならあるよと言い寄る
■3月1日放送の木8『うたばん』で、宇多田ヒカル(83年1月19日/灯未)に、
一方的に告白されてしまった(笑)、V6の
岡田准一(80年11月18日/草未)。
番組企画とはいえ、戸惑う岡田に好感をもった人も多いだろう。

岡田は、DNA「石」主導で、優柔不断。最初は好き嫌いなく、人に差をつけず誤解される。
「石+玉」は、意外と理屈っぽい。
「石+貫」は、周囲にとけこまずマイペース。
「石+鳳」は、常識人。
「石+牽」は、懐疑的で事なかれ主義。

10年運初旬「6歳山子」は、DNA「司」で、マジメな雰囲気を付加させるが、
特別条件なしばかりか、「害」なので家庭にはあまり恵まれず、結婚しづらい側面を持つ。
現在の「16歳畑丑」は、引力本能(DNA禄)が強化され、
生地を離れ(辰巳冲殺のため)ジャニーズ事務所のような組織に入り、
流れに乗っていれば、それなりに活躍できる時期。

宿命の特長は、年支「申」と月支「亥」の「害」で、
パッと見はヘンで、でだしがおかしい。
ただし、月支「亥」と日支「未」が「半会」となり、それなりの結果をだしてしまう。
ボケとツッコミが自分でできてしまうので、注目には値する。

宇多田に言いよられたのは、典型的な天冲殺現象だが、
二人はラッキーカラー同士なばかりか、
共通点(岡田の月干支・灯亥と宇多田の日干支・灯未の大半会と、
私生活のDNA:左端3番目が岡田貫で宇多田鳳の相生関係。鳳と牽の共通あり)多く、
一時的にでも交際してくれれば、
やや落ち目の宇多田には、願ってもない話題づくりになる。
先行き不透明な岡田も、「お金ならあるよ〜」の
宇多田の誘い言葉に乗るのは悪いことではないので(爆)、
いいからデートくらい楽しんでほしいものである!
■読者メール→
「ラッキーカラーで共通点が多くても、出会う時期が悪いと、
絶対にうまくいかないのでしょうか?」
天冲殺中は、とても上手くいきますよ♪

読者メール→
「デートくらい楽しめる程度の相性とは、どんなものですか?」
若いのですから、恋愛で感性を磨いてほしいということで、
渡りに船に乗らないのは×です(笑)。

読者メール→
「岡田のほうが年下に見えるけど、逆なんですね」。
女性のほうが早く大人になりますし、ヒッキーは、早熟ですよ♪

読者メール→
「一時的交際なんて言わずに、どうせなら結婚! なんてどうでしょう」。
母親の因縁を引き継ぎ、離婚しますよね(笑)。

読者メール→
「本人はマジだったのでしょうか・・・?」
そう思いますよ♪
「害持ちのパッと見がヘンというのは、見た目の印象として顔がヘンなのでしょうか、
それともセンスや発するオーラが変なのでしょうか?」
害は現実領域ですから、行動や仕草がヘンです!
「お互いに大半会を持ち合ったり、共通干支がある場合に、
一方がもう一方に言い寄る現象は、
今回の場合、草が灯をトモス材料になったり、相生関係があるということですよね。
言い寄られた方が、それを受け得ると予想できる宿命関係はありますか?」
10干と各12支の相関関係で判断します!

読者メール→
「岡田クンが天冲殺でなければ、ほぼパーフェクトの相性でしょうか?
こんないい相性の相手をご指名できてしまう宇多田って
追い風吹き始めているのでしょうか?」
調子乗ってるだけですよ。
というか、不安定ながらポジション築いてしまったんで、
あんまり仕事する気ないんですヨ!

読者メール→
「てっきり結婚してくださいとでも言うのかと思ってた・・・。
しかし宇多田はもっとダメな相手を選びそうだけど、なかなか見る目あるな〜!
岡田の月干支を宇多田の日干支が大半会というのは、
岡田にとってどんな影響になりますか?」
あなたが感じるそのままです。つまり、岡田の評価が、あがるのです♪
 
 
■2001年03月08日(鉄午)
鬼束ちひろ●不眠症は納得の害まみれ
■先月リリースしたCDシングル『眩暈(めまい)』が、
3月5日付オリコンで10位(最高6位、登場回数3回)。
7日発売の初アルバム『インソムニア』が、ディリーチャートで1位を記録した、
鬼束ちひろ(※80年10月29日/草亥)は、DNA「司」主導で、堅実で純粋。
一人で生きてゆくのは、申しわけないと思う。
マジメなので、一見発声練習のような歌いぶりもなっとくできるものだ。
「司+牽」は、感動より現実直視の評論家タイプ。
「司+調」は、競争意識強い。
「司+玉」は、生活のために、知恵を使う人。

10年運初旬「7歳草酉」は、独立心旺盛。
初旬10年運冲殺なので、日座冲殺「草亥」でもあり、生地を離れれば、成功条件。
現在は「17歳木申」で、同様に10年運天冲殺中で、
和合性を発揮しても、結果が期待しづらい時期。

昨年(鉄辰)は、年干支の「大半会」に、
日干「草」の干合変化と月干支(陽戌)の「天剋地冲」で、
立場の変化が顕著になり世にでられたもの。
今年(宝巳)は、日干支「天剋地冲」で、過去の生きざまが問われる時。

鬼束の宿命の最大特長は、異性にかかわると相手の運を極度にさげる
寄生植物のような魔物「草亥」(さげ●●)の生まれであるほかに、
生年冲殺の年支「申」と日支「亥」が「害」の関係となり、表裏あり。
仕事で上昇すればするほど、私生活は虚となり、全く異質な世界にひたっていく。
なんとも、恐ろしい宿命で、虜になった人の精神状態は厭世的になるため、かなり危険!
■読者メール→
「草亥だったんですね。絶対に出せない声のトーンとか、あの歌い方って・・・」。
ヘンでしょ!

読者メール→
「あの目で見られると、吸い込まれそうで怖いので、
ちょっと月光のジャケットは苦手でした」。
女性でもそれなら、男性は息の根止められるよ!
「とても大人びて見えますが、これはDNA成分はどう関係してくるのでしょうか」。
草亥と司ですよ。怖さを真面目さで隠してます!

読者メール→
「インタビュー記事を読んでみると、何かこう、
精神世界の向こう側のヒトって印象を持ちました。
だんだん売れてくると、自分を保てるのかちょっと心配になります」
。表裏ありますからね。この感じが、ちょうど良いのでしょう(笑)。
「草亥以外に、この辺りの精神構造を解明する宿命は読めますか?」
異常干支に調とそれを剋するDNAがくっつけば、簡単ですよ。
ただし、木戌・草亥は異常の代表ですからね!
「世間に疎そうで、世渡りは上手なわけですよね?」
だから恐いのですよ!
「草亥と害の存在で、月干陽の暖かさが感じられないのですが・・・」。
自己で目一杯とりこんでいるからでしょう!
「20歳で過去の生きざまが問われるのは、普通の子供じゃあ、差はでてきませんよね」。
草亥と木戌は、生まれたときから、子供ではないのですよ!

読者メール→
「歌っている姿は、食べられちゃいそうだと思っていました。
宿命に申・戌をもっていて酉の支を加えれば秋の方三位の完成。
日支が酉の相手だと関係が濃くなりそうですが、
年支に酉をもっている場合も彼女に対して金性を強める結果になるのでしょうか?」
表向きです。
「年・月・日すべてがひとつの季節でまとまっている人は
物事や性格もまとまりがあるととらえて、さしつかえないのでしょうか?」
そうですが、善し悪しとは別です!

読者メール→
「今年、月干干合でラッキーカラーの陽がダメージカラーの海に変わるし、
日干支の天剋地冲と合わせて考えてもあまり良い結果が出ないように思えます。
長続きするのでしょうか?」
女性はSPEEDですから、多少はともかく持続しないのが常です。
この仕事を持続させようとすると、年支と日支の害も効いて、
崩壊へ向かうエネルギーが強まるのです!
 
 
■2001年03月09日(宝未)
柏原崇●金9ビッグ・ウイング渋く発散
■金9『ビッグ・ウイング』で、内田有紀(陽寅)演じる主人公に
振りまわされてばかりの上司を演じる
柏原崇(77年3月16日/海申)。
年齢的には内田より2歳も年下なのにもかかわらず、健闘している。

柏原は、DNA「調」主導で、偏り大きい。偏ってないと不安な、気づかいの人。
「調+龍」は、向上心強い。
「調+車」は、行動の葛藤。常に何かに攻撃精神発揮していないと、エネルギー消化できず。
「調+司」は、競争意識旺盛。
「調+石」は、自尊心強くも名誉に無縁。いずれ貴重な脇役になるかも。
「海+調+卯月」は、悪意のない人。

10年運初旬「3歳海寅」は、日干支「海申」を「納音」するので、成功運型。
現在の10年運は「23歳鉄子」で、キーワード改良改革の半会(結果をだす)。
同時に「23歳鉄子」「33歳畑亥」「43歳山戌」は変剋律10年運で、
精神的苦痛があればあるほど才能が磨かれる時。
エネルギー194点は、動乱期の男性としては流れに乗りやすく、合格点。
今年(宝巳)は、キーワード母性・伝統の刑+支合。
渋い魅力に品性が付加され、春の海(朝の海でもある)の美しさを強調してくれるかな!
■読者メール→
「93年にジュノン・スーパーボーイコンテストで、グランプリを受賞し、
これをきっかけにデビューしていますが、
このときはバースディ・エナジー的には何が効いているのでしょうか?」
前年の92年(海申)が律音で、人生の折り返し地点でした。
何か覚悟をしたのでしょう。93年(雨酉)は、月干支納音で気持ちがふっきれましたね。
「上司が似合うあの落ち着き(実年齢より老けて見える・・・)は、
持っている宿命から見るとどの部分に表れていますか?」
調+石は補佐役。これに、卯月の海が、荒れ狂う冬の海と異なり、
静止状態をたたえているからです!

読者メール→
「このところ弟はどうしているのでしょう?」
柏原収史は、生月冲殺で、月と日に害があります。こういう方は、なかなか残れませんよ。
しかも、子丑だし・・・。

読者メール→
「刑+支合というのは申〜巳だけですね。
これは争ってまとまるというように解釈するのでしょうか?」
宿命中にある場合は、争わねば形にできないというものです!

読者メール→
「変剋律10年運で、精神的苦痛があればあるほど才能が磨かれる時というのは、
私生活の犠牲を意味するのでしょうか?」
苦痛は公的世界でも私的世界でも変わりません。
全て10年運で判断してください。
貫・石・車・牽は、公的。
鳳・調・龍・玉は、私的。
禄・司は、さらに年運で判定してください!
 
 
■2001年03月10日(海申)
今井絵理子●一人生き残ったかな
■3月7日(畑巳)に本人も出演している「バヤリース」のCM曲としておなじみの、
ロック・ナンバー『identity』をリリースした、
今井絵理子(83年9月22日/雨丑)。
年運天冲殺中には、交際中のボーイフレンドとの仲をすっぱぬかれたり散々だったが、
SPEED解散後は落ち目の3人
(天冲殺デビューで自滅した島袋:宝未、
干合支害で息の根とめられた新垣:草卯、
天冲殺+害でどこかに消えた上原:海寅)を尻目に着々と地歩をかためている。

今井は、DNA「龍」主導で、本質が環境により変化。
攻撃されても、かわすだけで、逃げるのが上手い。
「龍+石」は、経済感覚なし。言い訳無用の実行力。
「龍+車」は、瞬間判断力あり。ひらめきの人。
「龍+貫」は、短時間和合無理、忍耐力強力。
「龍+龍」は、やりはじめると止まらない。ブレーキのきかない人。
「雨+龍+酉月」生まれは、他人と脳波のサイクルが違う。

10年運初旬「6歳海戌」は、やや気持ちが不安な面を一生ひきずるが、
強い和合性が付加された。
現在「16歳雨亥」で、自己発揮の最中。
もともと「雨」は、本物になるまでに、時間がかかるのだが、
こんなに早く社会にでていれば、通常人よりSPEEDがあるうえに、
体を動かしているのだから、それなりに早く運気が稼働しても当然だ。

宿命に火性ゼロという、まったく暖かみのない野性人だが、
今年(宝巳)のキーワードは改良改革。
それも、酉月丑日生まれに巳がやってくる三合会局なのだから、
満を持して決壊するダムのような恐ろしさあり。
最後に残った一人は、まだまだ目が離せない存在だ!
■読者メール→
「龍主導の本質が環境により変化するのは、保身のためということでしょうか?」
恵まれすぎると精神苦に陥るので、無意識にしているのですよ。
「体を動かしていると運気が稼働してくるというところの、
『体を動かす』とは、一般人も当てはまるのでしょうか?」
単に体を動かすのではなく、事故などで体を痛めることも条件になります。
ぬくぬくと生きているのではなく、心にも体にも刺激があれば、
善し悪し別にして、運は動くのです!
「律音は干支の何処にあっても、自己発揮となるのですか?
日々の干支でも同じでしょうか?」
影響大なのは、自分がかかわる日干支だけです。
実際には他の場所でも説明が付くのですが、意識しないと解りません。
日々でも、害や対冲と同様ですが、これも意識するか無意識にするかで異なります。
予知して自己発揮することはいいことですよ!

読者メール→
「DNAみても男性的で行動力ありそうですね」。
それが、この時代を生き抜くことに必要なのです!

読者メール→
「早く社会に出て、運を稼動すると歳より大人っぽく見られるのですか?」
老けるのも早いかもしれませんがね(笑)。

読者メール→
「SPEEDの中で誰が一番早く脱ぐのか?という話題になった時、
今井絵理子じゃないかな、と思ったのですが。
DNAみると何でもやりそうな感じですね」。
自然な形で服を脱ぎやすいのは、夏生まれの特長ですよ。これは該当なし。
つぎは、10年運が陽・灯か、巳・午・未の夏の12支まわりかどうかです。
すると、11歳陽寅の島袋(宝未)か、
19歳木午の新垣(草卯)ですが、期待しないでください(笑)。

読者メール→
「歌手にむく才能は何で見ればいいのですか?」
DNA鳳や禄の存在を見てください。伝達本能や引力本能が乏しいとダメです。
だから上手い下手はともかく、陽・灯の芸能人は、多いのです!

読者メール→
「雨生まれで火性ゼロの野生人だから、かえってパワーを感じますが、
たとえ自身の干にとってダメージの成分でも、ゼロよりはあった方がいいのですか?」
あればあるなりに、なければないなりに、その特性を活かした生きかたが良いのです!

読者メール→
「今井絵理子が連ドラ初主演、8月放送NHK『ルージュ』。
今井がNHKの連続ドラマで、ソロになって初めて主演するらしいです。
化粧品会社宣伝部の新人クリエーター役で、
来月から撮影に入るらしくて、NHKの期待は大きいとか・・・」。
今年の8月は陽申月です。宿命にない火性月だし、そこそこの話題かな。
でも、NHKだし(笑)。
 
 
■2001年03月11日(雨酉)
CHEMISTRY●どこまで売れるかな
■TV東京系『ASAYAN』の「男子ボーカル・オーディション」から
とびだしたユニット『CHEMISTRY』。
帽子をかぶり、歌はイマイチだがしゃべりが得意の
川畑要(79年1月28日/草未)と、
歌専門の
堂珍嘉邦(78年11月17日/雨未)。

川畑は、DNA「禄」主導で、自己中心の愛情奉仕。
「禄+鳳」は、口がうまい。
「禄+司」は、自制心欠け先見の明ナシも、仲介能力にたける。
「禄+禄」は、不器用。
「禄+貫」は、素直でないが、演技力アリ。
「草+禄+丑月」は、地道に計画をたて、ため込んでも異性の誘惑で失敗する。
適職は、ヒモ男(笑)。
10年運初旬「2歳陽寅」は、年干支「山午」と「大半会的」
(初旬のみ陽と山は同格)なため、成功運型。
本年より「22歳山辰」の10年運天冲殺に突入のため、ブレーキかけずにいけば、それなり。
以前に仮デビューして失敗したのは、年支「午」と月支「丑」の「害」の影響。
今回デビューできたのは、年運天冲殺と昨年(鉄辰)の「干合」のため。
エネルギー259点は、いかにも重い。いくら冬生まれでも、生き残れるかは、やや疑問。

堂珍は、DNA「調」主導で、偏り激しい。偏ってないと不安。
「調+車」は、常に反骨精神。
「調+牽」は、内面気品も行動粗野も、新しい世界を創造する力。
「調+貫」は、恩知らず。
「調+禄」は、組織になじまないユニークな発想。
10年運初旬「7歳木子」は、年干支「山午」を「天剋地冲」するので、
成功条件(ただし、日支とは「害」で家庭運ナシ、しかも病的)。
宿命の特長は、年干「山」と月干「雨」・日干「雨」が干合すれば、
火性の天干一気となり目立つ。宿命に金性ゼロで、冬雨だが決して強くはない。
昨年(鉄辰)今年(宝巳)が、その本来存在しない金性年で、露出したもの。
「雨+調+亥月」は、夢目的があれば、その気になり働く。
さらに、本年の亥月生まれは、月支「対冲」のため、
気持ちがふっきれ、新しい挑戦なのだから、キーワード通りだ。
歌もマスクも最悪な平井堅(灯未)や、話しにならない椎名純平(畑卯)に比べれば、
はるかにマシなので、デビュー曲『PIECES OF A DREAM』は、それなりに売れるはずだ!
■読者メール→
「各々の宿命があるわけですが、デュオの場合には、
その結成日の宿命はどの程度影響してくるのでしょうか?」
原則CD発売日でグループを判定します。
3月7日は宝丑。となると、生年冲殺ですし、今年は大半会ですから売れます。
ところが、来年はラッキーカラーながら害になるのです。
「同様に、会社の創業日と社長の運気とでは、
どの位の割合で影響を考えればよいのでしょうか?」
定款をみてください。それが、7割。
社長が3割程度ですが、オーナー社長・創業者社長ですと、
運気を見ると、ほぼ一心同体になっていますよ♪
「川畑には左腕に『聖母マリア』のTatooがはいっているらしいけど、
バースディ・エナジー的にはTatooは運気に影響しますか?」
草は鉄を好みます。つまり、自己の体を痛めることによって、エンジンをかけるのですよ。
でも、身を傷めることが運気向上につながる鉄(鉄辰や鉄戌)じゃないんで、評価できません!
「適職;ヒモ男が成功条件を持っていること自体が面白いけど、
ヒモ男自体はエネルギー点数は高い方がよいのでしょうか?」
高いから、重くて労働しないのですよ(笑)。
「ソニー・ミュージック・グループが4月に無料配布する新入社員募集要項の
CD-ROMで会社案内するらしいけど・・・。
東京プリンとは格が違うのですよね(笑)!
(なんか似たような仕事してませんでしたっけ?)」
森永製菓とSONYの社風の違い。しかも、プリンの片割れは、社員でしょ。
天冲殺の無償奉仕の彼らとは趣が違いますよ!

読者メール→
「エネルギー点数250点を、越える調って強いの?弱いの?」
エネルギー点数がありすぎると、男性は流れに乗りづらいだけで、強い弱いは意味なしです!
「デビュー以来、どんどん2人のコントラストが印象的に・・・」。
二人しかいないのですから、そうならないとファンもつきません。陰陽法ですね。
「この2人を売ろうと力入れてるSME。先生の嫌いな平井賢と同じレコード会社だけど」。
嫌いなのではなく、あんなのを売っちゃいけないのですよ!
研音は、もっとブリグリに力入れろ!

読者メール→
「川端のあのサングラス耳下げは、オーディション当初からやっていて、
自分でかっこいいと思ってるんだろうな〜って思った」。
去年はDNA牽だったもんね(笑)。
「プロデューサーに磨けば光る原石といわれていたけど、
干合で目立っていただけなのね」。
草が干合で宝に見えただけ(笑)。これが、運命のイタズラか(爆)。
「堂珍が病的なのって納得です。
DNA調主導の男性はナイーブさが顔にでるもんなのですね」。
おいおい、男女かかわらず主導の成分が、顔にでるんだってば(笑)。
 
 
■2001年03月12日(木戌)
八嶋智人小日向文世月9HERO配役の妙
■月9『HERO』の光る脇役といえば、
阿部寛(64年6月22日/海寅)を補佐する、八嶋智人(70年9月27日/鉄戌)と、
勝村政信(63年7月21日/草丑)を補佐する、小日向文世(54年1月23日/畑卯)の二人。
それぞれ舞台出身らしい濃い味をかもしだしている。

八嶋は、DNA「石」主導で、協調性和合性の人。
「石+龍」は、経済感覚なし。言い訳無用の反逆児。
「石+貫」は、周囲となじまない変わり者。
「石+司」は、大器晩成。日常生活質素。
「鉄+石+酉月」は、おだてに弱い。
「戌」年生まれ「鉄戌」は、待ち運。
10年運初旬「4歳陽戌」は、SPEED感を付加するも、特別条件なし。
「4歳陽戌」「14歳灯亥」「24歳山子」は、
変剋律10年運で、精神苦と共に才能に磨きがかかる時期。
宿命の特長は、年干・日干の「鉄」が、
月干「草」を干合させ「宝」になる天干一気(金性なので闘争本能が強くなる)体質だが、
年支・日支「戌」と月支「酉」は、「害」の関係になる、ちぐはぐさ。
ちなみに、将棋の羽生善治と同一生年月日で、
昨年の天冲殺明け+納音で(害が切れ)世にでれたもの。
阿部とは、大半会(阿部の月干支が、鉄午)があるものの、
天剋地冲(阿部の年干支が木辰)もあり、個人的には気があうのに、
八嶋が阿部の足をひっぱる構図。
でも、八嶋は水分ゼロ(阿部は水分)で、阿部のラッキーカラーという面白さ。

小日向は、DNA「貫」主導で、頑固一徹。
「貫+玉」は、その場限りのSPEED。
「貫+禄」は、計算された自我・演技力。素直でない。
「貫+車」は、正直。
「巳」年生まれ「畑卯」は、矛盾だらけの人。
10年運「6歳木子」は、品性を付加したものの特別条件なし。
但し、その後「16歳雨亥」からの一生がほとんどターボ運。
「36歳宝酉」「46歳鉄申」は、10年運天冲殺。
小日向の月干支「草丑」は、勝村の日干支だし、年干同士は共通の「雨」。
さらに、小日向(畑卯)と勝村の月干支「畑未」は、「大半会」する。
こういうケースをキャスティングの妙といい、
『HERO』が、高視聴率をたたき出した秘密が隠されているのだ!
■読者メール→
「天干一気であるのに害がある場合は、どの様な事が起こりやすいのですか?」
集中力があるのに、現実は形にならないのですから、
心と体がアンバランスで怪我をしやすい体質でしょう。
「とても心身共に良くなさそうな気がしますが・・・」。
鉄戌は極端にいえば、怪我をするたびに運気向上でしたから、良いのですよ!

読者メール→
「羽生さんには、何かありましたっけ?」
動の八嶋に静の羽生。
どちらも勝負師ですが、そのフィールドの違いから、羽生はこれからです!
ただ地位を得て、昨年取りこぼした羽生と、
まだまだやみくもに上昇せねばならない八嶋とでは、宿命の活かしかたが異なるのですよ!

読者メール→
「阿部と八嶋のいいような悪いような関係は、どっちが得するのでしょうか?」
天干一気は目上を剋するのですから、八嶋です!

読者メール→
「もし八嶋が、将棋をしていたら、すごくなる可能性があったということですか?」
若いときから始めればという条件付きですがね。
「将棋は、玉がなくてもできるんですか?」
将棋さしは、勝負師です。研究家ではありません!

読者メール→
「素直でないのに正直とは、なんだか、ややこしい人ですね。
どういうところで、どんなふうにそのような矛盾したところが出てくるのでしょうか」。
素直でない心情を正直に吐露するのです。
たとえば、感謝しているのに、ありがた迷惑だと言わんばかりに、
クドクドご託をならべるさまです。
バースディ・エナジーの技術は、AがあればBが消えるのでは、ありません。
必ず複合させるのです!

読者メール→
「天剋地冲する2人の間柄で、八嶋が阿部の足をひっぱるとありますが、
どう解釈して力関係をみたらいいですか?」
ケンカも戦争も仕掛けるほうが有利ですよね。
天剋地冲は、相手の未来(年干支)を攻撃するほうが、圧倒的に有利です!

読者メール→
「小日向のDNA貫主導で、頑固一徹の割には、穏やかそうな感じに見えるのは、
貫+禄の演技力のなせるワザなのですかね?」
そして、畑だからですよ。これが、鉄なら固いんですよ!
「バースディ・エナジーを使えば、とんでもない楽しいドラマをつくれるのですね!」
TV局には学習してほしいです!

読者メール→
「大半会を持ち合う時、それぞれが持つ大半会の干支の数と
相性に相関はあるのでしょうか?」
多ければ多いほど、現象は破格に強くなりますが、
収拾がつかなくなる恐れもあります。
「検察官と事務官の掛け合いがスピーディーで、とても面白いのですが、
練った台本以上にお互いの息がピッタリ合うからなのですね・・・」。
陰陽法の応用ですよ!
 
 
■2001年03月14日(陽子)
津田寛治●缶コーヒーCMで爆発
■サントリー缶コーヒーBOSSのCMで、
毎度使えないサラリーマンを演じるのは、
津田寛治(65年8月27日/雨丑)。
津田は、DNA「玉」主導で、懲りない人。寅卯天冲殺でもあり、ややマザコン。
「玉+司」は、生活の知恵あり。
「玉+車」は、考えたとおりに行動する、わかりやすい人(笑)。
「玉+鳳」は、自分をたなあげ(爆)。
「玉+調」は、世間知らずで現実生活不適合(大爆)。
「雨+玉+申月」は、ひらめきが湧き純粋な人だが、精神分裂的。
幸運になると災いがおこる(再爆)。

10年運初旬「6歳雨未」は、日干支「雨丑」を「納音」するため、成功運型。
こればかりか、「16歳海午」は、純水が濁って「害」。
このときの苦労が、「26歳宝巳」で「改良改革の気」をうけ、
現在の一瞬の成功につながっていると見る。
エネルギー点数238点は、男性としては乗りづらい重さ。
ただでさえ、時間のかかる「雨」生まれ。
「巳」年生まれ「雨丑」は、働けど働けど、我が暮らし楽にならず。
一時だけでも、認知されたのだから、よしとすべきだろう!
■読者メール→
「ボスジャンを着ている人、見たことありませんが、企画として成功しているんだかなー。
あれを全色揃えようとする人はいないでしょうね
。よっぽどモー娘のシールを入れたポッキーのほうが
売り方としてはうまいなあと思います」。
ダメな男性へ向けて弱気なプロモーションです!
でも、ホントに見たことないし、欲しくもない!

読者メール→
「マザコンというのは、どこで判断するのでしょうか?」
DNA玉主導のうえ、雨が生じられる金性が強いからです。
しかし、その金性はダメージカラーです。

読者メール→
「幸運になると災いが起こるっていうのは、嬉しいような迷惑なような、
喜ぶに喜べないですね。この人の元へ、幸運が舞い込んじゃいけないんですかね。
そう言われてるみたい」。
害ならば害現象がおこらないと、
バースディ・エナジーでは、運命の消化をしたことになりません。
となると、幸運になると災いが起きる人には、
そういう事象が起きねば、この人らしくないのです!

読者メール→
「本人曰く、MDウォークマンの時には『脅えオノノク表情』を
毎晩、風呂上がりに三十回やって現場に臨んだらしいけど、
災いが降りかかるのに慣れている彼だからこそ可能な、自然な表情ですよね(笑)」。
雨は時間がかかるので、自分でもリハするのでしょう(笑)。
「10年運『改良改革の半会』をうけていても一瞬の成功にしかならないなんて・・・」。
改良改革はラッキーカラーではありませんから、成功にはなりません!
「なぜか、HPの自分のプロフィールに、『母・千寿子』と書いてありました。
確かにマザコンのようだ!」
自覚しているようです(笑)。

読者メール→
「頻繁に成功運型という言葉が出てきますが、
今回の場合も一瞬でも注目を浴びた事が成功となるのですか?
成功はどの程度を言うのでしょうか?」
10年運天冲殺の成功は、ほとんどの場合は、
金銭物質に、とりあえず不自由しないということです。
成功は本人の感じ方次第で、個人差です!

読者メール→
「この程度の注目度で良しとしなければならないということは、
宿命的にはあまり恵まれていない方なのでしょうか?」
演歌歌手が一曲あてて、それで営業で食いつなぐのと同様に、
この露出が彼にとっては名刺代わりなので、充分でしょう。
 
 
■2001年03月15日(灯丑)
陣内孝則●木10カバチタレを支える
■いよいよ佳境を迎える木10『カバチタレ!』。
害明けの常盤貴子(宝卯)に、引力本能全開の深津絵里(灯未)と
人生の折り返し地点の篠原涼子(宝巳)。
いまを生きる女性への応援歌として、今季最高のドラマに仕上がっているが、
彼女たちを支える役をソツなくこなしているのが、
陣内孝則(58年8月12日/宝酉)だ。

陣内は、DNA「玉」主導で、ひとつのことを掘りさげて追求する。
男性でも、母親的心情になれる人。
「玉+貫」は、10年先は無理でも、今日明日の対処は抜群で、
時代や周囲にあわせたSPEEDを持ちあわせる。
「玉+石」は、理論理屈で精神バランスをとる。
「玉+玉」は、自分自身に無理をしない人。
「宝+玉+申月」は、無言の強みで、一見何を考えているか不明だが、やる時はやる。

10年運初旬「9歳宝酉」は、日干支と「律音」のため、成功運型。
ロックミュージシャンを目指し、福岡から上京するも、「19歳海戌」は、ラッキーカラー害。
事務所の意向で色々なことをやらされた苦労の時。
毒にも薬にもならず、子丑天冲殺の中でいちばんヤワといわれる「宝酉」だが、
この経験が現在の彼をつくっている。

宿命の特長は、年支「戌」・月支「申」・日支「酉」は、秋の方三位で、
これが季節を代表する陰の金性と結びついているのだから、恐いものなし。
「戌」年「酉」日生まれは、表裏ありも、愛嬌ですませておこう。
全エネルギー242点のうち、161点が金性という、
でっかい宝石の塊も、木性ゼロで、優しさに縁遠い乾いた感性。
ロックなオトコが、金銭物質に執着しなかったからこそ、
現在「39歳木子」のDNA司プラス10年運天冲殺で、華開いたのだ。
望まないからこそ、仕事に恵まれ、それなりの財を手にする典型。
本年(宝巳)は、「大半会」で、さらに軽い心に重厚な意志をのせ大仕事をする時期。
中年期待の星だ!
■読者メール→
「ラッキーとはいえ、害の10年運で始めた仕事は、今後影響がないのかな?と思った」。
理由の如何を問わず、10年運天冲殺に身をまかせている限り、いまはこのままです!

読者メール→
「これが陽の金性だと、違う結果になるのですか?」
鉄ならば、女性のほうが力を発揮しますよ!

読者メール→
「表裏ありの人は、演技力もあるということですか?」
きっちり使い分けできますからね(笑)。

読者メール→
「DNA3番目の貫は、家庭においては保守的な頑固親父ぶりを
発揮しているということをあらわしているのでしょうね」。
案外、我慢してるのかも、知れません(笑)。

読者メール→
「雑誌で馬主として使うお金は専用の口座で全部やりくりして、
なくなったらやめるというような事いっていたので、意外に現実的だなあと、思いました」。
格好つけてるだけですよ。宝はDNAとは別にプライが高いのです。

読者メール→
「害の消化は、意識せずにできるものなのでしょうか?」
宝→海(DNA調)がロックに気持ちを向かせていましたが、
抜けたところで完全に諦めて、別の仕事に目覚めたのですから、消化はされているでしょう。
「母親的心情になれる人にロックは向いていたのでしょうか?」
だから、一時的なものだったのですよ!
 
 
■2001年03月16日(山寅)
木梨憲武●生ダラ終了の元凶
■日本TV系『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』が、
3月14日(陽子)で放送打ち切りになるなど、とんねるずが大ピンチを迎えている。
そもそも、午未天冲殺の
石橋貴明(61年10月22日/山子)が、
年下女性と不倫再婚することじたい、おかしなことだったが、
このような不振は、なんといってもコンビを組む
木梨憲武(62年3月9日/陽午)との軋轢が最大の原因だ。
午未の石橋にとって、木梨は同学年とはいえ年下。
また、早生まれの木梨とは、一切の共通干支なし。
たとえ木梨が石橋のラッキーカラーとはいえ、あくまでも刺激する仲(対冲)では、
ここまで長持ちしたのが不思議なくらいだ。

ところで、今回の事件(笑)の主役の木梨は、
DNA「玉」冲殺主導で、組織の犠牲になりやすい。ズバリ、ふだんは石橋の犠牲だ。
そのわりに、なかなか過去の経緯を払拭できない。
それが「玉」冲殺主導のさだめ。
「玉+鳳」は、自分を棚上げする激情家。
「玉+調」は、博学の世間知らずで、現実生活に疎い。
「玉+車」は、考えたとおりに行動する。
「玉+牽」は、用心深い冒険心。

10年運初旬「9歳木辰」は、日居冲殺初旬10年運で、
一生DNA龍(目上)の犠牲になりながら運気をのばしてゆくもの。やはり、石橋の犠牲(笑)。
ところが、本年(宝巳)は、宿命にまったくない金性年(もとから、創造力や目上運はゼロ)
干合で彼自身(陽午)が、「海午」に変化してしまうため、
年干「海」・月干「雨」とあわせて天干一気が完成し、目上を吹き飛ばしてしまう。
これに、10年運が「39歳灯未」(DNA石)に切り替わり、
動きがとれず妥協せざるをえない状況に追い込まれたもの。

一方の石橋は、10年運「35歳木午」で、宿命にない木性の「天剋地冲」10年運。
来年はダメージ天冲殺+天剋地冲、さ来年はダメージ天冲殺+害。
他局のレギュラーも風前の灯火。もう、別々の道を歩いていくのも、手かも!
■読者メール→
「この2人はどっちも少しづつ落ちていきそうな感じがします」。
一緒にいる限りそうでしょうが、別々になれば流れにのりやすい木梨のほうがしぶといですよ!

読者メール→
「高額納税者の石橋が、今さら上半身裸の関東裸会を結成した根性には驚いたけど、
アレってスゴク焦ってる感じが漂って見苦しい・・・。
でも、木梨にはできないことですよね」。
今年のキーワードが、調で反発反抗だけかと思ったら、
子供が女児ばかりなのが条件だって(笑)。
「コンビ解消しちゃったら、事務所も解散しちゃったほうがいいの?」
意味がないことはすべきではありませんからね。
「結局、秋元康が美味しい汁ばかり吸ってるような気がする・・・」。
秋元だって安泰じゃないですが、蓄積はありますからね。
でも、これからマイナスの人生ですよ!

読者メール→
「一生目上の犠牲になりながら運気をのばしてゆく人が、
天干一気が完成して、目上を吹き飛ばしてしまうようになれば、
運も同時に吹き飛んでしまうのでしょうか?」
今年1年に限定すればそうですが、潮時です!

読者メール→
「コンビの場合、主導権を持つ方の相関関係などあるのでしょうか?」
人間が集団を形成すると、どんな時でも、主と従ができるのですよ。
陰陽ともいいます。決して対等というのはないのです。
これは、コンビでも夫婦でも恋人でもおなじです。

読者メール→
「実は2人とも、芸は無いのかな??(無いか)」
DNA成分見ても一目瞭然。生年生月とはいえ、圧倒的に才能は木梨です。
「身体を使ってる(張っているのではなくて)のと、
自分達に近い感じがしたので、最初は新鮮に思いましたが・・・」。
才能ない石橋は体使うしかないです(笑)。
「石橋のインタビューで、木梨がいないとダメ、みたいなことを言ってましたが、
なるほどです。別々の道といっても、あるのかな仕事・・・」。
レベル落とせばね!

読者メール→
「来年さ来年の事を考えると、木梨の周りに良い目上がいれば、
犠牲になりながらも、彼のほうが残れるのでしょうか?」
そうなるには、石橋が自滅してくれないといけません。
生年生月は自己発揮できませんからね!
 
 
■2001年03月17日(畑卯)
0930 おくさま●さすがに、なにさまっ
■『山田君』なるコミックソング(?)をひっさげて、
歌番組ではなくバラエティ番組に出まくる0930(おくさま)。
この宮崎なまりまるだしの高校生デュオの、
いったいどこにそんなパワーが隠されているのだろうか?

ボーカル・ハーモニカ・タンバリン担当で
背の高いほうの
児玉美代(82年12月27日/木申)は、
DNA「玉」主導で、懲りない人。どんな展開でも、宮崎県人であることを忘れない・・・。
「玉+禄」は、行動力・攻撃心希薄。
「玉+龍」は、本音をなかなか言えず。創造力の世界に逃避する。
「玉+車」は、考えたとおりに行動する、わかりやすい人。
「木+玉+子月」は、頭良くても試験に弱い、放浪者の質。
「戌」年生まれ「木申」は、徹底した働き者も、報われることが少ない。
10年運「7歳宝亥」は、プライドの高さを付加するが、初旬条件なし。
日干支「木申」とは「害」の関係で、物事のまとまりに欠け、結婚運も薄い。
冬の木に対して、年干・月干とも「海」で、漂流する筏。
溺れかける者に対してだけ、役立つ人。

ボーカル・ギターの梅原恵里(82年5月9日/海辰)は、DNA「車」主導で、単細胞。
反撃素早く、危険なこと大好き。
「車+玉」は、考えたとおりに行動する。
「車+調」は、落ち着きなし。常に何かに攻撃精神発揮していないと、バランスとれず。
「車+貫」は、正直・短気・一本気。
「海+車+巳月」は、騒々しく、強くはないが根にもたない派手なケンカ好き。
「戌」年生まれ「海辰」は、可愛いのは自分だけ。
10年運初旬「1歳木辰」は、初旬日居冲殺10年運で、
常に誰かの犠牲になるような形で運気を伸ばしてゆく。
イジメられれば、られるほど運気も向上する宿命。
現在「11歳雨卯」は、ズル賢さの害。
姑息な手段をこうじても、最後の最後は形にならず。
時代整合性ない、どちらかというと汚れた夏の海だが(人には好かれるが・・・)、
去年(鉄辰)と今年(宝巳)は、願ってもないラッキーカラー年。
4月より『笑っていいとも』の火曜日隔週レギュラーに決定し、
順風満帆のようだが、物珍しさだけがとりえの彼女たちの未来は、
そうそう明るいわけではない!
■読者メール→
「キロロの登場がイケてないルックスの女性デュオに活躍の場を与えたのねと痛感しました」。
音楽的に差があるような感じが・・・。
「柏原は児玉の年干支を納音しますが、自分の年干支も納音していますね。
この場合、自分の仕事運にもブレーキをかけるのでしょうか?」
そのうち、今の自分は本当の自分じゃないなんて自己崩壊起こすのですよ。
そのとき、児玉が犠牲というか、ひきづられるのです。
「2人共午未天冲殺なので、意外に来年再来年あたりまではもつのでは?」
ラッキーカラーでもないし、その他条件もありません。
意図的なものが働かないと無理でしょう。
むしろ、児玉の月干支が来年に納音になるのですし、改良改革ですから、もちませんよ!

読者メール→
「うたばんの石橋のような突っ込みがあって、初めてイキイキしてくる2人ですよね・・・」。
夏の海も冬の木も鈍いですからね。
「お世辞にもカワイイとは言えない上に、
報われない人生が続く彼女達のラッキーカラー明けに迫る現実を慮ると
0930を見て笑えなくなりました」。
TVは明らかに彼女たちを笑い物にしているのですが、
それを逆手にとって彼女たちがどこまで踏ん張れるかですが、
後天運も期待できないので、開き直り次第。

読者メール→
「運型みるとどちらの方が格が上ですか?」
人間の質はともかく運の格は、ラッキーカラーの有無や位置がどうかで判断します。
どちらも、ラッキーカラーが年干・月干になく、年支にあります。
ラッキーカラーのない方を下格とすれば、中格。
あとは、他の条件をさがせば、初旬条件の有無。
これは、分析しているとおりに柏原にあり児玉にないのですから、柏原が上格。

読者メール→
「村おこしの見本となって、KIROROの後の2匹目のドジョウをすくったわけですね。
でも、もうこの手の素人バンドは食傷気味になってきました」。
物珍しいという特殊性だけで、時代を象徴するSPEEDがありません!

読者メール→
「花*花をもっと田舎っぽくした感じで、とても長続きしそうには思えません」。
短期集中だね(笑)。
 
 
■2001年03月18日(鉄辰)
飯島直子前田亘輝どっちも情けない離婚
■93年(雨酉)の出逢い、94年(木戌)の交際発覚、
97年(灯丑)の挙式から3年半をへて、
飯島直子(68年2月29日/畑巳)と前田亘輝(65年4月23日/灯未)が離婚するという。

飯島は、DNA「牽」主導で、プライドだけはやたら高い。
「牽+調」は、内面気品も行動粗野。
「牽+玉」は、用心深い冒険心。
「牽+石」は、長いものにまかれろ。
「牽+牽」は、無為無策の行動に走る人。
「畑+牽+寅月」は、プロ意識あり。純粋な人。
10年運初旬「8歳雨丑」は、年干「山」と干合すれば「灯丑」となり、
日干支「畑巳」と「大半会」的(初旬のみ灯と畑は同格)なため、成功運型。
現在の「28歳宝亥」は、10年運天冲殺で個人的な過去の清算がキーワード。
宿命の最大特長は、月支「寅」と日支「巳」の「害」
。物事のまとまりに欠け、結婚運芳しくなく、一人の相手と長続きしない。
もともと「畑巳」の生まれは、倒柱といって配偶者を叩きつぶす宿命。
離婚しても、飛躍的な向上は望めず、せいぜい元いた場所になんとか戻れる程度。

前田は、DNA「調」主導で、女性的感性強く、常に偏りにひたっている人。
「調+石」は、自尊心強くもプライドなし。
「調+鳳」は、なあなあ。
「調+龍」は、不平不満多し。
「調+司」は、負けず嫌い。
10年運「6歳畑卯」は、10年運初旬天冲殺と日干支「灯未」と「大半会」的なため、
3倍程度の成功条件。
「26歳灯丑」の「納音」で結婚したが、
今年から入る「36歳陽子」は、妥協せざるをえない「害」。後は、落ちるだけだ。

飯島サイドは、前田の浮気癖を離婚の原因にあげているようだが、
これとて害持ちの結婚相手が、陥りやすい罠。
共通干なく夫婦の目的が希薄であれば、結婚状態は長続きするわけもないのだ。
子供でもいれば、話しも別だったろうが、
今となっては何のために結婚したのかわかったもんではない。
会見に応じた前田は歯切れが悪かったが、
FAX一枚ですませた飯島は、害持ちとはいえ、本音の時代に相応しくない、
落ち行く「畑」らしくかっこう悪いゾ!
■読者メール→
「この場合の別れは、害のお陰でしばらく問題を引きずってしまうとみてよいですか?」
月支と日支の害の方は、過去にこだわるあまり、
復活するのにブレーキをかける場合があります。
「年支、月支の対冲は影響しますか?」
むしろ、年支と日支の刑と支合を優先して、
なんでも早い結論をだす必要があるのに、ノロすぎました。
年支と月支の対冲は天剋地冲となり、常に誰かの犠牲になったり犠牲にしたりの方です。
これを総合的に判断すると、干合支害持ちは、どうしてもダメな相手を選びやすいのですが、
飯島はおなじ過ちをくりかえしますね。
「畑巳の腰の重さも、「もうイヤだ!」と火が点いてしまえば、
もう修復のしようが無く離婚の方向に行っちゃうのですよね」。
自分では何もできない人ですから、業を煮やした周囲の説得によるものでしょう!

読者メール→
「結婚する時程驚かなかったのは、なんだか夫婦と聞いても、
しっくりこない感じがしていたから?
そう見えていたのは、二人に共通干がない事も影響していたからでしょうか?」
つまり似合いの夫婦ではないのです。
「共通干がなく子供のいない夫婦の場合、共通の目的というとどんなことが、
離婚を避ける程の目的となりますか?」
無欲の社会奉仕です。
ただし、極限状態でどちらかが窮地に陥った場合は、相手を助けることがありません。
また、共通干が不要なのは、逆縁で子供がいる場合のみで、
年齢が近い場合は、絶対に共通干支の子供の存在が必要です。
「自営業を妻が手伝っていたりとか、共通の趣味に没頭するといったことがあれば、
結婚状態は長続きしますか?」
無意味に長びかせるだけで、子供もいなければ、
害や天冲殺年(10年運の条件あれば、ダメージ年でも)に、ほぼ確実に崩壊します。
それに気がつかないで、一方の心が離れている状態になることもあり、
それはそれで悲惨です。

読者メール→
「飯島、前田ともに別れてもこれといって良いこともなさそう・・・。
無理に一緒にいるよりはマシ程度なのかな」。
そのとおりです。
一瞬、離婚の反動で、仕事があっても一過性のもので、
相手を間違えた反動は思いのほか深刻ですよ!

読者メール→
「HEROに出てた飯島は、化粧が濃いだけで、少しも綺麗じゃなかったですけど、
夫婦間がうまくいってないとやっぱり顔も変化していってしまうのかなあと思いました」。
もとから、きれいじゃないよ(笑)。
「知らないという事は、本当に恐ろしいですね!」
相手の浮気を責める前に、自分にも責任があるということを痛感すべきなのです!

読者メール→
「10年運害に突入する前田はカワイソウな気すらします。それも自業自得ですね。
TUBEも、もうダメだ〜!?」
人間は下っていく時に、心の次元をあげる勉強をします。
財を失うくらいのことでもないと、ダメかな!
「なぜ飯島が癒し系元祖なのかわからない! ぜんぜ癒されない」。
芸能界はもっとも時代の流れに遅れている世界なのですよ!

読者メール→
「浮気は害持ちの結婚相手が陥る罠とのことですが、害を持たない相手と結婚していたら、
女性関係が派手そうな前田でも、こうならずに済んだのでしょうか」。
同一生年月日の方がすべて離婚するわけではありません。
仮定の話ならそうかもしれません。
ただし、バブリーな歌をうたい、バブリーな生活をおくっている方は、
そうそう生活を改められるものではありません。
ダメな人は、ダメな相手を選ぶのです!
 
 
■2001年03月19日(宝巳)
木村祐一●ダウンタウンの黒幕
■『Hey×3』『ダウンタウンDX』『ガキの使いやあらへんで』の3本を抱えるダウンタウン。
彼らのネタの大半は、おなじ吉本興業に所属する漫才師兼構成作家で、
一見恐そうなお兄さん・
木村祐一(63年2月9日/雨未)が仕切っている。
時々画面にも登場する胡散臭い・・・だ。

木村は、DNA「牽」主導で、プライド高く、役目役割意識強い。
ダウンタウン=自己の生命線という人だから、彼らのためなら何でもする。
「牽+鳳」は、温厚誠実も理論に流されやすいお天気屋。
「牽+禄」は、大組織の実直な実務家で、特別教育なくても社会常識あり。
「牽+貫」は、打算的で目的遂行のための手段は雑。
「牽+調」は、内面気品も行動粗野。経済感覚はないが、新しい世界を創造する。

10年運初旬「2歳雨丑」は、日干支「雨未」を「納音」するので、成功運型。
2旬「12歳海子」が「害」のため、ここで苦痛を味わうことにより3旬より上昇した。
「22歳宝亥」と「32歳鉄戌」は、宿命にない金性(本来金性ゼロで頭の中身は?)が出現し、
創造力をフルに発揮し、構成作家として活動しているのだ。

「卯」年生まれ「雨未」は、相場師的要素。一か八かのノリの人。
善し悪し別にして、この潔さが、怒濤の雪解け水に有効な方向性を示唆している。
もちろんダウンタウンの二人とは、同一年干支(雨卯)。
月干支(木寅)は、彼らの日干支だから共通点も多く、
より強固でゆるぎない連帯感のもとに仕事をしている。
今年(宝巳)は改良改革がテーマ。
本年「害」の彼らをどう支えていくか、お手並み拝見だ!
■読者メール→
「木村祐一はホントにおもしろいです。
しかし、奇しくも同一干支でダブルに害の影響を受けるであろうコンビを、
一人の力で支えられるものなのでしょうか。ちょっと心配」。
彼がよけいなことするほうが、危ないのでは(笑)。

読者メール→
「1度、10年運の害の消化を行うと、その効果は次の波に、反映されるということでしょうか?
それとも一生モノなのでしょうか?」
社会へでる前の2旬だから効果があるのです。
若い時に徹底的に落ちると効果てきめんですよ!
 
 
■2001年03月20日(海午)
片瀬那奈●きれいなおねえさんCMは大丈夫
■松下電工の美容家電商品の広告シリーズ『きれいなおねえさんは、好きですか。』
の3代目キャンペーンガールに、
片瀬那奈(81年11月7日/畑丑)が決まり、
17日からむだ毛処理器や美顔器具などのTVCMがオンエアされている。

片瀬は、DNA「牽」主導で、自己愛の象徴。
プライドだけは人一倍。ストレート攻撃に強く変化球に弱い。
「牽+鳳」は、温厚誠実も、お天気屋。
「牽+禄」は、特別な教育なくても社会常識ありだが、SPEED感なし。
「牽+貫」は、主義主張なし。打算的で、目的遂行の手段が雑。

10年運「10歳鉄子」は、デリケートな少女的感性が付加されるも特別条件なし。
地味な冬の「畑」ばかりか、宿命には火性ゼロの野性人。
暖かみも品性(龍/玉)も、まるで冷えた人だ。
エネルギー197点・生日冲殺。ほとんど見るべきところのなく魅力に欠けるのだが、

本年(宝巳)の「亥」月生まれは対冲で気持ちがふっきれる時。
午未天冲殺特有のオヤジキラーぶりを発揮して、必死に仕事をとりにいったのだろう。
このCMの初代は、水野真紀(灯未)。2代目は、松嶋菜々子(海午)と、
それなりの評価をえた人たちだが、
本人は「大人の女らしさがある松嶋さんのように、輝く女性になりたい」などと
抱負をかたっているようだが、足元にもおよばないのではないか・・・。
「酉」年生まれ「畑丑」は仲介者なので、ワンポイントのつなぎ役か(笑)。
いずれにしろ、「畑+牽+亥月」は、若年の活躍が続かない人。
なにかの間違いででてきた人の末路は哀れとみるか、
一時でも脚光浴びたのだから、良しとすべきなのか!
■読者メール→
「芸能界では続かなかったとしても、一般人に戻った場合、
それなりの幸せは彼女にも訪れるのでしょうか?」
ラッキーカラーゼロで後天運にもありませんから、悲惨です!
こんな元芸能界崩れは多いですよ!

読者メール→
「水野真紀、松嶋菜々子はわかりますが、彼女はどう見ても違います」。
そのと〜り(笑)。華がありません!

読者メール→
「別にキレイなお姉さんと思わないです。でも、近づけそうな感じがいいかもしれない。
私の年干支大半会だ。応援しよう」。
どうぞ、ご自由に(笑)。

読者メール→
「少女的感性が付加されるのはどういう条件の時なのでしょうか?」
初旬のDNAが調だからですよ。
初旬のDNA要素のみ、その人の宿命の上に服を着たように重なります。

読者メール→
「おやじキラーっていうのはいくつ年上の人から、対象となるのでしょうか。
一日早生まれでもOKですか?」
技術的には1日でもそうですが、年輩者が自分の娘や息子のように愛情を感じつつ、
ゲスな気持ちになるさまをいいます。
ですから、いわゆるロリコンもふくみますので、
最低でも12歳位は離れていないとなりません。妹的ではないのですから(笑)。

読者メール→
「彼女のDNA解説は『2001年のおとこ運』での役柄そのまんまではないですか!
年上と不倫してるとこも午未らしいし。
今年の畑のキーワード鳳には宣伝の意味もあるし、
彼女自身のDNAも両端に鳳があるので、頑張って自己宣伝して、
仕事を勝ち取ったのは間違いではないですよね。
10年運条件なし、現在もダメージカラー10年運、エネルギー点数も低いし、
どこにも成功する条件が見えないのに、世に出てこれた原因は何なのでしょうか?」
DNA牽主導の人は格好つけたがりですよね。
となると、若ければ自分のプライドを満足させるために、なんでもできてしまうのです。
TVに出られるなら、CMに出られるなら。あとは、SPEEDと他人とは違う生きかたです。
若いのですから、怖いものなし!

読者メール→
「プロフィールにある、趣味・特技=ピアノ・ダンス・書道6段というのは、
品があるというよりは自己愛的、鳳×2の表現力からきていると考えてよいでしょうか?」
実際にやっていなくても、過去にやった程度でも、
それが格好いいと思えば、牽主導ですからね(笑)。
「午未天冲殺のオヤジキラー性は、かなり意識しないと活かせないものなのでしょうか?」
気がついた者勝ちです。活かさない手はないです。
「年が変わって積極性が無くなると一気に落ちぶれちゃいますよね」。
牽主導の方は単純だから、踊らされて終わりかな。
「理想の男性像は、『人の気持ちを察してくれて自己中でない人!』とのことですが、
こう思うのは自分が自己中であることの裏返しの発言ですか?」
火性ゼロなんで、愛情に飢えているのですよ♪
 
 
■2001年03月21日(雨未)
須藤理彩●水9ロケットボーイ主役を喰ったかな
■水9『ロケットボーイ』で、共演する女性陣(京野ことみ=雨丑、中嶋朋子=宝酉)の
なかで一人元気だったのが、
須藤理彩(76年7月24日/灯丑)。

須藤は、DNA「鳳」主導で、中庸精神あふれる人。
情にあつい夏生まれでも、バランス感覚をはたらかせ、
溺れることなく、冷静沈着な対処が可能なので、
動乱期でも自己を見失わずなんとか生きて行ける人。
「鳳+調」は、おおらかで柔軟性あり。
「鳳+鳳」は、肩肘張らない粘り強さと、重量感あふれる無欲な人生を形成する。
「鳳+龍」は、内面葛藤激しく、新しい世界の先鞭をつける。
「鳳+石」は、けっこう常識人。

10年運「6歳木午」は、品性が加えられるものの、
日干支「灯丑」に対して、ありがた迷惑的な「害」。
生日冲殺でもあり、結婚運あまりよくないかも・・・。
宿命の最大特長は、年支「辰」月支「未」日支「丑」という
四土格(戌がそろえば怖いものなし)。原則なんでもありのパワフルな人。

本年(宝巳)は、年干「陽」を干合させるので、
クドくて邪魔な「陽」が「海」となり、ラッキーカラーとなる。
また、二次干合を誘えば、この「海」は、日干「灯」と干合し、
それぞれ「木」と「草」になり、月干「草」を加味すると、天干一気が完成され、
目上や先輩を吹き飛ばすことになる。
前クールの『やまとなでしこ』に続き、おなじくらい重要な役でも、
今クールのほうが輝いて見え、本人に近くオトクな役にありつけたのは、このためだ。
勢いあまって、織田裕二(宝亥)の病気を誘ったかどうかはともかく、
今年はまだまだ主役を喰う働きができる、脇役。
それが273点のエネルギーをもつ、須藤理彩だ!
■読者メール
→「戌がそろえば怖いものなしの四土格ということですが、
そうすると2006年(陽戌)には、大ブレイクするのでしょうか。
もしくは結婚年でしょうか?」
四土格の大ブレイクは、10年運で揃わねば効力がありません。
年運では大きな動き程度です。
大切なことは、ラッキーカラーで判断しますので、海・木・草がまわる年や、
干合で陽が海に変化する年の、10月に何かあるでしょう。
しかし、初旬の害に生日冲殺ですから、結婚より仕事ですね!

読者メール→
「オ〜、宿命を活かしているヒトですね・・・。
経歴を見ると94(木戌)年にAMUSEの100時間オーディションに応募し、
そこで見事に選ばれ芸能界へ入っていました。
さらに97年の律音年には、NHKの朝の連続テレビ小説『天うらら』のオーディションを、
1815人の候補者から勝ち抜き合格し、ヒロインの座へ駆け上がっています」。
完璧です♪

読者メール→
「四土格(戌がそろえばこわいものなし)っていうのは、
天干一気や地支一気に、近いものなんですか」。
四土格は地支一気の変形です。
地支一気は、まったく同一の12支を現実領域に所有するため、行動の偏りになります。
四土格は偏りではなく、異なる季節の代表成分を所有するので、
底知れぬパワーを持つと解釈してください。

読者メール→
「彼女は主役を食う脇役のままなのですか?」
そのほうが本人のために良いでしょう!
 
 
■2001年03月22日(木申)
常盤貴子●木10カバチタレ助けられているばかり
■木10『カバチタレ!』で、元気な姿を見せていた常盤貴子(72年4月30日/宝卯)。
昨年は妥協を強いられる「害」年では、見かけ上数字の成功とは別に、
暗い役に終始したが、今年は自己発揮の年で、
自ら相手役に深津絵里(灯未)を指名するなど、のびのびとした演技を披露してくれている。

常盤は、DNA「玉」主導で、環境をなかなか変化させられない。
「玉+鳳」は、自分を棚上げしてあれこれいう。
「玉+禄」は、追従上手逃げ下手。
「玉+調」は、世間知らず。
「玉+司」は、生活のために生きる術にたける。
「宝+玉+辰月」は、確証がないと安心できない。

10年運初旬「8歳雨卯」は、遊び心を付加させるものの条件なし(ただし、ラッキーカラー)。
「18歳海寅」は、同様にラッキーカラー。
現在は「28歳宝丑」は、自己発揮。

宿命の特長は、月支「辰」と日支「卯」の「害」で、一人の相手と続きにくく、
整理整頓が苦手(笑)。
また、配偶者成分を意味する火性ゼロ(牽・車でプライドも希薄)で、結婚しにくい。
エネルギー183点は、動乱期に活躍する女性としては、アイドルなみで心もとない。
常盤がかろうじて生き残っているのは、「宝卯」特有の邪気のなさと、
(午未天冲殺なので)オヤジキラーをふりまいているため。
「子」年生まれ「宝卯」は、自然と他人に助けられる。
今日明日は、極端に困ることはないが、
常に共演者を選び評価を手中にしてきたツケは、いずれやってくる。
ここ数年が見物かな!
■読者メール→
「害年を消化していないわけですよね・・」。
もともと害持ちの方は、害年でもあまりこたえませんが、
かえって数字だけはとっちゃいましたから。
「カワイイ顔して性格はすごくズボラで、男以外の整理整頓もホントに苦手みたい」。
まことしやかに言われいるのが、部屋の汚さ(笑)。
「相手役に深津絵里(灯未)を指名することは、宝卯の受け身には反しないのですか?」
自分を叱咤激励するためには、火性が必要ですからね。
仕方ないでしょう。野人なんだもん(爆)。

読者メール→
「今回の明るい役はいやみが感じられなく良かったです。
といっても、これも共演者あってのものですか」。
深津あってのもの。
「鳳も調もあり表現力は問題なしですか?」
宝は特別意識強いですからね。必要です!

読者メール→
「宝はプライド高いんですよね?
火性ゼロで、プライド希薄というのは、どう考えたらいいんですか」。
本物のプライドになりづらいということです。

読者メール→
「カバチタレ!最終回見てました。やっぱり常盤さんは、元気のいい役の方が映えますよね。
宝卯特有の邪気のなさというのは、なるほどと納得がいきます」。
視聴率が良くても、害年にはくだらない役しかありませんでしたね。

読者メール→
「来年、再来年はラッキーカラー天冲殺ということで、
もうひと花咲かせることが出来るでしょうか」。
決め手(12支の条件)がないので、なんともいえませんが、これまでどおりそれなりなら、
話題にはなるでしょうね。
「いつも良い子ぶった役ばかりなので、たまにはナイスバディを生かして、
男をたぶらかす悪い女役なんてのもやってみたらいいのに」。
宝卯に、そんな複雑なことは無理ですよ(笑)。

読者メール→
「デビュー作のドラマで、上半身ヌードになった彼女。
まだ10代だったと思いますが、その思いっきりの良さは、宿命のどこにあらわれてますか?」
年と月の半会は、営業センス的な表向きのヤル気のあらわれ。
これに子卯の刑が加速させるのです。
また、宝+玉+辰月は、確証さえあれば、なんでもできます。
脱げば仕事が貰えるとわかっていれば、納得ずくですよ♪
「年支(子)と日支(卯)は刑ですが、仕事面で争いが起きやすいと言うことですか?」
争わねば形にならないということです。仕事に限定されるわけではありません。
 
 
■2001年03月23日(草酉)
ピチカート・ファイブ 小西康陽●変節という商売
■84年(木子)に結成され、洋楽をつねにしゃれた感覚で、再構築してみせる音づくりで、
90年代の「渋谷系ブーム」をひっぱったピチカート・ファイブが、3月31日で解散する。

中心人物の小西康陽(59年2月3日/陽辰)は、
DNA「調」冲殺主導で、偏っていないと不安。
物事を完成させたら興味を失ってしまう性癖。
「調+鳳」は、重量感ある無欲な人生。繊細だが、ねばり強い。
「調+玉」は、若年にて老成し、現実生活不適合。博学だが世間知らず。

10年運「1歳陽寅」は、年干支「山戌」と
「大半会的(初旬のみ山と陽は同格)」のため、成功運型。
「21歳山辰」の遊び心でスタートさせた同グループも、
「31歳畑巳」の90年(鉄午)に、ボーカルに
野宮真貴(61年3月12日/木辰)を迎え、
より女性的感性を前面におしだしてきた。
現在の「41歳鉄午」は、月干(草)干合で、方向変換をさせられる時期で、
キーワード「禄」は金銭物質運。
チャレンジ精神が消え、昨年(鉄辰)の「おはロック」に代表されるように、
金儲けに走るようになったもの。

「新作が実力以上の出来になってしまって。
今後活動を続ける限り、このアルバムと戦わねばならない。それはかなわない」
と語る小西だが、ようは縛りをはずし自由な枠組みで、のんびりとやりたいだけ。
なんのことはない欲ボケなのかも知れない(笑)。
いずれにしろ、一時代築いたのだから、とやかく言われることはないが、
四土格なのだから、まだまだ秘策はあるはず。
「山」年生まれ「陽」は、生きかたのキーワードは「牽」となり、裏方似合い。
今後は、表舞台でやるより、仕掛け人として名を残すことが多くなるだろう!
■読者メール→
「作られてる音楽なんだけど作り込んでる、ってのが人気で、
小西はすでに仕掛人だったと思いますが、
これからはつんくみたく売れる音楽バカスカ歌わせたりするんでしょうか?」
本人もオッファー(笑)があればと、乗り気です!

読者メール→
「5つのDNAには龍無しで、アメリカやヨーロッパなど、
ワールド・ツアーで成功を収めることができたのは、鳳×3のお陰なのでしょうか?」
もちろん鳳は、その気になればなんでもできます。
また、陽ですから動けるのが、強みでしたね。
ただし、海外に定着しないのは、やはり玉の存在なのです。
とどのつまり、海外でも日本的なものを売りにしたわけですよね。
「香取慎吾(山子)のブレイクは小西と大半会を持ち合っている上に、
香取にとって小西はラッキーカラーのヒトだったのですね・・・」。
生月冲殺が10年運で燃焼しているうえ、香取側の組織とうまく結びついた結果ですね。
「小西が香取の天干一気に吹き飛ばされなかったのは重量感のお陰なのでしょうか?
それとも、解散は吹き飛ばされたことになるの?」
ビジネスだけで、密着していませんからね。
ヘタすると一度も会ってないかも知れませんよ。影響はさしてないでしょう。

読者メール→
「生月沖殺であるけれど、立場にこだわらずやってきたのが良かったのでしょうか?」
生月冲殺は立場にこだわらず、自分にあったことを流れにまかせてやるだけですよ!

読者メール→
「小西康陽+野宮真貴も、もうやり尽くした感じですね。
曲も全部同じに聞こえるし。次の展開に期待ですね」。
これからは、売れセンの仕掛け人ですよ!

(5)読者メール→
「2年連続でコンサートに行きました。そしたら、まったく同じ内容で、
ふかわりょうや斉木しげるのゲストや出番などが、デジャヴのように同じで腹が立ちました。
金かえせ!でした。
お洒落連発のTシャツも他のアーティストのものより高いなど金儲けがはなにつきました。
特殊メイクの野宮真貴の衣装の早替えも見飽きました。
今思い出してもむかつきますがナゾとされている
彼女の生年月日がわかって得した気分です」。
生月の小西は何も気にしてないでしょうね(笑)。

読者メール→
「野宮の前は田島貴男(雨丑)がメンバーでしたが、
小西にとってダメージカラーな彼と活動を続ける事はやはり、難しかったのでしょうね?」
共通干支はありましたが、田島は午年生まれ丑日で表裏あり。
でも、続かないのは縁がなかったんでしょう。

読者メール→
「これから野宮さんはどうするのでしょう。ソロで活動していくのでしょうか」。
いまは出がらし状態で、この決定になすすべもない状態です。
なにしろ、宿命にないラッキーカラーが突如消えたのですからね。

読者メール→
「ホームページのプロフィールを見たのですが、長い長い(笑)。
確かに一時代築いてますね。これだけやってまだ余力があるということは、
四土格って本当にすごいんですね」。
なんでもありです。底知れないですね♪

読者メール→
「前ヴォーカルの田島貴男(66-0424/雨丑)の月干支、
そして現ヴォーカルの野宮真貴の日干支共、彼の年干支を天剋地冲してしまうのですね。
よくそれで今までやってこれたなあと思いました。
2人にとっては小西はラッキーカラーだけど、逆はそうではないですし、
フロントにたつ人の引き立て役に徹してたってことでしょうか。
良かったのは子丑天冲殺らしく、年下と組んでたってことくらいでしょうか。
今年は日干支が干合して海辰になり、自分の年干支を天剋地冲してしまうので、
急にお金もうけに走って自己崩壊しちゃうのでは!」
それを責めることはできませんし、受け手にとって心地よければ、
彼が宿命を活かしていることになりますよ♪
 
 
■2001年03月24日(陽戌)
堂本剛山口紗弥加絶対阻止したい無意味交際
■Kinki Kidsの堂本剛(79年4月10日/灯未)と、
C級アイドル
山口紗弥加(80年2月14日/灯巳)の交際が発覚した。
堂本のマンションを帽子を深くかぶり、
マフラーでぐるぐる巻いて顔をかくした山口が頻繁にかようのを
写真誌にキャッチされたもので、5年ほどまえよりの付きあいがあり、
堂本は山口の母や姉に挨拶をすませているという。

堂本は、DNA「龍」主導で、形に恵まれると精神苦をともない懐疑的。
「龍+貫」は、短時間和合無理。忍耐力強力で、口堅い。
「龍+鳳」は、内面葛藤激しく、芸術志向。
「龍+調」は、向上心あり。
「灯+龍+辰月」は、静かな明るさ。
本来は裏方の質で、将来的には演出やプロデューサー的な色合いの仕事へ
移行するのではないかと思われる。
10年運「2歳灯卯」は、日干支「灯未」と「大半会」。
年干支「畑未」と「大半会」的(初旬のみ灯と畑は同格)。
また、初旬10年運天冲殺と条件がそろい、通常人の3倍ほどの稼働力あり。
本年より「22歳草丑」となり、自己コントロール不能状態から
じょじょに抜けだすようになるが、キーワード「龍」は、改良改革の対冲なので、
もっともっと新しい流れに身をまかせるべきである。
しかし、宿命に存在しない金性年で、
やや地味モードに突入した(ロシナンテは、ちょっと格好悪かった)結果、
写真をとられたのではないかと思われる。エネルギー302点をもてあまし気味かも・・・。

山口は、DNA「石」主導で、反撃ノロいズル。
「石+調」は、プライドなし。
「石+司」は、大器晩成。日常生活質素で、華やかな芸能界では、異色の存在。
10年運「3歳灯丑」は、日干支「灯巳」と「大半会」のため、成功運型。
さらに、初旬10年運天冲殺もあり、通常人の2倍ほどの稼働力あり。
「23歳草亥」より、特別条件10年運天冲殺に入り、
宿命の最大特長である、月(寅)と日(巳)の「害」が切れるが、
それはさ来年以降のことである。
258点のエネルギーはそれなりだが、色恋にうつつをぬかしているより、
仕事中心の生きかたがのぞまれるが、
訳のわからん歌を自ら作詞してうたっているようでは、真剣さを疑う。
「灯巳」は、家系の勢いが上がりきったところか、
落ちる寸前に生まれる質で、女性の場合年上男性の運気にSTOPをかけてしまう。
また、狭い範囲でこそ力をだせるので、職場恋愛はお手のものだが、
兄妹のような関係(共通干は、生まれ日の灯と生まれ月の山)を楽しむようでは、
互いに進歩なし。
「申」年生まれ「灯巳」は、問題が起これば逃げ腰になる性癖。
少しもプラスにならない関係は、剛ファンが立ち上がって阻止すべきではないかと思うゾ!
■読者メール→
「子丑冲殺の女性って、若い頃は特に年上と交際してる人多いですね。
女性は年上男性に大事にされたら幸せになれるという
古風な浅はかな神話からでしょうか?
うちの母親も私が年下男性と交際してたら反対されたし・・・」。
そうやってダメな人が増えていくのです。
成功できる人はひとにぎりということですが、
子丑の女性は失敗をバネにして、這いあがるパワーをもっていますからね!

読者メール→
「5年前からということは、もしかして害年の影響?」
堂本が害。山口が条件なし天冲殺。だから、不自然なのですが、バレれればおわりですね。

読者メール→
「10年運天冲殺同士の交際は、どのような交際になるのでしょうか?」
条件にもよりますが、STOPをかけねば際限なく拡がります。
ただし、一方が内側に入ったほうが、効果的です。

読者メール→
「子丑冲殺は、なぜ年下でなければならないのですか?」
子丑冲殺は目上の方向が欠けているので、それを不自然に使うと、
目上の方向が暴風が吹き荒れるということです。

読者メール→
「山口はいつも肌が汚いですよね。画面を通してもはっきりわかるっていうのは、相当かも」。
害持ちの方は、亥申でなくても、吸収と発散が上手にできませんからね。
消化器系が悪い人が、無理をしているからです。
 
 
■2001年03月25日(灯亥)
上原さくら●階段から転落し重傷
上原さくら(77年3月31日/灯亥)が、20日(海午)自宅マンションの階段から転落して、
全治3週間の重傷をおっていたことがわかった。
所属事務所によると、「座れない状態で、寝るときもうつぶせだけ」といい、
仕事の予定も大幅に変更せざるをえない状態という。

上原は、DNA「龍」主導で、物の裏側を見る。形に恵まれると精神苦。
「龍+石」は、金銭感覚なし。言い訳無用の実行力。
「龍+牽」は、芸術芸能志向。
「龍+貫」は、短時間和合無理。意外と質素。
「龍+車」は、瞬間判断力あり。なんでも、ひらめきの人。

10年運「2歳木辰」は、初旬日居冲殺10年運で、
組織や親の犠牲(DNA玉)になりながら運気を伸ばしてゆく人。
現在「22歳陽午」は、協調性和合性がキーワ−ドの10年運天冲殺。
エネルギー175点は、昔のアイドルなみのパワーで事務所のいいなり。

今年(宝巳)は、過去を積極的に破壊してゆく天剋地冲年。
本来は、生きかたの変更を自らしてゆかねばならない時期だが、
それもままならず自己崩壊したとみられる。
もっとも、事故当日は異性を意味する「海」日。
案外、別れ話のもつれから・・・なことだってありえる。
ラッキーカラー年でも、これでは思いやられる!
■読者メール→
「能動的な過去の完全破壊。一般人では例えばどのような事をすれば
自己崩壊せずに済むのでしょうか?」
10年運のキーワードが、車・牽・貫・石は、仕事。
鳳・調・龍・玉は、私的。
禄・司は、双方向。それぞれの年運のキーワード方向のものを、
徹底的に自らの意志で壊すのです。
10年運陽は、仕事。年運は禄。売り方を変えるべきです。
いわゆるアイドルは、もういけません。一般人なら、禄は財産。
つまり、仕事上の投資方法の変化です。
しかし、そういう細かな事にとらわれず、壊せられるものなら、なんでも壊せば良いのです。
年齢的には、子供時代のありようの清算。
学生気分を完全に壊し、大人になることでしょう!

読者メール→
「下半身の怪我って、たいていつきあってる男の人が間違っているというお知らせですか?」
良い点に気が付きましたね。そのとおりです!

読者メール→
「来年、天冲殺+干合だから仕事に失敗したりってのも?」
今年壊れて、来年の大変化を受身でいけば問題ありませんよ。

読者メール→
「結局何が本業なのでしょうか? ラッキーカラーでもあるし、
これから彼女は活躍していけるのでしょうか?」
そこが事務所の浅はかなところです。エネルギー点数が低すぎるので、
早く年輩者に売っておかないと、そうそう長く仕事はできません。
困るのは、本人です。いわゆる活躍は無理でしょう!

読者メール→
「DNA的には表現力はありますか?」
年支の巳のなかに山があり、調という少女趣味的な限定された表現力はあります。
コレが、他の干と異なり、陽・灯は存在じたいが、
火性で目立つのでトクをしているだけです!

読者メール→
「ラッキーカラー年だから、まだ全治3週間で済んだのでしょうか?」
また、卯月は日支亥と半会しますから、衝撃が抜けていくので、ラクだったのです!

読者メール→
「やっぱり事務所の犠牲になってるのでしょうか。
気が強そうで、言いなりになったりせず、反抗しそうなイメージなのに意外です。
天剋地冲年に自分から過去を壊さない人は、
自分が壊れてしまうのだなあと恐ろしくなりました。
彼女は、自分の年干支も納音してるので、自己崩壊しやすいのですね、きっと」。
公的な顔と私的な顔に落差があるのでしょう。
また、ぶち壊すのは得意なのです。今の仕事に不満があったのは確かですね!

読者メール→
「彼女が優勝したときの、ホリプロタレントスカウトキャラバンに、
当時は福岡弁まるだしの椎名林檎(宝卯)が最後まで残っていました。
いま考えると、椎名の勝ちでしたね」。
椎名がこんなのを受けたほうが驚きですが、
間違って選ばれれば、ホリプロに潰されてましたよ!
 
 
■2001年03月26日(山子)
岡村隆史●鉢が立派なら植木の見栄良好という例え
■『JRA GO JOKEY CLUB』のメインキャラクターに起用された、
ナインティナインの
岡村隆史(70年7月3日/木申)。
かつての勢いが薄れたダウンタウンの二人が、
腰が低くなったともっぱらの噂なのにひきかえ、
レギュラー番組が有害番組に指定されたことにつき暴言を吐いたり、
スタッフに対してもキツイ態度をとるようになったといわれているが、実際はどうなのか。

岡村は、DNA「調」冲殺主導で、一風変わった反抗心の持ち主。
直球で反撃するのではなく、変化球で攻撃しながら、辛辣な攻撃をしかけつづけるタイプ。
「調+禄」は、組織になじめず。発想だけは、常にユニーク。
「調+車」は、落ちつきなく、常に反骨精神を発揮する。
「調+龍」は、不平不満多く、反逆心と向上心が裏腹の人。
「木+調+午月」は、一見悪意がなく暖かみのあるように見える。

10年運「1歳雨未」は、初旬10年運天冲殺。
乗せれば怖い生月冲殺でもあり、破壊的な(笑)成功運型。
現在「31歳陽戌」は、表現力が勝り自己を見失いそうになるダメージカラー。
本年(宝巳)は、争いながら自尊心を満足させる時。

ところで、岡村のエネルギーは245点。
しかし、自身をあらわす木性は、わずか9点。
つまり、本人は土と火と金と水によってできた物体の上にチョコと茂る、盆栽程度の木。
鉢が立派なので、植えられている木までそれなりに見える典型。
好き勝手なことをいっているように見えて、
実は組織があってこそ、その戦略によって動かされている。
生月冲殺だからこそ、組織を巻き込んで大きく見えるのだ。
こういう成功の方法もあるという見本。ま、はたから見て面白ければいいか!
■読者メール→
「今の時代って組織とフィットする人のほうが、いいんでしょうね」。
それが、流れにのるということですよ♪

読者メール→
「めちゃイケ!の女子プロの最後に、必ずマッパになって○ン○ンを露出できるのは、
申日生まれで視覚的にも鑑賞に耐えうるモノ持ちだからですか?
「調」冲殺主導だとそれほどのモノでもないようですが・・・」。
申(金性)剋木(木性)と、ゆがんでいるかも・・・。
「確かに羞恥心は少ないようです」。
生月冲殺の良さをだしていますね(笑)。
「確かに彼の番組は、未だに飽きることなく面白いのです・・・」。
それが、全てです。だから、何ではなくね♪

読者メール→
「木性9点、身長と関係あるんですか(笑)」。
なくはないですよ!

読者メール→
「目下運の悪い岡村はこれからどうなるのだろう。組織ががっちり守るのだろうか」。
上の受けはいいのですよ。いつも、夢みたいな事を言っていればいいしね。
また、午未の人は、ある意味、子供の目線で思考するのだから、
見ているぶんには、楽しいのです!

読者メール→
「まさに争うことで満足なんですね。彼は誕生日を迎えるまでは30歳ですが、
10年運の切り替わりは誕生日でなく、年運の切り替わりと一緒なのでしょうか?」
接運といって、切り替わりの年は安定せず、どちらにも影響されます。
ただし、年運の条件があれば変わりは早いです。
天冲殺入り、明け、干合、天剋地冲など。無条件の年では、緩いのです。
あくまでも、切り替わりの年の年運に影響され、
1歳運などの早熟な人ほど、節分明けに早くも影響されますが、
だいたいは、誕生日が目安です!
「ナイナイサイズでは、女性ゲストが来るたびに自分を売りこみ、
ずっと彼女がいないかのような素振りですが、本当なのでしょうか。
配偶者成分が日支、月支、年支の中に3つも含まれているじゃないですか」。
ですから決め手がなく、惑わされるのですよ!
 
 
■2001年03月27日(畑丑)
コージー冨田タモリを踏み台に生き抜く
■タモリをはじめ多くの芸人のモノマネとして有名なコージー冨田(67年2月24日/畑未)。
一言でいうと上手い冨田は、DNA「牽」主導で、格好つけたがり屋。
「牽+貫」は、主義主張なく打算的。
「牽+龍」は、創造力旺盛。
「牽+司」は、感動希薄で保身術優秀。評論家タイプ。
他人のクセを客観的に判断して、模倣する。

10年運「7歳宝丑」は、年干支「灯未」を「天剋地冲」するばかりか、
初旬10年運天冲殺で、成功運型。
これに、2旬「17歳鉄子」の「害」の落ち込みと、
「17歳鉄子」「27歳畑亥」「37歳山戌」の
変剋律10年運(精神苦を伴えば才能が伸びる)を加味すれば、相応の成功も夢ではない。

特に他人を踏み台にして運を伸ばす「畑未」が、
モノマネをしているのだから、宿命をいかしているのだ。
しかも、「未」年生まれ「畑未」は、他力運(笑)。
エネルギー267点とやや時代整合性ない冨田の宿命の最大特長は、金性ゼロということ。
ゼロ=無限大の強みで、おかしな風情をかもしだしている。
これに、昨年(鉄辰)今年(宝巳)の現実の年運が後押しして、注目されたようだ。
近年ややマイナスイメージの強い畑だが、
他人とは圧倒的に違う生きかたをしていれば、報われるものだ!
■読者メール→
「モノマネ芸能人は、突然のネタ振りには大概のヒトが、
ドギマギして素を晒しだしてしまうけど、コージーは全然落ち着いていて、
ウィットの効いた返事をするので、ますます感心してしまいます。
これは頭が良いからなの?」
畑+牽+寅月は、プロ意識が卓越しているのですよ。純粋です♪
「モノマネされるヒトと、コージーとの相性は関係ないのでしょうか?」
一緒に仕事をするのではないので無縁です!

読者メール→
「メガネをとった顔が非常に地味なので、畑だということがわかり納得です」。
地味というか、ノッペリですね(笑)。

読者メール→
「モノマネを得意とする人に共通する宿命の特徴はあるのでしょうか?」
表街道で勝負できない人ということです!

読者メール→
「原口とかいう『さんまもどき』とワンセットの事が多いですが、
芸人としてはレベルがかなり違う気がします」。
ですね。
「勢いで見せるスピード系のモノマネ芸ではなく、
わりとまったり系のモノマネが多いのも畑未っぽいかも。
どことなく上品さがあるのも牽主体ゆえですか」。
金性ゼロだと攻撃力なしですよね。畑とって金性は表現力です。
土のなかに、石ころがない上質な畑なのです。
遊んでばかりいる畑では意味ないですから、仕事一筋ですよ!
「来年(海午)は彼の日支も年支も支合ですが、
畑に塩水のダメージはどのくらいひびくのでしょう」。
営業で稼ぐなど、金銭物質に目がいきすぎるので、芸の進歩が一時的に鈍るかも(笑)。

読者メール→
「ものまねというより、まさに『模倣』ですよね。その人物の決めゼリフではなく、
話し方のクセや傾向を細かくとらえていて、
本当に本人が言いそうな事を表現できるところが凄い。
まさに、他力運で伸びる畑未ならではなのですね」。
表現力がないから、よけいに自分の領分をわきまえた芸として確立できるのでしょうね♪

読者メール→
「金性ゼロというのは具体的には、どういうことですか?」
作物が育ちやすい畑ということです。つまり、ブレーキがかからないのです。
自分自身ではなく、作物が評価されるのです♪

読者メール→
「評論家タイプだから、顔マネや衣装に頼らなくていいのですね」。
彼がでてきたら、今までの悪ふざけ連中のは、バカらしくて見るにたえませんね♪

読者メール→
「人を踏み台にして自分が出世するっていうのは聞こえがとっても悪いですけど、
だれかのモノマネをするって言うのもありなんですね。じゃあ、コロッケは?」
火性のない鉄で、プライドなし(爆)。

読者メール→
「子丑天冲殺らしく、年下とコンビ組んでいるなあと思ったら、
原口はダメージカラーだし、彼の年干支を天剋地冲するではないですか!
早々にコンビ解消してピンでいった方が良いのでしょうか」。
別にコンビではないですから、これからはその方向でしょう。
「金性ゼロの人が、宿命にない成分が年運に出て注目を集めた場合、
それは天冲殺中の運命の上げ底状態と同じで、
再び成分ゼロになったらその注目・成功はうたかたの夢と消えてしまうのでしょうか?」
天冲殺は夢のなかの非現実世界です。
ところが、金性年は、そのときだけ違う衣装で仕事しましたという程度です。
 
 
■2001年03月28日(鉄寅)
神田うの●誕生会で重傷というお知らせ現象
■三流タレント・神田うの(75年3月28日/雨酉)が、
26日午前2時(灯亥)に自宅マンションのエントランスで転倒。
右頬骨骨折の重傷を負っていたことがわかった。
この28日に26歳の誕生日を迎える本人の内々の誕生会直後の出来事で、
婚約者も同席していたことから、事故ではなく結婚をせかす相手と、
なんらかのトラブルがあったのではないかという憶測もあがっている。

神田は、エネルギー121点。DNA「鳳」主導で、軽いだけ内容希薄の遊び人。
「鳳+鳳」は、肩肘張らない粘り強さ。
「鳳+龍」は、内面葛藤激しく、新しい流れに先鞭をつける。
「鳳+車」は、外柔内剛で、金銭物質に目なし。

10年運初旬「3歳鉄辰」は、幾分かの品性を付加させるも初旬条件なく、
年支の害はまともな仕事の成果は得られず。
月支の害は、常に気持ちが不安定で、
鳳×3にもかかわらず、胃痛などの消化器が弱く太ることができない。
病的なモデルあがりの典型。
「13歳宝巳」の改良改革半会で世にでたが、うるさいだけ(鳳×3)で、魅力なし。
「23歳海午」は、春の雪解け水が濁ったさま。
仕事にも恋愛にも計算がうかがわれ、鼻につく。

神田の宿命の最大特長は、ラッキーカラー火性ゼロの野性人。
暖かみなく、金銭物質運ゼロだから、それを追い求めるあまり、
無限大にえげつない気持ちが働く。
本年(宝巳)は、さらに改良改革の半会。別れを意味する。
結婚秒読みの相手(山野美容グループの御曹司・山野幹夫32歳)と縁がないから、
別れを暗示しているのか、それとも芸能界に存在する価値などないから、
仕事をやめ結婚しろという自然界のお知らせ現象なのかの判断は、
10年運が仕事より(DNA石)なので、ズバリ仕事をヤメろというもの。
まったくプロ意識のないような顔面骨折では仕事どころではないだろうし、
このまま消えてくれれば、このうえないことだナ!
■読者メール→
「婚約者に殴られでもしましたかね?」
仕事いい加減にやめるとかで、トラブってね(笑)。
でも、3月は宝卯月で、ダメージカラー対冲ですから、
何か改良改革の流れや別れがあったのかも。
「アンナに続き、一時人気のあったモデル上がりが、
消えて行ってくれれば本当に芸のある人が残るんだけど」。
人気はありませんでしたよ。この二人は(爆)。

読者メール→
「幼少時からしているバレエは、鳳×3なら、それなりに表現できるのでしょうか?
でも『過去にしてただけっ!』なのに、お嬢ヅラするなよ〜って感じ」。
何も役にたっていないと思いますが・・・。
「とにかく、品を感じない!」
春の雨(川)は、品より行動力と愛ですからね。
「こんな低エネルギー点数で、よくぞ、コレといった芸無しで芸能界で生きていますよね」。
ほどなく消えてほしいですね!

読者メール→
「これでしばらく見なくてすむからいいかも。このまま引退しそうかなあ・・・」。
それが正しい判断ですが、往生際悪いので、こうなるんですよ!

読者メール→
「わかりやすいおしらせ現象ですね。さっさと結婚でもして、
非常識ぶりでも発揮していただこう。TVで見ると態度とともに気になるのが声の高さ。
エネルギー点数低いと声は高くなりますか?」
エネルギー点数が高いと、それだけ存在感があるので声にも重厚感がでます。
重く太く低いのが、点数の高い人の代表なら、
点数が低い人は、軽く単純で高くなるのは自然ですね。
「しゃがれたダミ声は、害を宿命に持ち合わせてるなんてことはあるのですか?」
声は金性がつかさどります。また、その逆剋の火性です。
声に問題があるとすれば、その極端さと害の存在が関係するかも知れませんね。

読者メール→
「結婚しても『VERY』のような雑誌に、
『○○さんの憧れライフスタイル』的に登場するような中途半端な登場を
続けるような気もしますね。誰が買うのかわからないブランドも始めたことだし」。
限られた層とスポンサーのことしか頭にない編集者は、
おおいに反省すべきです!
 
 
■2001年03月29日(宝卯)
白島靖代●ヤクルト土橋勝征の入籍
■いぶし銀の名脇役・ヤクルト土橋勝征(68年12月5日/畑酉)内野手と、
これまた名脇役女優・
白島靖代(70年12月22日/陽子)が、
1月下旬に入籍していたことがわかった。

堅実な守備と巧打でチームに欠かせない存在の土橋は、
DNA「司」主導で、冬生まれもあり、超真面目。「司+調」は、負けず嫌い。
「司+鳳」は、忍耐力あり。
「司+石」は、日常生活質素。
「司+禄」は、自制心やや欠けるも仲介能力あり。
「畑+司+亥月」は、地味に見えて激しい中身をもった人物。
10年運「1歳木子」は、特別条件なくも、役目役割意識とプライドを植えつけられる。
「21歳陽寅/31歳灯卯」の宿命にないラッキーカラーの10年運天冲殺で世に認められている。

87年デビューで、90年(鉄午)の映画『つぐみ』『櫻の園』で注目をあつめた白島は、
DNA「牽」主導で、役目役割意識にたけた人。
「牽+鳳」は、温厚で誠実。
「牽+牽」は、やや抑えがきかないが、スポーツ選手の妻としては良好。
「牽+禄」は、特別教育なくとも社会常識あり。
「牽+鳳」は、温厚誠実も、ややお天気屋。
10年運「5歳灯亥」で、協調性和合性をみつけ、
「25歳草酉」と「35歳木申」が、土橋同様宿命にない木性の10年運天冲殺。
ここで、安定するのは悪くない。
エネルギー141点の弱い冬生まれなので、専業主婦的生きかたは悪くないし、
「戌」年生まれ「陽子」で相場師的生きかたの人が、
内側から10年運天冲殺のエネルギーで夫を支えるのであれば、
このところ落ち気味の「畑」の土橋も、大きく落ち込むことはない。

この二人の共通干支は「山」で、土橋の生年干支「山申」を、
白島の月干支「山子」が「大半会」する、土橋の運が一方的に伸ばされる、
とんでもなく素晴らしい相性。
白島との結婚で、土橋の将来は約束されたといっても過言ではない。
家庭に対する考えが、のんびり屋「鳳」の土橋に対して、
常に格好をつけねば気がすまない白島の「牽」は、ややマイナスにも見えるが、
これとて刺激を与える意味では悪くはない。
スポーツ選手と女優の組み合わせは、えてしてチャラチャラした要素が多く、
たいしことのない組み合わせが多いが、これなら文句はつける必要なし。
パチパチ。頑張ってほしいゾ!
■読者メール→
「10年運天冲殺中に結婚して、抜けたあと困らないのですか?」
簡単に言えば、年運天冲殺は現実的なものですが、10年運の場合は精神的なものです。
両者がともに次元を上げてゆけばいいのです。
ただし、爆発的成功を収めた時に自然界へ感謝の気持ちがあれば良いのです!

読者メール→
「良い組み合わせというのは、自然の流れでできるものなんですね」。
気負いせず流れにのって次元を変えていけば、あります。
狭い世界にこだわらねばいいのですよ♪

読者メール→
「こういう組み合わせのカップルから、普通の子供がうまれるのねえ」。
親を超えるか否かは別ですが、生年も生月もつかず、宿命に害もない、
寅卯・申酉・午未の子供が、生まれるはずですよ♪
 
 
■2001年03月31日(雨巳)
水野美紀伊藤英明下品で実りのない交際
■ドラマ『女子アナ。』で共演した伊藤英明(75年8月3日/宝巳)と、
水野美紀(74年6月28日/鉄子)の「密会」が写真誌にキャッチされた。
ドラマ収録開始当初からの仲といい、
関係者によると「いつ表沙汰になってもおかしくなかった」らしい。

伊藤は、DNA「龍」主導で、本質が環境により変化。形に恵まれると精神苦。
「龍+禄」は、視野のせまい恋愛観。手段なしのお人好し。
「龍+牽」は、芸術志向。
「龍+鳳」は、内面葛藤激しい。
10年運初旬「9歳海午」は、デリケートさが付加される
ラッキーカラーであること以外に特別条件なし。
現在の「19歳宝巳」と本年(宝巳)は「律音」で、精神的にも現実的にも、
ひとつのことに集中すると成果がえられる人生の折り返し地点。

水野は、DNA「牽」主導で、プライド高く自己愛の象徴。
「牽+禄」は、実直な実務家。
「牽+調」は、内面気品も行動粗野。
「牽+貫」は、主義主張なく打算的。
10年運初旬「7歳畑巳」は、初旬10年運天冲殺のため、成功運型。
現在の「27歳灯卯」は、ダメージカラー10年運で、キーワードはプライド。

二人の関係は、ドラマ撮影という限られた世界で、
条件なし天冲殺中の水野の攻撃的な引力本能が、伊藤を陥れたようなもの。
共通干支がなく、全く発展性なし。
下品ないいかたをすれば、月支(伊藤の未と水野の午)の支合だけで、体だけの仲。
しかも「宝」と「鉄」では、まるで姉と弟であり、感心しない。
ともに時代整合性ない夏生まれ。
伊藤は男性にしてはフットワークの重すぎる226点。
水野は、強い女性の時代なのにアイドルなみの155点では、お先真っ暗。
いまだけの間柄とはいえ、もう少しまっとうな相手を選ぶべきではなかったか。
正常な判断を出来なくなっている水野は、事務所の責任大だし、
伊藤はファンのことも考え、もう少し冷静さが必要ではなかったのか。
事務所公認らしいが、おバカな人たちだ!
■読者メール→
「単年度と10年運の律音が重なると、どのくらいのパワーになるのでしょうか?」
通常は素手で戦っているのに、鎧を着ているようなのが、律音です。
10年運はこれに精神的な強さが加わります。
「大々自己発揮年が、タレントとの逢瀬に使われるなんて・・・。
折り返し地点を過ぎれば下り坂になっちゃう!」
一応、来年とさ来年はラッキーカラー年ですよ(笑)。

読者メール→
「夏生まれ同士で、さらに時代に合わないエネルギー点数同士とは
ダメカップルじゃないですか」。
だから、くっつくんでしょうね(爆)。

読者メール→
「日支だけでなく、月支も体の相性に関係あるのですね」。
体だけの相性は、過去でも未来でもない、現在を意味する月支優先です。

読者メール→
「本気で売る気なら、つまんない相手とは別れさせますよね」。
売れる時に売っておこうということで、仕事やってれば何でもいいんでしょう!
 
01年01月分 01年02月分 01年04月分 01年05月分 01年06月分
01年07月分 01年08月分 01年09月分 01年10月分 01年11月分 01年12月分
コラム総合目次//茶房会館(1 9 9 6 年〜)
さ く い ん
このページを美しくみる方法はこちら
プラウザのバックを使ってお戻りください●
BE●鳳積堂 Copyright(c)1994→2012 birthday-energy.inc.
BE●運命向上委員会BE●鳳積堂 きたでら
BE●運命向上委員会BE●運命向上委員会
BE●苺1BE●苺2