BE●運命向上委員会BE●移動祝祭日↑
BE●苺1BE●苺2
熱意と心のDNAで運命を科学する 運命評論家●鳳積堂 BE
※「移動祝祭日」は著名人を誉めたり貶したりしながら、自分を磨く頁です☆
2 0 1 4 年(木午)●02月 陽寅 // 移 動 祝 祭 日
 
02月分一覧 (2014年目次)
青井夏海からくりランドのプリンセスの秘密(2014_0201)
石井光太蛍の森に潜む闇(2014_0207)
太田紫織●残念美人 櫻子さんの秘密と裏付け(2014_0209)
平坂読僕は友達が少ないがいなくもない(2014_0214)
伽古屋圭市帝都探偵 謎解け乙女の闘う本性(2014_0219)
喜多喜久恋する想薬研究室に潤いも色彩なし(2014_0224)
 
■2014年02月01日(土)雨卯
青井夏海からくりランドのプリンセスの秘密
■94年(木戌)に、野球好きがこうじて書いた、
ミステリ「スタジアム 虹の事件簿」を
自費出版
出版の際、
本づくりそのものに興味を抱きその出版社に就職したほどの豪傑
同書はパ・リーグ応援団体等に配られたばかりか、
インターネット上のミステリ書評サイトで「幻の名著」として取り上げられるようになり、
好評を聞いた東京創元社から創元推理文庫の一冊として01年(宝巳)に出版され、
広く知られるようになり、本格デビューにこぎつけた
青井夏海(60-0828/山子)の
最新刊
からくりランドプリンセスが、
昨年(13年/雨巳)の干合年の11月22日(海辰)の、
DNA「禄」の三合会局日に上梓された。

同書は、中学入試で神奈川県内の
共学私立中学校に入学したと思われる女子生徒の学園に、
欧州の微小国の本物の王女様が留学してきたことから騒動が始まる。
プリンセスは日本のアイドルが大好きで「芸能文化研究会」に入るが、
どういうわけか、
怪しげな保護者茶話会で、
女子生徒の母親とプリンセスの取り巻きの母親にオタク男子の親が、
日頃の送迎をふくめた
警護を任されることになった。
その背景には、主人公の母親が、かつて要人警護会社のSPの過去があり、
取り巻きの母親は、その小国に親の仕事の関係で滞在経験あり、
そしてオタクの父親は、実は元自衛隊員。
本国の
王位継承問題や、
これに、
モーニング娘。を思わせるアイドル達の事情がからみ
王女そっくりのアイドルが妹を探しているなんていう話まででてきて、
夏休みの合宿から秋の学園祭まで続く、
しっちゃかめっちゃかの保護者を巻き込んだ青春陰謀ミステリ
自身の助産院での出産経験をヒントにした
助産師探偵シリーズ(赤ちゃんをさがせがドラマ化)を発表するくらいだから、
むろんこれも、青井の
体験濃厚だが、話を盛りやすい山子」らしく、
ありえない話も、どこか「そんなものか」と思えてしまう内容で、
軽いお話しだが、テンポは軽快で簡単に読めてしまう。
二次的に「
親子はもっと会話をもて」と教えてくれるものだし、
親は自分がそれまで、たどってきた歴史を、
もっと
向きあって話しあっていくべきだと示している。

千葉県出身で、慶應義塾大学経済学部卒業。
現在は、神奈川県在住で
夫婦円満(本当かな_____)。
年末には復活したグループサウンズの
タイガースのコンサートにでかけたことくらいしかわからない
既婚で
男児(99-0512/木子)の母親であり、
同じく神奈川県座間市出身のモーニング娘。の
小田くら(99-0312/雨亥)を
干合するばかりか、息子と丁度二ヶ月違いの生年月日ということで、
えらく評価している青井は、DNA「鳳」主導で、とめどもないお喋り屋
遊び人とも言うが、質が高いか低いかというより、
単なる
好き嫌いの感情の問題。色々工夫して楽しむ人である。
「鳳+司」は、
個人主義者で勝手気まま自己中心とも言える。
忍耐もするだろうが、ある一線までということだろう。
「鳳+鳳」は、きさくで
面白い人
「鳳+車」は、
大衆的外見は柔でも中は剛であり、経済優先でお金大好き。
「山+鳳+申月」は、
直感と閃き。創作も緻密よりムードで書く
「子」年生まれ「山子」は、孤立。
困ったら、一人になればすむ

宿命の特長は、初秋午後四時頃の小さな丘程度の「山」で、
周囲には、
地味で格好重視の乗り物路線木々があり、
さらには、
麓には川ないし池が拡がる風景で、
総エネルギー146点中水性81点で、本体土性20点は、
あえて言えば、
小さな湖にうかぶ島にある田舎の遊園地という風情。
観光地として売り出したいようだが、
足りないものがあり、それが守護神の
火性ゼロ(DNA龍/玉なし)という際立ち。
実は
作家としては致命的な創造力がなく伝達本能すなわち表現力のみ
暖かみはないし、目新しいものはなく
ただし定番は、
守護神なしの野人の司るものなので、恐ろしい
いつ壊れるかわからないし、乗り心地もさほど良くはないので、
楽しいのは、ご自分だけなのかもしれぬ。
年干支の「鉄子」は、度胸はさほどないナルシスト。
月干支の「木申」は、高尚な夢を持つが、なかなか実現しない自己犠牲の面あり。
そして日干支の「山子」は、
叩かれても底から成り上がり
若い時分から大人と対等に過ごすことで、
自分なりの力をつけていく才能あり。
体験することは、疲れるが実になる人
干支番号構成は、37-21-25で南方西方領域で、
彼女なりの旧き良き時代を意識して進む。

後天運は、初旬「7歳雨未」は、DNA「司」の10年運天冲殺ながら
忌み神でもあるし、
真面目にやろうとすれば裏切り
さすが異性の裏切りとはいわないが、
空回りも少なくない
上がり下がりの多い、あえて言えば辛い時期。
周囲と協調できていたかは疑問
2旬「17歳海午」は、前旬をひるがえし、
少しは元気になった10年運天冲殺の「禄」。
魅力成分全開の攻めの季節で、野人でも相当頑張ったのか、
大学への入学も叶ったし、
作品も書くようになった
3旬「27歳宝巳」は、DAN「調」の他人とは同じことをやりたくない時期。
ここで一念発起し、自費出版し、その出版社にももぐりこむのだから、
ただものではない
異常干支全開である。
4旬「37歳鉄辰」は、年干支「鉄子」の大半会を伴う三合会局で、
地支の水路の動きが急になり、主導DNA「鳳」の自己確立で、
結婚時期や出会いも不明ながら、
キーワードどおり出産もすれば、仕事もこなす八面六臂の動き。
現在の5旬「47歳畑卯」は、DNA「石」の政治力・妥協・屈辱もあるのだが、
それは仕事ではなく、家族に対してかも知れぬ。
この後の6旬「57歳山寅」は、頑固さと立場の急変。
7旬「67歳灯丑」と8旬「77歳陽子」は宿命にない火性で、
なんとかここまでたどりつけば、安らかに逝ける見込みだ。

ところで、同書の内容だが、中学生の子供を見失えば、
今や「
GPS機能」を駆使して、おっかけ可能だし、
そこは
世相に疎くご自分のお遊びに夢中のようで、
もう学校の委員にはかかわりたくない強い気持ちは感じられる。
しかし、
蚊帳の外の(主人公の)父親はともかく、
母親の昔の仕事を知ることによって、
母娘の絆は取り戻せたし、
オタクくんだって、父親の
自衛隊にいた話は刺激にはなっただろう。
これから、
中学受験を考える親子には楽しいうえに、
かつて
そういう経験のあった人にも、おすすめ
むろんアイドルフリークにも。
しかし、プリンセスのその後はともかく、
かつてのトップアイドルの生き別れの妹捜しは、
少々中途半端で、
喰いたりぬ
家族の話に無用ということか_____。

さて、青井の息子の話だが、親の結婚や出会いの時期に問題あったか、
午未天冲殺なのに、相手が年下なのかは不明。
はたまた結婚後、相当の時間の経緯があったからの
意図的妊娠だったのかはわからぬのだが、
青井と息子には見事に共通干がないうえに、
あまり
息子をいたぶると、干合土性天干一気で事故にもなる。
「期末に先立ち二学期の学力テストの結果が返されたの。
だが国・数・英ともなかなかのアレで悶絶。
50点満点じゃなくて100点満点だと知りさらに悶絶」なんていう
twitterを垂れ流している暇があったら、
息子と向き合うなり、仕事に邁進すべきではないか。
「とりあえず理数系をやらせておく」ではなく、
その前に、親ほどの宿命の偏りはないのだし、
「車」主導の男子なら、お笑いにかまけていてはダメで、
なにはともあれ、
スポーツをさせねば稼働はしない
でないと、
鈍くなるばかりだ。
もともと
午未天冲殺は子供縁はないが
それでも寄り添いながら、
適性に近い生き方をさせたい
また、
男児なら特に、どれだけ父親とふれあえたか。
親が育児より好きな世界に生きていて
子の学習能力なしを嘆いても仕方なし
火性ゼロの学習能力なしは、親がつかいきっている場合あり。
とやかく言う資格なしという自覚もほしい。
またblogやtwitterは
異常干支らしい脱線ぶりなのに、
それを
もう少し作品に活かすような努力をすべきではないか。
私生活の垂れ流しでは、とてつもない進歩は期待できぬではないか☆
青井夏海60-0828
木鉄灯
子申子※-7
鳳車司鳳司(鳳主導)
木性(15)火性(00)土性(20)金性(30)水性(81)/総合146
午未天冲殺/天冲殺(7歳雨未/17歳海午/87歳草亥/97歳木戌)
干合支害(7歳雨未)/天剋地冲(17歳海午)/主導DNA三合会局(37歳鉄辰)
火性ゼロ(野人)/地支半会水性一気格
-7歳雨未/17歳海午/27歳宝巳/37歳鉄辰/47歳畑卯/57歳山寅/67歳灯丑/77歳陽子〜
05(山)●BE
第一子男児●99-0512
畑畑雨
子巳巳-2
司司玉車石(車主導)
木性(45)火性(21)土性(55)金性(14)水性(23)/総合158
戌亥天冲殺/天冲殺(52歳雨亥/62歳海戌)/初旬条件あり(宿命内干合日干支と大半会)
干合土性天干一気/ターボ運(52歳〜)/主導DNA(82歳鉄申)
-2歳山辰/12歳灯卯/22歳陽寅/32歳草丑/42歳木子/52歳雨亥/62歳海戌/72歳宝酉〜
01(木)BE●
top●BE
 
■2014年02月07日(金)畑酉
石井光太蛍の森に潜む闇
■05年(草酉)に、カンボジアの地雷障害者や、タイの盲目の歌手、
ネパールの麻薬売人らと暮らし、インドでは幼児やストリートチルドレンを誘拐して
物乞いにさせるマフィア組織に潜入した経験を書いた
ノンフィクション「物乞う仏陀」でデビュー。
同年の開高健ノンフィクション賞、大宅壮一ノンフィクション賞にノミネート。
11年(宝卯)に、東日本大震災発生直後に被災地入りし、
三か月の取材を経て上梓した「遺体〜震災、津波の果てに」が話題になり、
また同年には「レンタルチャイルド」が、
第33回講談社ノンフィクション賞にノミネートされ、
一部選考委員からは高い評価を受けたものの
「不自然」「既成のイメージでスラムを造りあげている」などと批判され、
12年(海辰)には、第18回 「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」で、
「遺体〜震災、津波の果てに」が「震災・原発報道特別賞」受賞し、
西田敏行(47-1104/鉄寅)主演でも映画化された
石井光太(77-0207/草未)が、構想十数年の歳月を結実させた
初の小説
を、DNA「龍」の改良改革がテーマだった
昨年(13年/雨巳)の11月30日(鉄子)の干合支害日に上梓した。

同書は、ハンセン病に対する隔離政策が国家主導で行われた時代と
現代にまで続く不可解な謎を提議する意欲作。
患者達は故郷を追われ、
村人や警察の追っ手を逃れるようにして、
お遍路になりきりながら、四国の密林の奥に身を潜めていた。
物語は、2012年に起きた事件と1952年〜1953年の悲惨な過去を結び
往事のエピソードを交互に丹念にからませながら、
理不尽な差別が横行した六十年前の狂気と壮絶な人権蹂躙の闇を描いたものだが、
最後には、
生き別れの姉弟の子供達が陰と陽の立場で出会い
一筋の希望の光が見えるかのように幕をおろしているが、
ノンフィクションの旗手だからこそ書けたとはいえ、
ハンセン病そのものではなく、実際にあったことなのだろうが、
女性蔑視が甚だしく、全くもって気づかいが感じられず
中途で、そのことで読まずにおこうと挫折しかねないほど、壮絶だった。
担当編集者は民俗学を専攻した女性編集者らしいが、
最後に現代の語り部である医者が、容疑者となった父親のために、
職を失ったばかりか、妻子とも離婚するような展開になることを、
あっさり書きすぎではないか。
これからは陽の時代で、
時代が明るい方向に向かっているのに、
筆力があり読ませるとはいえ、推奨できず
特に
女性に対する配慮がまるで感じられず、
読まないほうが賢明
であることは厳命したい。
気分が優れなくなるのは明白だ。

東京都世田谷区出身で、父親は舞台美術家で日本大学藝術学部文芸学科卒業の
石井は、DNA「司」主導で、
一見真面目な人で、執念深く積み上げていく
その成果は「山」のように、どんどん高くなっていくので、
自身がそのテーマとどのように向き合っていくか自問自答しながら進む。
「司+司」は、現実性強く夢はなく、
本質がなかなか見えない
冲殺されているため、どんどん
あらぬ方向に行ったり脱線もする。
「司+鳳」は、
忍耐力あり。堪え忍ぶのは出来ぬ事ではないので、
迫害虐待される人々の気持ちはわかるのだろう。
「司+玉」は、
生きるためなら知恵をだしあって何でもする
このあたりの部分は、
山中に逃げ隠れていた人に色濃くつながる
才能はこの「」であり、過去のことを蒸し返す役割。
ひとつのことを
時間をかけ掘りさげていく
「草+司+寅月」は、他人からは立派な人に見えるが、
家族には融通性効かぬ、
我が道を行くお人好しと写る。
「巳」年生まれ「草未」は、
スケールの大きな夢叶える生き方。

宿命の特長は、早春午前四時頃の海辺の灯台下の草花。
高級ではない野菜であるかも知れないが、
悪く言えば雑草であり、良く言えば薬草の類であろう。
「草」の母親は月干の「海」。
そして、父親はその配偶者成分の「灯」なので、天干にキレイにでているため、
辰巳天冲殺でもあり、
親と同じ道に進んでいれば大成の道叶わず
また、両親の関係は父親の柱「灯巳」VS母親の柱「海寅」で干合支害。
少なくとも
両親は、そこまで仲良くなかった時代に誕生しているうえに、
親同士の家系は表向きはともかく、水面下では異質
さらには、石井は
生年冲殺で親縁なしの害持ちだから、屈折した雑草魂あり。
ただし、親を乗りこえる可能性があるのは、干合作用により、
年干は「草」に月干は「木」となり、日干の「草」を入れて
干合木性天干一気が成立しているため、多くの人にまぎれ
話をききながら、害毒の影響を受けぬようにしていけば、
強情になりながらも、頭角をあらわす可能性はあり。
年干支の「灯巳」は、了見は狭いくせに何でも自分でやらねば気がすまず。
月干支の「海寅」は、何でも自分が一番という自惚れ。
そして日干支の「草未」は、
堅実着実で他人に好かれるが、
真っ当に生きねば、単にどら息子になりかねず、その苦悩もあったはずだ。
干支番号構成は、54-39-32で西方と北方。領域としては過去形である。

後天運は、初旬「1歳宝丑」が日干支「草未」を天剋地冲するため成功運型。
DNA「車」で、実は
結構危険なめに遭っているだろうし、
忘れていようと、潜在的に幼児体験になっているだろう。
後天的には、少々危ないことでも出来ることは、
ノンフィクションの現場では役だったろうし、
頭を剃っているのもこの影響
2旬「11歳鉄子」は、DNA「牽」の干合支害。
ダイレクトに異性の裏切りもあったろうが、役割は常に思うがままとはならず、
多くの挫折も経験しただろうし、就職するなんていう気持ちへも向かわなかった。
変剋律付きなので、
異性にも自尊心でも特別な劣情なり歪んだ気持ちあり
3旬「21歳畑亥」は、DNA「禄」の引力本能の変剋律。
宿命害切れでもあったので、悩みは相変わらずつきものでも、ふっきれてデビュー。
現在の4旬「31歳山戌」は、主導DNA「司」の変剋律で、
自己確立なのに、まだまだあれこれ悩む。
は、それでもDNA「龍」の条件あり天冲殺の上梓だから、
話題になったのだ。
今後は5旬「41歳灯酉」は、年支「巳」の半会を伴うDNA「鳳」の守護神。
悩みも薄れて、気持ちにゆとりがでてきて、進み行く方向の変化。
6旬「51歳陽申」は、宿命害切れの守護神ながらDNA「調」で、
独創的手法で、ふっきれる。
7旬「61歳草未」は律音で、そろそろ頑固な年寄りだけで、
目標は持っているだろうが、何に専念するかで、その後も決まるだろう。

石井の宿命は活かしにくい、同一生年月日に、
元プロサッカー選手(元日本代表)の宮本恒靖がいるほか、
名門藤沢厩舎に所属しながら、勝ち星が伸びず師匠との確執もあって
12年(海辰)に自死を選択した、青木芳之などがいる。
相応に努力しているようではないか。
ただし、
生年冲殺とはいえ私生活は夢のなかで制御不能
おそらく独身のようだが、昨年(13年/雨巳)の07月31日(山戌)には、妹が出産。
「ついに僕はオジになったのか。石井のオジキ、光太オジサン。
どれも微妙なので、呼ばれ方を考えておかなければ。」などとtweetしているが、
男女はともかく生年冲殺のかごの鳥日に、誕生は喜ばしくないし
10月31日(鉄午)の干合支合日には、
「夜中の二時に泥棒を発見。自宅の窓を開けたら、
向かいのマンションに忍び込む男の影が……。
警察に通報して逮捕されたはいいが、夜通しバタバタになり、
ようやく5時半に寝かけたら3分後に警察から
電話がかかってきて叩き起こされ……
警察も電話をかけてくる時刻を考えてほしいものだ」などと嘆いており、
天冲殺の災禍を堪能していると言える。
一生懸命に仕事もしているのだろうが、
「司」主導の地味さ全開にtwitterはいいから、
もっと
本業での濃い発信をしないと、生年冲殺はブレかねないぞ☆
石井光太77-0207
海灯陽
未寅巳-1
鳳玉鳳司司(司主導)
木性(70)火性(104)土性(80)金性(20)水性(11)/総合285
辰巳生年冲殺/初旬条件あり(日干支を天剋地冲)/干合支害(11歳鉄子)
主導DNA(31歳山戌)/変剋律(11歳鉄子/21歳畑亥/31歳山戌)/律音(61歳草未)
干合木性天干一気/年干支VS月干支干合支害/害切れ(21歳畑亥/51歳陽申)
-1歳宝丑/11歳鉄子/21歳畑亥/31歳山戌/41歳灯酉/51歳陽申/61歳草未/71歳木午〜
02(草)●BE
top●BE
 
■2014年02月09日(日)宝亥
太田紫織●残念美人 櫻子さんの秘密と裏付け
■12年(海辰)まで旭川市に在住していたため、
同地を舞台にした作品を小説投稿サイト「E★エブリスタ」にて発表し、
同年『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』にて、
「E★エブリスタ電子書籍大賞ミステリー部門(角川書店)優秀賞」受賞(Eleanor.S名義)。
他に「怪盗ロワイヤル小説大賞優秀賞」、
「E★エブリスタ×『カルテット』小説コンテスト大賞」を受賞するなど、
にわかに活動が活発となった
太田紫織(78-0308/畑巳)の
櫻子さんの足下には死体が埋まっている』第一巻が、
昨年(13年/雨巳)の02月23日(鉄申)に、
第二巻『
骨と石榴と夏休み』が、05月25日(宝卯)に、
そして最新刊の第三巻『
雨と九月と君の嘘』が、09月25日(木午)に上梓され、
シリーズ累計異例の30万部のベストセラー爆走中だという。

同書の語り部は、北海道は旭川市内で父親を早くなくした男子高校生で、
(母親がアパート経営し、兄が東京にいる)
公明正大・謹厳実直とは言わないまでも、
それなりに真面目で、真っ直ぐ正直に生きてきたと自負している僕こと館脇正太郎が、
大きな庭のあるレトロな洋館のお屋敷に、
ばあやさんと二人で住むお嬢様で、
(東京には警視庁公安の外事第一課に務めている幼馴染の許嫁がいる)
美人だが三度の飯より骨が好き、自宅の庭で骨格標本を作ったり、
ネットで販売する九条櫻子に、
帰りに寄りたまえ」という都合の良いPCからのメールで呼び出される下僕となり(笑)、
難事件を解決する道産子ライトミステリである。
櫻子は、
年齢は20代半ばすぎ美人なのにその性格は破天荒
携帯電話も時計も持たず時間にはルーズ
少々お行儀の良くない運転までする愛車はルノーのカングーという設定だ。

北海道札幌市出身で、自身をムーミンママに似ていると称し、
おそらく、02年(海午)か03年(雨未)に、
10代の頃から交際していたらしい、現在40歳目前の夫と結婚し、
夫の仕事の関係上、12年(海辰)まで旭川に住み、
現在はまた札幌に戻って、昨年末に引越をしたという太田は、DNA「車」主導で、
何かの力を借りたり隠れ蓑にしたりしながらも、
少々、
単細胞で、危ない単独行動に走る面あり。
だからバイク乗りでもある
才能も「」で、主導するだけに、何かの犠牲になりながらも、
素早く乱暴行為を致すのだが、ともかく庶民的な行動力あり。
「車+貫」は、一度決めたら考えを変えぬ
頑固者で、一本気。
「車+石」は、
豪放で大義の前には個人感情無視
典型的な
上から目線のお嬢様にも通じる
「車+車」は、
計算された企画力手の内は相応にあり、困らない。
「畑+車+卯月」は、
大風呂敷で小説家に向く
「午」年生まれ「畑巳」は、
待ち運
待っていたからこそデビュー即ベストセラーにもなったのだろう。

宿命の特長は、仲春午前六時頃山岳地帯の盆地で、
本来は
やせ細った野菜を乾燥させ、細々と商う産直の店(兼業農家か)。
総エネルギー244点中土性114点と、存在感はあるが、
それも「山」の威を借りながらも、
悪気はない小役人の風情
水性ゼロ(DNA禄/司なし)は、優しさも何も微塵もなし
主人公の櫻子になりきることは、朝飯前であり、
出自も環境も異なるとはいえ、
本人の願望は色濃い
水がないということは、作物が育たない
しかも、
本物の干合相手「木」がなく
陰陽関係の月干「草」は、
弱くはないが立派でもない
従って
配偶者はコキ使われるだけ(DNA車の方向)だが、
主導DNAにもなっているので、仲良くは出来るし影響も受ける
プロットをたてるのは、
夫にも協力させているようである。
それも、恋人夫婦ではなく
友達夫婦だそうで、
さらには「
旦那は保護者であり、親友であり、子育ての戦友
我が家は夫婦喧嘩が本当に無くて、あっても数年に一度。
お互いに逆鱗に触れそうな時は引くから、
せいぜい多少のイライラ位で終わるっていうのもあるんだけど。
恋愛と夫婦愛って、関係ないのかねぇ。
私が恋をした人は、人生で一番喧嘩をした相手だと思うし。
旦那に熱情を感じた事ないもんなぁ」と相手が相応の対応をしているのに、
櫻子同様失礼である(笑)。
また、月干は子供の場でもあるので(後述)、子にも同様であろう。
実際の太田は、
干からびた」なので、その影響が夫や子にでるより
前述したように
主導するためかなりの部分を自分で引き受け
あちこち具合が悪いことを、こぼしているが、
まだ
若いのに更年期障害と愚痴るのは、無理をしているのだから仕方あるまい。
特に昨年後半三ヶ月は、風邪を三度ひき、
胃腸炎に罹り(ピロリ菌保持者)、ノロにやられ、結膜炎で通院、
歯の神経がおかしくなって通院、花粉症まで発症と、
もう
ありえない水にさらされっぱなしのようだ。
また、母親は守護神日支内「陽」で、学びや屈折していようと母性はありがたいが、
その干合相手の「宝」は宿命になく、陰陽関係の同じく日支内「鉄」が父親。
本人によれば、
典型的ダメ人間で美人局に引っかかったり
怖いお兄さんが年中出入りしていたそうで、
家庭はもとより安泰ではない
年干支の「山午」は、最強の子丑で不遜の極みで、見切りも早い。
ある意味、気分転換は上手。
月干支の「草卯」は、実直だが鈍い。
そして、日干支の「畑巳」は、若くして
老成した庶民性を持つが、
常に心は不安定で、
気弱さと開き直りが同居
倒柱と呼ばれる一家の大黒柱を倒すような趣は、
面白いには違いないが、あまりお近づきにはなりたくない
とはいえ、親の結婚がもたらしたものだ。
干支番号構成は、55-52-06で北方と東方の比較的狭い領域。
なので、舞台は勝手知ったる所しか登場するわけがない。

後天運は、初旬「1歳木寅」は、DNA「牽」の干合支害
家庭内の不名誉な光景を目に焼き付けられ
格好悪いうえに、
教育上好ましくない
さらには、配偶者に裏切られるのか、ロクでもない相手なのかはともかく、
好きになる異性は、そこまで威張れないので、諦めもあり
2旬「11歳雨丑」は、年干支「山午」の干合支害を伴う
宿命にない水性のDNA「禄」の半会で、ありえない体験。
親の変化もあるだろうが、自身も表面的に変えることで、
未来への前進は不能なのだが、内側世界で瑞々しい体験をする。
夫との出会いもこの時だそうだ。
3旬「21歳海子」は、年干支「山午」の天剋地冲を伴う
DNA「司」の同じく宿命にない水性で、
地味になって地道になって、結婚。
現在の4旬「31歳宝亥」は、
初旬条件の一切ない10年運天冲殺
DNA「鳳」なので、子供も授かったし、日支の対冲は、
もやもやしたものが、ぶち壊されて、想念が拡がり、
思いを言葉にすることにより、デビューしたわけである。
今後は5旬「41歳鉄戌」は、年支「午」が半会され、
月干「草」が干合で「宝」になる10年運天冲殺のため、
夢・目的の変更により、恐ろしく偏った世界で名を馳せる。
本人曰く「百合好き、壇蜜好き」なので、その方面を拡大させていくのだろう。
6旬「51歳畑酉」は、DNA「貫」の大半会。
月干支「草卯」も天剋地冲で、
10年運天冲殺での成功に感謝がなければ
立場は悪くなるばかりか、夫や子供との関係も危うくなる
倒柱現象が巡りめぐって自分にも、さらに還流される恐れあり。
7旬「61歳山申」は、DNA「石」の屈辱妥協の刑と支合。
あまり誉められたものではない。
8旬「71歳灯未」のDNA「龍」守護神到来は、
あまりにも老いが進行して、特に何を期待するものではないだろう。

太田の成功は、突如やってきた10年運天冲殺内の、
宿命にない水性年二年(12年/海辰・13年/雨巳)の突発的恩恵でしかない
さらに付け加えれば、
第一子男児(06-0707/灯酉)の
宿命にない水性の条件なし天冲殺現象に加え、
こともあろうに、干合支合すれど冲殺範囲をもたれている
伊藤英明(75-0803/宝巳)の大ファンという
第二子女児(09-1018/陽申)の、同じく条件なし天冲殺現象の追い風でしかない。
夫はあいにくわからずとも、
家族一丸となった成果なのであり、一時的
にもかかわらず、引越をしたり、さらには家を建てようなどという
現実的算段ばかりに気持ちがいっているようで、
感謝も奉仕もないtwitterの垂れ流しは、恥ずかしいのではないか。
ご褒美なんて、
試されているだけなのだから。
まして、
長男ハミダシ辰巳天冲殺ばかりか、
年支「戌」VS日支「酉」の
害持ちで表裏あり。
不名誉で結婚運ももうひとつどころか、親とは世界観が異なる
長女にしても、初旬特別条件付10年運天冲殺があろうと、
DNA「玉」の害は、
母親との確執
いやはや、いったいどんな結婚してるんだか

なお、タレントの須藤元気とは男女の差こそあれ同じ生年月日。
向こうはターボ運もあり「車」主導を活かした格闘家。
しかし、結婚は07年(灯亥)の条件なし天冲殺だから良い勝負か。

さて、第三巻の最後の最後では中途半端な事件が二人に起きる。
厳密に言えば、一方から一方への通告なのだが、
これは、さすがに
作家の水性年がおわることを見越した心境の変化かな。
最後に少しネタバレになるが、
櫻子が正太郎の高校の先輩だって何だい。
正太郎はあくまでも
庶民
では、櫻子は
庶民的なお嬢様かいそうも思えん
このあたりは、
太田の限界なんだろうなあ☆
太田紫織78-0308
草山陽
巳卯午-1
石車石車貫(車主導)
木性(54)火性(57)土性(114)金性(19)水性(00)/総合244
戌亥天冲殺/天冲殺(31歳宝亥/41歳鉄戌)/干合支害(1歳木寅)/水性ゼロ
-1歳木寅/11歳雨丑/21歳海子/31歳宝亥/41歳鉄戌/51歳畑酉/61歳山申/71歳灯未〜
06(畑)BE●
第一子男児●06-0707
草陽海
酉未戌+10
石龍禄貫禄(貫主導)
木性(24)火性(90)土性(40)金性(58)水性(00)/総合212
辰巳天冲殺/主導DNA(20歳灯酉)/害(30歳山戌)/変剋律(30歳山戌/40歳畑亥/50歳鉄子)
水性ゼロ(配偶者成分皆無)/天剋地冲(80歳雨卯)/年支VS日支害(表裏)
+10歳陽申/20歳灯酉/30歳山戌/40歳畑亥/50歳鉄子/60歳宝丑/70歳海寅/80歳雨卯〜
04(灯)BE
第二子女児●09-1018
木畑海
申戌丑+7
調龍鳳石司(石主導)
木性(17)火性(33)土性(66)金性(80)水性(47)/総合243
辰巳天冲殺/天冲殺(7歳草亥/57歳鉄辰/67歳宝巳)/害(7歳草亥)/主導DNA(27歳灯丑)
+7歳草亥/17歳陽子/27歳灯丑/37歳山寅/47歳畑卯/57歳鉄辰/67歳宝巳/77歳海午〜
03(陽)●BE
top●BE
 
■2014年02月14日(金)陽辰
平坂読僕は友達が少ないがいなくもない
■04年(木申)のDNA「調」の独創的伝達本能強化年に、
「ホーンテッド!」で第0回MF文庫Jライトノベル新人賞優秀賞を受賞しデビュー。
09年(畑丑)の主導DNA「車」年の
08月31日(山申)の干合日に上梓された
友達が少ないが、
11年(宝卯)の守護神天冲殺には、最も売れたライトノベルとなり
シリーズ累計622万部を記録した
平坂読(82-0729/雨丑)の同作が、
瀬戸康史(88-0518/雨酉)と北乃きい(91-0315/木申)の競演で、
02月01日(雨卯)の天冲殺日に公開された。

僕は友達がないは、
考古学者である日本人の父とイギリス人の間に生まれた
ハーフの男子高校二年生の羽瀬川小鷹主人公だが、容姿は母に似ずほぼ日本人で、
母(ただし既に事故で他界)から
中途半端に受け継いだ黄土色がかったくすんだ金髪が、
唯一、ハーフであることを示す特徴。
そのため
幼少期から髪を染め損なったヤンキーと誤解され続けており、
昔から友達は少ない
その上、父親が仕事の都合で海外へ行ってしまったために、
父親の友人が理事長を務める聖クロニカ学園へ転校するが、
転校初日に大遅刻してしまった上に自己紹介で完全に失敗
それが原因クラスから浮いてしまい友達がいないという設定。
ある日小鷹は、いつも
不機嫌そうな美少女の三日月夜空が、
放課後の
誰もいない教室で、一人で楽しげに喋っているのを目撃する。
「もしかして幽霊とか見える人?」
「友達と話していただけだ。
エア友達と!」(ダメだなコイツ______。)
小鷹は夜空とどうすれば友達が出来るか話し合うのだが、
夜空は無駄な行動力で友達作りを目指す残念な部(隣人部)まで作ってしまう
(高二はいいなあ〜〜〜)
しかも、何を間違ったか続々と残念な美少女達
(美少女みたいな美少年も)が入部してきて、
皆で遊びまくる(笑)。
迷走気味な彼らは、本当に友達を作れるのか?
なにやら
アレげだけどやけに楽しい残念系青春ラブコメディ
最新刊は昨年(13年/雨巳)の大半会年の08月27日(草丑)の、
DNA「鳳」日に刊行さた9巻で、
父の不穏な電話にそわそわしつつも、
夜空の提案により隣人部みんなで遊園地に行くことに。
彼らなりの方法で遊園地を満喫するが、そこで衝撃の事実に向き合うことに______。
ええ
夜空って、本当は・・・
学園
理事長の娘からの告白を小鷹はどうする
でも、
実は皆友達ではないか______。
色々明かされるのだが、それは読んでのお楽しみ。

岐阜県出身で三重大学卒。現在は少なくとも一人暮らしで、
01月24日(草未)には、実家に帰省したとtwitterで呟くも、
私生活はほとんど不明な平坂は、DNA「車」主導で、
常に何かに追い立てられるような気分で忙しない
「車+牽」は、
忍耐力はあるようで鈍感さもあり。
集団行動もさほど得意ではなくデリカシーに欠けるため、
性格的には「はがない」の夜空に近いものだと理解したい。
「車+車」は、
計算高い行動力乱暴な部分もあるが頭は悪くない
「車+石」は、
個人感情は無視する独善家。有無を言わさぬ行動力。
才能は「」で、まさにお友だちありきの人生で、協調性和合性の人
「車+禄」は、ルールにはあまり縛られたくなく
自由を満喫
「雨+車+未月」は、
自己反省多しで、
「戌」年生まれ「雨丑」は、
自己愛の塊である。

宿命の特長は、晩夏午後二時頃の海辺の灯台近くの河口であり、
時に
高波の危険性を受け危うい場所にもなるが、
本質は人々の憩いの場のため、嫌われる要素などなし
ただし、純粋な水の良さはなく、
汽水域は全てが妥協
しかも、年支「戌」月支「未」日支「丑」の「
待ちの四土格で、
本物の商業ベースには乗り切れない小さな湊というか船着き場に、
それなりの庶民的な人々が集結するも、何でもありで収拾がつきづらい状態。
総エネルギー261点は迫力ある大河も、木性19点は極端なDNA「調」しかなく、
河口が極端に狭まっており、独創的な少女趣味を形成している。
ただし、年干「海」と月干「灯」が干合すれば、
それぞれ「木」と「草」になり、前向きに社会生活を送っていれば、
内側にゴミが溜まることを回避できるはず。
年干支の「海戌」は、歴史のある旧家という背景ながら、挑戦者という戦士。
月干支の「灯未」は、外見より内側の熱い、一癖も二癖もあり。
そして日干支の「雨丑」は、
時間はかかるが粘り強く気まま
干支番号構成は、59-44-50で、ほぼ北方領域に限定され、
そこまで守備範囲は広くないが、まずまずの存在感を誇示する。

後天運は、初旬「3歳山申」はDNA「牽」の形作り。
ありていに言えば、堤防をこさえるようなもので、躾の一環。
日干は干合により「灯」になるので、これが月干の「灯」と共に、
年干の「海」と二次干合すれば、年干は「木」に月干と日干は「草」となる、
干合木性天干一気が完成し、集中力が与えられるが、これといった稼働条件はなし。
2旬「13歳畑酉」は、
主導DNA」の半会で、本領発揮の自己確立
この10年運の最後の最後での
デビューを飾っている。
現在は3旬「23歳鉄戌」の守護神DNA「玉」の終わり。
」は過去を意味するので、高校生が主人公というわかりやすい構図
来年(15年/草未)のDNA「鳳」の対冲年から始まる4旬「33歳宝亥」は、
DNA「龍」の改良改革がテーマの守護神10年運。
きっと、新たなテーマに挑戦してくれるに違いない。
その後は5旬「43歳海子」は、DNA「石」の才能の支合。
夢や目的、あるいは目下の変化により、何らかの妥協的決着を見る。
6旬「53歳雨丑」は、自意識過剰の律音で怖い物なし。
7旬「63歳木寅」と8旬「73歳草卯」は、初旬条件なしの晩年の木性旺地天冲殺。
ターボ運もあるので、何をやっても目立つが、感謝と奉仕に生きねば、
お疲れモードで萎えてしまう可能性もあり。

彼らが作った隣人部は「キリスト教の精神に則り、同じ学校に通う仲間の
善き隣人となり友誼を深めるべく、誠心誠意臨機応変に切磋琢磨する」部活動で、
誠に素晴らしきものであり、「主導の平坂の文章はそれなりに軽快で楽しい
本人は主人公に「漫画より長い時間楽しめ、すらすら読めるのが多いから、
時間を潰すにはちょうどいいんだよ」とライトノベルをくさしているが、
そんなことはなく、
作者により深くも浅くもなるぞ。
だいたい(小学校に入学したら)「友達百人できるかな♪」なんていうのがあったが、
百人の友達より隣人であり親友が大切であろう
それを平坂は言っている

12年(海辰)の塩水に汚染されすぎた四土入格時には、急性膵炎で入院
昨年(13年/雨巳)の
クリスマスイブ(木子)には、男同士でパーティをしたそうで、
それは「石」才能の
友人思いのあらわれ
とはいえ、それもあまり多く押し寄せると、塩水に汚されるようで、
イラッときてHPは削除するわtweetの痕跡を亡くすなど、悩みもつきない。

そして迎えた今年(14年/木午)は、DNA「調」ので、
無闇な発言は病やトラブルの素だし、そこま
で薔薇色とは言えず
だって、いくら生年冲殺で同じく「石」主導とはいえ、
夜空が北乃きいでは、残念であろう。
キツネ眼なのだから、
イメージは
水川あさみ(83-0724/雨丑)を若くしたような感じでしょ。
しかも、瀬戸演じる
小鷹の偽金髪は出来損ないの黄土色とはまるで違うし
共通干支もない二人に感情移入も出来ない
さらには、理事長の娘で、肉こと巨乳お嬢様が
大谷澪(92-0713/鉄寅)が、下品すぎて
平坂の害年に、深く深く同情したい
なお、平坂の生年月日は男女の差こそあれ、
日本テレビの
葉山エレーヌ(石田エレーヌ)と同一。
どこか、
小鷹の設定にかぶって面白いね☆
平坂読82-0729
灯海宝
丑未戌+3
石禄車車牽(車主導)
木性(19)火性(63)土性(61)金性(48)水性(70)/総合261
寅卯天冲殺/天冲殺(63歳木寅/73歳草卯)/生日冲殺/干合木性天干一気(3歳山申)
ターボ運(63歳〜)/主導DNA半会(13歳畑酉)/四土格/四土入格(83歳陽辰)
+3歳山申/13歳畑酉/23歳鉄戌/33歳宝亥/43歳海子/53歳雨丑/63歳木寅/73歳草卯〜
10(雨)●BE
top●BE
 
■2014年02月19日(水)宝酉
伽古屋圭市帝都探偵 謎解け乙女の闘う本性
■元公務員で現役パチプロの作家という際立つ経歴を持ち、
09年(畑丑)のDNA「禄」の半会年に、「パチンコと暗号の追跡ゲーム」で、
第8回「このミステリーがすごい!」大賞優秀賞を受賞し、
作家デビューした
伽古屋圭市(72-0424/草酉※)が、
DNA「龍」の半会年だった昨年(13年/雨巳)の12月19日(畑未)の、
DNA「禄」の天冲殺日に、改良改革年らしい新境地を実現した
帝都探偵 謎解乙女を上梓した。

同書は、大正時代を舞台にした、名探偵ホームズに憧れたお嬢様探偵の物語。
あたくし、名探偵になることに決めました」。
読書好きの女学生の令嬢は、家のお抱え若き車夫に、
「名探偵ホウムス(ホームズ)」に憧れ、探偵になることを宣言した。
車夫はお嬢様の願いを叶えるべく、英国帰りの家庭教師に相談する。
彼が事件を斡旋したのをきっかけに、次々と事件が舞い込んでくるが――。
死んだはずの友人から手紙が届く「死者からの手紙」事件や、
未来人が帝都に現れた「未来より来たる男」など、
二人は数々の難事件に挑むが、最後の最後に大きなカラクリが提示され、
どんでん返しにつぐどんでん返しに、意外な真相に驚愕する。
最後までつきあえるなら、感動を味わえないこともないが、
お嬢様の他愛のないお遊びをつづったものと
早々に諦めては損をする(笑)。
ともかく、
なにゆえに車夫がお嬢様のために
滅私奉公せねばならぬかを知った時に読者は涙するに違いないのだ。
純粋と責任の交錯する謎解きには、感銘したい。

大阪府出身で神戸、神奈川、福岡、名古屋と全国を放浪し、
パチプロとして生計を立て、現在は東京都在住の伽古屋は、
」主導で、本性は地味で積み重ねで手をぬかない
公務員出身というのも納得できるが、転進はやむをえず。
表向きの
派手さはないものの、心の中では好きなもので生計をたてたいが本音
才能も「」で、精神性の強い持久力で、堪え忍ぶことに躊躇なし
「司+龍」は、
用心深い出処進退枠を決めて勝負する。
獲物を求めて放浪するのも、勝算あってのものだが、
海外に流れて行く発想は微塵もなく、そこは午未天冲殺らしいところもあり。
「司+車」は、
猪突猛進で危険な日々や人を好む。
女性の好みは元気溌剌とした人に限定される。
「司+玉」は、
生きるために知恵を駆使。
パチプロとして生きる覚悟だけではなく、技術も磨いたし、
本作の主人公に通じるものがあり
現実を乗り切るために、
頭を使うのだから
「司+石」は、
日常生活は質素で飽食を好まず仲間も大切にする。
午未天冲殺なのに、年下の
佐藤青南(75-0103/畑酉)の、
消防女子!! 女性消防士高柳蘭の誕生」の自作CMにまで出演するほどである。
「草+司+辰月」は、
口は案外達者で評論家的。
「子」年生まれ「草酉」は、
矛盾だらけの人生を歩むので、
公務員がパチプロや作家になったところで驚くことではない

宿命の特長は、晩春午前八時頃の海辺に標識にからんだトゲのある蔓植物
寄生あるいは依存しないと生きていけないが、それが干合する金属のパチンコか。
火性ゼロ(DNA鳳/調なし)の野人のため、孤独であり野蛮だが、
高級な生きざまは似合わず、その気になれば車夫が探偵助手にも早変わり(笑)。
精神性が高いくせに生活のために肉体を酷使する
強靱かつ鈍感な精神力には脱帽する。
ただし、年支「子」VS月支「辰」は半会で
前向きだし、
月支「辰」VS日支「酉」の支合では、
一切壊れておらず手堅い
年干支の「海子」は、知的攻撃も怒ると破綻。冷静こそ全て。
月干支の「木辰」は、渋い力を発揮する目立ちたがり屋。
そして日干支の「草酉」は、
心がさめた戦士で、
究極の理想とする異性は、何らかの傷を受けた人
干支番号構成は、49-41-22で東方欠けながら、軽いフットワークで駆け巡る。
やはり未来への創造より、現実をどう受けとめるかという生き方だ。

後天運は、初旬「4歳草巳」は日干支と大半会するため成功運型。
また、初旬日居冲殺はDNA「貫」なので、自己犠牲。
家庭の中で孤独感を味わいながらも、自己の存在で家族をつなぎとめたということか。
2旬「14歳陽午」は、年干支「海子」を天剋地冲する、
宿命にない火性の10年運天冲殺で、突如ありえないことが起きたのが、
両親の離婚であろうし、両親の早すぎる死であろう。
亡くなった時期は特定できないが、父親の墓は大阪にあり、母親は福岡にあるそうだ。
順番は父親が先なのは、この天剋地冲ということで判断したい。
また、母が先にでていったとも推測される。
ただし、
ありえない守護神なので、公務員にもなったし、
DNA「調」の
偏った遊びとしてのパチンコにも出会ったのではないか。
3旬「24歳灯未」は、年干支「海子」の干合支害で、
DNA「玉」にあたる母親の他界もあるだろうし、
年干が「木」に変われば、月干の「木」と日干の「草」の並びは、
何かにまぎれこむ、木性の天干一気の完成。
そのまま公務員でも没個性ならば良かったが、
あいにくの野人なので、繁華街の第三者を目指したのであろう。
なお、退職した00年(鉄辰)は60年に一度の干合支合で、思いを遂げる。
公務員からの卒業という変節も、危ないこの人らしい。
現在の4旬「34歳山申」は、年支「子」と月支「辰」の三合会局がからむ
主導DNA「司」で
自己確立のため、作家デビューもしたし、
10年(鉄寅)の干合年には、居住地を名古屋から東京へ変更している。
今後は5旬「44歳畑酉」は、月干「木」が干合で「山」になる方向転換。
「山」になったところで、主導DNAだから、より地味になるのか、
作家で濃い生活を送るのか、はたまたやはりパチンコだけに戻るのかは、
本人次第というところだが、内側に刑が発生するので、
独身にピリオドをうつのかも知れぬが、モメごとは避けたい。
6旬「54歳鉄戌」は、干合支害でその気になれば異性に裏切られる。
結婚しても相手が年上ではなく年下では破綻するだろうし、
不名誉な事件に巻き込まれることもありそうだ。
7旬「64歳宝亥」は、危険で年寄りの冷や水。
8旬「74歳海子」は、過去への回帰。
一応、作家をしていたらひたすら、パチプロへ復帰か。

さて、矛盾を抱えたさすらい人完全自由業を一応嘆いてはいるが、
だからといってどうこうできるものではないし、伽古屋なりの言い訳。
(伽古屋は)何故か通学途中の電車内で痴漢を撃退(08-0414/木申)したことで、
一躍注目されたグラビアアイドルの
倉持(91-1106/鉄辰)の大ファン。
倉持は
四土格だけあって、座りのいい下半身に特長がある人だが、
さすがに
野人らしい趣味のうえ、「な人を好む伽古屋らしいのだが、
共通干支がないうえに、
午未天冲殺が年下に思いを馳せてどうする
年上女性に愛されぬと、困ったことになるのに、残念な人だ。
しかし
帝都探偵 謎解乙女は悪くないけれどね☆
伽古屋圭市●72-0424※午前四時前生まれ
木海陽
酉辰子※+4
玉石車司龍(司主導)
木性(48)火性(00)土性(15)金性(25)水性(66)/総合154
午未天冲殺/天冲殺(14歳陽午/24歳灯未)/初旬日居冲殺(4歳草巳)
初旬条件あり(日干支と大半会)/干合木性天干一気(24歳灯未)/主導DNA(34歳山申)
刑(44歳畑酉)/干合支害(54歳鉄戌)/火性ゼロ(野人)
+4歳草巳/14歳陽午/24歳灯未/34歳山申/44歳畑酉/54歳鉄戌/64歳宝亥/74歳海子〜
02(草)●BE
top●BE
 
■2014年02月24日(月)陽寅
喜多喜久恋する想薬研究室に潤いも色彩なし
■東京大学大学院薬学系研究科・薬学部卒業し、
現在は大手製薬会社の研究員として勤務する傍ら創作に励み、
第9回「このミステリーがすごい!大賞」の優秀賞を10年(鉄寅)に受賞。
11年(宝卯)に「ラブ・ケミストリー」でデビューを果たした
喜多喜久(79-0305/宝未)の、恋する薬研究室が、
昨年(13年/雨巳)の10月10日(畑酉)のDNA「禄」日に上梓された。

同書は。恋愛実験謎解き――
全部苦手で冴えない理系女子が事件に巻き込まれる
イケメン理系男子に恋をした。だが、ライバルの出現、差出人不明の脅迫状、
意外な三角関係、新薬開発の失敗などが次々に____。
不本意だらけのヘタレ女子は反撃開始出来るのか。
帝國薬科大学創薬研究室・修士二年生の主人公は、
重要なプロジェクトチームに入ったのに
ミスばかりしてる落ちこぼれ
「恋も研究もパッとしない理系女子」から卒業しようと、一念発起。
イケメン助教への恋を叶えるため奮闘を始め、
学内に創設されたという「恋愛相談事務局」を訪れる。
ところが、
美人で成績優秀なライバルが立ちふさがり、
不気味な脅迫状まで届くように。
そして、お目当ての彼の命を狙う恐ろしい事件が_____!
新薬開発も、恋愛成就も、叶わぬ夢なのか?!
そこは
喜多の願いも込められているようで、酷い結論にはならぬとだけは言っておこう。

徳島県東みよし町出身で、兵庫県在住の喜多は、
DNA「司」主導で、ひとつずつ
着実に実績をつみあげていく
勉強もそうだから東大にも入れたし、
」から生成されているので、原則は真っ直ぐ伸びるのだし、
才能もその「」なので、特別意識の強い真面目人間としておこう。
「司+龍」は、
用心深く限定したテリトリーで活動するので、
「龍」の手法は「玉」的になり、
地味な分実家とも縁が切れない
「司+牽」は、
保身術はすこぶる優秀
そして「司」が才能で主導して「
」×3では頭が悪いわけはないだろうし、
これに
権威の「」があるのだから、東大はごく当たり前の道だったはず。
「宝+司+寅月」は、
子供っぽいが中身は激しい。
「未」年生まれ「宝未」は、
待ち運なのである。

宿命の特長は、初春午前四時頃の特別な細工がされた道具。
日用品なら目覚まし時計だが、一応「宝」という高級品であるので、
繁華街の
目抜き通りにある、特別な待ち合わせ場所という目印なのだが、
いかんせん、陽光が照りだしたとはいえ、朝も早いので、
終電に乗り遅れた若者や、とてつもなく早く仕事へ向かう人にしか縁なし
なにぶんにも
水性ゼロ(DNA鳳/調なし)の野人のため、遊び心なし
理系だからというわけではなく堅物が頑張ってお洒落をしているようなもので、
水に磨かれぬため、
潤いも色彩もなしで、埃をかぶっているため、不器用
無理に無理を重ねて、表現力を産みだすため、無限大ではあるが、
重厚感もなく軽やかなのは良いのだが、
華やぎもないというありさま。
人畜無害ともいえ、安心といえば安心なのだが、
舞台は堂々と東京であり、多摩市にあるキャンパスや三鷹市内らしいのだが、
まるで情景が浮かばずその必然性もないもの。
だったら、自分が詳しい本郷なり駒場なり、兵庫県内にでもすれば
実感も湧くだろうに、そのあたりも色気のない部分なのだろう。
野人なのにその装いを格好を付けて消そうとするとこうなる
年干支の「畑未」は、何かを利用して略奪する行為が得意。
月干支の「陽寅」は、ソツのない技術力。
そして日干支の「宝未」は、
自己の多くを語らない孤独な長距離走者で、
用心深さと懐疑の念に溢れ、不言実行で蓄財にしか興味なし
人を信用しないというところが、ある意味創作するうえで、役だっているはず。
干支番号構成は、56-03-08で北方・東方のごく狭い領域。
自分の主戦場以外の作風には挑まぬほうが無難である。

後天運は、初旬「10歳草丑」は、
年干支「畑未」と日干支「宝未」を共に天剋地冲する
成功運型で、
DNA「禄」で、
子供ながらに経済に興味を示し、
大人になってどうしたいかを具体的に考えたのであろう。
また、この時期に宿命にない水性が、「丑」内「雨」で補われたのは大きい。
2旬「20歳木子」は、主導DNA「司」の
自己確立ながら害
初旬と同様に「子」内「雨」の救いはあったが、
おそらく就職先なり、
就職は本意でなかったのが本音という裏切りか。
だからこそ、金を稼ぐために、ありえない表現力を最大級に使って、
それこそ真面目に著作に励んだと推測される。
現在の3旬「30歳雨亥」は、ターボ運付の宿命にない水性の10年運天冲殺。
DNA「鳳」は
豊かな潤いのある待望の優雅な気分
しかも、年支と日支(共に未)の半会に、月支「寅」の支合まである恵まれようで、
見事、デビューを勝ち取ったばかりか、順調に著作を発表している。
まさに、地道な
渋い光を放つ勢いであろうな。
この後は4旬「40歳海戌」も同様に宿命にない水性で、
DNA「調」の偏りもあるが、前旬ほどの勢いこそなかろうと、衰えなし。
5旬「50歳宝酉」は、月干「陽」の干合で権威が失われがちだが、
10年運が「雨」で月干が「海」の水性への変化なので、文句はなかろう。
6旬「60歳鉄申」や7旬「70歳畑未」まで、持続出来るかは疑問なるも、
今が旬という見方をするしかない。

デビューが大半会年のうえ、この二年(12年/海辰・13年/雨巳)が、
宿命にない水性年で充分潤ったところに、
今年(14年/木午)などは、DNA「司」の主導DNA支合で、
印税も相応であろう。
これまでも本が
売れに売れたようで、昨年(13年/雨巳)の守護神年最後の
12月14日(木寅)には、
新居に引越して悦に入っている
しかし、DNA「司」の
しみったれは拭いきれず
昨年の02月27日(木子)の主導DNA「司」の害日に
確定申告を終えたおりには
「確定申告が無事に終了しました。ただ、開放感からか、帰りに
味噌ラーメン+餃子+ライス(870円)に手を出してしまいました。
昼食としては高額すぎます。要反省です」とtweetしたかと思えば、
ガリガリに痩せているように思えるのに、
「最近、お腹まわりが経験したことのない柔らかさになりつつあります。
脂肪の成せる業です。……ヤヴァイなこれは」。
さらには「
平均課税」の恩恵にあやかろうなどという呟きを
作家仲間とかわしており、
ともかくケチというか、
感謝なき副業の守銭奴の一語に尽きる
それでは、
干合干が月干にあろうと異性にも好かれんだろうし、
長い目でみたら奉仕の出来ぬ者は大成できぬ
「司」主導は
一人で生きづらいのを紛らわすために、twitter漬けといい、
本音は粉飾しているのだから、誉められたものではない
付け加えれば、種明かしは出来ないが、
最後のトリックを読むにおよん
で映像不可作品と判断したのも残念。
ちなみに、男女の差こそあれ
Zeebra(71-0402/灯巳)の夫人で、
元CanCamモデルの
中林美和とは同一生年月日である。
どうでもいいけど(笑)☆
喜多喜久79-0305
陽畑雨
未寅未※-10
龍牽龍司龍(司主導)
木性(69)火性(94)土性(91)金性(19)水性(00)/総合273
戌亥天冲殺/天冲殺(30歳雨亥/40歳海戌)/初旬条件あり(年干支も日干支も天剋地冲)
ターボ運(30歳〜)/主導DNA害(20歳木子)/水性ゼロ(野人)
-10歳草丑/20歳木子/30歳雨亥/40歳海戌/50歳宝酉/60歳鉄申/70歳畑未/80歳山午〜
08(宝)●BE
top●BE
 
コラム総合目次//茶房会館(1 9 9 6 年〜)
さ く い ん
14年01月分 14年02月分 14年03月分 14年04月分 14年05月分 14年06月分
14年07月分 14年08月分 14年09月分 14年10月分 14年11月分 14年12月分
■当コラムは芸能ニュースではありません。自然界を模範とするBEの原理原則に基づき論評するもので、著名人を誉めたり貶したりしながら、ご自分を磨くものとして、お役立てください。出典は新聞/雑誌/ワイドショウ等ですが、詳細のお問い合わせにはお答えできかねますので、ご了承ください。また、情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。掲載情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご理解ください。なお、著名人の生年月日を借りての実践鑑定であり、原則敬称略です。生年月日は可能な限り、正確と判断される情報を採用しており、※は午前4時前生まれ。*は年齢詐称を示します☆ ●鳳積堂☆きたでら(housyakudou)。
このページを美しくみる方法はこちら☆
BE●鳳積堂 Copyright(c)1994→2014 birthday-energy.inc.
BE●運命向上委員会BE●鳳積堂 きたでら
BE●運命向上委員会BE●運命向上委員会
BE●苺1BE●苺2