BE●BE●よけいなお世話
BE●苺1BE●苺2
熱意と心のDNAで運命を科学する 運命評論家●鳳積堂 BE
※「よけいなお世話」は著名人を誉めたり貶したりしながら、自分を磨く頁です☆
2 0 0 1 年(宝巳)●11月分// よけいなお世話
 
11月分一覧(2001年目次)
山口智充くずのANIKIは昇り調子(2001_1101)
瀬戸朝香●香港俳優と惨めな国際熱愛(2001_1102)
伊秩弘将●16歳年下に一目惚れ結婚(2001_1103)
えなりかずきさとう珠緒と職場交際中(2001_1104)
山口達也●なぜ太っているのか(2001_1105)
堀つかさ●水10ハンドク今だけでも迫力は充分(2001_1107)
上原あずみ●異才も内外シーソー克服が鍵(2001_1108)
上山千穂●宿命にない水性で真価が問われる(2001_1109)
渡辺満里奈●無難さが過大評価されているよ(2001_1110)
タモリ●笑っていいとも一週休みも視聴率変わらず(2001_1111)
西野妙子●元d.o.s.ヴォーカルが月9で復活(2001_1112)
俵万智●サラダ記念日は鴻上尚史とただれた関係(2001_1113)
長野博●声優に初挑戦という節目(2001_1114)
今井美樹●三億円の所得隠し発覚(2001_1115)
龍円愛梨●賠償金750万でポルシェの厚顔無恥(2001_1116)
藤原紀香●三流香港俳優と交際する懲りない性(2001_1117)
L'Arc〜en〜Ciel Ken●DVで二度目の離婚(2001_1118)
カルロス・ゴーン●V字革命の末期がやってくる(2001_1119)
菊間千乃川合俊一と致命的な不倫騒動(2001_1120)
佐々木蔵之介●水10ハンドクこれからの注目株(2001_1121)
安住紳一郎●私生活は信用できず(2001_1122)
雛形あきこ●車が揺れる不倫愛で転落の予兆(2001_1123)
片瀬那奈●無名日座冲殺Jリーガーに抹殺される(2001_1124)
福田明日香●復活という明日はなし(2001_1125)
遊井亮子●昼ドラで好評も欲なし(2001_1126)
重森あゆみ●色気意識で鳴かず飛ばず(2001_1127)
木内晶子●生真面目が売りだけど(2001_1128)
畦地令子●哀れ宮本和知の犠牲となる(2001_1129)
吉村由美西川貴教と夜逃げ同然別居から離婚へ(2001_1130)
 
■2001年11月01日(山辰)
山口智充くずのANIKIは昇り調子
■11月1日(木)オンエアの『うたばん』に初登場した「くず」は、
HIROこと「雨上がり決死隊」の
宮迫博之(70-0331/鉄戌)と、
ANIKIこと「Dondokodon」の
山口智充(69年3月14日/山子)が、
フジTV系深夜番組『ワンナイ』で結成した即席アコースティックデュオ。
彼らの唄う『ムーンライト』が11月7日(木戌)に、
メジャー発売される(千枚限定手売りは、7月27日/宝卯発売で即日完売した)。

松方弘樹(灯丑)のモノマネで有名な山口は、
DNA「牽」主導で、プライド高く自己愛の象徴。
自己の役割分担をハッキリ意識した生きかたをする。
「牽+調」は、内面気品も行動粗野。だいたんな手法で、新しい世界を開拓する。
「牽+司」は、評論家的で客観的に物事をとらえる。
「牽+石」は、長いものにまかれろ。人にうまくとりこむ才能。
「牽+玉」は、用心深い冒険心。

10年運初旬「3歳陽寅」は、ラッキーカラー10年運だが、これといって条件なし。
現在の10年運は「23歳木子」で行動力が増す時期で、
来年より「33歳雨亥」の干合10年運に入り、
同時にターボ運(子丑天冲殺まわりの10年運)のはじまりとなる。

宿命の特長は、エネルギー101点という最弱のエネルギー点数ながら、
軽くて乗りやすい体質。
「酉」年生まれ「山子」は、午未天冲殺ばかりか、人に可愛がられ助けられる。
また、ラッキーカラー「灯」を月干に持ち、いつでもツキのある人。
さらに、彼の所有する12支「酉/卯/子」は、どれも純粋で単純な構造。
これに「午」が加わると、ひとつのことに集中すると、
最弱のパワーが最強に大変化して、とんでもない出来事を起こす。
来年(海午)が、その「午」年で、条件なし天冲殺。
目立ち目立ち大ブレイク必至の予定だ!
■読者メール→
「パワーが最強に変化すると、現実的、精神面どちらも変化があるのでしょうか?」
12支の変化は現実的なものです。

読者メール→
「エネルギー101点とは驚きの軽さですが、それが最大の武器にもなるのですね。
これは女性でも同じことが言えるのですか?」
この時代の女性は存在感ある重厚なパワーがないと無理です。

読者メール→
「12支の酉と卯と子は、含まれる干の成分が一つだけだから、
『純粋で単純な構造』なんですね。
これに午が加わると対冲が2つで、それも12支を子から円上に並べた時に、
子午対冲と卯酉対冲は直交する形になる。こんな宿命もあるんですね」。
四季節をそれぞれ代表させて、12支を3タイプに分別することが可能です。
時計盤を見ながら、じっくり眺めてみると、色々なことがわかりますね。

読者メール→
「最弱のエネルギー点数の割には、体は大きくて、パワーがありそうに見えますが、
実際は、虚弱体質だったりするのでしょうか?」
エネルギーの大小と肉体構造は無縁です。差があるから面白いのですね。
「10年運が日干支と干合の場合、ゆらぎの度合いは増すのでしょうか?」
成長か堕落かどちらかです。10年運と年運はまるで異なるもので、
10年間もゆらいでいる訳ではないのです。
 
 
■2001年11月02日(畑巳)
瀬戸朝香●香港俳優と惨めな国際熱愛
■火9『さよなら小津先生』に出演中の瀬戸朝香(76年12月12日/山戌)が、
11月3日(鉄午)公開の香港映画『バレット・オブ・ラブ』で共演した、
レオン・ライ(66年12月11日/木辰)と熱愛中だという。
香港で放映中の日本のドラマを見て、
一目惚れをしたレオンのたっての願いで共演が決まったものだが、
最近の瀬戸は、パソコンの翻訳ソフトを購入するなど、
遠距離恋愛を意識した行動が目立つようだ。

瀬戸は、DNA「司」主導で、純粋かつ堅実。一人でいるのが堪えられない人。
「司+牽」は、感動希薄で保身術優秀。
「司+調」は、負けず嫌い。
「司+龍」は、用心深い冒険心。
「司+鳳」は、個人主義で忍耐力あり。
「山+司+子月」は、表より中身が熱い。
10年運初旬「2歳畑亥」は、協調性和合性身につけるも、初旬条件なし。
ただし、生年冲殺のため、その気になれば、仕事にハマり成功する。
現在の10年運は「22歳灯酉」は、ラッキーカラー害で、ありがたいが迷惑な時期。
宿命の特長は、エネルギー196点は女性が頑張っていくには、やや弱い。
「辰」年生まれ「山戌」は、他力運。

ライは、16歳(82年海戌/DNA龍)でイギリスに留学。
86年(陽寅/ラッキーカラー条件なし天冲殺)に香港に戻り、ATV俳優養成所に入る。
新人歌手コンテストで3位に入賞したのを機に、芸能界入り。
TVドラマ出演を経て90年(鉄午)に歌手としてデビューする。
歌手としては張學友(ジャッキー・チャン)、劉徳華(アンディ・ラウ)、
郭富城(ア−ロン・クォック)らと共に、四大天王と呼ばれる香港のトップスター。
95年(草亥)の「堕落天使(天使の涙)」(王家衛監督)、
96年(陽子) の「甜蜜蜜(ラヴソング)」の上映で、日本でもブレイク。
ライは、DNA「玉」主導で、生きかたを変えられない人。
「玉+司」は、生きるためなら何でもする。
「玉+石」は、理屈っぽい。
「玉+鳳」は、自分をたなあげ。
「玉+車」は、考えたとおりに行動するわかりやすい人。
「木+玉+子月」は、芸術芸能志向で、色事の因縁あり。
10年運初旬「9歳宝丑」は、プライドの高さが付加されるも、特別条件なし。
「19歳海寅/29歳雨卯」は、10年運天冲殺のため、
相応の頑張りをしたため、認知されているのだろう。
宿命の特長は、エネルギー181点は、軽くて乗りやすい質。
「午」年生まれ「木辰」は、人に助けられる。

二人の関係は、瀬戸がラッキーカラー「害」の10年運、
ライがダメージカラー「害」の10年運であり、まともな恋愛や結婚は期待できない。
ただでさえ不器用な山である瀬戸が、国内では仕事に恵まれないため、
年運天冲殺現象で香港まで呼び出されて、恋愛ごっこをしているだけの話。
そもそも遠恋なんかにうつつをぬかしているヒマはないだろうに。
瀬戸の事務所が悪い!
■読者メール→
「外国人を好きになりやすいDNAってありますか?」
龍が必要ですが、左3の位置ならありえます。
これ以外は、日座冲殺(木戌/草亥)以外は、勘違いですよ。
勘違いは特に、10年運や初旬の龍の影響が大です。
「外国人との恋愛は、共通干支の有無などは、あまり気にする必要がないのでしょうか?」
厳密にいえば必要ですが、日座冲殺には不要でしょう。

読者メール→
「山や木は海外へ行く・移住など×ですが、つき合う相手も、
相性がよかったり共通干支があっても、外国人は向かないとかあるんですか?」
何も好きこのんで外国人と交際することはありませんが、
龍があれば外国へ行くよりマシな程度です。

読者メール→
「レオン・ライは、どうして海外の女性に目を向けたのでしょうか?」
害だからおかしくなっているんですよ。
しかも、玉の害で、国内女性に嫌な目にあったんでしょうね(笑)。

読者メール→
「香港まで行く意味ってあるのですか?」
ありません。でも、仕事があまりないんで仕方ないのでしょうね。

読者メール→
「爽やかなイメージがないので、セデスのCMは違うと思う」。
爽やかじゃないので、必要なのでしょうが、やはり無理だね。

読者メール→
「自らの意志でなければ(事務所の意向なら)山の人でも、海外進出の成功は望めますか。
本人には苦痛になるのでしょうか?」
望めません。しかも害です。苦痛をどこかで感じれば、因縁消化になるだけです。

読者メール→
「お互い10年運害で『互角』だとは思いますが、付き合うだけ時間の無駄?」
女性ですから、瀬戸が大損ですよ。
 
 
■2001年11月03日(鉄午)
伊秩弘将●16歳年下に一目惚れ結婚
■SPEEDのプロデューサーとして知られる伊秩弘将(63年4月26日/畑亥)が、
結婚することになった。
伊秩は、東京都出身。
87年(灯卯)渡辺美里(海申)の「It's Tough/Boys Cried」で作曲家デビュー。
同年、森高千里(陽辰)の「New Season」で作詞家デビュー。
94年(木戌)には、期間限定ユニット『ICE BOX』にも参加した。

伊秩は、DNA「石」冲殺主導で、周囲に翻弄される。
「石+車」は、個人感情が周囲の影響で抑えつけられる。
「石+司」は、日常生活に味わいなし。
「石+禄」は、他人を利用しながら、自己の思いを伝える。
「石+玉」は、理屈優先の和合性。
「畑+石冲殺+辰月冲殺」は、老けて見えるのに、落ちつきない。
都会の隠居、ご意見番的。

10年運初旬「7歳草卯」は、DNA車のSPEEDを与えられるが、初旬条件なし。
ただし、生月冲殺なので、波にのれば成功運型。
「17歳木寅」では、名誉運が確立されポジションを与えられた。
「27歳雨丑」では、DNA禄の引力本能から蓄財に励み、
現在の「37歳海子」は、DNA司となり、結婚へ至ったのだろう。

宿命の特長は、年支「卯」と月支「辰」は害となり、
グズグズすると、なかなか結論をだせない。
また、年支「卯」と日支「亥」は半会となるので、
あれこれ考えず結論を早めにだすべき人。
エネルギー198点。金性ゼロ(DNA鳳・調)で、口ベタ。

相手は16歳年下の22歳無職女性。
二人は、99年8月(畑卯年海申月)に都内のレストランで居合わせ、
当時大学生だった相手に伊秩が一目惚れし、交際がはじまったもの。
今年(01年/宝巳)は、宿命に存在しない金性年(相手が妊娠でもしたのだろう)。
しかも、月干(陽)干合で、陽は海となりDNA司。
年干の雨も入れれば水攻めとなり、覚悟を決めたようだ。
生月冲殺なので、自身の天冲殺に色々なことが起こるのだが、
ただでさえ木性の多い人に、この結婚は仕事に集中することになるのだろうか?
2年もひっぱるなんて、のんびりしたことだ!
■読者メール→
「年の離れたカップルの利点ってありますか?」
女児が欲しい時に、生まれやすいです(笑)。

読者メール→
「その若さで無職でいいの?」
働く気持ちがなかったのでしょう。
確実に結婚する場合は、よけいな気を使わなくても良いのですが、
生年月日不明なので、なんとも言えません。
ただし、伊秩のDNA左3は司ですから、
家庭的な人を好むので、仕事をしてほしくなかったのでしょう。

読者メール→
「人生のスケールの大きさを判定する指標は、
初旬条件有無とエネルギー点数の高低のどちらなのですか?」
この二つなら、活かせば初旬条件ですよ。

読者メール→
「宿命中の害と半会は、どちらかの影響が強くなることはあるんですか?」
この場合の害は、生月冲殺にからんでいるので、コントロールできません。
ただし、半会も害を増幅してしまうようになり、両方ともそれなりでしょう。

読者メール→
「ふけ顔ってDNAでわかるのですか?」
日干→月支の関係が8点になると、これに該当します。
日干→年支が、8点だと若い時だけです。

読者メール→
「10年運初旬条件がなくても、成功できる秘訣は何かあるのでしょうか?」
生月冲殺じゃないですか(笑)。
「条件付きの人や、条件がなくてもSPEEDある行動が取れる人は、
成功しやすくなるものなのでしょうか?」
そのとおりです。
「結論を早く出したくても、年支・月支の害が、それを許してくれないので、
結婚を決断するまで時間が掛かってしまったのでしょうか?」
案外そういう人にあった人が相手になったりするものです。

読者メール→
「一目惚れされやすい女性って、いるのでしょうか?」
宿命干合持ちでしょう。

読者メール→
「作詞作曲は、身体的霊感とは関係ない才能なのでしょうか?」
この人は、心ではなく体がそうさせるのですよ。

読者メール→
「SPEEDは、プロデューサーの誕生日が影響してくるのでしょうか?
それともデビュー日のほうが重要?」
SPEEDは、木戌ですから、伊秩と干合です。何かしら、関連はしています。
ただし、デビュー日優先です。
 
 
■2001年11月04日(宝未)
えなりかずきさとう珠緒と職場交際中
■『王様のブランチ』で共演中のえなりかずき(84年11月9日/灯未)と、
さとう珠緒(73年1月2日/山戌*)が交際中だという。
巨乳系大好きのえなりとさとうは、ファミレスで食事をしたり、ゴルフに行ったりしているという。

えなりは、DNA「玉」主導で、生きかたを変えられず、親離れも難しい。
「玉+車」は、考えたとおりに行動する、わかりやすい人。
「玉+貫」は、先を読むことは無理だが、その場の雰囲気を関知し、それなりにこなす。
「玉+玉」は、無理をせず自然体。
「玉+龍」は、心で思うことと違った現実にふりまわされ、単独行動が似合う。
10年運初旬「9歳陽子」は、社交性を身につけるも、特別条件なし。
しかも、日支とは「害」が成立し、稼働力はあまりなく、
結果を求めすぎると、ロクなことはない。結婚運も良好とはいえない。
宿命の特長は、年干「木」と月干「草」の双方がラッキーカラーとなり、
そうそう困らない人だが、同時に「木」は12支「子」に支えられれており、日支「未」と害。
(1)表裏ありの人間性、(2)親や仕事そのものが、ありがた迷惑状態となる。
また、宿命には金性がゼロ(金銭物質運・やさしさが共になし)だが、
本年(宝巳)は、その金性年(回転する大きな物質運)ばかりか、
月干支が天剋地冲され、今までの気持ちをふっきる状態になっている。
「灯+玉+亥月」は、寒い季節の生まれ「灯」であり、「玉」主導でもあることから、
年輩者に気に入られる寅卯天冲殺だが、
頑張ってもなかなか評価が追いつかない状況(正当な評価を得づらい)で、
結婚も親や世話になった人に賛成されない雰囲気になる。
現在は、子役から大人へと脱皮しようと、精一杯やっているようだが、
165点のノリのいいエネルギー点数で、どこまで頑張れるか。

さとうは、DNA「司」主導で、誰かのために役立ちたいという気持ちが強い。
「司+貫」は、冷静で強い意志。
「司+禄」は、自制心欠け先見の明なし。目先の現実にとらわれやすい。
「司+司」は、現実性強く夢なし。
「山+司+子月」は、見てくれ穏やかでも中身は激しい。
10年運初旬「9歳宝亥」は、初旬条件なしも、少女らしい特別な感性が付加される。
現在は「19歳鉄戌」で、おおらかな表現力。
ちなみに、来年より「29歳畑酉」の害の10年運に入る。
宿命の特長は、エネルギー186点と旧型アイドルなみ。
水気が128点(68%)と多い割に(金銭物質と異性運過多)、
ラッキーカラーの火性(知性)は8点しかないし、木性(プライド)にいたっては、ゼロ。

二人の関係は、年支「子」を共通するものの、共通干なし。
さとうの典型的な条件なし天冲殺現象。
自分の意志か仕組まれたものかは別にして、こんなことしている場合か!
■読者メール→
「10年運が害に入ると、精神的に辛い状態がずっと続くと覚悟しておいた方が、
いいのでしょうか?」
現実が先なので、精神的なことはあとです。
「10年運害を迎える心構え、みたいなものはありますか?」
私生活に期待をかけず、過去を振り返らないことです。

読者メール→
「知性が足りないのは、見たままですね。それにしても、ファミレスでいいの!?」
その程度のものと考えているのでしょ(笑)。

読者メール→
「脚光さえ浴びれば良しとする、さとうでも自分から『えなり』は、
ないのではないでしょうか(笑)」。
事務所の意向かも知れませんね。
 
 
■2001年11月05日(海申)
TOKIO 山口達也●なぜ太っているのか
■月深夜24:50『PPP』で、クルマ破壊バラエティの司会をする
TOKIOの
山口達也(72年1月10日/鉄子)。
デビュー時は、メンバーのなかで最も注目され、
連ドラに主演クラスで顔をだしていたのに、
最近は物の見事にブクブク太り精彩なし。いったい、どうしたのだろうか。

山口は、DNA「調」主導で、偏ってないと不安な人。
「調+禄」は、組織とは多少距離をおく、ユニークな発想の持ち主。
「調+調」は、常識の通用せず。
「調+石」は、自尊心強くも地位や名誉に興味なし。典型的補佐役。

10年運初旬「1歳鉄子」は、日干支と律音(同一)のため、成功運型。
DNA「貫」が付加され、自我が強くなる。
「1歳鉄子/11歳畑亥/21歳山戌」は、変剋律10年運(異常干支の3連続)で
精神苦をともなうと、才能に磨きがかかる。
現在「21歳山戌」の10年運は、埋もれている状態だが、
もうすぐ「31歳灯酉」のラッキーカラー10年運となり、再評価も期待大。

宿命の特長は、エネルギー209点中、水性過多で97点(46%)。
これでは、鉄の良さはでない。
ラッキーカラー火性は、全くない野人。
救いがないので、太るだけ。
また、年干・月干ともに「宝」。これに日干「鉄」を加えると、
やや質が落ちるも天干一気で下剋上運。
現在条件なし天冲殺で、多少のブレーキをかけながらも、山口の春はこれからだ!
■読者メール→
「鉄子の山口が車(鉄)を、ぶち壊すバラエティーとは、何かの縁でしょうかねぇ」。
壊すか、希望の新車を手にできるかどちらかですから、極端な山口らしいです。

読者メール→
「31歳の10年運で、もっと山口が輝いたら、
身近な年長者の城島への影響は大きくなりますか?」
いまだって存在感イマイチなんだから、当然ですね。

読者メール→
「番組で大工仕事をしてる姿に、惚れました(笑)。
2〜3年前の太り方に比べると、最近は少しマシかな?と思いますが・・・。
番組観覧に行った人も、
『実際はガッチリしてるって感じで、テレビで見るより痩せてる』と言ってましたし。
周りが痩せてるから、太く見えちゃうんですよ、きっと。
でも、まー確かにデビューの頃の映像を見ると、別人君やん!と思いますね!」
前田耕陽より、マシだよね(笑)。

読者メール→
「太っているのが、幸せなのは山の人だけなんでしょうか?」
存在感があり引力本能を発揮すればするほど、価値がでるのは山だけですね。
木の人も頼りがいがでますよ。特に秋生まれは、果実をしっかりつけていればね。

読者メール→
「補佐役ということですが、TOKIOのなかにいた方がよいのですね?」
鉄子の役割とはそういうものです。

読者メール→
「ラッキーカラーで、痩せはじめますか?」
本人の自覚があればね。

読者メール→
「鉄なのに水分過多だと、どういう状態になるのですか?」
DNA鳳ならばバランス良く太りますが、調なので偏食による肥満です(笑)。

読者メール→
「埋もれている間に、磨かれる才能とは何ですか?」
向上心と気づかいです。

読者メール→
「太ってからは逆に親しみやすい印象を受けます。
やはり事務所としては好ましく思っていないんでしょうね」。
本当にそう思っていたら、クビにしてますよ。

読者メール→
「害持ちだけでなく、野人も太りやすいとかやせやすいとかあるのですか?」
害は病気で現実的なものですが、野人は精神性からくるものと解釈してください。

読者メール→
「DNA調主導の人は、偏りがなくなり、バランスが取れるとどうなるのでしょうか?」
それが精神苦ですよ(笑)。

読者メール→
「宿命にラッキーカラーがない人は、ダイエットをしても無駄ですか?」
体壊しますよ!

読者メール→
「律音は人生の折り返しということだと思いますが、10年運初旬条件でそれだと、
自分の運が稼働すると同時に、若くして精神面が折り返してしまうのでしょうか?」
初旬の意味合いは全くことなります。
この場合は独立心旺盛で、人生全般が素手で闘う人より、
鎧甲をきたような迫力を付加させます。
 
 
■2001年11月07日(木戌)
堀つかさ●水10ハンドク今だけでも迫力は充分
■水10『ハンドク!!』で、長瀬智也(雨酉)に思いをよせる、
下宿先の元気な娘を演じるのが、愛知県出身の
堀つかさ(81年10月29日/鉄辰)。
昨年(鉄辰)、『らぶ・ちゃっと』でデビュー。
今年(宝巳)4月の月9『ラブレボリューション』では、
チャームポイントの目を活かし、江角マキコ(宝亥)演じる医師に、
嫌みをいいながら、キッとにらみつける看護婦役で好評をはくした。

堀は、DNA「龍」主導で、形に恵まれると精神苦。改良改革精神旺盛。
「龍+石」は、言い訳無用の実行力。
飲み込み早くソツなくこなす演技力が小気味いい。
「龍+龍」は、やり始めると止まらない(笑)、ブレーキなしの行動力。
龍は3コ、石は2コと、大変わかりやすい性格。

10年運初旬「3歳畑亥」は、品性加えられるも特別条件なし。
「13歳鉄子」は大半会で、ただでさえ強い「鉄」を、さらに迫力あるものとしている。
生年冲殺のため、生地を離れ仕事にはまれば、相応の活躍が期待できる。

宿命の特長は、エネルギー212点とまずまずのパワーだが、
金性104点とほぼ半分をしめ、存在感抜群。
時代整合性ある「鉄」がこれだけ強いのだから、ラッキーなスタートを切ったのだろう。

「今の年齢でしかできない役をやっていきたい。
大人の役は大人になってからでも出来るから」と言い放つ堀は、
『ハンドク』では、「キャンキャン吠える犬みたい」とテレるが、
体当たりの演技を、元気に見せてくれている。期待大!
■読者メール→
「律音の時になにかを始めると、その後はスピードがついて良いのでしょうか?」
覚悟が中途半端ではありませんので、勢いがあります。

読者メール→
「精神苦を味わうことが、さらに運気を発展させる原動力となるのですか?」
直接あらわれるのは才能開花であり、運気発展ではありません。
発展するとしても二次的兆候です。

読者メール→
「演技力というよりは、『当たって砕けろ』の勢いで、生きていくべきヒトですよね・・・」。
今の時代には、もっとも大切なことですね。

読者メール→
「目が印象的」。
強い意志のあらわれです。

読者メール→
「小柄そうだけど、とってもパワーを感じます」。
これが、強い女性の中身がバッチリタイプです。
いくら強くても、背が高く体重もあると、密度が薄くなりますね。

読者メール→
「ラッキーカラー成分と、自分と同じ成分とでは、どちらが多い方が好ましいのでしょうか?」
バランス良いほうが、長持ちします。
自己と同じ成分が多いと、独立心が強くなりますが、中途半端に強いと危ういので、
圧倒的な強さでないと、いけません。
こういう方は姉妹が多い環境か、
同格の友人などと切磋琢磨して成長してゆく必要があります。
 
 
■2001年11月08日(草亥)
上原あずみ●異才も内外シーソー克服が鍵
■月7:30「名探偵コナン」のエンディングテーマ&
ニッポン放送「LF-R」秋のキャンペーンソング
(毎週木曜日21:30「上原あずみのあずみミラクル」好評オンエア中)になっている
『青い青いこの地球(ほし)に』を唄うのが、
東京都出身の
上原あずみ(84年4月10日/木戌)。
10月31日(灯卯)発売のこの曲は、新人としては異例のプロモーションがかけられ、
11月12日付オリコンで初登場9位に登場するほどだ。
メロディーは、60年代のアイドル歌謡を彷彿とさせるノリで、
作詞は上原本人が担当。ヤル気満々だ。

上原は、DNA「石」主導で、政治力にたける。
努力するより策をこうじるタイプ。
デモテープを送ったのが、デビューにつながったのも納得できる。
「石+玉」は、やや理屈っぽい。これは作詞の才能。
「石+牽」は、長いものにまかれろ。組織をうまく利用する。
「石+貫」は、集団に従うが積極的になじまず、独裁者へと進む。
「石+禄」は、他人を上手に利用する。
「木+石+辰月」は、じっくりと良さを浸透させる性癖。

10年運初旬「2歳灯卯」は、ラッキーカラー10年運。
現在の10年運も「12歳陽寅」で、ラッキーカラー。

宿命の特長は、エネルギー204点の生日冲殺。
「子」年生まれ「木戌」は、内外シーソー。
彼女のこの時期(プライドが満足される時)でてこれたのは、
一にも二にも日座冲殺さげ●●の「木戌」の生まれだけ。
あとは、17歳の彼女が個人的に苦しみを受ければ受けるほど、売れることになる。
初登場9位は、その証なのだろう。
透き通るような白い肌に、大きな瞳。
あどけなさが残る声で、何も知らない大人たちを、
真綿で絞め殺すように、ジワジワと追いこんでゆく!
■読者メール→
「周囲に日座冲殺の人がいて、避けられない場合、
悪影響を受けない上手なつき合い方はありますか?
それは、害の人との場合とも共通しますか?」
日座冲殺と害では、被害状況がまるで違います。
日座冲殺は異性のみですが、害は男女かかわらずです。
避けられない場合は、自分の生きかたが悪いので、つかまったと思うことです。
肉体的接触があれば、アウトです。

読者メール→
「名探偵コナンのエンディングテーマと言えば、倉木麻衣が常連だったのに、
それを奪ってしまった。さすが木戌」。
単に事務所が同じで融通したのですよ(笑)。
「たまたまラジオの番組を聞いたのですが、台本棒読み・・という感じが否めなかった。
これから、DNAを生かして策を講じて、何とかしていくのでしょうね」。
木戌なんですから、それがまた魅力かも知れません。
何もしなくても、だいじょうぶでしょう。

読者メール→
「新人にしては順調な滑り出しですが、彼女の個人的苦しみとは、
ズバリ何を指すのでしょうか?」
異性以外にありえません。
「今回の売り出し方法の、『60年代のアイドル歌謡』というのは、
正しかったのでしょうか?」
差別化されていますからね。

読者メール→
「木戌が、そのパワーを発揮し始めるのは、いつですか?」
この世に生をうけた時から、はじまっています。

読者メール→
「日座冲殺の人には、どんな役割が与えられているのでしょうか?」
成功しようとする人を、蹴落とす役割です。

読者メール→
「見分けのつきやすい身体的特徴や、言動があれば知りたいです」。
60人に二人は、確実に日座冲殺ですから、そこらじゅうにいますよ。
不幸があれば、目つきが人のものでなければ、簡単なことです。
 
 
■2001年11月09日(陽子)
上山千穂●宿命にない水性で真価が問われる
■TV朝日『ニュースステーション』と言えば、久米宏(畑卯)と渡辺真理(海戌)だが、
このバブリー夏生まれの二人の老体を向こうにまわし、的確なNEWSを伝えているのは、
兵庫県神戸市出身、聖心女子大卒の
上山千穂(75年10年31日/鉄戌)。

上山は、DNA「龍」主導で、本質が環境により変化。物の裏側を見る、改良改革の人。
「龍+司」は、用心深い出所進退。テリトリー内の冒険者。
「龍+龍」は、やりはじめると止まらない、ブレーキなしの行動力。
「龍+車」は、瞬間判断力抜群。
「鉄+龍+戌月」は、理屈っぽいが静かな明るさを放つ。

10年運初旬「3歳灯亥」は、ラッキーカラー10年運ばかりか、
年干「草」と日干「鉄」が干合した結果、
年干が「宝」となり、これが月干「陽」と干合すると月干が「海」になり、
この「海」が10年運干「灯」と干合すれば、
それぞれ「木戌」「草亥」となり、初旬特別条件付10年運天冲殺運型。
生年冲殺でもあり、成功運型。
現在の10年運「23歳畑丑」は、DNA玉で補佐役として、万全の力を発揮する時。

宿命の特長は、エネルギー186点は、やや軽い。
月干にラッキーカラー「陽」が輝き、挫折なし。
また、ダメージカラーの水分ゼロの良質な鉄。
遊びなしなのだから、NEWS番組には適しているのだろう。

「卯」年生まれ「鉄戌」は、上がって落ちる。
戦火のアフガニスタン・パキスタン国境まで
出かけていってリポートをする姿は立派なものだが、
いくら宿命を感じる海外とはいえ危険であることは代わりなし。
来年はいよいよ、宿命にない水分でうろたえるか、真価が問われるのは、これからだ!
■読者メール→
「月干のラッキーカラーが、干合で変化してしまった時は、
精神的につらいと感じやすくなるのでしょうか、
それとも現実に挫折に近い出来事が起こるのでしょうか?」
その人の生きかたによります。上山は、生年冲殺の組織人です。
仮に苦痛と感じても、本人の次元を上げる絶好の機会です。

読者メール→
「初旬条件が出ると、なぜ成功運型になるのですか?」
宿命の種子に刺激を与え、発芽させる作用があります。

読者メール→
「司がくっついてしまうと、テリトリー内の冒険者になってしまうのですね」。
程良くなっていいでしょう。ダメージカラーだし(笑)。
「自分の中にない水分が発生した場合、
仕事よりも私生活の方に目が行きやすくなってしまうのでしょうか?」
10年運によります。
上山の場合は、玉(10年運)と鳳(年運)ですから、案外結婚かも知れません。

読者メール→
「DNA玉の生き方は、理論理屈ですが、知識を表すとも言えますか?」
20代で仕事人間には、知識ではなく補佐役という意味になるでしょう。
「知識を増やしたり資格を取るときに、10年運のDNAは関係しますか?」
知識は学生時代までか、歳をとってからですよ。また、資格は牽です。

読者メール→
「切れ味よさそうですね〜」。たとえエネルギー点数が低くても、
鉄であるだけで、時代整合性ありとなるのですよ。
「宿命にない成分のダメージカラー年の場合、
来年は半会だし、ダメージは大きいですよね?」
Nステに料理コーナーが出来たりしてね(笑)。

読者メール→
「宿命に無い干の年の場合、その年に被る運のいい意味と悪い意味とを、
見分ける方法を教えてください」。
鉄生まれだと、宝はDNA石です。良い方は協調性和合性と政治力。
ズル賢くです。悪い方は、妥協と諦めですね。
 
 
■2001年11月10日(灯丑)
渡辺満里奈●無難さが過大評価されているよ
■中途半端な工藤静香(木子)が結婚したいま、とりあえず「おニャン子」出身で、
ひとり健在で気を吐いているのが、
渡辺満里奈(70年11月17日/宝丑※)。
久々のドラマ土9『歓迎!ダンジキ御一行様』で、
住職の娘で大学病院の医師を演じたかと思えば、
無難な司会やアシスタントをバラエティ部門でも数々こなし、
台湾キャンペーンのCMまでこなしている。

渡辺は、DNA「司」主導で、地味で堅実。
「司+貫」は、急がず焦らず強い意志力。
「司+鳳」は、個人主義で忍耐力あり。
「司+石」は、日常生活精神的に質素。
「司+車」は、案外気が強く、猪突猛進。目前の役割に感情通用せず。

10年運初旬「3歳陽戌」は、日干「宝」と干合すれば、「海戌」となり、
さらにこれが月干「灯」と二次干合すると、10年運干支が「木戌」となるため、
初旬10年運特別条件付天冲殺となり、成功運型。
現在の10年運「23歳木申」は、立場がやや不安ながら(月支害)、
堅実に自己発揮をする時期。ようは、蓄財(笑)。
次旬「33歳雨未」は、対冲。
その次の「43歳海午」は害だ。

宿命の特長は、エネルギー224点と、そこそこバランスのとれた成分。
年支「戌」・月支「亥」・日支「丑」は、晩秋から冬の12支で構成され、
「子」さえあれば、季節がつながるので、毎年12月(子月)に動きあり。
「戌」年生まれ「宝丑」は、待ち運。
現在条件なしの天冲殺で、それらしく単に目につくのか、
手頃なのか、来た仕事を無難にこなしている。

仕事があるのは、前記条件と、使われやすいだけ。
「宝+司+亥月」は、場違いの結婚。
来年(海午)は条件なし天冲殺明けと害。
この調子で、さらに流れに乗りたいかも知れないが、
ここ2年は過大評価により稼働力が上がったように見えたもの。
肉体的には、疲れもピークに達するだろうし、
今が上がりきった状態で、出来すぎだってば!
■読者メール→
「子が来ると、どうなるのですか?」
どうなるのではなく、何かが起きるのです。現象は、その月や年のDNAによります。

読者メール→
「こんな感じが上がりきった状態ですか。待ち運というのは自分から事を起こさず、
待っていればいいってことならば、
自分から事を起こしてはいけない生年・生月の人とは
どの程度の違いがあるのでしょう?」
生年冲殺や生月冲殺は、条件のある時にキッカケづくりのために動くこともありますが、
待ち運は困ったら自己発揮せず、絶対に待っていろということなのです。

読者メール→
「天冲殺明けが、害年になってしまう人は、気分転換はどうすればいいのですか?」
気分転換ではなく、天冲殺に起きたことを清算しないから害になったり、
方向転換がまずいから害になるのです。
待ち運なのに、月干干合で目下や夢の変化により、周囲が害をもたらします。
気分転換はできません。

読者メール→
「10年運を見るとき、日支、月支、年支は、
どれくらいの割合で影響してくるのですか?」
どんな場合でも、原則日支50%で、他が25%ずつです。

読者メール→
「年齢のわりに若く見えるのは、BE的に干支から読めるのでしょうか?」
日干から月支が7点になる場合です。

読者メール→
「初旬条件のある人の成功は、どの程度まで続くのですか?」
2旬3旬までです。
それ以降は、融合条件(干合支合や大半会やラッキーカラー)がないと、急速に落ちます。
 
 
■2001年11月11日(山寅)
タモリ●笑っていいとも一週休みも視聴率変わらず
■オフのゴルフ中の事故というマヌケな理由で、
20年一切休みなしの『笑っていいとも』を1週間休養した
タモリ(45年8月22日/雨亥)。
視聴率は相変わらずで、誰にでもわかる結論は「必要なし」と、出てしまったが・・・。

タモリは、DNA「玉」主導で、気分転換ヘタで、環境をなかなか変化させられない人。
「玉+龍」は、ホンネを言わず。
「玉+石」は、理屈っぽい。
「玉+鳳」は、自分をたなあげ。
「玉+調」は、博学の世間知らず。
「雨+玉+申月」は、精神分裂的。運が上がりきると不運に見舞われやすい。

10年運初旬「5歳雨未」は、日干支「雨亥」と大半会のため、成功運型。
現在の10年運は「55歳山寅」で、干合支合。役目役割に徹する時期。

宿命の特長は、エネルギー168点という軽さ。
ラッキーカラー火性(暖かみ、金銭物質運)ゼロで、冷たくて自己中心の性情。
月支「申」と日支「亥」は、害の関係で、物事のまとまり悪く、最後が華になりづらい。

いまさら説明無用の人だが、SPEEDと独自性が強調される時代に、
何ら工夫も芸もない人が、いつまでも同じ場所に座り続けているのには異議あり。
今年(宝巳)は改良改革の対冲で、そろそろお引き取りを願う時期。他には、何もなし!
■読者メール→
「ここまで、やってこれたのはDNAが玉だから?」
そのとおりで、ひとつのことを懲りずにやり通すのです(笑)。

読者メール→
「面白くないのに、周りが気使って笑っている。空気を分かっているのかいないのか、
見てる方が疲れちゃう。後釜は中居くんでいいんじゃないかと・・・」。
番組そのものを練り直したほうがいいでしょう。
爆笑問題ではいけないか・・・。

読者メール→
「10年運山寅でのこの人の役目役割とは、一体何なんでしょうか?
冷たくて自己中心的な人物であれば、後進の育成に力を注ぐ・・というのも考えられないし。
今回の怪我が、引退へのお知らせ現象と考えて良いのでしょうか?」
引導を渡されたのです。
奉仕をしない人が、このままなら、もっと悲惨なことになりかねませんよ。

読者メール→
「害持ちは、誰でも晩年が華になりにくいのでしょうか?」
日支の持つ意味は晩年をあらわします。
月支を現在とすれば、現在から晩年が害とも判断できます。

読者メール→
「彼の芸風は、仲間内でなら楽しめる程度のものですよね」。
そういう時代ではないということです。
「カツラなんだろうか、それとも植毛か・・・」。
害持ちですから、ありえますね(笑)。
「彼は子供がいませんよね。それなのに豪邸を建てるなど、
自分のためにしかお金を使わず、奉仕をしていないようなのですが、
このままだと、いい形でこの世を去れないのですか?」
自分のためだか、夫人のためだか知りませんが、晩節汚さずにはなりません。
このままでは悲惨ですよ。

読者メール→
「まるで面白くない人だと思ってたのですが、鳳があるのだから面白くしようとすれば、
できるんですよね? 手を抜くなー」。
この鳳は、DNA左端にあります。
つまり子丑のクセに、目上や都合のいい人にのみ発揮するものですよ。

読者メール→
「精神分裂的というのは、具体的にどんな感じなのでしょうか?
普段から他人に分かりますか?」
彼の昔の芸がそのものです。平静を装っても、支離滅裂ですよ。

読者メール→
「一般の人の引き際も、ケガや病気などの、お知らせ現象で判断できますか?」
往生際が悪いと、そうなります。

読者メール→
「月支と日支が害の関係の人は、最後が華にならなくても、
めげずに次々と新しいことをしていくしかないのですね?」
奉仕も必要です。

読者メール→
「引退したら、その後はどう過ごすのでしょうね?」
DNA石が左3ですから、政治家となり世のため人のためなら、救われます。

読者メール→
「害持ちが物事をどうしてもまとめたいときに、何か良い方法はありますか?」
自分ではやらず、他人に頼むのです。
「役目役割に徹する時に『番組から離れろ』と、自然界から諭されたわけですが、
今後10年間は彼は何をすべきなのでしょうか?」
奉仕でためこんだお金を吐き出すだけです。
しかし、それをやらねば、全てを失うような事件が待っています。
 
 
■2001年11月12日(畑卯)
西野妙子●元d.o.s.ヴォーカルが月9で復活
■月9『アンティーク〜西洋骨董洋菓子店〜』で、
滝沢秀明(宝亥)演じる元ボクサーのパティシエ見習いの
元彼女(看護婦)を演じるのが、
西野妙子(75年12月30日/鉄戌)。
西野は、元アイドル出身で、ASAYANで小室哲哉(山申)が
プロデュースしたユニット
d.o.s.のヴォーカル。
ユニット自然消滅後、しばらく姿を消していたが、
どういう風のふきまわしか、この秋の月9で復活した。

西野は、DNA「調」主導で、偏り激しく不平不満の多い人。
「調+司×2」は、競争意識旺盛で、とんでもない負けず嫌い。
「調+龍×2」は、内面葛藤激しく、常時精神安定せず、爆発の連続。
「鉄+調+子月」は、直感力。

10年運初旬「2歳畑丑」は、スター性より脇役を運命づけられる。
初旬条件なくも、生年冲殺のため、ハマれば持続する。
「12歳鉄寅/22歳宝卯」は、10年運天冲殺で、
あれもやらされこれもやらされと、もみくちゃにされながらも、運命を楽しむ。

宿命の特長は、エネルギー142点と旧型アイドル。
「卯」年生まれ「鉄戌」は、上がって落ちる。これの、繰り返しだ(笑)。
時代整合性ある「鉄」であることと、
生年冲殺だけが取り得のこの人も、そろそろ仕上げに近づくかも!
■読者メール→
「こういうDNAの人は、心の平静などというものとは、一生縁がないのでしょうか?
葛藤して不満を持ちながら生きていくことが、この人らしい生き方なのでしょうか?」
そのとおりです。

読者メール→
「脇役と言っても、ただ単に地味な人と味のある人がいますが、
それは何で決まりますか?」
異常干支の有無で、決まりです。

読者メール→
「10年運天冲殺だと、受け身でふりまわされる方がいいですか?」
受身=振りまわされるでは、意味が違います。
受身だろうと積極的だろうと、うねりのようなひとつの流れに乗るだけです。

読者メール→
「12歳鉄寅/22歳宝卯の10年運天冲殺で、運命を楽しむ余裕を持っていることは、
どの部分で読めるのでしょうか?」
芸能界にいるということだけで、通常人とは異なるからです。
実際はともかく、楽しんでもらっていないと困るのです(笑)。
「上がって落ちるの繰り返しが宿命のヒトに、
ゴールに近づいていることが判るのは、如何なる条件が揃った時なのでしょうか?」
女性の特権は出産です。
来年(海午)のDNA鳳の半会、さ来年(雨未)の月干干合支害で、
普通に流れれば、エネルギー点数も少ないので、潮時ということです。

読者メール→
「鉄以外にも時代整合性ある干ってありますか?」
動乱期に最も力を発揮するのは、武器である鉄です。
陰陽で宝もといいたいところですが、取扱困難で使いづらいです。

読者メール→
「負けず嫌いなのに、脇役の運命というのは辛そうですね」。
負けず嫌いだから脇役があうのであって、主役は勝って当然の人がなるべきです(笑)。

読者メール→
「あがって落ちるの繰り返しの、その落差は10年運次第で変化があるのですか?」
大半会があれば、大きく上がります。何もなければ小幅です。

読者メール→
「もとのメンバーが、小室と結婚したときは、どう思ったんでしょうね。
やはり悔しかったかな」。
調主導は、ねたみが原動力です。
「こんど落ちたら、もう仕事はないってことですか?」
たぶんね(笑)。

読者メール→
「DNAの配分で、同じ組み合わせが2組という場合、
その意味が強調されるものなのですか?
それとも、分かりやすい単純な人なのでしょうか?」
単純には変わりないですが、主導するものがかかわっているか否かでも違います。
また、相剋か相生でも違います。相剋なら才能。相生だと単純です。

読者メール→
「内面の葛藤が外に表れる人とそうでない人って、どこで分かれるのでしょうか?」
10干12支の特長です。生年や生月や異常干支ほどでます。特に顔にね。

読者メール→
「スターと脇役はどのような違いがありますか?」
スターは、DNA禄主導です。

読者メール→「直感力と、ひらめきとの違いを教えてください」。
直感とは鋭いものです。
ひらめきとは、柔らかく広がりのあるものです。
調と鳳の本質の違いがでてますね。
 
 
■2001年11月13日(鉄辰)
俵万智●サラダ記念日は鴻上尚史とただれた関係
■87年(灯卯)に『サラダ記念日』で大ブレークした
歌人の
俵万智(62年12月31日/雨卯)の私生活が暴かれ、
劇作家の
鴻上尚史(58年8月2日/宝亥)とのタダれた不倫が報道されている。

俵は、DNA「貫」主導で、敵が多いほど頑固。
「貫+調」は集団行動不得手で、恩義通用せず。
「貫+鳳」は、表面温厚中頑固。
「貫+石」は、周囲に溶けこめず、独裁者的。
「雨+貫+子月」は、用心深く、苦難の人生で説得力あり。
10年運初旬「8歳宝亥」は、創造力があたえられたが、特別条件なし。
「18歳鉄戌」は、伝統性。
「28歳畑酉」は、男まさり。
現在の10年運「38歳山申」は、干合で異性について、動きがでる時期。
宿命の特長は、エネルギー185点で弱いが、
年干・月干(共に海)に日干が「雨」で、天干一気。
精神集中力抜群で、目上を吹き飛ばす。
しかし、「海」に囲まれた「雨」は、冷たい冬生まれでも、濁りばかり。
宿命には、金性ゼロで浄化されない「雨」で、ズル賢いばかりか、救い薄い。
デビュー以来、優等生で通してきた俵だが、
条件なし天冲殺と宿命にない金性年で、表にでてしまったかっこうだ。

鴻上は、DNA「龍」主導で、裏読みの人。
「龍+玉」は、本音を隠す性癖。
「龍+調」は、不平不満多い。
「龍+龍」は、ブレーキの効かない人。
「宝+龍+未月」は、静かな明るさ。
10年運初旬「2歳鉄申」は、初旬「害」で、DNAキーワード「石」。
ズルく振る舞おうとすればするほど上手くいかず、結婚運に問題あり。
「2歳鉄申〜32歳雨亥」は、ターボ運で一時期目立った活動が出来た。
現在「42歳木子」は、立場が不安(月支の害)で、家庭(DNA司)に波あり。
宿命の特長は、エネルギー214点。「戌」年生まれ「宝亥」は受身。
バブリー夏生まれが、今年(宝巳)の納音年で、過去の完全破壊が行われたようだ。
主宰する劇団も「10年間の活動停止宣言」をするなど、
もはや身動きとれず、未来が見えない状況だ。ああ、恐ろしい(笑)。

二人の関係は、俵の初旬干支が、鴻上の日干支なくらいで、まるで縁もなし。
芝居好きの俵が一方的におしかけたという話もあるが、
個人的に近づいてはいけない相手にハマった鴻上も悪い。バカらしいこと。
こうして、ダメ人間達は淘汰されて行く!
■読者メール→
「個人的に近づいたら破滅する相手に、はまってしまうのはどんな時・どんな人ですか?」
天冲殺、害や、宿命害持ち、初旬害持ち、宿命にない成分をもっている人に、
天冲殺・害・半会などで出逢ったしまった時など。
千差万別、よくある話ですよ(笑)。

読者メール→
「浄化されない濁った雨は、意図的に仮面を被っていたのでしょうか?」
水源地がないので、汽水域にならざるをえません。
生活の知恵のようなものです。この人に歌人としての才能はありません!

読者メール→
「この人ってバブルの産物だと思っていたのに、教科書にのっているんですよね」。
文化が汚れます。恥!
「宿命にない成分の天冲殺は、どのように心掛けて過ごせば良いのでしょう?」
組織や後見人に庇護されねばなりません。

読者メール→
「自分でわかってて、逆に有効活用することってできます?
いやな上司に近づき吹き飛ばしてやるとか・・・」。
天干一気の人間を近くに引きよせる人間は、もともとツキがありません。
自己の肉体まで使って、相手をいためつけるとバチがあたりますよ。
日座冲殺じゃないんだから(笑)。

読者メール→
「いつ見ても同じ髪型、印象の変わらない人ですが、
内面の頑固さはこういうところにも出るのでしょうか?」
保守的なのです。歌風はポーズです。
「初旬が害で、結婚運に問題がある人は皆、その後10年運が変わっても、
ずっと影響してくるものですか?」
10年運で天剋地冲されても、本質に変化はありません。

読者メール→
「不倫がもたらすダメージとは、どんなものですか?
既婚・独身・男女で違いはあるのですか?」
無関係です。仕方のないものなのです。
ただ、芸術家や芸能人などはマイナスとなり、
実業家にはかえってプラスにはたらくものです。

読者メール→
「俵万智が不倫をしてるのは、彼女の歌でわかりましたが、
この人と不倫するなんて、よほど家庭にひずみがあるんだなとか、
物好きな人もいるもんだということでした。
彼女のデビューは華々しかったですが、
今となってはBEではありませんが、時代整合性が全く無い作風であるように感じます。
歌いつづける(貫)こと自体意味はあると思いますが」。
あとへは退けませんからね(笑)。

読者メール→
「目上を吹き飛ばした天干一気は、いずれは自分も、同じような目に遭うのでしょうか?」
下剋上の論理ではそうですね。意図的なら当然の報いを迎えるでしょう。

読者メール→
「天干一気でも、それより強い目上で吹き飛ばせないと、どうなりますか?
弱いながらもかすり傷ぐらいはできるのか?
それともパワーが、発散できなくて自爆するなんてことになるのでしょうか?」
自爆します。

読者メール→
「いつもヘラヘラ笑っている鴻上は、本人自覚があるのでしょうか?」
静かな明るさのつもりでしょ(笑)。
 
 
■2001年11月14日(宝巳)
長野博●声優に初挑戦という節目
■ウォルト・ディズニー生誕100周年記念作品
『アトランティス/失われた国』の吹き替え版で、
主人公マイロ役で声優に初挑戦したのが、V6の
長野博(72年10月9日/雨酉)。

長野は、DNA「龍」冲殺主導で、常に見直し・再出発を要求される人。
「龍+貫」は、ヘンに我慢強い。味わいあるも、地味。
「龍+龍」は、あれこれやらされるが、のせると何かキッカケがないと、止まらない。
「龍+石」は、ヘンな技術力あり。言い訳しながらも、けっきょくはやってしまう。
「雨+龍冲殺+戌冲殺月」は、静かな明るさで、落ち着かないが、原則晩年運。

10年運初旬「10歳宝亥」は、初旬10年運天冲殺ばかりか、
乗せると怖い生月冲殺のため、成功運型。
現在の10年運「20歳海子」は、DNA石で純粋な雨にブレーキがかかっている。
次旬の「30歳雨丑」は、日干支大半会で、気分を変えれば自己発揮。
上昇余地あり。「40歳木寅」以降は、ターボ運となり、もっと目立った人となる予定。

宿命の特長は、エネルギー183点と、男性としては流れに乗りやすい質。
成分的には、木性ゼロで自己表現苦手。口数は多いほうではない。
喋らすと、月と日の害も影響して、まとまり悪いので、
踊りや唄という別の表現手段が向いているが、
前出のように害持ちのため、まとまり悪く見えるが、これがかえって魅力にもなる。
「子」年生まれ「雨酉」は、不動。

今年(宝巳)は、浄化装置付きの半会のため、新しいものをいくらでも受け入れられる。
主導DNA年という節目でもあり、まだまだ、目が離せない!
■読者メール→
「次旬の30歳雨丑での、気分を変えるとは、どういったことですか?」
DNA貫は独立独歩です。

読者メール→
「晩年運とは逆に、若い間が勝負!という宿命の定義ってありますか?」
若年の10年運ラッキーカラーですよね!

読者メール→
「ラーメンについて語らせたら止まらない男、長野博。
おいしいという噂を聞くと、わざわざ食べに行くそうです。
『並んでいるからと言って、おいしいとは限らない』と言っていました」。
DNA龍主導らしいですね。鳳がないから、食べないとわからないのです。
鳳の人は、実際に食べなくても、店構えや情報だけで、判断します(笑)。
「CMでアテレコの声を聞きましたが、なかなかはまっていました」。
気分転換したからね。
「今ごろこんなこと聞いて申し訳ないのですが、
10年運って誕生日が来た時に変わるんですか?」
10年運が1歳運2歳運の方は、立春入りで案外ガラッと変わるものですが、
10歳運だと、その年の終わりくらいになって・・・ということもあります。
「モータースポーツの番組をやっていて、本人もかなり好きなようですが、
こういう世界に適性はありますか?」
龍があるから、動きまわるのですが、車も牽もとりあえず、ないからね。
見聞きするだけで、飽きたら次へというのが、良いでしょう。
「V6における、彼の存在価値は何ですか?」
トニセンでは、残り二人が夏生まれですから、清涼剤になりますが、
水をさす場合もあります(笑)。
特に坂本クンにとっては、ラッキーカラー害ですからね(爆)。

読者メール→
「一生の中で、害持ちが救われる時は、どのような時なのでしょうか?」
第6旬は、必ず月支対冲日支支合になります。つまり晩年ということです。

読者メール→
「龍主導ですが、彼が外国で活躍するというのは、どうなんでしょうか」。
龍冲殺主導ですから、変わった外国です。
あまり普通の人が好まない国。そういうところにレポートに行くとか。
ただし、生月なので、組織の意向でないとなりません。

読者メール→
「龍+石で、木性ゼロをカバーできますか?」
カバーせざるをえないのです。

読者メール→
「害持ちの場合、まとまりの悪さをうまく武器にするのが良いのでしょうか?
それとも、まとまるよう努力するべきでしょうか?」
無駄な努力をするより、ありのままを受け入れていくのが得策です。

読者メール→
「宿命害持ちのまとまりの悪さを、意図的に魅力に変えるには、
どうすれば良いのでしょうか?」
魅力になるかどうかはともかく、私生活を明かさないこと。
生活感のない生きかたをすることです。
 
 
■2001年11月15日(海午)
今井美樹●三億円の所得隠し発覚
■不倫略奪結婚で有名な歌手の今井美樹(63年4月14日/灯亥)の、
個人事務所や関連会社など3社が、東京国税局の税務調査を受け、
レコード会社の移籍料をめぐって、約3億円の所得隠しをしていたことがわかった。
使途不明金は3社の社長を務めていた税理士が流用していた疑いもあるという。

今井は、DNA「龍」主導で、裏読み・ひねくれの名人。形に恵まれると精神苦。
「龍+龍」は、やりはじめると止まらない暴走特急(笑)。
「龍+玉」は、本音を言わず隠し事多い。
「龍+車」は、情は禁物のひらめき人。
「龍+石」は、言い訳無用の実行力。歌唱力は技術の裏付けあり。
「灯+龍+辰月」は、グチっぽい。
「灯亥」は、理性で感情を抑えることが出来ない、恨みを原動力に生きる。

10年運初旬「7歳灯巳」は、日干支「灯亥」と納音のため、成功運型。
「17歳山午/27歳畑未」は、10年運天冲殺で大きく上昇した。
特に「27歳畑未」は、年支「卯」日支「亥」と三合会局となり、
DNAキーワード鳳で、才能の開花をみた。
現在の10年運「37歳鉄申」は、DNA司の害で、
金銭物質の失敗があり、堅実な生活を送れなくなる恐れ。

宿命の特長は、エネルギー198点で、旧型アイドル並みのパワー。
典型的なバブリー人間。宿命に金性ゼロで、優しさなく、原則金銭物質運なし。
昨年10年運害になった今井は、いつもズル賢くふるまっていた(灯→陽、DNA石)ものが、
本年(宝巳)は月干(陽)干合され、「陽」が「海」になると、
キーワード牽で名誉となり、プライドはズタズタ。
さらに2次干合すると、干合月干の「海」により、
日干支は「草亥」となり、なんと日座冲殺。
これが、本年(宝巳)干支に天剋地冲されれば、
倒されつつあるのも、納得できる。
(灯亥だけなら、能動的天剋地冲だが、干合のため双方向の天剋地冲が起こり自爆気味)。

98年(山寅)にフォーライフ・レコードから、
ワーナー・ミュージック・ジャパンに移籍金は20億ともいわれ、
本来金銭物質運のない人が、ヘンに売れて宿命にないものを手にしたため、
害の10年運と天剋地冲で、自然界の報復を受けたのだろう。
バブリー人間でも、奉仕を忘れず、略奪婚なんかしなければ、
ここまで悲惨なことにはならなかったろうに・・・。
今井は、被害者を装い、元社長の税理士を背任横領で告訴する構えを見せているが、
やめておいたほうがいい!
■読者メール→
「2次干合で草亥の日座冲殺になるのですが、
これって夫の布袋とかには、草亥の魔力がうつるって事ですか?」
自己の中だけで、草亥的要素に翻弄されるだけで、
実際には日座冲殺ではありませんので、他者には無関係です。
「愛情と恋愛感情は、違うもんなんですか?」
愛情は常に奉仕とセットのものです。
ところが、恋愛感情というものは、一方通行なのです。

読者メール→
「10年運自体が日座冲殺の場合は、どうなるのでしょうか?」
周囲と環境が異常になり、その影響がでるのであって、自身は無関係です。

読者メール→
「もともと金銭物質運があり、それを手にした場合は、
自分のためにばかり使ったりしても、それほどダメージはないのでしょうか?」
同じ生年月日でも、生きかたひとつで、成功も不成功もあります。
どんな場合でも奉仕は絶対に必要です。
宿命にない場合は、その反動がより大きいということですよ。

読者メール→
「夏生まれでなくてもバブリーな人がいるのですね。
しかも、典型的な・・と付いていますが、
それは生まれた季節以外に何で判断をしているのでしょうか?」
金銭物質運がないのに、10年運天冲殺の作用で舞いあがったからです。
10年運天冲殺の稼働は、宿命にあろうとなかろうと、金銭物質運です。

読者メール→
「もしこんな立場になった場合、どうすれば自身のバブリーさを
抑えることができるでしょうか?」
徹底的に落ちないとダメです。
しかし、この人の意地汚さを考慮すると、蘇生は無理ですね。

読者メール→
「恵まれないはずの物質運に恵まれた場合、奉仕するには具体的にはどのような形で、
社会に還元すれば良いのでしょうか?」
いわゆるチャリティでけっこうです。
被災地への援助は当然ですが、午未でもあり老人医療関係などはどうでしょう。
ただ、本当の奉仕とは、自分が最も嫌なことをすることが、効き目があるのです。

読者メール→
「本人にとっては、普通の恋愛のつもりが傍から見ると略奪婚になるのでしょうか?」
因縁を受けるのではなく、自らこさえると、消化はなかなか難しいものですよ。

読者メール→
「まるで何でも秘書のせいにする政治家のようですね」。
政治家の本来の姿は、協調性和合性ですが、それでも政治家は曲がりなりにも、
限られた人々にであろうと、何かをもたらしますが、
この人は自分の蓄財だけのようですね(笑)。
 
 
■2001年11月16日(雨未)
龍円愛梨●賠償金750万でポルシェの厚顔無恥
■テレビ朝日のお騒がせアナの龍円愛梨(77年3月31日/灯亥)が、
週刊誌に「キャバクラ嬢だった」と報じられた裁判に勝訴して、
賠償金として750万円を手にした。
また、最近800万円もするポルシェを乗りまわしていることが判明、
その逞しさが話題になっている。

龍円は、DNA「龍」主導で、形に恵まれると精神苦(大会社は似合わず)。
攻撃されてもかわすだけ(一切にコメントなし+クドかれても逃げるの上手い)。
「龍+石」は、何をしても自己弁護せずひらきなおり。
「龍+牽」は、案外芸術志向。
「龍+貫」は、短時間でうちとけず、口堅い。
「龍+車」は、肉親の愛や組織の温情は、最大の敵。
「灯+龍+卯月」は、他人とは脳波のサイクルが違う。

10年運初旬「2歳木辰」「12歳草巳」ともラッキーカラー(灯の燃料源)。
春生まれでもあり、豊かな家の生まれ。
大学教授の令嬢であることをしのばせている(笑)。
ところが、一転して「22歳陽午」は、超のつくダメージカラー10年運天冲殺。
妥協してズル賢く生きていけば、なんとか上昇して金銭物質に恵まれることあり。

宿命の特長は、生年干支「灯巳」と生日干支「灯亥」は、「納音」で秘密の多い人。
エネルギー175点でもあり、どう見てもTV局のアナが最適とはいえず、
もしこの誕生日を最高に活かすとすれば、
ズル賢く相当年上の男性を社交術で接待する「お仕事」。

ところで、「灯亥」は、理性よりその場限りの感情を優先させてしまう。
攻撃されたら恨み徹底的に復讐のために生きる。
新車のポルシェは、誰が見ても賠償金で買ったようなものだが、
こういう濡れ手に粟のあぶく銭を、奉仕に使わないでどうする!
恥を知らないというか、誠におめでたい人で、開いた口がふさがらぬ。
ロクに仕事もできない人に、お引き取りを願う英断は、テレビ朝日に出来ないのだろうか?
■読者メール→
「エネルギー点数の低い女性は、やはり男性に保護してもらうような
生き方が向いているのでしょうか? 自分一人では、闘えないのですか?」
一人では戦えません。組織の後ろ盾やグループが必要です。男性とは限りません。

読者メール→
「適職は接待するお・し・ご・と。じゃ、ほんとにキャバ嬢だったんじゃないの。
脳波のサイクルが他人違うと、恥知らずな人になるんでしょうか?」
常識は通用せず、自分のことだけですからね(笑)。

読者メール→
「龍+車を持っている人が、肉親や組織から温情を受けてしまうと、
運の伸びが止まってしまうのでしょうか?」
瞬間判断力が鈍ります。
「因縁のついているクルマ。
いつかその因縁が自分に跳ね返って来ることが、あるのでしょうか?」
悪銭身につかずと、古来より言われます(笑)。
「一つの恨みが晴れた今、また違う恨みを見つけて生きる糧にするのでしょうか?
一生それの繰り返し?」
こういう方が生まれるのも、親の業が深いのです。かかわりたくないものですね。

読者メール→
「宿命上、恨みや復讐を原動力に生きざるを得ない場合、
それなりの因縁がついてしまいそうな気がしますが、
それを消化しながら生きていくのも宿命なのでしょうか?」
因縁は善し悪しではなく、そうして生きざるを得ない人なのです。

読者メール→
「この名前だって、ほとんど源氏名ですね」。
親の顔が見たい(笑)。

読者メール→
「真面目に生きている灯亥の方には、迷惑なお話ですね」。
でも、灯亥がまじめにやっても、意味もなし(笑)。
「秘密が多い、というのは本心を明かさないということですか?」
現象面で公的世界と私的世界にギャップがあり、ナゾの人ということです。
上原さくらと同一生年月日だよ。
「他人と脳波のサイクルがどのように違うのですか?」
彼女なりの常識を持っていて、それが通常人とは異なるのです。

読者メール→
「肉親の愛や組織の温情は、最大の敵とは、
どういった意味合いがこもっているのですか?」
創造力である龍に、実践力の車は、制約されたり、
ある条件のもとで発揮されるのではなく、自由な環境でしか発揮できないものです。
 
 
■2001年11月17日(木申)
藤原紀香●三流香港俳優と交際する懲りない性
■木10『スタアの恋』では、
冴えない一般人と恋に落ちる女優を演じている
藤原紀香(71年6月28日/木申)が、
昨年香港で公開された映画『チャイナ・ストライクフォース』で
共演した
アーロン・クオック(65年10月26日/雨丑)との一泊密会を、写真誌にとられた。
香港、日本、ロサンゼルスでの密会を度々目撃されており、
香港の芸能マスコミは一斉に「結婚秒読み」と報じているようだ。

藤原は、DNA「調」冲殺主導で、気ままで、人嫌い。
「調+龍」は、不平不満たまりやすく、一風変わった海外志向。
「調+車」は、落ちつきなし。
「調+牽」は、内面気品も行動粗野。
「調+貫」は、恩義の気持ちなし。
10年運初旬「3歳草未」は、DNA石(ズル)の初旬10年運天冲殺。
生月冲殺でもあり、通常人の2.5倍ほどの成功運型。
現在の10年運は、「23歳灯酉」で少女的感性が強くなり、本領発揮の時期。
宿命の特長は、エネルギー186点で旧型アイドルなみ。
これで、背も高いのだから、中身は・・・。
バブリー夏生まれで、まるで庶民性なし。
「亥」年「申」日生まれは、表裏あり。
「木」から年干「宝」を見れば、常にプライドが満足されず、ゴシップまみれになりやすい。
「亥」年生まれ「木申」は、矛盾だらけの人生。

クオックは、DNA「牽」主導で、プライド高い。
「牽+司」は、感動希薄で保身術優秀。
「牽+車」は、忍耐力あるように見える。「牽+鳳」は、お天気屋。
10年運初旬「6歳草酉」は、年干支「草巳」を大半会するので、成功運型。
現在の10年運「36歳海午」は、ズルく振る舞えば、ロクなことがない時期。
宿命の特長は、エネルギー254点と流れに乗りづらい鈍重さ。
そこそこバランスのとれた宿命で、月干「陽」がラッキーカラーのため、
そうそう困ることはないが、今年は10年運害に加え、
ラッキーカラーの月干が、本年(宝巳)は干合され救いなし。

二人の関係は、共通干支なく、クオックが藤原のラッキーカラーにあたる程度。
しかも、年支日支の害持ちが、その正反対の年支日支半会人間と歩調がとれる訳なく、
オトコの10年運害を加味すれば、
ずいぶんとくだらない輩にひっかかってしまった印象はぬぐえない。
遠距離恋愛をやっている人間に進歩などないのが、今の世の中だが、
バブリー夏生まれの正体見たりである。

ところで、クオックは大澄賢也や岡田浩暉と同一生年月日である。
国際結婚とはしゃいでいるのもいいが、この二人じゃダメなのかい(爆)。
懲りない藤原には、幸せなんて、ほど遠い。
ちなみに、Yahooで検索しても、藤原紀香のファンページはヒットしない(笑)。
ドラマやCMで起用されているのは、事務所の営業努力と脅し(笑)で、
ファンなどいないのだろうね!
■読者メール→
「日に日に馬鹿になっているような印象。見るたびに不細工に見える」。
それが、正直者の感想ですね。
クオックなんて、香港じゃ三流四流なんだから、利用されるだけでアホです。哀しいね!

読者メール→
「年支日支の相関は、双方同じであるほうがいいのですか?」
害持ちは害持ち同士、半会持ちは半会持ち同士が合うのです。
これは、年支日支に限りません。
同じにこしたことはありませんが、どこにあってもいいです。

読者メール→
「中身の薄そうな人ですね。来年あたり結婚して、さっさと引退したりして?!
でも、天冲殺あけたらダメになるでしょうね」。
生月冲殺ですから、その法則は適用されません。
「ファンに愛されるために、この人にできることって何でしょう?」
ファンはほとんどいないと思います。
男性は眼中にはないでしょうし、せいぜい同世代の中身のない人だけですから、
少しでもマトモな相手と結婚することですね。

読者メール→
「龍が成分にあれば、必ず何らかの海外志向になるのですか?」
そうですが、木や山では運を落とすだけです。

読者メール→
「次の10年運(山戌)でどれだけ、キーワード禄の奉仕が出来るかどうかが、
晩年の生き様に反映されますか?」
芸能人はいつでも奉仕ですよ。

読者メール→
「デパートのチラシのモデルに、見えてしまう。庶民性なしなのに?」
庶民性は龍ですから、あります。
しかし、(冲殺されていますので)デパートほどの格はありません(笑)。

読者メール→
「冲殺された人の、少女的感性ってどういうものになるのでしょうか?」
いつまでも大人になりきれないというものです。

読者メール→
「自分の主導するDNAが10年運で出ると、どういう点で良いのでしょうか?」
善し悪し別に本領発揮になります。
 
 
■2001年11月18日(草酉)
L'Arc〜en〜Ciel Ken●DVで二度目の離婚
■ラルク・アン・シエルのギタリストのken(67年11月28日/陽申)が、
二度目の妻と離婚調停中だという。
kenは95年7月(草亥年雨未月のラッキーカラー害+ダメージ月)に一度目の結婚をするが、
害のきれた98年2月(対冲年のラッキーカラー対冲月)に離婚。
2ヶ月後の5月(灯巳、同様に害が切れる天冲殺月)に、
芸能関係の仕事をするKさん(現在24)と出逢い同年7月に結婚している。
写真誌によれば、妊娠中の妻のハラに馬乗りになり流産させるなど、
Kさんの記憶にあるだけでも実に9件あまりの、目にあまる家庭内暴力を加え、
今年(宝巳、干合支合条件なし天冲殺)8月に、
家庭裁判所に離婚調停を申し立てられている。

kenは、DNA「車」主導で、単純短気単細胞で、ロックな人。
「車+調」は、落ちつきなし。
「車+禄」は、常識通用せずの無法者。
「車+石」は、個人感情優先で、家庭を犠牲。
「車+司」は、猪突猛進。
「陽+車+亥月」は、小者のケンカ。弱いから力を誇示する。

10年運初旬「7歳鉄戌」は、DNA禄で引力本能が付加されるも、条件なし。
現在の10年運「27歳山申」は、表現力は磨かれるも、気持ちが常に不安定。

宿命の特長は、エネルギー216点。
月支「亥」と日支「申」は害で、ものごとのまとまり悪く、原則結婚運悪い。
しかも、月支「宝亥」と日支「陽申」は、干合支害のため、
常に異性の裏切りにあい、堅実な生活に縁がない。

本年(宝巳)は、月支納音。すなわち害関係にある配偶者が切れる時。
そして、本人は条件なし天冲殺で、抵抗不能。
宿命にそうそう見るべき所のない人が、
ひょんなことから、有り余る金銭物質を手にした場合には、
こうして辻褄があうように出来ているのだ。
いつも煙草をくわえながら、つまらなそうに演奏しているkenだが、
ここは一切モメずに、払うものを払ってラクになってしまうのが得策。
しかし、Kさんも随分辛抱強いものだね!
■読者メール→
「車主導の人は単純短気なだけに、暴力に出やすいのでしょうか?」
そういう構造です。
「家庭内暴力をする人、される人は何かしら因縁を、背負っているのでしょうか?
それとも単に生き方が悪いのですか?」
結婚に向いていないのです。
ただし、される側の方は、さすが死にいたるようではいけませんが、
何かの消化になっているはずです。これは、男女が逆でも同じです。

読者メール→
「演奏時の喫煙を、カッコイイと思っているのでしょうが、
愛煙家の立場を悪くしているだけだと思う」。
そのとおりです。容認しているTV局の姿勢を疑います。

読者メール→
「月支と日支に害を持っていると、どんなに相性の良い相手でも、
うまく行きづらいのでしょうか?」
同じように害持ちでないと、うまくいきません。

読者メール→
「kenの魅力は宿命の中に、あまりなさそうに思うのですが、
Kさんが執着する程の魅力は何ですか?」
害持ちは、魅力的に見えるのですよ。

読者メール→
「こういう人を、うまく御していくには方法はありますか?」
いくら車主導でも、やみくもに暴力をふるうのではなく、
Kさんに暴力を誘発させる引力本能があるのでしょう。
御するのではなく、組み合わせが悪いということでしかありません。
結婚するのも我慢するのも、おかしいのですよ。

読者メール→
「家庭内暴力の被害に、遭いやすいような人はどういう人ですか?」
DNA車の反対で、やっつけられるのは、貫や石です。
時に反抗心の強い調もあります。
辛抱強いKさんは、貫主導でしょう。

読者メール→
「子供殺しは万死に値すると思います。
この因縁を彼はどうやって消化するのでしょうか?」
自己の未来を封じ込めているのです。
子供が欲しくなっても出来なかったり、
出来てもその子供に暴力をふるわれるようになりますが、それも消化です。

読者メール→
「条件なし天冲殺中に、離婚調停をきちんと終わらせることが
本人にとって良いのでしょうか?」
一切モメてはいけません!
 
 
■2001年11月19日(陽戌)
カルロス・ゴーン●V字革命の末期がやってくる
■別名「コスト・カッター」の異名をとり、日産に奇跡を起こした男といえば、
カルロス・ゴーン(54年3月8日/雨亥※午前4時前判断)。
誰もが不可能と思った赤字から黒字へ、V字革命をやってのけた。
それをつづった『ルネッサンス』(ダイヤモンド社)という本は、
発売早々で12万部を記録し、注目の一冊となっている。
レバノン人の彼は、78年(山午)の干合年にミシュラン入社。
96年(陽子)のラッキーカラー天冲殺にルノー上級副社長、
99年(畑卯)の半会年に日産COO(最高執行責任者)、
00年(鉄辰)の準ラッキーカラー年に社長兼COO、
01年(宝巳)の準ラッキーカラー対冲にCEO(最高経営責任者)という輝かしい実績をもつ。

ゴーンは、DNA「鳳」主導で、バランス感覚あふれた中庸精神の持ち主。
「鳳+車」は、お金大好き。蓄財するより、生きた金を使う。
「鳳+調」は、案外なあなあ。身内には極端さを望む。
「鳳+禄」は、口がうまい。
「雨亥」は、自分のテリトリーに強引に周囲をひきこみながら、
頑固かつ庶民的手法で、信用を高める。忍耐強いが、着実で案外小心者。

10年運初旬「9歳山辰」は、日干支「雨亥」を干合させると、
プライドを高めながら「灯亥」となり、月干支「灯卯」と大半会が形成され成功運型。
「19歳畑巳」は、ダメージ天剋地冲。
「29歳鉄午」は、宿命にない金性の出現。
現在の10年運「39歳宝未」は、さらに改良改革がテーマの、
宿命にない金性の出現と三合会局で、大きな成果をもたらす時期。
さ来年より「49歳海申」は、妥協+害となり、一気に失意のどん底を迎える。

宿命の特長は、エネルギー160点というノリの良さ。
前出のように、宿命に金性ゼロで、本来は淀んだ水。
これが、さ来年(03年=雨未)からは、10年運(49歳海申)害に見舞われる。

ゴーンが自身で築いた神話を永遠のものにするためには、
さらに上を望まず潔くこの成功を土産に引退することなのだが、
それが出来ないのが、この人なのだろう!
■読者メール→
「龍が無いのによくやってのけましたね?」
ないからこそ出来たのです。でも、それは雨だからですよ。一生懸命なのです。
「鳳の人が日産を黒字にするため、あれだけ非情な合理化ができたのは、
何によるのでしょうか?」
鳳=中庸精神です。偏りがないから、情をはさまないのです。

読者メール→
「鳳主導は、流れに乗りやすいのでしょうか?」
その気になればね。

読者メール→
「10年運害に入ると、日産も一緒に落ちていくのでしょうか?」
彼がTOPでいる限りですが、それはないでしょう。
「潔く引退できないのは、案外小心者だからですか?」
引退したくても、金性がないので、落ちつき場所をみつけられないからです。

読者メール→
「引退できないのは、欲があるからですか?」
子丑天冲殺の人は、いつまでも自分が何かをせねばという気持ちが強いのですよ。

読者メール→
「名前ばかりの責任者となっても、10年運害の落ち込みは、避けられないのですか?」
子丑天冲殺が名目だけに満足はしませんし、
害は害なのであり、過去の栄光のある人ほど、引退はできません。

読者メール→
「すっぱり引退できるような人は、どのような人ですか?」
車主導で、納音や天剋地冲持ち。車+車や車+龍や車+玉なら、潔いでしょう。

読者メール→
「過去の栄光を捨てないとどうなるのですか?」
海は妥協です。政治力決断力が鈍り、何かに飲み込まれてしまうのです。

読者メール→
「鳳主導は、心がけ次第では、どんな時代でも上手く渡っていけますか?」
柔軟ですからね。

読者メール→
「日産は、本当に復活するのでしょうか?」
トヨタやホンダのように、純粋な気をもった企業が強いです。
日産は過去にプリンス自動車(グロリアやスカイラインを産んだ会社)を吸収合併して、
濁っているのです。

読者メール→
「会社のトップが、害に見舞われると会社自体はどういう影響をうけますか?」
内部が暗くなります。病気ですから。

読者メール→
「成功の絶頂で引退できる人は、どんな人ですか?」
日干→月支が3点になり、さらに年支か日支も3点で、納音や天剋地冲持ち。
 
 
■2001年11月20日(灯亥)
菊間千乃川合俊一と致命的な不倫騒動
■月〜金9:55→11:25フジTV系『こたえてちょうだい』で、
司会を務める
菊間千乃(72年3月5日/草未)アナと
川合俊一(63年2月3日/灯丑)が、不倫中という噂が流れている。
本当なら、午前中の主婦番組としては、致命的な筈だが・・・。

菊間は、DNA「貫」主導で、敵が多いほど頑固。好き嫌いの差激しい。
「貫+龍」は、短時間で和合無理。口堅い。
「貫+鳳」は、表面温厚中頑固。
「貫+玉」は、先は読めないが、その場の雰囲気を大切にする人。
10年運初旬「1歳海寅」は、母性本能と補佐役を
無難にこなす役割を与えられるが、条件なし。
「11歳宝丑」は、天剋地冲。
「21歳鉄子/31歳畑亥/41歳山戌」は、
変剋律10年運で精神苦を受ければ才能に磨きがかかる。
宿命の特長は、エネルギー163点で旧型アイドル並み。
「子」年生まれ「草未」は、内外シーソー運であると同時に、
「子」年「未」日生まれは、表裏あり。
宿命に金性ゼロは、配偶者運なく、
現在の10年運「21歳鉄子」は干合支害で、本来存在しない異性に翻弄される時期。
また、去年(鉄辰)と今年(宝巳)は、金性の条件なし天冲殺で、
訳のわからぬうちに、異性とのかかわりが出来てしまう。

川合は、DNA「鳳」主導で、風流心あふれる遊び人。
「鳳+玉」は、自分をたなあげして、あれこれ言う。
「鳳+鳳」は、気さくで肩肘張らない無欲な人生。
「鳳+牽」は、温厚誠実もお天気屋。
「鳳+車」は、人間関係広範囲。
10年運初旬「1歳木寅」は、ラッキーカラー10年運も、条件なし。
「1歳木寅〜71歳宝酉」は、ターボ運で目立つ。
現在の10年運「31歳灯巳」は、自己発揮でそれなりだが、
次旬「41歳山午」は害で、若い女性の裏切りや体調不安。
宿命の特長は、エネルギー240点でやや重く、
DNA左1牽と左2車は、相手が定まりづらく、浮気性。

二人の関係は、年干「海」・月干「雨」と共通干あり、
DNA左3鳳も共通しており、都合のいい遊び友達。
互いに独身で、菊間が条件なし天冲殺(楽しくて仕方がない時期)でもなければ、
程良い相性だが、夢のなかの出来事で、さして相性が良いとはいえない。
川合夫人の中野みゆき(71年10月20日/山寅)は、
本年害で、こんなことが起きても仕方がない時。
このまま行けば、来年(海午)は川合が年運の害で、一波乱も二波乱もあり。ああ、怖い!
■読者メール→
「菊間のハシャギまくった司会といい、妙な仲の良さが気になっていました」。
視聴者はゴマかせないよね(笑)。

読者メール→
「菊間はエネルギー低いのに、よく怪我から復帰できましたね」。
金性ゼロだからね。

読者メール→
「自然界に試されているのですね」。
灯生まれのスポーツマンは、水性(車/牽)が多いので、仕方ないのでしょう(笑)。

読者メール→
「同じ場所に同一DNAを持つ事が、相性の前提でしょうか?」
あとは、相生関係になっているDNAが、好ましいです。

読者メール→
「DNAで身長の高さって決まるのですか?」
自分を剋するものが多いか少ないか、またはゼロなどの極端になると、身長に特色がでます。

読者メール→
「『私がアナウンサー』という本を出した意図が、全く分からない」。
プライドのない人が、天冲殺にやりそうなことです(笑)。

読者メール→
「精神的なものだけでも、浮気と呼べるのでしょうか?」
精神性の高い仕事をしている人にとっては、浮気です。

読者メール→
「エネルギー点数が高い人は、愛人を作って、エネルギー消化して良いんでしたっけ?」
商売人の方はそれで事業を伸ばす人もいますが、芸能人は夢を売る仕事ですから、
本来好ましくはありません。

読者メール→
「異性との関わりを極力絶つためには、
どのような事に気を付けて日常生活を過ごすのが良いのですか?」
陽の干は、家庭を大切にして、奉仕活動に力を注ぐ。
陰の干は、プライドを持ち仕事仕事の生活をする。
 
 
■2001年11月21日(山子)
佐々木蔵之介●水10ハンドクこれからの注目株
■水10『ハンドク』で、血が苦手の6浪して研修医になった、
高級車を乗りまわす開業医のドラ息子を
演じているのが、
佐々木蔵之介(68年2月4日/木辰)。
NHK月夜に放送されている、東野圭吾ミステリー『悪意』では、
犯人の童話作家役で堂々主役をはっている。

佐々木は、DNA「司」主導で、いつ何時出番がきても、いいように準備を怠らない人。
純粋で堅実。
「司+司」は、現実性強く個々の奥底を人に見せない。
「司+禄」は、自制心欠け、先見の明なし。仲介能力に長ける。
「司+調」は、負けず嫌い。
「司+玉」は、生活のための知恵旺盛。

10年運初旬「10歳海子」は、年干「灯」と干合すれば「木子」となり、
日干支「木辰」と大半会するため、成功運型。
現在の10年運「30歳鉄戌」は、天剋地冲10年運で、
多忙のなかで過去の因縁を絶ちきる時。これからの人だ。
次旬「40歳畑酉」は、干合支合及び、干合した日干「木」が「山」に変化。
さらに、月干「雨」と二次干合して、それぞれ「灯・陽」になれば、
年干「灯」もいれ天干一気火性になり、もっと目立ってくる予定。

宿命の特長は、エネルギー269点は重いが、
「未」年「丑」月「辰」日生まれは四土格で、
現在の10年運は「戌」なので、四土完成で、我が世の春を謳歌中と言えよう。

佐々木は京都府出身。実家は、佐々木酒造という蔵元。
関西の人気劇団『惑星ピスタチオ』の創設メンバーで、
98年(山寅)退団後、活動領域を東京に移し、2枚目に転じる。
舞台・TVで幅広く起用され、これからの注目株といって良い!
■読者メール→
「寅卯だし、家業を継ぐ道もあったのでは?」
10年運の初旬(海子)が親の場所である年干支と干合支害です。
また、初旬条件もありますし、懲りない人(木辰)としては、家業はいいでしょう。
「料理は鳳ですが、酒造りも同じですか?」
伝統的なものを守っていくには、司と貫もほしいよね。
玉もあれば完璧ですね。
「ちょっと前に舞台で見たのですが、姿勢が良くてロングコートが似合っていました」。
冬の木らしいねえ(笑)。
「理想の女性は、『知性があって、やっぱ尊敬できる人。例えば清少納言』だ、そうです」。
左2玉で、母親や姉妹の影響が濃いですね。

読者メール→
「恵まれてる気がしますが、このような人の気をつけるべき事とは、
やはり堅実に歩んでゆくことですか?」
それが、DNA司主導なのですよ。

読者メール→
「2枚目もお笑いも化け物も何でもありの人みたいですが、四土格だからだったのですね」。
年干支と月干支の天剋地冲が、魅力を発散しています。

読者メール→
「4土格完成と、ラッキーカラー10年運とでは、運気的にどちらが上格なのですか?」
四土格です。ただし、これがラッキーカラーなら言うことはありませんが、
ダメージでも苦労しつつ上昇していけば、次元が上がります。

読者メール→
「天剋地冲10年運というのは、なにかを始めるには適していない時期でしょうか?」
過去の因縁を破壊して、生まれ変わっていかねばなりません!

読者メール→
「因縁を断ち切るのと、消化していくのではどう違ってきますか?」
断ち切るには、新しく生まれ変わらねばなりません。
逃げただけだと、新たな因縁を生むのです。
 
 
■2001年11月22日(畑丑)
安住紳一郎●私生活は信用できず
■日7『さんまのスーパーからくりTV』、月朝6『エクスプレス』、
月火朝8:30『はなまるマーケット』、水木金2『ジャスト』、
金9『中居正広の金曜日のスマたちへ』に出演する、
安住紳一郎(73年8月3日/宝未)TBSアナ、
少し前に二股交際疑惑が囁かれたが、真相はどうなのだろうか?

安住は、DNA「龍」主導で、モノの裏側を見る人。
形に恵まれると精神苦。攻撃されても、かわすだけ。
「龍+龍」は、加減を知らず、なんでも徹底的にやる。
やりはじめると、止まらないブレーキなしの人。
自らを「暴走機関車」と称しているだけのことあり。
龍×4もあり、頑固さと改良改革精神が同居した性情。
「龍+鳳」は、内面葛藤激しく、新しい流れをつくる。

10年運初旬「9歳山午」は、年干「雨」と干合すれば、「陽午」となり、
日干支「宝未」と干合支合するので、成功運型。
現在の10年運「19歳灯巳」は、DNA車で多忙は当然だし、
「9歳山午〜49歳木寅」は、ターボ運(子丑天冲殺まわり)で、やたらと目立つ。

宿命の特長は、エネルギー274点と重く、時代整合性薄いバブリー夏生まれは、
(宝なので)プライドのかたまり。
「丑」年生まれ「宝未」は、待ち運。
組織に所属していれば、それなりの場所を与えられる。

宝未の男性の特長は、女性から女性へと渡って行くと財運が形成される、とんでもない人。
二股疑惑もどこ吹く風で、我が道を行く(笑)。
未月生まれで、宝未×2はこの傾向がさらに強く、
被害にあいたくなければ、近づかないことだ!
■読者メール→
「女性から女性へと渡って行くと財運が形成されることによって、
決定的にマイナスになるのは、結婚運でしょうか?」
結婚と離婚を繰り返すことにより財運があがるのです。

読者メール→
「やり始めると止まらないという面は、車のイメージと重なるのですが、
どのように違うのですか?」
車は行動あるのみで、龍には考えが加わります。

読者メール→
「日座冲殺の他に近寄ってはいけないのは、宝未の男性の他にいますか?」
日座冲殺は関係が終了しても、毒は抜けませんが、
宝未や宝丑には、そのような毒はありません。
「待ち運の人が組織を離れた場合は、どうなってしまうのでしょうか?」
ひたすら、待つだけです。
「DNAで同じ成分が沢山ある人は、頑固さが強調されるのでしょうか?」
2コあれば、貫と同等です。

読者メール→
「宝未はそれだけ魅力ある美形が多いんでしょうね」。
美形=財運ではありません。
「女性の場合でも、男性遍歴をすると、財運が形成されるような運型はありますか?」
ありません!

読者メール→
「準異性成分の多い人には、近づいてはいけないのですね?」
何のトクにもなりません(笑)。

読者メール→
「こういう人に引っかかりやすいのは、どういう人なのでしょうか?」
男性を表面的なことでしか判断しない人です。
「引っかからないためには予防法はありますか?」
BEを活用することです(笑)。
 
 
■2001年11月23日(鉄寅)
雛形あきこ●車が揺れる不倫愛で転落の予兆
■結婚から3年半、1歳半になる愛娘もいる、
中途半端タレントの
雛形あきこ(78年1月27日/畑丑)が、
マネージャー兼運転手A氏(27歳)との「車中不倫愛」を、
写真誌にキャッチされて波紋をひろげている。
事務所は不倫を全面否定して「法的措置も検討する」とのことだが、
マネージャー本人はしどろもどろの言い訳に終始し、歯切れが悪い。
決定的な証拠をつきつけられ、もはや転落は阻止できない。

雛形は、DNA「貫」主導で、敵が多いほど頑固。
好き嫌い激しく、なかなかうち解けず。
買い物まで行動をともにするマネージャーなら、心を許せるというわけか(笑)。
攻撃されたら全てはねかえす人で、往生際悪い。
「貫+玉」は、その場限り。
「貫+貫」は、利己主義で懲りない人。
「貫+龍」は、柔らかいムードなく地味。
「貫+禄」は、素直でない。

10年運初旬「3歳木寅」は、日干「畑」と干合すれば「山寅」に変化。
これが月干「雨」と二次干合すれば、月干支は「灯丑」となり、
年干支「灯巳」と大半会、日干支「畑丑」と律音的
(初旬のみ灯と畑は同格扱い)となるので、成功運型並。
現在の10年運は「23歳陽辰」で、ラッキーカラー10年運ながら、
DNA玉となり主役にはなれない時期。
また、ほぼ一生を通じてターボ運(子丑天冲殺の干支)がまわるため、目立つ。

宿命の特長は、エネルギー250点ながら、「巳」年生まれ「畑丑」は、現実性に弱い。
木性はゼロで、初旬で補われているとはいえ、プライドなく配偶者運ゼロ。
異性は無限大に存在しているようなものなので、
生日冲殺も加味して、とてもまっとうな結婚生活をおくれるものではない。

今年(宝巳)の畑は、仕事より遊び。
DNA鳳なので、結婚しているならば、本来子育てがキーワード。
商品に手をつけるマネージャーは論外だが、
これといって売りもない、雛形も遊びほうけた罰。
来年は、条件なし天冲殺+日支・月支のダブル害で、もはや出番ナシ!
■読者メール→
「宿命に異性成分なしは、一人の人と続きづらいものでしょうか?」
誰も現れない場合もありますからね。
畑の配偶者成分は木です。畑は陰の干ですから、DNAは牽。
つまり、プライドも役目役割もないのですから、誰でもいいのです。

読者メール→
「不倫は遺伝しますか?」
好色と解釈すれば、直子または隔世遺伝で孫子に遺伝します。

読者メール→
「現実性に弱いとはどのようなことですか?」
一般人がやるような、普通の生活ができないのです。

読者メール→
「車体がゆれてたとは、すごく品の無い扱いを受けてますよね?!」
DNA牽なしですからね(笑)。今年の畑に展望は開けません。

読者メール→
「10年運ターボ運の人は、エネルギー点数が高いほど目立つものなのでしょうか?」
女性はね。
「一番の被害者は、子供かなぁ〜」。
親縁が薄いのでしょう。

読者メール→
「子供にはどう伝わっていきますか?」
子供の買い物まで、このマネージャーが付き添っています。
つまり、この子供は親以外の男性の気を近くで受けているのですから、運が濁るのです。

読者メール→
「子供の面倒頼む為に、実母と同居してるそうですね」。
そこまでして、この人が仕事をする意味はありません。
事務所社長は200%ありえないと、内容証明を郵送したそうだけど、
本当にないなら告訴だよ(笑)。

読者メール→
「いつの間にか、ナイナイの番組のレギュラーでした。
アイドル崩れを出演させて、かわいいだけで面白くもないのに、
重宝するお笑い番組が多いのはどうかと思う」。
かわいいなら、まだ許せるけどね。
子供の面倒もロクに見ないで、そこまでしがみついていたいかって、悲愴感ばかり(嘆)。
 
 
■2001年11月24日(宝卯)
片瀬那奈●無名日座冲殺Jリーガーに抹殺される
■初代水野真紀(灯未)、2代目松嶋菜々子(海午)に続き、
今年(宝巳)3月(宝卯)に、ナショナルのむだ毛処理器や美顔器具などの
TVCMのイメージガール(通称きれいなおねえさん)に起用された、
片瀬那奈(81年11月7日/畑丑)が、
Jリーガー浦和レッズのMF
阿部敏之(74年8月1日/木戌)と交際中で、
合い鍵をもって彼の自宅に頻繁に通う姿を写真誌に撮られている。

片瀬は、DNA「牽」主導で、自己愛の象徴。
プライドだけは人一倍。ストレート攻撃に強く変化球に弱い。
「牽+鳳」は、温厚誠実も、お天気屋。
「牽+禄」は、特別な教育なくても社会常識ありだが、SPEED感なし。
「牽+貫」は、主義主張なし。打算的で、目的遂行の手段が雑。
10年運初旬「10歳鉄子」は、デリケートな少女的感性が付加されるも特別条件なし。
現在の10年運「20歳宝丑」は、遊びに興味が行き、仕事に身が入らない時期。
宿命の特長は、地味な冬の「畑」ばかりか、ラッキーカラー火性ゼロの野人。
暖かみも品性(龍/玉)もなく、まるで冷えた人。
エネルギー197点・生日冲殺。ほとんど見るべきところもなく魅力に欠けるのだが、
本年(宝巳)の「亥」月生まれは対冲で気持ちがふっきれる時。
「畑+牽+亥月」は、若年の活躍が続かない人。
仕事より、恋を選んだのは自然の流れかも。

阿部は、DNA「司」主導で、堅実。
「司+貫」は、急がず焦らず強い意志。
「司+禄」は、自制心欠け先見の明なし。仲介能力の人。
「司+牽」は、感動希薄で保身術優秀。
10年運初旬「2歳海申」は、ラッキーカラー10年運。
「12歳雨酉」も同様。
現在の10年運「22歳木戌」は、特別条件付10年運天冲殺で突如成功する可能性あり。
宿命の特長は、エネルギー251点とオトコとしては、流れにのりづらい。
しかも、宿命にはラッキーカラー水分ゼロの野人で、頭のレベルは片瀬といい勝負。
「寅」年生まれ「木戌」は、狭視で異性の気持ち理解不能。
もちろん「木戌」は、さげ▼▼で、異性を真綿のように絞め殺す恐怖の生まれ。
異性に色気をださず仕事に生きれば大成功の人。

二人の出逢いは、条件なし天冲殺でオランダに移籍した小野伸二(陽申)の送別会で、
今年の6月(木午=干合支害天冲殺月)。
片瀬の年干と阿部の月干が「宝」という共通干を持つうえ、
日干干合(畑と木)ばかりか、それぞれ「畑×2」(片瀬)「木×2」(阿部)と、
2干合なので、野人同士の気安さから、ほどなく意気投合したのは微笑ましい(笑)。
これで、宿命以上に露出した片瀬は。
来年のダメージカラー天冲殺害で抹殺されるのは決定的だし、
阿部は早く片瀬と別れないと、せっかくのラッキーカラー三合会局年をフイにすることになる。
ダメな人たちだね!
■読者メール→
「狭視の人にとって、異性とのつきあいはどういう意味があるのでしょう?」
たとえ戦時下でも、自分さえ被害をこうむらねば良いという人で、
異性の気持ちもわからないので、自分は努力せず寄ってくる相手を、
自己の満足のために置いておくというものです。

読者メール→
「内山理名と同一生年月日ですね」。
こうして、ダメな畑は淘汰されていきます。

読者メール→
「木戌の律音って、何か特別なことがありますか?」
変人がさらに変人や変な環境に囲まれるのであって、異常性が日常化されてきます。

読者メール→
「野人であることの利点ってないのですか?」
格好も周囲の眼も何一つ気にせず、好き勝手な振る舞いが可能です。
 
 
■2001年11月25日(海辰)
福田明日香●復活という明日はなし
■モー娘。のオリジナルメンバーとして、『抱いてHOLD ON ME!』などで、
安倍なつみ(鉄申)と共にメインボーカルを担当し、
当時はもっとも人気のあった
福田明日香(84年12月17日/草酉)に、
来年にもインディーズから再デビューの話が持ちあがっているという。
13歳で脚光を浴びた彼女は、
なぜ14歳で惜しまれつつ引退せねばならなかったのだろうか?
学業に専念するとしながらも高校を中退し、
ピアノレッスンやボイストレーニングに明け暮れる彼女に、未来はあるのか?

福田は、DNA「龍」主導で、形に恵まれると精神苦。物の裏側を見る性格。
「龍+龍」は、一生一業。あれこれできず、ひとつのことに専念してこそ、開花する。
「龍+車」は、瞬間判断力あり。組織の意向にそぐわず。
「龍+石」は、言い訳をしない人。
「龍+調」は、不平不満たまりやすい。
「草+龍+子月」は、悪意なしも、他人とは思考回路異なる。

10年運初旬「4歳草亥」は、初旬特別条件付10年運のため、成功運型。
現在の10年運「14歳木戌」は、初旬と同様だが、前旬突如上がりすぎたため、反動あり。
人間関係が害となり、孤軍奮闘では期待薄い。

宿命の特長は、エネルギー115点と虚弱。
土性ゼロで、冬の草(水草)としては、根無し草的様相で、定着は困難。

脱退理由は、イジメや接待拒否など、囁かれていたが、
10年運害のダメージカラー天冲殺では、再デビューしても一部で話題になるも、
世間の応援は得られず。24歳を過ぎねば、はかない冬の花の評価は変わらず。
「子」年生まれ「草酉」は、矛盾だらけの人生。
組織からハジかれた人の未来は、明るくない!
■読者メール→
「引力本能ゼロというのは、芸能人には不向きなのですか?」
ゼロ=無限大に使っている方もいますが、困難ですね。

読者メール→
「ひとつのことしかできない虚弱な人が、わずか14歳で引退とは気の毒ですね」。
ですから高校も続かず、くすぶり続けているのですが、冬の花だけあって薄幸です。
復活せず、伝説の人でいたほうが、彼女の美しさが永遠になるのにね。

読者メール→
「弱い草なのに、組織の意向にそぐわず、他人と思考回路が異なる場合、
どのように群れればいいのでしょうか?」
自分と同じような境遇の人を探して群れるのです。

読者メール→
「土性のない草が根を張るためには、10年運や年運で土性の年をきっかけにしないと、
難しいのでしょうか?」
ラッキーカラーの火性から土性へ続く年がチャンスです。
モー娘。も灯丑年最後にデビューして、山寅年でブレイクでした。

読者メール→
「矛盾だらけの人は、どんな生き方をすれば良いのですか?」
一般的に幸福とか成功という境遇が、自分にはそぐわないと認識すれば、
少々おかしなことばかりでも、楽しむことができます。

読者メール→
「引退せずにモー娘。に居たとしたら、まだメンバーに残っていたのかなぁ」。
愚問ですが、エネルギー点数が弱すぎて燃料切れは、いずれおこします。
女性は強くなければ、生きて行けないのですよ。

読者メール→
「高校生で新たな道を探し進んでいく方が、よかったのでしょうか?」
草酉は成長しないのです。
ですから、増殖を続けて行かねばならない所では、無用だったのでしょう。
再デビューなら、10年運害を軽減できた昨年の干合支合(鉄辰)しかありませんでした。

読者メール→
「人間関係が害になってしまう場合、どのようにしていけばいいのでしょうか?」
組織の命令は、続ける限り絶対です。
なまじ自分に能力があると思いこんだので、柔軟になれなかったのでしょうね。

読者メール→
「一生一業の人でありながら、根無し草的様相では、
すでに宿命も味方していないように思えます」。
車はあっても牽なし、プライドをもちようがないので、単純志向になったのでしょうね。
 
 
■2001年11月26日(雨巳)
遊井亮子●昼ドラで好評も欲なし
■昼ドラ『レッド』(月〜金13:30)のヒロイン
遊井亮子(76年8月10日/木午)の評判がいいという。

遊井は、DNA「禄」主導で、自己顕示欲強い。
「禄+石」は、他力本願。「禄+司」は、自制心欠け、先見の明なし。
「禄+鳳」は、お人好し。

10年運初旬「1歳草未」は、DNA石でズルさを付加させただけで、
条件なしも、生年冲殺のため仕事にハマれば、相応の活躍は見込める。
現在の10年運は、「21歳雨巳」で、10年運天冲殺ながらDNA玉で脇役人生。

宿命の特長は、エネルギー239点はそれなり。
「辰」年生まれ「木午」は、わがまま。
ラッキーカラー「陽」が年干と月干にあり、ヘンにツキがあるものの、
二つの陽は、自然界に整合性なし。
「木+禄+申月」は、異性に裏切られやすい質。
運気向上の天冲殺(生年冲殺のため)2年目で、
ようやく昼ドラのヒロイン程度でしか話題にならないようなのは、
欲がないのと、空回りしているため。手放しで喜べない!
■読者メール→
「欲が無いから結果を出せる人と、
欲が無いから成功しない人の違いってなんでしょうか?」
欲も何も俗な考えをもたねば成功したように見えるのが、生年生月冲殺。
究極の欲を設定して、あとは何も考えず流れに乗って成功するのが、生月冲殺。
仕事だけに生きて成功するのが、生年冲殺。
何もしなければ、凡人。
つまり欲のない人が、成功できないのが一般人。
芸能界は欲のるつぼかも知れませんが、
才能がある人が欲というガソリンにうまくターボをかけて燃焼させられると、成功するのです。

読者メール→
「月干年干にある二つの陽は、自然界には存在しないのですから、
現実社会でもあり得ないことが起こったりする人ですね。この対処方法はありますか?」
どちらかしか使わないということです。
親や社会と距離をおいて専業主婦になるか、
私生活を無にして仕事にだけ生きることです。

読者メール→
「あのポヤンとした目元って、午顔っぽいのですか?」
目の下から頬の部分に独特のふくらみをもちますね。

読者メール→
「欲がないというのは何故分かるのですか?」
木午の特長ですが、欲が深ければ天冲殺年ですから、もっと目立たねばなりません。
昼ドラのヒロイン程度では哀しいでしょ。
 
 
■2001年11月27日(木午)
重森あゆみ●色気意識で鳴かず飛ばず
■『だんご3兄弟』ブームから早2年。
タレント転向後、鳴かず飛ばずの中途半端状態が続いている
茂森あゆみ(71年12月15日/木戌)が、
21日にアルバム『Giorno Nuovo〜新しい日〜』をリリースした。
「アベ マリア」のほか「天使のゆりかご」と題した子守歌、
新しい命の誕生を賛美する歌などが収録されている、完全なロイヤルベイビー便乗商売だ。

茂森は、DNA「玉」主導で、生きかたを変えられない人。
「玉+貫」は、その場限りの人。
「玉+牽」は、用心深い冒険心。
「玉+車」は、考えたとおりに行動するわかりやすい人。

10年運初旬「7歳宝丑」は、プライドばかりが付加されるも、条件なし。
現在の10年運は「27歳雨卯」で、表舞台の活躍は望めない。

宿命の特長は、エネルギー193点と弱い。
「木戌」は、究極のさげ●●で、「亥」年生まれ「木戌」は、内外シーソー。
公的世界(仕事)と私生活が、シーソーゲームする運型。

茂森は、CXのディレクターとの交際が取りざたされていたが、現在も同棲中という。
おかげで、その男の番組では、人身事故が相次ぎ、呪われた番組と揶揄されるほど。
日座冲殺がオトコつくれば真っ当な仕事が出来る訳もないが、
内外シーソーではさらに拍車をかけるので、もはや論外。
こうして、歌のおねえさんは滅びてゆく!
■読者メール→
「同じ日座冲殺でも、異性を犠牲にしてのしあがっていく人と、
自身も潰れてしまう人との差は?」
エネルギー点数の高さや初旬条件もそうですが、内外シーソーでは、話になりません。
原則、異性を眼中におかねば、日座冲殺は成功しますから、
自分の特性に気づき覚悟することです。

読者メール→
「恋人だけでなく、同居してる異性の親兄弟にも影響があるんですよね?」
同性だろうと異性だろうと、同居家族には影響を及ぼします。

読者メール→
「身内に日座冲殺がいる場合、避けるべきでしょうか?」
出ていってもらうしかありません。

読者メール→
「相手に危害を及ぼすだけでなく、自分自身も首を絞めることになるんですか?」
ダメな日座冲殺(木戌/草亥)のほとんどが、自滅です。

読者メール→
「木戌と子供一般との相性は如何なものでしょうか?
彼女の子守歌では癒されないように思うのですが・・・」。
木戌は教育者のようなもので、堅く融通性ありませんから、怖いだけです(笑)。

読者メール→
「早く自分の子供を産めば、子供に救われる人なのでしょうか?」
日座冲殺が子供を産めば、とりかえしのつかない悲惨なことが、待っています!
 
 
■2001年11月28日(草未)
木内晶子●生真面目が売りだけど
■水9『はみだし刑事情熱系』で、柴田恭兵(鉄寅)と風吹ジュン(山午)の娘みゆき役を、
前田愛(草丑)からひきついだのが、
香川県出身で、第1回ジャパンオーディション(97年=灯丑、ラッキーカラー天剋地冲年)に
合格して芸能界入りした、
木内晶子(81年9月2日/雨未)。

木内は、DNA「玉」冲殺主導で、親や組織のトラブル肩代わりさせられ、気分転換ヘタ。
「玉+龍」は、本音をいえず周囲と歩調をあわせづらい。
「玉+車」は、私生活限定ながら、考えたとおりに何でもする。
「玉+司」は、生きるためには、何でもあり。

10年運初旬「2歳灯酉」は、ラッキーカラー10年運天冲殺。
生年生月でもあり、生地を離れ運命的方向に進めば、成功運型。
「12歳山戌/22歳畑亥/32歳鉄子」は、変剋律10年運(異常干支の3連続10年運)で、
精神苦が強くなればなるほど、才能に磨きがかかる。

宿命の特長は、エネルギー218点。
DNA構成も精神性強い生年生月冲殺。
「酉」年生まれ「雨未」は、矛盾だらけの人生。
芸能界は夢を売る商売とはいえ、目的意識がハッキリしないと成功できない世界。
生年生月冲殺が成功するには、至難の業。
しかし、年干「宝」と月干「陽」が干合すると、
それぞれ「雨」「海」となり、水性天干一気となる。
海の出現でヘンなズルさ(DNA石)も生まれると、河口の汽水域となる。
ひとつのことに集中して、流れに乗るしかない。

「雨+玉+申月」は、純粋すぎて好運になると災いがやってくる。
子供を産むと、運気消耗激しく短命になりやすい。
ならば、仕事に生きるのが得策。
来年(海午)さ来年(雨未)は、水性の年。
特に、さ来年は律音だ。才能はDNA司で、生真面目が売り。
貴重な人材であることは変わりなく、この連ドラ出演が呼び水となり、爆発するかも!
■読者メール→
「子供を産むと短命になりやすい人とは、宿命にどのような特徴がある人ですか?」
日干と月支の関係が12段階の2点になる人で、
たとえていうとエネルギー発揮は死人なみなのです。
「エネルギー点数と寿命には関連がありますか?」
無縁です。その人なりの生きかたをするかいなかで、無理をすれば早死にですし、
逆にまるで燃焼させずに不完全燃焼でも同等の場合があります。
自己発揮をすれば、運も上昇するかわりに、消耗も早いのです。

読者メール→
「好運とは、どのような状態をいうのでしょうか?」
宿命が燃焼しやすい状態をいいます。
ただし、心の持ち用は別ですから、好運でも満足しない方もいるのです。

読者メール→
「産んだ場合、どうしたらいいのでしょう?」
自分で育てない。核家族を避け、大家族を選ぶのです。

読者メール→
「司のまじめさで、ブレずにやっていけますか?」
冲殺されていますから、もともとヘンです。
まともではないので、なんとも断定できません。

読者メール→
「生年生月冲殺が成功するには、どういった条件が必要ですか?」
条件ではなく、成功しようと思わないことです。芸能界では、難しいです。

読者メール→
「子供を産む事が、運気を消耗するのですか? それとも育てることも含めてでしょうか?」
産むことが難産になりやすく、消耗度が激しいのです。
その疲れた体で育児をすれば、憔悴しきってしまうのです。

読者メール→
「汽水域というのは、真水と海水が混ざってるということですよね。
こういう状態だと、集中しにくくなるのですか?」
中途半端はいらない時代です。

読者メール→
「玉冲殺主導という事で、距離を置いていても、親と関わりが出来やすいのでしょうか?」
この場合の親は、事務所と見ます。
「子供を産むと運気が強くなる人は、どんなタイプの人なのでしょうか?」
子丑天冲殺や子丑天冲殺なみの人で、
月干がラッキーカラーになっていれば、まず運気は強まります。
 
 
■2001年11月29日(陽申)
畦地令子●哀れ宮本和知の犠牲となる
■JJ専属モデルでタレントの畦地令子(79年4月4日/宝丑)が、
こともあろうに
出川哲郎と同一生年月日で、
バツイチ(88年山辰結婚、96年陽子離婚)の元巨人軍投手で、
タレントの
宮本和知(64年2月13日/海辰)と、来春にも結婚することになった。

畦地は、DNA「禄」主導で、スター意識強い。
「禄+龍」は、恋愛感情において視野狭く、お人好しで人情家。
簡単に相手の境遇に同情し、不幸を自らつくったり、
結果的に他人を不幸にしてしまう人。龍×3でもあり、この傾向顕著。
「禄+車」は、ルールに縛られない掟破りの人。
10年運初旬「1歳山辰」は、初旬10年運天冲殺のため、成功運型。
「11歳畑巳」も同様に、10年運天冲殺。
現在の10年運は、「21歳鉄午」で、妥協と害。
宿命の特長は、エネルギー199点で生日冲殺。
「未」年生まれ「宝丑」は、待ち運。
「宝+禄+卯月」は、ロクな異性に出逢えず、イザという時に相手に裏切られる傾向。
10年運害と条件なし天冲殺で、血迷った典型的な例。

宮本は、DNA「禄」主導で、自己中心。
「禄+調」は、組織になじまずユニークな言動。
「禄+鳳」は、口がうまい。
「禄+禄」は、不器用で、本質単独行動。
10年運初旬「7歳灯卯」は、日干支「海辰」と干合支害で、結婚運最悪ながら、
干合した日干支「木辰」は、年干支「木辰」と律音のため、成功運型。
現在の10年運は、今年(宝巳)から「37歳鉄午」の、
宿命にない金性の10年運天冲殺に入り、新しい生きかたをすれば、好調期に入る。
宿命の特長は、エネルギー315点とバケモノ的。
宿命に金性ゼロ(龍・玉なし)で、頭の中身は知れている、汚れた海。
「辰」年生まれ「海辰」は、可愛いのは自分だけ。
年支・日支同一は、表裏ないものの、結婚は一度で収まらず。

前述どおり、10年運害という悲惨な状況下で、
条件なし天冲殺の制御不能状態に陥った畦地。
もちろん、宮本とは共通干支なし。
所属事務所関係者同士の縁で、知りあった(99年畑卯)そうだが、
畦地は全く仕事をヤル気が失せたそうで、事務所関係者の責任は重い。
芸能界に安心という言葉はないものだねぇ!
■読者メール→
「畦地は、これをうまくのりきるには、仕事に生きる他に何を心掛けたらよいのでしょう?」
現時点では残念ながらありません。消化する覚悟も必要ですね。
ただ、自分の責任もありますから、あとで慰謝料などでモメないことです。

読者メール→
「正式な異性成分を持たない畦地にも問題はありますか?」
陽が正式な配偶者ですが、灯しかありません。
しかも、それが月干にあるのですから、ヘンな人しか見つからないのですね。

読者メール→
「宮本は浄化装置が欲しかったのでしょうか?」
年下ではダメですし、汚れた水源地では、濁ります。
「畦地は、出川と結婚した方が、話題になりそうなのでは?」
言ってやってくださいよ(笑)。
 
 
■2001年11月30日(灯酉)
吉村由美西川貴教と夜逃げ同然別居から離婚へ
■一昨年(99年=畑卯/4月=山辰)に入籍した
『PUFFY』の
吉村由美(75年1月30日/陽子)と、
『T.M.Revolution』こと
西川貴教(70年9月19日/海寅)が
別居状態で、離婚へまっしぐらだという。
5月には、西川の浮気が発覚したことを論評し離婚へ発展することを予測したが、
既に7月(草未、吉村のラッキーカラー害月)には、
目黒区内の家賃100万円もする超高級マンションから、
吉村が(西川の留守中に)夜逃げ同然に荷物を運びだし、修復不能といわれる。

西川は、DNA「玉」主導で、生きかたを変えられず、懲りない人。
「玉+司」は、生きるためなら何でもする。
「玉+禄」は、追従上手逃げ下手。
「玉+龍」は、ホンネを言えず。
「玉+調」は、世間知らずで、不器用。
10年運初旬「7歳陽戌」は、宿命の月干が年干に干合されると「宝」になるので、
二次干合により「海戌」になる。
これは日干支「海寅」と「大半会」となるため、成功運型。
「7歳陽戌/17歳灯亥/27歳山子」は、
変剋律10年運(異常干支の3連続)のため、精神苦を味わえば、才能が磨かれる。
宿命の特長は、エネルギー193点の生日冲殺。
「戌」年生まれ「海寅」は、孤立しやすい。
本年(宝巳)は条件なし「天冲殺+害」で、制御不能の裏切り。
さらに、今月(畑亥)は「支合」月で、天冲殺中のため名誉が損なわれ、
女性誌に報道されたもの。

吉村は、DNA「調」主導で、少女性強いが、相手の浮気には必要以上にナーバス。
「調+龍」は、満足しない人。
「調+牽」は、内面気品も行動粗野。
「調+石」は、自尊心強くもプライドなし。
 10年運「8歳陽子」は、日干支と律音(同一干支)のため、成功運型。
その後の「18歳草亥/28歳木戌」は、特別条件付天冲殺10年運。
「38歳雨酉/48歳海申」は、10年運天冲殺。西川より数段上の宿命をもつ。
宿命の特長は、エネルギー200点の生日冲殺。
「寅」年生まれ「陽子」は、矛盾だらけの人生。

二人の関係は、共通干のないラッキーカラー同士。共に、生日冲殺。
吉村は、「陽+調+丑月」で、子煩悩。
結婚したのに、事情は別にして子供がいないことが、矛盾となっている。
本年(宝巳)は、日干干合で「陽子」が「海子」となり、
さらに月干「灯」と干合すれば、月干は「草」、日干は「木」となる。
これに、年干「木」を加えると天干一気となり、目上を吹き飛ばす。
当然、相談をしている異性の存在も否定できない。
それでも、人気に陰りがみえ、何もできない西川には、哀れさが漂うが、やむをえまい!
■読者メール→
「悪くない相性でも結婚して、自然の流れに任せず(避妊)にいると、
おかしくなるのですか?」
同年代で結婚する場合、絶対に共通干支が必要です。
ラッキーカラー同士だけなら、できちゃった婚かハネムーンベイビーでないと、
長持ちしないのです。結果的には、悪くないどころか、悪いです(笑)。

読者メール→
「落ち目の西川でも今回の離婚が変剋律10年運の精神苦に該当するのであれば、
多少は才能が磨かれるのでしょうか?」
反省すればね(笑)。
「吉村は、自身のラッキーカラー害月に、行動を起こしたわけですが、
この行動はBE的には良いのでしょうか?」
害とは別れでもあります。ラッキーカラーなら、ありがたい別れです。

読者メール→
「身近に天干一気の年下がいる場合、どのように付き合えば良いのですか?」
原則付きあわないことですが、仕事上の場合は、
自分が年下のつもりで、一歩下がってみると、うまくいくものです。
「矛盾の人生の人は、どんな時に幸せを感じるのですか?」
最高の矛盾が一気にラッキーカラー的に崩れる時(天剋地冲や納音)、
特に晩年で月支が天剋地冲されている10年運で、気分が晴れます。
感じ方は、人それぞれです。

読者メール→
「西川はきっと天冲殺明けに、浮気して吉村と離婚?したことを後悔するのでしょうね?」
どちらが先かは別にして、実際は双方浮気したのですから後悔も何もありません。
過去をふりむいてはいけないのです。玉主導たりとて、同じでしょう。

読者メール→
「家賃100万にぶっ飛びました。もっと有効なお金の使い道をした方が、よいのでは?」
それがわかっていれば、とっくに子供でもつくって、離婚はしませんよ!

読者メール→
「運のレベルが違う夫婦が、よりうまくやっていけるコツってありますか?」
だから、子供をつくるんだってば!
 
01年01月分 01年02月分 01年03月分 01年04月分 01年05月分 01年06月分
01年07月分 01年08月分 01年09月分 01年10月分 01年12月分
コラム総合目次//茶房会館(1 9 9 6 年〜)
さ く い ん
このページを美しくみる方法はこちら
プラウザのバックを使ってお戻りください●
BE●鳳積堂 Copyright(c)1994→2012 birthday-energy.inc.
BE●運命向上委員会BE●鳳積堂 きたでら
BE●運命向上委員会BE●運命向上委員会
BE●苺1BE●苺2