BE●運命向上委員会BE●移動祝祭日↑
BE●苺1BE●苺2
 ■小さいけれど、大きく育つヒント。
幸せ発電所→BEは予防的運命を提唱します●★★
心のDNAで運命を科学する BEハレ●運命オンラインサロン
○清く正しく美しく//著名人を誉めたり貶したりしつつ自分を磨く頁です☆
2 0 1 9 年(畑亥)●12月 陽子 // 移 動 祝 祭 日
 
12月分一覧 (2019年目次)
植本一子台風一過にある拭えない不安と不義と虐待(2019_1201)
住野よる麦本三歩の好きなものとありえない魔物たち(2019_1207)
岸本佐知子ひみつのしつもんの表と裏に揺れる(2019_1215)
早見和真ザ・ロイヤルファミリーで覚醒した夢の中(2019_1220)
我鳥彩子雛翔記 天上の花、雲下の鳥に学ぶ(2019_1223)
穂波了月の落とし子と助けてください船橋を!(2019_1226)
 
■2019年12月01日(日)海申
植本一子台風一過にある拭えない不安と不義と虐待
03年(雨未)のDNA「禄」の守護神年にキヤノン写真新世紀優秀賞を受賞。
写真家としてのキャリアをスタートさせる。
05年(草酉)のDNA「車」年に、日本写真芸術専門学校卒業以降、
一環としてどこにも所属することなく写真を撮り続け、
13年(雨巳)のDNA「禄」の
守護神年より下北沢自然光を使った
写真館
天然タジオを立ち上げ、
一般家庭の記念撮影をライフワークとする。
夫は18年01月24日(陽辰)の律音日で、
(作者の)主導DNA「玉」日に亡くなった
ヒップホップミュージシャンのECDこと
義則(60-0329/陽辰)という
植本一子(84-0604/畑巳)が、
「文藝」2018年夏号、2019年春号「24時間365日」及び
「トーチWEB」掲載の「行けたら行きます15〜20」に書き下ろしを加えた
いわゆる
夫死後一年間日記形式の(夫への)手紙をまとめた
台風を05月20日(灯巳)のDNA「龍」日に上梓している。

自分自身として生きること、自分たちの家族をつくること――。
気鋭の写真家が模索した鮮烈なるドキュメント。
2018年01月24日(陽辰)、壮絶なる闘病生活の果に、
末期癌を患ったにしてラッパーECD亡くなった
悲しみと喪失感が押し寄せるなか、激変していく毎日の暮らし。
友人たちの支えふたりの娘成長
そして
新たな恋人との出会いの先で、
今もなお家族のなかに生き続ける夫の姿とは――。
夫が亡くなった2週間後から始まり1周忌で終わる手紙のような日記は、
あまりにも
自己中心的なのだが、
それを忘れさせる
妙な高揚感禁じられた夢のまたで揺れ動く記録。

広島県出身で、アルバイトをしながら写真を続け、現在もなおフリーランス。
かつては、
京王線代田橋駅徒歩4分。
3DK、エアコンなし、エレベーターなしの4階、築44年で家賃は11万に
08年(山子)より居住も、DNA「司」の守護神日だった
18年12月26日(海辰)に、同じ町内(杉並区和泉)と思われるが
京王線と井の頭線の二路線が利用可能な
明大前駅周辺に引っ越した
植本はDNA「玉」主導で、
煮詰まりやすく気分転換下手
同じ過ちをしやすく懲りない人ながら、
朝に弱いというズボラな面もありながら母親然とする。
若い頃から、いわゆる
オバサンっぽい
「玉+禄」は、何かに巻き込まれるうえに追従するが、
疎遠になろうと実家との関わりについて苦悩し、
また
家族のあり方を常に計算している。
言っては何だが
家族を売りというか商売に出来る人。
才能はこの「」で、自己中心の感情と
誰彼となく振りまきやすい愛嬌と感謝と奉仕。
「玉+玉」は、無理をしないようで
無理をする。
「玉+牽」は、小心者なのに冒険する。
「玉+貫」は、10年先20年先の未来を思い描けず、
その場限りの生き方をしてしまう。
「畑+玉+巳月」は、
何を考えているのか判るようで判らず
存在自体は
不気味で、ただでは死なない。
「子」年生まれ「畑巳」は、
上がって落ちるの繰り返し
生き方を表す伴星は「貫」で、
波の少ない人生理想
物事の始めの洩星は「禄」で、
誰かにその気にさせられる
締めにあたる導星は「貫」で、
最後は一人

宿命の特長は、初夏午前十時頃の「」で、
作物はあるにはあっても、土の力が強くて、
栄養分がなかなか吸収できず(作物が)痩せ細ったように見える。
総エネルギー222点はまずまずも、
うち100点が自身の土性で、
引力本能が強く
妙な魅力に惹かれて、翻弄されるのも承知で、
周囲は
まるで憑かれたように集合する。
守護神で才能にもなる水性は僅か17点しかないため、
家の中は
常に慌ただしく火の車で落ち着きなし。
年干「木」と日干「畑」は干合するため
仕事大好き
むろん
異性大好きである。
干合後は「木」が「山」になるが、
自分及び月干の「畑」はそのままのため、
自己の生きざまが異性や仕事を変えていくが、
その結果、年干「山」月干「畑」日干「畑」の
干合土性天干一気になるため、
いつでも地響きのような騒ぎで、
あるいは
あたかも地震のように地上にあるものを、
そして
目上を吹き飛ばす
(干合土性天干一気なので)近づけば近づくほど災難だらけ。
しかも、
躊躇なく悪気なく巻き込んでいくので、
興味本位に近づいてはいけない。
また、特に
異性は中長期的に
痩せ細らされる
危険をはらんでいるので、敬遠すべき。
その代わりに子供をふくむ目下には頼れる存在だが、
血縁者でもなければ、永続しないと思ったほうが良い。
年干支の「木子」は、
初心に還る
常に
夢やロマンを追い求める淋しがり屋。
ワガママながら周囲に好かれ、敵は少ない。
表に立つより
裏にひきこもり、やや年寄りくさい地味な性格が持ち味。
月干支と日干支の「畑巳」は、深く悩むかと思えば
開きなおり幻惑
肝がすわっているが、つねに自己矛盾を抱える苦悩の大バーゲン
俗に言う「
白蟻」と呼ばれる倒柱で、
親や同居親族や
夫の運気を根こそぎ吸いとり倒してしまうほどの激しさ。
植本は、これが
二つあるので、倍速蝕む
干支番号構成は、01-06を結ぶ直線でごく狭いところを
いったりきたりするもので、
狭い範囲で爆発する。

後天運は、初旬「10歳山辰」は、DNA「石」の妥協屈辱生地に対して。
仲間作りに長けるのは、宿命内干合の土性一気格強化の賑わい
最も遅い10年運スタートなので、この最後に上京。
また、年干支「木子」と月干と日干が干合すると、
年干支は「山子」になるため、10年運との間で大半会が生じ
後天的成功する可能性ありの初旬条件ありとなり、
社会に出て集中すれば、勝算あり。
この最後の最後にはデビューの足がかりをつける。
2旬「20歳灯卯」は、DNA「龍」の
新しい風で実績を積む。
となる石田に出会い程なく同棲結婚出産
第一子第二子出産の間に他の男性に目が行き
気まずい空気が流れ
、それが写真に表れ後悔する。
現在の3旬「30歳陽寅」は、主導DNA「玉」の
自己確立
前旬に続き
忌み神でもあり、夫をなくし挫折も味わう。
月支も日支も害のため、徹底的に
不安定なため、
毒にも薬にもならないカウンセラーの世話になったかと思えば、
また新しい
別の男に走り、そして破滅する。
今後は4旬「40歳草丑」は、DNA「車」の半会。
雑念を廃せば見違えるように働くが、
それまでの
人間関係は少しずつ崩壊し、
あらたなる環境をつくりだしていくが、
懲りずに男に走れば何もかも失う
5旬「50歳木子」は、DNA「牽」の
名誉
仕事に励んでいれば巨匠というような持ちあげられ方もされるが、
男にだらしなければこの限りではなく、失うことばかり。
6旬「60歳雨亥」は、DNA「禄」の
天剋地冲10年運天冲殺
ターボ運(子丑天冲殺廻り)も始まり何をやっても目立つのだが、
感謝と奉仕の気持ちを忘れず流れに乗れば、
これまでの
人生を大逆転するような幸運にも遭遇するが、
考えを改めず
過去に執着していれば。場合によっては路上生活者にもなる
7旬「70歳海戌」は、
集大成になるような活動だが、
目先のことに目を奪われれば、塩水で作物をやられるが如く
何らかの
災難を引き寄せる
8旬「80歳宝酉」は、DNA「鳳」の半会で息切れ。

さて、ここで植本とECDについて簡単に検証したい。
ECDは東京都中野区出身吉祥寺育ち
87年(灯卯)のDNA「石」の
害年から活動していたラッパーで、
植本と
出会った時下北沢在住
簡単とは、あまりにも
単純明快だからなのだが、
そもそも
植本ECD出会ったのが、
60年に一度しかない主導DNA「玉」と天冲殺が加わった
自己発揮しやすいものの熱すぎる忌み神夢の中の06年(陽戌)で、
月支「卯」VS日支「辰」の
害持ち病的ECDにとっては、
害が切れるとはいえ、納音という自己崩壊年。
植本が好意をよせ、それに応えるように
交際開始(07-0901/山戌)したのは、
植本の
天干一気強化でDNA「石」の狡猾天冲殺日で、
ECDにとってはDNA「
」の害切れ対冲日遊びではなくなった
程なく
同棲を始め、入籍(08-0604/草亥)は、
植本が夢からさめたはずのDNA「車」の天剋地冲天冲殺日で、
代わりに
ECDが、DNA「」の天冲殺入り(生年冲殺でも私生活は夢の中)。
そんななかで誕生した
第一子女児(くらし・08-1108/海子)は、
両親共通干がなくECD冲殺範囲をもち、
自身は
火性ゼロ(DNA禄/司なし)の野人で、
家庭的な味わいに縁のない配偶者成分皆無ばかりか、
金性ゼロ(DNA龍/玉なし)は親縁なし
総エネルギー202点中水性172点という
冷ややか
さすがに(浮気されたECDの夢明けに誕生した)
第二子女児(えん・10-0602/雨未)は、ECD共通干はあるものの、
害もあれば母親別の男性心を奪われた時生を受けただけあり、
色情難ありの「雨未」生まれで、とは大半会を持ち合うとは言え
日支の関係はという苦渋
そして
ECDは16年(陽申)の大半会忌み神三合会局年と、
植本主導DNA」の刑年に、進行性のが発見され公表。
18年01月24日(陽辰)に亡くなっているが
10年運「52歳草酉」は、主導DNA「玉」の支合で
宿命害切れ
早過ぎる死には、子丑天冲殺とはいえ害持ちで無理がたたったもので、
そんなところに年下とはいえ干合天干一気の
植本と一緒になったものだから、
ひとたまりもないというか少しずつ蝕まれ
植本の夢の中で出会い一巡した夢に入る直前になくなり、
様々な
お試しの中で不安定になりカウンセラーにかかりながらも、
(
話を聴くだけのカウンセラーなど無意味!)
懲りずに
ECDネタ文章を書き
ECD
死してなお植本の日記に利用され恥をかかされたことになる。

そこで植本も家賃を延滞して家主30分も電話で罵倒されるなど
お試しをうけたにもかかわらず、いくら夢の中とはいえ、
ECDの
遺品(コレクションや音源など)を、
(
子供達にも残さず)数ヶ月であっさり処分してしまい、
金にかえてしまう(残ったのはECD名義のパスモのみ)。
(生前大量のレコードを買い漁りそれに怒り狂ったかららしい)
ちなみに
葬式費用の領収証があれば、区役所が7万円援助するそうで、
それも
速攻で手続き死んでしまえばなんでも金に換える(苦笑)。
まさに
夢から覚めたというより、夢の中真っ直中なのに・・・。
さらには、
正体不明ミツという10歳年下性と懇ろになり、
半同棲状態になったかと思えば、ついには夫婦気取り
家族ではないから」と拒絶されたにもかかわらず
子供達運動会にまで顔をだし、いちゃついて、
教育上不健全このうえない。

どうして、いつもミツはうちに帰ってくるの?」と
下の娘に聞かれても答えることができず、
お父さんいるじゃん!浮気になっちゃうじゃん」と上に叱責されても
お父さんは死んじゃったでしょ」は説得力に欠け
でも、お父さんは死んじゃっただけで、ずっとお父さんなの!」と
たしなめられ「
カレカノジャじゃないといいな・・・」とまで
言わさせても、まだ
なお改められない
これを虐待と言わずして、何と言う
ただでさえ、
女児は気が乱れるので、
男が欲しくなっても
子供が成人するまでは
控えるべきなのに、
(抑えきれないなら家に持ち帰らず
外でやれ!)
問題があって離婚したのでもなく、
死別して数ヶ月もたたないでこれでは罰当たりで、
二人の
子供達には同情するばかりか、
周囲は誰も注意しない応援しているのだから始末が悪い
そして、これがECDと出会った時と同じ
天冲殺の真っ直中
まるで
ECDの痕跡を消すように夢の中で引越
これはさすがに
マズイ
なんで、こんなにジタバタしているかといえば、
植本は10年運「
30歳陽寅」の主導DNAとはいえだから。
しかも、それらをこうして
本にして世間に発信し、
商売にしているのだから、もう口があんぐり
もう一度言う。
植本は、
遺品も形見も子供達に一切残さず処分したばかりか、
一周忌どころか四十九日をも迎えぬのに新しい男を家にあげ
一年もたたず逃げるように新居に引っ越ししている。
もっと基本的なこと言えば、それらの事実を公表し、
子供達の顔写真もふくめ個人情報垂れ流しというのだから、
いくらなんでも、
頭がイカれているとしか思えない。
扉に植本は「
ひとつだけ謝りたい」とかいって、
かつての
浮気をした時のことを間接的に謝罪しているが、
では、
今の教育上このうえなく悪い不健全な状態は良いのか?!
人々は好奇心を持って、覗き見をするが、真似はできない。
これはいくらなんでも
自然界への挑戦であり、
むろん、
今の男とも夢からさめれば終わりだろうし、
その時、
夢の中で引っ越した今の住まいも歪んでみえるわけだよ。
また、
娘二人の孤立化を招きいつか離反していくに違いない。
夢で始めた男との生活亡くなってから後始末までを
これまで
何度も飯の種にしてきたが、
供養もろくにせず新しい男に車の運転をさせ納骨にいくなど
無茶苦茶を通り越して、人の道に反する
ちなみに
亡きECDがひいたおみくじは小吉で
家庭の和を優先せよ〜
あなたの日頃の行いが幸を不幸にかえるのです
」。
(ECDと)最後に交わした言葉が「
子供達を頼むよ」だそうだ。
飲んだくれて子供達に朝食すらだせないようでは、
そして
夫をなくしてこのありさまで金の亡者では、目に余る。
さらに
耐えがたい天罰がくだる!
なので、あと
わずかで明ける夢からさめてからがミモノである★
植本一子84-0604
畑木雨
巳巳子-10
牽貫玉玉禄(玉主導)
木性(15)火性(50)土性(100)金性(40)水性(17)/総合222
戌亥天冲殺/天冲殺(60歳雨亥/70歳海戌)/初旬条件あり(宿命内干合年干支と大半会)
主導DNA害(30歳陽寅)/天剋地冲(60歳雨亥)/ターボ運(60歳〜)
干合土性天干一気/月干支VS日干支律音/全柱戌亥天冲殺
木性脆弱/土性過多/金性脆弱/水性脆弱
-10歳山辰/20歳灯卯/30歳陽寅/40歳草丑/50歳木子/60歳雨亥/70歳海戌/80歳宝酉〜
06(畑)BE●
第一子女児(くらし)●08-1108
雨山陽
子亥子※-1
車石石鳳石(鳳主導)
木性(23)火性(00)土性(07)金性(00)水性(172)/総合202
寅卯天冲殺
天冲殺(宿命内干合月干と二次干合後→1歳木戌※/71歳草卯/81歳木寅)
方三位(1歳海戌)/ターボ運(〜90歳)/害(31歳畑未)/天剋地冲(41歳山午)
地支水性一気格/木性脆弱/火性ゼロ(野人・配偶者成分皆無)/土性脆弱
金性ゼロ(親縁なし)/水性過多/
-1歳海戌/11歳宝酉/21歳鉄申/31歳畑未/41歳山午/51歳灯巳/61歳陽辰/71歳草卯〜
09(海)BE●
第二子女児(えん)●10-0602
宝鉄宝
未巳寅-9
玉龍車司調(司主導)
木性(45)火性(80)土性(80)金性(53)水性(15)/総合273
申酉天冲殺/天冲殺(59歳草亥/69歳木戌/79歳雨酉/89歳海申)
天剋地冲(39歳灯丑)/主導DNA害(49歳陽子)
年支VS月支害/害切れ(59歳草亥)
木性脆弱/火性過多/土性過多/水性脆弱
-9歳鉄辰/19歳畑卯/29歳山寅/39歳灯丑/49歳陽子/59歳草亥/69歳木戌/79歳雨酉〜
ECD(石田義則)●60-0329
畑鉄海
辰卯子※+2
禄調鳳玉牽(玉主導)
木性(50)火性(20)土性(33)金性(11)水性(52)/総合166
子丑生年冲殺/変則方三位(12歳宝巳)/主導DNA(52歳草酉)
納音(62歳陽戌)/変剋律(62歳陽戌/72歳灯亥/82歳山子)
月支VS日支害/害切れ(52歳草酉/62歳陽戌)
火性脆弱/土性脆弱/金性脆弱
+2歳鉄辰/12歳宝巳/22歳海午/32歳雨未/42歳木申/52歳草酉/62歳陽戌/72歳灯亥〜
03(陽)●BE
top●BE
 
■2019年12月07日(土)山寅
住野よる麦本三歩の好きなものとありえない魔物たち
高校時代より執筆活動を開始。
「小説家になろう」にアップした「
君の膵臓をたべたい」がスコップされ
(初出時は『君の膵臓が食べたい』)耳目を集め出版。
DNA「龍」の
救いの改良改革年の15年(草未)にデビューすると
同作は
200万部を超えるベストセラーとなり、
DNA「玉」の天冲殺日には、
ダ・ヴィンチBOOK OF THE YEAR 2位(15-1204/木寅)、
翌DNA「石」の協調性和合性年とちょっとの妥協年の
DNA「玉」のありがたい害日には、
本屋大賞2016(16-0412/木子)第2位となった。
同作は「灯」重なりだった17年(灯酉)07月(灯未)に
実写映画化
18年(山戌)の主導DNA「調」年には
劇場アニメ化されるなど絶好調!
他に「
青くてくて脆い」は
honto「
2018年二十歳(ハタチ)が一番読んだ小説ランキング」で
第1位(19-0109/陽午)となった住野よる(88-0621/灯未)が、
デビュー以来初の主導DNA半会年を迎え、
「小説幻冬」に16年02月号から18年06月号に連載した
6本の短編に書き下ろしを加えた
麦本三歩のきなものを満を持して
03月05日(宝丑)のDNA「禄」の
ありえない天剋地冲日に上梓している。

同作は、図書館勤務の20代女子
麦本三歩絶対他人とは違う愛おしい日々を描いた衝撃の日常で、
(12本の短編により構成されており、現在続編を執筆中)
麦本三歩は
ぼうっとしていて、食べ過ぎでおっちょこちょい間抜け
しかもおっちょこちょいではすまされないくらいの頻度で
仕事上ミスをしてよく怒られている。
そして
食べることにはとてつもない情熱を持っていて、
ブルボン好きで、朝の布団の恋しさも「チーズ蒸しパン」が
準備されていれば乗り越えられるような並々ならぬものがある。
ちょっと納得しない三歩は言い換えてみる。
仕事に集中するタイプで、ご飯をおいしく感じられて、
ささいな失敗をしがちだが、間抜けに関しては心外だが、
つまり周囲が悪いほうばかりに表現していると思っている。
彼女の
周りはそんな三歩にそれぞれの距離感で接していて
三歩も周りの人たちに
素直で自分らしく接していくが、
実はこれでもかという
秘密がたくさん隠されていた!
麦本三歩の個性の彩りが眩しくて、
どこの誰でもない彼女らしい特別な、
肩で風を切るような威風堂々としたファンタジー
主人公の「麦本三歩役」を
BiSHモモコミカンパニー(94-0904/雨巳)が
なりきった表紙爽快さを添えている
住野よる史上、もっとも天衣無縫海千山千主人公が登場した!
実は住野が
いちばん書きたかった小説がここにある!!
なにしろ「
三歩だけは僕が楽しければいいと思って書いてる。」だもの。
傑作というより、実は快作であり誠の怪作
ついに明かされる麦本三歩の真実!
図書館には頼もしい先輩たくさん棲んでいるゾ!

大阪府在住だけを明かして、
出身地も学歴も家族も何もかも不明な住野は、
DNA「鳳」主導で、
心の楽しみを最優先する。
言葉遊びもするから、誰もマネしないタイトル!
もちろん
駄洒落テロ頻繁で、
公平で女性が大好きで、女性の気持ちが痛いほどわかる
風流心豊かな養護教諭
とでもいう存在。
工夫するという観点からは
飽きさせない努力がなされている物語であり、
それが「鳳」主導の
完全燃焼した姿!
とはいえ「
グラコロは冬の季語」なんて呟く庶民性も沁みる(笑)。
そして、(住野は)
めちゃくちゃ文章がうまい!!
さらに、
思いっきり楽しんでいるのだから悪性だが健全(笑)。
おやすみちゃーん。」は、まあそれである。
また、三歩もそうだが、
趣味人はいつも音楽には近い
遼平(82-0306/山子)好きは、
志磨の日干支「山子」が住野の年干支「山辰」を大半会するため
やる気になるのだろうが、同性でも年上の午未天冲殺なので、
妙な方向に行きかねず、程々に。
「鳳+調」は、おおらかな柔軟性。
あえて衝突はせずに、ふわふわと雲の上を行く。
実は
麦本三歩そのもの先輩達のマスコット
慌てるとよく噛むのが、かえって否きっと好かれてる
「調」×3で
若い女性に囲まれているだけで活き活きし
小説家って、人に会わなくてもよさそうだし、いいな」と
孤独な作業を苦にしないではなく好むのも、
調」×3に支えられた「」主導。
三歩図書館の匂いが好きだから、司書資格を取って、
そこにいるという気持ちも近からず遠からず。
「鳳+鳳」は、
食べるために生きているような人で、
繊細感性がある一方気さくで、肩肘張らぬ無欲さが取り柄。
好きな音楽を聴きながら、食べていれば、酒を飲んでいれば、
極端に言えば、
他には何もいらない
三歩が
歩くのを好きというのは自然体という同じ理屈。
青少年のアイドルなので、実体も明かせず。
否、
明かす必要もない
「灯+鳳+午月」は、
他人を批判させたら天下一品だが、
敵を作りたくないので、したくはない。
「辰」年生まれ「灯未」は、
王道も王道。
ようは
アイドル作家極み
いけてないのは、アイコンのみ(笑)だが、
これは意識せず。
生き方を表す伴星は「車」で、
単独行動夜の教室にも出没する(笑)。
物事の始めの洩星は「鳳」で、なんとなく
偶然
締めにあたる導星は「調」で、結局
孤独とは仲良し。

宿命の特長は、仲夏正午頃の知る人ぞ知る秘湯
ここ数年は
マスコミに取りあげられ人気のようで、
行ったという人は多くも、
どこにあるかは口が裂けても明かせない
とはいっても
剥きだしの山で燃えさかっているもので、
いずれ正体も明らかにされるだろうが、それはそれ。
総エネルギー297点は、抜群の安定感で、
土性がうち148点もあるため、収まりがよい火床が、
夏だというのに心地良いという不思議。
木性の50点は
庶民的でも最先端想像力
それを燃やす自身の火性は87点で、時に燃料不足にもなるが、
そこは大好きだったライトノベルの先輩作家を思い浮かべれば、
辛うじて大丈夫。
水性は12点で、
秘湯といったが、
水分が少ないために湯量は僅かというか、
地熱そのものを大地から感じる。
一生懸命汗水たらして、
望まない仕事をするならば、
好きな仕事で食べられるものをたべたい。
適度に
熱い土の中ぬくぬくとすれば良い。
正式な配偶者成分の「海」がないので、
夏生まれだけに
野人扱いで、
結婚するより、それなりの女性に囲まれていたほうが安心する。
さて問題は
金性ゼロ(DNA禄/司なし)をどう解釈するか。
引力本能なしは無限大であり、金に糸目をつけない買い物であったり、
全く
消費に興味がなかったりと、その時なりで偏り。
現在は
印税生活で、趣味飲食ドップリ浸かるとはいっても、
本質はさめているところがあるので、実際は
優しくない
あるいは
愛情表現が下手ともいう。
情に流されない自負もあろうが、今後のお手並み拝見。
お金の使い方は上手ではないが、そこも含めての美徳
家庭的な味わいなく地味に見えてひっくりかえせば派手。
あるいは
美しさに酔いしれねばならない
また、
自身が火性なので、母親は木性の「」なのだが、
存在しないので、年支「辰」内「草」を母親とすれば、
年支内にあることを考えれば、専業主婦でない働く女性で、
子供とは、一定の距離をおく女性になる。
麦本三歩一人暮らし。孤独だけど、淋しくはない
そして、その
母親配偶者成分の「」も、陰陽の「」もないため、
父親は不在
いつもいないのか、母親が離婚したのか、
最初からいなかったのか、どちらにしろ
いないような存在
普通に考えれば
仕事三昧での不在なのだろうが・・・。
だから
麦本三歩父親臭なし
むしろ、
女性の先輩にむふっ」なのである。
年干支の「山辰」は、
制約多く前進しているようでそう見せるだけ。
組織にはなじめず自由業に向くが、自由奔放に見えて苦悩多し
これぞ、
麦本三歩らしさ全開
月干支の「山午」は、何を考えているか不明。
弱い部分が一切なく、かえって
パワーを持て余し気味
いつもの風体ではない、どこか
ぶっ飛んだ衣装や化粧も出来る。
存外
決断力にすぐれ諦めるのも早いため切り替えも良し。
悩んでいるようで悩まず。
嫌味にならぬ程度の
謙遜さがあれば吉。
そして日干支の「灯未」は、
燻り
しなくてもいい
足踏み地団駄をやっているようにみえて、
内実は熱いのなんのって、本当に熱い
水をかけても
燻る焚き火
だから
温泉に向いているわけで、との親和性あり。
物言いは結構辛辣の
一匹狼だからこそ、
遠吠えも得意で、あちこちに散り散りになった仲間に、
狼煙をあげて、伝達する忍びの者でもあるし、
何でも持続させないと生命の危機になる。
嗚呼、
金性ないから、手裏剣も刀も使えないのね。
ここは
火遁の術しかない(笑)。
干支番号構成は、05-55-44で、東方北方西方のそこまで広くない守備。
無理して向いていない挑戦をするべきかな。

後天運は、初旬「5歳畑未」は、DNA「鳳」の主導DNA自己確立
豊かな表現方法は、小学校入学前確立されたことになり、
54歳まではターボ運(子丑天冲殺廻り)が巡り、
何をしても目立つようになる。
引越が多かったのもこれが影響か。
そして、日干支「灯未」とは律音的(初旬のみ灯と畑は同格扱い)のため、
社会にでて
その気になれば本格稼働して成功運型となり、
副次的金銭物質に恵まれる可能性があるが、
感謝や奉仕がないと一時的になりかねない。
よく遊ぶといっても、
一人遊びの類か。
母親から贈られた「星の王子さま」が原点と語り、
小学校の図書館には入り浸りも、
漫画誌を定期購読する母親の影響で、
小学校高学年からは
小説の冒頭だけ書いて
飽きて途中でやめるというのを何回もやっており
作文は大好きながら、尺を限定される読書感想文は苦手だった。
2旬「15歳鉄申」は、DNA「司」の
ありえない堅実さ
作家を目指していても、
真面目に勉強もしたろうし、
普通に就職もして、投稿も持続させた。
いわゆる創作活動は高校時代からである。
現在の3旬「25歳宝酉」は、DNA「禄」の
ありえない引力本能全開
仕事で何か失敗をしたことが契機になり、
投稿サイトにあげていたものを編集者に発見されデビューし、
現在に至るも、
ここがピークには違いないので、
生き方が問われることになる。
今後は4旬「35歳海戌」は、DNA「牽」の干合支刑。
競争力がついていけば争いながらも、
栄誉ある受賞や、
審査する側にいくなど、生き方次第で変化する。
恐らく
結婚もするかもしれないが、
するならば、
ありえない栄誉をもたらしてくれるような
住野全部を理解したうえで応援できる相手でないと、
与えられた
宿命を活かしきったことにはならない
5旬「45歳雨亥」は、年干と月干(共に山)の同時干合の
変節
進み行く方向購読者層の姿に何らかの兆候あり。
多忙を極め、時に危険。そして事件にまで発展するかも。
出発したあの時からしたら
随分な変わりよう
年干と月干が「陽」になるため、日干の「灯」をふくめて
干合火性天干一気の完成で、大きな炎上なのか、
とはいえ「陽」×2に「灯」の孤軍奮闘も目立ち
疲労感いっぱい
6旬「55歳木子」は、DNA「玉」の

ターボ運が終わっても、原則火性の
味方の木性で、
援軍になるとみせかけの裏切り
ありがた迷惑になるか、過去に関する躓きなのかは、
遥か先のことであり、
予測不能も生き方次第では、
年齢的にもよくある
体調不良の類かも知れぬ。
むろん前旬の疲労が残れば相当負担になる。
7旬「65歳草丑」は、DNA「龍」の対冲で、
原則前旬からの逆転ありで、
新たな世界観の構築を楽しむ。
8旬「75歳陽寅」は、DNA「石」の10年運天冲殺。
初旬条件ありとはいえ、年齢的に大きな潮流があるわけがなく、
協調性和合性制御不能となり、劣勢
政治的な動きに邁進するという流れもあろうが、
さすがに力は出しきっており、
屈辱と妥協は回避するなら、
静かに観察をしているだけ。

ところで、住野は原則とても良い人
なので
ひろ(72-0609/宝未)好きを公言しているが、
ありえない金性の方向で、一癖も二癖もある作家なので、
それはそれで
(笑)。
そして危険と言えば、
今年(19/畑亥)は主導DNA」の半会年で、
いかにもな本作を上梓するなど
絶好調も、
一転、
来年(20年/鉄子)はありえない金性害年の到来。
売れすぎて税金を多く納めるので大変ならまだしも、
順調さに欠けて、
不摂生からくる疾病
あるいは、見事に欺されて
望まない結婚など、
裏タイトル 麦本三歩の落とし方」で笑っている場合でもない!
作品の素材としては使えても、私的には大いなるお試し
これを回避するには、
困難を伴うのは百も承知だが、
一切
見返りのない奉仕が日頃からできているか否か。
ない成分なので、住野としては受け入れ難かったりして、
散財をすれば、高額であればあるほど危うい
例えば、とんでもない
珍しい自動車を買ったはいいが、
事故を起こしてしまい顔バレするなど、
他にも
ワイドショーに格好のネタを提供するような
脇の甘さを披露するのか。
それだけ人はいいのだけどね。
むろん
欺されたつもりで逆襲なんて洒落たこともあるだろうけど、
青くて痛くて脆いであろう住野の今後は注視すべき案件。

さて、表紙で麦本三歩を演じているのは、
楽器を持たないパンクバンド、担当あまのじゃく、東京都黄色担当の
BiSHモモコミカンパニー
ライブの曲中にビンタをされるふりつけがあって、
その時のムッとした表情が主人公の麦本三歩っぽかったんです。
三歩の可愛さって笑っているところではなくて、
ムッとしたり困ったりしているところだと思っていたので、
その瞬間ピンときてライブの後すぐに担当さんに連絡しました。

という普段から
音楽に程よい距離がある経緯でのオファーは、
住野の
眼力の正しさを証明している。
三歩の勤務する図書館は、
彼女(モモコグミカンパニー)の出身校を
イメージしたのではとも思いたくなるが、
残念ながら駅から徒歩では行けないから残念。
また、たしかに麦本三歩は、
天然のふりした狡さもあり、
彼女に近いのかもしれないが、
作家とは共通干支がなく、共に日支を巻き込む様相で
賑やかな夏の方三位が成立しようと、
自身はモモコの冲殺範囲を持ち、
エゴサするほどお気に入りのようだが、
実際のところは
棲む世界が違い
主導の彼女とは価値観も異世界並み
オヤジ殺しの午未天冲殺らしく、
住野が楽しませてもらっているのかもしれないが、
それ以上でも以下でもないので
「(続編を)
書きながら、三歩かわいい、ってなってる。」は、
いくらなんでも心配か。
ダイジョーブデスカ、
くれぐれも脱線されませんように。
私の有名は君の孤独のためにだけ光るよ」を昇華するべきだ。
そして「
三歩ドラマ化しないかな。
それが
読者の願いかな★
住野よる88-0621
山山海
未午辰※+5
調調鳳鳳調(鳳主導)
木性(50)火性(87)土性(148)金性(00)水性(12)/総合297
寅卯天冲殺/天冲殺(75歳陽寅/85歳灯卯)/初旬条件あり(日干支と律音的)
ターボ運(〜54歳)/主導DNA(5歳畑未)干合火性天干一気半会(45歳雨亥)
害(55歳木子)/木性脆弱/土性過多/金性ゼロ/水性脆弱
+5歳畑未/15歳鉄申/25歳宝酉/35歳海戌/45歳雨亥/55歳木子/65歳草丑/75歳陽寅〜
04(灯)BE
BiSH モモコグミカンパニー94-0904
海木陽
巳申戌-9
調石司玉牽(玉主導)
木性(11)火性(45)土性(60)金性(80)水性(53)/総合249
午未天冲殺/天冲殺(9歳宝未/19歳鉄午)/主導DNA(19歳鉄午)
変則干合水性天干一気(29歳畑巳)/干合木性天干一気(39歳山辰)/害(59歳陽寅)
木性脆弱/土性過多/金性過多
-9歳宝未/19歳鉄午/29歳畑巳/39歳山辰/49歳灯卯/59歳陽寅/69歳草丑/79歳木子〜
10(雨)●BE
top●BE
 
■2019年12月15日(日)陽戌
岸本佐知子ひみつのしつもんの表と裏に揺れる
81年(宝酉)のDNA「龍」の条件なし天冲殺の夢の中
大学を卒業して
サントリーに入社、宣伝部に勤務も、
いわゆる
OL仕事が向いておらず、仕事をほとんど取り上げられてしまい、
余暇が増えたため、勤務帰りに週1回、
翻訳学校英文翻訳学び直し、
87年(灯卯)のDNA「禄」の半会年に退社後、
翻訳家として独立。
海外の
先鋭的な小説作品の翻訳を行い、
近年では
ション・タン(74-XXXX)や
ルシア・ルリン(36-1212/山辰)を紹介。
「翻訳の世界」にエッセイを連載開始、
00年(鉄辰)のDNA「玉」年に第一エッセイ集「
気にる部分」を刊行。
「ちくま」に連載されたエッセイ「ネにもつタイプ」をまとめた
第二エッセイ集「
ねにもつタイプ」が、
07年(灯亥)のDNA「禄」の半会年に、
第23回講談社エッセイ賞を受賞。
12年(海辰)、第三エッセイ集「
なんかの事情」を刊行。
13年(雨巳)、
第19回野間文芸翻訳賞選考委員
14年(木午)の主導DNA「調」の支合年、
講談社エッセイ賞選考委員
15年(草未)、
第一回日本翻訳大賞選考委員
18年(山戌)、
読売新聞 読書委員などを歴任している
岸本佐知子(60-0225/雨未)が、
「ちくま」12年04月号から19年01月号に連載した
「ネにもつタイプ」を加筆修正した
ひみつしつもん』が、
10月10日(鉄辰)のDNA「玉」日に上梓された。

奇想天外抱腹絶倒のキシモトワールド、みたび開幕!!
「ちくま」に連載中の名物エッセイ「ネにもつタイプ」が18年目に入り、
そこからの書籍も3巻目。
空想のような、妄想のような、前人未踏不思議ワールド
知らずのうちに引き込まれる、
夢のようなエッセイ。
それはちょっとした出来事からの
奇想へのいざないであり、
ちょっと
歪んだモノの見方面白さであり、
それは
あるあるというネタもそれだけではなく
違った方向にぐわんと曲がる面白さ。そういうのに溢れている。
意識して笑いをとりにいくわけではないのに、
そこはかとなく可笑しく
「気になる部分」にこだわり続け、
緩やかに脱線しながら、ついつい笑ってしまう。
頭くらくら胸どきどき腰がくがく、おどる言葉、はしる妄想、
独特の
歪んだ世界観は、爽快でも痛快でもなく愉快に溢れている。
クラフト・エヴィング商會のスタイリッシュで滑稽な挿絵と装幀が
崖っぷちギリギリ緩く攻め、あなたの妄想美しく咎める!

神奈川県横浜市中区長者町生まれ。
東京都内最大級の特別区である
世田谷区育ち
女子学院中学校・高等学校から
上智大学文学部英文科卒業
現在は小田急線利用の
世田谷区代田在住と思われる岸本は、
DNA「調」主導で、生活ばかりか
人生そのものが偏り
感性は尖り他の追従を許さない独創性の持ち主で、
もちろん
才能主導するこの「調」で、
ほとんど他人不愉快不純に感じられる最強女子力
「調+貫」は、集団行動は苦手で、
組織に馴染まず
義理人情とは無縁の世界で、ひたすら変わった美に親しむ
「調+車」は、常に
刺激がないと落ち着かぬ反骨精神の持ち主。
行動葛藤は、恐ろしく働き者に見えるが、
休息ばかりだと、エネルギーを消耗させられず不完全燃焼になるので、
そうしているだけ。
「調+玉」は、
堂々とした世間知らず
得意分野では誰にも負けない自負があるが、一般的
日常生活は不適合で、
いわゆる
常識は一切通用せず
「調+牽」は、内面の気品に比して、
行動言動粗野
「雨+調+寅月」は、
芸術世界高等遊びをする。
「子」年生まれ「雨未」は、まとまらず。
終わりなき水の流れで、連載も蛇行しながら持続する。
生き方を表す伴星は「鳳」で、
趣味みたいな人生。
物事の始めの洩星は「車」で、
ゼロ出発
締めにあたる導星は「調」で、
孤独をたしなむ

宿命の特長は、早春午前四時頃山に降り注ぐ冷たい」も、
降ったそばから地面に染みこんでいくため、ともいう。
とはいえ守護神「灯」を巧みに使えば、
熱気がじんわり伝わる温泉のようになり、
いわゆる
泥パックが可能な秘境神秘の湯となり、
普通温泉飽きた筋の良い利用者に支えられた、
摩訶不思議な効能が、それこそ湯水のようにある存在。
ひと味もふた味も異なるのは、
年支「子」VS日支「未」の
害持ちで、表も裏もある性癖は、
真っ直ぐ進まずあちこち迂回し、様々な養分を引き連れて、
最初の
出発点からは随分と違う場所まで連れて行ってくれる。
月干に干合相手の「山」があるので、
特定のパートナーがいそうだが、この先永続するかは疑問で、
(相手が
害持ちの餌食で短命もあり)
ファンもふくめて、
攻められるのを快感とすることがあり、
批判を糧に反撃し居場所を確保する。
まさに
ネにもつタイプである。
年干支の「鉄子」は、積極的に生きられない
極度心配性だが、
取り越し苦労がある反面、物事を先走ってしまう。
自己陶酔世界に入りやすく、若さゆえの燃えるものとは無縁
月干支の「山寅」は、
生まれながらの女王の資質で、
お世辞は嫌うが人には頼りにされるも、
恥をかいてまで生きたくないという哲学もあり。
そして、日干支の「雨未」は、
人当たり良く一見穏健派も、
純粋打算がなく、芯が強くがある曖昧さを嫌う潔さ
そして無性に
異性を興奮させるばかりか、環境順応性あり
干支番号構成は、37-15-20で西方と南方の限定地域で楽しむ。

後天運は、初旬「7歳灯丑」が、DNA「禄」の天剋地冲で、
熱く燃える守護神が
自身の出自をひっくり返すほどの衝撃あり。
これは、年支「子」VS日支「未」の
害切れを伴う
後天稼働運型になり、社会に出て特性を活かせば成功間違いなし
年支「子」と月支「寅」を埋める「丑」の存在は、
鬼門通過しながら、流れを止めぬ朝の水で本質は冷たい
小学校入学からほどなくして、
大人びた感覚を際立たせることになる。
2旬「17歳陽子」は、DNA「司」の害で、
ありがた迷惑
目に見える環境は、
女子私学の要であり、大学も同じ四谷駅利用
就職もさほど遠くない地域で、ある意味濁りの蓄積
蛇足を言えば、
社会参加(81年/宝酉)が、
条件なし天冲殺夢の中で、制御不能
就職内定も80年(鉄申)であろうから、天冲殺
なので、
適性とは無縁仕事に進んだばかりか、
人間関係制御不能で、退職に至る。
(時間のかかる雨らしく辛抱はしている)
3旬「27歳草亥」は、DNA「鳳」の半会で、
伝達本能が凄まじく強調された、特別条件付10年運天冲殺で、
才能をいかんなく磨くような仕事に進んだので稼働開始
4旬「37歳木戌」は、DNA「調」の
主導DNA自己確立付の
特別条件付10年運天冲殺で、刑もあるので衝突しながら
毒をばらまき成功の実感
を得る。
5旬「47歳雨酉」、DNA「貫」の
10年運天冲殺で、
好きなことを好きなようにして、水の威力を増す
現在の6旬「57歳海申」は、DNA「石」の
10年運天冲殺で、
いくらか
駆け引きも通用し丸くなってきたが、
汽水域となろうと戦闘力に衰えなしで、最後の仕上げに向かう
今後は7旬「67歳宝未」は、DNA「龍」の改良改革。
40年間に渡る10年運天冲殺を駈けぬけた疲労も著しく
自己慰労をしながら、自分らしくのんびり流れる
8旬「77歳鉄午」は、DNA「玉」の支合に
宿命害切れ
若い時に出来なかったことを極めようとするが、
じょじょに
勢いは弱まっていく。

さて岸本は厄介害持ちを活かし切って成功している希有な例
とはいえ、
SUICAカード磁気エラーになるばかりか、
カードの
表面がボロボロになる病まで発症し
駅員に「
ひっ」とか言われてしまう。
それは
私鉄利用者なのにPASMOを使わないという
亜流的性癖もあろうかと思うが、ともかくヘンは枚挙に暇がないが、
それを書いていたら
ネタバレのヒットパレード!
靴下のかかとがいつの間にか甲のほうに廻るなんてザラにあるし、
カード会社のホームページにログインする身元確認のために
秘密の質問に答えてください」という文言があり
子供の頃の親友の名前は?」の質問が、
自分で設定したはずなのに答えられない
四人も五人も入れて正解がないのは始末が悪いが
だったら初めから
母親の旧姓くらいにしとけよ〜。
それらをひっくるめて
こぉんな、おんなに、だぁれが、した♪」が岸本なのだが、
そこは
愛すべき文化的お茶目ですませている。
自己の
本性に気付いている人は性悪でも強い
だから、まだ「
」は降り続けるし連載もだ
岸本佐知子●60-0225
山鉄灯
未寅子-7
玉牽車調貫(調主導)
木性(45)火性(35)土性(53)金性(13)水性(46)/総合190
申酉天冲殺/天冲殺(27歳草亥/37歳木戌/47歳雨酉/57歳海申)
初旬条件あり(日干支と天剋地冲)/変則方三位(7歳灯丑)/害(17歳陽子)
主導DNA刑(37歳木戌)/年支VS日支害(表裏)/害切れ(7歳灯丑/77歳鉄午)
火性脆弱/土性過多/金性脆弱
-7歳灯丑/17歳陽子/27歳草亥/37歳木戌/47歳雨酉/57歳海申/67歳宝未/77歳鉄午〜
10(雨)●BE
top●BE
 
■2019年12月20日(金)宝卯
早見和真ザ・ロイヤルファミリーで覚醒した夢の中
学生時代の97年(灯丑)の主導DNA「禄」の半会年から、
あらゆる
出版社に飛び込み営業した末、
ライターとして雑誌「AERA」の「現代の肖像」や、
「Sportiva」「月刊PLAYBOY」「SPA!」などで活動。
08年(山子)のDNA「牽」年には、自らの経験を基に書き上げた
名門高校野球部補欠部員を主人公とした
ひゃはちにてデビュー。
同作は「月刊ヤングジャンプ」にて、漫画化。
15年(草未)のDNA「鳳」年の主導DNA天剋地冲日には、
イノセン・デイズ
第68回日本推理作家協会賞(15-0421/灯卯)の(長編および連作短編集部門)受賞、
18年(山戌)のDNA「牽」の
60年に一度干合支害夢の中では、
小説家として街にコミットしたいとの思いから、
愛媛県を舞台に
飼い猫「マル」の冒険譚を描いた
創作童話
かなしデブ猫ちゃん新聞にて連載開始。
同じくラジオ番組「早見和真のリトルトーキョーはいらない」を
FM愛媛でオンエアされている
早見和真(77-0715/雨酉)が、
5年にわたる取材の末、「小説新潮」17年01月号〜18年01月号及び、
18年04月号〜09月号に連載をしていた
壮大な競馬浪漫小説ロイヤルファミリー
加筆訂正して10月30日(鉄子)のDNA「玉」日に上梓した。

継承される血野望届かなかった夢のために〜
子は、
親をこえられるのか?
成り上がった男が最後に求めたのは、馬主としての栄光
だが絶対王者が、望みを打ち砕く。
誰もが言った。もう無理だ、と。
しかし、
夢は血とともに子へ継承される。
馬主として、
あの親の子として誇りを力に変えるため。
諦めることは、もう忘れた・・・・・。
JRA現役騎手の
川島信二(82-1124/宝亥)の全面協力による
圧倒的リアリティ驚異リーダビリティ
関係者や造詣の深いファンが読んでも納得する
垂涎のエンタメ巨編が誕生した。
本書の狂言まわしというか語り部は
栗須栄治
故郷で多忙のなか奮闘し
過労死により父を亡くし
心が虚ろのようになっていた
大手税理士法人勤務する29歳の栗須は、
転職しようと考えている矢先、
初詣に行くと
数年ぶりにひいたお神籤は「
」で恋愛も「成就せず」。
「望まざる人が来るーーーーーー」。
それだけは当たっていた。
(共に
親が税理士だという)
大学時代の友人
大竹雄一郎に偶然出会い、
つい別の業界に
転職をほのめかすと、府中競馬場誘われる
大竹の
叔父馬主で、翌日の重賞レースに持ち馬が出走するばかりか、
かつての恋人野崎加奈子関連馬もその重賞レースに出走するという。
彼女の
実家北海道にある牧場で、
その牧場の将来がかかっている馬もでるというのだ。
とはいっても、栗須が翌日、競馬場に行って加奈子と再会し、
恋が再燃するというありきたりの展開にはならず、
加奈子と顔をあわせるのが気が重かったので、
競馬場には行かずも、気になるのでテレビでパドックを観戦すると、
大竹の叔父の馬、ロイヤルダンスと、
加奈子の牧場が生産したラッキーチャンプが、素人目によく見えた。
前者が2番人気、後者は9番人気。
そこで大竹から電話がかかってきて、どうだと言うので、
ダントツにロイヤルダンスが強そうに見えた」と答えると、
じゃあ単勝馬券を買ってみる?」と言われ、
電話を切ろうとする大竹を止めて、加奈子の馬も良く見えたことを伝えると、
わかった、その二頭を応援しとけ。どちらも緑の帽子だからな」。
レースは逃げたラッキーチャンプを、
ロイヤルダンスが後方一気に差して1、2着。
すると(
馬券を立て替えて買っててくれていた)大竹からまた電話がかかる。
叔父さんがお前にお礼を言いたいってきかないんだ、
お前のおかげでハナ差、かわすことが出来たって。
だからこれから新宿まで出てきてくれないか

こうして栗須は、大竹の叔父・
山王耕造知り合い
(このとき的中した
高額馬券換金せず
後年までずっと金庫にしまっておいた。
また分不相応と感じ渡されたロレックスの時計も同様である)
大胆不敵海千山千我が道を行く社長の秘書に誘われるままになった。
裏切るなよ」とだけ約束させられて。
そして、ほどなく
本業の人材派遣業ではなく
(※
これから上がっていこう企業だけが持つ勢いがあると
税理士出身らしく感じた)
(※86年の
労働者派遣法の抜け穴を使い成長していった
横浜の派遣会社という設定)
持ち馬のマネージメントをすることになる。
夫人からは「見張っておいてください」と言われながら
僅か4年で持ち馬の数は50頭近くまで跳ね上がり
何億という馬にも手をだすようになる。
この小説の第一部は、
山王耕造栗須の出会いである。
毀誉褒貶相半ばするこのワンマン社長豪放ぶりが
縦横に展開して導入部としては飽きさせない。
そして、本作の
は、第二部。
山王耕造愛人の間に生まれた耕一が登場して彼の物語になる
(
非嫡出子であっても法的に正当な相続人であれば、
相続馬限定馬主になることが出来る)ところから、迫真の物語が始まる。
つまり、
馬も人も父母から子と繋がっていく。
さらに、
孫へと。それが競馬の歴史であり、人の歴史なのである。
レースシーンがたくさん登場するうえ、
モデルが浮かぶ馬主騎手もそして馬も、次々に登場。
現行競馬を知り尽くした著者ならではのディテールがワクワクするえに、
離婚して実家に戻り零細牧場を切り盛りする加奈子との関わりは、
彼女の息子が競馬学校を経て騎手になり、
やはり
継承するように耕一の持ち馬に騎乗する。
そして社長がなくなっても、
マネージャーとして、従事する栗須は、
その世界では
格別な存在となっており、
加奈子とも協力して歩みをすすめる
ワンチームの物語へとなっていく。
競馬を知らない読者でも、
延々と繋がる血のドラマ悠久した時の流れを感じ、
ありえないほどの感動を受け取ることが可能だ。
ゲームではない迫真にせまる競馬小説は、
小説家・
早見和真成長嫌というほど見せつけ
集大成の代表作であることは間違いない。
表紙の絵といい本業の業態といい
モデルは知る人ぞ知る人であるのは間違いないだろうが、
小説はむろんより豪快に描かれているうえ、
後半は継承した息子や娘達の活躍も逸話十分で楽しいが、
主人公は間違いなく税理士出身の栗須であるものの、
彼の
相場観とそれを上回る耕一の研究に裏付けされた
度胸にも注目でき、どんな世代にも感情移入可能な作品だ。
ロイヤル・ファミリー最強の馬の名前であり、
この物語を
象徴する言葉である。

横浜市青葉区出身で、桐蔭学園高等学校卒。
2年先輩に
由伸(75-0403/畑卯)が在籍する硬式野球部に所属。
國學院大學文学部入学するも在学中にライターとして活動し
03年(雨未)入社予定で全国紙のとある新聞社への内定が決まっていたが、
3年留年した末に退学したため取り消し。
自暴自棄に陥るが、旧知の出版社の編集者から
小説の執筆を薦められたのがきっかけで再生。
武蔵野市吉祥寺から結婚を機に、家族で新宿区神楽坂在住を経て、
10年01月(09年/畑丑の最後の灯丑月)に、
伊豆の
河津町にある元民宿を借りて移り住み、
16年(陽申)03月(宝卯)には、
愛媛県松山市道後温泉に転居した早見は、
DNA「禄」主導で
目立ちたがり屋
自己陶酔気味権力志向の強い性癖は、善き意味での自己本位
家族は大変といってはなんだが、
慕い持ちあげ尊敬の念をこめていればオッケー。
感謝や奉仕の気持ちもあるので、
松山に愛をこめた創作活動かなしデブ猫ちゃんもあり。
才能主導する「」なので、
行けるところまでやりたいことをやり、
徹底的に壮大な
浪漫発信するのみ。
「禄+玉」は、前面に「玉」があり
自然愛好家
旧いものや、掘り下げていける
深みのあるものを好む
それらを
計算尽くで組み合わせて作品にしていくが、
家族への気持ちも大きく、その
家族のために尽くす
逃げることはしないが、快しか否かではなく、
上手ではないということで、
競馬も
逃げ馬ではなく、大外から直線一気である。
「禄+龍」は、
私的面での庶民的放浪があるが、
公的面に比して視野が狭くなるため、
冒険心を発動しようにも不器用な家族の形で、
落ち着かぬ内側世界に慣れる。
「禄+禄」は、
世渡り下手長い年月で信用を築き上げる。
まさに
栗須のイメージだが、
裏を返せば調子良く物事をとらえずに、頑固一徹
だからこそ親分を裏切らない
戌亥天冲殺だからこそ、自分の親の跡は継げぬが、
余所で世話になった男のために
死してなお、その一族のために尽くすことにもなる。
また、
永遠の恋人の加奈子との関係性同様である。
「禄」×3もあり、
何処にも良い顔をせねばならず、
その意味では、少なからず
家族は犠牲になるが、
それが
山王耕造子供達苦悩でもある。
「雨+禄+未月」は、現実性強く、
経済優先
むろん
山王耕造の生きざまにも一定の理解を示す。
「巳」年生まれ「雨酉」は、
上がって落ちる
在学中からライター活動では
中退もやむなし
ロイヤル・ファミリーそれぞれも実はそれ
生き方を表す伴星は「石」で、
人脈の拡がる人生で、いずれ政治家も視野。
物事の始めの洩星も締めにあたる導星も、
相生なく相剋ばかりのDNA構成では断定できず。
見かけより苦労をしているのは、栗須を彷彿させる。

宿命の特長は、晩夏午後二時頃通り雨噴水
競馬の世界でいうならば、
夏負け防ぐミスト
その意味では、
夏生まれは人に嫌われず好色
淡々とした本作の
秘書然とした語り口も、
水の流れと思えば、すこぶる納得がゆく。
総エネルギー244点はそれなりの
装置に見えるが、
風景とはいうと、木性の表現力は14点で、
柔軟なれどそれなり。
夏生まれで当然だが、
火性114点は最強に近く、
雨の効果もそれも
のようで、あっという間
つまり
熱すぎ清涼剤であろうと、
引力本能ばかりに目が行って、お金は嫌いじゃない
「禄」は
投資と考えれば、リスクはともかく競馬もあり。
そこに
頭脳明晰な検討と先天的ともいう相馬眼という武器で
完全無欠にしてしまいたいのは永遠テーマか。
土性52点は稼働力そのもの。
らしく時間をかけて取材をしたわけだが、
土性異性の存在でもあるから、
いわば
永遠恋人で共に馬に関わりながら歩む加奈子ばかりか、
登場する女性は見目麗しいとかではない、
聡明なり知恵者なりに美的に溢れている。
また、それっぽい
ルールに押しつけられず
相馬眼を信じるという雰囲気も物語るし、
引退した競走馬行き先にも言及する。
金性52点は、
創作力という頭の使いどころ。
問題は「龍」と「玉」。
」と「」という二方向守護神の存在。
夏生まれだからこそというわけではないが、
秋生まれほどは違い、そこまで
濁りについてはうるさくない。
つまり、多少の混ざり気は
発泡する刺激にもなるが、
水質保全という見地からは、
松山終の棲家に出来るかと言われれば、
まさかの馬産地へとは行くまいが、
さすがに
持続できたほうが良いはずだが、それこそまたのまたか。
そして最後に大きな問題。
自身の水性僅か12点しかない身弱
これは無理できない。
こんな
壮大な作品を世に出して力つきてないか
心配は尽きないというのが本音。
年干支の「灯巳」は、広い場所は得手とはいえず、
限定されたフィールドでこそ燃えさかる。
先祖の運気を背負って生きるところあり、
自分が
どん底か、昇りつめた頂上か。
頂点なら
別の流れに行かないと不安。
月干支の「灯未」は、内に熱いものを秘めた、
つけ火
火種のような類で、ライターやマッチ。
となると
自分で盛りあがって、さらに炎上させる。
だからこそ
本心はなかなかみせず、ひたすら裏切らず栗須
そして日干支の「雨酉」は、夏生まればかりか
如才なく敵少ない
異性を踏み台にしたり励みにしたりするのは耕造栗須
実は
似たようなもの
頭脳明晰世渡り巧みが、実は栗須秘めた顔
大胆さは取り柄も、あまり表出すると足許があやうくなる恐れも、
大仕事は出来そうな予感も
不倫は挫折の母なり。そこは気をつけたい。
干支番号構成は、54-44-10で北方西方東方と縦横無尽だが、
あとは燃焼効率は良くても披露困憊の姿はみせたくない。
となると、夏生まれだけに、蒸発が気になるところ。

後天運は、初旬「3歳陽午」は、DNA「司」の堅実
年支「巳」と月支「未」がからむ夏の方三位が完成。
想念ありき、スケールのでかさはここから始まったが、
ひとまず少年らしい趣味への没頭。
まずはそれなりの
夢追い人というらしさを満喫。
2旬「13歳草巳」は、DNA「鳳」の半会で、表現力の突出。
ある意味
熱血漢は、ひとまず野球少年になるが、
先輩の
高橋由(卯×3の野人)ほどの運動能力はなく、
次第に遊興よりになり、完全なる
異性を求める放浪
社会に出て揉まれたのはいいが、
学業はおろろかになり、垂れ流しの
野垂れ死寸前
栗須が耕造に出会うあたりを思い浮かべれば完璧。
3旬「23歳木辰」は、DNA「調」の支合。
独創的な世界観も孤独を味わいながらも、
この最後の最後に
デビューを飾る。
現在は4旬「33歳雨卯」の納音で、
過去完全破壊で、
神楽坂から伊豆を経て松山に至るが、
壊れた状態で子供も得ているので、留まってしまえば、
濁りも誘いこれで終わり。
実際何があったかは知るよしもないが、
昨年(18年/山戌)は
60年に一度の干合支害
異性の逆襲なり、役目役割が形にならず。
そして今年(19年/畑亥)は、
前年に続く条件なし天冲殺の夢の中で、
その天冲殺明けの気分転換になる
来年(20年/鉄子)から始まる4旬「43歳海寅」は、
DNA「石」の
協調性和合性
年干と月干(共に灯)が干合により変化、
人付き合いばかりが蔓延する塩水来襲は、
耐えきれず逃げていくか、
伴星すなわち生き方の指針とも言える
政治力となるか、
はたまた「草」が強調されれば、
気疲れから倒れるなり、
別の面白いものをみつけるなりも、
やはり順調という視点からいえば、
政治家の道しかあるまいが、
年干支「灯巳」は干合支害でもあるので、道のりは険しい。
5旬「53歳宝丑」は、DNA「龍」の守護神改良改革。
年支「巳」と日支「酉」のからむ三合会局で、とてつもない
改善復調
6旬「63歳鉄子」は、DNA「玉」の守護神も変剋律も同時に始まり、
これが
古典時代物という方向性に行こうと、
あっと驚く生誕の地神奈川への凱旋であろうと苦悩ありき。
しかし、
才能も磨かれるという二度オイシイ状態。
辛さはあるけどね。
7旬「73歳畑亥」は、DNA「車」の危険極まりない10年運天冲殺。
晩年なのに動き廻らねばならぬ苦痛に翻弄される。
8旬「83歳山戌」のおまけまで考慮すれば、
DNA「牽」の
干合支害10年運天冲殺は、不名誉ばかり。
それが苦痛で、全てを失う方向か、それ以前に栄誉を一度は手にしても、
30年続いた才能強化変剋律10年運天冲殺同時終了は、
衝撃的な幕引き。

すべての息子は父親を超えていかねばいけない。
それは馬も人間も同じこと。
そうやって歴史はこれまで更新されてきたのだから
」。
競馬を多少でも知っているならば、
全ての登場人物に、ああこの部分はあの人だろうなと
想像がつく楽しさがあるが、
全く知らなくても
臨場感はタップリなのは、
守護神方向にあたる、JRA現役騎手の川島信二の、
月干支と日干支が「宝亥」で、早見の年干支「灯巳」を天剋地冲するため、
間違った記述は絶対にさせないという姿勢で、
(調整ルームに入らない日は)
夜中でも電話で連絡をとりあった賜物だし、
まさに
チームの勝利の一角を感じるものがある。

さて、早見には、いつどのような形で知り合って
結婚に至ったかは不明の妻茜(78-XXXX)がいるが、
間違えねば
楽しみな存在第一子女児(弥々・09-0926/木戌※想定)がいる。
結婚はDNA「牽」の08年(山子)の干合年と想定したとして、
翌年のDNA「車」の三合会局年に誕生した娘は、
生月冲殺ばかりか異性にはかかわらぬが賢明な日座冲殺のうえに、
月支「酉」VS日支「戌」の害持ちながら、
父親には冲殺範囲をもたれた害の関係でも方三位が成立し、
共通干支もあるという何とも難しく、
今後は
父親に良き意味で挑んでくるような厄介な存在だが、
未来を予感させるばかりか、
時間のかかることを
僅かな時間で達成してしまう「育てる本能があり、
早見とは別の意味で
生地生家から離れていけば、
妙な世界なりで
他人が真似の出来ないような役割を担うことになる。
また後天運も良好で、丁度社会にでてから20年くらいに、
もっとも上がりが期待できる逸材。
何を言いたいかともうせば、
早見はこの作品を稼働力が上がるとは言え、
条件なし天冲殺の夢の中で書き上げ、
ある意味集大成的になっており、この先は不透明。
それは10年運解説でも行ったように、
43歳からの10年間に激変があるためである。
その意味では
娘の誕生は、また別の意味での
早見の最高傑作であるといいたいのだ。
(09-0927でも少々趣向は異なるが同等の威力あり)

さてこの解説は腐すことが目的ではないので、
最後につけくわえるなら、
かつてJRAが全面協力した競馬小説としては、
芥川賞作家の宮本輝(47-0306/木申)が、
82年(海戌)に第一章が「小説新潮スペシャル」に、
第2章以降が「新潮」82年07月号から86年08月号にかけて連載された、
86年(陽寅)の10月25日(海寅)に上下巻にて刊行され、
第21回吉川英治文学賞受賞作となった駿という作品があるが、
当時は「オラシオン」という競走馬の名前を冠とした映画にもなって、
現役騎手が映画にも出演して話題になったが、
それが今をときめく女性騎手の
菜七子(97-0809/雨未)の
師匠でありその年のダービー騎手の
根本康広(56-0131/灯酉)であるのも感慨深い。
この作品は
ダービーまでの馬の成長物語。
ところが「
ザ・ロイヤファミリー」は、
継承にまで踏みこみ手がこんだ仕掛けになっている。
この作品が吉川英治賞を受賞したり、映画になるかは微妙だが、
テーマやスケールにおいては、
先輩の60年の一度の干合支害年
超えてしまったことは賛美に値するのではないだろうか。
蛇足ながら当欄では早見の出世作
イノセン・デイズ」は評価できなかったが
ザ・ロイヤルファミリー」には感動した。
明るい未来という継承もあり素晴らしい作品である★
早見和真77-0715
灯灯宝
酉未巳-3
禄禄龍禄玉(禄主導)
木性(14)火性(114)土性(52)金性(52)水性(12)/総合244
戌亥天冲殺/天冲殺(73歳畑亥/83歳山戌)/方三位(3歳陽午)
納音(33歳雨卯)/三合会局(53歳宝丑)/変剋律(63歳鉄子/73歳畑亥/83歳山戌)
木性脆弱/火性過多/土性過多/金性過多/水性脆弱
-3歳陽午/13歳草巳/23歳木辰/33歳雨卯/43歳海寅/53歳宝丑/63歳鉄子/73歳畑亥〜
10(雨)●BE
第一子女児(弥々)●09-0926※想定
雨畑灯
戌酉丑+4
司玉禄牽司(牽冲殺主導)
木性(19)火性(20)土性(55)金性(81)水性(44)/総合217
申酉生月日座冲殺/天冲殺(4歳木戌/14歳草亥)/初旬条件あり(日干支と律音)
変則方三位(14歳草亥)/干合支合(54歳畑卯)/天剋地冲(64歳鉄辰)
主導DNA三合会局(74歳宝巳)/月支VS日支害/害切れ(54歳畑卯/64歳鉄辰)
木性脆弱/火性脆弱/土性過多/金性過多
+4歳木戌/14歳草亥/24歳陽子/34歳灯丑/44歳山寅/54歳畑卯/64歳鉄辰/74歳宝巳〜
01(木)BE●
JRA騎手 川島信二●82-1124
宝海山
亥亥戌+4
調貫調調玉(調主導)
木性(48)火性(12)土性(07)金性(72)水性(96)/総合235
寅卯天冲殺/天冲殺(24歳木寅/34歳草卯)/変則方三位(4歳海子)
主導DNA支合(24歳木寅)/ターボ運(24歳〜)/干合水性天干一気(44歳陽辰)
木性脆弱/火性脆弱/土性脆弱/水性過多
+4歳海子/14歳雨丑/24歳木寅/34歳草卯/44歳陽辰/54歳灯巳/64歳山午/74歳畑未〜
08(宝)●BE
top●BE
 
■2019年12月23日(月)木午
我鳥彩子雛翔記 天上の花、雲下の鳥に学ぶ
09年(畑丑)のDNA「車」年に、「最後のひとり死に絶えるまで」で、
第18回ロマン大賞(09年09月号)佳作受賞でデビュー。
贅沢身の上」「あくで悪魔!
チョコレー・ダンディ」がシリーズ化され、
仔猫チョコレートバッハをこよなくする道楽人間。
へたくそなチェロを弾き、フルーツの種を蒔いては枯らす日々。
本年(19年/畑亥)、作家生活10周年となる
我鳥彩子(75-1024/雨卯)が、
40作目という記念作品となる
記 天上の花、雲下の鳥を、
11月25日(陽寅)のDNA「司」の守護神日に上梓した。

透き通る白い髪と紅い眸の麗しき花のように香る郷の王の、
強い霊力がある代わりに、口は物を言わず、目歯は何も見ず、
心閉ざし己のことが何もできない妹の身代わりとして、
黒金大王毒殺密命を帯び輿入れ命じられた
鳥類の化身という訳ありの出自を持つ
少女日奈
黒金の大王家は、
鉄の力で大八洲を統治しようとしており、
汚れが強い鉄の材料を採るために山を削り、
武器をつくるために、
民を奴隷として働かせ、
大御神が生みだされた国を損ね、人々を苦しめている。
大八洲が間違った向きへ進み始めた時
それを
正すのが神庭の裔の者の役割なのだ。
大王を殺し混乱をついて大八洲を取り戻す
征伐を命じられ神庭から遣わされたのは、
庭に咲く花やそこに留まる虫、池を泳ぐ魚など様々な生き物。
それらは地に落とされ人の姿を取り、
大御神から与えられた天つ霊力をもって、
災いのもとを追い払い地上の人々を導くようになった。
ところが、いつしか人々は山を掘って鉄の力を利用するようになる。
農地を拡げ人口を増やしていったが、それと反比例して
神庭に遣わされた者は数を減らしていった。
大御神から与えられた霊力は金気に弱く
鉄の武器を携えた大王家の兵には敵わなかったのだ。
数少なくなった
霊力によって高い身体能力を持つ部類に入る日奈だが、
花の郷の外に出れば金気に蝕まれ力を発揮できなくなってしまうが、
輿入れのため身を清めていた川で、
ふざけて川彦と名乗る男と衝撃的な出会いを果たす。
異花王のために生きてきた日奈と、
自分の意思のない結婚に納得いかない川彦。
実は黒金の大王の長男である川彦(朱鷲王)が、
彼女をあちこち連れ回し旅をすることで、
異花王の世界しか知らない彼女が見聞を広めていくが、
かたくなに主の異花王を信じていた日奈が、
心変わりをしてしまうがために起こってしまう悲愴な現実。
過ぎた道具は、目先の便利さから欲に踊らされることに繋がり、
将来的にこの大八洲を破壊することになってしまう。
遥か未来までを見据えていた花の王の願いは潰えるのか。
同様と混乱。これは成長なのか、反逆なのか。
まだ神と人の領域が共生していた世界に対して、
この
世の矛盾点を暴く強い自然界への尊敬が溢れる
絶対主命を負う少女激動浪漫譚がここにある!

静岡県静岡市清水区出身で変わりなく同地で暮らし、
大の本好きがこうじて、行きつけの本屋で
書店員として働いていた時期もあるという我鳥は、
DNA「牽」主導で、
荘重美的な世界に心酔し、
痛みのようなものを伴う
自尊心に彩られる。
才能もこの「牽」で、品格ある生活様式
宝塚を好み、チェロをたしなむ。
「牽+鳳」は、温厚で誠実も流されやすく、
その時代の気分で少女漫画や落語から
クラシック音楽を経て宝塚まで趣味の裾野を拡げていく。
「鳳」×3もあり、
豊かに拡がる感性は、
肩肘はらぬ心地よさも、
肩は凝るは寒さに対する御本人の弁。
そのあたりは、融通は効くものの
頑固さがあるため。
「牽+司」は、
客観的に物事を判断できる能力。
「雨+牽+戌月」は、
鍛錬された渋い技術力。
「卯」年生まれ「雨卯」は、
王道路線を極める。
生き方を表す伴星は「玉」で、
生涯にわたって学ぶ
物事の始めの洩星は「鳳」で、なんとなく始まっている。
締めにあたる導星は「牽」で、名前を残す。

宿命の特長は、晩秋午後八時頃の
庶民的憩いの場のような公園脇を流れる小川で、
良く晴れた一日だったようで、
夕日が美しく柔らかに川面と咲き誇る花を照らしている状態
総エネルギー171点は、日奈にあるような
力強さは感じられず
宝塚なら娘役というイメージのアイドルさながらの
軽やかさ
自身の水性26点を遥かに上回る81点の木性は、
重厚さより柔軟さありで、庶民的な趣味の良さ。
実際、キウイ、パイナップル、アボカドような
果物栽培しており、
twitterのアイコンはパイナップルという念の入り用。
とはいえ、
趣味に走りすぎになると、
想像力の源である金性が12点しかないので疲れやすい
頻繁に肩こりを訴えるようになったのは、そのあたりか。
年支と日支のわかりやすい同一(共に卯)は、
表裏なく職住同一の自由業の極みで、
おそらく
出生地親とも離れない要因になっている。
引力本能になる火性は33点と自身を上回り、
かつその後詰めの木性が多いうえに、
月干に光り輝いているので、そうそう困ることはない。
年支と日支の「卯」と月支の「戌」の支合は、
木性に味方し、
地支木性一気格的にもなり、
趣味のような人生がより色濃くなるが、
地に足がついたような生活
ハミダシ運の辰巳天冲殺でも、生地を出ていないのは、
現実的な金銭物質優先になり、このあたりが理由。
自身が水性なので、母親は金性の「鉄」ながら、
存在しないので、月支「戌」内「宝」が、家系中央に位置し、
父親はその干合相手の「陽」になり、
この守護神火性は月干なので、
親に可愛がられて育ってきた
疑うことを知らない日奈の天然さは、作者の素でもある。
年干支の「草卯」は、鈍いところもあるが
努力の人。
異性に憧れながらも、そこらの異性では満足できないものがあり、
ろくでもない異性は、心の底で軽蔑しており、
目下の理想は宝塚の男役だが、
静岡県出身者が少ないことを嘆く
月干支の「陽戌」は家系に、
イレギュラーな血脈あり。
本家ではなく庶子流であったり、婚姻が一度でないなど普通ではない。
上がり目に裏切りに遭いやすく
裏切りという糧は、日奈葛藤にも色濃く反映されている。
日干支の「雨卯」は、常識で良い人。
迫力には欠けるが、模範的な生き方、
几帳面で
責任感のある姿は、ヒロイン日奈に通じる
干支番号構成は、52-23-40で北方南方西方で東方欠け。
霊力空間移動でもしないと物語にはならない。

後天運は、初旬「5歳灯亥」は、DNA「鳳」の主導DNA半会で、
幼い頃から自己確立し、自分の好きな物目指す世界は、
おぼろげながらも理解しており、
コバルト文庫命の日常。
2旬「15歳山子」は、DNA「牽」の主導DNA刑で、
淡々と
自己の役割を演じ投稿開始
3旬「25歳畑丑」は、DNA「車」で多忙。
おそらくは書店勤務時代か。
とはいえ、デビューはこの最後の最後である。
現在の4旬「35歳鉄寅」は、年干「草」が干合で「宝」になり、
その干合年干「宝」が月干「陽」と二次干合すれば、
年干は「雨」月干は「海」となり、
もとからの日干「雨」とあわせ、
変則干合水性天干一気が成立し、
専業で仕事をするようになった見込み。
来年(20年/鉄子)から始まる5旬「45歳宝卯」は、
DNA「龍」の改良改革の「卯」重なり。
気持ちの上では新たな流れも現実は「卯」のままで、
一向に変化は訪れず。
その後は6旬「55歳海辰」が、DNA「石」の害を伴う
10年運天冲殺になり、周囲から侵蝕され防戦不能も、
どこかで
妥協をして受け入れてしまえば、存外になる。
7旬「65歳雨巳」は、DNA「貫」の
10年運天冲殺で、
自分の領域を取り戻し、守りながらも世間を知る
8旬「75歳木午」は、DNA「調」で偏りが多くなり、
気力も萎えながら必死で持ち堪えようとするが衰えを知る。

古事記上巻には、
今こそは我鳥にあらめ、
後は汝鳥にあらむを」という件がある。
我鳥とは自由を好んで相手に従わない喩え、
汝鳥というのは相手に従う従順さの喩え。
このような「相反する性質を持つ者同士が
皮肉な運命に翻弄される話を書いてみたい
」と
投稿時代から四半世紀にわたり温めてきたのが本作。
この筆名にあやかってから十年、我鳥の運は開花したが、
束縛を嫌う部分()と調和で安定を好む()部分を
巧みにつかいわけながらここまできたというが、
そこは
辰巳天冲殺として、外へでたいものの
才能主導DNA役割発揮(地支固定で親から逃れにくい)という
気質から出ていくことは叶わなかったことを
自虐的似非我鳥としているが、
昨年(18年/山戌)の
60年に一度願いが叶う干合支合年に、
新しいアプローチが「
ツピーン」と閃いて
本作へと結実したという。
古代の和という美しい花のような裔の霊力(みちから)と
大陸から侵入してきた大王家の霊力の衝突
来年(20年/鉄子)が「」年だけあって、興味深く読ませてもらった、
21世紀のこの世界では、花の王の懸念が現実のものとなり、
私たちは黒金に支配されている。
皮肉にも現職の国の代表までもが暴君のような「」で
憲法に踏みこむ発言をしているのは、ただ嘆かわしい
心にゆとりをもち、次元をあげてもらいたい。
野暮なことは言わず、
自然界から与えられた恵み
私たちはせめて
損なわぬよう生きて行きたいものだ★
我鳥彩子75-1024
陽草陽
卯戌卯+5
鳳司鳳牽鳳(牽主導)
木性(81)火性(33)土性(19)金性(12)水性(26)/総合171
辰巳天冲殺/天冲殺(55歳海辰/65歳雨巳)/主導DNA刑(15歳山子)
干合水性天干一気(35歳鉄寅)/害(55歳海辰)
地支支合木性一気格的/木性過多/土性脆弱/金性脆弱
+5歳灯亥/15歳山子/25歳畑丑/35歳鉄寅/45歳宝卯/55歳海辰/65歳雨巳/75歳木午〜
10(雨)●BE
top●BE
 
■2019年12月26日(木)灯酉
穂波了月の落とし子と助けてください船橋を!
●3年にわたる浪人時代から作家を志し投稿を重ね、
DNA「玉」年の守護神年だったの03年(雨未)、
方波見大志(かたばみ だいし)名義で書かれた「虚」が、
第10回日本ホラー小説大賞(短編部門)の候補作に選ばれる。
05年(草酉)、DNA「石」の支合年に、
波見大志名義で「人体愛好家」が、
第4回「このミステリーがすごい!」大賞の候補作に選ばれる。
06年(陽戌)の
主導DNA対冲年の、
DNA「車」の天冲殺日に、
方波見大志名義で
削除ボーイズ0326
第1回ポプラ社小説大賞(06-0630/鉄寅)を受賞しデビュー。
干合年の今年(19年/畑亥)のDNA「玉」の守護神天冲殺害日に、
「月よりの代弁者」で、
第9回アガサ・クリスティー賞(19-0705/雨卯)を受賞した
穂波了(80-0531/木辰)の同作が、
出版に際し
の落とし子と改題され
11月25日(陽寅)の
主導DNA」の天冲殺日に
上梓されたので解説する。

空前のスケールで描かれるSF災害ミステリ
それは
人間の進歩を証明する、
栄光に満ちたミッションのはずだった・・・・・。
新しい時代の有人月探査「オリオン計画」で、
月面のシャクルトン・クレーターに降り立った
宇宙飛行士突然吐血して死亡する。
そしてまた同様の症状で次々犠牲者がでた。
実に
5名宇宙飛行士のうち4名を奪い致死率80%
これらは、未知のウイルス感染と思われた。
ミッションは中止され宇宙船オリオン3号は帰途につくが、
たった一人感染しなかった日本人クルーの工藤晃は、
ヒューストンからは着陸許可がなく、
許可のでた
日本国内への帰還拒否し、
宇宙の藻屑として果てとうとしたが、
原因不明の回路ショートにより電源がダウン。
オートパイロット機能破壊され人工衛星と衝突してしまい、
大怪我を負いながら、
ウイルスをのせたまま
必死に制御を試みて着水しようとしていたが、
無慈悲にも
自衛隊地対空ミサイル迎撃するも失敗。
機械船は東京湾に落下したが、
光りが散り白く染まった空には火の玉があがり、
司令船空気を裂く音と共に一瞬で美しくも絶望的な姿と化し、
日本列島の千葉県
船橋市タワーマンション激突
逃げ惑う人々。
否応もなく広がるバイオハザード的世界。
見えない敵と闘う人々の恐怖。そして勇気
汚染されていく街で必死に救いの道を模索して闘うプロ。
子供が生まれたばかりだの、まだ死にたくないだのと
尻込みをする者が多い中、特別に志願して加わった
JAXA(宇宙航空研究開発機構)の管制員
飛行士工藤茉由の姿もあった。
次々に吐血して死を迎える人が増える中、感染しない人々がいた。
実は墜落前に
工藤クルーもそうだった。
日頃から口にしていた、ある食品
それに多くふくまれる成分が
ワクチンになり、
やがて
船橋市解放に向かうかにみえた矢先、
台風が近づきウイルスが広まる危険がでたため、
政府は一帯を隔離滅菌消毒してしまおうと決定し、
船橋市は
自衛隊警察封鎖され、地獄と化す。
理研筑波研究所感染症対策チームの研究員は、
脱出せずに自らの意志で留まり、
動画で事実を全国に配信した。
容赦なく
降り注ぐ消毒液のなかで防護服に身をかためながら、
(動画を見て)日本国中から集まった有志が、
封鎖ラインを突破し行進する。
意思を持った怒り
中には自衛隊員もいる。
いま私の願いごとが叶うならば 翼がほしい♪
大合唱の
翼をださい」が人々に希望を与えるのか。
この世からウイルスを除去できるのか。
日本政府は、この人たちを見殺しにできるのか・・・。

三浪して理系の大学に入学し、その後は前回受賞時が、
フリーターと紹介されていたものの経歴詳細不明ながら、
明らかに
千葉県船橋市在住としか思えない穂波は、
DNA「
主導で浪人中に好きなゲームに化けたらいいなと思い、
150枚程度の小説を試しに書いてみたのだが、
始まりは
条件なし天冲殺の夢の中であるため、
それを現実的な形に変換し作家として
地位を築くまでに時間を有した。
とはいえ
創意工夫という果実結実させるのは、
木性としての責任にもなるし、主導DNAだからこそ燃焼はしやすい。
いずれにしろ
趣味延長線上にある人生には違いない。
もちろん
才能もこの主導する「」になり、
危うさと隣り合わせな場所で、自己犠牲を強いながら
何らかの発信を行う行為で、それが今は作家としての世間への警告
「鳳+車」は、
大衆的な性情が気の効いた人物に見えるが、
「車」×2もあり
安定よりは、いささか危険な道を選ぶ。
飛行士にしろ動画配信をした研究員にしても、
危険な役割によって
自分らしさを強調したい。
「鳳+禄」は、
お人好しで強い引力本能をもつが、
そのため
何でも引き寄せてしまい、邪気も引き寄せる。
未知のウイルスさえも。
「鳳+牽」は、温厚で誠実ながら
理屈にとらわれやすいものの、
ちょっとしたことで気持ちがぐらつき、
とてつもない方向に目的を求めてしまう。
たとえば、
技術者一般人の板挟みのような立ち位置ながら、
一般人目線に近づかねばならない状態をさし、
次元が低いとどっちつかずになりやすいが、
いわゆる
お天気屋みたいな気分次第のところあり。
「木+鳳+巳月」は、論理的というより
閃きのようなものから、
新しい何かを産みだすもので、無から何かを発見する。
特効薬のようなものさえ、まるで天から降ってくる
感覚的なので、楽器をひいたり、文章をつむぐことも同様。
「申」年生まれ「木辰」は、
真っ直ぐ進むが、
「木辰」のDNA左3「禄」は、特別に
中年期から晩年にかけて
なんらかの事情により
お金による失敗をしやすい。
生き方を表す伴星は「石」で、
人脈も拡がる冒険家のような人生。
物事の始めの洩星は「鳳」で、
なんとなく始まる
締めにあたる導星は「車」で、マイペースで
ゼロに戻す

宿命の特長は、初夏午前十時頃の格別な輝きをもつ宝石も出土する
ゴツゴツした岩場にある目印のような樹木で、
総エネルギー256点中33点しかない木性が、
危険と同居しているようなもので、
まるで
宇宙船墜落してきた高層マンション住人
常に
危うい状態にさらされていないと、緊張感のある良い文章が書けない
土性が75点あるのは地盤には問題はないが、
金性はそれを上回る97点もあり、守護神水性は僅か26点というのは、
寅卯天冲殺らしく、飛行士両親も顔をだすが、
これといっては頼りにならぬということか。
ゼロ成分などの宿命の極端な偏りはないので、
あとは
後天運だのみで、主導DNAを磨いていく
年干支の「鉄申」は、
基本に忠実な公務員的発想
表向きは、
政府だとか自衛隊だとか
JAXAにしても公共機関が登場する。
月干支の「宝巳」は、
偏見差別をせず心優しい王子さま。
直感に優れるが、
自分磨きにお金がかかる
そして日干支の「木辰」は、
出しゃばり目立ちたがりのわりには、
浮ついたところがなく、根気強さあり。
一見地味な印象だが、内側には
誰にも負けない闘争心あり
なんのことはない、
深田研究員そのままではないか。
干支番号構成は、57-18-41で北方南方西方で、東方だけない後方支援的。

後天運は、初旬「2歳海午」が、日支「辰」と月支「巳」に連なる
守護神変則方三位で、
DNA「龍」は庶民的で先端的な
理系的頭脳強化
浅く広くで熱中しても冷めやく、趣味は続かず
2旬「12歳雨未」は、守護神DNA「玉」の落ち着き。
伝統・古典などを深めるが、単に急に救いが多くなり、
かえって志望校への
迷いがでたと考えるべきか。
3旬「22歳木申」は、DNA「貫」の大半会。
最初のデビューをするが、
無我夢中
現在の4旬「32歳草酉」は、DNA「石」の支合で、
仲間がテーマになり、群衆のありかたも考え、
本作で
輝かしい再デビューとなった。
今後は5旬「42歳陽戌」が、主導DNA「鳳」の対冲で、
30年にわたる才能研磨の変剋律入り。
表現手段方法について、
自分が自分であることに悩むにつれ
才能が磨かれていく。
また月干「宝」が干合されて「雨」になれば守護神強化。
進み行く方向や自身のあり方を変えていくことにより深みが増す
6旬「52歳灯亥」は、DNA「調」の
反撃反体制若い女性
たとえば
若い女性のテロリストみたいな作風であれば、
苦痛はあろうと大いに評価される。
7旬「62歳山子」は、年支「申」と日支「辰」のからむ
DNA「禄」の三合会局で、何らかの
投資奉仕
財をすべて投入することで、貧すれど才気は絶頂に達する。
8旬「72歳畑丑」は、DNA「司」の地味な生き方。
変剋律30年を抜け、
ある意味出がらしというか、人生あがりの時期

さて、三浪したのは、98年(山寅)の条件なし天冲殺で、現役合格を阻まれ
99年(畑卯)の
条件なし天冲殺60年に一度の干合支害で、
つい
その気になりすぎて高望みをしたからか。
とはいえ、それが回り道にならず、
浪人中にもかかわらず小説を書き始めたのだから、正解ではないか。

ところで、ナッツ類という切り口は、
木性の穂波の趣向だと思われるが、
マグネシウムってそんなに即効性はあるだろうか。
さすがに
服用しただけで瞬時にとはいくまい。
あくまでも
演出なら笑えないことはないが。
とはいえ、
日本人の食生活を加味した切り口納得
それが自然に添うことだし、自然界の領域で救われる術。

また「」主導らしく、浄化作戦の中止を訴える動画
コピーを拡散してもらうこともウイルスだみたいな小技随所にあり。
タツノオトシゴのような形をした日本列島になぞらえて
タイトルにこれをもってきたのも意味深
そして
ブラックボックス音声はクライマックスだ。
日本で良かったと思っている〜
必ずこのオリオンを迎撃してバラバラに粉砕して
海におとしてくれるはず
」とクルーに口にさせる自尊心
それにしても、日本とアメリカの実験室が実証し、
浄化作戦が必要のないことも訴えているのに、
強行する姿にはチクリどころか壮絶な嫌味を放つ
ウイルスに対抗できるのに、
人が人に毒をまくなんて〜助けてください船橋を!
」には、熱くなった。
美しい情景が常に目に浮かぶ色彩を感じる作品で、
早期の映像化を望みたい★
穂波了●80-0531
宝鉄雨
辰巳申+2
車牽禄鳳車(鳳主導)
木性(33)火性(25)土性(75)金性(97)水性(26)/総合256
寅卯天冲殺/変則方三位(2歳海午)/大半会(22歳木申)/主導DNA(42歳陽戌)
変剋律(42歳陽戌/52歳灯亥/62歳山子)/三合会局(62歳山子)
木性脆弱/火性脆弱/金性過多/水性脆弱
+2歳海午/12歳雨未/22歳木申/32歳草酉/42歳陽戌/52歳灯亥/62歳山子/72歳畑丑〜
01(木)BE●
top●BE
 
 
移 動 祝 祭 日● 2 0 1 9 年/ 畑 亥
19年01月分 19年02月分 19年03月分 19年04月分 19年05月分 19年06月分
19年07月分 19年08月分 19年09月分 19年10月分 19年11月分 19年12月分
■当コラムは芸能ニュースではありません。自然界を模範とするBEの原理原則に基づき論評するもので、著名人を誉めたり貶したりしながら、ご自分を磨くものとして、お役立てください。出典は新聞/雑誌/ワイドショウ等ですが、詳細のお問い合わせにはお答えできかねますので、ご了承ください。また、情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。掲載情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご理解ください。なお、著名人の生年月日を借りての実践鑑定であり、原則敬称略です。生年月日は可能な限り、正確と判断される情報を採用しており、※は午前4時前生まれ。*は年齢詐称です☆ BEハレ○運命オンラインサロン
コラム総合目次/茶房会館(1 9 9 6 年〜)
さ く い ん
BEHPは書体設定明朝体にしてご覧になられるのを推奨しています
プラウザのバックを使ってお戻りください●
BEハレ●運命オンラインサロン Copyright(c)1994→2020 birthday-energy.inc.
 
BE●灯BE●幸せ発電所
BE●運命向上委員会BE●運命向上委員会
BE●苺1BE●苺2