BE●BE●よけいなお世話
BE●苺1BE●苺2
熱意と心のDNAで運命を科学する 運命評論家●鳳積堂 BE
※「よけいなお世話」は著名人を誉めたり貶したりしながら、自分を磨く頁です☆
2 0 0 1 年(宝巳)●09月分// よけいなお世話
 
09月分一覧(2001年目次)
国仲涼子ちゅらさんの視聴率が上昇(2001_0901)
モーニング娘。●5期メンバーは4人増えて総勢13人(2001_0902)
中居正広SMAPリーダーとしての自覚(2001_0903)
山崎邦正●害重なりの出来ちゃった結婚(2001_0904)
神田うの山野幹夫との結婚は無意味(2001_0905)
小雪●華なく地味で魅力ゼロ(2001_0906)
リュシフェル MAKOTO鈴木京香を応援(2001_0907)
二宮和也椎名法子の未来を閉ざす(2001_0908)
池脇千鶴●元ツインカム 島根定義と交際発覚という哀れ(2001_0909)
坂本昌行●ジャンクフード好き年上美女と同棲中(2001_0910)
松田樹里河村隆一を落とす(2001_0911)
米倉涼子明石家さんまに急接近(2001_0913)
MAX Reinaセイン・カミュと危ない交流(2001_0914)
globe マーク・パンサー●熱愛発覚から入籍(2001_0915)
安藤政信麻生久美子とツーショット(2001_0916)
市井紗耶香●ありえない復活(2001_0917)
倉木麻衣●中途半端は誉められない(2001_0918)
優香●目下の恋人は押尾学という不潔さ(2001_0919)
松井秀喜吉田智衣に思いをよせる(2001_0920)
とよた真帆●再生可能な底力(2001_0921)
井ノ原快彦S.E.S シューと愛の共演(2001_0922)
石井琢朗荒瀬詩織と再婚というお笑い(2001_0923)
川瀬智子秀島史香金性年を活かしきれるか(2001_0924)
財前直見上川隆也との恋はお水の花道が縁(2001_0925)
大貫亜美GLAY TERUをダメにする(2001_0926)
中川晃教●宿命が地味すぎて深みなし(2001_0927)
CHEMISTRY 川畑要堂珍嘉邦●賞味期限(2001_0928)
原辰徳●本当に巨人を任せていいのか(2001_0929)
ZONE●バンドアイドルはいまだけ(2001_0930)
 
■2001年09月01日(灯卯)
国仲涼子ちゅらさんの視聴率が上昇
■NHK朝の連続TV小説『ちゅらさん』が、
放送開始当初は21.3%の歴代ドラマのワースト記録という散々なスタートだったが、
回を重ねるごとに尻上がりに良くなり、今や30%に迫る勢いだという。
予想外に健闘する原動力になったのが、ヒロインを演じる
国仲涼子(79年6月9日/灯未)。

国仲は、DNA「鳳」主導で、冷静沈着で遊び心あふれる人。
「鳳+貫」は、一見気が強そうだが、案外温厚。
「鳳+鳳」は、気さくで、肩肘張らない粘り強さあり。重量感ある無欲な人生。
「鳳+司」は、個人主義者。忍耐力あり。

10年運初旬「10歳宝未」は、遅咲きながら、強い引力本能を付加されるも、特別条件なし。
現在の10年運「20歳海申」は、宿命にない水性の出現で、名誉運がひきたつ。

宿命の特長は、前記のように水分なく、異性運・稼働力ゼロ。
しかし、エネルギー317点のバケモノ的エネルギーは強力で、
一度きっかけをつかむと、たとえ時代整合性ない夏生まれでも、恐ろしいほど燃えさかる。

来年(海午)は、さらに水性の名誉が現実的にまわり干合支合。
CMをはじめ民放にもひっぱりだこのはずだ。
そのまえに、妊娠した久保純子(木寅)のかわりに、
紅白の司会という道も用意されている。とりあえず、順風満帆だ!
■読者メール→
「稼働力が無くても、エネルギー強大なので、
やはり仕事で完全燃焼するのがいいのでしょうね」。
他に何がありますか(笑)。
「10年運で水分が与えられているので、ハードな仕事も苦にならないのですか?」
バケモノ的エネルギーが程良く調節されています。
「それとも若さで乗り切れる?」
若いから稼働させられるのですよ。

読者メール→
「30歳代も水分(雨)のお陰で突き進めるのでしょうか?」
さすが雨では陰りますよ。

読者メール→
「NHK朝の連続TV小説の時間帯にTV見てる層って、正直であなどれないと思うので、
尻上がりに良くなるなんて本当におもしろいのだろう」。
クドい灯は一度火がつくと、強いのです。

読者メール→
「本当の性格と役柄は全然違うみたいで、ちょっとがっかり」。
彼女にとっては、またとないステップです。

読者メール→
「4月は海なのに、放送開始当初から視聴率が、上がらなかったのは、なぜ?」
夏生まれは、SPEED感ないのと、
宿命にないので燃焼効果があらわれるのに時間がかかるのです。
 
 
■2001年09月02日(山辰)
モー娘。●5期メンバーは4人増えて総勢13人
■モーニング娘。新メンバーを決める『LOVEオーディション21』(8月26日オンエア)で、
01年度の追加メンバー4名が決定し(いわゆる5期メンバー)、
総勢13名の大所帯になったので、期待度を検証する。

ダンスも唄も何でもソツなくこなす
小川麻琴(87年10月29日/宝亥)は、新潟県出身。
DNA「玉」主導で、品良く生きかたを変えない人。
「玉+禄」は、追従上手逃げ下手。和合心あり。
「玉+調」は、若年で老成。得意分野には卓越した能力を発揮するが、
世間知らずで、いわゆる常識ゼロ。
「玉+車」は、考えたとおりに行動する。「玉+石」は、理屈っぽい。
10年運初旬「3歳宝亥」は、日干支「宝亥」と律音。
仕事にはまれば、果てしない力を発揮する生年冲殺でもあり、成功運型。
現在の10年運「13歳海子」は、ラッキーカラー10年運。
宿命の特長は、前記生年冲殺に加え、生日冲殺・互換冲殺で、結婚より仕事向き。
「卯」年生まれ「宝亥」は、わがままで、典型的芸能人体質。
本年(宝巳)は納音で、過去の完全破壊。
エネルギー158点のか弱さが気になるが、
来年(海午)さ来年(雨未)は、ラッキーカラー年。
特にさ来年は三合会局もあり、なかなか面白い。

唄が上手く純正アイドルっぽいが、訛りが残る
高橋愛(86年9月14日/宝酉)は、福井県出身。
DNA「貫」主導は、好き嫌いの差激しく頑固。
「貫+玉」は、10年先は無理でも今日明日をうまく乗り切る力も、ややその場限りの人。
「貫+貫」は、利己主義で用心深い。
「貫+牽」は、主義主張なしで目的遂行のために雑な手段。打算的。
「貫+車」は、正直・短気・一本気。
10年運初旬「2歳陽申」は、年干支「陽寅」を納音するので、成功運型。
現在の10年運「12歳草未」は、DNA禄で魅力をふりまく時期。
宿命の特長は、エネルギー151点で旧時代のアイドルなみ。
子丑天冲殺なのに、「寅」年生まれ「宝酉」は、問題が起きた時に逃げ腰。
宿命に水ゼロは寡黙で、口べた。
表現力の偏りは、努力さえすれば、弱点を逆手にとれる可能性もあり。
本年(宝巳)は大半会で、大きな結果を残す。
来年(海午)さ来年(雨未)は、宿命にない水性年で、思いのほか注目されるのは必定だ。

キッズモデル出身で、ちょっとおかしい
新垣里沙(88年10月20日/山申)は、神奈川県出身。
DNA「玉」主導は、寅卯天冲殺でもあり、母親の影響大。
本人の意思より親がステージママ。
「玉+司」は、生きるための知恵あり。
「玉+禄」は、追従上手逃げ下手。協調性あり。親に猫かわいがりされた人。
10年運初旬「4歳宝酉」は、少女性を強く付加されたが、初旬条件なし。
宿命の特長は、年干支と月干支が天剋地冲で、
激しい環境を所有する人で、魅力あふれ一際目立つ。
エネルギー250点は立派も、「辰」年生まれ「山申」は、
感激のあまり思わず泣きだしたように、無垢で正直。
これを売り物にどこまで、伸びるか。

リズム感ゼロ。暗くて華がない
紺野あさ美(87年5月7日/陽辰)は、北海道出身。
DNA「鳳」主導で、表現力はあるが、それがセリフの飲み込みの早さにつながる。
「鳳+玉」は、自分を棚上げして、他人をとやかく言う。
玉×3もあり、自分の感性を痛めると激情。
どちらかというと、人を教える立場になったほうが良い。
「鳳+石」は、常識的すぎて、つまらない。
10年運初旬「10歳陽午」は、独立心旺盛だが、クドくなるばかりで、売りはなし。
宿命の特長は、時代整合性なしバブリー夏生まれに加え、
「卯」年「辰」日生まれは、表裏あり。
本年(宝巳)は干合年で、子丑天冲殺の気強さが、
なんとかメンバーになる原動力をつかんだのだろうが、
少々やっかいな人で、モー娘。のカラーに非ず。
エネルギー256点も、「卯」年生まれ「陽辰」は、原則受身で鈍重で扱いづらい人。
つんく♂(海申)は、劣等生だからこそ、
見るべきところありと発言するが、本当にそうだろうか!
■読者メール→
「初旬条件があって、才能があって、エネルギーもあって、仕事に向いていて、
後天運もばっちりという完璧な人は、やはりそうそういないものですね。
自分にあるものを最大限に活かし、足りない所をいかにしてカバーするかが、
すべての人に共通する課題ですね」。
だから、モー娘。に入るのですよ。
普通の人なら派遣やフリーターではなく、正式に就職するのです。

読者メール→「こんなに大所帯になり、まとまりはなくなりますね」。
お金も厳しいか、すぐ減りますよ。

読者メール→
「高橋愛の訛りがとれないのは宿命に関係しますか?」
DNA牽・車になるものが天干にあり、とまどってしまうのです。
売りにするしかないですけどね。
「紺野あさ美を劣等生だから、見るべきところありと拾ったのは、
つんく♂のパフォーマンスですか?」
でも、命取りですよ。

読者メール→
「エネルギー点数に100程上下がありますが、
点数が高い方が目立ったりするのですか?」
存在感はありますよ。
読者メール→
「近くセンター位置に立つことができるコっているのかなあ。
それなりに可愛いコが多いけど、なぜだかぱっとしないような気がします」。
決め手はありません。目立つのは天冲殺ですから。皆天冲殺を待つのだよ。

読者メール→
「ゴマキは潰されちゃうのでしょうか?」
秋の草は気をつけないと、喰いものにされます。

読者メール→
「人生の早い時期に成功してしまうと、運を早く使ってしまうのでしょうか?」
それだけ早く上にいければ、落ちても困りません。
ようは、合っているか否かです。

読者メール→
「頻繁にメンバーが入れ替わると、結成以来のメンバーで活動を続けている場合と、
何か違いは出てきますか?」
長くいられれば、それだけ力の蓄積ができます。
新人は、その先輩をどれだけ見習い、対等になれるかです。
女性は仲間意識ですよ。

読者メール→
「高橋(宝酉)と紺野(陽辰)って、両方とも子丑天冲殺なんですね。
これって、仲良くなってしまったらどうなるんだろう」。
高橋の月干支が紺野の年干支を納音します。
紺野は益々ダメになる!

読者メール→
「リニューアルした場合のグループ運も、CD販売日で決まるのでしょうか?」
元の誕生日を主に、CD発売日を従として使います。
「紺野はデビュー時点で劣等生と言われていますが、
こう言われていることを知った時点で、苦しみの始まりになりそうですね」。
一過性でつかんでも、もともと鈍い夏の陽です。
「メンバーを補充しながら続ける、
このヤリ方はいつまで続くのでしょうか?」
ヤメようと思うまで(笑)。
 
 
■2001年09月03日(畑巳)
中居正広SMAPリーダーとしての自覚
■稲垣吾郎(山寅)が逮捕された時に、「どうすんだよ〜」と、あわてふためいて、
リーダーとしての体面も何もなかった(笑)と言われるのが、
SMAP
中居正広(72年8月18日/宝巳)。

中居は、DNA「調」冲殺主導で、妙な反抗心。
「調冲+鳳」は、適当にすませる。
「調冲+石」は、妙な自尊心。
「調冲+調」は、ありえない理屈。
「宝+調冲+申月」は、夢や趣味のためにしか働かず。

10年運初旬「7歳畑酉」は、初旬10年運天冲殺。
乗せれば怖い生月冲殺でもあり、成功運型。
2旬「17歳鉄戌」は、気持ちとは別に、妥協と和合。
現在の10年運「27歳宝亥」は、過去の経緯をぶちこわしながら、
不安を払拭することで、何とか生きのびようとする時期。

宿命の特長は、エネルギー199点と男性としては軽く、流れにのりやすい。
木性ゼロは、引力本能皆無で、堅実さなしで野人なみ。
「子」年生まれ「宝巳」は、開き直りの凄味。
強いのか弱いのか、よくわからないリーダー(笑)。
■読者メール→
「SMAPは、バラ売りしたとき、一番成功するのは、やっぱり、慎吾くんですかね?」
中居が出番は一番多いですよ。
生月でしょ。その気にさせれば、なんでもやるし。

読者メール→
「あの歌の下手さは、何の影響なんですか?」
木性ゼロで前向きさはありません。

読者メール→
「メンバーの出演したテレビは、全てチェックしてるそうですが、
リーダーとしての責任感というより、
俺よりおいしい仕事やってるんじゃないだろうな的な卑しいチェックな気がする」。
野人みたいなものですから(爆)。
「何でも『さっ』の一言で片付ける、イヤ〜な司会だと思うのだけど、
あれを上手いという人が信じられない」。
こういう人がいても、いいじゃないですか(笑)。
 
 
■2001年09月04日(鉄午)
山崎邦正●害重なりの出来ちゃった結婚
■お笑いタレントの山崎邦正(68年2月14日/木寅※午前4時前判断)が、
2日(山辰)日本テレビ系『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで』で、結婚を発表した。
相手の女性は、家事手伝い井藤亜耶(23歳)さんで、
3年前(山寅)に先輩の松本人志(木寅)と一緒に六本木で遊んだ際、ナンパしたもの。
二人は既に新生活を営んでおり、妊娠3ヶ月で来年(海午)の4月に出産予定という。

山崎は、DNA「鳳」主導で、遊び人。
「鳳+禄」は、お人好し。
「鳳+鳳」は、肩肘張らない粘り強さ。重量感ある無欲な人生。
「鳳+貫」は、時代の波に乗るのが、下手。表面温厚中頑固。
「木+鳳+寅月」は、物事を壊す。心の中で良いと思っても、攻撃をして素直ではない。

10年運初旬「7歳草卯」は、徹底したズルさを身につけるも、稼働条件なし。
ただし、10年運は全てターボ運(子丑天冲殺の干支まわり)で、
それなりの迫力が加わり、目立つ。
その後の10年運「17歳陽辰」は、ラッキーカラー10年運。
現在の10年運「27歳灯巳」は、ラッキーカラー10年運+害で、ありがた迷惑。

宿命の特長は、エネルギー254点の生日冲殺。
年干支「山申」と月干支・日干支(共に木寅)は天剋地冲で、
常に誰かの犠牲になったり犠牲にしたりすることで、自己の運を伸ばしてゆく人。

この結婚は、10年運の害+年運(宝巳)の害で、外堀を埋められたもので、
失礼ながら山崎本人には、ありがたくも迷惑な話。
ようするに目下女性(10年運DNA調)により、
役目役割(本年のDNA牽)を強いられたもの。全く抵抗不能(笑)。
一生、夫人に頭が上がらないか、
自分は気に入らないのに、周囲には祝福される状態が続く。
たぶん、次の10年運「37歳山午」で、見直しになるだろうが、今はこれも流れ!
■読者メール→
「10歳も年下の夫人に一生頭が上がらないなんて・・・。
かわいそー。でもなんか、似合ってる(笑)」。
分相応かも(爆)。

読者メール→
「コントロール不能の結婚をしてしまった場合、
解消をしたくなっても、できない状態に陥ってしまうのでしょうか?」
意を決せれば出来ます。相手の害や天冲殺が狙い目です。

読者メール→
「主導権をとられっぱなしの結婚生活は、生涯が苦痛の連続になるのですよね(笑)」。
不器用な木らしいことですね。

読者メール→
「基本的に害年の結婚ってダメなんですよね」。
基本的ではなく、絶対にいけませんね。
「でも、この場合は消化と考えるんですよね」。
悪い消化です。

読者メール→
「子丑は何歳頃から頭角表してくるのですか?」
人によります。稼働条件があれば早いですが、原則は中年以降です。
早く稼働しすぎると、落ちかたがミジメです。
「主導するDNAがラッキーカラーにあたる人って、
自分の特徴を活かしやすかったりするのでしょうか?」
自分の立場をわきまえやすいです。

読者メール→
「重量感あるってことは、いろいろあるってことですか?」
時に鈍重ですが、厚みがあるのです。
 
 
■2001年09月05日(宝未)
神田うの山野幹夫との結婚は無意味
神田うの(75年3月28日/雨酉)が、かねて交際中の
ヤマノビューティ・メイト社長・
山野幹夫(68年8月29日/宝未)と近く結婚するという。
結婚には両家とも前向きで、既に山野の誕生日に親同士の顔合わせもすんでいるそうだ。
また、現在山野は原宿に10億円の豪邸を建設中で、
これが二人の新居になるとも言われている。

山野は、DNA「石」主導で、本質和合人間。
「石+石」は、集団のなかでの変わり者。石×3でもあり、究極のズル。
「石+龍」は、経済感覚なし。自己弁護しない行動力。
「石+玉」は、理屈っぽい。
「宝+石+申月」は、おだてに弱い。ねだられ上手(笑)。
10年運初旬「3歳宝酉」は、わがままな性格を倍加させるだけで条件なしも、
初旬〜3旬はターボ運(子丑天冲殺まわりで、迫力増す)。
「13歳海戌/23歳雨亥」は、ラッキーカラー10年運天冲殺。
現在の10年運「33歳木子」は、堅実さが損なわれる「害」の10年運。
宿命の特長は、エネルギー284点でそれなりに凄みのある宝石も、
「申」年生まれ「宝未」は、動きが鈍い。

神田は、DNA「鳳」主導で、遊び人。
「鳳+鳳」は、気さくで肩肘張らない粘り強さが売りだが、真剣さはなし。
「鳳+龍」は、内面葛藤激しい。
「鳳+車」は、大衆的だが、金銭物質に目なし(爆)。
10年運初旬「3歳鉄辰」は、何の条件もなし。
現在の10年運「23歳海午」は、雨が濁りズルさばかりが目につく。
宿命の特長は、エネルギー121点と弱く、ラッキーカラー火性ゼロで、
暖かみはおろか、本来金銭物質運なしで、意地汚い。
さらに、春の雨は、雪解け水で、見かけだけの勢い。

二人には共通点なく、せいぜいDNA「龍」の外国かぶれのみ。
山野が「害」の10年運で、運悪く結婚までもちこまれたもので、末永く続くものではない。
そんな山野も戌亥天冲殺なのに、持ち前のズルさから、一族からはみだせず、
こんな人に捕まった模様。どっちもどっち、勝手にしてほしいよ!
■読者メール→
「エネルギー点数が倍以上違う相手の場合の、メリットとデメリットは何でしょう?」
若ければ、相手が仕事で完全燃焼していない場合に、浮気される恐れがあります。
ただし、相手任せで頼ることも可能です。

読者メール→
「いつまでも家にいる戌亥天冲殺はやはり、
巡り会うひとも良くないひとになってしまうのですね」。
もちろんです。
「子供にも影響するのでしょうか?」
善し悪しは別ですが、戌亥同士の結婚でも、互いの親に支援されれば、
ダメなりに安定します(笑)。
あくまでも、どちらか一方の家に支援されるのが、一番マズいのです。

読者メール→
「金の切れ目が縁の切れ目になりそうですね」。
キミジマブランドよりは、マシでしょうがね(笑)。

読者メール→
「エネルギー点数は、山野の方が高いんですよね。
と言うことは、山野の方が主導権があるのではないのですか?」
だから、彼は神田を広告塔として利用しようと企んでいるのが、その証ですよ。

読者メール→
「全然似合わないのに、気付かないのは本人達だけ?」
世間もですよ。

読者メール→
「小顔と足の長さは、宿命の影響なのですか?」
魅力ととらえれば、天剋地冲持ちだからです。

読者メール→
「石×3のずるさは商売人の器と言えますか?」
石は政治家の適性であり、商売する方は禄・司がないと大成できません!

読者メール→
「ラッキーカラー天冲殺10年運なのに、別れられなかったと判断するのですか?」
それ以前の問題もありますが、月支は害、年支は干合支害です。
すると、23歳雨亥は年干を陽に変えます。その陽は日干(宝)の干合相手です。
つまり、悪い取り巻き(10年運)の影響で、ヘンな配偶者がでてしまったのです。
それが、害なのです(笑)。

読者メール→
「梅宮アンナと同様、ろくに仕事していないくせに、
オシャレ気取りなブランド買いがみっともない」。
本人は自分の親のほうが立派だと思ってるから、始末が悪い(笑)。
 
 
■2001年09月06日(海申)
小雪●華なく地味で魅力ゼロ
■フジTV系で4夜連続放映された『イタリア通』(23時)。
ここで新婚カップルを堤真一(灯巳)と演じたのが、
小雪(76年12月17日/雨卯※午前4時前判断)。
日9『恋がしたい恋がしたい恋がしたい』にも出演中の彼女は神奈川県出身、
95年(草亥)にnon・noとモデル契約後、97年(灯丑)プロモデルに。
98年(山寅=干合方三位)に、『恋はあせらず』で女優デビュー。

小雪は、DNA「貫」主導で、状況環境により変化。好き嫌い激しい。
「貫+貫」は、頑固一徹。用心深くて、徹底した個人主義者。
真冬の生まれでもあり、クールをとおりこした冷たい女。
「貫+鳳」は、表面頑固で中温厚。
「貫+司」は、時にヘンなSPEEDを見せるが、焦らず強い意志力。
「貫+玉」は、10年先は無理でも、その場の雰囲気を読むのは上手い。

10年運初旬「3歳畑亥」は、オトコっぽい闘争心を付加されたが、特別条件なし。
生年冲殺のため、仕事にハマれば伸びる。
2旬「13歳山戌」は、年干支「陽辰」が納音的。日干支「雨卯」とは、干合支合。
ここで、何らかの決意があったはず。
現在の「23歳灯酉」は、ラッキーカラー10年運で、
冬生まれにとってはありがたく、天剋地冲のため、積極的に財をなす(DNA禄)。

宿命の特長は、エネルギー179点は、やや存在感薄い。
「辰」年「卯」日生まれは、表裏あり。
冷ややかなようで、実際は何を考えているか不明。
案外、何も考えてない(笑)のかもしれないが、そのほうが上昇は見込める。
「辰」年生まれ「雨卯」は、孤立しやすく、他に迎合しないほうが持ち味でる。
今が旬の生年冲殺だが、これといって華がなく地味。
10月からは、フジTV系『西洋骨董洋菓子店』で主演をはるが、
どこまでアッピール出来るか正念場だ!
■読者メール→
「冷たい陰湿な顔つきが嫌いだ」。
そっか・・・(笑)。
冬生まれ害持ちで(水は)腐っているのに、本人も気づいてないかも。

読者メール→
「nonnoモデル出身者は貧相!『代表者はな』。
彼女も美人だけど、なんか貧乏臭い。嫌いじゃないけど、笑顔がにくたらしい」。
バカ受けして、3分くらい笑えた。もちろん、代表者のほうに・・・。ゲラ×3。

読者メール→
「まさしく『小雪』なのですね。ネーミングは、ぴったり?」
本名らしいしよ。加藤小雪。
「どことなく暗い陰りのある雰囲気があるのは、
冬という季節だけでなく、DNAも関係あるのでしょうね」。
禄ないから。優しくない。

読者メール→
「2旬でも、山と陽は同格になるのですか?
いつも初旬のみと、断り書してありますが ・・・。納音は別なのですか?」
初旬条件のないような人でも、社会に出る直前の2旬が、
破壊条件(日支の害や、どこにあろうと天剋地冲や納音)があろうと、
それがダメージ的であればあるほど、何か苦痛を感じれば、伸びは期待できます。
小雪の場合、干合もありますから、条件が倍加します。
異性の影響で、辛い思いをしたか、親が何か問題があって本人が変わらざるをえなかった、
或いはイジメなどで進学や進路を邪魔されたなど、推測されます。

読者メール→
「もっと温かい名前をつけた方が良いのですか?」
名前は本人を象徴するか、ラッキーカラーのように補完されるかどちらかです。
極端なものが成功の条件です。

読者メール→
「冬生まれで小雪。雨が凍ってしまったのですね。
看護学校に行ってたそうですが、苛められて辞めたと、テレビで話していました。
テレビで見るよりは、雑誌でモデルをやっていた時の方が、ずっと素敵だったなぁ。
地味な人なりのアピールの仕方って、どんなですか?」
意識して愛想を振りまくか、徹底して唯我独尊を貫くかどちらかでしょうね。

読者メール→
「10年先を読めるようなDNAってあるの?」
鳳+龍。

読者メール→
「主役をはるほどの華はないように思いますが、みんな見るのかな?」
天冲殺現象だけですよ。生年ですからよけいですね。
 
 
■2001年09月07日(雨酉)
リュシフェル MAKOTO鈴木京香を応援
■木10『非婚家族』で女性ファッション誌の若手編集部員を演じるのが、
リュシフェルのボーカル
MAKOTO(80年7月15日/畑丑)。
東京都出身で、歌手デビュー前の
99年(畑卯)4月フジTV系『セミダブル』や
日本TV系『サイコメトラーEIJI2』にも出演した。
今回は鈴木京香(木戌*)演じる年上女性に恋をする年下男性ということで、
プロデューサーにみいだされたもの。
さすが、(鈴木と)干合する午未天冲殺だし、
MAKOTOの月干支(雨未)が、鈴木の年干支(雨卯)を大半会するだけあり。

MAKOTOは、DNA「龍」冲殺主導で、常に見直し・再出発の人。
「龍+石」は、変化球の技術力・芸術力あり。
「龍+禄」は、視野の狭い恋愛感覚で、恋で失敗する恐れあり。
「龍+調」は、恩恵をどれだけ受けても満足せず。向上心は抜群。

10年運初旬「8歳木申」は、宿命にない品性(DNA牽)が付加されるものの、特別条件なし。
ただし、乗せれば怖い生月冲殺のため、それなりに動く。
現在の10年運「18歳草酉」は、SPEED感あふれる躍動期。成果が期待できるもの。

宿命の特長は、エネルギー258点で、生月冲殺でなければ、少々重い。
「申」年「畑丑」は、世の仲介者。バランスはいい宿命も、決め手なし。
動乱期では、10年運だけの闘争心では、やや辛いか・・・。
しかし、来年(海午)さ来年(雨未)は、害や天剋地冲があるとはいえ、
話題性には事欠かない天冲殺年。生月のため、なおさらだ。
今後の「売りだされかた」に注目だ!
■読者メール→
「龍+石があると、どんな芸能活動も出来ちゃうんですか?」
ソツがないということですよ。

読者メール→
「MAKOTOと鈴木が出来ちゃう可能性は無いのでしょうか?」
それはともかく、鈴木と堤真一(灯巳)の仲は暗雲のようですね。
「BEを知らないプロデューサーは、野生の嗅覚があるのでしょうか?」
でしょうね(笑)。
 
 
■2001年09月08日(木戌)
二宮和也椎名法子の未来を閉ざす
■嵐の二宮和也(83年6月17日/陽子)が、
アイドル椎名法子(82年11月22日/畑酉)の港区内の高級マンションを夜間訪れ
数時間一緒に過ごしたうえ、23時頃に堂々と手をつないだツーショットで外出。
近くにとめてあったスクーターに二人乗りして、
夜の闇に消えていった一部始終を写真誌に撮られた。

昨年鳴り物入りで結成された嵐の二宮は、DNA「調」主導で、反抗心の強い人。
「調+龍」は、不平不満多く、なかなか満足をしない。
「調+牽」は、内面気品も行動粗野。
「調+鳳」は、なあなあ。
「陽+調+午月」は、目的があると頑張るタイプ。
「亥」年生まれ「陽子」は、自己愛の象徴。
10年運初旬「4歳灯巳」は、年干支「雨亥」を天剋地冲するので、
初旬条件となり成功運型。
現在の10年運「14歳陽辰」は、独立心旺盛だが、
超ダメージカラーで、ただでさえクドい夏の太陽を派手にさせる。
宿命の特長は、エネルギー154点と軽いが、年干「雨」と月干「山」が干合すると、
それぞれ「灯」「陽」となり、天干一気が完成。
クドさがひときわ増し、目上を剋してしまう。
また、金性ゼロで優しさなくどこかさめた面もち。
異性運ゼロだが、本年(宝巳)は干合年で10年に一度、
女性ときちんとした交際が可能な時期。流れには、乗れている(笑)。

椎名は、98年(山寅)の条件なし天冲殺に、
悪評名高い秋元康(畑巳)の肝いりで、デビュー。
DNA「司」主導で、一人では生きていけない人。
「司+石」は、日常生活に味わいなし。
「司+鳳」は、個人主義者。
「司+司」は、現実性強く、心の奥底を他人に見せず、あまり夢を見ない人。
「戌」年生まれ「畑酉」は、正直。
10年運初旬「5歳鉄戌」は、DNAキーワード調の害。
少女っぽくふるまうことが裏目にでやすく、原則結婚運も芳しくない。
現在の10年運「15歳畑酉」は、律音で独立心旺盛だが、
ガードがかたくなったとはいえ、条件なし天冲殺デビューで、勢いなし。
宿命の特長は、エネルギー202点でバランスはとれたDNA成分は、
配偶者成分や仕事を意味する木性が、月支「亥」のなかと深く、
いまひとつ乗り切れない。
また、正直とはいえ、「戌」年「酉」日生まれは、表裏あり。
つまり、隠しても隠しきれず。
ジャニーズキラーと陰口もたたかれている椎名だが、
タレントとしては華がなく、新曲をだしたりフジTVのビジュアルクイーンに起用されても
ブレイクする兆しなし。年下の天干一気と交際しているようじゃ、もはや終わりだ!
■読者メール→
「エネルギー点数が低いと、ままごと感覚の恋愛になったりするんでしょうか?」
仕方ないでしょう。

読者メール→
「現実性が強く、夢を見ない人が、アイドルで一応、夢を売る商売をしているかぁ。
本人の中では、矛盾していると思わないのかしら?」
思っていないからヤメないのです。でも、人気がないのですよ。

読者メール→
「若いうちから素晴らしい相手と出会える人って、そうそういないのでは・・・」。
どれだけエネルギー発揮をしているかです。

読者メール→
「夏の太陽のわりに、地味な印象です」。
夕日はなぜ目立つかわかりますか?
周囲の空気が爽やかだからでしょう。
夏の陽は炎天下ですから、まるで目立たないのですよ。クドいから埋没しています。

読者メール→
「椎名が二宮にアタックしてるんですよね。
天干一気に引っかかってしまった理由はどこにあるのですか?」
天冲殺の社会参加で、全てがコントロール不能です。

読者メール→
「天干一気の御し方は、逃げるが勝ちしかないのでしょうか?」
そのとおりですが、なかなか難しいですよ(笑)。
 
 
■2001年09月09日(草亥)
池脇千鶴●元ツインカム 島根定義と交際発覚という哀れ
■NHK次期連続テレビ小説『ほんまもん』のヒロイン
池脇千鶴(81年11月20日/海寅※午前4時前判断)に、初ロマンスが持ち上がった。
96年(陽子)テレビ東京『ASAYAN』の「第2回美少女オーディション」で芸能界入り。
三井不動産の「リハウス」の8代目リハウスガールでCMデビュー。
99年(畑卯)に初主演した『大阪物語』で、
キネマ旬報映画賞など各新人賞などを総ナメにし、
その後フジテレビ系『リップスティック』で、その演技力を注目された。
大阪府出身の池脇は、DNA「貫」主導で、好き嫌い激しい。敵が多いほど頑固。
「貫+玉」は、周囲にあわせたSPEED感。
未来のことは考えられないが、今をソツなく生きようとする。
「貫+禄」は、計算された自我。演技力あり。
「貫+牽」は、主義主張なく、雑な手段をとりやすい。
10年運初旬「6歳鉄子」は、改良改革精神を与えられるも、初旬条件なし。
現在の10年運「16歳宝丑」は、ひとつの流れに入る時。
宿命の特長は、エネルギー170点は旧式アイドル並み。
後天運の稼働条件はないが、持ち前の演技力が、
運良くラッキーカラー年で世にでて、ここまできたもの。
NHKに気に入られたのも、大阪出身と強力な事務所の後ろ盾と、
典型的な条件なし天冲殺現象。

相手は今春解散したお笑いコンビ「ツインカム」の
ボケ役の
島根定義(73年11月8日/山申)。
93年(雨酉)にコンビ結成するも、ほとんど泣かず飛ばず。
現在は、TBS系『激すれガレッジセール』でナレーションを担当する程度。
格下の感はまぬがれない島根は、DNA「車」主導で、単純明快。
「車+司」は、猪突猛進。司×3で、どうしようもなく地味(笑)。
「車+貫」は、正直・短気・一本気。
10年運初旬「1歳海戌」は、欲深くなるも、稼働条件なし。
ただし、その後の10年運はターボ運(子丑天冲殺の干支まわり)なので、ヘンに目立つ。
実態がないのに迫力だけあり。
宿命の特長は、エネルギー230点中、異性と金銭物質運が、
ほぼ半分をしめる(128点)という欲深さ。
火性ゼロで暖かみなしの野人。「丑」年生まれ「山申」は、本能のままに生きる人。

二人の出逢いは、昨年秋東北地方で行われた学園祭の打ち上げ席といい、
その場で意気投合して交際が始まったという。
しかし、共通干はなく互いに補完するものもない関係は、
池脇の条件なし天冲殺のもたらしたもので一過性。
写真誌では、身長差24センチの二人が仲睦まじく手をつないだり、
向かい合って談笑するシーンが紹介されているが、
それはまるでドラマの1シーンのようで、つくられた感すらあり。
とはいえ、池脇がNHKドラマのヒロインということもあり、
決して番組宣伝ではなく、ただ今年(宝巳)の天冲殺+害の無防備さを物語っている。

一方島根は、優柔不断に陥りやすい月と日の害を所有しているが、
今年はそれが対冲でうち消される時だが、
女性好きな島根の毒牙に池脇が犠牲になったということは否めず、
所属事務所のタレント管理能力の甘さだけが浮き彫りされたかっこう。
双方の事務所(といっても、島根は吉本興業、池脇もその子会社)は、
そろって健全な交際として認知している口ぶりだが、
これで池脇の清楚で家庭的な雰囲気に汚点がついた。
何が「尊敬しています」だか知らないが、
もっと、プラスになる相手が、夢から覚めれば、出現するよ!
■読者メール→
「主演ドラマが始まる前に、こういう話が出るということは、
ドラマも面白くなさそうですよね。
せめてもっと大物が相手なら、まだ少しは格好ついたかもしれないのに・・・。
やっぱり害ですね(笑)」。
脇が甘いとしか言いようがありません!

読者メール→
「異性と金銭物質運が、ほぼ半分をしめると言うのは、
それに恵まれると言うか求めなくても手に入り易いということだと思っていましたが、
欲深さにもなるのでしょうか?」
多すぎて欲をかく。プライド高すぎて、手に入れづらいとか・・・。
ただし、異性好きには変わらず!

読者メール→
「意図的に写真誌に撮られようとしてるとは全く思えない、
芸能人としての意識の薄い人たちですね」。
男のリークでもなければね(笑)。
「この無防備がマイナス現象を生まないようにするためには、
自己発揮を一切せず、というのが鉄則なんですよね」。
本来は事務所が管理すべき事です。商品なんだからね(爆)。

読者メール→
「異性成分が多いと、本能的に自分と合いそうな相手を見分ける
ことができると思ってたのですが・・・」。
迷いだけですよ。

読者メール→
「例え芸能界を引退しても、悪影響が出てしまうのでしょうか?」
天冲殺もさることながら、害は病気です。意識的に払拭しても、病歴は残るのです。

読者メール→
「一人で居るときの素顔はどうなんでしょうか?」
冷酷な冬の海そのままでしょう。

読者メール→
「彼女のような低いエネルギーでは、失ったものを取り戻すのに影響があるのでしょうか?」
決して取り戻すことは出来ません!
 
 
■2001年09月10日(陽子)
坂本昌行●ジャンクフード好き年上美女と同棲中
■V6のリーダー坂本昌行(71年7月24日/鉄戌)が、
都内の高級マンションで、女優の中谷美紀似の年上美女と同棲中という。
さすが二人で出かけることはないが、坂本の愛車ベンツで、
留守中に手際よく買い物をすませる姿は、手慣れたものだそうだ。

坂本は、DNA「玉」主導で、生きかたを変えられず、年上女性好き。
「玉+鳳」は、自分をたなあげして、他人にあれこれ言う。
「玉+龍」は、周囲に歩調を合わせず本音を言えず、私生活は不透明。
「玉+石」は、理屈っぽい。
「玉+司」は、生活の知恵あり。
「鉄+玉+未月」は、新しいことがなかなか出来ない人。

10年運初旬「5歳木午」は、引力本能が付加されるも、特別条件なし。
その後の10年運は「16歳雨巳」と、現在の10年運「26歳海辰」は、
ラッキーカラー10年運で、時代整合性ないバブリー夏生まれでも、それなりに活躍。

宿命の特長は、日干「鉄」と月干「草」が干合すると、
月干が「宝」となるので、天干が全て金性になり天干一気。
ただし、鉄→宝×2の精神構図は、DNA「石」を強化させ、
闘争本能より和合性ばかりが目につく。
また、異性成分である「草」が、近くにあるため、
異性は手に届くところにいるようだが、「宝」に変化してしまうと友人的になったり、
「草」の異性成分の陰(陽は鉄)である「宝」が年干にあるので、
常に何かの妨害にあいやすい雰囲気を持つ。

二人の出逢いは、2年前(99年畑卯)の、坂本の条件なし天冲殺。
本来夢のなかでの出来事だが、年支「亥」と月支「未」とは、
三合会局でヘンに世界が広がるばかりか、
日支「戌」と支合のため、不完全ながら形になってしまう。
天干一気のため、年下の異性と交際すべきなのだが、
DNA「玉」(年上)の年に、年上女性と出逢ってしまうのは、
「玉」主導だし、やむをえないことか(笑)。

東京江東区で青果店を営む坂本の母は、
「えっ、知らないよー。でも、昌行も30ですからね」と驚いているようだが、
この女性がスーパーで坂本のために買った品物は、
「おかき、ビスケット、カップ麺、ミネラルウォーター」だそうである。
驚くのはこちらのほうですよ、お母さん。
なんか、坂本が可哀想になってきた、だいじょぶか?
■読者メール→
「金性の天干一気でも、玉主導で和合性のある人って、ややこしいですね。
うまく使いにくそう。
だから、おかきとカップ麺位しか買わない恋人なんかできちゃうのかな?」
相手をダメにしてるからね。

読者メール→
「条件なし天冲殺で始まった交際は天冲殺が明けると、
上手くいかなくなったりするようですが、
これが生年冲殺や生月冲殺のような一生天冲殺状態の人の場合だと、
明けてから問題が発生しなくて済んだりするものなのでしょうか?」
原則、条件ありの天冲殺の方は、自身の天冲殺に運が稼働します。
これは善し悪し別です。
つまり、良いものなら続きますし、否なら問題はでる可能性もあるのです。

読者メール→
「無理してでも年下とつきあってみれば、人生変わるのでしょうか?」
それも出来ない玉主導です(笑)。

読者メール→
「和合性ばかり目に付くってことは、あまりがんばらず、
なあなあで過ごしてしまうのでしょうか?」
だから、リーダーなんでしょう。

読者メール→
「精神的には夢から覚めても、現実には物事が続いてしまうってこと?」
そうです。しかも、今撮られるというのは、相手の天冲殺現象か何かなのでしょうね。

読者メール→
「フライデーに載ったのに、表でも裏でも扱われないのでちょっと不憫に思っていました。
良かった、取り上げて貰えて〜〜って喜んでいいの?
スポーツ紙にもひとつしか載ってなくて、それも二宮のついでって感じでした。
今月末から舞台が始まるのですが、
掲示板では『チケット捨ててやる〜』『売り払ったる〜』というカキコ続出。
益々チケット余りそうです(^^;;;;。
フライデーの坂本母のコメントが、素晴らしかった。
多くのファンの気持ちを代弁してたと思う。
でも〜、自分の息子を『人気ない』って言い切らなくても。
少しはファンいますよ〜?
下町のハハは、はっきりしてるなぁ(^^;)。
息子の舞台を見に来たお母さんと、劇場で遭遇したことありますが、
笑っちゃうくらい坂本と同じ顔でした。
それと、坂本の車は中古車だそうです。この辺も玉?
V6が無くなっても、ミュージカルの世界で食べて行ける人だと思うのですが、
今後の彼はどうでしょうか?
次から10年運天冲殺ですから、期待できそうですか?
『小料理屋やりたい』なんてことも言ってますが、
鳳があって司もあるから、それも可能かな?
多分普通のメニューだと思うけど(笑)。
よくインタビューで『帰ってから、一人鍋作って食べてる』と言ってたけど、嘘つき(嘆)。
一人じゃなかったんだー。いいんですけど〜、一人じゃ可哀想だし〜、
いいからさっさと結婚しろってんだ〜〜。
ちなみにジャニーから『ユー、結婚していいよ』と許可が出ている、
珍しいジャニタレだそうです。
私は坂本が、ちゃんと仕事してれば、
私生活は犯罪でも起こさない限り、それでいいのです」。
ありがとうございました。あえてコメントは避けます。
来年はラッキーカラー年で期待しましょうね♪
 
 
■2001年09月11日(灯丑)
松田樹里河村隆一を落とす
■今年春に4年間交際した宝積有香(雨丑)と別れたことが報じられた
河村隆一(70年5月20日/鉄子、DNA貫冲殺+貫石調龍)が、
TVで共演した
松田樹里(77年11月16日/灯丑)と交際していることが発覚した。

松田は埼玉県出身で、趣味はトランペット。
雑誌『JJ』専属モデル、『王様のブランチ』、『タイムショック』にも出演する、期待の星。
DNA「玉」主導で、生きかたをなかなか変えない人。
「玉+司」は、生活の知恵を持ち、生きるのに困らない。
「玉+車」は、考えたとおりに行動するわかりやすい人。
「玉+貫」は、10年先は無理でも、今日明日のことには、異常に嗅覚が発達する。
「玉+禄」は、追従上手逃げ下手。和合心あり。
「灯+玉+亥月」は、頑張っても仕事の成果を下に見られる傾向。
親の賛成しない結婚になりやすい。

10年運初旬「7歳海子」は、日干支「灯丑」と干合支合で、初旬条件となり成功運型。
現在の10年運「17歳雨丑」は、忙しく男性的に動きまわる時期。
この調子で頑張れば、次旬「27歳木寅/37歳草卯」はラッキーカラー10年運で、安定する。

宿命の特長は、エネルギー212点とまずまず。
年干支「灯巳」と月干支「宝亥」は、天剋地冲で魅力ある人。
「巳」年生まれ「灯丑」は正直で、交際するとバレやすい。
生日冲殺でもあり、どちらかというと、仕事で頑張るタイプ。

二人の関係は、共通干支(宝巳=河村の月干支と松田の月干+年支の羅状干支)あるも、
月干支(河村の宝巳と松田の宝亥)同士は、納音。
融合するより、刺激しあう仲。
また、河村はバブリー夏生まれで、新曲『ジュリア』を、松田に捧げるなど、
早くも熱しやすい側面を見せているが、松田はクールな冬生まれ。
今年(宝巳)はそんな彼女でも気持ちがふっきれ、交際相手ができる時(DNA禄=愛情)。
河村の前の交際相手に比べれば、はるかにレベルが上の松田は、
これを機に大きくはばたく可能性もあり。
とりあえず、松田がどう生月冲殺の河村を利用するか見物だゾ!
■読者メール→
「別れた後、捧げた曲はどうするんだろ?」
生月はそんなこと、気にしませんよ(笑)。

読者メール→
「河村のどこがいいのかわかんないけど、松田は仕事がんばれ〜」。
利用できればいいんですよ。

読者メール→
「前の人よりレベルが高いのですね」。
とんでもなく(笑)。
「生まれた季節と、気が合うとかの相性は、関係ありますか?
夏と冬、春と秋のように違う方が、組み合わせ的にはいいのですか?」
単純に考えれば同じ季節ですが、ただし月支の融合関係を加味すると、
半会や支合のほうが、実は同じ成分を持ちながら、ノリが良くなりますよね。

読者メール→
「ナルシストっぷりが、すごすぎてギャグにしか思えない」。
いいんです。鉄子だし(笑)。

読者メール→
「生月沖殺は管理されなければだめな反面、利用されやすいのですね」。
コナをかけるのは最初だけで、あとは意のままです。

読者メール→
「河村にとっては、宝積(雨丑)の方がよかったんでしょうね」。
レベルの低い人とは、いくら交際しても意味なしですよ。

読者メール→
「オーザックのCMは見るたびに違和感を感じます!」
恥というものがないのが、生月だもんね(笑)。

読者メール→
「プロモビデオでノリノリで踊りながら歌っているので、
どーしちゃったんだと思ったけど、うれしくてたまんないのでしょうなぁ」。
わかりやすくて、いいよね(笑)。

読者メール→
「成功運型とは、宿命を活かす限りは成功するということなのでしょうか?
ほっといたら何も起こらないのですよね?」
活かしたもんが、勝ちです!

読者メール→
「同じ場所での納音と月支・年支など納音の場合は、
どっちが破壊力が大きいのでしょうか?」
どこにあろうとダメですが、意味が違うだけですよ。
年がからめば仕事、月がからめば立場、日がからめば、実績ですね。
 
 
■2001年09月13日(畑卯)
米倉涼子明石家さんまに急接近
■番組(明石家マンション物語)を通じ、急接近を噂されている
明石家さんま(55年7月1日/雨亥)と米倉涼子(75年8月1日/畑卯)が、
ついに同棲開始で写真誌がマークをはじめたそうだ。

さんまは、DNA「禄」主導で、なんでも自分が中心の人。
愛情奉仕も、自分の存在を認めて欲しいため。
「禄+車」は、ルールに縛られるのが苦手。結婚という制約は好まない。
「禄+石」は、行動力たくましく他人を利用するのが得意。
石×2あり、かなりズル(笑)。
「禄+鳳」は、口がうまく、強い引力本能。
10年運初旬「8歳宝巳」は、改良改革精神が付加されるも、特別条件なし。
ひとえに、夏の雨が万人に好かれる特性のみ活かしている。
現在の10年運「38歳山寅」は、異性に追いたてられる時期(爆)。
自分からコナをかけると、相手もその気になるが、発展させないほうが無難。
しかも、干合10年運で日干支が「灯亥」になると、
さらに月干「海」と干合し、自身は「草亥」になるので、サゲ▼▼的なのが笑える。
宿命の特長は、ラッキーカラー金性(水源地)ゼロで、龍・玉なし(頭はいまひとつ)の野人。
「未」年生まれ「雨亥」は、動乱期を好み、もめごと大好き。

何かとダーティな米倉は、DNA「貫」主導で、好き嫌い激しい。
敵が多いほど頑固で、反対される恋愛にこそ燃える。
「貫+車」は、正直・短気・一本気。
車×3で、極めてわかりやすく単純。
「貫+禄」は、素直ではない(笑)。
10年運初旬「2歳木申」は、初旬10年運準ラッキーカラー天冲殺で成功運型。
2旬の「12歳草酉」も同様。
現在の10年運「22歳陽戌」は、ダメージカラー10年運。
また、「22歳陽戌/32歳灯亥/42歳山子」は変剋律10年運で、
精神的苦痛を受ければ、才能が磨かれる時期。
宿命の特長は、さんま同様金性ゼロ(鳳・調なしで、遊びなし。ヘンな表現力)。
一見質のいい畑だが、昨年(鉄辰)今年(宝巳)は、その存在しない金性年で、
バブリー夏生まれながら、一時的に世界が広がっている。
「卯」年生まれ「畑卯」は、自己愛の象徴。かわいいのは自分だけ。

二人の関係は、ちょうど20歳違いで、
さんまの年干支「草未」と米倉の年干支「草卯」は、大半会。
さんまの日干支「雨亥」と米倉の月干支「雨未」も、大半会。
同じバブリー夏生まれで、月支(さんまは午、米倉は未)は支合。
日支は(さんまは亥、米倉は卯)で半会。
しかも、卯と未を所有する米倉が、三合会局になる亥(さんま)を引きよせるもの。
エネルギー点数は、さんまが204点、米倉189点で、そう差はないので、
実績はともかく、力量は似たり寄ったり。
何やら米倉により利用しがいのあるものだが、
さんまも自分を刺激する相手を好むので、まんざらでもなさそう。お好きにどうぞ、だ!
■読者メール→
「あの番組を見てると、なんら面白みのない米倉を、
さんまがどれだけ上手く生かしてあげようとしているかが、よくわかるもんね」。
話しになりませんね。最悪です(笑)。

読者メール→
「この話は全然魅力を感じない。さんまも落ちたな、て、思うだけ(笑)」。
そのとおり。

読者メール→
「これだけ二人の相性が良ければ、米倉へのサゲ▼▼的影響は問題ないのでしょうか?」
少しも良くないです。形より、精神が重要なのですよ。
 
 
■2001年09月14日(鉄辰)
MAX Reinaセイン・カミュと危ない交流
■以前長瀬智也(雨酉)と噂のあった、
MAXReina(78年1月6日/山辰)が、
今度は
セイン・カミュ(70年11月27日/宝亥)と交際中だという。
恵比寿のガーデンプレイスの中庭で手をつないでいたという目撃情報が寄せられており、
かなりオープンなものだ。

レイナは、DNA「司」主導で、誰かのために役立ちたいという自覚が強く、
純粋なため一人で生きてゆくことが辛い。
「司+貫」は、急がず焦らず強い意志。
「司+牽」は、感動希薄で保身術優秀。異性を選ぶ基準は、格好良さ。
「司+玉」は、現実的。
「司+司」は、現実性強く、冬の山でもあり心の奥底をなかなか見せることなし。
10年運初旬「10歳木寅」は、行動力とオトコっぽさを付加させたが、稼働条件なし。
ただし、その後の10年運はほぼ一生ターボ運(子丑天冲殺の干支まわり)のため、
迫力あり目立つ。
現在の10年運「20歳草卯」は、「害」で格好をつけたくてもつかない時。
自分の思い通りにならない、裏切りの時期。
宿命の特長は、エネルギー273点はそれなり。
年干にラッキーカラーのある恵まれた宿命。
月干「雨」は、異性をあらわし、手をのばせば簡単に手に入るが、
干合すれば(実際に交際が深くなると)、
日干は「陽」、月干は「灯」となり、火性の天干一気。
目立つので、すぐばれるばかりか、相手を吹き飛ばしてしまい、交際が続行しない。
10年運「害」もあり、相手より自分が衝撃をうけやすい。

冬生まれのカミュ(宝亥)にとっては、レイナはラッキーカラー。
何かと世話を焼いてくれるのだが、長くは続かない。
また、カミュの月干支「灯亥」は、レイナの年干支「灯巳」を、納音。
日干支「宝亥」は、天剋地冲するので、レイナの仕事運は下がりっぱなし。
尽くしたはいいが、仕事に身が入らないのでは、話しにならず。
めざめよ、レイナ! って言っても、今年(宝巳)の山はナーバスで、
それどころではないか。可哀想に!
■読者メール→
「何とか存続しているように思えるMAXも消えるかも」。
(MAXは)辰巳生月冲殺の宝丑です。
来年は、ありがた迷惑だしね(笑)。潮時かな。

読者メール→
「一人で生きていけないからMAXなのね」。
スーパーモンキーズだって(笑)。

読者メール→
「10年運害は怖いです。害の消化を巧くこなす方法はありますか?」
過去を気にせず、結果を求めないこと。潔く前だけ見る。仕事に専念することです。

読者メール→
「10年運害だと、やはりこんな相手としか出会えないんだなぁ。ちゃんと仕事頑張れ〜」。
そのとおりです。

読者メール→
「相性を見て納音や天剋地冲がある場合に、
ダメージを受ける側と、与える側はどうやって決まるのですか?」
年干支は仕事、月干支は立場、日干支は実績です。どちらも悪いのですよ。

読者メール→
「うすうす気づくと思うけど、害の10年運だと気づいても、
なかなか抜けられないんですよねー。
(私も経験したけど)。抜けるにはBEを学ぶしかない!?ですね」。
教えてあげてください!

読者メール→
「レイナにとって、異性は害なのでしょうか?」
良いことは何ひとつ言われず、名誉を損ないますからね。

読者メール→
「10年運がターボ運で害だと、害の力も迫力があるものになりますか?」
目立ちますからね。

読者メール→
「目立ってすぐばれてしまうのは、火性天干一気だから?
それともどの天干一気でもそうなのですか?」
火性は一番目立ちますよ。
「ガーデンプレイスで手をつなけば、そりゃ誰でも目立つわな・・・」。
相手がカミュじゃね(笑)。
 
 
■2001年09月15日(宝巳)
globe マーク・パンサー●熱愛発覚から入籍
■globeのマーク・パンサー(70年2月27日/山寅)の熱愛が発覚した。
写真誌によると、6月(木午)頃から業界関係者らに、
4年半越しの交際を続けるA子さん(26)との結婚をほのめかしているという。
同誌には、マークが長野から上京した両親と、
A子さんと4人で会食する様子をキャッチされている。

マークは、DNA「車」主導で、単純明快。
「車+貫」は、正直・短気・一本気。
「車+車」は、計算された行動力。
「車+鳳」は、大衆的で金銭物質に目なし。

10年運初旬「2歳畑卯」は、協調性和合性を付加されたが、特別条件なし。
現在の10年運「22歳宝巳」は、感性が磨かれるが、良くない異性に翻弄される時。

宿命の特長は、エネルギー253点のうち、
土性が半分弱の115点を占めるほどの引力本能あり。
しかし、水性ゼロ(金銭物質/異性運原則なし)で、優しさのかけらなく、
どちらかというと冷めた人。生日冲殺でもあり、極めて良い結婚には、縁が薄い人。

本年(宝巳)は、10年運ばかりか、年運も「害」で、
らしくない結婚をほのめかしているのも、不安なため。
来年(海午)は、10年運害も明け、宿命にない水分が出現する三合会局年。
本当は、その時に出逢った人と一緒になれば、長続きする。
一本気なのはいいが、4年半も交際して結論をだせない人が、
あわてて結婚でもないだろう。マークよ、焦るな!
■読者メール→
「害の年は誰でも不安な気持ちになると思いますが、
ここで異性に逃げると、人生最大の落とし穴にドボンとハマりますよね。
そうならない秘訣って、やはり一にも二にも仕事で自己発揮することなんでしょうね?」
不安になるとは限らず、知らないうちに相手のペースにはまってしまうのも、害です。

読者メール→
「幼少時フランスに住んでいた割に、殆ど仏語が出来ないのは、
山だし龍の成分がないからですね。お気の毒」。
別に喋れなくても、いいんですよ(笑)。

読者メール→
「害年や害の10年運の時に、本人の高い(115点)引力本能で悪い物(者)まで
引き寄せてしまうものなのですか?」
仕方ありません(笑)。
「引力本能をフルに使うのであれば、自営業向き?」
芸能人だっていいんですよ。
でも、納音の小室(山申)とやってるから、ダメなんでしょうね。

読者メール→
「来年まで結婚を思いとどまる事が出来て、良い出会いもあった場合、
一本気な彼は今の彼女と別れようと思えるのでしょうか?」
過去を清算していないと、良い出逢いはないです!

読者メール→
「この人いなくてもよくない? なんて思った事あったんだけど、引力本能が必要だったのね。
globeも売れてるまま解散すれば良かったと思う」。
山は往生際悪いです(笑)。
 
 
■2001年09月16日(海午)
安藤政信麻生久美子とツーショット
■先月公開された映画『赤影』で共演した、
麻生久美子(78年6月17日/鉄戌)と、安藤政信(75年5月19日/草丑)が、
代官山周辺で何度もツーショットで目撃され、交際中のもようだ。

麻生は、93年(雨酉)ラッキーカラー害の年に、P&Gの『クレアラシル』CMで、デビュー。
DNA「玉」主導は、生きかたをなかなか変えられない人。
「玉+玉」は、無理をしない。
「玉+牽」は、用心深い冒険心。
「玉+龍」は、心で思うのとは違う性情に流され、本音をなかなか言えず。
「鉄+玉+午月」は、芸術志向。頭良くても試験に弱い。
極端な異性としか交際しない傾向。
10年運初旬、「4歳灯巳」は、プライドの高さが強化されたが、特別条件なし。
ただし、「4歳灯巳〜34歳木寅」は、ターボ運で、迫力あり。
また、今後の10年運「24歳草卯」は、干合天冲殺10年運。
「34歳木寅」は、三合会局天冲殺10年運。
その後は、ラッキーカラー10年運へと続く。
時代整合性ないバブリー夏生まれだが、勢いのある「鉄」だし、これからの人。
宿命の特長は、エネルギー267点は女性としては優秀。
ただし、ラッキーカラーの水性ゼロ(変わった表現力)、
金銭物質及び異性運を示す木性ゼロという、偏った宿命。

安藤は、96年(陽子)の映画『キッズ・リターン』でデビュー。
DNA「牽」主導で、プライド高い。ストレート攻撃には強く、策略に弱い。
「牽+貫」は、主義主張やや希薄で、目的遂行のための手段は雑。
「牽+禄」は、社会常識あるも、決断力鈍い。
「牽+車」は、忍耐力あるように見えるが、集団行動不得手。
「草+牽+巳月」は、物事のまとまりに欠け、異性の誘惑に弱い。
10年運初旬「4歳鉄辰」は、日干「草」を干合させると、
日干支は「宝丑」となり、月干支「宝巳」と大半会するので、成功運型。
2旬「14歳畑卯」は、引力本能が強化され、
現在の3旬「24歳山寅」は、堅実に実績を積み上げてゆく時期。
宿命の特長は、時代整合性ない夏生まれに、エネルギー204点の生日冲殺。
「卯」年生まれ「草丑」は、狭視で異性の気持ち理解不能。やれやれ。

二人の出逢いは、映画がクランクインした00年(鉄辰)で、
麻生の天冲殺明け納音、安藤の干合。
関係はただの干合だけで、他に何の条件もなし。
それなりに節目ではあっても、あれこれいうものではない。
仕事の期待度は圧倒的に麻生だが、
ならばもっと自分の宿命を活かしてくれる相手を探すべきではないか。ちょっと残念だ!
■読者メール→
「麻生のこれからの10年運の並びは、条件がなくても素晴らしい物だと思いますが、
芸能界の参加がラッキーカラー害。
今後活躍するには、何か注意すべき事がありますか?」
芸能界に限らず、仕事そのものが、一生ありがた迷惑状態で推移するのです。
「10年運のキーワード通りに生活した場合、
その後の人生(運命)に大きな変化が現れるのですか?」
変化ではなく、ブレがないということです。

読者メール→
「表現力ゼロ、金銭物質運・異性運ゼロという麻生にとって
自分を活かしてくれる異性とは、どういう人ですか?
仕事をやる気にさせてくれる人とか?」
どんな人でも、第一は仕事の稼働力を直接伸ばすことが出来る、
月干支が年干支を大半会してくれる関係で、
次がやる気をださせる、日干支が年干支を大半会する関係です。
これで共通干が生まれるので、あとはラッキーカラーの水性か、
異性そのものの、木性になります。

読者メール→
「麻生は、24歳草卯の干合天冲殺10年運に入ってからの方が、
自分を活かしてくれる人に出会えますか?」
当然です。そこで、次元があがるのですから。
「自分の宿命を活かしてくれる相手を探すとありますが、巡りあえるものですか?
気付くことができるものですか? 自分から探し当てるものですか?」
流れにのっていれば、自然にでてくるものです。

読者メール→
「10年運天冲殺があけてしまえば、全て夢の中の出来事になってしまうんですか?」
年運天冲殺と異なり10年運天冲殺は精神的なものなので、
次元があがることが先決です。現実は夢ではありません。

読者メール→
「初旬の条件のある人と、初旬条件無くても後天運に恵まれてる人とでは、
どちらが活かしやすいのでしょうか?」
条件のある方が思い切ったことをすれば、何でも大きいのです。
今の時代は安定より勝負です。
「ターボ運は迫力あり目立つとありますが、これは善し悪し別ですか?」
当然です。

読者メール→
「干合天冲殺10年運とは、具体的にどのような現象が起こるのでしょう」。
陽の干ならDNA司で地道な引力本能、陰の干ならDNA牽で名誉ある闘争本能。
いずれにしろ、異性もからんできますが、
自分が何かを変えたり、変られたりと、変化しながら次元を上げてゆく必要性があります。
現象が起こるより、流れにのっておこしてゆくのです。

読者メール→
「偏った宿命だし、自分にないものを補ってくれる人とのお付き合いが
プラスになるんでしょうか?」
補うのではなく、ヘンな引力本能がはたらいて、ひきよせてしまうだけです。

読者メール→
「プライドが高い者同士はウマが合うものなのでしょうか?」
少なくとも、映画という世界では・・・。
「麻生の『クレアラシル』のCMは有り難迷惑だったのでしょうか?」
事務所はワザワザ伏せてるみたい・・・」。
今とは違う売り方ですもんね(笑)。
 
 
■2001年09月17日(雨未)
市井紗耶香●ありえない復活
■昨年4月に「しばらく休んで、作詞・作曲の勉強をしたい」という理由で、
モー娘。を卒業した
市井紗耶香(83年12月31日/雨巳)。
実際には、どこかで勉強をしたという事実はなく、
後藤真希(草丑)の弟ユウキ(草卯)と遊び歩いていた話ししか伝わってこない。
また、ユウキ休業の理由も、深夜にマネージャーの制止をふりきり、
市井に逢いにいったためとの噂もあり。
脱退の真相も、きれい事はなく、
ギャラの不満を母親が訴えたために、クビにされたといわれる。

市井は、DNA「貫」主導で、状況環境により変化。敵がおおいほど頑固。
「貫+石」は、周囲にとけこめず変わり者。
冬生まれ雨は強く、独裁者の質。
「貫+司」は、急がず焦らず強い意志力。
「貫+貫」は、利己主義で懲りない人。
「貫+調」は、恩知らず(笑)。

10年運初旬「2歳草丑」は、年支「亥」月支「子」とあわせて冬の方三位ができ、
精神力は強化されるも、特別条件なし。
2旬「12歳陽寅」は、前半はラッキーカラー的に推移するが、
後半は「害」で、アッサリ消える。
モー娘。参加も98年(山寅)で、意識は名誉だが、現象は「害」。
そもそも、何かの拍子で芸能界に入ったが、続く訳もなし。

宿命の特長は、エネルギー187点で旧いアイドルなみ。
「亥」年生まれ「雨巳」は、異性の気持ち理解不能。
こういう人だからこそ、年下の子丑天冲殺にちょっかいをだしたのだろうが、
「雨+貫+子月」は、ひとつのことを続けて行きながら本物になってゆく人。
理由の如何をとわず、挫折は辛い。
一度、引退してしまったら、復活は難しい。
さらに、年干支「雨亥」と日干支「雨巳」は、納音。
これは、人生を二分した時に、前半と後半では気持ちは同じでも、
現象が明らかに違うさまを示す。

一度社会にでたら、一つの目標を掲げ仕事を頑張るのが、
本音とSPEEDの世相の生きかただが、
市井のように休んでしまえば、持続させるのは難しい。
一説には、母親が必死に大手プロ幹部に働きかけ、
年内再デビューの予定(一応、改良改革年)だったらしいが、
ユウキの一件でおじゃん。
間違って、戻ってきても、売れる要素はないので、このままだ!
■読者メール→
「2旬の害の影響というのは、10年運が終わった以降もあるのでしょうか?
この人にとって次旬もラッキーカラーですが」。
社会にでた行為そのものが、害になっている恐れがあります。
なので、次旬がラッキーカラーだろうと、
生きかたを変えない限り、良いことはありません。

読者メール→
「取り上げてもらえるなんて、市井もよかったじゃない(笑)。すっかり忘れてたわ」。
来年の妥協天冲殺で、ヘンな話題になりますよ。
どちらにしろ、あの人は今だね(爆)。

読者メール→
「後藤真希は、どう思ってるんだろ?」
苦々しく、かつ我関せず(笑)。

読者メール→
「年干支と日干支が納音の場合、人生を二分した時に、
前半と後半では現象が明らかに違うということですが、
これは違う仕事や生活をすることを意味しているということなのでしょうか?」
精神が変わらず現象だけ壊れるのですから、同じことをしてはいけないのです。
グループにとっては、刺客みたいな存在で、早く脱退させて正解です。

読者メール→
「復活を望まなければ、どんな道を選ぶことですか?」
モー娘。のグッズでも売るしかないですね(笑)。
いま出来ることは、改良改革の創造力で、暴露本くらいしかありません。

読者メール→
「継続しなければならない時はどうするのですか?」
自己発揮せず、何でも命令されるがままです。

読者メール→
「本人の意思が感じられない。もともとそんなに、やりたくなかったんじゃないの?」
間違って入ってしまったのに、色気だしすぎたんだよね。

読者メール→
「10年運の前半後半の見方を教えてください」。
前半は10干部分が、後半は12支部分が強調されるのです。
前半がラッキーカラーだと顕著で、良いことがありそうに見えて、
後半で害が効いてくるので、流れにのらないと、見事に裏切られるのです。

読者メール→
「宿命に関わらず、一度諦めたことに対しては復帰は考えず、
新しいことにチャレンジするべきなのでしょうか?」
当然です。休息が認められない時代です。

読者メール→
「親が出てきて、お金でもめさせる要素が、宿命にあるのですか?」
10年運がDNA司の害。家庭的なことで、害。
昨年(鉄辰)は、DNA玉。その原因は母親でした。
社会人になったら、どんなに若かろうと独立した大人の自覚を持つべきですよね。

読者メール→
「10年運後半に害が効いてくるとありますが、
人によって、影響出てくる時期に違いがありますか?」
生きかた次第ですが、害・年運天冲殺・月支対冲・ダメージカラーなどです。

読者メール→
「年干支との関係が、納音や対冲等になっていると、
親絡みのトラブルが起きやすいのでしょうか?」
年干支は親の場所であると同時に仕事の場所です。
自分や浅はかな身内の力でダメにしやすいのです。

読者メール→
「前半後半の境目はいつなのでしょうか?」
人によって異なりますし、小さな境目も大きな境目も目立ちやすいのです。
害や天剋地冲などの破壊条件ばかりか、律音や半会でもあります。
市井の場合は、10年運がラッキーカラー害でわかりやすかったですね。

読者メール→
「冬の方三位が、条件になり得ないのは定義の問題だけなのでしょうか?」
破壊も発展もないからです。稼働条件とは、宿命に対する強いカンフル剤なのですから。
「まだ若いし、次の人生の上昇は期待できるのでしょうか?」
よけいなエネルギーを使いすぎたので、ありません。

読者メール→
「一番人気ある時に惜しまれつつの脱退だったけど、
今さら復活なんて誰も望んでないでしょ」。
恨みのエネルギーだけですよ(笑)。

読者メール→
「モー娘。のメンバーだったから、商品価値があったのに、
単体じゃどう考えても売れないと思う。母親も馬鹿だね。
冬の雨のうえに月・年支が冬の干支だから、冷たくて華がない感じ。
DNA成分に禄と司もないし、絶対アイドルには向いてない」。
道を間違えやすいのが、雨(川)なのです。

読者メール→
「市井に限らずみんな個人になったら存在感がなくて売れるとはとても思えない」。
松浦亜弥(鉄子)は単体ですから(笑)。
「作詞・作曲の勉強って、すごいこじ付けだと思ってたけど、
やっぱりやる気はないようですね」。
一度社会にでたのだから、勉強で中断は命取りです。
せきとめらた水は、冬生まれでも濁るし、価値がないのです。

読者メール→
「ステージママのバックアップで、うまくいく人といかない人の違いはどこでしょう?」
家計を背負えるだけの因縁があるかどうかです。
 
 
■2001年09月18日(木申)
倉木麻衣●中途半端は誉められない
■先頃初のツアー(8月19日〜9月4日)を、うちあげた倉木麻衣(82年10月28日/木申)。
新曲の『Can't forget your love』は、初登場2位(登場回数2回)、
現在10位(TV朝日系『生きるための情熱の殺人』主題歌)だが、
一時の勢いは宇多田ヒカル(灯未)同様全くない。

倉木は、DNA「禄」主導で、自己顕示欲強くスター気取り。
「禄+禄」は、不器用で世渡り下手。
「禄+車」は、ルールに縛られるのが苦手。マイペース。
「禄+龍」は、教養と冒険心あるが、視野の狭い感覚。
「木+禄+戌月」は、赤子のような引力本能。

10年運初旬「7歳畑酉」は、堅実さが付加されたが、特別条件なし。
現在の10年運「17歳山申」は、愛情奉仕と引力本能が強化される時期。
今後は、「27歳灯未/37歳陽午」と、ラッキーカラー10年運天冲殺へと入るが、
この時期に中途半端に認知されているのは、かえって不安。
宿命の特長は、エネルギー269点。
「戌」年生まれ「木申」は、働き者。
現在の成功(?)は、日干から年支(戌)と月支(戌)を見た時に、
日座冲殺の「木戌」がダブルで出現するためだが、
それにしてはもうひとつ突きぬけない(笑)。

これには理由がふたつあり、ひとつは、たとえ事務所の意向とはいえ、
なかなか根付きにくい「木」が、関東から関西へ本拠地を移したこと。
もうひとつは、意外だが、学業と仕事をヘンに両立させていること。
一般学生より出席率がいいというのも「木戌」らしいが、
ツアーの合間にも試験勉強をしていて、周囲を感心させたとか・・・。
しかし、いまはひとつのことに専念する時代。
あれもこれもは、いただけないし、
まして中途半端に仕事をするなんて、一生懸命やっている人に対して失礼。
こんな状態を4年も続けてしまえば(木戌だから出来るのだが)、
せっかくのパワーも錆びつくばかり。
倉木には、潔く学業を捨て、精力的に仕事をしてほしいものだ!
■読者メール→
「宇多田ヒカルの後追いな売り方や、トンデモ親父にダンマリだったのは、
事務所がヘッポコだからなんでしょうけれど、
ちっとも光らなくなった宇多田よりもっと埋もれてしまい、
印象薄くどれも同じ歌に聞こえる。
あの親父とバトルがあったら、もっと話題になったろうに(興味ないけど)。
ただ公開写真は修正してるというhpは笑いました。」
闘わない女性に未来はありません。

読者メール→
「本気で一流になりたいのなら、大学に行きながらという発想は出てこないはず。
所詮、その程度の気持ちでしかやってないのねと、思われても仕方ないですよね」。
あのライブの踊りは、フォークダンスか(笑)。

読者メール→
「ツアーのファンの感想を精力的にTV放映にて流す。
これって、なんだか弱気な行為の気がするのよ」。
もう、ビーイングの時代じゃないね。

読者メール→
「ラッキーカラー10年運天冲殺に入る前が、中途半端だと、
ラッキーカラーなのに飛躍出来ないのはなぜですか?」
10年運も陰陽なのです。前半よければ後半落ちる。
また、その逆も。前が良ければ、次は落ちる。
メリハリが大切なので、前旬にソコソコ飛躍すると、
次がラッキーカラーでも、楽するだけですよ。

読者メール→
「良いときと悪いときのメリハリがあるほうが、
そしてそれをきちんと受け入れることが、できる人が成功していくのですね」。
そのとおりです。

読者メール→
「何かの曲だったか、体動かしながら手拍子してる姿が、まるでリズム感なさげでした」。
自己発揮してませんね(爆)。

読者メール→
「同郷(千葉)ばかりか、大学の後輩なので、密かに応援していたりします!」。
・・・・。
「極論なんですが、歌手をやめて学業に専念するというのはアリですか?」
ないです。一度でも社会参加して、そこそこ成功したら、後戻りはできません。
「関東に戻れば、成功するのでしょうか?」
何度も植え替えは、弱まるだけ。

読者メール→
「女性の場合も、養子運(嫁に入ること)は推奨されるのでしょうか?」
女性の養子運は、養子をとるのですよ。
それは、配偶者より、子供そのものが良いのです。
 
 
■2001年09月19日(草酉)
優香●目下の恋人は押尾学という不潔さ
■それなりに人気のある優香(80年6月26日/鉄午※午前4時前判断)と、
清潔感なし(笑)の
押尾学(78年5月6日/山辰)が、
一緒に食事をしているのを目撃され、交際中では!?と見られている。
二人の出逢いは、昨年4月優香の初主演ドラマ
『20歳の結婚』(8%の低視聴率)と見られるが、
何かと問題の多い押尾と交際することに、はたして意味があるのだろうか・・・。

優香は、DNA「牽」主導で、プライド高い。
「牽+貫」は、主義主張なく打算的。目的遂行のために雑な手段。
「牽+牽」は、それなりのSPEEDありも、無為無策の行動に走る恐れ。
「牽+鳳」は、温厚誠実もムードに流されやすい。
「鉄+牽+午月」は、物事のまとまりに欠け、異性の誘惑に弱い。
10年運初旬「7歳宝巳」は、DNA「石」は処世術を身につけるも、条件なし。
現在の10年運「17歳鉄辰」は、独立心旺盛で、なんとか露出できるのは、
動乱期に強い「鉄」なため。
宿命の特長は、エネルギー249点は立派も、
木性ゼロで金銭物質・異性運は原則なし。
もとめれば、無限大だが、間違いやすい。

押尾は、DNA「貫」主導で、敵が多いほど頑固。
「貫+石」は、周囲に溶けこまない変わり者。
「貫+牽」は、主義主張なく打算的。
「貫+貫」は、頑固一徹で、懲りない人。
「貫+玉」は、その場限りの人。
10年運初旬「10歳山午」は、年干支「山午」と律音のため、成功運型。
夏生まれながら「山」という引力本能という武器を持ち、
通常人の倍ほどの稼働力あり。
現在の10年運「20歳畑未」は、ズルさに磨きがかかる時期。
また、「10歳山午〜60歳雨亥」は、ターボ運で何をやっても目立つ。
宿命の特長は、エネルギー316点というバケモノ的パワー。他には、なにもなし(爆)。

二人の関係は、共通干なしも、押尾の年支と優香の月支・日支が共に「午」。
ただし、これは刑でもめ事を感じさせる。
DNA成分は、優香が「牽」主導に左3が「牽」。
押尾も同様に、左3「牽」で、見てくれ重視の人たち。
時代整合性薄い夏生まれという共通点あるも、長く続くものではなし。勝手にどうぞ!
■読者メール→
「それなりにかわいいし、つまんない番組に出てても(仕事選べないんだなーと思う)、
それほど落ちぶれず、タレントとしてある程度のレベルを保っているのが気になっていた」。
鉄ですからね。事務所の商品なので、反抗したら全て藻屑です。

読者メール→
「押尾ってホント清潔感無いし品も無いし、ダメ。目立てばいいってもんじゃない。
引力本能あるから、女を引き寄せるんだろうけど、
こんなのに寄っていく方も、それなりの相手ってことね」。
それ以前に、野放しにしているほうに問題あり(笑)。

読者メール→
「押尾は、ターボ運が終わってからの人生はどうなりますか?」
70すぎの話しなんか、関係ないでしょ。生きてるかどうかわからないし(笑)。
「優香のDNAをみると、彼女は『来る男は拒まず』と言うより、
拒めずって感じでしょうか?」
そうです。

読者メール→
「優香ってつまりはあんまり頭よくないってことですか?」
夏の鉄が頭良かったら、どうします。ダメージカラーですよ。

読者メール→
「動乱期に強い干が鉄ならば、逆に動乱期に一番弱い干は何になるのでしょうか?」
本来は相剋になる木なのですが、もうひとつ自然界を眺めると、
動けないあるいは動いてはいけない山なのです。畑も同様でしょう。
「押尾の化け物的パワーは、今の時代にはそぐわないですよね。
それでも何とか芸能界に居るのは、10年運の後押しのお陰ですか?」
宿命のパワーもそうですが、こういう人が何人もいても困ります。

読者メール→
「清潔感を売りにCMでもてはやされるためには、何が必要なのでしょうか?」
山なら異性の存在、鉄なら遊び心が、共に夏生まれのラッキーカラーの意味です。

読者メール→
「ドラマなどで共演することがきっかけで、交際が始まることの多い芸能人ですが、
私生活では出会いがないから仕方ないのでしょうか?」
職場恋愛しかありませんからね。

読者メール→
「引力本能さえあれば、充分に俳優が務まるのですか?
女性誌の常連として、存在価値大、かな」。
情けないことです。

読者メール→
「刑の仲というのは、穏やかな関係ではなくて、痴話ゲンカが多いということですか?」
怪我もあります(笑)。
 
 
■2001年09月20日(陽戌)
松井秀喜吉田智衣に思いをよせる
■読売ジャイアンツ松井秀喜(74年6月11日/雨未※午前4時前生まれ)外野手が、
巨人のチアリーダー「チームジャビッツ21」のメンバー
吉田智衣(78年4月12日/木辰)に思いを寄せているという。
吉田も松井のファンということで、巨人のチアリーダーに応募したいきさつもあり、
相思相愛とも言われるが、巨人軍は職場恋愛は、原則禁止。
はたして、この二人は発展するのだろうか?

松井は、DNA「車」主導で、闘争心抜群。犠牲的本質も単純。
「車+牽」は、忍耐力あるように見える。
「車+禄」は、ルールに縛られるが苦手。
「車+調」は、常に何かに対して反発反抗する。
「車+玉」は、考えたとおりに行動するわかりやすい人。

10年運初旬「9歳宝未」は、ラッキーカラー10年運だが、条件なし。
現在の10年運「19歳海申」は、DNA「石」で、
ズル賢く生きなければならない10年運天冲殺。
その後「29歳雨酉」も、10年運天冲殺。
「39歳木戌/49歳草亥」は、特別条件付天冲殺10年運で、相応の稼働力が見込める人。
宿命の特長は、エネルギー244点。
「寅」年生まれ「雨未」は、勝負師の質。
時代整合性薄い夏生まれのため、やや勢いをそがれている現状だが、
月干にラッキーカラー「鉄」を持ち(同時に支合もあり強力)、
もっとも今風な「車」主導とあっては、まだまだ目が離せない。

相手の吉田は、DNA「石」主導で、最初は好き嫌いなし。反応は鈍い。
「石+司」は、大器晩成、一見地味。
「石+石」は、究極のズルで、集団行動をとりながら、スタンドプレイの目立つ人。
「石+禄」は、他力本願。「石+鳳」は、繊細さなし。
10年運初旬「2歳草卯」は、協調性和合性がさらに強くなるも、
月支・日支とも「辰」のため、2「害」。
上手くやろうとすれば形にならず、原則結婚運も芳しくない。
現在の10年運「22歳雨丑」は、ひとつの流れに入る時期。
宿命の特長は、エネルギー284点と「午」年生まれ「木辰」で、
人生のスケールは大きいが、宿命に金性ゼロ(稼働力・名誉ゼロ)。
去年(鉄辰)と今年(宝巳)だけ、特別なことが起こる人。

二人の関係は、松井の年干が「木」で「午」月生まれ。
吉田が、日干「木」で「午」年生まれなので、共通干支あり。
ただし、私生活のDNAは、松井の「禄」に比して、吉田は「石」で剋する形。
金性がラッキーカラーの松井に、金性ゼロの吉田というキッカケもあり、
誰かが強引に結びつければ、なんとかなりそうな気もする。
しかし、ラッキーカラーの意味を加味すると、
松井は年上女性と結婚してほしいので、推奨できづらい。
ラッキーカラー年最後の今年のオフには、
なんとか結婚したい松井だが、誰かなんとかしてやってくれ!
■読者メール→
「松井は不細工だと思うけど、バッターボックスに入ってる時だけは、
妙にカッコ良く見える。この年代での活躍が見込めるのなら、将来は監督?」
日本的思考では、間違いないでしょう。

読者メール→
「年上女性の方がいいというのは、ラッキーカラーである金性が
目上運を意味するからなんですよね?」
そのとおりです。
「その金性を全くもたない相手(吉田)というのも、おもしろい組み合わせですね」。
笑ってはいられません。

読者メール→
「ラッキーカラーが、自身が生ずる干になる場合は、年下が良いということですね。
それなら、午未の人は、どうなるのでしょう?」
お相手は年上でなければなりませんが、子供の存在が、吉になりやすいです。

読者メール→
「年上のOLはどこへ行ってしまったんですか?」
自己発揮をしていない学生時代に出逢った相手や、
運が本物ではない時期の過去は忘れることです。
「40年もの間、天冲殺なんてすごい宿命。何か、弊害はないんですか?」
体力勝負なのですが、スポーツ選手ですから、なんとか乗り切っていくでしょう。

読者メール→
「ジャイアンツの中に、松井と吉田をくっつける役の人はいますかね」。
選手がその役を担う訳はありません。記者の役割ですよ。
「二人が一緒になったら、松井の活躍の流れは、止められてしまうのでしょうか?」
いまだって、夏生まれですから辛いでしょう。無理に決まっています。

読者メール→
「自分のことだけじゃなく、自分が生きる環境の為に、仕事ができる人だと思います。
さすが高校野球で満塁敬遠なんかを経験してるだけあります」。
もっと頑張って欲しいですね。

読者メール→
「サラリーマンっぽいイメージがあったけど、DNA牽が5番目にあるからですかね?
松井は大リーグに行くようなことはないような気がする。
やっぱりサラリーマンっぽいから」。
玉もあるからですよ。

読者メール→
「10干干支の相性の判断と、互いの現在の運の良し悪しは、
どちらが優先されるのですか?」
もちろん相性ですが、環境を活かしていれば、
多少悪くても、共通干支さえあれば、なんとかなるものです。

読者メール→
「この先別の良い方と巡り会えたりしないんですか?」
さ来年の律音に期待しましょう。
 
 
■2001年09月21日(灯亥)
とよた真帆●再生可能な底力
■金11『生きるための情熱としての殺人』で主要メンバーを演じた、
とよた真帆(67年7月6日/宝未)。
春先まで同棲をしていたいしだ壱成(海午)が、逮捕されるなど、今年は注目度が高い。

とよたは、DNA「車」主導で、単純明快。
犠牲的本質ながら、イザという時の反撃素早い。
「車+龍」は、瞬間判断力抜群。ひらめきの人。
「車+車」は、計算された行動力。本能的に時期を見分ける力。
「車+牽」は、忍耐力あるように見え、精神不安定少ない。
「宝+車+午月」は、やや大風呂敷。

10年運初旬「1歳灯未」は、年干支「灯未」と律音のため、成功運型。
現在の10年運「31歳鉄戌」は、ズルさを発揮しつつ、次元を高めてゆく10年運天冲殺。

宿命の特長は、エネルギー307点は通常人の倍ほどのパワーありも、
ラッキーカラーの水性ゼロ(表現力の偏り)で、磨かれるより、原石の迫力で勝負する。
それにひきかえ、異性成分の「陽」と「灯」が、それぞれ月干と年干にあり、
常に異性を意識し、プライドを満足させてゆく。
「未」年生まれ「宝未」は、原則待ち運。
待っていれば、どこかで突破口開ける。
また、年支と日支の同一は、表裏なし。
月支「午」との支合もあり、すんなりと次の行動に移せる(笑)。

今年(宝巳)は、月干「陽」の干合で、目下や夢・方向性の変化。
「陽」が「海」となり、ラッキーカラーとなり、特別な救いが一瞬生まれる。
また、さらにこの「海」が、年干「灯」と干合すれば、
それぞれ「木」「草」となり、金銭物質にも結びつくので、仕事もやってきた。
来年(海午)さ来年(雨未)は、いよいよ10年ぶり待望のラッキーカラー年。
時代整合性ない夏生まれだが、DNA「車」はひときわ光り、ただでは死なない人だ!
■読者メール→
「代表作が何も思い浮かばない人だ。
強いて言えば、『エクスプレス』を降ろされたことしか記憶に無い。
顔を思いだそうとしても、涼風真世とゴッチャになる」。
同じ宝で同類項には違いないが・・・。
朝早い番組をやったおかげで、危ない人とすきま風が吹いたんだから、いいのかも(爆)。
「エネルギーは男性に使っちゃってるのでしょうか」。
仕方ないでしょ(笑)。

読者メール→
「日干支と月干支の干合支合は、異性との関係をすんなり進められる(笑)以外に、
陰の干の人なら仕事に関しても同じことが言えますか?」
でも、この人は灯もあるから、定まらない。邪魔も入る。

読者メール→
「海が宝のラッキーカラーである事を考えると、
とよたの方が、石田に積極的だったんですよね」。
しかも、エネルギー点数が圧倒的に強いでしょ。
「待ち運の人は自分から積極的になっては、良い人に巡り会えないと言うことですか?」
そこが難しいところなのです。

読者メール→
「鉄戌に、次元を高めてゆく10年運天冲殺という
末広がり的な意味が読めるのはどの部分からなのでしょうか?」
10年運天冲殺そのものが、次元を高めねばならないのですよ。

読者メール→
「ラッキカラー無しの野人で高エネルギー、DNA車主導の人が、
過去を振り返ったり自己発揮せず内側にエネルギーを溜めてしまうとどうなりますか?」
病気になったり、犯罪者になりやすいです。

読者メール→
「同性に嫌われそうですね(笑)。嫌われないようにするには、どうすればいいんでしょう?」
好かれる必要はありませんよ。一部の人に支持されればいいのです。
「男好きなのが、周りにばれないようにする方法って何かありますか?」
世のため人のため、仕事に生きるのです。
 
 
■2001年09月22日(山子)
井ノ原快彦S.E.Sシューと愛の共演
■V6の井ノ原快彦(76年5月17日/畑巳)と、
韓国のトップグループ
S.E.Sシュー(本名ユ・スヨン、81年10月23日/木戌)が、
来月13日(畑酉)から東京青山劇場で日韓合作舞台劇『東亜悲恋』で共演することになった。
来年にひかえたサッカーW杯を前に、一足早く日韓共催が実現し、
国境を越えたラブ・ストーリーが広げられる。
また、これに先駆け25日(宝卯)深夜に、
二人が出演するフォトドラマ『NO KISS』が、フジテレビ系で放送される。

井ノ原は、DNA「調」主導で、偏っていないと不安。
「調+禄」は、ユニークな発想。
「調+調」は、常識をとびこえた行動をする人。
「調+玉」は、世間知らずで、得意なこと以外はからっきしダメ。
10年運初旬「6歳木午」は、特別条件なしも、プライドと役目役割意識が強化された。
現在の10年運「16歳草未」は、SPEED満点の闘争心。
「畑」としては、恵まれた若年期といえる。
宿命の特長は、エネルギー320点をゆうする驚異のパワー。
引力本能の土性も128点と4割をしめす。他には何もない。

シューは、神奈川県生まれ。中学2年まで日本で暮らし、日本語も韓国語も両方こなす。
DNA「禄」主導で、自己顕示欲強力。愛情奉仕は手段にしかすぎないスター気質。
「禄+牽」は、社会常識あり、実直な人。
「禄+禄」は、不器用だが、長い年月で信用をえる。禄×3もあり、引力本能抜群。
10年運初旬「5歳畑亥」は、日干「木」と干合すれば、日干支は「山戌」となり、
月干支「山戌」と律音のため、成功運型。
むろん、生年冲殺や「木戌」×2(月支が戌)の異様なパワーもあり、
異性を真綿で絞め殺すがごとく、魔力で成功する。
現在の10年運「15歳鉄子」は、DNA「車」で、
闘争本能が強化され、一気に才能を開花させる。
宿命の特長は、エネルギー217点のうち、金性は127点で58%と、SPEED感あり。
水性ゼロは龍・玉なしで、祖国に縁なし。
晩秋の「木」としては、乾いた印象で、
質の良い材木で、世のため人のためという意識が強い。
来年(海午)さ来年(雨未)は、宿命にない水性の年で、特別な飛躍が期待できる。

二人の関係は、「畑」と「木」で、パッと見は良好。
最初はシューが井ノ原を刺激する形で、非常に良いムードとなる。
心配なのは、
井ノ原が「僕は芝居中は本気で彼女を愛してやっていきます」と発言していること。
シューもそれにこたえる形で、「もちろん私もです」と息もピッタリのようだが、
一線を越えてしまうと、「木戌」のさげ●●力の犠牲になるばかりか、
シューの月干支「山戌」が、井ノ原の年干支「陽辰」を納音的になるため、
井ノ原の分が悪い。シュー大飛躍のお手伝い(笑)をして、終わりかも。
ま、320点の井ノ原なら、「木戌」でも、だいじょぶかな!
■読者メール→
「夏にも舞台をやっていて、頬がこけてきているイノッチ。
木戌と仕事してますます痩せて行くのかな?」
ただでさえ、じり貧の畑。危ない(笑)。
「龍が無くても、2ヶ国語が操れる人もいるんですね」。
ないから、無限大という発想です。木戌ですしね。

読者メール→
「エネルギー点数が高ければ、さげ●●の餌食にならないようですが、
それなりにダメージも受けますよね?」
ダメージ=餌食です。どんなにパワーがあっても、明らかに影響を受けます。
昔グレチキという二人組がいたでしょ。
Kは302点ありましたが、木戌の彼女と交際していたので、
やめるように助言したけれど、消えちゃいましたね。
仮に事務所の力が強くても、ダメになるのは、同じです。過信は禁物。

読者メール→
「間違って日座冲殺の人と付き合ってしまった場合、
運気が回復するには、どれくらいの時間が必要ですか?」
だいたい10年です。
それでも完璧に復調ではなく、なんとか回復ということです。

読者メール→
「木戌の魔の手から逃れるためには、常日頃どんなことに気を付けたらいいのでしょう?」
心を強くしていることです。目先の感情や才能にまやかされないことです。

読者メール→
「エネルギーがあまりにも高い人と付き合うと、食われてしまいそうですが、
逆にかなり低い人と付き合った場合、
その人にエネルギーを吸い取られることはないのですか?」
ありませんが、身強にかこまれた身弱は、他の方の影響を一身に集めて、
活躍する場合があります。

読者メール→
「祖国に縁なしって、祖国はどちらになるのですか?
生まれて育った日本ですか、それとも韓国?」
どちらにも縁が薄いのです。

読者メール→
「干合というのは相性ではなく、他人から見た様子なのでしょうか?」
干合だけでは、相性がいいとは言えません。
他に共通するものがあって、使えるものです。
「これだけの引力本能カップルは、観客動員ができると、期待してよいでしょうか?」
観客動員は天冲殺やDNA禄なので、期待は無理です。
「木戌の魔力は、自分で制御可能なのでしょうか?」
私的なことを排除することが、制御です。
 
 
■2001年09月23日(畑丑)
石井琢朗荒瀬詩織と再婚というお笑い
■セリーグ盗塁王を狙う横浜ベイスターズ石井琢朗(70年8月25日/灯丑)内野手が、
3月に「大学院で国語学を学びたい」という笑える理由で、
フジテレビを退職した
荒瀬詩織(75年11月10日/鉄申)元アナと、
石井の誕生日にあたる8月25日(鉄申)に入籍したことが発覚した。

石井は、栃木県出身。88年(山辰)に当時の大洋ホエールズにドラフト外で入団。
95年(草亥)に出会ったタレントの
瀬能あづさ(73年4月3日/畑巳)と、97年(灯丑)に結婚。
昨年(鉄辰)、NHK
有働由美子(陽申)アナと浮名を流したことなどが理由で、
1億円にもせまる慰謝料を支払い離婚したばかり。
荒瀬とは昨年のシーズンオフにゴルフ場で出逢ったことが縁で、交際がはじまり、
今年3月に求婚したという。

荒瀬は、徳島県出身で、お茶の水女子大学卒業後、98年(山寅)4月にフジTV入社。
DNA「禄」主導は、自己顕示欲強く、ただのワガママ。
「禄+司」は、自制心欠け先見の明なし(笑)。
「禄+龍」は、視野狭い。「禄+牽」は、実務家で華なし。
「鉄+禄+亥月」は、気分屋。
10年運初旬「9歳山子」は、初旬10年運天冲殺で一応成功条件も、
ダメージカラーばかりか、10年運の稼働遅く自己発揮しているとは言い難い。
現在の10年運「19歳畑丑」も同様で、ひとつの流れに入るという意もあるが、
埃でボロボロになっている。
宿命の特長は、子丑天冲殺なのに、エネルギー160点とやや虚弱。
「卯」年生まれ「鉄申」は、もめ事苦手。
また、日支「申」と月支「亥」は害となり、物事のまとまりに欠け、私生活が安定せず。
動乱の時代で闘うことの出来ない甘い鉄が、埋もれているだけ。

石井は、DNA「司」冲殺主導で、家庭に波がおきやすく、金銭で失敗をしやすい。
「司+調」は、ヘンに負けず嫌い。
「司+鳳」は、個人主義者だが、忍耐力あまりなし。
「司+司」は、夢より現実優先。
「司+玉」は、生活のためなら、なんでもやる。
10年運初旬「5歳草酉」は、初旬10年運天冲殺。
乗せれば怖い生月冲殺でもあり、成功運型。
「15歳陽戌/25歳灯亥/35歳山子」は変剋律10年運で、
精神苦を味わえば才能に磨きがかかる時。
宿命の特長は、エネルギー252点。「灯+司+申月」は、場違いな結婚をしやすい。

二人の関係は、石井の年干と荒瀬の日干が「鉄」。
石井の日干と荒瀬の月干が「灯」。
これに、石井の月支と荒瀬の日支が「申」なので、共通干支あり。
一見悪くなさそうな縁だが、家庭に関するDNAは、石井の鳳に対し、
荒瀬は龍で、まるで噛み合わず。
宿命害持ちの荒瀬が、その害を断ち切る「巳」年で、ようやく相手をみつけた格好だが、
子丑天冲殺が中途半端に年上の男性と結婚しても、相手の勢いをとめるだけ。
石井も荒瀬も、愚かなばかり。いずれ破綻する!
■読者メール→
「結婚相手となると、共通干支だけでなく、DNAの相性も考慮しなくてはいけないのですね」。
一緒に暮らすのですから、当然ですよ。

読者メール→
「DNA成分のどこに魅力が、あるのですか?」
禄冲殺ですから、よどみのない愛情でしょう(笑)。

読者メール→
「有働(陽申)アナは心なしか、元気がなかったです」。
仕方がない。引退宣言、星野仙一(宝丑)のほうが、いいよ。

読者メール→
「ブレないための極意は、ありますか?」
自己発揮しないこと。シーズン中に入籍するくらいなら、もっと早くしろよ(笑)。

読者メール→
「10年運の稼働の遅さをカバーするには、どのような事をすれば一番良いのでしょうか?」
一人暮らしをすることです。

読者メール→
「石井は異性関係でモメレバもめるほど、仕事は発展するのでしょうか?」
しませんよ。内外シーソーじゃないし。

読者メール→
「精神苦を味わえば才能が磨かれるなら、この結婚もそれなりに意味があるんでしょうか?」
とんでもない、ラクしようとか楽しもうと思って、結婚するんでしょ(笑)。

読者メール→
「子丑天冲殺なのに点数が低めの場合は、気が強くても体力がない、
というような感じでしょうか?」
実際そのとおりですが、だからと言って年上と結婚では、意味がありません。
「精神苦を味わえば、才能に磨きがかかる10年運ですが、
年下の子丑天冲殺の威力は、精神苦に当てはまりますか?」
レベルが低いでしょう。

読者メール→
「各天冲殺に、ふさわしい(妥当な)エネルギー点数があるのでしょうか?」
時代背景によります。今は、どんな女性でもたくさんあるほうが良いですが、
特に子丑天冲殺のように、男性と互角あるいは凌いでいく人が、少ないと辛いです。

読者メール→
「家庭に関するDNAで良い組み合わせを教えてください」。
同一か、相生関係になるものです。
貫と石が木性。鳳と調が火性。禄と司が土性。車と牽が金性。龍と玉が水性ですね。
もっとも家庭的なものは、当然のように司です。
 
 
■2001年09月24日(鉄寅)
川瀬智子秀島史香金性年を活かしきれるか
■24日(鉄寅)9時〜18時に、J-WAVE『magic wand』のナビゲーターをつとめた
TOMMY FEBRUARY6こと
川瀬智子(75年2月5日/海午※午前4時前生まれ)と
秀島史香(75年10月9日/山子)。
喜多寺もお手伝いさせていただいたので、二人を分析する。

川瀬は、DNA「車」主導で、犠牲的本質。誰も選ばない危険なこと大好き。
反撃素早く、SPEEDあり。
「車+調」は、常に何かに反発していないと気がすまない。
「車+牽」は、忍耐力あるように見える。集団行動不得手。精神不安定少ない。
「車+車」は、計算された行動力。本能的に時期を見分ける力あり。
「海+車+寅月」は、自分が実行するより、他人をあおる性癖。
「海午」は、たとえて戦場の花嫁。せわしない多忙な感じの幼少期を、過ごしているはず。
10年運初旬「10歳畑卯」は、特別条件なくも品性と役目役割意識が付加され、
格好良さとプライドを追求する人生になる。
現在の10年運「20歳鉄辰」は、宿命にない金性が出現し、
急激に創造力を発揮することにより、大きな成功をつかむ。
宿命の特長は、エネルギー216点のパワー中、
89点(4割)を占める表現力は、遊び心豊か。
一方、金性ゼロで、その気になれば無限大の創造力を発揮するが、
いわゆる勉強は大嫌いかも。
「卯」年生まれ+「寅」月生まれ「海午」は、朝の海。人生のスケールは、大きい。
本年(宝巳)は、伝統的手法を活かしながら、
年下を従えひとつの流れをつくり、従来とは異なる生きかたをする。
ブリグリとしてではなく、TOMMY FEBRUARY6という手法は、この流れ。
来年(海午)の人生の折り返し地点(律音)へ向け、目が離せない存在だ。

秀島は、DNA「調」主導で、少女的感性が強く、偏りの激しい人。
常に偏っていないと不安。
「調+牽」は、内面気品も言動はやや男性的。新しい世界を創造する力あり。
「調+司」は、負けず嫌い。
「調+龍」は、向上心あり。どんなに恩恵うけても満足せず。
「山+調+戌月」は、しぶとい人。自由気ままで制約の受けない育ち方をした。
10年運初旬「10歳灯亥」はやや遅咲きで、論理的・学問志向。
トップにたつより、補佐役として見事な仕事をする質を与えられる。
現在の10年運「20歳山子」は律音で、自己確立・自己発揮で守備本能が旺盛になる時期。
宿命の特長は、エネルギー144点は弱いが、
月干「陽」は晩秋の山を照すこのうえないラッキーカラーで、
常に気分転換をはかり新しいことに挑戦していれば、そうそう困ることのない人。
本年(宝巳)は、女性的感性が強化され、若い女性との縁が極めて深くなる時期。
来年(海午)さ来年(雨未)は、良くも悪くも注目される時期で、
流れに乗り仕事に生きれば、大きな成功もあるが、
異性に翻弄されるようでは、落ちることもある要注意時期。
夢を大切にしながらも、役目役割に生きる格好いい生きかたをしている
年輩者にひきあげられて、運気を伸ばす必要あり。

二人の関係は、学年こそ違っても、同い歳。
一緒に仕事をするぶんには理解度あり。
常に刺激する間柄で、大きなうねりをおこしてゆく。今後とも注目だ!
■読者メール→
「TOMMYを何気にパクってる(と思う)安西ひろこ(灯未)が何とも・・・嫌」。
マネても、本物は超えられません。

読者メール→
「ラジオを聞いて、特に思ったのは、TOMMYの車主導と秀島さんの調主導ですが、
それぞれ彼女たちの仕事に役立っているんじゃないでしょうか。
秀島さんの調+牽で、男性っぽいというのは、前々からラジオを通して感じてました。
男性的な女性DJって、今とてもいいと思います。
TOMMYの車+車はうらやましいですね。
彼女の音楽性って、とても高水準だと思うのですが(えらそーな物言いですみません)、
今の時代の芸術性がらみの商業世界は、
どうしてもいいものがものすごく売れるわけじゃないけれど、
彼女にはずっといい意味で、世の中にアピールする活動を続けていってほしいですよね」。
そのとおりです。

読者メール→
「川瀬と秀島は、日支天剋地冲ですが、二人とも個々に運を燃焼しつつ、
ビジネスライクに接していれば、刺激する間柄になるんですか?」
月支半会が、物をいいますからね。

読者メール→
「秀島さんのしゃべりは、まとめ上手で進め上手で知性を感じました。
声もいいし。いいなあ・・・」。
陽のラッキーカラーが、輝いていますね。

読者メール→
「秀島さんは、補佐役として良いお仕事なさってますよね。
どうせなら特番だけじゃなく、二人がパーソナリティの番組作ってみたら、
楽しいんじゃないでしょうか。
天剋地冲で刺激し合う関係ですが、破壊に変わることは、あるんですか?」
共通干支がありますから、個人的に深くかかわらねば、問題はありません。

読者メール→
「トミー、いつでも物怖じしない印象です。
来年のトミーの飛躍とともに、ブリグリはどうなるのでしょう?」
一人の活躍が益々増えるでしょうね。

読者メール→
「秀島のラッキーカラー月干(陽)が、今年は干合で海に変化しますが、
どんな現象がありますか?」
お金になる仕事かな。赤恥青恥のナレーションまで、やってるし(笑)。
「TOMMYは、夜より昼のほうが明るいカンジでいいですね」。
朝の海だしね。

読者メール→
「TOMMYでやってるほうが伸び伸びしてますね。
でも、メディアでの露出度が少ないので、イマイチ伸びに欠けてるような気が・・・。
事務所の売り込み不足なんだろけど、もったいないですねえ」。
平井堅なんて、どうでもいいのにね(怒)。

読者メール→
「DNAで、幼少期の育ち方までわかるのが不思議です。
育つ環境は選べないような気がしますが、
本人のDNAにあった育て方の親や環境のもとに
生まれるべくして生まれてくるということでしょうか?」
同じ生年月日に生まれても、環境は選べません。
しかし、そのエネルギーを自然界から与えられた以上、
育ち方は、DNAのような雰囲気になってきます。
となると、活かしやすい環境に生まれたいですね♪
 
 
■2001年09月25日(宝卯)
財前直見上川隆也との恋はお水の花道が縁
■ドラマ『お水の花道』で共演した、
財前直見(66年1月10日/畑巳)と上川隆也(65年5月7日/宝酉)が交際中という。
この春新居を購入したばかりの財前の家にも、
ちょくちょく出入りする姿を目撃されており、盛りあがりようはただごとではないらしい(笑)。

財前は、DNA「禄」主導で、自己顕示欲強く、自己中心。
「禄+石」は、行動力逞しく他人を上手く利用する。
石×2あり、本当にしたたか。
「禄+車」は、ルールに縛られるのが苦手。
「禄+貫」は、計算された自我。素直じゃないところが、演技に結びついている。
10年運初旬「8歳鉄寅」は、反抗心が芽ばえるばかりか、
初旬2害(年支/日支)で、結婚しづらい宿命。
これは、月支「丑」と年支/日支が「半会」になるので、
気分転換は出来るので、いくらか救われているようだ。
現在「28歳海辰」は、DNA「司」で、
ひとつひとつ仕事の実績を積みあげてゆく時期ながら、
歳とともに押しよせる地味さには勝てず。
ここ数年で話題になったのは、事務所の後輩である押尾学(山辰)にいれあげ、
バイクを乗りまわすようになったことぐらい。
それも、押尾の女グセの悪さが発覚し、みごとフラれてしまった。
宿命の特長は、293点のエネルギーに裏付けられた、才能「車」のきっぷの良さだけ。
土性は、143点でほぼ半分。
この引力本能により、なんとか生きながらえているが、
それも超ダメージ年の連続で、いささかメッキが剥げた格好。
『お水シリーズ』も、さすが続編は作れない数字(14.2%)のようだから、
そろそろ主演をはるのは、辛いようだ。

上川は、DNA「玉」主導で、環境を変化させられず、不器用。
「玉+玉」は、無理をしない人。
「玉+貫」は、10年先より今日明日のことが大切で、その場限りの対処に優れる。
「玉+禄」は、生活のためなら知恵を使って、何でも出来る人。
10年運「1歳鉄辰」は、やや優柔不断さを付加させるも、
年干「草」を干合させると、年干支が「宝巳」となり、月干支「宝巳」と「律音」。
日干支「宝酉」と「大半会」になるため、成功運型。
「21歳山寅」は、ダメージカラー+年支月支の「害」だったので、相当苦しかったはず。
現在「31歳灯丑」は、10年運天冲殺+三合会局で、
忙しく働けば働くほど、バブリー夏生まれでも、上昇可能時期。
宿命の特長は、216点のエネルギー中、ラッキーカラー水がまったくなし。
もっさりしたしゃべり方は、このため。
私生活でも、水=ゼロを無限大ととらえれば、無口か饒舌になるかのどちらかだろう。
ただでさえ、特別意識が強い夏の「宝」が、水分ゼロでは、
潤いなく、遊びをしらない堅物になりやすい。
また、「宝+玉+巳月」は、幸運になりすぎると災いがおこる生真面目な人。
数年前、松嶋菜々子(海午)との交際がキャッチされた時など、
舞い上がったのはいいが、もののみごとにフラれたのは、これで説明がつく。
10年運DNA「車」でもあり、仕事に生きるべき。
今年(宝巳)は「大半会」のため、本人はヤル気モードで、『お水の花道』でも、
前作で死んだはずのオーナーを生き返らされる原動力(笑)となったが、
「巳」年生まれ「宝酉」は、本来モメごと大好き。
優等生役は、もういいから、小泉首相(宝酉)なみに、派手なパフォーマンスを期待したい。
でも、「草」年生まれ「宝」は、協調性和合性重視の営業マンだから、無理かも。
毒にも薬にもならないが、いると便利な役者としての、ポジションは脱却できずか。

二人の関係は、同じ「草巳」年という同級生に加え、
生まれ月(財前=丑、上川=巳)も生まれ日(財前=巳、上川=酉)も半会になるため、
表向きのノリ良しだが、「畑」と「宝」は、超のつくダメージカラー同士。
DNA成分も、「禄」主導の財前と、「玉」主導の上川では、上川の分が悪い。
家庭に対する考えも、財前「石」の和合に対し、上川は「貫」で我慢の連続。
交際は自由だが、来年(海午)待望のラッキーカラー年を迎える上川、
ダメージカラー年を迎える財前では、立場が違う。
早く清算しないと、手遅れになるゾ!
■読者メール→
「周囲はおろか、自分も見えなくなるのは、コワイですね」。
現実だけが、一人歩きしています。

読者メール→
「ヘンな相手とばかり付き合うから、口のまわりの笑い皺も深まるばかりで、
彼女の口元に釘付けです」。
リンクルガムを教えてあげましょう(笑)。

読者メール→
「宿命の成分ゼロを、無限大ととらえた時に、
ゼロor無限大となるというところで、無限大の方向へもって行くことは、
自己コントロール可能なのでしょうか?」
(1)意図的にそういう生きかたをする。
(2)素材を認めてくれた誰かにこじあけてもらう。親とか恋人とか、事務所とかですね。
(3)年運で得た物を忘れないようにする。
「共通干支があり半会があっても、
ダメージカラーは、それらの好条件をすべてぶち壊すと考えた方がよいのでしょうか?」
力関係にもよりますが、ダメージをうけるほうには、特にプラスになりません。
この場合は、双方同格でダメージ同士なのですが、心の迷いでしょう。

読者メール→
「初旬2害(年支/日支)で、結婚しづらい宿命なのですが、
してしまえばなんとかなるということでしょうか?
それとも、結婚自体考えない方がいいということでしょうか?」
できないことはないですが、それなりに矛盾をかかえた相手になります。
それも、消化ですね。

読者メール→
「ダメージカラー年を迎える財前って、今もダメージカラーじゃん」。
(笑)。
「倒柱の畑巳の正しい生き方は?」
消化するのがいいのですから、結婚して相手を倒せば、いいのです。

読者メール→
「来年までズルズルと続いた場合、財前のダメージの影響を上川も受けてしまうのですか」。
かもね。
「10年運と年干支や月干支が害の場合、日干支が害の時とどのように違うのですか?」
ラッキーカラーかダメージカラーか無常かにもよりますが、
年支は仕事の稼働力、目上・親の問題。
月支は、体調・気持ち・住まいなどの問題となります。
病気は病気ですよ。

読者メール→
「年齢を重ねても、美肌を保ちやすいDNAってありますか?」
日干→月支が7点。さらに日支も7点なら可能です。
これに、龍や玉と車や牽の組み合わせが、
DNA4番目と5番目にあればいいわけですね。
 
 
■2001年09月26日(海辰)
大貫亜美GLAY TERUをダメにする
■PUFFYの大貫亜美(73年9月18日/灯巳)におめでたの噂があり、
いよいよ
GLAYTERU(71年6月8日/木子)との略奪愛完成かと言われている。
本当にいいのか。

大貫は、DNA「禄」主導で、自己愛の象徴。
「禄+禄」は、不器用で頑固だが、みてくれは圧倒される。
「禄+司」は、負けず嫌いで、本人なりに普通の家庭生活を思い描く。
「禄+車」は、礼儀礼節無視で略奪愛もいとわず。
10年運初旬「7歳海戌」は、日干支「灯巳」と干合すると「木戌」になるので、
初旬特別条件付10年運天冲殺となり、生年冲殺でもあり、成功運型。
その後「17歳雨亥」は、天剋地冲で、人生がガラッと変わった時期。
現在の10年運「27歳木子」は、ラッキーカラー天冲殺10年運で、
生きかたを変えれば大きく次元の変わる時。
DNAも「玉」で、ひとつの流れに入る。
その後「37歳草丑」も同様に、ラッキーカラー10年運天冲殺。
宿命の特長は、エネルギー207点と普通の人だが、木性ゼロ。
目上縁なし、創造力習得力は、ゼロか無限大。
「丑」年生まれ「灯巳」は、世の仲介者的傾向。
今年(宝巳)は、気持ちが積極的で自信にあふれている年で、
来年(海午)は干合のため、いよいよ結婚への決意となる。

TERUは、DNA「司」主導で、純粋。一人で生きてゆくのが苦手で、案外地味。
「司+貫」は、急がず焦らず強い意志力。
「司+玉」は、生きるためなら、なんでもできる。
「司+牽」は、保身術優秀。
10年運初旬「1歳雨巳」は、ラッキーカラー10年運だが、特に条件なし。
「11歳海辰」も同様にラッキーカラー10年運。
改良改革・放浪がテーマであり、生年冲殺が東京へ出てきたことで、運気が開花した。
現在の10年運は「21歳宝卯」で、格好をつける時期。
来年(海午)からは、10年運が「31歳鉄寅」に変わり、木が切り倒される時。
宿命の特長は、エネルギー154点と乗りやすいが、時代整合性ない夏生まれ。
「亥」年生まれ「木子」は、待ち運。
来年(海午)は、ラッキーカラー対冲で、過去を清算して新しい人生をはじめる。

二人の関係は、大貫の月干とTERUの年干が、共に「宝」で共通。
ただし、木性ゼロラッキーカラーなしの野人である大貫が、
夏とはいえTERUという木を切り倒して、自分に尽くさせる仲。
しかも、大貫(灯巳)はTERUの年干支(宝亥)を天剋地冲するので、
相手の仕事運にブレーキをかけてしまう存在。
さらに、子丑天冲殺の女性が、中途半端な年上と結婚しても、なんら良いことはなし。
むろん、社会に出て自己の運気を上昇させたうえでの出逢いは評価できるが、
略奪愛は因縁をつくるだけ。
既に懐妊ということならば、子供に、その種子を埋めこむだけ。
手放しで、喜べるわけはないのだ!
■読者メール→
「せっかく運気の開花したTERUももはやここまで?
来年の対冲で、輝かしい過去を清算してしまうのでしょうか・・・。
これは初旬条件がないことと、関係していますか?」
無関係です。やはり夏生まれのダメさ加減です。

読者メール→
「ラッキーカラー対冲で、人生が新しく変わっても、
一緒に始める人が駄目だと、ダメージ的ってことですか?」
そのとおりですよ。

読者メール→
「GLAYって、司主導らしい健全なロックだから、
不倫だの、離婚だのとかだけで、ダメージなんじゃないかな」。
あたり!

読者メール→
「TERUは盛り上げ方が、下手だと思う」。
そこが、生年冲殺だけで、他に条件がないところですね。

読者メール→
「害、対冲等その他の悪条件がない場合に限り、
共通の干が一つあるだけでも良いのでしょうか。違いますよね?
あと、共通の支があるのと、程度としては同じですか?」
共通干支があるのが、もっとも良いのです。
あとは、3つの干支番号を、干支盤上に並べた時に、領域の重なりもあればいいですね。

読者メール→
「あまり良くない相性の子供って、女児が生まれやすいのですか?」
善し悪しではなく、
逆縁(女性が年上、子丑天冲殺の女性が年上と結婚、
午未天冲殺の女性が年下と結婚、相手が12歳以上年上)の場合に、
女児が生まれやすくなります。

読者メール→
「亜美的には、結婚して子供産み、そろそろPUFFYも終わりにしたいんだろうか。
略奪して結婚しても、気が休まることは無いのに」。
PUFFYはそろって母親になって、続けるべきじゃないの(笑)。
それも、ありと思うよ。
 
 
■2001年09月27日(雨巳)
中川晃教●宿命が地味すぎて深みなし
■後藤真希(草丑)が出演したことで話題になるも、視聴率は散々だった水10『マリア』。
中川晃教(82年11月5日/海辰)の唄った主題歌「I WILL GET YOUR KISS」は、
8月1日(陽申)発売にもかかわらず、
オリコンチャート10月1日付で17位と健闘している(8万3690枚)。

中川は、DNA「車」主導で、単純な精神構造で、危険なこと大好き。
車×3でもあり、動乱期に輝く闘争本能抜群。
「車+車」は、計算された行動力。時として、ノンビリ。時として、激しく動く。
「車+貫」は、正直・短気・一本気。
「車+龍」は、瞬間判断力抜群。ひらめきの人。
「海+車+戌月」は、言葉を使った、やや硬い攻撃力。
情けに危うく、片方の情報のみ信じて失敗しやすい。

10年運初旬「1歳宝亥」は、品性を付加させるも、特別条件なし。
現在の10年運「11歳海子」は、大半会で大きな成果を期待できる時期。
宿命の特長は、エネルギー264点は男性としては、パワーありすぎ。
「戌」年生まれ「海辰」は、自己愛。
日干支「海辰」は、年干支「海戌」と納音。
生まれ月も戌で、成長にブレーキをかけやすい宿命。

中川は、東京都生まれの宮城県育ち。
小学生の頃よりクラシックピアノで作曲をはじめ、
97年(灯丑)ヤマハ主催のティーインズミュージックフェスティバル東北大会で
最年少入賞を果たした。
今年(宝巳)は、ひとつの流れに入る時期。
デビュー日の良さと、ラッキーカラー月の8月(陽申=半会)・9月(灯酉=支合)で、
相応の認知をされたが、いかんせん宿命が地味。
パワーもありすぎるのが弱点。
来年さ来年は天冲殺年でもあり、消されることはないが、大きな成功は少々無理とみた!
■読者メール→
「天冲殺年をぬけたら、しぼんでいきそうですね。
DNAを見るとクラシックピアノで作曲というのは、ピンと来ませんが・・・。龍くらいかな?」
クラシックなので、10年運初旬の「玉」。
つまり、母親か姉妹の影響でしょう。
「宿命に年干支絡みの納音持ちは、なかなか大人になれない人と考えていいのでしょうか?」
午未なので大人になりきらなくても、いいのですが(笑)、
この人の場合は未来と過去が反目し合っているのでしょう。
若い時は親や目上の影響が強すぎるのですよ。
また、親と自分の間に、秘密があったり、目上と自分との間に、何かの取引を感じます。

読者メール→
「本当に8万人が、彼のCDを買って聴いているのかな?」
極端なものが、一過性で好まれるのです。

読者メール→
「最初ラジオで聴いた時は、おばさんが歌っているのかと思いました。
歌は上手いのかもしれないが、顔がテレビに向いてない。
地味な宿命の人は、例えいい日を選んでも、
小ブレイクあたりで落ち着いてしまうのですか?」
小ブレイクだって、うれしいでしょう(笑)。

読者メール→
「原田真二の焼き直しにしか思えませんが・・・」。
小野正利じゃないの?

読者メール→
「わざとらしいビブラートが気になる」。
車+車だし(笑)。ピアノも車で味気ないし(爆)。

読者メール→
「車+車は計算された行動力で、車+龍は瞬間判断力抜群でひらめきの人ってことは、
きっと即興演奏が得意なんだろうな」。
だからといって、味はないですよ。
 
 
■2001年09月28日(木午)
CHEMISTRY川畑要堂珍嘉邦●賞味期限
■10月11日(灯未)に発売するケミストリーの新曲『Your Go Your Way』の
プロモーションビデオが、21日(灯亥)正午から23日(畑丑)正午にかけてネットで公開され、
アクセス数が100万件を超えたという。
先行期間限定とはいえ、フルタイムビデオを見せてくれるのだから、
熱心なファンでなくても、のぞいた方がいたかも知れない。
『CHEMISTRY』は、帽子をかぶり、
歌はイマイチだがしゃべりが得意の
川畑要(79年1月28日/草未)と、
歌専門の
堂珍嘉邦(78年11月17日/雨未)の二人。

川畑は、DNA「禄」主導で、自己中心の愛情奉仕。
「禄+鳳」は、口がうまい。
「禄+司」は、自制心欠け先見の明ナシも、仲介能力にたける。
「禄+禄」は、不器用。
「禄+貫」は、素直でないが、演技力アリ。
「草+禄+丑月」は、地道に計画をたて、ため込んでも異性の誘惑で失敗しやすい。
適職は、ヒモ男か・・・(笑)。
10年運初旬「2歳陽寅」は、年干支「山午」と「大半会的」
(初旬のみ陽と山は同格)なため、成功運型。
本年(宝巳)より「22歳山辰」の10年運天冲殺に突入のため、
ブレーキかけずにいけば、それなり。
以前に仮デビューして失敗したのは、年支「午」と月支「丑」の「害」の影響。
現在の成功は、年運天冲殺と昨年(鉄辰)の「干合」のためとみる。
宿命の特長は、エネルギー259点は、いかにも重い。
いくら冬生まれでも、生き残れるかは、やや疑問。

堂珍は、DNA「調」主導で、偏り激しい。偏ってないと不安。
「調+車」は、常に反骨精神。
「調+牽」は、内面気品も行動粗野も、新しい世界を創造する力。
「調+貫」は、恩知らず。
「調+禄」は、組織になじまないユニークな発想。
10年運初旬「7歳木子」は、年干支「山午」を「天剋地冲」するので、
成功運型(ただし、日支とは「害」で家庭運ナシ、しかも病的)。
宿命の特長は、年干「山」と月干「雨」・日干「雨」が干合すれば、
火性の天干一気となり目立つ。
しかし、金性ゼロで冬の雨だが、決して強くはない。
昨年(鉄辰)今年(宝巳)が、その本来存在しない金性年で、露出したもの。
「雨+調+亥月」は、夢目的があれば、その気になり働く。
さらに、本年の亥月生まれは、月支「対冲」のため、気持ちがふっきれ、
新しい挑戦なのだから、キーワード通り。

楽曲はさほど悪くなかったが、いまひとつだったセカンドシングル。
残されたチャンスは、年内のみ。
今回のリリースは、まさに背水の陣。
満を持して登場と思いきや、肝心の部分をネット公開してしまった。
アクセスが多かったのは、二人のラッキーカラー月(灯酉)だったため。
それも、発売より20日以上も前。これが命取りになるとみた。
SPEEDのなさは、全ての敵。
初登場こそ、それなりでも、メガヒットまで行くか?
このコラムを読み、ファンがどれだけ買いに走るかにかかっている(笑)。
来年(海午)は、条件が消え頭打ち。辰巳天冲殺と金性の年限定の彼らは、
今年どれだけ頑張るかなのだ!
■読者メール→
「初旬条件にはいろいろありますが、条件の優先順位とかあるのでしょうか?」
本人が活かさないと、どんな条件でも開花しません。
また、宿命にどう刺激をあたえるかが大切ですので、あまり意味がありません。
人によっては、大半会が良く、人によっては納音が良い場合があります。
「初旬天冲殺だと、原則孫子の運気を踏み台にするなど、
それぞれの条件に意味があるのですか?」
初旬条件を持つ全ての者が(大半会や納音などの条件も含みます)成功したら、
孫子の運気を吸い尽くすのです。
どんなに隆盛な家系でも、せいぜい3代くらいしか続きませんよ。
あとは、そこそこなのです。

読者メール→
「実力はそこそこあるのに、どう考えてもプロモ下手だろ、ってゆうのは悲しくなりますよね。
周りの力ってのも、実力のウチだとは思いますが。
はあ、でも日本の音楽界って、プロモが全てだったりするのが、悲しい」。
SPEEDないのは、悲しいじゃすまない(嘆)。

読者メール→
「1人ずつのデビューだったなら、歌手としての寿命は違ったのでしょうか?
また売れるのは、どちらですか?」
二人でやっと一人前。但し強いのは、天冲殺です!

読者メール→
「売り上げをのばし、紅白出場になれば、成功といえるのですか?」
今の時代は、成功とは金銭物質運が、それなりの時間継続することですよ。

読者メール→
「川畑は、年支と月支が害で、日支がそれを断ち切る未なので、
年支との支合を活かして、仕事に生きた方が、いいということになるのでしょうか?」
出だしが悪くても挽回可能の宿命です。
未は私的生活の場ですから、結婚した方が仕事が安定するという意味ですよ。
「堂珍の初旬害が、病的というのは、キーワードが調になるからですか?」
そうです。

読者メール→
「堂珍は、2年後に律音迎えますが、このときには月支対冲だし、
どのように考えるのでしょう?」
諦めて、他の仕事を探すのかも(笑)。

読者メール→
「これから注目すべきは、やはり午未コンビになるのでしょうか?」
宿命に水分なしか、夏生まれもやや息を吹き返します。

読者メール→
「仲悪そうというのでもなく、なんか互いに別世界に住んでそうな感じがします」。
寄せ集めですからね。

読者メール→
「水性と木性だから、助け合ってるんですね」。
ラッキーカラーじゃないから、助けてない(笑)。
「堂珍は頭が大きすぎて、バランス悪そう!」。
天干一気(笑)。

読者メール→
「10年運の稼働の早い川端の方が、堂珍をひっぱってコンビが成立しているのでしょうか?」
いやいやね(笑)。

読者メール→
「例えばラッキーカラーが、それぞれ違う人達が集まって何か行動する場合、
日取りなどはどういう風に決めたら良いのですか?」
管理する別の人が決めるか、勢いのあるほうです。
天冲殺であったり、年運の助けがあったり、
それもない場合は、エネルギー点数の強いほうです。
 
 
■2001年09月29日(草未)
原辰徳●本当に巨人を任せていいのか
■読売巨人軍の長嶋茂雄(海申)監督が辞意を表明し、
後任に
原辰徳(58年7月22日/鉄子)ヘッドコーチが、就任することになった。
原は、神奈川県東海大相模高から東海大をへて、80年(鉄申)ドラフト1位で入団。
開幕当初は2塁手として起用されたが、
中畑清(海戌)の怪我で5月から本来のポジション3塁に定着するや、
打率.268、22本塁打、67打点の成績で新人王獲得。
82年(海戌)は全試合出場で33本塁打92打点は、共に僅差のリーグ2位。
そして、3年目の83年(雨亥)は初の3割に打点王も獲得。
堂々のリーグMVPにも選ばれた。95年(草亥)引退。98年(山寅)秋期に、コーチとして復帰。

原は、DNA「玉」主導で、生きかたを変えられず。ヨソの釜のメシは喰えない。
「玉+龍」は、ホンネを言えず、周囲と歩調とりづらい。
「玉+調」は、野球しか知らない、本当の世間知らず。
「玉+玉」は、無理をしない人。

10年運初旬「6歳鉄申」は、日干支「鉄子」と大半会のため、成功運型。
「6歳鉄申〜36歳雨亥」はターボ運(子丑天冲殺の干支まわり)で、とにかく目立つ。
現在「36歳雨亥」は、年干「山」と干合すれば「灯亥」となり、
宿命にないDNA「牽」が生まれ、かろうじて監督就任になった。

宿命の特長は、「戌」年生まれ「鉄子」は、受身。
エネルギー186点は、男性としては軽く、流れに乗りやすいが、
宿命の月支「未」と日支「子」は、「害」。物事のまとまりにかける。
時代整合性なしの、夏生まれに宿命「害」持ち。
「鉄+玉+未月」は、とりとめないグチが多く、新しいことをしない。

条件なし天冲殺のさなかで、断る理由はないが、明けてしまえばホゴにされる可能性も大。
もちろん、この2年の疲労から気が抜けてしまう恐れもあり。
たとえ天冲殺明けの気分転換と、ラッキーカラー年(海午)で、
まともに指揮がとれても、さ来年(雨未)は、ラッキーカラー害。
結果をだせず、あっさりヤメてしまうこともあり。
そもそも「鉄子」は、補佐役の器。
全く、頼りのないこの人に、ジャインアンツを任せるのは、とっても不安だ!
■読者メール→
「いつも眉間に皺寄せてるイメージがあって、
バブリーさが命の巨人の顔は絶対ムリ。こいつだったら江川でいいじゃん。
・・・ダメかなあ(笑)」。
その人は夏生まれ陽戌で、好かれないんですよ。

読者メール→
「補佐役の人が指揮をとるって、命がけでしょうね」。
闘争心ない人には監督はできません。すぐ解任です。

読者メール→
「ナベツネが辞めないと、良くならないです!」
畑未の命運は間近でしょう。
「江川の監督が、いいと思うのですが・・・」。
中畑ですよ! それが巨人を面白くさせます。
「まだシーズン終わってないのに
発表するのは選手やファンのやる気をなくすと思うのですが」。
有終の美を飾って引退ができないのは、本当は目に見えない形での解任かも。
もとい、勇退勧告か(笑)。

読者メール→
「監督になったらストレス溜まって大変そう」。
すぐ辞めますよ。

読者メール→
「ダメージ天冲殺明けに、責任重大なポジションに置かれ、
疲労で気が抜けてしまうかも知れない場合は、どのような点に注意すべきですか?」
組織に従うしかありません。条件なし天冲殺で、受身で就任しても、藻屑なのですよ。

読者メール→
「いざというときに、頼りになるDNAは何でしょうか?」
子丑天冲殺で、DNA牽があれば、いいのです。

読者メール→
「月支と日支の害、集団をまとめるのも、苦手なのですか?」
勝負事の世界では、命取りです。
 
 
■2001年09月30日(陽申)
ZONE●バンドアイドルはいまだけ
■今年2月7日(宝丑)に『GOOD DAYS』(資生堂ティセラのCM曲)で、
デビューした
ZONE(01年2月7日/宝丑)の、
サード・シングル『secret base』
(TBS系「キッズ・ウォー3」主題歌・8月8日発売、最高2位登場回数6回)が、
2ヶ月たった今でも順調に売れ続け、10月1日付のオリコンチャートでも、3位をキープしている。

ZONEは、DNA「玉」主導で、生きかたを変えない。
「玉+玉」は、無理をしない。
「玉+鳳」は、自分をたなあげ。
「玉+貫」は、時代に合わせたSPEED。
「玉+石」は、理屈っぽい。
宿命の特長は、宝年鉄月宝日生まれの金性天干一気。
集中力抜群だが、年支「巳」と月支「寅」は「害」で、出だしイマイチ。
ただし、本年(宝巳)は天冲殺+大半会のため、矢継ぎ早のリリースで、軌道にのった。
同じSONY所属で同様に北海道出身のwhite berry(雨巳)で味をしめたのか、
あるいは前者よりこちらが売れる(演奏は圧倒的に、white berryが上)と
踏んだのか定かではないが、SONYもよくやる(笑)。

メンバーは、リーダーでギターの
タカヨ(85年6月13日/雨未)が、時代整合性ない夏生まれも、
「車」主導で、闘争本能あり。
エネルギー243点。
初旬「8歳雨未」は、日干支「雨未」と律音で、成功運型。
「18歳木申/28歳草酉」も10年運天冲殺。

ベースのマイコ(86年7月24日/畑巳)も、時代整合性ない夏生まれ。
宿命にラッキーカラー水性ゼロの野人。
エネルギー302点はバケモノ(笑)。
初旬「6歳木午」は、日干「畑」と干合すると「山午」となり、
年干支「陽寅」と大半会的(初旬のみ、陽と山は同格)のため、成功運型。

ドラムスのミズホ(86年12月12日/鉄寅)は、
冬の鉄でエネルギーも196点で、メンバー一の弱さ。
金性も8点で少々頼りない。
表裏(寅年寅日)ない好かれる質だが、稼働力疑問。

最年少でギターのミユ(88年5月20日/草亥)は、
時代整合性ない夏生まれも、エネルギー227点。
初旬「5歳陽辰」は、年干支「山辰」と律音的(初旬のみ陽と山は同格)で、成功運型。
なによりも、日座冲殺!

バンド+アイドルでバンドルだそうだが、本物志向の強い女性が活躍する時代に、
ロクに楽器もできない人たちに、マネっこだけさせる姿は、あまりにも安易。
寄せ集め的な印象はいなめず、どうやら一過性の印象が強いゾ!
■読者メール→
「女性のエネルギー点数が高ければ高いほど良い時代は、いつまで続くんでしょうか?」
男性がしっかりするまでです。
動乱期は、あと5年くらいですが、まず20年はみたほうが、いいでしょう。

読者メール→
「火性の人がいたらおもしろいかもね」。
ZONEはさめているのですよ。

読者メール→
「グループとしては、高エネルギー点数揃いがよいのでしょうか?
バランスとして高低取り混ぜた方がよいものなのでしょうか?」
ひとつの特長ですから、本来は同じような点数がよいのです。
これでは、低エネルギーの一人に、負担がかかりすぎます。
 
01年01月分 01年02月分 01年03月分 01年04月分 01年05月分 01年06月分
01年07月分 01年08月分 01年10月分 01年11月分 01年12月分
コラム総合目次//茶房会館(1 9 9 6 年〜)
さ く い ん
このページを美しくみる方法はこちら
プラウザのバックを使ってお戻りください●
BE●鳳積堂 Copyright(c)1994→2012 birthday-energy.inc.
BE●運命向上委員会BE●鳳積堂 きたでら
BE●運命向上委員会BE●運命向上委員会
BE●苺1BE●苺2