BE●BE●よけいなお世話
BE●苺1BE●苺2
熱意と心のDNAで運命を科学する 運命評論家●鳳積堂 BE
※「よけいなお世話」は著名人を誉めたり貶したりしながら、自分を磨く頁です☆
2 0 0 1 年(宝巳)●06月分// よけいなお世話
 
06月分一覧(2001年目次)
伴杏里●キラキラピンク存在感ありの野人(2001_0601)
徳永英明●もやもや病で倒れた理由(2001_0602)
竹中平蔵●経済相を夢みる人に任せて大丈夫か(2001_0603)
中村俊介●不純害持ちも今は注目(2001_0604)
奥菜恵押尾学に溺れる浅はかさ(2001_0605)
島谷ひとみ●自己制御不能の野人の魅力(2001_0607)
室井佑月高橋源一郎離婚騒動の行く末(2001_0608)
河村隆一宝積有香に一方的同棲解消宣言(2001_0609)
大仁田厚●参院選自民党比例区出馬は正気か(2001_0610)
唐沢美帆●Way to Loveという哀しい宿命(2001_0611)
Luv Tina●宿命は輝いているのに(2001_0612)
佐藤江梨子●アンバランスな魅力は両刃の剣(2001_0613)
L'Arc〜en〜Ciel tetsu●ソロ活動の勝算(2001_0614)
冨田靖子●虜にした堺雅人の素性(2001_0616)
広末涼子金子賢を追いかけ回す(2001_0617)
川口能活●世界へはばたく(2001_0618)
山崎まさよし●女性はファンになりたくない(2001_0619)
京本正樹吉田真由子に狂う(2001_0620)
SADS 清春●ロックはSEXだという改良改革(2001_0621)
深海理絵●恐ろしさ×4という毒カリスマ(2001_0622)
愛内里菜浜崎あゆみコピーは成功せず(2001_0623)
小島奈津子●中途半端な焦り婚は失敗(2001_0624)
桑田佳祐●7年ぶりソロで気分転換も物足りず(2001_0625)
ケイコ先生 唐木恵子●今後はどうなるの(2001_0626)
鈴木あみ滝沢秀明との交際は○か×か(2001_0627)
イチロー●さらに上昇する覚悟をみた(2001_0628)
酒井美紀●害年でダメ男金聖響に躓く(2001_0629)
 
■2001年06月01日(草未)
伴杏里●キラキラピンク存在感ありの野人
■「私たちって、付きあってるの? って言えたらいいのにな・・・」と、
公園で携帯電話に向かって独り言をいう少女。
『デジタルムーバD210i HYPER・きらきらピンク』のCMだ。
狙いは、「きらきらピンク」にすれば、勇気がでるというものだろう。
この少女は、神奈川県出身の
伴杏里(85年9月26日/山辰)。
これまでにも、SEVENTEEN・ピチレモン・装苑・Oliveなどのモデルとして活躍し、
CMは(おそらく)今回がはじめて。
水10『新・星の金貨』にも、第6話から登場している。

伴は、DNA「調」主導は、少女そのもの。偏った恋心があってこそ、成長する。
「調+石」は、自尊心強くも名誉にこだわらず。
「調+貫」は、集団行動不得手。他人の恩恵うけず、他人にも恩うらず、独立独歩。
「調+牽」は、内面気品も行動は大胆。経済感覚ないが、新しい世界を創る人だ。

10年運初旬「4歳陽戌」は、日干支「山辰」と「納音」的(初旬のみ陽と山は同格)。
さらに、初旬ラッキーカラー10年運天冲殺となり、通常人の3倍ほどの稼働力あり。
また、「4歳陽戌/14歳灯亥/24歳山子」は変剋律10年運で、精神苦が才能を磨く時期。
現在「14歳灯亥」で、「山」にとっては、
もっともありがたい(たとえて温泉を生みだすマグマ)10年運。
ひとつの方向性を決めて、活躍できる。

宿命の最大特長は、火性ゼロのひっそりとした人だが、
この初旬2旬と続く火性の10年運天冲殺で、大きく次元を変えれば、伸びるのだから、
学生ということに満足せず、どんどん大人社会に首をつっこんでいけば良い。
実家のケーキ屋の手伝いもいいが、仕事をしたほうがいいゾ。
ところで、6月3日(日)まで、渋谷の街(パルコ・スペイン坂広場)に
200台もの「きらきらピンク」を使用して作る巨大モニュメントが出現する。
高さ2.7m、幅2.4m。16和音サウンドと、イルミネーションが、1時間おきに一斉に時を告げ、
「きらきらピンク」の光りと音を放ち、渋谷の夜の街に浮かび上がる姿は、壮大そのもの。
期間限定の新しい待ち合わせスポットとして注目されること間違いなしとか・・・。
最終日には、もちろん伴もはりついているらしい。これからが、楽しみな人だ!
■読者メール→
「どのような制約が予想されますか?」
自由にのびのびと出来ませんから。グチが多くなります。親も事務所も躾が厳しいのでしょう。

読者メール→
「実家から出たら、もっと活躍できるんですよね?」
でないと、親が邪魔になります。宿命火性ゼロの山は、親縁なしですものね。
 
 
■2001年06月02日(陽申)
徳永英明●もやもや病で倒れた理由
■デビュー15周年を迎え全国31カ所36公演真っ盛り(15公演消化)の
徳永英明(61年2月27日/宝卯)が、
東京都指定の難病(もやもや病=原因不明の脳血管障害で、脳底部の主要動脈が閉塞し、
ろれつがまわらない・手足の力が抜けるなどの症状があり、完治は難しい)と診断され、
展開中のツアーを中止した。

徳永は、DNA「司」主導で、純粋で堅実。
「司+龍」は、用心深い出処進退。
「司+禄」は、自制心欠け、現実にとらわれ先見の明なし。
「司+貫」は、強い意志力。
「司+石」は、家庭大切。

10年運初旬「8歳畑丑」は、創造力が付加されるも、特別条件なし。
「18歳山子/28歳灯亥/38歳陽戌」は、「変剋律10年運」で、
精神苦を味わうと才能が磨かれる時。

86年(陽寅=干合)に『レイニーブルー』でデビュー。
『風のエオリア』『壊れかけのRedio』などのヒットを飛ばしたが、
94年(木戌)に3歳年下のモデルと結婚した。
徳永は、午未天冲殺のため、目下運薄い。
本来は年上の女性と結婚すべきものだが、
年干(宝)・月干(鉄)・日干(宝)の
金性天干一気(スポーツ好きになりやすく、大のサッカーファン)のため、
集中力あるものの目上運悪く、そこが大きなブレーキとなる。
また、「丑」年生まれ「宝卯」は、内外シーソー運のため、仕事と私生活が両立しづらい。

つまり、結婚せず仕事にだけ生きていれば、問題がおきない宿命。
さらに、天干一気の人は、その天干一気状態が壊れる時に、
さまざまなバランスを崩し、不幸な状況に陥りやすい。
「38歳陽戌」の干合で、役目役割の変更を迎えた彼は、
あれもこれも手をだしてはいけないのに、
本業以外にサッカー解説まで行い毎週TVに露出するようになった。
これが、184点と弱い人の体をむしばんだのだろう。

今年(宝巳)のキーワードは自己発揮。
感心できない生きかたが、金性(体のなかでは、血を意味する)の反乱を招いたに違いない。
器以上に活躍してしまった人間が、そのツケを払うことになるのは、自然界の掟。
「もう終わったはずなのに いつまで追いかけるの♪」と唄った徳永は、
焦らず静かに静養してもらうしかない!
■読者メール→
「器を知った時には、その後は士農工商のように、
器を越えない生活をすべきなのでしょうか?
それとも、小さな人間はそれを知っていても、運命の流れには逆らえず、
結局、運命通りに祭り上げられたり、床に叩きのめされたりと、無力な存在なのでしょうか?」
どちらでもいいのです。細く長く安全運転したいのか、太く短く完全燃焼したいのか。
そのどちらでも、自分の生きざまに責任がとれればいいのです。
中途半端は許されないということですよ。

読者メール→
「キーワードの自己発揮とは、今年どういう生き方をすれば良いのでしょうか?」
自己のありようを再認識する機会だったのです。本業回帰が正解。
やはりサッカー解説はよけいでしたね。

読者メール→
「天干一気の午未は結婚しない方がいいんでしょうけど、
結婚したい場合の注意点はありますか?」
子供をつくらないこと。自分の代で終わりにすることです。

読者メール→
「月支の寅と本年の宝巳は害だから、何かあるのですか?」
月支は、本人の体や家系の問題点です。
本来は、自分より年寄りがなくなったりする場合が多いのですが、
彼は無理していたので、自分の体にきてしまいましたね。

読者メール→
「コンサートで、『自分のようなものが、この世界で、ここまで生き残っているのが不思議だ』
みたいなこと言ってたのですが、あながち謙遜でもなかったのですね」。
だからといって、どうしようも出来なかったのでしょう。生き急いだのですよ。
 
 
■2001年06月03日(灯酉)
竹中平蔵●経済相を夢みる人に任せて大丈夫か
■このほど発表された小泉内閣閣僚の資産公開。
ひときわ目をひいたのが、
竹中平蔵(51年3月3日/海寅)経済相のリッチぶりだ。
リバーサイドにそびえたつ超高級マンションに部屋を3つ所有しているかと思えば、
来月店頭市場に上場される日本マクドナルド株を
1500株所有(1株百万とすると15億円の資産価値)するなど、
庶民感覚とは相当ズレた人であることがわかる。
もともと資産家ではなかった人が、大学の給料やTV出演料・講演料程度では、
とてもここまでの財を築けるわけもなく、
早くもスキャンダル探しにやっきになっているマスコミもあるという。

竹中は、DNA「鳳」主導で、冷静沈着。遊ぶための財産形成に目がない。
「鳳+調」は、おおらかだが、なあなあ気質。
「鳳+鳳」は、肩肘張らないねばり強さと、重量感ある人生。
「鳳+玉」は、自分をたなあげして、他者を論理的に語る。
「鳳+龍」は、内面葛藤激しく、新世界の夜明けをになう人。
「海寅」は、がんらい表面穏やかでも、内面は自意識の塊。
「海+鳳+寅月」は、ひらめき体質で、無から財を生みだす。

10年運「9歳畑丑」は、プライドの高さと役目意識が付加されるも、特別条件なし。
「19歳山子/29歳灯亥/39歳陽戌」は「変剋律10年運」で、
精神苦とともに才能が磨かれる。
特に3旬(司)4旬(禄)は、ラッキーカラー10年運でもあり、
その結果が財に結びつけられたと推測される。

本年(宝巳)は、条件なし天冲殺+害(月支も)で、
本人の意思とは別に旧悪が暴かれる危険な時期。
たいそうな条件もない人が、その気になって、大臣を引きうけてしまえば、
痛くもない腹を探られても、やむをえない。
学者出身が売りだが、日本の国がどん底の時に、
経済再興を任すことができる器にはあらず。
首相のとんでもないアキレス腱になりそうだ。
もちろん、条件なし天冲殺の大臣就任は、夢のなかの出来事だから、
具体的な手は何もうてず、かえって不名誉な結果になることもありそうだ。
日本国民は本当に、可哀想だな!
■読者メール→
「現実領域のDNAないんですね」。
だから、机上の空論なんです!

読者メール→
「人のよさそうなニコニコ顔に、だまされてしまいそうですね」。
参院選後は、修羅場ですよ(笑)。

読者メール→
「ある程度お金を手に入れたら、次は経済相というステータスが欲しくなったのでしょうか?」
渡りに船だったけれど、墓穴掘りますよ!
「辰巳天冲殺だから、自身のお金儲けには熱心でも、
日本経済の建て直しの手腕には、期待できそうにないですね」。
鳳主導だしね(笑)。

読者メール→
「DNA鳳の遊ぶための財産形成に必死になって、大学教授。
しかも経済を選択する辺りがスゴイ。
鳳+玉で、他者を理論的に語れるのも、教授様には必要な事なのですよね」。
この玉や龍がないと、ただの遊び人ですよ(笑)。

読者メール→
「天冲殺に大臣に、なっちゃった人じゃな・・・」。
現実的な力量は全くないということです!

読者メール→
「なんで、奥さんとか子供の資産も公開してるんですか?」
家族名義にして、資産隠しをしないようにです。
「DNA石がないから、政治家に向いてないんですよね?」
政治家である必要はありませんが、大臣にも向いていません(笑)。
「才能は鳳ですか?」
剋線の数は、龍や玉ですよ。だから、学者です。
でも、鳳が主導するぶん、評論家であり、実践者ではありません。

読者メール→
「条件なし天冲殺で引き受けた事は、夢の中の出来事ですが、
仕事などでどうしても引き受けなくてはならない場合、どうすればよいのでしょうか。
軽く流す程度にしておくべきなのでしょうか?」
仕事は嫌でもなんでも絶対に従うものです。
ただし、この人の仕事は大学教授なのですから、閣僚になることは、お断りすべきです。
器を知らないとはこのことで、身の程知らずです(笑)。
「生年、生月などの場合は天冲殺でも良いのですか?」
条件ありの方が、大きく飛躍できるのは、善し悪し別にして天冲殺です。
ただし、具体的な手法は、原則受身で、
自発的に行うものの時は、腹をくくって、かからねばなりません!

読者メール→
「鳳+玉だから、外野から吠えているのが適職だったろうに・・・。
自分が舵取りになって、暴走しないことを祈るばかりです」。
祈ってもダメです。どうせ舵取りはできませんから、いいように利用されポイ捨て。
気が付いた時は、本業の評価も落としてしまいます(笑)。

読者メール→
「経済学者だから成功する企業の見分けが上手く、
見事に株で財を成したのかと思ったのですが、それだけのわけないですよね。
この人がよく出演していたTV東京の経済ニュースを、録画して見ていたのですが、
的確なコメントを出来る人=的確な政策を実行出来る人ということには、
ならないのでしょうか?」
実行力はあくまでも牽なのですが、そういう役目意識がないのですし、
あくまでも鳳主導で、楽しみでしかないのですよ。
「道路特定財源の廃止についての、
『首相がそこまで本気とは思わなかった』との発言には、がっかりしました。
政治家じゃないからこそ、しがらみにとらわれず、悪弊はバッサリ断って欲しいのに。
そんなに財を成せるなら国の財政も何とかしてくれえ〜!」
まさに、ごもっともですが、政治と学問は両立しません。
民間人を起用してお茶を濁すより、もっと女性閣僚を増やすなり、
やりたい人に任せるなり、しないと意味なしですよ。
学者じゃあ、官僚のいいなりですね。
この人には、官僚を何とかする政治力のDNA石もないし。
趣味で大臣やられては、困りますね。やはり、かけ声だけの内閣です!
 
 
■2001年06月04日(山戌)
中村俊介●不純害持ちも今は注目
■『ライフカード』『ウメッシュ』のCMに出演する中村俊介(75年2月16日/雨巳)が元気だ。
中村は、DNA「司」主導で、純粋堅実だが、何でも自分のものにする傾向あり。
「司+鳳」は、忍耐力あり。
「司+玉」は、生活のために生きぬく術もつ。
「司+牽」は、感動希薄。評論家で保身術優秀。

10年運「4歳灯丑」は、月干「山」と日干「雨」が干合すると、
日干支が「灯巳」になるため「大半会」となり、初旬条件あり成功運型。
もともと月干支「山寅」と日干支「雨巳」が「干合支害」の関係になっており、
まとまりの悪い人だが、95年(草亥)の対冲年で、

雑誌『メンズクラブ』の、読者モデルオーディションでグランプリ受賞。
以後モデル(98年山寅=干合支害スタートのミニ・ストップが有名も、終了)ばかりか
俳優として活躍する。
現在「24歳草亥」は、特別条件付き天冲殺10年運ばかりか、宿命の「害」が切れる時。
「雨+司+寅月」は、場違いの結婚。
もともと「雨巳」は、一風変わった人を好む傾向あり。
来年(海午)さ来年(雨未)の注目株だが、
これといったゴシップの洗礼をうけていない中村も、これからもっと有名になるだろう!
■読者メール→
「草亥の10年運で害が、切れるとはどういう事ですか?」
月支寅と支合し、日支巳を対冲するのですから、
宿命に害を所有していても、過去を破壊すれば、害が軽減されます。
また、このとき年干支が大半会で、10年運特別条件天冲殺なのですから、
さらに大きく飛躍する可能性があるのです。

読者メール→
「性格は三枚目なんですね」。
害をごまかすために、そう見えるのですよ(笑)。

読者メール→
「害持ちは、日々の干支でも対冲を利用すべきなのでしょうか?」
もちろんです。また、意識して気分転換よくする必要性があります。
「ラッキーカラー日と無常の対冲日とでは、どちらが利用しやすいでしょうか?」
ラッキーカラー的生きかたをしていれば、対冲優先です!

読者メール→
「この干合支害は、理想の女性にあいやすいが、まとまらないという意味でしょうか?」
理想の女性ではなく、女性には困らないが、ロクでもない人が多いということです。

読者メール→
「異性だけでなく、仕事選びも一風変わったモノを好む傾向にあるのでしょうか」。
そういう仕事を呼ぶのですよ。

読者メール→
「10年運が変わると、がらりと流れは変わるものなのですか。
それとも、人によって流れが変わる時期や、変わり方は差が出るものなのでしょうか?」
稼働条件が乏しいと、数年かかる場合があります。
意識して変えていけば、良いのです。

読者メール→
「害が切れると、どうなるのでしょうか? ただ普通になると言う事ですか?」
逆転現象ですから、妙に積極性がでてきます。
 
 
■2001年06月05日(畑亥)
奥菜恵押尾学に溺れる浅はかさ
■投稿写真誌に匿名扱いで、全裸情交写真を掲載されて話題になった
奥菜恵(79年8月6日/草巳)が、相手の押尾学(78年5月6日/山辰)と共に、
ついに一般週刊誌に名指しで報道されてしまった。

奥菜は、DNA「禄」主導で、自己中心。
禄×3もあり、手がつけられないほどのスター気取り。
「禄+禄」は、不器用で単独行動。
「禄+調」は、組織になじめず、自己流の生きかたしかできない。
「禄+車」は、ルールに縛られるのが苦手で、礼儀礼節無視。
10年運初旬「1歳海申」は、ラッキーカラー10年運だが、特別条件なし。
「11歳雨酉」も同様。
「21歳木戌」は、特別条件付き10年運天冲殺も、
若年恵まれて過ごしたため(ラッキーカラー10年運)恩恵少なく、
生きる次元も変えていないので、落下傾向にある。
「未」年生まれ「草巳」は、単なるわがまま。
もともと、「草巳」は、芸能と痴情(完全な愛を貫く人もまれにあり)の象徴だから、
男女関係がただれても仕方なし。
というのも、318点のバケモノ的エネルギーが目立つだけで、際だった特長なし。
晩夏の「草」のわりには、水分が一滴もないサボテン体質。
「草」にとって、水分(海・雨)は知恵なので、ようするに頭の弱い人。
この時代整合性ない夏生まれ「草」が、
すぐ隣の月干に配偶者にはならない異性成分「宝」があるので、
おかしなことにすぐなってしまう。
今年(宝巳)は、さらにこの要素が強くなり、見事に切られてしまう流れだ。
真意は別にして、こんな話がでてくることじたい、ダメ。

押尾は、DNA「貫」主導で、頑固者。
「貫+石」は、周囲に溶けこまない独裁者。
「貫+牽」は、主義主張なく打算的。
「貫+貫」は、懲りない人。
「貫+玉」は、その場限りの悪知恵。
10年運初旬「10歳山午」は、
年干支「山午」と「律音」のため、初旬条件ありで成功運型。
その後も「20歳畑未〜60歳雨亥」までがターボ運(子丑冲殺の干支まわり)で、迫力あり。
エネルギー316点は、存在感強烈も時代整合性なし。
クドい夏の山。また、ラッキーカラーの水分は、わずか10点で、
0点なら無限大で取りこむ可能性ありも、こちらは、ひたすら優しさのないオトコ。

二人に共通干などなく、野合(笑)でしかないが、
この写真が撮られたと思われるのが、奥菜の条件なし天冲殺+害年(98年山寅)。
最悪のダメージ年で、持ちこまれたのは、
日頃の生きかたがいかによろしくないかという証明。
ただの、アホとしか言いようがない!
■読者メール→
「こんなに男をとっかえひっかえするのは、やはりものすごいエネルギー点数を
仕事で発散せずに、もっぱらセックスで発散してるってことなのでしょうか」。
でしょうねえ(笑)。
「最近は悪人役が多いですが、到底菅野美穂ほどの演技力もないし、
悪い女よって、開き直るにはまだまだ中途半端な悪さ加減。
彼女が生きる次元を変えるとしたら、どういう方向にいくべきなのでしょうか?」
今回の件を潔く認めて開き直ることしかないです!
「押尾はこういう話ばっかりなのに、次々にいい仕事が入ってくるし、
異性スキャンダルは男性タレント、俳優のキャリアには、響かないものなんですかね」。
そんなことはありません。敬遠されてますよ!
アイツだけとは、共演させたくないとか(笑)。
「今回の写真も押尾側から流出したものだというし、
なんだかスキャンダルを売りにしようとしている匂いもします」。
違いますよ。まさか、こんなもの自分でだしません。
現像所あたりから、押尾を潰そうとするサイドに渡ったのでしょう。
夏生まれの山が、いつまでもノサバレル訳ないですよ!

読者メール→
「昔から結構バンド関係内では相当な人だとの噂があったので、今更という感じです」。
その程度の人ですよ(笑)。

読者メール→
「撮り慣れているようにみえました」。
夏生まれの草巳だもん。ダラしがないでしょ!

読者メール→
「星の金貨での役は地なんですね」。
あんなもんは、一部ですよ!

読者メール→
「エネルギーが、197点しかない私には、318点もある彼女が、
なんだかものすごい人のように思えてしまいます」。
だから簡単に満足などしないのです。

読者メール→
「2人の干支が、辰巳午未と並ぶけど離れられないって事?」
バブリーさが、強調されるのです!

読者メール→
「出生の秘密とエネルギー点数の、相互関係はどのように、考えればよいのでしょうか?」
力量の弱い親から突然変異のように、親を飛び越える子供が生まれますが、
すなわち活躍できるとは限りません。夏生まれが安定的に成功できる世の中ではないのです。

読者メール→
「条件なし天冲殺+害年は、害だけの年と比べて、どこが違うのでしょうか?」
単なる害ならば、病気を除去しリハビリを加えるだけで、
立ち直りも可能ですが、天冲殺があるとコントロール不能ですから、
第三者が介入するなどして救出されないと、なかなか困難です!

読者メール→
「押尾の水分が少ないとなってますが、どこからが普通になるのでしょうか?」
全体の割合です。極少なら、かえってない方が、いいですよ(笑)。
 
 
■2001年06月07日(宝丑)
島谷ひとみ●自己制御不能の野人の魅力
■6月11日付オリコンチャートで、第4弾シングル『市場に行こう』(5月30日発売)が、
23位初登場する
島谷ひとみ(80年9月4日/鉄辰)は、広島県生まれ。
97年(灯丑)に行われた「第1回ザ・ジャパン・オーディション」歌手部門に応募し、
応募総数のべ20万人の中から最終審査に見事合格。
99年(畑卯)高校卒業とともに上京し、当初は「大阪の女」なる演歌でデビュー。
第32回全日本有線放送大賞新人賞・第32回日本有線大賞最優秀新人賞を受賞した。
その後「害」明け「律音」の00年(鉄辰)にポップスに転向し、「解放区」をリリース。
01年2月にジャネット・ジャクソンのカバー曲「papillon」で、
オリコンランクインし認知される。
その風貌から、すわ整形かと思われがち(笑)だが、
硬派な鉄のイメージが充分あり、そうはイジっていないだろう(爆)。

島谷は、DNA「貫」冲殺主導で、
好き嫌い激しいわりには、マイペースを保てず他人に足を引っぱられる。
「貫+貫」は、利己主義。
貫×3もあり、何を考えているかわからない生年生月冲殺であろうと、
「鉄」でもあり、意志だけは強そうだ。
「貫+龍」は、短時間和合無理。忍耐力強力で口堅い。
「貫+禄」は、計算された自我で、演技のできる人。

10年運初旬「9歳雨未」は、デリケートな女性的感性が付加されるものの、特別条件なし。
宿命の特長は、エネルギー248点は充分だが、
最強の秋の「鉄」とはいえ、ラッキーカラー火性ゼロ(プライドなし、稼働力なし)の野人。
生年生月冲殺でもあり、売れるために何でもやれる人なので(エイベックスだ・・・)、
今年(宝巳)もズル賢く、命じられるままにアジアでもどこでも行くのだろう。
売りが生年生月冲殺だけでも、さすが時代整合性ある、
秋生まれのクールぶりは、スゴいものだねえ!
■読者メール→
「ジャネットのカヴァーはズルいと思いました。
今年のキーワードどおり(石)通りですね。それとも妥協?」
生年生月ですから、自己発揮してませんよ。答えは妥協です。
「日干と年干が鉄でその間(月干)に木。
何だか両脇を鉄柵で固められた、身動き出来ない木を思い浮かべてしまいました」。
月干=つまり目下や後輩はたまらないです。
それだけ、この人だけが優遇されることになりますし、
幼い時も、ヘンな可愛がられ方だったでしょう。
「日干支が自分の年干支を大半会してる人って、
自分で勝手にやる気が出てしまうのでしょうか?」
生年生月ですから、事務所がどんどん仕事いれるのです!

読者メール→
「これでラッキーカラー火性があったら、どうなんでしょう?」
10年運は無理ですから、年運や月運に期待ですが、
時代整合性ある秋生まれの野人の生年生月ですから、
売ろうとするほうは、武器を扱うように自由にできるのですから、ラクですよ。

読者メール→
「宿命がここまでくると、鳳の表現力は必要無いのでしょうか?」
実際には申のなかに海が隠れていますが、ダメージカラーです。
ヘタに表現(遊び)するより、事務所の思い通りで、いいのです。

読者メール→
「ゼロが無限大に働く場合は、長続きしないとありますが、どのくらい持つのでしょうか?」
事務所のいうことを聞いている限り、ずっとです。
ヘタに火性がでる時のほうが、怖いかも(笑)。
 
 
■2001年06月08日(海寅)
室井佑月高橋源一郎離婚騒動の行く末
■ミス栃木・レースクイーン・銀座のクラブホステスなどを経験した
異色作家・
室井佑月(70-0227/山寅)と、
夫で三島賞作家の
高橋源一郎(50-1231/鉄子※午前四時前判断)が、
離婚することになったという。
二人は3年前(98年山寅=室井の律音、高橋の改良改革年)から同棲し、
その後結婚。
昨年(鉄辰=室井のDNA「鳳」の出産適齢年)は長男も生まれたが、
今年にはいってから、高橋が25歳前後の女性と浮気して、
室井の両親も同居する家から、出るようになって、
現在音信不通状態(けっこう、仕事はしているゾ)のため、
弁護士を通じ離婚の話しあいをしている最中という。
高橋は4度目の結婚だが、年干も日干も「鉄」で常に両天秤だからか(笑)。

室井は、DNA「車」主導で、闘争的本質。
とにかく争ってでも、他人のものをとる。単細胞で、危険な体質。
「車+貫」は、短気で一本気。
「車+車」は、計算された行動力。
「車+鳳」は、カネのためなら何でもあり。
10年運初旬「8歳灯丑」は、品性(玉)が加わるラッキーカラーだが、特別条件なし。
「18歳陽子」も同様。
現在「28歳草亥」は、特別条件付10年運天冲殺で、
何か大きな動きをすれば次元のあがる時期も、プライドにこだわりやすい。
「山+車+寅月」は、大人げない。
宿命の特長は、配偶者成分を示す水分ゼロ
(優しくもないので、高橋が逃げだした・・・)なので、
ちょっとしたことで、異性を失いやすい。
生日冲殺でもあり、略奪婚の哀れな末路かも(嘆)。
しかし、それ以前に、DNA成分のどこを探しても、作家としての資質なく、
アホな男性にちやほやされただけで、その作品たるや、文学の香り乏しく、
DNA「車」まるだしのリズムだけの文章なのが哀しい(メロディのないようなもの)。

高橋は、DNA「調」主導の、クールな異端児。
「調+禄」は、ユニークな発想。
「調+調」は、哲学的でまるで仙人。
「調+貫」は、恩義通用せず。
「調+龍」は、満足というものに縁なし。
10年運初旬「2歳畑丑」は、伝統的な知恵が強化されるもので、
日支と月支の「子」と年支の「寅」を結ぶ変則方三位になるが、
これといった、特別条件なし。
現在の「42歳雨巳」は、月干「山」が干合で「陽」となり、
守護神強化も、DNA「車」は一歩間違えれば、危険で乱暴(笑)。
前夫人に「新しい奥さんも見つかったから、僕の前から消えてくれ」と言ったのは、
あまりにも有名。

二人の関係は、共通干支(山・鉄・寅)もあり一見良好のようだが、
日干同士に整合性なく、どうしても一緒にいなくてはならないものでもない。
本年(01年/宝巳)は、室井のダブル「害」(月支/日支)と、
高橋の条件なし天冲殺ながら、DNA「石」で狡猾。
つい、新鮮な異性にクラッときたのだが、夢のなかのようで、非常に不安定な時。
本来は、一生懸命仕事をせねばならない。
06月(木午)は、室井に稼働力が生まれ三合会局、高橋は「天剋地冲」なので、
離婚話になったのだろう。

ところで、室井はTBSラジオ『ラララ日ようび』(パーソナリティ近藤サト=海午)のなかで、
06月03日(灯酉)に、この件をはじめて公で語った。
「最近占い師に相談したことは?」と水を向ける近藤に、
「別れろって。私は占い師の言うこと信じるのよ」だと。
厚顔無恥理路不整然の近藤の番組だから仕方ないかも知れないが、
どんな占い師に相談したのかは知らないが、室井もとんだアホである。
だって、いくら夢遊病者の高橋とはいえ、こんな輩を野放しにしたら、懲りずにまた太る。
この際、徹底的に苦しめてやるのも手だぞ。
また「害」年とはいえ、あっさり離婚なんかしてしまえば、
たいした消化にならないし、今年のキーワード(反抗)も活かしてない(笑)。
まして、高橋の10年運が「52歳木午」の天剋地冲に近づいているのだから、
もう懲りて二度と結婚はしないかも知れない(でもないか)。
室井は、高橋を追いつめる役割だってになっているのだ。
いくらSPEEDの時代とはいえ「山」なんだから、持久戦はどうだ!
■読者メール→
「日干支と月干支が律音する人って、どういう人なんですか?」
家系と常に一体化の方です。結婚したのはいいけれど、
新しい家に自分の親まで呼んじゃうんだから。
もともとあった、実家に配偶者を呼ぶのとは違います。
これじゃあ、高橋も息苦しかったかも(笑)。

読者メール→
「作家の資質って鳳ですか?」
創造力は龍と玉です。
「高橋の10年運52歳木午は、どういったものなのでしょうか?」
因縁解脱です。

読者メール→
「こんなに、故横山やすしバリの極道な生き方をしているのに、
悪い奴ってイメージが付かないのは得ですよね」。
作家の特権でしょうか(笑)。

読者メール→
「室井は常に男で(に、ではなく)生きてる感じがして、
あまり良い印象ではない(男に生きるのはアリだと思う)。
一度こうゆう話が出てから、もし離婚しないで来年を迎えた場合、
二人はどうなるのですか?」
表現力の害ですから、何か作家活動に支障がでてくるでしょう。
常識的には、遊びで身を滅ぼします。

読者メール→
「室井は、感情を書き散らしてあるだけで、物語のプロットとか、
読ませる技術とか一切なしで、非常に不快です」。
それでも、通用してしまうのが、動乱期ですね。
「前夫人の高橋直子を蹴散らした時は非常に得意げでしたが、
直子より持たなかったですね・・・。
鳳だけでは小説家としてはやってゆけないのでしょうか?」
創造力(龍と玉)も必要ですが、志(牽)もないといけません(笑)。
 
■2001年06月09日(雨卯)
河村隆一宝積有香に一方的同棲解消宣言
河村隆一(70年5月20日/鉄子)が、4年間同棲した宝積有香(75年7月6日/雨丑)に、
この春一方的決別宣言したことがわかった。
自身のHPでは「本当に逢えて良かったと思ってるし、
俺のいない世界でも幸せになってほしい」などと、勝手なことを言っている。

河村は、DNA「貫」冲殺主導で、マイペース保ちづらく、ヘンな意地をはる人。
「貫+龍」は、中途半端な忍耐力。
「貫+調」は、恩知らず。
「貫+貫」は、懲りない人。
「貫+石」は、個人の利益しか追求せず。
10年運初旬「6歳海午」は、表現力が付加されラッキーカラーだが、特に条件なし。
「16歳雨未」は、ラッキーカラー害でありがた迷惑。
天干一気(鉄年宝月鉄日生まれ)なのだし、
自らの天冲殺に運気が動く生月冲殺に加え、
去年(鉄辰)今年(宝巳)が、天干一気が強化される金性年のため、
害の10年運に参加したLUNA SEAは、河村の意向で活動停止して当然のこと。
現在「26歳木申」は、宿命にない木性(本来は優しくなく、金銭物質運もゼロ)が出現し、
財を形成している時期。

宝積は、DNA「禄」主導で、自己顕示欲強い。
「禄+鳳」は、お人好し。
「禄+車」は、ルールに縛られるのが苦手。
「禄+石」は、他力本願。
10年運「1歳雨未」は、日干支「雨丑」を「納音」するので、成功運型。
仕事で成功しやすい生年冲殺だが、時代整合性ない夏生まれに加え、
宿命の月干支(海午)と日干支(雨丑)は、妥協がキーワードの「害」。
どうしても、ひとつのことを長く続けられない体質。
「雨+禄+午月」は、異性に裏切られやすく、
さらに生日冲殺・互換冲殺でもあり、運気が伸びる自身の天冲殺にスタートした実質婚も、
改良改革の半会年に終止符をうつことになった。
もともと二人の関係は、共通干支なく単にラッキーカラー同士という脆い関係。
共通の目的(子供など)が、なければあっけなく崩壊するものなのだ!
■読者メール→
「今後この男は離別したことにより、love songが売れなくなって
消えたりしないのでしょうか」。
相手があまりにもズサンで、河村のカネにたかっただけだったので、
業界的には同情の声しきり。しかし、それだけ女を見る眼なかった(笑)。
新しい恋をすれば、なんとかなりますよ。

読者メール→
「共通干支がなくても、子供ができたら関係は違ってくるということですか?」
よけいにひどくなるだけです。ロクな子供は産まれませんよ!

読者メール→
「金が入ったし、木性も出現したのに、4年連れ添った宝積に優しくなって
結婚しないものなのでしょうか?」
目的が別どころか、家事も何もしないできないでは、意味がありませんね。
「糟糠の妻(オンナ)を、ビッグになって切り捨てることは、いかがなものでしょうか?
芸能人はよくやってますが・・・。考えてみれば幸せになったヒトはいないか(笑)!」
別れた方に存分のお礼をすれば正しいのです。
いまでは、女性が男性を切り捨てることのほうが多いですが、
自分の仕事運を伸ばし、共に歩いていける相手なら、器が同等の相手がベストです。
一般人でも、学生時代からズルズル交際してきた相手と一緒になるより、
社会に出て自己発揮したあとに、出逢った相手とのほうが良いのですよ。
ですから、芸能界だけが特殊なのではありません!

読者メール→
「これから彼女は、彼のいない世界でどうするんでしょうね」。
手切れ金を喰いつぶすだけでしょう。バブリーな人は、生きていけないのですよ。

読者メール→
「雨の午月生まれや、畑の子月生まれなど、
日干と月支がどういう関係になると異性に裏切られやすくなるのでしょうか?」
10干と12支の力関係が最も弱い関係です。
雨が強いのは、真冬(亥月)で12点。逆に真夏(午月)は1点です(12段階法)。

読者メール→
「ねちねちして自己陶酔した歌い方はどうして?」
DNA貫冲殺の最大特長です!
 
 
■2001年06月10日(木辰)
大仁田厚●参院選自民党比例区出馬は正気か
■参議院選挙比例区の自民党より立候補することを、
表明した
大仁田厚(57年10月25日/鉄午)は、DNA「龍」冲殺主導で、
常に見直しをともなう落ち着かない人。
「龍+石」は、経済優先で、言い訳無用の実行力。
「龍+玉」は、ホンネは別にあり。
「龍+牽」は、名誉にこだわる改良。
「龍+貫」は、ヘンに和合。

10年運初旬「6歳畑酉」は、年干支「灯酉」と
「律音的」(初旬のみ、灯と畑は同格)なため、乗せれば怖い生月冲殺で、成功運型。
そもそも年干「灯」が、ラッキーカラーとなる恵まれた宿命
(ただし、年支・月支が害でやや使いづらい)だが、
「26歳灯未」「36歳陽午」は、ラッキーカラー10年運のため稼働力増強。

宿命の特長は、木性(優しさ金銭物質欲)・水性(表現力)ゼロで、
果てしない金銭欲がプライドと結びつき、
ついには3日で退学になった高校を、社会人になってから入り直し、
その後大学にも進学した異質の人。

秋の「鉄」は、圧倒的に強いのはわかるが、
生月冲殺はかつがれてこそ完全燃焼する人。
今回、大仁田の周辺でささやかれるのが、
当初は自由党より出馬予定だったが、
「オレの年収は、1億円以上だ」と恫喝して、
あっさり自民党に走ったと噂されていること。
小泉人気にあやかりたいばかりか、何やらきな臭い(笑)。
こんな人に、投票していいのか!
■読者メール→
「あの暑苦しさは、夏生まれっぽい(笑)」。
火性は、227点のうち78点でも、月支(戌)と日支(午)の半会で火性が強くなりますからね。
「格闘技に向いているか否かは、どこでわかるものなのでしょうか?」
武器である鉄に、DNA車・牽があれば、いいでしょう。
陰陽で草でもかまいません。
「2年後に10年運が草巳に切り替わりますが、
鉄と草が干合して、宝となりダメージカラーとなるので、
そこで運気は落ち込むのでしょうか?」
10年運干支はあくまでも、宿命にあるものではありませんので、
それじたいが干合して、どうこうというものではありません。
何かあるとしても、5年ほど経過してからです。
それよりも、宿命に存在しない木性の出現で、
今までの虚の金銭物質が、どうなるかのほうが、興味深いです。
実の金銭を求めるようになり、ケチさが露骨になるのか、
はたまた地味になり、輝きを失うのか(笑)です。

読者メール→
「龍と玉持ちということは、議員になることができれば、
それなりに形にはなるのでしょうか?
それとも大卒止まりがいいところなのでしょうか?」
議員は、他ジャンルからの挑戦ですから、牽でしょう。
DNA左端にこれがあると、人生の終わりになりかけると、
金より名誉を求めるようになりますが、
大仁田は金で買おうという雰囲気があり、さすが、金銭物質運ゼロです(笑)。
「担がれてふたつ返事で引き受けたのは、生き方としては現代的にも、
鉄午的にも、生月的にも正しいのですよね?」
ですが、お金をひきだそうとしたことで、大ブレーキ(爆)。

読者メール→
「龍が冲殺されると、どんな特徴があるのですか?
TVで人に言っていることと、やってること違ってるような気がするけど
矛盾、感じないのかな」。
常に見直しや再出発の人なので、コロコロ変わるので、それがこの人らしいのです。

読者メール→
「年支と月支の害は、どう解釈するのですか?」
なんでも、最初につまづきます。
3日で高校を中退したり、自由党とトラぶって自民党に話を持ちかけたり・・・。
自己発揮しすぎです。

読者メール→
「成功とは何ですか?」一般的には、金銭物質運が上昇することです。

読者メール→
「今どき自民党から出馬するなんてアホだ。
でも、大仁田に投票する人もいるんですよね、きっと」。
本人だって、そう思ってるよ(笑)。
「彼はプロレスだけやっているほうが、いいのですか?」
この人に限らず、ひとつのことを極めるのが、正しい生きかたでしょう。
「配偶者成分ゼロだから、結婚していないのですね。
そのかわりに、お金に走ってしまったのか・・・」。
それはそれで、この人らしいのです。
ただ、次旬で干合ですから、結婚すると思いますよ。

読者メール→
「引退と復活を幾度と繰り返したのも、DNAの成せる技ですか?」
龍冲殺主導ですからね。懲りない(笑)。

読者メール→
「オレの年収は、1億円以上だ。なんて言っちゃう神経が理解できない・・・」。
禄・司ゼロで、この人のハングリーな部分が、意地汚く見えますね。

読者メール→
「社会人になってから、高校に入り直して大学まで行くというのは、
この人にとってなにか、プラスになったのでしょうか?」
自尊心だけでしょう。選挙の布石かも(笑)。
「いったん社会に出た人は、とことん仕事するべきではないのですか?」
若い時にやり残したことをするのは、悪くはないのですが、リタイアしてからですね。

読者メール→
「なんでプロレスラーが、政治家になるんだろう」。
なりたいのは自由ですが、完全に引退すべきです。
「年支・月支が害でやや使いづらいとのことですが、
日支と年支、月支と日支。どの害が一番辛いのですか?」
害持ちの方は、慣れてしまえば、生きかた次第で、どうともなります。
それより、気づかずにいる場合の10年運害が、嫌ですね。
 
 
■2001年06月11日(草巳)
唐沢美帆●Way to Loveという哀しい宿命
■月9『ラブ・レボリューション』の挿入歌「Way to Love」
(オリコン初登場15位)を唄う
唐沢美帆(83年7月15日/木辰)は、
DNA「調」主導で、少女趣味で、偏り激しい。
「調+貫」は、集団行動不得手で、恩義通用せず。
「調+石」は、自尊心強くも、プライドなし。
「調+玉」は、現実生活不適合。得意分野のみにしか目がいかず、世間知らず。
「調+司」は、負けず嫌い。

10年運初旬「8歳鉄申」は、宿命にない金性(本来は行動力ゼロ)が出現するので、
稼働力がUPするも、特別条件なし。
「8歳鉄申〜38歳雨亥」は、ターボ運(子丑天冲殺の干支が配列される10年運)のため、
とにかく目立つ。
宿命の特長は、日干(木)の、すぐ隣の月干(畑)が配偶者成分となるので、
常に異性を意識する。
宿命に金性のない木性は、本来仕事に生きるタイプではないが、
10年運の後押しで、それが無限大の稼働力があるように見えてしまう。

また、「亥」年生まれ「木辰」は、内外シーソー運。
私生活と公的生活が、アンバランス。
自分の気持ちを抑えて、異性と交際せねば、仕事運を使えない、可哀想な人。
デビューの99年(畑卯)4月(山辰)21日(雨卯)は、自身の条件なし天冲殺+害。
仕事をし続ける限り、一生コントロール不能で、事務所のいいなり。
それでも、挿入歌とはいえ月9に起用されたのは、突如出現した年運の金性と、
デビュー日が生月冲殺のため。
PUFFY吉村由美(陽子)が、ガングロギャルになったマスクは、それなりのキャラ。
「木+調+未月」は、しぶとく執念深いが、時代整合性ない夏生まれが、
どこまで頑張れるか、お手並み拝見!
■読者メール→
「デビュー日は、日干支と月干支が干合支害でまとまり悪そうですね。」
その気になって主題歌に起用されても、たいしたことがないといった感じになりやすいな。

読者メール→
「日干と月干が干合する女性は、オトコ好きということなのでしょうか?」
好きか嫌いかではなく、いつでも近くにいるということです。
「好みの異性の範疇に入っているならば、
相手は落としやすいと考えてよいのでしょうか?」
そういうことです。

読者メール→
「自分の気持ちを抑えて・・とあるのですが。これは、意にそぐわない相手と交際する。
と言うのと、自分から思う相手に突進してはいけないというパターンと
両方が該当するのですか?」
内外シーソーでもあり、仕事のためなら嫌な相手とも、
自分をなげださねばならないということですよ。

読者メール→
「私生活と公的生活がアンバランスというとどっちかに、
偏ってもダメってことになるんですか?」
どちらかに必ず偏るということです。
交際相手がいても、デビューするため、仕事を続けるために別れさせられる。
そして、スポンサーや仕事をまわしてくれる人の、相手をせねばならないということです。
それが、嫌なら仕事は諦めるのです!
 
 
■2001年06月12日(陽午)
Luv Tina●宿命は輝いているのに
■火9『新・お水の花道』のオープニングテーマ「Naked Heart」(オリコン初登場17位)を、
唄う
Luv TinaTina(75年2月3日/鉄辰)は、
幼少の頃から父親(ジャズサックスプレイヤー)の影響を受け、
ジャズをはじめとするブラックミュージックを歌い始め、
デビュー前からその歌唱力は多くの注目を集めていた。

DNA「玉」主導は、親の持つ伝統的才能を継承する素質。
「玉+禄」は、和合心若年で形成される。
「玉+龍」は、単独行動で、際だった創造力を発揮するが、ホンネはなかなか言えず。
「玉+牽」は、伝統美を新しい流れに融合させる力あり。

10年運初旬「9歳陽子」は、行動力・攻撃力を付加させるラッキーカラー10年運も、
特別条件なし。
ところが、「19歳草亥/29歳木戌」は、特別条件付き10年運天冲殺。
さらに、「39歳雨酉/49歳海申」は、10年運天冲殺と、後天運はやたら稼働力上がる。

265点の豊かなエネルギーが、いかんなく発揮されるのは、
決して消えることのない宿命の月干「灯」のおかげ。
この、直火はありがたく、素晴らしいラッキーカラーだ(DNA牽は、鉄を名誉に導く)。
また、年干「木」は、月干「灯」の後詰めとしてサポートするばかりか、
魅力成分(DNA禄)となり、動乱期に強い鉄を盛りあげている。
なんともヨダレがでるような、恵まれた宿命じゃないか。売れて当然?
■読者メール→
「ラッキーカラーの月干支が、来年は干合支害ですが、何が起こるのでしょうか?」
灯が草になるのですから、夢や目下・方向性に変化により、生きかたがブレます。
また、化木で草になると、身近な異性がちらつき、ブレーキですね。

読者メール→
「西洋のジャズも、親が才能を持っていれば伝統的才能になるのでしょうか?」
親の才能や生きかたをうけつぎ発展させるのが、正当な玉主導の申酉天冲殺です。
「彼女にとって異性は、どのような存在になりますか?」
正式な配偶者は、辰のなかの草です。
これは、日支のなかで目立たないものですから、表にはでてこれません。
しかし、偏夫の木が年干にあり、夫ではない異性の支えも必要になるのです。

読者メール→
「何年も前になってしまのかも知れませんが、うたばんにTinaが出演した時に、
Tinaパパも一緒に出演してました。
何だか、愛娘を見る目がとっても優しくって印象に残ってます」。
いいことですね。
「親としては、自分の才能をそのまま受け継ぐ娘が産まれるというのは、
親の結婚もかなり良いはずですよね?」
そのとおりです。
「日干・月干・年干の並びが、ラッキーカラー同士というのは、珍しいと思うのですが、
こういう配置になるのは、そうそうあるものじゃないですよね?」
そして月干が、自分を鍛えてくれるのですから、恵まれています。羨ましいですね。
しかし、男性にして見れば、ちょっと大変です。

読者メール→
「ジャケ写ならぬジャケアニメが、カッコイイ。
ヒトと違った新しいことを行うセンスの良さは、龍の改良改革が、あるからでしょうか?」
玉+龍のもたらす恥じらいです(笑)。

読者メール→
「月干に灯、年干に木があるのと、月干が木、年干が灯の場合と、どう違うのですか?」
ラッキーカラーは、近くにあれば使いやすいということですよ。
月干灯は、厳しく鍛えている牽ですが、これが木の禄になると、
甘やかして猫かわいがりに、なってしまうのです。

読者メール→
「デビュー以来、ストリート系ファッション誌に広告とバーターなのか、
明らかな提灯記事が、これでもかこれでもかと出てました。
大手でないレコード会社にいるのに、こんなに宣伝にお金をかけてもらえるのは、
彼女の素晴らしい宿命のおかげなのですね。
ジャケットがほとんどイラストなので、本人の顔よりイラストが浮かんできてしまう!
そろそろ、もっと顔を売っていくべき気もしますが、
ずっとイラストのイメージを大切にしたほうが良いのでしょうか?」
ひとつを追究するということでは、しばらくはこのままが正解ですよね。

読者メール→
「良い結婚=普通の子供じゃないのですか?」
物事には陰陽があり、優劣が必ずあります。
良い結婚とは普通ではなく、親の何かを発展させるものです。
 
 
■2001年06月13日(灯未)
佐藤江梨子●アンバランスな魅力は両刃の剣
■79年(畑未)にスタートし、アグネスラムをはじめヒロコ・グレースなどを起用してきた
『大磯ロングビーチキャンペーンガール』に、
99年(畑卯)に続き、2度目の起用となった
佐藤江梨子(81年12月19日/宝未)。
現在、雑誌グラビアのほか、『ファイトマネー』(フジ)・『MELODIX』(テレ東)・
『アッコにおまかせ!』(TBS)・『峰竜太のホンの昼メシ前』(日テレ)などに出演している。
物怖じしない天然ボケのようなキャラと、
身長173センチ、股下90センチ、スリーサイズは92・58・83というスーパーバディが、
アンバランスな魅力となっている。

佐藤は、DNA「鳳」主導で、ゆとりと中庸精神。
「鳳+貫」は、表面温厚中頑固。
「鳳+禄」は、おひとよしで強い引力本能。
「鳳+石」は、案外常識人で普通の人。

10年運「6歳宝丑」は、年干支「宝酉」を「大半会」し、
なおかつ日干支「宝未」を「納音」するので、通常人の3倍ほどの成功運型。
エネルギー179点は、やや心もとないが、
ラッキーカラーの99年(畑卯)にデビューし、
天干一気(年干と日干が宝で、月干が鉄)の本年(宝巳)に、
これだけ露出できているのだから、
来年(海午)さ来年(雨未)の準ラッキーカラー年も売れていくだろう。
10年運「16歳海寅」もまずまずだ。

佐藤の宿命の特長は、前出の天干一気で、
幼い顔をして知らないうちに主役を喰っていること。
ところが、月支「子」と日支「未」が「害」のため、
まとまりが悪くドジな印象を与える(西村知美的=宝未)ので、助かっている。
事務所を背負ってたつか、売れはじめたところで、
結婚出産してしまうかの両極端になりそうだが、
こういう人をかかえる事務所(山田まりや・雛形あきこなどが所属)の行く末のほうが心配だ!
■読者メール→
「天干一気を抱えたことが、事務所の不安材料のひとつになるのですか?」
両刃の刃です。目立って売りやすいですが、
存在が大きくなれば、問題をおこして、経営者を困らせますよ。
「天然ボケキャラって、いっぱいいるけど彼女はイヤミになってないですね」。
害のおかげです(笑)。

読者メール→
「足が長すぎ、胸がでかすぎで気持ち悪いです。
顔とスタイルのバランスの悪さも、月支と日支の害からきているのですか?」
天干一気は、何かが目立つのです。冬の宝は、表向きより裏の豪華さ。
つまり、脱いだら凄いのですが、ホンネの時代であらわになってるだけです。
「胸の大きさはDNAで判断できますか?」
彼女の場合は、DNA鳳主導が剋されず、自然に相生関係になっています。

読者メール→
「このまま仕事をして売れていくのと、結婚出産するのと、どちらがおすすめですか?」
もちろん仕事と言いたいところですが、エネルギー点数がちょっと低いのが、気がかり。
来年が節目ですが、この流れならこの2年は仕事でしょう。
一般人なら、間違いなく来年は結婚です。

読者メール→
「月支と日支の害は、天干一気で薄れて印象程度に影響するということで、
宿命を考慮する場合には、それほど考えなくてもよいのでしょうか?」
気は充実してるのに、体(現実)がチグハグです。
それが、随所にでてるじゃないですか(笑)。

読者メール→
「害と聞くと悪いイメージがあるのですが、全てがそうではないということですか?」
まとまりが悪いことが、かえってDNA成分から判定した才能の無さをカバーしていますね。

読者メール→
「長くは保たないのでしょうか?」
気持ちは焦っても、ブレーキをかけていますから、耐用年数は短いでしょう。

読者メール→
「天干一気が目上を吹き飛ばす場合、具体的に何を吹き飛ばすのでしょう?
その場合エネルギー点数の強さは関係しますか?」
飛ばすのは身近にいる人で、最も弱っている人です。
親兄弟の場合もありますが、売れなくなった先輩をリストラさせる原動力にもなります。
そして、頂点にいけば事務所そのものです。
ただし、実際はエネルギー点数は強くないのと、
子丑天冲殺ではないので、いくらか現象はやわらぎます。
ただし、金性の人は、時代整合性あるので、重宝されるのです。

読者メール→
「鳳+禄は、おひとよしで強い引力本能とありますが、
引力本能とは、単に周りに人が集まってくるのか、
それともその人の何かに魅力を感じた人が惹かれてやってくるのでしょうか?」
後者です。山なら前者も加わります。

読者メール→
「男性受けするけど、女性は応援しないタイプ?」
10年運DNA調ですから、女性の応援が案外あるようですね。
 
 
■2001年06月14日(山申)
L'Arc〜en〜Ciel tetsu●ソロ活動の勝算
ラルク・アン・シエルのリーダーtetsu(65年10月3日/鉄寅*)が、
TETSU69と改名して、7月18日(海午)にソロ第1弾シングル『wonderful world』
(8月公開松竹系アニメ映画・幻想魔伝 最遊記の主題歌)を
他の3人(ソロ活動予定)に先がけリリースすることになった。
tetsuは同バンドのシングル21曲中8曲の作曲をてがけるメロディ・メーカーで、
今回初めてのボーカルをつとめる。

tetsuは、DNA「石」主導で、協調和合人間。
「石+車」は、豪放ワンマンで大義の前には、個人感情無視。
「石+司」は、日常生活(特に精神的に)質素。
「石+禄」は、他人を利用する才能にたける。

10年運「8歳木申」は、日干支「鉄寅」を「天剋地冲」し、初旬条件あり成功運型。
これに、「18歳雨未/28歳海午」が、
10年運天冲殺(宿命に水分ゼロなので、異質な人生となる)なので、
普通の生きかたをしなければ、遊び心豊かな成功運をつかむ。

tetsuは、本来表現力ゼロで無口。
それを、早い時期の10年運天冲殺遭遇で、身につけてしまった。
これに、金性の天干一気(年干と月干はともに草で、日干と干合すれば宝になる)が、
宿命に闘争的でロックなテイストを付加したもの。
さらに、年干支「草巳」と日干支「鉄寅」は「干合支害」で、究極の表裏人間。
午未天冲殺なのに、年上の気がうけられず、
さりとて洩気ゼロでは、年下もちょっとでは、生日冲殺の孤独な「鉄」ということか。
それにしても、天干一気だから、それが強くなる金性年は節目なのだが、
いくら宿命に害をもっていようと、「害」年にはかわらず。そうそう続かないとみた!
■読者メール→
「配偶者成分多いのに孤独とは、結局結婚には向かないんですね?」
日本でハーレムを形成するわけにはいきませんからね(笑)。
結婚そのものに懐疑的になるのです。
「表現力ゼロの人が、10年運天冲殺で身につけた表現力は、
明けても無限大に活かす事ができるんですか?」
例外をのぞいて、まず無理です。明けてしばらくすると薄れていきます。
しかし、この人は、明けても38歳宝巳48歳鉄辰と天干一気が崩れないので、
たとえ害がやってきても、持続しそうです。

読者メール→
「年干支と日干支が干合支害の場合、究極の表裏人間になるのは、どうしてなのですか?」
害だけなら、現実的な現象のみですが、
干も加わると、精神性が加わりますので、その人のなかで自己矛盾が顕著になります。
しかし、矛盾のある人生があっているのですから、
他人から見たらおかしな生活を送ることがあっているのです。
「干合によって、その表裏が目立ってしまうからですか?」
笑ったり、クールを装い誤魔化すのは、お手のものですよ(笑)。
「DNA石=協調性和合性=ズルだから、
グループ活動も滞りなく出来るものなのですか?」
政治力ですよね。
「こういう人がリーダーだと、他のメンバーは大変なのかな? それとも楽なのか」。
諦めです(爆)。

読者メール→
「おこりっぽいって噂を聞いてから、あまりいいイメージじゃないです」。
金性天干一気がつきますからね。
でも、干合支害持ちとしては、発散のつもりでも、程度は低いです。

読者メール→
「来年はどうなんでしょう? 海午で表現力は出てきますよね。
来年は結構売れるのかな?」
売れる売れないではない、宿命に存在しない水分により、
条件なし天冲殺年でもあり、全く異なる現象がでます。実質活動停止もあるでしょう。

読者メール→
「年上とも年下とも上手くいかないこの人の場合、
どんな相手とお付き合いすれば良いのでしょうか。
それとも結婚なんてしないほうが世のため?」
もちろん、世のため人のためです(笑)。

読者メール→
「曲は作れても、ボーカルは無理なのではないのでしょうか?」
コアなファンしか買いませんよ。
 
 
■2001年06月16日(鉄戌)
冨田靖子●虜にした堺雅人の素性
■金10『昔の男』で、夫の不倫に嫉妬の炎を燃やす
コワーイ人妻を演じている
富田靖子(69年2月27日/雨酉)が、
NHK朝の連続ドラマ『オードリー』にもでた新進俳優・
堺雅人(73年10月14日/雨未)と、
代官山の富田のマンションで同棲中であることが、写真誌に撮られたことでわかった。
2人は3年前(98年=山寅、共に干合年)の舞台『Zenmai』で共演したことがキッカケで、
演劇論をかわすうちに意気投合し交際に発展したという。

堺は、DNA「龍」主導で、物の裏側を見る疑い深い人。
「龍+貫」は、忍耐力強力で、地味。
「龍+禄」は、恋愛をすると視野が狭くなる。
「龍+石」は、経済感覚なし。言い訳無用の実行力。
10年運初旬「2歳宝酉」は、初旬10年運天冲殺のため、
宮崎生まれの堺が東京へでてきて、他人と違う生きかたを選択したのだから、成功運型。
さらに、その後続く10年運干支が、ターボ運(子丑天冲殺の干支まわり)なのだから、
目立って当然だ。
また、「丑」年「戌」月「未」日生まれは、四土格(なんでもあり)で、
昨年の「辰」で世間に認知されたことの証明。
何ごとも時間のかかる「雨」生まればかりか、
エネルギー263点は、男性としてやや重苦しい。
しかも、「丑」年「未」日生まれは、自己愛の象徴。
これに、水性天干一気(雨年海月雨日生まれ)は、創造力を駆使して、目上を剋していく。
堺は大変頭がいいのだが、月干「海」の作用で、秋の純粋な水が、やや濁っている風情。
つまり、ズルいオトコなのだ。

富田については、4月27日付の当コラムでも扱っているので、詳細解説は避けるが、
二人の関係は共に日干「雨」だけが共通という、同士的な関係。
そして、年上の富田(雨酉)が、堺の年干支(雨丑)を「大半会」させるので、
富田が堺にヤル気をださせているもの。
エネルギー141点ながら、後天運と思いっきりの良さで、
独特な存在感をかもしだす彼女だが、この関係は百害あって一利なし。
間違いなく、堺が売れれば富田は用済みになる。
目覚めよ、富田。若いオトコにいれあげているヒマはない。
バレたから、ヤメましたでも、許す!
■読者メール→
「富田靖子、完全に利用されちゃってるんですね」。
かっては、筧利夫(鉄辰)も。あげ●●かも(笑)。

読者メール→
「彼の売れる要素は、ルックスと目立ち方だけであって、
演技力は関係ないのでしょうか?」
10年運の車が、効いています。この時代成功できる人のパターンですね。

読者メール→
「四土格なんですね?」
そう、何でもありです。しかも、天干一気で、富田も、大変なのにつかまりましたね。
これで、終わりかな。可哀想に!
 
 
■2001年06月17日(宝亥)
広末涼子金子賢を追いかけ回す
■最近パッとしない広末涼子(80年7月18日/海辰)が、
都内の宿泊先のホテルから六本木まで俳優の
金子賢(76年10月19日/木辰)の乗った車を
サイフがないままタクシーで追いかける奇行をくりひろげたことが、報じられた。
二人は2年前(99年=畑卯、金子の条件なし天冲殺+害、広末のダメージカラー害)
映画『秘密』で共演し一時は交際の噂もささやかれていたという。

金子は、DNA「調」主導で、偏り大きいが、女性の気持ちがわかる男。
「調+玉」は、一般常識には疎い世間知らず。
「調+鳳」は、おおらかな柔軟性で、なあなあ。
「調+禄」は、組織になじめずユニークな発想。

10年運初旬「6歳畑亥」は、日干「木」を干合されると、
「山辰」となるので、年干支「陽辰」とは、「律音」的(初旬のみ陽と山は同格)。
さらに、月干支「山戌」とは、「納音」になるため、通常人の3倍ほどの成功運型。

エネルギー279点は、この時代の男性としては、クドすぎて、ややSPEED感にかける印象。
「木+調+戌月」は、子供好きで、子供をあやすように女性にも近づく(笑)。

広末は、時代整合性ない夏生まれに加え、生月冲殺で自己コントロール不能。
「申」年生まれ「海辰」は、矛盾だらけの人生。
月干干合の二人とはいえ、金子は条件なし天冲殺+害のツケを払わされているのだろうが、
広末にしても害年で金子にちょっかいをだされたことを、
ネにもって何らかのトラブルを抱えているのだろうが、
互いに「天剋地冲」(金子の月干支山戌と広末の日干支)を持ちあい、
ただでさえ発展ののぞめない関係。
いつまでも、かかわっているのは、間抜けだ!
■読者メール→
「広末が生月なのに、仕事に集中できないのは夏生まれのせいだけ?」
宿命にラッキーカラーがあるのに、10年運でもでてきたので、ブレているのです。
手抜き(笑)。

読者メール→
「金子はザ・女性たらしというイメージ。
ドラマでみる分にはいいけどバラエティだと、もっとしゃきっとせんかい、というかんじ。
性格は通常の社会ではあまり生きていけませんよね。
才能というよりは、適性から芸能界に入るべき人なのでしょうか」。
他じゃ、とても生きていけません(笑)。

読者メール→
「女性の気持ちがわかる諸条件を教えてください」。
DNA調主導または、DNA右端調で、
女系家族または、幼い時から女性が多い環境に育っていること。
「結果的にヒロスエは、大人の女性へと脱皮することに成功しているのでしょうか?」
してませんね。可能な限り年輩者に好かれなければなりませんが、現実は厳しい(笑)。
「ヒロスエは、顔はサッパリしているけど、行動はクドイですね〜」。
バブリー夏生まれですから。

読者メール→
「調主導で偏り大きいとは、性格が偏っているのですか?」
それもありますが、環境が偏っているのです。

読者メール→
「条件なし天冲殺+害に消化していないと、
いつまでも何かまとわりついてきちゃうんですか?」
天冲殺だからコントロールできないのであって、
それとは別に害の消化が重要なのです。
「午未だと子供あやすようにされると、逆に甘えて居心地よく感じるのかなあ」。
その手に乗っては、いけません(笑)。

(6)読者メール→
「金子クンから手をだしたと見ますか? それとも、広末の誘惑でしょうか?」
金子279点。広末252点。金子です。

読者メール→
「子供ができても、あまり良い子ではないのですよね」。
天剋地冲は、発展せずですし、天冲殺遭遇ですからね!

読者メール→
「来年の天冲殺へ向けて大丈夫なのでしょうか?」
海/雨ですし、12支の条件もないので、いくら生月でも、
かなり流れに乗ってないと、そうは期待できません。
 
 
■2001年06月18日(海子)
川口能活●世界へはばたく
■サッカー日本代表のGK・川口能活(75年8月15日/雨巳)が、
来季イングランドのプレミアリーグ(古豪ボルトン)でプレーする可能性が高くなった。
横浜マリノスには、推定移籍金3億円、年俸7千万で申し込みがきており、
川口は7月21日の第1ステージ終了後にも、イングランドに渡り、
日本人初の「プレミアリーガー」となる。

川口は、DNA「牽」主導で、役目役割意識が強い。
「牽+鳳」は、温厚誠実も理論に流されやすい。
「牽+玉」は、基本をふまえながらも、改革の気風。
「牽+調」は、内面気品も行動大胆。新しいGKのありかたを目指す。

10年運初旬「2歳雨未」は、独立心が付加される初旬10年運天冲殺なので、
生地(静岡県出身)を離れれば、成功運型。
2旬「12歳海午」でズルさを身につけ、
現在3旬「22歳宝巳」で、海外飛躍のチャンスとなった。

「雨+牽+申月」は、純粋で技術を追究するプロ根性ありも、
「牽」主導はストレート攻撃に強いが、変化球には甘いのが課題。
来年(海午)さ来年(雨未)の条件なし天冲殺前の海外移籍は、
さらにビッグ・ネームになる好機。頑張れ!
■読者メール→
「龍なくても、無限大で海外で活躍出来るのでしょうか?
それとも、良い条件が整った時のみなのでしょうか?」
10年運の出現で、勉強してこいということですね。
若いことと、山や木じゃないので、出来ます!

読者メール→
「変化球に甘いということは、相手の甘い言葉に騙されやすいと、
考えればよいのでしょうか?」
GKですから、PK戦は強くても、マニュアルにない攻めをうけると、
脇が甘くなるということでしょう。

読者メール→
「同じ牽主導でも、プライド高いと解説されてる場合と、
役目役割意識強いと解説されてる場合がありますが、
その表れ方は生き方によって変わってくるのでしょうか?」
人物を見て判断してます。GKですからね!
「天冲殺前の海外移籍は好機とありますが、この場合は、天冲殺中に活躍しても、
明けて藻屑とはならないんですね」。
経験にはなります。天冲殺中に行くより、ずっとマシですからね。

読者メール→
「10年運と今年が一緒の宝巳ですが、これには何か意味があったりするのでしょうか?」
10年運は想念の世界で、年運は現実です。
夢と現実が、良い方向に一致して後押ししています。

読者メール→
「天冲殺に入ってから、移籍するようなことになった場合、
天冲殺中はそこそこ活躍できてもその後がふるわなくなってしまうのでしょうか?」
自分の意志なら天冲殺での活躍は見込めません。
ところが、組織の命令なら話は別です。その方の生きかたにより、答えは変わります。

読者メール→
「変化球に強くなるには、DNAの何を使えば良いのですか?」
鳳=バランス感覚です。

読者メール→
「条件なし天冲殺中に戻るよりも、
天冲殺明けまで海外をベースにしたほうが良いのでしょうか」。
組織の命令にしたがうだけです。
 
 
■2001年06月19日(雨丑)
山崎まさよし●女性はファンになりたくない
■6月27日にニューアルバム『transition』をリリースする、
山崎まさよし(71年12月23日/海午)は、
DNA「石」主導で、協調性和合性人で反撃鈍い。
「石+貫」は、周囲にとけこめない変わり者。
「石+牽」は、事なかれ主義で、長いものにまかれろ。
「石+玉」は、理論理屈の人で、精神バランス良好。
「石+龍」は、天性の技術力があり、経済を無視した実行力。

10年運初旬「5歳畑亥」は、異常干支でDNA牽のプライドが付加されるも、条件なし。
現在のブレイクは、それまで野人なみに頑張ってきた結果、
「25歳灯酉」のラッキーカラー天冲殺で一気に結実したもの。

楽器はすべて独学で身につけたということだが、「石+龍」らしい。
エネルギー157点は、この時代の男性としては、
軽く流れにのりやすいが、冬の海で、冷たい。
「海+石+子月」は、おだてに弱く、「亥」年生まれ「海午」は、
狭視で異性の気持ち理解不能。
山崎の楽曲が、同性に支持されるのは、このためだ!
■読者メール→
「やはり天冲殺に入ってから頑張るのと、その前の段階から頑張るのとでは、
全然成果が違ってくるものなのでしょうか?」
天冲殺とは、頑張るものではなく、力を抜いて、流れに乗るものです。

読者メール→
「これだけ作曲やプロデュースできる力は、いま結実すると、
中年以降も活かしていけるのでしょうか?」
それを考えないほうがいいでしょう。
「協調性和合性の人で、周囲にとけこめない変わり者となると、
かなり気を遣わねばならないと思うのですが、
あまり物事を気にしないヒトなのでしょうか?」
石+牽は、長いものにまかれろですから、事務所しだいです。
彼もまた組織の人間なのです。

読者メール→
「異性にもてないというわけではないんですよね」。
相手の気持ちがわからないのですから、わかってもらうしかないのです。
ダマされたと思いながら、そばで楽しむしかないです。
「狭視の人たちには、ホモやレズが多いということは、ありますか?」
害や対冲でバランスが崩れれば、なりやすいです。

読者メール→
「今回のニューヨーク録音で、ボーカルはこだわって、全部アナログで録ったそうです」。
それが、本年DNA玉の発揮ですね(笑)。

読者メール→
「それまで、野人なみに頑張ってきたとは、どういうことでしょうか?」
15歳山戌はDNA車で、やみくもです。

読者メール→
「冬の海の人で、暖かみがある場合はありますか?」
ありません。どんなに火性が強くても、それはあくまでも、自分を照らすだけですから。

読者メール→
「石+龍の天性の技術力というのはどんなことでも、
器用にこなしていくってことなんですか?」
ひとつに専念しないといけませんよ。

読者メール→
「歌詞も曲もそんなにいいとは思えないのに、どうして人気があるのかと思っていたら、
異性理解不能で、同性に支持されているのですね、なるほど!すごいナットク」。
需要と供給のバランスはとれています。
しかし、こういう人の女性ファンは、辛いですよ!
 
 
■2001年06月20日(木寅)
京本正樹吉田真由子に狂う
■『開運!なんでも鑑定団』のアシスタントなどを務める
吉田真由子(74年1月10日/宝亥)が、約10年前にTBS『高校教師』で共演し、
最近あるパーティで再会。
意気投合した妻子持ちの
京本政樹(59年1月21日/雨卯)と、
熱烈交際中だと女性誌が報道している。
(京本が)妻と別居中との情報が流れて追いかけたところ、
深夜にTシャツにミニスカートという普段着の吉田があらわれ、
中華料理店デートを楽しみ、その姿はまるで恋人同士だったらしい・・・。

吉田は、DNA「鳳」主導で、遊び心豊か。
「鳳+鳳」は、肩肘張らない、気さくな人。
「鳳+司」は、個人主義者でたえしのぶので、不倫はおてのもの。
「鳳+禄」は、お人好しで強い引力本能。
10年運初旬「8歳陽寅」は、日干支「宝亥」と「干合支合」。
そして、初旬10年運天冲殺にもなるため、
他人の2倍程度の成功運型(にしては、ちょっとお粗末な仕事ぶりかも・・・)。
現在「18歳灯卯」は、男性的かつ闘争本能まるだしで、正式な配偶者以外の縁あり。
来年より「28歳山辰」のラッキーカラー10年運突入となるが、
本年「宝巳」は、過去の因縁解脱で、生きかたに大変化あり。
ひらたくいえば、この世界から撤退の可能性もあり。
宿命に火性ゼロで、仕事運もいまひとつ、
配偶者運皆無だから、何がおこってもびっくりしない。

京本は、DNA「車」主導で、闘争本能旺盛で、危険なこと大好き。
「車+牽」は、忍耐力あるように見える。
「車+鳳」は、大衆的性情。
DNAは、この2方向で単純明快。
10年運初旬「5歳陽寅」は、年干支「山戌」と「大半会」的
(初旬のみ、陽と山は同格)なため、成功運型。
「25歳山辰」は、干合支害天冲殺10年運。
現在の「35歳畑巳」も10年運天冲殺。
結婚したのも、吉田にあったのも、「害」の10年運だ。
そして、今年は、たぶん相性の良くない妻と昨年の「天冲殺+害」で、
もめたのち別居し、改良改革がテーマの天冲殺で、楽しくて仕方がないとき。

二人は、月干支がともに「草丑」で、共通干支あり。
吉田の年干が「雨」で、京本の日干も「雨」で、理解度あり。
日支の半会(亥と卯)もあり、そのうえDNA成分も「鳳」をとおして、楽しく遊ぶ仲。
左3「司」で、家庭的な面をのぞかせる吉田に対して、
「鳳」の京本がやすらぎを感じ、悪くはない。
吉田の事務所は「メシを食べにいっただけみたいですよ」としながらも、
吉田が「えっ、京本さんって、結婚していたんですか?」
などとトボけるもんだから、
「お前もトシなんだから、そんなこと調べてからいけ」と、
一応は静観のそぶりだが、おだやかじゃないだろう。
「戌」年生まれ「雨卯」の京本は、孤立。
「丑」年生まれ「宝亥」の吉田は、受身の人生。
地味な二人だが、もうこれで終わりかも!
■読者メール→
「二人ともDNAに鳳がいっぱいあって、何やら楽しそうな関係ですね」。
楽しいんですよ(笑)。

読者メール→
「同級生の同月生まれは共通干支だらけですが、
お互い理解度があるとみればよいでしょうか?
それとも同じすぎて、気持ち悪いほうに働くのでしょうか?」
そのどちらもですが、安心感はあるでしょう。
ただし、そうそう発展するものではありません。

読者メール→
「ナルシストの成分は何でしょうか?」
牽×2の存在です。雨の場合は、山を見て牽です。
つまり、異性がそうさせるのですが、天干から生まれる牽は、よく目立ちますよね。

読者メール→
「害の10年運の時期には、基本的にはどのように、過ごしていたらよかったんでしょうか?」
DNAキーワードの方向性にもよりますが、結果を気にしないこと。
特に私的な部分は、充実されないという覚悟です。

読者メール→
「仕事運も異性運もないのに、他人の2倍程度の成功条件があるのですね。
こういう人はどのように生きるのがいいのですか?」
人にコントロールされるだけです。
「鳳×3を活かすには?」
趣味に生きる。工夫した料理をこさえるでしょう。

読者メール→
「離婚して過去をきちんと清算しないうちから、
不倫という倫理にはずれたことをしたツケが、まわってくるということでしょうか」。
そのとおりです。
 
 
■2001年06月21日(草卯)
SADS 清春●ロックはSEXだという改良改革
■SADSが20日(木寅)に発売した新曲『ポルノ・スター』のプロモーションビデオを、
過激に制作しすぎ、話題騒然となっている。
「ロックはSEXだ」と豪語するリーダー
清春(68年10月30日/雨酉)の
ポリシーを前面におしだし、
金髪女性が腰をくねらせ巨乳もあらわになる超エロティックな作品で、
テレビ各局からNGをくらい、異例のモザイク処理がほどこされたとか
(それでも、オンエアは深夜帯のみ)。

清春は、DNA「牽」冲殺主導で、偏った自己愛で、中傷がつきもの。
「牽+玉」は、伝統を重んじながらも、改革の気風。ヘンに用心深い。
「牽+龍」は、創造力至上主義。
「牽+牽」は、無為無策の方向性に走りやすい。
「牽+石」は、懐疑的で事なかれ主義。

10年運初旬「3歳雨亥」は、年干「山」と干合すれば「灯亥」となり、
これが、月干「海」と二次干合すれば、「草亥」になるので、
初旬特別条件10年運天冲殺となり、もともとの初旬天冲殺(雨亥)とあわせて、
通常人の3倍ほどの稼働運型となる。

宿命に木性ゼロで、原則表現力ゼロの清春が、
「13歳木子」をへて、「23歳草丑」で精一杯表現力を磨いた結果、
本年「33歳陽寅」のラッキーカラー10年運と、
年運(宝巳=キーワード改良改革の半会)で、
あらたな進撃を開始したと見るのが自然だが、ちょっと趣味は悪い!
■読者メール→
「やってることはわかるんだけど、なぜかいつもどこか甘いイメージが拭えないのは、
所詮ロックの要素がないところで、ない表現力を磨いているからなのでしょうか。
まあ、そこが魅力なんでしょうけど」。
DNA牽だから、格好だけかも(笑)。

読者メール→
「趣味の悪さはDNAとかに出てしまうんですか?」
鳳や調がないからね。

読者メール→
「二次干合することで、何か特別なことってあるんですか?」
集中力が増すのですよ。

読者メール→
「自分の宿命にない成分が、10年運ででてきてもその時期をすぎたら、
またゼロになりますが、全く残らないわけではないのですか?
次の10年運にも多少はその成分の影響があるんでしょうか」。
生きかた次第です。きちんと10年運の流れにそっていれば、良いのです。
ただし、確実に取り込めるのは、初旬のみですし、
あとはいわゆる稼働力があがる3旬でどこまで、有意義に使えるかによります。

読者メール→
「SADSのメンバーの出入りがあるのは、清春のせいなのでしょうか?」
宿命には目下運(木性)ゼロですからね。
しかも、目下(DNA左2)は、石冲殺でヘンにズルばかり。
「ロッカーの玉持ちは、もっと大人しいのかと思いました」。
表向きはね(笑)。

読者メール→
「デビューは94年26歳と遅いほうですが、
時間がかかったのは雨だからということもあるのでしょうか?」
13歳木子では条件がなかったのですよ。
23歳草丑で、はじけたのです。
宿命に存在しない10年運は、変わったばかりでは、すぐ使えません。
「別ユニットで、思いきり洋楽志向のヘヴィなロックをやるそうで、
彼のたっての望みで、わざわざ洋楽のディレクターをアドバイザーに迎えて、
現在レコーディング中だそうです。さらなる改良改革なんですね」。
ひとつに集中してほしいな。

読者メール→
「原則表現力のない人と付き合う場合、共通干支があるなり、
ラッキーカラーなりのものがなければ、その人の考えは伝わりにくいのでしょうか?」
ラッキーカラーは無縁で、共通干支のみです。

読者メール→
「稼働条件を持った子供を産みたい場合、どうやったらいいですか?」
結婚にあたって、双方の親の援助は一切受けないことです。
それが、いちばん簡単。あとは勢い!
 
 
■2001年06月22日(陽辰)
深海理絵●恐ろしさ×4という毒カリスマ
■23日(灯巳)に公開される映画『完全なる飼育 愛の40日』で、
中年男に誘拐・監禁される女子高生役を演ずる
深海理絵(82年4月21日/木戌※)が、
伸びやかな肢体を惜しげもなくさらしている。
映画は、2年前竹中直人(陽戌)と小島聖(海子)主演で映画化された
故・松田優作(木寅)の元夫人・松田美智子(畑巳)が書いて話題になった
「女子高生誘拐飼育事件」をもとにした2作目で、深海が主演している。
コミカルなムードが漂った前作とは違い、
中年男への憎悪が、次第に恋慕の念へと移ろう様子を静かに演じて、なかなかの前評判。

深海は、DNA「禄」主導で、自己顕示欲強く、
禄×3でもあり、スターになるべくして生まれた素質をもつ。
「禄+禄」は、本質単独行動で、頑固で時間をかけ信用を勝ちとっていく。
「禄+龍」は、視野の狭い恋愛感情を持ち、教養あふれる冒険心あり。
「禄+貫」は、素直ではないが、計算された自我を所有する、根っからの演技派。

10年運初旬「5歳雨卯」で、品性を付加されるも、特別条件なし。
ただし、「木戌」は、異常干支の王様で、
60干支の頂点にたとうかというほどの、カリスマ性あふれる変人。
ひとつのことに集中すると、とんでもないパワーを発し、他者を圧倒する。
また、俗にさげ●●とよばれ、異性を真綿で絞め殺すような、
抵抗不能の念力を内在させる魔力の持ち主。
多くの「木戌」は、異性で墓穴を掘るが、限られた選ばれた者だけが、
成功し長くひとつの世界に君臨する。
この「木戌」が、日干支だけではなく、年支の「戌」を見ると、斜めにひとつ。
さらに、月干「木」からも眺めれば、日支・年支へ4つもつことになり、
「木戌×4」のとんでもない恐ろしい人だ。

今年(宝巳)は、目標を持ち、自尊心を満足させる年。
そういう役にありつき、大きな自信が芽ばえたはず。
倉木麻衣(木申)を、20倍ほど目つきを鋭くしたような顔には、決意がみてとれる!
■読者メール→
「木戌の成功者の条件は、何になるのでしょうか?」
私生活を犠牲にして、適性の仕事で完全燃焼することです。
「10年運云々というよりは、彼女自身のパワーで曝走しているのですよね」。
素材としては怖いですが、消えたら異性に狂ったと思いましょう。
「眼がとにかくパワーを放っていますよね」。
だから、木戌は、すぐわかるのですよ。

読者メール→
「木戌ってすごいんですね。知り合いに女の子で木戌も草亥もいます。
木戌は、目の座った子でした。外国にいったまま、帰ってこない。
でもそれが合ってたんですね。きっと一生いると思う。
人とうまくやっているようで、絶対自分はまげない人だった。
同性としてつきあう分には問題ないということですが、気をつけることはありますか?」
利用されるだけですから、損ですよ!

読者メール→
「羅状干支は、相性をみる時の共通干支探しにしか、
見ないのかと思っていたのですが、宿命をみる際にも考慮する必要があるのでしょうか?
それとも彼女のように同じ干支が複数ある=偏りのある場合だけが特別なのでしょうか?」
木戌/草亥など、特殊なものは見てください!
「木戌が、異性で墓穴を掘るというのは、
さげ●●で付き合う相手の運を落としてしまうので、
仕事に生きるべきところなのに、異性と付き合ってしまうと、
不幸を招くということですか?」
相手だけでなく、自分も消耗しますからね。
自分の才能に気がついたら、毒の部分は使わないことが、社会のためでしょう。
結婚したければ、外国人しかありえないのですから。
 
 
■2001年06月23日(灯巳)
愛内里菜浜崎あゆみコピーは成功せず
■6月27日(宝酉)に、6枚目シングル『Run up』
(TBS系「ここがヘンだよ日本人」エンディングテーマ)を
リリースする
愛内里菜(80年7月31日/草巳)は、関西の現役女子大生で、
DNA「禄」主導で、自己中心。
「禄+牽」は、行動力決断力なし、SPEEDノロい。
「禄+調」は、ユニークな発想するも、組織になじめず。
「禄+龍」は、教養あるも、恋愛感情において視野狭い。
ひとりを幸せにしても、世界は見えない人。

10年運初旬「8歳海午」は、ラッキーカラー10年運も条件なし。
かえって、月干にある大切なラッキーカラーを濁らすのでマイナス。
つまり、この人にとって生地を離れるのが、「草巳」としての大成功条件なのに、
海はDNA「玉」となり、迷いを生んでしまっている。
現在「18歳宝巳」は、DNA「車」で、バブリー夏生まれながら、闘争心が芽ばえ上昇気配。

年干(鉄)が月干(雨)を生じ、月干が日干(草)を生じており、
その月干(雨)が唯一無二のラッキーカラーなので、
枯れる心配はなく、スンナリとした人生を送りやすいが、
懸念されるのはこの世界へのかかわりが、
条件なし天冲殺であり、一切自己コントロール不能。
デビュー日(00年3月23日/鉄辰)は表裏なくわかりやすいが、
2害持ち(辰年卯月辰日)で、愛内にとって格好ばかりを追究しかねない。
ちまたでは、浜崎あゆみ(灯酉)のコピーとかも言われるが、
衣装化粧は派手だが、顔は十人並み。
作詞を手がけるとはいっても、声に個性感じられず、
本家を超えるのは至難の業かもしれない!
■読者メール→
「どうしてこんな子が、デビューできたのでしょう?」
100人の中から選ばれたEbFカバーガールズ(98年7月)の出世頭(愛称は、姫)というより、
雑誌Cawaiiの読者モデル出身で、本名は垣内里佳子。
内と里は芸名に使ってる(笑)。
現在、同志社女子大学の3回生(帝塚山高校出身)だそうです。
元祖GAL出らしい。雑誌の企画だし、若さだけ。

読者メール→
「テレビで見てるとツラ〜い!!と、本当に気の毒になってきてたけど、
案外ラッキーな宿命の人なのですねぇ(笑)。生きる世界が違うって事?」
おいおい、背伸びしすぎだってば(爆)。

読者メール→
「草巳って、寅卯天冲殺ですよね。でも、生地を離れることが大成功条件っていうのは、
どうしてですか?」
寅卯だろうと、草巳は芸能芸術の才能を活かしたければ、生地を離れるのです。

読者メール→
「HPのプロフィールは、すべて統一されていて事務所の管理が厳しそう・・・」。
厳しく管理されないと、この宿命では無理です(笑)。

読者メール→
「ラッキーカラーが、月干にひとつだけあるというのがベストなんでしょうか?
沢山あればいい、というものでもないんですよね?」
迷いがでますからね。

読者メール→
「DNAからみると、普通の女子大生と芸能人。
果たして、どちらが幸せな人生を歩めるのでしょうか?」
女子大生の趣味で終わるのがいいですよ(笑)。

読者メール→
「あゆよりHっぽい感じ。男性にも支持されそう!」
だから売れないんですよ。

読者メール→
「年干→月干→日干と生じてますが、
これが逆の順番に生じていた場合はどうなるのでしょうか?」
救われるより社会に対する奉仕が強くなります。
 
 
■2001年06月24日(山午)
小島奈津子●中途半端な焦り婚は失敗
■フジTVの小島奈津子(68年7月26日/灯酉)アナが、22日(陽辰)結婚を発表した。
相手は司会を務める情報番組『EZ!TV』の
大野貢(65年4月生まれ/生年生月冲殺か?)プロデューサーで、職場結婚となる。

小島は、DNA「鳳」主導で、バブリー夏生まれでもあり、バランス感覚あるも人情の人。
「鳳+司」は、一見家庭的に見える個人主義者。
「鳳+禄」は、お人好しで、口がうまい。
「鳳+調」は、なあなあ。行動力より和合性。
「鳳+鳳」は、きさく。

10年運「6歳山午」は、特別条件なしも、
「6歳山午〜46歳木寅」は、ターボ運(子丑天冲殺の干支まわり)で、目立つ。
「16歳灯巳/26歳陽辰」が、10年運天冲殺となり、ヤル気次第で次元の上がる時期。
本年(宝巳)は、条件なし天冲殺ながら、
DNAキーワード「禄」となり、愛情に飢え不安もつのることから、
相手次第で結婚へと向かう時期。

相手の生年月日は、特定できていないが、
年干支/月干支での共通点はなさそう
(1日〜4日生まれに限り、月干支畑卯となり、大半会になるが、
その際は相手が午未天冲殺となってしまう)。
あくまでも、狭い職場のなかで勘違いをしたというのが、真相ではないだろうか。
挙式は今冬の予定というが、結婚後も仕事を続けるという小島。
条件なし天冲殺結婚は、引退して社会にかかわらないのが鉄則だが、
こんな中途半端な結婚をするなら、しないほうがマシ。
来年(海午=干合年で、正式な結婚の年)正気に戻ってからでも、
遅くはなかったはずだ。焦り結婚にロクなことなし!
■読者メール→
「バースディ・エナジーを知っていたら、天冲殺が明けて、
来年であった人と結婚するのにもったいないですね」。
多くの人は、こんなもんですよ。

読者メール→
「来年まで待ったら、夢から覚めて結婚は白紙の状態に戻るのでしょうか?」
そのとおりです。相手がズルい(笑)。

読者メール→
「知らず知らず不安になるもんなんですね。仕事に邁進してる女性ほどそうなるのかな」。
どちらでも、同じですよ。

読者メール→
「異性が寄ってくる干合年には、本人は冷静な目で吟味できるのでしょうか?」
干合は気が変わるのですから、少なくともこれじゃいけないと気づきます。
それを、他の異性が感じさせるのか、自分でなのかで、その人の価値が決まりますね。
「既婚者の、ツツガナイ干合年の過ごし方を教えてください」。
陽干の方は、金銭物質運ですから、害でない限り、高い買い物をすることです。
陰干の方は、名誉・役目役割に生きる奉仕的な生きかたがベストです!

読者メール→
「バブリー夏生まれが、バブリーじゃなくなるときって、いつか来ますか?
やっぱり、何十年も先のこと?」
バブリーはバブリーだからいいのかも(笑)。
目的を持って楽しむことが大切ですね。
現在は動乱期があと5年残っています。
その後は、習得期10年。守備前進期が10年。
そのあとですから、あと25年ほどは、かかります。

読者メール→
「自分のことに関しては、あまり語らなそうなので、
不仲になっても、うまくごまかし続けそうですね」。
相手がどこまで彼女のわがままを容認するか(笑)。

読者メール→
「めざましテレビを降板になったら、やだなー」。
まずは日曜夜のほうが先ですよ。

読者メール→
「天冲殺前に交際を始めていても、明けるまで結婚は待つべきなのですよね。
この場合、結婚の発表自体も天冲殺が明けるまで控えるべきですか。
結婚の意思を確認していても、
具体的な話や準備はいっさい進めるべきではないのでしょうか?」
天冲殺で不安になっているところに、
プロポーズされたわけですから、とめることはできません。
バブリー夏生まれは、夢からさめて、痛い目にあわないと、こりませんよ。
誰が何と言っても、聞く耳もたずと思います。哀れな人です。

読者メール→
「来年の干合年で、結婚生活にどんな影響が出てきますか?」
相手の本質と自分のズレに気づき、後悔します!
具体的には、飽きがきます!
 
 
■2001年06月25日(畑未)
桑田佳祐●7年ぶりソロで気分転換も物足りず
桑田佳祐(56年2月26日/雨亥)の7年ぶりのソロシングル
『波乗りジョニー』が、7月4日(山辰)に発売される。
同曲は今年3月(宝卯)から、コカ・コーラのCMソングとして、
サビの部分だけ流されていたが、発売時期の問い合わせが殺到して、発売にいたったもの。

桑田は、DNA「調」主導で、反抗心旺盛。偏ったこと変わったことが、大好き。
「調+玉」は、博学の世間知らずで、桑田の場合は音楽バ○。
「調+石」は、自尊心強いがプライドなく、なんでも出来る。
「調+司」は、負けず嫌い。

10年運「3歳宝卯」は、年干「陽」と干合すれば「雨卯」となり、
日干支「雨亥」と「大半会」のため、成功運型。
現在「43歳草未」は、ゆとりをもってマイペースの仕事をする。

本年(宝巳)は、改良改革がテーマの対冲で、
このところ少しだけヒット曲から遠のいた桑田が、
焦って(月支害)ずる賢く(年干干合で、ラッキーカラー陽が海に変質)
過去のスタンスを壊したもの。

ところで、桑田の宿命の最大特長は、年支「申」と日支「亥」の「害」で、表裏あり。
表裏のない人生は考えられないので、
ロックを唄ったかと思えば、バラードもやるし、
格好良くラブソングを唄いながら、下品なダジャレもとばす。
サザンの活動をしながら、ソロもやるのだ。
それを考えると、この程度のことでは、少々物足りない気もするのだが、
まだ今年も半年ほどあり。次なる展開を待つしかないか!
■読者メール→
「表裏あり人間は、人の信頼を損なうように思うのですが、そうとは限りませんか?」
表と裏を上手に使いこなせば、才能です。

読者メール→
「ラブソング。経験しない者にはわからないですね」。
経験せずとも作れないと、TOPにはなれません(笑)。

読者メール→「裏表って極端なほどいいのでしょうか?」
でないと、消化しません。

読者メール→「月支と年支が害でもあるけど、
日支と月支は支合しているからマイホームパパ?」
自己中心で自分のウチだけよければという感じですね(笑)。

読者メール→
「宿命で表裏あるヒトが、表裏ある人生を過ごすことは正しいことなのでしょうか?」
このくらいやってないと、火宅の人になってしまいますからね(笑)。
「支離滅裂な自己表現は、潜在能力の成せる技なのでしょうか?」
害もきいてますね。

読者メール→
「害を消化していることになるのでしょうか?」
一応ね(笑)。でも、もっとすごいこと、やってると思うよ(笑)。

読者メール→
「いろんなことをやってますが、基本的には音楽という大枠の中での様々な活動なので、
ひとつのことに専念して成功ということには、変わりないとみて良いでしょうか」。
仕方ないですね(笑)。

読者メール→
「一貫性がないひと、というのは、害かな?と疑う余地あり、ですかね?」
宿命にあるか、10年運にあるかは別ですがね。
 
 
■2001年06月26日(鉄申)
ケイコ先生 唐木恵子●今後はどうなるの
■日本TV『進ぬ!電波少年』の企画「電波少年的東大一直線」で、
注目を集めた東大出身のケイコ先生こと
唐木恵子(73年7月22日/畑未)が、CMデビューする。
エフティ資生堂の美白化粧品のCMで、オンエアは7月21日(草酉)から。
家庭教師として寝食をともにし、
わり算もできなかった坂本ちゃん(生年不明、4月2日生まれ?)を、
8ヶ月で大学合格に導いたケイコ先生は、DNA「貫」主導で、頑固一徹。
貫×4もあり少々のことではへこたれず、苦しい環境のなかで、何かをやりとげる性癖。
敵が多いほど頑固。好き嫌い激しく、攻撃を受けたら全部はね返す人。
「貫+貫」は、利己主義で用心深いが、懲りずに初心貫徹する。
「貫+禄」は、計算された自我。
素直ではない人なので、明らかに困難な状況でも、何とかしてやろうという気迫あり。
「畑+貫+未月」は、用心深いが、ここ一番で冒険する。
政治力はあるが、ゴネると手がつけられない。
また、口だけで(芸能界で)成功する素質。
「丑」年生まれ「畑未」は、他力運。
他人を利用して、のしあがる。
いくら時代整合性ない夏生まれとはいえ、
過酷な条件をクリアすれば、なんとか格好がつく見本だ。

10年運「6歳鉄申」は、反抗心と女性らしさが付加されるが、特別条件なし。
ただし、「6歳鉄申〜36歳雨亥」が、ターボ運(子丑天冲殺の干支まわり)なのと、
その後に控える「46歳木子/56歳草丑」も10年運天冲殺で、迫力あり。

エネルギー277点も見事で、そのうち125点と半分弱が土性となり、
引力本能抜群のため、ハマれば注目を集め、
今後の4年ほどはラッキーカラーまわり(02海午/03雨未/04木申/05草酉)なので、
(仕事にハマれば伸びる)生年冲殺でもあり、それなりの活躍は見込めるに違いない。
夏生まれというだけで悲観することなく、ここまで偏った生きかたで、
自分を苦しめれば、じり貧「畑」でも、なんとかなるものだね!
■読者メール→
「畑の人が化粧品のCMってどうなんでしょう?」
畑は外見が全てですから、もっとも化粧が似合うのですよ。
「ケイ子先生って、スッピンでも濃い顔してる!」
あれ、スッピンじゃないでしょ(笑)。

読者メール→
「なぜか、アダルトなビデオの女優に見えます」。
女性の敵ということか(笑)。

読者メール→
「宿命の天剋地冲は、どういう意味?」
目上に迷惑をかけて生きていくという意味です。

読者メール→
「いわゆる畑顔ではないように思えるのですが、
貫×4っていうのも関係しているのでしょうか?」
つまり土性が多く、木性が負けているのです。

読者メール→
「全然美人ぽくないですね。番組では普通に怒ったり泣いたりしてて、
初めからそうゆう部分を見せた所も好感度高いのだろうと思う。
同じ東大卒でも菊川怜(宝酉)とはえらい違いだ」。
どっちにしろ、子丑だね(笑)。

読者メール→
「龍も玉も無いのに、10年運の勢いだけで東大に入ったのでしょうか?」
未のなかに灯がありますから、龍がないことはないです。
親も兄弟も東大だそうで、若い自分は、生年冲殺現象で、東大を目指させられたのでしょう。
教育学部体育学健康教育学科だそうです。

読者メール→「この人普段は何している人なのだろう?」
そのうち、わかりますよ(笑)。

読者メール→
「貫×4ってすごいですねえ。顔に意志の強さが出てる気がします」。
典型的な畑未顔です。頑固なので初心貫徹ができるのです。
「ダメージカラー年に注目され世に出たのはなぜ?」
苦労して自分をイジメたからですよ。畑は身をいためてこそでしょう。
 
 
■2001年06月27日(宝酉)
鈴木あみ滝沢秀明との交際は○か×か
■引退同然の元歌手(笑)、鈴木あみ(82年2月9日/雨亥)と、
ジャニーズjrの滝沢秀明(82年3月29日/宝亥)が、交際中だという。
二人を結びつけたのは、深田恭子(畑丑)だとかで、
人目を避けるデートが続いたが、
箱根の高級旅館への一泊旅行を写真誌に撮られてしまった。

鈴木は、DNA「牽」主導で、プライド高い。
「牽+龍」は、芸術芸能志向。
「牽+調」は、内面の気品は感じられず、行動が大胆。
「牽+石」は、長いものにまかれろ。
10年運初旬「2歳宝丑」は、初旬10年運天冲殺で、他人の倍ほどの稼働力あり。
「12歳鉄子」も10年運天冲殺。
さらに、「12歳鉄子/22歳畑亥/32歳山戌」は、変剋律10年運で、
挫折して悩めば悩むほど才能は燃焼する。
「戌」年生まれ「雨亥」は、もめごと大好き。
宿命の特長は、年干と月干が共に海で、
日干の雨を汚す水性の天干一気。
(悪知恵を使った戦いで、目上を剋す。だから、裁判もあり)。
親とは決別せねばならない子丑天冲殺が、中途半端に親とかかわり、
またこの世界のかかわりも条件なし天冲殺であったため、現在引退同然となっている。

滝沢は、DNA「禄」冲殺主導で、人を愛しても愛が常に不足がちになる人。
「禄+玉」は、追従上手逃げ下手。
「禄+調」は、ユニークな発想で、特に私生活は組織の意向に従えず。
「禄+鳳」は、お人好しで強い引力本能。
10年運初旬「2歳木辰」は、初旬日居冲殺10年運で、
常に誰かの犠牲にされながら、自己の運も伸ばしてゆく人。
生月冲殺でもあり、自己発揮は一切できず、流されていきながら運気を伸ばしてゆく。
「戌」年生まれ「宝亥」は、受身。

二人の関係は、同級生ということで年干支が共通。
DNAも理解度あり(グチのこぼしあいか。調あり)。
滝沢にとって、鈴木はラッキーカラーでもあり、
鈴木の月干支「海寅」が、滝沢の年干支「海戌」を「大半会」するので、
はたからみれば、鈴木が滝沢の仕事運を伸ばす好相性。
子丑天冲殺の強い女性(エネルギーも230点)が、
弱い男性(滝沢は182点)に一方的に惚れ込み、いれあげている状態。
しかし、現在の鈴木は開店休業状態で、業界の立場もすこぶる悪い。
バレてしまえば(これだけでも納音現象)、
滝沢の今年(宝巳)は、気持ちとは別に過去の経緯が全て、消えてなくなる時期。
これで、終わりだろう!
■読者メール→
「禄+調は、私生活は組織の意向に従えず・・ということは、
管理するジャニーズも大変ですね。言っても聞かなきゃ、どうするんでしょう。クビ?」
みせしめで、いつまでも給料は上がりません!
しかし、事務所も、生月の滝沢を天冲殺の時にもっと売っておけばいいものを、ノロい!

読者メール→
「鈴木は、エネルギー点数もそれなりだし、子丑で強い人だから、
芸能界以外で活躍できる人なのでしょうか?」
今回の件で、親離れできればね!

読者メール→
「鈴木は、自己発揮さえできてれば、滝沢を踏み台にして、
のし上がることができたはずなのに、生き方のせいでとんだ方向に来てますよね」。
あくまでも鈴木が滝沢を補佐する関係ですから、それは無理でしょう。
今回の件も、鈴木サイドが起死回生をはかるためにリークしたと、
もっぱらの噂ですが、かえって裏目ですね。
「燃える才能を仕事に活かすことができずに、オトコに走るのは仕方ないけど、
これでみんな引いちゃったら、鈴木はどうしたらよいのでしょうか」。
もう、消えるしかありません!

読者メール→
「年干支を大半会してくれるような人に出逢ったら、
相手からオーラとか感じたりして、わかるもんなんですか?」
鈍感じゃなければね(笑)。
「鈴木の月干支は、自分自身の年干支を大半会してますが、
仕事運がよかったりするんですか?」
自己とは無縁のところで、他人があれこれしてくれるという意味です。
流れにのっていれば、たとえば来年(海午)は、三合会局大半会になり、面白い年ですよ♪
 
 
■2001年06月28日(海戌)
イチロー●さらに上昇する覚悟をみた
■大リーグ球宴ファン投票第1位、ナショナル・リーグで
目下首位打者の
イチロー(73年10月22日/宝卯)の話題が、
マスコミに登場しない日はない。
イチロー効果なのか、球宴の他ポジションも所属する
マリナーズのチームメイトが多数上位を独占することで、
500万の日本人ファンの票が左右していると、ブーイングさえおこっているが、
当人はいたってクールで、日本人ファンが話しかけても、
無視するというエピソードも伝わってくる。

イチローは、DNA「玉」主導で、生きかた考え方を変化させない。
どこへ行こうが自分のスタイルで野球をする。
「玉+龍」は、ホンネを言わずクールに見える。
「玉+禄」は、家庭に依存したパワー発揮。
「玉+鳳」は、自分に無関係なことにはクールだが、
自己の感性を傷つけられると激怒する。
「玉+調」は、プロならではの世間知らず。得意分野以外では常識なし。

10年運初旬「5歳宝酉」は、日干支「宝卯」を「納音」しているので、成功運型。
こればかりか、10年運はずっとターボ運(子丑天冲殺の干支まわり)のため目立つ。
また、「25歳畑未」は、10年運天冲殺で、DNAキーワード「龍」は、ずばり海外。
生きかたを変えれば、大きく次元が変わるのだから、成功して当然のことだ。

ところで、イチローは「丑」年生まれ「宝卯」で、内外シーソー運。
米国で成功したければ、日本を捨てたつもりにならねばならない。
仕事の成功は私生活がないことにもなり、
結婚しても(弓子夫人とは共通干なし。夫人の10年運29歳宝卯のみが、よりどころ)、
午未天冲殺でもあり、子供をつくらないことが、バランスを保っているのだろう。
現在は海外へでた勢いと、夫人の生年冲殺現象が後押ししている状態だが、
来年はいよいよ自身の天冲殺。ますます、楽しみだ!
■読者メール→
「大リーグ行きを決めたのは、辰年で害ですが、その影響ってないのですか?」
報道されないところで、妥協した部分がたくさんあるでしょうから、
しこりは残っているはずです。ただし、月支対冲で気持ちは吹っ切れていますし、
夫人の天冲殺現象によるところも多いので、いちがいに判定できません。

読者メール→
「夫人とは共通干支なしでは、理解し合うことは、困難ではないのですか?」
打算と理性により、運営されているようです(笑)。
ただし、帰ってきたら、終わりかな。

読者メール→
「家庭の発展は子供であり、イチローは締めくくり運なのでしょうか?」
孫子の運まで喰い潰しているということです。

読者メール→
「内野安打が多いみたいですが、大リーグでは地味にならないのでしょうか?」
地味とか派手とかは、DNA玉の人間には無縁です。

読者メール→
「来年再来年のラッキーカラー天冲殺には、いったいどんなことが起こるのでしょうか?」
過大評価がなされるようになり、ますます日本のファンには、サービスが悪くなるでしょう。

読者メール→
「玉+禄の家庭に依存したパワー発揮というのは、結婚生活というよりも、
父親との関係を連想するのですが・・・」。
いまや日本そのものでしょう。
日本人が暗黙に応援しているという条件のもとに、メジャーをやっています。
しょせん、身内より他人にいい顔をするのです。
 
 
■2001年06月29日(雨亥)
酒井美紀●害年でダメ男金聖響に躓く
■91年(宝未)に静岡第一TVのマスコットとして注目され、93年(雨酉)に歌手デビュー。
ドラマ『白線流し』で主役を射止めるなど、
順調にタレント生活を向上(笑)させてきた
酒井美紀(78年2月21日/木寅)に、
宿命にない金性の害年で初スキャンダル勃発だ。
    
相手のオトコは、97年(灯丑)の条件なし天冲殺に知り合った金聖響(70年1月12日/海辰)。
(三上博史ふんする破天荒な指揮者のドラマ『それが答えだ!』のモデル)

国内外で活躍し、小沢征爾氏にも師事したという金は、
大阪生まれの在日韓国人で、14歳で渡米しボストン大学を卒業。
98年(山寅)には世界的に権威のある『ニコライ・マルコ国際指揮者コンクール』
で優勝という輝かしい実績をもつ。クラッシク界期待の星らしい・・・。
金は、DNA「石」主導で、協調性和合性抜群で、心底○ルい人。反撃鈍い。
「石+玉」は、理屈っぽい。
「石+調」は、自尊心強くも補佐役の器。
「石+牽」は、事なかれ主義で、長いものにまかれろ。取り入るのは得意。
「石+司」は、日常生活質素で、家庭的で主夫狙い。
10年運初旬「2歳陽子」は、宿命の月干(灯)と日干(海)が干合すると、
日干は「木」となり、これが年干(畑)と二次干合すると、日干支は「山辰」となり、
これが10年運初旬干支と「大半会」的(初旬のみ陽と山は同格)になるため、成功運型。
その後、「12歳草亥/22歳木戌」は、特別条件付き10年運天冲殺のため、
通常人の3倍ほどの稼働力あり。
宿命の特長は、「酉」年生まれ「海辰」は、矛盾だらけの人生。
ラッキーカラーの灯が月干にあり上格だが、同時にこれは異性を意味し、
女性に不自由せず、女性を利用しながら運を伸ばしてゆく人。

酒井については、先月解説したばかりなので、
詳細を省くが、今年(宝巳)は、宿命にない金性が出現し名誉が損なわれる時(害年)。
二人の出逢いは、酒井の条件なし天冲殺で、金の干合年(相手がでる時期)。
エネルギー276点の酒井が、207点の金にモーションをかけ、
渡りに船とばかりに金がのった図式がみえる。
しかし、共通干支皆無ばかりか、子丑天冲殺の女性は年上は×。
午未天冲殺の男性は、年下が×。完全なダメ逆縁。
なるほど、最近の酒井は、ガラにもない役ばかり。
金にしても、将来を期待されているとはいえ、一般人は「誰、それ?」てな具合。
現在は、酒井のマンションに転がり込み、
酒井の愛車(赤いBMW)の運転手に成り下がっている。
DNA「貫」主導で、不器用まるだしの酒井が、
そうそう生きかたを変えられないのはわかるが、この関係は百害あって一利なし。
即刻別れるべきである!
■読者メール→
「エネルギー点数の高い人が、低い人にモーションをかけるものなのですか?」
成功する場合は必ずそうです。低い方が高い方にアプローチしても、
相手が納得して動かないと無理です。
酒井は天冲殺だからこそ、ウズウズしていたのでしょうし(洩気のラッキーカラー)、
金には渡りに船だったのです。

読者メール→
「条件なし天冲殺で知り合った場合、
明けてから気づいて別れるということは出来ないのですか?」
普通は気がつくものですが、貫の多い人ですからねえ(笑)。

読者メール→
「金さん、知ってますよ〜。生で見たことあります。いい指揮者だと思いました。
なんか、大阪弁で、パワフルでした。芸能人とつきあったりするんですね〜。
酒井と似合うかどうかというと、あんまり似合わない気がするな〜」。
いい指揮者だろうと、こんなことをやっていれば、伸びませんよ!

読者メール→
「共通干支のない金のどこに魅力を感じたのでしょう?」
DNAの共通点は、司のみ。
その司は、左2に位置しますので、
育ち方か、家庭に関する夢みたいなものに共感を覚えたのでしょう。
 
01年01月分 01年02月分 01年03月分 01年04月分 01年05月分
01年07月分 01年08月分 01年09月分 01年10月分 01年11月分 01年12月分
コラム総合目次//茶房会館(1 9 9 6 年〜)
さ く い ん
このページを美しくみる方法はこちら
プラウザのバックを使ってお戻りください●
BE●鳳積堂 Copyright(c)1994→2012 birthday-energy.inc.
BE●運命向上委員会BE●鳳積堂 きたでら
BE●運命向上委員会BE●運命向上委員会
BE●苺1BE●苺2