簡易地図★BEBE●移動祝祭日
BE●苺1BE●苺2
 ■小さいけれど、大きく育つヒント。
幸せ発電所→BEは予防的運命を提唱します●★★
心のDNAで運命を科学する BE●運命オンラインサロン
※「移動祝祭日」は、運命オンラインサロンの私的感想頁です☆
2 0 0 0 年(鉄 辰)●10月分
松坂大輔柴田倫世騒動のペナルティ20万円●2000_1003
花田勝が六本木ホステスとトラブル●2000_1003
花田勝徳永有美を好き者呼ばわり●2000_1004
森喜朗はボールが転がって総理になったらしい●2000_1004
柴田倫世は年収900万家賃8万3千円●2000_1007
槇原敬之が覚醒剤法廷であの男とはもう会いません宣言●2000_1008
有働由美子が色気も器量も略奪もなしと発言●2000_1008
日9オヤジぃ 田村正和に輝きなし●2000_1009
シャ乱Q シュウが新宿のクラブでDJとして復活の夢の中●2000_1009
月9やまとなでしこ 松嶋菜々子の害持ち性格ブス●2000_1010
月10明日を抱きしめて 高島礼子の出会いはペットショップ●2000_1010
火9編集王 原田泰造に荷が重い夢の中●2000_1011
近藤サトがディープキス10分間事件●2000_1012
水9涙をふいて 江口洋介が人生は勝たねばならない●2000_1012
水10ストレートニュース 三上博史のボーズ頭に違和感●2000_1012
高橋尚子に国民栄誉賞内定●2000_1013
野口五郎三井ゆりの汚れた婚約●2000_1013
木9スタイル 本木雅弘の主演が時代遅れ●2000_1013
木10ラブコンプレックス 唐沢寿明の衰え●2000_1013
松坂大輔が駐車違反で球団職員を身代わり●2000_1014
イチローがポスティングで大リーグ挑戦濃厚●2000_1014
金9教習所物語 水前寺清子の時代遅れ●2000_1014
金10真夏のメリークリスマス 竹野内豊の反則技●2000_1014
金11:09愛人の掟 石黒賢に不倫をさせるな●2000_1014
銅メダリスト 黒岩彰松坂大輔をかばう夢の中●2000_1015
土9新宿暴走救急隊 田村淳の笑えるセリフ●2000_1015
土10:58ただいま満室 榎本加奈子に成長なし●2000_1015
板東英二が7億円だせと脅される●2000_1016
田中康夫に待ち受ける長野県の洗礼●2000_1017
矢井田瞳椎名林檎コピーの嫌な言われ方を検証●2000_1017
火10神様のいたずら 鈴木杏が台無し●2000_1018
ミニモニ。矢口真里の気分転換は前途は多難●2000_1021
有働由美子星野仙一の結婚話と夢の中●2000_1023
北野武が娘を押しつけたい理想の相手●2000_1023
倉木麻衣が立命館大学に合格●2000_1026
倉木麻衣の幼児期ビデオを父親が売るらしい●2000_1027
城島健司はいつか大藤真紀で苦労する●2000_1029
 
■2000年10月01日(日)海辰
■意地の悪い周囲の女子アナだけに、祝福される柴田倫世(山戌)。
母公認というのもなあ・・・。
はれものに触るように、誰も意見ができない
松坂大輔(畑丑)。
球団内部では失望の声(笑)。ダラしない顔して土下座するなよ。
巨人の
松井秀喜(雨未※)は、さも自分のほうがと、うらめし顔。
同い年だし、干合するし・・・。
榎本加奈子(草巳)は、「また、女子アナかよ〜」とヤケ酒とか。
しかし、もっとも情けのないのが、天下の朝日新聞。
結婚でもないのに、朝刊でなんと24行もさいて報道。いい加減にしてくれ!
■先日放送されたモノマネ番組に夫婦で出演した、
プロゴルファー
横田真一(灯卯)と5流タレント穴井夕子(畑卯)。
なんと別れた夫婦を熱演。
横田が玉置浩二(雨巳)、穴井が薬師丸ひろ子(畑丑)。
いったい何を考えているのか頭の中身をのぞくまでもなく、
害年に結婚するくらいだからオカしい。
横田は今季賞金ランキング72位で、シード権剥奪は確実。
12月17日(畑酉)に挙式予定だそうだが、
これも横田がツアーに必死になるため、延期確実。
挙式の事が原因で、最近は夫婦喧嘩がたえないそうで、
どうせなら離婚したほうがいいって!
■借金ジゴロの羽賀研二(草卯*)が、今度は京都の資産家令嬢に急接近とか・・・。
相手の女性は「あの人は悪い噂があるけれど、本当はウソのつけない優しい人」だと。
これって、あの頃の
梅宮アンナ(海午※)のセリフじゃなかったっけ。
誰でもいいから、コイツに引導渡すヤツはいないのか。もう、勝手にしてほしいヨ!
■社民党が6月の総選挙で流したTVCMが、
第40回コンクールスポットCM部門で銀賞を受賞とか。
土井たか子(木戌)党首が、駄菓子屋の女主人に扮し、
菓子をとりかえにきたガングロ少女に「絶対かえさせないよ!」と凄んだアレだ。
千本近い中から選ばれたとかだが、11月1日の表彰式にも授賞式にも出席するらしい。
金賞じゃないとこが、この人らしいかな!
鈴木蘭々(海午)の金髪には、ビックリした!
■暑さも去りすっかり涼しくなって、頭も楽になったとはいえ、
予定している仕事が一向に片づかず、焦る日々。
でも、頑張ってますからネ。まだまだ、休息とは無縁のBEです!
 
■2000年10月02日(月)雨巳
■時折無性に納豆を食べたくなる時がある。
そのままでは芸がないので、豚挽肉と胡麻油で炒める。
そこに有り合わせの野菜をぶち込む。
筍、セロリ、椎茸、長葱、生姜等を精一杯微塵切りにし、
塩胡椒に少量の醤油と鷹の爪でもあれば、なお良い。
これをサンチュでくるんで、スーパードライが登場すれば、文句のない夕食だ。
食欲のない時でも、元気になれるし、
なんか理由はないのだけれど、トクした気分になれるものだ!
■CMを見て、その商品をぜひとも買いたいと思うより、
笑ったりクダらないと感じるほうが多いのだが、
NTT東日本(見られない人は、ゴメン)の
木村拓哉(山申)の「お下げ髪」のCMは、
訴求効果がいまひとつだ。
今さら料金値下げと言われても、
「それで、何が・・・」という気分だし、ちょっと悪趣味だ。
西部劇のインディアンの人にしか見えないし。
今ではほとんどお目にかかることがなくなった、
甲虫類もどき往年のフランス車(シトロエン)だって、
若い人にはゴキブリに見えるかも知れないしなあ!
■五輪の閉会式は、オーストラリア・メルボルン生まれの
カイリー・ミノーグ(68-0528/山戌)が唄った。
なるほど、生月冲殺だ!
■名古屋市が全国に先がけて、
容器包装リサイクル法に沿う分別回収を一斉にはじめたそうだ。
市民は、空き瓶・空き缶など14種類にも及ぶ分別を強いられることになるが、
果たしてうまくいくのだろうか。
ゴミのもとは企業がつくりだしているのだが、
その責任をさして問わず、ルール違反のゴミは回収しないなど、
大きな混乱を招いているようだ。
自主性より中身を監視するなど行きすぎた施行は、背筋が寒くなるゾ。
こんなことに、金と時間をつぎこんでいるより、もっと根本的な解決方法はないのか。
なんでも、末端の一般市民に押しつけるのは、本末転倒である。
私なら、絶対に逃げ出してるな。そんな事に神経使ってたら、仕事にならないもん!
 
■2000年10月03日(火)木午
■ニコンのデジカメのCM。
矢井田瞳(宝卯)の「♪ダリダリ〜」が、妙に頭から離れません。
どうにかしてほしい。
でも、
椎名林檎(宝卯)より何もかもいいので、許す!
松坂大輔柴田倫世騒動のペナルティ20万円●
松坂大輔(80-0913/畑丑)が、写真誌にキャッチされた件でのペナルティは、
20万円に決定されたようだ。
自己管理が甘いとは言われながらも、こんな程度ですんだのは、午未冲殺だからだねえ。
そういう意味では、年上に好かれるということは、トクだよな。
一部では「シーズン中ということでもあり、不謹慎。
チャラチャラした女子アナとは別れたほうがいい」という意見があるなか、
「相手がゴシップ処女でよかった。
さわやか交際ということで、ダイスケのイメージが保たれた」などと、呑気な声も。
しかし、待てよ。
当の本人は「結婚? そんな事聞かないでくださいヨ」と、
ヘラヘラ笑うばかりで、ロクなコメントなし。
さわやかどころか、薄汚くしか見えなかったゾ。
火性ゼロ(DNA龍/玉なし)の野人ですね(恥)。
母にも相談した真剣交際を強調する、
柴田倫世(74-1223/山戌)に対する気づかいゼロで、失礼ではないか(怒)。
バレてしまって、もう逢う事のないかもしれない二人だろうが、柴田も相手を間違えた。
こんな勘違いが起こるのも、条件なし天冲殺らしいとこだが、
彼女にはペナルティって、あるのだろうか。
むしろあった方がマシで、これで万事休す!
花田勝が六本木ホステスとトラブル●
藤島親方(花田勝・71-0120/草巳)が、
店の開店資金を巡って、ホレたホステスとトラブルだと。
「カネの面倒は見る」とかいって、23歳の六本木ホステスに店をもたせたのはいいが、
彼女が肉体関係をもたせなかったために態度を豹変させ、
「カネを返せ」と迫ってるらしい。
相手の女性は涙ながらに「人でなし」とか怒りをあらわにしているようだが、
そうそう簡単にカネをひきだせると考えたほうも甘いのではないか。
一方、断髪式も終わり第4子妊娠と
一連のゴタゴタを払拭されたかとも見られた藤島親方だが、
このオトコには世間の常識どころか、人間として最低限度の気づかいなどないようだ。
アホにカネをもたせるとロクな事がない。
もういいから、こんな輩は、葬り去ってくれ。広告代理店もTVも、同罪だ!
■たのむ高橋尚子(灯酉)、その五輪メガネだけは、かけてほしくなかったのだヨ。
トホホ、じゃないの(笑)。
せっかく日本のヒロインになったのだから、
脳味噌が弱く見える格好だけは、よしておくれイ!
 
■2000年10月04日(水)草未
■世間は涼しい。そして、鮮魚売り場には「牡蠣」が登場する。
ならば、鍋だ。
焼き豆腐・つみれ・葱・しめじ・白菜にかぼすを買いそろえ、
スーパードライの登場が、あれば言うことなし。
必死に御飯を食べたくなるのをこらえ、至福の時を過ごす。一人でも楽しいよ!
花田勝徳永有美を好き者呼ばわり●
■またまた、でました藤島親方(花田勝・71-0120/草巳)ネタ。
今度は、テレ朝の
徳永有美(75-0814/海辰)アナが、毒牙に・・・。
なんと藤島は、彼女を「あの子は、好き者」よばわりしているとか。
いくら干合で異性にトチ狂っているとはいえ、品性下劣でバカバカしい(怒)。
驚きなのはテレ朝広報部の対応。
前回の
川北桃子(74-0829/海寅)アナの時と違い、
即座に否定したばかりか、告訴も辞さずという。
おいおい、川北は天冲殺ばかりか来年は害(10年運も害突入)だから、ほっておくのかい。
この違いは、徳永が朝の顔『やじうまワイド』(月・火担当)であることでも見逃せないが、
やはり午未冲殺で上の受けが良いからに、他ならない。
徳永は、石川県金沢市出身。大妻女子大学出身で、98年(山寅)入社。
DNA「車」主導で、単純でわかりやすいタイプ。
しかし、年支「卯」に対して日支「辰」は、「害」で裏表あり。
表の顔がDNA「調」で気づかいの人に見えても、裏の顔はDNA「鳳」で遊び人。
ホームページによると、好きなタイプは「ムチャをする人」が笑える。
川北が可哀想だよ!
森喜朗はボールが転がって総理になったらしい●
森喜朗(37-0714/海寅)首相が、地元石川県小松市の小学生を前に
「おじさんは、ラグビーがやりたくて
東京に行ったが途中で駄目になり、政治の世界に入った。
ボールがあっちこっち転がるように転がるうちに総理大臣になっちゃった。
不思議なものだ」と心情を洩らしたとか。
不思議と感じているのは国民のほうで、あんたにそんなふうに言われたくないよ。
だいたい小学生から見たら、
「おじさん」どころか「おじいさん」の戯れ言にしか聞こえない。
子供には、もっとマトモな話しをしろよ!
高橋尚子(灯酉)のCM争奪戦が勃発しているらしいが、
是非あのサングラスを脱ぎ捨てたシーンを再現するような、
シーンを期待したいものだ。頼むよ!
■読者メール(鉄子)→
引っ越したのですが、有線が聞き放題でトクした気分です。
そこで聴く
知念里奈(灯巳※)がとても良い!
ヒッパレしかレギュラー無いみたいですが・・・

条件なし天冲殺デビューですから、こうやってじょじょに消えてゆくのですよ!
 
■2000年10月05日(木)陽申
■遅まきながら営団地下鉄南北線に乗車した。
都営地下鉄やゆりかもめではお馴染みの、
電車が入りしっかり到着しないとホーム側のドアが開かないのは、
JR中央線に見習わせたいよね。
鏡なんかホームの向こうに貼っても意味なし。
車掌さんのいないワンマン運転、事故や事件が起きると怖い気もするが、合理的・・・。
しかし、所用で訪れた麻布十番駅が、地中深い・・・。
エレベータを利用しても地上まで5分はかかるんじゃないかと思った。遠いよ(笑)。
十番の商店街はなんとなく人通りが多く、これは地下鉄の影響かも。
少なくとも閑古鳥がないて、
ビルが取り壊され店もどんどん姿を消す、芋洗坂(六本木)よりマシ。
しかし、20〜30年前ののどかな情景を知っている当方としては、
時代にもまれているこの街が、厚化粧した年配の花魁のようで、なんだか複雑。
旧い店は改良改革の波に流され、安っぽい表面的な店が増えているもん。
ま、旧いから良いとは限らず、某魚屋の経営する飲み屋(これじたいは、新しい)は、
いかにも片手間に始めたようで、DNA鳳ゼロとしか思えず、
ひどい味付けの料理をだすので、陳腐(怒)。
しかし、なによりも驚いたのは、街ハズレから見える六本木。
だってスゥエーデンセンターまで取り壊されて再開発中の真っ最中。
バブル以降、都心でこんな大プロジェクトって、あったのだろうか。
TV朝日の社屋はおろか、WAVEまで取り壊され、首都高まで見えるのだからビックリした。
公園や旧い宅地にあった木々はどこへいったのだろうか。
港区は区内にあった土の公園をことごとく、
アスファルト敷きの噴水付きのとんでもないモノにしている前科があるから、心配だ。
こうして、都会はまた温暖化して味気のないモノになって行く!
■三和・東海・東洋信託、統合後は「UFJ」だってー。
「みずほ」がいいとは思わないが、
どこかのプロレスの団体じゃないんだから、何とかしろヨ!
■時代整合性ない夏生まれで、
条件あり天冲殺明けの
東尾修(50-0518/雨丑)西武ライオンズ監督が解任されて、
後任はOBの
山崎裕之(46-1222/鉄午)。
初旬害所有のこの人は冷徹だが、とても優勝争いできるような勢いはない。
10年運・年運加味しても、6年は早いよ。
ついてないのは、
松坂大輔(畑丑)。
最初が相手の天冲殺遭遇だと思ったら、今度は「害」。
クサりそうで、将来の芸能界転向が見えてきた!
 
■2000年10月06日(金)灯酉
■平年並みとはいえ、昨日の東京22℃は寒かった。
となると「おでん」である。
麻布十番商店街には、「福島屋」というおでん専門店がある。
できあがりの持ち帰りも出来るが、やはり久しぶりなので、10種ほどをみつくろって買う。
これに、馬鈴薯・大根・葱・ゆで卵を加える。
この店のいいところは、つみれが鰯ではなく鰺製なこと。高級だ(笑)。
鰺好きには、たまらない。
もちろんお店自家製の煮汁も忘れずに。
竹輪麩を買うのを忘れてしまったが、まあよい。
スーパーの袋詰め「おでん」では味わえない、幸せな気分になる!
■東京・拝島で起きた女子高生刺傷事件の関連報道で、
受刑者の再犯率が、35.5%と言われていたが、
いったい刑務所というのは、どんな所なんだ。
そんなにラクな場所なのか、また、入りたいからと犯罪を繰り返されては、たまらん。
しかるべき受け皿でもつくるのが、この国に求められている事ではないか!
大石恵(草卯)がhyde(雨巳*)とのデート現場を撮られた。
デートっていっても、一緒に棲んでるのだからどうでもいいが、
子丑が年上の午未なんて、両者共に地獄行き(笑)。
大石は仕事なし。
ラルクだって、マンネリ化して最近は精彩なし。
長い目で見なくても、滅び行く連中は簡単にわかる!
■業績好調が伝えられる君島立洋(海戌)が、
なんと骨肉の争いを繰り広げる絶不調の弟の
君島明(海申)に、
3千万円の立て替え返済してやり、敵に塩を送る形だとか・・・。
ただでさえ同業の兄弟は一番の敵なのに、
こういう慢心は自らもスキをつくる事になる。
二極分化の世の中で、倒れるものは早く倒してしまわねばならないのだ!
■やっぱり最高裁に上告した松野行秀(宝巳)。
妥協をしない執念は凄まじいねえ。
沢田亜矢子(宝卯)は身からでた錆。
もう、地獄まで付き合うしか、ないねえ!
■『うたばん』だと、保田圭(雨丑)がキレイに見えるのがフシギだ!
 
■2000年10月07日(土)山戌
■『ゴジラ×メガギラス』のキャンペーンで、
世田谷区成城の東宝スタジオで、ゴジラの出陣式が行われたが、
1頭しかいない筈のゴジラが21頭も登場。
運動会・誕生日・文化祭などの出張サービスも受付ているとか。
バカバカしいので値段は知らないが、着ぐるみは体力消耗するので、
5分以上動くことは出来ないらしい。
ウルトラマンよりは、長持ちする訳か!
■大阪初芝学園は、親会社がうどん屋。
新規採用の教師は、5年間の期限付きで親会社から出向扱い。
ダメな人は、5年後には本社へ戻されるとか。
該当者がでるのは、4年後かららしいが、
そんな事より、初年度はうどん屋で研修のほうが、いいかも!
平井堅(灯未)が、DOUBLETAKAKO(畑未)と組むらしい。
天冲殺ブレイクが、年下の子丑冲殺に潰される。
どうぞ、ご勝手に!
柴田倫世は年収900万家賃8万3千円●
松坂大輔(80-0913/畑丑)の毒牙にかかった、
日テレの
柴田倫世(74-1223/山戌)アナの住まいは、
23平方メートル1Kのユニットバスタイプで、家賃8万3千円。
見栄っ張りが多い女子アナにしては・・・という声もあるが、
推定年収900万の彼女に相応しいか否かより、この程度の人にTV局は、払いすぎだヨ。
10年運も干合支害、自滅への道をひたすら・・・。
やっぱり同情しておこう!
■読者メール(鉄子)→
テレ朝の徳永有美(海辰)アナと、友人が大学時代同じクラスでした。
厳しい就職戦線、資料請求200社が当たり前のこのご時世に、
テレビ局3社しか受けなかったそうです。
何か強力なコネがあったのか、
はたまたアナウンサーになるべくしてなったのか分かりませんが、
彼女の友人たちは、なかなか慣れない彼女のアナウンサーぶりを
危なっかしくて見ていられないそうです(笑)。
長く付き合っている彼氏がいたみたいですが、
今年改良改革しちゃったのでしょうか?

コネがあろうとなかろうと、自分の器を知り、絞り込むのが正しい就職活動ですよ。
数うちゃ当たるというのが、おかしいのです。立派な事じゃないですか。
別れにしても、学生時代の事なんかいつまでも引きずるほうがおかしいのです。
大人になって自己発揮せねばなりません。
今年で改良改革なんて、甘い生き方を彼女がやっている訳はないでしょう。
とっくの昔だってば。去年は「害」だしね。
■読者メール→
吉本ばななって草亥?
今年入籍です。今までは4〜5年同棲を3〜4回繰り返していると。
結婚が一緒に棲むことだとするとだめじゃーんと思って!

吉本は高島礼子と同一生年月日の異常干支さげ●●「木戌」です。
時代整合性なく、夏生まれでバブリー。
今年は天剋地冲で、斬り倒されたのですヨ。
彼女の大ブレイクは、ラッキーカラー天冲殺の92年(海申)93年(雨酉)でしたよネ!
 
■2000年10月08日(日)畑亥
■今日から秋の土用。冬へのつなぎ目、冬支度である。
あと4ヶ月の鉄辰年。火性がラッキーカラーの人には待ちに待った2ヶ月。
各人なりの、10月を過ごしたいものだ。
当方もこの1ヶ月にSPEEDを上げて、いろいろ片づけなければならない事が目白押し。
体調不安などとは言ってられないのである。ヤイコを聴きながら頑張ろう。
そのヤイコこと
矢井田瞳(宝卯)が、
一昨日初めてMステで関東地方のファンに素顔を見せてくれた。
ほとんどスッピンだったけれど、楽しそうで良かった。ハラ座ってるヨ。
害年だけどな。
■鳥取の大地震。幸い死者は出なかった。
しかし、余震はあるし被害対策も大変だろうに、
我が国の首相は記者団に「8日に予定されているゴルフはどうするんですか」と聞かれ、
「まだ、わかりません」と答えたそうだ。
国民はユーゴにならい決起したほうがいいのじゃないか!
さとう珠緒(山戌*)が、TAKUYA(灯酉)とまだ続いているとか。
おバカな人だねえ。そんな事してると、
BSでメキメキ売り出し中の
相川梨絵(山戌)アナに、
『うまなりクン』も『スーパー競馬』も、とって代わられるヨ。
「害」の怖ろしさを知らぬ浅はかさ!
槇原敬之が覚醒剤法廷であの男とはもう会いません宣言●
■木性ゼロ(DNA鳳/調なし)の、あの槇原敬之(69-0518/雨巳)が、
覚醒剤法廷で「もう会いません」と宣言した、オトコと復縁していたそうだ。
キミは、まだ復帰した訳じゃないんだから。
いいから、田舎に帰って電器店のオヤジをやりなさい。
条件なし天冲殺デビューは、どんどんじり貧になるだけ。
今なら、まだ『あの人は、今』にだって、登場できる。
このまま行くと、ダメージ害の10年運の最後で、
取り返しのつかない事件が、また起きるゾ。
内外シーソーが、仕事で再起をかけたいなら、私生活は一切封印せねばならんのだヨ!
有働由美子が色気も器量も略奪もなしと発言●
■NHKシドニー五輪キャスターの大役を果たした
有働由美子(69-0322/陽申)アナが記者会見。
熱愛説を改めて否定したのはいいが、
「私は色気もないし、器量もないことは自分で分かっています。
略奪されることはあっても、略奪することはありません」だと。
おいおい、色気はどうでもいいが、
器量がない人がアナウンサーなどやられては困るのだよ。
取材者として一線を超えたのは事実なのだし、責任はあるよなあ!
■一方、一線を超えたどころか、バレバレの日テレ柴田倫世(山戌)アナには、
とりあえずお咎めなし。
ないと言うことは、もっともっと怖い下り運が待ちかまえていることなのだヨ!
■おいおい、リディア・シモン(雨卯)、
カネのためにクイズ番組なんか出ないでくれよ。
干合支合で優勝してたけどサ。なんか、情けないゼ!
■ダイエー・ホークスが、予告通り王貞治(雨亥)監督の守護神年で、優勝。
さらに、来年は守護神改良改革年で、楽しみ!
■読者メール(鉄戌)→
ただいま求職中ですが、最近買った履歴書には
大正6年!から昭和63年までの西暦はもちろんのこと干支が書いてありました。
初めてみました。83歳の人はどんなときに履歴書かくのでしょうか?

さすが高齢化社会ですね。色々書いてあると、間違わないのでしょう。
でも、それを買ってしまう、あなたって(笑)!
 
■2000年10月09日(月)鉄子
日9オヤジぃ 田村正和に輝きなし●
■日9オヤジぃが始まった。
時代遅れ夏生まれの生年生月冲殺の
田村正和(宝卯)は、
相変わらず精彩なく、見るに耐えない。本当に心臓が苦しそうで、同情する。
午未でDNA成分に「貫」がない、へなチョコ老人には、残念ながら残酷な役どころだヨ。
今年(00年/鉄辰)は害年だし。
しかも、妻役が子丑の
黒木瞳(鉄申*)では、
思わず子供は皆、生年か生月か、
はたまた辰巳・戌亥・子丑なんだろうなと思ってしまう。
実際の配役も
水野美紀(鉄子)と岡田准一(草未)が、辰巳。
広末涼子(海辰=生月の午未)だ(笑)。
しかし、見るからに胡散臭い
及川光博(宝未※)をはじめ、
これだけ守護神人間を揃えてもらっても、
ヒロスエが登場するだけでシラけるのは、いったい何だろう。
短大の授業を抜け出すのも悪い冗談だ。
同い歳の岡田がヒロスエの弟というのも、無理あり。
気になったのは、ノックすらしないで子供の部屋に入る無神経な親。なんかなあ。
笑えたのは、姉の結婚話に岡田が「耳にタコが出来るよ」とやった件。
マーシーを思い浮かべてしまったゾ。
でも、笑えるのもそこまで。
東芝のCMに主婦役で登場する水野も無理があるが、
黒木の年齢不詳の母親役も、人畜無害役で全く興味湧かず。
どうしても見たい人は、岡田にホレてつけ回すコギャル役の
矢沢心(81-0316/雨巳)と、
今もっとも輝いているジャニーズ(演技力抜群)岡田のバトルのみ。
見る価値なしの駄作!
シャ乱Q シュウが新宿のクラブでDJとして復活の夢の中●
■読者メール(畑丑)→
今日、歯医者で女性週刊誌を見ていたら、
淫行事件を起こした
シャ乱Qのあのシュウ(68-0922/草未)が、
DJとして復活してるというのをみました。
所属事務所でスタッフとして裏方しながら、やってるって・・・。こんなのアリですか?

その記事を見ましたが、新宿のクラブとか書いてあるだけで、店の名前もなし。
もっとも、名前も違いますからね。
当時15歳の少女との同棲ばかりか、暴行事件など問題多かったのは、
彼が秋の草未でDNA「車+酉月」だから、単純なだけ。
現在条件なし天冲殺で一部で注目されても、
宿命に何ら見るべきところのない人が、
10年運「害」では、表に出られる訳もありません。
記事では、コアなファンが復活待望のような調子でしたが、
今や彼に期待する人など、いる訳もないでしょう。
滅茶苦茶な事をやっておいて、簡単に復活など出来るもんじゃありませんヨ!
 
■2000年10月10日(火)宝丑
月9やまとなでしこ 松嶋菜々子の害持ち性格ブス●
■もう荒唐無稽な話しは飽きたヨ。
何が
やまとなでしこだか知らないけれど、時代錯誤甚だしい月9は狂ってる、
ゆがんでるといったほうがいいか・・・。
と思ったが、ブラックユーモア、否コメディと思えば許せるかも・・・。
やはり、客室乗務員サンは、み〜んなこうなのネ(笑)。
だから、
MISIA(鉄午)の狙いすましたような、粘着感ある声も、ピッタリくる。
もちろん、ケナしてます(笑)。
少なくとも、(前の)ミスチルよりマシ。あれは、ひどかったから・・・。
でもなあ、何が「私の武器は、この美貌よ」だヨ。
このブス(怒)! もっとハッキリ言えば、「雨丑」年生まれ「海午」で、
ズルさを強調した
松島菜々子(海午)の「裏表」滲み出た、性格ブスよ、死ね(笑)。
なんともピッタリな役どころではないか、
もっともっと「悪者」になれ(爆)。キミには汚れ役が似合ってる。頼むヨ!
「10年後のあなたの姿が見えない」人に、目の前の現実なんか見えないのだよ。
さらに、輪をかけるのは、過去をひきずる
堤真一(灯巳)。
時代整合性ない、ダメな夏生まれらしいゾ。
あ、これも(配役的には)悪くない(笑)・・・。
でもなあ、魚屋なら、魚のにおいがするだろうに・・・。
キャスティング上の英断は、実生活でも(松島と)噂のあった
東幹久(畑未)の起用。
コイツの服が、こりゃまた安っぽい趣味だねえ。
でもって、東十条サンだってサ。お笑いなんだから、皆許しておこう。
唯一認めないのは、
押尾学(山辰)。
芝居をさせてもらえず、完全に浮いてる。即刻、消えろ!
脇を固めるのは、今年絶好調の律音の
筧利夫(鉄辰)に、定番西村雅彦(木戌)。
この掛け合いは、落語と思えば楽しい。
付け足すなら、松島が主役なら、
矢田亜希子(畑未)は、使ってはいけない。
松島の年干支(雨丑)を天剋地冲し、(松島は)喰われてる。
結論は、あまりにも薄っぺらで、大人の鑑賞に堪える訳なし。
もちろん、来週は見ない!
月10明日を抱きしめて 高島礼子の出会いはペットショップ●
■月10明日を抱きしめては、市川森一らしい丁寧な脚本も、
一度清算した過去をなぞるのは、賛同できない。
やや上質なメロドラマだなと思わせるのは、
松本幸四郎(木辰)と高島礼子(木戌※)の出逢いが、
ペットショップでの犬の取り合いということ。
じゃんけんシーンも、クドくなくて微笑ましいと言っておこう(笑)。
ビックリしたのは、昨日の
田村正和(宝卯)のほうが、一歳年下という事実。
幸四郎は若いネ。
鳥羽潤(山申)は、デビュー時(ボクは勉強ができない)の初々しさが失せ、
山なのに妙にスリムすぎるのが減点。
品性知性にも欠ける(放火犯人なのだろうネ)。
酒井美紀(木寅)とは、年干支同一生月半会も天剋地冲。
さすが木は斬り倒されるのか、優等生を卒業して柄にもない役にとまどいを感じる。
カワイソーだネ。
三田佳子(畑丑)と川原亜矢子(鉄申)は嫌味の権化(笑)。
これから、高島と鳥羽のカラミになるのだろうが、
この時間帯にあえて取り上げるテーマでも、なかろうに・・・。
B'zの主題歌も陳腐。いまどき、愛に悩んでいる暇はない。
うらぶれた年寄りしか見ない。疲れるだけ!
 
■2000年10月11日(水)海寅
火9編集王 原田泰造に荷が重い夢の中●
■火9編集王。所詮マンガはマンガ。
小学生レベルが喜んで見るものを、夜9時にやる必要があるのか疑問だ。
それに、元気ぶりを過剰にアピールする本年(鉄辰)害天冲殺の
原田泰造(海寅※)には、
荷が重くないか気がかり。
中山秀征(陽申)の、フォロー次第だな。
嫌味なのは、何処が東大出か知らないが、
演技が出来ない品性下劣の
菊川怜(鉄子※)。
浮きまくりで、TVに出してはいけない(怒)。
あとは、
京野ことみ(雨丑)って、こんなにヘタだったか・・・。
天冲殺の去年一昨年は、キラキラしてたのに。
フツーの人になってしまったじゃないか・・・(笑)。
害関係の
真中瞳(鉄午)とのバトルは、マズマズの見物だが、
イキイキして本領発揮の真中のはつらつさの、勝ち。
大竹しのぶ(鉄寅)は、『他人の不幸は蜜の味』以来の女性漫画家役、
"しのぶた"のキレ健在。ハマっている。ヘタに歳をとっていないのは、感服ものだ。
また、トライセラトップスの小気味いい曲は、SPEED感の象徴で、的を射たものだろう。
でも、来週は見ないよ!
■火10『神様のいたずらは、不覚にもビデオの故障でチェックできず。
鈴木杏(陽午)を見るのが、楽しみだったのに、ちょっと残念。
来週に持ち越し。『八犬伝2001』は、初めから眼中になし。
秋も本格的、これからが何ごとも正念場。
本気をださねばならないのに、躓いてしまって、悔しい。
明日から、もっと頑張る予定!
■読者メール(鉄戌)→
anan, Hanako, 休刊前のoliveがすっかりおかしいですけど
マガジンハウス大丈夫なんでしょうか。社長がだめとか?
前、銀座にいってたとき近くでしたが外装工事みたいのしてました。
お金をかける場所まちがってる気が・・・

赤木洋一(36-1015/鉄午)社長は、生月冲殺で責任感イマイチ。
本年立場の変わる10月生まれ。
宿命の年干支(陽子)と日干支が天剋地冲で、激しいものを持っていますが、
DNA「石」冲殺主導で、ヘンになあなあ体質。
「鉄+石+戌月」で派手さない、田舎の行動派。
「石+龍」は、経済感覚なし。
「石+調」は、補佐役で役目役割意識乏しい。
「石+車」は、個人感情無視。
10年運「58歳木辰」は、DNA「禄」で回転財ですが、
マイナスキーワードなら放出する一方です。
秋生まれ「鉄」で、相場師的要素もありますが、
経営者としての手腕は期待できそうもありません。
来年(宝巳)は唯一のラッキーカラー「陽」(灯ではない)が、
干合により水化してしまうので、いよいよ厳しい状況。
バブル期には急成長した同社ですが、
案外官僚的思考の人間も多く旧い体質から抜け切れていないようです。
よほどの意識改革をしないと難しいのですが、
社員全体に蔓延する倦怠感は、そうそう払拭できるものではありません。
残念ですが、かつてのチャレンジ精神溢れる栄光を求めても、
オリジナリティある発想ができない中堅以上の社員を見るにつけ、
泥舟状態は否めません。
なお、oliveは形を変え来春月刊になるようです!
■金メダリスト推奨のhitomi(灯丑)の『Love2000』が、
50位ほどランクアップして37位に浮上。
でも、
高橋尚子(灯酉)効果でも、この程度なんだなあ!
 
■2000年10月12日(木)雨卯
近藤サトがディープキス10分間事件●
■いったい何を考えているのだろうかと疑いたくなるのが、
時代整合性なし夏生まれ
近藤サト(海午)のディープキス10分間事件(笑)。
写真誌によれば、今月1日の深夜近藤が懇意にしている男性と食事デートを楽しんだあと、
熱烈な別れ際を楽しんだというもの。
相手は、元TV朝日プロデューサーで現在
長嶋一茂(木申)事務所代表の
深山典久(39歳)で、ヤクルト古田敦也(海辰)と噂になり離婚した、
元TV朝日アナ
篠田潤子(65-0809/草未)の元夫。
近藤も仕事がないので、なりふり構わぬ攻勢にでたかと思いきや、
深山の事務所では「あくまでも個人的なつきあいで、
(近藤が)所属するような事はありません」とけんもほろろ・・・。
内外シーソーの近藤が、こんなことをしたって仕事に結びつかない見本。
タイミング悪く元夫の
坂東八十助(畑丑)は、
襲名披露宴の最中で「彼女も頑張っていい人生を送ってもらいたい」などと、
不敵な笑みをうかべていた。
しかし、深山には交際中の客室乗務員の恋人もいるとかで、
近藤にとっては、またまた不名誉な略奪愛のレッテルを貼られる恐れもあるようだ。
そんなに仕事をしたいなら、過去の手法を潔く払拭して、仕事1本で行かないと、
たとえ守護神年でも、近藤には未来なし。ホントに懲りない人だ!
■ノーベル化学賞の白川英樹(36-0820/木戌)筑波大名誉教授は、
さすが生月冲殺・日座冲殺の「木戌」。
もともと、年干も月干にも守護神のある、ついている人だが、
一丁あがりで木が斬り倒されても、こんな名誉ならいいか。
10年運も「宝丑」で、たしかに名誉がまわっている。
でも、内外シーソーのこの人は、何を犠牲にしているのだろうか・・・。
ちなみに、金メダリスト
高橋尚子(灯酉)とは、(面識はないようだが)ハトコだとか。
なんか、血が一気に沸騰しているみたいだ。
近藤サトといい、野口五郎(鉄戌*)といい、岐阜県が熱い!
水9涙をふいて 江口洋介が人生は勝たねばならない●
■水9涙をふいては、クサかろうが何だろーが、
江口洋介(畑未*)なら、この際許す(笑)。
「人生とは勝たなければならない」だって、当然。異議な〜し(笑)。
元気な
内田有紀(陽寅)も、見るのは久しぶりで、悪くないゾ。
しかし、
二宮和也(草亥※)に、干合年でもあの役は荷が重い。全てがぶち壊し。
今からでも遅くはないから、
山下智久(山寅)あたりに、
チェンジしてもらう訳にはいかないもんだろうか!
水10ストレートニュース 三上博史のボーズ頭に違和感●
■水10ストレートニュースは、長髪になれていたので、
三上博史(海戌)のボーズ頭に違和感を感じた。
時代整合性ない夏生まれの三上に、
今年(鉄辰)は改良改革がテーマの対冲で、待望の守護神年。
この役は正念場かも知れないが、相変わらずの大根ぶり(苦)。
年齢不詳(笑)
原田知世(陽戌*)は、軽量級で真実味希薄。
とは言っても代わりに是非やってほしい女優も思い浮かばない。
また、SPEEDと迫力があるにもかかわらず、
よくもこれだけ本年害年人間を集めたもんだ(笑)。
大塚寧々(草卯)、黒谷友香(宝卯)、黒澤優(宝卯)、真矢みき(畑卯)、
そしてサイテー援交の
米倉涼子(畑卯)。
米倉なんて、あれだけ叩かれて反省のカケラなし、とても見られたもんじゃない。
悪声と知性のカケラもない顔で、キャスターもへったくれもないだろう。
日テレの見識を疑うものだ(怒)。
オチャラケない
竹中直人(陽戌)と定番役の森本レオ(宝丑※)だけが救い。
噂によれば、当初は三上の役を
真田広之(雨酉)、
原田の役を
鈴木杏樹(宝丑)が、キャスティングされていたとか・・・。
上手さでは真田・鈴木に軍配が上がるが、もっと地味だったろうな。
損をしたまで言わないが、来週も眠い眼をこすって見たいとは思わない!
 
■2000年10月13日(金)木辰
高橋尚子に国民栄誉賞内定●
■シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子(灯酉)に、
国民栄誉賞が贈られることが内定した。
もともと時の内閣の人気取りに制定されたような賞だが、
人気どころか支持されていない
森喜朗(海寅)首相にとっては、
逆に彼女に贈呈しなければブーイングがあがるだろう。
一部では、同じメダリストの
田村亮子(草卯)はどうなんだという
ヘンなバランスを考える輩もいるようだが、
二極分化された極端な世相においては、ナンセンスもいいところ。
取って当然の田村とでは重みも違うのだ。
田村にしては、干合支害で名誉が汚される年に、
五輪でメダルをとれたことじたい、敵のミスのようなものなのだから、
ゴチャゴチャ周囲が言うべきものではない。
また、陸連の一部では
「(貰ってしまえば、もう走れないので)辞退する道もある」という声もあるようだが、
生月冲殺が天冲殺で結果をだしたものを、讃えるべきであり、
辞退などとんでもないことなのだ。
所属組織の意向に従うのが、生月冲殺なのだから、
陸連よりもっと大きな日本国民として、うけるのが本筋なのだ!
■またまた書きます。
なんで、フツーなら平気で呼び捨てにするのが慣例なのに、
近藤サト(海午)だけは、「サトさん」なのだ。
TVも雑誌も新聞もおかしい。それとも、おちょくってるのか。
どっちにしろ、ロクに仕事もしていない、この勘違い人間は早く葬り去られるべき!
野口五郎三井ゆりの汚れた婚約●
■交際5ヶ月で婚約にいたった野口五郎(鉄戌*)と三井ゆり(灯卯)。
野口の日干「鉄」と三井の月干「鉄」が共通干となり、日支同士は「支合」。
共にラッキーカラーとなり、一見このうえもない関係に見えるが、
月干支同士はそれぞれ「鉄申(三井)」と「陽寅(野口)」で、
「天剋地冲」となり、発展しない仲。
天冲殺明けで気分転換したい野口にとっては好ましいように感じられるのだろうが、
三井は本年「害」。
こんな時期に交際をスタートさせると、相手のペースになってしまい、
仮に結婚などしようものならば暗い家庭になってしまう。
今まで何度も直前キャンセルの多い野口だが、
するならスグにでもすればよいものの、「来年2月に結婚します」なんて信じないよ(笑)。
「鉄+禄+寅月生まれ」は、寸前で異性を逃したり裏切られたりする質。
事務所社長からの9年間にわたる性の奴隷生活をようやく断ちきった三井も、
(害で)焦ってOKサインだして、ゴールインならば、病気の家庭が完成(笑)。
いずれにしろ、誉められたもんじゃない!
木9スタイル 本木雅弘の主演が時代遅れ●
■木9スタイル。いまどき一流の百貨店などあるのかと疑問だ。
しかも、純然たる外資なんて.....。
設定が不自然なのはともかく、
どこをトチ狂うと(いくら10年運安定感ある(35歳木申)とはいえ)
盛りを過ぎた
本木雅弘(畑酉)に主演をやらせようという発想がでてくるのだろうか。
宍戸錠(陽午、宍戸開の父親)かと思ったヨ(笑)。
女性にモテるというフレコミだが、実際の本木は受け身で軽いだけで、
寸前の所で女性に裏切られる性癖(畑+禄+子月)。
もっとも翻弄されるという意味では適役かも知れないが、
こういう話しは去年一昨年の天冲殺年にやってほしかった。
しかも、過去の女性をキレないというのも情けなく、
とても仕事が出来るとは思えない。
竹内結子(木辰)は、相変わらず進歩なし。
生月冲殺の
坂井真紀(灯酉)に期待したいところだが、
キャスティングされただけで、運を使いきりか。
また、
佐藤康恵(雨卯)には、演技を期待するほうが、間違いだ。
期待できるのは、
星野有香(草亥)だけかも。
毒のない
佐野史郎(木子)にも、魅力を感じられないので、次回はパス!
木10ラブコンプレックス 唐沢寿明の衰え●
■木10ラブ コンプレックスは、
盛りを過ぎた人を必死に活かすのは、演出で見せるしかないという見本。
時代整合性ない夏生まれ、しかも本年(鉄辰)「害」の
唐沢寿明(灯卯*)と、
超ダメージ年でただのニイチャンに戻ってしまった
反町隆史(畑丑)。
唐沢が自分らしく伸び伸びやっているのに比べ、反町は力の半分もだしていない。
いくら午未でも、マザコン役は気色悪いばかりだ。ダメだねえ。
だいたい研音もどういう神経なのか、
りょう(雨丑)を反町と同じ番組に出させるとは趣味が悪いゾ。
その"りょう"と
小雪(雨卯※)と高橋ひとみ(山子)は、
相変わらずワンパターンで、見たくない。
木村佳乃(宝卯※)は、おそらく初めて本性を発揮した役どころではないか。
実は、表裏あって悪者なんだから(爆)。
これほどまでに、魅力的な彼女を画面で見たのは初めてだよ。good♪
一戸奈未(木子)は、木村とセット。生月冲殺が辰年でいくらかふっきれた。
夏生まれ
伊東美咲(海午※)は×だが、
頑張る
西田尚美(灯卯*)の天敵役には笑える。
段田安則(陽申)は、『オードリー』に出ているより、
ずっと楽しそう。ついでに羽目をはずしてほしいものだ!
 
■2000年10月14日(土)草巳
松坂大輔駐車違反で球団職員を身代わり●
■免停中にクルマを運転したあげく、駐車違反を起こした、
プロ野球西武ライオンズの
松坂大輔(80-0913/畑丑)が、
こともあろうに職員に替え玉出頭させ、書類送検された。
おお、これは立派な犯罪ではないかい。
球団は「すべての処置は警察におまかせしますが、
球団では本人に厳重注意し、二度とおこさないよう申し渡します」だと。
二度と起こさないためには、免許返上が一番だゾ(笑)。
公式戦のさなかに酒酔い運転疑惑もあり、
女子アナとチャラチャラやるのもいいが、
こういった事は公人なのだから毅然とした対応をすべきではないか。
それだけ「畑」には、逆風が吹いていることを肝に銘ずるべきである。
火性ゼロ(DNA龍/玉)にルールは通用しないとはいえ、
無期限野球活動禁止、引退が望ましい!
イチローがポスティングで大リーグ挑戦濃厚●
■プロ野球オリックスのイチロー(73-1022/宝卯)外野手が、
来シーズン米国でプレーをする公算が強くなった。
FA資格を待たず、
ポスティングシステム(入札制度の一種)とかいう抜け穴を利用したものだが、
今年(00年/鉄辰)のキーワードは「ズル」だし、
10月生まれは立場の変更だから、こういう手もあるのだろう。
しかも、「害」年が一瞬切れる干合支合の「陽戌」月を利用してのものなので、納得。
10年運も「25歳畑未」は、DNA「龍」で海外を示している。
しかしである。「丑」年生まれ「宝卯」は、内外シーソー。
そういう彼が、結婚したばかりか、
夫人(山戌)は、避妊してまで夫をサポートしようとしている。
結婚してもチャラチャラ芸能活動を続け
夫の世話をしない元女子アナが多い中では評価できるものだが、
これは夫人の天冲殺現象(生年冲殺)の現れ。
それはそれでいいのだが、「山」が妊娠出産年を放棄して、
子供のような夫の世話に明け暮れていいのか。
共通干支のない夫婦の未来は、危ういのだゾ!
金9教習所物語 水前寺清子の時代遅れ●
■おい、TBSのボケ。
特番焼き直しの
教習所物語なんか、夜9時にもってきて、
いったい誰が見ると思っているんだ。
水前寺清子(45-1009/宝亥)は、去年一昨年の天冲殺こその人なんですヨ。
上原さくら(灯亥)は、貧乏クジ引かされちゃったネ。論外!
金10真夏のメリークリスマス 竹野内豊の反則技●
■金10真夏のメリークリスマス
午未冲殺「灯亥」の
竹野内豊に子丑冲殺「雨亥」の中谷美紀
まるで許せないキャスティングなのだが、
のっけからヤングラスカルズなんか聴かされてしまったし、
ブリグリのエンディングテーマも泣かせるし、
情けないけどこのドラマは反則技という事で、感想書けません!
金11:09愛人の掟 石黒賢に不倫をさせるな●
■金11:09愛人の掟
午未冲殺の
石黒賢(鉄寅)に、不倫をさせてはいけません。
世の中にもっとも多いパターンじゃないですか...(笑)。
水野真紀(灯未)の悪声も、相変わらず救いようがないし、演技力ゼロ。
盛りをすぎた人を使っても意味ナシ。
「偶然は神様からのプレゼント」ではなく、
悪への近道の方が多いに決まっているのだしね!
 
■2000年10月15日(日)陽午
■相互乗り入れが多いためやむをえないが、関西地方より4年遅れて、
首都圏で昨日より一枚のプリペイドカードで、
首都圏の主な私鉄や地下鉄を乗り降りできる
共通乗車カードシステム『パスネット』がスタートした。
専門的な話しはともかく、JRだって簡単に出来る事をやらないのは可笑しいし、
一部私鉄(京急ほか)も乗り遅れるなど利用者無視に他ならない。
しかも、一括先払いなのにプレミアム一切なしという発想が納得いかないヨ。
そもそも、このシステムの誕生日である「草巳」の干支は、
完璧さを求めるか、相手に翻弄される性癖ではないか。
そして、本年干合のため、「ゆらぎ」成分を一生背負うことになってしまう。
前途多難かも!
銅メダリスト 黒岩彰松坂大輔をかばう夢の中●
■激震走る西武ライオンズ。一投手の不始末が球団の屋台骨まで腐らせようとしている。
松坂大輔(畑丑)のイメージダウン必至で、
本人はCM降板のあげく一生を棒に振りかねない。
しかし、これも身から出た錆。腐った組織には、腐った林檎が似合っているのだ。
当方は、一環として松坂デビューの頃から、その宿命の弱さを指摘してきたが、
いよいよ超ダメージ年で化けの皮剥がされたのは、ある意味で溜飲さがる思いだ。
甘やかされた午未冲殺の末路は哀れなのである。
また、犯罪に荷担した
黒岩彰(61-0906/海寅)広報は、
五輪銅メダリストだが、本年条件なし天冲殺。キーワード別れ。
知恵を使えない(と言うか常識のない)「海」はこうして淘汰されて行くのだ。
来年は「天冲殺+害」ばかりか、10年運も「妥協+害」に突入する。
「畑」に「海」は、ダメージカラーじゃないか。
交際相手とされた
柴田倫世(山戌)も、遊びが壊れる天冲殺だし、
ダメな人達は集うということか。この人も時期をズラして処分されるべき。
『ヒッパレ』のはしゃぎすぎ姿を見たが、コイツも何考えてるんだか.....
「天むす」に混じって唄ってる場合か.....何が人生って素晴らしいだよ、最低(怒)。
松坂は、期限を決めない自宅謹慎ではなく、この際一気に永久追放したほうが、
かえって西武のイメージはアップされるに違いない。
色恋に酔いしれ犯罪を行ったのでは、示しがつかないのだ!
土9新宿暴走救急隊 田村淳の笑えるセリフ●
■土9新宿暴走救急隊は、
いくら何でもロンブーに歌までやらせることはなかろうに...。ひどい出来だ。
また、
田村亮(山戌)はともかく、
田村淳(木戌)のセリフは論評すら出来ないほどヒドくて、かえって笑える。
タレントより、救急隊は似合うよ(爆)。
それにしても、使えない午未の上司
(
山下真司=鉄寅/内藤剛志=山子)を持つと疲れるもんだ。
同情するよ、可哀想に。
この際、淳は
上原多香子(海寅)を、妹とか言わないで、
舞台裏ではナンパしてほしいものだ(笑)。
さげ▼▼の威力で、今だけの人をやっつけてやれ(笑)。
片瀬那奈(畑丑)は、いかにも「畑」顔。『
美少女H』出身で応援したいところだが、守護神が宿命にないガサツ人間。
暴走ドライバーは、性にあっている。
岸田健作(木戌)は、ここからの飛躍に期待。
鈴木杏樹(宝丑)は、木性火性なし。
条件なし天冲殺の火性月スタートだが、
この役はドラマに落ちつきをもたらし、けっこうイケてる。
これからも苦難の人生で、女優を磨いて欲しいものだ。
土10:58ただいま満室 榎本加奈子に成長なし●
■土10:58ただいま満室は、
天冲殺明け干合でいくらかふっくらした
榎本加奈子(草巳)と
雨上がり決死隊
宮迫博之(鉄戌)の掛け合いが見物だが、
しょせんマンガ原作の薄っぺらさ。いい人と悪い人の構図がわかりやすすぎ.....。
演出もまるで奥がなく、中学生向け。この時間帯なんだから、もっともっと工夫が欲しい。
素人じゃないんだから。
それに、ラブホの裏側を見せるとか前宣伝のわりに、上面をなめているだけ。
愛だかなんだか知らないが(笑)、
借りやすそうなラブホでお手軽にロケしたのがミエミエで、
少しも目新しくないし、期待裏切りすぎだヨ!
 
■2000年10月16日(月)灯未
■ドラマが始まってけっこうハードな日が続いたので、虫の息になってます(笑)。
やらねばならぬ事が多すぎて、旧作のリニューアルばかりか、
いわゆる原稿書きに割ける時間が乏しく、悪循環かも。
さて、一部地域を除いて今週火曜日(17日夜7時)の
フジTV系の特番『ハッピーバースデー』で、
チラッとこのHPの管理人であるバ→スディ★喜多寺がTVに露出する。
番組の後半「MAX」のコーナーだから、おおむね20時半すぎの事。
MAXの未来の相手を考察している。
しかし、彼女たちは子丑か天干一気なんで、ホントは難しいのだ(笑)。
一人に最低一時間もかけて、
全芸能界(ちょっと大袈裟か!)をくまなく探しだしたので、けっこう信憑性あり。
主に仕事を伸ばしてくれる(年干支を大半会する月干支を所有)運型で、
なおかつ守護神か程良い共通干支がある人物を選んだのだが、
彼女達の反応は如何に.....。
なにしろ、スタジオ収録ではないので、盛り上がりはイマイチかも。
当方は事務所で顔を撮っただけ。
話しによれば、その後「モー娘。」中澤裕子(草酉※)にふって
(一応当日ゲスト全員の分を検証したのだが、PのAにNGくらったらしい)、
彼女のリアクションは良かったそうだが、カットされてるかも知れないし、何とも言えない。
いずれにしろ、本人達直々に話しているわけではないので、
余興の域は出ないという言い訳を最初にしておこう!
板東英二が7億円だせと脅される●
坂東英二(40-0405/山寅)が、
元付き人(逮捕ずみ)に、「7億円だせ」と脅されていたという。
エネルギー300点の存在感のある人だが、
40代(木申)50代(草酉)と続いた天冲殺10年運も明け、本年より「60歳陽戌」。
一見守護神のようだが、辰年辰月生まれのこの人のDNA「牽」主導が、
「天剋地冲」されはじめる時でもある。
来年(01年/宝巳)は「害」。そろそろ生き方の変更を迫られるお知らせ現象かも知れない!
■あの田代まさし(鉄午)が、
「姉さん、今回はお騒がせしてすみません。お世話になったご恩は一生忘れません」
という短い文面を、
和田アキ子(木戌※)に送ったとかで、
和田は「せつなくて胸がつまった」と気づかいを見せている。
何が芸能界のご意見番だか、ゴッド姉ちゃんだが知らないが、
極めて悪質な犯罪に対して、いったいこの人は何を考えているのだか。
思わず悪寒を感じてしまった。だから、ダメなんだ!
■ノーベル賞受賞の白川英樹(木戌)筑波大名誉教授の趣味は畑仕事で、
自宅の近所に畑を借り、キュウリやナス、ブロッコリーや葱を栽培しているとか。
なるほど「木」らしいことだ!
 
■2000年10月17日(火)山申
田中康夫に待ち受ける長野県の洗礼●
田中康夫(56-0412/畑酉)長野県知事が誕生した。
忌み神年の守護神+害(ありがた迷惑)月のスタートである。
中央の構図はともかく、地方の知事選挙は何処も与野党相乗りが多い事への
痛烈な批判なのだが、威勢よく県庁に乗り込んでも、周囲は敵ばかり。
これは、田中が勝ったのではなく、敵がコケてくれたことに他ならない。
だって、自民党の選挙は相変わらず利益誘導だし、
田中へのネガティブキャンペーンも、小学生以下の稚拙なもの。
これにタマが悪いのだから、どうぞ相手に勝ってくださいというようなもの。
かつて
青島幸男(畑卯)が、東京で失敗したように、
彼にも前途多難な道が待ち受けているようにも言われているが、
「畑+車+辰月」は、典型的な官僚タイプ。
本来新しい流れを生みだしてこそ、長野県民の為になるのだが、
寅卯天冲殺は守備本能の人。
だから、20年も離れておいて「長野のために」と担がれる。
長野県の役人が、どれだけ頭がいいかわからないが、
少しずつ外堀を埋めてしまえば田中を籠絡することなど、至極簡単。
そうなった時の彼は、下半身問題とは次元の異なる打撃を受けることになる。
とにかく、田中に期待されるのは、作家活動の停止ばかりか、
等々力の御殿を処分して、潔く長野に骨を埋める覚悟をすることだ。
この際、過去は問わないが、現実と未来は容赦ない。
当方は、田中の志は認めても、あの如何にも官僚的な「顔」を信用するなよと、
長野県民には言っておきたいのだ!
■野球ファンの間では、日テレ柴田倫世(山戌)アナを
「松坂を発情させた、とんでもないサゲ●●」などと、下品な言い方をしているようだ。
社会人としての先輩のクセに、
法を犯すマネをさせている(タクシー使えと言うべきだろ)のだから、
あたらずとも遠からずだが、もともとダメになる素質を持った輩が、
たまたま引導渡してくれる相手にひっかかっただけじゃないのか!
■4年前の温泉入浴シーンが盗撮されていた、金メダリスト高橋尚子(灯酉)選手。
何から何まで異例だねえ。
ぜひ、会見をしてほしいものだ。また、その発言に注目!
■近所の「ハーゲンダッツ」が、店じまいした。
甘いだけで、本物の味覚を求める人は、あんな所へは絶対に行かないもんナ!
矢井田瞳椎名林檎コピーの嫌な言われ方を検証●
矢井田瞳(78-0728/宝卯)が、
椎名林檎(78-1125/宝卯)のコピーみたいなこと言われているが、
宇多田ヒカル(灯未)と倉木麻衣(木申)に比べれば似せていない。
何故ならば、もともと同い歳で同じ干支だからだ。
つまり、あえてコピーしたのと、もともと共通項があるのとの違いだ。
しかし、椎名は不潔感を演出しているようで薄気味悪いが、ヤイコはとってもキュート!
 
■2000年10月18日(水)畑酉
■早くも公約破りの田中康夫(畑酉)長野県知事。
東京銀座のソニービル前で「リンゴの着ぐるみ」姿で
県をPRすると言っていたのに、無期延期。
口だけの人なのか.....(笑)。
■読者メール(草丑)→
ベルサーチのスーツにドンペリで乾杯だとか.....。
庶民の姿見えてんのかな? 勘違いしなきゃ良いけど!

彼はDNA「車+石」で、豪放ワンマン。
大義の前には個人感情を押し殺せる人ではありますが、
「車+司」で利用されやすいんですヨ。
また、昨日も検証したように官僚体質だし、存外カネに弱いのです。
表向きはともかく、「ここはひとつ県民のために」とか言われて、
裏では通じるかもしれません。
そうならなければ、抹殺されますし辛いね。
■11月末にアルバム『太陽』で復帰する槇原敬之(雨巳)。
誰と交際しようと自由だが、条件なし天冲殺のデビューが、
内外シーソー・10年運は忌み神「害」なんだから、
たとえ守護神年でも、期待してはいけない。
槇原は「あの時以来、ボクについていたムダなものは全て落ちてしまいました。
そして、自分の中にある『大切なもの』を集めて、このアルバムをつくりました」だと。
嘘つけ(笑)。オイオイ「太陽」は、超忌み神だってば!
菊池桃子(木戌)が自身の絵(猫の油絵)を
展示会(東京・銀座ホリプロ・アート)にだして会見したが、
「子供はもう一人欲しいので、仕事は当分おあずけです」とか。
日座冲殺さげ●●が、こうだから、夫は相変わらず泣かず飛ばずだし、
その子供だって.....になってしまうのだ。
いいから、CMなんかでお茶濁してないで、生年冲殺は仕事に生きてほしいのだが.....。
それに、「木+禄+辰月」は、配偶者の生きるエネルギーも財も吸い尽くしてしまうんだゾ!
火10神様のいたずら 鈴木杏が台無し●
■火10神様のいたずらについて、遅ればせながら......。
鈴木杏(陽午)は長野県が似合う(爆)。
ところで、父親の役は断じて
豊川悦司(鉄戌)以外は認めんゾ。
なんで、本年忌み神害年の
岸谷五朗(畑卯)じゃなければならんのだ(怒)。
実際の杏ちゃんを見かけた当方としては、画面だとまだ子供っぽいが、
もう少し大人っぽいのを知っている。
セーラー服の鈴木も、やっぱり娘にしたいナンバーワン「女優」だ。
しかし、岸谷はさすが害年、精彩なし。
もともと年支「辰」と日支「卯」が「害」で、表裏あり。
生月冲殺・生日冲殺で複雑な人だが、
今年の「畑」はイジイジしてるだけで、見てくれ悪い。
鈴木とは共通干支(岸谷の年干支と杏ちゃんの月干支が共に「木辰」)があるものの、
鈴木の年干支「灯卯」を岸谷の月干支「雨酉」が「天剋地冲」するので、
岸谷は鈴木がいくら頑張って演技しても、良さをひきだせない。
一方、
財前直見(畑巳)と岸谷は、
三合会局(財前の畑巳と畑丑に対し、岸谷の日干から月支を見て畑酉が完成)があるので、
どう考えても兄妹関係。二人の組合せでは数字は伸びない。
だいたい、自立して仕事で運気を上げたうえ、
良いパートナーを見つける女性が多いなかで、
この手の結婚相談所を舞台に選ぶなんて、結婚そのものを冒涜してはいないか。
BEでは、こういうシステムは、断固反対であることを忘れないで頂きたい。
パートナーは自分で探すか、しかるべき人に任せるものなのだ。
オマケとして
古川理科(草亥)、まだいたんだネ。財前にくっついてきたんだあ!
 
■2000年10月19日(木)鉄戌
■昨日、19時頃あまりに眠いので仮眠していたら、
21時に右脇腹激痛が走り起きる。
何が何だかわからない初めての経験。
とりあえずシャワーを浴びたが、病院行きは何度もためらった。
好きではないので...。
しかし、そうも言ってはいられないので、HPに断り書きを入れ、表に出る。
横っ腹をおさえながら、タクシーで近くの○○病院へ。
たかだか5〜6分の間が長く感じられ、
冷や汗から脂汗と共に激痛の間隔は短くなる。
意識まで遠くなるので、たおれこむように処置台へ。
その後、座薬で痛みをとめ点滴。レントゲン、尿検査、エコー。
「▽△結石」ではとの判断。
暫くして、痛みは治まったが、医者におされ再発(笑)。
病院工事中のため、入院は出来ないので、明朝外来とか。望むところだヨ。
座薬と眠くなる痛み止めを貰い帰宅。
この間約3時間。戻っても仕事どころではなく、
倒れ込むも5時には再度痛みで眼がさめ、座薬と飲み薬。
うつらうつらして、外来へ。
泌尿器科でも、待合室で横になっていないと辛い。
ひととおりの診察受けるも、本検査は来週水曜とかいうノロさ。
SPEEDの時代に、○○病院はなってない。戻ってまた眠り。
夕刻5時、いくらか痛みが落ち着いているので、
かかりつけの信頼できる漢方医に電話。
「▽△結石」に間違いなく、宅配便で煎じ薬を頼んで、とりあえず今に至る。
体験したことのない痛みは、人間を不安にさせるものです。
このところの不規則な生活と多忙が原因だと思うが、
早く通常体制に復帰しないと、大変なことになる。煎じ薬に期待するしかない。
■笑えたのは、急病のためとHPに書いたら届いた読者メール(鉄子)→
体、大丈夫でございますか。無理せず、しっかり食べて寝てくださいませ。
やっぱり風邪のときは、うどん!

おいおい、風邪くらいで夜中に病院へ行かないって。
いったい、何を考えているんだか。心遣いは感謝するけど...。
 
■2000年10月20日(金)宝亥
■薬の効き目がなくなると、
(外出すると)途端に前傾姿勢になってしまい、背筋を伸ばして歩くことができない。
しかも、寝不足がまだ解消されていないので、
頭が不自然で、仕事に手がつかない現状だ。
情けないが、暫くペースダウンが強いられるが、しばしの間ご容赦を!
■火曜日(17日)の『ハッピーバースデー』特番について。
時間がなくて、大幅カットだったのは、極めて残念。
中途半端なのは仕方なかったかな。
一人1時間はかけてるからね。
しかし、子丑冲殺やら天干一気やらで、なかなか定まらず。
年干支を大半会する月干支を持ち、日干支はラッキーカラーや干合という形で考慮した。
MAXNana(陽子)のココリコ田中直樹(宝巳)への反応は、
けっこう素直で、当方としては、とても嬉しかった。
なんだったらデートくらいして欲しかったな!
■読者メール(木申)→
BE的解説がなかったのが不満。最後のオチは最高でしたが!
解説がなくても、ここの読者は楽しめたかも知れません。
でも、一般視聴者には...ねえ。
最後の
深沢邦之(灯丑)登場は、オチより皮肉もあったんだけど(笑)。
■読者メール(灯酉)→
喜多寺先生の足元からカメラが入っていたのにはビックリしました。
とてもテレビ映りのいい髪の色とセーターの色でしたね。
田中美佐子(灯酉)のダンナさんが選ばれたのにはウケました!
喋りがないと、面白くないし、本来はスタジオに行かないと、伝えきれないですね。
■読者メール(鉄子)→
♪MAXの性格診断ミーナしかとりあげられてなくて残念でした。
他の人のも知りたかったですねぇ。
時間が無かったのもあるだろうしきっと当たり過ぎててNGだったのでは・・・。
なんて読みをしてしまいました!

実際にはMAXだけじゃなくて、「モー娘。」はじめ全員やったんですヨ。
■参議院非拘束式巡る国会混乱。
どうせなら、選挙区だけで100くらいにしてしまえば、
経費もかからんでいいんじゃないか...(笑)。
しかしながら、我が国の優秀な
森喜朗(海寅)首相は、
野党の審議拒否を「不登校児童のようなもの」とやり、
またまた物議をかもしている。
暗愚の帝王や元号明瞭中身ゼロ、パフォーマンスだけのお飾りよりは、マシかも。
だって、この人の頭の中身は、ホントにわかりやすいというか、
知的レベルを感じさせないもん。
国民の恥には違いないが、ダマされなくてすみそうだ!
■次期NHK朝の連続ドラマちゅらさんのヒロインに、
国仲涼子(灯未)が決定。
クドい夏生まれで、宿命に守護神なし。
『Summer snow』でも、特に光ってはなかったケド!
「海砂利水魚」との勝負に負けた
バカルディが、「サマーズ」に強制改名される(笑)。
大竹一樹(陽午)の天冲殺明け+三村勝和(雨卯)の天冲殺+害だ。
よって、長くは続かないコンビ名になるゾ。
こんなインパクトないのは、一時的かも。
しかし、
内村光良(宝酉*)がつけたそうだが、センスないなあ・・・!
 
■2000年10月21日(土)海子
■恒例の体調報告から。昨日はほとんど寝てばかり。
右脇腹が痛むことはなくなった。
本当に結石かなと疑いだしている。
もとより満足な検査をせず、エコーでもたいした事がわからず、
来週水曜日までほっておかれる身なので、何とも言えない。
しかし、痛んだ裏側が腫れて痛むので、
腎臓も炎症を起こしているのは間違いないようだ。
今は、ひたすら背中が痛むのをおして、こうやって仕事をしている状態。
ところで、昨日届いた漢方には、
量が多いが(水1.2リットル)頻繁に飲めという指示だが、
甘草が入っているので飲みやすいので助かった。
しかし、土日様子を見て、緊急の痛みならやむを得ず病院へ駆け込むが、
そうでない場合は漢方医のもとに月曜にでも、這っていくことにしたいと思う。
今回の件で多数の方より励ましメールを頂いたが、
急患で駆け込んだ病院はあまりにもズサンだというご指摘を医療関係者の方から頂いた。
紹介でも緊急(救急車)でもなくやってきた患者など医療事故が起ころうが、
責任はとれないというのが、病院側の本音であろう。
これが、私立病院ならともかく、公的機関のやっている所だから、全く始末におえない。
なにしろ、予定が一杯で精密検査は来週水曜なんだから(笑)。
死なないとは思うが、無理が出来ないというのが、現状!
ミニモニ。矢口真里の気分転換は前途は多難●
■条件なし天冲殺でモーニング娘。に参加した矢口真里(山申)が、
天冲殺明けの守護神月で、平均身長148センチの
ミニモニ。を結成した。
グループ6番目のユニットで、
つんく(海申)は関知していないと言うことだが、
参加メンバーは天干一気の
辻希美(灯酉)、
ダメージカラー化け物的エネルギーの
加護亜依(海辰)、
年下で
ココナッツ娘。ミカ(海戌)。
思わず目をおおいたくなる陣容。
CDデビュー日が11月29日(宝卯)は、
年支「辰」と「害」になって持続力がなく表裏あり。
誉められたものじゃない。
「絶対、100万枚売ります」と意気込みは充分だし、勢いは認めるが、前途多難だな!
■条件付き(生月)天冲殺明けの安西ひろこ(灯未)の
初回限定盤CD(写真集付)『True Love』5万枚が2日で完売したとか。
あの会社なら、ソコソコ買い切り分も含めて、
この程度のパフォーマンスは可能だろうが、
こんなことやってても、本人のためになるのだろうか!
森喜朗(海寅)首相の言葉。
記者「中川官房長官に関する写真週刊誌の報道で・・・」。
首相「私は写真週刊誌って見たことないんだ!」
だから、そういう事じゃないんだってば!
 
■2000年10月22日(日)雨丑
■体調は昨日に同じ。背中に痛みが移動したので、PCに座りっぱなしが辛い。
病院支給の痛み止めと同様のものを別ルートでも手に入れたので、いくぶん安心だ。
また、ひと頃は水分で体内が溢れかえっていたのに、
いまは出てゆくほうも相当なので、1リットル程度の漢方の煎じも苦にならない。
漢方医も「尿管結石」に間違いないと言うことなので、
だましだまし仕事をするしかないが、無理ができないのというのは、愉快なことではない。
■故・荒井注(宝未)サンが亡くなって半年も経過した
干合天冲殺月(陽戌月、存命ならば)に、
33歳の未亡人(生年月日不明)が矢面に立たされている。
4億円はくだらないという遺産に、没交渉だった妹達が、
未亡人に全額相続させるという遺言は認められないと、騒動を起こしているもの。
ロクに交流がなかった輩が、金の事になると親族ズラするのは、なんとも情けないことだ。
24歳から33歳まで暮らした未亡人が、
故人の遺志をつぎ遺産も全額相続するという事に、何のためらいがあろう。
同じ金でも奪い取る金は、因縁がつくというものだ!
■早くも出てきた松島菜々子(海午)と反町隆史(畑丑)の不協和音。
どうせ「害」関係だから続く訳もないのだが、そんな事より反町は仕事しなさすぎ。
もっと働け(笑)。それとも、やっぱり忌み神年で仕事ないのか.....!
清水美砂(灯未※)が、妊娠4ヶ月で映画出演。
濃厚な男女のカラミもあるという。
ハッキリ言って、お腹の子供に因縁つきそうで、感心しない!
 
■2000年10月23日(月)木寅
■手探り状態の毎日が続く。
昨日は痛み止めも必要がなかったし、痛みもそれほどではなかった。
あと1日も寝てしまえば、何ごともなかったようになるのだろうか。
本当に「石」は何処かにいるのだろうか。
今のところ、出てくる気配も存在を誇示する痛みも感じさせなくなったので、
何かの間違いで、一時的にひどい炎症が襲ったことにならないだろうか。
「お・ね・が・い」だ!
■元プロボクシングWBAスーパーフライ級王者の
飯田覚士(69-0811/山午)が、役者デビュー。期待できず!
■ヒット曲らしいものも、ここずっとない渡辺美里(海申)が、
15年ぶりにライブハウスに出演した写真が、山本リンダに見えてしまった!
■まさか、慎吾ママは紅組じゃないよね〜。どっちにしろ見たくない!
■明日24日放送のフジTV系トークバラエティ『ジャンクSPORTS』で、
TVに本格復帰をする横綱
貴乃花(草亥)夫人の河野景子(草丑)。
干合年で役目役割の変化。
10年運「32歳宝未」は、天剋地冲。
次の「42歳鉄午」は、名誉と配偶者の「害」。
宿命に火性のない人が、不自然に子供を産んだのも疑問だが、
相手は日座冲殺・生月冲殺・宿命月日害。
「子」年生まれ「草亥」は、相手の自滅を待つ人。
こうやって、タレント活動を中途半端に始めることが、
別離のエネルギーを急がせるのだが、
どうせ消滅するなら少しでも早くダメにしたほうがいい!
 
■2000年10月24日(火)草卯
■衆議院東京21区の補選で無所属候補が、既成政党に競り勝った。
しかも選挙の投票率が40.39%で、
前回6月の総選挙に比べると21ポイントも落ちたのにもかかわらずである。
今回は、当選した候補ばかりか、
各党の大物政治家等が相次いで選挙区入りする派手な選挙で、
マスコミで取り上げられたわりには、
あまりにも感心が低いと言わざるをえないのだが、
それでも無所属候補がこの低い投票率で当選できたことに意義があるだろう。
だって、以前は低ければ低いほど、組織力のある政党が有利だったのに、このありさま。
中央じゃ対決姿勢をとっているのに、
地方じゃ相乗り知事選挙なんかをやっている、いかがわしさに嫌気だって感じるよ。
何処かのコウモリ政党は、これで連立離脱の覚悟が出来たかな(笑)。
また、共産党の自主投票も効いたようだ。
この政党は、いつまでも組織力維持のために、候補者をたてるのではなく、
このようにズルい戦略をたてたほうが、良いに決まっている。
政治屋のための選挙ではなく、少しは新しい流れに期待したいものだが、
くれぐれも一過性でない事を望みたい!
■東京都の浜渦副知事の泥酔暴行事件は、
石原慎太郎(木午)知事の天冲殺現象のひとつ!
有働由美子星野仙一の結婚話と夢の中●
■週刊誌が報じた、星野仙一(47-0122/宝丑)中日監督と、
NHK有働由美子(69-0322/陽申)アナの結婚話は、
やはり二人の条件なし天冲殺現象。
こんなヨタ話しでも、天冲殺だと尾鰭もついておかしな事になる。
しかも、二人が干合関係のため、
「意外や似合いかも」と思わせてしまう所が笑える。
星野は亡妻との間の娘が11月に結婚式を控え
「フザケルな、告訴してやる」とかだが、ここは軽く受け流す余裕が欲しいものだ。
だって、10年運「45歳陽午」は干合支害なんだよ。
年長者として、有働の窮地を救済してあげる意味で、奉仕の気持ちじゃなくちゃな。
今年の「宝」は、協調性和合性だもん!
小泉純一郎(宝酉)元厚相が、
アホの
中川秀直(陽申)官房長官の後任に浮上(笑)。
こちらは優柔不断な小泉に降って湧いた、干合支害月(陽戌)の作用。
四面楚歌の首相と一蓮托生にされ封じ込められては叶わんと、
小泉は慌てているようだが、こちらも笑って誤魔化さないと、
妥協のキーワードに落ち込むゾ!
北野武が娘を押しつけたい理想の相手●
北野武(47-0118/灯酉)曰く、
「ウチの娘を巨人の松井が貰ってくれないかなあ...」だと。
そりゃ
松井秀喜(73-0611/雨未※)には、
北野井子(82-1005/宝酉)はラッキーカラーだけど、
子丑冲殺でコントロール不能の相手を押しつけられては松井がいい迷惑だろう。
そもそも子丑の子供が生まれることじたい、
親の危機なのに、いったい何を考えているのだか...。
親バカが、娘の条件なし天冲殺で大枚はたいてデビューさせたはいいけど、
泣かず飛ばずのあげく(本人は)米国へ逃げちゃった訳でしょ。
遠くへやってしまったのは、子丑に対する正しい育て方だろうけど、
きちんと自立させねばダメ。無理だろうけどネ!
高橋尚子(灯酉)の国民栄誉賞は、けっきょくどうなるんだろうネ。
SPEEDの時代なんだから、早いところ白黒つけないと、
小出監督(海午)との熱愛説が出てからじゃ、遅いよ(笑)。
MISIA(鉄午)と吉田美和(鉄申)の競演なんて、
クドそうで、聴きたくないや...!
 
■2000年10月25日(水)陽辰
■あれ以来おっかなびっくりとはいえ、平穏な体調が続いている。
そして、一応予約は入れたので、いやいやながら今日はレントゲン再検査。
朝8時以降は食事がとれず、11時以降は水分をとれない。
大病院の「ヤ」なところは、なんでも大仰でSPEED感のないところ。
それに、痛いのは嫌いだし、変に時間をとられるのも好きではないし、
躰にメスを入れるなど容認できない。
だから以前に盲腸をこじらし腹膜炎になってしまったが。
とはいえ、脳外科医であり漢方医である、
S医師が「検査くらいは受けてきなさいヨ」とおっしゃるので、
しぶしぶ検査だけは受けてくる予定である。
ま、今回の一件で夜型人間復活気配なので、午後3時の検査は望むところだ!
■疑惑遺書騒動の故・荒井注(宝未)サン。
筆跡鑑定の結果、本人のものと判明。
まずは目出度し目出度し一件落着。
遺産を引き継ぐというのは、因縁まで引き継ぐという事だと、あらためて思った。
残すものどころか、まだまだ遙かマイナスの当方には、
全く無縁の話しだが、人騒がせな事だったなあ!
■ダメな生き方をしている人は徹底的に叩かれるもので、
近藤サト(海午)がツーショットを撮られた長嶋一茂事務所代表の深山典久は、
乱交パーティの常連という衝撃情報が流されている。
ふむふむ、じゃあ
長嶋一茂(木申)はどうなんだろう。
まさか、木は斬り倒されるんじゃないだろうね。
痛し痒しなのか、それともビクビクしているのか...!
■まだ懲りずに続いていた稲垣吾郎(山寅)と菅野美穂(宝亥)。
沖縄旅行もバラされ、結局帰りは一人でトボトボ帰るハメに。
仕方ないねえ。そういう事務所に所属してるんだからサ!
■何処で発見されようといいから、行方知れずになった人が、
早く祖国に帰れるのが先決ではないか。
くだらないメンツや方法論にこだわっていないで、SPEED解決すれば、
少しは
森喜朗(海寅)首相の功績として、後世に残るものをナ!
 
■2000年10月26日(木)灯巳
■ヨード造影剤によるX線検査を行ってきた。
午前8時以降は食事禁止、11時以降は水分摂取禁止は、
寝ていたので(笑)問題ないが、咽の乾きを必死にしのいでいたが、
所要時間20分で終了した検査の結果は案の定、異常は見られず。
そうなんだよな、自分の躰は自分が一番知っているのだから...。
若干疲れやすいのは歳のせいだから仕方ないが、とりあえず何処も悪くない。
これは、当日のX線やエコーでも同じ。
考えられるのは、初めから「石」などなくて、別の理由により七転八倒の激痛が走った。
たとえば、疲労が極限に達し、臓器がねじれたとか(笑)。
あんまり現実味がないが、「石」は確かに存在したが、
漢方の煎じで利尿作用が促進されたため、知らずのうちに出てしまった。
実は痛みがなかったが、一昨日寝ているうちに、
下血(鮮血)があったのだが、あれがそうかもな。
SPEED感のない某病院の医者の診断も
「石はないですねえ。出たのかなあ。ま、少し様子をみてください」だと。
ああ、いったい何だったのか。しかし、別の事実も判明した。
腰椎が若干圧迫されているらしいのだ。
ずっと座っている仕事だとはいえ、腰が痛いという自覚症状はまるでない。
頸が疲れやすいのとあわせて、
ずいぶん前にやられた追突事故(俗にいう、停車中に後ろからオカマをほられた)の影響か、
極寒時に道路で転倒したからか。
いずれも鍼で治したのだが、気づかないところで、おかしくなっているのかも知れない。
とりあえずは、こちらのほうが気にかかる!
■なんと、愛人を実家に招き入れ寝室で写真を撮っていた中川秀直(陽申)官房長官。
この人は入り婿で政治家になったらしいが、条件なし天冲殺で出ること出ること、
いったい政治家なのかそれとも、ただのオヤジか(笑)。
ダメな首相には何ともお似合いだが、
この人は恥という成分を持ち合わせていないらしい。
潔く辞任するでもなく、来月の「害」月で、ボロボロになっていくのだろうか。
なんとも、ダラしない人だ!
■国連の親善大使が一堂に会し、
これまでの活動と今後の役割について討論する会議が23日、
米ニューヨークの国連本部で開催された。
薬物統制計画親善大使の
小室哲哉(山申)は会議終了後、
「日本の若い世代に、音楽を通じて薬物管理などへの関心をもってほしい」と
コメントしたようだが、彼の楽曲にそういうタイプのものはあっただろうか。
どうせなら、もっと具体的な行動で示してほしいものなのだが、
出席しないよりしたほうがマシな程度でやってるんじゃないだろうネ。
何かと疑惑の多い、この人。
はたして「山」が崩れるのはいつなのだろうか...!
倉木麻衣が立命館大学に合格●
倉木麻衣(82-1028/木申)が、立命館大学に簡単な作文と面接で合格したようだ。
そのわりには、裏口まがいの方法で早大に入学した
広末涼子(海辰)ほど、
ねたみや反感がないらしい。
これを人徳とか言うのは間違いで、大学の特質と注目度が違うからだろう。
しかし、どうせここまで表に出てくるのをかたくなに拒絶しているなら、
どこかの誰かみたいに中途半端に出てくるより、
「絶対にTVには出ません」「コンサートは一切やりません」のほうが、
潔いのではないか。
ZARDと同じでいいヨ!
 
■2000年10月27日(金)山午
■腰がどうのと言われると急に腰痛に見舞われたので、
とりあえずバンデリンで誤魔化しておいた(笑)。
ただ、脳外科医にして漢方の達人S医師によれば、
「下血との関連性も疑う必要あり。消化器系が何らかの問題を抱えている可能性あり。
某病院の言うような整形外科ではなく、消化器系の検査が必要かも知れない」
という指摘なので、可能ならば検査を受けたほうが良いのだろうが、
ただでさえ時間のないところに今回の問題で相当時間を費やしてしまったので、
当分は何もなかった事にするしかない。
だいいち腸系統の検査など恐ろしくて受けられたもんじゃないし、
本人はまだ結石だったという認識はなく、
腸でもネジれたのではと思っているぐらいだから...。
もし、専門医がコレをお読みになっていたら、ご一報頂けると幸いである!
■日本シリーズの最中、読売巨人軍の杉山直輝(69-0903/宝巳)捕手が、
女性に対するわいせつ致傷で逮捕された。
10年運ダメージカラー「29歳畑巳」に、動きのとれない鉄年で血迷ったようだが、
ホントに冬の時代ではダメな「宝」の出番はないようだ。
なお、これにより
長嶋茂雄(海申)監督の引責辞任が噂されているが、
潔くヤメれば格好がつくのにネ。
また、この事件で
松坂大輔(畑丑)は、チョッピリだけ助かったかナ!
■その松坂の父親や相手の柴田倫(山戌)アナの母親が、
なんで子供の交際話しにしゃしゃり出てくるのだろう。
コメントをとりに行くマスコミもマスコミだが、
それだけ息子や娘が社会人として心許ない証明かも!
■訳がわからないのは、ついに息子の逮捕されるに至った三田佳子(畑丑)。
ただでさえ子供縁薄い午未冲殺のなかにあって、
モロ子供(鉄や宝)の存在がダメージになる「畑」。
嘘で塗り固めるにもほどがある。
今度は覚醒剤所持ではなくれっきとした吸引なので、堂々たる犯罪(怒)。
皆んな逃げ隠れしてないで、本音で喋ってほしいものだ。
別に三田がいなくなった所で、代わりはいくらでもいるのだから!
倉木麻衣幼児期ビデオを父親が売るらしい●
■どうやら本気で娘の幼児期のビデオを売り出す倉木麻衣(木申)の父親。
このところ、倉木の事務所の総帥とこの父親は旧知の仲である事も判明。
おいしい所だけとっていった人への反撃作戦ともとれるが、
さして運型に見るべきもののない倉木(木)が、斬り倒されるのも間近か。
来月はラッキーカラー害だしね。
でも、疑問なのは、そんなビデオに、
飛びついて買う人がどれだけいるのかと言うことだヨ!
安西ひろこ(79-0209/灯未)の唄を聴いたが、
とてもじゃないが天冲殺・
浜崎あゆみ(灯酉)を超える上手さも迫力もなし。
やるなら去年だった(生月冲殺)のだから、
エイベックスも商売下手になったというのが、感想。
モー娘。ゴッチン(草丑)の弟(ユウキ=草卯)も同様。
干合支害で期待できない所に、夏生まれ草の鈍重さあふれる感じ。
ロクに唄わせてもらえないのに、たまに声だしても、コレが情けないほどヘタ。
やっぱり、無理だ。消えゆく人に投資しても、無駄!
 
■2000年10月28日(土)畑未
■昨日はたまげた。この世に「ウイルス」というものはあれど、
ついぞ本物にお目にかかった事がなかったが、やってきました(笑)。
数週間前に似たようなのが来たときは、用心して開かなかったのだが、
このところの疲労困憊から、ついやってしまった。
そう、知らない人じゃなかったので、開けてしまったのです。
そしてほぼ24時間経過したら、あら大変(苦笑)。
ノートンがウイルス検出した途端には、もう勝手にネットにつなげに行くではないですか。
必死に阻止したけれど、パニックったね。
PCをセッティングしてくれたO氏は会社休んで(たぶん)旅行で、全く連絡がつかない。
CXの「DNAクリニック」の担当者H氏は胆石で入院してるし。
(おお、当方の結石より重症で可哀想だが、再発しないぶんいいかナ)。
こうなったら、もうデータ保存して、WIN再インストかと思っているうちに、
CDコピーのソフトはイカレてくるし、
ダイアルアップネットワークはどっか行ってしまうし、
ダメもとでバックアップマシンにデータ移動とかして、
再インストではなく上書きに成功。
そうこうしているうちに、やっとのことCXシステム担当のN氏に連絡がつき、
ウイルス名も『MTX』と判明、
駆除修復方法のあるURL(http://www.jcsa.or.jp/download/unmtxx.html)を聞き、
ダウンロード。
また知人がヤフーの掲示板で見つけた、
駆除ソフトのURL(http://www.trendmicro.co.jp/mtx/tool.htm)も開き、
2つのソフトを使い、ようやく何とかなったのが、日付の変わった午前3時。
もちろん一睡もしていないし、全く仕事もしていない。
お腹にいれたのも、バナナ2本きり。
MSDOSモード起動で痕跡を消す作業とシステムファイルチェッカーはまだだが
(やりかたが、わからん。もう、頭が回ってないから・・・)、
たぶんこれで9割9分はセーフだろう(笑)。
いや、そうに違いない。断じて良いのだ(絶)。
ただ、立ち上げるたびに(何度再起動したことか・・・)、
「DLLファイルS32UTILLDLLがみつかりません」と、何度も言ってくる。
誰か、わかる人は教えてくれ〜〜〜(泣)。ああ、本当に疲れた。
こんなもん送りつけてくるヤツは、成敗してやらねばならんなあ。
もう、ただでさえ忙しいのに、躰をもとに戻すのに、1日かかるから、都合2日ロス。
今日は、来客打ち合わせも多数。日曜もラジオに来客。
月曜も火曜も・・・。もう、これじゃまた倒れてしまうかもしれない・・・。
ったくトホホを通り越して、悲惨極まりない日々。
毎年10月は善し悪し別に色々あるもんだナ(害じゃないヨ!)。
とは言っても、こんな事で負けてはいられない。
睡眠がなんだ、まだまだヤル事が一杯残ってるんだから、
倒れる訳にはいかぬのだからと、やや虚しくも自分に叱咤激励しています!
■当方に比べたら、もっと大変な目にあっている人もいる。
その人こそ、さっそく害月で役人のイジメにあっている
田中康夫(畑酉)長野県知事。
企業局長の吐いた「社長が社員に名刺を渡すような企業は倒産する」とは
まさに正論だが、それでもめげず名刺をくばり、ヘシ折られてしまった(笑)。
「しなやかな県政」なんて甘い修飾語では突破できないのは、
はじめからわかっていたことではないのか。
それにしても、田中は
石原慎太郎(木午)東京都知事に比べたら迫力のないこと。
形容は悪いが、学生気分が抜けていないんだもん。
大義は認めるが、彼には技量なし。
器じゃないと、宣言しておかねばならないのだ!
■そう言えば松田聖子(灯未)は、
いつの間にか『music-エンタ!』の司会から、おろされてたんだ。
水曜日の話しでゴメンネ。今頃気がついたんで・・・!
 
■2000年10月29日(日)鉄申
■「結石騒ぎ」のあとは「ウイルス被害」で話題を提供するバ→スディ★喜多寺。
もう予定は狂いっぱなしで、ヘロヘロ。
差し入れのおいしいタルトを食べても、
日本一の豆冨をつまもうと、スーパードライでくつろぐヒマもなく、
このままひたすら年末モードに突入か・・・。
とにかく時間が欲しい。それだけだ!
■最近このHPのヘビー読者で「友の会」常連の「畑丑」が、
ダメージ年を反映して交通事故にあった。
雨降りの残業帰りの日に、一時停止を無視したタクシーに、
自転車ごとハネとばされたものだ。
当初は面倒くさいので、そのままにしようと思ったらしく、
警察にも通報しなかったので、さすが私にドヤされて、
事の重大さに気がついたようだ。
案の定翌日には、脚は腫れるわ肩や頸はおかしくなるわで悲惨な目に陥って、
慌てて警察に駆け込んだようだ。
どんな小さな事故でも、後の事を考えその場から、警察に通報するのがルール。
ここぞとばかりに警察をフルに利用せねばならない。
ケイタイだって、こういう時のためにあるのだから。
いま彼女は整形外科に通いながら、
休業補償や治療費をタクシー会社と折衝せねばならないという、
楽しいスケジュールに見舞われている!
■さて、この事故に触発され、
いままでケイタイなど不要といっていた「化石」のような人でも、
ヤバいと思ったのか、重い腰をあげ「auショップ」に駆け込んでいる。
遅いけれど、イザという時にも役にたつのだし、
最近は公衆電話も都合良く、どんどん姿を消していることを認識すべきだよね!
■なんだか意味不明なのが、去年11月の自動車接触事故を今頃になって、
自ら出頭してまで書類送検された
西村雅彦(木戌)。
ひところの勢いなく、ようやく「内外シーソー」の宿命に気がついたのか(笑)。
ちょっと遅いぞ。
生き方が悪いと斬り倒されてしまうのが、今年の「木」。
ドラマで主役をはることもなくなり、CMでお茶を濁すだけじゃ、淋しいけどナ!
■さまざまな逆風をハネとばして、
長嶋茂雄(海申)ジャインアンツが日本シリーズを制した。
10月は「陽戌」月で、ラッキーカラー天冲殺月だから、
流れさえつかめれば、風さえふけば(いい逆風か!)何とかなるものだネ。
とんでもないスキャンダルを写真誌に仕掛けられた
江藤智(70-0415/草丑)内野手は、年干・月干とも「鉄」で、
常に女性がいないと落ち着かない人(笑)。
干合天干一気で、集中力あるからこんな事があっても、勝利に貢献してしまう。
逮捕されたあげく解雇された
杉山直輝(69-0903/宝巳)との違いは、
日頃から仕事をしているかどうかの違い。
しかし、ラッキーカラー月とはいえ、同時に天冲殺月の江藤は、
これからどう言い訳していくのだろうか。
10年運ダメージ対冲では、もたないかも...。
だいたい、女性と親しくなりたければ、人任せの卑劣な方法じゃなくて、自分でクドけよ。
情けないヤツだ!
城島健司はいつか大藤真紀で苦労する●
■午未天冲殺のダイエー城島健司(76-0608/宝卯)は、
いくら共通干支があったって、
ダメージ害年に年下のダメージ
大藤真紀(77-1004/木午)と婚約なんて
浮かれているようじゃ、勝てっこないか...!
 
■2000年10月30日(月)宝酉
■ひさしぶりに6時間も寝ると快適だが、2日で8時間ではいくら何でも足りない。
また、体内に異物が発生しないように、せいぜい精進しなくては(笑)。
ところで、PC復旧は行ったが、ワードパッドを起動するシステムを誤って消してしまった。
パッドだけは貰ったが、それを収納するウィンドウズのアクセサリが消失している。
マイクロソフトのHPへ行っても、なんだか最新のシステムについての記述はあっても、
パッドのパの字もない。誰かご存じなら教えてほしいナ。
なお、この件によりUPロード前に、
この頁をワードパッドで修正していません(メモ帳では容量がありすぎて開けない!)ので、
お手持ちのPCによっては、書体がみづらくなっている恐れがあります。
復旧する迄はご容赦を。
ところで、私にウイルスを誤って送った本人は、
自分がそうだとはスグには気がつかなかったようだが、
ココを見たりして初めて事の重大さを認識し、
あわててウィルス駆除ソフトをとりにいったら、
時既に遅くPCのシステムが破壊され、どうにもならなかったようだ。
メーカー修理(初期化なんだろうか...)になるらしい。
そうそうPCを立ち上げない方は、認識していないうちにヤラれているようだ。
恐ろしいことだネ!
■私生活の乱れ(笑)で更迭された中川秀直(陽申)の
後任の
福田康夫(36-0716/畑亥)新官房長官は、条件なし天冲殺。
時代整合性ない夏生まれ「畑」だが、今年(鉄辰)は月干「草」が干合で「宝」に、
それが年干「陽」と二次干合すれば、それぞれ「雨」「海」になり、
一時的ラッキーカラーが増加し、降って湧いたような出来事。
もともと「畑亥」は、混沌とした時代のつなぎ目役。
小泉純一郎(宝酉)などは、
この元首相の息子に「いずれは大政奉還したい」等と言ってるようだが、
もちろん本心ではないだろう。
64歳にして初めて大役を担うこの人(福田)は、そこまでの器にあらず。
だって、いくら父親が元首相でも、辰巳天冲殺は才覚が遺伝せず、
現実的なこと(地盤)しかひきつげないからネ。
一般人としての感想は、ショボイなあ!
石原慎太郎(木午)都知事が、
「映画産業の復興と都の収入を増やすため、
東京を舞台にした映画をどんどん撮ってほしい」とかで、
都庁にロケに協力する総合窓口東京ロケーションボックス(仮称)を新設するそうだ。
面倒だった認可を一本化することで、規制緩和をするのが狙い。
銀座でカーチェイスの撮影をしたり、
首都高や地下鉄での撮影許可もおりやすくなるそうだが、
これだけ過密化した東京で、混乱とかおきないだろうか。
ま、条件なし天冲殺の人の発言だから、手放しでは聞いてられないが、
少なくとも味気のない台場あたりの風景ばかり見せられる映像が、少なくなるのなら歓迎だ!
 
■2000年10月31日(火)海戌
■表コラム(よけいなお世話)では、
著名人の生年月日を租借してBEの原理原則を解説している。
それがメルマガなどに化けるのだが(笑)、
時折困るのは「私と同じ生年月日の人が、とんでもない事を言われています。
私はこれから、どうやって生きてゆけばいいのでしょう」みたいなメールを頂くことだ。
おいおい、キミはその芸能人じゃないヨ(笑)と思わずツッコミを入れたくなるが、
本人にとっては笑い事ではないのだろ。
しかし、生年月日に与えられたエネルギーなど種子にしか過ぎない。
それを発芽させて、育ててゆくのはあなた自身である。
あくまでも方向性を分析しているのだから、
もし自分がそういう間違いを起こしそうだったら、気をつけていただければいい。
それだけのことだ。
たとえ犯罪者と同じでも、ひょっとして素地があったかも知れないが、
とりあえず犯罪者じゃないのだから、何をかいわんやである。
大切なのは、どう活かしているかなんだけどネ!
福田康夫(畑亥)官房長官選任にあたって、
小泉純一郎(宝酉)元厚相が仕切った事に対して、
野中広務(灯丑)幹事長が、森喜朗(海寅)首相に
「私をとるか、小泉をとるのか」と迫ったそうだが、
野中は政治より恋愛を語っているんじゃないだろうネ。
いくら野中と森が「干合」だって、
夏の海には、長い付き合いの小泉のほうが、ラッキーカラーなんだからサ。
だいたい、野中と小泉は相互冲殺で、どこまで行っても互いの話は噛み合わず。
外国人と話しているみたいなもんだ。
当の小泉は、来年は改良改革キーワードで結果をだす。
生月冲殺だから、どこまで信用していいかは別にして、
この辺で格好をつけてもらわんと、人気下落だろうなあ!
■12月オンエアのTV番組の打ち合わせをした。
ゲストは「47年8月21日/海申」の男性だとか。
この人が、「○ー○ン○○。」にどういたぶられるか興味もある。
元来裏表ある人、それに気がついているのかどうか・・・。来週に期待♪
 
00年01月分 00年02月分 00年03月分 00年04月分 00年05月分 00年06月分
00年07月分 00年08月分 00年09月分 00年10月分 00年11月分 00年12月分
コラム総合目次/茶房会館(1 9 9 6 年〜)
さ く い ん
BEHPは書体設定明朝体にしてご覧になられるのを推奨しています
プラウザのバックを使ってお戻りください●
BEハレ●運命オンラインサロン Copyright(c)1994→2020 birthday-energy.inc.
 
BE●灯BE●幸せ発電所
BE●運命向上委員会BE●運命向上委員会
BE●苺1BE●苺2